「起ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 起ら[動詞]
ものを起ら  家庭争議の起ら  野心も起ら  気など起ら  気も起ら  同情が起ら  好奇心すら起ら  俺ゃ、まだ起ら  何にも起ら  欲望は起ら  感想も起ら  感も起ら  心の起ら  氣も起ら  む心持は起ら  感じが起ら  場合は起ら  神秘感も起ら  興味も起ら  気持の起ら  氣が起ら  信心が起ら  勇猛心が起ら  何事も起ら  気は起ら  更らに起ら  不愉快が起ら  人種問題も起ら  不都合が起ら  ことさえ起ら  勇気が起ら  気が起ら  気持が起ら  間違ひでも起ら  事が起ら  痙攣は全く起ら  事の起ら  微塵も起ら  民主化運動が起ら  運動が起ら  情は起ら  感情が如何しても起ら  終に起ら  尊念が起ら  ものでも起ら  謀みも起ら  からうかといふ疑ひが起ら  別に話は起ら  念慮は起ら  風は起ら  異変も起ら  なにごとも起ら  大震災さえなければ起ら  情も起ら  不幸は起ら  土地なら決して起ら  工事も起ら  感情も起ら  ように起るだろうか起ら  別に異変も起ら  方向に起ら  伝熱作用も起ら  問が起ら  戦争も起ら  医学の起ら  心が起ら  事等は起ら  事件が起ら  低気圧が起ら  戦争が起ら  悔い心も起ら  気もちも起ら  ことも起ら  好奇心は起ら  考えは起ら  爆發的悲劇が起ら  心も、起ら  不満が起ら  なにも起ら  火が起ら  爭鬪が起ら  喝采、起ら  此頃になって、或という疑が起ら  変事でも起ら  何も起ら  念は起ら  乱は、起ら  乱の起ら  還流が起ら  何事か起ら  朝何事も起ら  放出されるだけでは起ら  満足感の起ら  店にも起ら  戦争は起ら  内部には起ら  間違いは起ら  芸術運動が起ら  此那事が起ら  好奇心も起ら  天で起ら  反動も起ら  混雑も起ら  変事が起ら  恐怖は起ら  から嫉妬も起ら  毛程も起ら  人々に起ら  気持も起ら  気さえ起ら  ことは、まず起ら  騒ぎの起ら  感が少しも起ら  カタストロフィーは起ら  何か起ら  気などは起ら  関係に起ら  煙すら起ら  兵営にも起ら  ことが起ら  機会が起ら  情熱が、起ら  ハリアイが、どうしても起ら  ひまに起ら  気は心から起ら  些とも起ら  意識さえまだ起ら  事は起ら  関係の起ら  心持は少しも起ら  ことは、もう起ら  喜劇も起ら  惨劇が起ら  懐疑が起ら  気持ちも起ら  心は起ら  方が可いけれど、ちっとも構わねえけれど、起ら  やる気は、どうしても起ら  電火の起ら  誤解の起ら  興味が起ら  疑惑が起ら  間違いの起ら  感は起ら  道徳的反省も起ら  波も起ら  異変は起ら  將に起ら  タメイキも起ら  物音も起ら  気持は起ら  やる気が起ら  故障が起ら  喧嘩も起ら  おかしい感じすらも起ら  実行が起ら  それ以上別に好奇心も起ら  害は起ら  風も起ら  心も起ら  衝突の起ら  不平の起ら  抵抗も起ら  通俗文芸は当然起ら  どちらも起ら  故障の起ら  から故障が起ら  平素癇の起ら  道楽気も起ら  変が起ら  實感などは、少しも起ら  暴動などの起ら  癇さえ起ら  笑声も起ら  性行より起ら  審美學は起ら  いふ説必ず起ら  三論必ず起ら  ことは起ら  悲劇は起ら  事故の起ら  慾も起ら  詮索心が起ら  山に登る気が起ら  障碍が起ら  好奇心が起ら  明日にも起ら  何処からも起ら  心持は起ら  心持ちが起ら  要求が起ら  色慾も起ら  気持は少しも起ら  衝動は起ら  気の起ら  出来事の起ら  大乱でも起ら  動揺が起ら  悲劇が起ら  何の腹立ちも起ら  地下では起ら  於て決して起ら  絶對に起ら  疑問も起ら  勇気も振い起ら  方がよいし、起ら  現象は起ら  事が、起ら  思想は起ら  文学が起ら  感情は起ら  惨劇も起ら  感じも起ら  暑い感じは起ら  変事も起ら  音は一向に起ら  すへて起ら  私には起ら  気もべつだん起ら  蠻行は起ら  革命の起ら  傍聴人には起ら  喝采は起ら  不幸も起ら  分類は起ら  亂が起るか起ら  元気も起ら  なんにも起ら  革命は起ら  さしさわりが起ら  以後問題の起ら  酒乱が起ら  吸血鬼事件も起ら  あとは起ら  地震がもう起ら  亢奮も起ら  電気振動が起ら  異状も起ら  謀叛気も起ら  別に問題は起ら  心配が起ら  誰にも起ら  事件が、起ら  私は久しく起ら  いざこざが起ら  言い過ぎ問題は起ら  誰もいわなくなると、もう起ら  気は、決して起ら  元気さえ起ら  声だも起ら  声が起ら  病気も起ら  別に不審は起ら  騒動なども起ら  何ものも起ら  十三世紀に決して起ら  それは起ら  奇蹟でも起ら  モデル問題が起ら  火水かが捲き起ら  了簡は起ら  山国から英雄が起ら  悲喜劇は起ら  大事は捲き起ら  身の上にどんな係り合いが起ら  礼節は起ら  煩悩も起ら  捫著も起ら  疑いが起ら  鞘当ても起ら  煙が立たなければ起ら  奮発心が起ら  間違いが起ら  ことの起ら  苦しみも起ら  了見も起ら  双方で起ら  何も、起ら  気はどうしても起ら  食慾さへ起ら  騒動が起ら  驚きも起ら  当分失業問題は起ら  天災が一向に起ら  順当に行けば決して起ら  大事件も起ら  これまでは起ら  亂の起ら  ひとつも起ら  気持はどうしても起ら  敵愾心が起ら  芸術的昂奮が起ら  業未だ起ら  文化運動が起ら  いふ病気が起ら  から大丈夫戦争も起ら  私達には起ら  梶には起ら  漏出は起ら  動きも起ら  変動の起ら  感興は、どうしても起ら  反響の起ら  悪感は起ら  文句が起ら  必要も起ら  風雲も起ら  間違が起ら  世界で起ら  電気作用は起ら  読者に起ら  作者にも起ら  三度は起ら  感が起ら  さうで起ら  気は少しも起ら  其処から湧き起ら  感じは更に起ら  念慮も起ら  覚醒が起ら  情緒は起ら  運動は起ら  陸上では起ら  ことは、起ら  感慨も起ら  難戦は起ら  食慾が起ら  戦争などは起ら  ものは起ら  ずりも起ら  当分何事も起ら  なかに起ら  今日わが国に起ら  神学生徒の起ら  気持は、少しも起ら  怠業の起ら  正午になっても一向起ら  ビックリしても起ら  流行病も起ら  変事の起ら  恋も起ら  不平も起ら  問題が起ら  相談が起ら  波瀾は起ら  勇気は起ら  何か、これから起ら  変化も起ら  不都合も起ら  胸に起ら  寂光院事件は全く起ら  しかも、起ら  望みは起ら  疑問が自ずから起ら  一杯ぐらいで、せんきも起ら  感じは少しも起ら  心的革命が当然起ら  限り余り雪崩は起ら  急には起ら  急斜面にしか起ら  後三年の役の起ら  表面からこれは起ら  その後再び起ら  階級闘争が起ら  物音は起ら  何事かが起ら  攻撃が起ら  其後まったく起ら  責任感も起ら  気は毛頭起ら  一つも起ら  病気は二度と起ら  事実が起ら  疑念の起ら  結果の起ら  一時には起ら  ひとときも起ら  あとでなくては起ら  咲子に起ら  別に感興も起ら  其処には起ら  積極的利用の起ら  意欲も起ら  悪心はもう起ら  一様には起ら  恋愛も起ら  字も起ら  ところには起ら  事情の起ら  為に起ら  問題は起ら  印象が起ら  熱も起ら  戦いが、起らんとして起ら  差障りの起ら  場合、必ず起ら  何が起ら  何うして続いて起ら  おとづれる必要は起ら  所有欲は起ら  心には起ら  何事が起ら  事件も起ら  好奇心はちっとも起ら  気は無論起ら  感動も起ら  夜に入っても起ら  考が起ら  ような万一はまず起ら  説が起ら  邪推も起ら  元気さへ起ら  氣さへ起ら  自覚が起ら  詩情も起ら  感興も起ら  敵愾心の起ら  気持ちが起ら  変化は起ら  進化が起ら  結果が起ら  殆んど起ら  事故は起ら  聯想が起ら  何ごとも起ら  風波の起ら  困難は起ら  迷惑は起ら  詩は起ら  同感は起ら  損失が起ら  隔世の感が起ら  面倒が起ら  気はまるで起ら  事同情が起ら  む気は更に起ら  はなしが起ら  事も起ら  暴動が起ら  波が起ら  空想も起ら  いふ好奇心は起ら  兄さんは未だ少しも起ら  つて起つたり起ら  氣持は起ら  気分は起ら  気持がちっとも起ら  所奇蹟の起ら  波瀾が起ら  峰はまだ起ら  ひも僕に起ら  不都合の起ら  ものであり、従って起ら  ことが起るか起ら  ことでも起ら  輿論が起ら  空想はもう起ら  うつ用も起ら  戦雲が捲き起ら  癖さへも起ら  眞詩決して起ら  海戦は起ら  持病も久しく起ら  一事件が起ら  情の起ら  極情欲なぞは少しも起ら  自然と起ら  気は、少しも起ら  悲鳴が起ら  勇気がわき起ら  風が起ら  文化文政に待たないと起ら  弊が起ら  故障も起ら  癇癪が起ら  災禍の未だ起ら  愁歎が立ち起ら  何ごとか起ら  これほど早くには起ら  変化の起ら  はずみで起ら  所には起ら  悲惨も起ら  たきが起ら  根基より起ら  横捻が起ら  三國干渉の起ら  何時風波が起ら  事情が起ら  餘裕さへ起ら  異変はさらに起ら  戦争がなければ起ら  ツキアイも起ら  拍手の起ら  凝縮は起ら  化学作用が起ら  乱反射は起ら  事は決して再び起ら  習慣も起ら  嫉妬も起ら  悪いことが起ら  異変が起ら  爆発が起ら  呼び声は起ら  ニンシンが起ら  大戦の起ら  当夜何事も起ら  夜間に起ら  変化が起ら  異状は起ら  同情は起ら  何一つ事も起ら  不審が起ら  勇気は、起ら  芳子とのあやまちも起ら  彼には決して起ら  何事が次いで起ら  者は起ら  痛手だから、なかなか起ら  これあるいはやがて起ら  力が起ら  弊害も起ら  意識より起ら  幻覚が起ら  後に起ら  興味の起ら  凝固は起ら  もっとしばしば起ら  必然的に起ら  滅多に起ら  結果はおそらく起ら  ことはなかなか起ら  決心も起ら  供給過多は起ら  気などは勿論起ら  爆発は起ら  らん論爭は起ら  感じは起ら  気はもうとう起ら  反撥心の起ら  氣分は起ら  不幸が起ら  問題も起ら  別に騒ぎも起ら  国民音楽いまだ起ら  そもそも一技芸の起ら  出来事も起ら  精神病は起ら  妄想さえ起ら  観念的感情は起ら  気持は存外起ら  爆発が、起ら  いつまでたっても、起ら  食慾も起ら  使用人として不平も起ら  火事の起ら  感じなどは、少しも起ら  分業は起ら  実感が起ら  惨劇は起ら  やる気も起ら  一大災厄の起ら  禮儀がまだ起ら  日本には起ら  火事場騒ぎなど起ら  あちこちで起ら  ものが起ら  まれにしか起ら  意義分化が起ら  平田のまだ起ら  暴動は起ら  何うしても起ら  間には起ら  同情も起ら  考えもほとんど起ら  疑いも起ら  別に変事も起ら  運動がもつと早く起ら  食欲が起ら  敵愾心は起ら  不祥事が起ら  活動は、まだ起ら  不幸はその起ら  日本言語学が起ら  間違いも起ら  気持など少しも起ら  余光をかりて起ら  歓呼も起ら  気持は毛頭起ら  中風性麻痺が起ら  感の起ら  超自然事は起ら  嵐がまたも新しく巻き起ら  喧囂と湧き起ら  心持も起ら  結局ストライキは起ら  とつて起ら  俺はどうしても起ら  凶事は起ら  血ぐさい話題も起ら  酸鼻が起ら  雑念も起ら  大地震将に起ら  欧米において起ら  身に起ら  間違ひの起ら  まちがいが起ら  めったに起ら  



前後の言葉をピックアップ
小此木  オコノミ  オコボレ  オコマサマ  オコモリ  興ら  怒ら  怒らせ  起こら  おこら


動詞をランダムでピックアップ
繰返せ全うせ住み替しぼん怪しめそらせるおぶされ遡ろあつめるむかつかかがめる釈か改める引き立てん射すくめる手放さ弓引い噤も取りそろえる寂び
形容詞をランダムでピックアップ
美味う弱かっ堆いせまい細かく久しき空恐ろしゅう高き恋しゅう涼しいすっぱく愛らしおとなしかっうら若いびんな物々しく賎しいおもしろし理窟っぽく敏き