「もえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ もえ[動詞]
闘志はもえ  ばうばうともえ  ひかりはやはらかにもえ  真紅にもえ  しろ希望にもえ  羽蟲のちらちらもえ  炎々ともえ  中にもえ  用ゐもえ  ようにもえ  コークスのもえ  芽がもえ  怒りがもえ  理想にもえ  イワンはさう思ふと、もえ  烟にむせばぬまでも思ひにもえ  向上心にもえ  かげろうがもえ  若草がもえ  静かにもえ  石炭がもえ  火がもえ  自動車がもえ  火焔がもえ  興にもえ  夏草のみがもえ  おのようにもえ  なかでもえ  蕨のもえ  愛情をもえ  美くしい、ヒラヒラ、ヒラヒラともえ  名誉心にもえ  建物がもえ  熱でもえ  鐘楼と、もえ  若芽のもえ  隙間から雀萱がもえ  赤にもえ  三日間ももえ  精神にもえ  目的物にむかってもえ  火がうつってもえ  戸が開いて、もえ  ぢやないよ、もえ  僕がもえ  希望にもえ  宙にもえ  戦意にもえ  ガスストーヴがもえ  高みへ思ひもえ  喜びにもえ  坊さんかえしてもえ  意欲にもえ  まっ白にもえ  背にいたしまして、もえ  彼は酔いもえ  紙がもえ  炎をあげてめらめらともえ  マッチはもえ  正成に会ってみれば、忘れもえ  いちいちは拾いもえ  光堤にもえ  がんでもえ  安心だと思うなら考えなおしてみてもえ  とよの料簡に任してもえ  いつでもえ  から女の持つにもえ  さに眠りもえ  一枚のもえ  きもちよくもえ  思いにもえ  二十日以来寝返りさえもえ  おまけに、もえ  ひねもす解けもえ  纖毛がもえ  期待にもえ  下にもえ  鬱憤が激しくもえ  獣水をもえ  観察欲にもえ  焔のもえ  繁みにもえ  若草のもえ  鬼火がめらめらと、もえ  盛んにもえ  彼はあわてて、もえ  いかりにもえ  木のもえ  念が、むらむらともえ  一面赤火光にもえ  きりきりまいながら、もえ  火を吹いてもえ  かたまりになって、もえ  陽炎がもえ  むとするふるき都にとどまりもえ  ろうそくは、だんだんともえ  下へつっこまれて、かっかと赤くもえ  木はもえ  西洋間で赤くもえ  ところその次にまだもえ  ありったけまざりっけなくもえ  そこら一面ゆらゆらともえ  いままたもえ  空は白くもえ  空が白くもえ  ままにもえ  草がすでにもえ  なかから火がもえ  若草おもひにもえ  やらいでもえ  知恵のよろこびにもえ  緑がもえ  焔よりもあつくもえ  中で、もえ  ゆか上でもえ  極光がもえ  さかんにもえ  油がしみていて、たいそうよくもえ  マゴコロのもえ  いん石がもえ  ぢてよくもえ  怒りにもえ  憎しみにもえ  まま、うごきもえ  にわかに稼ぎださなくともえ  おら罪人になってもえ  極道人になってもえ  下におよぎもえ  煖炉がもえ  みちにもえ  くまみにもえ  たらの木のもえ  しめなばいくばくもえ  蓬はもえ  こといくばくもえ  火のもえ  友情がもえ  火にもえ  わらびのしたもえ  山精かのもえ  制作慾にもえ  血にもえ  ざらんとしてもえ  復讐的虚無心にもえ  競争心にもえ  顔せいでもえ  心にもえ  火はもえ  声を出して、もえ  あんでもえ  煙のもえ  俥屋らが、もえ  



前後の言葉をピックアップ
燃え上がら  萌え  燃え上がり  萌えよ  燃え上がる  萌えん  燃え付い  萌え出  燃え尽き  萌え出る


動詞をランダムでピックアップ
鳴り出そ形づく陥るおいかけ陣取らなげかけるとじ込めさだめ飛びかかろもりかえそうごめかす差出取りかえる引き入れん退っかき曇ら暖ま織り込める隠しゃ買取ら
形容詞をランダムでピックアップ
がめつ人なつかしい思いがけなかっ人なつかしき悲しかろがたかっ恐い拙き生あたたかい懶い照れ臭く腹立たしい根深きたのもし赤く容易しはらだたしく狭からでかかっあわく