「見出し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 見出し[動詞]
積極的に見出し  なかに見出し  建設を見出し  男を見出し  壁に見出し  己れを見出し  生活を見出し  方向を見出し  勝を見出し  酔樹明を見出し  樹明を見出し  のを見出し  かたを見出し  意義を見出し  自分を見出し  現実を見出し  家を見出し  ヱゴイズムを見出し  思いを見出し  我心に見出し  機会を見出し  気持を見出し  ことを見出し  本を見出し  中に見出し  人びとを見出し  ところを見出し  条件を見出し  名残を見出し  細道を見出し  柱を見出し  差異を見出し  法を見出し  そこに見出し  階段を見出し  それを見出し  姿を見出し  顔を見出し  口を見出し  あちこち見廻してやっと見出し  生甲斐を見出し  君助は見出し  姿と、そのうごめきを見出し  曙光を見出し  小鳩を見出し  吾身を、初めて見出し  何を見出し  中から諜者を見出し  新聞記事を見出し  可能性を見出し  あれを見出し  価値を見出し  うちに見出し  対象を見出し  余裕を見出し  安全洞を見出し  心を見出し  向うに見出し  可能を見出し  バレーに見出し  筋道を見出し  均衡を見出し  錬金術を見出し  ものに見出し  破片を見出し  空瓶たんと見出し  糧を見出し  恋物語などを見出し  万吉を見出し  トオキイを見出し  私を見出し  一事実を見出し  人物を見出し  生命を見出し  心臟を見出し  相似を見出し  彼は見出し  幸福を見出し  存在を見出し  疑いを見出し  層を見出し  ものを見出し  血脈を見出し  秘密を見出し  自分が見出し  ギリシア人が見出し  灯を見出し  者を見出し  説を見出し  交通路を見出し  茲に見出し  自らを見出し  普遍的関係を見出し  一帖を見出し  内に見出し  親しみを見出し  篋底に見出し  理由を見出し  風土を見出し  心も見出し  生垣を見出し  ように近よって大きく見出し  いるかを見出し  乱れに見出し  指導書を見出し  悪趣味そのものを見出し  庄は見出し  エツヰを見出し  侍女楓を見出し  底に見出し  星を見出し  赤旗を見出し  予期していたよりは早く見出し  水脈を見出し  下に見出し  方法を見出し  空間を見出し  殺人者である自分を見出し  大使を見出し  敵を見出し  休右衛門を見出し  築地を見出し  進路を見出し  女性を見出し  潤いを見出し  中尉を見出し  美徳を見出し  希望とよろこびを見出し  理由は見出し  歌も見出し  私は見出し  社会主義を見出し  文学が見出し  存在意義を見出し  現実に見出し  この世に見出し  事毎に見出し  ゴンドラを見出し  兆候を見出し  私が思いがけなく見出し  光明を見出し  母を見出し  喜びを見出し  永続性を見出し  不満を見出し  理屈を見出し  「真」を見出し  女を再び見出し  上高地に見出し  宵月を見出し  三面記事を見出し  彼を見出し  雅量が見出し  タイプを見出し  解決を見出し  漱石氏を見出し  死骸を見出し  屍体を見出し  古城を見出し  私自身を見出し  処を見出し  ウラスマルを見出し  クリストを見出し  研究室に見出し  僕等を見出し  今こそ漸っと見出し  上にくっきりと見出し  不敵さを見出し  見出しはしなかったし、たとい見出し  自分自身を見出し  風情を見出し  人格に見出し  代表者を見出し  自己満足を見出し  革命的モメントを見出し  物を見出し  櫛田さんを見出し  僕を見出し  要用を見出し  活路を見出し  日記帳を見出し  庸三を見出し  自身を見出し  二つの事実を見出し  美を見出し  作家を見出し  一つを見出し  日常生活中に見出し  労働者に見出し  安住の地を見出し  光を見出し  瑾を見出し  機縁を見出し  さを見出し  肉體を見出し  市を見出し  出発点を見出し  対照を見出し  通りがかりに見出し  安易を見出し  役者を見出し  道を見出し  碁敵を見出し  慎吉を見出し  楽しみを見出し  涙を見出し  感謝を見出し  千代を見出し  俳句を見出し  社交調を見出し  空を見出し  反響を見出し  時間を見出し  名を見出し  のものを見出し  墓誌搨本を見出し  果に見出し  婦人を見出し  光景を見出し  タヒチに見出し  為仕事を見出し  広告を見出し  立札を見出し  古刀を見出し  事件上に見出し  旧友を見出し  車室を見出し  ホテルを見出し  吉川英治を見出し  理窟を見出し  歓楽を見出し  事を見出し  故郷に見出し  離れに見出し  書類を見出し  悦びを見出し  数々を見出し  暮しを見出し  良心の呵責に耐え切れず、漸く見出し  誤謬を見出し  少年を見出し  そこを見出し  女主人公に見出し  彼自身を見出し  少女どもに見出し  妻とを見出し  間に見出し  真を見出し  意味を見出し  偶然ここに見出し  慰みを見出し  窮屈さを見出し  面影を見出し  答えを見出し  彼女自身を見出し  犬を見出し  面白いものを見出し  配合物を見出し  興味を見出し  初めに見出し  趣を見出し  言葉を見出し  代弁者を見出し  此力を見出し  指導者を見出し  ロシヤ的性情を見出し  やうに見出し  哲学的精神を見出し  和睦を見出し  性に見出し  竿のあるを見出し  共通点を見出し  夫人を見出し  関数関係を見出し  関係に見出し  久しぶりに見出し  作品を見出し  ここに見出し  周囲に見出し  私の見出し  ほら穴を見出し  建築を見出し  真犯人を見出し  老婆を見出し  心のよろこびを見出し  浮世絵草紙を見出し  史料を見出し  隙を見出し  球面をふと見出し  肉体的ヴォリュームを見出し  形式韻文を見出し  顔に見出し  罪障を見出し  欠陥を見出し  歓びを見出し  蹇車を見出し  歌を見出し  榕樹を見出し  水音を見出し  人を見出し  天を見出し  うつるのを見出し  人影を見出し  落着き場を見出し  立証道を見出し  伝次を見出し  味方を見出し  途を見出し  可能をも見出し  蒼穹を見出し  白雲を見出し  魂を見出し  灯台を見出し  上に見出し  カフェーに見出し  夢うつつに見出し  驚きをもつて見出し  キキを見出し  友を見出し  君に見出し  区別を見出し  閑を見出し  影を見出し  最後に見出し  一事を見出し  其処で見出し  カテリイヌを見出し  商店街を見出し  文字を見出し  此瞬間を見出し  手を見出し  面を見出し  名古屋大路に見出し  破綻を見出し  中心を見出し  木柱を見出し  産物を見出し  希望を見出し  船長が初めて見出し  傍で見出し  ことを、まず見出し  反省して見出し  困難を見出し  隙間を見出し  田山白雲を見出し  姿でも見出し  品を見出し  藤吉を見出し  女房を見出し  一方で見出し  線を見出し  席を見出し  類を見出し  根拠づけを見出し  記事を見出し  手負いを見出し  花を見出し  果樹を見出し  粘土を見出し  屍を見出し  満足を見出し  しまつた自分を見出し  老人はきっと見出し  急に見出し  文句を見出し  角封筒を見出し  九月分を見出し  誘惑とを見出し  交渉を見出し  魅力を見出し  状態を見出し  たびごとに見出し  悪意を初めて見出し  話し相手を見出し  ゴットフリートが見出し  矯正物を見出し  完全に見出し  それをしだいに見出し  住居を見出し  長所を見出し  愉快をさえも見出し  弁解を見出し  世界を見出し  生を見出し  知人を見出し  弱点を見出し  眼をまた見出し  彼女は見出し  気晴しを見出し  札幌で見出し  二つの瞳とを見出し  句切れを見出し  ことを、見出し  市中で屡見出し  真実を見出し  ボクの見出し  結論を見出し  生活方針を見出し  表徴を見出し  砂浜に見出し  上で見出し  沢田を見出し  両親の見出し  親の見出し  互を見出し  穴を見出し  晴次は何やら見出し  伴れを見出し  陸地を見出し  うちにもやはり見出し  ところに見出し  彼が見出し  利益を見出し  チャイコフスキーを見出し  真実さまでも見出し  台辞回しを見出し  軍国主義、などを見出し  楽旨を見出し  方が見出し  宣告を見出し  口実を見出し  様子を見出し  向こうに見出し  快楽を見出し  種を見出し  感情を見出し  霊感やをそこに見出し  事柄を見出し  照燈を見出し  足跡を見出し  其宝を見出し  しまま残れるを見出し  拙者が見出し  道庵先生を見出し  ただいまそれを見出し  さをまた見出し  楽譜店に見出し  精力とを見出し  饒舌を見出し  楽曲とを見出し  十分の生活理由を見出し  者に見出し  クリストフは見出し  存在してるなら見出し  地を見出し  一機関を見出し  病人を、見出し  レヴィー・クールを見出し  欠点を見出し  慰安を見出し  貞節をさえ見出し  形を見出し  居場所を見出し  それを一旦見出し  私室に見出し  地位を見出し  温良さを見出し  原因を、ついに見出し  草稿を見出し  うちにも見出し  百を見出し  本人を見出し  中で見出し  避難所を、見出し  聖牌を見出し  趣味を見出し  フランス人を見出し  力を見出し  オリヴィエに助けられて見出し  特性を見出し  他に見出し  ゴチック彫刻中にも見出し  眼とを見出し  芸術家を見出し  精神的孤立を見出し  革命家とを見出し  実例を見出し  方式を見出し  そばに見出し  根拠を見出し  画を見出し  市に見出し  クリストフを見出し  使い道を見出し  宝を見出し  叔母マルト一人を見出し  土地を見出し  部屋を見出し  精神を、ふたたび見出し  曲がり角などにふたたび見出し  文章を見出し  輝きを、ふたたび見出し  住所書きを見出し  男が見出し  デビーとを見出し  定律を見出し  何かを見出し  事実を見出し  反覆を、いつも見出し  思い出を見出し  彼女を見出し  弾を見出し  アンナを見出し  汝をふたたび見出し  隠栖を見出し  評価とを見出し  ヘーゲルが見出し  ヘーゲルの見出し  生命に見出し  核を見出し  生き方を、ずつと強く見出し  思想的拠り所を見出し  松の木を見出し  石を見出し  オリオン座に見出し  土地でふたたび見出し  手を執り合って、たがいにふたたび見出し  クリストフが見出し  のを、見出し  私はふたたび見出し  速記法を見出し  物語を見出し  出口を見出し  原則を見出し  私が見出し  餌食を見出し  面かげを見出し  根方に見出し  さまを見出し  生物を見出し  糞を見出し  却って自分を見出し  基礎を見出し  下り口を見出し  手拭を見出し  権力を見出し  原因を見出し  大川竜太郎を見出し  幾人となく見出し  側に見出し  渓流を見出し  地位に見出し  一点希望を見出し  それが見出し  反映を見出し  人生を見出し  場面を見出し  どころを見出し  場所を見出し  数人を見出し  看板を見出し  林を見出し  類例を見出し  痕硬化せるを見出し  太宰大弐弘継土竜とあるを見出し  趾からハヌマン像を見出し  中にまざまざと見出し  確かに見出し  遺体を見出し  題目を立てたを見出し  例あるを見出し  本願空しからずとうとう見出し  うち自分で見出し  十年振りに見出し  相当に見出し  若者を見出し  相互に見出し  幸ひを見出し  分野から同格者を見出し  机を見出し  顏を見出し  本質を見出し  唇とかに、あり余る償いを見出し  景色を見出し  今再び見出し  弁当とを見出し  字を見出し  原本を見出し  富士山を見出し  一青年に見出し  土を見出し  理想を見出し  法則を見出し  実在を見出し  理論的に見出し  小屋を見出し  さをも見出し  しとねを見出し  すゝきのしげみを見出し  自身を、どう見出し  日に見出し  仕事を見出し  大胆を見出し  鋭敏を見出し  みの死骸を見出し  それを、漸くにして見出し  余技を見出し  灯影を見出し  そいつを見出し  神田を見出し  人などを見出し  少女を見出し  誕生を見出し  不自由を見出し  戸口を見出し  色情を見出し  必要を見出し  瞳を見出し  富江を見出し  生徒を見出し  微笑を見出し  家を訪ねてもみたが、かつて見出し  消費対象を見出し  挿話を見出し  特等席に見出し  二人を見出すには見出し  支柱を見出し  本も見出し  自殺を見出し  慰藉までも見出し  姓名を見出し  知己を見出し  笑味面白味を見出し  ネルロを見出し  餘白に見出し  何うして見出し  私しが見出し  望みを見出し  隠れ場所を見出し  その後で見出し  私たちを見出し  幾人も見出し  若い女を見出し  限界とを見出し  目的を見出し  やつを見出し  筋を最も早く見出し  中からドライサアの見出し  働きを見出し  高層建築的悲劇を見出し  落ち穂を見出し  小品に見出し  西洋を見出し  点を見出し  抽斗に見出し  僅に見出し  教壇に見出し  因を見出し  結婚も見出し  安定を見出し  時機を見出し  博物館で見出し  椅子を見出し  眼を見出し  きい群を見出し  普遍性を見出し  周圍に見出し  大陸に見出し  鳩を見出し  境地を見出し  天井に見出し  此事実を見出し  後姿を見出し  自分の見出し  落付きを見出し  処で見出し  はつきりと見出し  賢者を見出し  統一を見出し  青年を見出し  西空はるかに見出し  夫婦に見出し  香を見出し  絵を見出し  彼に見出し  愛を見出し  空虚を、見出し  側から汚涜を見出し  さきに見出し  はじめて此四辻に見出し  蠅を見出し  ペンを見出し  お互いを見出し  資料を見出し  残雪を見出し  老人を見出し  職業を見出し  船を見出し  子供が見出し  役割を見出し  性格を見出し  相対主義に見出し  姉を見出し  緋鯉を見出し  人間である事を見出し  同感者を見出し  虚偽を見出し  安静として夢みたのに、しかも見出し  寿子に見出し  蘭を見出し  話相手を見出し  木を見出し  燈影を見出し  其処に見出し  二階に見出し  ここで見出し  助力を見出し  滝を見出し  萌しを見出し  そこから題材を見出し  松蕈を見出し  飾り棚に見出し  庭を見出し  君が見出し  一致を見出し  小舟を見出し  父親を見出し  何物かを見出し  我を見出し  詩を見出し  仕事場を見出し  泉を見出し  抽象力を見出し  自分一人の力で見出し  傍らに見出し  船の煙りを見出し  朽葉を見出し  硝子戸に度々見出し  問題を見出し  不思議を見出し  三浦政太郎博士が見出し  モラルを見出し  不安を見出し  ことは、同時にせっかく見出し  勝ち目を見出し  態度に見出し  かたまりを見出し  暇を見出し  父を見出し  自由を見出し  仲麿に見出し  行状に見出し  から夫を見出し  高輪田が見出し  証拠を見出し  一室を見出し  語り相手を見出し  日本の歴史に見出し  茶器を見出し  真心を見出した、或は見出し  写生帳を見出し  女を見出し  生徒に見出し  言葉に見出し  お父さんに、見出し  相手を見出し  証拠者を見出し  有様を見出し  人間的脱出を見出し  丈八郎を見出し  牧人が見出し  村を見出し  方角を見出し  此を見出し  茂吉さんの見出し  発想法を見出し  逃げ道を見出し  田舎娘を見出し  亀吉を見出し  道をどう見出し  ベンチを見出し  山岸中尉も見出し  蛇を見出し  機を見出し  つて製法を見出し  逃げ場所を見出し  体を見出し  誰彼を見出し  小鳥たちを見出し  ように見出し  翻訳者を見出し  読者層を見出し  元彦には、初めて見出し  第三の女を見出し  姿をふと見出し  價値を見出し  ポーズを見出し  感覚を見出し  同類を見出し  其処にありありと見出し  無遠慮に見出し  蛆を見出し  覚書を見出し  孤影を見出し  墓のみ見出し  中から指導者を見出し  故国を見出し  帰趨を見出し  三人を見出し  慰めを見出し  どこかに見出し  手紙を見出し  道伴れを見出し  誰が見出し  自己自身を見出し  手足を見出し  捌け口を見出し  ベエコンに見出し  なかった休息を、ついに見出し  学校で見出し  委員会が見出し  幾ヵ所かを見出し  秦を見出し  限り何物かを見出し  いふ事を見出し  形式に見出し  車を見出し  ことにも深いよろこびを見出し  束を見出し  自己を見出し  便を見出し  地盤を見出し  人間全体を見出し  自信を見出し  真中に見出し  写真を見出し  立てを見出し  材料を見出し  陸橋風景を見出し  批判を見出し  孫八が来て見出し  契沖の見出し  これを見出し  龍麿が見出し  龍麿の見出し  自分で見出し  樣に見出し  墓を見出し  合作帖を見出し  一路に見出し  一曙光を見出し  小女を見出し  諧調を見出し  平和とを見出し  岸に見出し  スケツチを見出し  衷に見出し  一致点を見出し  個性に見出し  憎悪とを見出し  まわりに見出し  もっと新鮮に見出し  生活様式を見出し  靴とを見出し  感化を見出し  新鮮に見出し  妙が見出し  世の中を見出し  偶然彼女を見出し  美質を見出し  いふ境地を見出し  一枚を見出し  侍女が見出し  

名詞

見出し[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
見出しで和田長官の名によって出された  見出しをつけて書いた  見出しになりました  見出しは出版社の促しに由る  見出しが社会面のトップにとびでる  見出しの中から書籍を選ぶ  見出しで載っていた  見出しに使われている  見出しで各新聞に連日報道された  見出しがついている  見出しの新聞記事を読みました  見出しや文章を記号ではさみ  見出しで紹介されている  見出しで書きたてられたが  見出しの特別読物が次々と連載せられ  見出しが掲げられてある  見出しがあり  見出しに大学の純文科とある  見出しをみて  見出しがつく  見出しで書きたてましたので  見出しのついた  見出しでもしている  見出しの新聞記事を想像するに及んで  見出しを置いた  見出しがあった  見出しをつけている  見出しはしなかったし  見出しが出ていた  見出しの下に貴顕の肖像が掲げられてあった  見出しが瞳に映ると  見出しに預かった  見出しがつけられていたのに  見出しに写真つきで華やかに新聞に出たが  見出しにあずかりますれば  見出しを読んだ  見出しで新聞はこの事件を報じた  見出しにあずかり  見出し又は発見する  見出しで取扱われた  見出しを先ずたどって行って  見出しを読むと  見出しで説明があるが  見出しも父が書いて  見出しが敦厚な書体で書いてある  見出しはするが  見出しはすまいかと恐れた  見出しがついていた  見出しにあずかって  見出しかけていた  見出しはすまいかと気づかいながらも  見出しで出ている  見出しのついていた  見出しがみつからない  見出しを示す  見出しはしなかったか  見出しはすまいかと  見出しもしよう  見出しかけてはいた  見出しもある  見出しの写真入り記事があった  見出しを付ける  見出しになって  見出しで伝えた  見出しに預かろうという  見出しを見て  見出しはしないだろうか  見出しには必ず奥秩父なる文字を用いているが  見出しが印刷されてあった  見出しに預る  見出しの頁をあけ  見出しの大きな活字がまづ彼の注意をひいた  見出しで上高地に於ける  見出しを書いて居ります  見出しあつてゐたので  見出しで次のような記事を掲載した  見出しで書いてゐたが  見出しなどしつ  見出しもせずに  見出しかけていると  見出しが出ている  見出しの円が出る  見出しの話し  見出しが眼についた  見出しはみえるけれど  見出しもしなければならない  見出しの上を通りながら  見出しを拾っていた  見出しにした  見出しになるでしょう  見出しのある  見出し得べからざる特長を観得する  見出しを付けても  見出しが書かれているが  見出しがついていたが  見出しに預かりますれば  見出しは出来るだけ  

~ 見出し[名詞]1
ものをふくんだ見出しを  手紙の見出しは  改良された見出しの  新聞の見出しに  風な見出し  三段抜きの見出しの  麗人という見出しで  入京という見出しが  教育という見出しで  三段飛という見出しの  敵の見出し  いろいろな見出しで  やうな見出しが  変な見出しで  それに見出しでも  やうな見出しを  ような見出しを  ザ・レエボアムーヴメントの見出しが  方法をも見出しは  路を見出し  肉太に書かれた見出しの  中腰になって見出しを  赤ちゃん窒息という見出しで  其を見出し  ような見出しが  感興をも見出し  学生には見出し  活字で見出しが  人口であるという見出しを  うちに見出しは  違いを見出しは  正義を見出しも  威嚇を見出し  活字の見出しに  敗北という見出しで  旅客機墜落の見出しの  恋愛論という見出しを  ことを見出しは  二の見出しが  趣味といふ見出しの  紙を貼って見出しを  云ふ見出しで  板碑立てるを見出しなど  事柄は聞出しもせねば見出しも  約束をさえ見出し  活字の見出しが  明って見出しの  特別版の見出しの  そうな見出しの  論文の見出しの  ちがいを見出しも  一つの見出しの  新聞の見出しを  美術には見出し  上方に見出しが  

~ 見出し[名詞]2
大きな見出し  そんな見出し  こんな見出し  大きい見出し  その見出し  ふたたび見出し  いつも見出し  この見出し  仰々しい見出し  

複合名詞
見出し通り  つて見出し  見出し鏡  見出し項目  見出し勝ち  見出し入り  屍見出しつる  見出しがち  見出しカード  見出し附  横暴見出し横往年出版書肆  脇見出し  一種見出し  見出しよう  殆ど見出し  



前後の言葉をピックアップ
彌陀  ミタ  御台  乱さ  乱し  見出し  身だしなみ  身嗜み  みたす  乱す


動詞をランダムでピックアップ
見初める避けろつれ去る殴り込むつぶれれへつらっ掴みかから打ち据えるとどいぬら浸かる届き押し流ししたしめるいいきるひきとる助け合っ啄めあるきつかれ噛み殺す
形容詞をランダムでピックアップ
気高き物珍しき数多手重い忌わしきなにげなしにがにがしく重し淋しからうらさびしい逞しゅう晴がましかっつめたけれありがたかろ貧しかっ間近し四角く