「蒼」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 蒼[形容詞]
色蒼  モノスゴイ蒼  百姓蒼  さぞ蒼  やや蒼  っぽい蒼  ない蒼  いよいよ蒼  

~ 蒼[形容詞]
色は蒼  色の蒼  空の蒼  どこか蒼  眼は蒼  楓の蒼  位の蒼  寢起に蒼  痕の蒼  先まで蒼  空は蒼  海の蒼  海原の蒼  それは蒼  顔は蒼  さも蒼  ちりと蒼  うめすももすももの蒼  顏の蒼  島々の蒼  顔色の蒼  

[形容詞]
蒼ざめた  蒼さ  蒼ん  蒼生み  蒼み  蒼みどろ  蒼みが増してくるの  蒼みて曇る玻璃  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
蒼さめた唇へかけて  蒼さめて冷かになり  蒼に見えたので  蒼褪めた氣の毒な女であらう  蒼褪めきつて下唇がぶるぶると震えてゐた  蒼褪めて病身さうに見えたけれど  蒼褪めていつた  蒼褪めたともしびがなみだを滴らす  蒼な顔をした  蒼になってふるえていると  蒼な顔の持子はかすかに眼をうるました  蒼になって  蒼ずんで来ている  蒼黒い湖水の狂浪をすごいばかりに照らしていた  蒼ぶくれのした  蒼な顔を見ると  蒼な顔をしていた  蒼な痙攣が多鶴子の横顔に来た  蒼になった  蒼な顔でこっちを向きました  蒼じろい  蒼になり  蒼黒い水のおもてに  蒼な顔をして食べて  蒼になつて了ふ  蒼になって起ちあがると  蒼にした  蒼な顔をして  蒼で一文字に口を結んでいた  蒼にして言い出した  蒼な顔をして笑っていた  蒼黒い空を感ずる  蒼にしてきけば  蒼な顔で坂本の部屋から降りてきたので  蒼黒い穴が開いていて  蒼黒い穴が忽然と一つ現われたが  蒼に顕れた  蒼になりました  蒼に映った  蒼なと云う  蒼黒くなっていた  蒼ぞらから林の方に向け  蒼黒い蝨をつまんで  蒼にして  蒼な顔してうつ向いた  蒼な顔をしていたわ  蒼になってから  蒼な不安な顔をして  蒼黒く茂つてゐた  蒼黄色く荒れた  蒼になってしまい  蒼に変り  蒼白んだ顔をふりあげながら  蒼となり  蒼に光って  蒼沈んだ額にサッと怒りの血のいろを  蒼な稲妻の光りが  蒼黒い頬に薄笑いを浮かべて  蒼な顔をしていました  蒼になって帰ってきた  蒼脹れたような顔を顰めて  蒼なその顔を眺めた  蒼黒い森を穿って  蒼黒い顏色になる  蒼になっていた  蒼黒く繁っていて  蒼褪め眼が血走った  蒼褪め果て  蒼にしていら  蒼になる  蒼になりながらも  蒼な彼女の額が見える  蒼な顔色をして  蒼な顔をしながら  蒼黒く痩せこけた  蒼黒い石塔尾根が真一文字に横切って  蒼黒い陰影がよどむ  蒼な顔を急に挙げて  蒼黒い頬をいよいよすませ  蒼黒い湖面を見下ろす  蒼にうち睡る  蒼な柱を立てて  蒼な香が樹の中に籠って  蒼黒い道服を着に及んで  蒼な顔になった  蒼脹れのした  蒼になってしまうという  蒼になつて泣き出しました  蒼になって上って行った  蒼褪めた顔をしながら  蒼脹れたようにも見える  蒼ずんで冴えた  蒼黒く土気づいた  蒼になりながら泣き続けている  蒼褪めて幽霊のように見える  蒼ぶくれている  蒼にそめ換えて  蒼に透き通っていた  蒼黒い水の色をあらわした  蒼なさびがある  蒼褪めている  蒼な顔になつて立ちすくんでしまつた  蒼な顏をして立ちすくんでいた  蒼黒い靄の如くたなびく  蒼な小鬼どもが白金の光耀粲爛たる中で乱舞したら  蒼に艶を失って  蒼黒い頬のすぼんだ  蒼黒い顔色をしていた  蒼黒い葉を垣根の傍に茂らしている  蒼黒く見えた  蒼な庭の時計のほとりから風致にしたたり  蒼黒い土のような顔色をしている  蒼になってふるえて帰った  蒼黒い水が顔を見せていました  蒼褪めていた  蒼になつて表情筋の痙攣を起してゐる  蒼に変っていった  蒼な激い  蒼ずんだ顔でじっと前を見つめている  蒼黒く光る  蒼ずんできた  蒼に顔色をかえると  蒼褪めて小首を傾げながら  蒼な色を見せている  蒼な顔をして帰って来た  蒼と面を背けた  蒼な水に沈んで行く  蒼になるとともに  蒼な野路を光って通る  蒼ずんだ冬の空が高くこの上に垂れ  蒼褪めた兩手を眺めつ  蒼褪めて居た  蒼褪めて来た  蒼になってよろめいた  蒼になって寝ていたとさ  蒼になっていたので  蒼なシイカの顔が浮んでいた  蒼になってしまった  蒼な顔になってしまった  蒼黒い肌をしてゐて  蒼と天地を覆うとりました  蒼な面をして  蒼な面をした  蒼にさめた  蒼暗い光線にグラスを浸して  蒼になつてゐた  蒼黒い脊をあらわして  蒼黒い大きな口だけしかないようなツメオは息子の上に屈んで  蒼黒い夜の闇の中に浮き上つて見え出した  蒼な顔を見せていた  蒼に水銹の深い湖のほとりで午寐をしていると  蒼黒く小さい紆りを立てていて  蒼に変って行った  蒼な面をしてゆきすぎてしまった  蒼な顔をしてじ  蒼な顔が映った  蒼ずんだ女の老けた  蒼つぽい化粧をして  蒼黒い片頬がゆがんだ  蒼な顔を上げて  蒼になって慌てながら  蒼じろくなって言った  蒼な顔を出した  蒼黒い苔のころもに隙き間なく包まれていた  蒼になってふるえていた  蒼な顔をして寝ている  蒼な顔をして帰って来ました  蒼になって駈け込んで来て  蒼になって帰ったと  蒼黒い葉のかげに  蒼な顔をしている  蒼になって牽かれて来た  蒼になって泣き出した  蒼になって震えて  蒼になってふるえ出した  蒼な顔をして帰って来て  蒼な顔をして泣かねえばかりに云うので  蒼褪めて見えた  蒼な顔をして居りました  蒼になって驚いていました  蒼な顔の両眼を瞑じていた  蒼になってしまいました  蒼になって怒って  蒼黒い額から冷汗を流していた  蒼に色づく  蒼黒く貧しい灯に照らされていた  蒼に顔色をかえた  蒼黒い顔になって還って来た  蒼澄んだ月光とが映じ合い  蒼褪めて騒ぎ立て  蒼褪めていたが  蒼黒く凍  蒼褪めた顔色も空虚に端近の唐金の手焙りを  蒼な顔をし  蒼になって怒る  蒼黒く巌頭を彩どる  蒼な潮流と爽やかな貿易風との間で自分の見て来た  蒼な西瓜を見て  蒼にひきつった  蒼で血の気も通っていない  蒼な頬に感動の色を泛べながら私の手に取り縋りました  蒼な山がある  蒼黒い巖壁にぶつかると  蒼黒い樹木の茂りが  蒼に輝いていた  蒼澄んだ瓦斯燈がうすぼんやりと照している  蒼黄色い何処となく険のある  蒼になりながら  蒼に入り込んでいました  蒼黒く痩せこけていた  蒼に変じている  蒼黒い偃松の波が急に深くなって  蒼黒く凝って  蒼黒い緑が溶けて滴って  蒼黒い偃松の波頭に取り巻かれて  蒼黒く冴えた  蒼黒く沈んで  蒼の空の光を美しいと見て立っている  蒼黒く見える  蒼ん膨れと  蒼褪めた顔をして  蒼黒い地を払子のごとくに擦って  蒼ぶくれの  蒼褪めてしまつてゐる  蒼にでもなっていた  蒼な痙攣が来た  蒼な顔をしていて  蒼になりて戦きつつ  蒼として太古の気が襲う  蒼になって這入って来て  蒼な顔をあげ  蒼に顫えている  蒼なアグーシャが歯の間からつぶやいた  蒼褪め窶れてはいたけれど  蒼澄んで見える  蒼ませてゐた  蒼になりて  蒼になって言った  蒼黒く石垣を浸している  蒼な一直線の流れとなって  蒼になってしまいましたね  蒼褪めて黄味さえ帯び  蒼黒く肥った  蒼になっていました  蒼黒く濁つた  蒼醒めている  蒼黒い両頬が桃の実のようにむっつりふくれた  蒼黒い顔には弱い西日がぽっと明るくさしていて  蒼黒くで  蒼黒い兩頬が桃の實のやうにむつつりふくれた  蒼弱くうつして  蒼ぞらの淵にかかったりしました  蒼黒く聳えて  蒼な顔をしてつっ立っていた  蒼な顔をして坐っている  蒼暗い葉のトンネルを潜って  蒼黒い針葉樹に交って  蒼に頭を垂れ  蒼になって見ている  蒼に筋だっている  蒼黒い筋が水平線にあるでしょう  蒼黒く淀んでいる  蒼になりましたっけ  蒼ずまして伸子に向っておこる  蒼な顔になっていた  蒼な色をしていた  蒼醒めた顔をして  蒼脹れしてるのに  蒼になって来ました  蒼な顔を戸口の方へ向け  蒼黒い罪業の円輪の染め出された  蒼になってふるえる  蒼褪めた長い顔をしきりに縦にふって肯く  蒼褪めた光が戸の隙間から射し込んで来て  蒼になつてゐる  蒼な顔をして坐っていた  蒼黒くなって来た  蒼でも構わない  蒼な色が笑み割れ  蒼に立ち上がってくる  蒼な血管が浮かび上がると  蒼を帯びて  蒼な空に対照して  蒼な清々しい顔をして  蒼黒い空に汗ばんでゐる  蒼黄いろい空の下にしめやかな荒村があちこちに横たわって  蒼黒く焼ける  蒼黒くなってくる  蒼黒いひたいに白の練絹の鉢巻をしていた  蒼になって立ちすくんだ  蒼な顔でドアからとびだし  蒼ぐらい波の上に白い船が一つみえてゐた  蒼に流れる  蒼ずんだ尻尾を日向の砂利の上にひきずってしゃがみながら  蒼を兼備して  蒼になっている  蒼なさるおがせが椴松の高い枝にかかっている  蒼な苦しそうな顔をして  蒼醒めた顔をして覗いている  蒼に塗って  蒼黒く何万尺あるか知れない  蒼に成った  蒼褪めていたかも知れません  蒼褪めた顔は小さく寂しげにやつれきっていた  蒼な顔をして喘いでいる  蒼かりける  蒼黒くなって  蒼黒い海は白い歯を見せて  蒼な顔で引つ返して来た  蒼黒い雨雲が屋根の代りになる  蒼に彩り  蒼な顔をするだろう  蒼な顔の見える  蒼に変わってきた  蒼な顔になったが  蒼黒い巨大な虫を思わせる  蒼にしてしまった  蒼に凋れた  蒼黒きをいふといひ  蒼黒い顏をあからめた  蒼より白に變ふる  蒼でぐたりとなって寝ている  蒼黒く見えました  蒼な顔をなさった  

~ 蒼[名詞]1
影も蒼  何といふ蒼  すゑは蒼  鏡に映る蒼  白と蒼と  ように蒼  真つ蒼に  真つ蒼  寂かな蒼  顔は蒼  直径半町もあろうかと思われる蒼  あたりに蒼  花輪に飾られた蒼  玉音は蒼  姿見の蒼  沖が蒼  さに脹れている蒼  目と蒼  顔色は蒼  巌端に蒼  藤波は蒼  千歳にして蒼と  頬の蒼  記者は蒼  産婦は蒼  やうな蒼  眞つ蒼にな  色は蒼  下ぶくれで蒼  色が蒼  表情が蒼  それを蒼  色の蒼  痩こけた蒼  執着を忘れずに蒼  空気が蒼  せいか蒼  刃の蒼  眞つ蒼に  月までが蒼  妙に蒼  馬道で逢った蒼  私は蒼  睡眠不足の蒼  そうに蒼  木立が蒼  横顔は恐しく蒼  下には蒼  真つ蒼にな  武断派の蒼  へんに蒼  眦を蒼  夫人は蒼  方に蒼と  女の蒼  顔色が蒼  巨木うっ蒼と  上は蒼  朝の蒼  鱶が蒼  眼と蒼  影が蒼  水は蒼  やうに蒼  さに蒼  台石も蒼  三十前後の蒼  目は蒼  上瞼を蒼  顔色も蒼  島から蒼  そうな蒼  色と蒼  いずれも蒼  急に蒼  心もち紅潮させた蒼  一丈余りの蒼  晩春の蒼  下手對岸の蒼  上に蒼  葉柳に蒼  皮膚の蒼  これは蒼  五十米も登ると蒼  緑さえも蒼  偃松の蒼  底は蒼  なんだ蒼ん  いつ見ても蒼  尾は蒼  昨日見た蒼  つて永久に蒼  沿岸の蒙蒼  弘光は蒼  目隈の蒼  かすかに蒼  顔色の蒼  馬場の蒼  顔を蒼  ように蒼ぞ  奥仙丈山塊が蒼  其っ蒼  暁の蒼  山だけが目立って蒼  黒でも蒼でも  非常な蒼ん  大変な蒼ん  切口が蒼を  病気で蒼  顔が蒼  彼は蒼  常より蒼  兄の蒼  闇く蒼  中で蒼  恐怖で蒼  口を開けた蒼  顏が蒼  かげの蒼  がらぞ蒼  顔は痩せて蒼  風に蒼  甲が蒼  

~ 蒼[名詞]2
やはり蒼  だんだん蒼  たちまち蒼  凄く蒼  少し蒼  なく蒼  ひどく蒼  すでに蒼  この蒼  悪い蒼  幽蒼  恐ろしく蒼  その蒼  ことごとく蒼  むしろ蒼  あの蒼  あまねく蒼  いよいよ蒼  

複合名詞
蒼ざめた  蒼ざめて  蒼ざめた時  蒼ざめていた  蒼顔  蒼ざめ顏  色蒼ざめて  つる色蒼ざめし櫻草  蒼蠅  蒼蠅そう  欝蒼  蒼ざめ顔  つる色蒼ざめし桜草  蒼人艸  白髪蒼顔  蒼ざめ  蒼ざめている  蒼味  とき蒼ざめて学友  蒼ざめたのか  蒼ざめた痿黄病的  蒼ざめた光沢  蒼ざめたやうに  蒼ざめた四肢  蒼ざめた肉体  蒼ざめさせてさう答  蒼ざめた唇  蒼ざめた頬  蒼ざめた皮膚  蒼ざめた天  蒼馬  後記蒼馬  縫つて蒼馬  蒼ざめたバツト  蒼ざめた花  更蒼ざめて  蒼ざめたほどのあらゆる心労  蒼ざめた顔  眞蒼  蒼ク何トイフ巻積雲  ルオレタチヲ冒シテル蒼褪メタベエリング  蒼ざめた北方路線  蒼緑  韓子蒼舎人  蒼ざめた首  蒼ざめてまいりました  蒼ざめた小男  大海蒼溟  蒼ざめた途端  蒼蠅なす神  蒼ざめたこめかみに紅梅色  心持蒼ざめた  ッ蒼  蒼ざめた男  蒼ざめた多鶴子  蒼ぐろい皮膚  通り雄健蒼勁  蒼褪  皆蒼ざめて  裏切つて蒼ざめた顔  蒼ざめてゐるのが  蒼ざめていて  蒼ざめていたが  蒼ざめたような頬  蒼ざめるのを傲然  蒼顏  蒼ざめた瞼  蒼青色  蒼ざめて猫背  蒼海原  蒼ざめた魂  蒼ざめた科学者  蒼ざめている彼女  みんな眞蒼  蒼ざめながら  蒼ざめた幽霊  蒼黒  蒼ざめた不吉  蒼黄色  二小間青蒼  蒼光  蒼ざめた幸雄  蒼ざめた支那  蒼黝  蒼ざめた娘  まま蒼  蒼ざめてくれるわ  蒼ざめた瓜實顏  古木欝蒼  蒼ざめた顔色  蒼青  蒼黯  蒼ざめさせて  蒼ざめさしたり  蒼ざめて争  蒼ざめたものが  蒼鷹  心もち蒼ざめて  蒼ざめてをり  蒼林  まま蒼ざめている厳  蒼ざめた額  蒼ざめた君  蒼ざめた鉛色  色蒼ざめた旅人たち  蒼ざめた馬  蒼ざめた馬冬  蒼ざめた影  蒼明  蒼ざめた監督  蒼ざめたかとおもふと  蒼ざめて藍  蒼ざめた日  蒼ざめていたことったら  蒼みわ  蒼みの  蒼ざめてるでしょう  色蒼ざめ眼  色蒼  蒼色  蒼ざめて独り言  蒼ざめてショースイ  蒼蠅い  蒼ざめた色  蒼ざめた鋼鉄人  蒼ざめ髪  蒼筋  蒼ざめさして  蒼ざめた女  蒼ざめはてた顔  色蒼ざめてぶるぶる  蒼ざめて俯  蒼ざめて髭さ  蒼ざめた一つ  蒼ざめた真剣  蒼ざめたる空想  蒼州湾  榎欝蒼  蒼ざめた表情  蒼ざめていじけきった  蒼ざめて寝台  后蒼高堂生  蒼冷  蒼びかりの空間  蒼鷺  蒼蠅賦  蒼沼  蒼ざめてるのはまだいいとして  蒼なお顔  樹木欝蒼  蒼ざめた奴  蒼老  蒼ぐもり折  蒼ざめた姉さま  蒼白め  蒼ざめていました  蒼ざめた鶴雄  蒼ざめた星宿  余滴蒼苔  蒼ざめてること  蒼ざめた光  蒼ざめた顔付  蒼ざめながら彼等  蒼ざめたと  白髪蒼顔万死余云々  蒼ざめているのに  蒼ざめてもう息  つて眞蒼  蒼ざめてゐるのだらうと思  蒼波万頃浩  竺洋百万頃蒼波  蒼艶  蒼ざめた廢道  蒼ざめて爪  蒼ざめたり爪  かた蒼ざめて茫然自失  不機嫌さうに蒼ざめ  蒼ざめた横顔  蒼氷  蒼竜  虚蒼  蒼ざめたのが  蒼ざめた手  蒼ざめた姿  蒼苔  蒼苔橋  蒼ざめたインフェリオリテ  蒼ざめた脣  蒼め  蒼ざめる夜  蒼ざめた夜  蒼ざめたのは  蒼鬣魚  蒼ざめた紙  蒼ざめているのが  蒼ざめて冷やか  蒼ざめて生気  蒼ざめて死  蒼ざめました  蒼涼  蒼ぐろくしきつて  蒼ぐろく鱗波  蒼ざめただけだ  蒼ざめている面  蒼ざめて苦痛  蒼ざめたのである  蒼ざめた昂奮  心持ち蒼ざめていた  蒼ざめる彼  蒼ざめてきた  蒼ざめもつつ  蒼ざめて力  蒼ざめた京山  蒼ざめた常連  マッ蒼  蒼生子  色蒼ざめた支倉  顔蒼ざめて手足  蒼ざめて雀斑  蒼ざめて声  蒼ざめてしまった  蒼ざめた顏  蒼冥  蒼ざめ果て顔  蒼ざめゆがんだ顔  蒼ざめた気持ち  蒼ざめていった  蒼ざめていく  蒼ざめたが  蒼ざめて一行  蒼ぐろくてがらんとしたもんだ  蒼いも  海蒼  顔色蒼ざめて恐怖  蒼ざめた冬  蒼ざめてひとがよろよろあらはれるそれ  蒼ざめてゆくではないか  蒼碧  蒼孔雀  蒼ざめた眠り  蒼ざめたるとを  蒼ざめさせ  蒼ざめた腮  蒼ざめた星  いつか蒼ざめていた  蒼ざめたひたいに  蒼ざめているのを  かに面色蒼ざめ盃  蒼ざめていて力  蒼ざめているのであった  蒼ざめているが  蒼ざめて首  蒼ざめて眼  蒼ざめて春  蒼ざめたお顔  清流蒼龍  蒼ざめて無言  甕蒼ざめし汝  顔蒼ざめた様子  面色蒼  蒼ざめてひきしまり  蒼ざめた明るみ  蒼ざめて肉  一番蒼勁  蒼ざめた痩せっぽち  蒼黒いくらやみ  真蒼  蒼ざめて落ち  蒼ざめた唯一語  蒼ざめて息  蒼ざめてるはれぼったい顔  蒼ざめた帝大  心持ち蒼ざめた顔  蒼蠅さがわり  唯色蒼ざめて  唯色蒼ざめて戰  蒼翠  蒼黝い  蒼潤  蒼ざめようとも  蒼ざめていた顔  蒼ざめたきり  蒼ざめてゐた  蒼ざめて承知  白煙蒼霧  蒼波  蒼ざめた微笑  蒼ざめてゆくのに  色蒼ざめる心地  色蒼ざめ  蒼紫  蒼ざめてその色  蒼ざめた背  蒼ざめた怪しげ  蒼ざめた思い出  蒼ざめた眼  蒼ざめ紅  其吃水蒼ぐもる物  一蒼蠅一カ月  蒼ざめているのが人々  蒼ざめて連  蒼かつ  金澤蒼夫さん  日金澤蒼夫  蒼夫さん  蒼夫  蒼勁精厳  蒼ざめているように  蒼ざめて氣  顔蒼ざめさせ体  蒼ざめた太陽  蒼ざめさせたじゃあないか  蒼ざめているのでした  顔色蒼  蒼樸  月天子蒼竜  蒼灰色  蒼ざめはてて  蒼ざめていたし  蒼頡  蒼皇犬  蒼ざめてはいたが  色蒼ざめて襤褸外套  蒼ざめて航路  蒼ざめたり  蒼ざめた吉良  蒼溟  蒼ざめた息子  蒼ざめてむくんだ頬  時蒼ざめて  蒼頬  蒼ざめた薔薇  蒼ざめ形  蒼ぐろい水あかり  蒼前様  蒼ざめた日本新劇  蒼ざめて血色  蒼ざめた剥製  蒼ざめたひたいの上  つて蒼ざめた彼  蒼どろん  蒼ぐろく  顔蒼ざめ  蒼ざめてしまったご婦人がた  蒼ざめていきました  喬木欝蒼  蒼井雄君  蒼井君  張つた蒼竜  蒼髯  蒼ざめた青年  欝蒼たる所  蒼ざめていたけれど  蒼ざめた細面  蒼面痩躯  蒼ざめた魔  蒼ざめた不安  蒼ざめた己  蒼ざめた澄江  色蒼ざめた切迫感  蒼ざめて哀願  くせ蒼ざめて生気  蒼ざめた疾走  蒼ざめた苦笑  色蒼ざめ活気  蒼ざめた老年  色蒼ざめた  蒼ざめた感じ  蒼ざめたこの現実  蒼ざめてしまふのだ  蒼ざめて唇  蒼渺  蒼桐  とき蒼桐  蒼ざめた空気  蒼ざめた人  蒼ざめてひざまずく  色蒼ざめている  蒼ざめていき  蒼ざめて死人  蒼ざめた電光  蒼ざめたままで  眞ツ蒼  蒼ざめてゐる母  上句蒼ざめた顔色  蒼ざめたお長  色蒼ざめたれど  蒼ざめし  青蒼  みな蒼  蒼玄  蒼ざめた掌  まま眞蒼  蒼蠅ひかりめぐらかし  蒼徨  蒼ぐろい顔  蒼ざめたこの教師  蒼ざめて自分  心持ち蒼ざめて  色蒼ざめ双  蒼ざめかげんに緊張  蒼ざめて大老掃部  蒼ざめた彼女  蒼ざめかかっていたが  蒼ざめた前  蒼ざめてしまひ  蒼ざめたんです  蒼ざめて水  色蒼ざめた顔  松蒼猿  涙蒼ざめはてたわがこころ  蒼ざめて裸  三三蒼ざめしなやめる魂等  蒼ざめきってしまった色  一天蒼碧  蒼ざめたる顔  蒼蠅いも  蒼面白髪  天平宝字七年六月十五日蒼美  蒼朮  蒼ざめて寄宿舎  蒼ざめた雪子  蒼ざめてると  心持ち蒼ざめた  心持ち蒼ざめてきた  蒼ざめて現  蒼雲の上  蒼雲  蒼竜斎膝丸  蒼山  蒼ざめた石  蒼ざめて血  蒼ざめたる天使不思議  蒼ざめてしまつた  蒼ざめたいたいけな顔  蒼蠅なす  蒼求  蒼ざめてゐるのに氣  



前後の言葉をピックアップ
青嵐    蒼から    蒼い  青井  扇い  青い  仰い  あおい


動詞をランダムでピックアップ
捻じる尖れ融かさ乗付けふくらませまいあがっなめろ差入れ突き破発か言いまくこき下ろさ揚がら守れよ染め出しちぢんしゃがむつらぬく護ろしばっ
形容詞をランダムでピックアップ
名高かってひどい押付けがましいひもじきはばひろく鈍いするどく黄色く精しきやるせなかっ著しゅうもどかしき豪けれ疑わしき馴れなれし凄まじくとてつもなき気ぜわし好いたらしくやさう