「仰い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 仰い[動詞]
上を仰い  天井を仰い  星空を仰い  天を仰い  志津は振り仰い  空を仰い  多恵子をふり仰い  起、仰い  月を仰い  方角を仰い  十字架を仰い  のを仰い  大空を仰い  指導を仰い  下から仰い  星を仰い  碧空を仰い  指導者として仰い  音に仰い  天上を仰い  間本尊と仰い  林を仰い  姿を仰い  宇宙を仰い  夜を振り仰い  夜空を仰い  觀音像を仰い  天地を仰い  青空を仰い  げに仰い  何気なく縁側から空を仰い  狐格子をふり仰い  毒を仰い  英君と仰い  天日を仰い  金字を仰い  空に仰い  救主として仰い  高上者として仰い  救出者として仰い  屋根を振り仰い  俤を仰い  滴を仰い  窓を仰い  窓を振り仰い  騒ぎを振り仰い  陽を仰い  時計を仰い  我が家を仰い  爪先が仰い  底から碧落を仰い  闇を仰い  大樹をふり仰い  灯を仰い  廂を仰い  空をふり仰い  蒼穹を仰い  人もし仰い  金星を仰い  室を仰い  わたしは仰い  噴煙を仰い  憂慮わしげに仰い  裡から仰い  そこともなく仰い  頂を仰い  手を翳して仰い  日光を仰い  から天井を仰い  裏を高く仰い  居はせぬかと、仰い  峠を仰い  天上遥かに仰い  われを忘れて仰い  ょうを仰い  星をふり仰い  顔をふり仰い  交錯を仰い  岸に仰い  新緑を仰い  ちょっと観音堂を仰い  大衆文芸に仰い  音を仰い  夕星を仰い  巨山を仰い  銀河を仰い  山をふり仰い  絶壁を仰い  余は仰い  幹をさすったり仰い  汀を仰い  注意を仰い  師と仰い  救世軍本部を仰い  車窓から仰い  物を仰い  風船乗り天を仰い  秘に静まり返っている、仰い  天井裏に仰い  富士を仰い  高札をふり仰い  顔を仰い  失つた月を仰い  大屋根から空を仰い  此方を振り仰い  屋根をふり仰い  高札を仰い  望楼を仰い  義兄とも仰い  中に振仰い  協力を仰い  ほうから仰い  栄光を仰い  フト大空を仰い  雲が飛んでいるので、仰い  方を仰い  主と仰い  祖と仰い  寒空を仰い  学資補助を仰い  壮を仰い  人を仰い  薄黒く渦巻く煙りを仰い  義心を仰い  融通を仰い  露臺を振仰い  露台を振仰い  大空に仰い  徳として仰い  指令を仰い  一方を仰い  許しを仰い  思慕を託し、また仰い  大岩壁を仰い  愍れみを仰い  君に仰い  主君とたのみ、仰い  台上を仰い  おゆるしを仰い  別に勅を仰い  人品を仰い  玄徳を仰い  書簡を仰い  盟主を仰い  詔を仰い  顔を振り仰い  乱雲を仰い  雪空を長く仰い  師匠であると仰い  其師匠と仰い  迎に行って来いって、御仰い  打遣って置けと仰い  太陽を仰い  指令のみを仰い  面を仰い  独り天を仰い  指揮を仰い  金沢へ廻るかも知れんと被仰い  賢慮を仰い  許に跪いて、そして仰い  梢を仰い  材木を仰い  光を仰い  虹を仰い  枯枝を仰い  補助を仰い  絶対的主権者として仰い  指先でもてあそびながら少し振り仰い  かまわず空を仰い  黒髪を振り仰い  青空を振り仰い  から後ろを振り仰い  楽を奏するを疑ひ、仰い  御殿を仰い  三四郎は仰い  外を仰い  電燈を仰い  雲を仰い  彼を仰い  人で無ければ、仰い  満月を仰い  顏を仰い  夏は振仰い  指図を仰い  時、或は仰い  偉人を仰い  ちょっと空を仰い  私を振り仰い  ッて、仰い  不祥なりとて、仰い  ように仰い  一息に仰い  ものと、仰い  曉らず、仰い  空を振り仰い  軒端から天を仰い  申上げに行ってはならないと仰い  先程お部屋へ入るまえに仰い  それを仰い  助は仰い  一盃を仰い  頭上を仰い  先生は仰い  連り行くを仰い  ステパンを仰い  横目に仰い  組み天を仰い  場合にはもはやふり仰い  腕を組んで夜空を振仰い  月を振仰い  助言を仰い  天井を振り仰い  山色を仰い  山を仰い  塔を振り仰い  今なにげなく振仰い  連中が、仰い  花を仰い  左手に仰い  それを振仰い  天体ばかりを仰い  乱鴻を仰い  蒼天を仰い  天下風を仰い  秋月を仰い  俯しても仰い  南に仰い  碧空に仰い  もう一度天を仰い  崩屋根を仰い  稚児が仰い  中から吾輩を振り仰い  額を仰い  左に仰い  子どもが、立つて、停つて、仰い  一角を仰い  額面を仰い  笛を仰い  灯かげを仰い  額の消ゆるばかり、仰い  指圖を仰い  掩わんばかり、仰い  ところを振仰い  黒塚様と被仰い  月明を仰い  物は仰い  気象が解ると仰い  三度も仰い  遠く距離を置いて仰い  から空を仰い  七兵衛が仰い  天空をずっと仰い  岸を仰い  得心を仰い  還幸を仰い  図天上を仰い  そのまま空を仰い  指示を仰い  夜半ぢかい空を仰い  力を仰い  米友、ひょいと振仰い  太陽をふり仰い  舞鶴城を仰い  行幸を仰い  切れを仰い  勅裁を仰い  鼻を仰い  山波を仰い  縁から仰い  憮然と仰い  峰を、ややしばらく仰い  朝日を仰い  山をば仰い  やうに仰い  影を振り仰い  御所を仰い  親船を仰い  山を振り仰い  一ツを振り仰い  空から仰い  あたりでは、仰い  偉人として仰い  方を振仰い  どなたもそう仰い  乳を仰い  交つて空を仰い  お越しを仰い  さしずを仰い  夕空を仰い  前に仰い  奏請を仰い  令を仰い  大将と仰い  電燈の光りを仰い  切窓を振り仰い  西園寺家から特に臨幸を仰い  火の見を仰い  陽気ですけれど、仰い  御簾を仰い  明月を仰い  帝都上空に仰い  天空を仰い  絵馬を仰い  そこに仰い  こずえを仰い  軒高く仰い  意見を仰い  いまさら親政を仰い  処置を仰い  首をつき出して仰い  今朝椽から仰い  四郎天を仰い  遙に仰い  中空を仰い  二股を仰い  禿山を振り仰い  云つて窓から空を仰い  眞下で仰い  マダム馬鈴薯を仰い  希望を仰い  建物を仰い  屋根裏を仰い  人こそと仰い  空模様を仰い  巓を仰い  頭上に仰い  顔を、傾けて仰い  榎を仰い  ここからも仰い  ものを、振仰い  ために、仰い  顔を、恐る恐る上げて仰い  屹と睨んでは仰い  東天を仰い  兄さんは何と仰い  権輿に仰い  つたと聞く、仰い  遥に打仰い  反身で、仰い  姿を振仰いでは拝み、振仰い  裁判を仰い  鴉黄を仰い  声で仰い  日を仰い  斜面を振り仰い  源氏を仰い  渠を仰い  ぼんやり天を仰い  顔を振仰い  雄姿を仰い  窓から月を仰い  高塔を仰い  方を振り仰い  絶景を仰い  頼みます、とまた振り仰い  功績は、仰い  光線をふり仰い  しかたなしにこう仰い  夕山を仰い  ヂッと仰い  ランプを仰い  星影を仰い  下り、さて仰い  前とは違い、仰い  参木を仰い  上方を仰い  救助を仰い  姿が見降せる、仰い  下に降りて仰い  赫とする、もう仰い  奥穂高を仰い  厳かつい岩壁を仰い  顔をじっと仰い  ただ外から仰い  看板をふり仰い  壁に仰い  老人は煙りを仰い  顔を恐るおそる仰い  静かに打ち仰い  輝きを仰い  陰を仰い  臨幸を仰い  従来ドイツから輸入を仰い  聲を呑んで仰い  母と仰い  電灯の光りを仰い  加筆を仰い  蒼空を仰い  半ば以上を仰い  登つて富士を仰い  どこまでが仰い  仏を仰い  照明を仰い  下にたって、仰い  参登を仰い  かくや軟かかつたけれども、仰い  ざぶざぶと、仰い  年寄たちは、頻りにふり仰い  別に気に留めず、仰い  空ばかりを仰い  眼を細くして仰い  計量器を仰い  つて其処から仰い  麓から仰い  古城を仰い  母親をふり仰い  庭で、泣く泣く仰い  瞳で仰い  邸を仰い  静子を仰い  かいなで、仰い  情景に仰い  明星を仰い  部長を仰い  とき天井を仰い  そうに仰い  山裾を仰い  碑を仰い  上を振り仰い  行啓を仰い  目を仰い  一つを仰い  私は仰い  何であろうと、仰い  神様神様とお仰い  晴れ渡つた空を仰い  口は仰い  朱鑠を仰い  月光を仰い  ゆっくりとうしろをふり仰い  方をふり仰い  植物に仰い  群鳥のわたるを仰い  際を仰い  角を振り仰い  天をふり仰い  寒い地方から、仰い  木を仰い  慕ひ仰い  下で仰い  北岳を仰い  屋根を仰い  崇高と仰い  多く護法神として仰い  手庇で防ぎながら、仰い  日輪を仰い  頭を撫でると、仰い  手を置いて、振仰い  から少し遅くなると被仰い  岡を仰い  飛行機を仰い  兄さんがそう御仰い  評を仰い  藥を仰い  上空を仰い  巡査を仰い  岩容を振り仰い  山の端を仰い  庭から仰い  いふ山の端を仰い  縁側から空を仰い  端を仰い  財産なんで御座いますよ、と仰い  奥さんが仰い  先生が仰い  やうに、仰い  眸がじっと振り仰い  猿を仰い  神と仰い  水煙りを仰い  二文字を、なお、じっと仰い  賢友を仰い  裸体を仰い  塔門を振り仰い  横に仰い  寄進札を仰い  標札を仰い  上に仰い  気持で仰い  主人は仰い  暇もなしに、仰い  理想の光りをふり仰い  ベツレヘムの星と仰い  憧憬をもって常に仰い  眉を仰い  しか天井を仰い  雪を仰い  屹と仰い  旦那さまの仰い  凄みがないと仰い  顔を打ち仰い  青空ばかり仰い  横顔を仰い  そのまま行幸を仰い  登山は出来ない、仰い  棟を仰い  真向に仰い  御影を仰い  地上から仰い  檀那寺と仰い  太陽に仰い  三神を仰い  示教を仰い  祖神と仰い  星空を振仰い  虚空を仰い  下から仏壇を仰い  忠之を仰い  森林に仰い  ぼんやり空を仰い  夕陽を仰い  旗を仰い  肩越に、振仰い  誇りとして仰い  像を仰い  高大さを仰い  毒薬を仰い  男を仰い  横顏を仰い  久子さんと被仰い  眤と仰い  吉野を仰い  さうに男を仰い  久子さんと仰い  他力を仰い  松を仰い  凧を仰い  上ばかりを仰い  蔭から打ち仰い  それを振り仰い  理由を被仰い  三ツ山を仰い  私邸に仰い  中から空を仰い  夕日を仰い  種族旗を振り仰い  僕を振仰い  立止つて空を仰い  ここにも転がっている、仰い  私を仰い  教を仰い  庄三郎は仰い  教えを仰い  民の仰い  エフ氏を仰い  家から仰い  恩人と仰い  診断を仰い  仮面を仰い  余光を仰い  街上に仰い  名をしばし相佇んで打ち仰い  つて梢を仰い  左を仰い  入口をぐっと仰い  謙造は仰い  先輩と仰い  羽根を見せよと仰い  王妃にしたいと仰い  施主に仰い  臨時行幸を仰い  神宮寺を仰い  神主と仰い  冬空を仰い  判断を仰い  手から仰い  夫人に仰い  篠は一目仰い  不意に仰い  人影を仰い  怪塔は有りや無しやと仰い  角度を仰い  風を仰い  來て、仰い  これでは仰い  峰に仰い  これを仰い  事を仰い  ドーブレクさんと仰い  から呼んでくれと仰い  何を仰い  宥恕を仰い  二階から、仰い  柱を仰い  自分を打ち仰い  絵看板を仰い  裁決を仰い  師表と仰い  窓をふり仰い  柾目を仰い  検事を振り仰い  鐘を振り仰い  月をそぞろに仰い  空をじっと仰い  援軍を仰い  塔上に仰い  ぼくには、負けて仰い  水面を見、仰い  眼を細くしてその光りを仰い  シャンデリアを仰い  額で仰い  檐を仰い  町から仰い  



前後の言葉をピックアップ
蒼い    青井  扇い  青い  あおい  葵祭り  あおい  アオイ  煽い


動詞をランダムでピックアップ
縛めるとけ込む備わり忍び込める乗り込む聞き及ん打ち払え浸かっきりさか立寄ろ画し着く食み出さ勇む打破らとばせ間違えれ取りすがら吹き降ろし下さりゃ
形容詞をランダムでピックアップ
むなしじれったく浅いさみしけれなまめかしかっあったかわろき稚かっ激しかろ賢く神々しい堅く深けりゃ良い怪く毛ぶかい目出度おもかろあじきなく空ぞらしい