「茶色」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

茶色[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
茶色の羽織を着  茶色のはん点がいっぱいある  茶色の衣を着て  茶色の犬が頭に小さな怪我をしてゐる  茶色のダブダブした  茶色の蛾はそこに白い腹をみせてたふれ死ぬ  茶色の髭を生やして  茶色の封筒の手紙が届きました  茶色のマントをふくらませ  茶色のちりめん頭巾をかぶって  茶色の尖塔はなかなか趣ある  茶色の海藻はすきとおって見え  茶色の腹が見えた  茶色なヌラヌラした  茶色の穂を出し  茶色の二つの眼が光っていた  茶色の朝鮮牛が無邪気な鼻面をのぞけている  茶色の毛皮を十五六枚並べる  茶色になった  茶色の作業服を着た  茶色の作業服に訊いた  茶色の作業服はそう言って  茶色のけさを着て  茶色の背表紙にやすめながら  茶色に見えてしまった  茶色にやけて  茶色のマントをふくらませて  茶色の羆には恐れをなしている  茶色に焼けた  茶色になっている  茶色の斑点の無数に浮かんだ  茶色の目をした  茶色の腕を出して  茶色の蒸気が立ち出すや  茶色の帽子だけが知らん顔をしてかかっていました  茶色の道を何本も塗りたくって  茶色のソフトをぬいで  茶色の髪や頬ひ  茶色のスエエタアを着た  茶色と緑の縞の日傘がこっちに向って来る  茶色をした  茶色になって  茶色の紙包みを荷厄介にしていた  茶色の包の中に持っている  茶色の紙包が出て来ましたので  茶色の包について警戒してやったではないか  茶色の包をすり替えて  茶色の包みをとり出して  茶色のジヤケツはどこにも見えない  茶色のジヤケツを着た  茶色のシャツを着た  茶色のブラインドが一枚だけ巻き上っている  茶色につややかな太短いペンを握って  茶色に塗られた  茶色に変っている  茶色の草穂は一面波を立てました  茶色の草穂をかきわけて見ましたが  茶色の琥珀や紫がかった  茶色の小虫が這いまわって居る  茶色のカサカサな葉を沢山もって  茶色の肩掛で顔を包んで  茶色の服に正装して  茶色の靴下はすべすべとぴったり合っていて  茶色に枯れて  茶色で草が一本も生えていない  茶色から黒にする  茶色の服を着た  茶色の帽子をかぶった  茶色の瞳でもあるかの  茶色の紙を挾んである  茶色の小さい蜘蛛に似た  茶色の絹を巻いて  茶色のスウェタアに包まれ  茶色の帯を前結び  茶色の毛のすくすくと蔽われかかる  茶色の胴を一畝り畝らしたまで鮮麗に認められた  茶色をしております  茶色の背広をきっちりまとい  茶色の電車が眼の下を走つてゐる  茶色の背広をつけた  茶色のソフトを被った  茶色にたくましい指と変り  茶色の革袋へ密封して  茶色の肌をした  茶色と対照す  茶色の目をきょとんとあけて  茶色にかえて  茶色を帯びた  茶色の霧が再びそのあたりに下りて  茶色のドロドロした  茶色に塗った  茶色の蚊帳で揉まれて寝たが  茶色の液の玉が空白の頁の上に盛上って  茶色の液ですこし濡れた  茶色の水玉の上に置いた  茶色と変じて死んでしまう  茶色の涙のやうなものがぼろぼろと滴り落ちて来る  茶色の偏平い  茶色の封筒が一枚抜き出されて来た  茶色に飛込んだ  茶色に紫がかって  茶色の勝った  茶色の絹襟巻をまきつけて  茶色の枯れた  茶色の産毛のある  茶色に変つてゐる  茶色の厚いたるんだ  茶色になり  茶色の草や木や畑がむき出しになって  茶色の厚い紬の様な地の袢衿があったので  茶色の頬骨のとび出た  茶色なおおきい眼を更におおきくして  茶色にくもって  茶色のオーヴァをぴつちり召して  茶色な髪をかぶった  茶色の長い袴をはいた  茶色の小犬を指す  茶色な椚の枯葉などが見える  茶色の液体をなみなみと満した  茶色の室の中から隣りの  茶色の眼を光らせて  茶色の瞳でながめおろした  茶色の足袋をはいた  茶色の樫の円柱や鏡板がつやつやと灯の下で光っている  茶色で輝いている  茶色の大きな眼鏡をかけて  茶色の被布を着て  茶色の中折を取り出す  茶色ながら立往生をしている  茶色にぼやけた  茶色の襟巻をしておりましたが  茶色の封筒を取り出して  茶色の雲に反映する光りを見ると  茶色の雑嚢をかけていた  茶色の紬の薄い着物に黒い帯をしゃんと結んで  茶色だし少し角もある  茶色の毛をした  茶色のもんぺに紺色の布が黒い大きなずぶずぶした  茶色にさへ見える  茶色がかつた眼で人なつこくまじまじと見つめながら  茶色の外套を着た  茶色の壁紙で貼った  茶色の氷柱に成って  茶色の舌をちょっと見せた  茶色のちょんぼり  茶色だの黒だののピアノがある  茶色の肩掛に包まれた  茶色な暖簾を分けて  茶色の液体をなおもガブガブとラッパ呑みをし  茶色などの混った  茶色に見えます  茶色の斑点が額にコブのようにある  茶色の牛をと思っていた  茶色の耳とほおをして  茶色の薬袋紙で裏打ちをした  茶色の瓶を持って来た  茶色に光つた眼で呆んやりと  茶色の斑が浮いて  茶色のレインコートを着た  茶色の粗羅紗で厚く足を包んだりしてゐる  茶色のハトロン紙で作った  茶色の合羽が屏風のように遮ったが  茶色がかつた紫色の痣のやうにぽつりとひろがつてゐる  茶色の模様ある  茶色の球が出来ると思うと  茶色に菊のついた  茶色とぼかしに成った  茶色にくすんで見えるのに  茶色の羽目板で張りつめられ  茶色の帽子に白縞の袴をつけた  茶色の犬が一匹首から荒繩の切れっ  茶色の眼が奥深く光って  茶色の澄んだ  茶色の光りの  茶色のちぢれひ  茶色の鬚を持っている  茶色のジャケツをきた  茶色の山高を被っている  茶色をしていて  茶色で親指大の太さがあり  茶色のカアテンが靜に搖れてゐる  茶色のジヤケツトを着た  茶色の鳥打帽を眉深く冠っておられましたので  茶色のレーニン廟がある  茶色の靴をはいて  茶色の革帽子をかぶって  茶色の包装紙を広げた  茶色に染めた  茶色の麻を着ていたので  茶色に光って  茶色のつばになっていた  茶色のほうを神戸まで持って行く  茶色の瓦斯暖炉には火がまだ焚いてなかった  茶色に変っていて  茶色の襟巻に白い雪の片がとまった  茶色の洋服で棒のようなものを持って  茶色の硝子筒をさしつけながいった  茶色の細長い花莢を附けた  茶色のくきの細くて長いのを首にかけて上った  茶色の粉となってしまいました  茶色の脛が出る  茶色のはげた  茶色でばさばさしその眼は大きくて眼の中にはさまざまのをかしな器械が見えて  茶色の表紙に青いとじ  茶色に少しく紫を含んだ  茶色の紙包みを引奪ったり  茶色のリボンをかけてゐた  茶色の封筒を渡しながら  茶色の背広を着込んで  茶色のひ  茶色の畳の下駄を書生の手でなおされる  茶色の頭を擽った  茶色の謎語像みたいにプッスリしている  茶色の団子なんか召しあがる  茶色に諸講中のしるしを染め出した  茶色な犬がいた  茶色の紙包みを渡されました  茶色の香の高い液体をついだ  茶色の髯の奥で光る  茶色になっていましたが  茶色がかった朦朧とした  茶色の髪が奇麗に垂れた  茶色の汚点に眺め入った  茶色に光る  茶色に汚れた  茶色の一条あり  茶色または黒くその香オランダ苺に似る  茶色のふくろをかけて  茶色のメリンスとの晝夜帶を引き解きにするか  茶色の丸い瀬戸火鉢の上へヘラ台の畳んだ  茶色の体の毛を春陽にキラキラ輝かせながら  茶色のドテラを着て  茶色の模様のような筋がある  茶色の毛くずを舞い立てながら  茶色と金で光っている  茶色の所が黒ずんで  茶色の覆ひ  茶色っぽい服をきた  茶色だの黒だののルバーシカを着て  茶色の書きもの机が置いてあった  茶色の別館を出た  茶色の柔い  茶色ににごっている  茶色の落葉に半ば埋まった  茶色の鍔広の中折帽子のために見えない  茶色の足を二本立てた  茶色の帯をちょっきり結にむすんで  茶色の帽子を被った  茶色の帽子うつり  茶色の綿入れ着物を着ていたけれど  茶色の大きな封筒が現れた  茶色の洋服を着た  茶色のソフト帽子の下に強度の近眼鏡があって  茶色の眼鏡をかけた  茶色の大きい包紙のかかっている  茶色の日覆をつけた  茶色にあぶり  茶色のレンズの金ぶち眼鏡をかけた  茶色のタバコを紙に巻きながら  茶色な髪の娘に逢う  茶色な楢の木立をも見て通った  茶色に見える  茶色に成った  茶色の長い剣を見る  茶色な腹の辺と言わず  茶色の腹部の皮を縦に裂いて  茶色のガラスのはまった  茶色の眼鏡の奥に隠れていて  茶色の眼鏡にさえぎられて分らないが  茶色のスーツケースに本や着換えをつめて  茶色の肩かけをまとった  茶色のしみもない特別に作られた  茶色の焦げが出来た  茶色の悲しそうな瞼にたまりました  茶色の粉を吹いた  茶色の塊が入っている  茶色と黒とで描いた  茶色の本でお読みになりはしなかったかしら  茶色のホヤホヤ毛の頭の両方につき立て  茶色と連想する  茶色っぽき神楽坂に出た  茶色に染まってる  茶色の街路を作り出す  茶色の子犬を引きずりながら  茶色の子犬と佇んでいました  茶色の太い縞のある  茶色の眼玉を熱帯魚みたいにギョロギョロさしている  茶色っぽい絣の袷に黒い衿を重ねて  茶色の幹を輝かして立って居る  茶色の雨ゴートを着た  茶色の籠をかぶせて  茶色の雌鷄は一つも卵を生まなかつた  茶色の雌鷄を眺めながら呟いてゐた  茶色の焔がポーッと燃え上る  茶色の表紙をした  茶色の石を脚の高さ二米ばかりの巨大な横長テーブルのような形に支えた  茶色の瞳を大きく見開き  茶色な髪をして  茶色に染まっていて  茶色に染まっている  茶色のたまらなく私のすきな壺を借りて来ようと思って行った  茶色の紋がある  茶色の羽虫が棲んで居る  茶色の小虫はころっとなって入って居た  茶色の眼を光らして  茶色の釜形の帽子の中に目も鼻もかくれてゐて  茶色の雨マントを着た  茶色の彫りのある  茶色の鼻の頭の黒い小熊をくれました  茶色にし  茶色の濃くなった  茶色の丸っこい松露のようなマッシュルームをつかい  茶色の外套をきて  茶色の熊をやりました  茶色の中折帽が一つ飛び  茶色の野良犬が来て  茶色の折りたためる  茶色になる  茶色にけむって居りました  茶色の犬も居ります  茶色のびろうどの服のえりを立てて  茶色のびんをとりあげると  茶色の中折れを  茶色の髭を伸ばした  茶色の水に溶けた  茶色の眼鏡をかけ  茶色の背広に蝶ネクタイをし  茶色で違っていた  茶色にやけていて  茶色の雨の中を私は耳をおさえて歩く  茶色のコオールテンの上下十五円の服を手にして  茶色をおびていたという  茶色の洋服にめっきり老いた  茶色に燿いている  茶色の小さい木の椽に入ってかかっている  茶色と黄色につつまれ  茶色の眼鏡をかけている  茶色のやわらかい髪は肩からたれ下がってふくらんだ  茶色の柔らかい髪とを持って  茶色の外套を羽織り  

~ 茶色[名詞]1
家康は茶色の  上に茶色の  外人の連れてゐる茶色の  迷ふ茶色の  占者は茶色の  所へ茶色の  黒と茶色の  女も茶色の  緑や茶色の  自分の茶色の  一寸四方ばかりの茶色  立派な茶色の  ように立つ茶色の  黒や茶色の  よそゆきの茶色の  赤や茶色の  たいさんの茶色の  髪が茶色  顔を茶色の  おとうさんの茶色の  数個の茶色の  彼が茶色の  二十年間も茶色の  ポケットから茶色の  壱円札を改めたら茶色に  顔立ちと茶色の  陰鬱な茶色の  陰欝な茶色の  とき菅は茶色の  珍らしく用いならした茶色に  ところに茶色に  ぼんやりとした茶色に  ような茶色の  枝は茶色の  ように茶色の  生徒が茶色の  手入れのしてある茶色の  なかは茶色で  男は茶色の  ネクタイを茶色から  シューラは茶色の  献立を書いた茶色の  廻りに茶色の  マリーナ・イワーノヴナが茶色の  ものは茶色を  それは茶色の  格子柄の茶色の  郊外行きの茶色の  それが煤けて茶色に  トンビを着て茶色の  男の茶色に  条約草稿を茶色の  枯木の茶色と  くりくりした茶色の  様な茶色に  チョコレートがかった茶色  道修町では茶色の  肉や茶色の  指先は茶色の  色が茶色と  望み通りに茶色の  懐中から出した茶色の  椿などは落ちて茶色に  名を染めた茶色の  黒ラシャの茶色に  体中に茶色の  わきには茶色の  瞳の茶色  窓ガラスも茶色に  冬を越しても落ちずにある茶色  顔から茶色の  先まで茶色の  辺一帯頑丈な茶色の  微かな茶色で  肥満漢が茶色の  母親の茶色の  妙な茶色に  押入を開けて茶色の  照し出している茶色の  普通の茶色の  注射器と茶色の  上を行く茶色の  下の茶色の  あとは茶色  なかの茶色の  おれは茶色  雫は茶色の  酒で焦げた茶色の  ただの茶色  何台も茶色だの  房は茶色の  間が茶色に  胴に茶色の  さ三寸位の茶色の  結晶の詰まった茶色の  矢はず形についだ茶色の  平馬が撥ね上げた茶色の  納戸地に茶色の  毎月質素な茶色の  塊まって茶色の  黄色ですか茶色  一太は茶色に  龕が茶色に  壁は茶色の  頃クサカが喰い裂いた茶色の  下に茶色の  右手から茶色の  息に茶色の  立ちん坊が茶色の  四畳半で暮していたりすると茶色の  腸は茶色で  青年らしく肥った茶色の  昔から茶色  根に茶色の  あいだは茶色の  竹如意が茶色に  奇麗な茶色の  紋は茶色に  髪や茶色の  トライスルが茶色  内輪に茶色に  水銀は茶色の  下から茶色の  たてがみは茶色で  そこには茶色の  やうに茶色の  手にしていた茶色の  外出着の茶色の  相も変らず茶色の  兎の茶色の  跡のある茶色の  ものは茶色に  法衣に茶色の  耳のとがった茶色  葉卷めいた茶色の  中にこげ茶色の  表紙は茶色の  鼠に茶色  アツサリした茶色の  底に残っていた茶色の  枝に残っている茶色に  二つ剥き出した茶色の  薬品がとんだと見えて茶色に  肩に茶色の  黒繻子と茶色の  灰のかたまった茶色の  顔色は茶色で  白袷に茶色の  ものと見えて茶色の  二つの茶色の  エリの立った茶色だの  博士の住んでいる茶色の  葉が茶色に  ように茶色に  頭蓋は茶色の  水と茶色の  清らかな茶色の  時雄は茶色の  国守からもらった茶色の  うしろに垂らした茶色の  例の茶色の  つもりだか茶色の  ところどころにある茶色  枯草の茶色に  戸倉老人がかけていた茶色の  頬に茶色の  豆粒程の茶色の  蝶番が茶色の  昔の茶色の  耳を茶色の  いま乾板現像液で茶色に  右手に茶色に  覆面の付いた茶色の  縄をつけた茶色の  前に茶色の  毎年きまつて茶色の  眼を腫らして茶色の  奸婦らしい茶色の  つてゐた茶色の  鷄と茶色の  咽喉笛を切られた茶色の  云ふ茶色の  ごみで茶色に  日に茶色の  草と茶色の  一寸と茶色の  さきでひらいて見ると思いがけなく茶色の  判つたのか茶色の  女の子が茶色の  ふらんねるの茶色  これを燻して茶色に  年を経て茶色の  料理には茶色の  わたしが茶色の  わたしは茶色の  東武線の茶色の  濛々と茶色に  耳の茶色の  国府津へなんか持って行った茶色の  毒薬とかかれた茶色の  外套が茶色の  筒型にかためられた茶色の  毛並が茶色で  たいさんは茶色の  唐もろこしの茶色の  母は茶色の  中なる茶色の  色した茶色の  

~ 茶色[名詞]2
可愛い茶色  うすぎたない茶色  みじかい茶色  濃茶色  あの茶色  淡く茶色  この茶色  暗い茶色  汚い茶色  小さい茶色  ない茶色  まだ茶色  細長い茶色  深い茶色  薄い茶色  大きな茶色  うすい茶色  濃い茶色  まるい茶色  長い茶色  荒い茶色  低い茶色  その茶色  ことごとく茶色  厚い茶色  暗茶色  堂々たる茶色  小さな茶色  大きい茶色  狭い茶色  こんがり茶色  こい茶色  無い茶色  黒っぽい茶色  どうしても茶色  よく茶色  わるい茶色  元々茶色  やがて茶色  すこし茶色  ぽい茶色  渋い茶色  

複合名詞
茶色表紙  みんな茶色  黒茶色  全体金茶色  総体茶色  茶色甲冑  赤茶色  鶯茶色  月代茶色  茶色服  金茶色  エビ茶色  蝦茶色  コイ茶色地  若楓茶色  茶色絹  黄茶色  コゲ茶色  茶色地  赤茶色クロース表紙  茶色レインコート  茶色ずくめ  茶色外套  卵型茶色  角袖茶色  川幅一ぱい茶色  茶色坊主  幼時灰茶色  銀茶色  一面茶色  茶色エナメル  茶色ウール  茶色紙包  しき茶色毛  茶色毛  毛茶色  一筋茶色  一つ茶色  かげ茶色  茶色クローズ  葦平サン茶色背広  茶色ジャケツ  一日茶色  茶色のど  茶色縞  限り茶色  茶色布張  



前後の言葉をピックアップ
チャイム  チャイルド  チャイルド・ハロルド  茶入  茶入れ  茶色い  茶色く  茶宇  ちゃう  茶臼


動詞をランダムでピックアップ
ひっこめよのみこめ見分けかり集める蘇らやとお引き下げるめいせ言いつくせますれはらも馴染ん換えんおいついおっことすなすりつけるうわっ浮かび置こ呼掛ける
形容詞をランダムでピックアップ
ひと足早く遠白馬鹿らしくっはげしけれ物がなしい痒う軽くっ分厚かっさくい根づようらがなしきけわし狭き可愛らしゅうめずらしい忙しかっ面倒臭かっ猛々しかぼそう白くっ