「輝い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 輝い[動詞]
色が輝い  朝日に輝い  檜舞台よりも、もつと輝い  下に輝い  色で輝い  やうに輝い  五彩に輝い  瞬間鋭く輝い  新緑を透かし輝い  高張提灯が輝い  清奇で、輝い  歓喜に輝い  黄金色に輝い  きらきらと輝い  手にきらりと輝い  涙が輝い  燦然と輝い  顔はわかやかに輝い  喜びに輝い  次第次第にいきいきと輝い  ように輝い  花が咲き出ようとして輝い  奥から輝い  空一杯で輝い  みどりに輝い  眼にも輝い  日輪の輝い  太陽の輝い  金色に輝い  ものが、どんなに輝い  つた人格が輝い  緑葉とに映り輝い  きれいな料理鍋で輝い  輝きに輝い  煌々と輝い  巍然として輝い  空に輝い  放電灯が明るく輝い  慈悲に輝い  映画幕にうつくしく輝い  丘などは白っぽく輝い  中から大きくつやつやしく輝い  前よりもさらに黄色く輝い  灯が輝い  燦々と輝い  空には輝い  湧然として輝い  星がいっぱい輝い  星が輝い  のは、ことに一際輝い  意企が輝い  び飾りとしたら、どんなに美しく輝い  紫に輝い  まま落ちていて輝い  び飾りのごとく輝い  爛々として輝い  欠陥にもかかわらず、輝い  真白に輝い  中空に輝い  深紅に輝い  酷に輝い  眼眩めくばかりに輝い  光が輝い  けが、見ひらかれて鋭く輝い  返辞をしようともせず、その輝い  眼から燦然と輝い  月は輝い  静に輝い  さに輝い  幸福に輝い  日光が輝い  日に輝い  上にちらちら輝い  靜かにほの白く輝い  下から黄金色に輝い  朝陽を受けて輝い  ゴールドに輝い  峰が白く輝い  銀色に輝い  月光に輝い  陽に輝い  不気味に輝い  斜めに受けて輝い  鮮明に輝い  金髪が青く輝い  ちぎれ雲が白く輝い  ダフネは輝い  ものが白く輝い  琥珀色に輝い  様に輝い  晴やかに輝い  光に輝い  叡智とに輝い  卓上電話が輝い  波は何ともいえず素晴らしく輝い  青葉が輝い  ゆらゆらと輝い  更生に輝い  青空も余程広々と輝い  眼は冷たく輝い  眼は輝い  光で輝い  灯よりもキラキラと光って輝い  異様に輝い  感じに赤黒く輝い  装飾に輝い  チリチリと冷たく、輝い  柘榴が輝い  清らかな輝い  なかで輝い  悦とに輝い  太陽に濡れ輝い  ようにギラギラと輝い  色に輝い  まっ白に輝い  太陽が輝い  星のごとく輝い  ますますうららかに輝い  誰よりも美しく輝い  百燭光が輝い  やうに明るく輝い  向日葵で輝い  熊より白く輝い  前のみ輝い  病熱に輝い  重みに輝い  朱色に輝い  彼を求めて輝い  珠玉に輝い  眼の輝い  目が輝い  品物は輝い  灯火が輝い  明かるく、あたかも生けるがごとくに輝い  上に置いて、まだ熾んに輝い  とくに青く輝い  鮮やかに輝い  燦爛として輝い  下で輝い  栄光に輝い  わたしはその輝い  日光を浴びて美しく輝い  燭台に輝い  瑞みずしく輝い  紫色の輝い  わず無事であったが、キラリと輝い  葉がくれにちらちらと輝い  表情に輝い  熱誠が輝い  上にも輝い  彼女の輝い  顔がふたたび輝い  ベアトリーチェはその大きい輝い  おぼろに輝い  中に白く輝い  中から溢れ輝い  冷くそして美しく輝い  延子から離れて、輝い  絶え間なく輝い  十分に輝い  あの世が輝い  うちで輝い  如くに輝い  わずかに日の輝い  時、輝い  まばゆいほどに輝い  ダイヤモンドの輝い  火が赤く輝い  上に輝い  万遍もなく輝い  光を放って、輝い  青空に輝い  黄金鎖が輝い  華やかに輝い  何処か恐ろしく輝い  明かに澄み輝い  歓びに輝い  日が輝い  云ひながら輝い  月はやはり輝い  飾窓に輝い  ものが輝い  日に照らされて輝い  河のながれにも輝い  衣裝に輝い  空はまだ美しく輝い  氣性の輝い  気性の輝い  清々と美しく輝い  爛々と輝い  ようにカッと凄まじく輝い  朝陽に輝い  疑惑に輝い  朝陽がキラキラと輝い  平らに輝い  虹がキラキラと輝い  水を抜け出て輝い  無数に輝い  天上に輝い  月がぱっちりと輝い  鼠色に輝い  斜陽に赤く輝い  漆黒の翼も輝い  何物か輝い  室が明るく輝い  生々と輝い  眼も輝い  菫青色に輝い  眼がただならず輝い  灯が眩しく輝い  古典に輝い  苔は青く輝い  窓が明るく輝い  ツツと輝い  眼は生き生きと輝い  羽が輝い  底から輝い  霞の輝い  なに気なく輝い  燦然として輝い  上に物凄く輝い  なかに輝い  亀裂をとおして、ぎらぎらと輝い  一度に輝い  精神が強く輝い  地球が輝い  御名が美しく輝い  朝日夕日に輝い  玉蟲色に輝い  上に高く輝い  知らないで輝い  大空に白く輝い  まま松明の輝い  横で輝い  熱情に輝い  上で輝い  ごとに、その輝い  羅は輝い  うるみのない輝い  希望が輝い  三月八日と大きく輝い  冷く輝い  紅に輝い  皿に青く輝い  もので輝い  彼女は微笑みに輝い  奇妙に寂しく戦きつつ輝い  眼を射るばかりに輝い  勉強しようという輝い  閃光がぴかりと輝い  戸口から、ぱっと明るく輝い  希望に輝い  目が美しく輝い  先生は輝い  天空に輝い  据った輝い  俄かにぎらぎらと輝い  好奇心に輝い  ように美しく輝い  さが輝い  馬鹿に鋭く輝い  愛が微笑んで輝い  明かに輝い  錆を浮べただけで青白く輝い  心もち、明るく輝い  前と同じに鋭く輝い  ために奥深く輝い  目は輝い  目は鋭く輝い  幸福そうに輝い  何所を見渡したって、輝い  色が冴えて輝い  鮮かに輝い  松明の如く輝い  プラチナの如く輝い  さで紅く輝い  へんに輝い  十代に輝い  情欲的に輝い  ピカリと輝い  花が輝い  瞳が輝い  美しい星がおびただしく輝い  上空に、丸く輝い  夜空に輝い  太陽そのものは輝い  あそこに輝い  山脈がまぶしく輝い  中天に輝い  先頭に輝い  愛に充ち輝い  目はいらいらと輝い  目は怪しく輝い  色が、輝い  辺りが神々しく輝い  眸は段々輝い  一つの輝い  月が鋭く輝い  人間の最も輝い  清らかな、輝い  本性は益々輝い  満足に輝い  あいだに、輝い  晴晴しく輝い  街衢に輝い  別の光りに輝い  星がちらちらと輝い  麗かに輝い  麗はしく輝い  限りなく輝い  果迄輝い  永劫に輝い  上野の森が遠く輝い  電燈が輝い  障子はあかあかと輝い  木々は、輝い  潤ひ且つ輝い  ように、くっきりと輝い  金紫色に輝い  そこだけは、いつも明るく暖かく輝い  一面キラキラと輝い  うららかに輝い  あちらに輝い  この間に輝い  幸福な、輝い  平和に、輝い  方が強く輝い  夕陽に輝い  得意然と輝い  氣持よく輝い  和らかに輝い  電気の如く輝い  天地の明るく輝い  天地一面に輝い  ようですが、相当うつくしい輝い  ように丸く輝い  星雲がギラギラと輝い  てっぺんに輝い  点々と輝い  照つて、燃えて、輝い  らと輝い  群青色等は又とないほど輝い  げに輝い  一杯に輝い  色も美しく輝い  いただきに輝い  眼から輝い  職業的功名心で輝い  かすかに輝い  顔に輝い  中で強く輝い  眼は、いきいきと輝い  朝に輝い  暖く輝い  そうに輝い  斜陽が輝い  元気よく輝い  満足とで輝い  為に輝い  ヘッドライトの如く輝い  電燈の如く輝い  不思議に輝い  灯に輝い  電灯は輝い  ギラギラ五色に輝い  コバルト色に輝い  紫色に輝い  日光は輝い  眼は物凄く輝い  夕日が輝い  中がカッと明るく輝い  希望の光りに輝い  涙に輝い  春の光りに輝い  朗らかに輝い  世界が輝い  中に、一際輝い  建物に輝い  真珠色に輝い  伸子を見て、いつもの輝い  す、この苦しい、この輝い  清らかに輝い  中に輝い  茶色で輝い  うちに輝い  ように赤く輝い  急に輝い  殊に眼が輝い  ペイントが輝い  青色に輝い  瞳は輝い  光は美しく照らして輝い  玉蟲色と輝い  玉虫色と輝い  輪になって輝い  縁などが、鋭く輝い  眼眸は輝い  金いろに輝い  湖いちめんがほの白く輝い  華やかさで輝い  ように明るく輝い  ときから黄金に輝い  光に射られてキラキラと輝い  大地に輝い  ところから理智的に輝い  都らしく輝い  光を浴びて輝い  ように、きらりと尊く輝い  幹から、輝い  傲然と輝い  晃然と輝い  中キラキラ陽に輝い  樣に輝い  眼が怪しく輝い  宛然水晶宮の如く輝い  匕首の如く輝い  水晶宮のごとく輝い  匕首のごとく輝い  永久に輝い  ものが見えつ隠れつ輝い  燦として輝い  ように青く輝い  頬に輝い  白びかりをするものや、また、じっとして、赤く輝い  空に美しく輝い  星辰が美しく輝い  鮮やかで輝い  何でも訊いてくれといわんばかりに輝い  急に明るく輝い  光をいっぱいに受けて輝い  西日に輝い  燦爛として青白く輝く、輝い  太陽の如く輝い  らんらんと輝い  栄光色に輝い  親切だけが輝い  青葉をつけて輝い  さで輝い  瑠璃玉の如く輝い  銀灰色に輝い  言語として輝い  恐怖を感じ、さっと輝い  枝も燃えるばかりに輝い  堅忍との輝い  朝よりも大きく輝い  異形に輝い  誇りで輝い  日光に輝い  肌は、光りを浮べて生々しく輝い  金貨がキラキラと輝い  眼が輝い  光の輝い  彼のに劣らず輝い  指輪が輝い  月が流れ輝い  さんさんとして輝い  碧空に大きく輝い  日光室が輝い  まなざしに輝い  燦爛と円く輝い  一連に輝い  さを見せて輝い  つてぎらぎらと輝い  色彩に輝い  火で輝い  代わり十字星が輝い  ダイヤが輝い  日光を受けて明るく輝い  蛋白石の如く輝い  欲情に燃えながら輝い  火になって輝い  十字架が輝い  変にぎらぎら輝い  ように蒼白く輝い  彼はすぐに、見開いてる輝い  キラキラと金色に輝い  太陽はギラギラと輝い  顔は神々しく輝い  莫迦に輝い  生命に輝い  下に埋もれているからだ、そして輝い  眼は怪しく輝い  赫々と輝い  面は相変らず輝い  瞳はいよいよ輝い  悪意の輝い  美が輝い  異風に輝い  くらになったり、また美しく輝い  眼ばかり輝い  儼然として輝い  緑色に輝い  燈火が輝い  光明が輝い  色彩で輝い  夕日を浴びて輝い  顔はほてって輝い  金光を放って輝い  金色に染められながら、うつくしく輝い  間日に輝い  緑玉髄の如く輝い  眼は忽ちに輝い  所がぴかりと輝い  活き活きとして、むしろ輝い  向こうに昇って、まるく輝い  目が烈しく輝い  光を受けて輝い  反射して輝い  電燈の輝い  顔は輝い  笑いを含んだ輝い  女の子であって、その輝い  気楽に輝い  女であって、輝い  空を過ぎていった輝い  向うに、丸く輝い  顔が輝い  反映に輝い  白金の如く輝い  紫水晶の如く輝い  岩も眩いまでに輝い  うちに時たま輝い  太陽に輝い  秋が輝い  太陽の赤い光りが輝い  ように凄まじく輝い  日に、輝い  好々爺ぶりが輝い  金属性の冷たい青白い光りに輝い  眼は冷たく鋭く輝い  水晶とこほり白壁と輝い  悦びが輝い  前に、輝い  含羞みを輝い  二ツならんで輝い  地金に、輝い  色彩で温かく輝い  星とがキラキラと輝い  額に輝い  妙に輝い  沖遠くぎらぎら輝い  月がぎらぎら輝い  眼が一層輝い  あとに、輝い  眼がまた輝い  それはただ輝い  周囲では、輝い  顔、輝い  雲間に笑う輝い  シュルツの輝い  太陽は輝い  間に輝い  一条の輝い  眉、輝い  雲が輝い  冬日に輝い  ガス文字になって輝い  物を暖めないし、辛うじて輝い  陰険な輝い  眼で輝い  光榮にみちてぐるりに輝い  火光を受けて輝い  価値が輝い  天井に輝い  それが輝い  秋陽に輝い  さんらんと金色に輝い  光が明るく輝い  美貌が輝い  平生よりも輝い  眼に輝い  才気の輝い  才氣の輝い  機才と輝い  彼らはあたかも輝い  信念に輝い  水と輝い  太陽の光が輝い  誇りに輝い  はるかに輝い  晴々しく輝い  笑みに輝い  星の輝い  青空が輝い  生活はふたたび輝い  中天近く輝い  月に輝い  夕日に輝い  どこに輝い  日さまが輝い  ライトが輝い  進歩的意義に輝い  炭火が輝い  汝はもうすでに輝い  空、輝い  雨滴に輝い  縁に白く輝い  眼はきらりと輝い  薔薇色に輝い  間から日光で輝い  詩的幻影は輝い  官能で輝い  美に輝い  遠くに輝い  叡智に輝い  星がキラキラと輝い  滑に輝い  光が美しく輝い  ゆきばかり輝い  不意に輝い  ために輝い  印度製の輝い  空間が輝い  紅色に輝い  日光に美しく輝い  綺麗に輝い  きらきら銀色に輝い  エメラルド・グリーンに輝い  太陽の光りを含んでぎらぎらと輝い  眼はいつも若々しく輝い  そうに円く輝い  日光にぎらぎら輝い  天空一杯に輝い  光彩が輝い  これもまたなんとなく美しく輝い  中に交って輝い  背は冷たく輝い  智慧の輝い  公高は輝い  瓦斯の光りを受けて美しく輝い  火を受けて赤く輝い  星が淋しく美しく輝い  星がまばゆく輝い  背後から輝い  靜かに輝い  少年よりも更に美しく輝い  玉藻の輝い  身から輝い  うちから怪しい光りがほとばしって輝い  目の痛いほど輝い  安住があり、輝い  光線に輝い  常よりも鋭く輝い  電気の光りに輝い  陽は輝い  二葉亭は実に輝い  夕陽を浴びて赤く輝い  燈火も濡れ輝い  ぱいに輝い  くらと散り澄んで輝い  單紅色の滴るごとくに輝い  芒が輝い  駿河灣が輝い  夕日の輝い  大洋が、なんと美しく輝い  褐色に焼けて輝い  幸福が輝い  静かに輝い  夕映えに赤く輝い  太陽が明るく輝い  銀いろに輝い  無上の光りに輝い  瞳は、やはり輝い  太陽の光線は明るく輝い  爲めに輝い  如何に輝い  中を輝い  夏空が輝い  ように、つやつやしく輝い  つぶらに輝い  露は輝い  希望に満ち輝い  精神力が輝い  橙色に輝い  電極が輝い  名札が輝い  恒星が眩しく輝い  泪に輝い  上気し、輝い  ようにうつくしく輝い  執拗にぎらぎら輝い  皮膚がつやつやしく輝い  晴れ晴れしく輝い  星も輝い  山の端も輝い  カンナがいよいよ輝い  朝夕明るく輝い  顔は生き生きと輝い  青空の輝い  猜疑の光りに輝い  唇、鋭くて輝い  輝きは輝い  彼女は輝い  電光が輝い  権威に輝い  煙突も赤く輝い  一時に輝い  瞳がいつも輝い  朝日に美しく輝い  陽光は輝い  黒藍色に輝い  偉大性に輝い  瞳が円く大きく輝い  靄を破って輝い  山々が輝い  巷に輝い  微笑と燃えて乾いて輝い  日を受けて輝い  柔和さに輝い  内部から輝い  梢に蒼白く輝い  尖塔が輝い  顔が、どんなにぱあっと輝い  小鳥の如く輝い  掌は白く輝い  髪の毛は、つやつやと輝い  玄中星が輝い  胸は再び輝い  涙で輝い  ように、凄く鋭く輝い  瑪瑙色に輝い  厳かに輝い  時、カッと輝い  感興を煽るばかりに、暗く暗く輝い  外光はすでに白く輝い  麦粉は黄色く、そうして白く輝い  海が青く輝い  軒なみに輝い  不意に、ぎらりと輝い  素質が輝い  草葉に輝い  顔がぎらりと輝い  ひととき赫ッと輝い  明りにもいきいきと輝い  裏も輝い  日向に白く輝い  ごとにぎらぎら輝い  どろんと輝い  雪粒がぎらぎら輝い  何かもう、輝い  星が大きく輝い  上にまで輝い  肩から外し、輝い  太陽がギラギラと輝い  紺碧に輝い  大空に輝い  得意そうに輝い  幸いとで輝い  銀河が輝い  一面に輝い  空高く一際輝い  色に鋭く輝い  光を受けて、強く輝い  プリプリふるえて輝い  指揮刀が眩ゆく輝い  高みに白く輝い  末のかつと輝い  少い町一杯に輝い  目に痛いほどの輝い  色に包まれて輝い  陰翳に輝い  露の溢れたかと輝い  頭上に輝い  金茶色に輝い  濃紫色に輝い  ように白く輝い  あたりに輝い  月の光りに輝い  月の光りが物凄く輝い  銀光りに輝い  紫陽花色に輝い  ッたりと光って輝い  上空に輝い  日をうけてパッと輝い  たる光を放って輝い  橙色に美しく輝い  光のみが輝い  月明に輝い  砂路に輝い  守つて日に輝い  霧に包まれて、ほんのりと輝い  ように、光って輝い  急にいきいきと輝い  模様に輝い  瞳は熱っぽく輝い  瞳がきらと輝い  日光に細かくチカチカ輝い  若い血と輝い  日の光りに輝い  陽が輝い  無気味にぎらぎら輝い  晴れ晴れと輝い  囚えられながら輝い  陽は既に高く輝い  眼ばかりギラギラと輝い  隈々隅々まで輝い  抜き身が輝い  屋根が輝い  眞白に輝い  眞白妙に輝い  冷やかに輝い  ガスが輝い  光に射られて輝い  テラテラに輝い  きれいに輝い  微笑だけが輝い  希望で輝い  前途に輝い  暗中に輝い  山の上に輝い  頭に輝い  一部が輝い  やうに燃えて輝い  名残が輝い  靴の尖は輝い  蒼に輝い  數限りなく輝い  目こそ輝い  金文字が輝い  ほど白く輝い  今、輝い  峰が輝い  目は飛び放れて大きく輝い  甍が輝い  指環が輝い  見当で輝い  神聖さに輝い  中でも最も輝い  眼さむるばかり輝い  眼がちらりと輝い  パツと輝い  櫟林がうす蒼く輝い  西日に眩しく輝い  和かに輝い  翌朝旭日に輝い  涙ですっかり濡れ輝い  水蒸気を含んで、輝い  ように、白くギラギラと輝い  うちに消え、間近くなるにつれてぎらぎら輝い  金環が輝い  燎爛と輝い  何だか狡猾そうに、輝い  他より早く、輝い  きらきらと、輝い  夢、明るい輝い  光を放って輝い  すべて喜悦に輝い  絶頂で輝い  陽をはねてキラキラと輝い  プレアデスのごとく輝い  うえに輝い  ばら色に輝い  空間に輝い  雲間に輝い  花もがしらじらと輝い  瞳も、共に輝い  特別に輝い  服を通して、はっきり輝い  先のものにばかり輝い  一度は強く輝い  海面迄輝い  希望の光に輝い  波がちらちらと輝い  空は、まぶしく輝い  こがね色によく輝い  眼はギラギラと輝い  大島守の輝い  動物的な冷たい光りに輝い  其眼は物凄く輝い  前に輝い  星の如く輝い  明星が輝い  漣一つ立てずとろりと輝い  太陽はこともなげに輝い  瞬間さっと輝い  土が輝い  反映して、赤くあやしく輝い  魔雲は赤くあやしく輝い  放射能雲のあやしく輝い  テラテラと輝い  勇少年の輝い  文物燦然と輝い  葉鶏頭に輝い  窓に輝い  火花と輝い  昼間太陽の輝い  満足気に輝い  火の光りが輝い  いやいや太陽は輝い  燃え立つばかりに輝い  真珠塔が輝い  月が美しく輝い  頭も輝い  いろいろに輝い  眼が、ぽつりと、輝い  斜陽静かに輝い  愛に輝い  微妙に輝い  指に輝い  顔は、輝い  総て光って輝い  輝きを知らずに輝い  侮蔑とに輝い  明朗に輝い  方に輝い  見事に輝い  内容で輝い  大変きらきらと輝い  幽霊火の如く輝い  星は、ああして輝い  光はぎらぎらと輝い  中にも輝い  上が次第に白く輝い  何か輝い  奥で輝い  高みは輝い  杖が輝い  色が多少輝い  ほのかに輝い  活き活きと輝い  豊麗さは一層輝い  黒と金に輝い  下に優しく輝い  空気は明るく輝い  なつて輝い  チラと輝い  月が明るく輝い  月が輝い  水面が輝い  目に輝い  ランランと輝い  異彩に輝い  雪面が曇ったり輝い  飴色に輝い  ように、清く美しく滑かに輝い  男の怪しく輝い  彼のものすごいほどに輝い  あけぼのの光りに紅く黄いろく輝い  銀色に透通って輝い  それが美しくぱっと輝い  火が輝い  ふしぎに輝い  和らかく輝い  喜びの輝い  身体から力が、輝い  本能的に輝い  外に出ると輝い  助けを与えた輝い  月の光りが美しく輝い  鋼鉄色に輝い  鋼鐵色に輝い  圓光の輝い  装飾燈が赤く輝い  逆光線に、輝い  月光に、青白く輝い  群青に、輝い  熱意に輝い  電飾に輝い  眼はいつもより大きく美しく輝い  窓近く日光に輝い  銀色さんぜんと輝い  きらきらと事々しく輝い  眼は思わず輝い  ときは、輝い  



前後の言葉をピックアップ
かがめる  屈も  かがも  加賀屋  耀い  かがやい  かがやか  耀か  輝かせ  かがやかさ


動詞をランダムでピックアップ
報っ呼び上げるひずん蕾み堪忍ん漂わまたたく見守る入れかえみきわめうずめる巡り畳み掛けほっぽらかしただよい賣れんける眠ん隠れよみそなはし
形容詞をランダムでピックアップ
羨ましかろおいしいいちじるし力強けれはばひろき甘ったるいきつき恐けれ暑う白くやむを得な憂く手強あかる渋くふとやむないほしゅう若若しこす辛い