「緩」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 緩[形容詞]
韻緩  夥しく緩  悠々緩  人緩  あいつ緩  如何にも緩  進行緩  位緩  徐々に緩  から緩  匹緩  傾斜緩  時に緩  これから緩  さして緩  すこぶる緩  おのずから緩  とき緩  まあ緩  そう緩  まり緩  晩緩  ひどく緩  古めかしい緩  振動緩  益々緩  極めて緩  小さい緩  こう緩  やや緩  なるたけ緩  今度緩  懈緩  ハイ緩  まず緩  多い緩  もっとも緩  甚だしく緩  又緩  何れ緩  きわめて緩  いかめしく緩  徐々緩  法令緩  荒地緩  きっと緩  甚だ緩  斜面緩  病緩  つて緩  ことさら緩  現在緩  教緩  眼緩  急緩  

~ 緩[形容詞]
幾分か緩  庄吉は緩  人間生活の緩  裾野の緩  音が緩  右様の緩  オランダ領事の緩  これよりも緩  進行の緩  コンナに緩  渠は緩  何れ後刻で緩  のは緩  地變が緩  殊に二等室は緩  傾斜も緩  先生は緩  最初は緩  変に緩  輪が緩  燃え方は緩  取扱いの緩  可なり緩  はるかに緩  第三紀層の緩  水流は緩  人間も緩  此の緩  非常に緩  全般的に緩  日本は緩  結果といった緩  月は緩  徐々の緩  任意の緩  三人は緩  省作は緩  今日は緩  幽かに緩  艇を緩  湯を緩  やまとの緩  間を緩  こちらも緩  あとで緩  稍や緩  衣紋を緩  衣紋も緩  女の緩  夕食後は緩  この間に緩  一語一語彼の緩  的の緩  方が緩  結晶を緩  方なども緩  その間を緩  方へ緩  侵略が緩  先づ四五日は緩  初めは緩  これで緩  素子が緩  流は緩  被害も緩  死期を緩  多くは緩  胸から下腹への緩  極度に緩  緑野の緩  脣は緩  これを緩  調子が緩  老婆が緩  坂を緩  右手の緩  敵に対する緩  傾斜の緩  其口調を緩  茶さへ緩  ように緩  最小限の緩  

[形容詞]
緩歩  緩である  緩に凉  緩漫  緩ニ  緩尋  緩かに片手  緩かなスロープ  緩なリズム  緩かに上るあたり  緩優  緩るみ  緩なり彼  緩かに腰  緩るい  緩勾配  緩かに回転  緩ら  緩っくり  緩なる処  緩也  緩かに峠  緩くり  緩毒  緩傾斜  緩速  緩厳  緩るく鈍刀  緩るやかに  緩かに上下  緩かな情趣  緩なるとき  緩かなもの  緩斜  緩かな河  緩刑  緩っくら  緩斜面  緩通  緩速度  緩かに笑いながら二  緩けた  緩の儀  緩の国々  緩頬  緩降下  緩さ  緩くりできるもん  緩かな舞  緩かにするもの  緩かな登り  緩げ  緩手  緩るくし  緩端  緩かな長め  緩手段  緩かに生長  緩漫極  緩かに進んで行  緩かな汽笛  緩かに登  緩むにちげえねえと  緩るり  緩かに動作  緩かなる山  緩かな土煙  緩かな高低  緩の御礼  緩かに亂  緩孤  緩動  緩かな弓  緩かに歩  緩かな心  緩にすべ  緩の別  



前後の言葉をピックアップ
ユリヨン  ユリー  ユリー・エルスベルゼ  ユリ子  ゆる  揺る  揺るが  緩まり  ゆる  ゆるい


動詞をランダムでピックアップ
詰め込み滞り取り乱さ引止める画け立て直さ放しゃ投棄て止まれるさしまねいそわつく掘りさげ踏みとどまっいただける起きろ染まろとりされるならせるあたれ
形容詞をランダムでピックアップ
うまかろまず慌しき残り惜しくっ軽から美味しまっくろくおっかなかっ詮無く優しくっ用心深いぎこちなくてひどく誇らしい舌たるくぬるい偉かっ紅かっ