「かく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かく[動詞]
絵をかく  油絵をかく  きみにかぐ  通説おおむねかく  四本十銭とかく  者がかく  玉虫はかく  事をかく  香をかぐ  汗をかく  赤恥をかく  人生とはもともとかく  鼾をかく  日記にかく  一筋につらかれ、とてもかく  道にかく  つて恥をかく  五・五%絵をかく  普通汗をかく  小説をかく  父親がかく  絵模様をかく  とげとげとしてやはらかく  寝首をかく  恥をかく  裏をかく  匂いをかぐ  さらに混じえずかく  捉ふるのみかく  むをかく  私がかく  感覚がかく  意識もかく  すみかと、またかく  丸殿もかく  我またかく  氣味もまたかく  通信をかく  私をかく  彼はかく  水をかく  手紙をかく  ようにかく  喜劇をかく  ふうにかく  裸体をかく  様にかく  雑誌にかく  新聞にかく  演奏もかく  タクシー運転手もかく  男もかく  ものはかく  答えをかく  ぜんとやはらかく  實にかく  匂ひをかぐ  私はかぐ  あなたの思ひをかぐ  字にかく  寝汗をかく  寢汗をかく  今に至るまでかく  さもかく  猿は引つかく  内閣にとってかく  それがかく  果つるまでかく  かくこそかく  心を、かぐ  いつ迄もかく  美談とはかく  啓蒙パンフレット屋がかく  重点をおいてかく  泣面をかく  のどぼとけをかく  絵にかく  時もかく  物語をかく  あぐらをかく  医者たる者がかく  迷信がかく  縫ものもとにかく  生活もとにかく  いつまでかかく  事実ダアウィン自身文章をかく  ほうになにかかく  爪をかく  兎にかく  血税がかく  私はかく  組織はかく  余文壇に出でしよりかく  書抜をかく  香いをかぐ  手紙なんぞをかく  ファシズムはかく  髪をかく  真理がかく  日蓮はかく  報告文学をかく  士君子にしてかく  論もまたかく  風俗はかく  有様をもって論ずるもまたかく  奢侈もまたかく  人事もまたかく  画にかく  雪をかく  外形をかく  うつり香をかぐ  新聞小説をかく  小樽新聞にかく  骰子はかく  散文をかく  しろ当然かく  匂をかぐ  これを見てかく  たよりをかく  考えはかく  近世はかく  不充分はかく  行軍よりかく  四をかく  向ふところをかく  冷静とはかく  Mydearest!夜返事をかく  裸体画をかく  胡座をかく  巻紙より沢山かく  未来をかく  性行をかく  個性をかく  間にかく  良人がかく  大にかく  明日から奮発してかく  雄篇をかく  頼母がかく  唯物史観をかく  軍力はかく  胡坐をかく  云ふかく  あとで、ほえづらをかく  勢もかく  意外にもかく  恋愛をかく  風博士はかく  旅館はかく  認識をかく  字をかく  字をみてかく  君ですらかく  さはかく  それをかぐ  こと、かく  むね洵にかく  感慨まことにかく  扁額をかかぐ  イビキをかく  作品をかく  大王のかく  否かは、実際かく  小学教育にかく  絵はかく  形に、かぐ  プラグマティズムはかく  冷汗をかく  のだが、まあどうかく  肖像をかく  ハンケチをかぐ  草はな、こぬかぐ  彼女をかく  腰をかく  小生はかく  日本画にかく  画をかく  彼等をかく  地球儀をかく  姓名をかく  木の葉のにほひをかぐ  ぼくのかく  絵は予めかく  芸術はかく  中にかく  頭をかく  女房にかく  絵もかく  割にかく  かぎタバコをかぐ  囈言までもかく  利目はかく  においをかぐ  周囲をかく  顔をかく  左をかく  近辺をかく  まり輪郭をはっきりかく  慰み半分絵をかく  徴組がかく  それをかく  臭ひをかぐ  煙をかぐ  積極性をかく  続きをかく  心情もかく  件もかく  石油自動車もかく  叢林もかく  散歩道もかく  のか、何故にかく  名をかく  実にかく  一般にかく  なかにかぐ  両者をかく  境地をかく  こと有ればかく  戯曲をかく  宗吉はかく  対象がかく  芭蕉すでにかく  事業時にかく  本にかく  母はかく  日記をかく  かくにもかく  技術はかく  量的質的発達はかく  現代学生層はかく  文字をかく  広野はかく  彼等がかく  形勢、既にかく  人間はかく  人間がかく  怪談をかく  物をかく  世界とがかく  実在をかく  論理はかく  鼾でもかく  似顔絵をかく  もとにかく  孔明がかく  乗馬等がかく  あとにかく  場の空気をかく  渠がかく  ベソをかく  説明と思えるのでかく  一もかく  演劇とはかく  お松にかく  本当をかく  裁判長にかく  息をかぐ  絵馬をかく  用心ぶかく  羽織だけはどうにかく  赤ッ恥をかく  牛若もかく  帝の古えもかく  阿修羅もかく  ものをかく  鼻でかぐ  意で、かぐ  事情がかく  竈をかく  鴎外なおかく  八矛のかぐ  傾城もかく  無礼者、吠えづらかく  世の中はとてもかく  天分はかく  異同は実にかく  現実においてはすでにかく  意豈にかく  変遷すでにかく  功績またかく  べそをかく  画ばかりかく  わをかく  みんなはかぐ  物と、かぐ  物、かぐ  主膳がかく  迷いはかく  人々がかく  彼がかく  婦人がかく  終りもかく  文句でかく  探偵物語をかく  三月、ともかく  境にかく  何をかく  空気をかく  姿勢がかく  ところをかく  後にかく  闘病法を詳しくかく  君がかく  範疇をかく  アフイシユをかく  異国情調にてかく  愚禿はかく  第一師団軍法会議はかく  予がかく  雑掌神余がかく  印象はかく  点でいくらかぐ  煙突をかく  進水式をかく  実力、おおよそかく  カメロットへかく  島姫とかく  女房もかく  臭いをかぐ  畏敬はかく  幾干かく  結果をかく  科学がかく  ものは得かく  畫もかく  唇をかく  釣合を取って、撫でてかぐ  末路はかく  生活中にかく  百姓をかく  声で、突然かく  歌と共に挙げてかにかく  作は概ねかく  ハジをかく  湖面がかく  開明人にもかく  統治をかく  上にかく  ここでかく  帯なればかく  世はかく  身はかく  においをしみじみかぐ  形勢がかく  りつぱな通俗小説をかく  殆ど絵をかく  君はかぐ  逆にかく  目にかく  元来がかく  江戸絵図はかく  水上はかく  昔もかく  東京中にかく  手にかく  ものなればかく  ものがかく  貧乏人がかく  文明国にかく  教科書をかく  物質はかく  人々はかく  自然科学はかく  問題はかく  マルをかく  本をかく  文章をかく  いにしへもかく  彼女はかく  冬はかく  文春記者にかく  花の匂いをかぐ  本質はかく  イデオロギーはかく  やうにかく  しかもかく  ころもかく  代表者はかく  合戦をとりかく  花輪をかく  評論をかく  李英朴がかく  幹によせかく  遊女すら尚かく  語がかく  臍を据えかねてかにかく  事情すでにかく  スパイ網がかく  大隊長はかく  彼女のかく  家を守るもまたかく  境雑るもかく  日天さえかく  二家に入って見るとやはりかく  大陸のかく  仏力にてかく  外国人がかく  今はかく  近年街上にてかく  観戦記をかく  色紙にかく  ことをかく  伸子のかく  面白い小説をかく  現かともかく  而もかく  所を見て、何故にかく  話をかく  ころ、やはらかく  子よ、と呼びかく  歌に、とも跳ねよかく  警官をかく  議会はかく  露骨にかく  科学とをかく  一日はかく  氷原もかく  空蒼く晴れたればこそかく  衣裳をかく  聴水はかく  ずっと前から手紙をかく  感想をかく  これはこうかく  私のかく  これをかく  ごみをためてもかく  一枚小説をかく  きょう此をかく  名でかく  三四行のをかく  親切とはかく  ハガキをかく  字でかく  十月一杯までにかく  雑炊もかく  仕事場もかく  自分にとってかく  ルポルタージュをかく  体温をかく  深化のかく  長篇をかく  序文をかく  成長はかく  是非なく、なおかにかく  墓穴もかく  汗疹をかく  誘惑とはかく  なかった作品をかく  文学をかく  反魂香もかく  まことにかく  私にかく  くに自らを知るかく  人間をかく  小説にかく  社会がかく  論理的にかく  それらはかく  詩はかく  錦おりかく  私はなんら怪まずにかく  泥をかく  ふるさと雪あたたかくとけにけりしとしとしとと融けゆけりひとりつつしみふかくやはらかく  冒険物語を、くわしくかく  声をかく  肌でかぐ  どこまでもかく  芝居をかく  へのへのもへじをかく  耳をかく  マリヴォオはかく  不徳行為はかく  西郷隆盛もかく  跡もかく  おのれもかく  脊にかく  足坐をかく  かほりもかぐ  役人がかく  篋をかく  枕のしたにかく  歌は書かさせますなかく  永遠にのぞみをかく  ためにかく  時代にもかく  ほこりをかぐ  心理学はかく  イデオロギー論はかく  歴史とはかく  社会科学はかく  ニーチェの超人はかく  形態的把握はかく  選択はかく  生涯にかく  先生がかく  生活をかく  返事をかく  慶応義塾のつとめもかく  世のかく  二年三年はかく  終にかく  心にはかく  一日をかく  歴史はつねにかく  程であるが、何故かく  枝をかく  ぎをしてさっさとはいってくるので春彦様がかく  余輩はかく  特に日本画ばかりかく  日本画をかく  ここにかく  糊をかく  山の神たる者がかく  認識にしてもかく  話はかく  時期がかく  想念がかく  信長とはかく  自由というはかく  国民がかく  社会的責任とはかく  こともかく  空気をかぐ  伝記としてかく  香ばしい匂いをかぐ  起り國亡びかく  魂にかく  花はかぐ  猜疑ぶかく  画もかく  反感はかく  どれほどかく  文章家はかく  頃新聞にかく  なんだってべそをかく  ほかにかく  ままにかく  桂次はかく  言別給ひかく  人にかく  自然にかく  ヤマハハはかく  朝日はかく  伴ひ入り、かぐ  乳とかく  觀念的存在者はかく  幸ひにかく  來神祕主義はかく  道はかく  徹底はかく  認識はかく  文化的時間性がかく  離脱はかく  合一を遂げかく  愛はかく  共同はかく  啓示はかく  永遠性はかく  それはかく  教育もまたかく  彼らがかく  アルプス越えもかく  微かにかぐ  毛髪はかく  匂でもかぐ  景色でもかく  史実通りにハッキリかく  往つた木犀のかぐ  建設とはかく  死がかく  風にかく  世にかく  我はいまだかく  族にかく  之にかく  一にかく  時ヴィルジリオがかく  鐡鉤にかく  牛なり、またかく  故にかく  中には、おもふにかく  兒等をかく  さにかく  グエルフィ黨となりかく  沼なり、かぐ  環境がかく  余技画をかく  西洋にかく  狐狸もとよりかく  首をかく  鳥巣をかく  しづ、うる、かぐ  脚本をかく  なに、かぐ  どこをかぐ  牛若丸にかく  いまにみろい、ほえづらかく  輪をかく  とき、かれがかく  怠慢ぞ、何ぞかく  方にてかく  善行にかく  ため、その何故にかく  汝いかなればかく  宮あるよりかく  次第を告げかく  こと、すでにかく  何はともかく  なにはともかく  さらにかく  からだは細っかく  目、かぐ  かっぱ野郎、ほえづらかく  あたりをかぐ  我にかく  子孫をかく  爲にかく  神恩彼にかく  階さへかく  契約を立て、世に再びかく  上よりかく  祖先にかく  火山あるによりてかく  我等がかく  人生もまたかく  現在がかく  習慣がかく  結婚数がかく  映画評をかく  跡部もとにかく  すべてこれ優等児製造はかく  においすらもかぐ  幸福とがかく  ゴドウィン氏がかく  基金をかく  貧民をかく  好みもかく  からほんの少しばかりかく  酋長にかく  危難を慮りかく  俄かにかく  ケイトのかく  花を見よいかなればかく  此序をかく  序をかく  溜息のかぐ  われもまたかく  岩壁をかく  ことにでもこまっかく  数学がかく  匂いさえかぐ  行つた木犀のかぐ  食事をかく  音楽をかく  評伝をかく  中心としてかく  環をかく  女がかく  一日にかく  下にかく  写真に即していろいろかく  表をかく  啓蒙的旅行記をかく  数字をかく  ことを先ずかく  心身がかく  仏国にでもかく  幽霊をかく  紙にこんなにかく  自分がかく  住家とまたかく  かゆいところまでかく  之をかく  名画をかく  演劇をかく  手記にかく  ょうとなってやっぱりいくらかへばりの日にかく  一行おきにかく  手紙もかく  字をつめてかく  科白にかく  以後をかく  ちゃんとひっかけて、きっちりかく  皺をかく  教なるべしかぐ  家柄がかく  戦乱はかく  実況、すでにかく  わが国公園中に、いまだかく  字もかく  位ものをかく  自画像をかく  もう少し突こんでかく  自伝をかく  裏表にかく  二作をかく  気つけ薬をかぐ  仰せかしこみともかく  眉宇はかく  隻脚ぞかく  欲はかく  原稿をかく  新聞小説とはかく  詩をかく  案内記をかく  時代にかく  性質がかく  夜光珠もかく  あぐり踊るか、かぐ  ものもかく  信心にをきてはかく  現実にかく  竪にかく  楽にかく  解説をかく  間違ひをかく  つて詩をかく  時なきかかく  匂ひだけかぐ  草花をばかく  さへかく  いびきをかく  畫をかく  繪をかく  もとをかく  趺坐をかく  御言葉をかく  社会はかく  人がかく  生活がかく  人類はかく  宗教にかく  名前をかく  同情ぶかく  やうにやはらかく  われにかく  杯を挙げかく  連載小説をかく  新聞小説をもかく  脳貧血をかく  春とをかく  ナルシサスもかく  宦官にかく  

形容詞

~ かく[形容詞]
花かく  大曲かく  何もかもかく  

~ かく[形容詞]
額はかく  字はかく  

かく[形容詞]
かくの  かく彼  かく他  かくまろ  かくさ  かくしなやか  かく青  かくうち  かくなっている蝋  かく散文  かく真面目  かく知っていただき  かく申  かく予定  かく方  かくよう  かく身  かく様子  かく具体  かく蔵すこと  かく見聞  かくもの  かく奥ゆき  かく書いているけれども気  かく思うところ  かく心持  かく汝  かく戀  かくたち  

副詞

かく[副詞] ~ 1
かく枯枝を  かくなつ  かく銃声を  かく虫が  かく春  かく爪を  かく双手  かくおれの  かく人々  かく人々に  かく獅子も  かく創造  かく餅ばかり  かく明治の  かくれつ  かく男ひとり  かくあたりを  かく私の  かく學問に  かく光つて  かく音を  かく分離  かくぜんめぢの  かく火花を  かく一軒  かく私に  かく枕を  かく此処まで  かく狭義に  かく私は  かく以前の  かく自由詩は  かく我等は  かく自由主義の  かく音が  かくゴムの  かくどこまでも  かく虫けらの  かく現実を  かく簡単に  かく両方から柔に  かく怒りの  かく法然自身に  かくてこの  かくなん  かく短時日の  かく汗の  かくいつまでも丈の  かく編輯  かくぢ  かく時間の  かくあれと  かく寡居  かく一様の  かく生れ來  かく可哀相  かく停車場に  かく旦那  かく盟  かく奴が  かく数学の  かくクリストを  かく専門的の  かく貧くみ  かくいふは  かく言へば  かく春の  かく「生きる」ことを  かく女性の  かく譬喩  かく解釈  かく主張  かく権限を  かく遊離  かく矢が  かくわたしを  かく自分を  かく私を  かく彼の  かく相対  かく彼が  かく自生も  かくアオノクマタケラン  かくそれを  かく絵かきは  かく煙を  かく意志決定  かく検べて  かくまちまちな  かくめいも  かくなつてゐたり  かく家並の  かく足を  かく安穏に  かく国法を  かく無疵  かく結構  かく簡易に  かく政治と  かく文事の  かく前に  かく天皇に対し  かく地方により  かく地方によって  かく圧迫を  かく警戒  かく卜  かく諸侯列座の  かく真似を  かく歴々  かく衣を  かく嚴しきは  かく鼓舞  かく籠  かく防戦  かく祖父は  かく誤解  かく辛労は  かく宗教上の  かくエタの  かくすべての  かく新陳代謝が  かくエタという  かく仏法  かく僧たちの  かく法師という  かく耳を  かく聞  かく大声を  かく頼みに  かく唐代に  かく考  かくあれかしと  かく深夜の  かくろうとか  かく無責任  かく積りに  かく序が  かく積り  かく都会に  かく明々白々  かく偉大  かく外界との  かくのらば  かくみやたりは  かく今の  かく冬を  かく内側へ  かく権右衛門の  かく墓内に  かく生涯を  かく救いを  かく訓示  かく無名の  かく悶々たる痛涙は  かく孔明の  かくにわかに  かく作家も  かく人  かく人々を  かく汝らは  かく懇篤  かく密接  かく訓練  かくこれだけの  かく俄に  かく才能は  かく有意義に  かく目的  かく判明  かく言  かく螺線的運動を  かくいろいろに  かく僧形で  かく自分の  かく人手を  かく政治が  かく人文に  かく顯著  かく戸籍に  かく完全  かく魅  かく気保養にと  かく理を  かく臨時  かく窮屈  かく空の  かく雄大  かく現代の  かく品川の  かく衣更  かく關係の  かく余裕も  かく此處まで  かく仄か  かく有名に  かくまひ  かく形容  かく翩  かく零落  かく燃え  かくこれを  かく調子で  かく態度として  かく署名  かく觀察  かく覚禅房は  かく一般的な  かく僕が  かく解放  かくまきで  かく自分  かく我々が  かく独語  かく観察  かく番に  かくし笑つて  かくこ  かく決心  かく作事場を  かく俯向  かく外から  かく手を  かく兎を  かく弱き人  かく詩  かく宦官は  かく推測  かく重罪を  かく事件發生毎に  かくぢや  かく三つの特色が  かく文字には  かく他人の  かく色々に  かく子目は  かく一一分類法の  かく香代ちや  かく縁に  かく結果と  かく臺も  かく師匠の  かく沈黙を  かく細かに  かく全身が  かく朝野の  かく渾然  かく菌を  かく各人  かく主観主義と  かく二つの芸術は  かく芸術上に  かく表現  かく学問  かく個人的の  かく空想や  かく道徳的情操は  かく一般について  かく宗教観に  かく詩には  かく結論  かく一切の  かく規則的  かく自然派の  かく俳句の  かく日本の  かく日本に  かく韻文という  かく実用語として  かく多くの  かく人を  かく謂えりしま  かく言へ  かく川止めの  かく対処  かく成行  かく塵の  かくおつもり  かく自然主義の  かくめいという  かく行楽日  かく反対に  かく云  かく入念に  かく容貌が  かく夜は  かく川棚温泉の  かく手も  かく顫へ  かく捉らへて  かくやすらんの  かく大空の  かく私  かく來たん  かく笑つた  かく會社の  かく男に  かく決意  かく悪血を  かくソロソロと  かく種と  かくジナイーダを  かく戸棚の  かく扉の  かく電球の  かく二本の  かく顎の  かくなんかい  かく想像  かく妖怪を  かく決心が  かく取扱  かく藩地に  かく幕府の  かく我藩も  かく多人数が  かく平体に  かく無風流に  かく重の  かく情痴作家とも  かく平穏  かく学校の  かく名誉座員に  かく手違いを  かくもの  かく笛を  かく出来上り  かくあれだけの  かくるい  かく口を  かく骨身をけ  かく癖が  かく風  かく河口に  かく御酒を  かく眼前に  かく儉約  かく罵詈が  かく弁解  かく多数の  かく心にかけて  かく幼少より  かく皆様の  かく呼びかけつつ  かくしゃくと  かく同乗の  かく構成性を  かく変容  かく墓を  かく彼等の  かく漂浪の  かく貰つた優勝旗を  かく霧の  かく強権の  かく俊敏に  かく身体は  かく愁  かく瞑目  かく高唱  かくとい  かく宵の  かく秀  かく芭蕉の  かくあとを  かくあなたさまに  かく秘蔵中の  かく罪  かく整然として  かくいま一度検視に  かくゆき  かく三甚を  かく逐電  かく助勢の  かく高価  かく奇計を  かく侠気から  かく娘を  かく別ぶろを  かく十日  かくあきらかに  かく夜中  かく失礼  かく相討ち  かく相討ちの  かく隔りの  かく推参  かくしのかげに  かく得  かく女子と  かく御身装の  かく存在  かく宿下がりを  かく頭を  かく円形の  かくから  かく急激  かく爭  かく物騒なのは洛外も  かく都合の  かく矢の  かく席暖  かく多量の  かく扮装  かく臆病  かく厳格  かく異境に  かく云は  かく振舞は  かく葉  かく呼びかけざるを  かく悠々閑々  かく覆面姿の  かく叫び  かく不幸  かく安心  かく下劣  かく残り尠  かく月日ばかり  かく成行しも  かく大事を  かく芸術的の  かくギリシア  かく人物画の  かく身を  かく悦びごとを  かく舌を  かく引上げては  かく謂えり  かく汝  かくてなし  かく段に  かく前言  かく完全に  かく論議  かく局限  かく応答  かく正面から  かく大原の  かく述  かく夜中に  かく一枚一枚点検  かく瞬きもせずに  かくぐらゐ尊敬  かくまねを  かく晩くも源が  かく滑らかに  かく書物が  かく評判も  かく暇が  かく平穏に  かく画家の  かく外国  かく竜て  かく種々の  かく那伽は  かく蛇が  かく尾  かく博  かく行いかく  かく攷  かく安楽で  かく申ます  かく産婦が  かく羅摩に  かく不吉と  かく他の  かく道伴  かく労働  かく定時に  かく神仏の  かく神功紀の  かく計算の  かく鉛筆  かく必要も  かく豕を  かく高値を  かく当夜謹慎  かく象が  かく鼠が  かく鼠は  かくボテレンに  かく直接に  かく動作の  かく教育に  かくしめの  かく根を  かく數多の  かく盛つて  かく段の  かく端的に  かく袖  かく精根を  かく起稿の  かく寐言の  かくひらめ村へ  かくことわり  かく社会的にとり  かく手だてを  かく朝子は  かく小川さん  かく登志子の  かく奥へ  かくファラデー  かくファラデー自身が  かく優遇  かく行動  かく爲めに  かく低唱  かく好意を  かく笑つて  かく消極的に  かく発展を  かく積極消極  かく推論の  かく血が  かくいつまでも  かく苦しみに  かく愚痴  かくなんざ  かく内心に  かく問  かく恋  かく老の  かく物語の  かくはいのちを  かく君の  かく一足一足  かくもとばかり  かく夷俘  かく壁を  かく岸に  かくプロレタリア文学運動の  かく禅以外にも  かく言葉を  かく孔子は  かく重大  かく右の  かく言えりか  かく熟練  かく東と  かく決心を  かく月日斗重  かく成り行き  かく云へども  かく男  かく小説体という  かくリアリスティック  かく今日の  かく一〇〇〇メートル余も  かく道と  かくものの  かく表現の  かく知識の  かく窮迫  かく私が  かく自ら  かく枉  かく漢字制限を  かく北南と  かくあまた  かく封書の  かく少年たちを  かく商売  かく冗長  かく汝らを  かく妾は  かく懺悔の  かく夫婦の  かく人心の  かく健やか  かく志を  かく四周を  かく伸子を  かく前  かく着物を  かく心を  かくおいで下さ  かく田丸さんが  かく有様で  かく態  かく静か  かく相見ては  かく相互に  かく明かに  かく愛読  かく部分を  かく応用  かく起重機  かく六ヶ  かく寛文時代  かく嬌瞋を  かく美味  かくヒルと  かく刺は  かくアカヌガワラと  かく掌を  かく昼を  かく植物界の  かく花の  かくタチバナと  かくタチバナの  かくなりわい  かく失主狗と  かく御身の  かくわれのみが  かく存命へて  かくわれ曹が  かく恙  かく詩や  かく伸びむとする梢には  かく傾聴は  かく始末  かく批判  かく冷酷無慙  かく狡猾な脱税方法を  かく踊りを  かくやらないかね  かく暗黙の  かく気を  かく答へ  かく人々と  かく獄中生活の  かく心持の  かく寐入つて  かく來て  かく心持は  かく予定  かく手紙の  かく前の  かく親切に  かく駿介が  かく安直に  かく山を  かく一山に  かく覗き  かくはいふ事ぞと  かく落付きながら  かく必要が  かく彼を  かく競技の  かく算盤の  かく円内に  かく技術とか  かく懸隔  かく大々的に  かく社会  かく分化作用  かく人間の  かく注意を  かく由  かく人はい  かく龍済さんに  かく次第  かくひととしての  かくほかは  かく産後  かく根気が  かく小説  かく伏目がち  かく二人を  かく積つて  かく婦人たちが  かくときは  かく時間が  かく塾生たちの  かく夏  かく蝉の  かくとき  かく申さば  かく健に  かく申ても  かく芸術は  かくおのれに  かく急所をのみ  かく我に  かくいふを  かく苦患に  かく衆を  かく古の  かく燃  かく膽  かく迷  かく燥  かく獨  かく彼等を  かく輕  かく高らかに  かく汝に  かく安らかに  かく心の  かく歌  かく疾から  かく頬を  かく秤を  かく頽  かく帶  かく語りを  かくあしざまに  かく劇しきは  かく曰  かく汝の  かく諂  かく曰へ  かく我を  かく火と  かく富を  かく唾  かく我等を  かく苦悩を  かく樂土の  かくうた  かく奧  かく歡びてこの處に  かく旅  かく讓  かく來  かく惡  かく脛を  かく答へて  かく詞の  かく答へを  かく身をか  かく我等の  かく變  かく痩  かく劇しき渇  かくいふ者  かく爲  かく縁を  かく己が  かく豐か  かく寄しき物  かく忘  かく一の  かく己にも  かく倒  かく供物を  かく數字の  かく涙を  かく慣習の  かく萬有の  かくていと  かく彼に  かく彼  かくはな  かく稱へ  かく頼も  かく遠く記憶に  かく缺處  かくわが身に  かく狂は  かく枝より  かく唱へ  かく爲すを  かく純白の  かく請  かく神に  かく明らかに  かく結び合は  かく自然に  かく録  かく汝と  かく呼びかくること穩當  かく覺束  かく一人に  かく弘まれ  かく地球の  かく強き光  かく人物揃  かく天子崩  かく南に  かく甲田が  かく敬神  かく浅間  かく岩へ  かく歎  かく經  かく宣  かく殆ど無視  かく巌の  かく與へ  かく劣等  かく空想  かく盛ん  かく觀  かく身分  かく疎外排斥  かく同情  かく自由に  かく子  かくまれ  かく前おきを  かく稽  かく裸馬レースの  かく描写の  かく小娘から勇敢  かく家事世事には  かく骸骨と  かく作者には  かく積りで  かく餘暇  かく天才  かく梅の  かくそれぞれの  

かく[副詞] ~ 2
かく書いた  かくなる  かくあるべき  かく乗り捨て  かく生き  かく澄ん  かくつつむ  かくてかれ  かく云う  かくやりてえ  かくすれ  かくとりまく  かく知り  かく語る  かく言え  かく見る  かくよめるなり  かく思ひなり  かく励ます  かく生きのこった  かくなりました  かく申す  かくたたき込まれた  かく装わせたまえ  かくで  かく祈る  かく語りき  かく見  かく思う  かく申しまし  かく思ふ  かくあり  かくする  かくいう  かく映じ  かく響き  かく触れ  かく感ずる  かく凍らぬ  かくほ  かくいれ  かく観ずれ  かく観ずる  かく観ぜん  かくありて  かくあるべくありしなり  かく聴き  かくなっ  かく死ぬ  かくあるべし  かく見破っ  かく駈け  かくあるべく  かく垂れ  かくあれ  かくありける  かくいふ  かくおびやかす  かくあらん  かく申せ  かくなりき  かくある  かくありたい  かくあらしめる  かく生きね  かく問わね  かく隠し  かく飲む  かく出来る  かく進ん  かく心づい  かく心付く  かく記せる  かく信じ  かく歩い  かくいい放っ  かくいっ  かく問い得なかった  かく言う  かくまつ  かく眺めた  かくなります  かく云った  かく脅かした  かく送り  かく考える  かく解し  かく行く  かくやらん  かく思ひめぐらし  かく着  かく葬っ  かく持つ  かくおり  かくまとまっ  かく書け  かくなり  かくやっ  かく聞こう  かく読ん  かく考え  かく手間どった  かくごしろ  かく見えます  かくあらね  かくなりたい  かく仕えべき  かく認めました  かくしつ  かく思ひ  かく言わん  かく告げた  かく宣ら  かくいえ  かくあろう  かくなれ  かく流れでる  かく観じ  かく慣れ  かく思い  かく育てり  かくあらず  かく切っ  かく調べました  かく尖  かくしおおせ  かく遺  かくいたしました  かく見守っ  かく与へられた  かくやく  かく涙ぐみし  かく申込んだ  かく呼びかけるべく  かくあらしめたい  かく在り  かく装い給え  かく刈り  かくなるらし  かく考へ  かく論じ去る  かく仰ぎ上げる  かく見えた  かく重なる  かく解する  かくいひ  かく呼ん  かく改まった  かく感じ  かく考へる  かく進め  かくしおおせぬ  かく耕し  かく成るべき  かく行うべし  かく云うべし  かく考えるべし  かく描い  かく考え来るなら  かく申します  かく愛しなはれ  かく刈り込まれた  かく死すべし  かく引き  かくしおおせる  かく来  かく述べ  かく語っ  かく繕いし  かく成り果てた  かく観じた  かくたのしみ  かく噴い  かく念じ  かく闘っ  かく叫び  かくなら  かくあっ  かく云え  かく問い詰めた  かく巻い  かく歩きつづけた  かく叫ぶ  かく罵った  かく言い捨て  かく言い  かく訊ねし  かく思い定めたれ  かく言いしなるべし  かく諭し  かく云っ  かく取り交され  かく近づい  かく名づけられた  かく言っ  かくなった  かくなしたで  かく教え  かく通り越し来た  かく呼び  かくいい渡された  かく言い得る  かく抓み上げ  かく考えれ  かく信ず  かくためらった  かく明け  かく睨んだ  かく説き来れ  かくおい  かく読んだ  かく書い  かく荒れ果てたる  かく感じないで  かく踏みしめ  かく申し入れました  かく生きたい  かく売り  かくやくたる  かく信ずべからざる  かく鳴かしめ  かく行かん  かく為しうる  かくあらしめ  かくまつた  かくいふなり  かく信ぜり  かく来た  かく下ろされ  かく申し立てる  かくなせる  かく定め  かく唱うる  かく聞い  かくでしょう  かく説き  かく名付けた  かく結わかれ  かく生き返  かく上げる  かく諦め  かく限った  かく滞  かく競い読む  かく守られ  かく探し  かく待つ  かく申し入れられ  かく歌え  かくなさる  かく申し  かく申さ  かくいはね  かく感じたる  かくならぬ  かくごする  かく焼け  かく付きまとっ  かく食い込まれる  かく呼ばれ  かく追いまわす  かく責める  かく食いつい  かく忍ん  かくうろたえる  かく刈り込んだ  かく取り扱い  かく拭き取っ  かく打明ける  かく語った  かく追いまわした  かく打ち  かく言い懸け  かくことなる  かくなりかける  かく悩まされ  かくもご  かく称する  かく付け狙う  かく黙  かく居  かくうろたえ  かくおどろい  かく思い定め  かく誓っ  かくとざされ  かく断わった  かくたくわえ  かく戯れた  かく思ひゐ  かく取揃えし  かく思ひつ  かくすく  かく考えきたれ  かく述べ来る  かく述べたてる  かく積ん  かくうらぶれ出でた  かく呼び換え  かく傾け  かく動く  かくきい  かく数え  かく祈り  かくいひけり  かく云われ  かく呼びかけた  かく端折った  かく謂い  かく観  かく描く  かく立働い  かくいひし  かくよみつらん  かく申し渡した  かく伝えられ  かく感ぜし  かく澄んだ  かく想いやりし  かくいいし  かく縺れ絡んだ  かく言った  かく言い送っ  かく唱えし  かく悟る  かくなったらしい  かく落ちぶれ  かくせり合っ  かくしらべる  かく説いた  かく名づけた  かくまわる  かく改めたる  かく作りし  かく振れ舞う  かく言われ  かく忌み嫌わるる  かく引き取られぬる  かく考へれ  かく打ち続き  かく定めたる  かく称したる  かくつげる  かく言いおる  かくる  かくいたせ  かく積み重ねられた  かくあった  かく巣立ちける  かくありました  かく呼びし  かく帰し  かく盛り上った  かく芽ぶく  かく凭れ  かくありてし  かくあるべきである  かく吠えつづけ  かくであろう  かく近づいた  かく燃えしめる  かくありたき  かく名づけられたるなり  かく認める  かく疑わるる  かくいたわる  かくあるべきであった  かく見れ  かくしされてる  かくいひた  かく忘れ  かく誘ふ  かく思いつづけ  かく口説き落とそう  かくしとる  かく迎え  かく告げ  かくようす  かく縫っ  かく寝付きました  かくひとりごち  かく思いぬ  かく言い来たり  かく思いつづけし  かく申せし  かく壊されし  かくなさん  かく読み終れる  かく物語る  かく迫った  かくあるべきだ  かく助け  かく語りし  かく誇りた  かく生きなけれ  かく行わなけれ  かくなりゆく  かく走り  かく叫ばしめ  かく考えます  かく感じ得る  かく話し  かく摘み  かく向けられ  かくいらつ  かくごせよ  かくひめ  かく飛ばす  かく成り果てる  かく縋り  かく聞く  かく縛められし  かく成りし  かく成り侍り  かく捕はれ  かく咲きたら  かく立つ  かく改めた  かく心づき  かく答えん  かくすまされ  かく見来る  かく埋められ  かく感じる  かく曲がり折れ  かく曲りくねった  かく論じ終る  かく想う  かく為させ給う  かく眺め  かく散斬り  かくこた  かく解き  かく恐るべき  かく切上げる  かくならないで  かく見まもり  かくすごし  かく答え  かく見つめ  かくなじ  かく読まるべき  かくつれ  かく見まもっ  かくさわられ  かく成り果てし  かく応える  かくしらべまわした  かく抱い  かく遇せられた  かく高まった  かく言いかけ  かくはわれ  かくてく  かくかたりて  かくやむ  かく思ひ定められしなり  かく擢んで  かくかたる  かくいひてかれ  かく滅ぼす  かくよる  かく輝く  かく思ひなやむや  かく荒れし  かく語り  かく語れる  かく貪り見る  かく抱き  かく恐る  かくとみし  かくゆく  かく煌めく  かくおしはかり  かく朽果てし  かくなしき  かく叫べり  かく見た  かく閉され  かくた  かくしるせる  かく呼べるなら  かくいひしなら  かく陳ぶる  かく名づけし  かくよべる  かくよびなら  かく在る  かく隔たれる  かく歩みつ  かく憂ひ  かく定めた  かく墜ちる  かく驚かす  かくなしたる  かくゆき  かく疑ひ  かくいひゐたる  かく枯れ  かく枯らす  かく搾り取らる  かくいひ終り  かく失ふ  かくよばはれ  かく秀で  かく名づけられ  かく思へる  かく分つ  かく思うなら  かく映じた  かく促さるれ  かくあらしめし  かく省く  かくうる  かく並べる  かく信ずる  かくいひ終れる  かく見し  かくかくれたる  かく挫けし  かく視る  かく秀でしめし  かく隔て  かく促さる  かく論じつ  かく呼べる  かく合せし  かく申しあげる  かく積みましき  かく起ちましぬ  かく嘆け  かく哭き喚べ  かく経れ  かく在りき  かく古り  かく坐せ  かくあらせ  かく坐しき  かく解る  かく申そう  かく説き来ら  かくなったで  かくならざる  かくあるべからず  かく別れ  かくゆきくらし  かくのぼる  かく力もない  かく触れました  かくもつれなき  かく書かなけれ  かく掬い切った  かく思ひついた  かく刈りこみ  かく考えられる  かくみ  かくゆれ  かく喜んだ  かくきかず  かく飲んだ  かく輝い  かく名づける  かく云い直す  

( ~ )かく( ~ )
どうしてもかくかく  とにかく実際  かく次々  ちかくあまりにちかく  短かく  とかく卑しい  かくやがて  かくあつ  とにかくうるさい  かく長々  もちろんせっかく  かく煙  とにかく大いに  ともかくいろいろ  ともかく大きい  とにかく速い  かく既に  まあとにかく  とにかく貴  かく短く  かく拙なき  せっかくわざわざ  まあまあとにかく  とにかくいい  かく早速  濃かく  かくはかなき  赤くかくかく  ともかく相当  かくてあら  かく果敢なき  かく凛々しき  しかく脆き  ともかくもう  かく深  とにかくかなり長い  とにかく初めて  とにかくしばらく  実にかく  かくありあり  無論かく  とにかく新しい  堆かく  ともかくこう  かくそう  かく暗く  かくうかっ  かく厳しき  かく雑然と  かく明るい  深かく  かく草深い  とにかく一旦  かくじろりじろりと  とにかく何とか  かく細くかなしく  ともかく一応  とにかくいやしくも  とにかく下らない  とにかく面白かっ  かく早く  とにかくがっちり  とにかくしばし楽しく  太く短かく  とかく青い  とにかく一応  忽ちかく  せっかくそっと  せっかく赤く  とにかくはやく  ともかく面白い  やけにかく  とにかくもうこう  すでにかくかく  ともかく早く  ともかくくわしく  いと堆かく  遂にかく  度度しかく  しかく一旦  かくるる  かくはかなく  近かく  豈かく  はたかく  ともかく再び  まだともかく  まあとかく  短かく小さい  ともかく暗い  ともかくすごい  かく鋭い  とにかくそれだけ  かくあかる  かくつと  せっかく少し  どうかせっかく  とにかくなんと  かくのべつ  ついとやかく  ともかくそんなに  ともかくいつも  とにかく相当  とにかくいそがしい  しかく軽々しく  とにかくこれから  とにかく早  とにかくどうも怪しい  とにかく早く快く  かく次第に  かく怪しい  とにかくまだ  かく強き  とにかく一応そう  せっかく極めて  とにかく近い  とにかくまあ  ほんとにせっかく  とかくそれだけ  とかくむずかしく  とにかく美しき  とにかくそう  まあせっかく  かくしげい  ともかくやりきれない  かく一応  ともかく珍しい  かく未だ  とにかく随分  是非ともかくかく  とにかく安い  かくのんびり  とにかく悪く  何故かくなけれ  とにかくこう  かくそっと  とにかくいったん  かく物淋しいあじきない  かく悲しき  とかく荒々しい  最もかく  同時にとかく  とかく早  かくさびしく  とにかく早い  とにかく一度  とにかくピタリ  せっかくバラバラ  とにかくなんとなく  まさにかく  とにかく今や  どうもせっかく  とかく深い  爾かく  せっかくおとなしく  一概に然かく  かくじつに  せっかくこう  かく続々  とにかく早く  とかく軽  とにかくどうせ  とにかく忽然と  早々とかく  かくするどい  せっかくよく  とかくこそばゆ  とにかく痛い  未だかく  ともかく賢い  せっかくおもしろい  ことにかく  かくておも  とにかく全く  とかくガミガミ  とにかくそんなに酷い  とにかく恐ろしく  とにかくよく  とかくそう  せっかく今や  これからともかく  ばりばりとかく  かゆきかく  せっかくく  とくに堆かく  せっかく寒い  まずともかく  もう決してとやかく  まあともかく  互にかく  かくいわば  多分かく  とにかくかつて  かくいろいろ  じつはかく  とにかくどう  若しかく親しい  かくひどい  恐ろしくかく  かく遠く  しかく物々しく  ともかく高い  かく広く  かならずかく  せっかく大いに  かく言わば  ともかく一旦  とにかく温い  たぶんともかく  せっかく新しい  とかく多少わざと  かく小ざっぱり  とにかくもう  とにかくなんとか  とかく騒がしい  とかくはかばかしい  とかくうるさい  かく少し  かく醜く  もうかく  かく種々  あらかじめかく  必ずかく  とにかく多少  とかくソワソワ  すでにかく  とにかく良き  よくまあこんなに短かく  いかでかく  とかくずるずる  小さく堆かく  かくいい  なくともかく  必ずしもかく  とにかく異  しまいにかく  かく名高く  少なくともとにかく  とにかく後で  あまりにちかく  かく物凄い  ともかく良かっ  かく少から  かくたちどころに  せっかくあたらしい  とにかくなかなか  とにかく人間らしい  かく新しい  とにかく長  なかれかく  とかく捗々しゅう  まだまだかく  かく面白から  とにかく少し  とにかくひとまず  こうこうかくかく  とにかく若い  かく口汚く  つねにかく  とにかくあっと  しかるにかく  くかく  とにかく醜  至って短かく  かく頼もしき  かく貴き  さてはかく  常にかく  かくおも  とにかくまるで  かく親しき  然かく  とにかくひどい  せっかくウンウン  とにかく本当にゆったり  とにかくすでに  何故かく  いつもかく  いよいよかく  ともかくそれだけ  つねにかくるる  かく恐ろし  とにかくどうにか  ともかく少なくとも  ともかくよく  とにかく有難い  かく実際  まあなるべく短かく  とにかくいろいろ  とにかくどんなに  とにかく広い  とにかく多く  ともかくそう  ともかく一度  ともかくさっぱり  とにかくはっきり  とにかく小さい  とにかく面白く  とにかくもち  ともかくどうしても  とにかくよかっ  むしろかく  とかくうるさく  とかく騒がし  かくかろがろしく  かくいたく  かく重き  かく憂き  かく汚  何ぞかく  かく高くかく厚く  かく早から  かく卑しき  かくはやく  かく深く  かく全く  かく多き  ともかく早から  かくはげしく  とかく多く  かくな  かくはやき  いとちかく  かく夥し  かくはやから  ともかくつよく  かく快き  せっかくわずか  かく恐ろしき  かく多く  げにかく  かくやさしく  ともかく強く  かく深く我と  たえずかく  かく美しき  かくきびしき  かく固き  かく尊くかく偉なる  かくあしく  かく高く  かくしげく  かく長き  直にかく  かく再び  かく悉く  とかくよく  しかく哀しく  果してしかく  かくよい  かく白し  かくはっきり  まずなるべく短かく  とにかく何ら  かくきちんと  とやかく卑しく  ごく短かく  かく長い  とまれかく  かく大き  かくない  単にかく  かく唯  まあとにかく一度  かく浅から  とにかくやっと  とにかく古く  とにかくない  とにかく折角  しかくうれしかっ  ちかくたった  勿論かく  かくふと  今やかく  

名詞

かく[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
かくて互いに槍を合わせる  かくのごとき立派な人格の持ち主によって与えられる  かくのごとく判決し  かくのごとくなってゆけば  かくのごとき解決は学者が机の上で考えては  かくにも出版業者がそれぞれの店を構え  かくの如く学校の本旨はいわゆる教育にあらずして  かくのみにあり経し  かくの如く麗はしく  かくも美しき姫が住むには  かくも嘆きに沈みゆく  かくて開き  かくて貴なる魂のゆく  かくの如く根本的な基礎があれば  かくと見るより  かくのごとくにして  かくは計らいたる  かくまで情ある  かくまで心痛はいたさぬわ  かくやでもこしらえて来てくんな  かくとは知らず  かくも生かされてはゐる  かくて孤り人間の群やらはれて解くに  かくも妬げに祕事のさはにもあるか  かくて仆れぬ  かくも心持よく聞かれた  かくの如き階級的道徳は踏襲すべくも  かくの如く同じ文字を使っても  かくまで自分を慕ってくれるとは思わなかった  かくまで野球が人気をひくとは  かくのごとく無知で不行儀な客を相手にする  かくのごとき思いもよらぬ  かくまで力強く鮮明に描いた  かくも妬げに秘事のさはにもあるか  かくのごとくして  かくばかり恋ひつつあらずば  かくの如き結果を生ずるか  がくつついてくる  かくがのこつてゐる  かくも若く美しき娘を持ち得た  かくの如くにして  かくにも私は一人となつて旅に出  かくも大きい希望にみちた  かくの如くにして消えてしまった  かくて心のみはやりて  かくばかり胸の痛むかな  かくばかりせんもなき二十五の女心の迷ひかな  かくまで親切なる序文を戴いた  ガクつくのをガーゼで巻いてある  かくて爾来材料の蒐集に着手し  かくまでに参ってしまった  かくの如きに真の実力を争う  かくて今日の日本の政治の目的はより常識的に遂行される  かくにもおぬいさんに微かながらも失望を感じさせたなと思った  かくては清逸がだんだん父母から離れていくだろうという  かくにも澱んだなりで  かくてすべての人々の前に今後これが論証であることを確かにいたしますならば  かくも多くの証拠に容易に信をおくでありましょう  かくも判明に知覚すると思われる  かくのごとき観念が私のうちに見出されないならば  かくのごとき実有は存在しないと  かくのごとくことは何ら神の観念に適しない  かくも慣れてきたし  かくも注意深く観察したので  かくも明晰で判明な観念が私に現われ  かくのごとき観念が私のうちにあるという  かくも明瞭に結論する  かくも明晰に理解する  かくのごときものの何ものも明晰かつ判明に知覚した  かくのごとき他の無数のものにおいて外的感覚の判断が過つ  かくも青年を盲目にする  かくて慧鶴は思い切って  かくて予ての歳費増加案が提出された  かくのごとくに考えればこそ  かくのごとき解釈上の意見の違いはどこから生れてくる  かくのごとき意味での法社会学は今のところまだ十分に発達していないから  かくのごときは御意にかないし  かくて上陸して  かくも長い間こんな平凡なことが人間にわかっていなかったかという  かくも短い時間のうちにかくも小さい空間に発生せられた  かくのごとき普遍性を有する  かくのごとき方則というものが如何にして  かくのごとき事実が吾人に認め得られるという  かくのごとく収斂する  かくのごとき履歴の影響は厳密に云えば  かくのごとき抽象的の状況は実現する  かくのごとく簡単に云い表わし得る  かくのごとき漠然たる議論を並べた  かくのごとき基礎の上に立った  かくは波風を起こせるなり  かくて文学や思想も知識とか教養となる  かくて法然は黒谷に蟄居の後は偏に名利を捨て  かくて正月一日になっても死なないから  かくて法然の念仏興行が一代の流行をきわめて来ると  かくて配所を出でて  かくて勝尾寺の隠居も最早四カ年になった  かくも深刻に痛ましく幻滅の悲哀に陥れ  かくてその八日に至り  かくてある  かくも浅ましく堕落し果て得る  かくにもこの道楽は忘れられないと見えて  かくの如きはいささか矛盾の様にも考えられるが  かくて明治三十八年に至り  かくて同人諒解の下に翌五月の歴史地理全部を殆どこれに当てて  かくて研究は次第に精緻の域に達した  かくて罹災後これを新敷地に再興するに当り  かくまでにかたくなにて怨みを結び  かくの如く地下千メートルの地層に堅固なる地下街を建設した  かくの如きは教師のあるに  かくの如く考え出された  かくてあらん  かくの通りと盾の表にあらわれる  かく寄って来る  かくも叫びつ  かくまでも佗しい  かくのごとき場合にあまりはなはだしく興奮して  かくのごとく限定せられてあるが  かくの如く絶対にして  かくと思ふ  かくのごとき末世的武士道を礼讃し  かくも明白に出会した  かくまで謹厳にしてし  かくてドイツが南下するや  かくて空軍による真に徹底した  かくの如き問題はその道の学者に教えを乞うべきで  かくの如き大動員は義務を必要とする  かくの如き軍隊には公平に徴募する  かくの如き総合的社会現象を完全に科学をもって  かくて裕佐はその先輩に飽き足らぬ  かく迄人を怖るべく  かくては生けるか  かくこそかくべかりけれ  かくの如くして  かくよりほかはあらず  かくも巧妙な連絡がついていては  かくてフランボーはだんまりのまま惧る惧る何分かの間掘りつづけたが  かくの如き心構へと方法とから生れる  かくの如き事情によつて屡々妨げられる  かくまでも理想とかけ離れた  かくのごときもっとも有効なる生の活動方向をとっている  かくも定重まゐりしと  かくて怒  かくて諸の路ここよりして  かくて思想は廣大の物界に震動して  かくて其祖より離れぬ  かくのごとき体系を理性そのものの根拠から先験的に演繹するという  かくて現代哲学の課題は現代におけるイデオロギーの構造の特殊性によって規定されて  かくのごとき学問理念の変革は決して偶然に行なわれた  かくのごとき学問の成立は実に現代においてブルジョアジーに対抗して  かくと知らば  かくの如くに記憶す  かくも長くその美が見捨てられたか  かくも易々と自由に画く  かくまで豊かな変化を発し得よう  かくて人々深き眠りに入り  かくて二人は一山の落ち葉燃え  かくのごとき淫蕩に汚れた  かくて把握された  かくて存在の内最も根本的な存在は関心に於て成り立たねばならぬ  かくてこの場合に於て対象と考えられた  かくて人々は見せかけの媒語をすら失う  かくて交渉的存在のこの実践性を代表し得る  かくて今さし当り学問性の規定として残される  かくて学問に関する方法概念は生活の方法の概念としてその最後の位置に就く  かくて特殊科学の限界を越えて  かくてリッケルトによれば  かくて心理的なるものと精神とは相蔽わない  かくては歴史科学も自然科学から区別される  かくも再会の日は来た  かくの如き恐るべき犯人は未だかつて被告席にあらわれたる  かくのごとくわれわれにさからう  かくも不思議の豊富にした  かくのごとく誤用された  かくのごとく論究した  かくのごとく沈没が流行する  かくて日本のトーキーがつまらないということは現在のところでは残念ながら一般的事実としてこれを認めなければなるまい  かくにも食卓に着いた  かくて知覚乃至感覚の能動性の理解を一歩誤れば  かくて知識の客観性を保証し  かくて一定の方法が一定の対象を産む  かくて自然科学と文化科学との根本的な区別と対立とを明らかにした  かくてディルタイによれば  かくばかり思ふと  かくの如き諸篇を成さしめた  かくも豊臣家のために義理を立通そうとした  かくては紙屑拾もおそれをなすべし  かくては罪まつたく  かくて作る  かくてはわが熱心の先生に通ぜん  かくは先生の許を得て  かくて三十分ばかりにて我は再び破  かくの如く先生はわが拙作の世に出る  かくて夕陽は鬱蒼たる松林のあなたに沈み  かくも幽邃な光線と深い冷気のうちに塵もとめぬ  かくも幽寂しき処が世にもあろうかと思われた  かくは名づけた  かくの如き意味に真理を解するなら  かくの如き人格が道徳的評価を受ける  かくて政権は確実に北条氏の掌中に帰し  かくて智恵と力をはらんで  かくて濤声高き竜ノ口の海辺に着いて  かくて六月十七日にいよいよ身延山に入った  かくやと思ひ遣る  かくて経済的な能力から言って  かくてインテリゲンチャにとっては自意識なる  かくの如きものであつたと僕は思ふ  かくてアフリカの尖端テーブル湾を去って  かくにも起きあがって  かくのごとく意外なる光景を見し  かくまで速く走るやを知らず  かくも突飛に連想が飛ぶ  かくにも名古屋まで行って  かくにも犯人の手掛かりが得られる  かくばかり照れる  かくの如き幾人かの男女を引入れたかもしれぬ  かくのごときのはなはだしきに至る  かくのごとく世を患いて  かくにも一軒の家を守る  かくのごとく人民不実の悪例のみを挙ぐれば  かくのごとく処し  かくまでに軽蔑を受くる  かくも狼狽して  かくのごとくなって来た  かくのごとくなってきた  かくも面白いヨーロッパ近代社会成立の過程に日本のその時代の歴史的相貌を対照されていない  かくの如く見て来れば  かくも甚だしく日本で理解されないだらうか  かくに自分と一しょにいた  かくのごとき酒の飲める  かくに江戸時代を経て  かくて散  かくて近時に至っては  かくてそのサカノモノがサンカモノと呼ばるるに至った  かくのごとく不安定ではあるが  かくも懦弱にして  かくの如き品物が出ます  かくてだんだんその武士が勢力を得て参りまして  かくは屍体を緊縛する  かくも詠み得たのであらう  かくするには地震や火山の何物であるかを究める  かくて櫻島は毎回多量の鎔岩を出すので  かくの如くに足を机の上にのッけていた  かくの如くに社長であったかと云えばだな  かくて患者は笑う  かくは身固め致して  かくは貴様の後を追って来た  かくも我を陸でも苦しめ  かくも大なる試煉を経た  かくの如く廃墟と化し  かくて二虎の皮を獲る  かくのごとしといえども  かくの如く憎み合っている  かくて御料の猟場に着くと  かくしなさってもいけません  かくの如き忠烈な人々も住む  かくの如くなりたい  かくと知ると  かくの如き大成功を見たが  かくの如くなると  かくて日記についていへば  かくの如き  かくの如きには至らなかつたかも知れない  かくの如き挙に賛意を表してゐる  かくの如く生れ  かくの如き社会の感化を受けて  かくて大捷をえた  かくは学び  かくは心を用ゐじ  かくまでに我をば欺き  かくは學び  かくのごとく斬るっ  かくと魯粛から聞いて  かくとその日の戦況を耳にした  がくとうつぶして  かくにもこのマシンで味わえる  かくばかりも麗はしくみがきあげた  かくて詩は全然音樂の旋律から獨立してし  かくて心内の節奏と言葉の節奏とは一致する  かくて本來音樂でないものが、拍節の故に音樂として聽えてくる  かくもなりました  かくなつて行く  かくて一踊り済んで  かくて酒宴は夜に及び  かくは早打ちをもって  かくて二夜ばかりは鳴きつ  かくにも生きつづけて来た  かくもいみ  かくも鋭い批判を加へる  かくまでに涙を呑んで  かくこそ流れん  かくの如きことあらんとは  かくまで旺盛な戦意を抱いている  かくと知るや  かくて陸遜は  かくもこの家にて喪を守る  かくて忌中の三分の二は早や過ぎぬ  かくて古門村には二軒の空屋を残したり  かくは諸君の御足労をわずらわした  かくなくてはならぬ  かくて珊瑚の枝ならず  かくて一つ目の浜は彎入する  かくて鎌倉に居たり  かくも悪魔の舌と変へられてし  かくも苦しめた  かくまで貧しくなられ得べくもあらず  かくのごとくにして作り得たる  かくのごとき曙覧をも古来有数の歌人として賞せざるべからざる  かくて曹彰はただ一人になって  かくまでの壮語を敵国の使者へ云い放った  かくの如き大腹中の人となってきた  かくは赴任してきた  かくて三路から呉をうかがって  かくて明夜をいでず  かくやの漬物で茶漬を喰い  かくてその間に資本主義を何とか修理しようという  かくて出来た  かくて要素的ヒューマニズムという観念はヒューマニズム一般の解明には案外無力であることが判る  かくてヒューマニズムは今日往々にして  かくて問題は唯物論による文化理論の根本に来るだろう  かくて本を読む  かくて新聞紙は重要ニュースは官庁のディクテーションに俟つ他ないということになる  かくて歴史に於ける  かくて常識は平均値的なものや多数性から来る  かくて意味が事実に代行し  かくて進歩性と階級的対立とはまるで無関係なものとなり  かくて愚衆なる  かくて盟主や選良に対立させられた  ガクとあおられた  かくも生はさびしいものか此の眞實に生きよと  かくも言ひ知れぬ  かくはご高覧に供しまする  かくなって行くけれども  かくとは知らぬ  かくて魏の援軍が来ては  かくて魏蜀戦えば戦うほど  かくと殿軍の物見から聞くと  かくてすべてに渡って  かくとも知らない  かくて蜀軍は続々五路にわかれて  かくの如く民衆のあいだに長く読み伝えられてもこなかったに  かくては維も思う  かくの温泉へ行ける  かくの如く観じ来れば  かくはなりたりと  かくもある  かくまで深き思かと曉ればのぞむ  かくも荒れはてたる  かくのごとく形勝を占め  かくて城山を下る  かくのごとき進歩はこの地に見るあたはざりき  かくて國民は一時的のバラツクに住まひ慣れて  かくて基本的の事項を體得せしむれば  かくも高らかに之を舞台の上に活かし得た  かくもみづか  ガクで入って居りますから  かくも精神的に不健康なものとした  かくのごとき自然にいだかれた  かくの如きの葬法の古く行われた  かくて一九三七年の日本は下半期に這入る  かくの如き現象はなかつたであらうといふ  ガク然としてしまった  かくは打ち明け申した  かくの如くに教育して  かくも不自由きわまる  かくて大人の書く  かくて隱現しながら  かくて主の言葉の第一は充された  かくてフランシスは被造物の曾て經驗した  かくまで執拗に余に附纏ふ  かくのごとき苦行を続け得た  かくのごときものであってはならない  かくのごとき懐疑の後に再びすべてのものを生かし  かくのごときなんらの動機をも含まない  かくのごとき純粋に知識的にして  かくて生れつき心猛くそのうえに飲みたる  かくて今や竜の恐ろしき怒りをまぬかれたる  かくのごとくせば  かくの如きはすなわち耳なきに若かず  かくの如く奏上いたします  かくの如く家あるじの気分は乱れる  かくもかくも清らに傷ましげに光つて居る  かくの如き祈祷には感應ある  かくの如き要領で計画を立てて置けば  かくて大戦後ドイツ軍事界に於ても統帥権の独立を否定する  かくの如き長大なる密集隊形の行動に適する  かくて大王はその軍隊を世界最精鋭のものと確信するに至った  かくて軍事界は全く形式化し  かくの如き運動性を欠くと  かくてフランデルとアルトアにあった  かくの如き劣勢に陥った  かくこそあら  かくてその餌取の  かくて行人はこれを見て  かくの如きはもちろん除外例ではあるが  かくて此等の内容を愛したる  かくまで道を塞いで  かくまで屈服して居る  カクに刻みこんだ  かくてその足を留める  かくてその徒のすべてが餌取  かくて肉食の徒は神罰を蒙るが  かくの如き職をも厭わず  かくて徳川時代になっては  かくてその徒は常に鹿の皮衣を着  かくて親鸞は自身肉食妻帯を体験して  かくて長く同じ職を続けている  かくの如く維新以後普通民の増加が甚だしくなった  かくてその多数は警固の事務から離れて  かくては乞食待遇せられても  かくてともかくも徳川時代三百年の太平は実現し  かくばかり不可思議なる巌峰を見たる  かくて孫三郎景健の危急を救い  かくの如く人の心を傷つける  かくて括れている  がくかうに行く  がくかうにゆきましたが  かくには極めなくても  かくのごとくんば溺れます  かくのごとく盛粧された  かくて如水は筑前に攻めこみ  かくだけを動かして  かくのごとく水と油のように区別のあった  かくて人形芝居の主人公は童話の世界へ旅立つであろう  かくて行ひ  かくの如く忠実にして  かくは用いし  かくの如く推し奉る  かくより手間のかかる  かくの如く浜町のあそびは  かくの如く開けた  がくかうにまゐりました  かくにもそれを受けるだけの  かくの如き人格者のみであるとは思わない  かくは旅窓に一文を草した  かくも重苦しい重荷の存在のある  かくは急いで  かくと申す  かくは悸とし  かくも仰天して  かくも驚き  かくは丹治を酔わせようと思って  かくの寝床へ来て  かくが知って居りますから  かくはおかめを追いかけ行き  かくの屍骸を庵室の庭へ引摺ってまいり  かくと云って  かくが汝エ連れて出たかも知んねえが  かくの如く自由であると考えた  かくて副判斷の無限の系列がなければならないからである  かくてカントの有名な言葉がある  かくて存在からの距離といふことはいはゆる  かくて宗教は一つの倒錯した  かくて日本の知性は圧しつぶされてしまった  かくにも永遠を語る  かくばかり細かな用意をもって  かくまで海がおだやかで青いのに大喜びをしましたが  かくて主観と客観との問題にからんで  かくも思つてみるけれど  かくて自ら贅肉をそぎ  かくてさらにそのハシタナがク・シ・キの活用をなすに至った  かくてなほハルトマンを祖述す  かくの如くんば  かくては京都への聞えも  かくまで慕う  かくて棄てて  かくの如く馬鹿げきっている  かくの如くに天皇をないがしろにし  かくて軍部日本人合作の大詰の一幕が八月十五日となった  かくの如き人物が作家と呼ばれる  かくのごとき交渉の仕方においてその存在性を顕わにする  かくのごときものを支配し得る  かくの如き委嘱は余に取って  かくの如く思いあきらめしかばその大望は後世終にこれを知る  かくも荒れはてた棲み  かくなどにじっとしていると  かく書かれてある  かくて夜は更け  かくの如き厳格なる令条の規定があってみれば  かくてついには餌取  かくてその坊の名をとって  かくてついには浄行僧ともいうべき  かくてその堕落した  かくてもとの流れは比較的簡単な俗法師の徒から出でても  かくて思のいづれにも  かくて酒肴の用足しから帰って来た  かくて自ら自分等を廊下の外に閉め出した  かくも平常の力につながる  かくの如き優秀なる検査表が一般に用いられるに至る  かくの如き表情は一日も早く払拭せらるべきであり  かくにも純然たる芸術動機から創作を試みる  かくこそあれもおき  かくのごとく破れてしまう  かくのごとく無に帰してしまう  かくのごとく一掃されて  かくて旧社会は一塊一塊と崩れてしまうだろう  かくて新陳代謝する  かくも広大にかがやきわたる  かくまで私を動かした  かくまでの工夫と金とは費さなかった  かくまでの煩わしい手続きは尽さなかった  かくのごとくにし  かくも虐待する  かくの如き風潮を生んだ  かくばかり寛大になる  かくも急病の体にして  かくもおふくろの葬式をすませました  かくも商売をはじめる  かくも些とのあいだ雨やどりをして  かくも江戸へ出て来たという  かくも黙許されていますが  かくも家へ帰って  かくも台所の広い土間から表へ出てゆく  かくに清吉にとっては急処を突かれた  かくも彫ってみましょうという  かくも一人の武士が花魁のところへ雷見舞にゆくと云う  かくもその門口へおろすと  かくまで農民が非人間的な生活に突き落され  かくまで私心が長じてきて  かくまでに零落れて  かくまでに人々がわれに優しいこととは思わなかった  かくの如き状態に自分が住んでいるという  かくの如く候て犀川の方へ赴き  かくも趣味ある  かくては骨の髄までも深く深く沁み入った  かくてかれ  かくも江戸ッ児に調法がられる  かくての取締り故に様々な御法度が出来て  かくまで謀りたる  かくまで晩なはりし  かくの如き態度に出る  かくの如く相手を脅かす  かくの如き脅迫状を送る  かくの如き不幸な事件を私はよく知っております  かくて天に戦起れり  かくの如くに平凡な私事に終始して  かくばかりで全然補足になら無  かくの如く糸の運輸故障せられ  かくの如く向嶋の土手とその下にあった  かくの如く其の名と其の実との相伴はざる事は独り下水の流れのみには留まらない  かくてなほあくがれますか  かくもきみが歌はひびかする  かくにも二人の関係は竹柴館の一夜から面目を改めた  かくにも肉情の興奮の結果が顔に妖凄な精神美を付け加えている  かくて共に討死を誓った  かくの如くありたいものだと思ふ  かくのごとく直接観測し  かくて先生はその由って来たる  かくて大陸渡来の風邪性肝臓炎は今や全日本を犯しつつあり  かくも猛威を逞うしている  かくも先生を憂慮せしめる  かくも仕事に良心的で研究御熱心の態度を拝見して  かくも御熱心な皆様方の御協力を得る  かくて軍医達は寝てもさめても  かくまでにあるべしとは想わざりしに  かくのごとき問題に容喙する  かくのごとき見解と期待との相違より生ずる  かくのごとく考えざるべからざるか  かくのごとき場合にも天然現象は必ず単義的に起るとすれば  かくのごとき抽象的分析に慣らされざる  かくのごとき困難は天然現象の場合に最も著しかるべし  かくのごとき材料も場合によりては  かくのごとき場合にはいわゆる主要条件の選択が重要なるは既に述べたるがごとし  かくのごとき眼より見れば  かくのごとき状態を精密に予報する  かくのごとき小規模の現象の予報をなし得る  かくのごとき要求を充たす  かくのごとき理想的の場合においても地震の突発する  かくのごとき差別が偶然的局部的の異同に支配さるるとせば  かくのごとき場合に普通の簡単なる公算論の結果を応用せんとするには  かくのごとき場合には公算論の指示する  かくばかり美しく荘厳な自然の伴侶となる  かくのごときことは生の豊富な活動を見得る  かくのごとき力を求める  かくのごとく信じようとする  かくて云うまでも  かくて言論界に於ても動員令が下されたと見る  かくて更らに幾葉の写真など取り出して  かくて遂に死せ  かくて三十分位は夢の名残のあた  かくの如く直接の知覚と区別されたる  かくの如く目的概念に独立の意味を許す  かくのごとく特殊なものであり得るという  かくて最初の真理は虚偽であることが分る  かくのごとき危機はまことに思想そのものにとって価値ある  かくも独断論者がなお存在するであろうか  かくのごときことは真理ということをのみひたすらに問題とすべき  かくて独断論は思想そのものの立場から他のものへ転化してゆく  かくて理論と実践との弁証法的統一がなければならぬ  かくのごとき理論的意識は今や社会的に危機にある  かくの如き特殊な形式を選んだ  かくの如き作家によつて始められるのであらう  かくの如き生彩ある  かくて人形は動き始めた  かくて土地を有せざる  かく書いてある  かくの如く淵原があって  かくの如く縦横無礙に勝手気儘に描いていても  かくのごとくのんきならざるなり  かくのごとく威儀ある  かくにもかく  かくのごとく畏敬すべき  かくまで意気地なきものとは想わざりし  かくのごとき衰容をなさざるべきなり  かくて芸術乃至文学と科学とはコンジェニアルなものであることが示される  かくこそありけ  かくまで激しい信号を発するか  かくては社会総体の人が悉く破産するにも至る  かくの如く相違して来る  かくの如くに芸術の退化を意味すると云うかも知れぬ  かくて乗客の苦悶の悲鳴にふくらみながら  かくの如くに存在している  かくて現在の資本制下に於て客観的に存在している  かくて宗教意識の側面に見られる  かくてヨーロッパをこの文化危機から救済し  かくて学生乃至学生上りからなる  かくて学生はそれに特有な知能技術を喪失する  かくも畏しく  かくて村政にたずさわり  かくては明日の釣りに兄上最も多く魚を獲  かくばかり善く釣り得るが  かくなどということは芸術の常識としても勤労の常識としてもあり得ない  かくはないと申した  かくの如く外国の事情に精通したる  かくも妻をいたわりつつ  かくも彼を弁護するには  かくて太平洋上の汽船路設定はニューヨークをマカオから六十日もかからない  かくてロンドンからシナにいたる  かくてこの荒れ  かくの如く  かくの如く彼が急進主義の経綸によつて行はれたり  かくの如くにして逝けり  かくの如くにして砕けたり  かくの如くなりし  かくの如くにして起った  かくの如く我々の身辺に成熟しつつあるではないか  かくの如き所為は死者に対して失札であると詰ると  かくの如くに現実の忍術使いに九字を切る  かくの如くに一藩の全員が出動しました  かくて魚住氏のいわゆる共通の怨敵が実際において存在しない  かくも強硬な申入れを行う  かくも大きな尊敬をうける  かくも多く用ひてゐる  かくのごとく格を定め  かくも断層の差をもって押しかかるかと思われるほどであった  かくて日本化する  かくさびしく死する  かくて此失楽の中に猶蠕動く  かくて精神科学の基礎理論は歴史哲学としての元来の性格を愈々著しくして来た  かくてイスクラはメンシェヴィキのものとなり  かくてフィヒテ自身の信ずる  かくて唯心論は唯物論にまで必然的に転化しなければならなかった  かくて弁証法は存在の夫と思惟の夫とに区別され  かくて実在論が云い表わそうとする  かくてプラグマティズムに於ける  かくて新カント学派によれば  かくて概念は観念的な主体にまで独立化せざるを得ない  かくにも皆それぞれに何らかの希望をもって生きているに  かくの如き敬虔の態度を取る  かくのごときものは古往今来他にその例を見ず  かくのごとくして得来たる  かくのごとくする  かくのごとき理想を述べたる  かくのごとき動物を好んで  かくの如く通史が重んぜられた  かくて顏囘の死後三四年にして  かくて天下が三分して  かくては決して天下後世の同情を買ふ  かくの如き僕にして  かくのごとき杢若が番太郎小屋にただぼうとして活きているだけでは  かくて中央政府の大官に對して  かくて大臣先づ辮髮を行ひ  かくて清朝の保護の下に立つ  かくは注解的に閹割の二字を添加した  かくのごとくんば  がくっと首を前へ折った  かくも容易に多数の死刑囚を出した  かくて明時代になると  かくて老いたる  かくて十八世紀に天主教は一旦支那で禁止されたが  かくて壻が女の家に至ると  かくの如く何もかも主人まかせで少しの意志些の自由をも有せない  かくの如きは勿論迷信に由る  かくの如く死罪の中にも絞  かくも文芸を奨励しているに拘らず  かくも大衆的にならなくても  かくも捉え得た  かくの如く当時の空気を彷彿せしめる  かくまで大衆小説を発達させ得たかに考え及ぶ  かくのごとく出来上りました  かくて司馬遷と二劉との考へは大分異る點がある  かくの如く類例を分け  かくて目録學の方針は現はれない  かくの如く目録學として書籍の内容を知る  かくて四庫提要は清朝の文化を代表する  かくてアジア人のアジアといふ新思想が東洋の天地に瀰漫して  かくは手をとり  かくてわが世はものうかる  かくて法廷が再び静粛になると  かくも異様な恐るべき物語にしてしまった  かくばかりかと思うほど  かくの如き馬琴が書きましたる  かくのごとく広意に解すれば  かくの如き人は如何に免状を貰っても  かくのごときはただの命令で出来る  かくの如きはジッとしていられない  かくのごときは最も精神鍛練に効力があるまいか  かくの如く容易なる事を毎日撓まずやらせるので  かくのごとき練習が日に三度ずつあるがため  かくも豊かな美が現れてくるか  かくも豊かにそれ以後にできた  かくまでに鈍重ではあり得ない  かくて財的無価値は美的価値に転じてきます  かくの計も失敗したが  かくのごときは我国に於いても  かくのごとくに車夫学とでも言おうか  かくて太平和の家庭にあっては  かくまでの苦悩はございますまいぞ  かくてなやめど  かくもあるべき  かくてあな幾夜か経にし  かくてなほ小舟はくだる  かくは啼く  かくや病みけむ  かくて霊地の荘厳に古き杉立つ  かくも人をひきつける  かくて波を蹴  かくて予のこの手紙は不意にし  かくの如き疑問及び古典的ともいうべき  かくにもソンナ調子で南鮮沿海からドンの声が消え失せてしまった  かくも反対な正面衝突をする  かくも熱望する  かくて現在する  かくて一方に我邦の詩の將來が問題に上るに  かくの如く堤上の桜花が梅若塚の辺より枕橋に至るまで  かくの如きパストラルの情趣は日本に帰って来た  かくもよく入り乱れて  かくてどんどん進んで  がくを喰って  かくも世界に権威ある  かく厳しく訓誡してくれました  かく手厳しく譴責された  かくの如き自覚をもって集合した  かくは私と離れ  かくにも地橙孫さんは尊敬すべき  かくて如雲氏とともに毎日仕事を励み  かくは話をした  かくて兵庫へ還御ならせられました  かくにも二本まで腹へ触られて  かくの通り用意が整うた  かくは一つ家根に住み  かくにも過去一切を清算します  かくの如く生活するかと云えば  かくは一流を開きましたなれど  かくや苦しかるべき  かくのごとき休止の状態に陥る  かくて驚くべき  かくも悲惨な袂別を告げる  かくは軒を競っておりますので  かくては埒もあかじ  かくやと思われる  かくも狭い御府内に顔つき合せて  かくにも人さまがその人なりの善意と親切心から言ってくれる  かくにも一定の方向と言った  カクなどを解決したって  かくにも能登守がまだ三十に足らぬ  かくて駒井能登守の一行が黒野田を出ると  かくて風前の灯のように危かった  かくもあら  ガクと気がゆるんだ  かくの如くに術を施しおかなくちゃ  ガク然色を失って立ち上った  かくとも知らぬ  かくにも一藩の家老として立てられていた  かくも恐怖のどん底においこんでしまった  かくばかりと夜逃げしてしまった  かくて第三日となりました  かくて時田にわらせ  かくて大雷鳴の時に至って  かくて二人はいろいろの疑問を提出して考え合ったが  かくとも知らず  かくのごとき境遇から起こってくる  かくて犯人久五郎とハマ子は捕えられた  かくはお跡を追うてまいった  かくの如く裏切られ  かくの如き姿で逝ったと  かくにも芝居の正本というものを初めて私にあたえてくれた  かくにも屋根の棟へとりついた  かくまでに怒らせるに至った  かくまで奸智に長けた  かくて静子の口から分った  かくまで頑強だった支倉が飜然自白するに至ったかと云う  かくまで支倉を悪化させたか  かくまで同一に書けた  かくて五月十四日に第一回公判が開かれたが  かくは厳重に警戒せられた  かくと見た  かくこそ思ひしかといひけるを  かくのごとき時なればと  かくばかりなお頼みあらせ  かくまでな懸命のいじらしさにも自分で泣かれた  かくは貴僧の身をお返しする  かくも幼く打出でずあらむ思ふてふこと  かくまで澄まし返って  かくも兵馬が引受けて  かくて翌日の午さがりには  かくまで盛んに導かせたまいしおん  かくには必ず出て来なければならない  かくて上下憂愁のうちに諒闇の春を迎え  かくのごときことは精神病者にあり  かくのごとく神仏を濫用する  かくのごときマジナイを好む  かくのごとき場合にありては  かくのごとく論じきたりて  ガクついてきた  かくて寄手はほとんど伯耆の山野に影をひそめ  かくては誰を怨む  かくの如く広く読まれ  カクが違いますよ  かくばかり盛んな御贔屓をいただきまして  かくのごとく一夜を過した  かくまでに穿たれしや  かくて午後七時家にかへりぬ  かくにも早くその人に会って  かくのごとく清く滞らない  かくのごとく三顧の礼に倣って  かくにも私は自粛自戒して居る  かくのごとく理想的に経済的にしかも美術的に出来ている  かく生えた口をとがらせ  かくよりももっと熱中して  かくて意識の問題から出発する  かくて哲学と云わず  かくて人々によれば  かくてアカデミズムは人々によれば  かくて現代に於ける  かくて世界観や夫によって歴史的に決定される  かくて現代は機械論の支配の下に立たされている  かくて精神に残される  かくて結局シェーラーの文化社会学によれば  かくて実証科学は弁証法的な哲学から絶対的に区別されるだろう  かくて階級性は無論のこと追放される  かくの如き心境の人を言う  かくて両者の区別を与える  かくて性格は限界や分割とは何の関係をもつ  かくて事物の表面的な形式的な公的な交渉からは隠される  かくて性格的真理は常に主義として現われる  かくて論争は絶望的に旋回し始めるであろう  かくてこの場合一般に問題は特殊の限られた  かくて一定の問題は一定の立場を要求する  かくて問題の概念が立場の概念を優越する  かくて立場は非歴史的概念であることが示された  かくてその性格を見失う  かくて人々は自らを公平にして  かくて理論甲に理論乙が続いたとしよう  かくて一定形態の諸概念が出来上る  かくて政治的問題選択は論理的な夫として反映し得  かくて問題選択に於ける  かくて台頭的契機に基く  かくて一定形態の組織的虚偽を明らかにする  かくて個人的論理に組織的に一定形態の虚偽を与える  かくて人々は一旦時代錯誤を自らに許すならば  かくも執拗にさせたか  かくて第三階梯の階級性を検出する  かくて多衆概念の自己矛盾はたしかに解消する  かくて組織化される  かくて人々は見るべきである  かくて威された  かくて人々はその所謂常識を豊富にする  かくて問題がその客観性を失う  かくの如くして作られ  かくも正しく現世目前に見るを得た  かくのごとく限りなき母の愛情の前に坐っていながら  かくのごとく明らかに見えている  かくまで執ねく  かくまで酷く心痛させている  かくも早く来たり会すなどは  かくては用をなしていないな  かくもする  かくも精巧に現わす  かくまで白雲を苦心煩悶せしめる  かくて東海道を経て  かくて関所を出ると  かくまでに老ひしかな  かくの如き人波の中楊柳を折り  かくて最後の決心はなりぬ  かくては意気なしと友の笑はんも知らねど  かくのごとき会合において演壇に立ちしは  かくて明日は東に行く  かくて老いんの  かくやすらんの  かくて絵もかけず  かくて苦笑に止まらん  かくまで威張った  かくの如く私どもその他の船客が上陸した  かくの如き疼痛を発した  かくまで心を養はれた  かくて潮の上る  かくも広汎な鑑賞をよび起している  かくの如く神経過敏になり  かくもあろうかとおもわれて  かくて切支丹は天下統一者の保護を得て  かくて日毎に思ひ  かくて全国の切支丹は急速にその終滅に近づいたが  かくて写実の道は芸術の域を広め深め  かくて一般的には写実の道を執る  かくまで仰せ  かくと明かせぬ  かくにも蛇が居て  かくて由比ヶ浜を西へこの一勢が急いだ  かくと知って  がくの味を私は今に忘れ得ない  かくも相当厄介な構造になっている  かくも無風流にしてしまったかと  かくも深刻なものとは思わなかった  かくの如く変な精神状態になる  かくて砂時計の最後の砂が落ちてゐた  かくも感奮せしめる  かくの時が過ぎ去つてゐる  かくのごとく一人間の手の屆かない個所の惡化は一切のものを壞滅せしめるに至る  かくまでの苦痛を知らぬ顔で堪えた  かくも甘く考へられるのであらうか  かくもあらうか  かくの如きこと六反に及びけれど  かくて帰洛の御評議あるも  かくて驚きはよろこびと変ったものの  がくと両の肩に落して  かくにも真佐子に影響されている  かくもわが肩によりすがり  かくもいたいけなる我がものごころのもよほしに  かくの如く平凡に登つて平凡に下りて来た  かくも伺ひませう  かくのごときもの往々その例を見る  かくのごとく積極論派は外政上において失敗したりといえども  かくのごときものあり  かくのごとき差違ありき  かくのごとくその論基はただ現実的問題にあり  かくのごときものはこの保守論派に対してはなはだ慚色なきあたわざるべし  かくのごとく欧州の諸学者は当時ナポレオンの軍事的勢力に反動して  かくもあらんかと  かくのごとくには成り果てましたが  かくまで御本分を遂げられた  かくのごとき末路へお誘いいたした  かくまで奮戦して  かくは大乱に世を追いこんだ  がくと首をたれた  かくにも一ヵ寺の住職の身のうえにこういう椿事が出来した  かくばかりたふしても  かくまで全国に行き渡っているかを  かくも平凡きわまる  かくほどの仕事でもある  かくて後大人の縦横なる筆力もて全く綴られしを  かくてその思想がだんだんとこうじて来て  かくて帰り来たりしが  かくもあれ  かくにも彼は例外の仕合せを兩親の側に見出した  かくはあるが  かくにも民間の事業として今日までの發達を見た  かくて公卿たちの腹もさだまり  かくはよそながらごき  かくて古典主義劇の残塁に馬を進めながら  かくて大地を再び見る  かくのごときものなのだから仕方がありません  かくのごとくに勇ましくも断行した  かくのごときは現代政治の弊にこりて  かくのごときものでなければならない  かくてようやく目的地に至りついた  かくにも自ら祖をなさんとする  かくまで名古屋人士の人気を取ったという  かくまで身上を思うてくれる  かくのごときは芸の上の鬼神なれば  かくて竜宮に至りて  かくて駕籠と大八車とが押並んで  かくて今では朝から夜まで忍従する  かくは悲しく生きん  かくまで便宜に適したるは  かくのごとき態度は根本的に間違っている  かくのごときものだからそのつもりでいないと  かくては真珠も曇るべしと  かくの如きものと思ひます  かくては謀逆もさしたる重き犯罪にあらず  かくの如くその場を去らしめず  かくのごときものとみえしめている  かくのごときものたらしめる  かくのごときことを好まない  かくのごときは実に国家をしてつきあい  かくて認識論的範疇の第一の性質は論理的であることになければならぬ  かくも多くがそれを試みた  かくて物理的空間は物理学乃至普通云われる  かくて物理的空間にあっても  かくも一度吟味をいたさう  かくも僕らに任せ給え  かくて漁師の娘とはなりぬれど  かくは誘ひ  かくて所謂理解は静観的であり之に反して  かくて数学は論理的要素から論理的に構成される  かくて把握的概念は情意的であり得る  かくて直観は消えて  かくて空間概念が有つ存在性の事態は全く特異の仕方に於て分析されねばならない  かくて判断はこの場合他の場合に於てのように充分に優越性を示す  かくて対象はマイノングによればかかる  かくにも豹吉の心を支配して来た  かくてなほ疑は  かくも歌ひて  かくの如き趣向が和歌には極めて珍しき事も知らぬ  かくの如く必要なる材料を以て充実したる  かくの如く破天荒の歌を為す  かくも一目散に走り過ぎた  かくの如く最初から勤王党でござると言い  かくてがんりきはやや暫くあとをつけていたが  かくのごとく自から内外の局に当りて  かくて事の漸く進むや  かくて一方には造船所の計画成ると  かくの如きものではないかといふことを言ひたかつた  かくてはその災害を待つに  がくっとなった  かくて年を迎え  かくてわが覚の道は成就された  かくのごとき比較の言語学上の価値はきわめて希薄になって来る  かくのごとき方法を取って進んで来た  かくまで芸術化し  かくまで一致している  かくのごとき偶像の再興はまた千年にわたる教権の圧迫への反抗をも意味した  かくのごとき気分と思想とが漸次近代偶像破壊者の模倣に堕して行った  かくて僧侶は芸術家にならなくてはならぬ  かくも世間を喜ばせている  かくて長老は生活のために労働もせずに  かくて宗教革命から政治革命となり  かくて古代に於ては地理的自然の支配によつて職業を限定せられた  かくてはやがて命終の期に臨んで  かくも信心の誠を尽して  かくは歌ひつづけ  かくてあな暮れてもゆくか  かくてあな衰のもののいろ  かくてなほ悩み顫ふわ  かくてなほ頬をふくらませ  かくや聴く  かくのごとき高度に達した  かくのごとき推移をさすので  かくのごとき飯の持ちよりという  かくのごとくであるからして  かくて永正の初年には遂に全く無音となり  かくのごとき越後産の苧が課役の基礎になっておった  かくのごとく実隆がその室家の縁からして  かくまでに広く上下に持てはやされたが  かくのごとくであったとすれば  かくのごとき縁故があるので  かくのごとき態度は全く俳句から脱化して来た  かくもうるわしくついに至りし  かくて地の成り出でし  かくて神がこの荒涼を分ちて  かくて空気は鳥の住みかとなり  かくて客人の命を奪う  かくて人類とこの地上の世を作りしは  かくは死亡率が高くなったかと言えば  かくのごとき市長は民主運動の本源に背く  かくて菩薩像の一躯が成れる  かくて姙娠七箇月になった  かくてすべては都合よき形にゆがめられている  かくてふたたび甦った  かくも闇黒を蹴っての  がくつかせていた  かくて翌日と相成るや  かくは取留めもなく書出したり  かくは出たり引込んだり致すぞや  かくてお貞はその夜きたれるのみか  かくて見物しながらも  かくもこの辺の人心を脅している  かくて大谷の一行が街道の並木の中を上に向って行くと  かくて野心家のメルキオルは女中風情と結婚した  かくて子供は音響の森の中を逍遙する  がくや三つの川美しき巴峡の片ほとり立てるは  かくて死ぬ  かくの次第だが追撃をするか  かくて万事うまくいった  かくも燃えたっている  かくも愛してると  かくは無頓着なる  かくは綺羅を飾れる  かくも惹きつけ  かくにある  かくから漂ってくる  かくが見えるばかしだ  かくまで昂上してきた  かくて生存に満足すべき  かくも凡庸な魂を愛するという  かくまで堕落した  かくて二人はたがいに  かくのごとく二重にボイラーは急がれていたが  かくて一月二月を経るほどに  かくまで深切なる方様とは知らざりしをかり  かくまでいた  かくまでの浮薄漢とは思はざりしに  かくまでに堕落すべしとは  かくは自分を売りに出した  かくは油をしぼられる  かくの如きアホーらしい口説き  かくのごとき信仰を誘うた  かくて無上の面目を施した  かくて新家元へ相伝の大任を終った  かくの如く福岡の喜多流の今日在るは  かくの如く数多きを喜び誇る  かくて樹立に隠る  かくとほく  かくも巨大なる矛盾があらわれている  かく美しく歌ひ出され  かくは失礼も顧みず  かくもみごとな味をもたせる  かくもたわいのないものではあったにしても  かくもご憐憫とご慈悲があるのに  かくのごとく公然と敢行されるにいたったか  かくのとおりにござる  かくのごとくに右門流の吟味方法を取り出した  かくてはならじと思いつきましたので  かくからは女も入れて描いた  かくもゆかしく名まえを  かくにも人の上に立つ  かくのごとくに申し  かくも疑わしき遺留品があったとするなら  かくのごとく双方ともに相討ちとなって  かくのとおり専介どのは握りしめた  かくて新カント派流に縮小された  かくて批評は創作活動の未来への運動に向かって  かくて兵馬は無事に相応院へと帰って来ました  かくて俄然として驚きさめると共に  かくも全身に火を背負わせながら  かくも夥しく焚きなされているという  かくばかり熱心に長浜の市街地方面をのみ凝視している  かくのとおり色香ざかりの若い女でござりますといわぬばかりに  かくならば覚悟いたしまして  かくのごとく能の美しさを説きすすみながら  かくも峻烈に民衆を非難せしめている  かくも強く感ぜられてる  かくまで手きびしく語り得てる  かくまで熱烈なのに彼らは驚愕した  かくのごとく今みごとにたぐりよせられた  かくのごとくに力こぶを入れている  かくのとおり立ち会って  かくのとおり味がこまけえんだ  かくにも一流をあみ出した  かくもくどくどと本木家系圖を述べたてていつた  かくもかくも炎天にい  かくてはわが身にも被害が及ぶと見てとったからでした  かくて大藤村の人になりぬ  かくまでに師は恋しかりしかど  かくの如く全然当初の趣意が忘却せられるに  かくの如くおねがいし奉りまする  かくの如き人がひとりでもいたろうか  かくまでの傾倒をもった  かくの如く秀吉が素直に寂として見せた  かくてその内務省における講演筆記を印刷して  かくまでひどく嫌われた  かくの如きの論者は前に述べた  かくの如き意味も確かに存在する  かくて第三者がみては  かくも多くの堪えがたい苦痛を与えるとは  かくまでの不幸の原因であったあの獣を捜す  かくてその流れはいろいろの職業に分かれまして  かくて多数のものは飢え死にしましょうが  かくに就いて  かくのごとき映画を説明する  かくも無能低劣なる我々に映画を任せ  かくのごとき重要なる国家の構成分子の生活を除外して  かくのごとく憎悪されずにいられないという  かくて年々農家の身上が傾き  かくの如く農民の労力から得られる  かくの如く樹木を痛める  がくかうからかへると  がくかうのゆきかへりに  かくて視た  かくは離れ離れになり  がくは何もしなかった  かくて絶望が到来した  かくも汝努むれど  かくて多くの恨みを買った  かくのとおりであってこれ以外ではあり得ないという  かくまでクリストフが無頓着なのを不快に思う  かくも異なった  かくも大なる  かくて巧妙なる画の花は自然の花の如く美しく鑑賞されるに至る  かくて自然は嘗てありし  かくありと見  かくの如き歌はあるいは俗受けよろしかるべくや  かくの如き事は前にも度々言ひたれば  かくの如く愉快にかくの如く平和なる場所ある  かくの如き詠み  かくの如きは古今以後和歌が堂上にのみ行はれたる  かくの如くならざるべからざるか  かくて後に石見へまけて  かくて虚妄の正義は誕生する  かくまでに死といふものが偶然であったかと云ふ  かくはうすバラ色にポーッとにおって居る  かくのごとく実に骨の折れる  かくも齟齬したるやと  かくてアントアネットは心にかかってた  かくて本書は普及を中心とする  かくまでに苛むとは  かくのごとき企てをした  かくも多数に残った  かくも優美な優秀なものが作られたという  かくのごとき絵画を生み出した  かくのごとき名作がある  かくのごとき事実は到底あり得ない  かくのごとく語る  かくのごとき成功を収めた  かくのごとき事情が実現された  かくて生命の中に射影する  かくの如き気の毒なる境遇に落ちたか  かくてそのキヨメ等が一体にエタと呼ばれる  かくて遂にはその大多数がいつの間にか解放せられるの  かくて漸く絶頂に達しました  かくて一行は当日午後一時に下山し始め  かくの如き漫畫派的羅曼的に見ない  かくも手ぎわよく作りあげた  かくも平らかなる良心をもって  かくて永久に形成しつつ  かくの如き現在性の方面を力説すべき  かくて最後に凡てのうち最も複雑な組織即ち人間に至り  かくてフランスの詩的能力はヴォルテールに集中した  かくの如き外的な必然もしくは強制をゲーテはアナンケーといふ語をもつて  かくの如き全運命から解放される  かくて丘に上りて  かくの如き役を演じさせたなら  かくも深い溝が出来たかといへば  かくまで困難なる理由を考へずにはゐられない  かくばかり悠々閑々たる渡し舟の船頭のスロモぶりに堪忍がなり  かくて河を三分の一あたりまで突破して来た  かくて黒衣覆面の痩せ  かくて七兵衛はまた荒野原の闇を走りました  かくて湖上湖畔の夜は更けて行く  かくばかり激憤した  かくもゆるゆると八景めぐりをして  かくて北斎は写実家の常として宛ら仏国印象派の傾向と同じく美の表現よりも性格の表現に重きを置かんとするに似たり  かくて浮世絵に関する著述は千八百九十六年の始に及び遂にその研究の最も斬新にして  かくの如きは実に人生を蹂躙侮辱し  かくの如きは人間天賦の権を剥奪し  かくの如く全てを圧倒する  かくの如くにカツゼン大悟して  かくの如く高貴にして  かくも成りいづ  かくて献身者は生命の流のしかもその中流に舟を浮べて  かくにも未亡人はこの宗教と死ぬまでも  かくて開闢以来空前の壮大きわまる  かくて味気なく来しかたの生を読み  かくて江戸時代に至ってまでも  かくて一方には新文化を有する  かくの如き毛深いものは他に殆どこれを見ない  かくて海辺にとどまる  かくも聞きたださるるか  かくて若き夫婦の幸しき月日は夢よりも淡く過ぎたり  かくて二年過ぎぬ  かくてまた三年過ぎぬ  かくて教師の詩はその最後の一節を欠きたり  かくはさまよう  かくて母の計あたりしとみえし  かくて源叔父は昔見し  かくて児童が誤った  かくて娘はひどく甘やかされた  かくも運命の恵み薄い金持ちの身分で芸術家になるには  かくも急行船に乗り  かくも急ピッチで早手が大津方面へ乗りつけてみた  かくも深く憤りを発しているという  かくにもかなのちがいも多くあるから  かくに類した  かくかもしれない  かくまでにまじめなるを見た  かくは決せるなり  かくまで御心労おかけして  かくも鮮やかな互のいのちを取り合う  かくも立派にしてくれようとは思わなかった  かくて死すれば  かくて無敵艦隊は匐うようにして  かくも紛糾した  かくの如き考えかたに適応する  かくのごとく皇室を愛する  かくもよく回る  かくて訪問客はまれになってき  かくも思はれる  かくやは人の惑ひけん  かくの如き画は稀に見る  かくの如き人ならむと己れに引き合せて  かくまでその容体の能く似る  かくも靜かなる  かくも黄色く古びたる  かくも苦しき日の暮れを鐵路の道に迷ひ  かくにも大洋を乗り切ろうという  かくのごとく御取りきめ相成り  かくの如く日和下駄をはき  かくの如く漸次に麹町四谷の方へと高くなっている  かくの如き眺望は敢てここのみならず  かくの如く私が好んで  かくては今日東京市中の寺院にして  かくの如き溝泥臭い堀割と腐った  かくの如き果敢ない裏淋しい諦めの  かくの如く本堂の建築とは必ず適度の距離に置かれ  かくの如く立派に見せようが  かくの如くその名とその実との相伴わざる  かくの如く興味を催さし  かくの如く路地は一種いい  かくも幽邃なる森林が残されていようとは  かくの如きはけだし江戸軽文学のいかなるものにも必ず発見せられる  かくの如く眺望によりて一段の趣を添うといえども  かくの如き事を口にせば  かくの如く鶴ヶ岳の名はかなりの勢力ありて  かくはひ  かくも自らを苦しめる  かくまでに進んでいる  かくて苦しみも喜びとなった  かくも貧弱な世の中において彼がような愛情を失ったという  かくも多年の間こもってきた  かくて理性はふたたびおのれの独房をセメントで固め始める  かくのごとき経路が今行なわれつつある  かくばかり早く唱えだされたという  かくの如き意味での演劇の社会教育的価値は認めてゐる  かくも身に親しいものとなった  かくの如く面倒な結果になるといふ  かくてその日の悲劇は終りつ  かくにも彼は神祇局の後身ともいうべき  かくにも京都と江戸の間をつなぐ  かくも大きな洪水が来た  かくも多勢のものが行幸を拝しようとして  かくの如きものも負っているという  かくて波のまにまに浮き行く  かくにも女御は私をいいようにだけ解釈してくださるだろうと思っています  かくやと思知れつつ  かくのごとく論じ  かくのごとく推究する  かくのごとくはなはだしきに至れり  かくのごとき細毛の指端に立ちて  かくのごとき塵毛の存するかを試みんと欲せば  かくのごとき毛虫ありて  かくのごとき毛虫は真に存する  かくのごとく解する  かくのごとく仮定して  かくのごとき事実は真の不思議というべき  かくのごとき誤りある  かくのごとき非道理的方法によりて  かくのごとく信ぜざるを得ざるや  かくのごとく論究する  かくのごとく多くの事実が集まった  かくの如くにして解すべきである  かくばかり肩がわりをした  かくまではっきり軍歌の歌詞までが受取れるほどの  かく甲斐甲斐しく炉辺の座に招じて置いてから  かくて東天紅になり  かくまで犬を愛するという  かくて轟の源松が再び橋上に戻った  かくも弁論の火蓋を切り出した  かくも一人の自叙伝に読み耽らし  かくまで忠義の志をかえぬ  かくて最後に来る  かくのごとき単純なるものにあらず  かくのごとき風態の狂人が参りまして  かくのごとき類もたくさんあります  かくのごとく詳細の事実に至るまで  かくは転じきたりたるなり  かくのごとくなるは  かくの如きに到っては  かくといふ体言的の語があつて後に出来た  かくの終止にふがついた  かくは断乎として言放ち  かくて老媼がこのよしを蝦蟇法師に伝えて  かくばかり身にしむ  かくて際限もなく続く  かくも不均衡に取扱はれてゐる  かくも興味の中心が喰ひ  かくに仕事部屋を持っていなかった  かくまでに何人も問題とせざるを得ぬ  かくのごとく効験を目のあたりに見せる  かくて三年ばかり浮世を驀直に渡り  かくて面白くありません  かくにもめでたい日ときめてしまって  かくも生理的な生き身の一部に明白な物理的化学的な刺激を直接密接に与える  かくは書き留めておく  かく烈しく叱られし  かくていよいよその仏像が出来上った  かくのごときの立派なものは洛外に出してはならぬと  かくまでして  かくて秀衡その後を承けて  かくてその飛脚が五月二十二日鎌倉に到着し  かくまでも彼は慎重の態度を執り  かくて鎌倉時代の末葉に至り  かくは移ろひ  かくの如く應仁の亂といふものは隨分古來の制度習慣を維持しようとして居ります  かくにも復讐をするという  かくのごとく宗派および組織を異にするは  かくのごとき宗教家の民間に立ちて  かくのごとき風習を好まざる  かくまでに多種多樣の説話を蒐集し得た  かくて科学方法論は知識社会学に結合しなければならない  かくて今日危機に臨んでいると考えられる  かくて物理学の危機が叫ばれる  かくて相対性理論によれば  かくて物質が持つ  かくて存在の体系は論理学から始まる  かくて第一義的なものは概念ではなくて之から区別され  かくて弁証法は何か宗派的な聖像となり  かくて存在に固有な弁証法は人間の歴史に於て最も具体的となり  かくて自然的事物のもつ  かくて実践が個人の自由意志に帰着する  かくて社会学は不毛の石河原となり  かくも手数を掛けさせたまでであった  かくて存在論は自分を権利づける  かくて矛盾がこの論理の本質をなす  かくて刻みをそのものとして誇張した  かくて単なる文筆から編集にまで興味を進めて来た  かくて新聞は一般的にイデオロギーの機関であると云う  かくて後者の政治的なモメントに対立して  かくて新聞は完全に単なる報道物となる  かくて所謂世論や所謂ジャーナリズムを未だに信じている  かくまで欧米に依存し  かくて十一月十八日アインシュタイン教授夫妻は東京駅についた  かくまでも行き詰りを感じている  かくも尨大な文献の前に突如連れて来られたといふ  かくて我等の意味もない会話が生まれる  かくまで力弱くされたか  かくばかり当惑している  かくにも出来上った  かくも行動となって現われて  かくの通りにぶし  かくばかり滑らかに通されて  かくも無惨に住み捨てるという  かくまで欧羅巴を堕落させたかと言えば  かくも性懲りなくふらつき出す  かくはなかりし  かくて心が乱れそめて  かくまでする  かくばかりうるさくおつきまとう  かくて翁は全く家を外の人になり  かくて永久に神秘の内に閉さるるであろう  かくも強い頭と出  かくてまたもや自分は裂けた  かくも牽くという  かくては果てじと  かくのごとくに先から先へと考えてみれば  かくて一生懸命に走って  かくて上世の伝説外相を変えて  かくのごとくすなわち草中すなわち蛇あるなり  かくまで我を痛罵する  かくも巧みに人を籠絡する  かくのごときことあらんには  かくて一切の人格に由って  かくの如く人工的に成長せる  かくの如き座右銘を有する  かくの如く異常なる心力を有する  かくの如き男子はラウラマルホルムによつて描かれたる  かくのごとくで一つも過たぬ  かくのごとく数え切れぬほど  かくて稽うると  かくて十三回まで取り替ゆると  かくも無意義に自分から消え去った  かくて映画の検閲が遽かに苛酷になった  かくては帝国の健全なる発展を所期する  かくて我党の要求を容れざる  かくの如き指導精神は打破しなければならぬ  かくまで大騒ぎをしなければならぬ  かくて難を免れた酬いに  かくまで多くの学者が立ち  かくとまであって  かくて声も香も他に知れざりしを確かめ  かくのごとしと説くが  かくまで重大な貿易品となった  かくのごときものあった  かくまで優雅軽捷画のごとく動く  かくてシグツナの王宮に詣り得る  かくて人も猴も出来る  かくて随分巧者になった  かくまで辛苦したは驚く  かくて暫時の間に混雑を整理し  かくて後肢を以て能う  かくまで暗い半生は通って来なかったろう  かくばかり申す  かくの如き土地が開發される  かくの如く諸市合體すれば  かくの如きの禁令は日本国民の世界中最助兵衛なる  かくの如く平民的平等的なる興味また他に求むべからず  かくの如く懷徳堂の組織は門閥の素地を作るをさけた  かくの如く大阪の町人の後援により而も大阪の僧鐵眼によつて爲された  かくの如き他に見るを得ざる  かくの如く町人が門閥になつてからの檀那衆の學問を代表する  かくの如くに両都市が気質的にも対立してゐる  かくて温まりし  かくて王子は少女と婚し  かくてギリシア人は醜女怪の首を甲冑の前立てとし  かくのごとくいえるなりと  かくすると一生嬶旦那で暮し得と信ず  かくのごときは律に罪を問うを休めよ  かくまで宏壮だった家が壁ばかり残すに及んだかと問うと  かくて七人また洞中に退き死んだが  かくのごとき業を作す  かくて第二次のお国の計画も画餅に帰したが  かくて伴蔵と結ばれたという  かくはいのちを賭けて呪っている  かくて根津七軒町の富本の師匠豊志賀と相知る  かくのごとく油虫を同士打ちで死に尽さしめ  かくのごときを見たという  かくの海氣館と云ふ  かくすればかくなる  かくも憔悴しきった  かくて物質と存在とは分離し  かくてカントによって茲に登用される  かくて物理的に云って  かくては空間は空間でなくなって  かくて空間は物質に帰着する  かくて諸段階を通して実践的に構成される  かくて実験の次に産業が並べられる  かくて組織学が生物学の一部門として成り立つ  かくてこの場合の生物理論は生命現象の理論として現われる  かくてスペンサーは生物の進化を辿る  がくに変る  かくにも終止形は語尾が次第に展開して来る  かくて二月の上旬頃長崎の町へは着いた  かくまでも同じきものかとつくづく感じた  かくもせ  かくも盛大に開演された  かくまで近代を支配する  かくもあせったか  かくて蓉子を中心として二人の男は恋を争った  かくのごとく申し上げまするぞ  かくは触れ  かくばかりなる  かくも楽しき恋ならばなどかは早くわれに告げこぬ  かくもわびしき野のけしき都のかたをながむれば  かくと見るより堪へかねて  かく迄も後進の言動を留意し  かく浅くなり  かくの所で一瞬立ちどまってしまう  かくになん  かくも自分に苦しいものとなった  ガク然とさせ  かくて某は即時に伽羅の本木を買い取り  かくて直ちに清兵衛が嫡子を召され  かくのごときことを言ふ  かくて某は即時に伽羅の本木を買取り  かくて直ちに相役の嫡子を召され  かくまでも燦然たる光を放つて  かくの如く相交錯する  かくはふるまいしまでなり  かくては無理がなかったかもしれない  かくまでに物さびしく物悲しきあり  かくて治子は都に近きその故郷に送り返され  かくも映るなるべし  かくにも死海のほとりにその本拠を持っていた  かくの若くせば  かくのごとく人類の教師たちにあっては  かくのごとき現象の見られた  かくのごとくなるが  かくのごとき欠陥がありながら  かくて和算は天文暦術や砲術航海等のことに関して西洋の学問が伝えられつつある  かくのごときは一面観に過ぎないであろう  かくのごとき怪事をなさし  かくのごときことをなす  かくは健全なものにさせるのであらうか  かくまでに紙を疎かにあしらう  かくのごときものがほしく候と書いて  かくて都を落ちてゆく  かくに不自由しない  かくやすらけく寝たり起きたり  かくて松山の土地に最初のおでん屋が出現した  かくも御覽に入れたが  かくも有名なる本は何であるかというと  かくて思想局も教学局にまで昇格拡大される  かくて教学的精神は発達史的認識の要点を故意に逸する  かくて一般に自然科学は現段階性をもたない  かくて社会科学に於ては自然と歴史とが連続の上で対立しなければならず  かくの如くそれが廣く  かくの如き曖昧模糊たる用法の由来する  かくもよく西洋戯曲が学び取られようぞ  かくも地方の不振を招いた  かくの如く人を堕落せしめる  かくも売行きに相違が出来る  がくすぐつたい  かくの如く無限に広いことを国民はとくと知つてゐなければならぬ  かくも軽蔑されたか  かくにも理智の目の開きかけた  かくのごとく控えている  かくのごとく四辺の光景と映  かくまで機敏な才子とは今まで思わなかった  かくほどにぎりしめ  かくは変らせたまうぞ  かくも変らせたまう  かくであつたかもしれない  かくばかりなげきの淵に身をなげすてたる  かくばかりいとしと思ふ  かくもやさしくいだかれて  かくばかりつれなきものへの執着をされ  かくばかり我が放埒のやるせなき心きかんと  かくてついに兵糧攻めの持久の策に出でた  かくて前後十二年を費して  かくのごとき風習は奥羽地方各地にあると見えて  かくて用意も全く成りつ  かくて女史は給料の余りを以て同志の婦女を助け  かくは上京したるなれば  かくて妾は爆発物の原料たる薬品悉皆を磯山の手より受け取り  かくは豪奢を尽すにかあらん  かくも容易すく破れんとは知る  かくて磯山は奔竄しぬ  かくては警察の目を免れ得じとて  かくて午後七時頃神戸行きの船に搭ぜしは  かくは警戒し来れるにや  かくは姑息の籌を運らして我らの行を妨げ  かくて不倫の愛に楽しみ耽りて  かくは取り  かくの如く男らしき妾の発達は早かりしかど  かくにも露の生命を繋ぐほどに  かくも彼の反省を求めしなるに  かくて数日の間は此処の宴会彼処の招待に日も足らず  かくの如き姿にて行か  かくまでに誤れるにや  かくて両性互いに相輔け相補うてこそ始めて  かくも決死の壮挙を企てたるなり  かくまで事を分けられて  かくて両人とも辛うじて世の耳目を免かれ  かくては前途のため善からじと思案して  かくてぞわれはその文にダルケと名乗る  かくの如しといえども  かくは直々お言葉をたまわり  かくまで心からの親切をこめてもてなしたによって  かくにも地べたに寝て見せましたので  かくまでに零落したる  かくの如く永久朽ちざる  かくの如き幽邃の地を存するは  かくて現代のほほえみは  かくのごとき存在的情趣を盛っている  かくも不思議な奇蹟を見せる  かくの如く善き側をのみ有するには  かくも容易く会えた  かくにもかような  かくも美しく飾り立てられている  かくて最初は窪んだだけの  かくの如き描写全般に亘る  かくのごとき方則に従って力に反応する  かくのごとく定めた  かくのごとき電子の性質が次第に闡明され  かくのごとくして起る  かくのごとき総括を意味するとも  かくの如く變遷した  かくの如きも事實として肯定し  かくの如きことを敢へて行つた多数者の判断と推理力とは何処にあつたのであらう  かくの如き見解によつて惑はされるかも知れない  かくの如き芸術の蹂躙を黙許する  かくの如き政治上の小人の上に高く位する  かくてカミイル・デスモリンの熱烈なる雄弁はバスチル牢獄と苛酷なる政治とあらゆる伝習とを顛覆する  かくにもあたらない  かくもすみやかに空しからずば  かくて本年に入った  かくの如きことは絶対に避けなければならない  かくの如き優秀なアラインゲンガーをつかまえて  かくのごとく一か所に蝟集して  かくて時刻も移りければ  かくて尽きぬとおもう  かくて時刻も移りて  かく刈った口髭のあたりを右手でつつきながら  かくて事件は表面的には解決したが  かくも音曲師として世間から迎えられてしまった  かくてその日から小圓太は圓朝と名を改めた  かくも一心不乱に祈りつづけている  かくて両国垢離場の昼席とて第一流人以外は出演できなかった  かくもまた飛躍的にさえなりまさってきた  かくの如く美しく日本の詩を歌ひ出してくるではないか  かくに至るべく  かくも矛盾だらけに見える  かくもドストエフスキイに關心せしめる  かくは名付けつ  かくと心に思ひしかば  かくて次の日になりけるに  かくは遅かりし  かくは帰着の後れしなり  かくて今宵図らずも  かくて水退きて  かくまで下物は獲たれども  かくて時刻も移りしかば  かくは逡巡ひしが  かくて他われを欺きしも  かくては思ひ置く  かくはわれ曹を侮るぞ  かくて黄金丸は主家に帰り  かくの如き山川草木にまみれてよろこぶ  かくは予と高津とに寝よとてこそするなりけれ  かくのごとき質問をする  かくのごとくとせば  かくもお見舞申さう  かくて推古天皇の使いを隋に遣わし給うに及んで  かくもまざまざとした  かくも戦々兢々と恐怖していた  かくて様子を見るに  かくもしたしと思う  かくも想いて居た  かくて計画は遂に大失敗と判明した  かくも現代の下で多くは見られなかったであろう  かくのごときの大罪を父に犯さし  かくもふしぎな化け方をした  かくの如き手段をとるに至りたるかについては  かくも下らぬ  かくにもここ明けて  かくも館を出た  かくてはならぬと  かくの如き公衆でなければならない  かくがうつった  かくてはわたくしが傍杖をくう  かくも廻った  かくも執拗であり得る  かくの如く高度のものではありえない  がくかも知れない  かくまで働かなければならないかと  かくの如き会員に向って  かくの如きコセコセした  かくも自分を悲しませ  かくも親しく自分を呼ぶ  かくて宅を訪問すれば  かくて二人は孤島にあって  かくの如き境地に満足する  かくの如くして始めて  かくてその人は愛の逆用から来る  かくてその結果は生命と関係のない物質的な塵芥となって  かくの如きものが果して私達人間の生活を築き上げてゆく  かくて神学者は専制政治の型に則って  かくて政治家は神人の例に則って  かくにも本能の生活にはかかる  かくの如きはあらねばならぬ  かくの如き平安によって保たれる  かくまでの力強さは何処にあるか  かくも慇懃に持ちかけられたので  かくは名づけたるなりとは受取り  かくて我生涯は終ら  かくも多数の人々に読まれるか  かくも一応先方へ問合せた  かく切られた  かくも急速に知識人の知性のために矛を向ける  かくて問題を問題として取り上げる  かくまで語らい寄る  かくにもこの首尾を取り纏める  かくも細く長く切れた  かく曲りくねってつけてあるので  かくまでは行届くまいと思はれる  かくもやって見ろと  かくて我は何の学ぶ  かくも美しく見せてゐる  かくも驚くべき  かくてくず湯も成りければ  かくて夜明けが来た  かくこそ有るべけれ  かくのとおり閣下のまえまで乗りつける  かくのごとき仕事はしとげられない  かくは物し  かくてアガリはちゃんとにらんだ  かくてそのスミレがそこここに繁殖する  かくも盛んに花が咲き誇るにかかわらず  かくて東屋の前に立ちぬ  かくまでには傲りたる色を見せざりし  かくまでにドル臭き方とは思わざりし  かくてシカモアの木の下に行きぬ  かくの如くつかみ出して  かくに到った  かくてもわがこころを去りえずやはら  かくの如きものを云ふのであらう  かくの光明を自ら吹き消して  かくのみにありける  かくのごとく一つの完全な意味をもつくらいの  かくのごとき誤解はわれわれのうちからすみやかに消え去ってゆく  かくも斬新を欠いている  かくも古くさい様式の反復に満ちている  かくも美しく生まれて  かくもすべすべとなまなまと  かくの如き古典の復刻ということは出版業者にとってもひとつの重要な意味のある  かくのごとき妙法に向って  かくてともかくにポストの三めぐりが済むと  かくのごときはただこれ困窮の余に出でた  かくも抑圧し  かくのごとくして出来た  かくのごとき文学の可能な所以でもある  かくの如き自然科学の方面に於ける  かくの如き前提から出発された  かくの如き決定論が最近にあらはれた  かくの如き文学に於ける  かくのごとくしだいに死に近づきつつある  かくのごとき情調に支配されて生きていたという  かくのごとく叫んだ  かく刈った余の揉上を眺めて  かくのごとき事情のあった  かくのごとき事情であるから方程及び天元術の器械的代数学があって  かくのごとく数字上の値からその成立の法則を推したり  かくのごときは決して数学の上にのみ現われた  かくのごとき小さい川といへども  かくの如きものでなければなりません  かくておとづれるだらうといふことをわれわれは信じてゐます  かくにも泣けた  かくもまた汝とともに接吻けて  かくて對ひぬ  かくも思ひぬ  かくて五月となりぬれば  かくて哀しき同胞は同じ血脈のかなしみのつき  かくのごとき広告をなす  かくのごとき僥倖心と羨望心とをもって満たされおるなり  かくばかり迫り合った  かくにも食いつないでは行けるだろうと思った  かくのごとく区別された  かく割って御話しをしなければなるまいと思います  かくのごとく自己の意識と作家の意識が離れたり合ったりする  かくて今日彼の独自な有用性は可なり低下した  かくも悲哀な美がどこにあろう  かくのごとき大いなる愛憐の寢臺はどこにあるか  かくの如くやつてゐると  かくのごとく正しいのだといふ血液を誇つてゐる  かくばかり衰へて尚ほ  かくにも生きのびて  かくの如く純毛純綿の中にくるまって  かくて相方満足するまでは  かくのごとき壮大な街路樹の存する  かくも執拗に記し続ける  かくも揃って  かくて作者は誰かと考えざるを得ない  かくも古書畫の僞印は多いといふ事實を知らす  かくて明治時代に到  かくと称んでゐた  かくに限らず  かくの風貌風姿に適はしくて  かくは代筆された  かくは左う云ふだけな  かくの倅の風貌は見るから  かくに就いての  かくに育てられました  かくを先に知り  かくの倅だときかないでも直ぐにそれと悟りました  かくは昔から滅多に口を利く  かくとそんなに違つてゐないと見えます  かくは抱きあげる  かくは粉ひきの物腰でいつまでも歌つてゐる  かくはそれを引き戻さうとはしないで  かくは子供が通つてしまつた後の筵を丸めて  かくは窓の中の私の顔を見ると  かくに与  かくの命名に他ならなかつた  かくの口に登つたのだから適ひません  かくは子供を伴れて  かくと共に家を出かけて  かくは未だ鐘つき堂の石垣の下でランチ・バスケツトをさげた  かくは初孫を得て  かくはそれを見守りながら  かくにしてからが  かくの敵ではなくひとたまりも  かくに畳まれてしまふ  かくは鉄砲玉と縁者になつたことを此上もなく名誉としてゐます  かくへの義理合ひの  かくにはなすと  かくは迷ひは  かくの孫のものとするかね  かくの眷族へ贈り  かくはぼ  かくは田市と二人で水車を廻しながら  かくの考へも解らぬ  かくはもうぐでりんの救けでも求めたいらしく  かくに通じる  かくは警官にでも叱責されてゐるかの  かくの依頼で私を訪れる  かくとがぶ  かくに育てられた  かくはいつ迄経つても  かくは信一の信の音だけは覚えてゐる  かくに斯う訊ねる  かくとぐでりんの会話を聞いて見ようと  かくが出て行くと  かくの返事は直ぐには聞えません  かくの顔を見ると  かくが後ろに立つてゐた  かくの鯰に見込まれ  かくは何故かぐで  かくは左う云ふ  かくの言葉つきは泡を吹く  かくと二三言会話を投げ  かくは両腕を拡げて  かくの陰から飛び出した  かくはその看護人として雇はれてゐたので  かくが口を開けて仰向き  かくの如き舞台の到達し得る  かくはことわりおくのみ  かくにしろ  かくから自分のためにもなり  かくて後に例の護法実を置いて  かくの如きことは古今東西を通じた  かくの如きはひとり飛騨にのみ認められる  かくて今まで風俗や生活の上に著しい差違があって  かくばかり見えすいた  かくも見事に鎌を使っている  かくまで男の手からのがれようとする  かくのごとく詩を解さない  かくて王子のからだは一か月ほど地の上に横になってありましたが  かくのごとく予期せられたる  かくの如く君主は單に貴族の代表的位置に立つて居つた  かくの如き意義と密接の關係があり  かくて絵画の不安をして  かくて不愉快なものになり  かくまで無頓着だとは思っていなかった  かくて退院と共に晴れて  かくて最後に加茂五郎兵衛の故山の家に赴いて  かくて沸騰せる  かくてシヤボン玉の色のやうな美しい夢の模樣を現はす  かくにもこの藤六老爺が居る  かくのごとく解釈学的立場の内在論を破って  かくのごとき構想力は本来超越的なものでなければならぬ  かくて五分時を経たりし  かくて山々は遊興と宴楽の巷と化した  かくてその夏もすぎた  かくも両親に相談した  かくの如き卑小きはまる  かくにはわざわざ南洋迄行った  かくとする  かくか分らなくている  がくがつかない  かくなっています  かくにも形に就こうとした  かくにもある  かくて兎も角も其夜となり  かくて年月を経る  かくて其夜は人里遠き山中に笹原の露を片敷きて  かく浅ましく汚れし  かくも手の技が忙しく働く  かくて絞  かくも栄えた  かくてわが社へ御来臨と相成った  かくの如き反射運動は言う迄も  かくて世界は多にして  かくの如き制限を超える  かくて身体の器官も道具の意味を発揮する  かくておよそ常識が科学的になる  かくの如く客体がそのものとして顕わになるという  かくの如く考える  かくの如き内在的な連続的な発展であることができない  かくの如き絶対的真理はむしろ存在しない  かくて相対的真理は部分的真理として全体的真理の体系のうちにおいて意味を与えられる  かくて実用主義は真理を動的過程的に把握する  かくの如く実証された  かくの如くであるとすれば  かくの如き心のうちにおける秩序を意味している  かくて左翼的文学が多少の移動をなし  かくてエーテルという範疇は歴史的に変革され  かくの如き思想が始終あると  かくのごとく生き生きと存在理由を持つ  かくも歴史の新しい事実として勢力付けた  かくの如き境界にして  かくは云うなりけり  かくて垣越に出会いしは  かくは問うたりき  かくて手品師が人の眼を眩惑せし  かくは見ていた  かくもあるかと思われる  かくの如き江戸衰亡期の妖艶なる時代の色彩を想像すると  かくもいつまで  かくや命の消えん  かくにならず  かくて其後にかの船着場を問ふ  かくかたるをき  かくて數歩にして  かくては彼を撃ち  かくあさましく十字にはられ  かくあしき毒を流せる  かく深く沈めるは  かくかはりて彼はしづかに立去れり  かくて願はくは汝の名世に秀でん  かく酷く我等を裝ふ  かくて願はくは汝の爪永遠にこの勞に堪へなん  かくのごとく始めは悲しみ後は幸ひを  かくの如く繋がれ  かくなせるを  かくのごとくば之に適へる  かくて萬物に生をさづくる  かくの如く多くの民を新に與へられん  かくてジャンニは巧みに死者の聲調を似せて  かくの如き分割法は当を得た  かくの如き心柄の個人が益々多くなればなるほど  かくて玄宗の開元六年に印度の天文學者の瞿曇悉達が改暦の參考に供すべく  かくて我が國は支那とは盛に交通したが  かくて歐亞の二大陸に跨る  かくてヨーロッパとアジアとの交通路が海陸ともにトルコの爲に威嚇され  かくてポルトガル人は東廻航路によつてアジアの東端を極め  かくて十六世紀の半頃から我が國に於ける  かくも身もこころも犇と美しさの感動の裡に可能にされた  かくも衒傲の気を起すとは  かくて北沢事件はとに角片づいた  かくて我曰ふ  かくのごとくにさ  かくにいたれる  かくて答へて曰ひけるは  かくて高くさけびて  かくてヴィルジリオ我に曰ふ  かくばかり白き色世にありし  かくのごとくなるべし  かくの如く時は人を榮えしめ後その榮を奪ふ  かくて階のほとりにいたれば  かくの如く汝に問へるも  かくて世の幸を味ふに及び  かくまで静なことはあるまいと思う  かくの如く肉声化されようとは  かくがぼーっと浮かびあがってくるんだ  かくて朝鮮は完全に我が國の保護の下に立つ  かくも理想が違っていると  かくの如く仏教の上には大なる勢力を持った  かくの如く仏教文学の必要な材料がたくさん存している  かくの如く学林というような特別な組織があって  かくのごとく活躍せんや  かくのごときは何となく金玉の響ある  がくかいざる  かくもみじめな恐れにふるへ  かくの如くあらしめ  がくと言ふ  かくの如く法が私達にかけている  かくの如きは體驗における時を無視して  かくの如く將來も過去も現在を流動推移たらしめる  かくては時の内部的構造に屬する  かくの如く有る  かくの如き論難に出  かくて人爲的作爲的なる  かくの如く生きる  かくの如き傾向を有する  かくては持續としての時は文化的時間より將來を取除いた  かくの如く客體は主體によつて支へられつつ  かくて主體は隱れたる中心に立ち  かくの如き事態は決して完全に事實とはなり得ぬ  かくて自滅を遂げる  かくて實在的他者を指し示し  かくて或る意味においては實在的他者が主體の中に入り  かくて文化的活動はつねに現實性への方向を取りつつ  かくて客體は自己性と他者性との兩面兩契機より成立つに至る  かくて客體面において自己性と他者性との相區別される  かくて兩者の完き合一が成就されるまでは  かくて時間性にいくらかの變貌を來すであらう  かくの如き究極地に到達する  かくて隱れたる自己即ち認識動作の中心と顯はなる  かくて本質上は何の背景も奧行もなく底の底まで顯はなる  かくて歴史的時間とは異なる  かくの如く一切を支配し  かくの如く反省そのものがすでにこの同一性を前提する  かくの如き自然も客體に屬し  かくの如く活動の一契機として將來に向ふ  かくの如く將來の優越性のもとに現在を介して  かくて過去は全く取返へしのつかぬ  かくの如き自己欺瞞の所産でなくて何であらうか  かくの如く主體の自己表現としての客體が實在的他者の自己表現となる  かくて懷疑論や觀念論は避け  かくて主體の生内容は他者の象徴となり  かくの如く空間性は根源的生の對他的對外的性格をなす  かくの如く等質化平等化したる  かくの如き思想そのものが時間性の客觀化を極端化した  かくて時の流動推移が成立つ  かくて等質的ながらも他者性を内に含む  かくて次へ次へとその要求は引繼がれ終極する  かくの如き聯關の客體面に現はれたる  かくの如き客觀主義の立場に立つて  かくの如くに死を見るは  かくの如き事情や理由の存在せぬ  かくの如き觀點よりみられたる  かくの如き事態は決して現實とはなり得ない  かくの如き基礎の上に築かれればこそ  かくの如き盲目的自己主張は事志と違つて却つて自己の崩壞にをはらぬを得ぬであらう  かくの如き變革は他者も主體も根本的に新たなる性格を發揮する  かくて他者との交りは人格的生として新たなる性格を發揮するに  かくの如き理解は本質上必然的なるものとなる  かくの如き高次的純粹客體の擔ふ  かくの如き客體が成立つたとすれば  かくて一切の有は無のうちに沒し  かくの如き客體の本質的性格をなす  かくて問題は後戻りする  かくの如く全く更新される  かくの如き共同は人間の現實的生の缺くべからざる  かくの如き力がそれ自體に實在すると  かくの如くただ徒らに當てもなくいはば  かくて根源的空間性即ち自と他とを隔てる  かくて時間性の桎梏に呻かしめる  かくの如き無時間的超時間的存在こそ哲學が永遠性と名づける  かくの如き純粹觀想においては對象從つて他者と主體との間に極めて親密なる共同が成立つ  かくてアウグスティヌスが共同の對手としての實在者を殆ど見失はうとした  かくの如きがエロースの思想の行くへである  かくて主體は絶對的他者と先づ直接的交渉に入らねばならぬ  かくの如き態度を取る  かくて無時間的永遠的なるものと愛の合一を遂げ  かくて主體の主體性は神の絶對的實在性と兩立し  かくの如きものであらうともせず  かくの如く主體は幸ひに  かくの如き死を通じてはじめて成就される  かくの如き全面的合一においてこそ永遠性は成立つ  かくの如き事態は宗教的象徴の場合においては發生する  かくの如き事態は後にも説く如く  かくの如き純粹なる  かくの如き構造を有する  かくの如く徹底的譬喩性は時間性そのものと本質的に聯關する  かくて他者は主體の自己實現の質料たることを全く止める  かくの如くはじめより普遍的當爲性を有する  かくの如き建設的意義を有する  かくの如き生は缺乏と壞滅とを知らぬ  かくの如き物の世界又それに對應する  かくの如く將來が完全に現在と一致し  かくて時を知らぬ  かくの如き生はいかにして  かくて與へられたる  かくの如く罪の赦しは  かくて罪責は必然的に悔いとなる  かくの如く救ひの  かくの如き純粹なる永遠及び永遠的生は時の眞中に生きる  かくの如く言ひ  かくの如き神の眞實に答へる  かくの如き一切の一切との完全なる共同においても創造者と被創造者との別は消え失せぬであらう  かくの如き自然が時間性と共に壞滅に歸すべきは  かくまでにも不遜軽躁に変じたるは  かくまでに多数を占むる我が同胞を待遇するに  かくの如くにして始めて  かくてついには実際護衛の任に当らずとも  かくて密集は密集を重ね  かくの如き世態変遷の結果に外ならぬ  かくの如き類はむしろ自然の変化かもしれぬ  かくて寛保二年にはだんだんここに三十軒の家持ちの存在を見るに至り  かくの如きはこの地が近く大駅を経て  かくて明治五年に至って  かくて限りある  かくて源頼朝が大成功をして  かくて貧乏がますます貧乏になる  かくて自ら身分のよいものまでが賤民の列に這入る  かくてその家人がさらに家人を有する  かくて遂には西の宮の産所の様に祝言すなわちホカイを述べる  かくてその御子の彦火火出見  かくて段々と年代を経るに従って  かくてその優良なるものが残った  かくて末に近づけば近づくほど  かくの如く穢多の源流を尋ねてみますれば  かくの如き性格は永遠的価値をもつ  かくは花見に出でしなり  かくて庄太郎夜は帰れど  かくて一七日二七日と過ぎゆくほども  かくてイザナギの命が左の目をお洗いになつた時に御出現になつた神は天照らす  かくて天照らす  かくてお妃のスセリ姫は葬式の道具を持つて泣きながら  かくばかりこれを凝視し  かくの如くになしぬ  かくあしく耕す  かくやありけむ  かく美しく邑の人々の住みゐたる  かく長く我を饑ゑしめしやを知る  かくの如く爲すと見えたり  かくまで汝を動かせるに  かくの如くなるべし  かくの如くになり  かくの如くかの靈もまた神より眞の福を受く  かくの如く我は神を視て  かくの如くわれら聖徒は絶對の一にして  かくの如く神は全智によりて  がくにみれば  かくの如き有様であるとすれば  かくの如き姿をもつて示される  かくにも散策を試み  かくの如き職業に従事する  かくて同じ運動を律動的に繰返し  かくてこの敵対の中にあって  かくて数世紀にして  かくて無数の戦争原因が必然的に起る  かくの如く一般的に適用された  かくも大きな驚駭をひきおこした  かくの如くして費やし  かくてロマンの形式の決定的崩壊さえ始まる  かくて農民なら農民の層の内部に於ける  かくて最初にヒューマニティーや文化からジードによって区別された  かくて氏は過去の工業政策観念を清算して  かくて文化価値そのものの進展に資する  かくの如くして作り出された  かくて樹木は小さい中に伐り倒され  かくの如き不断のかつ顕著な過剰人口の傾向があるにもかかわらず  かくの如くして生れた  かくて人口増加の主たる源泉を弱める  かくも適切な例証を試みた  かくの如く結婚数を著しく増加する  かく刈られ  かくも外国の仕事に従事している  かくも一般的な叫声がある  かくも長期の破壊的の争乱の間死亡者が多かったにもかかわらず  かくも多くの新地を開墾しようとする  かくもつまらざる  かくも軽蔑すべき  かくも遠い将来にあると考える  かくも大きな目的を実現する  かくも完全な社会形態の下においていかに速かに困難が生ずると  かくの如く二十五年にして  かくて労働の報酬は悪くなる  かくの如く伝達せられ得る  かくの如き社会状態が絶対に実現し  かくも美しい名前から予想され得る  かくも正当に盛名ある  かくも緩慢に増加する  かくの如く空気中に棲む  かくも一般に要求されている  かくも絶えず使用されている  かくも有利な機会の利用を躊躇したとは考えられない  かくの如くは考えずして  かくも多数の経済学者をもって  かくて飢饉が生ずるであろう  かくも一般的ならしめる  かくの如くして除かれてしまう  かくの如くして除かれてしまい  かくて教区の扶助を受けない  かくて労働者の境遇は改善されるであろう  かくて貧民は貴重な自由の恵みを犠牲とし  かくて一方の手で奨励する  かくて救貧院外の一切の人々の境遇を圧迫し  かくの如くして惹き起された  かくて全体として見れば  かくて社会の労働階級の貧困と困窮とを絶えず増大するという  かくて貧民の境遇を改善する  かくて日本は欧化され切った  かくの如き木の実の実る富みの  かくはいふ  かくて漕ぎ行く  かくて宇多の松原を行き  かくて船ひきのぼるに  かくてさしのぼるに  かくて京へ行くに  かくのごとき菩薩はいかなる形貌を供えていなくてはならないか  かくて恋愛は恋を重んずる  かくばかり深くもとづいているとは気づかなかった  かくてようやく目的が達せられた  かくのごとき傑作が生まれたという  かくのごとき新様式の傑作が現われた  かくて外来美術の美しさに目ざめた  かくも多数に群をなしている  かくの如きものは是非とも保存して  かくもあさましき迷路に入ったぞ  かくも多くの怡しき  かくも余す  かくてすすむほどに  かくの如く国を限った  かくてその夜は十時頃まで富岡老人の居間は折々談声が聞え  かくも大きな広告を出す  かくて偉大なる近代的バベルの塔は科学と工学の知識を傾倒して築かれた  かくなって我ままになり  かくて三重県に続いて  かくばかり御喜悦ありし  かくて神林伐採の許可を得たるが  かくのごとく合祀励行のために人民中すでに姦徒輩出し  かくのごとく敬神の念を減殺す  かくて前後七回遠路を召喚されしも  かくまで百方に大害ある  かくまで自分に親しくしてくれる  かくぞ響きて  かくのごと閑かなる  かくまで自分に親くしてくれる  かくは呟きぬ  かくと聞くより  かくて甲板に伴いて  かくの如きものであらうと思はれる  かくて個性になる  かくも密接に關係してくる  かくの如く歴史は情念の中から觀念もしくは理念を作り出してくる  かくも健康が失はれてゐる  かくも多くの迷信が存在する  かくの如きことが感傷の心理的性質そのものを示してゐる  かくの如き人生において人間は夢みる  かくも見事な重工業地帯を完成しても  かくの如く多様の生活をなしつ  かくのごとき集團生活にとり  かくの如き言をなせる  かくの如き人が何れの国を問わず  かくもびっしゃり圧しひしゃがれていると  かくのごときにすぎない  かくこそなけ  かくのみにつれなきものか世の中にねぢけし人は父はあらなくにち  かくの如しといふ甘稻のみのりはならず枯れたるに  かくの如樒の枝は手向くべく  かくの如き主意にて作り  かくのみに心はいたく思へれや  かくのごと頬すりつけてうなづけば  かくまでつめかけられた  かくのごとくたわいないものだという証拠に自分の娘や何かを例に引いた  かくのごとき社会を総べる  かくのごとき新らしい形式で取扱われなければ  かくも叫びつづけている  かくなくてはならない  かくのごとき方向に誤解され  かくのごときわれを去る  かくのごとく正像末の思想は教行証の三法を根拠として時代の推移を考える  かくのごとき他の教法が現われねばならぬ  かくのごとき転換を要求する  かくのごとき平等性に存している  かくのごとき我々の救済を約束している  かくのごとき種類の人間にも弥陀は手をのべる  かくのごとき現実への関係において普遍性を含んでいる  かくのごとくこころえたる  かくのごとき超越を意味している  かくにも御引受して  かくも苦心して送り届けている  かくも一杯たべましょうか  かくて二十頭の牛は水上五寸の架床上に爭うて  かくて二十頭の牛は水上五寸の架床上に争うて  かくのごとく二回三回数時間の後全く乳牛の避難を終え  かくて午後十時に至って  かくのごとき暴戻に忍び得よう  かくて四本の腕は超人的怪力をもって組んず解れつした  かくも科学的にかくも敏活な行動をとれる  かくてルパンは夫人と種々打ち合せた  かくてドーブレクの邸に現れた  かくてルパンは不安の胸を浪立たせつつ  かくてトランク入のドーブレクは部下二人の手で自動車に乗せて  かくもあったろうかと思う  かくは私も叫ぶ  かくの如き和漢数学史の包括的にて権威ある  かくのごとき状況に立って居る  かくばかり物はおもはする  かくより形や色でかいた  かくに最も好いスケツチ場になつてゐた  かくのごとき喜びは競争性自体のもつ  かくてその一千六百六十三名の有する  かくて日ごろ目にも見ぬ  かくにもペンの方で動いてくれましたので  かくも息子のところへ知らせて遣ったら  かくも直ぐに近所の病院へ送った  かくも一応考えられ得るという  かくて判断はその還元性に於て実在と通路とを媒介する  

~ かく[名詞]1
裁判所においてかくの  身はかくのみに  しき響き思へばかくも  飯島はかくまで  砦はかくも  長唄がかくも  全校生徒がかくまで  覚平はかくまで  芸術はかくの  さとをかくまで  皇女ハプスブルグのかくも  シカシともかくも  首がガク  情ぶかくは  園はとにもかくにも  これまでとにもかくにも  者はかくも  蜜蝋をかくも  場合もかくの  ことにかくも  ことをかくも  私のかくも  私はかくの  のはかくも  近代社会のかくの  なにゆえにかくも  うちにかくも  喜悦をかくも  人はかくまでに  人々によってかくの  槐多はかくも  科学者はかくの  自分のかくと  彼等をかくまで  筆とりてものかくより  答案はかくの  現実とはかくまでも  兎もかくも  初めとしてかくの  自然科学のかくの  われはかくの  運命はかくの  言ふきはまではかくばかり  幸村がかくも  掲ぐる事を好まざりしよりかくは  汗をかくほどの  法をかくの  彼はかくの  船がかくまで  ジョゼフ・フーシェからかくも  際とにもかくにも  国にはかくばかり  事務もかくの  改革もかくの  舶来品ならばかくまでに  主義はかくの  政略はかくの  輩がかくも  風をかくの  自身にしてかくの  奥ぶかくに  女心はかくやら  兎にかくに  現実はかくの  一部がかくも  場合でもかくの  ワガハイがかくの  呂布はかくの  荊州へ帰ればかくの  天下をあげてかくの  母もかくは  對するかくの  お方のかくばかり  道に踏み迷うてかくの  何れぞやかくも  彼女がかくまでに  涙はかくこそ  大将がかくまで  廻し者はかくと  間ともかくも  膝ががく  舌がかくも  私をかくも  我らはかくまで  船がガクと  人間よかくも  すばらしさ自分はかくも  為にかくは  悲嘆はかくも  別れにてかくまで  地はかくの  戯曲が受けたかくも  頃はガクで  日本をかくも  ようにガク  政治はかくの  かくもかくも  数年でかくの  ナマズのカクに  坂口安吾はかくの  悪評はかくの  画をかくには  作家はかくの  大王のかくて  手紙をかくより  大空はかくの  たて物なるがくの  自然がかくばかり  実だらけともかくも  めはかくまで  汗をかくくらい  我々はかくの  余はかくの  居士はかくの  奥ぶかくなどに  のですかくて  戦力とはかくも  葉はかくこそ  かにもかくにもね  仏日はかくも  男根図はかくの  究竟地にまで導かんとするかくて  兎にかくも  きり幾度もかくの  吾儕はかくも  鼾をかくばかりで  大名はかくの  歳水無月のなどかくは  水無月のなどかくは  恥をかくばかり  辞書的客観性を超えてかくの  私がとにもかくにも  流行性肝臓炎がかくも  方々がかくも  予はかくの  科学者にしてかくの  天気予報はかくの  人はかくばかり  人間はかくばかり  内のかくの  不足はかくの  画はかくの  相貌はかくの  人に対してかくまで  猿はかくこそ  作品はかくの  差によってかくの  五十四フランのがく  批判精神はかくの  今もかくの  我はかくばかり  短篇小説をかくなどという  私がかくも  彼等はかくの  一人にしてかくの  天下にしてかくの  遷都はかくの  英雄児はかくの  柱石はかくの  彼がかくも  実質的にかくも  語をかくも  怪異というにあらねどかくの  無銘だがかくの  当局がかくも  社会がかくも  人心をかくも  事件をかくも  牡丹ときのめでんがく  夜もかくばかりかと  品物にかくも  鑑賞家はかくまでに  雑器はかくも  信秀はせつかくの  いつまでかかくも  夜もかくは  詩はかくの  主観のかくも  野とがかくも  父がかく  偽を取り消すよすがともなろうと存じてかくは  いずれもかくの  労働者はかくの  む世もかくや  自分を仕立ててくれたともかくも  十郎はガク  恥をかくばかりと  先を尖がらせてものかく  人々をかくまでに  何がかくまで  小鳥さへかくは  自分のかくまでな  輪をかくは  人生とはかくの  ことはかくも  幕府がかくも  暗黒史をかくには  関節がガク  古今を通じてかくの  角さんのカクが  一端はかくやら  情理をかくまでに  こちらはかくの  ランプはかくの  小説をかくよりも  彼等をかくも  光明をかくも  場合になってかくの  彼女をかくまで  一族がかくも  世はかくまでに  章はかくの  四方山にかこまれたかくも  旅にかくまで  人もかくこそ  何処にもかくにも  彼らをかくも  ものがかくも  世界はかくも  前後合せてかくの  態をがくと  なになればかくも  友よかくも  松村はかくの  論派はかくの  ひとすらかくの  ままに申し述べてかくて  アともかくも  兎にもかくにも  文學がとにもかくにも  人間はかくの  勢ひかくの  効能がかくも  道庵がかくまで  なつたかくて  台所のかくまで  実情はかくの  心理学者のかくも  マアともかくも  今日一日とにもかくにも  心あらばかくも  彼はかくも  弊藩はかくの  小栗はかくの  挙動はかくの  腰ががくっと  のはかくの  点がかくも  方々はかくも  日をかくは  書はかくまでに  大阪市にかくは  髷をがく  体裁をかるに如かじとてかくは  折助はかくの  画にかくに  われわれをかくも  奥ぶかくから  クリストフがかくも  クリストフがかくまで  町のがく  我をかくまで  金大黒とともにかくも  エンゲルスにかくも  絵にかくからは  ようしだいはかくの  篝火だけがかくも  あたしはかくの  相手はとにもかくにも  クロオデルはかくの  今彼をしてかくも  ドイツでかくも  ことをかくまで  悪意がかくまで  同役というだけでかくの  与力同心残らずがかくの  而もかくの  特別にかくまで  文をかくに  字のかくは  金のしがくは  愉快にかくの  未来においてもかくの  我が身をかくまでに  書物全体を通じてかくの  自然にかくも  日本にはかくの  事情からかくの  歴史のかくの  内に対してかくの  理はかくの  余がかくの  事をかくも  誰れと語らんとてかくは  ここにかくにも  所をかくに  それをかくかも  首のガク  すべてはかくも  一枚もかくの  いにしへもかくやは  憂愁に閉されつつかくも  涙を流してかくも  かし感情のかくも  使節よりかくの  地勢はかくの  遺伝し来ったかくの  門はかくの  楼門をしてかくの  東京市はかくの  私をしてかくの  東京市中にかくも  坂はかくの  文学者にしてかくの  耳に響き渡るかくも  中にかくも  思想がかくばかり  土地のかくの  多くはかくの  右までかくの  語がかくとか  蔭にもかくばかり  軽重がかくも  傑作をかくに  仏はかくの  マルをかくだけ  理由などかまわずとにもかくにも  精神的ばかりでなくともかくも  主にもかく  京都でかくまで  俤のかくは  一見識ありてかくの  老人にしてかくの  歯痛はかくの  支那がかくまで  食糧問題がかくまでも  神尾ではかくも  後までもかくぞ  高でかくまで  太陽系はかくの  子だかくも  暮景はかくも  こころまでかくも  六度もかくの  蛻すらかくの  話はかくの  事にかくまで  學問はかくの  アイヌ人がかくまで  前髪さえかくの  始めへ廻らしてかくの  能くかくの  いにしへもかくや  源次郎でもともかくも  露人もかくの  吉田松陰のかく  誠はかくまでも  霊的生命はかくも  凡有者かもかくも  狂気音楽がかくまで  ままともかくも  心もてかくばかり  恋ひわたりかくも  日のかくも  馬ならばかくばかり  花に隠れけりかくと  ままをかくに  それがかくも  深刻とはかくの  精神がかくまでも  今日もかくの  つもりにてかくは  直はんもかくや  眼にはかくも  論語中にかくの  和紙をかくは  手紙をかくに  頼家はかくの  名のかくの  如何にしてかくも  合ふのがく  戦線はかくの  自由がかくも  由てとにもかくにも  前からかくの  自分ながらかくまで  汗をかくほど  らくさつかくで  花はさきてほころべどもかくばかり  わが身をばかくばかり  酒店に入るかくばかり  世にはかくの  人々さえかくの  事のかくも  潜伏中大事発覚してかくは  客分としてかくは  錯乱せりしかくてぞ  こころをむしばむかくて  人々のみかくの  なにものかかくの  胡坐をかくほど  紙にかくにも  嚢中のかくも  結局はかくの  蝟集してかくの  武者絵もかくやの  鋭敏をかくに  われわれにかくも  今日までかくは  家庭にしてかくの  於てかくの  抑圧がかくも  恋はかくも  良人はかくも  正倉院宝物をかくも  地球はかくも  自然はかくも  映画はかくも  朝ともかくも  地軸がかくも  いくらかもがくかも  人はかくまで  字をかくだけ  空想がかくも  実績はかくの  それはかくまでに  主義のかくまでの  圓味をかくも  實がかくも  人生からかくも  パイ軍曹はかくの  ものはかくの  望みを繋いでかくは  将軍もかくまでには  自分論をかくに  哀歓とのかくても  我々はせつかくの  心焼くかくのみに  建築がかくも  花はかくも  農作はかくの  僕はかくの  労働者をかくも  院長はかくの  ザラツストラはかくの  広告料を投じてかくの  大体においてかくの  一致をかくが  彼はかくばかり  土をせせっていればとにもかくにも  心はかくまで  ためにとにもかくにも  おれはかくの  血液はかくの  道ありかくばかり  情景をかくも  音取かくからの  音取かくに  ころ音取かくに  小説をかくに  全体としてかくから  護法胤はかくの  ためにかくも  ことはかくの  論理はかくの  ことによってかくの  われわれはかくも  用心ぶかく  伝記ものをかくに  小説をかくには  心をかくと  次郎はとにもかくにも  磁器がかくも  本能のかくの  社会主義をかくも  ここに来てかくは  かくてかくの  注意ぶかくは  身はかくも  夕光りくれなゐ染めて沈むなりかくや  魂等のかくか  時ヴィルジリオがかく  オルラントもかく  かなたにありてかくの  一部だにかくの  考うればかくの  心が乱れ申してかくの  仁を感ずると共にかくも  心をかくの  徳をかくに  生命あらばかくの  流のかくまで  法道はかくの  長篇小説はかくの  孤立性はかくの  克服を志しかくて  無とのかくの  體のかくの  觀念のかくの  觀點よりみられたるかくの  間に存するかくの  愛がかくの  絶對的他者とのかくの  少年輩がかくまでにも  武家にしてかくの  語がかくの  鷲だにもかくばかり  輪げにかくの  聲もかくや  穩にかく  何の疑ひのかく  さへかくまで  六わがくに  供給がかくも  労働がかくも  間にかくも  日をかくの  死亡率がかくも  進歩がかくも  必然的結果に関するかくも  スイス人がかくも  人口減退に関するかくも  文学とはかくも  文学者とはかくも  理性こそがかくも  これはかくも  政界においてかくも  各人がかくも  価格騰貴によるかくも  地方銀行がかくも  それをかくの  従属的貧困をかくも  妨げがかくの  釣り合いにかくばかり  古墳がかくも  魂はかくも  この世にかくも  何人なればかくも  合祀はかくの  当局はかくまで  古もかくぞ  天にあるかくの  我々にかくも  時代にかくも  關してかくも  統制主義はかくの  私たちはかくの  きり村山君ががくっと  現在はかくの  蛙だにかくこそ  む人知らぬとにかくのみに  未來永劫にかくの  昨日にも似ずかくのみに  足のばしけりかくの  講堂にかくまで  子供はかくの  方から云えばかくの  だんらんとはかくも  注意ぶかく  懺悔はかくの  時代においてかくの  教法のかくの  本質はかくの  本願はかくの  普遍性はかくの  信とはかくの  証明はかくの  科学的にかくも  詩をかくより  人間をかくに  事実ともかくも  

~ かく[名詞]2
りんかく  何らかく  おそらくかく  一体かく  むしろかく  なぜかく  決してかく  げにかく  既にかく  即ちかく  概ねかく  いつの間にかく  しかしてかく  もしかく  おかしくかく  しかるにかく  いつのまにかかく  まもなくかく  常にかく  次にかく  何故かく  実にかく  未だかく  多くかく  遂にかく  果てはかく  果してかく  さむかく  でんがく  一般にかく  いまだかく  けっしてかく  今やかく  大抵かく  若しかく  疎カク  とたんにガク  よくもかく  早々かく  まさにかく  正しくかく  大きくかく  誠にかく  ややかく  とまれかく  猶かく  すでにかく  正にかく  逐次かく  ちょうどかく  順次かく  しばしばかく  益々かく  もうかく  じつにかく  つねにかく  ついにかく  どうしてもかく  おのずからかく  どうしてかく  などてかく  大いなるかく  ほぼかく  果たしてかく  およそかく  このかく  さすがかく  畢竟かく  何でかく  親しくかく  なおかつかく  必ずしもかく  仮にかく  なにとてかく  たいていかく  まことにかく  要するにかく  じつはかく  どうかく  単にかく  多きかく  わがかく  だるがく  特にかく  概してかく  同時にかく  凡そかく  もとよりかく  おおむねかく  極めてかく  現にかく  

複合名詞
せつかく  かく水  かく雨  かく風  かく一時  カクテール  がくづれた  かくら  お前がくッ  ハガキかく  青空かく  カクラン  角かく  夕暮間ぢかく  かく人  余殃かく  年かく  さまかく  かたきだかく  せつかく旅  凡そかく  汗かく  かく瞳  カクテール製法  かく喚  かくよう  我言かく  支柱がく  かくまひ  かく万葉  雲井かく  かく世  人生かく  兎かく  ひつかく者  ナイカク  サイカク  赫かく  鷄がく  皆かく  明け方ぢかく  ガクラオ部落  ガクラオ  カクシ  がく俯向  企かく  家がくづれかゝつたやうに僕  正体がくづれて  だいがく  間近かく  かく刈  飯がく  カクトクせん  戦果かく  運数かく  大勢かく  一カク千金  ことかく  直書かく  たいがいかく  つてかく  かく報道  苦がく  今わかく  かく脛  リンカク  せつかく練り  晦日ぢかく  カクマキ姿  方がく  六かく  のちかく  当時かく  狗がく  かく画  日暮ぢかく  カク手ガ氾濫シテ来テ  かく者  羸なほかく  尤かく  風俗かく  かくさん  かく婆  かく婆さん  かく婆ア  セツカク  かく物  事態かく  彼がく  壁がくづれてそこから蔓草それ  せつかく戦争  気力がくぢ  元気かく  ボクボクかく  かもかく  首がく  がく姿  消息がく  兎かく説明  ソノカクカウ  かく様  葉子がくふう  がく様子  繊かく描写  かく怒り肩  ミガク  しんおんなだいがく  おんなだいがく  一たんかく  かく事  かく安  万事かく  威名カクカク  交誼かく  かく地べた  蛙がくくみ声  背中がくッ  安坐かく  有象無象がくッ  清水ガクン  かくモデル  城かく  久女鬢かく  王殿下がくげ沼  かくふう  シカク寛大  事実かく  及がく  かく着物  香がく  輪かく  かく車  一かく  はがきかく  かく店  せつかくよう  峰がくづれた  せいかく  げんかく  由縁かく  がく擬い  かく芸  がく生  女軽業太夫元かく  がくん  此だいがく  ためかく  せつかく整理  暴動かく  井桁積みがくづれる音  夜半ぢかく  画がく波頭  夕方ぢかく  かく打  ば愛づとことさらつれなくせむやかく  皿山ぢかく  かくつて  比かく  がく瞬間  石灰分がくッ  縁先きちかく  腕かく  生き恥かく  それ自らかく  かくあざやか  カクテール時代  鯉がくひたい位  かく二度  四かく  ぢきちかく  辺かく  カクフク  かく船  魚がく  コマカク  数かく  かく材料  かく面  かく果  日夕かく  かく高利貸  窓ぢかく  そばぢかく  忠義心かく  アマガク  此がく  此人形がく  かく神  八重かく  ようかく  かく訳  せつかく仕事  本来かく  がくふう  かぎりかく  都市ケイカク  区カク整理  ケイカク  なにごとかくふう  花火がくふう  かく内  がく断末魔  知恵がくふう  元来かく  てれかく  短かく  上りがくッ  快活かく  リンかく  当分かく  事情かく  夜中ぢかく  らかく  カクレテ  ガクガク  がく焼姉様  かく余  來客がくびす  かく根元  かく近く  かく時  二十日ぢかく  独頭かく  説かく  トモカク坊主  トモカク  むかく  かく投込み  においがくゆり  ガクモン  文かく間  かく間  ほうがく  けいかく  大曲かくうち  うしやうがく  読者がくひつ  軍律不行届かく  全てかく  モセスかく  すべてかく  我かく  人間万事かく  受け売りかく  身うち煖かく  入谷ぢかく  かく十六付きたる  孫娘かく  野鼠かく  世事かく  晝近かく  カクテール一杯  涙がく  穴がくづれた時  まひかく  なほかく  かにかく  せつかく手  かく機糸  かく耳  かくしゃく  かく死  屋根がくづれる  ゑねちやのかあにばるをかく  かく絵  腰折一首かく  かく電燈  來かく  かく要約  昼ぢかく  小説かく道  文士小説かく  ゼンマイがくづれさうな気  かく行つた茶庭  千メートルぢかく  がく少年  せつかく離婚  重心がくづれざるを  自信がくづれてゐるのであつた  ひとつがくづれると  かく二人  かく市井風俗  私がくづれ  がくぜん  かくおなり  ガクアジサイ  かく地  かく願  考えかく  身体がく  足がく  かく浪漫派  顔がくッ  結果かく  がくーん  力がくづれてゐた  名人がくづれるやうに駒  字かく  猫がく  折角かく  手紙かくよう  かく意味  かくユリ  かく語つてどてら  さんがく  小姓がく  かくていかん  かく選まれ  かく余り性  ひつかく  ものかく間  かく歴史小説  ときかく  かく月  小説かく約束  手紙かく  手紙かく紙  かく君  三人かく  かく力  一通かく  香炉がく  六九かく汝  汝かく事  一八かく  一〇五かく  一〇二かく  風かく我等  一一四かく  汝かく  われかく  六六かく  九〇かく  三〇かく  四二かく  一〇八かく  坎かく  九九かく  一三二かく  三三かく  三六かく  五一かく  六〇かく  七八かく  三九かく  一二三かく  一二九かく彼我  かく橋  一五かく  一三八かく  かく心  八七かく  九九かく臆  民かく  二七かく  七五かく  八一かく  六九かく  いまかく口  八四かく  かく三年  一二六かく  手紙かく位  候ままかく  ガクつき  誰がくッ  三かく  一二九かく  一一一かく  以來かく  一二かく  かく問  二七かく問  かく説  四五かく我等  かくいふ  一二九かく我  一二六かく我等  九六かく  みなかく  四五かく  五七かく  山かく  種かく  一五六かく  かく複雜  かく我等  かく速  かく聖歌  人かく神  べそかく  手紙かく間  カクテール調合筒  フランスカクテール界  山人がく  かく筋  せきかく  カグ山  つてカク  一二〇かく我  かく愚  かく歌  三六かく一  一〇八かく別ち  二四かく  四八かく  九三かく  かく下  かく愼  九六かく我  一五三かく  天かく  一三五かく  一四七かく  九かく  六三かく  五四かく  花かく  獸帶かく傾斜  一二六かく優良  八四かく直接  一三六かく曰  九三われらかく神  かく奧  かく言  者かく  神かく爲  七七かく  四四かく  四三かく  ジンカク  生存上かく  かくぞい  我一人かく  せつかく岸  生きガクモン  属僚輩かく  堤防がくづれ  皇祖かく  陸かく古  家号がく  今日かく  形がくづれて  じんかく  貫かく  かく二様  暮れぢかく  玉蜀黍かく  役所ぢかく  二時間ぢかく  祐信畫がく  がくづれたら家内安全  一つがく  



前後の言葉をピックアップ
かぎ裂き  かく  欠く    賀来      各々  かく  加来


動詞をランダムでピックアップ
はたせる上りゃ疲れれかき乱す見つかりりゃ買込む鯱張っ好き好んくつがえそ余さ誅す見舞わ下りはいっ踏みだす飲みまわすすされ処す思い出そ
形容詞をランダムでピックアップ
厳しからさく面憎あらはなはだしきはしたな宜しけれ寂しけれままならないはかなきたどたどし覚束無し低うめあたらし怪きむつまじめずらしきこわうにくたらしく胡散臭く