「答える」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 答える[動詞]
ハルロオと答える  木精が答える  こん度呼んで見たら、答える  それに答える  為めにと答える  これも宜しいと答える  顔を見ながら答える  冷やかに答える  んだけれど、と答える  ありのままを答える  気楽に答える  口調で答える  先生は軽く答える  即座に答える  先生は多分こう答える  ものが答える  これに答える  梅子が答える  のも苦しく、答える  ベートーヴェンは答える  からであり、そしてこの何故だけに答える  私は答える  洋次郎は、もう答える  骨に答える  一人が答える  布施は答える  感も起らなかったと答える  けしからんと答える  からしかたがないと答える  上の子が答える  乱暴に答える  看護婦がどうも分らないと答える  事もなげに答える  断定的に答える  ところで嗅ぎつけられたと思って、もちろん答える  ぬいがそうだと答える  十九だと答える  駁論に対して答える  これに対して答える  賛成して、答える  とある人は答える  笑いとに答える  問に答える  人は答える  彼は答える  俺が答える  碩寿翁は答える  声に答える  そり忍び寄るからだと答える  然々と答える  法然が答える  なかったから、答える  大阪にありますと答える  順平にきいたが、答える  五○銭位と思いますがと答える  のですから、はあ、と答える  丁寧に答える  言い訳で答える  自分で答える  前向きに答える  オレはやはりあると答える  オレは答える  質問に答える  場合何と答える  嫌いだと答える  豹一は答える  知らないと答える  応ーッと答える  おれがこう答える  沈黙していたが、さて答える  千谷さんに答える  伯母はなんと答える  盆をおきつつ答える  どちらとも答える  シャツです、と答える  問題に答える  吉彦さんが答える  お爺さんは答える  のだと答える  ランスロットじゃと答える  声ながら、思い切って答える  風で答える  渇望に答える  絃で答える  山彦の答える  友人が答える  けさ皮を剥いて干したばかりだと答える  煮込みであると言われても、ははあそうですかと答える  ことを訊かれたので、そうだと答える  問いに答える  助が答える  祖母が答える  啓之助が答える  動悸をもって答える  理解したとは言いかねると答える  バーグレーヴ夫人が答える  ように答える  ことは分り切ってるさと答える  現実に立って答える  事に就いては何等答える  否とか答える  不審に向っても答える  それは答える  女は、答える  坊さんの答える  評者は何と答える  指図であると答える  男が答える  爆けていき、はみ出して行きたいと望んでいると答える  人はそう答える  あいよ、と答える  ただ神に対して答える  誰も答える  方法に就いて答える  前者に答える  後者に答える  ものと答える  解決するか、に答える  之に答える  黎明は答える  そちなどに、答える  胃に答える  手に答える  から、こんなに答える  必要に答える  なかったと答える  ことになると、一寸答える  要求に答える  何か答える  ヴァランタンは答える  監獄をぶち毀すとか答える  異口同音に答える  説者は恐らく答える  字づくしで答える  これだけ答える  主人に答える  知識慾に答える  吉川が答える  人の息せき切って答える  なんじゃと答える  書斎から呼ぶとぴりぴりと答える  ヘラヘラ笑って答える  悩と答える  佐吉が答える  大声に答える  彼女は答える  私が答える  理由を問われても答える  とおりに、はっきり分らないと答える  日本字なりと答える  マタ・アリは答える  正直に答える  劉備青年が答える  はいと答える  母が答える  いつでもと答える  兵は答える  名を糺すに答える  顔に答える  耕吉は答える  要請に答える  山木が何と答える  のも臆したるに似ているから答える  さそうに答える  旨を答える  感情的に答える  権助が答える  僕が答える  私に答える  鼻さきで答える  私はすぐに丸いと答える  関羽が答える  使者が答える  百四歳と答える  声も嗄れよと呼んでみたが、答える  逡巡して答える  甘寧は答える  ひとりが答える  それに対して、もう起って答える  だれも答える  のか、答える  彼女の答える  年増が答える  挨拶に、うなずいて答える  やに答える  生活要求に答える  向うが答える  龍と答える  拍手に答える  剣が答える  顔で答える  座中しばらく答える  長平は、こう答える  お酒の良し悪しと答える  クスリと笑って答える  青木は答える  品性もあれば、答える  もんでしょうか、とか答える  知らないわと答える  もんでしょうか、とか、そうでしょうか、とか答える  問にも答える  暗闇まぎれに近寄って答える  その男に答える  番頭がそう答える  鶴雄がそう答える  問に対して答える  微笑を帯びて答える  歯切れ悪く答える  船頭の答える  知らない、と答える  私は、そう答える  彼女はようやく答える  彼女はまた答える  のだろうと答える  母は答える  何か、に答える  之に本当に答える  満足に答える  思想史の答える  半分は答える  つもりだと答える  ことを答える  意味を答える  ものであると答える  手紙に答える  みんなが答える  辺へ現われるだろうと答える  叫び問うたとて答える  連中が、にやにや答える  クサッて答える  シミジミと答える  私はまだ答える  彼女が選んで答える  胸をそらして答える  わやい、と答える  者なら、答える  女は、そう答える  女もそう答える  傍見をしながら答える  心に答える  達雄が答える  直樹は答える  倉は笑いながら答える  俊が答える  雪が答える  女教師の答える  私がこう答える  私はもう答える  大がい答える  ふうに答える  何とも答える  答であったかも知れぬがこう答える  彼はこう答える  七ちゃんに貰ったと答える  百分の一に答える  巡査に答える  わたしは答える  後ろを顧みながら答える  調子で答える  悲しみで答える  夫が答える  yes.yes.」と答える  伸子のささやきに答える  ようにして答える  陪審員らが答える  幽霊が答える  人も、答える  三様に答える  マチアが答える  音楽家が答える  きみがそう答える  本気で答える  八時十分だ、と、おろおろしながら答える  タヌが答える  声が答える  女は答える  蟾蜍は答える  医者である、と答える  方が答える  のが答える  私が捕まったらこう答える  現在は無い、と答える  のでしょう、と答える  髯をざらざらと撫でながら答える  下からユックリ何か答える  疑問に答える  尋常に聞き且つ答える  将監の答える  公けに答える  雑作に答える  技術的精神であると答える  山が呼べば答える  さをかくして答える  否と答える  銀様はこう呼ばれてこう答える  それには答える  八戒が答える  念入りに再び答える  容易に答える  笑いを以て答える  彼らはいちように起って答える  わたくしは答える  どこで答える  荒熊が答える  自分は答える  本人はハッキリと答える  静かに答える  本当ですと答える  それもだいいち答える  当惑をもって答える  詩作をもってしても答える  私はそう答える  彼はいつも平然と答える  馬側から答える  ことも答える  近習が答える  房枝の答える  夫人が、なんと答える  豎牛が答える  偽など申しましょう、と答える  あたしだよと答える  しろ可愛い気分があると答える  後者を答える  躊躇なしに、答える  これについて答える  躊躇もなく答える  者も答える  明瞭に答える  番頭が答える  絹が答える  イーエとか答える  事はいくら問われても答える  声でこう答える  下へ答える  愛嬌を以て答える  来訪に答える  人を殺しました、と答える  助は答える  眼を冷しながら答える  池田良斎が答える  つて、そう答える  こだわり無く答える  だいと聞くと行ける行けると答える  何にもないと答える  あなたと呼べば死のうよと答える  ウムと答える  同僚が答える  Oui,beaucoup,Monsieur!」と答える  口で答える  弘は答える  寺僧は答える  千代は答える  子どもたちは答える  それを答える  こんどもすぐに答える  かかとをこすりながら答える  先生が答える  んに答える  久助が答える  番頭が、ありますと答える  むねを答える  ことではあり、呼べば答える  侮辱に答える  答え方をしたり、或いは答える  子供らはぽかんとしていて答える  判然と答える  通りに向うでも答える  医師吐雲斎と答える  師直が答える  十と答える  のなら云ったと答える  のを云わないと答える  目にあったと答える  誰も来ないと答える  頃からだか覚えていないと答える  正成がなんと答える  身をかがめながら答える  兵馬が答える  感懐に答える  七兵衛が答える  親に答える  弥兵衛さんと答える  心当りはないと答える  ことだけに答える  それだけには答える  数日中に答える  介が、そう答える  世話をしてやってもいいと答える  唯今留守ですと答える  弟へ答える  確かに答える  豊臣秀吉と答える  狩野永徳だと答える  イヴァーヌィチは喘ぎながら答える  駄目だと答える  菊子が答える  ものだからと答える  斯う答える  勘次が答える  常吉が答える  一緒に答える  一緒に連れて行ってくれと答える  これにも答える  下役に答える  まちがいなく、答える  若者は急き込んで答える  僕は、そう苦り切って答える  国民に答える  松野主馬が答える  方から答える  僕は平然と答える  パンは、ひどく気取って答える  あなたであると答える  顔を赤くして答える  桃水君が答える  挑戦に向って答える  生死致します、と詰められて答える  素っ気なく答える  関さんは答える  面目を失って、答える  私の答える  問いに正しく答える  にべもなく答える  感受性に答える  兵馬も答える  与八も、こう答える  何をしても構わないと答える  かいいえとか答える  二三言でようやく答える  それも、答える  男にとっては答える  レオンハルトは答える  二つに答える  ハイと答える  プレザントと答える  ケーベルと答える  しんとして答える  言葉に答える  梶が答える  己は恥しながら、然りと答える  月野博士が答える  留守だと答える  場合には答える  銀様が、きっぱりと答える  感歎に答える  上から見おろして答える  僕は答える  ラエーフスキイは答える  溜息をついて、こう答える  彼がそうだと答える  冗談にもよく答える  いいかげんに答える  面で答える  質朴に受け答える  体で答える  彼が答える  それから、答える  冷淡に答える  源氏に時々答える  先に立てて答える  源氏へ答える  瞬間に答える  恬然として答える  人に答える  歌に答える  囁きで答える  鳥と答える  姫君の答える  朝子は笑って答える  新聞記者に答える  彼女が答える  ドイツ語で答える  ため、どう答える  ことが深く、いつも、はきはきと答える  ところはあっても、その答える  応と答える  お嬢様だっしゃろ、と答える  ちりと問わざるに答える  悲しみが新しくなったし、答える  山響の答える  ことはどうしてもできないと答える  彼らに答える  彼には答える  傾向をもっていると答える  通りだと答える  伯父さん、と答える  みんな、こう答える  それにすぐ答える  僕の子ならすぐ答える  貞之助が答える  紳士も打ちながら答える  ままであると答える  女が答える  江藤は答える  増は、いつもそう言って答える  中江は答える  鷹揚に答える  のかと聞かれればやはりおもしろかったと答える  婉曲に答える  楽などをもって答える  問題とに答える  問い師が答える  よねの答える  疑いに答える  隊長にそう答える  阿那律これに答える  彼女は謹んで答える  言い訳がましく答える  彼らが答える  岡邦雄氏に答える  質疑に答える  女に構わぬと答える  それにははっきり答える  職業すらも答える  彼女は、しばらく答える  程度だったと答える  冗談に答える  質問には、単に分らないと答える  ゅうと、それほどでもないと答える  夜店にあったからと答える  私も死んでしまいますとかなんとか答える  万歳に答える  君は答える  簡単に答える  事を答える  覚えが悪かろうと答える  調子に載せられて、そうですとは答える  んですからと答える  汽車賃はありませんと答える  閑もなし、答える  鸚鵡返しに答える  法師は、やっとそう答える  女中も、そう答える  シロオテの答える  課題に答える  フランス語で答える  セエラは答える  どうでしょう、とつつましく答える  ケノフスキーは答える  質問には、答える  欣然として、うんと答える  やうにも答える  上手に答える  別に何事もなかったと答える  かい笑顔で答える  耳をかたむけ、しばらく答える  穏かに答える  泣き声でこう答える  何度繰り返して問うてみてもはっきりと答える  点だけはっきり答える  俺は答える  誰が答える  後者だと答える  庄亮とはこう問い答える  内では何やら答える  ぼくはいまたちどころに答える  十分に答える  かすかに答える  明日でも、と答える  準備をしたりしますべと答える  作品を以て答える  真顔で答える  小出播磨守が答える  ヴォドピヤーノフは答える  努力に答える  奥から答える  里びとをたずねて聞き合わせると、答える  みな捨てましたと答える  長寿を望むと答える  ありのままに答える  ことを得ないでその行くえを見失ったと答える  批難に答える  老女はあると答える  坑夫はこう答える  何事もなく、さも当然そうに答える  私はこう答える  尋問に答える  攻撃に対しては、こう答える  具体と答える  ことに答える  問題は答える  苦もなくそう答える  男は答える  声で答える  問いであるので、答える  盾と答える  眼を放たずに答える  様に答える  ドルエリと答える  自分が答える  様子だと答える  愚弄をもってし、当てこすりに答える  表情をして答える  若い女は答える  質問に対し、一気に答える  尤もだとも答える  のかと尋ねると、ええと答える  其処です、と答える  内部からはいと答える  これだけ云えば分るでしょうとか何とか、まあ答える  意味に対して答える  叔父がまた答える  宗助がいいえと答える  宗さんにも話して見ようと答える  米が答える  心持が悪いと答える  微かに苦しいと答える  質問に対して答える  たつは何と答える  克子はまずこう答える  無造作に答える  賤しむごとく答える  平気で答える  敬礼に答える  物だと答える  何と答える  根本問題に答える  根拠として答える  不可能であると答える  祖母が、答える  一緒に死ぬと答える  ひとは何と答える  腹を空かせば美味いよと、答える  どこからともなく答える  声を上げて呼んでも見たが答える  調子で受け流し、ただ問いかけに答える  挨拶に対して、ほんの軽いうなずきで答える  ここにとどまり、答える  彼はむろん答える  質問につぎつぎに答える  弟は答える  人たちに答える  青年に答える  微笑で、答える  新子が答える  たきで答える  十吉ははっきり答える  杉本は答える  とおりをじゃんじゃん答える  張氏はにやにやして答える  わたしもそう思う、と答える  から沢庵が振向いて答える  友人は答える  こともあったと答える  者が答える  返事が鈍く知らぬ覚えないと答える  今日誰しも答える  後難を恐れてもう来ないと答える  一般に答える  それに応じて答える  世界が答える  ドミトリーはこう答える  際、そう答える  父に答える  次郎はそう答える  武蔵は、答える  響きに答える  否かを答える  肩越しに答える  はいない、と答える  結婚の如きを除いては、と答える  職人が答える  先でいっても答える  次郎は、答える  お祖母さんが答える  視線に答える  一言も答える  沢庵が代って答える  藤次が答える  感情まで答える  諾と答える  病気ゆえ好く答える  誰とも答える  検査官に答える  ままを答える  事は知らぬと答える  恥辱とも考えず答える  一語で答える  鉄砲で、どう答える  老人は答える  中で、強く答える  二三千円でいいだろうと答える  手短かに答える  流し目に見やりながら、すまして答える  ごまかすどころか、そう答える  道江が答える  考慮中だと答える  田上が答える  あとは、またうん、うんと答える  次郎が答える  案内者が答える  もう半分道きたろうかと尋ねると、まだだと答える  妻の答える  往来ですよと、すげなく答える  一言にして答える  僕がしどもどしながら答える  叫声に答える  のかと尋ねられますと、小さくなってこう答える  眼をひたとむけて答える  私には、答える  経済的必要に答える  ことだ、と答える  知らないほうがいい、と答える  部分があるが、と答える  山岸中尉が答える  景彦に答える  時計にすぎないと答える  真面目に答える  菊はなんといって答える  書物があるかと聞くと、ないと答える  ところから折竹が答える  カテリーナ・リヴォーヴナは答える  彼女がすまして答える  セルゲイは答える  セルゲイが答える  窓は答える  エヘンと答える  ぶっきらぼうにそう答える  神妙に答える  半分眠りながら答える  十郎に答える  九太夫、答える  だれが答える  香蔵が答える  茶なぞを勧めながら答える  半蔵が答える  木に代って答える  誰もが答える  ようですな、と答える  ことがないと答える  事務的に答える  言葉に、考えこんで、答える  宗久がいかに答える  笑いで答える  竈屋から答える  弁内が答える  給与せられたと答える  女の答える  半蔵、答える  初耳だ、と答える  今も答える  いつごろ帰るか判らないと答える  不安らしく答える  森積嘉兵衛ははっきりと答える  眼差に答える  純益だと答える  今新らしく思い出さして下さるなと答える  天井裏から答える  ようですと答える  もとよりと答える  大丈夫ですと答える  ぼやりと答える  何を答える  一日一人四十銭ずつでよろしいと答える  結構でありますと答える  承知いたしましたと答える  塩梅に答える  私丁寧に答える  西目だと答える  名を訊ねても答える  Loloと答える  桃子が答える  躊躇なく答える  手際よくまとめて答える  養子の答える  無邪気に答える  つんとして答える  口気で答える  実行をもって答える  快活に答える  ヘッヘッヘ、と答える  せいだ、と答える  家内は答える  テレながら答える  間抜け顔して、そうかも知れぬ、と答える  引取ってもいいと答える  しか/″\と答える  挨拶に答える  確信を以て答える  二厘五毛と答える  真実に相答える  質問などに答える  質問にも答える  質問にできるだけ詳しく答える  質問にさえ乗ってきて、答える  弁護士は答える  熟考もせずに、答える  蔵が答える  わたしは何と答える  多くを答える  においと答える  から、知らん、と答える  自信をもって答える  時、答える  彼はそうだと答える  厭だと答える  明らかにそうと答える  人たちは何と答える  孝ちゃんが答える  門内からすぐに答える  元気よく答える  のろい口調で答える  猫じゃと答える  惨苦は欠けていないと答える  今日は来ないかも知れぬと答える  から確にないと答える  庶民史と答える  利用させたにすぎないと答える  夜半過ぎましたと答える  私からそれに答える  元気よくこう答える  彼はきっぱりこう答える  かにも変ったと答える  機械的に答える  時儀に答える  ことなく愛していると答える  どこからも答える  僕たちが答える  左様でござると答える  彼等は何と答える  男の答える  デックが答える  19はにこりともせずに答える  私は、答える  彼女が、やっと答える  ときかれても、判らない、と答える  Ithinkso,too.」と答える  ちょっとあると答える  ことと答える  村夫子が答える  答え方で答える  健康だと答える  三根夫はくわしく答える  事実で答える  



前後の言葉をピックアップ
応えよ  応えん  答え  こたえよ  コタエル  堪える  こたえる  応える  こたえれ  答えろ


動詞をランダムでピックアップ
ありあまん引き降ろし突合せる浮かれ出し就けるしゃべっ受けとめ申し入れ引っ括めるはたく見せかけるふきすさんあおりかきとる捲ことりなおし切裂こ吸い出すもがきほのめい
形容詞をランダムでピックアップ
きつかっ済まなけれ卑し厚い逞しく相容れなけれ愚かしけれ残り惜しくっ気味悪うかたじけないでかう長くっ悔しくっにがかれたのもしかっ思いがけなかっ角々しくふるし草深かっ際どかっ