「あし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ あし[形容詞]
いやあし  ツラあし  ですよ。あし  とにかくあし  ことあし  無茶あし  面あし  今あし  づらあし  千鳥あし  ぬきあし  世話あし  なけりゃあし  下手あし  戦あし  

~ あし[形容詞]
僕はあし  

あし[形容詞]
あしなか  あし山国  あしやつ  あして呉れる人  あしやう  あしてるちゅうと  あしてるちゅうのを  あしさ  あしどこ  

名詞

あし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あじあはせてゐる  あしをもらってくる  あしを渡しました  あしはざわざわ鳴って  あしの中をふたりは帰る  あしおともかろく  あしのゆくへに  あしこのところからはいろうとした  あじを知らないで  あしうらぞあらしをまろめ愛のさもわるに烏龍茶をかなしまし  あし赤い舌を出しながら走ってはとまり走ってはとまりして行った  あしかりぬべし極楽へつとめてはやくいでたたば  あしでしっかりそれをつかまえました  あしやよしの黄色い茎が枯れてかさなりあっている  あしの葉の枯れている  あしの枯れた  あしこしの立つ  あしの枯れぬれば  あしをもら  あしにむす  アジをやり  あしは約束のある  あしたっからすぐやり始めましょうよ  あしをたべる  あしを振りまわし始めた  あしで原のほうへ逃げましたら  あしに力をいれようとしても  あしをけとばしてくれ  あしならいたい  あしをみつけてこよう  あしをぬすんだ  あしはありません  あしはぬすまれた  あしをく  あしのうらが冷たくなる  あじをためす  あしが入ってみよう  あしたすがたを見つけられたくありませんので  あしの葉のあいだからす  あじかさばのようになって  あしでからだをこする  アジでパッパッと革命を遂行し  あしかけ三年いて呉れた  あしをなめているばかりだ  あしを使はせない  あしはあげたけれど  あしを上げたつて  あしをやつたかとおたづねになりますから  あしをやる  あしかけ三年のあいだ先ず粗相も無しに勤め通して居りました  あしとで網を織りました  あしに破  アジやサバの干物なら野良犬すらも見向きもしなくなっていたし  あしのつめたか  アジの大群を発見した  アジを追わせる  アジの大漁に賑った  アジの名を冠してよばれ  あしをここへおくよ  あしはなえたり  あして床を離れない  あしを揃えて  あしをぬらすまいとした  あしを揃へてきちんと立って  あしを踏む  アジをやったと  アジをやっている  あしが踏まされた  あじなことをやるぞ  あし踏み出して乱れた  あしを返してしまわなければならない  あしうらにぽこぽこと感ずる  アシや熊笹などを踏みつけて上って行った  アジつてるけど  あし早く帰国を命じられていたでしょうか  あしと一言語り  あしに力をいれないで  あしにリボンのやうにはんけちを結んでゐた  あしをきちんと集めて  あしを踏んで  あしのさはりは繁くともなほ世のために身をつくして  あしのこどもらだちらちら瓔珞もゆれてゐるし  あしを見た  あしにふむのでせう  あしが弱くてあるきもできずと  あしであすこのつめたい板を私と一緒にふんで下さい  あしかけ四日目に阿  あしかけ三年むつまじく連れ添っていた  あしがうごかなくな  あしかけ七年を無事に勤めて  あしかけ七年も勤めている  あしかけ六年この屋敷に奉公していたが  あしかけ三月の今になっても払ってくれないと云う  あしを洗って上げたかった  あしは遥かに進んで居る  アジを始めた  あしをりをりに赤くただれて  あしを忘れてまいりました  アシと名づける  あしと観る  あしやかやがびっしりと生え茂っているばかりで  あしをついて  あしよりも前の方へ出る  あしをたべるじゃ  あしうらで跳ね廻つてゐる  あしをあげるから  あしをくれるならやっても  あしをやって  あしがぼうぼうとしげって  あしなしにしてといい  あしをつつきはじめました  あしのしげみにうかんでいた  あしもあげられないよと  あしやしないよ  あし持ちて横町の湯へまゐれば  あじかの入道をふてこそ入れ  あじな小歌は聞もせねど  あじの方はおよしなりますか  あじとお祖母さんとをかはるがはるに見てゐる  あしかけ三年勤めていますがね  あしの立たなかった  あしだをはいていたが  あしだでむずとふまえた  あしを後にのばして  あしはついたな  あしだまで書きならべて  あしをかたくもあげよ  あしつめたきみあしおんかたへやるせなくかけまつるさうぞく  あしたっから決して巻パンと鼠なんか間違えない  あしのようにくなくなにまがりました  アジを使って  あしないそりゃ敏行さまに対してチャンとした  アジをやる  あしはふたつにおって  あしを立てると  あしを濡らして遊んでいる  あしおくれて起床した  あしをすり合わせる  あし進もうとした  あしかけ四年たっていたが  あしがパッととびちがえたかと思うと  あしが包まれていた  あしあはすぐにぼろを出してしまふし  あしう思ひとり  あしを一寸ふむ  あしの出たつ  あしを落したから  あしは流につれて  アシのある  アシが出現して  アシの繁茂している  アシに対する中国の名にはまず三つある  あしたっからどうする  あしへ絶大な御注意を集中されて  あじなことをしおるわい  あしにのせたり  あしをしてあるいた  あしをとるな  あしかけ四年のあいだに二度のあらしを食った  あしをとられての  あしもたくさんとれ  あしでもつけている  あしにつけ  あしかけ二年ほどの間にいろいろ世の中の様子が変化した  あしうらをもて  あしうら火に燒かる  あしを使ひ  あしかけ三ヵ月かかって  あしかけ四年かかって  あじにして  アシを掴む  あしやこしや  あしを取る  あしけれど手拭にて頬冠りしけるに  あしさきときたら  あしかけ六年になる  あしつかりやる  あしつかりやつてお呉れ  あしかけ二年の食料といったところで知れた  

~ あし[名詞]1
ぼくはどろあし  武蔵野のかれあしの  僧形のあしの  雨のあしの  字宙線のあじを  拍子にあしの  芽水銀歇私的利亞はるきたりあし  數のあしの  こともあし  糸瓜でもありあし  沼にはあしや  初めからありゃあし  難波のあしの  とりのあしに  夜ものアジを  お前のあしを  ようにまえあしを  隙もあれあし  急に浮きあし  ばかにされぁし  だれかのあし  ぼくのあし  ぼくのあしを  #椅子のあしを  ぶんのあしは  一品料理見たいなあじの  大刀の斬れあじを  いわしとかあじとかいいます  青青としげったあしの  みどり色したあしの  店から出て行きあし  薬にもなれあし  香だか解かれあし  ビールのあじ  公式的なアジで  一度だってありゃあし  付きやあし  漁師街ではアジや  友のあしの  時ならぬアジの  後事を托してアジを  言やあし  みんなさっきはあしを  二のあしを  反戦主義のアジを  二のあしが  草鞋のあし  ヨシやアシや  來ちや經營管理をやれなんてアジ  難波江のあしのさ  白なすあしを  巨きなすあしに  白びかりの巨きなすあしで  貰やあし  おしまひにあしが  事はありゃあし  勘定をあし  俳句の行きあしは  構やあし  雲のあしを  中からアシと  言ひあしと  まっ白なすあし  四本のあし  草やあしが  はんにもあし  どじなこたあしや  騒をしやあし  何をしやあし  ほとりに有りけるがあじかの  琴三味線のあじ  云ひながらあじと  鉄道にあし  出来やあし  喰仆しに行きあし  犯人のあしは  八十銭のあし  汝があしを  違やあし  たなごころ二詠ひじりのみあし  層からはあきあじの  そこにはあしが  風であしの  強力なアジを  父がアジを  蠅があしを  佃とわかれてからあし  何にもありゃあし  夏であし  我言をあし  君を困らしぁし  雉のあしを  遺跡也すべて川辺のあしは  くに鵜殿のあしと  葦と呼ばれているアシが  一種のアシ  葉のアシが  普通のアシ  浜荻はアシ  アシはアシが  きょうであし  感情のアシの  これはアシか  ごちそうはあじの  くんでもすりあしを  現象にあしを  もののあしでも  伝書鳩のあしに  器用に忍びあしを  ものをあし  昭和十六年十二月からあし  居やあし  あじにしてあじの  比喩のあげあしを  何もありゃあし  手前もあし  彼はあし  

~ あし[名詞]2
わがあし  ときにはあじ  このあし  ずっとあじ  早いあし  そのあし  強いあし  細長いあし  すごいアジ  うつくしいあし  高いあし  黒いあし  長いあし  ほそいあし  このアシ  なかなかあじ  若いアシ  さあし  

複合名詞
あしあと  あしもと  あしあとひと  あしらつて  頸あし  面あし  あし音  あしびき  風あし  あしおと  売れあし  あし茶褐  あしさき  あとあし  灯あし  一あし  襟あし  一あし先  一あし水  抜きあし  あしらつて了ふよ  あしひき  あしら  三あし  つけぁし  密告あしめ  あしらつて野辺  あしずり  アジ演説  アジ太  あしねえや  方あし  客あしら  あしらつた  人あし  日あし  あしらつたの  エリアシ  源氏あし手  船あし  えりあし  一本あし  あしらツ  アジ文  アジ家  あしもと足許  あじろ  素あし  アジスキ高根彦  アジスキ  アジミイ  アジ切り  二あし三あし  アシ君  キリアジ  あし違  あしげ  アシライ  カメアジ  アジサシ  あし拜見  あしやあ  あとあし下り  つて一あし先  二あし  一あし一あし用心  あとあじ  あしゆび  枯あし  舟あし  貿易開始後あし  あじさし  陽あし  あじろ車  あしらつた上被風  一あしごと  あしなみ  一あし林  一あしづつですから  客あし  子供アシライ  あしめ  あしらひも  トあじ  マリヤアジ  アあし男くん  あし男君  あし男さん  あしらッ  アシナカ  後あし  あし田鶴  千鳥あし  一人あし曳  出あし  あしわかの浦  きみあし  あしらつた料理  あしらつた裾模様  あしろかうしろツ  アジ的雰囲気  素足あし  アジコノ原茶屋  ゆきあし  一トあし  五六本あしらつて  差しあし  きみあしおんかた  あしらひより  書記長兼アジ  彼あし  あしたいよう  らあし  あしらつた襖  あやめ草あし  ひさあし  五あし  あしあと人中  あしちがい  あし摺り  アジウリ  アシそのもの  あしろう手  あしとり  あじぶん  めあし  アジマン族  衿あし  一歩あし  一あし詰め  けがあし  あしポーン  あし許  代りあしたつ  忍びあし  あしらはん  國あしひき  一〇一あしひき  七九あし  二〇あし  八八あし  あしらひと  あし鴨  あじわい  あしごと  極北あじ  東あじ  序あし  無駄あし  一あしうしろ  あし曳  ら荻あし  きりあしむら  雪あし  あし疾  



前後の言葉をピックアップ
あざ笑う  あざ笑っ  あざ笑わ          あし    


動詞をランダムでピックアップ
沸か乾かそ蔑すけむらうちすえ超せ攫み叶っでかし受継ぐおしだすいじくらかえせ揚る見すかせる決め込む聞取るつぶれれ反らす落とし込ん
形容詞をランダムでピックアップ
手っ取り早く薄ぐらい生暖かく懶くかびくさ熱い浅黒い香ばしき手っ取り早い気安うくだくだしい可愛らしかっ並びなきういういし狂わしく侘しきひとしかっさく