「答え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 答え[動詞]
咄嗟に答え  木精の答え  木精はやはり答え  これまでいつも答え  木精が、どうしても答え  木精は答え  木精が答え  ハルロオに答え  女史は平然と答え  言葉に答え  みよは答え  倫理学では答え  やる気がなければやらないと答え  実相とは何かというと、どうしても答え  否と答え  艶子さんは答え  彼は少し固くなって答え  龍之介は笑いながら答え  之に応じたが、改めて答え  点をはっきり答え  衣川が答え  問に答え  書生は答え  それに答え  無造作に答え  訊問にはっきり答え  玉琴黙して答え  名よ、と答え  娘は答え  恵理子が答え  洋介が答え  恵理子は答え  洋介は答え  単純に答え  裕一は答え  裕一はそう答え  亜紀子は答え  裕一が答え  中沢が答え  祐子が答え  祐一は答え  彼は答え  ままを答え  邦子は答え  邦子が答え  里里葉が答え  里里葉は答え  恵子が答え  から、答え  遊びに来ないか、と言われて、つい、うんと答え  口調で答え  僕はなんと答え  顔をしかめて答え  鬼にして答え  明快に答え  声を掛ければ、やあ、と答え  何も答え  仏頂面して答え  即座に答え  使命は、まだわかりませんと答え  上杉氏が答え  まじめに答え  言下に政治学と答え  光一は答え  冷淡に答え  巌は答え  チビ公は答え  おだやかでない、かれはだまって答え  それには答え  懐中時計は答え  理解されるであろうと答え  ペーチャは、答え  何でも答え  ここまではすらすらと答え  声で答え  表情をあらわして、答え  先生の答え  人のたずねに答え  明確に答え  素直にそう答え  私に答え  人は答え  政ちゃんは、まじめくさって答え  政ちゃんが答え  徳ちゃんは答え  徳ちゃんははっきり答え  達ちゃんが答え  愚問には答え  希望が答え  冷静につきつめて、と答え  言下に九・四ミクロンと答え  女中は答え  景気よく答え  上手になりますと答え  布施は答え  悄然と答え  冷静に答え  子供は、知っていると答え  とおりに答え  はずだと答え  母に答え  妻はそう答え  広津氏に対してはすぐに答え  正直に答え  僕はこう答え  是了是了などと答え  ように答え  ザムザ氏は答え  手伝い婆さんは答え  インキはこう答え  三人だけだと答え  タクマ少年は、分かりませんと答え  博士は、はっきり答え  僕に答え  彼らは答え  ことを答え  旨を答え  清逸はそうだと答え  純次がこう答え  何んとも答え  とおりを答え  ここぞと思って、きっぱりと答え  おとなしやかに答え  せいは即座に答え  答えようにも答え  今井は答え  今井は何とも答え  今井はいつも答え  仕方がないと答え  澄子は答え  ちがいないと思いましたので、堅くなって答え  目を光らせて答え  問題を答え  肚に答え  簡単に答え  誰だつてそう答え  次のごとく答え  疑問に答え  ケメトスは何とも答え  たかおぼえていない、と答え  傲然として答え  ためであるかは、問詰められても答え  親切に答え  ものは答え  不賛成だと答え  のに答え  言葉にも答え  それに対して答え  震え声で答え  面会謝絶であると答え  年子は答え  おばさんに答え  彼女は笑いながら答え  好きじゃないと答え  いつかね、と答え  エッちゃんは答え  青木は答え  前に、突っ立ちながら答え  うちで答え  問いに答え  武士が答え  そうに答え  法然が答え  法然それに答え  人が答え  阿波介が答え  それを聴いて答え  独断で答え  西阿答え  本願に答え  これに答え  ポー自身に答え  はり少尉はニガニガしげに答え  彼はそう答え  ものであると答え  松本は答え  平然として答え  ものはないと答え  全然知らないと答え  冷然と答え  不安らしく答え  大佐は黙って答え  検事が代って答え  事もなげに答え  婦人は答え  小山は笑いながら答え  何心なく答え  小山はさも軽々と答え  女房が答え  腕を拱いてそう答え  ジェニファーが答え  エマニュエルは答え  エマニュエルはそう答え  喜びだと答え  ディレクターが答え  席からジェニファーが答え  カアイラウは、そう答え  僕が答え  男は答え  ダフネが答え  僕は答え  質問に、なんと答え  ラリーが答え  軽率にもどうぞと答え  千代子が答え  元気よく答え  幹夫は平然と答え  首をかしげながら答え  ひとりが答え  歓呼に答え  様子を帯びて答え  言葉すくなに答え  小浜兵曹長は答え  大丈夫だと思うと答え  無職ですと答え  弟は賢く答え  お前は何と答え  口では答え  鈎をはずしながら答え  顔をして答え  こと正直に答え  赤面して答え  注文に答え  声を掛けたが、答え  気持で答え  豹一は答え  いやだと答え  誰かが答え  土門は答え  土門が代って答え  観察しながら、答え  ハガキ質問に答え  多鶴子に答え  負けずぎらいからそう答え  豹一が答え  珈琲だと答え  一人が、こう答え  即興に答え  腰を下ろしながら答え  何か答え  せきは答え  胸を落ちつけ、そしてはっきりと答え  おだやかに答え  しかし、何故かといってきかれたとて答え  老婆が答え  武蔵は答え  鸚鵡返しに答え  三枝さんは答え  質問に答え  かばペリクス懼れて答え  おっかさんが笑って答え  手をあげて答え  下男が答え  成は答え  彼はゆっくりと答え  彼が答え  女が答え  棒に答え  リヴォーヴナがいそいで答え  二十六ルーブリ近くだと答え  金額を答え  顔から手をはなして答え  清造は答え  具体的に答え  子供は答え  お母さんは答え  訳なく出来ますと答え  質問にさえ答え  彼女は答え  幾代は答え  返辞に迷って、何とも答え  眼で答え  彼は何とも答え  引取って答え  敏子は答え  幾代へ答え  依子は何とも答え  兼子は答え  はい、ください、と答え  ぼくは答え  口づけに答え  さそうに答え  キャロリンは答え  ぼくは、そうだと答え  父親が答え  母が答え  家来は答え  お爺さんは答え  絵をためしに書いて見るがいいと答え  おじいさんは答え  ためしにかいてみるがいいと答え  まんねんと答え  煙草をすいながらぽつりぽつり答え  遠くで答え  誰も答え  手を挙げて答え  滑らかに答え  運転手が、ハアそうですと答え  どっちとも答え  さり気なく答え  種子が答え  老人は答え  物知りは答え  中から一人が答え  容易に答え  何と答え  答うるが如く答え  芳子は答え  妹は答え  氏は答え  私は答え  芳子はきっぱり答え  みんなは答え  新ちゃんは、答え  誠さんが答え  さがひしひしと答え  遠慮なしにはっきり答え  真面目に答え  百匁七十円だったと答え  友人に答え  尤もだと答え  その男は平然と答え  職人も笑って答え  太郎は答え  其に答え  ことであると答え  母は何とも答え  林が何と答え  三人と答え  水だと答え  女は何とも答え  遊民と答え  疑問には答え  それにも答え  のには答え  言葉には答え  率直に答え  自然情小説だと答え  なかったし、また、答え  素直に答え  厭だと答え  さようと答え  一言も答え  翁は答え  通りと答え  彼はおもむろにこう答え  方を見つめながら答え  母になりたいと答え  丁寧に答え  のちに、こう答え  久作は答え  いちが答え  ままに、はっきり答え  長太郎ははっきり答え  調子で答え  臆面なく答え  小父さんは答え  助もたべたくなったのでうんと答え  助は答え  子に答え  手が答え  それを打ち消して答え  口ぶりで答え  トムスキイは答え  のぞきながら答え  従者は答え  番人は答え  微笑を浮かべながら答え  ヘルマンは答え  ほほえみながら答え  彼はなお答え  彼は見かえりもせずに答え  方を見て答え  世話をしてやると答え  一緒に行くからと答え  正確に答え  はいはいと答え  脱帽して答え  これには答え  領き答え  ヴィール夫人が答え  バーグレーヴ夫人は答え  ヴィール夫人は答え  旅行に出られないかもしれないが、ともかくも帰らなければならないと答え  リザベッタ婦人は答え  父は答え  こころよく答え  教授はやや急き立って答え  ジョヴァンニは答え  ベアトリーチェは答え  名を聞いて驚きながら答え  ジョヴァンニは蒼くなって答え  バグリオーニに答え  表情を浮かべながら答え  インタービューに答え  わたしは答え  注意を払いながら答え  のかと怪しみながら答え  さきに答え  紳士は笑いながら答え  ありのままを答え  影を浮べて答え  わたしには少し強過ぎたと答え  ことを話してくれればどんなに嬉しいだろうと答え  造は渋々ながら答え  逸作は答え  纏りよく答え  語調で答え  問題に答え  船医は答え  沈みがちに答え  なんなりとも遠慮なくおっしゃってくださいと答え  船長は答え  僕はひるがえさないと答え  一人もないと答え  すかに答え  眼を指さして答え  ローマ人は答え  アウレリウスは答え  平気で答え  努力をして、ようように答え  フランボーが答え  フランボーに答え  師父ブラウンが答え  ブラウンが答え  顔を廻しながら答え  肚がたったので、そう答え  コスモは答え  知らないと答え  相手は答え  のちに答え  直ぐに答え  女は答え  ことだと答え  そうかも知れん、と、あっさり答え  きり、なんとも答え  はい十二どすと答え  房枝はなんとも答え  社会主義的リアリズムであると答え  私もはっきり答え  念をおして、そうだと答え  彼はこう答え  明かに答え  時をすごしたかをはっきり答え  三人が、ほとんど同時に答え  竜太郎は答え  咄嗟に、どう答え  誇らしげに答え  ことは答え  ようにして答え  辰平爺さんは、きっぱり答え  警官は答え  落ちつきはらって答え  明晰に答え  当人も答え  船待小屋まで来あわせて下されば、取計らっておきます、と答え  占い者は答え  直接それには答え  宏子がそう答え  声が答え  生徒は、答え  気の毒になり、そうですと答え  栄養専門家に答え  人は何と答え  李は笑って答え  之に答え  対象は答え  海豹は答え  彦太は、堅くなって答え  まま、つい答え  一生悪事はやめられぬと答え  冷酬して答え  順次に答え  次は抜かさずに飛んで見せますと答え  清に答え  東京から来たと答え  から当り前だと答え  清は笑って答え  言葉は使えない、分らなければ、分るまで待ってるがいいと答え  ろうがな、もしと答え  小使が答え  んだと答え  おれはこう答え  差し支えませんと答え  から、行きましょうと答え  野だが答え  方がいいですと答え  腹が減りましたと答え  湯にはいって、すぐ帰ったと答え  仕方がないから、こう答え  剛情張りだと答え  そこはまだ考えていないと答え  何そんなに困りゃしないと答え  それには及びませんと答え  奸物はなぐらなくっちゃ、答え  巡査は来ないかと聞いたら参りませんと答え  要求に答え  制限を取り除こうと思っていると答え  現実をもって答え  そばへわりこみながら答え  風で弱々しく答え  れい子がすぐ答え  力をこめて答え  役人に答え  気に答え  愛相に答え  ダリアは答え  なんでも答え  声でこう答え  それから一人が答え  おじぎをして答え  タルラ、答え  方を見ながら答え  お前は答え  お前の答え  タルラ、も一度答え  子はすばやくきちんとなって答え  ようでしたがすぐ落ちついて答え  勝負どころになるでしょうと、答え  亭主はすぐ答え  巡査は答え  小銭を数えながら答え  倫理学が答え  世話人が答え  質疑に答え  病気が悪いと答え  適切に答え  背中を向け、つとめて答え  結婚いたしましょうと答え  ところだけでも答え  箸を置いて答え  一言、答え  微笑を浮べて答え  彼は、そう答え  眼ざしで答え  力こめて答え  童子は笑って答え  奥から誰も答え  字づくしで、答え  これこれだと答え  問題に対してただしく答え  眉をあげて答え  あいそに答え  太陽は答え  坊さんが答え  愛相に、違うと答え  フランボーは笑いながら答え  訊問に答え  横堀は詰って答え  母は答え  われは何と答え  眼を瞬いたが、答え  陳彩は、しかし何とも答え  顔を眺めながら答え  きり、何とも答え  数馬に答え  三右衛門は何とも答え  訳で呼べども答え  団十郎は笑って答え  差支ないと答え  大尉はやはり答え  静かに、答え  とぎれとぎれに答え  医師は答え  一度だけこう答え  敬語で答え  火をつけながら答え  にこやかに答え  大次郎は、答え  女は、答え  狂女はやはり答え  きり、答え  含み声で答え  欣然として答え  ままに答え  ザトペックが答え  涙をこぼして答え  木村が答え  恬然として答え  三馬はけろりとして答え  三馬が答え  のかすまして答え  興なげに答え  凜然と答え  林太郎は、なんとも答え  鼻声で答え  ふたりともなんとも答え  林太郎はふりむきもしないで答え  懼る答え  ことだけを答え  意味を答え  いやだ、と答え  楽長がきっとなって答え  女にはよく分って居るので何と答え  其れには答え  乳母はようやっと答え  ぷしたまんま斯う答え  不機嫌に、答え  最初に答え  大臣の子が答え  会釈しながら答え  延津弥は情なく答え  ブラジル人は答え  サゴ椰子は答え  アッタレーアは答え  木は答え  自慢らしく答え  浮橋はちっとも寄り付かないと答え  粉炭をつぎながら答え  冷やかに答え  ≫と答え  こともなくすぐ答え  勇気を示して答え  それと答え  礼をもって答え  義軍であると答え  のだと答え  問いに対してなんにも答え  泥を払いながら答え  主人はこう答え  若い看守は答え  顎で答え  遠慮深く答え  目をとじて、答え  口口に答え  お母さんが代って答え  のが答え  はいと答え  妻が答え  秀ちゃんが、答え  姓名を辛うじて答え  小僧は答え  耕吉は答え  芳本は答え  耕吉は白々しく答え  呼びかけに答え  渡辺さんには答え  言葉をもって答え  からないと答え  殺到して、それにいちいちどう答え  ちょっと気をのまれて、すぐには答え  行為を怪しみながら答え  檄に対して、なんと答え  明瞭に答え  色もなく、すぐ答え  こと笑って答え  ズバリと答え  割合平然と答え  ムッツリと答え  石割苗太郎が答え  ほうを見ながら、そそくさと答え  御意こそ心得ぬが、答え  候補生は答え  軍曹が答え  全員が揃って答え  葉子はおとなしく答え  どこをきかれても答え  三吉が答え  悪太郎が答え  何げなく答え  から、そうだと答え  彼に答え  感慨をこめて答え  文句を軽くそう答え  取り調べに対して答え  声をふるわして答え  しろで答え  曹操へ答え  心からそう答え  眸に答え  先に答え  頭をすりつけて答え  張飛は答え  かすかに答え  上人の答え  心があるならば御答え  詰衆に尋ねられて答え  宋思芳に答え  若者は答え  働き盛りになっていて、こう答え  わけもわからず答え  問いをはぐらかして答え  はずがないと答え  斯う答え  内野さんがきっぱり答え  本質だと答え  決定的に答え  違いないと答え  園部は答え  落付きを見せて答え  赧らめずに、はあと答え  つもりで答え  おかみさんは答え  おばあさんは答え  辞を低うして答え  董承は謹んで答え  眼光で答え  寵は答え  嗤って答え  車冑へ答え  昂然、答え  非とも答え  王忠は答え  誠意をもって答え  特使は、答え  うちから孔融が答え  劉表は笑って答え  代表して、つつしんで答え  ところ、答え  あなたは答え  俯向いて答え  私は持っていると答え  彼女は直ぐに答え  頭へぴんと答え  私はこう答え  私はすぐに答え  臆せず答え  のだからと答え  躊躇なく答え  北川さんが答え  別に笑いもせず答え  げに答え  目くばせしながら答え  ものが答え  声を潜めて答え  不得要領に答え  私、答え  以外には答え  向う側の子が答え  眼をあげながら答え  バウンが答え  政ちゃんが、答え  頭をかきかき答え  横柄にこう答え  文句じゃないか、と答え  緊張して答え  眼付で答え  車掌が答え  車掌は答え  ぶっきらぼうに答え  直接には答え  ムシュー・ドファルジュは答え  何かを答え  身震いしながら答え  挨拶に答え  靴造りはこう答え  様子で答え  声で、答え  語調で、答え  裁判長閣下に答え  ロリー氏は答え  頓著に答え  ダーネーが答え  ダーネーはどう答え  溜息をつきながら答え  柔和に答え  プロス嬢が答え  頭を振りながら答え  ジェリーが答え  甥が答え  碌さんは答え  苦もなく答え  真面目で答え  裴元紹は、答え  魯粛は答え  一翁が、謹んで答え  涼やかに答え  毅然とこう答え  此方から高声で答え  農夫アウチイ・ベエコンの答え  微笑を浮かべて答え  次郎が答え  それに、答え  武億は答え  氏は何とも答え  事でも考えているらしく、何一つ答え  部長は何とも答え  女はしかし何とも答え  おじいさんはだれだろうと思いながら、こう答え  アラジンは答え  手をもみながら、そう答え  顔をしてこう答え  道太は笑いながら答え  ひろは答え  絹は答え  子供をすかしながら答え  結果であると答え  ドイツ人には作れないであろうと答え  そっけなく答え  部下は、そう答え  頬をふくらませて答え  千二は、そう答え  火星語でそう答え  博士はおちついたこえで答え  声を合わせて、答え  横に振って答え  声高に答え  それにこう答え  趙雲は、おうっと答え  金鼓のひびきが答え  蔡瑁は、答え  大将は、はっと答え  張昭は敢然答え  献策をもって答え  にこにこ笑っていて、何とも答え  船司は答え  なにも答え  人夫がそう答え  植木屋は答え  者は、かまいません、と答え  者は笑って答え  一人が答え  礼には答え  胸に答え  助は、答え  暗黒へ答え  中で答え  駕籠屋も答え  気の毒そうに答え  小声に答え  彼女はそう短く答え  病人はそれだけやっと答え  無造作にそう答え  無愛想に答え  赧くして笑いながら答え  手を休めながら答え  枝に答え  御飯は頂きたくないと答え  昼飯を食べようかと云っても、欲しくないとだけ答え  素気なく答え  向きもしないで答え  腹が空ききってると答え  彼女は何とも答え  何とかしようと答え  松本はきっぱり答え  確信をもって答え  女中が答え  一言で答え  まり世間では答え  マリイが答え  中西は答え  中西は何とも答え  敬助は何とも答え  敬助は答え  にいさんが答え  からやっと答え  可能が見出されるだろうと答え  源一は、すぐには答え  都風なとりなしで答え  ようにしっかり答え  耕一が答え  ように笑って答え  口をそろえて答え  一将が答え  曹操は、答え  者が答え  程普が、答え  卜をたてて答え  太史慈は答え  張遼は、答え  孔明に答え  徐盛が答え  叩頭して答え  パクパクするだけで答え  義一それには答え  大衆向きになりましょうと答え  皆そう感じたと答え  送話器を通じて答え  彼女が、こう答え  賢一ははっきりと答え  彼は、答え  防寒帽をかむりなおしながら答え  ことだけに答え  年寄とゆるして程よく答え  夏侯惇がすぐ答え  条件を出して答え  老人は、答え  左慈は、答え  管輅は笑って答え  ありのままに答え  自分等でやって行けよう、と答え  風で答え  好奇心を持って答え  呑気そうに答え  メーデーについて話したい、と答え  何にも答え  ものだと答え  効果が多かろうと思ったからだと答え  僕もそうですとすまして答え  ようにして、答え  ものを言え、とって来てやると答え  断じて否と答え  男性にありと答え  古藤はこう答え  姿を見せずに答え  声を震わしながらきっぱりと答え  まま黙って答え  木村はまだあわなかったと答え  冗談らしく答え  華陀は答え  廖化が答え  蘇越は答え  色を正して答え  神妙に答え  直ちに禅りをお受けせん、と答え  勅使に答え  目を以て答え  張苞は答え  額をたたいて答え  馬からおりもせず答え  声に答え  病気をしているので困りますと答え  長平を見つめて、答え  どこまで答え  気にとめず、答え  女給の良し悪しと答え  彼には答え  静かに答え  跫音の答え  それを答え  礼子は答え  長平は答え  記代子は睨んで、答え  記代子は答え  目をふせて答え  二には答え  礼子はかるくうなずいただけで答え  そうだ、と答え  ソッポをむいで、つめたく答え  ルミ子は答え  庸三は答え  目で食べないと答え  迷惑そうに笑っているだけで、何とも答え  若い女中が答え  主人は答え  平岡は何とも答え  助はそうかと答え  苦笑して答え  誰か答え  なに訳はありませんと答え  ラッヴレイと答え  顔で答え  法螺だとか、色々聞いたり答え  知らないけれどもと答え  助は立ちながら答え  口から出任せに答え  助は無論欲しいと答え  平気に答え  已を得ず答え  簡潔に答え  機嫌よく答え  不可ないと答え  理窟に合わないと思ったが、ただ、そうですかと答え  うちと答え  目だと答え  所でしょうと答え  兄はなるほどと答え  助はないと答え  助は又好いと答え  由を答え  令嬢は何とも答え  有うと答え  のは情ないからだと答え  半ば口から出任せに答え  梅子はこう答え  助は固より答え  三千代は答え  苦笑しながら答え  助に答え  平岡は答え  方が答え  息を吐く様に答え  助が答え  器械的に答え  様に答え  簡明に答え  私はそうだと答え  私は笑いながら答え  様子をして答え  ホームズは答え  束を引っぱり出しながら、答え  医者は答え  フリ廻しても答え  口をあけさせても答え  ヂューヂャは答え  姓は尋ねても、笑って答え  小声で答え  それに対して何とも答え  姜維は答え  仲達はおっとり答え  態をなして、それでは一応お預かりしておくと答え  劉曄はすぐ答え  嘘を答え  口上で答え  老翁は、誇るが如く答え  感情に答え  おもしろそうに答え  赧くなって答え  君は何と答え  雪はおろおろと答え  鈴子は答え  小郷は答え  鶴雄は答え  掏摸だと答え  小田はもはや、答え  泉川検事に向って答え  署長はこう答え  彼女が答え  濶に答え  カコ技師にもたれながら答え  女史は、そう答え  山椒魚と答え  甚兵衛は答え  猿は答え  きり、もうなんとも答え  盗賊どもは答え  人形はニコニコして答え  玉ちゃんは答え  賢しげに答え  詞には答え  古藤はなんとも答え  即座にこう答え  末梢に答え  倉地はなんとも答え  傷口にでも答え  葉子はたびたび来ると答え  葉子にきびしく答え  一言そう答え  素直にこう答え  葉子を見つめながらこう答え  そうにこう答え  心は答え  私は何と答え  兄さんは答え  ことだけ答え  夫が優しく答え  何だか怨みっぽく答え  どこも何ともないと言ってると答え  方では答え  影が通り過ぎたが、そう答え  自分は何とも答え  彼は重々しく答え  猶予もなく答え  表情を作って答え  殊勝げに答え  自分は落ちついて答え  堀木が平然とそう答え  刑事は答え  それからしばらくしてこう答え  作家が答え  第三者である私達には答え  にこにこ顔で答え  ふうに答え  常子は答え  秀男は答え  矢島さんは答え  ものであるから慎重に答え  ウルリックは答え  のではないと答え  設題へ答え  満足に答え  立派に知っていますと答え  外、何と答え  彼女はそう答え  眼を外らして答え  大声で答え  総監は心から笑いながら答え  椅子に坐りこんで、答え  総監が答え  総監は答え  小切手帳を取り出しながら答え  のかと尋ねたら、こう答え  デュパンは答え  引用して答え  デュパンが答え  躊躇せずに答え  明白に答え  視線を返しながら答え  ゆっくり話でもしようと答え  抗議に答え  通りを答え  僕は、あっさりこう答え  憮然として読まないと答え  先生がいないからだと答え  家だと答え  物足りたとは答え  三四郎はこわいともこわくないとも答え  三四郎が答え  美禰子はまだなんとも答え  美禰子は答え  美禰子はやっぱり答え  三四郎は答え  明らかに答え  三四郎はむろん答え  与次郎は答え  ほかに答え  上で答え  二度ほどぱちつかせて、こう答え  三四郎はおそらく答え  女だからとまでは答え  催促以外になんにもないと答え  小説家が答え  三四郎は与えたろうと答え  三四郎はなんとも答え  結構ですと答え  むねを答え  入夫でもしたらよかろうと答え  原口さんに答え  美禰子が答え  ようだと答え  母がなんとも答え  頭が重いと答え  ことなので、考えながら途切れ途切れに答え  前髪を傾けて答え  不承不承に答え  まり悪げに答え  私は黙って答え  笑顔で答え  星は答え  お母さんは、答え  態度で答え  少年は答え  落着いて答え  報告はないかと尋ねると、直ぐに答え  様子もなくこう答え  通りですとハッキリ答え  女はやっと答え  ストーン氏は答え  形をあらためて答え  心得がござると答え  三人は勇ましく答え  たしかに見届けましたと答え  三上ははっきりと答え  金持ちは答え  批評家もほめてくれますよと答え  挨拶には何とも答え  重蔵が答え  用立て申しましょうと答え  男の子が答え  顔を紅くして答え  びっくりして答え  ねずみたちはきっぱりと答え  出所に答え  リイタが答え  者は居ないと答え  七兵衛は答え  あいまいに答え  仕合せであると答え  梅次郎はどもりながら答え  眼をかがやかしながら答え  相手はなんとも答え  検察官マーティンに答え  質問をされても、決して答え  仰せに答え  幾らかは答え  通りにやって下さい、と答え  大作は、答え  二三人が、答え  呼吸を殺していて、答え  太郎右衛門は笑いながら答え  高橋が答え  知らん顔して答え  自信ありげにこう答え  問には、わざと答え  のだ、と答え  手短かに答え  口をとざし、頑として答え  私はそう答え  慎み深く答え  唇をなめずりながら、答え  事務員はすらすらと答え  ピイクロフトは答え  息をはずませながら答え  女はつつましやかに答え  地は答え  中老人は答え  顔を赤らめて、つっ立っていましたが、ようやく答え  杯をあけながら、答え  他の答え  と金田は答え  爺は、ただ大きいと云っただけで何とも答え  淡泊に答え  自分がまだはっきりと答え  ものに、実は答え  通りであったからと、答え  私たちには答え  私の予め答え  三度とやと答え  私には答え  簡単には答え  者だと答え  可愛いいと答え  老人に代って答え  流行おくれだと思いますと答え  顔を見つめていて、やがて答え  ときに答え  気楽にニコニコと答え  ノーとも答え  安福軒は落着き払って、そう答え  苦笑して何とも答え  みよは何とも答え  俺は答え  フシギそうに答え  輸入商人だと答え  汗をふきながら答え  にこにこして答え  天使は答え  エンフィールド氏が答え  エンフィールド氏は答え  エンフィールドが答え  へん落着いて答え  弁護士は答え  ぷっと吹きながら答え  ハイド氏が答え  弁護士が答え  召使が答え  召使頭が答え  ジーキルが答え  相手が答え  ゲストと答え  アッタスンが答え  事務員が答え  ゲストが答え  ラニョンが答え  陰気に答え  微笑しながら答え  プールが答え  質問をそらして答え  内から声が答え  相手を見返して答え  へん丁寧に答え  訪問者が答え  眼に答え  母堂が答え  のを聞いて、こう答え  弟ぎみにこう答え  奇怪千万だと答え  アルカージイは答え  弟ぎみは答え  わたしは、それどころか喜んで死にます、と答え  きちがいでした、などとは答え  おごそかに答え  声をかけても答え  涙を浮べて暫く答え  それには何とも答え  どこも悪くないと答え  一郎は答え  笑いがおをもって答え  うちにおさまり答え  一言、きっぱりと答え  清さんは答え  それに対してすぐに答え  吉村氏は答え  彼女は振り向きもせずに答え  シケでとんと上ったりだ、と答え  咄嗟に何と答え  息子は、答え  春が答え  種は答え  三吉は答え  一人として御免を蒙ると答え  雪は答え  曾根は答え  トボケ顔に答え  三吉はさも草臥れているらしく答え  直樹は答え  三吉も答え  記者が答え  敏捷く答え  相手はすぐ答え  実名さえ出さなければ構わないと答え  それに対してこう答え  どちらにでも書けると答え  仕方なしにこう答え  腹に答え  しかしまたこう答え  私にも答え  私も答え  時楠緒さんが何と答え  相手も笑いながら答え  癒らないとも云えず、何と答え  私はぷりぷりして何とも答え  穏やかに答え  源三が何とも答え  其言には答え  へんに沈んで答え  結局彼は答え  頭を傾げて答え  力なげに答え  圧迫をしすぎると思います、と答え  正太が答え  倉は答え  許に腰掛けながら答え  愛想よく答え  倉が答え  愁わしげに答え  懐中時計を出して見て答え  力を入れて答え  手まねで答え  船長が答え  ていねいに答え  ように話しかけてみましたが、何とも答え  言葉で答え  助けをかりて、喜んで答え  私もよく知っているので、すぐ立ち上って答え  ところはなかったと答え  通信長が答え  紋太夫即座に答え  怪訝そうに答え  余は答え  余は何と答え  ところに、隠し切れない拙が溢れていると思うと答え  手軽にこう答え  さっきから昼寝と答え  山谷に答え  お気にいったならば、と答え  あさってでもと答え  青扇もそう答え  新聞から眼を離さずにそう答え  マダムはくすくす笑いながら答え  声を落として答え  それからじっと固くなって答え  おっかあはにっこりしながら答え  わたしはなんと答え  親方が答え  親方は笑いながら答え  顔に答え  親方は答え  ミリガン夫人は答え  代わりに答え  ふえをふいても答え  声にも答え  女がもう答え  手短に答え  ことばに答え  フランス語で答え  子どもは答え  マチアが答え  気勢にはちっともひるまないで答え  事で答え  左右に振りて答え  手真似で答え  手真似をして答え  投書に答え  そうに笑ったばかりで何とも答え  若いがんが答え  ことに答え  音声で答え  のち不明瞭に答え  平坦さで答え  伸子はそうだと答え  ゆっくり頭を廻らして答え  計代は答え  自分を制して答え  風に答え  佃は、固くなって、にこりともせず答え  窮屈そうに答え  首も廻さず答え  沈黙で答え  伸子を見上げて答え  伸子は、興ざめながら答え  力を入れやっとはさんで、答え  さんに答え  調子で、はっきり答え  佃に答え  伸子には答え  先で答え  自分が答え  曖昧に答え  津山が答え  通り、軽く答え  簡単に軽く答え  それに報いて答え  看守は答え  両端から互いに呼び合い答え  彼を押しのけながら答え  私を眺めて、そして答え  こちらを見また眺め、話したり答え  死刑執行人は答え  声をそろえて答え  ロッセ氏には答え  竜次郎は答え  両刀を置いて、こう答え  顔をあげて答え  君、ちがいますなどと答え  岡田は答え  貴公、何と答え  なにも見えないと答え  一人の子が答え  ようにのぞきこみながら答え  うちに行っていると答え  首をふったりして答え  ずんずんゆかいそうに答え  残念そうに答え  にこにこ笑いかけながら答え  その男は答え  わたしも答え  かたに答え  強情に答え  ミリガン氏が答え  巡査が答え  マチアはすぐに答え  リーズが答え  とき静かに答え  ヴェーラ・イオーシフォヴナが答え  猫ちゃんは答え  スタールツェフは答え  ことだけにお答え  夫人が答え  兵蔵は、にやりと笑っただけで、答え  労働者が答え  技師が答え  ターコール僧正は答え  僧正は答え  僧正はほほえんで答え  コスマは答え  だるまは答え  説明が面倒くさくてこう答え  追及しましたが頑として答え  芝山宇平があると答え  相手はようやく答え  その男が答え  高柳君は答え  それから君は何と答え  道翹が答え  おかみは答え  亀さんはこう答え  私の答え  老婆は答え  躊躇したが、すぐさま答え  念をもって答え  考え考えしながら答え  ねこだろう、と答え  女の子は、はっきり答え  眼をまるくして答え  むきになって答え  ワタシノダンナサンノオ母サンと答え  桜井先生が答え  学士は答え  肝臓医者さと答え  電話に答え  即座に近いからだと答え  今は無い、と答え  主人が答え  物識りが答え  角太郎は答え  ことも、聞かれたら答え  冗談にまぎらせて答え  ネリも答え  からすは答え  高田に答え  年を答え  顔をしたなり、しばらくは何とも答え  私はただ笑って答え  母親は答え  私は、喜んで答え  誠、答え  ひそかに答え  武士は、そう答え  胸に問い答え  誇りがおに答え  ビクトールが答え  ボートルレは笑いながら答え  何を聞かれても答え  伯爵は答え  ボートルレは代って答え  ボートルレは答え  部下が答え  ものです、と答え  朗らかに答え  王生はそう答え  不可能と答え  迂遠なるにあらずや、答え  武士として情ない、と答え  ゆかない、と答え  手に死のうとも悔いないと答え  奴のいまだ答え  御者は答え  渠の語るを追いて潔く答え  体に答え  ところに答え  猿に代わりて答え  俯して答え  問題に最もよく答え  忍び音に泣き伏しながら辛うじて答え  直截に答え  電話口で答え  恐縮しきって答え  垣根を叩いて答え  兵馬は答え  そこでこう答え  異状なしと答え  枝をくべながら答え  支度をしながら答え  巻子は答え  冷かに答え  下男は答え  微笑のみで答え  助役が答え  左右に振って答え  お手伝いさんも知らぬと答え  暴言に答え  南条が答え  米友らしく答え  詩だと答え  わたくしは答え  妻は答え  向うでは笑いながら答え  主膳は答え  犬は答え  行儀正しく答え  呼吸をひいて答え  教授はそう答え  教授が答え  恵子は答え  ヨシオは答え  扶美子は答え  なにが答え  川島は答え  川島はそう答え  名前を答え  母親はそう答え  舞子が答え  人に訊かれると、さあ、としか答え  丁寧に、はきはきと答え  兄を呼んでも答え  サアと答え  根津はだまって答え  咳払いをもって答え  上の空で答え  一礼に答え  気軽に答え  から、はっきり答え  爺さんは答え  荘一清は答え  汪紹生は答え  柳秋雲は答え  賓如は答え  角はわるびれずに答え  番兵が答え  山岸は答え  伊佐子さんはきっぱりと答え  わたしは思い切って答え  わたしは笑いながら答え  人があれば喜んで貰いますと答え  眼をさまして答え  窃と答え  身体に答え  故、答え  慎しみ深く答え  これにはどう答え  ちょっと一口では答え  これだと答え  から、つくるまでであると答え  生から詩を切り離しては、答え  これこれと答え  私がそう答え  私が答え  頼みすればよろしかろうと答え  ことが出来ませんと答え  あずきかゆ、と答え  笑いして、遊びたい、と答え  ためだ、と答え  竹内氏に答え  間通ってやって見るがよろしかろうと答え  お尋ねになってもよろしいと答え  事を考えているらしく、何とも答え  十日をと答え  助は辛うじて答え  彼女はもう泣きやんできっぱり答え  反り身になって答え  洋吉氏が引きとって答え  私は周章てて答え  者ですといって、すらすらと答え  事務的に答え  真似で答え  下問に答え  武士はそう答え  わたしには答え  なにをきかれても答え  弟が答え  人々が答え  人々に答え  毎晩参詣なさいますといったら、こう答え  首を振って答え  老爺は答え  声で、わずか答え  メロスは悪びれずに答え  季節まで待ってくれ、と答え  メロスは来ます、とだけ答え  老人などに答え  考え考え答え  静葉は答え  同感だと答え  胸に問いつ答え  怒気を含んで答え  乙は答え  甲は答え  息を切りながら答え  文次郎は答え  娘が答え  柔順に答え  亭主が答え  問いには答え  自分は答え  不審に答え  高氏は答え  上意同様のお訊ねならば、つつしんで答え  高氏が答え  高氏は、ぽつんと答え  久野は答え  窪田は答え  弟が引き取って答え  明瞭と答え  無頓着に答え  少年が答え  公子が答え  妓楼だと答え  割に気軽く答え  石子刑事が答え  形で、荒々しく答え  微笑ながら答え  訊問に平然と答え  司法主任は答え  澱みなく答え  声で切々に答え  ブッキラ棒に答え  表情で答え  頭を下げて答え  瞶りながら答え  面目なげに答え  浅田を見上げながら答え  石子刑事は答え  主任は答え  稍力強く答え  大島司法主任は答え  石子は答え  わさずに平然と答え  浅田は答え  渡辺は勢いよく答え  真顔になって答え  前に差出しながら答え  声で鋭く答え  濁声で答え  大音に答え  支倉は黙って答え  支倉は喘ぎながら答え  グッタリしながら答え  支倉はホッとしながら答え  眉をひそめながら答え  棒ながら、いくらか優しく答え  面を和げながら答え  之以上は答え  支倉は荒々しく答え  表情を浮べながら答え  上海に売飛ばしたと答え  支倉は何と答え  我判事にこう答え  我判事に答え  色もなく答え  訳に行かないと答え  神戸牧師は答え  寒気を催しながら答え  色なく答え  牧師は答え  表情を浮べながらこう答え  被告支倉はなしと答え  支倉は悪びれずに答え  行状はいたしませぬと答え  審問に答え  被告人は黙して答え  支倉が黙して答え  蔦代は依然として答え  正勝は依然として答え  不在だと答え  旗岡巡査は、何とも答え  どこに行ったとも答え  通りぼんやりと答え  彼女はにっこり笑って答え  お菊さんは振り向きもせずに答え  高石老人は答え  度に答え  洒落に答え  先方が答え  相良総蔵が代って答え  冷罨法を施しつつ答え  捨して、答え  諄々として答え  俊基は答え  俊基が、笑って答え  法師が立って答え  台座へ答え  直義は答え  所を答え  人たちにそう答え  ソッチョクに答え  人は、こう答え  こんだら、こう答え  むき出しに答え  一郎が答え  何か訊いてもろくに答え  彼はスラスラと答え  ルリは答え  久保は答え  のは、答え  自分が何とも答え  テキパキと答え  子供だけが割にスラスラと答え  チャンと答え  調査に対して答え  現実でどう解かれて答え  人はこう答え  機械的に答え  それへ答え  幾ツだと訊いておるのになぜ答え  元成は、敢然と、答え  正成の答え  船頭は、どう答え  探題直々ならば、答え  薄ら笑いを湛えて答え  秋子に答え  秋子はそう答え  好きと答え  不審そうに答え  ラウダが答え  新吉はなんとも答え  新吉は、そうじゃないと答え  名前を問えば、もゆると答え  主人の答え  米友がたてつづけに答え  持合わせてはおりませぬ、と答え  愛想に答え  海野三千雄、と答え  のですが、と答え  素人であるところかも知れないと答え  ペトローヴィチは答え  わたしは、思わず口ごもりながら答え  まり舌をもつらせながら答え  ジナイーダは答え  わたしは何とも答え  わたしは、なんとも答え  マイダーノフは答え  ルーシンは答え  スワは答え  良人は相かわらず笑いながら、答え  しずかに答え  有年は少し渋りながら答え  のとで、どう答え  強情に黙りこくって答え  ヤーコウレヴィッチは答え  鼻が振りかえって答え  鼻が答え  名で答え  一閑は苦り切って答え  きさくに、さっぱりと答え  おいでになりませんでしたと答え  屹となって答え  使いに答え  藤房が答え  正成がどう答え  藤房に答え  正成はどう答え  正成が答え  声を作って答え  手に答え  与八は答え  磊落に答え  彼女はもう答え  等々を答え  トランクなどはない、と答え  釜右ヱ門が答え  丞が答え  角兵ヱが答え  鉋太郎が答え  顔を見合わせて答え  んだ、と答え  阿難は答え  南原杉子は答え  南原杉子は、答え  あとは答え  道誉は、答え  声に、大きく答え  勅に答え  ッているだけで、たれも答え  眼を挙げて答え  上機嫌そうに答え  それ以上立ち入っては答え  女はこう答え  正夫は答え  正夫はただそう答え  ヨードルに、答え  ビックリしたと答え  どっちでもいいと思いながら答え  ジョバンニが赤くなって答え  ようにそう答え  女の子が答え  女の子に答え  首っ引きして答え  佐介上総介が答え  自若と答え  間から答え  何事も答え  話題へは急いで答え  四郎が起って答え  長年はすぐ答え  兵馬は何とも答え  与八が答え  要領よく答え  鈴木千七郎殿それに答え  冷然として答え  おかげで答え  それをまだはっきりと答え  点もあやまりなく答え  ブノワさんは答え  エムリーヌ・カペルさんは答え  そっちを見ながら答え  カムパネルラが答え  首っぴきして答え  信吉は、答え  マルコはそうですと答え  頭をふりながら答え  「はも」と、必ず答え  番頭は答え  太夫、答え  机竜之助は何とも答え  明方に帰ったと答え  藤は何とも答え  男が答え  ままにへどもどと答え  市五郎は答え  声が、呼んだり答え  鬚をひねりながら答え  案内人は答え  田山白雲が答え  私へ答え  ことを考えていたらしく、すぐ答え  人があればそう答え  ものだと、はっきり答え  福沢氏に答え  頭を振って答え  小説家は答え  涙をためて答え  乳母車は答え  机は答え  なにもまだ答え  蔭で答え  んにお答え  きみには答え  ゲオルクは答え  微笑でやっと答え  よしを答え  問いに、答え  前でも答え  薬売りは答え  率気なく答え  教授は答え  叫びは答え  陰欝に答え  師父ブラウンは答え  師父が答え  肩越しに答え  ブラウンは答え  語勢で答え  師父は答え  目付きで答え  くちばしは答え  少年はやっと答え  キシさんは答え  キシさんが落ちつきはらって答え  匪賊たちに答え  キシさんは平然と答え  二人はどう答え  横田さんはこう答え  村田は答え  周平は答え  平気を装って答え  隆吉は答え  澄して答え  隆吉はまた答え  駄目だと答え  保子は答え  卒直に答え  フーリッシュでしょうよ、と答え  両親がなくてもちっとも悲しくない、と答え  ことを云ってはしない、と答え  方がよい、と答え  周平はやはり何とも答え  周平は思わず答え  周平は何とも答え  隆吉はなんとも答え  ように固くなりながら答え  横田は答え  保子が答え  隆吉は何とも答え  周平はどう答え  言下にそう答え  彼が何とも答え  清は何とも答え  本気で答え  眼を見据えて、何とも答え  から事もなげに答え  村田はそう答え  出席すると答え  竹内は答え  心当りがないと答え  取り調べに答え  十右衛門は答え  四畳半に寝かしてあると答え  きれぎれに答え  右馬介は、答え  不審へ答え  奮然それに答え  道庵先生が答え  白骨まで参ります、と答え  北原が答え  兵馬が答え  米友は何とも答え  うめくように答え  意志がなかったら、答え  なんでも申し上げますと、かれはふるえながら答え  茶を運びながら答え  亭主は答え  武士は振り返って答え  彼はそうだと答え  六はすぐに引き取って答え  雑作に答え  若い大工は答え  微かに答え  留は答え  手拭をはずしながら答え  加減に答え  杉はきっぱり答え  辰蔵は答え  七は答え  生憎娘は何とも答え  米友が答え  遠慮勝ちに答え  勇吉は案外はっきりと答え  善八は答え  七はすぐ答え  五兵衛は答え  伊助は答え  伊助はまた答え  あきらかに答え  人はなんにも答え  即座にも答え  小声ながらはっきりと答え  点を認めなかったと答え  何でもはきはきと答え  老人は笑って答え  豊吉はおとなしく答え  勘蔵は答え  四郎兵衛おとなしく答え  心あたりがないと答え  幸次郎が代って答え  小鬢をかきながら答え  筈だと答え  ッと答え  姿をみせてやっと答え  げにぽつんと答え  そばから代って答え  主人夫婦は答え  躊躇しているらしく答え  涙をながして答え  千代はこう答え  澹山はすぐに答え  澹山は快く答え  茶をいれながら答え  澹山はなにげなく答え  問いに対してこう答え  なかで答え  其蝶はやや慌てたらしく答え  七老人は答え  鉄は答え  洟をつまらせながら答え  炭をつみながら答え  浜は答え  紋七は有ると答え  光奴は答え  お仙も笑いながら答え  立派に答え  相違なかったと答え  三五郎は答え  甚五郎は笑いながら答え  喜平は答え  勝次郎はおとなしく答え  家号などをも一々くわしく答え  内にいるとはっきり答え  次八はすぐに答え  淀みなく答え  お国は答え  元八はまた答え  友吉は答え  元八は又答え  元八はこう答え  久八は答え  光は云い淀みながら答え  由は答え  二階に寝ていると答え  声を揃えて答え  嘉兵衛はこう答え  筆をおいて答え  勝は答え  番頭は引き取って答え  弟に答え  団員は答え  曹長は、ハッキリ答え  航空長は、答え  面持をして答え  一通りに答え  番頭はこう答え  徳次は答え  大金であるからだと答え  職人は答え  亀吉も答え  松吉は答え  若い男は答え  者は答え  熊蔵は答え  伊之助はうつむきながら答え  金八は答え  七は渋りながら答え  清吉ははっきりと答え  虎吉と答え  庄太は答え  にこにこしながら答え  顔をながめながら又答え  大吉が答え  酉は答え  喜兵衛は答え  弥助は答え  助はこう答え  長助は答え  心得顔に答え  小僧が恐れ入って答え  三之助は答え  三之助は恐るおそる答え  幸次郎も笑いながら答え  老女は答え  女房は答え  老女は案外におとなしく答え  ヘンリーは答え  躊躇したが、それでも隠さずに答え  吾八は答え  茂兵衛ははっきり答え  覚えなどは更に無いと答え  直七が引き取って答え  不安そうに答え  素直にはきはきと答え  梅田が答え  狸が答え  安治川は、そう答え  猫は、答え  瞋らせてそう答え  菊子は答え  語尾を濁して答え  安治川はそう答え  弘子はこう答え  田螺がそう答え  松島が答え  船場繁昌が答え  鼻垂先生鼻を鳴らして答え  胸を踊らせながら答え  豪然と答え  亀吉は答え  根井は答え  妻は知らぬと答え  霜は答え  霜ははっきり答え  宗助は考えながら答え  指を折りながら答え  正成はこうつよく答え  指名をつづけ、初めて答え  わたしながらそう答え  事もなげに、答え  石松は答え  千次はすぐに答え  お力は答え  女も笑いながら答え  見送りながら答え  教重は答え  わたしはすぐに答え  いっさい知らないと答え  祥慶は答え  了哲も渋りながら答え  祥慶は悪びれずに答え  殊勝らしく答え  仏頂面で答え  力なく答え  佐平が答え  蝶も笑いながら答え  用人は答え  正直にはきはきと答え  藤吉は答え  勘次が答え  半身を起こして答え  ように気軽く答え  家内であると答え  治兵衛は答え  七は引き取って答え  しん吉はやはり答え  表を睨みながら答え  めに答え  まま藤吉は答え  彦が答え  出張しているであろうと答え  気らしく少し反り返って答え  幸七が答え  円枝が、きょとんとして、答え  助が、答え  久求小野と申すと答え  北は答え  人はなんとも答え  伝兵衛は答え  長八は答え  留吉は答え  用心しながら答え  冬も答え  吉五郎はすこし考えながら答え  承知して、どうぞごゆっくりと答え  兼松は答え  吉五郎は答え  吉五郎はやはり答え  ままで答え  迷惑そうに答え  冬は答え  長三郎は悪びれずに答え  自首して出ると答え  憤然として答え  正面を切りながら答え  内で答え  息をもつかず答え  弁信が答え  信濃は答え  なにくれとなく答え  誰々、答え  余はこう答え  今度は答え  言下に余は答え  拝見にと答え  柏樹子と答え  向で答え  いらっしゃいと答え  被告は、こう答え  あなたが答え  武骨に答え  沢田が答え  おかしそうに答え  若い駅員は平然と答え  水野が笑いながら答え  娘だと答え  厭だろうと思うと、答え  んとも答え  マア坊は、すぐには答え  呼びかけには答え  きた、と答え  唇を歪めて拭きながら答え  やけくそに落ちついて答え  底から声を出して答え  鼻でわらいながら答え  大声に答え  ちょっと目で答え  三言それに答え  私は何とも答え  栓は答え  栄翁が答え  文殊菩薩は、こう答え  周利槃特は答え  これだといって答え  わけだが、なんと答え  男が何と答え  何を答え  車夫が答え  視詰めているので、聊か固くなって答え  落着払って答え  クねずみはもう落ち着いて答え  クねずみが答え  いっしょに答え  私はもじもじしながら答え  仕事がちがうからでないか、と答え  私は困って何とも答え  顔付きで答え  誰やらが答え  モデスト・アレクセーイチは考え込みながら答え  当てがいながら答え  わけを答え  助に向って答え  面をして、答え  口から出任せを答え  博士は笑って答え  こころもちに何と答え  五郎八に、答え  事を答え  花は答え  はりもがもが答え  太夫がそう答え  拝に答え  明瞭には答え  あいさつに答え  甥は答え  スクルージは答え  幽霊が答え  幽霊は答え  結構でと答え  彼女は優しく答え  精霊は答え  女は笑いながら答え  ボブは答え  顔を挙げないで答え  その男は、強く答え  こんどは少し笑って答え  課題に逸早く答え  得意げに答え  きらめきに答え  I'mgoingtomarket. などと答え  ために、正しく答え  一笑に附されたのみで、正しく答え  女は黙って答え  方へは答え  口籠りながら答え  彼女に答え  母はなんとも答え  ルイザはなんとも答え  ハスレルに答え  ゴットフリートは答え  星の閃きに答え  敬語を使いながら答え  口を噤んで答え  まま何も答え  挨拶にも答え  歌を以て答え  お雪ちゃんに答え  只じゃ答え  一切残らず答え  衣笠久左衛門を見て答え  それへもこう答え  何事にもはきはき答え  手を振って答え  事実となって答え  彼はなんとも答え  役人は答え  のが嬉しくて、急いで答え  クリストフは答え  今日はと答え  造作なく答え  運転手は答え  得意気に答え  声で、重々しく答え  処だと答え  楽だぞと答え  雷鳥は居なかったかと聞く、いたよと答え  助七は笑って答え  七に問えば、登れると答え  はつきりとは答え  引取つて、こう答え  身構えで答え  小萩は、笑いながら答え  快活に答え  ローザはなんとも答え  彼女はなんとも答え  それは答え  彼を見やり、なんとも答え  ことを言ったまでであると答え  必要はない、と答え  決然として答え  笑いを浮べながら答え  僧は答え  何げなく笑いながら答え  源兵衛はなんにも答え  弟は答え  ようすもなく答え  伜が、こう答え  微笑をもらしながら、なんとも答え  罪なりと答え  プレザンと答え  空だと答え  ことはありません、と常に答え  令嬢は答え  斎藤が答え  ブッキラボーに答え  身体を硬ばらしながら答え  仙波は答え  内心ぎくりとしながら答え  十八年目だと答え  先生は少しも淋しくはないと答え  翌日になると死んでいましたと答え  空を思い出させやしませんかと聞いたら、そうだと答え  から、しないと答え  朋友はいると答え  村瀬を顧みたが、それでも答え  微笑で黙って答え  栖方はそう答え  不精に答え  栖方はすぐ答え  明瞭にすぐ答え  栖方は悪びれずに答え  皮肉にこう答え  ふりをして、答え  単純さで、さらりと答え  父親は答え  浅野は答え  真顔で答え  三郎さんが答え  質問には答え  私は然しすぐに答え  確実に知っていると答え  私は少しむっとしながら答え  いずれとも答え  奮然として答え  様子で何とも答え  皆から何を聞かれても、ちっとも覚えていないと答え  符牒をもって答え  申しわけに答え  直ちにこう答え  膝へ置いて答え  与八は、また改めて答え  四つだと答え  当惑面で答え  兵馬もそう答え  お松が答え  南条力が答え  土方歳三が笑って答え  御飯を食いながら、こう答え  オズオズとこう答え  煙草を吹かしながら答え  大将に答え  ナヂェージダは答え  サモイレンコは答え  動物学者が答え  耳を澄ましながら答え  フォン・コーレンは答え  顔を赤くして答え  どぎまぎして答え  木霊が答え  考えもなくって答え  のですと答え  彼は何と答え  姉が答え  上機嫌に答え  理解するだろうと、いつも答え  マンハイムは答え  マンハイムは笑いながら答え  腹をたてて答え  攻撃にも答え  非常に馴れ馴れしい答え  言葉に、なんで答え  昂然として答え  馬鹿だろうとは、思いつかなかったと答え  ことを教わったと答え  彼女はそうだと答え  幸福だと答え  様子をしようとつとめながら、答え  少女は答え  さなりとのみ答え  翁は見向きもせで答え  もの案じ顔にてしばし答え  芳はこう答え  教師がよく知って答え  それには、なんとも答え  面で答え  われに微笑んで答え  さちよは答え  ほど、涼しく答え  助七は、答え  クリストフは平然と答え  一瞥を注いで答え  憤然と答え  ヘヒトは答え  のを憤りまた恐れて、喚きたてて答え  名言で答え  我慢しかねて答え  正当だと答え  彼女はいいえと答え  クリストフは笑いながら答え  コレットは答え  ルーサンは答え  彼女は強く答え  者ではないと答え  侍はそう答え  向こうでも答え  紀伊守は答え  農家から農家へ答え  反覆句で答え  二人は答え  姉は答え  厭でないと答え  どぎまぎしながら答え  僧都は答え  少納言はこう答え  緊張で一気に答え  私は、痒くない、と答え  上品に微笑んで答え  顔してそう答え  笑みを見せて、答え  冷紅は答え  曹新は答え  ようになると答え  源氏は答え  大急ぎで答え  御息所はこう答え  マーガレットは答え  仏蘭西語で答え  彼はすぐに答え  坊さんは答え  アグーシャに答え  演説に答え  工合をなおしながら答え  女の答え  言葉にも、一応なにか答え  基経は快く答え  のであると答え  命婦はこう答え  銀様は、きっぱり答え  会うまいとも答え  程度にうけ答え  質問だけに答え  青年は答え  力さんが答え  膝すすみ出て答え  申し込みに答え  顔をながめて答え  きまり悪くてじっとしながら、なんと答え  アントアネットが答え  オリヴィエは答え  オリヴィエは笑いながら答え  様子で微笑み、落ち着いて答え  クリストフへ答え  少佐は答え  彼女は平然と答え  女房らに答え  大臣は答え  今まではそうした戯れに答え  客は答え  定も態と高く答え  言葉に時々答え  マルトは答え  微笑を浮かべてただこう答え  だれかが答え  呼び声に答え  厭になって、少しも答え  ものに答え  給仕が答え  顔に浮かべてただこう答え  男は白々しく答え  女房はこう答え  尼は答え  夫人はこう答え  話に答え  姫君はこう答え  大原女が答え  平静を以て答え  会話に答え  尼さんが答え  ぶとは答え  ぶとが答え  事だから、と答え  自分からは下げられないと答え  ようにしてくれと答え  正餐に招かれたと答え  良人は極めて惜しいと思うと答え  浮舟は答え  宰相はこう答え  始めだと答え  ミハエルは答え  私はすらすらと答え  はいないと答え  郵便集配人は笑いながら答え  初めなんとも答え  音が答え  はいなかったのだと答え  アンナは答え  村から村へと呼び合い答え  姿に答え  一言冷やかに答え  非難に答え  辞寡に答え  わたしは軽く答え  奥さんは笑いながら答え  女たちはすぐに答え  お嬢さんは答え  汗を軽く拭きながら答え  油断せずに答え  溜息まじりに答え  奥さんは答え  上では、こうハッキリ答え  から安心してくれと答え  医師が答え  二三人が答え  地主さんが答え  モーガンは答え  モーガンが答え  リヴジー先生が答え  スモレット船長は答え  料理番は答え  料理番が答え  若者が答え  握手しながら、答え  もっと用心深くしながら、答え  ガンは答え  頭を掻きながら答え  ベンが答え  先生が答え  自分で答え  腰を下しながら、答え  シルヴァーが答え  ジョンが答え  ジョンは答え  ジョイスは答え  容易には答え  だれも答え  ジョージが答え  シルヴァーが平然と答え  体をくねらせながら、答え  お辞儀をしながら、答え  冷笑しながら答え  王子は答え  から次へ、訊いたり答え  旅行中と答え  半平が答え  サルトルは答え  面会できないと答え  きりで、答え  彼女は微笑んで、ごく低く答え  ジョルジュは答え  神は答え  オーロラは答え  歌に答え  沈黙をもって答え  フグだけは食べない、と答え  ヒトミが答え  ことばで答え  今日ははっきり答え  ポーデル博士は答え  美妙はしゃあしゃあと答え  承知ならよろしいでしょうと答え  確かだ、とだけ、つけ加えて答え  青年はそう答え  乃公は答え  丙が答え  空をながめて答え  積極的に答え  即座に、いよいよ面白いと答え  妻はぶあいそに答え  私はすげなく答え  久野が答え  美濃守が、答え  割合明かに答え  山本が答え  医者としてはっきり答え  親友としてはっきり答え  医者として答え  汗を拭いながら答え  貞淑だったと答え  七は必ずそう答え  怒り止むるに答え  問に何と答え  方をちらと見やって答え  顔を伏せながら答え  孔は答え  様子で仰向いて答え  陶は答え  小鳥は答え  みつばちは答え  商人は答え  高重には答え  杉は黙って答え  アムリは答え  為吉は答え  水夫長が答え  冷ややかに答え  愛想らしく答え  浅井は答え  ときいても笑って答え  巡査へは答え  小頭は笑いながら答え  瞼をあげながら、ハッキリ答え  総務部長が答え  独逸語で答え  崖が答え  善コが答え  嘉ッコが答え  子路が答え  人物に対する答え  限りを答え  礼をもって仕えよと答え  否定的に答え  ご免だと答え  次郎七も答え  兄が答え  首をちぢめて答え  ものじゃないと答え  用うべしと答え  しげ子は答え  広田はただ答え  広田はまた低く答え  広田は答え  田原さんも答え  良助は答え  田原さんは何とも答え  田原さんはただそう答え  それから静かに答え  田原さんは答え  爪を見ながら、答え  三人目には答え  作品ことごとくを挙げて答え  煙客翁はそう答え  王氏へ答え  様に固ばるのみで答え  森本は、なれるさ、と答え  カルタマリーナと答え  康雄は慌てて答え  んに答え  都々逸で答え  フランクリンは答え  千重子が答え  富子はきっぱり答え  高木青年は答え  村上は答え  松井はうっかり答え  道を問うに答え  守宮が答え  用意十分と答え  サア試そうと答え  進そうと答え  ようにと答え  君輩当りがたしと答え  絵虚事だと答え  王に懸るを恐ると答え  仲がよいと答え  なかったから予が答え  吉祥と答え  吉とあったと答え  虚言したと答え  事にあらずというに答え  一碗を易えて来る、驚いて問うと答え  判官に答え  房は、あたふたと答え  小山が答え  若い細君は答え  山崎は答え  誰も、何とも答え  兄に答え  私は、かように答え  人でないと言うべきと答え  所在を知らぬかと問うに、知らぬと答え  城主腰が烈しく痛むと答え  馬骨と答え  責むるに答え  教中から学びいたと答え  只今死すべしと答え  キョロキョロさせながら答え  威張りで答え  風呂敷に包みながら答え  千枝松はすぐに答え  口早に答え  識らないと答え  彼はかくさず答え  臆せずに答え  一いち淀みなしに答え  玉藻もよんどころなしに答え  玉藻は答え  彼女はふるえながら答え  牛車を見かえって答え  翁はこう答え  手を働かせながら答え  袖で拭きながら答え  酥のごとしと答え  得意になって答え  赧らめながら答え  物音はきかなかったと答え  物音は聞かなかったと答え  一人牛肉と答え  術を知ると答え  お客がそう答え  意地わるくそう答え  なんの答え  暗黒が答え  水正は答え  スンとも答え  事も無げにこう答え  者ではありません、と答え  銀子はきっぱり答え  声が、答え  高が、代わって答え  ことばには答え  顔が答え  駒ちゃんはためらって答え  はい、といそいで答え  つもりだったが、答え  のか答え  一空さまが、答え  名だとだけ答え  吉が答え  威勢よく答え  わたしは誠に手軽く答え  たしかにそう答え  京都弁で答え  野村はこう答え  質問者に答え  言葉少なに答え  千鶴はきっぱりと答え  伸子は、いいえとか、そうでございます、とか短く答え  細君が答え  小川豊助は答え  ときかれて、答え  伸子は、すぐ答え  絢子は答え  伸子は答え  素子にそう答え  従順に答え  最後に答え  恬然と答え  プカは答え  気転をきかせて答え  夜叉王は黙して答え  僅に答え  唯だ笑って答え  啓介は答え  信子は答え  溜息をしながら答え  看護婦が答え  口を噤んで何とも答え  木下は答え  静に答え  木下はきっぱり答え  信子も、何とも答え  啓介は何とも答え  方がいいと答え  高子が答え  ウフヽと笑って答え  二人とも、何とも答え  君はこう答え  玄石は答え  細君が代わって答え  慶次郎は少し怒って答え  役人が答え  げをひねりながら答え  即座にお答え  とりに行っておりますからと答え  森川町ですと答え  御寺参をしておりましたと答え  たまを掻きながら答え  気はないと答え  正直そうに答え  富寿は代って答え  古河君は咳きながら答え  古河君はすぐに答え  こともないと答え  僕は勢いよく答え  お袋は軽く答え  僕はまた答え  僕は軽く答え  態度をわざとらしく思っていたので、澄まして答え  物に酔って見たと答え  きまりが悪く答え  顔を見い見い答え  草川巡査は答え  鷹揚に答え  どこにも答え  却って淡々として答え  禅師は答え  時には、何と答え  汽車賃はありますと答え  腹から叮嚀に答え  一言あると答え  自分は何と答え  田中は答え  参事官は答え  学士が答え  とき僕はハアと答え  んでしょうと答え  それになんと答え  代表して答え  今まで答え  法師はただそう答え  あれがそうですと答え  あるじの答え  ちょうは答え  木はなんとも答え  ステツレルと答え  応と答え  約束します、と答え  気持がした、と答え  不用意に答え  友達ですと答え  むることもできないと私は答え  文章をもって答え  平仮名なりと答え  阿蘭陀人は、とんとわからぬ、と答え  承知した、と答え  通事たちは、ない、と答え  忍び笑いで答え  問にも答え  冗談に答え  何うにも答え  霊が答え  中から冷かに答え  問には答え  君江は答え  誰も来なかったと答え  ことをくわしく答え  作家グループはないと答え  異口同音に答え  ところ否と答え  声に応じて答え  セエラに何と答え  意地悪く答え  セエラは答え  セエラ・クルウだと答え  久子は答え  冷く答え  ようだったら、いいねえ、としんみり答え  裁判で答え  風次第だと答え  鬼村所長は答え  NOと答え  鬼村博士が答え  もみ手をしながら答え  さを噛み殺して答え  んだが、答え  わけに行かなかったが、さりとて答え  眼を据えて答え  ハチミが答え  持続させて答え  ハツキが答え  ハツキは答え  リカが答え  リカは答え  好きなのよ、と答え  ミヨコは、答え  ミヨコは答え  妙に答え  ホミが答え  子供が答え  面持に答え  鹿爪らしく答え  つて由子に答え  木村重吉は答え  問ひにまごつきながら答え  臆病らしく答え  由子は答え  詰問に答え  問ひに答え  卓一は答え  巳吉に答え  野々宮は答え  巳吉は答え  さり答え  卓一に答え  木村重吉は激しく答え  サチ子が答え  やうに答え  課題に答え  老人達は各々答え  酒を注ぎながら答え  返答をせまられて答え  八重が答え  姫もまだなんとも答え  さに、かねてといわんかく答え  不明瞭になにか答え  今夜はっきり答え  覚悟で答え  冬子の答え  時子が答え  追従には答え  和歌子は答え  平一郎は答え  深井が答え  永井は答え  お玉は答え  粂は答え  咄嗟には答え  寺内氏に答え  祖母はこう答え  清ちゃんが、答え  手紙に答え  一生懸命それにしがみついて、答え  問にいったいどう答え  顔つきになって答え  気なしに答え  歎願に対してきまって答え  坊ちゃんを捜しに行ったと答え  父に答え  なんよとも答え  それにはっきり答え  誠実さをもって答え  嫌疑に答え  質問は答え  何度でも事務所でと答え  ために答え  私はようやく答え  方を見やって答え  どこも何ともないと答え  沢山だと答え  自慢そうに答え  顫えながら答え  腹臓なく答え  云々と答え  短剣でしたと答え  若い従業員は短く答え  牛丸は、そう答え  少女は、答え  紐をいじっていて暫く答え  樣に答え  別に何とも答え  庄吉は答え  庄吉は何とも答え  三郎は答え  私自身にも答え  運転手が答え  だれやらが答え  ゴルドンは答え  なにをきいても答え  イバンスは答え  大垣へ行くわいと答え  ちょっと肩を揺すって答え  筆者は微笑もて答え  教師は答え  とき露と答え  露だと答え  和尚は落ち着き払って答え  声で、こう答え  彼は恐れずに答え  寿はいかにも覚えがあると答え  女は笑って答え  智通も堪えられなくなって答え  和子がそうだと答え  から大変好くなりましたと答え  外では答え  盧はまだ何とも答え  太守は答え  涙を呑んで答え  猩々は答え  義は答え  彼ははきはきと答え  宗は答え  仕合わせでございますと答え  詮議すると、かれは泣いて答え  梁は答え  僧は怪しんで答え  手をふって答え  家人が答え  丁は答え  涙ながらに答え  役人は恐る恐る答え  ために立っていると答え  もとで答え  思案でこう答え  合掌して答え  あやまり入って答え  心当りはないと答え  風俗をやっていると答え  中に入れてあると、少し答え  些っと答え  口吻で答え  木村は答え  彼はふりむきもしないで答え  くそう答え  通りだ、と答え  自分に答え  げて答え  彼は弱々しく答え  通訳に答え  声で、吃りながら答え  彼女は低く答え  ーと答え  母親が代ってそう答え  傍らで答え  がらかに答え  家老はそう答え  躊躇もなくそう答え  邦夷は答え  大沼喜三郎が答え  男は何とも答え  鈴木が代って答え  誰も何とも答え  遅疑もなく、答え  主婦は答え  フランス大使館から念を押して来たが、いられると答え  ホテルにいられると答え  真名古は答え  笑いをもって答え  彼女の答え  内務大臣マカロフはこう答え  まま母は短く答え  尻を動かしただけで答え  日本女が答え  生徒が答え  落ちつき払って答え  おかあさんは答え  おかあさんはなんと答え  口達者に答え  まま、答え  たびに、答え  悄然とうなだれて答え  私はだまって答え  きつねは答え  嚥み込んでしまって答え  夫人は早速に答え  見物にと答え  声は答え  間に答え  公は答え  綾子は答え  綾子が答え  女史は答え  友人等に答え  いいとも悪いとも答え  産婆はそうらしくはないと答え  大変いいと答え  竜子はややあって平然と答え  のに困らないし、と答え  蘭は直ぐに答え  あなたにたずねて答え  立原は答え  美樹子は笑って答え  江利子は答え  柴崎は答え  さで答え  時、答え  小僧がこう答え  先祖からのしきたりだと答え  時にこう答え  サッパリ判らんと答え  ことは少しも判らないと答え  申訳もありませんと答え  彼はうなだれて答え  母が微笑んで答え  躊躇なしに答え  矢張り之と同じだったと答え  私は沈んで答え  無茶苦茶に答え  乗り気になって答え  私はうなだれて答え  私は萎れて答え  何がそうだと答え  服従的に答え  汗を拭きながら答え  社会史知識では答え  ほめことばに答え  絶対に答え  機械人間が答え  格だろうと思ってただうんと答え  身上だから立てると答え  佐治さんが答え  家へでも行って見ましょうと答え  案内をするから、よろしいと答え  沢山は出まいと答え  ところを答え  是公はよろしいと答え  天麩羅などにできますかと聞くと、無論できますと答え  所労で出られませんと答え  負傷だと答え  下から汲んで揚げますと答え  事はありませんねと答え  加減に聞き流して、そうかそうかと答え  のを頼んでやりますと答え  そうですと答え  余も好かろうと答え  危険ですともと答え  そうだろうと答え  ようだなと答え  のかと聞いて、いや降りないと答え  所になっていますと答え  下女が答え  のかと聞いたら、そうだと答え  案内がええと答え  湯だと答え  肋骨君はまた宜しいと答え  微笑しただけで、何とも答え  声も低めずに答え  あり得ないと答え  友は答え  彼はおとなしく答え  十一時過ぎだったと思いますよ、と答え  買出しに出ていたと答え  安吉老人は恐る恐る答え  玩具を差出して、答え  雜作に答え  笑ひながら答え  ねずみ捕りは答え  仕方なしに答え  のかと、怪しみながら答え  身を震わして答え  桂斎先生が答え  心あたりを探してみようと答え  アンガスが答え  者がないと答え  鏡はいつもこう答え  鏡は答え  お姫さまは答え  鏡が答え  おなじに答え  ようにに答え  顔付で答え  細君は答え  顔をして、こう答え  米は答え  米が答え  六が答え  宗助は答え  急に侘しく答え  上でと答え  宗助が答え  主人はすぐ答え  そうに熱いと答え  一二軒寄ってすぐ行こうと答え  必要もあるまいと答え  用意もできていないと答え  茶屋だと答え  銘仙から推断して答え  宗助は固よりそうだと答え  米はまた何とも答え  宗助は大いによかろうと答え  男を見たと答え  都合があってとばかり答え  一軒残っていると答え  いくら年を取ってもその傾があるだろうと答え  薄笑いをしたぎり、何とも答え  疲れたと答え  宗助は何とも答え  本だと答え  宗助は落ちついて答え  若い僧は答え  躊躇もなく答え  事があると答え  風は答え  何といって答え  泥棒などは許してやるべきだと答え  口少く答え  ものですと答え  由利は、悪びれずに答え  父が答え  十兵衛は答え  まま、なんにも答え  悄気ながら答え  エマルが答え  レノック巡査が答え  上のそらで答え  のだろうと答え  仕事が済む迄待ってくれと答え  われに答え  顔色一つ動かさずに答え  小沢に答え  娘には無論答え  次郎は答え  胸を張って答え  一つが答え  仲平は答え  躊躇せず答え  ため息をしながら答え  おばあさんも答え  朝子に答え  川島が答え  富貴子はうっかり答え  どころをたしかめようとしたら、おそらく答え  殆と答え  一つだけ予め答え  ソーボリは答え  もっと簡単に答え  根本規定であるから、と云って答え  名を答え  アウシュコルンは答え  健三は何とも答え  健三が答え  家を挙げて答え  向だろうと答え  彼女はこう答え  細君は何とも答え  唯市ヶ谷辺だと答え  意見をきかれても笑って答え  芸者が直に答え  子は答え  工合に答え  王子はこう答え  王子は少し心細くなってきましたが、それでも構わないと答え  目に思い浮かべて答え  背を伸ばしながら答え  んですよ、と答え  応待で答え  向うで答え  二英は答え  一英は答え  三英は答え  照はしゃあしゃあと答え  甲板士官は何とも答え  甲板士官はこう答え  一時間半ありますと答え  らんは答え  雪割草は答え  彼女は、すやすやと眠っているらしく、なんとも答え  言葉に、なんと答え  何んて答え  誰かがこう答え  方がこう答え  黒んぼは答え  二人が答え  助手たちが答え  ことを思い出したからだ、と答え  うちにとても答え  ことなんですが、そんなにひどくはありません、と答え  ちょっと横眼で答え  問いに対してはもう答え  質問をくり返されてやっと答え  ハンスは答え  人になりたい、と答え  のではない、と答え  ただ沈黙で答え  保留なしできっぱり答え  ほうでは答え  質問にも答え  まちがいなくすらすらと答え  呼鈴に答え  祥子が答え  良人には答え  勢い、そう答え  家鴨は答え  かわりにくれてやろうと思いながら答え  女中は、なぜか笑いながら答え  女中は、いないと答え  さそうにして答え  私は、そうだと答え  ようにこう答え  拍子木に答え  微笑して、べつだんなんともないとばかり答え  自分はただそうさと答え  かいたしましょうと答え  声をしていいえと答え  から、分らないと答え  芝田さんは答え  事実を答え  頭をかしげながら答え  運転手は、はっきりと答え  運転手は、おそるおそる答え  彼女はなんにも答え  鼻をびくつかせて答え  杉本は答え  女がすかさず答え  首をふって答え  杉本はそう答え  はい、と答え  まま、何とも答え  ポーセがやっと答え  馭者が答え  孔子が答え  孔子は答え  顔をしてそう答え  判然とは答え  通が、答え  断乎として答え  あごを引いて答え  意思はないと答え  まま、うんと、答え  遊びになるからと答え  状態であるからと答え  ハムーチャは答え  申出に、どう答え  老爺が答え  ところへと答え  相談に答え  から、永くはおられませぬと答え  イワンは答え  あれと答え  加減にそうだと答え  規範であるとかと答え  真であると答え  抽象的に答え  インガは答え  十分に調べて答え  泰然と答え  七十六号が答え  二人は起ち上がって代わる代わる答え  臨床訊問に答え  どっちもいいと答え  私は熱くなってこう答え  次郎とを見比べながら答え  自由さを失わないで答え  言訳らしく答え  様子もなく答え  天井を見ながら答え  彼は、はっきりそう答え  中でころがしながら答え  肉屋はふりかえってそう答え  顔を覗きながら答え  お祖母さんは答え  ことも致し兼ねると答え  校長先生の答え  つんと答え  四人が答え  朱実は答え  城太郎には答え  通は答え  僧のそう答え  時そうは答え  わけを訊いても、笑っていて答え  fauleEierと答え  さもらしく答え  番頭は、答え  友だちは答え  順々に答え  なにも感じないと答え  部屋から顔を出して勢いよく答え  顔をしていたと答え  顔を見合せて答え  侍が、答え  権叔父は答え  うちから、突然、こう答え  しかし、答え  今度ははっきり答え  ように、はっきり答え  奥からかすかに答え  元気らしく答え  平気らしく答え  それにどう答え  俊亮は、笑いながら答え  俊三が答え  不快そうに答え  狂に答え  から、やっと答え  気持よくそう答え  恭一が答え  次郎ははっきり答え  物識り顔に答え  恭一は、やっと答え  気兼ねしながら答え  神経的にふるわせながらも、きっぱりと答え  大沢には答え  顔を見くらべながら、答え  詰問だから、答え  恭一はあっさり答え  次郎は、そうは答え  視線とに答え  縫物から丸顔をあげてすぐ答え  香具師が代って答え  のに定めている、と答え  大晦日に帰って来ると答え  のは答え  小川に気がつくと答え  彼は黙って何とも答え  承知しましたと答え  中尉は、はっと答え  ダルガスは答え  彼は続いて答え  小次郎がにやにや笑って答え  忠利公へ、どうお答え  眼は答え  武蔵は、そう答え  しかし、そう答え  浜田は答え  謙虚に笑って答え  次郎は、力んでそうは答え  朴訥に答え  つもりでそう答え  質問にでも答え  気を兼ねながら答え  席にもどりながら答え  ことをはきはきと答え  大沢が答え  次郎はふりむきもしないで答え  調子をこめて答え  のでございますって答え  俊亮は笑って答え  次郎は意気込んでそう答え  赧らめて答え  質問してみて下さい、と答え  時、行かぬと答え  儘に答え  儘を答え  品だと答え  一に答え  誰と答え  顔を作り直して遣ると答え  から、勿論だと答え  心持ですなどと答え  助に代って答え  縫殿介も、うかとは答え  頭を垂れて答え  はいっと大きく答え  ことを、答え  微笑して答え  名前だったら、やってもいいと答え  だんだん小姓たちに答え  私はお答え  否をとうに、主答え  ところさと答え  彼方から誰かが答え  確実に答え  流暢に答え  利助さんが答え  結合するからと答え  平静さを失わないで答え  ことがあるからと答え  挨拶には答え  放尿しながら答え  古墳ですね、と答え  約束もないと答え  事はないと答え  息をふきながら答え  寝ぼけ声で答え  私はハッキリ答え  松木が答え  縫い物をつづけながら少し笑って答え  まじめにこう答え  中からそれに答え  娘はつつましやかに答え  次郎はおちついて答え  次郎はきおい立って答え  彼はきっぱりとそう答え  むきもしないで答え  そっぽを向いて答え  道江は答え  次郎はやっとそれだけ答え  横にふって答え  顔付をして答え  梅本を見て答え  君が答え  次郎はやはり答え  ように、いくぶん調子づいて答え  俊亮は案外あっさりと答え  眼をつぶって答え  水にひたして答え  いい加減に答え  仕方なしにそう答え  大山が笑いながら答え  次郎はためらいながら答え  朝倉先生は考えぶかく答え  うちに答え  気持になって答え  ものを感じながらも、つい答え  彼はきっぱりと答え  道江には答え  逆もどりさせながら答え  眼をふせて答え  それに対しては何とも答え  心で答え  私もすこしくうけ答え  案内者は答え  山は答え  予期もしていなかったので、どう答え  尋問に答え  二度三度と問いかけられると、答え  貉かも知れぬと答え  僕が何と答え  道祖神は答え  木原は答え  四郎が答え  顫えながらも低く答え  一蹴に答え  いい加減に、答え  からそうだと答え  これによく答え  声で問うたり答え  恒夫は何とも答え  茂夫は答え  茂夫は何とも答え  茂夫は低く答え  恒夫は答え  念入りに答え  威圧するごとくに答え  僕もすぐに答え  燈台守が答え  トッドはそう答え  ソーンダイクは答え  ソーンダイクはそう答え  自分はただ待っていると答え  なに昔からさと答え  一言死ぬと答え  学者達は答え  時分に答え  一本くれたと、答え  配剤でかく答え  顔つきで答え  顔もせず答え  由爺が答え  野口君は答え  夫人は答え  ほうに向けて答え  次郎はきっぱり答え  かなり間をおいて答え  朝倉先生が答え  甲斐博士が答え  それについて、はっきり答え  室戸博士は、落ちついて答え  帆村は答え  様子もなく、すなおに答え  娘のありかを問えども隠して知らずと答え  アと答え  ます、早かったなしと答え  両手で結びながら答え  きつねばなと答え  ゴルキーが答え  それみろ答え  児はいつもこう答え  間誤つきながらそう答え  のがそんなに答え  これなりと答え  横を向いて答え  種則先生、こう答え  からねえ、と答え  ヤス子は答え  異存なしと答え  声がこう答え  今はお答え  菊はなんとも答え  つるが何とも答え  輪を吐きながら答え  ようにすぐには答え  問いにまさしく答え  彼はぽつんと答え  自信をもって答え  道友会へ行くと答え  会じゃと答え  知らないように答え  奥野は答え  藤次郎が入れ代って答え  藤次郎は答え  いんぎんに答え  カテリーナ・リヴォーヴナは答え  番頭が答え  かぶりを振りながら答え  ジノーヴィー・ボリースィチが答え  カテリーナ・リヴォーヴナはしゃあしゃあと答え  フィリップィチは答え  頬笑みながら答え  セルゲイを指して答え  セルゲイは答え  志村は答え  武原は答え  房代夫人は平然と答え  小説だと答え  いつものように、悠然と答え  夫は笑いながら答え  ハイと答え  雑誌を見ながら答え  大納言は驚いて答え  兄は答え  かもめは答え  牛は答え  馬は答え  娘は、答え  幸福を与えてやりたいと答え  縁日へ参っておりますと答え  口をつぐんで答え  何時だよ、と答え  清松は悪びれず答え  光治は答え  金兵衛はすかさず答え  七郎左衛門は答え  半蔵が答え  千代は答え  千代は黙して答え  千代はまだ答え  兄さんに答え  五十と答え  四十五と答え  花のようにニコニコと答え  沈黙していたが、思いきって答え  木々彦に答え  顔をあからめて答え  十郎は苦りきって答え  合点して、そう、と答え  ここです、と答え  三枝子はこう答え  オソノが答え  音吉は何とも答え  平助は答え  直吉は答え  勇気を奮いてすすむに、答え  殻をとりてたまわれと答え  無表情にきき流して、暫し答え  真実を答え  投げやりに答え  確信がなければ答え  十郎はそう答え  十郎はすまして答え  一同が答え  昂然と答え  十郎に答え  十郎は笑って答え  十一か所あると答え  たびに答え  半蔵は答え  一も答え  川根は答え  古田は答え  ことはハッキリと答え  ふくれっ面をもって、答え  ボースンは鞠躬如として答え  ボースンは答え  彼はかろうじて答え  ひょうきんに答え  小倉は答え  おうむ返しに答え  ことだろうと思って、引き取って答え  三上は答え  出しで答え  船頭さんは答え  藤原は答え  藤原が答え  西沢が答え  安井は答え  小倉が答え  チーフメーツは答え  君枝は答え  彼女はたのしく答え  吉村は答え  伊助さんですかと訊いて、そうだと答え  冷静にこう答え  泣きながら龍雄は答え  あや子は答え  先生は答え  安藤巡査が答え  安藤巡査はこう答え  政子は答え  作用なりと答え  二回足をあげて答え  不興げに答え  母はいつもこう答え  番所でも、答え  きつねつきが答え  それにはすぐ答え  乱暴そうに答え  右門はきわめておちつきはらいながら答え  ひとことも答え  冗談まじりに答え  一つも答え  京吉は答え  背中で答え  とっさに答え  坂野が代って答え  お前といわれては、答え  木崎は答え  しっとり、答え  森積は答え  俯向きながら答え  はにかみを見せないですぐと答え  勇敢に、すぐと答え  ことのみは包まずに答え  右門は答え  弥次郎が答え  フカダジは答え  是に答え  恒雄は答え  真直に見ながら答え  富子は低く答え  孝太郎はこう答え  恒雄は何とも答え  平気を装いながら答え  君は答え  おかずに、なじるごとく答え  様子もなしに、すぐと答え  威厳をもって答え  スミスは笑って答え  目を細くしながら答え  右門がうるさいといわんばかりに、ずばりと答え  のかといぶかりながら、答え  心配無用と答え  道夫は、そう答え  雪子は答え  怪なりといいて答え  判事は答え  住職は答え  場で答え  題に答え  うそがほしいと答え  そうだと答え  七十八歳と答え  無頓着そうに答え  人は、答え  彼女は、答え  ひとりが代わって答え  がら顔に答え  歯を出して笑いながら答え  猫はすまして答え  滝がぴーぴー答え  ように、やはり答え  声をひそめながら答え  鼓に答え  一人に答え  あっちで答え  ことはできないと答え  ナイと答え  江戸弁で答え  牛をひきながら答え  迂闊に答え  明はそう答え  元気そうに答え  殆ど無心に答え  そうに笑いながら答え  迷惑そうに、こう答え  マアドックMr.Murdockが答え  ギブスンが答え  英子は答え  英子は何とも答え  時どう答え  信吉は一応そう答え  冴子はハッキリ答え  信吉は答え  喝采に答え  ののしるのには答え  長老がぼっさり答え  一戦するまでである、と答え  彼はおそらく答え  虚子が、ええそうですと答え  大丈夫ですと答え  誰だかよく分らないと答え  まり好くありませんと答え  妻はそうしましょうと答え  病院に入れてやるがいいと答え  から慶応三年だと答え  御作さんが答え  逡巡していたが、やがて思い切ったと見えて、行きましょうと答え  八十銭だよと答え  倅に云うと、はあ、そうでしたっけと答え  倅はそうかも知れませんと答え  ところだと答え  自分はうん出て来ると答え  から、すぐに答え  丸彦は答え  つっけんどんに、答え  鴾が又答え  ように、徐にこう答え  女すなわち答え  私は心から嬉しく答え  お久が答え  菅氏の答え  ドリアンは答え  アランは答え  気前がよいと言われて、そうでもないが、と答え  片手を高く挙げて答え  蛸は答え  桑名です、と答え  武士の子、あ、と答え  入獄されよと答え  御膳番が答え  おかあさんが答え  ハンナが答え  歌で答え  ジョウは答え  ジョウは、わかったので、すぐに答え  あくびまじりに答え  目に答え  賛成らしく答え  芝居がかりで答え  メグが答え  はいと、うやうやしく答え  エミイは答え  どこもわるくないと答え  ちょうだいと答え  すべて忘れ、うなだれて、わかりませんわと答え  ふうみい三行です、と答え  女房はそう答え  池田太郎は答え  ニコリともせず答え  挨拶には直ぐ答え  吉はかわって答え  陶器師は答え  佐瀬は答え  取次は答え  程度迄答え  ちょっと痛いと答え  八本ときまってますと答え  大丈夫だと答え  幸吉は笑いながら、そう答え  気嫌に答え  瞬間あっさりこう答え  わたしはこう答え  話を聞いて、なんと答え  それに応じて答え  饗庭に答え  二十六だと答え  ことがあると答え  民は答え  人々は答え  神仙は答え  理学者的冷静さをもって答え  敬礼に答え  それにはわざと答え  一人が吃りながら、こう答え  やうに何とも答え  阿見が答え  明日九時頃に待っていると答え  それは出来ると答え  む旨を答え  エセックスは答え  サア・ロバアトは、なんとも答え  諺をもって答え  断じてできませんと答え  判事たち、答え  直接向かって答え  こととして答え  あたりまえに答え  自信をもって悠々答え  私はうなずいて答え  日本語で答え  課題が、どう答え  口にあてて答え  ぞんざいに答え  壮士がこう答え  彼はひどく恐れていたと見えてあわてて答え  ポローニヤス、答え  千度読まれとうござる、と答え  彼女は割にしっかり答え  しかど何故か答え  あらぬことをも答え  三たび頼み聞えしには答え  漫遊なりと答え  圓太郎は、答え  森山さんは答え  お出かけですと答え  人は、呼べど答え  煙突は答え  ことが、正しいとも、正しくないとも答え  一斉に答え  咲枝が答え  パーシウスは答え  元気に答え  友達は答え  冒険旅行に出かけていいと答え  クイックシルヴァは答え  スケヤクロウは答え  パーシウスは落着き払って答え  マイダスは答え  うちにも、出来るだけはっきりと答え  ペリウィンクルは答え  ユースタスは答え  プリムロウズは、笑いながら答え  エピミーシウスは答え  パンドーラは答え  腹を立てて答え  パンドーラは、また啜り上げはじめながら答え  明るい人は答え  プリングル氏は答え  娘達は答え  ハーキュリーズは答え  肩をすぼめながら答え  アトラスは答え  巨人は答え  学生は答え  ボーシスは答え  旅人は答え  フィリーモンは答え  大変困って答え  フィリーモンは、にっこり笑って答え  フィリーモンは、まだ笑いながら答え  さを以て答え  従兄ユースタスは答え  頬を染めながら答え  ビレラフォンは答え  彼を見ながら答え  ユースタスは笑いながら答え  申し出には答え  監督は答え  監督が答え  手をはずして、答え  男はなんと答え  笑みさえもらしながら、答え  ことだと思う、と答え  後生だから答え  叔父は答え  会釈で答え  レーニは答え  画家は答え  画家に答え  画家が答え  商人が答え  ことをいくらか答え  蘭軒は答え  ウイリイは答え  私はふてぶてしく答え  王さまに答え  ーんと答え  馬鹿申せと答え  寺田さんはこう答え  母はそう答え  姉は連れて行ってくれないとだけ答え  清は答え  賊に盗まれたと答え  不思議に何とも答え  疑念に答え  空闥が答え  灰が次第に長くなって行くけれども、遂に答え  いつでもと答え  左右太が代って、答え  勘蔵が、答え  越前守は、答え  一しょに答え  二人にそう答え  おじいさんは、やはり笑いながら答え  攻撃に答え  先生はそう答え  先生は何とも答え  私はないと答え  問いに対して答え  奥さんは何とも答え  私はそれでも何とも答え  不調法で答え  一口金と答え  方がいいだろうと答え  事も答え  つもりだと答え  心配するに及ばないと答え  彼はもっともだと答え  まま、ちょうど好い、やってくれと答え  他にはそう見えるかも知れないと答え  奥さんは帰ってまた出たと答え  所だろうと答え  心持が悪いと答え  私のように心持が悪いとは答え  一時二十分だと答え  おいと答え  二度おいと答え  私は少し待っていればしてもいいと答え  私がまだ何とも答え  上野へ行ったと答え  ついでに聞いてみただけだと答え  奥さんはいいえと答え  詩人は答え  手かけ、少し揺りつつ問えども、答え  九郎右衛門は答え  神に答え  名を聞きましたけれども答え  時に答え  本多は答え  から私には答え  僕、答え  モモちゃんに答え  同時的に答え  友が答え  ねえやは、答え  活発に答え  まま何とも答え  絹は何と答え  彼等は答え  うつ向き勝ちにこう答え  跪拝に生き生きと答え  諮問に答え  金十郎は笑って答え  一つ一つ思いだしながら答え  小田刑事は答え  俊夫君はきっぱり答え  俊夫君は答え  小坊主の、おおと答え  頭下げつつ答え  ものではないと答え  眼をしょぼつかせながら答え  師に答え  調子でこう答え  青年は何とも答え  祈りに答え  彼女は何と答え  青年はこう答え  あいそよく答え  中間はふるえながら答え  八太郎も考えながら答え  安心ができぬと答え  丁寧に、しかもはっきりと答え  僕は笑いながら答え  大胆に答え  ジルベールが答え  歴史が答え  宗匠は答え  信長はあっさり答え  首をとりたいと答え  まま馳せ下るがよろしいと答え  言下に炊けると答え  眼つきで答え  眼をうるおして答え  砥沢だと答え  風雨に答え  あくびまじりで答え  兼好はすぐに答え  質問に対してこう答え  神であると答え  権右衛門は先ず答え  躊躇しながら答え  口から聞き出したと答え  問いには何とも答え  まともに見つめながら答え  采女は答え  采女はなんとも答え  以って答え  溜め息をつきながら答え  影は答え  恐れげもなく答え  恐れげもなしに答え  すみれは、黙ってなんにも答え  すみれは答え  方へ向って歩きながら、答え  知ってるだけ答え  丁寧に、どうにか食えてたと答え  力をいれて答え  プンと答え  口笛に答え  不機嫌そうに答え  中野さんは答え  笹部ははっきり答え  口先だけで答え  嫁さんは答え  おじいさんは、答え  姉さんは答え  獣医は答え  おじいさんは笑って答え  青年が答え  青年はにがく答え  李は答え  問にどう答え  顔をいよいよ暗くして答え  わたしはすぐには答え  二人一時にこう答え  そうにしながらこう答え  離縁になったと答え  世話役は答え  二つ返事で何分よろしく頼むと答え  別に何事もないと答え  祖母は答え  増右衛門は謹んで答え  挨拶は出来ないと答え  何も知らぬときっぱり答え  壮助は何とも答え  壮助は何と答え  道三は答え  ゅう鷹狩をやっています、と有りていに答え  天沢は答え  検事は答え  顔を赤らめながら答え  微笑を浮べながら、答え  絹子はそう答え  幸左衛門は答え  熱心に答え  ちょうしで答え  一尺法師は答え  口止めをされていましたので、何とも答え  千草姫は答え  千草姫は何とも答え  一人一人立って答え  天文学者になりたいと答え  性なるがごとしとのみ答え  われこれに答え  今こそ答え  報酬を得たりと答え  口ぐちに答え  彼は笑って答え  吹聴意識をもって答え  加味して答え  親分は答え  イダルゴは一々答え  場合にだけは決して答え  力及ばず討ち洩らしたと答え  家ではしないと答え  お姫さまは、こういって聞かれると、なんといって答え  ことを思い出して答え  あたしは答え  大変弱らせられましたと答え  血だと答え  イエスと答え  十六筒までは覚えていますと答え  森成さんはええと答え  介せぬごとく、そうですかと軽く答え  好きだと答え  ブンメルンとか答え  ものだとはけっして答え  事もありませんなと答え  余はそうですかと答え  余はまたそうですかと答え  なっちゃいないと答え  顔の居坐りがよくなって動かなくなりますと答え  雨だと答え  のじゃございますまいと答え  一瞥を与えただけで、何とも答え  しかたなくこう答え  質問に気軽く答え  のだろう、こう答え  緑、青いと答え  言葉に、答え  洋一はこう答え  叔母には答え  BoatCrew.」と答え  顔にも答え  顔をちらと眺めて答え  瀬川は答え  ぼんやりして答え  百姓は答え  石工が答え  さをもって答え  安心したらしく答え  彼は漠然と答え  三好は答え  農民作家が答え  心次第です、と答え  お葬式には行かないでもよいと思ったと答え  から帰って来たと答え  相談もせず、いらないと答え  千代乃は答え  人はなんと答え  私は、否、と答え  権威を以て答え  女房に、なんと答え  顔を見上げて答え  背後へそう答え  ためにでもなく問われかつ答え  博士は答え  わたしは少しく怪しみながら答え  苦笑いをしながら答え  書記は答え  顔をぬすんで答え  弁償されるでありましょうと答え  スコール艇長に答え  手まねをもって答え  三根夫に答え  振りで答え  

名詞

答え[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
答えは出て来  答え申して御前に参ると  答えは側のものが答える  答えを人は第二のものの中に認めるであろう  答えは平然としていた  答えをしたら  答えを与えたらしい  答えはめったにできる  答えによってそこを切って出る  答えがあるので  答えが当らなかった  答えが飯を頬張った  答えを投げつけてよこした  答えに一言もないような気がした  答えまで考えていた  答えが出た  答えをしながら  答えが出てくる  答えを待った  答えでもするかの  答えはしたが  答えは俺には気に入った  答えをかく  答えはあの男の為には運命を一時に決してしまった  答えを決定する  答えをする  答えは落付いていた  答えは得られなかった  答えをどこからもつかめなかった  答えでないことを直感していた  答えとしては背中合せの本質をもつ  答えをするべき  答えをした  答えもしないで  答えがして  答えでは済まされない  答えとしての激怒をこめて振りかぶった  答えは簡単に出ます  答えも一致して  答えが洩れてきた  答えやあると待っている  答えを求める  答えは二重の意味で考えてみる  答えを聞き  答えはたやすくは与えられまいと思う  答えを与える  答えを含む  答えに窮した  答えは聞かれなかった  答えも与えない  答えがあって  答えを聞いてからにしようという  答えを出さない  答えしていたら  答えもせず  答えのない劉備を見ると  答えを忘れて  答えに混じって  答えを出す  答えに打たれ  答えをなすなど  答えを得た  答えのハーモニーが空を覆う  答えを見いだせずに終わる  答えは思いつきません  答えを出さなければならない  答えを出すべき  答えを出さなければならなかったという  答えは定っていた  答えをなすぞ  答えをかわされたが  答えにつまって  答えの文章を書いた  答えが載っている  答えはかなり抑制が効いていたが  答えが出るかが  答えを提出している  答えをオウム返しに繰り返していれば  答えさえ正確に早くでれば  答えは出なかった  答えをしたかと覚えている  答えをするだけで  答えを書付けてさし出しました  答えのうちに戸はひらけ  答えしかを観て  答えは見つからなかった  答えを得るかも知れないからだ  答えをもっている  答えを考えだした  答えが考え出せない  答えを出  答えを出した  答えをもどかしがった  答えになるではないか  答えをなしている  答えを書いてしまうと  答えを送った  答えもできないでいる  答えに窮していると  答えもできない  答えを拒んだ  答えを提出していると  答えのならぬ  答えがあった  答えもしなかった  答えを聞いた  答えを与えているではないか  答えも与えず  答えをえたいと思います  答えをさらに催促したい  答えを出せる  答えもなくその面てを眺めていると  答えはしまいから  答えをせよ  答えにつまった  答えを聞いて  答えのしるしをしました  答えのように一見其の場の光景はやはりちょっとした座興的なもののようには違いないが然し景子には笑えなかった  答えを一々速記して  答えはしますまい  答えを忘れ  答えができなくて考えています  答えを書きました  答えも返っては来なかった  答えをせずに  答えしておくれ  答えを出すには  答えと軽く見られている  答えもせずに  答えは冷然としていた  答えした方がよろしいかと存じます  答えができなかった  答えを引き受けた  答えは終りました  答えを期待している  答えを二度受けた  答えはまた違っていた  答えによると  答えの見つからない  答えを求めて  答えを思い出すと  答えが伸子に好奇心を起させた  答えを出していた  答えは5992となる  答えより出来ない  答えのない咳が出る  答えをしつつ  答えというよりも  答えを掴まえようとするかの  答えは与えない  答えを返した  答えを見出す  答えは見つかったか  答えを見出した  答えを投げた  答えをすぐ引き取って  答えが飛び出すかだ  答えは前に述べた  答えの代りにおすすめするより  答えを待っていた  答えにしても  答えで注目すべき  答えもいたしませんでした  答えはざっと二つに分析されるべきである  答えもせぬ  答えもしない  答えもできずにいた  答えが得られずに考えこんでいた  答えをいわせ  答えがふるっている  答えに窮させてしまう  答えを求めた  答えが出てくるだろう  答えを待ってる  答えを返してる  答えをしない  答えをしなければならない  答えはまさしくわたしがかれのたずねる  答えを言い  答えを与え得たでしょう  答えが自身の考えに似ていれば  答えに私もよろこび  答えをきくと  答えを申すには  答えはしなかった  答えとする  答えがした  答えは既に出ている  答えが出て来る  答えが出て来るでしょうし  答えが横にひろくつながって  答えを出さなければいけないと思いますからね  答えを出したいならば  答えを見た  答えもこの事件の答案にふれている  答えによって血をわけた  答えは満足すべき  答えはしているのに  答えのされた  答えを日常の生活のうちにさぐった  答えの消えた  答えがありません  答えが出来なかった  答えはいらなかった  答えに見た  答えがまた振る  答えをなすという  答えがスラスラとしていればいる程  答えだとか認識とか社會觀とか言つたような意味の全部をふくめて言う  答えは何一つ得られなかつた  答えを汗ばむ  答えをするばかり  答えを待たずに  答えをして  答えを引き出せば  答えを呈し  答えをゆずる  答えを聴くと  答えも待たず  答えとして展開する  答えのない人となっていた  答えも吐かない  答えは出てくるであろう  答えはいたってかんた  答えがあっちこっちから雑然として起こった  答えをもたらす  答えなどをするので  答えを持って  答えに附して  答えが聞えた  答えができませんでした  答えはドミトリーが期待した  答えをきいた  答えも持てない  答えにもおよばず  答えは一つも得られなかった  答え返して落着き払っていた  答えに迷って黙っていた  答えをしたかったが  答えが出なかった  答えを投げつけてから  答えもし  答えは持ちあわさん  答えとなった  答えを聴いて  答えにはならない  答えをしなければならなくなった  答えをうながしました  答えでは意味をなさん  答えをなさらないと  答えをかいて  答えを得る  答えの形成に対してきわめて重要な作用を与える  答えを発見しえたりと考えるがごときは  答えとしてではなく筆者自身が自発的に滔々と弁じた  答えを外らし  答えでなかったことは明かであった  答えもなさず  答えが実に振るっている  答えになりました  答えさえせらるる  答えを与えないで  答えを引き出そうなんて  答えに賛成する  答えを与えて下さらない  答えが振っている  答えが出来なければ  答えを恐れるかの  答えが繰り返された  答えを背後に聞き流して  答えのみなれば  答えを見出さないで  答えを期待しての  答えにならぬと思った  答えを与え得る  答えを待ちもうけた  答えが父を満足さす  答えを得るに  答えででもあるかの  答えを与えてくれなかった  答えの一部にはなるだろう  答えをきいて  答えもせずして走りだし  答えに接したもののごとく  答えを具体的に得たいと  答え返そうとつとめた  答えをするばかりだった  答えとしてただ微笑んだ  答え返そうと試みた  答えだと褒められた  答えを伸したい  答えを放擲して  答えを渋った  答え返そうとした  答えにもろくろく注意を払わなかった  答えはしたものの  答え返してしまっていたから  答えを避けた  答えも出来ない  答えに耳を貸しはしないで  答えを避け  答えはしないで  答えによれば  答え返していた  答えとヒントを添えます  答え返し得た  答え返そうとしても彼にはそれが果たしてできたろうか  答えはあったが  答えにたちまち調子を合わせる  答えが聞こえてきた  答えを記臆している  答えに迫られて来ていると思う  答えは決して容易でないと思います  答えばかりした  答えばかりをした  答えに窮する  答えが得られないなら  答えも承る  答えに耳を傾けた  答えを見るなり  答えを与うるも  答えを得たるをもって  答えの方向を定めざるべからず  答えを見るに  答えを得べきも  答えを得べからずという  答えによりて知る  答えを得るは  答えを与うるは  答えをお聞きになった  答えをいぶかしく思ったが  答えもできず  答えのないのでくさくさした  答えは判でおした  答えを聴くより  答えは出されている  答えはしなかったが  答えはまたず  答えに躊躇した  答えは絶対に出てこないと見てさしつかえない  答えをだし  答えを訊こうとした  答えはいたって  答えまた祭らしめると  答えがあるまでは  答えは何心なく書かれていて  答えが出ず  答えを送ってやらない  答え足りないと思うが  答えしか出なかった  答えが老人をよろこばせました  答えは有り  答えをのぞんでいる  答えにもならない  答えを出してみても  答えが振っていた  答えを与えていると思う  答えは決してやさしい事であるまいと思う  答えは一見した  答えをせぬ  答えを引き出させている  答えは人間生活に密着している  答えはむしろ自然を味わう  答えをしていた  答えを得という  答えをなさるべき  答えをうながした  答えが分る  答えは子供でも知っている  答えは否定的ならざるを得ない  答えはいよいよ鮮かになった  答えが嘘でないことは誰にでもわかるくらいだった  答えにびっくりして  答えに困ったらしく  答えに窮して  答えをそのままとって  答えがききたい  答えを申しますと  答えとして与えられている  答えもしてみて  答えとして一例を挙げれば  答えのできる  答えが出ない  答えも出してをいた思ひがする  答えを送る  答えが殆ど逸作の若いときのそれと同じものであることに思い当り  答えは不確なものたらざるを得なかった  答えを返しただけであった  答えはただ唸る  答えはすんだ  答えが聞きたい  答えをなさる  答えが出てくると言えよう  答えもありませんでした  答えを聞くと  答えをまつらんごとし  答えはいかにしたまいしと  答えとで明らかにする  答えを教えて呉れた  答えでアーサは悪い騎士に勝ち  答えをさし上げますよ  答えにならない  答えとを捉えて行ってみよう  答えは一般に通用するというより  答えを曇らした  答えがあっただけで  答えらしい答えをしない  答えは大抵きまっている  答えとして持出した  答えは十人十種であるかも知れない  答えを求めたいと思う  答えを忘れ睡った  答えは極めて複雑であろうと思う  答えもせで  答えを求めようとしても  答えが聞かれた  答えに窮したりした  答えの響きの悪さに感づいた  答えを出してしまった  答えを仕っても  答えをして置く  答えをカードで出したりするので  答えはすぐに出ない  答えが気に入らなかった  答えに向けられた  答えを聞いても  答えを聞きのがすまいとする  答えはいうまでも  答えに困る  答えの言葉も口から出て来なかった  答えは前の時とチットも変らないばかりでなく  答えをしたりした  答えを待っている  答えを歯から先へ押し出すだけで  答えを考え直すと  答えをして生きている  答えに躊躇したが  答えを待つ  答えは断乎としていた  答えをまった  答えが出来る  答えを求めようとは思わない  答えにまごついた  答えも元気でほ  答えが出たりする  答えをしぶった  答えをしぶっていると  答えがほうぼうからきこえた  答えがあいまいになったり  答えが出る  答えをしたという  答えに説き伏せられたといった  答えの間抜けさを感じました  答えをみんな直して  答えを準備したら  答えが気に入った  答えよりも最初の疑問がまず頭をもたげ出す  答えにならぬ  答えを見出して  答えを捧げたいと思う  答えが私の胸を刺して  答えがあります  答えもせざれば  答えはいつも不得要領に終わる  答えもし得なかった  答えが謙遜過ぎて  答えを腹の中で否定する  答えをしません  答えに腹を立てし  答えのような解答を求めようとした  答えに吉村は苦笑した  答えを期待していた  答えの素直さ一つによるものではないと思う  答えをそのまま繰返す  答えも無しに倒れている  答えを持つならば  答えにふくまれている  答えが出てない  答えがそこに出ている  答えにはなろう  答えもしていない  答えに懸けて  

~ 答え[名詞]1
これに対する答えは  満足な答えは  此の答えは  問いであり答え  彼女の答えは  出頭出来かねるという答え  意味の答えを  明快な答えを  児の答えが  園の落ち着いた答え  断定的な答えを  次の答えは  曖昧な答えを  深刻な答えが  老人の答えを  それに答えでも  浪江は答えは  天一坊の答えは  満足な答えを  兼子の答えは  居間にとの答え  全部の答え  現実の答えとしては  天堂一角の答えが  ような答えを  問答に対する答えとしての  誰の答えも  何の答えも  さっきの答えが  皮肉な答えと  熱心に答えを  それへの答えの  氏の答え  者の答えを  作家の答えは  ロマンティシズムそのものは答えを  なんの答えも  之に対する答えは  問いに対する答えを  丞は答えに  十一時半頃だろうと云う答え  人間の答えが  完全な答えは  あいつの答えを  明りょうな答えを  #質問と答えとの  ようにうけ答え  のかという答え  劉備の答えは  山彦の答えに  占いの答えを  無心の答えに  納得のいく答えを  効果的な答えを  ような答えは  私が答えを  明確に答えを  今の答えを  董承は答えも  巧みに答えを  咄嗟に答えに  劉表の答えは  二度にわたって答えの  そこに答えが  ケイの答えは  どれからも答えが  仕事を渡していつ答えが  椎名の教えてくれた答えを  それには答えが  趙雲の答えが  三言の答えを  母の答えは  関羽も答えに  勇蔵の答えの  目的を答えしかを  養母の答え  マリーナは答えの  一つの答えを  一つの恐しい答えを  博士から釣りだした答え  誰が答えを  博士の答えを  一郎が答えを  戦書の答えを  場所柄に応じた答えも  青木が答えに  礼子の答えは  長平の答えは  #いくつかの答えの  応け答えも  八重は答えを  彼の答えは  責任のある答えを  半ばの答えを  一言半句も答えの  愚にした答え  問うたにも答えも  彼は答えの  あなたの答えを  適切な答えを  種類の答えでも  事務的な答え  静子が答え  子供の答えに  当惑して答えも  花子の答えが  それまでに答えを  半信半疑の答えを  文句で答えは  学者たちの答えは  執達吏は答え  彼は答え  私は答え  彼女は答えも  座興的なうけ答えの  通りの答えを  私の答えを  女中の答えは  問いには答えを  黒板に答えを  からかいに対する答えと  それには答えも  愛子の答えは  ひと通り僕の答えは  ボートルレの答えは  ボートルレの答えに  自分の答えを  佃の答えが  それに対する答えを  8となって答えは  各人各様いろいろの答えを  腹に答えの  彼の答えを  必要な答えは  上だけでの答えを  私なりの答えを  中の答えを  納得のいく答え  等々の答えに  それらの答えで  いつまでも答えが  ひとりでうけ答え  一致した答え  それに答えも  明快な答えが  一人に答えを  質問には答えが  父の答えが  一言の答えを  壕が掘れるかという答えが  様子を窺いながら答えを  余り時経た答え  簡単な答えを  一点もたじろがず答えは  わたしの答えは  明晰に答えを  明かな答えを  一度の答え  先方の答えが  要領を得た答えに  船頭の答えを  それに答えは  なにも答えは  彼は答えと  きれいな答えが  美作の答えは  具体的な答えが  道理にかなった答えが  それらの答えが  整理して答えを  ホントの答えを  十の答えは  問いに対する答えによって  見識から聞きただした答えは  豊麻呂の答えも  玄恵の答え  此の答えに  最後の答えの  迷ぐれて答えの  正成の答えは  詩吟に対しての答え  佐野は答えに  洋介は答えが  奏功を答えに  虚空に答えも  公綱の答えが  問いに応じて答えを  結論だとか答え  貴島の答えも  北外の答えを  言葉少なに答えを  わたしたちの答えを  好い加減な答えを  玄関番の答え  ような答え  痛快な答えでは  不知哉丸は答えも  若者の答えを  藤堂の答えも  詔に答えていう  蓬莱和子の答え  ものに対する答えとして  一言の答えも  人々の答えに  べつな答えを  率直な答えなどを  尊氏は答えに  棒な答えでしか  彼の答えにも  商人の答えは  隆吉は答え  うちの答え  咄嗟に答えが  明確な答えは  何も答えは  信者の答えを  問題の答えには  何んの答えも  わしの答えでは  充分な答え  検事の答えは  正確な答えを  結局における答えの  筆者の答えとして  冷然として答えも  師匠の答え  明快な答え  秀吉の答えが  老人の答えが  いま極楽にいないという答え  不思議な答えを  何か答えを  明確な答えを  牛の答えに  お日様の答えが  二十と言うまでに答えが  藤吉は答えも  常吉の答えを  誰もしからんにはとの答えのみ  常識的な答えを  触角の答え  校長の答えを  クリストフは答え  傲然と答え  冷やかに答え  卑怯な答えを  弁信の答え  それの答えの  父の答えを  言葉をかけると答えも  ものだとの答え  右門は答えも  者の答えに  快活に答えを  一言二言の答えを  明瞭な答え  梶は答えを  高田の答え  興味の失せた答えを  挨拶へは答えも  挨拶に答えも  快活に答え  彼女は答えを  私の答え  彼らの答えに  不在だとの答え  横柄な答えを  冷淡な答えを  三時からだという答え  クリストフに答えは  勢いで答え  りっぱに答え  皮肉な答えを  彼女の答えに  愛とのみ答え  それが答え  のが答え  女王の答えが  人の答えを  一つの答えに  彼は馬鹿げた答えばかり  彼女はありふれた答えばかりを  僧都の答えは  満足な答えが  少将の答えが  泰然自若として答え  心の答えに  ことであるという答えを  御息所の答えは  情郎ありという答えを  ところの答えを  コックリの答えに  コックリに向かって答えを  ことで答えを  どれほど言っても答えの  ところで与えられた答えは  子息の答えは  呼び声に答えは  断定的な答えは  確実な答えを  私は答えに  私共の見出す答えは  吉祥と答え  ときの答え  越前守の答えを  師へ答え  一四六巻三八〇頁に出したを答えが  佐和山へ答えを  ごっちゃにした答えを  尺度や答えは  君の答えも  どっちの答えを  中倉翁の答え  何の答えにも  伊坂の答えが  それへの答えは  有名な答えを  曾皙の答えは  最後に出る答え  孔子の答えは  無言の答えを  相応の答えを  三度の答えが  未亡人の答えが  心を欺ける答え  三人にきいてみても答えは  散策子は答えに  一面に傾きすぎた答え  計代のうけ答えは  高の答えを  妙な答えを  問いと答えとを  君の答えが  普通の答えを  冷かな答えを  除村氏は答えとして  白石みずから問いもし答えも  結局小学生の答え  発狂したと思わねば答えが  内では答えが  式も答えも  少年たちはかれの答えを  肯定的な答えを  わけのわからぬ答えを  それに対する答えは  おまえに対する答えは  わたしは答えが  乱暴な答えを  さまざまの答えが  小鳥の答えを  問いの答えは  綺麗な答え  それが答えを  力こぶを入れた答えを  直接の答えに  疑問と答えとを  愛からと云う答えは  身の上相談の答えという  此の答えを  妹丈が怯えて答えを  正直な答えより  答えらしい答えを  へん抽象的な答え  誠心からの答えを  一言の答えは  ように答えを  実感に立っての答えは  疑問の答えを  それが答えでは  自身としての答えを  礑たと答えに  彼の答えの  所要の答えを  掩うたような答えを  計算の答えを  博士の答えは  自分自身の答えに  唇を見つめて答えを  これが答えは  問いも答えも  三人の答えは  あいまいな答えを  文次の答えを  心理的な答えを  博士の答え  次郎の答えは  次郎の答えに  道江の答えを  ような答えが  西山教頭は答えに  次郎の答えも  たよりない答え  朝倉先生の答えを  熱心にうけ答えを  朝倉先生の答えは  無造作な答えに  帳面には違った答えばかり  ような答えよりも  意外な答え  喜びをして答え  向きもせず答え  横になりながら答えを  ものへの答えを  明確な答えが  ノミの答えは  眼をやって答えを  不服そうに答え  となりから答えが  ボーイの答えに  自分の答えは  直接の答えを  私の答えが  あれが生きた答え  十兵衛の答えに  計算の答えの  三里と答え  明瞭な答えに  老人の答えは  紋切型の答えを  婆さんの答えを  私も負けずに答えは  一言も答えは  前の答えを  何かの答えを  すべてラストの答えが  一つの答えには  若者の答えは  未知の答えに  これの答え  

~ 答え[名詞]2
その答え  やっぱり答え  この答え  思いがけない答え  こういう答え  なまやさしい答え  低い答え  つい答え  初めて答え  いずれ答え  いち早く答え  いい答え  おもしろい答え  別に答え  いくら答え  さらに答え  もう答え  ない答え  こう答え  正しい答え  どうしても答え  恐らく答え  決して答え  すぐ答え  同じ答え  何気ない答え  どういう答え  何とも答え  苦しい答え  もちろん答え  尚も答え  どの答え  しばらく答え  しかるに答え  いじらしい答え  もとより答え  なぜ答え  たしかに答え  やはり答え  一寸答え  ついに答え  ほしい答え  正しき答え  こんな答え  ともに答え  なんら答え  其の答え  飽くまで答え  なく答え  すでに答え  あらゆる答え  至って答え  必ず答え  まだ答え  暫く答え  少し答え  そんな答え  早く答え  わが答え  更に答え  あの答え  ちょっと答え  強いて答え  何とか答え  なおも答え  

複合名詞
答えよう  答えかた  答えぶり  答え乍ら  終局的答え  なに答え  あれ答え  答え方  答え様  答え返し  みずから答え  ぐあいにお答え  答えたまえ  気休め的答え  答え次第  答えきり  



前後の言葉をピックアップ
こたえ    応え  応えよ  応えん  こたえよ  コタエル  答える  堪える  こたえる


動詞をランダムでピックアップ
温め据わるこじらさ競べれ冠せ研げる詰め切り仰れことほい見廻ろひっとらえる折重ね取り持と纏っ解けあうなじも立入っ走りゃ好ま下され
形容詞をランダムでピックアップ
薄ぎたなく分別臭く苦い照れくさかっとめどなき暗からはなはだしく奥深うさくく空恐ろしかっうす汚そぐわな尊い用心深かっうっとうしくいたいたしく怪しけれ気づよ分厚いおそろしかろ