「熱燗」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

熱燗[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
熱燗を何本となく続けのみにした  熱燗をした  熱燗に舌をやきつつ  熱燗でねぎまとくると  熱燗をキュッとひっかけたら  熱燗を頼んだ  熱燗のお酒を呑みつづける  熱燗に取り替えて来たりして  熱燗で二三杯きめ出すと  熱燗のコップを交換しているじゃないか  熱燗を手酌で傾けて  熱燗を注文して飲みました  熱燗をひっかけると  熱燗で一ぱいきゅうっと引っかけなければ  熱燗にして  熱燗を呼び  熱燗も存じております  熱燗にしておく  熱燗で一杯遣らずばなるまい  熱燗の酒がジリジリとしみこんで行く  熱燗をとって  熱燗を呷つた  熱燗の立飲みをする  熱燗を丸三本分逆様にしたので  熱燗の徳利を持って来て  熱燗を持ってこいもねえ  熱燗でいっ  熱燗を貰って  熱燗のお酒を飲みたい  熱燗のお酒も飲んだし  熱燗を守人の前へ置いてから  熱燗をぐっと引っかけて  

~ 熱燗[名詞]1
空腹に熱燗を  朝餉に熱燗で  日本酒の熱燗を  それを熱燗に  大急ぎで熱燗を  惣菜で熱燗を  先生の熱燗は  上酒を熱燗で  一抔の熱燗を  ヤケという熱燗に  晩に熱燗で  込や熱燗を  櫃台に靠れて熱燗の  寒気がなさるから熱燗を  枕許へ熱燗を  あぐらをかき熱燗の  小皿盛りと熱燗を  

~ 熱燗[名詞]2
あまっさえ熱燗  一杯熱燗  

複合名詞
只熱燗  大願発起痴話熱燗  熱燗十本  熱燗いところ  熱燗三杯  熱燗附  



前後の言葉をピックアップ
暑から  篤から  暑かろ  扱わ  あつかわ  厚紙  暑がり  阿月  厚き  あつき


動詞をランダムでピックアップ
わななくねじる遅らせよ出し抜きゃ伸びん立ち止まれいろめく匂わさ待ち合わしなけん診ろ入りびたれ落ちつけよふてるあばれろ温まれ折重な苦りきる切付け括れる
形容詞をランダムでピックアップ
わるけれ危なかっ易く恐れ多い醜くよんどころな厚ぼったかっまだるっこいばからしくじじむさ口喧しわかり易から涙脆い深きふとかれあぶなっかしかっ侘しきわずらわしくとおから