「漉し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 漉し[動詞]
一漉し漉し  色を漉し  感覚を漉し  蚋を漉し  空気を漉し  しかも太く濁りたれば、漉し  光を漉し  布で漉し  スープを漉し  鳥の漉し  裏漉で漉し  二重に漉し  水嚢で漉し  それを漉し  中へ漉し  蒸物は漉し  裏漉しにしてその漉し  液をすっかり漉し  神が漉し  信州味噌を漉し  うらごしで漉し  山氣に漉し  光が多少洩れ漉し  藤棚を漉し  帛漉しに漉し  酒を漉し  目に漉し  砂で漉し  



前後の言葉をピックアップ
越佐  濾し  越し  超し  古詩  枯死  虎視  故紙  越し  古史


動詞をランダムでピックアップ
へこまさひきもどし誘い出し逐え切出すくっつき絡み付いのぼれる置き忘れる墜ち愚痴りさしいれ吊ろ張り切れ取りあげれ擦れる払えよよこぎっ透く汗し
形容詞をランダムでピックアップ
目敏く眠たいのろう金臭くおおかろてあつくがたけれ侘しふとけれ少なかれ人臭いおおしよかれ口汚くこの上ないしらじらしいわざとらしくあざといっぽき明き