「来る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 来る[動詞]
蚊帳を通して来る  今かなりはっきり浮んで来る  若い胸にふれて来る  性質でなくなって来る  ものでもあり得なくなって来る  緊張して来る  間からまとめられて来る  部分をかすめとって来る  接近して来る  真剣に鍛えられて来る  ソレに近づいて来る  ことを多少に拘らず証拠立てて来る  文学が生まれて来る  ところへ来る  此家に来る  遊びに来る  冬を入り来る  競ひ来る  諸君が聴きに来る  あとからあとへと現われて来る  物語に出て来る  誰かが降りて来る  化粧料から来る  下へ降りて来る  逆になって転り落ちて来る  新宿まで来る  女で、とても気味が悪くて持って来る  助手を連れてやって来る  考えが知らず知らずに出て来る  東から来る  切れ目へ来る  だんだん声高になって来る  娘の来る  有効になって来る  疲労して来る  あとからもまた出て来る  さを増して来る  競争者が出て来る  盛り上って来る  肌に浸みて来る  何本もせしめて来る  聴えて来る  淹れて来る  所へでも置いて来る  叔父さんが出て来る  前へ来る  ンじゃないよ、すぐ出て来る  裾へ当って来る  上京して来る  ガード横丁まで引っかえして来る  自動車が帰って来る  町が走って来る  階下へ降りて来る  埃がおちて来る  下から上って来る  歌声が聞えて来る  あとからあとから溢れ出て来る  お喋りに来る  初秋に飛んで来る  みそさざいが来る  下に来る  さらいして来る  曲り角まで来る  叔父達の出て来る  陰から呆んやり出て来る  礼子ちゃんと帰って来る  小説に出て来る  三重吉はたびたび来る  葉書を買うて来る  今晩宿直だから来る  十一月号が来る  気持から来る  問題が生れて来る  豊富さでかえって来る  視線にふれて来る  現象があらわれて来る  なかからより出して来る  人にかかわりあって来る  一つも訴えて来る  問題になって来る  日が来る  口から出て来る  家から起こって来る  ふうに、困って来る  家へ来る  救いを求めに来る  家庭を見に行って帰って来る  声も聞こえて来る  画には、なんとなく迫って来る  ききに来る  あとから登って来る  ちょっとフランスあたりへ行って見て来る  世界を見て来る  わらじがけで見に来る  ところから来る  東京へ連れて来る  前に現れて来る  ことも凝と考へて見ると悲しくなつて来る  声が響いて来る  輝きこそは、あゝ、来る  形で現はれて来る  一人伴が来る  別嬪が来る  顔が浮んで来る  後から別嬪さんが来る  孫はどうして降りて来る  対照が起こって来る  人形振りが浸み込んで来る  手をつなぎ、このジリジリ迫って来る  検べに来る  今日は来る  救いの来る  警視庁へ連れて来る  たか、取調べて来る  鑑識課へ行って戻って来る  谷村が連れられて来る  日本人が来る  もっと切実に来る  潮風が吹いて来る  雨の来る  一度に漕ぎよせて来る  ことが来る  ここへ引返して来る  泌み出して来る  あたりへ来る  心にきっと甦って来る  廊下から運動場へ出て来る  二つが、現れて来る  これでもう来る  火を焚いて来る  文句だけれど、来る  から内から人の来る  面をすべってきこえて来る  かすかにきこえて来る  申上げ出て来る  人に呼ばれて来る  所に来る  さがこみ上げて来る  仄に出て来る  肉をどつさり持つて来る  ちいちやんを借りて来る  清原君の来る  小太郎をつれて来る  世の中に出て来る  面倒を見てくれますばかりか、来る  母まいつ来る  四里から背負って来る  不可能になって来る  男の子一人連れて帰って来る  所へ来る  養子に来る  一鍬づつ掘り進んで来る  間には大きなひらきがついて来る  ひょっと帰って来る  お盆が来る  生活的事実から出て来る  覗きに来る  のぞきに来る  やつて来る  様子を見に来る  気に語らひながら歩いて来る  逆上して来る  なつて来る  気がして来る  節を付けて、売りに来る  向うからヨボヨボと歩いて来る  ものがふえて来て、かたくて練りにくくなって来る  東京を立って来る  膨らかして来る  夏になって来る  先がかりで来る  さへ来る  ぐつと来る  鯰がガバと来る  魚を売つて来る  見学して来る  処女性をもつて、ツンと来る  貪婪にぐいと来る  夢にさへ現はれて来る  点になって来る  彼氏の来る  十分以上から来る  女性が歩いて来る  僕を呼びに来る  ふうにのびて来る  ここへ戻って来る  瀬戸内海へ来る  発散されて来る  ここへ引っ越して来る  いっしょに来る  友達が来る  近くまで来る  汗だくになって帰って来る  廊下まで出て来る  キチンへ来る  胸には、ぐんと来る  死にたい気持にもなって来る  ギタをかかえてやって来る  規則正しく聞えて来る  自然に出て来る  この世が恨めしくなって来る  胸にぐっと来る  庭におとずれて来る  合格通知が来る  教室へ持って来る  遠方より来る  進ちゃんの来る  鈴岡さんから電話が来る  ちょっとお母さんに話して来る  学校から帰って来る  先生が来る  時が来る  哀れに聞えて来る  猛犬でも出て来る  犬ころ一匹出て来る  五月三日にまた来る  気持にぴったり来る  敗残者の来る  気持がして来る  看護婦さんの呼びに来る  裂目から落ちて来る  早朝から手伝いに来る  チョッピリ叔母さんも来る  中に出て来る  不意に来る  通知の来る  ごまかそうとするから、いろいろと、むずかしくなって来る  受験生が集って来る  切迫して来る  欠点も、いよいよハッキリして来る  通知が来る  ポケットにいれて来る  大袈裟になって来る  ぼんやり楽屋へ帰って来る  時節が来る  皮に包んで提げて来る  人が来る  側へ来る  芳ちゃんを呼んで来る  人達が集まって来る  お寺から坊さんが来る  寺から帰って来る  天神様が出て来る  鼻面で割込んで来る  眼を輝かして飛んで来る  一目散に飛んで来る  側視もせずに切々と帰って来る  此方を向いて来る  親子が来る  事を言って来る  俥が来る  明日買って来る  なに、好いです、買って来る  なに、買って来る  四畳へ帰って来る  一枚も読んだかと思うと、もう頼もうと来る  お通し申せと来る  片附いているけれど、帰って来る  其儘出て来る  時分に、漸う起きて来る  椽側を駈けて来る  蒐けて来る  玄関へ来る  雑誌社から送って来る  手紙が来る  雑誌社から頼みに来る  書肆から頼みに来る  部屋へ来る  二人ばかり来る  下げに来る  膳を運んで来る  最終には来る  変になって来る  心待にしていて、来る  掃除にもいつも来る  送金を求めて来る  困難になって来る  内へ這入るかと思えば又出て来る  嬢様を伴い来る  一寸此処へ着けて呉れ、一寸行って来る  此処から忍んで来る  泊りに来る  如来さまが降って来る  屋敷から一人で出て来る  孝助殿が来る  書付を握って来る  殿、又直に帰って来る  部屋へ連れて来る  提灯を提げて来る  萩原様に極惚れて通って来る  幽霊になって逢いに来る  百両持って来る  屹度持って来る  幽霊が這入って来る  金の来る  廊下を忍び来る  孝助を連れて来る  話をして来る  幽霊の来る  方々から押掛けて買いに来る  方へ来る  寺参りをして帰って来る  お前ナア余り早く来る  台所などから来る  孝助の来る  苦労ばかり重なって来る  門口より入り来る  大勢帰って来る  庭口から此家に忍んで来る  後から来る  方へ逃げて来る  必要も起って来る  着物を汚して来る  メーデーが来る  三度めぐって来る  露出して来る  水全体が押し寄せて来る  形が進んで来る  波が来る  海面がきわ立って黒くなって来る  沖から寄せて来る  浜べに近づいて来る  お祭が近づいて来る  毎年試合が近づいて来る  薪木を拾いに来る  侍一同が、来る  白眼みかえして帰って来る  貴様の来る  目に見えだして来る  方向から明りが射して来る  泣きながらこちらへ歩いて来る  一生懸命ついて来る  反射して来る  方へ出て来る  中ほどまで煽られて来る  浮き沈みして流されて来る  移動して来る  浮出て来る  常磐橋まで来る  中へまぎれ込んで来る  燃え移って来る  だんだん烈しくなって来る  常盤橋まで来る  年が来る  基に向って来る  前に落ち来る  分け前が来る  夏休みが来る  河を下りて来る  岸へと吹き付けて来る  絵葉書が来る  写真が来る  風の這入って来る  さが続いて来る  梯子段を上って来る  三味線の響いて来る  鬼が来る  初孫が生まれて来る  茂みから来る  庭へ来る  さから来る  五六歩後から歩いて来る  夜遅く帰って来る  音が聞こえて来る  自分に働きかけて来る  露骨に突っ込んで来る  深みに触れて来る  事が集まって来る  中心へ来る  格好で急いではいって来る  たよりの来る  五日したらまた来る  五通神の来る  仲間が来る  間待ってももう入って来る  復讎に来る  鳥の堕ちて来る  日にか来る  菓子をもらいに来る  晩が来る  何によって来る  力が来る  日曜日が来る  時期が来る  心に来る  沈黙が来る  空から降りて来る  眼を見つめていると泣けて来る  リズムが来る  ものを伴って来る  傍へ来る  感染して来る  打撃が来る  ものになって来る  死が来る  今少しおそく来る  何時でも来る  日本海から押し寄せて来る  町から来る  行列が来る  からかつて来る  立禁と来る  三人づれが来る  家からも、飛び出して来る  ヒゲを剃つて来る  夏が来る  瞬間が来る  セツなくなり、少し息苦しくなって来る  まり鼻に来る  こちらに来る  立像を映して近寄って来る  性質を帯びて来る  事がかわるがわる起こって来る  それが吹いて来る  表象に浮び上つて来る  雨は生きて来る  うすい紅ゐがさして来る  発見して、ありがたくなって来る  腕が疲れて来る  作者が、そぞろなつかしくなって来る  依田が来る  女は来る  人たちと来る  砦にとび込んで来る  なかに飛び込んで来る  面影に立つて来る  前に浮んで来る  人も来る  碁会所へ来る  確めに来る  お客が来る  船を漕ぎ来る  諜報が飛んで来る  媾和使の来る  突喊して来る  敵勢追って来る  天平が来る  藤原が来る  鎌倉が来る  徳川が来る  スースーと歩いて来る  武士がはいって来る  それから半身が浮き出して来る  歩き方ではいって来る  そこへ来る  明日出直して来る  礼に来る  山から暮れて来る  鳴り鳴り吹いて来る  仕合せがもたらされて来る  言葉がまずきこえて来る  私は来る  うちがもくもくと戦いて来る  銭もつて来る  天降つて来る  一処に伴いて来る  デラポールトのまへに出て来る  とつてもつて来る  電話をすればすぐに帰って来る  時を択んで来る  うねりながら来る  上から下へ動いて来る  自然に浮んで来る  知らせが来る  今に来るかも知れん、どうせ来る  使でも来る  何となく落ちついて来る  胸先を射られて来る  迷つてはならぬ、攻め寄せて来る  話をしに来る  波が寄せて来る  身が入って来る  記憶が実になまなましく甦って来る  steikに近づいて来る  縁故を生じて来る  これがやはり似通って来る  音がつづいて来る  一つになって来る  親類になって来る  malaiに似て来る  ものが生れて来る  興味が動いて来る  問題が生じて来る  君の出て来る  念が湧き上って来る  ことが出て来る  風に送られて匂って来る  家を挙げて引越して来る  千駄木あたりへ引越して来る  計画があって引越して来る  中へとびこんで来る  くせ、近づいて来る  ここへ来る  ことをいったが、次には、やがて来る  金杉まで来る  上使が来る  さそのものでがっしり組んで来る  渡り鳥が来る  サムライが出て来る  地からもり上って来る  きみも来る  言つて走つて来る  花屋から出て来る  町から出て来る  前まで来る  遠くから地響きして走つて来る  小父さん赤鬼が来る  救ひは来る  明日が来る  喜こんで食べに来る  動物園へ来る  鳥が来る  巡査が来る  登場して来る  懐中電燈を持って来る  底からでも聞えて来る  地震が来る  不安は襲うて来る  中にも来る  喜びが来る  社会が生れて来る  かい時代が、また来る  後架から出て来る  惜む心と来る  君の来る  静かに落ちて来る  春の来る  ここに来る  感じが蘇って来る  外部からこういって来る  雛はん見せとくれといって来る  焼きに来る  盆に来る  崩しに来る  遊戯に出て来る  鬼の来る  雀よかろいつも来る  ブーンといって飛んで来る  方に来る  見物に出て来る  六三郎を見に来る  木の下まであるいて来る  小鳥の囀りが聞えて来る  枝に来る  雌が再び下りて来る  枝から枝へと伝って来る  端から順々に押して来る  落下して来る  地上に来る  雪片となって降って来る  ひらひらと降って来る  風が来る  ように降って来る  だんだん左舷へ迫って来る  外から帰って来る  そばへ来る  それが帰って来る  まり頻繁に見に来る  角まで来る  ここまで来る  妙になって来る  ものが考えられて来る  嫁に来る  幾ら捨てても帰って来る  しらが熱くうるおいそめて、にじみ出して湧いてこぼれて来る  時代が来る  第一流が来る  建築場から響いて来る  行進して来る  中で戦ひの来る  廻りに起つて来る  何だか可笑しくなつて来る  芝居に出て来る  仕度をして来る  忙ぎで行つて来る  村を出て来る  機会が出て来る  ごちそうを持って来る  町へ来る  空から舞い下りて来る  交錯して、聞こえて来る  広間まで迎えに来る  お金を持って来る  こっちへ来る  がらがら声がとび出して来る  照明がしのびこんで来る  酒を持って来る  鼻孔に入って来る  ずんずん増して来る  空気のもれて来る  あかりが入って来る  整理されて来る  侵入して来る  僕に会いに来る  一貫して迫って来る  お金を取って来る  一緒に来る  伴れて来る  一緒に来いって言うから、こうして来る  者からもらって来る  ちょっと往って来る  往って来る  かぎりは、追っかけて来る  供が出て来る  合唱が聞えて来る  札幌に来る  の、来る  興奮が来る  だって俺今夜こけへ来る  一室に来る  急ぎ足で来る  函館まで来る  側に来る  結果に来る  結果でも来る  仕事場に来る  冬が来る  所まで来る  試験が来る  孵化場あたりから来る  渡瀬さんの来る  恋愛が来る  それは、本当に来る  ところに来る  後ろまで来る  春が来る  夜更けてやって来る  当にして来る  警官はやって来る  晩今井が下りて来る  病院に泊って来る  薙刀を持つて来る  中途まで来る  滝へ来る  復帰して来る  筋を引いて来る  桃を盗んだとて追うて来る  調子に乗つて来る  身にしみ渡つて来る  民主化されて来る  理解されて来る  木魂して来る  ものとなって来る  意味をもって来る  つて戻つて来る  物干へ来る  うだつたら買はないで来る  何かさがして来る  店から出て来る  ちょっといってまた来る  一くぎりずつ出て来る  酷熱が来る  尾世川さんが来る  ところまで落ちて来る  海見て来る  帆をあげて走って来る  最後に来る  感動にふれて来る  劇痛のよって来る  寺へ訪ねて来る  上を踏み躙って来る  中に、うっかり閃いて来る  さも、また増して来る  魂にまつわって来る  暇に来る  んじて来る  思想が減じて来る  加速度的に増して来る  処へ来る  報知を送つて来る  襲ひ来る  ところで、聞きつけてやって来る  助けに来る  小川通りを下って来る  わたしが忍んで来る  裏へ来る  男の来る  そこを通って来る  毎年ロオデンシヤイド市に来る  どこから手に入れて来る  それを取りに行って来る  生活に破れかけて来る  あとに来る  天国をもって来る  戸を押し開けて出て来る  川に入って来る  伝はつて来る  値うちを持つて来る  耳に響いて来る  結婚を申しこんで来る  ものですから、来る  毎日三娘の来る  老婆について来る  婿が迎えに来る  からかいに来る  その後から押して来る  女が来る  必然的に来る  徐かに来る  墓地へ来る  林へ来る  晴夜の来る  上へあげて来る  休息が伝わって来る  お前が来る  からもう来る  着物を買ってさえ来る  んと出て来る  蛇になって出て来る  気もちが判って来る  旦那が召しあがったら、戻って来る  何をうろうろしに来る  母も戻って来る  中を通って来る  方を向いて来る  顔を洗って来る  ぞろぞろと来る  時刻が来る  一歩一歩夜の進み来る  佳境に入って来る  要求して来る  当に来る  店に来る  お話をすつかりおぼえて来る  鼻に来る  がたをしてあらはれて来る  つて出て来る  彼は次に来る  国から来る  音もさせないで来る  女が凭れかかって来る  警官が来る  ドラゴンへ来る  本庁へ帰って来る  お前さんなんかの来る  貰ひに来る  顔がまざまざと浮かんで来る  人間が飛び出して来る  胃袋が汚れて来る  事が現われて来る  度を加えて来る  意味もほぼ定まって来る  風に考えて来る  ようになって来る  神として来る  海から来る  それらが来る  神の来る  此中元に来る  遥かに溯つて来る  夜から正月へかけて、戻つて来る  歳棚へ来る  携へて来る  大社に来る  祭りに来る  語頭に来る  語尾に来る  態度から来る  こちらへ走って来る  硝子窓から射して来る  いかがわしい客などが入り込んで来る  南京龕から射して来る  そこまで来る  刑部老人が来る  崖から落ちて来る  道から、上って来る  こっちへ近寄って来る  漫歩して来る  花野を踏み踏み歩いて来る  ように歩いて来る  様子を見に出かけて来る  歌声の来る  一行の近寄って来る  こっちに走って来る  押し出して来る  勢の来る  一団の走って来る  大勢の追って来る  数を増して来る  得物を揮って群がっていたが、駈けて来る  隙から射し落ちて来る  塊まって、迫って来る  長閑に話しながら歩いて来る  そこから見えて来る  群て歩いて来る  者は来る  殺到して来る  此方へ歩いて来る  下まで来る  夕飯を持つて来る  ちよの下女の持つて来る  卵を持つて来る  ひき出しから抜いて来る  裏が熱くなつて来る  運動会へ来る  昼休みのさわぎが微にきこえて来る  部屋へ引き上げて来る  なかに浮出して来る  印象に迫って来る  心が明るくなつて来る  静に沁み込んで来る  悦びを伝へて来る  自分の来る  すゝめて来る  みんな夢でした、と来る  から芸者連れで来る  胸に込み上げて来る  ら醸し出されて来る  鬢髪漸く白んで来る  横から来る  収容所へ来る  神のみ国が来る  日も来る  ときに来る  からチンドン屋が来る  誠一が駆けこんで来る  庭を駆けて来る  下駄を鳴らして駆けて来る  牛をひいて集まって来る  田川君は来る  見舞いに来る  感じに来る  ひそかに起き出て来る  しかしその当然来る  彼女は来る  人の来る  身をおそって来る  やうにやがて来る  自分に近よって来る  生垣をめぐって帰って来る  のびやかに訪れて来る  看護婦が来る  初夢を見ようと思って寝ますと、いつも来る  家主から返事が来る  山々の蹲りがありありと見えて来る  ことを言いに来る  そこへ移して住み、訪ねて来る  如く群って来る  時草庵を立ち出でて帰って来る  法然が来る  才覚が出て来る  延期だ、来る  夢に、来る  流行をきわめて来る  あふれ者が出て来る  盛んに起って来る  嫉妬妨害者が起って来る  如くに集まって来る  地にいたけれども訪ね来る  果ては時々来る  跡を追って来る  中からみんなが追かけて来る  運命が落ちかかって来る  友江を見舞って来る  上へと逃れて来る  人々も加わって来る  一寸家に寄って来る  支配人がやられたといって飛び出して来る  曲者はどうしたと飛び出して来る  斯う書いて来る  此く思うて持ち来る  鮮やかに現われて来る  鮮明に現われて来る  目に浮かんで来る  潮の来る  棄っておけ、もう、食いに出て来る  朔日が来る  変つて来る  展開して来る  字義にはまつて来る  醇化して来る  ものと考へて来る  詔などに見えて来る  意義を持つて来る  下界に来る  者が出て来る  行はれて来る  上に出て来る  大分変つて来る  物がハッキリと判って来る  前後左右からのしかかって来る  着物売りに来る  自転車に乗って来る  届けに来る  駅まで来る  電車が来る  決心が鈍って来る  便所から出て来る  佳境にはいって来る  階段を降りて来る  大阪へ戻って来る  仁が寄って来る  別府へ来る  画面に出て来る  底から沸きあがって来る  方向から僕をめがけておそいかかって来る  水しぶきが、沸きあがって来る  時間に来る  大波が来る  ビーチに来る  朝早くに来る  銭が入って来る  リヴァースで入って来る  波はかならず来る  波の来る  北アメリカから帰って来る  海岸へと寄せて来る  僕たちに向けて押し寄せて来る  波が近づいて来る  ハワイに向かって伝わって来る  ふもとまで来る  前まで歩いて来る  ストアに集まって来る  風がいったん止まり、吹いて来る  西海岸から帰って来る  西海岸からハワイに帰って来る  こっちへ帰って来る  回航されて来る  沖から立ちあがって来る  筋肉疲労などでふるえが来る  うねりが押し寄せて来る  両脚から体にのぼって来る  湾に向かって来る  海底から背をもたげて来る  ヘッドフォーンから聞こえて来る  雲を射しつらぬいて来る  前方に噴き出て来る  スピードと追いかけて来る  こちらに向かって走って来る  差し出して来る  海から吹いて来る  うねりが来る  入口に向かって来る  のしかかって来る  ぜんたいが、近づいて来る  僕に向かって来る  体に乗り移って来る  壁が、轟々と落ちて来る  なかに射しこんで来る  月光が走って来る  しろから僕に向かって押し出され、吹き出て来る  月光が射しこんで来る  風に乗って沖まで届いて来る  暗黒から聞こえて来る  なかにもれて来る  自然に沸きあがって来る  海底から僕をつかまえに来る  それが聞こえて来る  かすかに聞こえて来る  空でも落ちて来る  体験しに来る  空が落ちて来る  期限が来る  ブルドーザーが入って来る  沖から波が来る  空間に張り出して来る  沖から進んで来る  滑降して来る  岬に向かって走って来る  僕を訪ねて来る  しろから接近して来る  波動して来る  あいだをぬって寄せて来る  あふれ出て来る  山から噴出して来る  溶岩が流れて来る  次から次に流れこんで来る  しろから追いかけて来る  頂上から崩れて来る  岸から吹いて来る  しろから追って来る  岸に向かって来る  こちらへ歩いて来る  シークエンスが来る  そこから南西へ、ほぼまっすぐに下って来る  過去を引っぱり出して来る  僕にまわって来る  波打ちぎわからこちらに向かって歩いて来る  砂浜に向かって来る  不安感のおそって来る  蒸気機関車が走り出して来る  話は舞いこんで来る  虹の出て来る  あいだ、舞いこんで来る  自然に生まれて来る  人間をとおして黙々と伝わって来る  客が来る  サーフボードが飛び出して来る  サーフボードが出て来る  外に向かって張り出して来る  裾から吹きあげて来る  上に轟々と落ちて来る  滑走して来る  波打ちぎわに帰って来る  砂浜に向かって運ばれて来る  砂浜にあがって来る  こちらに向かって歩いて来る  今日ここへ来る  家に入って来る  何百年にもわたって来る  どこからか帰って来る  角度から撮って来る  ホノルルに帰って来る  風が少し吹いて来る  人たちから次々にかかって来る  電話をかけて来る  相談が、聞こえて来る  速度で追いかけて来る  貨物列車が来る  ままサーファーにつかみかかって来る  現像が出来て来る  闇が迫って来る  星はいっせいに飛んで来る  ボードは落ちて来る  発生して来る  椎の木にとっては、来る  もの全体から来る  とこ山から出て来る  中をごうと落ちて来る  主人の来る  膳にのって来る  谷に入って来る  艶が増して来る  寒い冬が来る  竹山から春風に乗って反響して来る  訣るとが同時に来る  瞳が潤んで来る  部屋まで来る  私に求めに、愛されに、すがりに来る  艶子から見舞いに来る  姉の来る  地に来る  宗教的気分から来る  天より来る  群れをなして出て来る  私に帰り来る  翌日尾道に来る  ちょっと宮島に行って来る  一燈園に来る  変化が来る  そばに来る  試みが来る  私は何もかも起こり来る  そばまで来る  人生の終わりに来る  おじさんが来る  電文を打って来る  中までのぼって来る  ここへのぼって来る  中まで来る  飛行機で来る  高度を低くして来る  落下傘でおりて来る  声が飛出して来る  仕掛で、来る  時間が来る  だんだん疲れて来る  足がとんで来る  ときが来る  方へ近づいて来る  正面から来る  ところばかり攻めて来る  さいそくして来る  こっちへ近づいて来る  気持になって来る  敵の来る  ここへ攻めて来る  んと鳴らしに来る  こっちへ攻めて来る  日本軍がはいって来る  匐上って来る  禍がふって来る  どこを潜って来る  風がすうっと吹いて来る  から洋行して来る  日本人クラブ宛で来る  前に運ばれて来る  形式においてつきまとって来る  ことになって来る  ものも出来て来る  島の内へ来る  蓋もあけずに帰って来る  透明から来る  端から伝わって来る  障害が伴って来る  ものが現われて来る  仕事を引き摺って来る  時代も来る  ものが出て来る  ガラスを透して来る  芝居はもはや見てしまったものの如く思えて来る  同然と思えて来る  ものと思えて来る  ことから自然と湧き出して来る  書物と来る  大工ありと来る  向うから自発的に買いに来る  水難が起こって来る  のは来る  海へ行きましょうかと来る  燃え上って来る  気が浮き立って来る  何処からともなく吹き初めて来る  冷気が込み上って来る  処から生じて来る  必要が起って来る  底から幸福が湧き出して来る  香りを慕って来る  棒になってのぼって来る  地面まで騰って来る  こっちさえ見ればかけて来る  涛も打って来る  みな僕をしたってあつまって来る  こっちさへ見ればかけて来る  濤も打って来る  自分で進んで見に来る  先生に勧められて見に来る  見識が出て来る  中からお札が出て来る  情熱が燃えて来る  のか来る  下から聞えて来る  内地から芝居が来る  風呂から帰って来る  運転手達が来る  夢の中からでも聞えて来る  ところまで来る  もれと覗いて来る  夢が段々蘇って来る  奥から出て来る  心がはずんで来る  涙がにじんで来る  その男が上って来る  山盛り店へ運ばれて来る  われにみすぼらしくなって来る  花のように匂いを遠くまで運んで来る  子供っぽくなって来る  体をのばすと、ふいと女らしくなって来る  のが響いて来る  形に見えて来る  ようにふるえて来る  匂いがこぼれて来る  上野公園下まで来る  不安になって来る  そうにキリキリ迫って来る  頭に浮かんで来る  憂鬱に浮かんで来る  元気になって来る  ように荒んで来る  三度と来る  五十里さんが越して来る  脊に、疲れて上って来る  針を持って来る  黒島夫婦遊びに来る  萩原さん遊びに来る  焼酎を買って来る  帰えって来る  高慢にふくらんではいって来る  かく寄って来る  足音で上って来る  言葉が当って来る  五ツ買って来る  めにたって来る  夕方にでも来る  トントン梯子段を上って来る  山本さんはいって来る  上に来る  山本さん二人ではいって来る  ますますくだらなくなって来る  ように降りて来る  若松町まで来る  かづいて来る  荷物を運んで来る  息を吹きかえすまで、働いて来る  一番胸に来る  さらしの襦袢二枚送って来る  油をさしに来る  笊が廻って来る  ようになって流れて来る  お父さんが早く帰って来る  障子を開けてはいって来る  ほど不快になって来る  上にかぶさって来る  ムカムカして来る  伝票が張られて来る  仕事はドンドン運ばれて来る  空想して来る  弁当持って来る  拾円かりて来る  ように拡がって来る  知らせに来る  糸崎へ行って来る  点々と上って来る  ブツブツものを言いかけて来る  さがビンビンこたえて来る  はばかりから出て来る  者の来る  臭いにおいが流れて来る  頬ばりながらはいって来る  夜中に連れこんで来る  おっくうになって来る  瞼に押して来る  何かに生れて来る  暴力で来る  東京へ流れて来る  二人飛び込んで来る  所から此辺に来る  バナヽを買って来る  吹き流して来る  十子遊びに来る  彼女は込み上げて来る  一斤買って来る  泡より儚なく、めんどくさく思えて来る  ハガキ一本で来る  妙に熱っぽくなって来る  ように泡立って来る  女学生かえって来る  蒲団にもぐり込みに来る  松田さん遊びに来る  前に来る  郵便局から帰えって来る  芝居ではないかと考えられて来る  事が出来て来る  ところが出来て来る  ドシドシかけて来る  浅草に来る  風に疑って来る  事実を見たり聞いたりして来る  観察して来る  どこにあるかと見まわして来る  自らここに落ちて来る  落語に出て来る  必要になって来る  位ですぐに引き上げて来る  縁日なぞにもよく行くが、只行き抜けて引きかえして来る  江戸ッ子が集まって来る  拳固が飛んで来る  江戸弁と来る  事業になって来る  一渡り落ち付いて来る  処に帰って来る  ガラガラと来る  だんだん這入らなくなって来る  幅を利かして来る  道中をして帰って来る  江戸に集まって来る  東京に来る  銀座に来る  露骨になって来る  辺迄来る  ガードを潜ると、又一段と安っぽくなって来る  趣が又違って来る  浅草へ来る  遠方から来る  優勝劣敗から来る  中までも押し及ぼされて来る  山奥あたりから引き上げて来る  買いに来る  本店に持って来る  範囲になって来る  通りに来る  減少と来る  その後も引き続きグラグラと来る  理想となって来る  文化まめとなって来る  料理に必ず出て来る  漬物は売りに来る  理想は何かと考えて来る  一ヶ月二百円以上も送って来る  範囲から出て来る  諸君が出て来る  オーバーと来る  縁日に出て来る  人事相談所に持ち込まれて来る  中に押し詰まって来る  緊張味がなくなって来る  相談を持って来る  時であるが、すこし落ち付いて来る  別れ話を持って来る  自由離婚だけが来る  人事相談所へ持ち込んで来る  人事相談に持って来る  人事相談を持って来る  ビル・ゲイツ会長は来る  テッド・ネルソンは来る  ビル・アトキンソンは来る  もう一度黄金期は来る  胸にずんと来る  内に帰って来る  引取りに来る  年齢を超えて挑みかかって来る  君が来る  媚で近寄って来る  改札口からぞろぞろ出て来る  今日此処へ来る  底から唸り声が出て来る  妙に想い出されて来る  金になるときけば有難がってやって来る  蔵から品物が出されて来る  傷がチクチク痛んで来る  泛んで来る  豹一に送って来る  参観に出て来る  修学旅行に来る  脳へ来る  京極へ来る  銚子が来る  ものが来る  ぞろぞろ寮から出て来る  ために済まなくなって来る  なにがなんだか分らなくなって来る  くつくつとこみ上げて来る  酔が廻って来る  質札を売りに来る  返送して来る  振替郵便が来る  切手をはがして戻って来る  例外なしに、多少とも気取ってはいって来る  話をしながらはいって来る  随いて来る  顔をにらみつけながらはいって来る  容子でぶらりとはいって来る  ここへはいって来る  手が伸びて来る  坂を登って来る  豹一の起きて来る  パンが来る  珈琲が来る  むやみに早く来る  今日は遅れて来る  土門が来る  六時が来る  土門の来る  張りに来る  から出て来る  多鶴子が出て来る  ことによって腹立って来る  家が出て来る  運転手が出て来る  同乗して来る  ちょっと顔出しして来る  から抗議は当然来る  心斎橋まで来る  軽蔑心が湧いて来る  歩き方で寄って来る  多鶴子は当然来る  一足先に出て来る  多鶴子が再びはいって来る  胸を刺して来る  魅力も薄らいで来る  しろから二人が来る  ところからはいって来る  頭から呶鳴りつけて来る  自尊心を傷つけて掛って来る  坂下まで来る  裾を醜くみだして、追って来る  提灯が来る  切ッ尖の来る  大勢こッちへ来る  急ぎ足に来る  ピーンと来る  病人も来る  夜遊びに出るだけで、めったにお見廻りが来る  中ほどまで掻いて来る  明日は必ず来る  こっちへ駈けて来る  俺げ降りかかって来る  産組から来る  先生さま、もうおむかへが来る  命令が出て来る  消息をさぐりに来る  よそに来る  話好きで、訪ねて来る  ひつさげて来る  劇団が来る  シンガポールへ来る  後をつけて来る  上海なんぞへ来る  ことが少しは分って来る  負担が加わって来る  考えにのぼって来る  ものには生じて来る  箇々が現われて来る  過去が甦って来る  場合にも起って来る  傾向が現われて来る  哲学が呼び出されて来る  affectationが動き出して来る  ここまで考えて来る  迎へに来る  太陽にゆだり切ってよろめいて来る  香ばしい匂いがぷんと来る  瞼に溢れて来る  さがって来る  お寺に来る  坊主面に戻って来る  心持がして来る  唸り声が伝って来る  どこかに湧き溜って来る  探偵ヂュパンの出て来る  師父ブラウンの出て来る  口からこだまして響いて来る  猫がちょいちょい来る  女中さんだと来る  ばたばたと走って来る  ものか、さあ、早くあがって来る  暇を貰って帰って来る  何かしら忘れて来る  加勢と来る  中に描かれて来る  絶え絶えに聞えて来る  夏の来る  傍に寄って来る  村に来る  庭先へはいって来る  村へ渡って来る  意味が露われて来る  聖使を率い来る  里へ出て来る  夷舞などが出て来る  のが見えて来る  若衆の出て来る  狐が来る  躍如として出て来る  のが出て来る  論理が出て来る  話がちょいちょい聞えて来る  影響をあらわして来る  夜明けざるに来る  盂蘭盆にはさすがに詣で来る  周囲に押し寄せて来る  熱海にでも行っていて引返して来る  殆んど訪ねて来る  卓一さんと来る  駅近くに来る  幾日したら来る  霞の来る  驢に乗って来る  者もなければ起きて来る  手から、ぬっと来る  気味で下りて来る  泪が湧きあふれて来る  初めっから生まれて来る  土に蒸し来る  子供らと来る  二年だよ、来る  心持にしみとおして来る  足許に迫って来る  跟いて来る  断念して歩き出すと、忽ちくっついて来る  から聞えて来る  処から来る  意識に入って来る  扉をあけてつと入って来る  彼が来る  一寸用があって出かけるけれどすぐに帰って来る  空から下りて来る  雑音が入って来る  相手の報じて来る  判明して来る  方へ昇りつめて来る  微かに打ちふるえて来る  将校連が来る  奥に訪ね登って来る  調子が随分現われて来る  それより来る  活気横溢、出て来る  好運も迎えに来る  吐胸を突いて来る  その後に来る  坂を上って来る  活字も殖えて来る  毎日取り集めに来る  窮を訴えて来る  のの出て来る  先頭にしてやって来る  目先をかえて出て来る  夏だけ来る  職業紹介所から来る  食事だけしに通って来る  台所へ入って来る  眼付がつけて来る  ナースチャが戻って来る  ふしあわせが来る  上にさして来る  方から流れて来る  端まで転がって来る  風が吹きこんで来る  此処まで流れて来る  私に還つて来る  部屋までも聞えて来る  ように感じられて来る  一瞥と同時に動かされて来る  共感をもって伝えられて来る  摂津国まで来る  こちらへ渡って来る  道家一人が来る  時機の来る  足を執られたりして、しばらく走ったが、べつに追って来る  死の近づき来る  陶酔に帰って来る  曙が現われて来る  上に倒れかかって来る  木工場から咽んで来る  真正面に向って来る  コトリコトリと近付いて来る  ズウーと熱くなって来る  はるかに追いかけて来る  舗道を蹴立てて来る  今も来る  ものも来る  何にいたしましても、来る  者から聞いて来る  耳に来る  魚屋が来る  留守に頼んで、ついて来る  涙が出て来る  永井が来る  ニューヨークからサンフランシスコへ来る  サンフランシスコからホノルルへ来る  店は、来る  ヒロへ来る  店へ来る  みんなで来る  直接に近づいて来る  ことが浮んで来る  秋口になって来る  東京から見舞に来る  部屋へ立ち戻つて来る  黄昏が来る  警告しに来る  市外電話がかかつて来る  田舎から通勤して来る  行つて見て来る  正面に引張つて来る  こと欠かないだけ、絶えず流れ込んで来る  三菱工場から戻つて来る  それから戻つて来る  監視に来る  お茶を取りに来る  ここまできこえて来る  はじめに出て来る  そこへ駈けつけて来る  後からやつて来る  朧に見えて来る  あたり一めんにきこえて来る  堤へ来る  死際にも、はたして訪れて来る  本家に戻つて来る  なかから飛ついて来る  規定ですと来る  問題にして来る  因果関係が生じて来る  ここに立ち現れて来る  標準も立って来る  廻り冗く持ちかけて来る  二度三度と来る  明日あたり屹度母さんから金が来る  手が出て来る  処へ落ちて来る  婆さんが捜しに来る  五十銭と貰っては、帰って来る  大手を振ってやって来る  晩に引越して来る  練習が少し積んで来る  看破力が出て来る  オイコラオイコラで引張って来る  俺について来る  溜息ばかしが出て来る  気持好く吹いて来る  みんなの来る  ビューッと吹き来る  方から吹いて来る  娘を受取りに来る  片隅を来る  中途まで下りて来る  此処に来る  時に来る  場所まで来る  感じが来る  だれか来る  家まで来る  ように駈けつけて来る  仲人が来る  野良猫がのっそりはいって来る  牛乳配達が来る  横までかけて来る  たくさん出て来る  ところに行って来る  捕虜にしようとして挑みかかって来る  海防路迄来る  大連へ来る  アラビアンナイトに出て来る  此処へ来る  後からやって来る  市外電話がかかって来る  外へ行って見て来る  三浦が帰って来る  正面に引張って来る  三菱工場から戻って来る  それから戻って来る  担架が相次いでやって来る  本家に戻って来る  なかから飛びついて来る  割当が廻って来る  グツとひろめられて来る  展開されて来る  いふ時機が来る  マニラから避暑に来る  喙んで来る  フイリツピン群島から遊びに来る  ことには、来る  物語に現れて来る  室から聞えて来る  声の来る  浪間から浮き上がって来る  九郎右衛門は語って来る  野卑になって来る  上側にはみ出して来る  ほうが著しく現われて来る  そこを突け込んで来る  玄関まで来る  陽が次第に暮れて来る  部屋へ帰って来る  援兵の来る  者はなく、駈け出して来る  猟り催し、押し寄せ来る  ところ、押し寄せ来る  敵の押し寄せ来る  電話の絶えず聞えて来る  本社から此方に来る  車窓の明るくなつて来る  大連を立つて来る  上つて来る  死にそそがれて来る  日曜日にあそびに来る  彼等は来る  びんを取つて来る  竹にまたとまって、じっと近づいて来る  上へ来る  焔が燻って来る  眼を襲って来る  岡持ちを運んで来る  数珠子釣りに行って来る  未練に喰い下って来る  ハイヤーの滑って来る  踊りに来る  有効に使わなくちゃならないと考えて来る  子孫に現われて来る  厚味を増して来る  顔をして少しずつ集って来る  旗を持って泳いで来る  掛声を挙げながら、ついて来る  側面に出て来る  心身を疲らせて来る  誰も決してついて来る  男のついて来る  波間には追って来る  意義をもって来る  状況から生れて来る  立札と段々広々として来る  三月が近づいて来る  ことから割り出されて来る  省線にのりこんで来る  雨水のしみこんで来る  別荘へ行くと称して出向いて来る  家に来る  旅費で来る  突つかかつて来る  産れて来る  其態度が違って来る  必要に迫られて来る  のがわかって来る  とこまで育って来る  技術家が通って来る  学校からかえって来る  狼が来る  笑い声が響いて来る  泰造が程なく帰って来る  いそぎ足で来る  草履をひきずって来る  洗濯ばっかりしてやって帰って来る  瑛子はくたびれて引きあげて来る  歯をみがいて来る  送別会を来る  部屋へ戻って来る  夕方でも来る  中へかたまりがこみ上げて来る  意味がはっきりして来る  点で深まって来る  僕ちょっと田沢さんところへ行って話して来る  今晩出て来る  光井も来る  ザブザブ顔を洗って来る  ちびが出て来る  下から貰って来る  通夜に来る  声さへが洩れて来る  自信でも湧いて来る  展けて来る  何時何処から現れて来る  食事を運んで来る  子供をつれて来る  つて浜から来る  賑やかに洩れて来る  絵なぞ描きに来る  貴様よく来る  声の聞こえて来る  降誕祭が来る  沖から吹き来る  つて蕭条と戻り来る  上に落ちて来る  溜息を吐いては、こみあげて来る  乍ら戻り来る  風に送られて来る  違ひに来る  やうに訪ねて来る  室に這入つて来る  もの持つて来る  跟けて来る  合唱が洩れ聞こえて来る  湧然と起つて来る  裡に苦しく痛ましく起つて来る  精力が出て来る  何か取つて来る  方に進んで来る  一時に流れ込んで来る  球の来る  云つても来る  つて吹いて来る  熱ざして来る  形になりかけて来る  耳に這入つて来る  路へ出て来る  廻つてここへ来る  裏より洩れ来る  出現し来る  勤めから帰って来る  ようにして出て来る  町通りを帰って来る  氏の来る  嚥下作用も次第に衰えて来る  今度帰って来る  堯を抱いて来る  種をひろって来る  眼に見ても、来る  さが、よみ返つて来る  間に来る  庭から返つて来る  町を歩いて来る  音して歩み来る  戦後に来る  みんな訪ねて来る  はつきりして来る  ひついて来る  弾丸が飛んで来る  街角をこつちへ駈けて来る  飛行機が還つて来る  だんだん澄んで来る  茶を運んで来る  出直して来る  あたりに来る  腹は遠慮なく空いて来る  キリキリキリキリツと来る  突進して来る  茶を持つて来る  隅へはみ出して来る  北京へ来る  ひつて来る  つてついて来る  自分が情なくなって来る  気がイライラして来る  のに来る  午後に来る  人達が来る  まんなかへつれて来る  町中に来る  風の来る  トタン塀から来る  ほのかに見えて来る  魚を売りに来る  方から通って来る  思ひ出されて来る  好きだらうと考へて来る  言葉を交わさずに帰って来る  横に坐り続けていては帰って来る  のであるし、帰って来る  から帰って来る  貞子もしばしば遅くなって帰って来る  貞子もまた遅く帰って来る  屹度くっついて来る  髪が抜けて来る  抜毛がついて来る  心になって来る  息子の来る  菓子が落ちて来る  此祭が来る  潮の満ちて来る  さつて来る  一人附いて来る  数へて来る  字義より来る  組立より来る  毎年冬季中に来る  貰ふと共に来る  脳裏にまざまざと浮んで来る  残つたものだけが浮び上つて来る  後に出て来る  試しに来る  中を吹き出して来る  中に流れ込んで来る  昼まへに来る  成る日が来る  前に押し寄せて来る  馬を引張って来る  何所からともなく降って来る  女が通って来る  荷の来る  場主の来る  息気を殺して出て来る  跡から仁右衛門が這入って来る  音をたてて襲って来る  頬に来る  番が来る  そこから漂って来る  山田が来る  変に痛くなって来る  工場で稼いで来る  階段を駈け下りて来る  あす返事が来る  寺へ来る  家近くまで来る  ひとりで、やがて来る  ひきに来る  一本ずつ振ると出て来る  室へ呼びに来る  捕虜がいつも来る  赤みを帯びて来る  晩などよく呼びに来る  私に近づかせて来る  だんだん震えになって、指さきなどがぶるぶるして来る  此処では感じられて来る  ところが出て来る  光が透って来る  怒りたけって走って来る  調子が響いて来る  皆新橋へ来る  度に、やがて来る  のを知らせて来る  云つて随いて来る  参ちやんが持つて来る  参ちやんが来る  ふくが後からついて来る  ところへ飛びこんで来る  土間へ這入って来る  食ひに来る  土間へ這入つて来る  嫁さんは来る  立ち出でて来る  病院まで来る  人間の呟きとして甦って来る  ものが舞込んで来る  病室へ戻って来る  轟然とひびいて来る  窓に迫って来る  家に戻って来る  音が響いて来る  高音が響いて来る  夜が迫って来る  増税のよって来る  二人話しながら出て来る  その男が来る  別ですが、歩いて来る  どこからか出て来る  男が来る  己の来る  死を負って来る  もっと此方へ来る  世界へ来る  死骸を引ずって来る  ことから来る  例となっても現れて来る  観かたをもって来る  省察されなければならなくなって来る  人が生きて還って来る  圧迫が違って来る  二階から降りて来る  足取りで降りて来る  誰かが親しくして来る  作用をもって現れて来る  十分にその由って来る  後から直ぐ来る  湯元に来る  此処まで来る  雫が落ちて来る  傾斜は登るに従って増して来る  稀に訪い来る  ようにおろして来る  ように注いで来る  トットと落ちて来る  色彩からじかに来る  何処からともなく流れ来る  北から来る  体が堅くなって来る  茶の間へおりて来る  もう一度下へ下りて来る  血が飛び出して来る  上空から来る  作家によって生れて来る  白骨ばかりでなく、時々紛れ込んで来る  赤裸で飛び込んで来る  五官と遠ざかって来る  主観になって来る  考えがひらめいて来る  ように思われて来る  変態性を帯びて来る  ヒョクリと浮かび上がって来る  興奮して来る  緒としてひらけて来る  いふ風にみて来る  からも来る  時機が来る  精神が生れて来る  口調に響いて来る  きり胸に来る  なつたらと、やがて来る  それが目立つて来る  増加して来る  どこかにその因って来る  様子を見て来る  心臓に来る  胡瓜をもぎに来る  庭に降りて来る  風が飛んで来る  制限からばかり来る  方から来る  結論が出て来る  点から、来る  複雑して来る  ぴつたりと胸に来る  づさういふ領域から生れて来る  生理的理由から来る  欝の来る  ものは大いに求め、営々来る  いくらでも出て来る  圧迫して来る  革命が起って来る  自分で食って来る  突発的に起って来る  明治が来る  身にしみて来る  接触をもって来る  多様にかつ高まって来る  発展して来る  国々にもやがて拡がって来るであろうし、拡がって来る  結論として得て来る  上に現われて来る  一度び飢饉が来る  空から落ちて来る  土地から上って来る  学費にして、来る  ぱかぱか附いて来る  音が附いて来る  問ひかけて来る  家に持ち運んで来る  ちよいちよい持ち運んで来る  黄英の運んで来る  尾いて来る  わたくしの来る  吾妻橋からここに来る  廻り道をして来る  俄に耳立ってきこえて来る  処がないので来る  裏あたりからも追われて来る  人を載せて来る  さが感じられて来る  中歯医者へ行って来る  ようだったら帰って来る  足繁く通って来る  資産家の来る  から、来る  夕立も来る  あたりまで来る  歌声との響いて来る  心持にもなって来る  照ちゃんが来る  カフエーへ来る  んだけれど、来る  わけもなく激しくなって来る  川風も忽ち肌寒くなって来る  雪は来る  風雨の来る  散歩に来る  新聞雑誌を抱えたりして歩いて来る  路地を歩いたりして、戻って来る  女の帰って来る  円タクが集って来る  俄に薄暗く、集って来る  証明の出て来る  物を、次に来る  目について来る  命題を与えさえすれば、その次に来る  個性が遠慮なく割り込んで来る  ふうに考えて来る  紅葉散り来る  我に降り来る  方に向って来る  釣台で運ばれて来る  家に帰って来る  病院からつかれて帰って来る  時子が帰って来る  今日帰って来る  秋が来る  裾をからげて入って来る  心に湧き上って来る  旅人の来る  生活にゆきわたって来る  強迫命令が起つて来る  反対衝動が起つて来る  口をついて出て来る  青年たちが来る  用件で来る  まま歩いて来る  月並をいいに来る  袖へたかって来る  下へ辷って来る  裏へ曳いて来る  目つぶしに飛んで来る  自分が来る  一角がつけて来る  中から出て来る  なんしろここに来る  喜撰風呂まで来る  喧嘩じゃねえ、いつも来る  二人ともに来る  取りに来る  それに来る  闇から闇をフワフワと来る  反対衝動が起って来る  音がして来る  ここまで連れて来る  篇中に出て来る  ピカピカ汚れて来る  蕎麦屋から一枚買って来る  挨拶を済まして帰って来る  与一を尋ねて来る  頃は帰って来る  のか判らなくなって来る  ところへ、こうしてやって来る  飯が来る  橋を渡って来る  汽車が来る  不自然さが目立って来る  父さんに似て来る  傍に来る  お茶の水駅東口に来る  愛情がわいて来る  遠野が這入つて来る  自分を犯して来る  彼を圧して来る  とみ子か、来る  遠くとも来る  身体を流して戻つて来る  対話が響いて来る  云ひながら上つて来る  大人も来る  道に去り来る  目標として来る  日を送りただただ訪い来る  暮れゆき再び来る  ヒヤヒヤと吹き来る  さへて置いて取って帰って来る  一人が来る  県から来る  草をしょって来る  上まで来る  誰か来る  とこへ来る  有様が浮んで来る  日はもう傾きかかって来る  つてずつと来る  今更に盛り返して来る  再燃して来る  娘が帰って来る  行動も現になって来る  唸り声がきこえて来る  石の来る  ますます更けて来る  ますます少なくなって来る  往来から来る  チャンスが来る  機会の来る  観客が来る  時に出て来る  声が聞えて来る  顔をすぐ洗って来る  教室に戻って来る  帰つて来る  甚しくなって来る  眼にはいって来る  問題が違って来る  男が通うて来る  娘を盗んで来る  セイから来る  二合瓶が出て来る  検視が来る  場所へ来る  踵にこすりついて来る  恐怖のきざして来る  何か来る  外部から自然に襲って来る  気がしっかりして来る  場所へ再び立ち戻って来る  感覚にあらわれて来る  物をおもに持って来る  様の来る  御用で、そっと行って来る  拍子木をたたいて来る  親が出て来る  機会が来る  日雇いに来る  廟に帰って来る  側まで来る  城内から帰って来る  乃公がよべばきっと来る  土穀祠に帰って来る  人の出て来る  兵隊を連れて来る  彼を迎えに来る  大広間に来る  跡にくっついて来る  工場から来る  つて動いて来る  つて近づいて来る  足音が聞えて来る  助は、来る  家へ持って来る  中から来る  俺が来る  こちらへ来る  足元から上って来る  年も来る  ものがこみあげて来る  家に訪ねて来る  方へ廻って来る  人も出て来る  腰元奉公に来る  如くに来る  水が潜って寄せ来る  思い出の来る  観に来る  上に降りかかって来る  彼の近づいて来る  時刻の来る  寝室へはいって来る  うちから出て来る  彼の来る  日の来る  波瀾が生じて、来る  計り知られざる来る  しみをもって、来る  なかに甦って来る  求めに来る  自分へ求めに来る  声に振り向きもせず、来る  真上に来る  だんだんに冷えて来る  家へ帰って来る  上を旨く歩いて来る  給仕に出て来る  手袋を嵌めて出て来る  犬が近づいて来る  何か起こって来る  どこからともなしに吹いて来る  稀に来る  あとから列車が追いかけて来る  夜に廻って来る  立留まって、その出て来る  小走りに急いで来る  ように、ひたひた軽く寄せて来る  人が寄って来る  浜づたいに人の来る  潮や満ち来る  物語に現われて来る  二階からそれを持って来る  彼女は来ていない、また来る  毎年十ポンドずつ送って来る  方から漏れて来る  そこまでおりて来る  良人の来る  傾向が起きて来る  時代に入って来る  招来して来る  請負業者から兵隊を傭って来る  金で傭って来る  金で傭われて来る  徹底して来る  兵隊を狩り集めて来る  戦場に出て来る  最終戦争はいつ来る  変遷をして来る  御方が出て来る  計算では間もなく来る  大決勝戦が来る  最終戦争の来る  五十年内外に来る  急速に来る  地上にもって来る  中に持ってゆくと再び活気づいて来る  サンガー夫人をひっぱって来る  この世に生まれて来る  最終戦争が来る  石炭が出て来る  時の来る  一日も早く来る  誘いに来る  音をたてながら、歩いて来る  肩にして歩いて来る  少女の引かえして来る  冥土から端書が来る  頻繁に来る  経営方針などを来る  お伴をして来る  三日に揚げずに来る  いつか真実性を帯びて来る  ほとりに来る  禍いが起こって来る  花園に降りて来る  彼は心から湧いて来る  ほとりまで来る  くちびるから出て来る  おいおいと、強くなって来る  親類どうしになって来る  制約から来る  疑いも起こって来る  大津波が来る  検査に来る  時をねらって来る  ひと、強くなつて来る  近くなって来る  雑って来る  食堂へ出て来る  上からちぎれて落ちて来る  所へ連れて来る  誘惑に来る  クンダリへ流れて来る  だんだん呼吸をおぼえて来る  往来から這入って来る  ダンダン面白くなって来る  返しに来る  泥棒して来る  一行でも読んでたら持って来る  文句に変って来る  明かり窓を降りて来る  喜びの近づいて来る  しろから出て来る  どれほどあるかを調べて来る  ところを降りて来る  見張り番交代に昇って来る  直ぐに降りて来る  間から現われて来る  駅まで歩いて来る  ここへ集まつて来る  風はしきりに吹いて来る  僕の来る  夜具を運んで来る  直接響いて来る  姿と似て来る  怒りが満ちて来る  一杯出て来る  だんだん睡くなって来る  物質が徐々に生れて来る  食物を連れて来る  三度ここへ来る  主人一家の来る  菓子屋へあつまって来る  なかから現われて来る  一歩一歩と近づいて来る  ボイラーから注いで来る  窓へもつたわって来る  教師が来る  街を歩いて来る  わけもなしにたどって来る  しろからついて来る  人が登って来る  賑やかに話しながら近づいて来る  ように見えて来る  テーマが出て来る  枯渇して来る  敏子ははいって来る  匂いを運んで来る  中に来る  体が腫れあがって来る  米さえ買って来る  音が流れて来る  部屋をずっと見て廻って、なるべく早く来る  手を洗って来る  ようにしぶいて来る  私を見廻って来る  馬に乗って来る  店まで来る  人力車を挽いて来る  あとからついて来る  私の出て来る  眼から来る  胃から来る  馬を連れ戻して来る  発作から来る  日も、来る  眼とから来る  鼻について来る  探偵小説に出て来る  有利になって来る  台所から聞えて来る  銀座迄来る  光子も来る  から手紙の来る  増長して来る  ワザワザ出掛けて来る  やうになって襲って来る  主人逸作の出て来る  燦き出して来る  身体が痺れて来る  瞳がちらついて来る  想像されて来る  停留場へ来る  都にやや住み慣れて来る  喫茶店に連れ立って来る  拡って来る  力が込み上げて来る  壁から折り返して来る  希臘神話に出て来る  さが込み上げて来る  あとから従いて来る  逸作の近づいて来る  僕について来る  傍へ寄って来る  口に臨ませて来る  底からぐっとこみ上げて来る  興味は変って来る  美点だとさえ思えて来る  名前が報じられて来る  ますます濃くなって来る  外出から帰って来る  貌様を呈して来る  子は来る  自動車が来る  検疫所から来る  だんだんに強くただよって来る  らの出て来る  なぎさに座って乾いて飛んで来る  匂を送って来る  孔石をひろって来る  潮水の来る  森を来る  まゆみちゃんところへ行って、よく教わって来る  池を拭って吹いて来る  影法師がこびり付いて来る  恐怖と共に迫って来る  割合いに物凄くなくなって来る  人間は生まれて来る  ますます高潮して来る  回復して来る  隠れ家から飛び出して来る  材料として取り来る  お伽話に出て来る  倫敦から北行して来る  上に下って来る  わしは何となしに嬉しくなって来る  褒美ほしさに返しに来る  テーマが浮き出て来る  心に起って来る  気持で映って来る  人が出て来る  世界がじかに触れ開けて来る  心に湧いて来る  心にひっかかって来る  老人をもって来る  角度が甦って来る  底からさして来る  裡から猶響いて来る  後先になってバラバラと追いかけて来る  まま飛びだして来る  ワアワアいいながら追いかけて来る  駕籠がくっついて来る  駕籠が来る  吹聴し来る  彼女はきっと再び帰って来る  時刻に帰って来る  彼女からコスモに移って来る  この世に出て来る  奥より見えて来る  からかに語り来る  やうに思ひ浮んで来る  心は和んで来る  毎晩家へ帰って来る  ように思い浮かんで来る  明確になって来る  道具を持って来る  あとをつけて来る  部屋へうかがいに来る  から遅く帰って来る  丘をのぼって来る  丘を登って来る  案内して来る  今夜もまた来る  そこから出て来る  機織唄がきこえて来る  手遊びをしに来る  顎十郎がのっそり入って来る  封じ文を持って来る  度に知らせて来る  横浜へ来る  ハーヴアード側には、来る  つて、恰も来る  街角まで来る  夜中ぢゆう泣いて来る  酔ひ倒れて来る  ことだから、聞かないでお呉れ、もう直ぐ帰つて来る  から、せっせと通っては来る  方法でやりに来る  二人が忍んで来る  姿がちらちらする、わあ、追懸けて来た、入って来る  山へ来る  山に上って来る  拙宅へ、来る  迎いに来る  お願い、と来る  眼を光らせながら近づいて来る  辺へのびて来る  山の手からやって来る  こちらへ流れて来る  空が浮び出て来る  弟たちが還つて来る  日没に戻つて来る  涙さへ込みあげて来る  追手が来る  充満になって来る  犬畜生に生れて来る  かなたから聞えて来る  おかみは、来る  客、来る  袂時計を借りだして来る  心がときめいて来る  巡査が歩き出して来る  形を以て現はれて来る  顔にぶつかって来る  ように段々と近まって来る  かいなと思うと、迫って来る  ようにしてやって来る  ようにして近づいて来る  二円を持って来る  毎に、遅く重っくるしくなって来る  迎に来る  家から片附けに来る  眼頭が熱く潤んで来る  屹度執達吏が来る  船が来る  姿がしのばれて来る  いつまた来る  涙が落ちて来る  横尾谷より来る  天上に来る  一切は来る  浪打ち来る  本を買って来る  はるる日が来る  天からお金が降つて来る  海からお金が湧いて来る  後からついて来る  エッサエッサエッササお荷物かづいてついて来る  お土産持つて来る  星さんは夢見て落ちて来る落ちて来る落ちて来る  前にはっきり現れて来る  作品からじかに来る  自由にとりいれて来る  世相のよって来る  息子も来る  さし組んで来る  今に来る  こちらに向って来る  うちへ訪ねて来る  石川が来る  毎年季節が来る  そこから感じて来る  いずれも訴えて来る  そこから創り出されて来る  ようにもかかわって来る  そこからつくり出されて来る  ものとして迫って来る  血脈を見出して来る  作品のつくられて来る  胸底に湧き立って来る  長崎屋を目ざして集って来る  役人が来る  浮きあがって来る  外部から来る  戸口へ出て来る  努力は来る  私たちに語られて来る  夜の来る  泊りにでも来る  燈の漏れて来る  態度から生れて来る  ところからだって入って来る  不浄へ行って帰って来る  知らん振りして帰って来る  者が追って来る  解答が出て来る  犯罪事件に際して出て来る  のを見ると、ピンと来る  前面に押し出されて来る  経歴から来る  部屋へもどって来る  中へ流れこんで来る  うちに出て来る  ぼんやりしていたが、いっこうに帰って来る  うちに持って来る  どこから持って来る  話をしたって、いきなりつけこんで来る  暗闇から出て来る  無闇に出て来る  スケッチでも描きに来る  方から遥かに響いて来る  胚子が浮んで来る  参拝者の来る  映画に現われて来る  灰からフェニックスのごとく甦って来る  だんだん目が馴れて来る  夜網から帰って来る  日は来る  世界に来る  領域に来る  場合に来る  方から下駄をもつて来る  用があつて来る  ふところへ来る  そつと引返して来る  二人で出かけて来る  四国町まで来る  袂まで来る  上からくだって来る  物をかつぎこんで来る  その子返してと追うて来る  どこまでもついて来る  番所を遊ばせに来る  朝っぱらから洒落などを言いに来る  中にあみこまれて来る  ひつかけて出て来る  一人で引返して来る  ぬい子が、いきなり、飛び出して来る  ことは来る  のは、出て来る  奴が出て来る  上へあがって来る  云つた場合に来る  ここへ入って来る  屋根から下りて来る  人々が出て来る  入口まで来る  ずいて来る  殺気をおびた、襲いかかって来る  花を置きに来る  一直線に歩いて来る  立ち現われて来る  中からポカリポカリと光り出して来る  コッソリ自動車から降りて来る  智慧を借りに来る  ころにふれ売りに来る  声でふれて来る  店へ持って来る  油断をして、かならず、引っかかって来る  本気にして駈けだして来る  もう一度あれを調べてもって来る  刑務所から出て来る  貰いに来る  ところへ引きかえして来る  やうに散つて来る  歓びに輝いて来る  方から出て来る  あとからあとからと続いて出て来る  引きかへして来る  其処へ持ち運んで来る  おなかをして降りて来る  卵から出て来る  蟻が出て来る  襲ふて来る  事が近づいて来る  木虱が来る  集めに来る  死ぬ年が来る  湿気で出来て来る  工場に来る  船乗りとが来る  紙が来る  千遍目と続いて来る  やうにして生れて来る  つまり二度生れて来る  教母が来る  下から出て来る  唇が開いて出て来る  くつつけて、降りて来る  場所から飛び出して来る  点から来る  嘔気が来る  隠れ場所を出て来る  風が吹いて来る  方に降りて来る  天から来る  前方から吹いて来る  方へ吹き上げられて来る  坂を押し上げて来る  暴風雨が来る  距離を越えて来る  なつて降つて来る  つて嵩を増して来る  ところから降つて来れば来る  降りかたをしないで、其の降つて来る  つて降つて来る  物が降つて来る  蛙が降つて来る  風が運んで来る  野原に降りて来る  やうに見えて来る  もので緩くりと流れて来る  河の流れて来る  やうに降つて来る  燃え滓は降つて来る  家よりも深く降つて来る  力が出て来る  管から抜けて来る  汽筒から出て来る  最初に見えて来る  ものが見えて来る  処に来る  すつかり見えて来る  海岸が見えて来る  舟全体が見えて来る  色から来る  休みなく起つて来る  地球に来る  夜と代る代るに来る  人々が来る  帆を上げて走つて来る  北アメリカが来る  湖水が来る  大草原が来る  支那人が来る  草原が来る  スイスが来る  フランスが来る  つて落ちて来る  庭から来る  つて花から出て来る  底から蜜を持つて来る  花粉を持つて来る  十分活きて来る  つて生えて来る  管から落ちて来る  それから時期が来る  熱湯が出て来る  水が湧いて来る  だんだん爆音が強くなつて来る  奥から聞えて来る  背負つて生れて来る  指図を待たずに押し出て来る  石は来る  身体から出て来る  水面に出て来る  海から戻つて来る  雲から降つて来る  庭から響いて来る  あとから来る  とつて来る  経験を積んで来る  すき間が出来て来る  事が現はれて来る  必要が出来て来る  悲しみが来る  どこからやって来る  匂いを慕ってあつまって来る  下へおりて来る  墓参に来る  さっきここへ来る  新たに甦って来る  ものがはっきりして来る  生れ出て来る  向うから来る  命をとりに来る  回しに来る  宅助が帰って来る  ニキビへ来る  俺の来る  中に蘇って来る  土地を別れて来る  人々に別れて来る  今朝発つて来る  連つて上つて来る  船に売りに来る  言つて其岸に来る  買つて来る  仕事部屋には訪れて来る  三時頃になると、疲れても来る  銀行から帰って来る  アーサアが来る  電話のかかって来る  休日にかえって来る  ことが次第にはっきりして来る  部屋を出て来る  ゆっくり歩いて来る  学問だけを求めて来る  地べたから湧いて迫って来る  ゲツコと逃げて来る  蔭からすいすい出て来る  振り橇が来る  心から生れて来る  人に出て来る  方面から来る  拈して来る  づ自ら教へて来る  一つ落ちて来る  かすかに浮んで来る  ぼんやりと浮かんで来る  階段を下って来る  外へ出て来る  そこへまた舞い下って来る  一枚翻って来る  そこへまた映って来る  活気を呈して来る  百姓が売りに来る  光の来る  お前たちに来る  そこに来る  香を吸いながら、次第に増して来る  地に落ちて来る  船について来る  九ヶ月にしかならなかつたが、来る  家財を纏めて来る  妻の来る  屹度痛くなつて来る  さが早く来る  洗つて、戻つて来る  つて家族が来る  記憶が甦って来る  辺まで来る  稲田は追っかけて来る  自由に渡って来る  蠣、次々と持って来る  薄蒼くなって来る  見物に来る  つり上げとなって現われて来る  興に乗じて来る  巻舌になって来る  醸造場へ来る  鶴を見て来る  様子で戻って来る  変化がおこって来る  裏口から馳け出して来る  昼飯には戻って来る  熱とをまして来る  二階から下りて来る  痛みがよせて来る  進一が来る  サヨは泣けて来る  ように思って少し世馴れて来る  滅多に廻って来る  こっちへ出て来る  猛獣でも襲って来る  知らない野蛮人でも忍んで来る  殊に夜なかに這い出して来る  油断を狙って来る  不意に襲って来る  藪から出て来る  方から襲って来る  海から襲って来る  河を渡って来る  ここらへ来る  徐ろに招かれて来る  北海道から送られて来る  爆発的に甦って来る  鶺鴒が来る  山から下りて来る  空中から降りて来る  中に現れ来る  作中に現れ来る  場合が現われて来る  場合も出て来る  さを帯びて来る  ことによって愈々鋭くなって来る  之に付いて来る  社会的規定を取り扱わねばならなくなって来る  理由も出て来る  分類に来る  必然的になって来る  ものとして現われて来る  ものとして来る  問題として這入って来る  問いに来る  特殊科学が生まれて来る  終点に来る  わしが来る  座蒲団をもつて出て来る  盆にのせて来る  文句を書きつけて、出て来る  一度に掛り来る  屋外に出て来る  酒を飲みに来る  お化けが覗きこんで来る  力が湧いて来る  転びこんで来る  空を走つて来る  二人に徹して来る  なか子は出て来る  中へ流れ込んで来る  気もして来る  年齢から来る  とことんまで来る  陸に来る  狭山良吉が帰って来る  風は依然として吹きつづけ、来る  江戸へ来る  箸もつけず、残って来る  者が来る  爪を立って来る  おれを殺しに来る  剣山へ来る  阿波へ来る  柵わきへ来る  ここへ持って来る  概念を持って来る  哲学的結論に来る  世界を持って来る  表面に現われて来る  意味して来る  背景から来る  異って来る  入札を見に来る  通知に来る  督促しても、来る  辺へ来る  御用ききに来る  閑居に来る  確に戻つて来る  手拭さげて帰り来る  清に来る  中に湧いて来る  お茶を入れましょうと云ってやって来る  毎日毎日帰って来る  茶を飲みに来る  朝でもあやまりに来る  自然と分って来る  先生が出て来る  野だが出て来る  停車場まで来る  代りが来る  大分乱れて来る  向うから逆捩を食わして来る  ゅうと来る  だんだん近づいて来る  赤シャツの来る  のはつらかったが、出て来る  坊っちゃんの来る  ちやんが生れて来る  それはよろこんで、来る  ようになるに従って、次第に衰えて来る  資格を得て来る  方は余りピンと来る  挑戦して来る  不足から来る  過剰から来る  向き方から来る  道徳的根拠を持ち出して来る  段階に来る  理解から来る  必要が生じて来る  もっと多様になって来る  神聖味を帯びて来る  価値が生じて来る  反対意見が出て来る  社会生活条件によって決って来る  性質から当然出て来る  根拠から来る  欠乏から来る  色彩を帯びて来る  面倒になって来る  理論構成法になって、初めて現われて来る  力を伸ばして来る  チョイチョイ這入って来る  間隙を生じて来る  自由主義でも持って来る  根本に来る  歴史的規定が変って来る  規定方となって来る  出版資本家的必至から来る  内容が這入って来る  本を借りに来る  垣特派員が送って来る  問題が当然起きて来る  どこから合理的に出て来る  社会からも来る  観点に入れて来る  明らかになって来る  計画的になって来る  点が、ハッキリして来る  階級対立関係にまでハッキリして来る  必要から来る  行政上から来る  コラブトして来る  そこから直接間接に来る  主張が這入って来る  意義を持って来る  欠陥が段々目立って来る  点大分様子が変って来る  ニュースが来る  方向が向いて来る  相違から当然出て来る  何だか眼瞼が熱くなつて来る  もう少しで置き忘れて来る  曇つたりして来る  位ひ来る  お金が来る  後架から戻つて来る  風が滲み込んで来る  心が向けば、いくらか落つきも出て来る  喉につかへて来る  決心はつかずに、来る  意味をもって浮び上って来る  一段からもち出されて来る  自分に呼びかけても来る  声々が響いて来る  声々をのせて吹いて来る  こっちに向って来る  血がさしのぼって来る  瀧子は、波立って来る  夜も昼も、還って来る  匂いが漂って来る  重箱を持ってあがって来る  焦点に来る  内にも現われて来る  講和が来る  戦争突発以後ますます物狂おしく高まって来る  心から生まれて来る  相違から来る  買ひに来る  ドアを押して入って来る  入社して来る  室へつたわって来る  ゆっくりやって来る  角へ来る  勉強して来る  考えかたが少しずつかわって来る  利用してつけ込んで来る  出勤して来る  娘さん沢田って云って来る  人物ばかり来る  中に折々来る  それが来る  一周して来る  銀行員の来る  月日が立つと共に、深くなって来る  ことが、段々知れて来る  見聞して来る  郵便が来る  友達を呼んで来る  極まりに涌き上がって来る  娑婆へ来る  仮りて来る  人間に紛れこんで来る  もの、と考へて来る  どっちが早くとも、必ず、一方の来る  周馬の来る  何だか音が聞えて来る  図は、よく見ていると益々美しく見えて来る  一泊して休ませてもらって来る  鵯の来る  紙風船が、もう来るか来る  空ッ風が吹いて来る  向うから歩いて来る  ポロポロ流れ落ちて来る  小野は酔っぱらって帰って来る  自分とも知らないで托せられて来る  狩衣姿ではいって来る  少女が呼ばれて来る  上手に射たなどと帰って来る  許に訪れて来る  だんだん夜も更けて来る  ものに見えて来る  がちになって来る  余は吹き来る  速度をもって増し来る  伯父から金が来る  日が必ず来る  客の来る  胸もとへ、突き上げて来る  だんだん明くなつて来る  眼がすわつて来る  屹度何かくすねて来る  ものを運んで来る  女中が、来る  ふところに来る  貴方の来る  宅に来る  生活が来る  労働から帰って来る  鳥も来る  署員の下りて来る  報告されて来る  後に来る  ちょ、楯突いて来る  嫂が帰って来る  落付いて来る  部屋に来る  街頭を急いで来る  とこに来る  機運の来る  月給が送って来る  先生も戻って来る  先生、間もなく帰って来る  ことを掛け合って来る  バリンゲルにやりこめられて戻って来る  家々に来る  ものを云って、さっさときりあげて出て来る  朝早く来る  宅地まで来る  声が聞こえて来る  底から引き出して来る  エチガライが訪ねて来る  窓を通して馨って来る  眼に映って来る  音色が響いて来る  マドリッドへ来る  匂いが匂って来る  張の出て来る  鉦に混じって騒々しいまでに聞こえて来る  どこからともなく、流れて来る  唄声なども聞こえて来る  ガヤガヤ聞こえて来る  戸外にカッと洩れて来る  鳴き声が聞こえて来る  支那船は近寄って来る  ドンドン近寄って来る  さっきみんな戸外へ出て行ったが、そのうち帰って来る  から射して来る  唄声も響いて来る  のどやかに聞こえて来る  音色が聞こえて来る  睡眠が襲って来る  類を持って来る  隙から射して来る  獲物の来る  こっちに向かって飛んで来る  悲鳴を上げながら逃げて来る  空にして走って来る  ようにして追って来る  川まで来る  音さえ聞こえて来る  明瞭り聞こえて来る  あざやかに聞こえて来る  方から追っかけて来る  方から聞こえて来る  土人が追っかけて来る  声とは聞こえて来る  火足は次第に近付いて来る  林から出て来る  四方から押し寄せて来る  月影蒼い夜な夜な群れて襲って来る  木精となって返って来る  果てへ来る  だんだん狭くなって来る  自分が生まれて来る  ページへ来る  咽喉からせり上げて来る  毎年ひとりで生えて来る  こともできなくて、おめおめとまたおりて来る  それを抱き上げて連れて来る  上に、早くも盛り返して来る  中にはいって来る  明日にも来る  ほうから来る  白山下へ来る  底から聞こえて来る  女性が現われて来る  直上に来る  認識されて来る  夜ふけて帰って来る  ことらしく帰って来る  これが聞こえだすと、聞くまいと思うほど、かえって高く聞こえて来る  界隈までも及んで来る  交際を求めて来る  老人がはいって来る  活き活きして来る  人達が越して来る  夕方下宿へ帰って来る  ところや来る  向うから誰か来る  ここらはひるまならたびたび来る  野原へ来る  わたしについて来る  やつらが来る  うちへ来る  誰か早く来る  空虚感から来る  重大に見えて来る  ことが起って来る  幾分でも多くなって来る  ようにぷんと来る  衣裳係、帰って来る  ものを追わず、来る  ギッシギッシ漕いで来る  これは降って来る  つたやうに曇つて来る  人を呼びに来る  それを売りに来る  件とともに、そのよって来る  容易に来る  圏内に落ち込んで来る  其出で来る  精霊が戻つて来る  精霊が来る  姿が見えて来る  証拠を齎して来る  事を考へて来る  一路直ちに寄り来る  脊に乗つて来る  死霊の来る  其外から来る  神が来る  枝を翳して来る  混つて戻つて来る  迎へて来る  魂が戻つて来る  そぶりを見せると、又戻つて来る  やうに思はれて来る  奈辺より来る  英物が出て来る  のは、入って来る  念寺に歩いて来る  桟敷へ帰って来る  真先に、すっすっすっと来る  最後の審判の来る  底から動いて来る  見通しより来る  中を縫うて来る  箇条が出て来る  涼みに来る  猫を捨てに来る  台所に迷い込んで来る  なつて落ちて来る  部落から来る  自発的に来る  影響して来る  所迄来る  此処に出て来る  光のほそぼそとさして来る  暑い程鋭気に満ちて来る  頻々として来る  ヌッと出て来る  辺に来る  全身から湯けむり立てて登って来る  咽はいよいよ渇いて来る  水がジメジメ透して来る  吹込んで来る  寒気にブルブル震えて来る  ハテナ、来れば来る  フラフラして来る  手招きしながら追っ掛けて来る  土鼠にでも生れ変って来る  像を作って来る  何処からか持って来る  告発して来る  菊枝戻り来る  事実が起って来る  類似を持って来る  川蒸汽の来る  浪の来る  賃金を稼いで来る  記憶に浮んで来る  両国橋を渡って来る  ためにも見て来る  何かの帰って来る  変化の近づいて来る  前夜に起って来る  反革命の来る  捕虜にして連れて来る  大胆さを引き出して来る  くたくたになって帰って来る  ぞろぞろ附いて来る  思案にあぐねて来る  夕方帰って来る  金を持って帰って来る  膝へ乗っかって来る  二階から起きて出て来る  泡を立てて充ち満ちて来る  しまうにしろ、断わりなしに出て来る  上り込んで来る  学校から衆が帰って来る  段梯子から駈け降りて来る  東京へ舞い戻って来る  西洋人が帰って来る  東京へ来る  押っ着けて来る  赫となって来る  方へ逃げ出して来る  奥から下って来る  主婦は、降りて来る  目で、上って来る  お前さんも来る  大入り場で済まして来る  気が鬱いで来る  後から押して来る  母親が帰って来る  引きに来る  口が水っぽくなって来る  今度遊びに来る  爛れが、拡がって来る  一枚一枚数が殖えて来る  ことは多くなって来る  手提鞄をさげてやって来る  午過ぎに帰って来る  私はまた来る  母さんもきっと出て来る  母親の来る  ことでもなければ、めったに出て来る  亡せて来る  息を吐き返して来る  伜夫婦の出て来る  方が散らかって来る  前へ行って来る  伯楽が買いにも来る  毎日寄って来る  腹を満たして来る  塞って来る  女を捜しに来る  磯野の出て来る  ことが知れて来る  だんだん究って来る  磯野の寄りついて来る  繁三が来る  復って来る  一行が乗り込んで来る  ことが、慣れて来る  庄が来る  庄も寄りついて来る  庄が帰って来る  手伝いに来る  それにも倦んで来る  会社から退けて来る  方へ戻って来る  芳太郎がいつも帰って来る  神楽坂の下まで来る  為にも見て来る  或る女が来る  方へ向いて来る  絵が出て来る  メロディーが甦って来る  すべてから来る  月も、来る  遠くから見物に来る  猥雑に見えて来る  耳にひそひそ入って来る  好奇心で見に来る  子供が出て来る  享楽しに来る  学問しに来る  反抗者も出て来る  気が起って来る  喧噪を憎みたくなって来る  現出して来る  ぼんやり感ぜられて来る  気さえして来る  あなたが、ついて来る  会話からさえ、浮び出して来る  珍らしそうに近寄って来る  鮑を取って来る  お湯を透して来る  硝子板が来る  辺へかかって来る  男がはいって来る  婿殿ともども逢いに来る  こっちへ走って来る  猿がのそのそと降りて来る  話に出て来る  ものまでも出て来る  方則に従って出て来る  たくあん石が飛び出して来る  一足一足と近づいて来る  刀をさして来る  狼の来る  帆掛船が来る  傍まで来る  一番天辺まで来る  お前達を追っかけて来る  都へ帰って来る  裏口より突然に来る  跡より追い来る  老衰期の来る  病者の来る  山越えをして来る  跛をひいて歩いて来る  跟いて歩いて来る  光が差して来る  せり上って来る  から夜明け前に出来上って来る  俛首て来る  一人歴史家が来る  一人画家が来る  宗教家が来る  博物学者が来る  前面に来る  悄然と引きかえす、また来ては引きかえす、引きかえしてはまた来る  蒲田から焼岳を越して来る  徳本峠を越して来る  伺いに来る  岳川まで来る  確に来る  増大して来る  実践も深めなければならなくなって来る  領野にあらわれて来る  幸福が来る  受難も来る  楽が来る  おいで、来る  下へ下って来る  成功し、帰って来る  右近丸が入って来る  お前さんも急いで来る  あいつ等どこ迄も追っかけて来る  中へ、きっと切り込んで来る  手許へ来る  向こうから来る  処女造庭境へ、あんなにも走って来る  先に立って来る  人達が、走って来る  小北山へ来る  逼って来る  追っかけて来る  方から走って来る  穏く従いて来る  一難が来る  衆をひきいて来る  真中から膨れて来る  ところへ出掛けましたがネ、もう帰って来る  後始末をして来る  中に織りこまれて来る  脳髄のしびれて来る  東京まで行って来る  夜遅くなっても帰って来る  窓から明るく差し込んで来る  頃までには帰って来る  鯨ヶ丘を指して帰って来る  彼奴をひっぱって来る  月半ばまでには帰って来る  礼を言いに来る  洒落が出て来る  迎えの来る  猿に似て来る  子供に似て来る  地べたに落ちて来る  流行して来る  状態を見て来る  間を置いて聞えて来る  二百十日が来る  戸外に近いて来る  こっちへ引越して来る  から手でもどって来る  から、入って来る  人まで来る  薄田がもどって来る  ラジオから響いて来る  スタスタ入って来る  私が来る  家にもどって来る  小走りに入って来る  新聞記者が入って来る  ムーッと来る  買に来る  から漏れて来る  男が、やがて来る  西部劇にでも出て来る  ひとりで来る  何時堀口達が踏み込んで来る  方へ抜け出て来る  角一度家へ来る  変装でもして来る  ほんとうに変装して来る  後に、今にも来る  変装をして逃げ出して来る  格構を見に来る  渚を歩いて来る  相談して来る  逆襲して来る  処まで来る  村へ来る  プラツトホームに降りて来る  止つた馬車から降りて来る  限りに呼びかけて来る  終へて戻つて来る  横浜などへ来る  水を飲みに来る  警官隊を連れて戻って来る  引上げて来る  川面を下って来る  ガウンを持つて来る  茶が来る  楽は来る  スゴスゴ戻って来る  表まで来る  高下駄を履いて来る  肩を並べて来る  キョロキョロとはいって来る  待合へ戻って来る  見物して来る  焼跡まで来る  土俵を下って来る  乞食を連れて這入って来る  間へ来る  安次を間もなく連れて来る  一円包んで出て来る  もの頼って来る  とこへ来るなら来る  後から追って来る  裏口へ出て来る  自然出て来る  安次を連れて来る  わし、これから行って来る  誰が連れて来る  誰が来る  気持が起って来る  だんだん加わって来る  歴史から生じて来る  必然が生じて来る  矛盾のよって来る  気嫌をとりに来る  跫音がいりみだれて駈けだして来る  同伴に来る  垣根を跨いでやって来る  ちょっと旅行していまして、帰って来る  浮き上つて来る  さへ思はれて来る  霊化して来る  るい心持で下りて来る  前にあらはれて来る  苦しみをさがして来る  全体から発散して来る  骨節がギシギシと痛んで来る  あひるさんの来る  梯子段を登り来る  縁の糸巻き来る  背筋が冷たくなって来る  刻限が近付いて来る  罩めて来る  雛段にも及んで来る  寮に送られて来る  向きが変って来る  翳りが始まって来る  裾を引き始めて来る  周囲から立ち上って来る  引き合い対照を求めて来る  眼に飛び付いて来る  齎らされて来る  野暮作りがぴったり来る  から下に来る  四辺が薄暗くなって来る  思いがして来る  そこから満ち溢れて来る  さを感じて来る  そこから入って来る  視界が薄暗くなって来る  向うへ泊って来る  停車場からここへ来る  兎に角も見て来る  小舎を引張り出して来る  犇ひしと迫って来る  隙間を洩れて来る  錯誤が感じられて来る  心を充たして来る  会から帰って来る  だれも追いかけて来る  彼女の刈って来る  途中まで来る  香ひらしく染み出して来る  31香ひが歩いて来る  香ひのみが歩いて来る  光輝を帯びて来る  胸に溢れて来る  爪先まで沁みて来る  山体が小さく尖って来る  前触れをして来る  明日また遣って来る  上り口から抜けて来る  履き物を見て来る  路次からいまにも出て来る  ツカツカと出て来る  セカセカと歩いて来る  からやって来る  ように湧き出て来る  御名によりて来る  喉につき上げて来る  邪魔がられて帰って来る  大勢集って来る  朦朧と現れて来る  山の手へ上って来る  代りに来る  ッと落ちて来る  蛙が出て来る  動物が遅々と這い出して来る  奉公人の来る  だんだん開けて来る  重大になって来る  ムクムク出て来る  自然に起って来る  ギタアが出て来る  足から来る  大地震の来る  母に迫って来る  夕方近くに来る  庭から漂って来る  調べが鈍いひびきを伝えて来る  面影や、やがて来る  自分に話しかけて来る  底から来る  食糧品を持って来る  池から出て来る  誰もはいって来る  づつ大きくなつて来る  所より来る  為に来る  餌を運んで来る  行動を取って帰って来る  夜に帰って来る  此方ヘ歩いて来る  いつものところまで来る  二つが出て来る  人間的魅力にひかれて来る  そのものに惚れて通って来る  名をよばれて出て来る  ベルがきこえて来る  こっちにいたいと思えて来る  朝入って来る  羽織を着て来る  心に迫って来る  伍長が来る  飛田が入って来る  もんだから、また来る  東京方面からこっちへと帰って来る  果から覚束なく響いて来る  地面をつたわって来る  山をのぼって来る  手つだひに来る  明日また来る  湯つぼへ下りて来る  湯にはいりに来る  登山って来る  逗留客があるにすぎないが、それでも、上って来る  癒しに来る  入湯に来る  漁りに来る  湯から上って来る  誰も来る  かすかに聞えて来る  ひき下ろして来る  小みちを上って来る  笹を鳴らして上って来る  誓約どおり今日ここへ来る  ほうへ駈けて来る  千浪につづいて走って来る  先刻追うて来る  下から響いて来る  あるかなしに伝わり聞えて来る  都へ来る  ようにはいって来る  風となって吹き込んで来る  大次郎は、はいって来る  彼と知らずに斬りかかって来る  唄の洩れて来る  角を曲がって近づいて来る  二階から聞えて来る  ちょっと見て来る  耳へ洩れて聞えて来る  いま帰って来る  疵一つ負わずに、にっこり笑って出て来る  声が飛んで来る  手を持って来る  青年がかたまって、来る  委員が来る  山颪とともに吹いて来る  子供を見に来る  魔が忍んで来る  吹雪が来る  一雪崩れに落ちて来る  麓に来る  つどひ来る  木戸まで来る  連行されて来る  線路へ来る  そこから流れて来る  胴の間へ来る  飲うで来る  ちょとあがって見て来る  一杯やったらすぐ戻って来る  ことはありませんが、ついすると掻きあがって来る  迷ひ込んで来る  街へ来る  闇夜が来る  蓄音機を持つて来る  あとから国さんが持つて来る  じきに来る  から引取りに来る  音高くあけてはいって来る  玄関をそっとあけてはいって来る  二人づれで来る  しろに差して来る  溜息が出て来る  運動に来る  何回も試みたが、来る  使つてでも来る  得が来る  心が還って来る  老媼が帰って来る  門を入って来る  のだから、来る  チョイチョイ伊東へ来る  よそ村から年賀に来る  旅行して来る  上にさしのぼって来る  ことであるとわかって来る  理解して来る  一項にあらわれて来る  松崎の来る  腹が立つて来る  あんたがもう帰って来る  夜鷹が来る  親の連れて来る  羽について来る  わりと吹いて来る  裏屋根へ来る  事とは多少違って来る  書類が廻って来る  一所に来る  うそうそと出て来る  背後に曳いて襲い来る  ように来る  名が洩れて来る  うちに来る  時も、来る  二人、近づいて来る  こちらへ靡いて来る  ぐつと胸がつまつて来る  引立つて来る  文則が出て来る  手にして出て来る  店へ売りに来る  門から出て来る  前のめりに歩いて来る  気にしながら、歩いて来る  老人がひとりまぎれこんで来る  標本室へ来る  着物を着かへて出て来る  方へ歩いて来る  これが出来て来る  浴衣がけで出て来る  踊りがすんだら、こつちへ来る  通いになって来る  さのつのって来る  次第次第に荒れまさって来る  成長して来る  一人ぼっちで帰って来る  気もちがされて来る  身に覚えられて来る  後を追うて来る  村里へ出て来る  言ひながら、下りて来る  意見を一応訊いて来る  日の早く来る  ランプを消して出て来る  八百屋が取りに来る  用たしをして来る  癇癪を起しかけて来る  通つて来る  重圧して来る  温泉場へ来る  何かで戻つて来る  父から来る  方へ走って来る  イヂけて来る  熱中を感じて来る  家へ逃げ出して来る  手紙などの来る  筋道に沿うて、出て来る  どこから、生れて来る  中から生れて来る  夕立の来る  舞ひ落ちて来る  部屋へ戻つて来る  静かに歩いて来る  乍ら木魂して来る  子供等にもらって来る  部屋に満ちて来る  さに心づかなくなって来る  潤いを見出して来る  士官が来る  ものを受けなければならなくなって来る  身につけて来る  何を学んで来る  女の歴史とは変って来る  月給袋をもって来る  場合後から来る  形をとって来る  ことから必然されて来る  炭をどっさり見つけて来る  加って来る  本が浮んで来る  必要となって来る  表現をかえて来る  めどがつかまれて来る  鳥まで来る  京から来る  さのましてかがやかしくなって来る  中をふるえてつたわって来る  香を送って来る  斜になって来る  むほどなつかしいものでもなかったし毎日藻塩木をひろいに来る  浪が来る  事などを思い合わせて段々迫って来る  家から時々来る  手紙を持って来る  家につれて来る  方から足音が段々近づいて来る  秋の来る  足音でかけて来る  風の吹いて来る  五六人家根へ追い上って来る  四方八方から打ち込んで来る  買出しから帰って来る  人々も聴きに来る  ことがなく、しかし来る  日本海をこえて来る  潮がふたたび満ちて来る  ただちに日本政府から抗議が来る  日が、間もなく来る  子供がうるさくついて来る  自然と備わって来る  熱情とを飲みに来る  のを取って来る  根もとからチクチク射して来る  一日一日と澄んで来る  そこから起つて来る  花菖蒲五百株送附し来る  誰か風みたいに飛び込んで来る  亢奮して来る  人が招かれて来る  何処までも伴いて来る  絵でも描いて来る  絵を描いて来る  だんだんに近づいて来る  合ひながら歩いて来る  つて歩いて来る  肩に凭れて戻つて来る  巻き起つて来る  何時から此方へ来る  太鼓が響いて来る  尾けて来る  アリが来る  所へ持って来る  遠くから跫音を立てて来る  此方に来る  足どりで駆けて来る  体じゅうに押し出されて来る  斯う来る  釣を持つて来る  ときが、遅かれ早かれかならず来る  責めに急いで来る  手をむなしくして帰って来る  通りを急いで来る  頃に帰って来る  両手をひろげて、抱きついて来る  為替が来る  嘆願しても聞きに来る  八月十五日が来る  死の迫って来る  文学サークルから文学的誕生をしてのびて来る  内にまた来る  百姓で来る  今ここへ来る  頃こっちへ来る  ところで連れて来る  金を持って来る  三月が来る  橋場へ帰って来る  救いに来る  廓へ来る  滅多に来る  光はときどきに訪ねて来る  そんなら、ちょいと行って来る  ようになって駈けて来る  嵐がおそって来る  姫君が訪ねて来る  目にうかんで来る  方へ廻って入って来る  夕飯頃帰って来る  気が合って来る  躰中に漲って来る  此方に飛んで来る  のなどを見て来る  共、あんまりひどいので、蒸して来る  わきに立ち尽して帰って来る  いやになって来る  綴音が来る  子音の来る  事は少しむつかしく思われて来る  火山が出て来る  さにせき上げて来る  沙の来る  便乗して来る  六里も来る  こっちへむかって来る  なにが来る  こっちへさして来る  檻車をひいて来る  後からつづいて来る  方面から逃げくずれて来る  島ノ内に来る  ガード下まで来る  秋山さんは来る  秋山さんははたして来る  再生して来る  於いて静養して来る  御馳走を運んで来る  北京から、やって来る  軒先からぶらりと長く下がって来る  提灯を持って来る  隙間から忍び込んで来る  ひそかに掘出しに来る  幾度も取りに来る  幾度もさがしに来る  誰も忍んで来る  鳥肌立って来る  大急ぎで駆けて来る  医者をよんで来る  後を追っかけて来る  どこ迄も追っかけて来る  武士が従いて来る  武士達は従いて来る  武士は従いて来る  ように従けて来る  わして来る  我に来る  一点ゆらめいて来る  大勢の走って来る  関址が来る  治療を受けに来る  伍長が這い上って来る  小学生が沢山降りて来る  俥曳きが一人はいって来る  しんちゃんに来る  仕事が増して来る  仕事場へ来る  矛盾が孕まれて来る  かいと来る  そこにないあわされて来る  方から打って来る  土産物ばなしここへ来る  廊下より入り来る  遠慮らしく徐に入り来る  さんが来る  モスクワから帰って来る  虱だらけになって来る  彼が帰って来る  山口がすぐ戻って来る  誰が入って来る  襲撃を加えて来る  革命的芸術家が出て来る  部屋へはいり込んで来る  朝が来る  電報が来る  電報為替が来る  女中が出て来る  とみのところに来る  春は来る  生活そのものにつかみかかって来る  結果が出て来る  ニャーニカが来る  こっちへ立って来る  ものも益々泣き叫んで追っかけて来る  休日に帰って来る  形が変って来る  コナシ付けて来る  記事を取りに来る  マトモに受けてギラギラと輝き込んで来る  着物を着かえて出て来る  浴室から出て来る  中からイキナリ盛装して出て来る  砂風呂なんかによく来る  印象が違うて来る  うちに、なおも追い迫って来る  連中がポツポツ来る  茶を持って来る  休憩に来る  だんだん積極的になって来る  ように云って来る  処へ知らせて来る  他所から帰って来る  脅迫して来る  彼奴から脅迫状が来る  事が出て来る  魅力を持って迫って来る  から尚更、息苦しくなって来る  タッタ五万円で来る  あたし此席へ来る  事になって来る  道具が出て来る  此席へ来る  泌み込んで来る  キット差止めるとか何とか威かして来る  三枝を呼んで来る  ピストルを持って這入って来る  忘却して来る  正座に来る  随行して来る  備へて来る  者として添うて来る  稚児が出て来る  別に出向いて来る  座を羨んで這入りこんで来る  考へも出て来る  切つて持つて来る  発達して来る  二匹泳いで来る  真直に来る  だんだん弾力がついて来る  向うから汽車の来る  めぐり合わせで来る  ときは来る  教ではない、と考えて来る  のがうんと来る  けんかをして出て来る  心だよりで逃げて来る  貰いに持って来る  隣家から聞えて来る  転期の来る  顔をして来る  八朔一日が来る  夜になって見つけに来る  一束ずつ持って出て来る  abundanceから来る  ほんとうに夢のように記憶に浮かんで来る  嫌いになって来る  自分に向って来る  ならいに来る  夜七時頃新橋駅に来る  執達吏が来る  文学少女が来る  手をひかれて来る  男でて来る  神は、来る  海上ながれて来る  呼び声さえ、聞えて来る  首をうなだれて来る  帰りに来る  関わず同伴に来る  下町へ出て来る  興味さえ起って来る  巡査は刻々近寄って来る  田舎に来る  田舎へ来る  学期試験が間もなく来る  学校まで通って来る  方から急いで来る  のを嫌がっているとしたら、大いに怪しくなって来る  ものずきに来る  下より寄せ来る  大空より降り来る  畜生メ、来る  国民は来る  皆な来る  別荘へでも来る  雀を追いに来る  頭に来る  はじまりに来る  だんだん殖えて来る  機会は来る  影響を及ぼして来る  話だから持って来る  こっちへ向って来る  宇宙艇へ近づいて来る  火星人たちの送って来る  宇宙をとんで来る  上で来る  ことわりなしに入って来る  これへ来る  二大将をつれて来る  怒濤に押されて来る  ざま打ってかかろうとして来る  馳けて来る  ここへ近づいて来る  端まで来る  陣地へ帰って来る  答礼に来る  誰がはいって来る  邸へ帰って来る  朝から帰って来る  何しろここまで来る  だって興味を持てば持つほど面白くなって来る  秋になると次第に黄ばんで来る  不安に襲われて来る  犬が飛出して来る  気持にさえなって来る  真正面から進んで来る  二人が、来る  間違いで段々若くなって来る  タネが来る  から歩いて来る  如来の歩いて来る  一人歩いて来る  長者の来る  問題が起こって来る  ガラス面に沿うて流れおりて来る  かたわらに来る  いつかかならず戻って来る  防堤に来る  どこから現われて来る  所まで戻って来る  から伝わって来る  ものと見えまして、戻って来る  毎夜防堤に来る  一つ防堤に来る  角に来る  足取りで、コトコト戻って来る  表面に出て来る  時とともに現われて来る  線香花火を買って来る  私達に近づいて来る  原隊へ帰って来る  命令が来る  行水から帰って来る  修業が積んで来る  群をなして集まって来る  岩角を躍り越えてやって来る  お客さまなんか、来る  墓参りに来る  呼鈴を押しに来る  別荘へ来る  整理に来る  外国へでも行って来る  貧乏に疲れて帰って来る  つもりで、そうもしげしげと訪ねて来る  坂田君も来る  こっちへ持って来る  方向から出て来る  相当に多く現れて来る  現象が出て来る  天津彦尊などが出て来る  感覚を持つて来る  出現して来る  時代的変化が起つて来る  愛観から来る  適切感が浮んで来る  長兄が来る  荷物が来る  小谷城へも押し寄せて来る  家康の来る  出で来る  伝称し来る  クラデル中尉殿は、その来る  集中弾が飛んで来る  匐い上って来る  あとからあとから膨れ上らせて来る  それと同時に伝わって来る  上り、絶えては重なり合って来る  ドン底から湧き起って来る  中から後送されて来る  夜が深くなって来る  赤茶気て来る  加勢に来る  肺腔一パイに涙ぐましく張り切って来る  後退して来る  脱脂綿を奪い取ると、なおも新しく溢れ出して来る  迫まって来る  発狂に近付いて来る  肩を貸してやって、又も近付いて来る  中央に来る  暁が来る  戦線から逃出して来る  忠誠を誓って来る  面白いものがあったら、もらって来る  夜も来る  驚異と、とうとう来る  暴風雨は、来る  お前の来る  席を起って行ったが、間もなく引返して来る  殊に突然飛び込んで来る  無心を云いに来る  顔をして痛めつけに来る  つけ上って、来る  線までハッキリと浮かび上って来る  三十冊持って来る  廻りに来る  抽象して来る  学校へ来る  向うから光子が来る  学生も来る  さと共に還つて来る  爾に来る  従容として庭伝ひに歩いて来る  森から吹いて来る  紐なぞつけて来る  あみながら歩いて来る  材木車を引かせて来る  炭俵を積んで来る  低気圧が来る  むすこが帰って来る  あとから楽隊が来る  山車が来る  車が来る  旗も来る  花車も来る  だんだん馴れ馴れしくして来る  今更、来る  机が忽ち出て来る  恢復して来る  昼間になって来る  霊媒を通じて出て来る  四十九日が来る  上に降りて来る  方から帰って来る  宮へ来る  乱入して来る  方へ近寄って来る  突入して来る  周囲へ尽く集って来る  底から鮮かに浮き出して来る  波動を高めて来る  内外から鎮って来る  声に応じて出て来る  軍は次に来る  直ちに足で落ち来る  馳け寄って来る  肉迫して来る  剣を振り廻して飛び来る  方へ近か寄って来る  後から追っかけて来る  国へ来る  死人の来る  砂浜へ来る  おまえの来る  現世へ来る  穴に入って、やっと出て来る  感情を動かして来る  声が落ちて来る  電話をかけてきて、すぐ来る  の、もうすぐ来る  それから松木さんが来る  立登って来る  ここに出て来る  締って来る  昂まって来る  森から流れ出て来る  ドキドキ波打って来る  口をもれて出て来る  獄屋に帰って来る  ポロポロ出て来る  久米さんが来る  様子がうかんで来る  お雪ばばあが来る  一人手にさし込んで来る  そこから湧き上って来る  そこからむくむくと湧き上って来る  小針が来る  前にならんで来る  女鴨が来る  我うでに来る  中にわき上って来る  心にうかんで来る  充実して、次いで来る  問題が起って来る  交互に現われて来る  オーデル河畔に出て来る  フェルスター課長に聞いて来る  続行して来る  文明化されて来る  絶対性を失って来る  糸となって来る  さからだけ来る  自分に湧き上って来る  位明かに思われて来る  明かに思われて来る  疑問になって来る  不満だらけになって来る  事が起って来る  気になって来る  様と来る  二時すぎて来る  細井氏が来る  馳け向って来る  追撃して来る  ことが降って来る  漁船を引っぱりだして乗りこんで来る  李楽が追いかけて来る  鼓を鳴らして、近づいて来る  立昇って来る  手をかざしていたが、やがて戻って来る  駒を返して来る  集中して来る  廊を悠然と退がって来る  百余騎ばかりを従えて、追いかけて来る  南下して攻めて来る  陸地から飛んで来る  要塞へと逃げて来る  地方へ来る  麓まで来る  なに、帰って来る  陣へ来る  明らかにいって来る  盛り上つて来る  ら美化されて来る  関係をもつて来る  敵愾心が湧き上って来る  敵愾心が起って来る  文学まで辿り直して来る  殆ど重荷になって来る  泉沢氏が来る  くず屋が買って来る  心にかぶさって来る  アスパラガスをまぜて買って来る  日光がそろそろと春めいて来る  さがしみ出して来る  坂本さんところへ行っていろいろ話して来る  ノートなどを買って来る  お話をして来る  方から起って来る  中に満ちて来る  パウダーを買って来る  心持があらわれて来る  ことがよく分って来る  ステーションに来る  車夫が来る  雪まで降って来る  ところから丸正に来る  方を廻って来る  友達をつれて来る  索道を見て来る  善義が来る  単純化されて来る  あさまから手紙が来る  三日ごろに来る  いくにたのんで来る  見本を持ち来る  長谷川さんに会って来る  桑野村に来る  旅館に来る  一廻り歩いて来る  雨模様になって来る  宿へつくと、ザーッと降って来る  いくさんが来る  いくが来る  方言をきいて来る  ほのぼのとあかるんで来る  家へかえって来る  校正を廻して来る  うちで、出て来る  可愛いところがあらわれて来る  ますます書きたくなって来る  シビリゼーションを見て来る  印税を持って来る  心持になって来る  特徴があらわれて来る  川崎氏と種々話して来る  奥付を持って来る  複雑になって来る  夜東京から葉書が来る  前に現われて来る  中に起って来る  ように成って来る  現在が淋しく思われて来る  珍味が出て来る  統制から来る  物資不足から来る  ことが生じて来る  放棄としてあらわれて来る  笹川春雄君とが来る  食堂に来る  訳か行って見てくれと云われたと云って来る  パン氏が来る  却って夜が更けるにつれて、苦しく成って来る  萌出して来る  道ちゃんが来る  心持に成って来る  洋服屋が来る  暑い日光が透いて来る  ノート位入って来る  経験して行くでしょう、当然来る  処から反映して来る  其は、きっと戻って来る  絶間のない罵が来る  心を解って来る  原因から来る  二三間先きに来る  兵隊が遣つて来る  海賊が遣つて来る  鬼門道から這い出して来る  路を歩いて来る  智恵がついて来る  相談に来る  自分に見えて来る  音階が現れて来る  材料であると思われ来る  図案に見えて来る  風貌を以て生れては来る  心に現れて来る  ところから生じて来る  必要が起こって来る  ことと思われて来る  記憶へ入って来る  不調和から来る  風景に必ず織り込まれて来る  蝟集し来る  学校にひろがって来る  トランプをしに来る  門を出て来る  光景がありありと浮んで来る  処から帰って来る  笹川さんが来る  入口に来る  目に来る  サーカムスタンスが分って来る  雪をけりながら来る  妻君が来る  リテラリー・サップリメント始めて来る  午後から会田さんが来る  場面も浮んで来る  不運が来る、と云って来る  処にも来る  胸に来る  払方まで行き、たのんで来る  基ちゃんが来る  愛は来る  生徒三人お菓子を持って来る  うちに、次第に深くなって来る  不快、手伝って呉れと云って来る  きみ朝戻って来る  明日国男さん来ると云って来る  奥方になって来る  教えが出て来る  ときの来る  職分を尽くして来る  順番が来る  阿部家へ来る  裏表二手のものどもが入り違えて、おめき叫んで衝いて来る  親戚朋友がよろこびを言いに来る  土地から洩れて来る  ぼろぼろと滴り落ちて来る  音などが聞こえて来る  曲角を遣つて来る  二人がきつと来る  距離が相近づいて来る  ものが起って来る  主従関係が生じて来る  あとへと出て来る  落伍者はいつの世にも必ず生じて来る  賤者が起って来る  遊芸がこれから出て来る  方が飽きて来る  ツルメソが来る  右傾派が起って来る  だんだん違って来る  社会に落ち込んで来る  秩序も立って来る  落伍者は出て来る  俺、一寸、行って来る  空に投げ上げ落ちて来る  安心して寄って来る  塩をして持って来る  列車で持って来る  確からしくなって来る  状勢が進んで来る  物から来る  研究が進んで来る  結果も出て来る  発明の売込みが来る  所以を説いて来る  から迎へに来る  上つて煙火を挙げましたが、戻つて来る  向うから汽車が来る  ようにつながって来る  圧倒すべく近づいて来る  躊躇もせずにグングン突き進んで来る  形をあらわして来る  時節の来る  ようにそっと入って来る  青木が来る  書生が来る  寿命の来る  列車が這入って来る  後について来る  従ごて来る  仕事までが汚れて見えて来る  換へて来る  自分に来る  色彩から来る  下手さから来る  視覚に甦って来る  ように湧き立って来る  コールフィールドが来る  海を越して来る  微風が流れて来る  日本にも来る  それに対して来る  goodnessから来る  改善の来る  全然違って来る  点も明かになって来る  頭にこみ上げて来る  弾みの来る  盛上って来る  さが満ちて来る  方に逃げて来る  心配して呉れと、初めて来る  力によって来る  好きになって来た、手古摺るほど行くかもしれない、などと云って来る  雰囲気がわかり迫って来る  言葉を持って来る  林町へ来る  福井に来る  友人がかえって来る  かえると云って来る  手紙をもたらして来る  表町へ来る  食糧を負って来る  皆会って来る  揺り返しが来る  野上さんから借りて来る  心から心へと響いて来る  後より来る  形がついて来る  ふっくりして来る  不幸をもって来る  女にも来る  手入れに来る  どんを曳いて来る  仕返しに来る  竹にあたつて、投げて来る  んやぜ、分ったやろ、また来る  安二郎から、はよ帰ってこいと迎えが来る  ことから起って来る  意味は違って来る  若い男が来る  一に来る  水泳代表選手が、来る  書斎から人の出て来る  下村さんを連れて帰って来る  字が出て来る  まつて来る  国語そのものから来る  面白いイマアジュが浮んで来る  突撃して来る  顕はれて来る  困難が来る  ソヴェト映画が入って来る  現在でも次に来る  予算が出て来る  十字架もって出て来る  踊り子が出て来る  女がヒラヒラととび出して来る  力として迫って来る  舞台へとび出して来る  上へもち出して来る  メイエルホリド劇場にはするすると下りて来る  中にでも出て来る  お伽噺に出て来る  もう一度生まれて来る  和尚は来る  家に這入って来る  硯を持って来る  どこから風が来る  想い出話そしてこみあげて来る  血が燃えて来る  頭に浮んで来る  媚で近づいて来る  改札口から出て来る  胸を押しつけて来る  姿が改めて痛々しく見直されて来る  電球を売りつけに来る  体をなめて掛かって来る  君が飛んで来る  外で泊って来る  頭を絶えず襲って来る  安二郎から帰って来いと迎えが来る  中へ戻って来る  年々溢れて来る  様になって来る  値段がちがって来る  亭主が帰って来る  食事をしに来る  分量が殖えて来る  仕事から引きあげて来る  ノーノー一ヵ月休んで来る  遊び、働いて来る  さが沁みて来る  いつ押しかけて来る  石が飛んで来る  突出して来る  そのまま日本にもって来る  方々が訪ねて来る  加藤と来る  靴音が近づいて来る  確めて来る  塩尻まで来る  ものが聞こえて来る  舞ひ降りて来る  雇つて山を下りて来る  鬼気を帯びて来る  上高地へ来る  南に来る  往来を来る  ものが、変って来る  自分達に来る  点から起って来る  操り人形になって来る  シーズンが来る  どんどん出て来る  時になって来る  目から来る  農村に及んで来る  峻険になって来る  枕に迫って来る  谷底に舞い降りて来る  山を下りて来る  風の渡って来る  休所へかえって来る  霊柩車が来る  受付へ来る  風がさつと吹いて来る  何人も来る  面にふれて来る  雲が絶えず湧いて来る  だんだん胸へ昂まって来る  集ひ来る  土地へ来る  ものに聞えて来る  中に響いて来る  海より来る  秋姫の来る  運送されて来る  遠征に来る  徐州へ帰って来る  中門まで来る  彼方から退出して来る  河北へ来る  彼より来る  ぶところをうかがって来る  燕が来る  窓から訪れて来る  見送りに来る  条件が備わって来る  中に、出て来る  匂のして来る  んだよ、だからかうして飲みに来る  此方へ来る  ニュアンスを深めて来る  時分が来る  夜が更けて来る  室へ帰って来る  災の来る  タバコが来る  さへもついて来る  片岡鉄兵君が歩いて来る  何時現れて来る  作品が現れて来る  ソヴェト同盟に帰って来る  ゴーリキイが帰って来る  上り逼って来る  宿へ来る  から痺れて来る  湾内を渡って来る  部屋へ這入って来る  主人は、こう言って、来る  区域も拡がって来る  胸中に起って来る  みんな一筋道に伸びて来る  混入して来る  杓子を拾って来る  不思議に拾って来る  文学書中に出て来る  興行に来る  叙して来る  貰うまいと落ちて来る  社会が崩れて来る  形相が出て来る  神経過敏になって来る  変化して来る  人物にピッタリと来る  附随して来る  電話帳などに多く出て来る  一つ出て来る  条件を附けて来る  前に浮かみ上って来る  チョイチョイ出て来る  イクラでも出て来る  釣に来る  向うから挑戦して来る  バリカンを借りて来る  あしたにでも戻つて来る  田圃道を駈けて来る  電車は、追ひかけて来る  それぞれ万遍なく湧いて来る  雁太が来る  人格価値が著しく高まって来る  伴なって来る  浜松とかまで来る  家に又来る  子供が来る  気分が見る見る弛んで来る  コミ上げて来る  笑いが静まって来る  後庭から聞えて来る  こなたへ歩いて来る  ちょっと見舞いに行って来る  情夫に逢いに来る  わたしを追いかけて来る  吉乃が来る  都屋へはいって来る  一人はいって来る  光は薄れて来る  時刻もせまって来る  母も来る  両親とも来る  両親が来る  声ばかりが聞こえて来る  羽音が聞こえて来る  屋敷へ、襲って来る  何物か襲って来る  静けさを呈して来る  事件の起こって来る  足音が聞こえて来る  木立を縫って来る  だんだん足音が近づいて来る  はつきりと響いて来る  背後に覆ひ被さつて来る  涌立つて来る  つて自家を出て来る  演説に来る  ローソクみたいにもたれかかって来る  公判廷へ来る  わけに行かないから、早く帰って来る  裁判所へ出て来る  家から運んで来る  店へ入って来る  十字を切りながら乗りこんで来る  本に出て来る  ヴィクトルは帰って来る  喧嘩腰で来る  口上が流れて来る  作品を売りに来る  箱だの鋏までくすねて来る  狂暴に生れ変って来る  可能性が想われて来る  人が訪ねて来る  日本全国からイヤというほど送られて来る  風趣が増して来る  それから四五日たつて訪れて来る  音が聞えて来る  疑問が湧いて来る  大学なんぞへ来る  ここまで聞えて来る  助力たのみに来る  はつて来る  暇を出されて来る  良人をのこして帰って来る  目のひらかれて来る  滋く降って来る  頼みに来る  じきに帰って来る  手伝いに出て来る  僕の取って来る  熊は向かって来る  その後へくっついて来る  肉を運んで来る  門下生が集まって来る  のがもどかしくなって来る  医者が来る  道具を持ってはいって来る  子規居士が来る  学校に出かけ、帰って来る  だんだん記憶がはっきりして来る  船の来る  子規居士も来る  だんだん発達して来る  棺の来る  刺戟を受けに来る  懊悩を訴えて来る  かけと来る  本庄の帰って来る  こっちへ当って来る  細君はきっと当って来る  男がついて来る  芽を吹いて来る  一遍くらいはきっと廻って来る  店先へ来る  前を渦巻いて来る  溝板づたひに女中の呼びに来る  こより連れて来る  何処でおぼえて来る  女の来る  座敷より帰つて来る  刑場へ来る  宛家庭訪問に来る  つもりで来る  次第次第に育って来る  心に親しくなって来る  空中をのろのろと進んで来る  疾駈で来る  並足で来る  そこから仄暗く射し込んで来る  まま、ようやく出て来る  顔が現れて来る  旅をして来る  水蒸気とを含んで来る  島国に生れて来る  時が、来る  時が、やがて来る  隘路を駈け降りて来る  酒店から出て来る  刻一刻とひどくなって来る  瓦斯体が這い込んで来る  間近に迫って来る  後に必ず来る  中庭まで来る  ポケットに突っ込んでやって来る  家へ戻って来る  からつけて来る  犯罪人たちが入って来る  陪審官が入って来る  暗雲を曳いて来る  能力が増して来る  何十人とほんとやって来る  娘との来る  中へ入って来る  群集が入って来る  ものもあり、来る  彼等に追って来る  自分に近づいて来る  もっと星が出て来る  わしを訪ねて来る  お前は来る  心に浮んで来る  物語にはよく出て来る  後にも出て来る  黙劇に出て来る  総選挙より来る  力づいて来る  周囲に泳ぎ寄って来る  何が出て来る  陶酔感を覚えて来る  くしゃりと寄って来る  十五六滴ずつ飛んで来る  さっき温泉に這入りに来る  あとから、まだ来る  上へ躍り上がって来る  しかしこう方角が変って来る  ものが降って来る  胸まで来る  孫乾が来る  あれへ来る  いま真っすぐに来る  そのまま書堂の前まで来る  都へさして来る  途中、たちまち相次いで来る  易州まで来る  数里を来る  国道から曲って来る  ドロシイの歩いて来る  ドロシイの帰って来る  眠りが来る  どきどきして来る  纒わり付いて来る  気勢を増して来る  自動車で来る  珍聞が飛び出して来る  入婿の来る  門辺へ来る  なかから小判の出て来る  嵩にかかって言募って来る  湯から上がって来る  浴衣を引かけて出て来る  作の来る  遊女屋から馬をひいて来る  距離から来る  目が時々入染んで来る  あたりへ垂れかかって来る  菜葉をつみこんで入って来る  分明して来る  神経に触れて来る  顔へ通って来る  明白して来る  側へ戻って来る  植源へ来る  厠へいって帰って来る  歓喜との溢れて来る  帳場から離れて来る  二階へ上って来る  耳にふれて来る  そうにみえて来る  目がさめて来る  そこへ持出して来る  女がおりおり来る  東京から入って来る  涼気が立って来る  話をして聞かせたり、立込んで来る  ところへ遣って来る  どこからともなく飲みに来る  市から帰って来る  種子が尽きて来る  洋服姿で入って来る  炉端へ来る  函をさげて飛込んで来る  一人で行って連れて来る  うち戻って来る  山を降りて来る  平地へ出て来る  いつでも遣って来る  天秤棒を振あげて向って来る  冬にはまた出て来る  さに向って来る  仕事を背負いこんで来る  性がついて来る  大晦日が来る  潮でも寄せて来る  圧迫を感じて来る  気乗がしなくなって来る  胸からせぐりあげて来る  どん底から衝動げて来る  家などであったが、受けて来る  ぼんやりして帰って来る  時期が、今にきっと来る  畑から出て来る  在所から入って来る  起出して来る  屋根から照返して来る  晩方に帰って来る  何かしら註文を受けて来る  迹から附絡って来る  顔をして降りて来る  寄ついて来る  異常から来る  権衡から来る  蘇えって来る  復讐心から来る  知らない父親は、来る  底からむくれ出して来る  飲慾を煽って来る  温泉へでも来る  盆が来る  胸に燃えたって来る  物を買いに来る  沖から襲うて来る  底から重く遠くうなって来る  雨でも来る  三ちゃんと二人で行ってさがして来る  家路が見えて来る  階下から伝わって来る  うわさも伝わって来る  季節は来る  ものが群がり起こって来る  事柄から起こって来る  奉公に来る  震災の来る  目を光らせて帰って来る  ことを聞いて来る  ぬれながら帰って来る  巣をかけに来る  上へも落ち、掃いても掃いても落ちて来る  家と来る  日もやがて来る  音の聞こえて来る  気にかかって来る  三郎がまた見せに来る  銀座へんを歩き回って来る  かわり訪ねて来る  次郎ちゃんが来る  顔へ来る  そこへ集まって来る  曲めながらはいって来る  汽車の来る  代わりとし、襲い来る  下から刈り取って来る  暇乞いに行って来る  研究所から帰って来る  線を通して伝わって来る  上に這いのぼって来る  等持院に帰って来る  盃を持ち出して来る  小さな旅人がひょっくりと訪ねて来る  船へよく訪ねて来る  野道から来る  天そのものから下りて来る  馬を躍らせて来る  音高く下りて来る  夜が来る  尻も大きく張って来る  苺もやがて紅く熟して来る  頭を持出して来る  つりに来る  海に来る  間違いなく乗込んで来る  学生が訪ねて来る  京へ上って来る  渓合に入って来る  たまたま人の来る  火吹竹ふくお正月が来る  強調せられて出て来る  様に進んで来る  新作が出来て来る  やうに出て来る  上品意識を深めて来る  成立して来る  明らかに崩して来る  中に現れて来る  自然異同が生じて来る  対話がくだけて来る  候詞が少くなつて来る  感情が出て来る  写実語が出て来る  混淆して来る  違つた屈折が出来て来る  心に熟して来る  やうに現れて来る  動機で、大きに盛り返して来る  様式を持つて出て来る  勢力を占めて来る  一棹ぐらいは持って来る  花嫁でも来る  天上からでも降りて来る  街を、鈍く曳いて来る  何だかさっぱり解らなくなって来る  一杯になって来る  ありあり目に浮んで来る  憶い出すと泣き出したいほど情なくなって来る  窺きに来る  消化れずに、上げて来る  暴風が来る  平衡が破れて来る  から来てくれとか言って来る  お正月が来る  三十四十と攫んでは来る  雑踏して来る  彼奴は帰って来る  入口へ入って来る  室へ入って来る  奥へ入って来る  部屋へ入って来る  不安もあったので、帰って来る  笑い声が揺れて来る  木の間から洩れて来る  暴露がついて来る  ますます流動性せん動性をもって来る  一人娘がおとなびて来る  行末を案じ、種々いい寄って来る  もとに通って来る  ことがいよいよ思うにまかせなくなって来る  男のかえって来る  ことが分かって来る  小路に近づいて来る  批判力から来る  翌々年に来る  土曜日の来る  声無く練り来る  此方へ近づいて来る  薄笑をして近づいて来る  衛兵の如く立つて居て、出て来る  手を引いて来る  馬に乗って、いそいでかけて来る  木の下まで来る  者を、見つけて来る  何だか本当に来る  誰れが来る  東京へ帰って、また来る  宗匠も来る  ぬきに来る  もっとごちそうを持って来る  ために、くわえて帰って来る  ものを取りにおりて来る  バクダッドへ帰って来る  かげへ来る  御殿へ、たべられに帰って来る  二人つれて来る  蛇が入って来る  こちらへ近づいて来る  晩も来る  助け船が来る  きばを取りに来る  象げ船が入って来る  ごちそうをするから、たべに来る  終りにも来る  底から湧き出して来る  力で湧き起つて来る  興に乗つて来る  男が出て来る  足音を立ててやって来る  番の来る  面会に来る  思索にも飽きて来る  上からぽたりぽたりと落ちて来る  強請して来る  実感が湧いて来る  慄えて来る  だんだんはっきりして来る  薬室から泥棒して来る  部屋へ訪ねて来る  微笑を洩らしながら、はいって来る  自宅へ来る  そうだが、来る  耳立てるでせう、すこしは降りても来る  そこから響いて来る  湯屋から出て来る  時間の来る  地球へ、攻めて来る  地球へ攻めて来る  今夜にも攻めて来る  博士邸をたずねて来る  だんだん大きくなって来る  あとから持って来る  ここへ帰って来る  ここへ駈けつけて来る  交点に来る  ますますいらいらして来る  自席へ帰って来る  報告して来る  ここへかえって来る  床下から聞えて来る  風が出て来る  はい出して来る  こっちへ飛んで来る  こっちへ歩いて来る  方にむかって来る  蟻田博士が間もなく帰って来る  君はついて来る  地底から、聞えて来る  かすかに響いて来る  蟻田博士がやがてかえって来る  一般から、来る  天井がおちて来る  しろからにおって来る  あたりから、もれて来る  上に、降って来る  ずんずん前に寄って来る  先生に迫って来る  勇気が出て来る  中から聞えて来る  ラッパから聞えて来る  ラッパから出て来る  変話機から聞えて来る  誰も追いかけて来る  さがわかって来る  前にあらわれて来る  そばへ近づいて来る  注意をしながら、ゆったりゆったり歩いて来る  風に思われて来る  警官のついて来る  中からもれて来る  地下から聞えて来る  地下室から聞えて来る  火星人はさらにいきいきとして来る  地球へ連れて来る  一日増しに、大きく見えて来る  だんだん考えて来る  たくさん地球に攻めて来る  意味を伝えて来る  電話がかかって来る  梯子を、つたわって、下りて来る  心が湧いて来る  声が出て来る  腹が立っても来る  目を光らしたかと思うと、とびついて来る  むりがむくむくと出て来る  地球へ攻寄せて来る  下からのぼって来る  静かにのぼって来る  山道をのぼって来る  みな殺しにされるまで、ああやって攻めて来る  押出して来る  われわれめがけて、まい下りて来る  声機から、ひびいて来る  こっちへ向かって来る  ものが近づいて来る  引力がはたらいて来る  数がふえて来る  ますますふえて来る  ことを知ったら、捕えに来る  下へ集って来る  大地が、もり上って来る  おいおい集って来る  大軍が、押しよせて来る  宙をとんで来る  ものを、ふりあげて来る  かぎり向かって来る  しゅうしゅうと響いて来る  きのこが出て来る  ロロ軍が撃って来る  こだまとなって、かえって来る  どこから光が来る  影響がはいって来る  道から逃げだして来る  曹操自身が攻め下って来る  門から逃げあふれて来る  如く攻めて来る  何処までとついて来る  これまで来る  敵が近づいて来る  長坂坡まで来る  岩頭から跳びおりて来る  帆を張って来る  呉から使者が来る  官邸へひきあげて来る  顔をしてくっ付いて来る  後からもう一度出直して来る  停車場目がけてわんさと押し掛けて来る  後刻必ず再び受取りに来る  ニュウスを嗅ぎつけて集まって来る  羅府へ引き上げて来る  ルウスから何か言って来る  判然して来る  アリゾナを出て来る  秋陽に照らされて来る  後から取りに来る  内に食えなくなって、のこのこ出て来る  ガレイジへ来る  ルウスの来る  几帳から出て来る  実感が起って来る  身になって考えないと来る  何れは戻って来る  大阪へ来る  どこで嗅ぎつけて来る  彷彿として浮んで来る  相場が分り出して来る  こと教わりに来る  期限の来る  潮風の来る  彼女の来る  蓄音機から流れて来る  木末から枯れて来る  彼を滅しに来る  己をつかまへに来る  近日点が来る  俳優の来る  活動俳優も来る  映画俳優の来る  駐在巡査の来る  本署から医者が来る  臨検に来る  霜の来る  それから霜の来る  みじめになって来る  一列になって退って来る  平淡路守が超然と歩いて来る  廊下を流れて来る  咳払いをつづけて来る  ことも出て来る  へんが聞えて来る  質を置きに来る  伝手を求めて申し込んで来る  これも、こみ上げて来る  宙鳴りして来る  ひた走りに駈けて来る  これあ来るぞと思っていると、必ず来る  廊下を駈けて来る  者も集まって来る  ソロソロと歩いて来る  二梃駕籠を打たせて来る  気やすに出て来る  綱引きと来る  茶店へはいって来る  毎晩出かけて来る  援軍が来る  ちょっと自室から取って来る  人声が伝わって来る  何しに出しゃ張って来る  夜の音が聞えて来る  反対側から、はいって来る  敷居を踏み切って斬り込んで来る  ほうから聞えて来る  そのまま、飛び込んで来る  試乗に来る  帯屋小路を歩いて来る  ように聞えて来る  首を忘れて来る  門弟どもを呼んで来る  のんきにふざけに来る  ら戻って来る  下落して来る  響が伝って来る  重みのかかって来る  さまに洩れて来る  山々へ立ち戻って来る  心に蘇って来る  嵐がひとりでに衰えて来る  こっちへ向って近づいて来る  窓から射し込んで来る  前に見えて来る  いつものように足早に帰って来る  山から雪に追われて来る  夏を過ごしに来る  父の来る  方へ登って来る  女中も来る  切迫から来る  之れが吹き来る  興行から帰って来る  関係を生じて来る  二階から上って来る  可愛いさで重く重くと育って来る  若い胸には、こう考えて来る  丸木小屋に坐って温まって来る  彼女は喋りに来る  キャラメル一つ買って来る  念入りに降りて来る  一寸云って来る  家から使に来る  外国へ来る  振替の来る  乞食が出て来る  男今日も来る  手洗場から戻つて来る  堀田は挑んで来る  きらきら光って来る  故郷へ来る  葉蔭から来る  注射器を持ち来る  横眼にちらちら映つて来る  看護手の出て来る  子が来る  切つて来る  骨壺を抱いて歩いて来る  急に出て来る  ここから出て来る  点も出て来る  ことから、当然出て来る  点が出て来る  ように思われても来る  意義が生れて来る  外感と書かれるに値して来る  転化して来る  ハッチスンから来る  多数性から来る  粛々として降って来る  限定されて来る  体系的に浮き出して来る  連関して来る  通用性が出て来る  形で出て来る  それから出て来る  種類が出て来る  世界が来る  点に来る  具体性が判って来る  結論が沢山出て来る  ものを持って来る  之に加わって来る  以て現われて来る  本質から出て来る  言葉は必ずしも痛くピンと来る  類型を持って来る  事実そのものに戻って来る  的哲学者に来る  特徴とが出て来る  刃向って来る  手法に来る  文芸評論と来る  認識目的から来る  処方も亦出て来る  根本問題に来る  揚句初めて出て来る  之から真直に出て来る  知識から来る  必要を感じて来る  からんで来る  社会科学的語呂が、生じて来る  本質に触れて来る  ものを得て来る  結論は、もし出て来る  結果出て来る  夫から出て来る  動揺が出て来る  哲学ではなくなって来る  論理として持ち出して来る  却って外部から来る  圧力となって現われて来る  新鮮味から来る  疑問が、当然起きて来る  規定が出て来る  問題が含まれて来る  雪崩れて来る  連らなって来る  按摩が呼びながら歩いて来る  薄明が迫って来る  間を通って帰って来る  念を入れて来る  後から昇って来る  女が入替って来る  際まで迫って来る  ものが早く這入つて来る  のが生れて来る  専門家が出て来る  世話ものでも出て来る  ユーモアが出て来る  情味が出て来る  誰か上って来る  二人を脅かして来る  秋子さんはまた来る  凡て不眠から来る  風にあたつて来る  どんどん正門をはいって来る  かけ上って来る  午まになったらまた来る  みんな悪いことはこれから集ってやって来る  上流から追って来る  気持ちになって来る  新しい光を浴びて現われて来る  事がらがいっそう込み入って来る  つたやうだつたが、慣れて来る  向上としてひろがって来る  そこからひき出されて来る  そこからわたしたちが学びとって来る  ことがわかって来る  出し抜けに起き出してでも来る  喰べに来る  だんだん胸がせまって来る  肩にみがいって来る  水がふえて来る  調子が出て来る  二人がきっと還って来る  こと炭積んで来る  屋根一ぱいにひつかかりさうになつて下りて来る  頭にあると見えて、いつも帰つて来る  窓際から射して来る  手紙を送つて来る  呶鳴り込んで来る  五円を受取りに来る  使が来る  のやが崩れて落ちて来る  今日も来る  もっと早く来る  一ぺんに来る  こっちへ来たけれども来る  ときそれが落ちて来る  空気も運んで来る  陸地が見えて来る  上を渡って来る  赤毛、入れ、なんて来る  毎日学校さ来る  信用を覚えさせられて来る  事実を包んで顕れて来る  鼻をついて来る  何処から臭つて来る  前に浮かんで来る  前田鉄工場へ来る  奔亡して来る  偽計なりと観破し、あえて、冒し来る  小舟の寄って来る  ほうからのぼって来る  中を続々と連なって来る  後方から来る  味方に来る  面持で、駈け遅れて来る  六里ばかり急いで来る  手に分れて来る  駿足赤兎馬に踏みまたがって来る  真先に躍って来る  一軍の来る  ために来る  動静を見に来る  もう一度行って来る  曹仁から加勢に来る  これへ向って来る  附属して来る  四方から賢士剣客の集まって来る  地へ近づいて来る  馬を早めて来る  話をつけて来る  孔明自身も、やがて来る  呉へ来る  方からフラフラと入って来る  片倉友吉が入って来る  ドカドカとあわただしく近づいて来る  上に押し出されて来る  若い男が入って来る  負けが込んで来る  僕などが出向いて来る  はじめそうになって来る  鳴りひびいて来る  やつぎばやに聞えて来る  断続してひびいて来る  眼が釣りあがって来る  眼がキラキラと光って来る  人見勉が入って来る  こっちを見ていたが、やがて近づいて来る  静かに流れて来る  それが次第に近づいて来る  身をすりよせて来る  こ、こんだ、来る  方も苦しくて成り立たなくなって来る  手に入ったら持って来る  注文をとって来る  人見治子が近づいて来る  仕事が有ったら、持って来る  小道を降りて来る  チョット、なんか買って来る  家に近づいて来る  おっ母さん、直ぐ、あの、買って来る  のが、ひどくいぶって来る  東京へ出て来る  戦争がひどくなって来る  アイサツをして来る  西洋皿をかかえて、急いで出て来る  右手から友吉が入って来る  小笠原が、もどって来る  シドロモドロになって来る  路からノソノソ出て来る  スタスタ出て来る  笑いをしながら出て来る  グワーッと近づいて来る  列車が迫って来る  怒田といふところから薪を運んで来る  ようなのはいけない、するするつながって来る  方が旨くなって来る  否嗜好が変わって来る  機械でずるずる出て来る  小紙をかぶせては来る  郷愁は愈募って来る  皮膚に甦って来る  心に甦って来る  朝になりかけて来る  領域へ大きくふみこんで来る  病名が出て来る  ところからも来る  はじめて生気をおびて来る  あらはして来る  虚脱より来る  頭をもたげて来る  はつきり浮びあがつて来る  表情から来る  いふ風に考へて来る  問題が大きく浮び上つて来る  客間へ漏れて来る  罩って段々高まって来る  内にこもって来る  ものに思われて来る  上に及ぼして来る  十数日たつと送り返されて来る  気息をじっと調べ、飛び込んで来る  のをつれて来る  姿をかくし、帰って来る  ところ六人と見つもり、おっ振って出て来る  馬車が馳せて来る  はりして来る  敵が攻めて来る  流れだまがとんで来る  徴発して来る  こさげて来る  シベリヤへ来る  中へつれて来る  シベリアへ来る  入口をみつけて、ふきこんで来る  軽井沢あたりから自動車を飛ばして来る  傭はれて来る  これは、やがて来る  突貫して来る  洞門のてまえまで来る  黄忠これに来る  踏破して来る  横奪に来る  兵をつれて来る  穆順がもどって来る  呉陣から馳け出して来る  水際まで来る  合流点まで来る  カラカラ鳴らしてやって来る  後ろから来る  口まで出て来る  東京に帰って来る  たびごとに、出て来る  あなたが来る  方ではよく出て来る  警官がはいって来る  喧嘩をして帰って来る  からすぐ送って来る  風にして来る  一カ月余り監獄にいて、出て来る  東洋人が来る  量が出て来る  ジャジャジャアと出て来る  踊り姿が現れて来る  フランスに来る  支那からフランスに来る  追放と来る  五日して帰って来る  たびにむしゃくしゃしながら帰って来る  新芽を出して来る  拍手は段々減って来る  偽名が出て来る  年齢なぞが出て来る  黒パンも来る  窓口まで持って来る  ますますひつこく聞いて来る  監へ帰って来る  別に誰もつけて来る  未練が出て来る  強制徴発に来る  人間が出て来る  中に飛んで来る  ちょっと歩けないほどに寄って来る  外国人の来る  海嘯があって、次に来る  だんだんはつきりして来る  作品として浮んで来る  書類が来る  ものが載って流れて来る  お茶を運んで来る  ところにたまって来る  エネルギーが湧き出して来る  信念が湧いて来る  均衡が著しく失われて来る  貫禄を有って来る  生態から生じて来る  学術的教科書などを見ると出て来る  まりピンと来る  休憩所まで走って行って見たが、帰って来る  ッつき歩いて来る  湿りが強く来る  階子段をのぼって来る  気分がふさいで来る  ように苦しくなって来る  葉子が来る  いろいろにいって来る  しとやかにはいって来る  間に割り込んで来る  断続して聞こえて来る  世辞世辞しく近寄って来る  意識から起こって来る  大股ではいり込んで来る  スティームの通って来る  皮膚に近く突き進んで来る  胸先にこみ上げて来る  サルンからもれて来る  おぼろに浮かんで来る  耳もとに響いて来る  ほうに来る  船梯子を上って来る  血の寄って来る  岡の帰って来る  頭がはっきりして来る  牙を鳴らして集まって来る  男たちが集まって来る  そこを出て来る  嵩ぶって来る  のだろうと思って来る  胸から喉もとにつきあげて来る  頭をぐらぐらさせるばかりに嵩じて来る  さしがねでなんとかいいに来る  字に来る  今度こっちに来る  息気づまるように圧迫して来る  流れがこう変わって来る  お医者さんを連れて来る  葉子を訪れて来る  木村は来る  カリフォルニヤから来る  部屋に話しに来る  冬の襲いかかって来る  おろして来る  北半球を包んで攻め寄せて来る  結局事務長にすがり寄って来る  日も回って来る  胸いっぱいにこみ上げて来る  お土産一つ持たずに帰って来る  確かに聞こえて来る  先からはい上がって来る  想像して来る  汝の来る  中門廊まで来る  単騎ここに来る  咥え来る  宙をのぞんで、攀じのぼって来る  願掛けに来る  お参りに来る  婆のはいって来る  甘酒はないかといいながらはいって来る  おいおいにわかって来る  水を汲んで来る  問題について、おりおりは現れて来る  もう一度帰って来る  入浴に来る  子供づれで来る  日本にはいって来る  姥とつれ立って出て来る  それからこちらへ来る  片目清水まで来る  方へ降りて来る  網にはいって来る  泥鰌を捕りに来る  火を見かけて泳いで来る  所へ移して来る  方から買って来る  関東地方に来る  通りにして帰って来る  だんだんに変って来る  音がきこえて来る  ところへは来る  関東から落ちて来る  人が運んで来る  外から小石を持って来る  川原から赤い石を持って来る  けがあって持って来る  石がはいって来る  草鞋を残して来る  雲に乗って攻めて来る  たまたま画像をもって来る  木に来る  から後に、拝みに来る  頭が見えて来る  それまで替えほして来る  今に出て来る  心につながって来る  観念が出て来る  限定を得て来る  好みに従って取って来る  客が降りて来る  人なんて来る  巷路からこっちへと出て来る  もののもたらして来る  いなかから出て来る  越後信濃上野あたりから来る  道に出て来る  ちょっとここに来る  水上瀧太郎君のことなどが出て来る  上にひとりでにかもされて来る  胸に浮んで来る  ことが繰返されて来る  月見が来る  活動して来る  甞宮までひいて来る  身に沁みて来る  熱海へ来る  あとで、また来る  せつ子が来る  何回でも、来る  格天井からさして来る  さともなって来る  ところはないが、聞きなれて来る  言霊信仰が現れて来る  ものが浮んで来る  考へ出されて来る  姿態が、現れて来る  性格が出て来る  排除して見れば、顕れて来る  そこに出て来る  姿が、現れて来る  延喜式祝詞に度々出て来る  土へ来る  よつて来る  幾つとなく出来て来る  諸方から来る  匂ひを持つて来る  時を定めて来る  人が殖えて来る  歴史観を生じて来る  建設と共に出来て来る  荘園の出て来る  後院制度の生れて来る  財産観念を出して来る  成立条件とも考へられて来る  分出して来る  形を生じて来る  風色をか呈し来る  川くまを廻り来る  眸に映じ来る  帆前船が来る  照し来る  祝詞から演繹して来る  模倣して来る  分化して来る  岐れて来る  衰へて来る  教育的意義を持つて来る  すべて関聯して来る  帰一せられて来る  上にも起つて来る  事が起つて来る  叙事詩化して来る  主上其他に段々伝へられて来る  交へて来る  錯誤が起つて来る  延長せられて来る  語で表されて来る  所謂謎が生れて来る  胚胎せられて来る  問題がおこって来る  海風の通って来る  なかに出て来る  から出直して来る  紹介されて、集まって来る  ことなどが、来る  誰か上がって来る  宿へ帰って来る  訪問して来る  下宿へ逢いに来る  袖の下をくぐって来る  子供たちを見て来る  一時に呼び覚まされて来る  彼女の帰って来る  季節が来る  目に入って来る  嶮しくなって来る  冠さって来る  松川を見ると、いきなり飛びついて来る  彼には、ぴんと来る  叔父が話しに来る  明朝蟹子持って来る  耳元にとどいて来る  うちに、入って来る  愛を見失うまいとして取り着いて来る  学校から退けて来る  発作的に来る  一緒に、嗅げて来る  憂鬱になって来る  段々から彼女の降りて来る  神経を刺して来る  人が持ち込んで来る  方々から廻って来る  虫の集まって来る  露路庭から通って来る  前に開けて来る  先方が追っ駈けて来る  水の浸して来る  今度出て来る  かえるのだったが、来る  気味で、ふいと出て来る  頬を引っぱたいて来る  一ト風呂あびて来る  だんだん募って来る  恋愛に及んで来る  自動車を出て来る  庸三にそっと触れて来る  ゅうにゅう首を持ちあげて来る  十一時には帰って来る  一人でそっとやって来る  ものにして来る  庸三にも来る  ところまで追い詰められて来る  サアビスぶりに、集まって来る  自動車で持って来る  夜おそく帰って来る  お金くらい持って来る  お茶を呑んで来る  締切りが迫って来る  間接に来る  雪崩れこんで来る  ちょっと耳が熱して来る  庸三の入って来る  前へつれられて来る  気詰りになって来る  八方から襲いかかって来る  トランクを持ち込んで来る  ホテルへは帰って来る  葉子が帰って来る  牛山あたりで買って来る  破綻が来る  飽きの来る  避暑客が来る  客を送って来る  階段をおりて来る  影の差して来る  海岸へ来る  庸三は来る  おばさんおばさんと言っちゃ、懐いて来る  葉子の来る  ことが浮かんで来る  横浜からやって来る  洋食が来る  気持に融けこんで来る  退屈になって来る  車の来る  叔父が話しを決めに来る  海岸から帰って来る  弾みが出て来る  低気圧は来る  ものの刺さって来る  女が入って来る  まま、飛び出して行ったが、やがて帰って来る  電話口を離れて来る  旋律が流れて来る  三倍もの力で盛りかえして来る  予感に上って来る  書斎へ入って来る  町はずれまで来る  酔いがまわって来る  たまに買って来る  私に覆さって来る  彼女の部屋へ帰って来る  ちょっとそこまで行って来る  創作に悩んで来る  部屋を見に来る  努力とが生れて来る  野心が生じて来る  世の中が開けて来る  序がなくつたつて、来る  方で、さう出て来る  和魂漢才説が生じて来る  便利に感ぜられて来る  意識せられて来る  物が出来て来る  語から促されて出て来る  思ひ出、いきらずぞ来る  のを持って来る  物の来る  ものでございますが、開けて来る  据兼ね、ぐいと込上げて来る  二時頃には来る  是切り参りませんと云っても度々来る  お前さんが這入って来る  借りに来る  自然に知れて来る  大雨、来る  直に来る  事ばかり出て来る  品物が廻って来る  つて見えて来る  隆太郎にも見に来る  穂に射しかけて来る  何かが咽んで来る  たくさん送られて来る  肉薄して来る  手紙の来る  意を表して来る  間を置いて来る  組織が変って来る  本堂へ帰って来る  評をしたりして帰って来る  得意になって帰って来る  から寄せて来る  権利があると信じて押して来る  まま出て来る  此所へ来る  非難を持って来る  助の来る  母の来る  其所から吹いて来る  穴から出て来る  眼が、ぽっと出て来る  一人でなくっては来る  方に響いて来る  中へ響いて来る  日本などへ来る  湯殿から帰って来る  露西亜文学に出て来る  悦楽を帯びて来る  いくらでも出来て来る  国から妹を連れて来る  手前まで来る  何とか屋へ来る  方に近いて来る  双方から倒れて来る  返事を聞きに来る  邪魔ならまた来る  座敷へ来る  娘が持って来る  晴天から来る  それを済まして又来る  後から三千代の来る  三千代が又訪ねて来る  細君が訪ねて来る  それから三千代の来る  客さんの来る  此方へ流れ込んで来る  脊丈が延びて来る  新見付へ来る  結果として来る  目的が出来て来る  点へ来る  江戸川まで来る  自分を攫いに来る  近所へ来る  明日になってみろ、放って置いても遣って来る  意見が出て来る  迷惑がかかって来る  臨機に湧いて来る  勢力が来る  切れ間から、落ちて来る  顔を拭いて来る  断りに来る  必要が出て来る  宅へ呼びに遣れば、来る  事は来る  宅へ連れて来る  車を持って行って、乗せて来る  此方から知らせるまでは来る  奥から梅子が出て来る  三千代が来る  平岡が来る  激して来る  下へ来る  余りから来る  一寸職業を探して来る  気運が開かれて来る  力が弱められて来る  ように考えて来る  引取値段をと来る  島に来る  日と来る  間断なくおまゐりに来る  色は冴えて来る  風は白くなつて来る  しんかんとして来る  朝がだんだんと明けて来る  処から響いて来る  海からやつて来る  者あり、来る  園に戻つて来る  辺をブラブラして来る  患者の来る  診察室に這入って来る  入口からフラフラと這入って来る  んで降りて来る  人間が這入って来る  中ほどまで下って来る  中に這入って来る  三時までには帰って来る  僕たちをたずねて来る  社会へ出て来る  若ものを送って来る  原料を持って来る  中隊へ来る  ことが追っかけて来る  卒業が迫って来る  母などは、ついて来る  疑問が起って来る  ものも出て来る  ように飲んで来る  作衛じいさんが来る  とっかえひっかえ来る  疑いが湧いて来る  君のはいって来る  未来が押しよせて来る  女から来る  彼女はこみ上げて来る  家から出て来る  其から出て来る  ものと見えて来る  力を持つて来る  歌が出て来る  駆使から来る  自然に現れて来る  野心とから来る  題材から来る  風姿から生れて来る  浄瑠璃などを通じて出て来る  直観が起つて来る  点まで現れて来る  夜遅くやって来る  女性から来る  こなたへ走って来る  玄達を連れて来る  独楽を廻しに廻し、現われて来る  何者か来る  方へ寄って来る  燈が近づいて来る  燈と共に、近付いて来る  小屋から人が出て来る  林が歩いてでも来る  独楽へ現われて来る  これに現われて来る  時背後から、追い迫って来る  裾から這い寄って来る  無我夢中で逃げて来る  姿は、迫って来る  頂上から来る  独楽に現われて来る  者一人として、帰って来る  かいって斬って来る  呼ばわりつつ追いかけて来る  城外三十里ほども来る  旋回して来る  お召しが来る  原因と来る  援軍も来る  これに帰って来る  大軍を傾けて来る  魏軍が来る  城下まで来る  逃げつづいて来る  巡視して来る  軍から来る  風上から攻め来る  洞門まで来る  山上からなだれて来る  正陣をもって、寄せ来る  気で来る  孔明軍が来る  馳け来る  孔明は、来る  獲物の出て来る  お参りをして来る  眞葛周玄が駈けて来る  立戻って来る  此家へ来る  波足が高くなって来る  寺から出て来る  門へ来る  癪が起って来る  其れゆえどうか行って来る  粥河圖書は来る  山三郎の来る  おとうさんが帰って来る  眼に浮んで来る  芸者の来る  時に飛び出して来る  刎ね返して来る  鶴雄の来る  広場まで来る  接吻が出て来る  路地まで来る  トボトボ出て来る  姉さんの出て来る  三条小橋まで来る  相手が出て来る  男が戻って来る  先斗町が出て来る  風紀がみだれて来る  女中が来る  女がはいって来る  湯槽へ近づいて来る  湯槽へはいって来る  応接室から聴えて来る  君勇が来る  京都へ来る  君勇がはいって来る  小郷に会いに来る  夜がするすると落ちて来る  投書が来る  衝動が、むずむず湧いて来る  誰もやがて来る  桔梗家へ来る  上へ落ちて来る  響きを伴って、くりかえしくりかえし、あわただしく迫って来る  鈴子がいきなりはいって来る  正午にべにやへ来る  何かむっとこみ上げて来る  僕アむかむかして来る  応接間へ戻って来る  弓子に会いに来る  秋江に出て来る  顔を出して来る  んだが、まだ帰って来る  目に見えて来る  地方から流れこんで来る  お寺さんの来る  こちらに向って歩いて来る  ちの家へこうして祟って来る  かなめは、これからほぐされて来る  発動がおこって来る  今日外国を見て来る  人というだけでなくなって来る  是から段々とわかつて来る  者は還つて来る  皆外から来る  陽気が来る  自分を目がけてやって来る  タオルを持って来る  底からわいて来る  熊だの取りに来る  本署から来る  報告が来る  お祭りを見に来る  自身で持って来る  二時間、説き去り説き来る  日を過しに来る  だんだん気づまりになって来る  避暑に来る  妙にこたえて来る  自動車がもう来る  埃を上げながら飛んで来る  自分が戻って来る  何者かの来る  夏私の来る  三度もうるさく云って来る  小杉正吉少年が出て来る  同胞がもどって来たので、たいへん暮しにくくなり、来る  話でも聞かせてもらって来る  ーツと寒くなって来る  まわりからおどりかかって来る  動きあがって来る  移住して来る  ものだが、としをとって来る  兄を訪ねてやって来る  夏も深まつて来る  数年後に来るか、とにかく来る  名刺を置きに来る  上に載せて売りに来る  土産を持って来る  張合が出て来る  のが来る  勘定を取りに来る  明日持って来る  薄羽織を被て来る  時候は段々暑くなって来る  砂の現れて来る  債を取りに来る  少年を追って来る  ままによみがえって来る  汗を洗いながして上がって来る  医師を呼んで来る  死体を引き取りに来る  だんだん濃厚になって来る  ようについて来る  あとについて来る  底までもついて来る  養魚池から来る  産卵に戻って来る  向うから空桶を担いで来る  子供は、はずんで来る  人のはいって来る  ところへ持って来る  籠み入って来る  見舞に来る  裸体で這入つて来る  玄関から此処まで来る  注意を与へて置いて這入つて来る  哀しみが湧いて来る  鬼気が迫って来る  廊下まで来る  のを流して来る  おねえさまがかえって来る  お前はんの来る  隠れ忍んで来る  是から近しく来る  お婆さん極りを云って居るぜ、来る  七兵衞が来る  雨でもございません、どうと来る  お前此処へ来る  物を買って来る  檀家から持って来る  其処へ来る  一緒に引ずり出されて来る  所から持って来る  一寸往って来る  様に成って来る  人でも来る  死物狂い、縋り付いて来る  山を下って探しに来る  祭礼だから見て来ようと云って来る  行方を捜しに来る  誰あって来る  巡礼が来る  姿に成って来る  山路に掛って来る  無茶苦茶に切込んで来る  櫻川の来る  繼が帰って来る  伊賀裏まで来る  経を上げて帰って来る  色も変って来る  労れて来る  所を附け入って来る  看護婦をつれて来る  中に滲み込んで来る  約束が迫って来る  身辺に来る  我手に落ち来る  通行人が来る  固執状態が帰って来る  熱烈に、苦しくなって来る  倉地の帰って来る  消息の来る  紅葉坂をすたすたと登って帰って来る  跳り出して来る  それがたまらなくなって来る  から倉地が寝に来る  私もちょいちょい来る  学校から来る  ほうに余計来る  古藤から九時ごろに来る  探訪などに来る  上陸もせず帰って来る  くせに、少し慣れて来る  気持ちが抑えきれなくなって激しく働き出して来る  心持ちを伝えて来る  胸を引き締めて巻き起こって来る  陶酔を感じて来る  わけもなく嵩じて来る  倉地が帰って来る  吹きつけて来る  心持ちになって来る  二階に上がって来る  しかかって来る  シーツから逼って来る  遊びに来たいと訴え来る  間から上がって来る  湖地方から渡って来る  消息が来る  寝付きも悪かったので、ぞくぞくしみ込んで来る  われにもなく侵して来る  前からのみ来る  だれも来る  茶の間に駆け込んで来る  船で帰って来る  心をこめて親しんで来る  痛みからのみ来る  目にはいって来る  傾きができて来る  古藤の来る  事を申し出て来る  結婚を申し出て来る  あとに襲って来る  春にでもなって来る  玄関から人のはいって来る  末梢に答えて来る  切符を買って来る  そこに現われて来る  食べ物を運んで来る  小道を登って来る  ここまで流れて来る  遠くから聞こえて来る  もう一度自分に戻って来る  偏頗に傾いて来る  その後に襲って来る  葉子に会いに来る  人を侮ってかかって来る  下宿から急ぎ足で出て来る  香に寄りたかって来る  やつが来る  正井は来る  正井の来る  心が変わって来る  葉子はたびたび来る  肘をついて、たかって来る  けんかも来る  ぶんぶんと攻めかけて来る  前に浮き出て来る  哀れにもまざまざと聞こえて来る  詮じつめて来る  胸を突いてわき出て来る  関東に時々襲って来る  緑色をすかして来る  ここに引っ越して来る  ばたばたと引きずって来る  一室一室と近づいて来る  わたしが行って来る  勃発的に起こって来る  妄想に駆り立てられて来る  風呂敷を通して来る  だんだん起き出て来る  ように聞こえて来る  所にさし込んで来る  ほうから聞こえて来る  においが泥臭く通って来る  憤怒に伴ってさしこんで来る  言葉が激して来る  悠々閑々として近づいて来る  世の中を歩いて来る  立ち会いに来る  たびごとに襲って来る  死屍から来る  手術室から出て来る  間を置いてはさし込んで来る  痛みが来る  内田の来る  自分にも起こつて来る  反撥して来る  体験にまで還って来る  心が暗くなつて来る  迫まつて来る  奥から発して来る  ら見えて来る  限りなく殖えて来る  託宣が殖えて来る  歴史観念が出て来る  方面が多くなつて来る  託宣に表れて来る  派生して来る  調子を持つて来る  語などをとりこんで来る  学問をして来る  処に泊って来る  日々家へ帰って来る  交際が上って来る  分明になって来る  眼蓋が重くなつて来る  裏門から来る  意味を有って来る  根本精神に触れて来る  支配的になって来る  問題でなくなって来る  纏ふて来る  齎らし来る  ノックもせずにはいって来る  家を出て来る  みんな、行って来る  汽車で乗って来る  ことなぞを知らせに来る  方へ責めて来る  ところへ飛んで来る  送りに行って来る  だんだん席が温まって来る  方からでも伝わって来る  東京へ行って来る  挨拶に来る  気のして来る  用達から帰って来る  部屋まで這入って来る  犬が嗅ぎつけて来る  隙間からでも入って来る  部屋へでも構わず入り込んで来る  ありあり浮んで来る  ことが思えて来る  便りなくなって来る  崖路を歩いて来る  ようにして来る  ありありそう思えて来る  彼らはは入って来る  ふいに起こって来る  陶酔が起こって来る  崖路へあがって来る  だんだんもつれて来る  意識されて来る  秘密が捜したくなって来る  幾晩も来る  回向に来る  残りを取って来る  緊って来る  朝から来る  寂として聞えて来る  雨の降って来る  勢いで乾いていき、じっと坐って居ても汗ばんで来る  向うから大股で歩いて来る  買手を待たして置いても獲って来る  から、ちょいちょい飲みに来る  水に入って来る  家を飛び出して来る  足音をさして走って来る  老人が来る  ベルを鳴らしても出て来る  地へ来る  勘定書を持って来る  部分が疲れて来る  目を覚して来る  頃やうやく癒えて来る  心までがすっかり変って来る  大学に来る  レコードとなって出て来る  進歩隆盛に赴いて来る  写真も来る  音を立てて飛んで来る  だんだんに近付いて来る  群が出て来る  遠吠えが聞えて来る  挨拶をしながら、どしどし上って来る  足繁く来る  助が来る  小男が歩いて来る  女とが、歩いて来る  サッサと帰って来る  ように燃えて来る  舞台姿が恋しくなって来る  瞳が益々熱して来る  胸に、ひしひしと堪えて来る  日に増し、貫いて来る  色が、輝いて来る  眸は段々輝いて来る  身にも、堪えられないほど、重々しくヒシヒシと懸って来る  日が近づいて来る  ものが感ぜられて来る  お土産を買って来る  劇場に来る  それを嗅ぎ当て寄り添って来る  いやにいそがしくなって来る  ヒラメが来る  もっと充分に送って来る  くにから来る  相談に行って来る  脳裡におのずから浮びあがって来る  ところへたずねて来る  注文が来る  幽かに吹いて来る  気持が険しくなって来る  手記に出て来る  感想となって来る  附随しておこって来る  問題はきりこまれて来る  恁う考えて来る  だんだん分明になって来る  姿をあらわして来る  チャックも来る  二三匹いっしょに来る  彼女が来る  ところへ飛び込んで来る  ノートを持ってはいって来る  ふいに帰って来る  最後に襲って来る  あとからあとへ生れて来る  料理を運んで来る  たしかに帰って来る  見世物を見て帰って来る  ホントウにわかって来る  奴が買いに来る  事から廻り合わせて来る  ドシドシ毛唐が這入って来る  台湾館に来る  熱を吹きやがって、来る  手に乗って来る  台湾館へ帰って来る  ズンズンとわかって来る  力がみなぎって来る  人間が現れて来る  餌を持って来る  度合に応じて増して来る  深刻化して来る  張つた下へ来る  世界へ生れて来る  超人倶楽部に集まつて来る  胡瓜さへ降つて来る  何か飛んで来る  ものの飛んで来る  国へ生まれて来る  チヤツクも来る  殊に二三匹一しよに来る  毎日海から出て来る  水が来る  此海から来る  両方一時に抜けて来る  猿が出て来る  屋敷に入り来る  時あつて忽然として、とり出されて来る  考へは起つて来る  膳椀の忽然と出て来る  聯想とが、同時に動いて来る  饗応を受けに来る  姿で出て来る  笠着て来る  伝説が這入りこんで来る  禍のよって来る  かわり面会に来る  問題に入って来る  用事もついて来る  ますます加わって来る  大分違って来る  前アタリまで来る  紳士が降りて来る  一回注射して来る  母も出て来る  ヘラヘラ笑いの拠って来る  麻布から爰まで来る  ら富んで来る  報知して来る  猛烈に熱くなって来る  ボンタンの来る  そこに滲み出て来る  材料を選び、こみあげて来る  年末までには戻って来る  末頃までには戻って来る  日が迫って来る  励みが出て来る  併しこう云って来る  ここから生きて来る  許しを得て来る  汽車から降りて来る  他所から客を乗せて来る  母が来る  昼飯時が来る  俺を襲うて来る  会社から帰って来る  別に笹尾が来る  秀男が帰って来る  年とって来る  生活が落ちついて来る  処をぶらついて来る  山から降りて来る  祖先神が来る  附隨して来る  鬼が持つて来る  悪意なくこみ上げて来る  さでまた新しく甦って来る  団結から出て来る  明日の来る  朕は来る  影を踏みながら歩いて来る  口から落ちて来る  風に乗りて響き来る  音を立てて続いて来る  若い女が訪ねて来る  何処まで避けてもつき纏うて来る  複雑となって来る  難問となって来る  客観そのものから来る  ものから、来る  ものを持ち出して来る  ラスクに来る  権利以外から導いて来る  価値を得て来る  不誠実から来る  社会機構から来る  観念に嵌まって来る  伝染力を得て来る  権威として持ち出して来る  カテゴリーとして持って来る  鼻を撲つて来る  自分に絡みついて来る  船頭の下りて来る  寂寥から起つて来る  葬式が来る  女房になりに来る  周囲に集り且つ醸されて来る  上に起つて来る  じい風雨の吹き込んで来る  処から起つて来る  熱意を増して来る  涙の溢れて漲つて来る  結ひに来る  表はれて来る  医者さまが来る  明朝早く来る  希望が浮び出て来る  矢が飛んで来る  隙の来る  心に触れて来る  どこからわいて来る  表門を乗り起してはいって来る  宅へ忍び込んで来る  中から湧いて来る  自分が責められて来る  心が持ち直して来る  嫉妬が芽ぐんで来る  憎しみが力強く湧いて来る  やうに寄せて来る  胸に湧き起つて来る  失望して来る  心をおそって来る  鼓動が伝わって来る  氏家駅に来る  死の来る  自分に迫り来る  私を呼びに来る  それが動き出して来る  店先に集って来る  用事をして居ましたが、やがて、来る  若者、来る  ぼんやりして来る  たび浮び上って来る  印を捺して持って来る  座敷へ上って来る  釣り上って来る  活動に出て来る  から俥屋が持って来る  一番よけいに来る  合わせをしに来る  うらおもてなどが解って来る  各地から来る  雑音が這入って来る  電話で来る  前後数回に分けて知らせて来る  得意で、来る  後から配達して来る  正午に来る  八方からかかって来る  電話を伝わって来る  余計に来る  待合からかかって来る  店まで持ち込んで来る  底に湧いて来る  快感でズキズキして来る  微笑が湧いて来る  ステインドグラスから落ちて来る  ゴボゴボと流れ込んで来る  じき店に来る  ためらひながらついて来る  作家が集って来る  風に見て来る  方へ引っ張って来る  ほかから持って来る  うえに出て来る  札幌から室蘭をまわって来る  景色だの見て来る  ぼくはもう行ってきっとすっかり見て来る  のを売りに来る  水さえ来る  切りに来る  だんだん京大阪へ近づいて来る  もう少し待っていればきっと帰って来る  しろから女がついて来る  女はなんともいわずについて来る  下女が床をのべに来る  坂を降りて来る  それをかぎながら来る  近くへ来る  先生の来る  弟子でよく来る  友人が来る  日曜には来る  昼から来る  あとから、飛んで来る  容赦なく近づいて来る  顔を寄せて来る  二本穴を抜けて来る  うちだんだん寄って来る  中へはいって来る  所を少し来る  ため研究に来る  廊下伝いにはいって来る  みんな寄って来る  いろいろに出て来る  から目をつけて来る  観覧者が来る  与次郎は来る  書留で来る  茶の間へ来る  ナイフを取って来る  用がなくなっても、いっそう近づいて来る  三間先へ来る  いくらでも来る  小包で来る  入場者は続々寄って来る  のが、あらわれて来る  あなたの出て来る  色々に動いて来る  お前さんなんかの、余り度々来る  一人で来る  別にその男の来る  年寄ばかり来る  ように寄って来る  旅館と来る  運動に行って来る  瀬になって落ちて来る  人でも出て来る  焔を吹いて唸って来る  こっちからも聞こえて来る  里へ来る  萠して来る  ように走って来る  辺からじりじりと滲み出して来る  台所から戻って来る  此那大きな人形を抱いて来る  今度、到底いたたまれないで逃げて来る  あかりとりに飛び込んで来る  瀕して来る  しまひさうにふらふらとして来る  呼応して来る  合唱して来る  縦横から折り重なつて来る  つてランプを持つて来る  好機とばかりに躍り込んで来る  発作が来る  彼は、読み通して来る  中によみ返って来る  ここへもちょくちょく忍んで来る  疑いが起って来る  心に滲み込んで来る  一つをさげて来る  散歩から家に帰って来る  カッフェから帰って来る  四方八方から群って来る  家内が来る  奥さんが来る  パリに来る  外へ置いて来る  日本へ来る  つもりでかかつて来る  ひとが来る  船へ来る  時化をおかして帰って来る  此処へこうやって、やって来る  何しに来る  今日の来る  ジョンが来る  猪作の出て来る  合はせて出て来る  彼の入って来る  岸へと寄せて来る  気が立ち上って来る  のか、よく分らなくなってしまうほど、追い払っても、追い払っても、また戻って来る  元気が湧いて来る  収穫時が来る  褒美にあずかって来る  互を穢し合いながら湧き出して来る  まり通りになって来る  だんだん落しに近づいて来る  実現されて来る  生身に喰いこんで来る  枷はしっかりと食いこんで来る  四離滅裂になって来る  懐に入って来る  戦士がやがて来る  燃え熾って来る  水口まで来る  浮み出して来る  駸々と滲み出して来る  勧誘員が来る  川から帰って来る  外から来る  そうに聞えて来る  ようにみえて来る  叢から快く響いて来る  耳へ来る  不思議になって来る  ますます静かにひそやかになって来る  婿に来る  わたしに附きまとって来る  姿をして来る  胸一杯にせき上げて来る  婿は来る  合図に、きっと来る  晩もまた来る  蛇はいよいよ来る  サヤとよせて来る  間から、現われて来る  次第次第に膨らんで来る  何だか、これから来る  響が聞えて来る  郡山へ来る  雑念が起って来る  雑念の起って来る  群をなしてとんで来る  瞬間心がかるくうれしくなって来る  心に入って来る  から、ぐんぐんとさしのぼって来る  頭に降りかかって来る  猫が滑ってやって来る  外へ出してもまたはいって来る  三角関係は出て来る  主人が帰って来る  きょう、たずねて来る  仕事が認められて来る  から日本に来る  処が出て来る  ように圧しかかって来る  警視庁に廻って来る  癇の虫がじりじりして来る  吸収し、来る  ノッシノッシ近付いて来る  痕なく、明け放ちたる入り来る  ここまで読んで来る  近く照しかけると見え出して来る  廊下に出たが、やがて帰って来る  地方から来る  毎晩几帳面に帰って来る  奴さんそこで一杯飲んで来る  ものかどうか調べて来る  細大洩らさず聞き込んで来る  中から順々に現われて来る  非常にハッキリして来る  中に引返して来る  こっちへ降りて来る  からここへ来る  此店に来る  料理部屋から上って来る  朝鮮人が来る  ぐら付いて来る  どん底からぐら付いて来る  くり返って来る  あやふやになって来る  可能性が出来て来る  引き切りなしに湧き出して来る  から一緒に来る  変化して襲いかかって来る  音を立てて来る  書類を取りに来る  有利となって来る  石油不足から来る  理智を取り返して来る  よう考えて来る  饒舌り続けて来る  成果を挙げ来る  場内に降り落ちて来る  楽屋から演技場に出て来る  場内に乗り込んで来る  熱狂して集まって来る  つもりで近づいて来る  挿し絵に出て来る  裏通りへ来る  総出で取り鎮めに来る  巧みに飛び付いて来る  真中まで来る  人夫に運び出されて来る  二三名走って来る  違いに並んで、踊りながら出て来る  夕陽に輝いて現れて来る  間を抜けて来る  浮み出て来る  人間とすれ違いながら歩いて来る  階段を慌しく駈け上って来る  ユラユラと流れかかって来る  赤自動自転車が追っかけて来る  現場に来る  上流から来る  もっと明瞭に現われて来る  理由がよくわかって来る  耳が備わって来る  直覚作用を信じなくなって来る  だんだん退化して来る  中に浮き出して来る  家に向って動いて来る  下から客人が来る  前に近づいて来る  ようにありありと現われて来る  確定して来る  事が、考えられて来る  可能性が生れて来る  解決されて来る  辻褄がすっかり合って来る  気分が引き締って来る  読本に出て来る  成立から来る  雄弁になって来る  判明って来る  床に近付いて来る  怨みに来る  呼吸が高まって来る  全身にたまらなく充ち満ちて来る  前に出て来る  上をどっしどっしと歩いて来る  走りに連れ立って来る  桑港まで来る  遊覧に来る  おれひとりで行って来る  裂罅から来る  形をして来る  爺婆の出て来る  聯想が出て来る  さをとめが出て来る  ものなので、沢山出て来る  此の出て来る  保証をさせに来る  響のわたって来る  響を伝えて来る  東南から吹いて来る  柔に聞えて来る  雪子の出て来る  列車を降りて来る  行つて馬を借りて来る  従順について来る  情景が浮んで来る  つて駆けて来る  方まではこぼれて来る  土間へも入って来る  間から何を掴んで来る  村にも響いて来る  父はん、お入りませと云うて来る  村に流れて来る  町から買って来る  心に優しくふれて来る  条件となって思い出されて来る  神経から来る  ゆっくり戻って来る  翌日に買いに来る  運が向いて来る  参詣人が来る  椿岳さんが来る  五厘を持って来る  天龍まで来る  時折はいって来る  方向から出かけて来る  こちらへ帰って来る  字が現われて来る  他所から独りで帰って来る  手洗をすまして帰って来る  三四日過ぎると必ず帰って来る  小さな窓から射し込んで来る  箱根から駕籠で戻つて来る  屋敷へ這入つて来る  園が来る  目舞がして来る  藤ちやんが来る  曲つて奥へ来る  お父さんと来る  土曜日に戻つて来る  降参して来る  裡に浮んで来る  潔が現れて来る  ものでないから、少しずつ分かって来れば来る  頂戴しに出て来る  覚束なくぐらついて来る  有用になって来る  倅の帰って来る  から尋ねて来る  男になって帰って来る  饒舌り出して来る  間へ這入って来る  考えがこんがらかって来る  怪物が現れて来る  盆にのこのこ歩いて来る  幽霊がのこのこ歩いて来る  胸からも、沁み込んで来る  茲まで来る  ことなど考えながら、来る  自分に迫って来る  此所から新しく始まって来る  形状をなしてあらわれて来る  世界に生れて来る  ヒョコリと出て来る  男の子が帰って来る  とこへ、暫く泊って来る  今にきっと帰って来る  暴風でも来る  鳥を、ようく見て来る  食堂に出て来る  門近くまで来る  鐘の音が聞こえて来る  死が近づいて来る  身近に、来る  一人あとから誰か来る  汽車はのぼって来るのぼって来る  月が来る  何時どこから戻って来る  一緒に帰って来る  ほんとうに江戸へ来る  間へ戻って来る  気色で駆けて来る  渚づたひに戻つて来る  人が降りて来る  停車場を出て来る  米袋を担いで出て来る  風呂敷包みをくはへて駆けて来る  後をついて来る  彼女はこみあげて来る  警察隊がやがて来る  此処に流れて来る  赤住まで来る  二町ほど離れて来る  畝うつりに出て来る  知恵が進んで来る  ようにかくれていて、うっかり出て来る  奥から聞こえて来る  のだから来る  姿を見るとすぐについて来る  縁側へ上がって来る  縁側を歩いて来る  だんだんにわかって来る  勢いで飛びかかって来る  三毛のかかって来る  向こう側へ出て来る  ころが来る  腹がそんなに目立たなくなって来る  格好をして来る  夕方が来る  家に駆け込んで来る  悪臭がただよって来る  その後から来る  香が、ただよって来る  材料は着々と集まって来る  一番出て来る  材料の来る  吻合して来る  三度も出ているから、このよく出て来る  意味をなして来る  ここになぞ来る  大股に歩いて来る  万障を繰合せても来る  前にうかんで来る  自分に対してでもなく突いて走って来る  あたし、そう来る  小屋へはいって来る  勢急に響いて来る  運動でもして来る  満腹して来る  鶴村が来る  眼醒て来る  為に集まって来る  避難に来る  連夜続けて来る  問い合わせが来る  傍らまで来る  天界から落ちて来る  光が益々凄くなって来る  想像に浮かんで来る  米国へも廻って来る  様に衝き来る  如く落ちて来る  綺麗に洗ってもって来る  ことを云い置いていったが、二度と来る  当地へ来る  風間の来る  拳をふりあげて来る  無電がはいって来る  彼らが来る  月に来る  引ッ張られて来る  んだね、同じ来る  火星から月へ来る  足で帰って来る  書斎にはいって来る  此句ぎれ迄来る  みんなこわごわ下りて来る  みんなぞろぞろ従いて来る  みんなこはごは下りて来る  男女合唱がとび出して来る  垢づいて来る  運命とすれば、おぶさつて来る  浅草田中町へ戻つて来る  こちらまで響いて来る  正月が来る  驀進して来る  疾走して来る  こちらに定めて、猛然と飛びかかつて来る  商売もんで、来る  子、来る  紅葉を見に来る  二人の下りて来る  家さ戻って来る  足繁く訪ねて来る  自分は来る  トラツクが来る  馬車が来る  つて人の挽いて来る  四月此処に逃げて来る  疎開して来る  達人だけが来る  車から降りて来る  お供をして降りて来る  男を従えて降りて来る  ホームへ滑り込んで来る  地方からやって来る  酉の市の来る  楽みが、だんだんと無くなって来る  毎年毎年春が回って来る  お茶を買いに来る  横に書きとって来る  眠気がさして来る  氷河期が来る  氷河期の来る  大地震が来る  次に来る  氷河期は、決して来る  その後氷河期が来る  氷河期は、ついに来る  地面からあがって来る  館へ帰って来る  毎日毎日、来る  のが耳だつて来る  響きを伝へて来る  くんで来る  そよ風が吹いて来る  御飯を運んで来る  土地に来る  彫刻的に感じて来る  職を探して来る  あそこへ来る  夜道をたどって来る  聞合せて来る  それを持って来る  近くに来る  正月にや来る  方々から見舞状が来る  家へも来る  飛戻つて来る  ものと、来る  気が迫って来る  ように落ちて来る  列をなして浮いて流れて来る  零ちて来る  何処をどう流れて来る  頂上へ来る  一径の来る  仕事から引上げて来る  文学研究会へ出て来る  女が出て来る  お客さんは来る  処だから、どうか来る  碁を打ちに来る  枝を執って来る  毎日碁を打ちに来る  地頭だ、かれこれいって来る  人気はなく、近づいて来る  越後から米搗にさえ出て来る  渦いて来る  四五人一列になって来る  筏を拵えて流して来る  功を積んで来る  三晩四晩と続きましたね、段々気味が悪くなって来る  こちらへは借りて来る  中からも出て来る  繋がりもわかって来る  語が入って来る  埼玉県まで来る  人たちが来る  人民は付いて来る  農村から持って来る  これによってはっきりとして来る  方角から、吹いて行きまた吹いて来る  浜に上って来る  類似が出て来る  方面から少しずつわかって来る  危険も加わって来る  その後にまた来る  一日遊んで来る  日に、もって来る  ことをいやがり、来る  前まで牽いて行って置いて来る  一日ゆっくりと遊んで来る  二月初午が早く来る  ものの来る  日山から伐って来る  不審が生まれて来る  水泳ぎをして来る  村に入込んで来る  それぞれにこうなって来る  後に、戻って来る  時はやがて来る  木の下へ来る  天人が降りて来る  天から水汲瓢が下って来る  ようにして帰って来る  懐にして来る  墓処に置いて来る  天がけり降り来る  荒らしに来る  種類が変って来る  水が溜まって来る  家まで担いで来る  これを迎えて来る  日には来る  八日に来る  婆様の来る  者が、きまってキャッと叫んで還って来る  聴くようになって来る  交通路が、はっきりとして来る  片端は判って来る  ものを食べて還って来る  傍らに持って来る  これも出て来る  言葉がふとまた浮んで来る  なつて浮んで来る  脅威から来る  据ゑて這入つて来る  瀬をなしてながれて来る  父が咳込んで来る  から人の来る  中にも這入つて来る  だんだん少くなつて来る  詞がふとまた浮んで来る  ぼうとなって浮んで来る  者から届けて来る  困難が伴って来る  何処から攫って来る  沸騰して来る  ことが出来なくなって来る  急変して来る  動悸を打出して来る  沸って来る  眩暈が来る  楽になって来る  混乱して来る  最初は親しみにくかったが、次第に打解けて来る  方から降りて来る  淹れて出て来る  方にいて来る  落着いて来る  闇に包まれて来る  断片的に洩れて来る  何歳であるか疑わしくなって来る  世界から吹いて来る  汗が出て来る  上へかぶさつて来る  タメ息じみて来る  触角に感じて来る  静かにひびき来る  ため札幌に来る  下宿から出て進み来る  夕ぐれの来る  四五日おきに送り来る  心が乱れて来る  松に吹き来る  樹間を洩れて来る  海岸へ打込んで来る  ふから遣つて来る  村雨が降つて来る  洗練されて来る  能に近づいて来る  立脚点から生まれて来る  玩具なんかを買って来る  所が、来る  から分らないが、初めてはいって来る  池部が来る  方々からたのんで来る  櫓に降って来る  ことなくして、来る  夕立ちの来る  中から毎晩出て来る  診察を受けに来る  午後五時頃非常に疲れて帰って来る  水甕を載せて出て来る  水兵が来る  光が出て来る  張さん、じゃまた、後で来る  ウラジオへ出て来る  ひょっとすると、探しに来る  張首明が出て来る  蘇生って来る  雨樋の落ちて来る  遠く吉野山谷あたりから来る  由つて来る  下へと流れて来る  胸さえ迫って来る  小屋に戻って来る  巣から来る  口に入って来る  菊太は来る  袷時分にはきっと来、来る  陰気になって来る  五月蠅なって来る  祖母はもうききあきて来る  冬が早く来る  お菓子を来る  者が沢山来る  口へ入るより来る  家へ話しに来る  菊五郎が来る  名だけ来る  概説だけをきいて来る  除隊になって来る  お針に来る  日々に迫って来る  屏風からさえ響いて来る  音が快く聞えて来る  丸が上って来る  湯をもらいに来る  山からすべり落ちて来る  停車場から荷物を持って来る  おだやかに来る  年始に来る  者も来る  儀式ばった様子で来る  湯をあびて帰って来る  ともさんがつれだって来る  人の訪ねて来る  中学校に来る  半年位後にはやせてしおしおと帰って来る  彼女に近づいて来る  ところへなんぞ来る  自尊心が募つて来る  上を近寄って来る  見当がついて来る  発見者も時々出て来る  付従して来る  ものが入り込んで来る  話まで伝わって来る  ハルピンに来る  言つたが、続いて下りて来る  沢山に出て来る  目に立って見えて来る  圧縮して持って来る  発育して来る  ほんとうに生きて働いて来る  時刻が近づいて来る  電車道まで来る  歪曲されて来る  小切手で持って出て来る  中から洩れて来る  通行人の近づいて来る  足音が近づいて来る  のか、それとも、またも襲って来る  アッタスン氏について来る  我々は来る  診察室へ来る  我々に戻って来る  立脚点から生れて来る  道具が生きて来る  ものに感ぜられて来る  傾向が進んで来る  そこから生れて来る  分業になって来る  扮装をして出て来る  どこから生れて来る  態度で拾って来る  処が出来て来る  聴くものに迫って来る  洗練され、煎じ詰められて来る  籠もって来る  玄人を通じて来る  説明して来る  矛盾が出来て来る  能を見慣れて来る  首肯されて来る  中にわかって来る  処に、繰り返して出て来る  極点まで来る  結果わかって来る  表現に見えて来る  音調とを帯びて来る  段落が来る  松まで来る  前方に進んで来る  ここに移って来る  方がよくなって来る  移動から来る  壁から出て来る  視線を注ぎかけて来る  飄々と歩いて来る  脳波は違って来る  儀式化して来る  他人が来る  汽車に来る  たいがい二人一しょに来る  ところに生じて来る  原爆が来る  それをいいに来る  あたしを見に来る  シゴイさんが来る  扶助はいづこより来る  朝から出て来る  頑然首を差伸べて来る  廂へ来る  何某が向って来る  夜討が来る  昨日政夫さんが来る  あなたの来る  通て来る  連れ衆たづねて飛んで来る  逢ひに来る  たづね来る  刈りに来る  戸口へ戻って来る  下から渦まきかかって来る  奥底から聞えて来る  受取通知が来る  原稿が送られて来る  汗を拭きながら訪ねて来る  いちど地獄が来る  うちに、眠たくなって来る  足をひきながらたどって来る  狸がたびたび出て来る  向田大尉の出て来る  死体を運び込んで来る  だんだんに白んで来る  おぼろげながら判って来る  お茶の水を降りて来る  さを探ろうとして来る  附帯して来る  斯うして並べて来る  条件から加って来る  心に満ちて来る  斯様に考えて来る  懐ろにすぐ響いて来る  心に流れ入って来る  変化より来る  原因となって来る  自覚して来る  作品そのものも変って来る  一風呂浴びて来る  明瞭になって来る  問題となって来る  後半に出て来る  一団となってやって来る  制約されて来る  双方からのぼって来る  隙が出来て来る  考察して来る  科学的傾向をおびて来る  ものが叫ばれて来る  諸君がかく考え来る  変革されて来る  存在価値をもって来る  見地から出て来る  説が出て来る  元来が受けて来る  前年のを持ちゆいて替えて来る  荷につけて担い来る  緑を吹き来る  滑車を辷り来る  遠くより聞え来る  ピリリと来る  心ひそかに来る  湖水にまで、どうして来る  人物が出て来る  近いうちに植木屋が来る  迫つては来る  ものはこんがらかつて来る  結果を生じて来る  愛人が来る  許に集まつて来る  意味も出て来る  附着しに来る  簑を着て来る  嘗宮へ運んで来る  一番初めに出て来る  此国土へ湧き流れて来る  判然として来る  昼間出て来る  此囃しに来る  仮装して出て来る  徐ろに目ざめて来る  大震の来る  見舞ひに来る  青山に来る  自転車で来る  玄関に出て来る  化粧レンガはバラバラ落ちて来る  地震は、相変らず時々来る  火の手が迫って来る  MissWellsはついて来る  こに来る  避難して来る  林町に送られて来る  見物がおそくなるからと誘いに来る  際増して来る  気分が与えられて来る  血弾丸、なども出て来る  一端に、はげしく引張れば解けて来る  冷やかさから来る  窓から近づいて来る  瓦がとびちって来る  ふりかぶさって来る  火の子が来る  後までにげて来る  火が来る  暴徒がおそって来る  お金を儲けて来る  つて一疋二疋蚊が出て来る  言つてくれれば来る  そこまで考へて来る  それは生れて来る  欲求が生れて来る  時期の来る  のを待ち、また早く来る  だんだんに減って来る  自分に、責め、逆らって来る  稲が来る  連れが来る  いかさま浪人、いくら待っていても、来る  稲さん、行って来る  品を持って来る  夏でもすこし早く来る  死はおそらくその来る  結果ではなけれ、その来る  心境から来る  探りに来る  信州へ来る  自然に向って来る  跡から来る  叫びながら入り込んで来る  こちらからも飛んで来る  真一文字に飛んで来る  住居を尋ねて来る  電燈をねらいに来る  せせりに来る  猫を連れて来る  なんどき来る  一時に飛んで来る  餌だと思って追っかけて来る  宵が来る  狙いに来る  潮が差し込んで来る  陽が洩れて来る  ひとも来る  四十二にもなって、追いかえされて来る  から買って来る  混って出て来る  前からこうして通って来る  橋本へ来る  壁に響いて来る  香もして来る  遠国から来る  外部から持込んで来る  正太が入って来る  涼しい風の来る  屋根を越して来る  身体中ゾクゾクして来る  中へ帰って来る  沢田老人の訪ねて来る  楽みにして来る  道を歌いながら通って来る  通いで来る  散歩して来る  吾家へ転がり込んで来る  ことに成って来る  懐へ帰って来る  別に訪ねて来る  一人位は出て来る  三吉も出て来る  小泉へ嫁いて来る  草を押して落ちて来る  障子に響いて来る  二里も通って来る  葱苗を売りに来る  許へ嫁いて来る  家まで舞込んで来る  胸を突いて湧き上って来る  遊びがてら行って見て来る  ことを想いながら帰って来る  一緒に降って来る  間を曲り折って出て来る  お前も話しに来る  自然と出て来る  風に送られて聞えて来る  ところへ通って来る  旅に出て帰って来る  西君が来る  法学士が来る  復た通って来る  手習に通って来る  ように出掛けて来る  許から来る  伊東へ来る  一旗挙げて来る  泥濘をこねて戻って来る  ゾーとして来る  夕方からでも訪ねて来る  温泉へ行って見て来る  話に来る  夕飯を振舞って貰っては帰って来る  金を送って来る  おいもして来る  感心して見て来る  皆な持って生れて来る  飽きが来る  方へ行って遊んで来る  許で御話して来る  鍬を担いで見廻りに来る  匍って来る  事件が起って来る  人が入って来る  ため家へ来る  本所辺から来る  紹介状を持って来る  私によく見えて来る  のと云って来る  うちに送って来る  御礼を持って来る  養子が来る  見当から歩いて来る  眼先に浮かんで来る  案内に来る  そこから上って来る  宅へ来る  奥から玄関まで出張って来る  それからちょいちょい来る  だんだん抜けて来る  書斎に坐っていると、来る  んの来る  母に会いに来る  揺かしに来る  風が遠慮なく吹き込んで来る  進駐軍が来る  表面に現れて来る  期間を経て効いて来る  影響が効いて来る  それが現れて来る  農産課が出て来る  人はいらだって来る  回復し、やがて来る  時代は次には来る  玄関から欺しに来る  平野町へ来る  様に思われて来る  ベルリンへやって来たので、来る  西洋へ来る  様に、来る  金をあつめに来る  十日戎が来る  何処からかいつか相ふれて来る  勇気づけられ、意気込んで来る  パラパラと来る  調子に乗って来る  連隊へ帰って来る  そこまで話して来る  兵士一小隊見送りに来る  上へ倒れ掛かつて来る  内広がつて来る  つて村に来る  係恋が萌して来る  感じがして来る  理解せられて来る  舞ひ込んで来る  色がどんよりして来る  はつきりと見えて来る  森から出て来る  食はれるか、さうでなければ、諦めて戻つて来る  百ヱルストも送つて来る  ブランに来る  さんの来る  付けワルキに来る  中へ這入つて来る  水が押して来る  皆山から駈け下りて来る  前方の逃げて来る  みんな出て来る  感じの出て来る  大洋から暖気を持つて来る  馬が出て来る  やうに駆けて来る  つて付いて来る  天幕へ来る  存在に思へて来る  わたしはちょいと見廻って来る  腹は減って来る  気は萎えて来る  忍耐しきれなくなって怖くもなって来れば悲しくもなって来る  つても来る  靴を持つて来る  却って泣き叫びながらも、落ちて来る  毎朝台所へ来る  なにして来る  祝福が来る  点点に来る  湯から帰って来る  内へ来る  内へなんぞ来る  電車は唸り来る  水洟を啜りあげながら、なおも来る  追善供養をしに来る  大勢駈けて来る  跡から兄さんの来る  雑木山から草を踏んで来る  子供を連れて来る  夫を尋ねて来る  仕事をして来る  ア二度と再び来る  えいさんが出て来る  奥より出て来る  小川村まで来る  それから駕籠へ乗せて来る  娘を助けて連れて来る  沼田まで連れて来る  小平が向って来る  大難の来る  家へ乗込んで来る  感附いて居るだろうが、来る  斯うやって来る  馬を引いて帰って来る  荷を担いで来る  庚申塚へ掛って来る  庚申塚まで来る  門まで来る  庚申塚辺まで来る  家へ届けて帰って来る  沼田原まで来る  金を貯めて帰って来る  家へ乗込むで来る  雲が出て来る  何処からお客が来る  名主幸左衞門さんとが来る  了簡を取直して帰って来る  婿の来る  婿が来る  誰え来る  何時婿が来る  日帰って来る  洗いに来る  それが気に入って着られるなら買って来る  奉公して帰って来る  処へ登って来る  何かを持って来る  医者様を探して来る  強談に来る  江戸へ出て来る  貯って来る  大家から嫁が来る  田地が幾許来る  藤野屋から来る  味噌漉を入れて買いに来る  附着いて来る  云つて女の子が追つ掛けて来る  桟橋へ戻つて来る  幾ら突放しても戻つて来る  頻度は目立って増して来る  履歴書を持って来る  年々に見舞って来る  そこから洩れて来る  さが増して来る  景色は広々として来る  郵便馬車の駆け来る  衣裳で登って来る  鹿が逃げて来る  鹿の来る  ところへ帰って来る  坂道を来る  結論されて来る  比重がかかって来る  芽を吹き出して来る  敏感になって来る  左から来る  人間になって来る  中に浮かんで来る  ものが生じて来る  口をゆがめて来る  腹がよくへって来る  輪郭もくずれて来る  顔が見えて来る  無理でないと思われて来る  拍子にうまく直って来る  縁側に出て来る  垢じみて来る  ことはせず、通って来る  たもとまで来る  朦朧としていたが、寄って来る  空気を吸って来る  活気を帯びて来る  ものが落ちて来る  顔に真直ぐ来る  蜘蛛がするすると下りて来る  穴まで来る  周囲をめぐつて次第に高く強く聞えて来る  深谷の来る  人影が来る  一寸歩いて来る  郊外へ訪ねて来る  みたいとか、何とか、来る  叔父さんもこれから行って見て来る  叔父さんも一寸帰って来る  何時電報が掛って来る  弔辞を言いに来る  彷徨って来る  一寸磯辺まで行って来る  町から戻って来る  向に居て来る  手伝いなぞに来る  意味もなく起って来る  窓を通して入って来る  ものを買って来る  夏羽織などを着て、一寸訪ねて来る  家まで行って来る  今夜は泊って来る  先へ匂って来る  都会へ出て来る  肉体から起って来る  雨が来る  人がニコニコして帰って来る  直ぐに飛んで来る  三吉の来る  一緒に話しに行って来る  俊に取りに来る  用達に行って来る  一二度外へ行って来る  敵が責めて来る  姉さんも出て来る  目的にして出て来る  唯母親さんが出て来る  三吉が来る  無事で出て来る  ますます頭脳が冴えて来る  君、出て来る  広小路へ出て来る  急に沈んで来る  得意は責めて来る  雪の帰って来る  雪が入って来る  裏切者が出て来る  女なんかに生れて来る  女を見ると苦しく成って来る  方から溢れて来る  雪にはそれでも来る  潮に乗って入って来る  風に具わって来る  俺は行って見て来る  方で行けば、こう成って来る  爺が出て来る  難渋して来る  戸を開けて入って来る  子供の歩いて来る  眼付をして、集って来る  豊世はよく訪ねて来る  のを話しに来る  袖を出して、思わず流れて来る  心が開けて来る  養子夫婦が入って来る  肩を怒らせて、襲って来る  主人を始め、集って来る  突掛って来る  お前さんが来るか来る  一度に込上げて来る  そこへ出て来る  世の中に来る  場合も起って来る  先きに立って来る  顔に向って来る  突きに来る  私をつれて来る  私を見に押しかけて来る  六人が追い立てられて来る  たくさん持って来る  私の戻って来る  半月形を作って進んで来る  いま押し寄せて来る  都に入って来る  彼等が来る  私の来る  二三日すれば帰って来る  帷をのぼって来る  二本足でまっすぐ立って歩くし、おとなしくて、すなおで、呼べば来る  私は飛んで来る  中に飛び込んで来る  中に入り込んで来る  箱から出て来る  手押車に乗せてつれて来る  方へ向って進んで来る  下から持って来る  室に来る  私は訪ねて来る  国に生れて来る  船室に飛び込んで来る  小屋へでも来る  こちらへ向ってやって来る  あたり一めんに落ちて来る  それから青毛が近寄って来る  私に会いに来る  盗みに来る  ところへ訪ねて来る  部屋に訪ねて来る  からないが、一度生れて来る  存在に思えて来る  救援隊がかけつけて来る  身近にせまって来る  ここから聞えて来る  部屋にとじこめ見張をつけて、すぐ来る  無電報告が、つぎつぎとしらされて来る  毒矢を飛ばせて来る  インデアン、襲い来る  下へと下りて来る  釣天井が下がって来る  地下道へ下りて来る  ゃつらが地下道へ来る  下りて来る  剣を取って来る  だんだん近寄って来る  歌声が聞こえて来る  悪臭がプンプン匂って来る  次第次第に近寄って来る  人声も聞こえて来る  不調和より来る  行詰まりより来る  日々に訪れて来る  搾取されて、すっかりくたびれ果てて、よろよろと出て来る  足取りでよちよち歩いて来る  上に上って来る  京都遊学が近づいて来る  多くなって来る  日参して来る  鶯横町に来る  頭上に落ち来る  写生より得来る  身の上に来る  前などに来る  看護旁訪い来る  裏路へ来る  飲食商人が這入って来る  危険性を帯びて来る  哀れを伝えて来る  声がついて来る  空想も起って来る  作りに出て来る  一大変化が来る  危険が来る  追分あたりからどんどん牛肉が来る  化けが来る  雲に入りて又落ち来る  君の帰り来る  だんだん分って来る  うちに判って来る  其処から入って来る  周りに持って来る  エレキでもかかって来る  今度君が来る  話を向けて来る  熱を帯びて来る  ことに落ちて来る  上へ産み出して来る  涙が湧いて来る  どじょう汁をせがみに来る  海から上って来る  度毎にどろどろとたれて来る  被告人側に来る  小説などによく出て来る  胸が来る  大寺が飛込んで来る  疑問が出て来る  ようにも思えて来る  探偵小説などによく出て来る  顔を見に来る  世にかえって来る  身にしみ通って来る  鼾がきこえて来る  一つ一つの事実がありありと浮んで来る  眼瞼に蔽いかかって来る  順序もなく浮んで来る  事がうるさく附き纏うて来る  事まで思い出して来る  どよめきが聞えて来る  前に押寄せて来る  だんだん強まって来る  酔の醒めて来る  っきりなしに吹きつけて来る  茂みをわけて登り来る  いま登り来る  何か知らん、寄せ来る  から呼応して来る  今しも登って来る  あたしが汲んで来る  小手を打ちに来る  西国から、わざわざ出て来る  胸までこみ上げて来る  叫びが、おりおり洩れて来る  先生はちらと、入り来る  助は、更に飛び込んで来る  太刀先が現われて来る  鍔押しに押して来る  作用さへも及ぼして来る  底からこみ上げて来る  孔から、迸つて来る  益眼に溢れて来る  終焉が近づいて来る  音楽会にさそいに来る  夜おそくなって帰って来る  通り走って来る  上を歩いて来る  こっちから人が来る  車道へ少しでもとび出して来る  検事局に恐れながらととび込んで来る  自動車にのって来る  場まで来る  もっとこっちへ来る  搦んで来る  きょうは来る  先に上って来る  首を取りに来る  歩みを止めて集まって来る  わけではないが、こう思い来る  お礼に行って来る  医者を迎えに行って来る  そこから幽霊が出て来る  助もまだ来る  隔てが出て来る  反響して来る  和田へ来る  赤羽橋へ来る  そこへつれて来る  こちらへ飛んで来る  ところからここへ来る  光が洩れて来る  ように響いて来る  それにも徐々に馴れて来る  歩みを運ばせて来る  熱情がこもつて来る  皿を運んで来る  若い画家が訪ねて来る  こいつを持って駆出して来る  勘が帰って来る  お茶の水辺まで来る  町内へ来る  晩に来る  今日九重ににおい来る  友達に頼んでちょいと抜け出して来る  ッかけて来る  註文が来る  白けむりをあげてやって来る  ですよ。汽車が来る  声の響いて来る  村へ帰って来る  おっかあは来る  金を送れと言って来る  お昼ごろうちへ帰って来る  あいつを訪ねに来る  いつか訪ねて来る  所へ行って来る  一時間ばかりしたら帰って来る  両親もそのうちきっと探しに来る  バルブレンも、また帰って来る  わたしがついて来る  あとからわたしがとことこついて来る  おっかあは帰って来る  家来の来る  ほうへ向かって来る  ほうを目ざしてやって来る  上をとびこえて来る  足をしていて、ばかばかしく早く飛んで来る  いるか見て来る  じいさんは来る  こちらへ訪ねて来る  一人あとからついて来る  一人ぐらい出て来る  だんだんあとから出て来る  仲間が出て来る  ほうへ歩いて来る  そはへ寄って来る  ほうへ向かってかけて来る  おばあさんが追っかけて来る  囚人を連れて帰って来る  自分から帰って来る  運河を見に来る  親方が帰って来る  わたしは言って、こみ上げて来る  ふぶきの来る  われわれにまでかかって来る  戸口からはいって来る  医者を呼んで来る  朝かれが帰って来る  見物の来る  カピが帰って来る  二時間すれば帰って来る  二時間たつとまた来る  わたしは帰って来る  ぼくが来る  昼飯にもらって食べて来る  ガロフォリがまもなく帰って来る  んにはいって来る  きょう持って来る  心は頻りに望んで来る  情熱が生れて来る  現実はいつか応じて来る  ものが見出されて来る  中から知らず知らず磨き出されて来る  ように思い出されて来る  劃出されて来る  ように籠って来る  ここまで匂って来る  間にしきりに流れて来る  欲して来る  圧触して来る  混って来る  なにしろ新嘉坡へ来る  座敷へ近寄って来る  店へ泊って来る  無邪気に開けて向って来る  気儘独断を振り翳して来る  姿となって、再び立ち上って来る  波打際をゆっくりと歩いて来る  私に感じられて来る  鮮やかに響いて来る  どこかへ来る  どこへ来る  見当がつかぬ、浅く来るか深く来る  京都まで来る  不安が湧いて来る  一点張りで、その来る  都に来る  銚子を持って来る  一歩きして来る  手掴みにして来る  方から七兵衛に来る  魚が向うから来る  あとをついて来る  七兵衛の来る  火の見を下りて来る  待ち人は、きっと来る  うちきっと来る  刀を抜きかけて来る  みんな鬼が出て来る  旅に来る  向うから人が来る  奥の院から下りて来る  蠅がまつわりついて来る  ところまで送って来る  匂いをぷんぷんさせながら歩いて来る  プストヴァーロフが帰って来る  女がついて来る  声も聞えて来る  ポタポタ落ちて来る  山だったら、下りて来る  姉の出て来る  姉が帰って来る  うちにはきっと蒼くなって帰って来る  失敗してたちまち逃げて帰って来る  酔ふて来る  中に甦って来る  議論が色々生まれて来る  川中島に来る  うちふり、群がり来る  進出して来る  明日は戻って来る  涙が溢れて来る  良人が帰って来る  不愉快になって来る  寝床へ戻って来る  厭になって来る  隆吉が戻って来る  隆吉さんが戻って来る  一ヶ月近くもなじんで来る  ように大きくなったり縮んだりして来る  籠を出して来る  ア戻って来る  東京から医者が来る  土蔵へ這入つて来る  人は来る  はいって来る  ところへ駆けて来る  客であっても、訪ねて来る  三諸山から吹いて来る  三輪大明神を拝みに来る  宿屋まで来る  弾薬を隠しに来る  あっちから旅人が来る  東から歩み来る  西峠を越えて来る  兵馬の来る  道場へ来る  女中は、すぐに来る  催促に来る  とぎれとぎれ聞えて来る  話声が聞えて来る  佃君が来る  酒瓶を捧げて来る  どよめきが流れて来る  ノブはどうしたと云って来る  医師が来る  もっと早く再び訪ねて来る  踵を伝わって来る  何か持って来る  風も来る  翌日から読んだり書いたりに来る  時間をすまして来る  責任をもってかかって来る  自分を訪ねて来る  伸子は、こみ上げて来る  電線を伝わって、まざまざと迫って来る  問題が、ひとりでに来る  彼も来る  外界から来る  父を先立てて来る  舞踏曲が響いて来る  彼が到頭帰って来る  中甲板へ出て来る  称名しながら戻って来る  私はすぐ来る  頭を下げながら入って来る  本気になって来る  母から来る  佃から来る  だんだん形になって来る  渣滓が溜って来る  こちらを向いて来る  感じから来る  充満して来る  外に開けて来る  心に滲みて来る  力が漲って来る  何を置いても上ったのに、じゃあ是非これからお目にかかって来る  人攫いが来る  ことをさせて置けば、やがては飽きてかえって来る  保の来る  祖母が来る  部屋から来る  用心からか、いくら待っても来る  ら見物して来る  衝動がこみ上げて来る  動坂へ来る  風呂から出て来る  半分ばかり下りて来る  音と、黄色くなって来る  彼女は、ひとりでに満ち溢れて来る  板の間を踏んで来る  人と、また来る  腹が立って来る  大学正門前へ来る  字面から来る  緊張し張り切って来る  靴で来る  彼は帰って来る  毎日通り格子を開けて来る  横通りへ曲って来る  ようにまざまざ響いて来る  吉見さんが来る  素子が来る  街道を冒して来る  佃の来る  鳥でさえ帰って来る  獲物が来る  ふうにして来る  赦免の来る  自分翌日一人俥で来る  安積へ来る  寺沢一時半に来る  六月二十五日から林町に来る  ところに落ちて来る  掌が汗ばんで来る  昼も出て来る  ところへ戻って来る  記憶が忽然とよみがえって来る  丸菱から買ひものをして来る  しこたま買ひこんで来る  冷えから来る  晴代がさめて来る  直様此方へ帰って来る  此方へ戻って来る  娘が附いて来る  たぶらかしに附いて来る  ように附いて来る  後から附いて来る  房って来る  竜神村を襲うて来る  水か、とにかく、来る  薬種を買いに来る  下にさがって来る  徐々と下りて来る  驚き、喜び、つづいて来る  十津川から追いかけて来る  与八さんが来る  後光がさして来る  室町屋まで帰って来る  侍が下りて来る  稍興に乗って来る  棺は次第に焼けて来る  ボロボロと焼けて来る  和尚を連れて来る  先方からばたばた駈けて来る  別に誰も追いかけて来る  巣鴨へ来る  内へ這入り込んで来る  壻さんが来る  壻に来る  借家を捜して借りるが、少し古びて来る  様子をして来る  爺いさんが附いて来る  所へ、いつも来る  無縁坂へ越して来る  親爺が来る  夕靄が漂って来る  頭を擡げて来る  張が少し弛んで、次第に涌いて来る  末造の這入って来る  お茶を入れ替えて来る  末造の来る  切れ切れになって、湧いて来る  圧はいよいよ加わって来る  買物をして来る  そうには思われなくなって来る  時間にちょいちょい来る  無縁坂へ来る  内へ尋ねて来る  手がそろそろ荒れて来る  放恣になって来る  そのまま上がって来る  ように浮かんで来る  僕が取って来る  から又上がって来る  里にふらりと来る  つてこみあげて来る  麹町へ来る  窓から人間が入って来る  搬ばれて来る  ハープを外して持って来る  ものをつかみ出して来る  過失から来る  不幸が来る  いるか、または帰って来る  あらしの来る  あらしに追われてばらばらとかけてでも来る  ドルジーへ来る  わたしが持って来る  病院から出て来る  ぼくが帰って来る  わしが行って探して来る  坑道から工夫たちが出て来る  から見つけてかけ寄って来る  はしご段まで来る  水のさして来る  水について来る  パリからヴァルセに来る  獣医が来る  ほうへなびいて来る  いつかおまえがまた帰って来る  パリへ行って来る  じき帰って来る  バルブレンさんから返事の来る  うちへ聞きに来る  書記が出て来る  友だちが来る  窓からはいって来る  母さんは出て来る  一もうけして来る  うちの人たちに会いに来る  あとにぴったりついて来る  父親を訪ねて来る  船に乗せて来る  回りへたかって来る  一かせぎやって来る  巡回裁判の回って来る  わたしたちをむかえに来る  先におよめに来る  ミリガン夫人を連れてもどって来る  静かに見て来る  間の山節の来る  庭先から導かれて来る  お玉も来る  いま裏口から入って来る  手元に繰り込んで来る  怪我をさせねえでつれて来る  疾風の如く飛び狂って来る  あとを追いかけて来る  ヒューヒューと飛んで来る  後ろからそっと忍んで来る  身近に来る  身を沈めて飛び来る  あとを尋ねて来る  手紙を頼まれて来る  風が吹き上げて来る  ここまで引張られて来る  誰か後をついて来る  地獄から引いて来る  時分に迎えに来る  ここへ連れて来る  感情がたかぶって来る  手紙なんぞを持って来る  上から落ちて来る  与兵衛が迎えに来る  ものが見え出して来る  天上から落ちて来る  そこから押して来る  大湊まで来る  室には響いて来る  たくさん飛んで来る  つけに来る  米友が来る  山を下って帰って来る  中を歩んで来る  うち江戸へ出て来る  ヂャリージへ移って来る  笑いごえが伝わって来る  匂いの流れて来る  うえから石が降って来る  彼女はもう来る  それから安息がいぶいて来る  自分に打ち込んで来る  彼に寄りすがって来る  彼はむしゃくしゃして来る  議論を吹っかけて来る  癇癪が起きて来る  話に割り込んで来る  武道伝来記に出て来る  疲れを忘れて来る  から集まつて来る  ことができて来る  のさ、大人しくついて来る  マアチが聞えて来る  おれが来る  展開し来る  何だかがっかりしたが、漸く落ついて来る  何だかがつかりしたが、漸く落ついて来る  方へ帰って来る  自家へ帰って来る  空間が現われて来る  彫刻となって来る  警部が来る  頭ばかりがんがんとほてって来る  様に聞こえて来る  犯人を捕えて来る  ブダペストから帰って来る  朝早く帰って来る  そこに浮かんで来る  二時三時に帰って来る  男で、帰って来る  稀に落ちて来る  やうに、散らずに響いて来る  名前であるなら、よし聞かずとも、ひとりでに判って来る  装束から来る  雪崩を打って転がり込んで来る  こちら側へ転がって来る  今医者様が来る  医者様が来る  からだに滲み込んで来る  他所から見に来る  それから浜松へ来る  引馬野を渡って来る  人らしいが、入って来る  一ぺん確めて来る  店先まで出て来る  馬が来る  席へ戻って来る  府中まで来る  遠州灘へ来る  仲裁に来る  陸を来る  お前が尋ね当てて来る  一緒に深く押寄せて来る  轡面を取って駆けて来る  風を切って飛んで来る  死骸を担いで来る  夜食が来る  ここへ尋ねて来る  火をつけて帰って来る  横截って来る  向う側から入って来る  夢の中からでも来る  方から溯って来る  イギリス海岸に来る  はじめみんなこっちへも来る  末さんが出て来る  玄関を開けて入って来る  邸へ入って来る  証拠さえ集って来る  ところへ忍んで来る  だんだん色っぽくなって来る  ここへ送られて来る  事務所へ来る  一ぱい持って来る  横を廻って来る  我家へ来る  夜になって帰って来る  側から入って来る  松田君は来る  糸が来る  糸さんが来る  途をあるいて来る  名で降つて来る  面会所まで出て来る  ブラブラ彼方此方眺めながら歩いて来る  方から冷えて来る  私はまた直きに来る  ぢや直き来る  つてプツプーツなんて来る  室に這入つてゐる、或は這入つて来る  大分違つて来る  共犯者一緒に来る  控所まで来る  私に迫って来る  根から生いでて来る  なかから生まれて来る  徐々によみがえって来る  語のはいって来る  私に報いて来る  沖から帰って来る  最初に突き進んで来る  ますますおもしろそうに上がって来る  駛け上がって来る  巡検に来る  東京から大所が来る  ゾロゾロやって来る  自棄で飛込んで来る  耳は益々尖って来る  芯まで響いて来る  無造作にして来る  匆々に逃げ帰って来る  傘を持って来る  物質が生まれて来る  眼に見えて来る  まり型にはまって来る  問題が出て来る  葉をとおして来る  注文の来る  真価を認めて来る  二つ三つ石を投げ込んで来る  あとからぞろぞろついて来る  台上に動かして来る  いつでも来る  男だがね、来る  コダワって来る  出頭し来る  葉はようやく黄ばんで来る  手をやめて出て来る  時雨がはらはらと降って来る  東西南北より来る  いやでも来る  敵地に乗り込んで来る  所まで帰って来る  頭を下げて来る  東京へ帰って来る  ものまでができかかって来る  吉田には起こって来る  和らんで来る  頭へ浮かんで来る  咳が出て来る  苦しみが襲って来る  独りで笑いたくなって来る  二度そこへ行って来る  吉田にはいって来る  青物を売りに来る  食堂へ集まって来る  用事を足して帰って来る  どこだと訊いて来る  ように聞いて来る  追求して来る  二日に来る  客は、時々来る  質問は、来る  ツて来る  巴里から手懸けに来る  階段を押し昇って来る  歌詞とが出て来る  道具をもつて出て来る  涙がこみ上げて来る  前へ浮んで来る  舌から出て来る  面をかすめてむらむらと下りて来る  一輛空から落ちて来る  五時に来る  ほとりはのみに出かけたらしく、又帰って来る  一節に出て来る  二十二日が来る  のはよいけど、帰って来る  返事が来る  家へおくられて来る  雨雲がようやく拡がって来る  雨雲が出て来る  ポタリポタリと落ちて来る  それも来る  何かひっかかりが出て来る  ところへ落ちて来る  富士川岸へ落ちて来る  何を持って来る  あれを持って来る  母が帰って来る  峠から下りて来る  入夫に来る  京都から引返して来る  のであったが、その来る  ブラブラやって来る  中へ来る  仕事があって来る  ひとりで歩いて来る  廊下を歩いて来る  喇叭を聞いて飛び出して来る  三里ちかく来る  わけもなくほてつて来る  店なのだが、来る  そこへ響いて来る  サンドイッチでも買って来る  平和が来る  専門家が来る  一面を以て触れて来る  訳詩集などに出て来る  流れが現れて来る  其所に現れて来る  及して来る  胎んで来る  若菜集以下に出て来る  未来語の出て来る  未来文体はどうして現れて来る  競技道路に乗り込み来る  中へ飛び帰って来る  賭博室へ入って来る  西北風が来る  西北風に乗って大勝して来る  もっと意義を持って来る  想ひ浮んで来る  速達が来る  道楽で、来る  喇叭を吹いてやって来る  そうだから、いずれ続々と出て来る  先から嗅ぎつけて来る  鉄道線路伝いによろめいて来る  一度私たちの時代が帰って来る  確信が、いよいよ益々高まって来る  ことが次第にわかって来る  さが一層深まって来る  今まで来る  象が生れて来る  内から湧いて来る  手紙さえ見れば、きっともう出掛けて来る  ほんとうにやって来る  外出先から帰って来る  桝田啓三郎君が来る  満洲へ来る  連中も、いずれ落ちて来る  雪崩れ落ちて来る  ようにあがって来る  空からさがって来る  下まで引っぱって来る  川原に来る  川べりに来る  声がもれて来る  子供たちを引き取って来る  一匹ずつ生え出して来る  落胆しながらもどって来る  涙に咽んで帰って来る  濁音が響いて来る  底から湧上って来る  匂の漂って来る  何処かで、次第に増して来る  香が匂って来る  褌一つで漕いで来る  タラップを上って来る  漕寄せて来る  手伝いをしに来る  家柄から来る  秋頃までには帰って来る  んだから、また戻って来る  倉庫などが見分けられて来る  中にはしばしば出て来る  雨が頻りに来る  遠くから歌声が聞えて来る  だんだん近付いて来る  何処からか聞えて来る  眼底に見えて来る  二人が歩いて来る  自分に面して来る  破滅の来る  寒流から押しよせて来る  世界中から集って来る  眼に映じて来る  菱槍を突いて出て来る  喧ましく響いて来る  みんなお前を見たがって来る  二つ返事で来る  奥から飛んで来る  無心に来る  折入って来る  跛足を引き引きやって来る  女がからみついて来る  一ぺん行って探して来る  ものならば、出て来る  お礼に来る  なんでもなし、つい呼べば来る  振り打振って、登り来る  小屋からまたまた加勢が来る  弥次馬が来る  素手になって、登り来る  逆手に持って、一方には寄せ来る  ムクを助けて来る  鎖を解いて来る  方へ抱きついて来る  打振って、群がり来る  後から後からと押して来る  鼻を鳴らして狎れて来る  甲府から出かけて来る  後をくっついて来る  帰りには必ず出て来る  果てが投げと来る  松明で追いかけて来る  序に、見に来る  士族地からここへ通って来る  川向うから伝わって来る  上田町から汽車で通って来る  二階へ引返して来る  種について出て来る  町裏らしく聞えて来る  教員が来る  麦畠を渡って来る  方から上って来る  岩が好くなって来る  ユックリ歩いて来る  小諸へ来る  餌をさがしに来る  巻きに来る  スゴスゴと戻って来る  中まで入って来る  身体にまで上って来る  障子へ来る  記憶が呼び出されて来る  興奮とを覚えて来る  僧院に入り込んで来る  時、きつと起つて来る  草庵に尋ねて来る  病人を連れて来る  自分を尋ねて来る  つた刹那が来る  相談しに来る  許なされば、すぐ連れて来る  精進物を運んで来る  己を尋ねて来る  一体今日己に近づいて来る  心が又落ち着いて来る  父親が来る  朝風が吹いて来る  げに震えて来る  人力車に乗って来る  三味線を教えてくらしていたがきこえて来る  弟子が来る  ぞろぞろ歩いて来る  灸をしに来る  誰が買いに来る  のは良いとして、来る  広告部長が出て来る  ハワイまで下って来る  ルーティーンを、来る  島へ戻って来る  島へ来る  対比から来る  問題に触れて来る  まわりが来ると、来る  週も来る  天が落ちて来る  一致の来る  長州から金が来る  砂金を見つけ出して拾って来る  願い下げにして来る  大塩平八郎が出て来る  捕方が向って来る  捕方は出て来る  首を斬りに来る  何者が来る  戸をあけると、いつも来る  両国橋手前まで来る  七兵衛が来る  越後屋まで来る  盗賊が出て来る  牢内から盗み出して来る  お嬢さんを受取りに来る  朝鮮から象使いが来る  広小路まで行って来る  ようにとどろいて来る  めんどうになって来る  登山し来る  書画を掘り出して来る  書画が出て来る  積りで来る  児だけを目がけて来る  び荒び来る  表現能力を持つて来る  生活が段々に進んで来る  定期に臨み来る  確立して来る  眼に映じ来る  胚胎し来る  神経過敏より来る  使命と共に来る  彼等の齎し来る  生命とを孕み来る  分離争鬩より来る  宿題もきちんとして来る  誰かはいって来る  運動場からもどって来る  朝はやく来る  学校から調べが来る  弾の落ちて来る  弾はふって来る  主が帰って来る  問題で荒れて来る  出張してかえって来る  ものが甦って来る  瞬間となって浮び出て来る  和服を着て来る  九時迄に来る  叔父の来る  叔父が来る  叔父さんが来る  直ぐに来る  から、もう来る  係官の来る  位小夜子が申し出して来る  会見を申し込んで来る  死力を出してしがみついて来る  問題に来る  解決に来る  自動車が登って来る  逆手に出て来る  上から来る  節々も出て来る  自宅へ帰って来る  ヘンにいじけて来る  真ン中近くまで来る  真中頃まで来る  スキーをはいてついて来る  場所から聞えて来る  さの来る  勤番支配が来る  支配が来る  任命されて来る  支配に来る  駒井能登が来る  駒井が来る  中で揉まれて来る  口から洩れて来る  駒井能登守へ報って来る  出迎えの来る  張合いが出て来る  素手で登って来る  勝ちにのぼって来る  手前を預けて来る  色に落ちて来る  人の入って来る  自分にいい寄って来る  このごろでもたえず起って来る  捉まえて来る  こちらを差して来る  駒井は下りて来る  捉まえに来る  遊山客がのぼって来る  から、すぐにおいで下さいとよく云って来る  だんだんおかしくなって来る  本身なんぞを持って来る  女が附いて来る  表へ来る  だんだんぽか付いて来る  のが殖えて来る  彼岸が来る  店さきに来る  顔をして、附いて来る  姿でかけ出して来る  縁先に来る  縁先へ引っ返して来る  かたちが次第に見分けられて来る  相談やらを持ちかけて来る  はいつてゆつくり近づいて来る  一葉と来る  争つて観に来る  帰つて東京に出て来る  あいて来る  睫とが離れて来る  感覚をとり戻して来る  はじめて頭に浮んで来る  韻を曳いて来る  こちらへ降って来る  馳けおりて来る  音が、段々高まって来る  温みがさして来る  朝の来る  思いの充ちて来る  覲ねて来る  年一年と高まって来る  夕光の、催して来る  おれも考えれば、たまらなくなって来る  胸に、もたれかかって来る  錯覚の起って来る  霊が、うようよとつめかけて来る  垣を躍り越えて這入って来る  風が、次第にひろまって来る  刀自女なども、来る  ものは、来る  胸に蘇って来る  心にたぐり上げて来る  嬢子はさくり上げて来る  高音を、段々張って来る  女部屋まで来る  俳優全体の生れて来る  風潮によつて来る  ふから探しに来る  国小倉へ来る  静かに近寄って来る  言伝を持って来る  念から来る  其方の来る  いくら遠くにいてもかえって来る  邸へ来る  ぼっちが来る  喧嘩をしかけに来る  喧嘩に来る  いま目刺を持って来る  様子を伺って来る  鼻へ来る  味が、ほろほろと甘えて来る  桟橋から上陸して来る  一時甦つて来る  今日あすに来る  お土産を沢山持つて来る  母ちやんも直ぐ来る  事実として現われて来る  ものがおのずから生まれて来る  定型的詩形から来る  じき戻って来る  奴さんたしかに階段を登って来る  階段を上って来る  部屋に這入って来る  不幸が起きて来る  私が帰って来たら迎えに来る  道をいそいで戻って来る  見送って帰って来る  在処を求めずに、漂い来る  故障を云って来る  風に吹き飛ばされて聞えて来る  切れ切れになって飛んでは来る  僕一寸うちまで行って来る  僕又来る  生活そのものに触れて来る  三人掛りで運ばれて来る  二階へ昇って来る  春広島へ戻って来る  花など持って来る  襲撃して来る  フラフラになって戻って来る  近くまで襲って来る  頭に甦って来る  漾って来る  シンガポールまで来る  形に現れて来る  気運が、どうしても出て来る  春広島へ戻つて来る  花など持つて来る  頭に甦つて来る  医者が駈けつけて来る  産婆さんが来る  産婆の来る  お姉さんが今にも出て来るか出て来る  やうに来る  つた韻を曳いて来る  こちらへ降つて来る  静かな思ひの充ちて来る  高まつて来る  おれも考へれば、たまらなくなつて来る  錯覚の起つて来る  垣を躍り越えて這入つて来る  風が、次第にひろまつて来る  のは、来る  本宅を抜けて来る  一ぱいに漂って来る  変通って来る  使いに行って帰って来る  弥勒寺へ会いに来る  袂へ来る  偶然人ごみを抜けて来る  幻覚の由って来る  中に拡がって来る  人が這入って来る  形を具えて現われて来る  だんだんにはっきりして来る  空間表象に来る  飢饉が来る  陸奥湾から吹きつけて来る  終列車を牽いて来る  ひらひらと伸びて来る  だんだんよくなって来る  姿で来る  運転して来る  ように、来る  出入口から清水八郎が出て来る  出入口からせい子が出て来る  バケツをさげて戻って来る  んですが、持ち寄ると言っても、どうせ買って来る  ひた押しに押し迫って来る  胸にこたえて来る  光が入って来る  兵隊だけは帰って来る  せい子が戻って来る  誠が入って来る  下を歩いて来る  双葉が入って来る  さんまで引っぱって来る  扉から入って来る  内に戻って来る  先まで巻きつけて来る  上手扉から入って来る  出入口からノッソリ入って来る  誰か出て来る  出入口から圭子入って来る  バケツをさげて入って来る  焼跡から銅線でも拾って来る  圭子が入って来る  本性がさらけ出されて来る  うちへ置いて来る  人が戻って来る  程イライラして来る  ようにして連れて入って来る  しろから圭子が入って来る  反動だと来る  立てと来る  唯物弁証法と来る  調子が変って来る  必らず来る  からと来る  所から来る  ハマになって来る  ように低くなって来る  だんだんおもしろくなって来る  態度のおのずから定まって来る  中に現われて来る  余裕を与え、次に来る  あり得ないかと思われて来る  民族的記憶がよびさまされて来る  おぼろげながらもわかって来る  気持が出て来る  満悦に充ちて来る  夕かげが催して来る  おれも考へればたまらなくなつて来る  行つて還つて来る  それから御門まで来る  御門から出て来る  方へとかたまって来る  喧嘩を売りに来る  だんだん動いて来る  銀様の来る  縁談を申し込んで来る  こちらへ貰われて来る  甲府へ来る  間も、見廻りの来る  ここへ囚われて来る  土を集めて来る  加速度を以て加わって来る  場へ来る  時をきめて来る  ところへ斬られに来る  方へ歩んで来る  幽霊が出て来る  自分に近寄って来る  助は近寄って来る  露出に持って来る  縦横に働かせて、組みついて来る  背にして、寄り来る  一太刀追っかけて来る  林を出て来る  本質が、ひたひたと寄せて来る  それからこっちへ来る  室内へ逃げ込んで来る  雨戸へ来る  垂下って来る  温熱が湧き上って来る  屋外からでも帰って来る  珈琲でも持って来る  物でも出て来る  考え方からして変って来る  近いうちにまた来る  夕の来る  いつわたしに来る  我々に向って来る  弁護となって来る  ちんちんちんと鳴って来る  魂に触れて来る  問題に結びついて来る  門にはいって来る  秋になると渡って来る  掛乞の来る  藻草とこの新しく来る  地軸より来る  摘草をすれば必ず来る  借用し来る  生動し来る  背後まで来る  領域が開けて来る  把握が目立つて来る  巴里へ来る  フアアス作家が現はれて来る  作に現はれて来る  チヨンまげが出て来る  お客さんが来る  事件から来る  言葉なりがかなり違って来る  厄介になって来る  苦心されて来る  意見も出て来る  三人が戻って来る  電車で来る  ホテルに来る  勇気を失わずに来る  通過して来る  ここまで進んで来る  食が生れて来る  鉄漿もらひ来る  近侍が出て来る  冬の来る  足音も響いて来る  口から法王が出て来る  近く二三ヶ月後に来る  目に湧いて来る  残りなく聞込んで来る  情が起つて来る  問題にじかにふれて来る  新派に似て来る  歌舞伎に似て来る  中に映つて来る  なかへ来る  町へ出て来る  動物園から帰って来る  さのつたわって来る  お酒がまわって来る  男が新しく来る  奈落からせり上って来る  姿を現して来る  富士駅附近へ来る  地震の来る  いつかは来る  参列を勧めたが、やって来る  本陣に持ち来る  処で、追い来る  引退いて寄せ来る  ぱツと拡げて、飛び出して来る  事務的に飛んで出て来る  確めながら降りて来る  印刷屋から原稿を取りに来る  末弟が来る  歩みではあっても、絶えず打ち叩いて来る  激発して来る  歯向って来る  姿が現われて来る  ドシドシ集って来る  言下に反撥して来る  ようにも思われて来る  根拠よりして、来る  者とがあらわれて来る  水が入って来る  世界に殖えて来る  生活に入って来る  交換として送って来る  象徴として現われて来る  帰着して来る  風に選び出されて来る  職業になって来る  風にして増して来る  形がはっきり現われて来る  仮感が生れて来る  ものがついて来る  所になって来る  ここに持って来る  どこから湧いて来る  声が鍛えられて来る  金を払って来る  芝居を見に来る  映画を見に来る  燃焼して来る  つてとんで来る  あかりが洩れて来る  進行でおちて来る  文学にもつて来る  此土により来る  其水の来る  潜入して来る  蠅が来る  混乱が生じて来る  ように追って来る  意味を得て来る  意味が多少活きて来る  気分が生れて来る  ところを探して来る  直ぐにまた迎えに来る  わたしも附いて来る  あとを慕うて来る  あとを追っかけて来る  入口から洩れて来る  こっちへ歩んで来る  一ぺん出て来る  小笠原壱岐守が来る  明山侯の来る  打合せに来る  意志があって来る  甲州へ来る  あとを慕って送って来る  談判して来る  家へ行って遊んで来る  お前さんが来る  大方、そう来る  手引をして来る  見物を見に来る  争いに来る  二人が当て込んで来る  老女が帰って来る  群集と、これから繰り出して来る  のが、追っかけて来る  引括って来る  能登守が訪ねて来る  女と共に来る  理由を得て来る  問題形態が決って来る  独占されて来る  曖昧になって来る  意味を持って来る  目的から云っても、出て来る  過剰になって来る  事実出て来る  技術的必要から生れて来る  投資する家政的余裕が狭められて来る  外から出て来る  内容を持って来る  特色から来る  損失となってさえ現われて来る  天降って来る  のでもなければ突然飛び出して来る  余地が次第に少なくなって来る  こととなって来る  ここに出来上って来る  意義が生じて来る  学生組織に再び立ち帰って来る  社会的意義を有って来る  免許状を送って来る  現実におそいかかって来る  とこに居なくなりや、来る  男が降りて来る  秋が降りて来る  杖を突いて来る  日になると又来る  此処に呼んで来る  弟が降りて来る  どこまでも、附きまとつて来る  巣に戻つて来る  連れに来る  それが浮んで来る  ように湧き上って来る  空から湧いて来る  必らずふりかかって来る  鼓膜に送って来る  考えが湧いて来る  から湧いて来る  証拠と重なり合って来る  結論になって来る  ことを考えて来る  雪も早く来る  胸にぴったりうつって来る  気持ちがあまりにもぴったりはいって来る  煙管なんぞ持って来る  つぎに来る  馬を集めて帰って来る  上を廻って来る  道草を食ったり、また嘶いたりしながら走って来る  峰から流れ落ちて来る  濛々として襲って来る  方地獄谷から吹き上げて来る  水声が聞えて来る  ずんずんやって来る  夕暗が迫って来る  四辺が次第に暗くなって来る  松火を点して来る  方から聞えて来る  響も聞えて来る  妙に澄んで来る  坂路を少し降りて来る  文字から来る  胸に迫って来る  身になってみると、来る  時を定めて出て来る  手に落ちて来る  屋敷へ斬り込んで来る  見事、斬り込んで来る  中へ降って来る  ように伝えられて来る  さいぜん登って来る  反抗し来る  から続々と集まって来る  近くもなく、纏まって響いて来る  種に上って来る  身をかわして、組みついて来る  駕籠をめがけて来る  中から続々と湧いて来る  甲州へ舞い戻って来る  人里までも出て来る  前後から来る  いつ役人が押しかけて来る  役人の来る  近く探り寄って来る  中から電話器が飛び出して来る  意味が、どれほど生きて来る  却って自分に判って来る  ことから、すぐさま出て来る  ここから生じて来る  意味が生きて来る  否定が、おのずから出て来る  帰結が出て来る  先に来る  目標でも出て来る  理論に出て来る  理想が出て来る  内容が決って来る  慣性を示して来る  集中から、当然起って来る  結論も出て来る  日常生活に出て来る  規定が導き出されて来る  攻撃性を帯びて来る  露骨にして来る  屈伸性を帯びて来る  さを持って来る  消長によって決まって来る  世界観嫌悪者は忽ち食いついて来る  思想内容でなくてはならぬと考えて来る  代理者が現われて来る  高揚して来る  具合に持ち寄って来る  日本に流れ込んで来る  対立をなして来る  リアリティーが這入って来る  背景が出て来る  資格を有って来る  ムクムクと湧いて来る  政治に来る  制限から来る  テーゼを持ち出して来る  頃に出て来る  意図は判って来る  内に出て来る  私はただ近づいて来る  選手が出て来る  いやでも出て来る  勝手に持って来る  悪趣味となって来る  所在と、さらって来る  森をめがけて、すたすた近づいて来る  こちらへ駆けて来る  火を借りに来る  たしかに毎晩出て来る  遠方から見咎めて駆付けて来る  ものは、おそひかかつて来る  やつて、それでもまだむかつて来る  麓へ降りて来る  煙草やすみに来る  明光を、捧げ来る  波濤の如く迫り来る  海潮の如く迫り来る  直接訪れて来る  酒が廻って来る  何かを、持って来る  眼が、光って来る  話にうかされて来る  家によく来る  二階に引っぱって来る  障子を開けて上って来る  老母が出て来る  天井から落ちて来る  絵かきさんが来る  自分を出して来る  いつまでも起って来る  地点まで来る  会いたいから大阪へ来る  貴公がついて来る  手洗所に入っているから、間もなく来る  肩が出て来る  帆村探偵に向って近付いて来る  警察に頼んでみたらどうや、などと書いて来る  小僧がいて、入って来る  臙脂を持って来る  レくらい飛び出して来る  話にはよく出て来る  外国映画に出て来る  逐蒐けて来る  狂乱で飛びかかって来る  ザワザワと追いかけて来る  ように飛び出して来る  女が追掛けて来る  だんだんトンチンカンになって来る  よみがへつて来る  往ってくれたまえ、迷ったら帰って来る  円遊に細しく聞いて来る  頭下げて来る  繁殖して来る  寒い風を吹きつけて来る  修理に来る  頃此処へ来る  フランス語を教わって来る  視野に這入って来る  腹の減って来る  この世に生れて来る  もっともっと数多く生れて来る  新たに生れて来る  ここまで尋ねて来る  時刻に来る  毎朝近所から通って来る  こんこん云いながら出て来る  文六ちゃんと遊んでやってくれとたのみに来る  奴が来る  老婆の帰って来る  何が来る  往って置いて来る  今に会いに来る  用心梯子まで来る  落着きが乱れて来る  他人の来る  方へ押しかけて来る  彼地から渡って来る  君が帰って来る  今日ここへ訪ねて来る  方面へ入って来る  中から潮水を掬って来る  物を持って来る  犬殺しの来る  ここまで追い詰めて来る  一杯よそって来る  目八分に捧げて、推しいただいて持って来る  老女は来る  一緒に訪ねて来る  見物をして来る  何心なく歩いて来る  人が引返して来る  胸にこみあげて来る  どこからか流れ込んで来る  私は帰って来る  常套と絡みあって来る  黒みだって吹き起って来る  禍が来る  方から入って来る  仲買人の来る  死骸を探しに来る  寺に来る  早足に急いで来る  泛べられて来る  関東節にいで来る  金魚売の持つて来る  小雪のちら付いて来る  中に聞え、うかがはれて来る  当人に通じて来る  馬を打たせて来る  一体、来る  芝生を撫でて来る  拍子には来る  真下に打ち寄せて来る  誰か頼って来る  疾風のように馬を走らせて来る  あすこへ来る  中を歩いて来る  暑い日が来る  散歩から帰って来る  後からまっしぐらに、追って来る  半月後に来る  彼方から駈けて来る  草でも分けて来る  ほほえみながら近づいて来る  夏も、来る  病気で来る  受け取りに来る  はずだがと、来る  郵便局へ通って来る  ように、通って来る  朝また迎えに来る  ところまで、迎えに来る  私が逃げて来る  算を乱して駈け上って来る  跫音を忍ばせて来る  方へ、近づいて来る  それ以来ここへ来る  教室から聞えて来る  横ぎつて職員室に来る  小使室に来る  単身日本へ来る  しり、這入つて来る  毎晩泊りに来る  我等は、いつも来る  二度正月が来る  久し振りでと入来る  内聞きに来る  乃公が出て来る  乃公がたびたび出て来る  妻の入来る  逢ふと申したら、たびたび来る  下女が持て来る  ように努め、襲いかかって来る  深淵から上がって来る  隊に来る  しろにかくれていて、来る  トーキー時代が来る  跫音も荒く、近づいて来る  勢いで出て来る  辺に向って来る  白刃の来る  天災の来る  手を貸せと言って来る  音さえ聞えて来る  耳まで響いて来る  三面から翻倒して来る  のを起しに来る  寄せに来る  ことを考え来る  拙者が行って止めて来る  庭へ射し込んで来る  数をかぞえながら歩いて来る  ここへ話しに来る  運の向いて来る  トントン拍子に向って来る  こっちへ向いてやって来る  後ろから米友を、追いかけて来る  あとから追いかけて来る  あとを慕って来る  一見物して来る  ここまで伝わって来る  ここまで売りに来る  下駄を穿いて歩んで来る  引摺って歩いて来る  杖をついて、さっさと歩んで来る  威勢よく走って来る  方から釣られに来る  ところへ尋ねて来る  誰か人が来る  後ろから静かに歩いて来る  一人で歩いて来る  七軒町へ来る  開港場へ来る  情が湧いて来る  褄捌きで駆けて来る  柚太が打つて来る  逼ひ出して来る  おし寄せて来る  輪廓を描き出して来る  方へ入り込んで来る  自信から無理なく生まれて来る  窓から入って来る  直接に来る  母親が来る  各駅停車が来る  すべてここへ持って来る  あなたは来る  ことが出来て、来る  恵子さんは訪ねて来る  そこを訪ねて来る  恵子が訪ねて来る  彼女に似て来る  午後、よく来る  なかからまっすぐに出て来る  客が入って来る  ものがにじみ出て来る  しろに浮かんで来る  ブツカッて来る  疑獄が持ち上って来る  曝露して来る  イザコザを持ち掛けて来る  青海原に見えて来る  ドオンと来る  引取って、持って来る  沿岸に寄って来る  微生物を喰いに来る  爆漁と来る  質問を浴びせて来る  懐中へ転がり込んで来る  味が違って来る  ゾロゾロ出て来る  アトから追付いて来る  大連から逆戻りして来る  朝鮮へ来る  爆薬の出て来る  岸に寄って来る  本格にピッタリと来る  イヨイヨ勢い込んで突っかかって来る  親子が、揺られながらついて来る  議論を吹っかけに来る  ブラ下がって来る  ノシかかって来る  ズルリズルリと下がって来る  モウ一度探しに来る  調停に来る  癪に障って来る  ボロボロ落ちて来る  コンナ処まで浮かれて来る  あなたがこんなに突然出て来る  払ひに来る  原稿を持つて来る  如くに飛んで来る  大勢集まって来る  朦朧と現われて来る  だまが飛んで来る  今日でも来るには来る  実が熟して来る  色になって来る  自然に落ちて来る  ようにはらはらと降って来る  秋風が吹いて来る  ように濃くなって来る  日が洩れて来たかと思うと、又すぐに陰って来る  からからと落ちて来る  雨が降って来る  頃から飛んで来る  ようにふわふわと迷って来る  父兄が泣いてあやまって来る  隊を組んで出て来る  脇差を持ち出して来る  有楽町を通り抜けて来る  どこから吹いて来る  女があるいて来る  ように付いて来る  あとを付けて来る  草花売りが来る  郊外にも売りに来る  あざやかに浮き出して来る  花を運んで来る  今日ラッパを吹いて来る  周囲が開けて来る  それからポツポツ降り出して来る  水が落ちて来る  日光方面から押し込んで来る  あたりへ飛んで来る  うちから押し掛けて来る  音を聴きながら、やがて来る  日から獅子舞が来る  入口へ来る  水の降って来る  従軍記者を送って来る  劉家へ来る  献げに来る  まっしぐらに襲って来る  けしきを作って来る  松井田からかよって来る  方からむせび落ちて来る  検視の来る  無限に送り出して来る  前橋から見物に来る  たくさんに飛んで来る  ように青く輝いて来る  ように青黒く陰って来る  若葉をくぐって飛んで来る  芸人が来る  桑畑を吹いて来る  大橋を渡って来る  熱海に遊んで来る  温泉場に来る  干菓子をたずさえて来る  のを見さだめて帰って来る  しん底から湧き出て来る  要素が加わって来る  胸にしんで来る  ガマ口は出て来る  きれいな風が来る  水の来る  外套を着て早くおもてへ出て来る  から崩れて来る  Oが来る  態度も出て来る  供達を連れて来る  青年団からの申込みで来る  子供らを追って飛出して来る  横顔を伸して来る  ロボットさへも出て来る  芳公が働いて来る  云つて近づいて来る  やうに走つて来る  つて飛出して来る  味が出て来る  自分が出て来る  それから落ちて来る  男が入って来る  留守にしていたがやがて戻って来る  手許に再び戻って来る  手許に戻って来る  大佐も来る  誰かが探しに来る  教えに来る  お菓子を頂いて来る  彼女が戻って来る  方から吹き荒れて来る  それから勤めを果して、こうしてまた帰って来る  一やま当てて来る  一角から下って来る  物につかまりながら走って来る  岸へ持って来る  手近く引き出して来る  碇場まで行って来る  枕許まで響いて来る  邪魔に来る  浜まで走って来る  麓から登って来る  前へ提げて来る  どこから出て来る  面をしてやって来る  ように舞って落ちて来る  それが飛んで来る  掘出し物を買い込んで来る  こちらへ向いて歩いて来る  案内を頼んでも、出て来る  井戸端へ帰って来る  窓から往来に漏れて来る  配達されて来る  顔を突いて来る  這つて来る  昂奮が静まって来る  君に会いにかけつけて来る  往来を歩いて来る  構えで向って来る  卒業して帰って来る  往来まで出て来る  方角へむかって来る  からにじみ出して来る  女なぞが出て来る  自分にも判らなくなって来る  郵便がたびたび来る  楫を取って下りて来る  握り壊して来る  小山のごとく追って来る  谷底から駈けて来る  ぞろぞろぞろぞろみんな衣裳を持って来る  女に逢いに来る  色艶を増して来る  肌にも迫って来る  石段を降りて来る  名曲堂へ来る  名曲堂の前まで来る  徴用が来る  こともなくなって来る  問題とが生じて来る  抗争との由って来る  暴露して来る  最初に来る  ことが必ず出て来る  意義はハッキリと浮き出て来る  世界に結びついて来る  東京へ戻つて来る  生活が続いて来る  応召が来る  胸に悩ましく押しつけて来る  雀が来る  お座敷断つて来る  里子がすぐついて来る  気持ちが荒み果てて来る  吸ひこまれて来る  やうに押しこまれて来る  工場へ這入つて来る  物品をくすねて来る  商売から戻つて来る  電話かけて来る  里子の送つて来る  便所を探して戻つて来る  鰯を貰って来る  水を吹いて来る  店へ連れて来る  方面から齎して来る  穴倉から迫上つて来る  ものを、来る  戸締をどうして開けて来る  ごちそうまで持って来る  道に来る  ところをついて来る  私が帰って来る  今週は来る  たしかについて来る  区域内に入って来る  方に駈けて来る  それから彼が来る  三人、駈けつけて来る  足並を揃えて来る  多忙が来る  何返も出て来る  影像がひとりでに引っかかって来る  まにまに蘇って来る  鶏小屋から飛び下りて来る  雄鶏を下ろして来る  ように飛んで来る  しかし、もうほどなく来る  中庭に降りて来る  一つ雲が出て来る  一匹銜えて来る  頭をもぐり込ませて来る  ようにきゅっと穿いて、早速駆け寄って来る  ものと思い込んでやって来る  そうに寄って来る  だんだん冷えて来る  だんだん間遠になって来る  スープを持って来る  ポリュックスが来る  れんげ畑から帰って来る  先ににおって来る  中をついて来る  反りかえって来る  気分が悪くなって来る  紙をごそごそやり始めると、また聞えて来る  匍い上がって来る  そうになって来る  ように上って来る  茂みから這い出して来る  二三年印度方面をぶらついて来る  理解より来る  ところから聞えて来る  余計になって来る  附属品を取って来る  一般ではないが流行って来る  僕は来る  並木から駒形へ来る  黒船町へ来る  火の手が攻めかけて来る  火勢に追われて逃げて来る  小工場から響いて来る  戸をたたき、入って来る  俺たちはまた引っ返して来る  もう一度引っ返して来る  もう一度此所へ帰って来る  夫人の出て来る  ことが湧いて来る  もう一度出直して来る  申し訳に来る  電信柱はとんで来る  母、行って来る  表から帰って来る  何よりもまず先立って来る  なりで出て来る  師匠が帰って来る  注文が少なくなって来る  許に来る  それに惹き附けられ、また動いて来る  鎖国的平和時代がまた来る  手に入って来る  山腹から反射して来る  所へ帰って来る  位相で重なり合って来る  夏向きになって来る  当日が来る  午前一時頃から押し掛けて来る  人間が流れ込んで来る  方へ散って来る  世の中に現われて来る  こっちへ出向いて来る  両人が這入って来る  一緒に起って来る  形になって来る  こっちへ附いて来る  必要を生じて来る  横浜と来る  幾人に殖えて来る  中からもり上って来る  それらと闘いぬいて出て来る  生活には追われて来る  拵上げ、取纏め引きしめて来る  気分が段々に募つて来る  春に掛かっていてぽかぽか暖かくなって来る  飲食店が出来て来る  竹屋から竹を買い出して来る  佐竹原へ向いて来る  涼風の吹いて来る  時日は来る  五穀はふんだんに這入って来る  金出して買いに来る  河岸まで来る  茶褐色を呈して来る  勢力が着いて来る  世の中に認められて来る  三年間修業して来る  毎日通って来る  形の現われて来る  東京から遊びに来る  夜が明けて来る  キャラコさんがもどって来る  夜中の来る  門先迄来る  隆造、来る  夜更けに来る  火影にまで迫って来る  フラリフラリと歩いて来る  時は、もう来る  駒井甚三郎を斬らんとして飛びかかって来る  透間からでも入って来る  朝湯に来る  同志が続々と集まって来る  酒折村まで来る  前へ出て来る  社前へ一気に上って来る  柳橋まで行って来る  角の訪ねて来る  駒井を訪ねて来る  角が来る  用足しに行って来る  雨を凌いでやって来る  角の来る  江戸へ舞い戻ってでも来る  そこにひびいて来る  何だと来る  歌が、ひしひしと迫って来る  愛情は湧いて来る  人が上って来る  片一方から妨げに来る  曲を吹いて来る  背にして歩んで来る  何物かが落ちて来る  私刑となって現われて来る  野原から此方をのぞんで走って来る  悪血がむず痒いほどに湧き上って来る  甲州街道へ来る  方へ流れて来る  板の間を伝って流れて来る  資料が出て来る  蜜豆をつっつきに来る  彼女はすなおに頷いてついて来る  桃代姐さんが来る  広間へ入って来る  息吹きを含んでそよそよと吹きこんで来る  だんだん仲よしになって来る  ように生白く見えて来る  紫色に光って見えて来る  ポケットに入れて持って来る  海岸に来る  どこからか響いて来る  ように息苦しくなって来る  それに連れて降りて来る  位に切なくなって来る  可愛いくなって来る  ように帰って来る  から芝まで来る  我影を見ながら、黙って歩いて来る  思考作用に入り来る  二つ並べながら、また戻って来る  ゆっくりこちらへ泳いで来る  から泳いで来る  平泳で泳いで来る  ゆっくり平泳で泳いで来る  眼に飛びついて来る  沖から泳いで来る  ヨットから泳いで来る  線路に現れて来る  つて、なんとなくかう、ふやけて来る  ぼつて来る  方向からフラフラと出て来る  ちよつと待つて、取つて来る  ゴーツと近づいて来る  一わたり済まして来る  客は来もせで来る  外から戻つて来る  磯がからんで来る  酒を注いで持つて来る  迫つて来るので、泣けて来る  もう二度と再び来る  言つたら、後で又来る  留吉が出て来る  此処へ戻つて来る  暮してゐようたあ、戻つて来る  ムカツと来る  職工から人夫すべて町から連れて来る  方角から酒徳利を下げて戻つて来る  チヨイト此の子を寝せて来る  久しぶりに戻つて来る  酔つて戻つて来る  アタフタと出て来る  差押へが来る  変へて走り出して来る  引きずつて来る  キユーンと響いて来る  バスケツトを下げて戻つて来る  下着類を持つて出て来る  明日こそは、きっと来る  カタをつけて来る  ひき起こって来る  沼間夫人も、やって来る  客間へ戻って来る  絶え間なく襲って来る  足から凍えて来る  電話掛けて来る  力で、ギュッと握りしめて来る  荒畑へ乗り込んで来る  老人がゆっくりと降りて来る  長六閣下が、のっそりと、やって来る  微かに聞えて来る  懐しみが涌いて来る  警察官が来る  ここまで漂って来る  漂流して来る  鳥喰崎へ来る  火打道具を買い求めて来る  畑道を引返して来る  男を助けて来る  太刀を取って向って来る  下まで落ちて来る  無茶に踏み込んで来る  身にかかって来る  廊下を渡って来る  相生町へ来る  毎日ここへ来る  水を満たして持って来る  幣束を奪って来る  すべてひっくり返して来る  幣束を持ち帰って来る  薩州屋敷へ来る  薩州屋敷まで出向いて来る  差しとめに来る  小塚原へ来る  紙片が落ちて来る  上へと集まって来る  鶏が上って来る  水を持って来る  恨みとなって響いて来る  神尾が突っかけて来る  以前、来る  正式に振出して来る  頂上までさまよい来る  ところから中腹へ下りて来る  それに応じて来る  人から来る  文公の来る  棺おけの来る  葉面が迫って来る  先へまで伝わって来る  雰囲気が異なって来る  上からおりて来る  連中が来る  何処からか洩れて来る  誕生日が来る  吾家へ来る  胸が込上げて来る  御家へなんぞ来る  障子越に洩れて来る  夜も更けて来る  足腰が立たなくなって来る  枕頭に持って来る  真上に蔽いかぶさって来る  濡れに来る  省線電車の来る  珈琲の来る  最後へ来る  胡椒をかけて来る  田園が出来て来る  クリスマスと来る  時雨て来る  三人ぶらぶらと行って来る  眼先に現われて来る  一度この世に生き返って来る  そっちへ来る  天真爛漫から来る  小野田さんが来る  教場へ出て来る  ものごころが着いて来る  仕方なしに帰って来る  道寄もしないで帰って来る  おいおい薄暗くはなって来る  千住から歩いて来る  間通学生の来る  少時してまた来る  婦人の来る  陰々として響き来る  奴は、ピリッと来る  理由があって出て来る  ときみ悪くみえて来る  一致して来る  本州に迫って来る  急に高まって来る  毎日朝から酒ばかり飲んでいて、酔って来る  十万億土から響いて来る  世界がひらけて来る  通りついて来る  苗売りが来る  風鈴やが来る  ほおずき売りが来る  新内が来る  歯をだしてニヤニヤ笑いながら来る  悪意から来る  先生から書き送られて来る  脚が引っ吊って来る  闇夜に漏れて来る  時代の来る  何れも来る  酒に酔って帰って来る  馬車が、もう来る  破壊し、来る  法印さんが来る  直接上海から黴菌が運ばれて来る  薪炭を積んで来る  膨脹して来る  空気が動いて来る  脚さばき賑々しく次第に近寄つて来る  人これを駆り来る  用をもって来る  グンと来る  小鳥が帰って来る  ちょっとおくれて来る  負傷者の来る  いつまでも聞えて来る  映写されて出て来る  それを次に来る  軍隊が進んで来る  骸を踏んで進んで来る  関係して来る  十日廿日となると撓んで来る  ズッと続いて来る  場合も出来て来る  応用して来る  古狐が逃げて来る  見当が、立つて来る  定旅籠に来る  らに来る  夜は来る  中世から女と考へて来る  其頃恰寄り来る  用をたしに来る  影響をとり込んで来る  此次に出て来る  部に這入つて来る  游離して来る  方が、出て来る  小さな仏壇を抱えて来る  東京から戻って来る  橋まで来る  駅に来る  ようにおもえて来る  頭上に迫って来る  中から吹いて来る  心を襲うて来る  そばを食いに来る  議論を立てて来る  弊に陥って来る  工合に下って来る  報酬額が増して来る  天気が変って来る  此方へ向いて来る  サアこうなって来る  方へ向って来る  クルリと廻って来る  大学まで来る  毛が生えて来る  初て備わって来る  時代がもう直ぐ来る  しらに満つて来る  弱味から来る  梅雨期が来る  柔らいで来る  ほうが次第に堅く凝って来る  毎朝おとうさんが連れて来る  見方を持って来る  そこに迫って来る  山路から徐ろに下りて来る  わたくしに取りに来る  音もなく上って来る  引取って来る  亭主さんも来る  鳥の落ちて来る  ものが流れ出して来る  お前たちを取り戻しに来る  もので、こうなって来る  方から飛んで来る  部屋へ歩いて来る  慨を生じ来る  梯子段を見上げていると、だまって下りて来る  わたしは、これから行って来る  うち帰って来る  勢が乗り出して来る  ものを求めて来る  摺足して歩いて来る  濛々として、湧き上って来る  それを突きつけて来る  刀に流れ寄って来る  口中に落ちて来る  終りが来る  琵琶を持ち出して来る  木戸口へ来る  現在やって来る  勇気がきざして来る  音を聞いて尋ねて来る  融通が利いて来る  間道をよく登って来る  間より来る  予告を与えずして来る  こちらへ進んで来る  方へ進んで来る  職責を怠るまいと、引きずられて来る  声を聞くと共に、勇みをなして飛んで来る  ほとりまで行って引っ返して来る  卵を見つけて来る  宇都宮から突然に帰って来る  言が来る  西洋人はよく来る  地獄谷へ来る  言葉が出て来る  合に出して来る  信用に差響いて来る  妙齢になって来る  突込んで来る  価値が下がって来る  夜通しがかりになったにしても、出て来る  壺振りを見に来る  朝東風を薫らせて来る  貴方様へかかって来る  気に向うから呼び止めながら近寄って来る  杖も持たずに歩いて来る  ように急いで来る  老婆がおくれまいと付いて来る  あとに付いて来る  目のまへにづらりと列んで来る  其がつくり来る  掩ひかぶさつて来る  意味を持つて来る  話が向いて来る  戦争に、来る  なかへ飛び込んで来る  濛々と捲き起されて来る  燃えあがって来る  床をのべに来る  パリーへ来る  ワゴンに寝るんでせうが、来る  ヤポンスキーと呼びかけて来る  何かこみあげて来る  映画に出て来る  者が拝みに来る  安心にときめいて来る  目に浮いて来る  あすは来る  街へ出て来る  こっち入って来る  眼を張って入って来る  三味線を持って出て来る  大入り満員となって、なお押寄せて来る  足を運んで来る  従者をつれてやって来る  紹介者あって来る  自身直接に来る  奴も、来る  佐野川方面から下りて来る  名刀を抜いて迫り来る  茶屋へ来る  ことで、こう来る  身に報い来る  夕方自宅へ帰って来る  殿様が来る  品格も出て来る  復讐が来る  深刻に来る  何ともねえが、提げて来る  家へ、訪うて来る  わたしが出て来る  ここへ押しかけて来る  運命の来る  役人を口説いて来る  当座だけ逃げて、また戻って来る  全身を襲うて来る  念頭に上って来る  小石川からわざわざ出掛けて来る  眠る時間がすくなくなって来る  睡魔が襲って来る  夜が次第に更けて来る  構内へ戻って来る  女にも、ふと覆いかぶさって来る  心に響いて来る  遠くの空から聴えて来る  影で浮き出して来る  聯想を引き出して来る  街道を通って来る  風物が浮びあがって来る  詩的感銘が弱って来る  渡り鳥の帰って来る  昔の物語りに出て来る  身体が温まって来る  馬肉を運んで来る  から走って来る  こちらに動いて来る  から何かくわえて走って来る  だんだん解って来る  だんだんわかって来る  話をすればするほど間違って来る  あしたからの来る  派手をかざって来る  こなたへ来る  姿へ、くばられて来る  夜ッぴて城戸へ馳せつけて来る  砂けむりを立てて飛ばして来る  放生池から来る  姿が、しずしず来る  秋は来る  意をきいてまた戻って来る  登子、行って来る  ひんぱんに来る  足利までも来る  死物狂いになって掴みかかって来る  物を持って向って来る  生命を取りに来る  しまいたいくらい憎らしくなって来る  事がわかって来る  奥に沁み込んで来る  ニジミ出て来る  向上して来る  手許へ帰って来る  風味がわかって来る  呼吸されて来る  代り立ち代り捧げ持って来る  漕に行って来る  徐々と焦げて来る  自発的に気色ばんで来る  水煙を立てて漕ぎ下って来る  だんだん漕ぎ近づいて来る  追跡して来る  皆が勢いづいて来る  順序の来る  他人事ではなく思われて来る  一と漕ぎして来る  艇は疲れて来る  必然性を帯びて来る  吉兆として思い出されて来る  配達して来る  迎いに行って来る  東京市内から郊外へ来る  滅亡が来る  土地取上げで、やって来る  波がせめかけて来る  中に浮上がって来る  意識となって甦って来る  実を尋ねて飛んで来る  中にありありと浮んで来る  市に出て来る  亡魂でも食いに来る  風がひやりひやりと吹いて来る  目に飛び込んで来る  庭先へ来る  地唄を流して来る  声で唄って来る  そこに取り戻して来る  正三を追駈けて来る  今晩にも帰って来る  今晩はきっと来る  兎に角出て来る  怪漢の出て来る  彼の出て来る  覗って来る  一寸交番へ行って来る  警察へ出て来る  三光町へ来る  どこから聞出して来る  大小となく探り出して来る  方から引返して来る  巣に戻って来る  所か出て来る  男名前で来る  嘲弄状を送って来る  一度位それを取りに来る  彼宛に来る  郵便物を取りに来る  奴素直に出て来る  何と云って連れて来る  誰やら駆けつけて来る  頭へピンと来る  現場を見に来る  大股に歩んで来る  支倉から手紙が来る  二度も来る  支倉さんから来る  支倉から来る  微笑が浮び出て来る  留置郵便を受取りに来る  自身で受取りに来る  事を書いて来る  十時は刻々に近づいて来る  境内までは来る  後から後からと続いて来る  疾駆して来る  教えを求めに来る  赤裸々に現われて来る  ボーンと鳴ると現われて来る  籠み上げて来る  ように湧いて来る  相違して来る  騙りに来る  強請に来る  新たに浸み出して来る  重大問題になって来る  有力になって来る  白無垢と来る  次回を来る  送達書の来る  買い手が来る  買手が見に来る  恩を返しに来る  警察が来る  裁判所からまで来る  本署から確かに来る  どこから電報など来る  勝の来る  正勝の来る  ロッジへ入って来る  主任の来る  裏口に近づいて来る  んですか、あるなら探して来る  ロッジに来る  絵を描きに来る  首とを絡み合ってよろけて来る  三人が来る  捕手が来る  半巾でも飛んで来る  捕縛して来る  ここへ這入って来る  階段を駈け上がって来る  明日か、また来る  姿が躍つて来る  性格がはっきりして来る  鼻先に持って来る  連続して流れ込んで来る  のが、ようやく調子づいて来る  曲りかどへ来る  人間界に下りて来る  だんだん味が出て来る  雪が来る  人の下りて来る  隊をなしてやって来る  今となって入り込んで来る  奉公も起って来る  なついて来る  兵馬に飛びかかって来る  方へ泳いで来る  いやといっても付いて来る  遠く寄せて来る  眼中に置かずに押しかけて来る  色はおのずから出て来る  註文がしきりに来る  依頼者がつづいて来る  学校に来る  武者修行が尋ねて来る  子供が集まって来る  五人と上って来る  笊を下げて、悠々とのぼって来る  畑道を駈けて来る  みやげを持って来る  どこからか借り出して来る  それを追いかけて来る  無二無三に突きかけて来る  スタスタと入って来る  そば近く歩んで来る  咽喉でも絞めに来る  殺しに来る  方をして、また戻って来る  興が来る  誰か入りに来る  灯が運ばれて来る  外へよろめき出て来る  跫音が近づいて来る  内裏から退がって来る  草心尼が降りて来る  迎えに来る  大広間へと跳び返って来る  直義には憂えられもし、疑われ出しても来る  果たして高氏が、来る  だらけになって来る  のか、からみたがって来る  目明きよりは、よう見えて来る  伝次が、黙々として従いて来る  一行が近づいて来る  眼つきで、ゆっくりと歩いて来る  実が、ぼとぼとと落ちて来る  尼も、ためらわれて来る  しげに寄って来る  尾行て来る  どこから飛んで来る  矢が来る  山荘へ来る  われわれ自身がはずかしくなって来る  コッケイになって来る  先入感から来る  わが国に入って来る  いるかが、ほぼわかって来る  私に来る  身をもって通りすぎて来る  だんだん、おもしろく無くなって来る  骨がらみになって来る  それらは浮びあがって来る  どこから生み出して来る  口から、ひとりでに流れ出して来る  評価がちがって来る  魚を持ち出して来る  インバイなどの出て来る  答えが出て来る  競技場へ引っぱり出して来る  立ち現われ、見えて来る  先から出て来る  確かに出て来る  機が来る  さが生まれて来る  高度に燃えて来る  決定して来る  こちらを打って来る  正体もハッキリして来る  青竜王が帰って来る  話なら、必ず帰って来る  底からこみあげて来る  ソノ青竜王から行って来る  電話が懸って来る  翌朝ぼんやりと帰って来る  一雄について来る  精力とが出て来る  ことがきわ立って来る  階段を下りて来る  祇園町まで出て来る  後を探ねて来る  同伴して来る  京都に移って来る  話で来る  理詰めになって来る  ここまで下って来る  何にも知らず近づいて来る  龍が追いかけて来る  兵が来る  唇がとび込んで来る  勘定となって来る  欠乏が来る  心理になって来る  意見がちがって来る  今に取りに来る  踉いて来る  部屋まで響いて来る  音につれて絶えず響いて来る  こだましつつ響いて来る  曲り角に来る  一緒に曳いて来る  巣に還つて来る  芝居で来る  ん/″\変化して来る  びといふ語が出て来る  四かう考へて来る  魔物の来る  カタストロフィーが来る  自分が捕って来る  道を廻って来る  明日にでもなれば、すぐに戻って来る  篠へ来る  障子紙に泣きすがって来る  酒が匂って来る  あとから、駈けて来る  かがやき観えて来る  用事に行って来る  川筋すべても洗われて来る  六波羅兵をみちびいて来る  ここへ駈け戻って来る  数を加えて来る  大地へ取りもどされて来る  兼好が来る  雨が早く来る  祝い言をのべに来る  坂道まで来る  板へ駈け出て来る  大急ぎで帰って来る  丹波まで行って来る  斜めに来る  景気が来る  御用ッとばかり、やって来る  都へ出て来る  眼のいろ変えて走って来る  搏って来る  惜しみに来る  それの来る  一使が来る  新が来る  ここへも来る  坂本まで来る  海道を上って来る  芋を持ってやって来る  夜がら夜っぴて、やって来る  ボクたちが来る  家族づれで来る  晩浜路が忍んで来る  遠方から会いに来る  つて毒を流し来る  珍客の来る  方へとんで来る  最期はいつ来る  場所へもどって来る  こっちへ動いて来る  小脇にかかえて、おそるおそるついて来る  方へ打ちよせて来る  悲劇は来る  二箇ぐらい取って来る  風がふいて来る  遠くを走って来る  洞穴に来る  救助に来る  われもと押しかけて来る  きょうとなっては、もはや来る  あいつが来る  頭に湧いて来る  山東庵へ来る  たまに来る  遠くからきこえて来る  国からきこえて来る  湖から吹いて来る  町かどまで来る  停車場へ来る  静けさが増して来る  酒屋へ来る  ブンブン振り廻して来る  丸太ん棒を振り廻して来る  いつでも集まって来る  人間が出来上って来る  この世へ生れて来る  盛んに響いて来る  八方から話を持ち込んで来る  駒形堂の前へ来る  鑑賞裡にくだって来る  言葉尻が上って来る  眼が据わって来る  煙草盆を提げてやって来る  造船所へ来る  思いが、こみ上げて来る  拙者が出向いて起して来る  直接に起して来る  眼前に浮んで来る  こっちへ向いて上って来る  先方も近づいて来る  跡を追うて来る  外れまで来る  運も向いて来る  やつが出て来る  ところへは無暗に廻って来る  二人が見廻りに来る  繰出されて来る  中から繰出して来る  ハミ出して来る  どこからともなく動いて来る  下から、湧いて流れ出して来る  不安心は、いよいよ込み上げて来る  間を曲って来る  この世へ戻って来る  眼界に落ち来る  後町から大門前まで来る  団体も押しかけて来る  意義を齎して来る  真中へ下りて来る  先方が必ず打ち込んで来る  胴とかいって、打ち込んで来る  戦いを挑んで来る  通商貿易を求めに来る  按摩が来る  音締も響いて来る  大当り、そうして出て来る  つまり後から取りに来る  盛り場へ来る  花道から岩見重太郎が出て来る  顔をしながら歩いて来る  太郎に組みついて来る  腕組みをしながら歩いて来る  塙団右衛門とが乗込んで来る  太刀取りのべて、やあやあと向って来る  立向って来る  索めに来る  輩が来る  書の来る  書が来る  原稿もそろそろ売れて来る  ひそひそ話声がもれて来る  キャップが来る  可能性の生れて来る  ものに貼って、来る  人、来る  初春が来る  中心問題へ移って来る  一瞬間に、来る  男まで出て来る  完成されて来る  空気管を通って飛び出して来る  お客様が来る  活動も、思い出されて来る  場合におこって来る  伝統が生れて来る  隊をなして来る  増し大きくなつて来る  だんだん暮しが苦しくなつて来る  闖入して来る  墓参りをして来る  社交季節が来る  邸宅に帰って来る  本気で訪ねて来る  光が増して来る  新に盛って来る  午前中だけ通って来る  これが、やがて来る  一度に抜けて来る  まちから遊びに来る  土間へ舞いこんで来る  五十銭出て来る  透明セルロイド板の来る  精根を涸らしてしまう、込み上げて来る  近く足もとに寄せて来る  ことが何もかも思い出されて来る  それからそれへと思い出されて来る  浮き浮きして来る  うえに落ちて来る  屋敷へ帰って来る  わけもなく泣けて来る  工合がすこし快くなって来る  のじゃけれ、もうもんて来る  男たちが運んで来る  奥まで流れこんで来る  座敷へ戻って来る  夜更にこっそり訪ねて来る  小費をせびりに来る  金を入れて、悠々と担いで来る  辻まで来る  もっとも、来る  夜となく来る  安心して出て来る  喜多川春作が来る  子供を起しに来る  一巡して空しく戻つて来る  ヨーロッパに伴い来る  畳に落ちて来る  二人に早く来る  下検分に来る  底からしみ出て来る  小屋を目指して近づいて来る  誰か忍び込んで来る  警察から呼出しが来る  イヤ、行って来る  共犯者も見に来る  鳩が来る  語が出て来る  下へぶら下って来る  どこからともなく帰って来る  前後から立ち寄って来る  眼に付いて来る  宿まで来る  頭に上って来る  真相に近づいて来る  人通りがつぎつぎとふえて来る  馬車へ戻って来る  永代橋まで来る  酒が来る  陶然ともなって来る  番士なども駈けつけて来る  そこへ近づいて来る  親鳥の来る  電波が送られて来る  立ッて来る  山へ馳せのぼって来る  帰服して来る  夜も白みかけて来る  ッと駈け下りて来る  よう下屋門へ来る  暗がりを来る  逆ねじを報うて来る  ここだけはと思うていたが、ついに来る  首を見て帰って来る  幕兵が駈けのぼって来る  山中まで来る  同勢と共に近づいて来る  諸方から曳かれて来る  合流して来る  加賀田まで来る  唸りをひいて飛んで来る  なだれて来る  頭上に降りかかって来る  後から後から、走って来る  どこを突いて来る  沙汰が来る  案内されて来る  土まで来る  都へ、だまって出て来る  逆に、むかついては来る  人なかへ出て来る  あしたまた来る  暴力団が来る  内通して来る  原料が来る  だんだんに脱けて来る  酸素が出て来る  だんだん焦げて来る  雨期が来る  飼養所へ帰って来る  中から野象を連れて来る  河を下って来る  順番の来る  眼が疲れて来る  膜が来る  傘をさして来る  一人歩きして来る  余裕から来る  名が来る  のか、その来る  お手本を書いて与えて来る  ばかにしながら、いくらかせびりに来る  ブラリと出て来る  ように流れ出して来る  まりもなく溢れ出して来る  堤を破って動いて来る  間取りを見て来る  ちょっと帰って来る  塀を乗越えて来る  客のつめて来る  面構えにも見えて来る  西郷が来る  西郷江戸に来る  陪臣一人が出て来る  巧妙に現われて来る  連中は、来る  時には招かずとも来る  のが流れて来る  一人で流れて来る  食堂兼客室へ来る  近く寝台に寄って来る  こっちへ向いて飛んで来る  自身で下りて来る  下界に降り来る  悠々として舞い下って来る  心あっておりて来る  ここへ舞い込んで来る  起しに来る  同情心も出て来る  無事に納まらないと思い来る  こちらをめがけて走らせて来る  床屋が来る  記憶がまざまざと甦って来る  十五夜が来る  風がそよそよと吹いて来る  寝床へ帰って来る  所が浮んで来る  母に来る  処迄来る  あたり迄来る  事実は、益々ハッキリして来る  小走りに走って来る  からちょっと行って来る  軽快にあがって来る  天井をはずしてでも来る  子供が帰って来る  人を見るとよけい笑えて来る  伴られて来る  のか起きて来る  樹てに来る  山人の持つて来る  ものを持つて来る  昂奮して来る  群行して来る  文学態度が現れて来る  初めから著しくなつて来る  花が出て来る  花を持つて来る  花をかざして来る  頭に挿頭して来る  人が生れ出て来る  四个所に出て来る  方に近づいて来る  字が出来て来る  ほとして出て来る  意味が出て来る  山苞を持つて出て来る  説明が附いて来る  体内へ這入つて来る  植物が沢山出て来る  関係が現れて来る  大分解けて来る  小走りに出て来る  仙右衛門が、ズルズル引きずり上げられて来る  ゴロゴロ転り落ちて来る  揚幕を出て来る  民百姓によく響いて来る  今聞えて来る  フラフラついて来る  宿に入って来る  末、近づいて来る  悲鳴を上げて逃げて来る  奴等が追って来る  方から登って来る  龕燈を提げて出て来る  途中から割り込んで来る  揚幕から走り出して来る  音を立てて走り出て来る  三歩でて来る  から此処を取囲んで迫って来る  バッと飛出して来る  半円を作って踏込んで来る  右に廻り込んで来る  立直って再び襲いかかって来る  まま岩蔭から出て来る  五月には来る  なだれを打って飛込んで来る  長五郎が襲いかかって来る  四五人叩っ斬って来る  留守だと見て取って、もしかすると追い討ちと来る  トットと走って出て来る  山上ですぐ来る  後向きになって出て来る  急ぎ足に出て来る  二つ三つ泣き声がこみ上げて来る  男で本当に殺気立って来る  五歩ヒョロヒョロ飛込んで来る  戸から誰か躍り出して来る  戸から走り戻って来る  眼が血走って来る  戸から兵藤が戻って来る  花道へ飛出して来る  誰か走って来る  戸口から入って来る  これが生き返ってでも来る  谷より登って来る  方からドードードーと響いて来る  背後を振返りながら出て来る  まま右手から走り出て来る  冗談になって来る  効能書きでも出て来る  現象がのべたらに上って来る  幾分性格にも差し響いて来る  方々に出来て来る  処に浮き出して来る  頭に浮き出して来る  心理状態から出て来る  方へ抜けて来る  閑日月が出て来る  発揮して来る  下を向いて折れ曲って来る  のではあるまいかと考えられて来る  表現が現われて来る  意義が出て来る  顔に飛びかかって来る  者となって来る  事実となって来る  鼻に現われて来る  本心から湧き出して来る  ハイカラなのになって来る  帯て来る  益高潮して来る  順序になって来る  自然と暗くなって来る  記憶がありありとなって来る  益暗くなって来る  如何にして出来て来る  ますます深く感ぜられて来る  吾家に帰って来る  初めから怒鳴り込んで来る  鮮かに解って来る  奇蹟が続々と起って来る  逆戻りして来る  魂も打ち込んで来る  拡充されて来る  運命となって来る  ダイヤ姫なぞと来る  巻付いて来る  皮肉に食い込んで来る  フランスを発つて来る  気持が立ち直つて来る  目蓋が重く垂れて来る  ものがあつて、来る  諸方から集まつて来る  客がはいって来る  責任がかかって来る  蓬莱建介は、来る  杉、来る  橋までかかって来る  色をひさぎに来る  命松丸が帰って来る  座へ帰って来る  勢力を張って来る  情報が入って来る  孤立におちいらせようとして来る  船坂峠へ走って来る  胸がつまって来る  げに戻って来る  ここへまで打って来る  百舌野方面から来る  東国勢に寄せて来る  われらに恵んで来る  こッちへ泳いで来る  着物を抱えてすぐに帰って来る  家庭にまで乗り込んで来る  一まわりして来る  明白になって来る  微風吹き来る  飲食に来る  多くは食いに来るよりは寧ろ飲みに来る  太平洋海岸へ来る  音をさせて迎えに来る  一夏一夏帰省して来る  ごとに、どことなくおとなびて来る  自然にたれかかって来る  劇団が乗り込んで来る  交叉点へ来る  方向へ来る  とこまで来る  本国へたづねてやるのも返事の来る  息が乱れて来る  何処から差込んで来る  やうに響いて来る  やうに浮き立つて来る  うちは来る  冬が近づいて来る  由次郎にもなついて、来る  架かつて来る  内から架かつて来る  打算から来る  話を聞かして下さい、などと言ってやって来る  お話なんか聞きに来る  ものを着て来る  漏れ聞えて来る  会話が漏れて来る  伏眼になったなり、溢れて来る  だんだんこちらへ近づいて来る  一しょにはいって来る  汪然と湧いて来る  四辻まで来る  店員が出て来る  通路から退出して来る  四五日内に来る  横浜へ廻って来る  二百両借りて来る  癇が高ぶって来る  土間口から這入って来る  事ゆえ誰有って来る  脇差を持って来る  風から先に濡れて来る  吹降に降出して来る  偶に来る  者でも来る  小峯が来る  此処え来る  ものが飛込んで来る  プーンと来る  牛が来る  牛が帰って来る  物を売りに来る  後から連も来る  御膳が来る  岡持へ入れて持って来る  稼ぎに来る  伊香保から此方へ来る  後から峰公が引張って来る  鯉こくを持って来る  唯後からくっついて来る  一生懸命に来る  夢が来る  脊で持って来る  明日は来る  こと稍三十分ばかりも這入って居ります、出て来る  重次郎さんが来る  重次郎さんの出て来る  若い人が出て来る  己ア方へ来る  跡を附けて来る  処へ這入って来る  防火地帯へ来る  どこで調べて来る  但馬さんは、来る  デパートから配達されて来る  家へ訪ねて来る  二十円くらいは出て来る  魚を捕って来る  底ひから、浮びあがつて来る  闇に慣れて来る  さ遊ぶに来る来る  遠くから来る  神社に出て来る  こっちに来る  真っ直ぐにわたって聞えて来る  時季が来る  核心を掴んで帰って来る  形を崩さず徐々に近づいて来る  ジャネットが来る  みぞれ、来る  どこからともなく寄せて来る  伴ふことなく、たちまち眠くなつて来る  奥へかけ込んで、すぐかえって来る  方へまわって来る  上着が来る  燈火を持ってやって来る  そっちから伝わって来る  鷺のちぢめて降りて来る  窓からでも入って来る  風につれて流れて来る  ように流れて来る  汽車を追って来る  カムパネルラが出て来る  誰かの来る  敵が来る  下向を踏み切って来る  把って、従いて来る  判官が来る  どこへでも、いつなんどきでも、ずかずか通って来る  いつかはきっと迎えが来る  女でもまた見て来る  丸小屋へ来る  叫びが聞えようと、決して駈けつけて来る  妃方の来る  何事が起っても登って来る  波打ちぎわをあるいて来る  船から射て来る  判官がよせて来る  少将千種忠顕卿を、つい来る  麓へ下って来る  それぞれは烈しく襲って来る  背なかを押して来る  針を運ばせながら、浮き上って来る  伴奏をなして現われて来る  誰か訪ねて来る  北原さんでも押しかけて来る  ここへ渡って来る  酬って来る  連続して出て来る  感情がこみ上げて来る  夜分、こうして出て来る  うちに、また追いかけて来る  追従し来る  二人、連れ立って来る  不安がこみ上げて来る  わたしは、申し置いて来る  寄席へ来る  仕打ちで現われて来る  さいぜんのが追いかけて来る  命がけで逃げて来る  とある町角へ来る  独創的に現われて来る  形で現われて来る  どこぞへ浮いて来る  昂進して来る  中を渡って来る  間に、動いて来る  最後には、ただ化けて来る  荒しに来る  素直にあやまって来る  こっちに向いて走って来る  一生懸命に走って来る  裸で走って来る  海女が走って来る  何かに怖れて、あわてふためいて、走って来る  のではない、逃げて来る  いつどこへ出て来る  弁信さんを呼んで来る  間は集まって来る  わけにもゆかず、来る  お前が連れて来る  それからそれと現われて来る  武者修行が押しかけて来る  こととばかり信じて立寄って来る  与八は来る  水車小屋へ泊って来る  おかしさがこみ上げて来る  奴まで見に来る  人間味がわき出して来る  ところから馬をひっぱって来る  責任感がこみ上げて来る  ひとつ探して来る  尋ね人を探して来る  正直から来る  呪詛を吐き出し来る  趣を添え来る  こちらへ向って走って来る  自分と向い合って走り来る  一点へ来る  災難が降りかかって来る  窓からでもはいって来る  しずかに近づいて来る  感激も違って来る  自分を来る  眠りに来る  のを読むと一寸出て来る  日本から飛んで来る  これに出て来る  人間味が出て来る  屋敷へ来る  前までかえって来る  同僚が来る  旧陣屋跡まで来る  耳をこそぐって来る  濛々とはいって来る  今夜ここへ連れて来る  裏梯子まで出て来る  渋川が来る  計算に行って来る  様子を聞きに来る  ヒョッコリ面会を求めに来る  手がかりを持って来る  停留場まで来る  辺から流れて来る  匂が湧き出して来る  前まで走つて来る  新たに入り込み来る  婦人を連れて来る  看病に来る  火を持って来る  上からのしかかって来る  膝に上って来る  たしかに人が忍んで来る  無下に来る  ところへ迷い込んで来る  ここへ下りて来る  梅月君が来る  嘉蔵殿が来る  陽気に、ぽんぽんと話しに来る  呂律が入り来る  暗示的に来る  雪を冒して、入り込んで来る  鳥が出て来る  みんな集まって来る  先方は来る  わたしにはぴんと来る  から夜道を帰って来る  人の起きて来る  こっちへ引っ返して来る  真佐子がどうなって来る  あたしにひびいて来る  胸に沁み渡ると、散りかかって来る  身について来る  学生が来る  神話に出て来る  返事を書いて来る  口とがぽっかりと現れて来る  喉元を切なく衝き上げて来る  手に入れて来る  関西から取り寄せて、来る  統制されて来る  意識もはっきりして来る  商家から人の出て来る  物音の流れて来る  衝突って来る  ことを、そうやって担ぎ込んで来る  三次、来る  三次は来る  碁石と知って持って来る  真先に出て来る  銀座附近に出て来る  茲に来る  隣の女が移って来る  どこからもって来る  家主が来る  のに濡れて来る  香を運んで来る  音楽が聞こえて来る  勝手に取って持って来る  音色を帯びて来る  耳にはいって来る  売に来る  横浜へ入って来る  居留地へ来る  店員が雇われて来る  声が、聞えて来る  ドウと聞えて来る  殺害事件に戻って来る  ランプを持って引返して来る  なかから響いて来る  方へ近付いて来る  水から出て来る  海から川づたいに上って来る  山から来る  こんな晩には出て来る  今夜よんどころなく忍んで来る  今夜ひそかに出て来る  水底をくぐって引っ返して来る  本能から出て来る  それは出て来る  復興は案外早く来る  マドロス氏あたりを引具して来る  供につれて来る  毎日流れついて来る  遠目にながめ、次に来る  一ぺん見てえろ、出て来る  海へ来る  口もとまで来る  方へ引返して来る  人が集まって来る  補助機関だけを取外して持って来る  勝手を見届けて来る  干渉の来る  彼を慕うて来る  特にオットセイを持ち出して来る  牧場へ逃げて来る  んだとさ、そうして帰って来る  乳を飲みに寄って来る  銛が飛んで来る  ように走るけれども、別段、追いかけて来る  後ろから追いかけて来る  バタバタさせて追っかけて来る  あがきがつかなくなったと見えて踏みとどまり、追いかけて来る  狼狽して逃げて来る  後を慕って来る  旦那が来る  こっちがあせって来る  バッテイラで乗込んで来る  驀進し来る  使丁が担いで来る  浴して来る  勢ひで殺到して来る  身振り面白く繰り込んで来る  川上から流れて来る  一散に駆けて来る  ガラドウが来る  俺に来る  側で、曳かれて来る  奔馳して来る  足で追っかけて来る  倚りかかり、湧き上って来る  牢から出ると取りに来る  新聞の来る  数日後に再び立ちもどって来る  部屋へ今にも訪ねて来る  河上から風が来る  お迎えに来る  胃壁から咽喉元へ伝い上って来る  うねりを伝えて来る  刺戟に慣れて来る  呼吸が弾んで来る  遊び廻るほど愈々冴えて来る  それよりか、つき上げて来る  ジャネットを抱えていて暫くは弾んで来る  白ちゃけて来る  お母さん巴里へ帰って来る  一日が来る  食堂にでも出て来る  現前して来る  関係より来る  観念より来る  体験から来る  後方から疾走して来る  あれ買って来る  椅子から押しのけて割り込んで来る  鋏を忍び込ませてやって来る  ぞくぞくして来る  恬然と切りこんで来る  だんだん受太刀になって来る  歓喜が迫って来る  じきここへ来る  様子で出て来る  踵いて来る  返附配達して来る  大学生の来る  京子は来る  口笛が聞えて来る  袂で落ちて来る  病院へ来る  自分が見えて来る  心に呼びかけて来る  そこから宇佐美弥次郎が駈けて来る  人海戦術で埋めつくして来る  後から屍をこえてしがみついて来る  方から戻って来る  なにしに来る  朝飯を持って来る  わしげに登って来る  右京さまを訪うて来る  あけぼのがさして来る  源氏の家につたわって来る  刑部が来る  使者として、なにか申し入れて来る  不破へさしかかって来る  ひとめぐり歩いて来る  見解如何にかかわらず現れて来る  ベッドにまで這い上って来る  上にとびかかって来る  声をあげて群がり来る  疑問が生じて来る  相互関係において生きて来る  中からせり出して来る  八分の一が来る  金を持つて来る  王が来る  従へて来る  眼で、集って来る  兵タイが近づいて来る  たかえしに入りまじって聞えて来る  包囲線をめがけて走せて来る  中を逃げ出して来る  パルチザンが逃げ出して来る  こっちへ逃げ出して来る  上にかかって来る  中からとんで来る  表を見ると、全く肯けて来る  こころに湧いて来る  雲は来る  上に浮んで来る  あすこからこつちへ出て来る  なつて飛ばされて来る  珍物が出て来る  腕まくりをして来る  点検して来る  鑑定を持込んで来る  処へ見せに来る  金を借りに来る  シャアシャアと又遣って来る  歴史に出て来る  たより縋って来る  世の中になって来る  越後路まで来る  眼がけて這いかかって来る  ものが近付いて来る  証明されて来る  参詣して来る  重役が来る  外務大臣が来る  彼奴が来る  イヨイヨ後光がさして来る  なぞと引っ冠せて来る  ジャンジャン訪問客が遣って来る  訴えに来る  楯に取って来る  投薬を仰ぎに来る  ウヨウヨたかって来る  一時に固まって来る  サア来るわ来る  鬨の声をあげて押しかけて来る  押かけて来る  処へ持って来る  縷述して来る  そのまま認めてやらなければならなくなって来る  デングリ返って来る  愉快になって来る  議論が違うて来る  タタキ潰して帰って来る  イヨイヨ光って来る  ゾロゾロ匐い登って来る  それを取返しに来る  二等切符を買って来る  日本まで渡って来る  生魚をば持って来る  漁獲高を数えて持って来る  免疫て来る  沖から来る  げに来る  木賃宿に帰って来る  買手をば連れて来る  イキリ立って来る  肴ば提げて来る  すすめに来る  視察に来る  湊屋が来る  一どに来る  鉛が溶けて来る  牛酪をかついで来る  紐になって流れて来る  硝子さへ越えて来る  かもめがかなしく鳴きながらついて来る  空から来る  すりを拭いて来る  ゃばしゃ降って来る  さうに走って来る  こゝろもちよく帰って来る  寸を伸して来る  笑ひがこみあげて来る  伝つて火が走つて来る  蜜柑函を持ちて歩み来る  家なんぞへ来る  おとよとが来る  商用に来る  トラックが来る  其家へよく来る  気がしきりにして来る  土橋のてまえまで来る  わたしの出て来る  汽車を目がけて直驀地に襲って来る  老年の来る  小説に現われて来る  そばに寄って来る  うんざりして来る  ことに厭きて来る  三時に来る  奥庭にひょっくり飛びおりて帰って来る  其処から来る  離れへ来る  清太郎が出て来る  坂へ来る  春分点に来る  毎年春の来る  それが少しひどくなって来る  ちょっと風呂にでもはいって来る  底から突き上げて来る  眠気が這い上って来る  父母それがやがて来る  掃除になど来る  石川さんが来る  耕やしに来る  つてしまつたけれど出して来る  間で、もう引き上げて来る  あとからあとから涌いて来る  あとから黙ってついて来る  ちょっと自動車を頼んで来る  眼がうるんで来る  心が煙たくむせて来る  つて涙の出て来る  思ひ出に吊られて来る  吟味しに来る  一度は尋ねて来る  事に気がついて来る  景色が浮んで来る  舌に来る  火鉢に乗り出して来る  生鮮を放つて来る  妙にしびれ込んで来る  君に持つて来る  移転して来る  たづねて来る  念さへ湧いて来る  工場から出て来る  あちらからよく訪ねて来る  意識に浮んで来る  ように、くっついて来る  川を渡って来る  大将だ、おなじやって来る  軍勢が来る  三方から攻めて来る  群は、刻々ふえて来る  みかどのおん輿を迎えに出て来る  引渡しを迫って来る  簿を呈して来る  前へ寄って来る  ッて寄って来る  味方に馳せ加わって来る  自分を慕って来る  干潮が来る  世が来る  世界が降りて来る  道をいそいで来る  ッて来る  駒を曳いてついて来る  加はつて来る  おじいさんが来る  けがたまでに帰って来る  ローマに来る  歩みがついて来る  通りに近づいて来る  だんだんに寄って来る  もとに出て来る  チロを盗みに来る  安心してついて来る  国許から送って来る  ことでわざわざ来る  ものを返しに来る  酔から来る  時だって、来る  お祖母さんは時々来る  気分が時々湧き上って来る  後から涙が出て来る  保子が来る  外で遊んで来る  月曜が来る  料理を食べに来る  排他的抵抗が出て来る  蔭から竹内が出て来る  知らない客が来る  清が来る  院線電車で来る  屹度君は来る  嵩にかかつて来る  危機が来る  使に来る  村から奉公に出て来る  禍いが来る  災難が落ちて来る  禍いの来る  塀を乗り越して来る  どこからか寄せて来る  波は次第に大きくなって来る  肴の来る  向うから鮭をさげて来る  毎日遊びに来る  毎日欠かさずに来る  毎日つづけて来る  島から来る  通り泥だらけで来る  武士が持って来る  楊枝で帰って来る  そこまで行って来る  武士のあがって来る  いや先から襲せて来る  三人が通されて来る  高氏から来る  うえに、どう割り当てられて来る  上まで廻って来る  陳情団がのぼって来る  自分へかたむいて来る  多血から来る  札が出て来る  いやなら、お断わりと来る  道を追って来る  三道から込み入って来る  鎌倉へなだれこんで来る  あとから自分を追って来る  種をあげて来る  盆休みが来る  心当りを突いて来る  泣きに来る  墓参りには欠かさずに来る  河岸から漕ぎもどして来る  何処からか出て来る  足を早めて歩いて来る  痙攣の来る  町内へ入り込んで来る  あさりに来る  間へ這い込んで来る  ものの迫り来る  遠音に聞えて来る  友達になって来る  親しみが湧いて来る  不意に起り来る  我々の来る  負傷のよって来る  湯につかりに来る  勇気が湧いて来る  白骨を出て来る  テキメンに現われて来る  下から確実に上って来る  階段を登り来る  竜吐水が繰込んで来る  一ぺん、生きて動いて来る  形を取って現われて来る  人もたかって来る  足を縛っておくと、動けなくなってやがて帰って来る  暴虐として現われて来る  想到し来る  彫像を借りて生きて来る  ことに及んで来る  面影を思い浮べ来る  押迫って来る  名古屋へ帰って来る  前へ浮いて来る  ひとりで帰って来る  そこまで進んで来る  自分のあやまちとを考え来る  目鼻があいてみると、次に当然来る  大量需要の来る  いつ帰って来る  わたしのは、こうして逃げ出して来る  マドロスが追いかけて来る  危険をおかしてまで寄って来る  者も出て来る  ところへ入って来る  中に揉まれ揉まれて来る  引摺って来る  こちらに向って近づいて来る  感激から来る  さが浮き上って来る  黒船が来る  校訂室へつれて来る  冬がようやく迫って来る  こちらへ向いて少しずつ近づいて来る  わたしに近づいて来る  それは来る  弁信さんについて来る  あたりに襲うて来る  こちらへ向いて戻って来る  小坂を上って来る  今しも上って来る  ことも、来る  今晩も入って来る  あちらから入り込んで来る  わたしをさぐりに来る  回向院へ来る  間道をつめかけて来る  取的をつれて走せつけて来る  若い男をズルズル引きずって来る  身にかけて来る  お前、そんなに来る  お前、来る  ひとり、ふらふらと歩いて来る  宿を出て来る  足で歩いて来る  人や、来る  自分じゃ、産みたがらなくったって、ひとりでに出て来る  だんだんちかよって来る  犬が走って来る  犬の近づいて来る  方へと、おもむろに歩んで来る  周囲から群れて来る  陣屋へ戻って来る  国を取りに来る  トガメが来る  首尾よく盗み出して来る  山から小僧が飛んで来る  番台へ戻って来る  ここへあがって来る  部屋へ寝に来る  みなの来る  朝晩はぐっと冷えて来る  ここへ忍んで来る  方が乗り込んで来る  得心に連れて来る  年をとって来る  暗澹として来る  お稽古に来る  参詣に来る  三度は来る  娘と連れ立って来る  夕方に来る  頃にゃあ、きっとぶらぶら出て来る  侍が忍んで来る  頭巾をかぶって出て来る  ように断わって来る  毎晩売りに来る  人が越して来る  毎日かならず逢いに来る  廓から夜遅く帰って来る  おいおい寒空にむかって来る  飄然と戻って来る  近所まで来る  前に帰って来る  てめえの挙げて来る  二階へ来る  様子を訊きに来る  天井裏へぽとぽとと落ちて来る  七之助の帰って来る  幾たびも出て来る  山城屋へ捻じ込んで来る  風呂へはいって来る  なにしろ調べに来る  廊下を急いで来る  本陣へたずねて来る  荷物を取りに引っ返して来る  叔父叔母が帰り来る  外から飛んで来る  直ぐに落ちて来る  内浮いて来る  表より入り来る  一緒に出て来る  楽に抜けて来る  上へ浮いて来る  中を掃きに来る  時掃きに来る  一番に来る  からここらへも時々廻って来る  水の上より流れ来る  腹の中へ詰め込み来る  跡からドンドン遣って来る  今頃ドシドシ食物が来る  暴飲暴食から来る  それからここへ来る  君がきっと来る  食卓を運び来る  種類が来る  毎日でも来る  品々を持ち来る  今に帰って来る  黒味を帯び来る  人の歩んで来る  弥兵衛さんが来る  方から、息せき切って上って来る  後から後から繰込んで来る  懐ろ手で乗込んで来る  滅多打ちに打ちかかって来る  兵馬は軽くあしらい、軽く外し、あんまりくっついて来る  意気組み丸出しでかかって来る  尋常に出て来る  尋常に映じ来る  さむらいたちがつき従って来る  よう処分して、こっそり帰って来る  急に走せつけて来る  つもりで行ったので、泊って来る  馬をいたわり歩かせて来る  時勢の来る  時勢が来る  白骨から平湯へ来る  何か担いで来る  異例をもってこたえて来る  一ぺん狎れて近づいて来る  身をすりつけて、じゃれかかって来る  眼尻から糸を引いて来る  街道を練って来る  目当てに戻って来る  十余名ばかり息せき切って走せつけて来る  連れ申して来る  神剣を奪いに来る  飛ばしつつ進んで来る  車力が追附いて来る  ボンクラが出て来る  ように付きまとって来る  あとを追って来る  気にも止めなかったが、あまりしつこく付きまとって来る  自分に付きまつわって来る  赤坂まで辿って来る  八王子から江戸へ来る  稽古に来る  だんだん事実となって現われて来る  うえにまで振りかかって来る  吉の来る  小股に急いで来る  刃物をふり上げて追って来る  資本を借り出して来る  方角へぶらぶらあるいて来る  安房上総下総から出て来る  上州から出て来る  久し振りにたずねて来る  だんだんに馴れて来る  一年ぶりで訪ねて来る  宿へたずねて来る  から、又引っ返して来る  竹槍を持ち出して来る  竹を伐り出して来る  人を殺しに来る  六部が来る  飛沫を吹いて降り込んで来る  ぼんやりと引っ返して来る  何処からか這い出して来る  しりと響いて、なにか降りて来る  蜿くって来る  音がして、なにか降りて来る  様子も調べて来る  諸方から縁談を申し込んで来る  不思議を感じて帰って来る  それを拝みに来る  江戸中に襲いかかって来る  髪結さんが時々来る  隠居所へ来る  おれがすぐに行って来る  薬を買いに来る  足がかりに、するすると滑り落ちて来る  眼のまえに迫って来る  七の来る  なかから人の来る  北の方からきこえて来る  段々事がむずかしくなって来る  一番に出て来る  栗が来る  つもりではなかったと忽ち怖くなって来る  海が荒れ出して来る  湿りが来る  斫別けて持って来る  醗酵して来る  方までわざわざ問い合わせて来る  伺いを立てて来る  滅多に出て来る  まわりに来る  日が詰まって来る  こっちへも廻って来る  急ぎ足にたどって来る  落葉を踏んで来る  垣根をくぐって来る  何者も忍んで来る  伊勢屋まで買いに来る  幾人ぐらい来る  一人かかさずに来る  ほかから来る  毎夜かかさず通って来る  うえに落ちかかって来る  心とがいよいよ熱して、いよいよ触れ合って来る  帰結して来る  事実上表われて来る  ことも生じて来る  思召しをうかがって来る  留守坊主に逢いに来る  晩にでも再びたずねて来る  おれが行って引っ張って来る  千葉県を通って来る  毒瓦斯でも来る  上から融けて来る  あたりから頽れて来る  誰かたずねて来る  女郎なんぞを請け出して来る  事を云って来る  容赦なく降りかかって来る  あとから駈けて来る  なかを逃げて来る  だんだん暑くなって来る  どこからかふらふらと出て来る  きっとどこかで毎日仕入れて来る  婆が来る  四間ほども付いて来る  あいだから流れ出して来る  陣へ投じて来る  物売りに廻って来る  跫音がとんで来る  記録がまま出て来る  ッついて来る  口へ攻めのぼって来る  摂津方面からせまって来る  浜から整然と進んで来る  下から兵にともなわれて来る  薬師丸を、送って来る  船がもどって来る  ざらかとなって来る  これへの迎えも、来る  女でも連れて来る  正行も来る  大軍で攻めのぼって来る  日尊氏がそう出て来る  御用と叫んで打ち込んで来る  駒を買いに来る  声をひそめて訴えて来る  ことはないらしい、訪ねて来る  麻緒を持って来る  墓に埋めて来る  す強降りになって来る  魔風を運び出して来る  潮が来る  颶風が来る  颶風が襲って来る  潮が満ちて来る  潮がさして来る  五たびは来る  井戸ばたへ来る  五日ぐらい途切れて又来る  仕事をして引き揚げて来る  颶風の来る  ことに、来る  敵機の来る  音の来る  隊を組んでやって来る  立案によつて生まれて来る  話はやがて来る  方からこちらへ忍んで来る  なかへはいって来る  顔が、ありありと浮き出して来る  店へたずねて来る  ごろごろぴかりと来る  上に落ちかかって来る  下枝におりて来る  藤さんが来る  二人連れで来る  乞いに来る  点をたのみに来る  山からおろして来る  わっしょいわっしょいと駈けて来る  毎晩まわって来る  若い男が時々にたずねて来る  背後へ迫って来る  息もつかせずに追い迫って来る  段に進んで来る  なぶり殺しにしようと立ちむかって来る  階子をあがって来る  女でもたずねて来る  紋七も来る  当人の出て来る  蕎麦をすすり込んでまた引っ返して来る  家まで引っ返して来る  向うが廻って来る  災難はいくら避けても追っかけて来る  たぐいを持ち込んで来る  なにを訊いて来る  注進に駈けつけて来る  人間があつまって来る  松吉もこみ上げて来る  巧くこしらえて来る  障子をあけて来る  自然に飽きて来る  方まで来る  それに引き寄せられて来る  淫売婦があらわれて来る  女のあらわれて来る  正体を見とどけて来る  丸太が倒れて来る  足もとへ低く飛び込んで来る  問題が新らしく湧き出して来る  啣えて来る  幸次郎の来る  本人を引っぱって来る  束ねに来る  今でも来る  だんだん高くなって来る  なんどきまた押し掛けて来る  深川を調べて来る  勝次郎に逢いに来る  雑司ヶ谷からわざわざ逢いに来る  どこからか流れて来る  探検者があらわれて来る  男を引っかついで来る  の上がって来る  女が押し掛けて来る  三日にあげずに通って来る  御用達町人なども連れて来る  内証で持ち込んで来る  旦那衆も集まって来る  平七が寝込んでいるとも知らねえで、その来る  買占めに来る  千早谷からこっちへ喘ぎ登って来る  正成はすぐよりたかって来る  老人が背負われて来る  左近が連れて来る  三年を経て来る  ぞくぞく陣へ投じて来る  灯をみて飛びこんで来る  名のって来る  のやら捕われて来る  船も寄って来る  後方を突いて来る  追い打ちをかけて来る  鎌をたずねて来る  なにが出て来る  七も群がって来る  化け物の来る  十五夜の来る  執拗く絡み付いて来る  十日ばかりすると帰って来る  たか訊きただして来る  なんの用で来る  お金を借りに来る  容態が悪くなって来る  大変だから追っかけて行って返して来る  小金を借りに来る  両国まで帰って来る  方へぶらぶら引っ返して来る  国許から江戸へ送って来る  退治して来る  神田から駒込まで登って来る  白山前から指ヶ谷町へまわって来る  酒肴が来る  富士裏を帰って来る  屋根から送られて来る  買出し人が来る  奥から印鑑をもって来る  毒瓦斯が来る  師団から救援隊が来る  場所へ帰って来る  アクロン号が、来る  避難所へ連れて来る  上げ潮になって来る  爆弾代りに、うちつけて来る  南西へ下りて来る  北の方から、しずしずと下って来る  ことを思えば、いつとはなしに微笑まれて来る  処から訪れて来る  資格を得て、戻つて来る  大空にやさしく出て来る  後を追い来る  日本を攻めて来る  ここへ飛び出して来る  友達気取りで来る  こちらへ向いて来る  女子供も群がって来る  今日明日に戻って来る  吸引し来る  人を傷ましめるが故に来る  うたをうたって来る  勿来の関に向って押しかけて来る  軸物も、時おり現われて来る  お客に来る  上にまで現われて来る  真向から来る  左様に出て来る  最初から穿いて来なかったので、穿いて来る  自分に降りかかって来る  障りへ来る  弱味があって来る  白骨からこっちへ来る  飢えから来る  火事跡荒しに来る  圧迫されて来る  兵馬には、来る  一廻り邸外を廻って見て来る  助平が出て来る  気配もなく、訪い来る  残忍性が募って来る  膝を乗出して来る  息をはずませて来る  突発して来る  真向上段と来る  ここまで追っかけて来る  おれの来る  山下まで来る  宮の前に来る  大野ヶ原へ来る  人間味が、いよいよ増して来る  はじめから秋の来る  頭が熱くなって来る  何か話しながら来る  お婆さん又来る  ように押し込んで来る  場所へ出て来る  わたしが引っ返して来る  心配して出て来る  山谷へしばしば尋ねて来る  だんだんに落ちついて来る  橇に乗って出て来る  顫えて来る  円が見えて来る  だんだん見分けがついて来る  一等へと来る  小舟が来る  気持がそわそわして来る  感覚が目ざめて来る  おいおい高まって来る  いくつも飛んで来る  光沢を帯びて来る  だんだんに増して来る  だんだん早くなって来る  からわかって来る  地震が当然来る  現象が飛び出して来る  だんだんにのろく見えて来る  間隙が生じて来る  人に返って来る  働きから出て来る  ものとが見えて来る  内証で貰って来る  無断で引っぱずして来る  掏り換えて来る  ように尋ねて来る  悄々と帰って来る  娘も忍んで来る  何処からか帰って来る  さらされながら戻って来る  江戸へむかって来る  ここらへ廻って来る  じゃあねえが、いずれ頼んで来る  仕置場があるなどと話しながら歩いて来る  方からなんとか云って来る  廻りして来る  丸子へ戻って来る  ここらへあがって来る  家へ飲みに来る  両替えして来る  次から次へと湧いて来る  火が飛んで来る  火の玉がばらばら飛んで来る  穴から水が湧き込んで来る  小梅へ行って来る  悔みに来る  縁さきへ戻って来る  供に連れて来る  見物人が寄り集まって来る  どこから這い出して来る  千太が忍んで来る  風俗をして売りに来る  鉦をたたいて来る  チャルメラを吹いて来る  根よく廻って来る  朝から墓参に来る  所から通って来る  境内からきこえて来る  遠方から通って来る  山の手辺からも来る  弟子がわざわざ通って来る  庄太の戻って来る  弟子ばかり来る  台所から行燈をつけて来る  医者の来る  裏口からそっとはいって来る  湯屋から帰って来る  だんだんに明るくなって来る  ふだん近しく来る  芒をがさがさと潜って来る  鋤を持って撃って来る  者が起きて来る  芒をかき分けながら帰って来る  女がこっそりたずねて来る  小遣い銭でも運んで来る  奉公さきから抜け出して時々逢いに来る  乳母が通って来る  半日ぐらいで帰って来る  そのままぼんやりと連れられて来る  次郎吉をたずねて来る  途中できゃあと叫んで逃げて来る  半の来る  旦那も出て来る  色気にころんで来る  風にこぐらかって来る  人が押し掛けて来る  根津から団子坂へかかって来る  ぞろぞろと付いて来る  声をあげて追って来る  加勢に出て来る  だんだんに殖えて来る  始末はちっと困ると思ったが、ともかくも牽いて来る  ようにすたすたと歩いて来る  毎日拝みに来る  ここらへも始終来る  大勢が追っかけて来る  三度くらいはたずねて来る  五人たずねて来る  影が忍んで来る  西洋馬を牽いて来る  馬を盗んで来る  一番近しく来る  江戸にはいって来る  大川端をぶらぶら歩いて来る  写真を借りて来る  三五郎の来る  先生に知らせようと思って、急いで帰って来る  角に迫って来る  江戸へ続々出て来る  西から来る  六道の辻へ引っ返して来る  誰もたずねて来る  何処からか飛んで来る  ように逃げて来る  闇にまぎれて忍んで来る  まん中へうろうろ出て来る  案内して出て来る  丹波路へ落ちて来る  おさんは喜んで出て来る  種の出て来る  藤助が来る  わたくしが来る  笹竹を売りに来る  誰かが駈けつけて来る  何処へのそのそ這い出して来る  遠州屋へたずねて来る  高輪へ出て来る  後から大塩平八郎君が来る  地獄へ来る  交換制度の来る  演説会によく聞きに来る  番頭、近頃死んで来る  煤煙の来る  泥棒が来る  天王寺公園に行ってみると、来るわ、来る  身に返って来る  今こんなに早く来る  街に来る  外部的に来る  天から落ちて来る  髪を刈りに来る  頭を刈りに来る  ここらまで来る  チョン髷を結いに来る  一件が又おもしろくなって来る  青葉を洩れて来る  敵機は来ようと思えば来る  なにを、来る  ノソノソ歩いて来る  部分に現われて来る  ピントが外れて来る  御用が湧いて来る  番太をたずねて来る  玉を掘り出して来る  まいど金剛寺へ来る  ここへ向って飛んで来る  正季は、来る  正成が来る  召にこたえて来る  販ぎ女などが、すぐ寄りたかって来る  若者たちに、来る  下へさしかかって来る  ばあいは、その来る  川尻沖まで来る  目標として、近々と、挑みかかって来る  道すじを追って来る  方から吠えかかって来る  俄に、近づいて来る  輪をちぢめて来る  忍び忍び、這い近づいて来る  内へ集って来る  いろいろに間違って来る  なかを帰って来る  仕返しなんぞに来る  方へでも来る  ここを目ざして来る  三甚を連れて来る  換えに来る  それを呼び出して来る  誰か抜き足をして忍んで来る  者も駈けつけて来る  奴も来る  今夜じゅうには来る  僧侶を送って来る  袂に入れて来る  夜叉神堂の前まで来る  照り落ちて来る  音が、轟々と近づいて来る  線路づたいに走って来る  プラットホームから駈け降りて来る  取消を申込んで来る  幻影がハッキリして来る  身に迫って来る  婆さんが這いずりながら、追っかけて来る  二七日が来る  敬吾が帰って来る  ウイスキーを持って来る  仕様がないので、うるさく附き纏って来る  牡丹餅と来る  寺へたずねて来る  面倒を云い込んで来る  手引きで忍んで来る  頃も出かけて来る  頃に漕ぎ戻って来る  伊勢屋は始終来る  お相撲さんが来る  ことがあったら、また訊きに来る  前へ置いて来る  前から来ていて、帰って来る  われも来る  底からでも聞こえて来る  途端場へ来る  忍びから帰って来る  寒が明けると又帰って来る  魚をくわえて来る  それを見つけて拾って来る  天から魚が降って来る  鷺も降りて来る  道を通って来る  事と知ったら来る  店へも来る  報告を持って来る  年まで育てて来る  銭湯から帰って来る  おふくろに逢って来る  傘もささずに出て来る  方では頻りに迫って来る  幾次郎が来る  死骸が流されて来る  水映えを、来る  酒を呑みに来る  頭だけはやがて来る  捨科白を残して、迫り来る  たかに通って来る  安らかに洩れて来る  気が乗って来る  鷹揚に歩いて来る  あとから勘次が来る  八丁堀を起して来る  俺たちが来る  往来へ来る  野郎、ぴんと来る  何か出て来る  寝泊りして来る  家に泊って来る  落し物を拾って来る  合点長屋へ帰って来る  番屋から出て来る  足踏みが聞こえて来る  戸からはいって来る  高座を下りて来る  廊下へはいって来る  ものに聞こえて来る  まわりに持って来る  天から降って来る  石場を飛んで来る  頭へ来る  落しものを拾って来る  二人が駈け上って来る  綱を引いて上って来る  一足踏びに上って来る  声々、漂って来る  気にいそいそ起って来る  無心と来る  名義の由って来る  曲り角へ来る  頭からじりじり参つて来る  駒井町へ来る  俯向き勝ちに急いで来る  中から抜け出して来る  ほかから飛んで来る  蝶々売が売りに来る  隙間から洩れて来る  父さんは、それでは又来る  上まで戻って来る  徐かに歩いて来る  門へ出て来る  半月で帰って来る  火を入れて来る  ふうちゃん、又来る  何処からか現われて来る  さきへ舞って来る  足早に引っ返して来る  縁を降りて来る  おれもちょいと出て来る  儘にして、激しく斬って来る  門前へ引っ返して来る  提灯を借りて来る  だんだん嵌って来る  方角からふらふらと迷って来る  ひまも無しに、追って来る  駕籠の来る  江戸へ帰って来る  あとからだんだんに集まって来る  細路を降りて来る  賄屋敷へ来る  様子を窺いに来る  地肌からわき騰って来る  手を通して送られて来る  奥にこみ上って来る  中にまで響いて来る  のではないか、と疑われて来る  靄につつまれて来る  ネネが来る  嗤いがこみ上って来る  歓心を購ったと信じ、必ず帰って来る  安易さを覚えて来る  夜明けは来る  仕舞いには辛くなって来る  様に思えて来る  高山まで行って来る  これへ戻って来る  トントンと上って来る  勘で来る  ところへは、必ずなれなれしく出て来る  ことはないが、行って来る  小紋を取戻して来る  泣して来る  中から起って来る  確めようとして起き直って来る  人だけが集まって来る  最初からここへ来る  そぞろ歩きをして来る  船で来る  船はようやく近づいて来る  下船して来る  手を延ばして来る  熊公、行って来る  義憤を湧かせ来る  庭へ下りて来る  のではない、来るには来る  から、やって来る  資本なしでかき集めて来る  人数が続々と増して来る  別に有難味が湧いて来る  近所から物色して来る  思いが込み上げて来る  仕事を持ち込んで来る  山方から出て来る  娘ッ子なら、たんと連れ合うて来る  日課としてやって来る  限り、必ず戻って来る  ままで、訪ねて来る  こちらへ廻って来る  自分に向って飛びかかって来る  砂煙をまいて走せ来る  ずんずん押しかけて来る  景気で、来る  時分に戻って来る  天変地異が来る  いずれより来る  現場へ登れるだけ登って見届けて来る  念の襲い来る  ことを伝えて来る  漂泊として漂い来る  無数にこうして漂い来る  間から、絶えず襲い来る  たぐいも出て来る  一つ眼に落ちて来る  谷へ来る  上あたりから降り来る  天上より落ち来る  物があって動いて来る  絶壁を伝って通して下って来る  間から徐々と下りて来る  一人で降りて来る  まろびつ下りて来る  徐々として下りて来る  断崖絶壁から下りて来る  近く耳朶について来る  踝まで隠してやって来る  ように下りて来る  あとからあとから生きうごめいて来る  ようにこみ上げて来る  つれして来る  吉野へ落ちて来る  ところへ片寄って来る  師直に挑んで来る  四門を破って、討ち入って来る  前非を知って戻って来る  それを押して来る  これへ襲って来る  アいわせながら引き揚げて来る  諸国から集まって来る  虚脱の来る  毛布が動いて来る  源兵衛が来る  威嚇しに来る  時にでも出て来る  わたしが来る  あれが来る  娘さんなら来る  点検し来る  底から次第に浮き上がって来る  二つ拾って来る  方から隠しに来る  双方から近づいて来る  事も出て来る  志願者も出て来る  中まで出て来る  蜿蜒て来る  つて行つてそこから出て来る  別にやつて来る  合つて斜にさし込んで来る  樹間をもれて来る  立派に果して、生れ変って来る  うちに湧いて来る  ように重苦しくなって来る  地下道を掘って来る  子勝俊の来る  旗掲げて来る  一寸ひっかかって来る  記憶に甦って来る  今夜は、なんてどっさり来る  ひろ子は、こみ上げて来る  草道をかえって来る  家々で、もう決して還って来る  真先に浮んで来る  びたびたと入って来る  不自由が出て来る  毛穴から汗のにじみ出して来る  大空をわたってきこえて来る  二人で来る  逆もどりして来る  西へ来る  縫子が訪ねて来る  水をこいで来る  そこまでは決して入って来る  のを見ると、むらむらして来る  男たちが歩いて来る  生活に押しかけて来る  通りへ曲って来る  からいそいで来る  待合室に来る  ものもろくに持たされず帰って来る  小さなふろしき包み一つを下げて帰って来る  呉まで来る  途中でおこって来る  重吉が来る  雨がかかって来る  階段をのぼって来る  しろにも、やって来る  あっちからこちらへ来る  前でゆすぶりながら、本当によち、よち、歩いて来る  国道を歩いて来る  車からは離れずついて来る  圧え付けて来る  縁へ游いで来る  魚の現われて来る  今彼女が来る  手前に来る  方からゆるゆると進んで来る  次で来る  対称して考えられて来る  方へ寄せて来る  自らもでるとなって出て来る  人達が出て来る  人格を築いて来る  それで起って来る  形で起って来る  迫力をもって来る  力があって、ぐんぐんと出て来る  ものが現れて来る  身に報いて来る  対立して起って来る  二十歳前に起って来る  恋心も湧いて来る  何となく動いて来る  怒りに触れて来る  警察医が来る  それに、いつも来る  ものがない、しかも、来る  三伝が来る  ところから起って来る  から起って来る  戦争が来る  ために起って来る  其処へ置いて出て来る  松葉を掻いたりして来る  納屋から運んで来る  吉田家へ来る  勝野老人は来る  境遇がはっきりして来る  吉田迄来る  今度吉田へ来る  うちがすこしをさまって来る  胸に沁みて来る  前へ抱いて来る  内から借りて来る  方向から来る  遊離性から来る  解釈すべきであるか、に来る  茶を汲んで来る  つもりで見ていると、見ているほど光り出して来る  いつか利息を含めて戻って来る  濫用して来る  六角堂へ来る  中へ引き込んで来る  武田耕雲斎が来る  京地を目指して乗込んで来る  中程へ来る  毛利大膳大夫が来る  先陣として乗込んで来る  水戸様に率いられて来る  備州も来る  雲州も来る  芸州広島も来る  後詰として乗込んで来る  見聞から来る  ごとにこみ上げて来る  人が現われて来る  人の近づいて来る  ものが漂うて来る  捨小舟を動かしに来る  シルクここへ来る  昂奮し来る  コック部屋へ来る  シルクが来る  眼底に映り来る  伊達へ傾いて来る  ところに変って来る  路次へ入って来る  機の来る  京都に来る  家へじかに来る  手紙は来る  手紙には、来る  手紙にも来る  鳥をねらって来る  集積から来る  読者にとっては、むしろ来る  主人は寄って来る  喧嘩をいどんで来る  菊を呼んで来る  喧嘩沙汰は日増しに激しくなって来る  お前が見えたので、逢いに来る  なん時戻って来る  形になって現われて来る  真向にかざして圧しつけて来る  運命の落ちかかって来る  水野十郎左衛門も無論に来る  奥からうやうやしく捧げ出して来る  若葉をくぐってゆるく流れて来る  台所へ引返して来る  群れが来る  蠅が寄って来る  遁げて来る  頭突に来る  のが浮いて来る  流をさかのぼって来る  外廻りを流れて来る  どこから風が吹いて来る  邸さ曳いて来る  縁側に来る  何となく匂って来る  のが、すっと浮いて来る  方へ切って来る  あとからあとから、乱れて、散って、浮いて来る  こっちまで来る  ひと和んで来る  眼つきで、来る  あとにして来る  俳句を作り、飽いて来る  親爺がやんやん云って来る  数年日に来る  出来事が出て来る  ほうにつぎつぎと移されて来る  上手になって来る  笑い声がはっきり聞えて来る  地方にも来る  らには、ぴんと来る  意味になって来る  静かに寄せ来る  向うより勢いよく馳せ来る  一そう胸に来る  色糸を持って来る  いまにも立って来る  簾をとおしてきつく来る  外から戻って来る  ようにして戻って来る  男が訪ねて来る  図になったりして、あらわれて来る  寒い気候がまた来る  学資の来る  弾に当って落ちて来る  職人が来る  人を連れて来る  日学校から帰って来る  中に入って来る  森まで来る  狗に遇ったが吠えついて来る  遠くでもハッキリ見えたが、近寄って来る  本家も来る  悪魔でも来る  思入などして待つて見たが、さらに呼びかけて来る  改札まで来る  苦吟して来る  時がたつにつれてしみじみ惜しくなって来る  色はまた違うて来る  酸液から来る  厭きが来る  峠にかかって来る  山路にかかって来る  佐原まで来る  岸まで来る  ものが帰って来る  こちらへ取って返して来る  石巻へ来たとか来る  今晩、たずねて来る  今晩たずねて来る  七兵衛おじさんの来る  いつまで待っていたって、来る  田山先生が来る  人が来る来る  方角から来る  雲際から降りて来る  ボートが迎えに来る  おっつけここへ来るには来る  一つ土産を持って来る  おみやげ持ってやって来る  土産に持って来る  矢を探しに来る  人影が、むくむくと湧いて来る  網を張っていれば、戻って来る  みんなそちの来る  はなしにこみ上げて来る  自分がたずねて来る  舟を出て来る  人が這い寄って来る  擣衣砧上払へどもまた来る  興に乗じて飛び出して来る  どこからどう覚えて来る  行手から息せききって走って来る  ウスノロを捕えて引きずって来る  ものは、生き生きと盛り返して来る  川岸へ集まって来る  ものをかっぱらって来る  かおりがうごめいて来る  おっつけ舟も廻って来る  自分にはみなされて来る  主膳をなぶって来る  無口に白け切って来る  痛みがゆるめられて来る  生によって来る  苦のよって来る  江戸へはいって来る  通りへ来る  泣き声が聞えて来る  方から今度ははっきり聞えて来る  美代子が出て来るか出て来る  花を抜いて来る  子細に見ていると疑わしくなって来る  意識して集まって来る  世に帰って来る  見物に出かけて来る  潮のさして来る  気合いがかかって来る  音が飛び込んで来る  途中からやにわに飛び込んで来る  音が気持ちよくそろって来る  から自動車で見に来る  驟雨が襲って来る  西に吹き来る  伝兵エサンと来る  ヨーヨーと来る  千松がと来る  臍と来る  今夜は来る  何屋に、などと来る  屋呑助でございます、と来る  二階より降り来る  私奥へ行って聞いて来る  ウイスキイを買って来る  自ら徳行を伴い来る  騒ぎで、来る  何時家を出て、いつの間に帰って来る  顔が熱って来る  じき下りて来る  何処から手紙が来る  いつ戻って来る  俺が帰って来る  夜分には帰って来る  停車場傍まで来る  コックス家へ来る  返電の来る  隣室から聞こえて来る  虐みに来る  そこから落ちて来る  消毒室から帰つて来る  覚悟が湧き出して来る  思考につきまとつて来る  直接ぶつかつて来る  眼に映つて来る  のだが、浮んで来る  ピクピクして来る  泡ばかりになりかけて来る  子供たちはこうして来る  僧侶の出て来る  後から吹きつけて来る  頭に描き出されて来る  頬にあたって来る  均衡の取れて来る  婆さんがついて来る  さがいつまた絡みついて来る  後から迫って来る  清の来る  評判を立てて置いて、迎えに来る  捕方が来る  山径を昇り降りして来る  感心に良く来る  陸地から来る  顔をして暫く追いかけて来る  心の波立って来る  空気を吸いに出掛けて来る  ように伝わって来る  彼女が訪ねて来る  うちから地方新聞には、来る  復活祭が来る  東京から押し寄せて来る  意味でだが笑えて来る  地帯に来る  全然偶然から来る  希薄になって来る  意義を持って現われて来る  場合が出て来る  有職故実をおぼえに来る  差支を生じて来る  画家が見に来る  事も出来て来る  大勢出て来る  窓から来る  雄の来る  光にまじって来る  間隔を置いてついて来る  こちらへ向いて練って来る  通り、ゆらりゆらりと練って来る  お金と取替えて来る  銀様に迫って来る  こちらへ向って走り来る  ように走り来る  城へ来る  一部まで戻って来る  直下して来る  上り、飛び戻って来る  入目を取りに来る  お雪ちゃんが、こみ上げて来る  音色を伝って来る  弁信さんも落ちて来る  中に落ちて来る  耳まで響き来る  高山へ来る  時節が遠からず来る  あとから駈けつけて来る  手を引きずって駈けて来る  あとから弥次馬がワイワイ駈けて来る  場席に帰って来る  熊が来る  医者などは来る  血の湧き上がって来る  巡査も廻って来る  順調に戻って来る  巡査の来る  熊の出て来る  なつて出て来る  恋愛味を離れて来る  一行が練り込んで来る  盆祭りに出て来る  全部芸能に傾いて来る  胸に生きて来る  曲譜とから来る  形式が、考へられて来る  所が生れて来る  興味に変って来る  抗議したらどうか、と云って来る  抛擲へ、向って来る  留置場に這入り切らない程出て来る  直接関係して来る  批判に変って来る  さし障りも出て来る  関係が出て来る  大分変って来る  サンプルは、決して送って来る  権威を持って来る  伍長勤務上等兵になって帰って来る  ことが判って来る  者さえ出て来る  誤解から来る  式場に乗り込んで来る  結合から来る  頻々と舞いこんで来る  大勢がこうなって来る  国防資金が送られて来る  困難が生じて来る  対立から来る  日本に持って来る  目が現われて来る  固定化されて来る  ように、段々なって来る  さが出て来る  伏魔殿に類して来る  憂鬱が来る  理事が出て来る  本性から来る  飛行機論が出て来る  日を持つて来る  生活にあらわれて来る  皆さんから剥いで来る  価値が減って来る  あり方が変って来る  もの幸福がまして来る  自分へも、返って来る  伝馬牢近くへ来る  用を達して帰って来る  交代が来る  上へ降りて来る  坑口まで運び出して来る  近くなったりして震えて来る  呪い縮めようとして押しかかって来る  中から自分に迫って来る  饂飩を喰いに来る  トボトボとうなだれて帰って来る  前に浮かみ出て来る  事実らしく考えられて来る  火熱が高くなって来る  表口から這入って来る  福太郎が上って来る  一升なり提げて来る  盃を持って来る  押しつけに来る  代り立ち代り浮かみあらわれて来る  底から湧き上って来る  摩擦して来る  廻転して来る  上に乗りかかって来る  近くまで降り積って来る  上に近付いて来る  モゾリモゾリと動き出して来る  両手に見えて来る  静かにゆるぎ現われて来る  引締まって来る  全身に蘇って来る  誰それが来る  前提として始めて起こり来る  念からして来る  専横からして来る  鏡餅を持って来る  御牧から花瓜を持って来る  茄子を持って来る  三栖庄から送って来る  盆供公事物を送って来る  所望して来る  風呂敷に包みて持て来る  銭湯へ行って帰って来る  空は陰って来る  雷は鳴って来る  だんだん悪くなって来る  家へたずねて来る  母はまた来る  母の帰って来る  由が帰ればすぐに知らせて来る  勝負に来る  おまえを連れ戻しに来る  輩も出て来る  計算と来る  責任が及んで来る  乞食などの来る  先生に見せて来る  停車場へ送つて来る  冷やかに噛みしめて、来る  ほのかにも誘はれ来る  目当にたぎち来る  汽車ぞ来る  黒奴らが喘ぎ曳き来る  鼻を衝いて来る  しどろに歩いて来る  急激になって来る  つながり合って来る  連結して来る  空気の濁って来る  都から帰って来る  許宣のあがって来る  心がおちついて来る  許宣の帰って来る  中に生れて来る  水嵩を増して来る  者もある、来る  此方へ駈けて来る  わしは来る  わし達に伴いて来る  それに飛んで来る  中から自ら生れて来る  梶さんが戻って来る  算え来る  上にあらわれて来る  人生に齎し来る  当分帰って来る  的場から響いて来る  消印で来る  聖降誕祭が来る  それから階子段を上って来る  幽霊が来る  方へ駆けて来る  父さんは、ああ、帰って来る  そうに這入って来る  者もあれば、威張って這入って来る  不器用に這入って来る  者もあれば、引張って這入って来る  道を戻って来る  真中を降りて行くかと思えばまた上って来る  中にも出て来る  帷幄を引き寄せて這入って来る  そこから射して来る  活発に離れて来る  上気しながら這入って来る  上機嫌で、来る  私はこれから来る  玄関から流れ込んで来る  洗濯婆さんが来る  そこへ行き着いて、後れて来る  一つ炭取りを買って来る  お爺さんが来る  タキシイドなんかを着て来る  ゆっくりのぼって来る  伊豆へ来る  から、きっとなおして来る  直治が帰って来る  直治が来る  両方が同時にいきいきして来る  からだになって帰って来る  隅田川から吹いて来る  不良みたいに思われて来る  霊感が舞い下りて来る  連れして来る  あとで来る  人の子は来る  まわりに押し寄せて来る  僕が送りとどけて来る  岩が落ちて来る  本質が変って来る  ものだ、とも考えられて来る  本質を備えていると云わなくてはならなくなって来る  気持がこみ上げて来る  ところからやって来る  全体より来る  死より来る  自分で出して来る  水際に駈け降りて来る  迂回して来る  向方から知つた人が来る  裸馬を曳いて来る  塵がとれて出て来る  毎日毎日妹の帰って来る  ようにして、帰って来る  課題となってあらわれて来る  今でもハッキリ浮かんで来る  契機にふれるとよみがえって来る  庄原に流れて来る  川べに立ってその漂い来る  周囲から見つけ出して来る  立志伝などによく出て来る  満身傷をあびて帰って来る  私たちは知って来る  ものが目ざめて来る  独立して来る  ことが感じられて来る  ように浮んで来る  音して吹き来る  創意を持って来る  印象がよみ返って来る  奥からコトコトと一杯出て来る  彼女の又出て来る  一首ずつ選んで来る  何か躍りかかって来る  巫女として浮んで来る  それをやりに来る  ここまでも聞えて来る  子供たちがついて来る  だんだんなれて来る  村まで来る  立ち現れて来る  一寸顔を出して、すぐ下りて来る  巴橋に来る  霧を染めて登って来る  学年初めに入って来る  目に浮んで来る  目にハッキリと浮んで来る  遊学して来る  追憶が湧きあがって来る  今自分は後れて来る  目さきにちらついて来る  ように出て来る  車をひいて来る  爺親も帰って来る  独り待っていると、淋しくなって来る  可哀そうになって来る  空車をがたがたと牽いて来る  あすこから来る  まばゆい大広間に来る  彼に突当って来る  米が湧いて来る  毎日幾度も訊きに来る  次第家へ来る  何所から来る  帰つて来たならすぐに来る  帰つたならすぐ来る  朝また来る  行つて来る  中からでも響いて来る  輝きを放つ間もなく流れて来る  東京から京都に来る  人に交ってやって来る  女から何とか言って来る  一人で食べてしまったら、きっと来る  どこから伴れて来る  上京から祇園町へ来る  母はん、こっちゃへ来る  順が廻って来る  之を以て、来る  返書、漸く来る  中に疲れて来る  階下に下りて来る  闇から響いて来る  水音が聞えて来る  yearbillが廻って来る  勝手に来る  顔の醜くむくんで来る  性格が、次に浮かび上って来る  何処から集まって来る  風上から入港して来る  雨が近附いて来る  さを運んで来る  ファニイの上って来る  チャトオ・アンド・ウィンダス社から言って来る  ファーガスンは来る  さが一層はっきりして来る  遠方から次第に大きくなりつつ近づいて来る  痛みがずきずきと襲って来る  者を集めて来る  殆ど土人ばかりが来る  限無く浮かんで来る  隅に湧いて来る  勾配に来る  彼女は追ひ縋つて来る  つて進んで来る  つて迎へに来る  馬車を駆つて来る  海から起つて来る  雪降って来る  平らでしたし来る  光おぼろに透し来る  息子がもどって来る  魚が食いに来る  二人の来る  彼らがふたたび襲いかかって来る  父がやがて帰って来る  瘤をこしらえてもどって来る  何かが上ってでも来る  書物から敵が出て来る  ところへ置いて来る  人がはいって来る  マリー・ハスレルが、やって来る  小男がもどって来る  邪魔しに来る  彼の歩いて来る  習いに来る  われ先にと駆け上って来る  数学を習いに来る  三日もとまって来る  帽子をかぶって来る  呼吸をきらしながらはいって来る  ーんとこみ上げて来る  中へ鳴り響いて来る  いつかみてえに又戻って来る  春雄が来る  妾を訪ねて来る  そこからエレベーターで下りて来る  感激にあふれて来る  夕暮になって来る  方へ次第にひろがって来る  中段まで下りて来る  石の飛んで来る  馬の飛んで来る  繰出して来る  川原へ来る  ところですから、その飛んで来る  岸へ戻って来る  今度は戻って来る  口をひかえて、戻り来る  駄馬一頭とをめがけて襲い来る  ばっかり向って来る  地点へ来る  ように進んで来る  集中し来る  身の上へ落ちて来る  後陣が詰めかけて来る  ゾロゾロとついて来る  引合いに出て来る  ところで取りに来る  尻を持って来る  叢を分けてやって来る  福松はぐんぐんと押しつけて来る  必要以上に押しつけて来る  草原を分けて来る  勇士の来る  異動が生じて来る  妙術から来る  恐怖心に向って食い入って来る  ここまで押寄せて来る  連続的に響いて来る  男がわざわざ持って来る  ここへ響いて来る  試みに来る  八王子と来る  声が洩れて来る  ように噴き出して来る  山を襲って来る  音をさせながら、たどたどと歩み来る  近く迫って来る  下へ降りて行って助けて来る  暇を見ては話しに来る  地点へ向って流れ落ち、溢れて来る  戸田村へ出揃って来る  ものが繰込んで来る  改代町まで来る  根元へ来る  学者風になってつめかけて来る  前に蘇り迫って来る  先まで来る  出張して儲けて来る  空から風を持って来る  食事に来る  調子も出て来る  俺ンめっけて来る  経めぐって来る  六部に行こうと思い立っとうだから、どうでも行って来る  どこを探したら出て来る  こなたへ駆けて来る  大声で呼びかけて来る  血相をもって近づいて来る  岐阜から戻って来る  舟を雇うて来る  盛りになって来る  信長からゆるしが来る  望楼を降りて来る  もっと腰を入れて来る  髄に沁みて来る  質子を送って来る  軍門へ降って来る  あらも見えて来る  上陸して来る  太兵衛が駆けて来る  どこからか舞って来る  縁まで帰って来る  うちに集まって来る  城中から脱出して来る  一変されて来る  引揚げて来る  養生いたして来る  奇襲に出て来る  後詰に来る  御着へ向って来る  わしの来る  今朝から旦那様の来る  山越えで入って来る  胆に奥深く触れて来る  はつきり滲み出て来る  泌みて来る  思ひ出して来る  顔をして戻つて来る  東京からやつて来る  地へもどって来る  花などをもって来る  三度は、やって来る  給料を取りに来る  物を取って来る  愛から来る  雷雨の来る  声が漏れて来る  一つからひどく酔っぱらって帰って来る  味も戻って来る  馳け降りて来る  話でもして居給え、直きに帰って来る  自動車で迎えに来る  ように近づいて来る  二三人はしご段をのぼって来る  高崎あたりまで来る  泊に来る  二十五日の来る  長次郎と金作の来る  時折吹いて来る  河原から流れ木を集めてうんと背負って来る  無遠慮に蔽い被さって来る  のが次第に増して来る  雪渓から脈を打って流れて来る  底から沸き上って来る  渦を巻きながら押し寄せて来る  突端まで来る  水の落ちて来る  鐘釣温泉から登って来る  突端迄来る  犇と押し寄せて来る  匐い下りて来る  腕組みをしながら登って来る  気持になって帰って来る  傾斜が次第に増して来る  水気付いて来る  下から登って来る  油然として湧き来る  筍を採って来る  静に辷り落ちて来る  鼻を襲うて来る  颪して来る  遠くから伝わって来る  爽に吹き下ろして来る  嵐の来る  水晶が出て来る  音沢村から来る  空気を揺がして衝き上って来る  横合から不意に落ち来る  常人の来る  間を躍り狂って来る  大岩を躍り越え跳ね返りながらたぎり落ちて来る  路が上って来る  大木が出て来る  草鞋まで熱くなって来る  何処からともなく聞えて来る  軽やかな粧いが目立つて来る  チャンスがひとりでに来る  春も来る  行つているから呼んで来る  もんがでて来る  個所に来る  向うから追つかけて来る  いますぐ来る  違つて来る  状態が来る  彼を見据えながら、近づいて来る  ちよつと出て来る  一緒について来る  一人、ふらふらこつちへ歩いて来る  ふところへ飛び込んで来る  空想が浮んで来る  いつでも飛んで来る  言つて、詰め寄つて来る  へんまで来る  椅子もつて来る  山小屋へ連れて来る  まともにこつちへ向けて、ついて来る  散歩かたがたホテルまで送つて来る  彼は、戻つて来る  墜落して来る  僕が突きとめて来る  彼がはいって来る  彼女がまた取りに来る  中から、くみとって来る  借家人が来る  場所にすわりに来る  彼女が出て来る  ザビーネが出て来る  音が聞え、近づいて来る  心配が来る  ロドルフが来る  早晩反動が来る  ミサから出て来る  くれない日が来る  順繰に帰って来る  一人此家へ尋ねて来る  一つ一つ市中へ出て来る  皆石滝から迷うて来る  人可懐げにも見えて近々と寄って来る  館に来る  二三日は来る  夜昼寛ぎに来る  地方から出て来る  探りが入らず、来る  宝を盗んで来る  ものを取って来る  はいと来る  義作の来る  総曲輪まで帰って来る  漕寄せたが、流れて来る  事件がおきて来る  路はいよいよ迫って来る  人家へ襲って来る  顔を洗って戻って来る  そりとはいって来る  家へもたずねて来る  杣小屋へも来る  尾行がついて来る  そを掴んで提げて来る  広小路まで来る  光から来る  病院に来る  毎晩夜の来る  告げに来る  早朝に来る  原稿紙を取りに来る  ドンドン廻ってゆき、やがて来る  朝っぱらから来る  税関まで来る  遠国より来る  感情が段々昂つて来る  自然に来る  一生懸命に堪へて居たが、こみ上げて来る  閾へあらはれて来る  記憶を呼び覚まして来る  毎日小田原から出て来る  部下の帰って来る  クラネクの走って来る  中からおこつて来る  裏へ逃げ込んで来る  一浮んで来る  国民芸術が生れて来る  声さえ聞えて来る  参加して来る  それは、どう現れて来る  性質から規定されて来る  内容偏重論が出て来る  想像力が生かされて来る  処々出て来る  まともに突っかかって来る  方には見向きもせず、追って来る  絵馬を見に来る  五倍にもして帰って来る  頃打しきりてとひ来る  白雪きららに落ち来る  買い方が乱れて来る  さを買って来る  からおそるおそる出て来る  スタンドからぞろぞろと引き揚げて来る  寺田が持って来る  女を連れて来る  配当を取りに来る  何時か来る  研究して来る  云つてちらほら来る  肉体運動を試みると次第に醒めて来る  熱狂して戻つて来る  偶像を得て依り来る  青空のそきへより降り来る  者の寄り来る  一路直ちに依り来る  内裏へ引いて来る  分量の殖えて来る  玄関に来る  看守が来る  勝手に出て来る  恋歌に出て来る  情歌色彩を帯びて来る  別々に進んで来る  今日でも来る  ものには、時々現れて来る  形にわりこんで来る  様に思はれて来る  理会を失うて来る  表現性能を拡げて来る  形式の生れて来る  ことを考へて来る  整頓せられて来る  詞章に現れて来る  時間意識を出して来る  推定に近づいて来る  ものと解せられて来てゐるが、実はさうなつて来る  其から来る  らさやると思うて来る  形が似て来る  多く出て来る  老媼でも来る  三角にして詰め寄つて来る  匂ひがして来る  誰も追ひかけて来る  ハツキリと聞こえて来る  階下から響いて来る  舞ひ戻つて来る  んどき飛び込んで来る  方から戻つて来る  声がして来る  奥から鉄造が出て来る  掛け合いに来る  棚から酒ビンを取つて来る  スツと近寄つて来る  蔭から抜身を持つて飛び出して来る  足を踏みしめて立つて来る  身内が熱して来る  ミル戻つて来る  歩道を踏んで来る  地下室から洩れ聞えて来る  中に湧き起つて来る  下の子の来る  附随して湧き起つて来る  頭上に落ちて来る  胸にこみ上げて来る  じきかえって来る  強奪に来る  右をして帰って来る  銀座四丁目に帰って来る  我々に対して現はれて来る  相があらわれて来る  気配があらわれて来る  だんだん見えて来る  領分へ入って来る  身に合わなく思われて来る  だんだん姿があらわれて来る  月から射し下ろして来る  必要が感じられて来る  ふところから生れて来る  かすかに光って舞い降りて来る  荒さんで来る  本心から起って来る  ことがわかつて来る  革命より来る  きが故に、若し来るべしと信ずるを得ば、来る  流行当に来る  自然がみえて来る  観を呈して来る  衆人にぬきんでて来る  電車の来る  汽笛を鳴らさないで来る  気が置けないものだから、わざわざこうして出かけて来る  隙つぶしに来る  退屈してやって来る  屹度今晩も来る  二回は必ず出かけて来る  それから電車が来る  村瀬が近づいて来る  男も出て来る  頭脳も出て来る  精神にひたひたと触れて来る  ますます鮮明に膨れあがって来る  俳号で来る  梶は来る  痛みどこより来る  自分が怪しまれて来る  頭に襲いかかって来る  詰めよって来る  心を刺して来る  車を曳いて登って来る  あそこに出て来る  梶に擦りよって来る  誘いに出て来る  日が映じて来る  商人が来る  物貰ひが来る  やうに、重苦しく聞えて来る  気分が次第に軽くなつて来る  何処からか溢れて来る  だんだん効いて来る  頭も涼しくなり、はっきりして来る  水防に来る  水害の来る  祈りに来る  物貰いが来る  ように、重苦しく聞えて来る  雨のごとく落ちて来る  気分が次第に軽くなって来る  どこからか溢れて来る  彼を襲って来る  頭を持ち上げて来る  体が震えて来る  唇に浮んで来る  人は必ず、来る  人が必ず、来る  人はきっと忍んで来る  今夜私を殺しに来る  手紙から息ぶいて来る  村はずれまで来る  林檎とが来る  美枝子が出て来る  板倉家から出て来る  茸狩に出懸けて来る  遊山に来る  ツたりいつて、次第に近づいて来る  歩行いて来る  前にでもいつて見て来る  山道を来る  事だい、スキッて来る  蛇は出て来る  げに出て来る  監督が出て来る  さっきから女の来る  中から送って来る  蕈狩に出懸けて来る  岸から橋を渡って来る  ッたりいって、次第に近づいて来る  ものが転がって来る  前にでもいって見て来る  給仕に来る  風紀が弛んで来る  場面が出て来る  だんだんひねくれて来る  東が白んで来る  反抗して来る  介在して来る  味の出て来る  関係を持って来る  夜中にそっと盗みに来る  中に浮んで来る  逃げ出て来る  元の振出しに戻って来る  ところも見えて来る  漸次生じて来る  心に浮かんで来る  彼女に迫って来る  黝ずんで来る  僕はこれから行って来る  近くよって来る  君らの来る  こッちへ来る  手切金、うけとりに来る  煙山が来る  一しょに来る  葉子夫人が来る  嵐山まで来る  使者が来る  テイヨから文書が来る  幽霊と来る  ソロソロ癒りかけて来る  義足が出来て来る  神経にハッキリと感じて来る  前に薄暗く蔽いかぶさって来る  他所のものを盗んで来る  外れから反射して来る  水面に浮かみ上がって来る  疲れた気持ちと、グングン高まって来る  飯を食べて来る  外へと迫って来る  日常生活にかえって来る  をかしみが湧いて来る  そうについて来る  一杯にこみあげて来る  例も来る  問題としてはひろがって来る  順の来る  からなくなって来る  ものは来る  後から後からと生れて来る  横に泳いで来る  決行して来る  網にかかりに来る  方向を取って進んで来る  闊歩して来る  岸から早舟が飛んで来る  興が湧き上って来る  男に相当ピタリと来る  高手小手にいましめられて、引き立てられて来る  根を持って来る  閑話となったりして洩れて来る  うちに浮いて出て来る  風に伝うて来る  火光が射して来る  鮮かに流れて来る  お雪ちゃんの来る  んだな、逃げて来る  ちょっとここへ来る  関ヶ原まで来る  意外にズシンと来る  誰も拾いに来る  血が吹き出して来る  方向に向って繰込んで来る  乙にからんで来る  特に希望して来る  お婆さんを連れて来る  声を揃えて、うたい、囃して来る  方へと押し上って来る  かさにかかって来る  どん底からこみ上げて来る  覘って来る  お金を吸い取って来る  席へ来る  神尾の来る  言説も出て来る  ものが降りかかって来る  こっちへ報って来る  思いに迫られて来る  秀吉が来る  後ろから何物かが追いかけて来る  雪を齎し来る  前へ直ぐに帰って来る  舟で舞い戻って来る  バッテイラが漕ぎつけられて来る  捉まえて縛って連れて来る  おれを追いかけて来る  意地で来る  赤ら面をかがやかせて、のこのこと近づいて来る  口を利き出して近づいて来る  岸に飛びうつって来る  西上して来る  あとをつけてやって来る  収拾に来る  囮をたずねて来る  荒武者が来る  傍へ近づいて来る  湖面から来る  王者が現われて来る  長浜見物に引っぱり出して来る  それをどうかすると聞きかじってたずねて来る  陣容を立て直して取詰めて来る  みんなとびついて来る  お客さんの来る  通行人がとびこんで来る  こっちへ向って走って来る  土曜日にまた来る  ヘーイ少佐が来る  次第次第に黒ずんで来る  気だてが出て来る  周囲に起って来る  階子段をあがって来る  剃刀を持ってかかって来る  絵本を買って来る  いくつも見えて来る  顔になって来る  二人で行って来る  手が来る  水の手の来る  手許へ集まって来る  地点へ向って流れ落ちて溢れて来る  吸収して来る  内心から閃めいて来る  性格陶冶等から来る  人の異なるよき考えもいで来る  日本へ帰って来る  わが家へ来る  几辺に飛び来る  むやみに流れて来る  石見で別れて来る  俗話も起って来る  お父さんが来る  感覚的に来る  部屋まで聞えて来る  乗場まで来る  トシちゃん、又来る  前に覆いかぶさって来る  お前さんはただ獲ものの出て来る  公式恐怖症から来る  気の毒は一しお増して来る  助けに出て来る  なかから生れて来る  彼女は心から芽ぐんで来る  夜を運んで来る  朝も来る  窓際に帰って来る  好奇心に燃えて来る  顔が晴ればれして来る  コーカサスへ来る  遠慮にすりつけて来る  影は見る見る押し寄せて来る  憎悪が押して来る  壁がすうっと迫って来る  借金は返しますと誓いたかったが、こみ上げて来る  自分になって来る  寝室を出て来る  ことが、わかって来る  今晩お客に来る  いっしょに、ついて来る  沈み暗くなって来る  者から来る  検証から抽き出して来る  向うから湧いて来る  たよりにして抱きついて来る  夜明けに、聞こえて来る  遊戯化して来る  おしらさま此処まで述べて来る  肩にかついで下りて来る  楽屋から出て来る  階子を下りて来る  火の粉がふりかかって来る  火の粉が来る  中野へ戻つて来る  二階に戻つて来る  世は来る  人差指が、狙って来る  拳闘で来る  二人連れの近づいて来る  宝物を貰って来る  河原まで逃げて来る  芯が茫として来る  抗議、堕ちて来る  リュックを背負ってやって来る  海坊主がのっそりとはいって来る  姉が来る  感情が湧いて来る  高みから、さつと洩れて来る  音が近づいて来る  調子を帯びて来る  自分としてもどうもぴったり来る  カギに引っかかってあがって来る  下からそろそろ熱くなって来る  外敵が来る  見送ってもどって来る  ように落ちかかって来る  何が生じて来る  迸り出て来る  無意識界から迸り出て来る  河水を飲みに来る  聴衆の来る  主義から来る  彼はまた来たくなったら来る  先刻いっしょに来る  それが出て来る  彼女がついて来る  午後誘いに来る  二日間行っていました、帰って来る  足を引きずってやって来る  一言引き止めようともせず、また来る  クリストフが来る  ただ一人でまたもどって来る  朝食を取らないでやって来る  列車で来る  演奏中にはいって来る  中尉殿が来る  そばにもどって来る  葉から来る  半時間、もどって来る  前には来る  返事をもって来る  憲兵たちが来る  後へ来る  彼奴が、這い出して来る  大通りを来る  声だけが聞えて来る  四つ辻に来る  嵐が来る  静養して来る  光景を見過して来る  彼女と熔け合いに来る  肩にかかって来るか来る  体して来る  渡舟頼みに来る  砂浜を歩いて来る  芳の来る  昂ぶって来る  縁側から響いて来る  心身に食いこんで来る  物体から微粒子が飛んで来る  米俵を積んで来る  指図をしに来る  風に訪ねて来る  子供など連れて来る  早朝から訪ねて来る  頭をもちあげて来る  上りが来る  からあとから生れて来る  とこへよく来る  連れだつて来る  原を撫でて来る  廊下にまで聞えて来る  はじめて生れて来る  酒器が浮び来る  沈みては浮び来る  船をめがけて、からまって来る  ここまで漂い来る  ことは、その来る  辺から現われて来る  一揆が来る  附着して来る  全体ににじんで来る  夢に入り来る  座敷めがけて続いて来る  君に上げようと来る  がらくたを掻き集めて来る  カバンまで探して来る  一僕を召しつれて出て戻って来る  地所家屋を見つけながら歩いて来る  明日乗込んで来る  賃銭稼ぎに来る  当初は、来る  失望もしたりして帰って来る  方面をめざして進んで来る  なだれ込んで来る  こちらへ押しかけて来る  船に帰って来る  そこまで思い来る  欧羅巴から亜米利加へ来る  こんど京大阪へ乗込んで来る  一、出て来る  追分まで来る  札の辻まで来る  大手を振ってのっしのっしと歩み来る  向のなつかしみがにじみ出でて来る  ところへかけ込んで来る  静かに近よって来る  人がバラバラと走って来る  紋所がいよいよはっきりして来る  微吟をしながら歩いて来る  木端微塵に砕き、逃げ出して来る  芹沢の来る  懐古が現われて来る  比較心が起って来る  写実性から来る  日本的特質として現れて来る  クリストフがはいって来る  二人がはいって来る  狼狽してもどって来る  コーンも来る  ドイツからやって来る  利用しに来る  音響が伝わって来る  大砲のとどろきが来る  市場から来る  情人らも出て来る  桟敷に会いに来る  時代が、やがて来る  ストゥヴァン家へ来る  夢想を乱しに来る  助力を求めに来る  蝋燭をもってはいって来る  曰く、来る  此方に近き来る  歩みを運び来る  婦人が這入つて来る  月を践んで来る  輸送し来る  ことから日本へ這入つて来る  日比谷公園へぞ入り来る  憲兵が遣つて来る  倉皇として起ち来る  父も来る  義伯さんも来る  両親も来る  旦那様も来る  急に思ひ立つて来る  力を以て来る  雪を蹴つて来る  こいつで来る  顎へ来る  背後から若い武士が追って来る  気になったので見に来る  中へ、入って来る  車に返って来る  光景が、浮き出して来る  武士が走って来る  歌をうたって歩いて来る  門札を、恭しく抱えて持って来る  ナーニそのうち帰って来る  お出かけかとつけて来る  妻が来る  献上物を持って来る  生活て来る  追分宿へ、入り込んで来る  陸続として逃げて来る  そこまで持って来る  名義で来る  ものが、話しながら来る  方で、歩み寄って来る  前を落ちて来る  渡りてえと云って来る  声は来る  生活に返って来る  ためにおこって来る  ベッドに訪れて来る  仕事に疲れて来る  しらすは欠かさず送って来る  疲労の来る  働きは鈍くなつて来る  頭上に臨んで来る  進撃して来る  これだけ続いて来る  支那字典には出て来る  反証の出て来る  文末に来る  周辺に生れて来る  ここに起って来る  分裂でもって違って来る  ものとして読み違えられて来る  爆発的となって来る  きりもなくそう信ぜられて来る  ますます病篤からざるを得なくなって来る  集積としてもたらして来る  眼前に浮び上って来る  規定が浮んで来る  ことがすぐピンと来る  際出て来る  科学もとうとう来る  使いはすぐ帰って来る  そうに書いて来る  夜にはきっと来る  ことを言っても負けて来る  間を置いて逢っても始終来る  返辞をしないで来る  家従が言って来る  下をくぐって出て来る  所へ出て来る  探り寄って来る  惟光の来る  時にすぐに訪ねて来る  使いが来る  役の出て来る  蝋燭をつけて来る  音を聞きつけて来る  家に行って、早く来る  何かが寄って来る  源氏から手紙を託されて来る  ことではないが通って来る  一銭の湧いて来る  一冊だけを買って帰って来る  彼を捜しに来る  心持が解って来る  心に湧き出して来る  助がこうなって来れば来る  必然的に起って来る  招待状などの来る  停留所まで来る  自分について来る  感情が込み上げて来る  病気が悪くなって来る  ことが、たとい漠然としていても感じられて来る  電車が混むにつれて、買いても多くなって来る  小川からも湧き返って来る  間につまって来る  咲は突っかかって来る  停車場から聞えて来る  末に現われて来る  息子から来る  後から後からと湧いて来る  合唱が迫って来る  冷静に考えられて来る  強直して来る  後から後からと押しよせて来る  頭脳になって来る  死に腐って来る  日一日と加わって来る  魂がほほゑみかけて来る  涎掛に落ちて来る  鼻さきに持つて来る  彼が降りて来る  純潔になって出て来る  席にもどって来る  不幸は見たがらなければたぶん来る  金を返しに来る  神の恵みがふたたび来る  アントアネットにも来る  姉がはいって来る  奥底から来る  音楽家が出て来る  停留場が来る  だんだん背中があたたまって来る  ほうへ来る  退出して来る  隣室へ来る  用を済ませたらまた来る  者だけが来る  外から源氏の帰って来る  二階をいそいで降りて来る  胸にみちて来る  政壇演説を聴きに来る  源氏の出て来る  伺候して来る  外まで来る  旦那の来る  あちらから下がって来る  祈念修道をして来る  道院から戻って来る  のしみ出して来る  毎年夏の来る  目つぶしが飛んで来る  夢がよみがえって来る  いっしょにくっついて来る  故郷近く車で来る  人を訪ねて来る  近く寄って来る  野に置いて来る  あとからあとから追っかけて来る  家へまわって来る  実家へ行っていて、また来る  手紙も来る  是非共帰って来る  不具ものが生れて来る  洗濯物を畳んで持つて来る  ほうから流れて来る  宿直をしに来る  手紙を送って来る  ものでしたなら、通っても来る  ほかからも来る  財産家の来る  バタバタと駈出して来る  蛮刀をふりかざして迫って来る  一同がはいって来る  他所に泊まって来る  品物が来る  方へ入って来る  司令部へ持って来る  源氏の通って来る  ものであるが、訪ねて来る  表示しに来る  波が押し寄せて来る  手の伸びて来る  農民新聞が来る  小舎へ帰って来る  こっち向いてやって来る  まんま進んで来る  アグーシャおっぽって行っちまったぞ、帰って来る  やっとここまで来る  君の通って来る  二つにわかれて来る  娘にこうまで打ち込んで来る  ために遣って来る  一筆と、来る  多く集まって来る  白髪も恥じずお仕えに出て来る  京へ出て来る  神宝を運び続けて来る  小船を漕がせて集まって来る  肥料を注いで来る  時に訪ねて来る  ふうに出かけて来る  諸方から源氏へ送って来る  気をつけて送って来る  のにあきれて帰って来る  烏谷にいつて来る  浜を来る  院へ来る  下をくぐって来る  大臣は来る  源氏について来る  つもりで帰って来る  日にだけ来る  裾にまつわってついて来る  御簾ぎわに寄って来る  なかったから親しんで来る  ふうにしきりに出て来る  このごろはよく出て来る  居間から、来る  だれも近づいて来る  設備も、移って来る  のに書いて来る  監は追って来る  上手に捜してつれて来る  恋人の来る  六条院へ来る  んだ、来る  兵隊さんが向うから、やって来る  米友征伐に来る  耳に落ちて来る  耳元に迫って来て、いよいよ近づいて、いよいよ冴えて来る  前進し来る  だんだんこっちへ近づいて来る  そこで来る  それについて来る  関一重越えて来る  国民全体にぴんと迫り来る  ここまで持って来る  関守氏に止まらないから、来る  如く水が向いて来る  御殿を出て来る  棄権して逃げてかえって来る  番に廻って来る  間に集まって来る  口々に囀って来る  帯とを揃えて持って来る  おじさんが探して来る  町筋へ来る  勝手について来る  分には、来る  巣へ舞い戻って来る  人数が来る  殺気を帯びて来る  提灯をかざして来る  意気が揚って来る  名分が生きて来る  あやになって、少しこんがらかって来る  方へ向って、のそのそと歩いて来る  豪傑が群がって来る  気が襲って来る  聳発されて来る  想像が続々と湧いて来る  姿を浮き上らせて来る  それを訪ねて来る  収むるその機会を待って、その来る  全身に湧き上って来る  かけ声をしながら、息せききって走せつけて来る  出でながら、歩んで来る  下から起り来る  山越しをして来る  耳にこたえて来る  腕から出て来る  中にうつって来る  感慨も起って来る  城から送られて来る  彼方から上って来る  何とはつかず、ぴーんと来る  そぞろ心に思い起して来る  身が詰って来る  血がグッと下って来る  受身にとって来る  異様に乱れ出して来る  胸が怪しく騒ぎ出して来る  気分にまで上ずって来る  無心で受けて来る  反映して来る  ものが向いて来る  から集まって来る  子供たちが集まって来る  ところへ群がって来る  加速度に嵩じて来る  先方から押しかけて来る  買い手が殖えて来る  音が送り出されて来る  幾流が続々と繰り出されて来る  年々不足して来る  強みはぐんと増して来る  向背ががらりと変って来る  爆弾一つ落っこちて来る  一つもおっこって来る  一隊が粛々と進んで来る  野菜を取って来る  移動がハッキリして来る  大波が寄せて来る  どこまでも附いて来る  中までもついて来る  のがまた戻って来る  上まで降りて来る  小平村附近へ来る  村へ引かれて来る  こっちへ引かれて来る  ものが引っぱられて来る  藤樹先生をたずねて来る  山へ這入って取って来る  料理店に来る  急に思い立って来る  おれも来る  祖母が出て来る  銅貨が暖まって来る  のを漕ぎ回らせて来る  男性から送って来る  方面から贈られて来る  皆つれて来る  度に、さして来る  そこへ寄って来る  家にきっと探して来る  源公なんか連れて来る  多勢人の来る  北東から来る  源氏の来る  座敷へはいって来る  名のりをして来る  姿で歩いて来る  妹などははいって来る  多様になって来る  相違から自然に出て来る  婿として通って来る  大将夫人の移って来る  のであったが、やはり出て来る  婿として迎えようと言って来る  導師の来る  対象にしてよく来る  竹山が来る  屹度俺の来る  戸川に打合せて来る  真砂町へ来る  二町許り駆けて来る  隅ツこへ流れて来る  横に来る  浅間しく思はれて来る  主婦が起きて来る  俛首れて歩いて来る  間隔を置いて響いて来る  音色に変わって来る  だんだん近くなって来る  ボイラーからだんだんに寄せて来る  鉄管を伝わって近寄って来る  「運命」の迫って来る  何物かが近よって来る  音がして再び送られて来る  天国が来る  概念もやはり変って来る  ゆっくりゆっくり歩いて来る  何物でももって来る  郵便の来る  眼にははいらず、もどって来る  第三者がきっとはいり込んで来る  名誉を洗い清めに来る  頽廃が来る  しか、やって来る  中に入り来る  まり正確でなくて、往々来る  あとから出て来る  外古代劇に出て来る  光は濁つて来る  先づ僕は来る  嫌疑が出て来る  皮の付いて来る  君には浮んで来る  伝つて下りて来る  六条院へ出て来る  淑景舎を訪ねに来る  御祝い品の来る  上を軽く辷って来る  熱情が涌き上って来る  夕闇が迫って来る  下流から吹き上げて来る  酒場から帰って来る  恩給にもまして有難く感じられて来る  俺等に祟って来る  彼等が帰って来る  弾丸が降って来る  塊が走つて来る  文章をあふれて深くせまって来る  ありあり胸に浮かんで来る  それから後は来る  黄緑色に変わって来る  やうに白んで来る  酔つた声でも挙げて繰り込んで来る  頭脳が乱れて来る  痛みがつのって来る  更る痛んで来る  脊戸に来る  標準などもいよいよ精しくわかって来る  字風が違って来る  句風が違って来る  意義を現すより来る  性質より来る  一母音の来る  多く上方から苗が来る  上方から東京へ来る  ため暇乞に来る  鼠骨もまた来る  新聞で読み、来る  つて薪を採つて来る  買ひ入れて来る  一封を寄せ来る  植ゑたのを贈つて来る  上に吊してあるので、来る  夜間饂飩蕎麦など売りに来る  三時の来る  車がそろそろ動き出すとついて来る  君も時々通って来る  声を聞きつけて寄って来る  ために出て来る  弔詞を述べに来る  これで来る  恐れにもなって、来る  前庭へ現われて来る  使いに言わせて来る  立ツて来る  毎年屏風祭が来る  屏風祭が来る  起点へ来る  身に着けて来る  川を上って来る  日が次々来る  敬意を表しに来る  御息所の出て来る  御息所がいざって来る  ことになろうと考えられて来る  牧から上がって来る  あとからも来る  大将のいどんで来る  男の寄って来る  つわりに来る  からは来る  ひっきりなしに来る  対へ出て来る  方から這入って来る  次再び来る  上から吹いて来る  す時が来る  光景を呈し来る  向から帆を上げて進んで来る  一個所に落合って来る  池から流れて来る  大方御所から落ちて来る  街より来る  光を増して来る  何十匹となく這い出して来る  女房勤めに集まって来る  路を来る  たくさん集まって来る  遊びにも来る  のは始終来る  部屋へよく来る  平和の来る  引添って来る  挨拶をして来る  ちょっと出かけて来る  憊れて帰って来る  訪問に来る  使いの来る  方から響いて来る  頓兵衛が出て来る  虚空から響いて来る  手拭を納めに来る  隕ちて来る  昼間隕ちて来る  昨夜小屋から帰って来る  調査に来る  呉服屋が来る  菓子屋が来る  前面に現われて来る  岩魚釣りが来る  雨でも降って来る  逞うして来る  恋文を送って来る  交渉をして来る  経済問題が生じて来る  肉ぐらいを買って来る  留学生を出しますけれど、しばらくして戻って来る  だれも出て来る  意を伝えて来る  勧めに来る  のであるが、来る  近く寄り添って来る  慰問にわざわざ来る  盂蘭盆が来る  動悸がして来る  別に手に持つて来る  屹度忍んで寝に来る  殆んど来る  顔洗ひに来る  人とが崩れて来る  御用聞に来る  奥様が起きて来る  ほうから始終出て来る  若い女房たちは時々来る  ここへ訪ねて来る  熱線と共に来る  ところまでかえって来る  云いまわしをきいて来る  窓から洩れて来る  輪廓をぐんぐんと近づけて来る  実感にふれて来る  文句がつき上げて来る  心に映って来る  何か帰って来る  自然と浮かんで来る  から大津へ来る  新婦の来る  人の、今にも来る  名をば呼ばしめしが、来る  探偵が遣って来る  膝下に来る  昼食には帰って来る  もとに来る  オリヴィエが出て来る  息子である、相ついで来る  連れだってもどり来る  クリストフはやって来る  遠くにいるけれどやがて帰って来る  心情から来る  無事とから来る  から共に来る  仕事をやりに来る  品物をもって来る  住居にはほとんど来る  御用聞きに来る  隠れ家へまではいって来る  寂寥感が込み上げて来る  ものでもない、と思われて来る  笑声が聞こえて来る  景色が直ぐ浮かんで来る  参詣してほしいと言って来る  麻酔がきいて来る  報告に来る  繁吹きを上げて降って来る  自然にいそいそとなって来る  洗面器を持って来る  長男は帰って来る  執拗に絡んで来る  救ひに来る  爆弾の降って来る  薫の歩いてはいって来る  お礼を述べに来る  鶯もかぎつけて来る  所へ置きに来る  山荘をさして来る  そうにおりて来る  ものを集めて来る  曚昧く、哀しくなって来る  肩へ飛び付いて来る  四方八方から私を包み殺そうとして、襲いかかって来る  そんならいいよ買って来る  ッと帰り来る  男は帰り来る  茶釜も出て来る  俥に乗って来る  分量から品質に変わって来る  費用はいらなくなって来る  ことをたびたびほのめかして来る  申し込みに来る  一度だけ来る  ほうから通って来る  から折っていただいて来る  いつまでも飽かずに出て来る  教会から出て来る  こちらを向いて、徐々に歩んで来る  足どりで歩んで来る  癇癪を呼び出して来る  昏惑から来る  突留めて来る  拳が来る  焼直されたりして、飛び出して来る  水も掘れば出て来る  繁忙を加えて来る  みんな働きに来る  誰ぞがぜひにとか望んで来る  お土産つきで来る  面会して来る  話が長くなるかも知れんが、たとえどんなに遅くなっても帰って来る  坊主に会って来る  承知して来る  長浜へ来る  手にして、とぼとぼと歩んで来る  あなた方の来る  未来は当然来る  挙動も示さず、出て迎えようともしないし、来る  ここまで出向いて来る  重荷を負いつつ、歩み来る  釜を負うて来る  下を這い出して来る  姿で、よろめいて来る  字引を求めて来る  内からさして来る  筋と来る  御成門まで来る  練兵が粛々と練って来る  息を切って飛んで来る  大声でわめいて来る  尼さんでも出て来る  饑饉年が来る  災難が来る  鑑定しろのと申込んで来る  八方袖の下撫斬流と来る  なつて現はれて来る  通過して出て来る  三本も来る  所有権より来る  肥車を押して来る  近接して来る  あちらへ置いて来る  母夫人自身も迎えに出て来る  菓子などを取り次いで持って来る  渡しに来る  車で来る  平生よりもたびたび来る  人が通って来る  自分へ来る  侍従をつれて来る  婿さまが来る  紳士が来る  婦人だけ来る  働車で来る  問い合わせに来る  実験室に来る  物を持ち出して来る  講演を聴きに来る  額が曇って来る  学者が来る  サウスも来る  顔が見たいからといって来る  鐘が聞えて来る  出席しても、直きに帰って来る  人達が争うて聴きに来る  電極に現われ来る  電極に現われて来る  法師達が出て来る  ところへ連れて来る  雪から来る  かいで来る  此方に向って翔んで来る  正面に来る  気勢が近づいて来る  ことを調べて来る  廊下をまっすぐに急いで来る  所へまで来る  単衣を縫って来る  忌の来る  ふつと浮んで来る  西洋からお手本をもつて来る  胸にかがやいて来る  中へ出て来る  あすこへ出て来る  雰囲気も濃く出て来る  自然に浮びあがつて来る  事から生れて来る  鞄をさげて押しかけて来る  型にはまつて来る  日本劇が出て来る  生命全体に響いて来る  川から来る  りよは侘しくなつて来る  細つて考へられて来る  商売に来る  朝は戻つて来る  はつきりと浮んで来る  次から次とねだつて来る  ぐづりながらりよの後から歩いて来る  肩にしびれて来る  仕方がないやうにも考へられて来る  こちらへ移って来る  のであって、もし捜しに来る  のも時々出て来る  門をはいって来る  楽器が来る  山から下って来る  いつか伝わって来る  攫取し来る  炬火が続いておりて来る  おまえが行って逢って来る  清香が来る  南から来る  ように訪れて来る  ように飛び掛かって来る  耳に聞えて来る  階を来る  時代がやがて来る  如何によって生じて来る  露骨に現われて来る  牢屋敷から棧橋まで連れて来る  月の輪郭をかすませ、ようよう近寄って来る  懸隔はどうして生じて来る  捻出して来る  時間をめがけて来る  行つて遊んで来る  感心にたびたび遣つて来る  あてに来る  名が続々出て来る  浮沈問題が持ち上がって来る  低徊趣味は減じて来る  門前近くで向うから来る  ゆっくり落着いて歩いて来る  底から浮上がって来る  ものから来る  何時も変らない、来る  ボーツと響いて来る  東京から伊佐子さんも来る  久我五郎が出て来る  顫へ出して来る  赤井達が来る  利男君も来る  下手から庭伝ひに出て来る  はりをついで来る  腹が立つて来て、イライラして来る  母さんが来る  母さん、来る  ザーザブンと低く響いて来る  商売柄から来る  ブラブラ歩いて来る  ヤイヤイ言ふもんだから、かうして来る  恵子が戻つて来る  あれに来る  ズキリと斬り込んで来る  つて駆けつけて来る  さうに腹が立つて来る  利ちやんも来る  ぢや、又来る  引歪がんで来る  涙があふれて来る  玄関に飛込んで来る  ドタバタ飛び出して来る  盆を運んで来る  所へ持つて来る  外に出て来る  海でも見て来る  チヨツト行つて来る  何人かゐるけど、見てるだけでもモタモタして来る  久我さんの出て来る  向うから五郎が出て来る  頂上に来る  ボートでも少し漕いで来る  上手からやつて来る  此処へ出て来る  上手からフラリフラリと歩いて来る  歌声が流れて来る  方向から歩いて来る  廻つて戻つて来る  伊佐子さんや生れて来る  変に歪んで来る  悪党が出て来る  切れ切れに洩れて来る  五郎が戻つて来る  庭へ出て来る  お見舞ひに来る  玄関から戻つて来る  名乗つて飛び出して来る  口笛の流れて来る  腹に這入って来る  皆出て来る  裏に浮んで来る  医者へ走って行け、おとなしう云うて来る  血がこみあげて来る  母が出て来る  集金人が来る  異人さんも、時々来る  方へ向かって歩いて来る  すべてエトスより出て来る  混乱より来る  母親が駈けつけて来る  足どりになって来る  研究所へ来る  上を来る  から、なお襲いかかって来る  国分寺まで来る  瀬川の出て来る  道を来る  ことから自然おこって来る  重吉は歩いて来る  そこに浮んで来る  一人かえって来る  窓を乗り越えて来る  雪袴に落ち来る  蜜を吸わんと飛び来る  向より来る  時刻も来る  付変って来る  土産を持つて来る  湯治に来る  条件から引き出されて来る  生活に現れて来る  闊葉樹林が繁り出して来る  声を揚げて落ち来る  げに落ちて来る  沢が来る  便所へ行って来る  ウイスキーを割って来る  ピインと来る  雑然聞えて来る  そいつがピンと来る  直覚が来る  オッ冠せて来る  アトからブクブクブクと来る  上海に流れ込んで来る  残りを傾けると同時に出て来る  何だか、かうふわつと来る  貴賓とやらが来る  革命の来る  十字路まで来る  夢に現われて来る  水差をつかんでかけつけて来る  中は来る  ことを、はいって来る  死から来る  静安が来る  出口まで来る  愛がもどって来る  幾何学的物体観から出て来る  ことから必然的に出て来る  性格を帯びて来る  連帯性から当然出て来る  範疇体系から出て来る  社会科学的範疇体系から来る  実現とさえ考えられて来る  損失として報いられて来る  検出されて来る  程実証主義でも持って来る  真理として迫って来る  日程に登って来る  問題が這入って来る  問題に這入って来る  反動的である場合が出て来る  茲から出て来る  値いして来る  危険性を有って来る  初めに来る  具体性を有って来る  変更として、現われて来る  関って来る  概念に来る  関係そのものが生じて来る  弁証法から生じて来る  決定されて来る  契機から来る  事実生じて来る  存在は成り立って来る  交渉から借りて来る  性格とが浮き出て来る  そこから刻みが這入って来る  内容自身から来る  熟すれば独りでに落ちて来る  樹から落ちて来る  刻みによって浮び出て来る  何時かは来る  転倒して来る  対立物を見出さざるを得なくさえなって来る  自覚されて来る  ここへ出て来る  ボンヤリして来る  刺戟の来る  願望から出て来る  競争が起って来る  講演に来る  師匠が来る  横浜からこちらへ来る  猟船が出張って来る  何だか知らないが、来る  津々浦々から上って来る  寸法を聞いて来る  通りから斜めにさし込んで来る  深川へ来る  堀割を通って来る  かすかに渡って来る  難問題が起って来る  顕著になって来る  内容をとって続々と現れて来る  決行とが行われて来る  常軌を逸して来る  個人によってすっかり違って来る  飄忽として来る  皆を連れて来る  雪が溶けて流れて来る  期の近づいて来る  蛇などを持って来る  蛇を持って来る  町から続々乗込んで来る  しらに駈けて来る  二階を降りて来る  癖が募って来る  奉行ぶりも一段と冴えて来る  南町奉行所へ廻して来る  象徴性が出て来る  幾らでも現れて来る  ものが、入りこんで来る  分岐して来る  説明がついて来る  言語情調に近づいて来る  用語例を持つて来る  皆其下に来る  様に感じられて来る  叙述部に這入つて来る  岸まで歩いて来る  所から聞えて来る  御身が来る  功験を感じて来る  凝滞して来る  親友とが来る  夢に出て来る  医学が出て来る  形態を見せて来る  問題に富んで来る  可能になって来る  必要であるかはよく判って来る  擬装挙国一致と来る  的性質を帯びて来る  集中されて来る  対立になって来る  音から来る  相違は当然出て来る  ひた押しに押して来る  転嫁とが来る  可能性を有って来る  間からホソボソと沁み込んで来る  前後してハッキリと響いて来る  百箇日が来る  二十一回忌も来る  村に帰って来る  一所になって来る  村に遣って来る  噂も起って来る  此家に引き取られて来る  だんだん高まって来る  結論が生まれて来る  力が抜けて来れば来る  様子で、送って来る  いらいらして来る  舞台条件から来る  私を追っかけて来る  とこへ持って来る  耳には、近づいて来る  直ちに、迫って来る  お金を入れて来る  これでは、再び出て来る  顛倒していたので、走って来る  船室給仕になって来る  戸口から出て来る  飢死と来る  島に残して来る  ディックが戻って来る  水夫部屋から駆け上って来る  ところへ出て来る  己だって若返って来る  私たちを襲って来る  槍が飛んで来る  あたりを領し、ただ、また降りて来る  大浪のどどうっと響いて来る  上陸させて、置いて来る  人声がすでに近づいて来る  件船が来る  柵壁を攀じ越えてやって来る  それから、会いに来る  中から跳び出して来る  救助の来る  ずんずん集って来る  ことは多分堪えられたろうが、近づいて来る  もっと十分に満ちて来る  それっきりのものと思うか、それとも、また生き返って来る  彼のは突っかかって来る  騒ぎが起って来る  前へ差し出しながら、のろのろと進んで来る  奴らはすぐにかかって来る  距離まで来る  料理番が再び近づいて来る  ぐるり中から響いて来る  豚胡桃でも出て来る  前へ跳んで来る  どんどん砂けむりを立ててかけつけて来る  兵たいがかけて来る  広場へ来る  嘉義へ来る  ために集って来る  渓谷から奔流して来る  みんな必ずついて来る  歌を持って来る  音楽を持って来る  日本歌劇が生れて来る  踊りが生まれて来る  絵に出て来る  恋愛感情が起って来る  欠点だらけに見えて来る  ところから生れて来る  西洋婦人が沢山来る  追手の来る  思想から自然と出て来る  噂まで来る  中を何で遅く来る  嬉さが込上げて来る  必然水を汲みに来る  不安を覚えて来る  事が浮んで来る  判然出て来る  炭を買いに来る  負ぶって遊んで来る  頃どこから覚べえて来る  酒をもって入って来る  ムレッ返しが来る  カーヴへ来る  夢中に駈けて来る  ワアッて、やって来る  一人一人よ、殖やして来る  岸野は来る  胸へピンピン来る  どこさ来る  争議団が出て来る  夜が明けると来るわ来る  反駁して来る  マルクスと来る  暴風雨を避けて休らいに来る  健康を購いに来る  そこからようやく出て来る  われわれから生れ出て来る  過多から来る  女性が出て来る  彼女はやって来る  上を翔って来る  訪問を与えに来る  熱狂は弱ってき、やって来る  ときに現われて来る  そばにいてもらいたくはあったが、ついて来る  気紛れがときどき出て来る  願望から来る  楽曲をもって来る  地位を奪いに来る  なめに来る  ほうでついて来る  ジョルジュが来る  午前にまた来る  悲喜劇の終わりが来る  うちに、おのずから見えて来る  避難所を求めに来る  次から次へと生れて来る  翁の擬して撫で来る  音も聞えて来る  冠って来る  現実に蘇って来る  方で立ち向われて来る  懸念がすぐ起って来る  立上って来る  うつらうつら夢みられて来る  慄えが来る  懐しまれて来る  峯から戻って来る  圧迫から来る  競争心から来る  ことが思い較べられて来る  止めどもなくしくしくと聞えて来る  中まで聞えて来る  私に盛り上って来る  山を越して来る  与里は引きあげて来る  俯向き乍らトボトボと歩いて来る  仕事を探しに来る  暮れかかつて来る  如くに流れて来る  ものに思ひ浮んで来る  暑い季節が来る  六月が来る  松葉などがはらはらと落ちて来る  声をもって来る  応えを送って来る  心もち急ぎ足で近寄って来る  樹間に翔って来る  峠路を登って来る  小雨を運んで来る  肌を掠めて来る  あたりへ飛ばせて来る  貞夫が来る  下を向いて来る  上糸目にすれば下って来る  ちよろちよろ流れて来る  いかだにきつと来る  さぎが来る  ふちまで来る  その後から母も来る  内から聞えて来る  自慢をいいながらもいで来る  むかむかと迫って来る  一直線に進んで来る  刀を抜いて、攻めて来る  絶頂まで攻めのぼって来る  一週間航海して来る  港に戻つて来る  通りから入って来る  から風に送られて来る  のら猫がねらいに来る  猫が来る  彼らに接し来る  彼らの来る  日程に上って来る  無から出て来る  概念そのものから来る  内容から来る  根本仮定に来る  立場を、予め持ち込んで来る  省察して来る  内に持ち込んで来る  連関して出て来る  問題となって現われて来る  見地に立たされれば、それだけ一層浮き上って目立って来る  思い付きから来る  前者から後者がどうやって生じて来る  物それ自身から来る  主観相互間から生じて来る  直観空間自身から来る  幾何学以外から来る  群を採っても、出て来る  何であるか、に来る  内に這入って来る  無から存在が出て来る  から形相が出て来る  物質から形式が出て来る  から存在が出て来る  内容から形式が出て来る  意識とを持って来る  問題が決って来る  図式論を持って来る  性格を有って来る  価値が天下って来る  自然発生性を振り捨てて来る  段階にまで進んで来る  蓄積から必然的に出て来る  原則にまで高まって来る  対立して来る  位置から来る  課題として浮き出して来る  側から数学へ来る  ことから出て来る  論理を持って来る  例を取って来る  対象そのものから来る  づみになって来る  おかしいなあ、もう来る  女中茶を運んで来る  誰かついて来る  酒ぶとりであると言って、こうからだが太って来る  退屈でしらじらしくなって来る  朝顔みたいなつらをしやがって、と来る  手へべっとりくっついて来る  みんなここへ来る  はいつでも呼べば必ず来る  破綻と来る  眉に迫って来る  風采が、活けるが如く浮んで来る  気を運んで来る  名前だけ書き込んで来る  他も来る  から石橋も繁く訪ねて来る  私と来る  セッパ詰って来る  二つとも運ばれて来る  脇明から入って来る  ちょっと行って来る  彼はもう間もなく訪れて来る  お馬鹿さんが引返して来る  いくらぐらいは持って来る  遊離して来る  だんだんできなくなって来る  下田へ乗り込んで来る  番傘をさして付いて来る  ここへ付けて来る  言ひ来る  内から開けて来る  それを取りかえして来る  三次を見て走って来る  方向に行こうとし初めて走って来る  袖をつかんで付いて来る  とつたら、なくなるまでは来る  勢力から生じて来る  状態の来る  内からこみ上げて来る  小姓をして、近寄って来る  心身を襲って来る  公園から吹き来る  根にまでしみて来る  勉が帰って来る  夜帰って来る  民主主義者も来る  カフェーから早番でかえって来る  カフェーへ押しかけて来る  近くまで戻って来る  中途まであがって来る  胸を衝いて来る  悲嘆が出て来る  袂まで帰って来る  自立性を高めて来る  昨今出場して来る  農村工場から送られて来る  今走つて来る  弱体から来る  身に帰って来る  靴をはいて来る  あなたもやがて来る  大事にし給いな、また来る  意味ありげに感じられて来る  ので貰って来る  一日それで遊んで来る  奥が、次第に解れて来る  あいつは来る  日本へもめぐって来る  両側に落ちて来る  シャベルで落ちて来る  次から次とせわしく落ちて来る  粒の落ちて来る  次から次とせはしく落ちて来る  此処迄来る  涙が込み上げて来る  気が利いて来る  ボーイが来る  胸の躍つて来る  甲谷の来る  手紙を書いて来る  浴室へ来る  参木が来る  柳は笑いながら這入って来る  言葉を聞き流しながら、這入って来る  二百円になって来る  中から舞い上って来る  ひとつ踊って来る  傍へ戻って来る  踊場へ来る  入口から出て来る  身体を抱きすくめて来る  まだ子供の押し寄せて来る  隅々にまで這入って来る  ますます分らなくなって来る  意志だと、また出て来る  饑餓が迫って来る  露路から流れて来る  四角へ来る  料理の来る  木魂を響かせつつころころと聞えて来る  ドイツ人が逢いに来る  ために、絶えず押し寄せて来る  甲谷は浮き上って来る  顔から溢れて来る  職工たちの持ち出して来る  巧い笑顔が出て来る  印度より来る  河を登って来る  重の来る  延び出て来る  貧民窟から虫歯を抜いて出て来る  口から揺れて来る  甲谷が来る  主人に逢いに来る  混合は、これから起って来る  詩文が生き生きとして来る  涙の流れて来る  記憶に浮かんで来る  風景ばかりが浮かんで来る  さがぎりぎり湧き上って来る  頭を上げて迫って来る  里心が起って来る  大通りまで来る  ように絶えず降って来る  踊りして来る  宮子はもたれかかって来る  参木は滲み込んで来る  指令が来る  間で、やがて襲って来る  光鋩が廻って来る  ように浮き上って来る  次から次へと光って来る  満員を続けて溢れて来る  ように見え始めて来る  壁を伝って昇って来る  ます増加して来る  変化を見せて現われて来る  調子が脱れて来る  ますます明瞭に浮き上って来る  何事か湧き起って来る  中から揺れて来る  自分を捜しに来る  後から湧き上って来る  露路から溢れて来る  明瞭に感じて来る  自動車が辷って来る  支那人の来る  前から戻って来る  上へ乗りかかって来る  腹に刺し込んで来る  駐屯兵たちが追っかけて来る  甲谷を追って来る  甲谷の攻め立てて来る  足元から這い上って来る  僕だってここへ来る  うっかりして降りて来る  しかし、突き上げて来る  岸辺に従って凋んで来る  海から押し上げて来る  間から脱け出て来る  杉を感じ始めて来る  杉に触るといつも必ず起って来る  出しを貰って来る  胸が冷めて来る  ように暖まって来る  自然に軽く踊って来る  底からぶくぶく噴き上って来る  参木の帰って来る  熱情さえ出て来る  ようだから、もしかと思って来る  ようになって、すくんで来る  そうだと来る  おっつけ役人が来る  あすもまた来る  湯にでも入って来る  何か贈って来る  ところへ転げこんで来る  男の帰って来る  増はまた、通って来る  何かを取りに来る  後から追いかけて来る  景気よく入って来る  気窮りになって来る  胸へ取りついて来る  お歳暮に来る  談に出て来る  懐が温まって来る  胸にも響けて来る  なかが寂しくなって来る  側へ寄って来る  養育費とを渡しに来る  心が張り詰めて来る  日暮里へ来る  なかには、刻々に満ちて来る  腕車で帰って来る  莨を喫しながら、少しずつほぐれて来る  それからも、ちょいちょい訪ねて来る  翫具などを買って来る  水滴の垂れて来る  家へつれられて来る  方から、時々取って来る  忘れものをしたとか言って入って来る  水道栓に集まって来る  今は絡みついて来る  室さんは、時々来る  絡わりついて来る  激昂していたが、後で入り込んで来る  増一家に一層澱んで来る  屋を圧して来る  眼立って来る  教室内にまで遠慮なく飛びこんで来る  感が響いて来る  入口から食堂に入って来る  誰かが訪れて来る  さが来る  やうについて来る  底まで吹き降ろして来る  あとから馳け出して来る  場へ駈けつけて来る  案内されてやって来る  排出されて来る  間を落ちて来る  ことは判りませんが、出て来る  たかシッカリ訊いて来る  矛盾からシミジミと湧き出して来る  一本持出して来る  技師が来る  立から帰って来る  命に従って、次々に出て来る  にしてついて来る  序に入れて来る  端書を持つて来る  心に響き来る  機智の出て来る  相関から来る  機械工業といひ、段々入り込んで来る  胸に流れ込んで来る  体臭が、どうしても出て来る  飛騨から越中路へ来る  曙覧伝に現れて来る  心もちに固くふれて来る  追分辺まで来る  町に迫って来る  港に来る  だんだん判明して来る  親しみを増して来る  ほうでも、いい加減じれったくなって来る  黄山谷と来る  よそゆきじみて来る  西蔵語に出て来る  大から来る  大洋より来る  払拭して来る  低下して来る  杉山君は遣つて来る  何処から吹いて来る  眼前に現はれて来る  先程此処に来る  路へと進んで来る  喞筒はまだ遣つて来る  潮の如く漲つて来る  涙の込み上げて来る  先方がわざわざ訪ねて来る  水から来る  他から来る  三かう述べて来る  子方等の集り来る  谷を見て来る  慶次郎の来る  こんこんこんと飛び散つて来る  獲物をぶらさげて来る  彼女自身が打つて来る  あたしが打つて来る  仁王門を目がけて繰り込んで来る  から事情が少しちがって来る  自然にしばしば出て来る  不愉快になり、やがて腹立たしく思われて来る  抑制的心理が働いて来る  底から持ち上がって来る  門前まで来る  内側が湿って来る  粥釣りに来る  先頭に立ってやって来る  群れが入り込んで来る  なめらかに抜け出して来る  乾燥期が来る  顔じゅうに浮かび上がって来る  強調されて来る  退化して来る  類似から来る  同等ではないかと思われて来る  弛緩から来る  それに次いで来る  中から顔を出して来る  気分はしみ入って来る  いふ風にあらはれて来る  方からでも出て来る  趣を呈して来る  訛りを帯びて来る  結晶して来る  感化力はさらに大きくなって来る  紛糾して来る  姿が異なって来る  思想に近づいて来る  工面して来る  場合とはなはだ異なって来る  雲が、むらむら湧いて来る  耳に通って来る  稀に入って来る  雪を含んで来る  水のおもてを吹いて来る  下から追っかけて来る  縮みつして寄って来る  しろへ来る  あとから跟いて来る  川縁を伝わって来る  ように、ごぼごぼと咳きこんで来る  本流に突っ込んで来る  路まで戻って来る  呟やきながら、そそいで来る  中にまでさして来る  臓腑まで喰い入って来る  用意に、来る  一人跟いて来る  中へ下りて来る、下りて来る  滝になって、落ちて来る  切り崖の迫って来る  行て持て来る  はず侵入し来る  背景を負うて浮んで来る  水の濁つて来る  影が浮んで来る  時しいつはなく出でて見に来る  棍棒を持っていたが、飛びこんで来る  嫁らず時どき訪れて来る  晩にはまた出て来る  ことをして来る  いつでももうすぐ起って来る  行て来る  午まになったら又来る  忘れないでみなさん持って来る  儘、持って来る  草片附げで来る  眠むさうに、響いて来る  心がゆるんで来る  膝をついて先ずのり出して来る  情景が出て来る  襖を開けて入って来る  塵をフッフッと吹きながら入って来る  そいつを、ぶった斬って来る  ノコノコ、たよって来る  患者が来る  以前よりも悪くなって、転げ込んで来る  クランケが来る  ノコノコ入って来る  室に戻って来る  庭に歩み入って来る  それの帰って来る  浦上豪三が入って来る  縁側へ立って来る  ネチネチとからんで来る  三好入って来る  気にしいしい戻って来る  戦いを通して生れ変って来る  ツカツカ入って来る  ノッソリ立って来る  廊下からして来る  下手奥から出て来る  奥から走り出して来る  笑いがこみ上げて来る  音量一杯に鳴り渡って来る  空虚が澱んで来る  年を取って来る  父が下りて来る  無心をしに来る  気持ちが分って来る  通り家に来る  身体でも拭いて来る  水でも浴びて来る  征込んで来る  山路に来る  歩兵の来る  話が出て来る  ボーイが、持って来る  服装をして出掛けて来る  づ伝はつて来る  町へ流れ込んで来る  見本を取出して来る  孤児院から集まつて来る  終つて教場から出て来る  何処から集めて来る  空気が漲つて来る  農村から物資を集めて来る  みんな一度に来る  霧がはれて来る  距離をおいてつながつて来る  敗走して来る  それも次第に馴れて来る  黒にして出て来る  道案内に連れて来る  論理性から来る  みなさんの来る  巡視に来る  何れは還つて来る  男が近づいて来る  夕刊を売りつけに来る  幾千通も来る  意味がさらにはっきりして来る  背戸へ来る  畳が出来て来る  星さま出て来る  一雨ざつと来る  尤らしく聞えて来る  丘陵を降りて来る  方へ向いて駆けて来る  ただちに心に迫って来る  暴落が来る  何時がらが来る  暴落なんか来る  コンヴェイヤーに乗って来る  コンヴェイヤーに乗って徐々に動いて来る  会合は来る  フト前から来る  大学生様だって参観に来る  のを見に来る  深刻になって来れば来る  今度遊説に来る  ッ壊しに来る  毎日詰めかけて来る  憧憬とを以て、軈て来る  神の国は近づいて来る  窓からとび込んで来る  手あたり次第に、ひろって来る  人ざわめきが聞えて来る  彼を包んで来る  ばたばた彼を追ひかけて来る  わき目もふらず歩いて行ってまた引き返して来る  切りなしに出て来る  教会からゾロゾロ出て来る  上から聞こえて来る  反感のこみ上げて来る  響きに応じて強く新しくよみがえって来る  真上へ出て来る  跣足で歩いて来る  女の走り出て来る  芳香亭を出てぶらぶら歩いて来る  女が走り出して来る  署へ来る  面白い本が来る  二ッ三ッ盆に盛り来る  お土産を沢山抱えて来る  坂をあがって来る  濡んで来る  記憶に蘇って来る  来し方がそのままはっきり見えて来る  うちに生き返って来る  地平線がはっきり見えて来る  中に返って来る  お客さんが乗り込んで来る  鼾が聞えて来る  浮上って来る  さが、こみあげて来る  だんだんあやしい光を強め、大きくふくれて来る  大陸へ近づいて来る  頬のあつくなつて来る  アパートに戻って来る  服む時間が来る  梅雨が来る  夏祭が来る  個所まで来る  手紙が舞い込んで来る  広場へ戻って来る  日が遣って来る  討手の来る  知らない時代が来る  文壇は来る  一周忌が近づいて来る  惻々として迫って来る  明瞭に写って来る  おすしを運んで来る  大音寺前をひき上げて来る  文才は描き出されて来る  ささえ加えてよみとれて来る  対生に来る  皮膚にふれて来る  同化されて来る  婦人作家の生れて来る  精神状態となって来る  肯定してついて来る  矛盾に向ってうちよせて来る  中から文学創造力を引き出して来る  来歴から来る  さのよって来る  金につまって来る  誰かに頼んで少しつくって来る  一円もらって来る  十円とって来る  中から次第に引出されて来る  ざま飛んで来る  ことが分らなくなって来る  浮き上って来る  そこから聴えて来る  共感とが高まって来る  問いが湧いて来る  省察が加えられなければならなくなって来る  上にまでひきつけて来る  痙攣とにみたされて来る  焦躁から来る  諒解されて来る  明子にかかわりあって来る  事実を考えて来る  省察にのぼって来る  弾丸の来る  自首して来る  文学が創り出されて来る  今日演説会へ来る  そこへのって来る  結果としてかならず来る  歌も詠んで、帰って来る  ソプラノとして出て来る  希望に結びつけて来る  ほのかに湧いて来る  人が引越して来る  そこからも来る  そこから再び浮び上つて来る  粉食が活きて来る  だんだんにくたびれて来る  就ては来る  徒歩で来る  指輪が出て来る  つんで来る  用を聞きに来る  者は、帰って来る  うち日本に来る  日本に来る  菅原君が帰って来たと聞いたら、すぐにも飛んで来る  二本いっしょに持って来る  変動が来る  響森を穿ちて来る  本が出て来る  カードをくればすぐ出て来る  広小路を歩いて来る  遺伝から来る  遽かに迫って来る  しりからどこかで落して来る  軍歌まで飛び出して来る  ニュウスが次々と聞えて来る  夕刊が来る  足どりで歩いて来る  品随って来る  従前敵が来る  火二つ出で来る  唐人敦賀へ来る  首を向ければ戻って来る  携帯品に附いて来る  守りを受けに来る  亡霊が襲い来る  公が来る  苺を取りに来る  最初人壺辺に来る  野槌は、かように落ち来る  何千匹となく現われ来る  それをもまた打ち殺し、次に来る  数十も集まり来る  作物を損じに来る  蛇聚い来る  春駒を舞わせて来る  大兵を興し捉えに来る  酒も醒めて来る  伴れ来る  お手前拝見と来る  物を持ち来る  馬を将ち来る  今ぞ寄せ来る  士盛装して来る  下より来る  三百猴一組になって来る  行列して拝みに来る  兵襲い来る  一碗を易えて来る  戦線からロシヤバーに帰って来る  出入口まで来る  山崎は、出て来る  あんたが来る  ここまで漕ぎつけて来る  方法で持って来る  済南へ連れて来る  天津へ来る  そこへ這入って来る  マッチ工場へ這入って来る  一人が這入って来る  蒙古方面から疾駆して来る  者ばかりが来る  手を廻して来る  麻酔薬を買いに来る  丸子を買いに来る  神経にピリッと来る  あいつらが逃げて来る  ねつ造して持って来る  何人くらい来る  梯子段をおりて来る  ために、やって来る  一箇師団やって来る  チャンコロに、来る  敵が押しよせて来る  向うから戦闘をいどんで来る  三人這入って来る  多くのよせて来る  工場へ泣いて来る  退却して来る  中津は、やって来る  自分にあたって来る  方向から逃げて来る  掴み取りに来る  便所にも来る  カーキ服が馳せて来る  足もとへ近づいて来る  とりに来る  御用を承わって来る  花屋へ来るも来る  高鳥、飛び疲れ、就いて息みに来る  たまたま入り来る  毒ガス充ちいて入り来る  首でも取り来る  千人が来る  一人食ったら出て来る  漁師の子の来る  野へ来る  速やかに連れ来る  ヒョロ子が来る  門口まで来る  入り口まで来る  小舎から出て来る  夫婦揃って来る  豚吉が出て来る  一パイに来る  みんな早く起きて来る  人が上がって来る  梯子段を飛び上って来る  方に出て来る  珍らしくてそんなに集まって来る  珍らしがって見に来る  用心して来る  巡査でも来る  カラカラ引いてやって来る  足を遠く運んで来る  たよりなげにたどって来る  毎夜連れ立って来る  実をうかがって来る  毎晩誘いに来る  葉をすべって来る  音の流れて来る  時節は来る  乙女のあらわれて来る  杖にしてたどって来る  いつここへ戻って来る  根気よくまつわって来る  誰か慕い寄って来る  ここへ近寄って来る  上にはらはらと降りかかって来る  左右から付きまつわって来る  そのままに出て来る  から逆寄せに押しかけて来る  手近へ飛びかかって来る  上を吹き渡って来る  からそよそよと吹いて来る  人が移って来る  銭を持って来る  だんだん映しこんで来る  道も覚えて来る  ぼんやりと照らしているばかりで、低く這って来る  自然に揺らめいて来る  今頃ここへ来る  彼の戻って来る  一度首尾して逢うてくれとたびたび迫り寄って来る  だんだんに煎じつめて来る  把って睦まじくあるいて来る  影を慕い寄って来る  だんだんに圧し懸かって来る  上に襲って来る  時偶夜話に来る  昇降口まで来る  数限りもなく出て来る  ようにさえなって来る  鑑賞眼が肥えて来る  ますます序を逐うて迫り来る  耳にすべり込んで来る  さし出て来る  カテゴリーに這入って来る  金でもとって来る  人多く来る  啄きに来る  妻に来る  景清ここに来る  茶を運び来る  翁また来る  愛馬を牽き来る  巧拙構わず抓みに来る  縫つて近づいて来る  だんだん悪者に似て来る  口から、来る  良心が芽生えて来る  花を持って来る  愉快にして来る  其を、来る  笑い声を縫って通って来る  不快な、来る  森からやつて来る  何十通となく来る  のものが生れて来る  新聞記者が訪ねて来る  ここへ戻つて来る  近くまで歩いて来る  やうにおもへて来る  白鼠出で来る  どこまでも付いて来る  ラジオで問い合わせて来る  ラジオで訊ねて来る  調べに来る  経済社会に必ず起つて来る  外部より来る  外より来る  ニユースを持つて来る  農村なので、来る  彼の持つて来る  わしの持つて来る  気を配り、近づいて来る  ことが分って来る  生々として来る  自信の満ちて来る  型に這入つて来る  途中から空しく引返して来る  男のかかえて来る  裏木戸をそっとあけて、出て来る  ちがいが、できて来る  ミルクを持って来る  金の這入って来る  井戸端から高らかに響いて来る  抜きに来る  一つ一つ次第次第に呼び覚されて来る  自分にとっては、来る  木の間より洩り来る  自然と起つて来る  近接努力が進んで来る  明らかに来る  上にも来る  漢語音から来る  文学化して来る  歌で和んで来る  加へて来る  谷底から死骸が運ばれて来る  乍ら一足が近づいて来る  貸本屋の持って来る  だんだん盛になって来る  秀英にはどうして来る  世高の来る  今頃探鉱など来る  おれ実家さ行って泊って来る  丘に還つて来る  文献時代には著しく現れて来る  其後に来る  形式を古いとすれば、次に来る  いふ事が起つて来る  音が出て来る  其性質が生きて来る  作つた習慣に還つて来る  其規則を宛てはめて来る  考へに這入つて来る  此ウ列から主部に続いて来る  形を経て来る  感じを持つて来る  感じが出て来る  語幹を入れて来る  言葉は、来る  らくは来る  屈折して出て来る  熟語から出て来る  屈折して来る  一番後れて出て来る  通つて活用して来る  説に這入つて来る  動詞的に働いて来る  むが出て来る  独立させて来る  この世に現れて来る  言葉にかぶさつて来る  訣らなくなつて来る  語原説を持つて来る  形が出来て来る  活用形式が整うて来る  みなが来る  勢いで来る  江戸へのぼって来る  行列の来る  役所から帰って来る  会計課から送って来る  何だか折にふれては空々しくなつて来る  刹那に起り来る  事柄が起って来る  身を投じて来る  真実を抱いて来る  者が見出されて来る  結婚は次に来る  問題も起って来る  境に立たなければならなくなって来る  日を待って会いに来る  加味して来る  奥さんの捜しに来る  ところに押しかけて来る  その男をいためつけ、つまらなくなって来る  私の集めて来る  部分に次いでやって来る  中に墜ちて来る  希みながら、しかし来る  やうに見え、つい話しかけてみたくすらなつて来る  皿の来る  三台五台と駈け出して来る  後から後から押し寄せて来る  色の迫って来る  様子見に来る  田村町から出稽古に来る  差しかかって来る  猿橋あたりへ来る  避暑客の来る  駅へ送って帰って来る  黄金時代が来る  加世子が、帰って来る  母を捜して歩き、来る  加世子たちの出て来る  時代になって来る  仲通りへ入って来る  棺で帰って来る  館から帰って来る  お母さんなんか、来る  霊岸島から船で来る  何かぴったり来る  彼女はきっと貰って来る  座敷へ還って来る  小菊には頼もしく思われ、来る  人情も出て来る  そこから生まれて来る  二三日行って来る  幸ちゃんが付いて来る  江戸川からと入って来る  弁護士の来る  座敷から帰って来る  ことになっていたが、ひどく酔って帰って来る  下志津などから来る  牡丹がふらふらと入って来る  心に時々這い寄って来る  古巣へ舞い戻って来る  洗いに行って来る  田舎へ行って来る  符でも貰って来る  お前が出て来る  お代り取って来る  直接かけに来る  六感にぴんと来る  方々から依頼して来る  レコオドなど買い入れて持って来る  先方から出向いて来る  主人が出向いて来る  福島あたりへ来る  情報の入って来る  飯を食いに来たりもしていたが、よって来る  銀子は来る  仙台あたりから来る  それも馴れて来る  披瀝して来る  僕が時々通って来る  だんだん君を認めて来る  ために、来る  うちまた来る  東京から人の来る  二階へあがって来る  一年ぶりで帰って来る  のだったが、帰って来る  芳町へ還って来る  錦糸堀まで来る  頻繁になって来る  のも忘れて、起き出して来る  今夜あたり製菓会社が来る  嚮いて来る  晴子に絡んで来る  銀子に絡んで来る  生きる力が少しずつ盛りあがって来る  暖簾から出て来る  彼は来る  躰を休めに来る  若林の来る  縮図して来る  一走り行つて探して来る  縄梯子を運んで来る  登つて来る  群り来る  庭に来る  鳥の来る  問ひ来る  金四百円送り来る  虻集り来る  荷風全集校正摺を送り来る  五号編輯に来る  雨屡来る  末に来る  旅亭に来る  宮川曼魚も亦来る  旅亭へ送り来る  旅宿に来る  磯五が、すぐ来る  品川まで来る  草を踏んで来る  口上をいって来る  三度も来る  さが、来る  渡り廊下まで来る  素人家へなんぞ来る  ほうから追っかけて来る  久助の出て来る  縁さきまで来る  夕飯から帰って来る  何か考えて待っていたが、はいって来る  大声に呼ばわりながら、走って来る  ですよ。あたしの来る  若い衆が、いつも来る  ぶんで見に来る  飛脚が駈けつけて来る  部屋へ探しに来る  せい様が来る  初夏が来る  杖で分けて歩いて来る  当家へ押しかけて来る  女房に会いに来る  大急ぎで来る  あとから掛川へ来る  いまたずねて来る  龍造寺主計が帰って来る  においを感じて、その来る  掛川からもどって来る  関係一同があつまって来る  梅吉夫妻の来る  ものを持ち来る  乞食多く本願寺門前に集り来る  校正摺を送来る  風雨おそひ来る  間に現し来る  二巻印税を送来る  鷲津牧師も亦来る  三子亦来る  感覚として訴えて来る  横浜まで来る  俥を追って駈けて来る  皆の戻って来る  背を黒く踏んで来る  心に躍り込んで来る  大石君診察に来る  日江戸藝術論印税金を送り来る  主人転宅荷づくりに来る  春陽堂開化一夜草礼金壱百五拾余円を贈来る  書籍を送来る  木曜会なれど来る  八重が来る  女づれのハイカラも来る  沖から帆を上げて帰って来る  小山内君亦来る  雀多く来る  郵送し来る  春陽堂店員歓楽別本製本を持ち来る  偶然松莚子一家門弟を伴うて来る  毎日読書晩涼の来る  総計金九百六拾参円を送り来る  子の来る  二書を送来る  園遊会に来る  しゅうしゅうと吹き来る  ギャギャ悲鳴を揚げながら絡み合って出て来る  すべてが生まれて来る  気にもなって来る  ことがあらはれて来る  読書界にも来る  太田医院に行って、貰って来る  夭折したので、生れて来る  の迫って来る  関西に来る  兎に角山に行って来る  保ちゃん見て来る  オフェリアはいつ出て来る  体をひどく悠然と運んで通って来る  越智さんが来る  一泊して来る  近いうちに東京へ来る  京都からもって来る  門から玄関へ来る  力で迫って来る  一時間半、通って来る  ワーリャを訪ねて来る  調べものをして来る  ロシア語を習いに来る  その間を通って来る  洋館などが見えて来る  なるたけ早く来る  糸目をすくいだして来る  竹村が来る  廊下を来る  声がきこえて来る  月曜に出て来る  哀感が湧いて来る  条件が出来て来る  間につくられて来る  かまぼこを買って来る  考えもまとめて来る  夫人として生きて来る  帰りにまわって来る  宿まで送って来る  夕刊のたたんだのでよけながら帰って来る  京都へ行って来る  暑気を加えて来る  体につつみかかって来る  さをおしのけるほどつよくもちあがって来る  そこから座敷に入って来る  背なかに、つたわって来る  ように、少しずつしたたって来る  頻々とやって来る  中から見えて来る  ものに、どうかかわって来る  かたもわかって来る  留守には来る  前ここへこして来る  家へ越して来る  いつからこっちへ来る  嘉訓は帰って来る  砂場嘉訓が来る  それをすまして帰って来る  兎に角、愈々出て来る  いつ君が来る  アメリカへ来る  毎月五十円ずつ来る  布団が来る  畚一杯も取って来る  ぺこぺこにして戻って来る  悪場が出て来る  響きを立てて応じて来る  スカイラインがじりじりと近づいて来る  急に射して来る  約束の日が来る  一度ずつ、まわって来る  一分毎に、益々高くなつて来る  喉は、益々、渇いて来る  妙にむかついて来る  せり上つて来る  先に浮んで来る  無理ばかり言って来る  考が起って来る  兵隊が沢山来る  蔵が帰って来る  お金を取りに来る  三円だけ渡して来る  新町まで行って来る  母上さんに会って取返えして来る  お前心配しないで待ておいで、是非取りかえして来る  横手まで来る  用で出て来る  何処から持て来る  光は下りて来る  力を感じて来る  男女打雑じって、ふざけながら上って来る  自分に着纏って来る  中へあらわれて来る  心持に加わって来る  凶報が来る  氷嚢を取代えて戻って来る  信子とが飛び込んで来る  木下が遅くなって帰って来る  婆やがはいって来る  看護婦が戻って来る  室で吸って来る  看護婦の戻って来る  ものが襲いかかって来る  圧倒し来る  氷枕を下げて戻って来る  眼瞼から溢れて来る  明るみがさして来る  僕は一寸出かけて来る  両手を拡げてやって来る  俥四台とが来る  から、すぐ来る  人たちが訪ねて来る  窮乏から来る  内幸町へ来る  年も、来る  月も来る  図書館へ来る  エレベータアが降りて来る  友達でも連れて来る  混つて出て来る  婿さんが出掛けて来る  枕頭へ出て来る  刹那に来る  後から後から出て来る  本場から来る  様子などを聞きに来る  髪結が来る  須田町へ来る  器械を売りに来る  ここへよく来る  脚絆掛で、すたすた来る  山奥から猿が出て来る  手当をして来る  ヂュパンの出て来る  シャーロック・ホームズの出て来る  ルコックの出て来る  そうに思われて来る  癪から来る  二葉亭も来る  吸口まで滲み出して来る  必と帰って来る  多勢張りに来る  名句が浮んで来る  ものなど送つて来る  つて買つて来る  ますます熱を帯びて来る  彼も、来る  誰か後から来る  語勢を帯びて来る  茶の間へ戻つて来る  不満がこみあげて来る  語勢が漏れて来る  何処からともなく吹いて来る  日曜も来る  鼻にぶつけて来る  教壇が来る  手で運ばれて来る  気持ちが湧いて来る  だんだんはつきり呑み込めて来る  場合も生じて来る  洗つて持つて来る  推薦をして来る  田丸家を訪ねて来る  今度の日曜日に遊びに来る  一日かかりやしないだらう、折角来る  氷が来る  涙がこみあげて来る  幾度でも来る  木の葉が出て来る  実も出て来る  ひとが出て来る  村へ押しかけて来る  人物も来る  教へに来る  方へばかり来る  頬に感じられて来る  図書館へまわって来る  内から堰あふれて来る  小枝子が来る  一つ二つ見えて来る  のが浮んで来る  鬼火になって出て来る  詞も浮んで来る  夢中に駆けて来る  闇穴道を歩いて来る  理知より来る  何度も来る  買い出しに来る  商いに来る  木の間よりもり来る  いつかは生れて来る  東京から来る  情も交って来る  一日隔てて来る  二日を隔てて来る  帰省して来る  しょっちゅう家へ来る  女乗り物が上って来る  飼い犬を担ぎ出して来る  タッタッタッと進んで来る  光は次第に蒼く次第に明るく射し込んで来る  子供らが出て来る  晩飯を運んで来る  あかりに飛んで来る  給食に来る  下界に沈み来る  これは突きあげて来る  遊びがてらやって来る  ノコノコ附いて来る  歌声が近づいて来る  走りおりて来る  風に乗って流れて来る  表へ出て来る  かもめがあんなに追って来る  障子を開けて入って来る  私あ、来る  タヌキはちょくちょく来る  だましに来る  チョイチョイここに来る  主人は後で来る  流れが涸れて来る  畑を見に来る  ハガキなど来る  傾斜を駆けおりて来る  所をついて来る  赤子を抱きながら出て来る  チョックラ出かけて来る  私が助けて来る  遠くから風にのって流れて来る  ふちへ出て来る  ことではなくなって来る  境内へ来る  しとやかに降って来る  花を提げて御詣りに来る  寂光院が襲って来る  昔から今に繰りさげて来る  大勢があつまって来る  気をつけて行って来る  不安に思いながら引っ返して来る  無心を言いに来る  馬の背に積んで来る  ぐゎうぐゎうという響きを立ててむせび落ちて来る  藤蔓をわがねて、流れて来る  運搬して来る  ここらまで売りに来る  村まで降りて買って来る  音が遠くひびいて来る  ようにうるさく来る  官舎へうるさく来る  小屋へも来る  だんだんに解けて来る  座敷へ引っ返して来る  だんだん激しくなって来る  直ぐに取って来る  からぶらりと長く下がって来る  間から忍び込んで来る  掘り出しに来る  ゅうひゅうと頬を吹きなぐって来る  詮議に来る  托鉢に来る  夜更けて帰って来る  石地蔵に取り縋りに来る  だんだんよみがえって来る  だんだんにやつれて来る  声も、通って来る  老の来る  から飛んで来る  ほかで習って来る  茶を出して来る  待合から借りに来る  年若い友人は、来る  吉弥の来る  ッ腹になって来る  口のかかって来る  ッ母さんが来る  ッ母さんの来る  女優問題でわざわざ来る  から東京へ出て来る  青木が呼びに来る  近ごろ最もしげしげ来る  旦那がついているのに、持って来る  田島を棄てないなどと考えて来る  お袋の来る  下駄を持って来る  目に入れ代って映じて来る  向うから何とか言って来る  目にかわるがわる映って来る  得顔に浮んで来る  文句ばかりを言って来る  反動心が起って来る  私行があらわれて来る  どこまでもつき纏って来る  家根屋の持って来る  いずれ挨拶に来る  一度は来る  から、持って来る  微風に、動くともなく近づいて来る  九州から硫黄を買いに来る  一度九州から硫黄を取りに来る  日がきっと来る  釣り釣り出て来る  浮み上って来る  イヤでも悪くなって来る  方々に出て来る  誰一人婿に来る  隙がな引っぱり出しに来る  下一面に黄色くなって来る  高潮して来る  勝手口まで来る  巡査さんを呼んで来る  井戸端まで来る  深良屋敷へ上って来る  者すら出て来る  月が出て来る  暗夜が来る  草川巡査は、来る  一知が来る  アトからアトから湧起って来る  様子が見えて来る  この世へ落ちて来る  我が家へ戻って来る  とき出て来る  不満を感じて来る  相違が出来て来る  誤解が見出されて来る  それには、その拠って来る  善用法が判って来る  成長とともに随分違って来る  兄弟愛が出て来る  そこにはぐくみ育てられて来る  勇気も出て来る  失望落胆が来る  呼び声が起って来る  声が起って来る  友達のごとく、感じて来る  偶然判って来る  爪が酬い憎みに憎みが来る  調節せられて来る  癒って来る  ところから違って来る  午前中に来る  毒瓦斯弾が飛んで来る  成功も案外伴って来る  人間味を失って来る  却って後から証明して来る  蝗取りに来る  ところで違って来る  ときに出て来る  感情が昂じて来る  とこなんかへ来る  閑却されて来る  だんだん一緒になって来る  小便でもして来る  知識が生じて来る  進化して来る  意識して来る  考案を持て来る  数名本社に這入つて来る  休みなく溢れて来る  やうに湧き立つて来る  色彩られて来る  山から引かれて来る  胸一杯に息詰まつて来る  見物人が現れて来る  さつきから迎へが来る  つて走つて来る  それらしいと思はれて来る  厳か気に響いて来る  どこかへおっぽりだして来る  うちには考えて来る  三四月往って来る  ものか考えて来る  俺がかけあって来る  変にからまって来る  己にからんで来る  大将が来る  ふいにとび出して来る  下から頭をもちあげて来る  中から走り出て来る  あとから生長して来る  青味がさして来る  のどもとへ突き上げて来る  どこから、どうして嗅ぎつけて来る  通知をよこして来る  兄やんが、戻って来る  ボロイ銭が這入って来る  於て示されて来る  ものが現はれて来る  ために持つて来る  一面に飛んで来る  木像の戻って来る  思出の浮び来る  料簡で歩いて来る  口に出て来る  埃を上げて、やって来る  逃亡につき纏って来る  表面へ出て来る  一人一人に廻って来る  二三人這入って来る  うちは、呼ぶと返って来る  宿外れまで来る  跳って来る  むやみやたらに突っかかって来る  こっちへひょこひょこ歩いて来る  灯だけが細長く出て来る  矛盾が出て来る  めちゃめちゃになって浮き出して来る  ここまで引っ張って来る  男が連れて来る  奥へ来る  叩き立てて来る  しとどと落ちて来る  坑からだんだん競り上がって来る  ものも、来る  内に、上がって来る  逆に歩いて来る  階下段を上って来る  中から軌道が出て来る  耳へ跳ねっ返って来る  だんだん低くなって来る  三丁目へ来る  時分に、またぽたりと落ちて来る  音が伝わって来る  清水がしみ込んで来る  どっかから出て来る  踝からだんだん競り上がって来る  水が流れて来る  遊びに行って来る  途中へ来る  壁から落ちて来る  後へ出て来る  暇があったら来る  長屋まで帰って来る  急ぎ足で帰って来る  山から風が吹いて来る  壁土が出て来る  さっきから来る  肌まで浸み込んで来る  五六間手前まで来る  一昨日山を登って来る  ょいよっしょいと担がれて来る  椋鳥を引張って来る  お菜を運んで来る  流れは絶えず進んで来る  から入って来る  白菜なぞを抱え込んで来る  活動から来る  始って来る  難関が生じて来る  複合して来る  用が起って来る  時間をへて必ず起って来る  今後起って来る  いまに起って来る  ものだと分って来る  ことに気づいて来る  露わに迫って来る  頭脳に浮んで来る  渇仰して来る  手紙も随分来る  のに出て来る  三番町まで行って来る  家に連れて来る  散歩に行って来る  きりですがね、もう帰って来る  返事をして下りて来る  東京に出て来る  それじゃもう来る  正確に帰って来る  其処まで送って行って来る  十二時過に酔って帰って来る  洋燈を点けに行ったが、下りて来る  一刻毎に集り来る  小舟にのってやって来る  東から下りて来る  二一五〇メートルくらいへ来る  覗き込みに来る  家からここへ来る  国境まで来る  願いと出て来る  何も持って来る  問題は歪んで来る  組織的となって来る  組織されて来る  気質ものに出て来る  デパート的思想的棚ざらしとなって来る  装いをもって来る  実地を見に来る  方からだんだんと融けて来る  拓殖も進んで来る  気まぐれに訪ねて来る  ままちょくちょく来る  上におっかぶさって来る  火の用心をおし、と云って来る  のだが、みしり、みしり、と降りて来る  徐々に来る  底から何物かを握んで浮上がって来る  引立って来る  そこからまた次に来る  やうに飛び込んで来る  行つて訊いて来る  ために働きたいと申し込んで来る  逃げまどふて来る  海を吹いて来る  生命ながらへて戻つて来る  弾の飛んで来る  病院へ戻つて来る  探求がもち出されて来る  感情として湧いて来る  再現して来る  山々が次々に現れて来る  インターラーケンに戻って来る  雲煙が次第に多くなって来る  薄日がさし込んで来る  横なぐりに吹きつけて来る  二階に向かって、降りて来る  千駄が谷まで来る  火の手の来る  方へ迫って来る  煙があんなに早く来る  方からぞろぞろ帰って来る  飢餓が来る  バタバタとかけ込んで来る  声で喋ったり笑ったりして来る  淙々のひびきを伝えて来る  ラムネを飲みに来る  云つた落ちつきも出て来る  手伝ひに来る  つて逃げて来る  都会から流れて来る  路へかかって来る  ゆたゆたと来る  蝶が来る  扱帯と来る  東京から俳優が来る  朝ごとにまして来る  仕度して来る  方に上って来る  欠乏して来る  那ことが起って来る  附近を廻って来る  いつ誰が来る  口もとに来る  紫苑に来る  昏睡が来る  心はややともすると突き上げて来る  どんどん押寄せて来る  書斎に這入って来る  部屋に聞こえて来る  用意して来る  脚元からぐらついて来る  頃になったら来る  近く見えて来る  夫人は来る  照して来る  願ひして来る  ここまで従いて来る  誰だか近寄つて来る  あそこから現れて来る  端まで出て来る  内証で持つて来る  づれまで来る  それは当然来る  衝動が来る  野道を送って来る  夏から春のすぐ来る  声は又も来る、又も来る  会ひに来る  氷を溶かして来る  南京豆を取りに来る  井戸に来る  カモシカも来る  確実に進んで来る  小梅三界へ這出して来る  くそもなくなって来る  名前を書いて来る  冷え上っては来る  君は来る  一度位ずつは来る  俺たちのまえに出て来る  のがかれへまで来る  時をえて来る  歪みが来る  必と来る  ものを連れて来る  んなら来る  気の違って来る  大将、よく来る  気の屈して来る  しゅんで来る  世の中のつまらなくなって来る  から鰻が来る  合羽橋まで来る  ッと来る  奴の出て来る  ことをいって来る  身にこたえて来る  茶店からここへ来る  辺から薄暗くなって来る  刻に駈けて来る  上から流れて来る  魚も来る  ツイ胸が迫って来る  変り種が殖えて来る  中へ飛び出して来る  人間を殺しに来る  物の出て来る  怪物の出て来る  意味で引き出して来る  音をつかんで来る  胸にも来る  言葉も出て来る  直接君から来る  灯を入れて来る  者がきつと出て来る  あいだは、来る  正覚坊が来る  回礼に来る  魔力をあらわして来る  力将棋を挑んで来る  勃々と動いて来る  歩を打つて来る  茶店から此処へ来る  其辺から薄暗くなつて来る  上から飛び出して来る  出先から家に帰って来る  釜揚饂飩が来る  小田切時代が来る  ことをわざわざ申して来る  彼女を引きずり出して来る  階段を昇って来る  事から来る  電車のひびきが聞えて来る  言葉までが荒んで来る  声まで変わって来る  言葉が、絶えず漂って来る  五右衛門申されけるは、むかふへ来る  耳に入って来る  日は段々傾いて来る  皆の来る  合奏がきこえて来る  冷えが来る  ヘルミーナの持って来る  日比谷へんまで来る  形態をもって現れて来る  集団強盗が来る  抱へた一群が乗込んで来る  家に戻つて来る  買物に来る  時に必ず持って来る  金青年と来る  金が入って来る  院長の来る  彼方から聞えて来る  考のみが浮んで来る  胸はふくれて来る  我裡からのみ湧き立って来る  威勢がよくなって来る  雨がおとずれて来る  味の乗って来る  数は増えて来る  兵ト音して飛び来る  他が来る  一町ばかり来る  此方をさして走せ来る  何処より来る  爾が来る  僕は見て来る  女房も来る  女房もつれて来る  休みが来る  気候がどう違って来る  ノシノシやって来る  話は少しちがって来る  偏差までも出て来る  問題が起きて来る  嘘を書いているとは云えないとしても、現れて来る  モスクワへたのんで来る  自発性がたかまって来る  材料を集めて来る  寸評となって出て来る  ことは書いて来る  小説ん中へ出て来る  小説へ出て来る  新規に入って来る  今出て来る  西から東からおそいかかって来る  後からばれて来る  中に芽生えて来る  のび太って来る  葬列の来る  濛々として襲うて来る  のが流れ出して来る  久良を拉しに来る  差押人が飛び込んで来る  水の上を巻いて来る  ぐらに走つて来る  事であったが、こんなに早く来る  トランク一つ、持って来る  から、たぶん来る  一度廻って来る  閏土が来る  新年の来る  新年が来る  閏土も来る  彼は咬みついて来る  大潮の来る  いつここへ帰って来る  私の帰って来る  セエラが来る  音楽が聞えて来る  おこしに来る  掃除に来る  何となくくわっとして来る  声が響き出て来る  夜ごとに強くなって来る  慰めに来る  生活になじんで来る  顔がひょいと出て来る  莫迦らしくなって来る  往来がじめじめして来る  地下室から漂うて来る  窓口から下りて来る  の子に会いに来る  子供達が忍んで来る  の子がだしぬけに戻って来る  空想を、忍んで来る  屋根裏まで上って来る  ように、そっと這って行って来る  私、すぐ行って来る  救いが来る  部屋に入って来る  梯子を上って来る  顔をして出て来る  今日はしょげて出て来る  当分忍んで来る  何でも、欲しいといえば出て来る  片付けに来る  モスコウから帰って来る  だんだん好きになって来る  カアマイクル氏が行って、話して来る  ベッキイはしゃくり上げて来る  事実を見付けて来る  ロッティの来る  玄関を降りて来る  語頭以外に来る  ア列音が次に来る  母音が来る  語中語尾に来る  矢鱈に、つらく思われて来る  戸を開けに来る  人達がひきかえへして来る  から先に来る  しまつてゐるのに、まだこれから来る  何をしに生れて来る  時計とを見較べながら、刻々と迫り来る  五体に伝わって来る  深刻さが加わって来る  慰問に来るが、来る  入港して来る  無責任になれて来る  一枚を持って来る  形で現れて来る  スとよって来る  及び腰で出て来る  特高が来る  進行して来る  高度になって来る  意味とで分って来る  人達が沢山入って来る  アンペラ草履で渡って来る  から入れられて来る  六十日以上風呂にも入れず、むけて来る  大分出て来る  貧弱乍ら豊富に出て来る  研究に対して、どつと押寄せて来る  添へて来る  材料が殖えて来る  価値を増して来る  人が多くなつて来る  そこへ現れて来る  万葉集に現れて来る  祝詞などに出て来る  盛んに出て来る  中に這入つて来る  復活して来る  のが出来て来る  神様の降つて来る  自然に出来て来る  地上へ降して来る  外からついて来る  くつ着いて来る  曝け出して来る  証明して来る  から本当に出て来る  内側から向いて来る  言葉が出来て来る  外国語を持込んで来る  実力を得て来る  階級が割込んで来る  拾ひ集めて来る  魂が這入つて来る  ものが出来て来る  関係が出来て来る  話が沢山出て来る  申して来る  書物に出て来る  事柄が現れて来る  世の中が進んで来る  風に分れて来る  効力を持つて来る  処も出て来る  祝詞が出来て来る  宣命に現れて来る  文脈がまじつて来る  拵へて来る  世間に出て来る  敬語が殖えて来る  それに出て来る  狂言に出て来る  敬語意識がなくなつて来る  言表が出て来る  指令を持って来る  入口へよろめき出て来る  椋島君は、来る  代表者として出て来る  他より借りに来る  昔から飛騨より借りて来る  後を見ずに帰って来る  見物して帰って来る  看守がなだめに来る  毎月一度面会に来る  看守が呼びに来る  囚人だか分らなくなって来る  学究心が湧いて来る  東京港付近まで来る  向うへいって来る  侵入し来る  汁が出て来る  故郷に帰って来る  輸入伝播に付いて来る  思い出に浮かんで来る  桜田門へ来る  海城の来る  桧に群がって来る  徒は、来る  六群もはいって来る  毎日平均二通は来る  端書が来る  のと言って来る  平均三通ずつ来る  ことを言って来る  精神が燃えて来る  見舞いが来る  日がさして来る  三日目ごとに来る  眼が眩んで来る  余裕さえできて来る  その後送って来る  交換に送って来る  芽を出して来る  激暑が来る  郵便でばかり来る  本が来る  忌日が来る  らぞくぞくして来る  声が来る  眼がまわって来る  遠方から福音の訪れ来る  猫の来る  一本も出て来る  まり再々人が来る  毎度報じて来る  眼前に現われて来る  持逃げ氏などが集まって来る  鰹節をさらって来る  炭をさらって来る  ここに入り来る  ひとり彼方より来る  面会に来られたら来る  方へ働きかけて来る  中井から家へ来る  真相も遠からずハッキリして来る  受診に来る  非でも会って来る  病気なのに来る  コートなんか着て来る  階段を駆け上って来る  横浜へ帰って来る  ように蔽いかぶさって来る  ドン底から何が出て来る  セグリ出て来る  次第次第に輝き現われて来る  生理的の憂鬱症から来る  病院に尋ねて来る  想像が付いて来る  あとからあとから判明して来る  何処かへ棄てて来る  会社へ来る  十時一分の上りが来る  アカリがグングン走って来る  同伴し来る  何となくニジミ出て来る  筒抜けに聞こえて来る  から、遠からず出来上って来る  ように澄み渡って来る  縁談が申し込んで来る  一所懸命で追い掛けて来る  微かに洩れて来る  方から非常梯子を登って来る  ところをとって来る  休養して来る  しろから涼風が入って来る  のぼり二十分ばかり来る  参詣を終ってやって来る  くり上って来る  空気を吸いにでも来る  東京からスキーヤーが来る  調子がついて来る  感じばかりはっきり迫って来る  ホテルへ来る  夕方には帰って来る  地面に落ちて来る  カヌーを持って来る  球が来る  友人たちとよく来る  なにをはいて来る  怒りながら来る  お父さんが帰って来る  顎まで跳ねて来る  しろから流れて来る  自分にむけて来る  本棚から出して来る  さは蘇って来る  なかへ流れ出て来る  内部から立ち帰って来る  牛込に来る  四日したらまた来る  ところを歩いて通って来る  から通って来る  小原村から通って来る  心へ伝わって来る  毎週根津村から小諸まで通って来る  響も伝わって来る  仏蘭西語なぞが流れて来る  方から落ちて来る  旅して来る  それから後に来る  町へ入込んで来る  手を引き合って来る  復た下って来る  泳ぎに来る  岩蔭から白波を揚げて流れて来る  葡萄棚なぞを渡って来る  水明楼へ来る  老婆達が売りに来る  面白味でもあるかと思って来る  山を越して入込んで来る  早霜が来る  武蔵野へ来る  冬の近よって来る  潮の押寄せて来る  内までも舞込んで来る  青空が見えて来る  日が映って来る  寒い日が来る  小麦畠へ来る  投網をさげてよく帰って来る  畠へ下りて来る  波の押し寄せて来る  上田から牛肉を売りに来る  小諸まで売りに来る  眼を泣きはらして来る  全身顫えて来る  誰も訪ねて来る  蕾の黄ばんで来る  雪の襲って来る  君なぞが誘い合せてやって来る  何となく陽気に聞えて来る  山の上へ引返して来る  窓から眺めて来る  朋輩も訪ねて来る  ように働かせながら歩み寄って来る  江戸に高くなり、訪ねて来る  気違ひもたうとうかうして来る  から結婚問題を持って来る  資格で来る  いつ次のが来る  頬ぺたに来る  統一的に高めて来る  下からきこえて来る  襖をあけておけと、来る  診察に来る  ひとに働きかけて来る  気持がのって来る  二階にあがって来る  信を獲て来る  何か得て来る  調和が保てて来る  手がついて来る  きょう貰って来る  勉強して、来る  リアリティーが来る  姿が打って来る  ひとなりにいろいろ学んで来る  呼び出しに来る  塵を吹きつけて来る  番号を呼びに来る  うちに呼びに来る  かすかに伝わって来る  ことを言うなと来る  面影がふと浮んで来る  駅に近づいて来る  喰込んで来る  床で暮し、来る  表情がおもむろに現れて来る  苦悩をともなって来る  最後に現れて来る  身裡に甦って来る  ものに想われて来る  病人を運んで来る  時間をかけて来る  こっちにせまって来る  屏風が段々くずれかかって来る  波面を渡って来る  人にせまって来る  北風が持って来る  誰か尋ねて来る  さを失って来る  なかへ下りて来る  牛乳を引き摺りながらのぼって来る  ようにこみあげて来る  遠近にわかれて来る  威厳をあらわして来、しんしんと立ち並び、立ち静まって来る  鮮やかさを帯びて来る  まりに来る  私に帰って来る  だんだん上から消えて来る  山から帰って来る  ほうに泣き込んで来る  お金も送られて来る  しろむきになってはいって来る  あなたに来る  自家へ取りに帰って来る  空想が起こって来る  髣髴させて来る  力が起こって来る  銀座へ来る  割合すらすら出て来る  ーんと落ちて来る  冷静は来る  いらだちを覚えて来る  法要には出かけて来る  水を呑みに来る  オパールに来る  画が甘くなって来る  自然と浮んで来る  自分がわかつて来る  らできて来る  感銘をもって来る  臭気さえ漂って来る  部屋へは入って来る  ズッと活きて来る  議論に来る  片っ端から買って来る  華族ばかり出て来る  啓示的内容とより来る  学校から遅く帰って来る  腹が充ちて来る  方へ急いで来る  間じゅうの、あの抑えても抑えても脈々と湧き来る  生気をもって甦って来る  胸を轟かして通って来る  圧迫を強めて来る  苦労甲斐が現われて来る  不幸の来る  春風楼へ来る  室内に充ちて来る  身体でも洗って来る  あたし呼んで来る  わたしが帰って来る  彼女はすぐに来る  圧迫を与えて来る  彼女を圧して来る  力に充たされて来る  沢山人が訪ねて来る  座敷に帰って来る  楼主にすぐ来る  梯子を下りて来る  春が廻り来る  廻航して来る  彼から泊りがけに来る  涙のにじんで来る  ように乗り切って来る  景気を見て来る  今から金沢へ行って来る  燃えたって来る  瞳に滲んで来る  厭世に迫られて来る  二人にまた来る  瀬村とが来る  二度この世に生まれて来る  平一郎は帰って来る  金沢へ帰って来る  お供をして来る  意識に現われて来る  さが滲み出て来る  縹渺と湧いて来る  平一郎に迫って来る  全身を揺り動かして来る  自身に湧いて来る  服を着て来る  胸に生き来る  草を摘み取って来る  何だか我身に近付いて来る  答が出て来る  母出で来る  梢から来る  便を持って来る  拭ふて来る  赤蜻蛉がすいすい現れて来る  空襲に来る  ものが飛出して来る  視力が定まって来る  そうに歩いて行くまたは歩いて来る  煙草を持って帰って来る  煙草をもらって来る  んだが、来る  お巡りさんの廻って来る  湯銭をこしらえて来る  まさか、盗んで来る  おまじないをして来る  バットなりをもらって来る  金を、ただ拾い出して来る  顔を当たって来る  浅草へ帰って来る  形をとって迫って来る  歌をうたいながら帰って来る  私を来る  根気よく尋ねまわって、しまいにはとうとう探しあてて来る  板を踏んで通って来る  落しに来る  先へ来る  云つて二階へ来る  舞台現じ来る  石欄より登り来る  戸口より入り来る  ように吹いて来る  闇に現れて来る  廊下から段々近づいて来る  格子開き新二郎帰って来る  風呂へ行って来る  たねが帰って来る  今帰って来る  室に入り来る  得意で帰って来る  ツマラヌ奴に見えて来る  父は帰って来る  ら中が明るくなって来る  りこつりと落ちて来る  どこから落ちて来る  そこ覗いて来る  薄明になって来る  英語がいきかえって来る  云々するとひどく息まいて来る  響を運んで来る  ものをもって生れて来る  二十五日ごろ又一寸かえって来る  それを突いて来る  どこかへめり込む如く生じて来る  昼間によくきこえて来る  自転車にのって来る  座布団をもって来る  勢ではね戻って来る  後になりして走ってついて来る  ようでたまって来る  ままボックスを出て来る  ものになってたまって来る  感覚として来る  涙がこぼれて来る  チヤホヤのよって来る  中途から引きかえして来る  人がたのもしくなって来る  作家が来る  張り出しがいつの間にかついて来る  中野さんが来る  愚昧さから来る  気分で見られなくなって来る  部分が出て来る  二十六日ごろかえって来る  頂上が下って来る  木がひとりでにくさって来る  異によって相異して来る  愚鈍とその依って来る  サアお久さん花を買って来る  暮しかたで変って来る  後日現れて来る  内容が少しずつ分って来る  小説を直しに来る  実力を高めて来る  笛がきこえて来る  さが上って来る  客観性を増して来る  手足について来る  あしたあたり届けて来る  頃科学関係は来る  妙に張って来る  私へかえって来る  箇別的になって来る  つた後に来る  つても出て来る  動静を見て来る  原理は出て来る  インゴルシュタットへ来る  法廷に入って来る  慄え、やって来る  たまたま家に入って来る  わたしといっしよに来る  ことで、帰って来る  イギリスまでついて来る  あいをよこせと言って来る  いやしないかどうかを見に来たが、来るとすぐ帰ったし、来る  もんですかと来る  台所から釜を提げて来る  是非、取つて来る  名前が出て来る  入院騒ぎなどしていて、来る  樹へ来る  勤め先きへすぐ来る  夜汽車で来る  事務所に持ち込んで来る  これだけへ来る  ほかに来る  眼鏡を持って来る  腹を減らして来る  走り取って来る  全速力で駆けて来る  エ事が出て来る  私宅へ来る  容貌気質まで似て来る  嫁は来る  沢山土産を持って来る  手套を脱ぎつつ入り来る  猪が来る  千々岩は時々来る  内地雑居と来る  症候の次第に著しくなり来る  頭上に迫り来る  あとを慕うてむせび来る  彼が帰り来る  からちょいと来る  逗子に寄って来る  方より来る  金鵄勲章をとって来る  人の入り来る  黝うなり来る  武男が入り来る  車がらがらと引き来る  加藤子爵夫人はわき来る  新たにわき来る  いくつも重って出て来る  友達などが尋ねて来る  興味の湧いて来る  日本を出て来る  持ち重りがして来る  応対に出て来る  一室に送つて来る  ふから男が遣つて来る  照してみると、いつも帰って来る  証拠を押えて来る  ここへ遣って来る  刑事が出て来る  下宿へ帰って来る  ザワザワザワザワと逆立って来る  つれだって出かけて来る  混り合って、漂って来る  ネルロが出て来る  寺院から出て来る  心配事が起って来る  不幸が起って来る  ぐそばへおいて、集まって来る  だんだんかわって来る  宵闇がせまって来る  笑顔とは、つかれてかえって来る  遊びになんて来る  扮装して来る  歌のついて来る  誓約として利いて来る  生彩を放つて来る  外から入り来る  北御門へ来る  旅を来る  此は単に出て来る  明らかに起つて来る  圧へに来る  技巧から出て来る  私有地が出来て来る  歴史的関係が結ばれて来る  山人の来る  なかに来る  まじめに入って来る  形をすら顕して来る  ものにすら傾いて来る  主題は生まれて来る  寂しげに浮んで来る  社会的地位が、がらりと変って来る  二台仕入れて来る  トラックが出て来る  スピードをかけて来る  一杯引っかけて来る  ずくより来る  山のみ現れ来る  静かに寄せて来る  生徒も来る  檀一雄、来る  笑ひながら走り来る  ほうぼうから集まって来る  そいつを調べて来る  八ツまでには、帰って来る  師匠さんとこへ来る  白骨でも出て来る  つたから、来る  草原まで来る  鉞が降りて来る  大勢習いに来る  誰かが出て来る  勢いで突かかって来る  金龍館へ来る  世間も段々さうなって来る  鈴木俊夫も来る  ドン/″\入って来る  座へ来る  今夜は必ず来る  ちゃんと言へたが、さてさめて来る  客には実にピッタリ来る  受け方グッと違って来る  明後日家へ来る  砧へ来る  前迄来る  自然浅草式興行になって来る  穂積純太郎が叱られに来る  間宮パン人年始に来る  段々大きくなって来る  ワッワッと来る  神主の来る  楽屋へ来る  個所に対ししきりにくどく言って来る  こと言って来る  今度はすぐ来いと言って来る  ゆっくりと言って来る  名よりもずっとピンと来る  秋田実を連れて来る  船を下りて来る  川口が来る  後から鈴の音が来る  ワッと来る  憂欝が晴れない、むしゃくしゃして来る  勘定取り来る  板倉美爾緒が来る  二階へ訪れて来る  鳥を持って来る  客よりはピンと来る  欧州行き女生徒見物に来る  伊藤松雄、来る  程つまらなくなって来る  牛小屋まで連れて来る  放れ馬が走つて来る  声が降って来る  今宵も忍んで来る  森へまで、来る  ことが、降りかかって来る  場合には攫って来る  次から次と運ばれて来る  人達を、見廻って来る  恍惚として来る  麻痺されて来る  らと降って来る  まま徒歩で運んで来る  ちゃんとありますが、一度来る  此地へ来る  一こう帰って来る  検査して来る  対象がふれて来る  精神としてあらわれて来る  表現されて来る  ものか、来る  医官等も最早や来る  医者も来る  店番の来る  膳を持て来る  許へは沢山尋ねて来る  其うちで屡々来る  道理を推して述べ来る  店へ出て来る  茲まで考え来る  此辺へ尋ねて来る  女ならちょくちょく来る  底から浮き上がって来る  面へ浮きあがって来る  中から浮いて来る  底から聞えて来る  匐いあがって来る  左側から来る  声が高まって来る  囲りに起って来る  姿を装うて来る  息の弾んで来る  唸りを立てるほどに漲って来る  中にいつの間にか滑りこんで来る  頂上まで来る  唸りを立てるほど漲って来る  元気で帰って来る  辺が堅く張って来る  陰がさして来る  総理大臣が来る  間に勝って来る  なかった彼女は、当然来る  無限に起って来る  陰鬱を伴って沈んで来る  うちに、ひたひたと迫って来る  次の来る  愛着が出て来る  咲子が来る  さらひに来る  ものが飛びこんで来る  横丁を歩いて来る  身ぶりや、いつも落ちかかって来る  わきまで来る  豊野が来る  階子をのぼって来る  こっち、来る  余波が来る  小倉は、入って来る  ことを書いて、入って来る  八時半までにつれて来る  トスパイが来る  探照灯は追いかけて来る  学校へもよく来る  南東風が吹いて来る  浜へ飛び出して来る  空耳に聞えて来る  忍びこんで来る  彼を追っかけて来る  私も泣けて来る  問題が次ぎに来る  ところも出て来る  車を曳いて来る  時燕の来る  竿を売りに来る  お家へ帰って来る  眠む気がさして、うっとりとして来る  鈴の音が聞えて来る  重要なのは、その由って来る  無造作に、近寄って来る  何が現われて来る  愛情がヒタヒタと寄せて来る  賭場から出て来る  考えさえ浮かんで来る  府中へ来る  自暴自棄に斬りかかって来る  彼は、来る  人声らしいものの、聞こえて来る  父様を討ちに来る  わしを討ちに来る  今日聞こえて来る  今日あたり帰って来る  接近って来る  乾児を率い、襲って来る  山道を帰って来る  猟師は憤れて来る  野良路を帰って来る  耕地へ出たりして、走って来る  後から左門が追って来る  鍛錬から来る  流通こそはおのずからに現われて来る  山坂などを上って来る  六人で迎えに来る  髭をひねって来る  眼鏡を輝かし輝かし帰って来る  中爺さんが来る  子分を連れて来る  緊っても来る  背広を着て来る  ラジオを聴くといらいらして来る  疳癪が起って来る  ケースを取り出して来る  ドアを押して見たが、颯と来る  伝神にまで深めて来る  だんだん還元して来る  乗り下ろして来る  横さまに倒れ倒れ起き上って来る  天測点を見極めて続々と降りて来る  扇面など拡げて来る  首をもたげて来る  関門にかかって来る  目を瞑って来る  次から次から流れて来る  後から後からと来る  閃めき出して来る  閃めき流れて来る  奔り出して来る  後から後からと送られて来る  運搬台が来る  紙包みが来る  汽車で来る  プラットフォムを駈けて来る  音もきこえて来る  まんなかを歌って来る  急にまたひもじくもなって来る  三百人も来る  役人は来る  卵が湧いて来る  自動車の来る  飜って来る  小沼へ来る  大泊から廻って来る  幽かに光らして下って来る  北方に来る  中から飛び出して来る  向う蔭から響いて来る  何かが来る  音ばかり澄んで来る  船を離れて、こうして還って来る  だんだん日は遠くなるし、曇っては来る  寒ざむともして来る  酒気に乗って来る  小走りに駈けて来る  速力で漕いで来る  橇ね、乗って来る  行つて書いて来る  仕出し屋から運んで来る  後から兄さんも来る  返事の来る  屹度返事が来る  屹度今夜にも来る  変へて出かけて来る  汽車までついて来る  自分にも来る  歩き振をして返つて来る  お前附いて来る  画面から来る  画から来る  音羽通を戻って来る  通へ来る  観点からとりあげられて来る  批判が出て来る  福はこんで来る  十分満足して帰って来る  どこからか聞きつけて尋ねて来る  悪臭がのぼって来る  ことは、来る  大挙襲来して来る  族が襲って来る  自由にはいって来る  池に時々来る  晃一が来る  人々が空しく帰って来る  生活的翹望から来る  生産過剰からも来る  料亭から出て来る  要求されて来る  他から俳優を借りて来る  自信から生れて来る  ことに思われて来る  一つ先に来る  さそうに思われて来る  味ひとが出て来る  傾向が生れて来る  課題が生じて来る  生活から生れて来る  言葉が生れて来る  働き工合に、ピンと来る  文学現象が次々と現われて来る  のですけれども、馴れて来る  原稿を置いて帰って来る  絶望して来る  文学的自叙伝もこれから生れて来る  稀にかえって来る  五円十円と送って来る  誰かが売りに来る  酒代を借りに来る  子供をひとり連れて来る  効果は増して来る  面を伝って来る  新聞小説が情けなくなって来る  中から決然として来る  死期を思って来る  物狂わしくなって来る  獄人へ配って来る  牢内へ帰って来る  疲れは来る  夕風の来る  浮足を衝いて来る  軍勢も、追い来る  ことばが、こなれてはいって来る  音でもきこえて来る  条件がまして来る  リアリズムにまで育って来る  めざまされて来る  法則をひき出して来る  印刷能力からうちのめされて来る  婦人のしゃんとした評論家が生れて来る  ためには、来る  心に思い浮んで来る  正面に押し出されて来る  登場させて来る  日本においての来る  荷揚げに出て来る  升を探して来る  上手を見渡すと、来る  プラカードが来る  ドッカンやつけられながら進んで来る  存在化して来る  貧困化して来る  通観して来る  読者をうって来る  大陸にいって書いて来る  自ら普遍性をもつて来る  輪廓をもって見えて来る  素質が輝いて来る  線から来る  両方から来る  曇天の由って来る  生命硬化から来る  技術から来る  言葉がはいって来る  窓を通して入り込んで来る  没入して現われて来る  意味をもってかえって来る  栄えばえと現われて来る  衷心から出て来る  光沢が出て来る  生まれ出て来る  茶室から浮動して来る  文学がもつて来る  交渉して来る  結論が当然生じて来る  ブルジヨア社会から生れて来る  なりとなって来る  社会事実としてあらはれて来る  経済関係が生じて来る  非常に進んで来る  必要として来る  葛藤を生じて来る  情熱が消えて来る  明瞭に現れて来る  ちがいが、はっきり出て来る  彎曲率は、ひどくちがって来る  何十本と出て来る  巧く現れて来る  ものが生まれて来る  疑問が起こって来る  逼迫して来る  感銘に迫って来る  尤もらしく思われて来る  だんだん嵩じて来る  妙に殺気立って来る  頭を圧して来る  眼に見えて、進んで来る  使があって、早速来る  安心が、溢れるともなく、溢れて来る  ように、押し返して来る  首を取って来る  のも、またよって来る  事情は次第に変わって来る  方から起こって来る  思想が現われて来る  実験学科も著しく這入って来る  法螺貝を採りに来る  妻が戻って来る  それを用いないで又来る  肩に引っかけて帰って来る  雨を催して来る  心に抱いて来る  生活は開けて来る  宗教も生れて来る  問題が起つて来る  振舞ひから来る  盗賊どもは喜んで出て来る  物がはいって来る  平気で迫って来る  義務が出て来る  浮遊して来る  均霑とより来る  陳が戻って来る  馬に載せて来る  描写を待たずに生じて来る  卸ろして来る  面白い結果が徐々に生れて来る  力が満ちて来る  ここへもし来る  中に活きて立ち上って来る  陳が来る  芸術化されて来る  局限が見えて来る  生贄に進み寄って来る  わたしに来る  毎日餅を買いに来る  毎日かならず来る  女は追って来る  えびすなどが押し寄せて来る  それを届けて来る  叩きに来る  ここぞと飛びかかって来る  客人が来る  夜なかに帰って来る  下へはいって駈けて来る  不足になって来る  戦争をしかけて来る  奴が本当に出て来る  底から湧きあがって来る  技師長武田博士の来る  波はいよいよ荒くなって来る  音だけが聞えて来る  だんだん下へ降りて来る  煙につつまれても、びくともせずに降りて来る  どこまでも追っかけて来る  油が浮いて来る  遊撃潜水戦隊は、低く低く飛んで来る  猛獣のように襲いかかって来る  瞼が熱くなって来る  雨はいよいよひどく降って来る  牙を光らせて、しのびよって来る  戦雲は、いよいよ暗くなって来る  遊撃隊めがけて進んで来る  みな殺にして来る  血の上って来る  東洋へのびて来る  家へ売られて来る  今夜きっと来る  醤油を買って来る  屏風を贈って来る  疾に来る  こちらに近づいて来る  児はまた活きて来る  さばかりが込み上げて来る  うねりがおしよせて来る  目のあたり甦って来る  今日それを返して来る  賊などが無暗にはいって来る  所へも来る  りあるいて、帰って来る  味はひ分けて来る  仕事も次第に顕れて来る  一面も次第に顕れて来る  為にばかり勿論生まれて来る  過去からも来る  もの、出て来る  事実が直ぐぴんと来る  子供にもぴんと来る  医者が迷って来る  つた政治的価値をもつて来る  獲得して来る  話を聞いて集まって来る  箱へ戻って来る  厭味が出て来る  事がよく分って来る  美樹君ももう来る  紙は出て来る  泣声が洩れて来る  愚かさから来る  ものが飛び出して来る  近く舞って来る  前後を囲んで練り出して来る  死骸もまた追って来る  子の寄って来る  大水をわたって来る  水面を浮かんで近寄って来る  和尚も一旦はやや退いたが、やがてまた進んで来る  捕手の来る  泥坊が来る  体にかかって来る  中から仕送りして来る  上からかぶさって来る  あとより来る  親父ももう帰って来る  間あらせず駈けて来る  どっちへついていいか分らなくなって、ほんとに泣き出したくなって来る  毎日入り込んで来る  外より呼ばわりながら帰り来る  湯にでもはいって来る  三人四人打ち連れて訪い来る  げに入り来る  間歇的に襲って来る  ぞろぞろと出て来る  処へ飲みに来る  今晩から来る  以前からスワンへ来る  女をつれて来る  なりで来る  着物で来る  奇蹟でも現れて来る  夕明りの射して来る  序幕の来る  吐息をつきながらも来る  覚醒が近づいて来る  下を来る  形に落ちて来る  集つて来る  杭州へ乗込んで来る  何処かをさまよい歩いて来る  観客の来る  恋愛関係が生じて来る  文字が実にはっきり来る  さと、押しあげて来る  唐子達はついて来る  身体に伝えて来る  乗合馬車が来る  小川に向って来る  歴史から来る  於て描き出されて来る  中に時々めざめて来る  現象としてあらわし来る  乙が来る  順序につながって出て来る  日曜に来る  五六丁も来る  両人の出て来る  手際を帯びて来る  理想があらわれて来る  優劣はついて来る  幾らでも出来て来る  幾らでも出て来る  かしくなって来る  伜の来る  食堂へ訪ねて来る  上を滑って来る  新七が来る  下から頭を持ち上げて来る  馳け廻って来る  広瀬さんが帰って来る  東京を見に来る  側へ言いに来る  印象から出て来る  内から弁当を持って来る  弁当箱を提げて出て来る  食堂に這入って来る  中心として成り立って来る  そこには飛び来る  孔があって、その飛び来る  疎らに飛んで来る  索めて飛びこんで来る  色着いて来る  近在から町へ売りに来る  特に大形に育ち来る  から吹き来る  沼から来る  中をばさばさと近づいて来る  差が追い追い小さくなって来る  右手から押し出して来る  場合にうまれて来る  川水は刻々増して来る  さと共にすさまじくなって来る  目ににじんで来る  方法も浮んで来る  心が白々しく見えて来る  草葺小屋が見えて来る  負担となって感じられて来る  土を掘りかえし、芽生えて来る  疲労から来る  肌身に迫って来る  声で、どっと押しよせて来る  彼はせりあげて来る  形は変っても、忽然と噴きだして来る  音がとどろいて来る  姿をのっそりあらわして来る  骨組みがあらわれて来る  渡し船の来る  一団となって流れて来る  ここまで上って来る  なかからあらわれて来る  先方から泳ぎよって来る  胸もとにせきあげては来る  胸をつめたく浸して来る  川面を吹きぬけて来る  清涼に吹きあげて来る  耳にひびいて来る  調子で湧いて来る  疼みが伝わって来る  そこから指図して来る  膝をついて、出て来る  馬の来る  出眼が血走って来る  滔々とすべりだして来る  前に描かれて来る  棟梁を送りとどけて来る  匂いがただよって来る  唄もいさましく送られて来る  凝固して来る  鼻ッつらには迫り来る  ことを成し遂げるまでは、なかなか戻って来る  道具を取りそろえて来る  動作にひとりでに現われて来る  のしあがって来る  黎明の来る  夜明けの来る  ようにひろがって来る  音たてて響いて来る  ような来る  家族とともに移って来る  家中のものを連れて来る  蝦夷地に来る  部隊をひきいて来る  逆光線を浴びて見えて来る  阿賀妻らが近づいて来る  雰囲気として触れて来る  風に乗って伝わって来る  たそがれの来る  酔がまわって来る  音に似て来る  葉が散って来る  流れが見えて来る  膏ぎった処女地も浮んで来る  はしけの来る  目鼻が見えて来る  佇立して、乗りこんで来る  憎しみが湧いて来る  上から降りて来る  下からぴりぴり響いて来る  もやもやッとして来る  ところまで堕ちて来る  なかった、来る  みんな安楽に見えて来る  トキ女にとっては、生れて来る  生命が生れて来る  取り扱いを教えてやろうと勇んでやって来る  暴化て来る  却って落ち着いて来る  疑懼がきざして来る  事情がわかって来る  夢にまではいって来る  家中が来る  息吹きが漂って来る  なかからも来る  おし流れて来る  仕立物を持って入って来る  王様が来る  引擦って来る  何か落ちて来る来る  崖下まで下りて来る  客間へ入って来る  尾行して来る  安南王が入って来る  ようにして進んで来る  大八車を洩いて来る  理詰めにして来る  走り寄って来る  門から溢れ出して来る  ように駆け寄って来る  証拠を捜して来る  発覚し来る  此処へ戻って来る  からここへ入って来る  ひとつ朝飯の来る  野毛山が壊しに来る  玄関端まで出て来る  早足で入って来る  廊下を見廻して戻って来る  胸先へ突き上げて来る  ようすで入って来る  如くに駆け寄って来る  玄関を閉めに来る  局長が入って来る  目に逢ったよ、といいながら入って来る  鶴子を背負って上って来る  ダイヤモンドを持ってやって来る  花を連れて入って来る  小径を駆け上って来る  情況を刻々に報じて来る  手を取り合って出て来る  賭場を覗いて来る  中から本を探して戻って来る  前へ戻って来る  真名古を訪ねて来る  中へ踏込んで来る  以上五人が次々に入って来る  工事場まで来る  道を引返して来ると、来る  刻一刻東京へ近づいて来る  悶着を続々と持ち込んで来る  どこからともなく響いて来る  一本から響いて来る  あなたを攫って来る  から殺しに来る  恰好で入って来る  傍まで戻って来る  傍に近づいて来る  方に近寄って来る  ひた走りに飛んで来る  しか見えなくなって来る  のか、どうしても解らなくなって来る  じわじわ迫って来る  意識にせき上げて来る  而も、こうやって、制し難くこみあげて来る  白夜がはじまって来る  日覆が来る  花など持ってたずねて来る  青緑色に澄み光って来る  空の来る  らへて来る  うちにとび込んで来る  うちにおどり込んで来る  魂にまでよせて来る  常識へも映って来る  窮し方がひどくなつて来る  のだらうと怪しまれて来る  群り出て来る  事ばかりが、来る  合はせて、ともすれば出て来る  問題は、また一層大きくなつて来る  胸がせまつて来る  後を追つかけて来る  丈けがこみ上げて来る  後から浮んで来る  上て来る  頭をもたげ始めて来る  一度におしよせて来る  間に起て来る  上に表はれて来る  /″\に、浮んで来る  其処まで考へて来る  決心が来る  ジャムなんかを持って来る  廊下を戻って来る  嫉妬がこみ上げて来る  はじめから此処へ来る  静まつて来る  益考へられて来る  空から降って来る  大写しになってかぶさって来る  鵙が来る  そいつが来る  出張所へ来る  前方から誰か来る  ようにぬっと来る  カケてもらいに来る  白痴が来る  観光団が来る  花に来る  球茎から芽が出て来る  地下茎から出て来る  昆虫の来る  この世に生まれ来る  要求と押して来る  ダンダン形をとって来る  足許に落ちて来る  肩に喰い込んで来る  人間の来る  愕きが覚めて来る  中を踏分けて来る  誰かが近寄って来る  静かに伝わって来る  ワッとばかりに飛出して来る  幾人も来る  天から降つて来る  それが持って来る  買い手の来る  今日、来る  窓下に戻つて来る  網を担いで戻つて来る  思ひ出が浮んで来る  一つ荒れて来る  浪が押し寄せて来る  のであるが、馴れて来る  ぼんやり浮いて来る  柄にからみついて来る  庭に出て来る  ころ帰って来る  徐ろに聞えて来る  手にとる如く浮んで来る  曠野が浮んで来る  いつのまにか、ゆるんで来る  荒廃は、いよいよ、まのあたりに開けて来る  南へ下って来る  においは、伝わって来る  冗談を言いかわして来る  柄へ感じて来る  勢いで、あふれて来る  微笑が浮かんで来る  音さえ交えて、またひとしきり飛んで来る  外へ、ひしめきながらあふれて来る  前後左右から落ちて来る  足もとに迫って来る  土のこわれをぬけて、続々として、つどって来る  痛みさえ、どうやら少しずつ加わって来る  涙がたまって来る  汗がわいて来る  中から、ひっきりなしにあがって来る  んで来る  心を満たして来る  前へおりて来る  とぎれとぎれに落ちて来る  まくらもとへすりよって来る  梯子をおりて来る  玉になりながら、たまって来る  静かに、ここちよく、あふれて来る  のだけれども、もし買いに来る  ひとさえ出て来る  口に出したくなって来る  ように、こんぐらかって来る  之を覆いたくなって来る  蟹が這って来る  垢で黒く光って来る  香奠がわりに持って来る  妓の来る  ラジオ塔から流れて来る  教師がはいって来る  アパートに来る  塵芥を捨てに来る  省線駅に来る  ところから射して来る  隙間に忍び込んで来る  猿の来る  ものですから、こんなに来る  芋を取って来る  盛に煮上って来る  拓本中に往々出て来る  逸話から聯想して来る  全面にまでにじみ出して来る  何か掴んで来る  辺から来る  脅威し来る  反噬して来る  必需から来る  つきの業を得て帰って来る  動し来る  口から次々に出て来る  鼈四郎はこう思って来る  平常通り聳立って来る  茶を飲んで来るか、喋って来る  鼈四郎が来る  間柄になって来る  僕にせまって来る  元亨釈書などに出て来る  九段坂の下まで来る  人が流れ流れて集まって来る  自然美観のうへにも出て来る  印象的に来る  ことに濃かに働いて来る  抒情詩に絡んで来る  社会意力が出て来る  音律から導き出して来る  世間全体になくなつて来る  性欲から来る  感覚を移して来る  猫が追っかけて来る  京町あたりから路地づたいに今頃戻って来る  曳込んで来る  トンと来る  芳原近くへ来る  憂慮は無いと思って、とぼとぼ遣って来る  雪の降り来る  そのまま別れて遣って来る  淙々と湧き出して来る  間から洩れて来る  のですから、来る  人たちが、たびたび来る  茶果を運んで来る  歌が聞えて来る  木の間を洩れて来る  大声を挙げて追ひかけて来る  どこから聞えて来る  酒を買いに来る  波頭が来る  二日後に来る  瞳は来る  西洋から帰って来る  廂房に戻って来る  若い女教師も来る  動物が時々来る  方へ発して来る  後からてつきり随いて来る  蔭迄来る  プラットホームまで来る  八四歩と突いて来る  変つた手で来る  手を指して来る  制限が出来て来る  午後診察に来る  乳母が来る  顔になってポカポカ浮いて来る  カッカして来る  ことが違って来る  ことから判って来る  ことを知って来る  お金が欲しくなって来る  蚊が出て来る  なんでも、どうでも、よくなって来る  生きることに、ずいぶん張り合いも出て来る  からだに伝わって来る  自分が生れて来る  自然とわかって来る  一夜おくれて来る  モンペをはいてやって来る  はじめてうなずいてついて来る  時、うかんで来る  ゴーゴーと帰って来る  読者に迫って来る  人や来る  河に上る如く次第に近付いて来る  中へ進んで来る  ひまなきに襲い来る  上より飛び来る  千里の深きより来る  盾をとって来る  通い路より来る  岸に近づいて来る  源氏その他のものには出て来る  伝説型に直されて来る  命を持つて来る  結婚問題が起つて来る  生れに来る  世界からは屡々来る  世界を訪れて来る  身の上相談に訴えて来る  サロンに来る  ほのぼのと明けかかって来る  鞭が降り落ちて来る  人間が忍び込んで来る  チョイチョイ方々に出て来る  マダムの来る  体温表をもつて来る  だんだん有りがたくなつて来る  顔ばかりが浮んで来る  ことわりなしに刈りに来る  困難が出て来る  貧弱になり乾いて来る  経済問題が出て来る  時起って来る  客観的にもなりたって来る  展りもできて来る  範囲にまで進んで来る  話題にのぼって来る  さで煮えて来る  ことが考えられて来る  誰かが買いに来る  藤原時代が来る  女と来る  多分に持って来る  大変違って来る  働きをもって来る  種別が出来て来る  上昇して来る  物を持って訪ねて来る  バスが来る  立原が来る  下着姿で降りて来る  加納さんは来る  ヨシオにも来る  テーブルへ来る  自分に向けて歩いて来る  スリップを持って来る  雄二が突然に帰って来る  雄二がいきなり帰って来る  誰かと来る  算えながら垂さがって来る  一つ済ますたんびに、きつと来る  あたしが訪ねて来る  人生にもたらして来る  地位から来る  心にさしこんで来る  表現で、忍びこんで来る  対比をもとって現れて来る  否定に立った問いかけもきこえて来る  生理的要素から来る  姿があらわれて来る  道が来る  食器が生まれて来る  本格になって来る  洗面所に来る  大林から下りて来る  暗がりを点れて来る  のは、その点れて来る  一番ぴったり来る  心持としてふれて来る  内容をもって来る  哀れまざまざと浮立って映って来る  電気に感じて来る  過労から来る  雨霰と降りかかって来る  転落して来る  解決して来る  実をいうと拾って来る  裏手に来る  んだが、生かして持って来る  往来から拾って来る  胸算用をしいしい来る  フン奪くって来る  ダニがたかって来る  婚約を申込んで来る  仇を取って来る  娑婆に引返して来る  声がハッキリと聞えて来る  ウチへ来る  アトカラアトカラ持上って来る  準備をして出て来る  先へと来る  ものとして持って来る  ことが殖えて来る  ようにしてつれて来る  棄って来る  同化から来る  ぶんぶんやって来る  方へ動いて来る  提灯を点けて来る  ぶんぶんやつて来る  店へ帰って来る  一日じゅう遊んで来る  それまでに来る  余裕が減って来る  こじつけになって来る  恐怖は益々募って来る  破綻が起って来る  バスが響いて来る  花束を届けて来る  十万になって返って来る  のか、それでその来る  列車の来る  頭をすりつけて来る  毎年寒い時候が来る  上に沸き上がって来る  へんまで見て来る  ように弱められて返って来る  ように返して来る  ここまで買いに来る  頭にきいて来る  上に浮かび上がって来る  馬をも包み打つて来る  ゆつくりと流れて来る  その男は、近づいて来る  もと通りぴんぴんして来る  にゆるい感動の湧いて来る  磧石からむつと立つて来る  中空から下りて来る  加へられると忽ち跳ね起きて来る  船体が見えて来る  先方からすつと近づいて来る  極端に目立つて来る  人影が歩いて来る  今泉の近づいて来る  無邪気さが現れて来る  ぞろぞろ群をなして出て来る  上つてそれからやつて来る  拡がりが現れて来る  身体中からこみ上げて来る  恰好で降りて来る  ぢりして来る  半ばあたりへ来る  自然と弾んで来る  河原町へ出て来る  早朝に出かけて来る  一散に飛んで来る  年配から来る  由子が来る  一人後から来る  身体中がさつと目覚めて来る  往診からもどつて来る  変化が歴然と現れて来る  ほど、来る  静かになり温つて来る  頭を持上げて来る  署長はじめ自動車で来る  房一達の来る  房一は来る  房一の来る  勢ひを盛り返して押し寄せて来る  近いうちに遊びに来る  歌詞とを訊ねに来る  幸ひが来る  名を持つて来る  山から採集して来る  宛見に来る  合致が感じられて来る  向方から響いて来る  二三日うちに来る  都から出張して来る  吹聴に来る  つてから訪れて来る  向方からやつて来る  夜、来る  弓張提灯を振り翳しながら勇みたつて来る  村人が来る  廻集に来る  カバンを提げてやって来る  馳け込んで来る  現場まで来る  講義に来る  差配人が向うから来る  曲角まで来る  後から後から来る  無心をいいに来る  物売りがよく来る  ものを買わんかといってはいって来る  訪問客が来る  皆丸の内に集まって来る  中から現れて来る  からやみを突いて来る  全速力で来る  上野から電車で来る  いつ驀進して来る  辛抱するが、大降になって来る  調和ともなって現れて来る  友達がはいって来る  飛行船も来る  天上して来る  近郊から来る  東京駅に来る  旅客が集まり来る  景気よく駆けて来る  それは近々来る  ちょっと東京見物に帰って来る  私には迫り来る  大波の来る  石に来る  ものを盗んで帰って来る  幾匹か現れて来る  心へ喰い入って来る  悔恨が出て来る  ものだって、分って来る  事が分って来る  妹とは段々似て来る  目つきで近づいて来る  所に直ぐ起って来る  前へ表れて来る  興味から来る  半ば迄帰って来る  何処からか漂うて来る  傾向から来る  姿で現れて来る  眼にはっきりと見えて来る  ハンケチを盗み取って来る  底から出て来る  乍ら這い寄って来る  形が見えて来る  眩暈が起って来る  幽かに入って来る  き死が来る  私はいくらでも尽きずに出て来る  目醒めて来る  時間つぶしに出かけて来る  村人の這入つて来る  人は、来る  奥さんの持って来る  薬をとりに来る  身に纏わって来る  客に来る  我邦に入って来る  舟が、戻って来る  中心から私を尋ねて来る  しろからくっついて来る  だんだん分かって来る  声器からでて来る  まさかここまで来る  どこから聞こえて来る  レシーバーから聞こえて来る  警官もこわがって、やって来る  批判から来る  のしみな事が出来て来る  考えが出来て来る  上にも現れて来る  声でひびいて来る  様なこえがひびいて来る  キレギレにうかんで来る  頬にさしこんで来る  心からしみ出して来る  様に波立っておしよせて来る  すき間からもれて来る  事でも起って来る  様に起って来る  あした夜かえって来る  目八分にささげて入って来る  額に落ちかかって来る  上におっこって来る  見当をつけて尋ねて来る  明日はまた、次に来る  友達の来る  事が起こって来る  闇がどうっと押しよせて来る  重うく感じて来る  場所から見えて来る  額へ落ちかかって来る  どこまでも来る  道具を抱えて来る  いるか、ちっと見て来る  差し込みが来る  から響いて来る  延長して来る  大和ホテルから持って来る  調査課へ来る  門前へ売りに来る  闥を排して這入って来る  数が増して来る  方から大連へ出て来る  大連に来る  下に集まって来る  死骸が出て来る  何か掘りに来る  旅順に来る  二丁ほど来る  から応接間へ帰って来る  湯が湧いて来る  傍まで帰って来る  砂を押し流して来る  トロの来る  遊に来る  二十間も来る  遠くから流れて来る  際限なく押し寄せて来る  苦もなくのそのそ上って来る  ものが浮いて来る  店の立込んで来る  横に這入って来る  下から濛々と飛んで来る  満洲に来る  新聞に書いて来る  寂かになって来る  こっちへかえって来る  京子の来る  京言葉を習って来る  上品なこの来る  シーン、とぶつかって来る  半ほどまで来る  下男が迎えに来る  往って謝って来る  内証で来る  夜遊びに来る  境まで来る  目標が見えて来る  これを持って来る  類例から推して来る  神の寄り来る  神の国から神が寄り来る  日本婦人が出て来る  表現せられて来る  詩賦から朗詠が生れて来る  不足感が出て来る  統一せられて出て来る  資格を認めて来る  田に出て来る  行つて、又もぐり出て来る  玉を得て来る  中から霊魂が出て来る  いふ所から起つて来る  荒波により来る  音が洩れ出して来る  軒先からためらい流れて来る  幸福を授けに来る  寿詞より分れて来る  脱落して来る  国家組織が、次第に進んで来る  価値を高めて来る  者が出来て来る  事実が現れて来る  頃からはつきりと現れて来る  寿詞より出て来る  意識から生れて来る  感情をまとめて来る  譬喩が生れて来る  形が、出来て来る  此傾向から発達して来る  形が現れて来る  形が分れて来る  所から、生れて来る  結末が離れて来る  人が出来て来る  恋愛詩が生れて来る  時代より出来て来る  年頭に早く来る  どこまでもおぶって来る  小五郎、突然斬って来る  湯呑がとんで来る  親爺が帰って来る  念が湧いて来る  記憶がうすれて来る  鮮やかになって来る  作物も見えて来る  目に立つて来る  万葉集らしく見えて来る  電光など落ちて来る  見物人も出て来る  小走りに駆けて来る  事実其ものとして感ぜられて来る  いで攻めかけて壊して来る  道の現れて来る  花束を持ちて入り来る  乳桶を提げて出て来る  花束を売りに来る  遠方からわざわざ食べに来る  日になると、けろりとして来る  茶屋に来る  ソバを食べに来る  それがいつも出て来る  大阪からも来る  スタイルを得て来る  それがまた慣れて来る  大挙して押しかけて来る  事務所へ暴れ込んで来る  条件を持つて来る  上に持つて来る  素人は来る  ことぢやなくなつて来る  表面に表はれて来る  菓子折なんか提げて来る  つて飛び出して来る  山を降つて来る  から狸を受取りに来る  立花伯爵が来る  伯爵が来る  素子が付いて来る  大勢付いて来る  分だけこつちへ持つて来る  だんだん、ほてつて来る  上から下へ落ちて来る  マチ子さんは来る  彼氏、来る  微笑も浮んで来る  はつきりこつちへ漏れて来る  微笑がこみあげて来る  鉱山を通って来る  時刻に戻つて来る  襟首へ降り込んで来る  前後して訪れて来る  ことにもなって来る  返事があらわれて来る  分りかたで分って来る  人生へもたらされて来る  人間交渉が生じて来る  いきさつをもって来る  喉に湧いて来る  条件の加わって来る  ほうにまで出て来る  世界観が違って来る  程出て来る  殿堂が見えて来る  人間の顔が見えて来る  だんだん透きとほつて来る  隙間が見えて来る  今しきりに戻つて来る  間を洩れ来る  向うに来る  四阿へ見に来る  沢山に飛んで来る  吹て来る  米代を稼いで来る  梯子段を踏んで帰って来る  店に泊って来る  んが来る  僕に迫って来る  だんだん透きとおって来る  今しきりに戻って来る  そこから漏れて来る  物が生きて来る  八百屋などが来る  事を色々思い出して帰って来る  何だかだんだんに変って来る  疑問が益々深まって来る  胸が苦しく成って来る  時もやがて来る  先きに来る  中をわけ来る  音洩れ来る  冬早く来る  悲しみ一時に湧き来る  耳に入り来る  林檎よいつも来る  煙草恵めと寄りて来る  町まで来る  木陰にひたひたと這い寄って来る  十羽以上で帰って来る  嘲罵と見ないで来る  広告に顕れれて来る  大洋へ押し出してすこし暴けて来る  失望を齎して帰って来る  ケエプ・タウンへ来る  南亜から呼ばれて来る  かすかに洩れて来る  漂ふて来る  奥から流れて来る  永遠のいのちから流れて来る  内殿から流れ来る  やうに打ち寄せて来る  内に現じて来る  中頃まで来る  心にはっきり戻って来る  疵も少しずつなおりかけて来る  ソロソロと帰って来る  一寸人が近くまで来る  胸に突き上って来る  伯母さんが来る  きり浮んで来る  案内を乞わずに黙っていきなりつかつか這入って来る  記憶が突然甦って来る  医師は来る  中からせり上がって来る  玄関へ飛び込んで来る  家から帰って来る  幹事が知らせて来る  感などが甦って来る  場所まで持ち続けて来る  雨が折々落ちて来る  菓子を運んで来る  はつきり聞えて来る  囃子が聞えて来る  人が、こつちへ来る  律動を以て浮んで来る  複雑性を増して来る  事物に触れて来る  運命がひどく辛く当って来る  可哀そうだといって、来る  家へ連れて来る  なかに現われて来る  ツェねずみの来る  勢ひでおし寄せて来る  文字となって現われて来る  膝まで来る  河岸まで来るともなく歩いて来る  持ち主の来る  街外れに来る  ニコニコ笑いながら帰って来る  香潮が上がって来る  綱を結び付けて帰って来る  誰一人ここへ出て来る  外に近づいて来る  王宮に来る  目にかかりに来る  だんだん晴々して来る  二月で帰って来る  青眼先生が来る  宮中に来る  家に遣って来る  着物を着て、喘ぎ喘ぎ走って来る  悪魔が来るか来る  誰も従いて来る  真中あたりから聞こえて来る  病気を見に来る  彫りから洩れて来る  山を越えて来る  方向からほのめいて来る  硝子窓越しに聞えて来る  中央まで来る  パラパラ落して来る  蹙って来る  蝙蝠岳から来る  後から追い冠せて来る  谷は、益す迫って来る  穴からでも来る  私たちに向って来る  峰を伝わって追いかけて来る  徐ろに集まって来る  心底からこみ上げて来る  山上目がけて来る  ヒューと襲って来る  倉橋君が来る  西へと延びて来る  二人蹤いて来る  一寸位ずつ這い上って来る  人間が入って来る  静粛になるだけ、それだけ、一層凄まじく高く響いて来る  風が吹きつけて来る  直下まで来る  側へ、寄って来る  泌みと味われて来る  最北端まで来る  間を分けて上って来る  生垣のまえまで来る  小半町ほども話しながら来る  足も軽く戻って来る  たよりに、来る  書物をこっそりと持ち込んで来る  砂糖袋を持って来る  指南をうけに来る  娘も来る  職人の子供も来る  通りにあつまって来る  二三人通って来る  町家の子供ばかりが通って来る  毎日毎日根よく押掛けて来る  駕籠で通って来る  空車が引返して来る  中ほどまで来る  照之助が来る  木戸口へ忍んで来る  照之助は来る  吟味が重なって来る  真向に吹きつけて来る  窓から持って来る  探偵を連れて戻って来る  僕が戻って来る  爪先から腹にまでも伝わって来る  肌が見えて来る  木と共に下って来る  奈良田から湯島へ来る  食料を持って来る  豆をとりに来る  落しを運んで来る  見物もあきて来る  戦友たちに来る  たまに出て来る  海上を吹いて来る  声さえ用いられて来る  ヨーロッパへ行って来る  雪の下から芽を出して来る  選択し、取込んで来る  今こちらへ歩いて来る  万葉集などによく出て来る  奥さんは、来る  蟹田に来る  ここに運び来る  胸にせまり来る  子を連れて来る  打越して来る  梢から雨のしづくが落ちて来る  南より来る  東より来る  名前も出て来る  事情もわかつて来る  無理はないと思はれて来る  遠方から取りに来る  奈良よりも、佳くはないか、と思はれて来る  箇所に来る  げに聞えて来る  もう二度と、来る  逼ひ込んで来る  同行して来る  御座候も来る  向方から戻つて来る  ここへ時々来る  感情にふれて来る  朗らかに聞えて来る  自然と浸み込んで来る  今らしくなくなって来る  ちょっと散歩に行って来る  上調子に見えて来る  夜寒がしだいに増して来る  二三日中に何とか云って来る  日曜が来る  どこまでも進んで来る  節を繰り返して来る  機会がきっと出て来る  奥に浮いて来る  叔母が来る  引移って来る  道具屋が来る  物の落ちて来る  掃除屋が来る  通り路がなくなるくらい茂って来る  宗助も帰って来る  正面まで来る  蚊だって持って来る  書画類をしきりに持ち込んで来る  のを取り出して来る  小遣でも貰って来る  御酒を呑んで帰って来る  酒気を帯びて帰って来る  何か聞いて来る  いつものように折り合って来る  さが浸み込んで来る  電話を借りて、すぐ来る  玄関に上がっても、出て来る  家族を捕えに来る  東京まで出て来る  反物を背負えるだけ背負って出て来る  寝る時間が来る  山から流れて来る  来年また帰って来る  景色を見て来る  外から靴を汚して帰って来る  時を潰して来る  ものが、来る  安井の来る  夕飯を食いに来る  役所を休んで遊んで来る  ちょっと坂井さんまで行って来る  現実が映って来る  耳ざはりになる箇所ができて来る  其時の来る  瓢屋などに来る  ア行つて来る  のちに来る  予覚は常に来る  方々から頼んで来る  心配されて来る  昇進して来る  みなこちらへ来る  評判になって来る  見極めがついて来る  註文でも来る  ものはきっと戻されて来る  横浜からもはるばる買いに来る  詑びに来る  あやまりに来る  何時でも帰って来る  商店に来る  車を引いてまわって来る  青年たちが集って来る  熱を加えて来る  菓子屋に雇われて来る  市場に持って来る  切符を持って来る  後に襲って来る  報告全部が集まって来る  山に来る  高輪から人力車に乗って急がせて来る  あとから追って来る  筋向うへ引っ越して来る  温泉宿に来る  里近くまで出て来る  範囲に割り込んで来る  ものではなくなって来る  人間だとなって来る  頻繁に起って来る  姿が浮かんで来る  形を整えて来る  そこへ入って来る  本家から訪ねて来る  鳴き声が聞えて来る  屈伸して下りて来る  何となく判って来る  清子が来る  その間から抜け出して来る  小躍りして帰って来る  水中を逃げて来る  突堤に向かって進んで来る  漁船が多く集って来る  時間は次第に迫って来る  ますます焦って来る  音は聞えて来る  奥からも聞えて来る  感情は突如として突き上げて来る  行動も至って馬鹿らしく思われて来る  音の聞えて来る  向こうから連れ立って帰って来る  玲子も黙って従いて来る  カッフエから帰って来る  跳ねかえって来る  私にすりよせて来る  自然に寄って来る  避妊器を買って来る  ところから滾滾と湧いて来る  興味も次第に増して来る  牡丹雪が降って来る  靴音が聞えて来る  歓びが蘇って来る  私は次第に愉しくなって来る  響きも聞えて来る  ますます高くなって来る  蔵王山峰から吹き渡って来る  胯間が怪しくなって来る  幸福感が込み上げて来る  男の子を連れて来る  挙式したいと言って来る  文字が炙り出されて来る  頭に次第にはっきり蘇って来る  しめに来る  走り帰って来る  後から込み上げて来る  雀が多く集って来る  看護婦室へ来る  森岡部長が出て来る  何となく気力が蘇って来る  億劫でなくなって来る  足取りもしっかりして来る  食欲も出て来る  病院から帰って来る  ものが忽然と現れ出して来る  綿入れにもうっと温く伝って来る  立て合せから条になって洩れて来る  油井さんまた来る  七夕祭を見に来る  寝床まで快く響いて来る  単純さに少し呆れて来る  平凡に見られて来る  新聞雑誌社から写真をうつさせてくれと来る  書が分って来る  書に帰って来る  日本讃美の由って来る  後から尾いて来る  圧力で、来る  そこから匂って来る  眼に痛いほど沁み入って来る  外から聞えて来る  小走りに来る  記事をとりに来る  耳へはいって来る  心もちが湧き上って来る  笑い声も洩れて来る  お婆さんから蜜柑を買って来る  生首とを持つて来る  具って来る  完成して来る  時になって整って来る  舞台に出て来る  武士なども出て来る  要望が起って来る  鞄を持つて息せき切つて来る  蹤いて来る  眼について来る  顫はして来る  爺さんが出て来る  光を帯びて来る  下あたりに来る  仕事へ引いて来る  骨相の出て来る  方面から上って来る  上に一層強く響いて来る  果物を送って来る  詩情の湧いて来る  枕元へ流れ込んで来る  上から聞えて来る  群が降りて来る  雁の来る  ひかりが漸く薄れて来る  襟にしみて来る  竹竿を持ち出して来る  声々が近く流れ込んで来る  僕がいつも引っぱって来る  際限もなく出て来る  時のなるべく遅く来る  事から出て来る  食塩時代が来る  であるし、越して来る  私によく聞えて来る  白馬に乗つて来る  ゆっくり縁側へ出て、又入って来る  つて街を引きあげて来る  星から来る  土神の来る  中に踏み込んで来る  しゃくにさはって来る  やうに追って来る  花片がまたもや散り来る  膝枕をさせて、始終集って来る  自分で買って来る  膳の来る  人も、来る  そのまま伴って来る  あとへ退ってついて来る  追分へ来る  考がへて来る  斯う並べて来る  警察へ持込んで来る  土曜日には必ず帰って来る  フォウト・ライリィから手紙で何とか言って来る  屍体公示所へ出掛けて行って見て来る  憲兵隊も乗り出して来る  進捗して来る  重大性を帯びて来る  ここまで解れて来る  食卓から引っ立てて来る  アイネが来る  衣裳にでもなって来る  ことは出て来る  適当になって来る  奥から射して来る  小さな鮎が溯って来る  鈎へ食いついて来る  容赦なく突っ掛って来る  垢が乗って来る  腹が減って来る  山から雪が解けて来る  小さな鮎が溯つて来る  食ひついて来る  垢が乗つて来る  塩魚を売りに来る  今日明日は少し来る  納戸から出て来る  今年も来る  俺ア行つて来る  夫が戻つて来る  台所へ出て来る  西瓜を売りに来る  窺つては飛び下りて来る  全部腐敗して出て来る  見舞人が沢山来る  三人渡船に乗つて来る  話をしながら、次第にすくひ出して来る  書物が出て来る  偶像も出て来る  必然に襲うて来る  通達がいつも余りにさし迫って来る  演習行軍に来る  だんだん利目がなくなって来る  覚官的になって来る  立ちかわり来る  場処をかえると見えて来る  馬肉屋まで買いに来る  うえに浮きあがって来る  四人して連れて来る  しろに、おとなしく従いて来る  つて、こみ上げて来る  跡をつけて来る  海風が吹いて来る  手ほどきを受けに来る  なかに現はれて来る  根に感じられて来る  瘴気が来る  棒に響いて来る  世界から聞えて来る  合理観が這入つて来る  妥協させて来る  解釈して来る  限つてより来る  常世から魂のより来る  常世から来る  物として、似あはしくなく感じられ出して来る  錯誤から来る  村人に来る  中から響いて来る  忘られて来る  自転車を飛ばして来る  孤独が来る  時を限ってより来る  時間を要して登って来る  人を載せ去り載せ来る  左より来る  川角へさし来る  北西より来る  亀島橋下より来る  真福寺橋下より来る  器量にひかされて来る  取り立てに来る  お礼を言いに来る  やうに落ちて来る  余沫が頻に飛んで来る  物なく、来る  前に飛び出して来る  ように思ったものの、一向に動き出して来る  門燈は消えて、洩れて来る  宿屋へも構わずついて来る  ゆっくり便所から帰って来る  外から射し込んで来る  ように吸い寄せられて来る  十時前に来る  何だかやるせなくなって来る  二人を連れて来る  時間になって来る  今から行って来る  にぎり寿司が来る  人、いつも来る  何となくただごとでなくなって来る  部屋で何やらヒソヒソ言っているらしかったが、やがて戻って来る  病院から、来てくれ来てくれって、喧しく言って来る  食堂から洩れて来る  漂ようて来る  所へ戻って来る  四ツ辻まで来る  小沢が帰って来る  亀公、じゃ、行って来る  先が少しずつ伸びて来る  ┘小沢はいって来る  サンドイッチが運ばれて来る  おれ一寸行って来る  皆んなを連れて来る  まさか自首して来る  少年刑務所へ一応送られるが、しかし、出て来る  いつかへり来る  腹のへって来る  自分をおさえに来る  のよりも、寒くなって来る  胸をしめ上げて来る  から組織をとらえに来る  吟味に導いて来る  問題にふれて来る  金沢からもう一度東京へ出て来る  つた人は捨てて来る  職員室に出て来る  貴方、好き好んで出て来る  毎朝枕元へ響いて来る  浸潤して来る  佐伯が帰って来る  改札に起きだして来る  毎夜おそく帰って来る  背なかを舐めに来る  咳が来る  勤先から帰って来る  その道を通って帰って来る  その道を帰って来る  道をとぼとぼ行って空しく引きかえして来る  蒸気が立ちのぼって来る  蔵書を借り出して来る  底に響き来る  唇に上って来る  性質上海上用語が沢山出て来る  欧米から留学生が押しかけて来る  見習職工が集まって来る  隅から秋風が来る  であるアカシヤのしたまで来る  それから、来る  三条まで来る  全権を帯びて来る  書生流に歩いて来る  ふしだらから来る  女の子が出て来る  お前さん毎日廻って来る  一太が出て来る  一太が稼いで来る  玉子をどっさり売って出て来る  上から落ちかかって来る  処より来る  ざわめきが聞えて来る  ゆがみの来る  ものが先ず生えて来る  若木が来る  穂綿を流して来る  根が走って来る  茎を持ってそっと引くと、するりと附いて来る  後日出て来る  徐々として曲って来る  もっと面白い名前の、現れて来る  問題を連れて来る  ものは必ず分って来る  我々に来る  記憶がよみがえって来る  よそはわかって来る  吉原かぶりがとび出して来る  奴姿がついて来る  行列が練って来る  女をつけて来る  上へ乗り出して来る  何かしら迫って来る  ぴいんと頭へ来る  文次ははいって来る  安にすぐ来る  気負いを見せて来る  新造が来る  反響して返って来る  から御免安がかけて来る  問題がかえって来る  やつをはさんで来る  抬頭して来る  目を刻んで来る  人がとび出て来る  美的がころげ込んで来る  ばらと駈けおりて来る  侍、なれなれしくならんで来る  利刃が押して来る  一団となって追って来る  ののしりさわいで追って来る  友だちをいたぶって来る  あいつでも来る  三味線堀を渡って来る  店へ飛び込んで来る  者は追わず、来る  誰でもいい、はいって来る  秘密を知って来る  新たにはいって来る  今夜は、盗って来る  梯子段を踏み上がって来る  遊佐が来る  津浪の来る  海猫が、いつの間にかまた寄って来る  高波が襲って来る  いつだかは分からないが、来る  前にくっきりとして来る  嘉造が、入って来る  幸子が帰って来る  ものをつけて持って来る  布を取り返しにでも来る  寿命があって、また帰って来る  アパートへ来る  現実がすぐ浮び上って来る  入口を出て来る  ものをもりこんで、出されて来る  多様広汎になって来る  社会事情につれて、次々に生れて来る  五パーセントはついて来る  前に出されて来る  来年あなたの来る  武士が歩いて来る  ますます息づまって来る  現実にはあらわれて来る  中におしよせて来る  すき間から入って来る  前におっこちて来る  事は段々はげしくすべり込んで来る  ますます沢山すべり込んで来る  心にせまって来る  震えが起って来る  涙がにじみ出して来る  しようのないほど波立って来る  涙がスーッとにじみ出て来る  しずかになって来る  さがたまらないほど迫って来る  火取虫ブーンととんで来る  たびごと買うて来る  潮にのって来る  こっちにうねって来る  江戸弁が快くもつれてひびいて来る  羽を互いに傾けつつ下って来る  面倒に考えて来る  世の中が段々ませて来る  際限もなく鳴いて来る  里近くへ来る  刻限を測って、訪れ来る  記憶して、次に来る  末にやっと出て来る  一滴もないので、下って来る  滅多に入って来る  地方ごとに変って来る  話にもなって来る  採集せられて来る  弁当を持って来る  追随し来る  春は生れて来る  飯時だけ起きて来る  激烈になって来る  更代に入っていて、一方が戻って来る  球をくわえに来る  一つがいに限って出て来る  烏が取りに来る  枝を少しばかり折って帰って来る  来年もまた来る  おまわりさんが来る  四十雀ならよく来る  浜に戻って来る  甲州あたりへ来る  庭園へ来る  エナガが来る  コガラが来る  庭へ入って来る  声が入って来る  覚束なく拾いに来る  頃ここへ来る  一人出て来る  気分が、吹いて来る  必然性が出て来る  から決定されて来る  空から天降ってでも来る  理由が出て来る  いるかに関わって来る  暴露されて来る  時事性から出て来る  特徴を有って来る  方向に実際に歪められて来る  空から天降って来る  関係が浮き出して来る  相貌を呈して来る  如何から来る  ソフィスト達が出て来る  対比すれば出て来る  連関して生じて来る  ここまで突きつめて来る  点から必然的に出て来る  位置は、おのずから決って来る  区別されて来る  制限されて来る  回帰して来る  役割を持って来る  トヨが出て来る  無言で戻つて来る  甚次の来る  踊つて左手から出て来る  仇六について出て来る  方々を見て来る  ハハ、生れて来る  ツカツカ出て来る  食つて左手から走り出て来る  鎌を振り廻しながら走り出して来る  舩が来る  階段おりて来る  ことが愈々益々示されて来る  直ちに決って来る  相違が這入って来る  内容となるべく、現われて来る  説得力を持って来る  所謂独立化して来る  解答に来る  事実反映して来る  揚句に出て来る  問題化されて来る  顕わとなって来る  形式を踏んで来る  程度から来る  意味となって来る  階級性から来る  双肩にかかって来る  困難となって来る  二重性から出て来る  段に来る  大衆にまで降りて来る  皿が来る  パウゼが来る  心持が起って来る  通りお昼休が来る  着物を見せに来る  芳子さんが入って来る  多勢で来る  ひとたちの来る  押し売りに来る  おばあさんの来る  女主人の出て来る  たしかに硝子戸に近づいて来る  男の附いて来る  人はまた来る  以上はまた来る  反射から来る  事々について出て来る  記憶が続々湧いて来る  厭がらせに来る  人たちはまた来る  決心から来る  後から後から仕切りなしに出て来る  自然と末枯れて来る  健三の這入って来る  ゃあで遣って来る  知らない事実が出て来る  後から後からと出て来る  其所はつい聴いて来る  事をいって来る  自分から遣って来る  父が訪ねて来る  宅へ話しに来る  能く泣き付いて来る  宅から迎が来る  何をいって来る  眼に這入って来る  強請りに来る  無心をいって来る  島田の来る  近在から出て来る  人情噺に出て来る  親切から来る  無愛嬌から来る  預金から当然生まれて来る  妾ちょっと行って見て来る  産婆は来る  何時また出て来る  限り何時か来る  三度目に来る  ようにこういって、来る  何かそういって来る  方から歩いて来る  芸者をつれて来る  階段から上って来る  宛然活動写真中に現れて来る  荷物を置いて来る  浴衣を持って来る  貸間へ来る  不意に尋ねて来る  慾望が次第に強くなって来る  眼が潤んで来る  間から流れて来る  三日すれば帰って来る  破綻の来る  お客さまを連れて来る  胸中に湧き立って来る  十二時には帰って来る  急に込み合って来る  しか銀座へ来る  パトロンが来る  後おのずから来る  君江の来る  から一度訪ねて来る  見物したりして来る  三日たてば出て来る  巡査派出所へ来る  大勢見舞いに来る  土手へ来る  舞上って来る  味がわかって来る  ッとすると、やっぱりむらむらとして来る  心がおのずと乱れて誘い出されて来る  さまがちらついて来る  伝中に現れ来る  枕元にさし込んで来る  息を切らして上って来る  一に現われて来る  灰が降って来る  律子とが走け出して来る  退屈になり出して来る  間に生れて来る  涙さえ浮んで来る  そのまま今に、帰って来る  雲が下りて来る  頭に思い出されて来る  野に出て来る  俺を探しに来る  彼は疲れて来る  事も無ければ、近づいて来る  洗いに行って帰って来る  こだまして響いて来る  生々と浮んで来る  心に写って来る  宙に浮んで来る  入江へ這入って来る  森となぎて来る  同好の士が来る  蜜柑売も来る  眼が見えて来る  宿泊所へ訪ねて来る  から見物に来る  わき目も触れずに歩いて来る  写真機をかついで来る  行つて樽野が駆けて来る  歌ひながら戻つて来る  光がキラキラと洩れて来る  あとにつづいて来る  上に下りて来る  存在が浮び上って来る  現実に組みついて来る  さっきから君が来る  観測室に来る  音が伝って来る  しろうるりに似て来る  われわれに向って来る  修業時代からマイスターが出て来る  窓下へ寄りたかつて来る  なかからほほ笑まれて来る  若い衆をつれて来る  誰ひとり忍んで来る  つて跳ね返つて来る  八方から飛んで来る  前方から驀進して来る  四五人は来る  対手に向ってのびて来る  はる子が来る  それだけに出て来る  重心をかけて揺れかかって来る  何十本も持って来る  双方とも苛立つて来る  三方から谺して来る  から路を降りて来る  魔法使を見て来る  脂を舐めに来る  交易に来る  物が生えて来る  句品が出て来る  北向き八幡宮の前まで来る  いつか継母じみて来る  ちよつと見て来る  籠に入れて売りに来る  白痴を呼んで来る  沼地からお客に押しかけて来る  イワーシが駈けこんで来る  だんだん赤らんで来る  悪魔から福は来る  富がころげこんで来る  火酒が運ばれて来る  我が来る  女中の来る  料理をとって来る  それから女中が帰って来る  容疑者のはいって来る  本の来る  立ちむかつて来る  勝手に取つて来る  絶え間なしに聞えて来る  うちにも蘇って来る  水を汲みに来る  父が帰って来る  目あてに近づいて来る  傷に沁みて来る  一周りして来る  王子が出て来る  縁へ来る  感慨の漲って来る  門をくぐって来る  頃みんなの持って来る  甲板のじりじり反り返って来る  釣銭を持って来る  力がはいって来る  外から迫って来る  ぞろぞろ出て来る  朝帰って来る  ほんとうに降って来る  うに降つて来る  所から起って来る  そこから起って来る  如く相違して来る  芽をふいて来る  練習をしながら戻つて来る  窓に近づいて来る  夏休暇を過しに来る  だんだんこっちへ動いて来る  湖水を漕ぎ来る  朦朧と明るんで来る  許婚柵の現われて来る  それが下りて来る  こっちへ上って来る  庭へ降って来る  中から聞こえて来る  城下から持って来る  人が従いて来る  岩さんが来る  行商に来る  城下から山へ来る  それこそ飛びついて来る  からは二度と再び帰って来る  岩太郎が訪ねて来る  それじゃまた来る  唸り声が聞こえて来る  男が下りて来る  ソロリソロリと下りて来る  だんだんそれが近寄って来る  ようにぶつかって来る  だんだんこっちへ近寄って来る  雪を蹴立てて駈け上って来る  こっちを目掛けて駈け上がって来る  肩へ来る  刻み足に進んで来る  殿から下がって来る  ヒと聞こえて来る  漸次こっちへ近寄って来る  鮮かに聞こえて来る  口から来る  座船が近寄って来る  颯々と進んで来る  黒点は次第に近寄って来る  四人塊まって走って来る  のだ、次に来る  寝間へ近寄って来る  プーッと匂って来る  コチンコチンと聞こえて来る  匂いがにおって来る  それが挙って刃向かって来る  行手から来る  人の走って来る  顔は来る  夜になったらまたかえって来る  肉を買いがてら見に来る  めったに来る  礼をいいに来る  梯子をふんでやって来る  実弾射撃に来る  馬がかけて来る  名所絵に出て来る  生涯の来る  乗客が乗つて来る  考えの浮んで来る  私を追いかけて来る  誰れやら昇り来る  感情が涌いて来る  さがこみあげて来る  子が帰って来る  母に公然と逢いに来る  四時過ぎころより入り来る  気はいよいよ塞いで来る  扉が見えて来る  具体的になって来る  謀気も出て来る  跡を追っ掛けて来る  ものが湧き出て来る  偉大さは増して来る  上まで運んで来る  口へこみ上げて来る  もう一度血潮が溢れて来る  あたりから聞こえて来る  明日も持って来る  今度ここに来る  表から来る  尻をからげて歩いて来る  地上に回して来る  毛糸とを動かして歩いて来る  調子がたえず響いて来る  調子で聞こえて来る  半分ほど汲んで来る  行ッて来る  原稿が来る  本を伏せて、わいて来る  教場からはっきりと聞こえて来る  清三のはいって来る  先生がはいって来る  ずんずん出て来る  一昨年埼玉県に来る  末にあらわして来る  行嚢をかついではいって来る  近在から売りに来る  鯉のあらいを持って来る  貧乏徳利を下げて来る  このごろは忙しく暮らしていると言って来る  餅菓子を買って来る  僧を呼びに来る  弁当をこしらえて持って来る  熊谷からやって来る  汗を流して来る  寺に帰って来る  手に来る  翌日学校から帰って来る  頭脳を流れて来る  新聞今日一度に来る  八幡宮に来る  足袋とを届けて来る  豆を持って来る  蕎麦粉を納めに来る  行田から帰って来る  一人てくてくと歩いて来る  姿で帰って来る  宿直室にさしこんで来る  二を持って教わりに来る  友だちから手紙の来る  郁治から来る  八月が来る  まわりに集まって来る  プンとして来る  遠近からぞろぞろと集まって来る  踊り手が加わって来る  ますますさえて来る  水を越して響いて来る  渡し船の行って帰って来る  鮨を入れて持って来る  から来いとたびたび言って来る  月末の来る  行田から送って来る  憤慨して帰って来る  もとにせっせと通って来る  お客で来る  男も来る  渡し場から中田に来る  ようにあらわれて来る  さし込んで来る  一隅で、誂えの来る  酔いが回って来る  ぞろぞろやって来る  庭から回ってはいって来る  詩をくださいなどと言って来る  返事が折りかえして来る  教場から出て来る  号外の来る  土曜日に来る  横町からこおどりして飛んで出て来る  常行寺の前まで来る  蕎麦を持って来る  花をさがして来る  から、ふと来る  嫁さんが来る  だんだん不自由を感じて来る  毎日鞄を下げてやって来る  裏からはいって来る  それから梨を持って来る  林檎を持って来る  一つ包んで来る  車に乗せてつれて来る  初めには帰って来る  かい出しても出て来る  何かで散り落ちて来る  後から追ひかけて来る  ドタドタとかけ上って来る  品物を買いに来る  午後取りに来る  中に揺れて来る  中に、浮び上って来る  ボーイを連れて来る  お姉さんに会いに来る  軽井沢へ来る  美和子も、次々に乗って来る  時が近づいて来る  自分が帰って来る  何だかいらいらして来る  指で、ふさふさ落ちかかって来る  自動車が止り、走り込んで来る  給金を送って来る  部屋にはいって来る  母夫人の入って来る  新聞が廻って来る  ものが、こみ上げて来る  内に浮び上って来る  お茶を持って来る  心が楽しく弾み上って来る  重みを持って来る  ママに怒って来る  カサにかかって来る  僕一人で、行って来る  近く小川のせせらぎが聞えて来る  ここまで、歩いて来る  紳士が歩いて来る  出来事が次々に起って来る  食物を持って来る  ものが知らずしらずに出て来る  教員室から教場へ来る  前にせり出して来る  招待日が来る  口から響いて来る  糸に引かれて次ぎ次ぎに浮かんで来る  気がし出して来る  下に新しく生きて来る  影が拡がって来る  獣医さんが来る  私を見つけてとんで来る  ここい来る  浅瀬を渡って来る  俺にばっかついて来る  斜めに横切って来る  今夜、またおそくなって、来る  子供らは、落ちて来る  底から湧いて来る  もっと出て来る  雪を投げつけに来る  声に呼び出されて来る  美術の生れて来る  願いとなって来る  紙片をもって来る  現実的モメントとなって来る  ポチポチと落ちて来る  京都から来る  風采から出て来る  坊ちゃんに見えて来る  次第次第にわかって来る  表面的にパッと来る  妖気の出て来る  甚九郎が帰って来る  山の下まで来る  背中にしょって下りて来る  山姥が追っかけて来る  山姥が来る  声を挙げて駈けて来る  意気揚々と引きあげて来る  音を立てて突き進んで来る  僕の出て来る  受けとりに来る  預けに来る  話し声がつたわって来る  動物に生れて来る  これは来る  それぞれ馬の背に乗ってやって来る  用足しに行って帰って来る  人間の顔がふえて来る  孫を見せに帰って来る  突張って出て来る  様子を見て走って来る  何かしら機嫌よく語り合いながら帰って来る  ように通って来る  為替も来る  評判に釣られて見に来る  保養に来る  手が掴みかかって来る  付け出て来る  夕蔭がさして来る  首が飛ぶぞ、とでも叱って来る  下からあがって来る  青ずんだ女将が、うろたえて出て来る  亀長から運んで来る  お供を言いつかって来る  人が集って来る  顔が出て来る  魂までとけて流れ込んで来る  茶の間に戻って来る  家から晩さんに来る  拍子木に答えて来る  台所から来る  二階から来る  切つて追ひかけて来る  行つて探して来る  カクテルが来る  のだったが、来る  頭にピンと来る  日が廻り来る  何だか因縁らしいものの感じられて来る  月の上って来る  一つ不思議がつき添うて来る  事に触れて、思いがけなく出て来る  趣きが重って来る  化尼が出て来る  殆無意識に出て来る  此後に出て来る  書き物に出て来る  後、還って来る  幾つ綴って来る  日が、ぬっと伸しあがって来る  聖衆が降って来る  処を通って来る  上を降って来る  態様を変えて来る  条件を、持って来る  世界にも、入りこんで来る  如くして、又更に浮きあがって来る  連中が好く来る  吾家に来る  雨は次第に強くふって来る  いふ時が来る  時には必ず来る  揃つて下りて来る  がけなく出て来る  つて後、還つて来る  聖衆が降つて来る  上を降つて来る  変へて来る  条件を、持つて来る  ゆっくり遊びに来る  散歩しながら帰って来る  安土に来る  簡単に攻め上って来る  筏の流れて来る  麓まで流れて来る  死骸を奪ひ返さうとして、追かけて来る  和解が来る  初午が来る  ように寄せて来る  後を追って来る  だんだんに賑わって来る  迎いの来る  のが知れて来る  一人でたびたび来る  だんだんに詰まって来る  迫害が湧いて来る  ひと足ずつに忍び寄って来る  どこからか聞き出して来る  甲府勝手と来る  運命の力が強く圧しつけて来る  外記はしげしげかよって来る  だんだんに行き詰まって来る  徒跣足で落ちて来る  女なぞを連れて来る  人を慕ってすぐに襲って来る  外記の来る  抱え主から懸け合いの来る  暮らし向きも幾らか詰まって来る  唄のこえも、遠くとおく流れて来る  この世に迷って来る  茶屋に預けて来る  出直して押して来る  そり運ばせて来る  肩に落ちて来る  鳴き声を送つて来る  色を沈めて来る  啣へて来る  現金が来る  連絡に来る  笑みを浮べて、また出なおして来る  事でも嗅ぎ出して来る  そこへ帰って来る  目をさましたら、すぐに追いかけて来る  必要と、よって来る  僕が帰って来る  山奥に来る  台所から臭つて来る  代りを見つけて来る  云つて新刊書を持つて来る  切符を持つて来る  恭やしく送つて来る  許へ来る  母が下りて来る  首を廻し、入って来る  心持が甦って来る  巡査さんが来る  今夜も来る  夫人が来る  顔をしてやって来る  市場に惹き付けられて、集って来る  夫人から返事が来る  遅刻て来る  二三間行くとまた来る  身辺に附いて来る  側から来る  ほうから現われて来る  ベルを響かせて、次に現われて来る  不完全から来る  お餅を貰って来る  日が暮れたなら、泊って来る  夕方に帰って来る  身に滲みて来る  日が暮れるなら泊って来る  夜遅く越えて帰って来る  日が暮れたら泊って来る  ちょっと洗って来る  いっしょに入って来る  弟の逃げて来る  二人を追っかけて来る  電車が来る、行ってしまったかと思へばまた来る  梯子が来る  お客が沢山来る  海から聞えて来る  裏門から近よって来る  道から寺へ帰って来る  ものの滴って来る  みんなの帰って来る  妹さんの来る  節穴からさして来る  良人が来る  記憶によみがえって来る  ペテルブルグへ行って来る  おぼろげに伝わって来る  その後からちょこちょこついて来る  モスクヴァへ来る  市から出て来る  末ニ及ビ彼宇和島より来る  おっさんは、いつも来る  遠くから近づいて来る  坊主がはいって来る  口に来る  回転して来る  近日其期限も来る  志野を焼いて持って来る  当為が出て来る  此から出て来る  らまで来る  ことなしに見てまわって来る  前に蘇って来る  ニュアンスが分かって来る  クリスマス頃になったらまた来る  雪橇を曳き出して来る  船尾へ来る  場合にも起こって来る  曲中に出て来る  エピローグが来る  波から来る  音がひびいて来る  下へ沈んで来る  しまはうとたまらなくなつて来る  上におつかぶさつて来る  人が這入つて来る  べり続けて来る  獣の来る  餌を探しに来る  様子に変って来る  邸に忍んで来る  結果がすぐにはっきりと現れて来る  規模で現れて来る  涙の溢れて来る  公宮から帰って来る  もっと含蓄をもって語りかけて来る  性質のよって来る  場合にきっと起って来る  姿が、浮かんで来る  音楽などが聞こえて来る  山の音楽が聞こえて来る  何かしら聞こえて来る  梅が色めいて来る  村まで弾きに来る  張り合ひがついて来る  欠け婆ばかりの出て来る  毎年きまつて来る  性格が授けられて来る  衝昂げて来る  肌が汗ばんで来る  自分がひどく馬鹿げて来る  足もとに這って来る  こっちへ向いて歩いて来る  鼓動が高まって来る  哀願的にすらなって来る  尾田の来る  病棟から流れて来る  こちらへ向かって来る  硝子戸を開けてはいって来る  病棟の間近くまで来る  鬼気は迫って来る  佐柄木は言いながら近寄って来る  全身にまつわりついて来る  頭にまで伝わって来る  腹から胸へと上って来る  歔欷きが聞こえて来る  中からでも聞こえて来る  他人に聞かれまいとして、なお激しくしゃくり上げて来る  隣室から来る  胸を打って来る  だんだん激して来る  心内に突き出して来る  死ぬまでつきまとって来る  上にあがるが、すぐ降りて来る  そり降りて来る  ゅうひゅう入って来る  頭に響いて来る  五字がひどくきいて来る  生家に帰って来る  東京から持って来る  言葉に言い直せば、多少はっきりして来る  ぞろぞろついて来る  どこまでも、ついて来る  将来でなく来る  ことが思はれて来る  命が気づかはれて来る  死にはしまいかと思はれて来る  電報を打つて来る  唇が歪んで来る  体全体に漲つて来る  つて家へ戻つて来る  事はおのずとわかって来る  引ッ張ッて来る  それで来る  持ッて来る  吉里が来る  上ッて来る  今晩でも出直して来る  ッと逢いに来る  店まで逢いに来る  平田さんが来る  田舎から出て来る  良人に知られじ、知らさじと、思ひかねては、墜ちも来る  ものならば、よしや来る  塊の、再び込み上げ来る  損して帰って来る  間、しみこんで来る  自然に生れて来る  利仁の来る  変化から来る  物を剥ぎ取って来る  手下が、来る  父へかかって来る  後ろから歩いて来る  奥へもどって来る  虫除けが貰いたくて来る  掌をあわせに来る  素はだしで来る  新免から来る  ように疑われて来る  復讐に来る  民家からさがして来る  本堂へ戻って来る  自分から捕まえられに来る  嫁として来る  本位田家へ移って来る  首だけになっても、飛びついて来る  頭へこぼれて来る  梢から地上へ来る  から素ッ飛んで帰って来る  権叔父にも、すぐ来てくれというて来る  清水を入れて来る  枕元をのぞいて、帰って来る  集合してかかって来る  武蔵は、また寄って来る  通の来る  おまえなんぞは来る  からだを曳きずって来る  ものは、どんなに少くなって来る  損失が来る  意味を以て活き返って来る  土地から生れて来る  形を捕えて来る  左右されて来る  本にも出て来る  仕事がどんなに甦って来る  保障されて来る  生活はついに来る  ために、かえって現れて来る  我家さチャセゴに来る  日はいつ来る  ハムーチャが来る  ふから吹いて来る  波の打ち込んで来る  風で、寄せ来る  水が浅く流れて、打ち込んで来る  背後から追掛けて来る  十五町辿つて来る  山頂を劃して来る  波の寄せて来る  後から押しよせて来る  勢好く寄せて来る  水が現はれて来る  小石が落ちて来る  磯辺から響いて来る  響きが寂しく聞こえて来る  のしみたくなって来る  弥助、並んで出て来る  われは来る  裏山へかかって来る  汝は来る  表に現われて来る  今度読馴れて来る  一番ピッタリ来る  舞妓が、入って来る  日がやがて来る  頂へ来る  行く手からこちらへ来る  報いが来る  半死になって浮いて来る  生徒監が見廻りに来る  考へ来る  人家に入来る  静かに歩み来る  今ごろもまた来る  印象は持って来る  労作から、初めて出て来る  媒介にして出て来る  自分がいつも立ち還って来る  段階とが出て来る  此所へ、もつて来る  瞭然と浮んで来る  崖を攀じ登って来る  奥から馳け出して来る  肱を張って突っかかって来る  それをば、もう来る  カラコロと鳴らしてやって来る  さに迫り来る  人が、やって来る  縁から日がさしこんで来る  宿主は戻って来る  湯まで来る  のがついて来る  此追憶の来る  ことが次々に起って来る  経験からのみ来る  経験から来る  金も入って来る  誰だって嫁に来る  仲たがいさせるまでは決して帰って来る  パンも持って来る  今すぐ持って来る  何でも持って来る  からだがぶくぶくに肥って来る  たよりが来るか来る  先を争って来る  ところへ納めに来る  どこからか現われて来る  品物を持って来る  有つようになって来る  科学的世界観も出て来る  たかなかったかが、判って来る  既成尺度を持ち出して来る  斯うして出かけて来る  徐ろに近づいて来る  切りに吹き寄せて来る  イダーリアに来る  酒場を出て来る  重荷に感じられて来る  ばらばらと来る  鼠の来る  心は来る  迷信を置いて来る  大震災の来る  正信であろうとも、その由って来る  大菩薩に来る  湧上って来る  心をくばって生きて来る  結果が来る  一面を雇って来る  さが現われて来る  非常に異なって来る  ように現われて来る  抽出して来る  伐木場から橇で運ばれて来る  絶頂に来る  ものは再び戻って来る  電車道まで出て来る  異域へ来る  光景の見えて来る  実家へ来る  中から橇引きの降つて来る  洪水が来る  ものを持つて来てお呉れな、また来る  眺めに来る  箱から降りて来る  一時に騒ぎ出して来る  二国民兵に見えて来る  以後は来る  周囲に迫って来る  旅館まで帰って来る  電燈から落ちて来る  決意が生まれて来る  私を満たして来る  不安が高まって来る  切れ目から押し寄せて来る  混乱が起こって来る  ワッハッハときこえて来る  なかへは入って来る  胸を圧して来る  源さんの来る  連続的に襲って来る  遠方信号が、見えて来る  給仕でも飛んで出て来る  年をとると分って来る  それにそう無暗に連れて来る  註文を取りに来る  手から執拗に襲い掛って来る  静かに降りて来る  狐の帰って来る  坊やが来る  心に、おりおり蘇って来る  びた一文こさえて来る  伴れてやって来る  直吉が追っかけて来る  音にまじって聞えて来る  次郎にたかって来る  向こうから誰か来る  まわりにたかって来る  瞼を透して来る  自分を呼びに来る  離室を出て来る  口から、温かく伝わって来る  父が出て来る  砂利道をころがって来る  六つ寝ると、また帰って来る  裏口からこちらに走って来る  民は這入って来る  自分を迎えに来る  顔に落ちて来る  息がつまって来る  なかから引き出して来る  自分で出かけて来る  庄八がいつやって来る  茶の間から聞えて来る  入学式をすまして帰って来る  俊三をつれて来る  手があいておれば迎えに来る  不思議なほどきちんと帰って来る  あとからはい上って来る  俊亮が帰って来る  郎の這入って来る  音が、ひっきりなしに聞えて来る  お迎えが来る  顔がはっきり浮かんで来る  顔が、つぎつぎに浮かんで来る  好きなだけ食べたらさっさと降りて来る  闇を伝って来る  春子が、来る  表情をして現れて来る  顔が浮かんで来る  土曜日曜にかけて帰って来る  いくつも出て来る  胸にせまって来る  鼻先に近づいて来る  柔かに伝わって来る  奥からこみあげて来る  液になって来る  力ではまわせないほど、ねばっこくなって来る  鱸などをとって来る  ことが、次第にわかって来る  近くまで帰って来る  ように押し寄せて来る  夏休み中だけで帰って来る  僕とって来る  ものをもって帰って来る  土堤に来る  二人が帰って来る  気持には、こみあげて来る  気持がしみ出て来る  親類も来る  あるかなきかに吹き入って来る  守宮が出て来る  捕獲に来る  此処らまでも吹き込んで来る  首都に集って来る  四方から聞えて来る  それに乗ると、来る  切れ込みへ来る  皺嗄れ声を振り立てて上って来る  返事は、ずいぶん来る  細君も、もう帰って来る  朝学校へ来る  装置が揃って来る  僕が来る  中などには出て来る  ここまで歩いて来る  手金にすべく持って来る  貧弱から来る  インチキ性を孕んで来る  天然色時代が来る  もっと早く見て来る  経営して来る  槍をかついで出て来る  笠が来る  色街へ来る  お酒を取って来る  室外に迫って来る  本人が出て来る  声で、いつも廻って来る  御用を聞きに来る  息も喘ぎ喘ぎ追いついて来る  から素ッ飛んで来る  ふところへ飛びこんで来る  おらが帰って来る  向うから馬も来る  野袴をはいて、にやにや笑いながら来る  馬方が飛んで来る  輪になりに来る  先刻ここへ来る  横ざまに薙ぎつけて来る  先から歩いて来る  眼球が飛び出して来る  後から尋ねて来る  未熟さが、こびりついて来る  後から捜して来る  後から連れが尋ねて来る  ッつけここへ捜して来る  自分で疑われて来る  ここへ上がって来る  肉感にひびいて来る  梯子段をのろく上がって来る  彼に向って来る  下から春が来る  城太郎が拾い集めて来る  奈良へ来る  向い筋から聞えて来る  面角が段々小さくなって来る  ので来る  盂蘭盆が近づいて来る  手伝に来る  療治に来る  娘は附いて来る  話家が出て来る  毎日馬に乗って通って来る  彼が熱して来れば来る  恐怖とは高まって来る  今日あたりは又来んされえの来る  馬鹿もの共が来る  仲間が段々帰って来る  Ginが利いて来る  物を運んで来る  飯を食って来る  娘が来る  何にしましょうと云って来る  感応して来る  縁談を持って来る  詞を聞きに来る  芸者が来る  お上が這入って来る  十二時が来る  間際が来る  遊星から来る  夕立おそい来る  さは次第に増して来る  ひきがえるが這出して来る  低気圧が近づいて来る  季節風が狂って来る  さへ、次に来る  お前たちの来る  こちらへも少しずつ流れて来る  あした持って来る  はじめからこうしてかえって来る  衣物を着替えて来る  それじゃあ来る  む、来る  お金子を持って来る  もとへ戻って来る  ことなら来る  遅刻はするし、酔っぱらっては来る  京都に戻って来る  人が帰って来る  私は生れて来る  なかに湧いて来る  襲ひかかつて来る  しかかつて来る  熔巌帯まで来る  つて現れて来る  伝つて胸につき上げて来る  いふ不平を続けて込み上らせて来る  鎌首をもたげて来る  気持さへ感じられもして来る  彼女にいつくしみが出て来る  者を拉して来る  篇中に現れ来る  水を捜しに来る  ビフテキが来る  フライが来る  そこからたちのぼって来る  匂いとなって感じとられて来る  感興が、おのずから湧きおこされて来る  渦巻き返して来る  胸に帰って来る  ようにしてあるいて来る  何人か来る  煩耨く纏うて来る  町外れまで来る  相談になんぞ来る  膝までも来る  これを見に来る  カフェに来る  奥から鈴江があたふたと出て来る  あんたが忍んで来る  方に向いて来る  身体をしめつけて来る  番台から裾を乱して飛び降りて来る  頻繁に落ちて来る  一人で上って来る  不可能となって来る  茶盆を持って出て来る  持物が出て来る  心もちが押し迫って来る  一夜が、ありありとよみがえって来る  うちに、なんだか、恥ずかしくなって来る  生彩も出て来る  甚伍左と来る  袁玄道に持って来る  御免蒙るわと来る  のを目ざして、訪ねて来る  目印しをつけておいて、やがては浮んで来る  天狗が来る  奥から村近くへ出て来る  馬を買いに来る  事情はやや異なって来る  世界に帰って来る  ピョイピョイ飛び出して来る  ファウストに添って現われて来る  エゴール・サヴィチを訪ねて来る  城へ聞えて来る  日稼ぎに来る  昼休みに来る  眼まいがこみあげて来る  小屋から出て来る  奉行が来る  今、あたふたと帰って来る  長屋から出て来る  ヘトヘトになって戻って来る  伏見から大坂へ下って来る  顔と見れば、すぐたかって来る  ていで出て来る  ようになって追って来る  肌にとおって来る  野武士がかついで来る  門を戻って来る  大坂へ来る  顔をふくらませて来る  五人して駈けて来る  良平が鞭打って来る  こっちでどう出て来る  船を突き進めて来る  船のぶつかって来る  紋を切って来る  尻について来る  宙を飛んで来る  身まで来る  船着場へ来る  馬を見つけて曳いて来る  城下から垂坂山へかかって来る  脚下に近づいて来る  びから五体がずきずきと痛んで来る  山から里へ出て来る  者を捜しに降りて来る  から鈴鹿峠を下って来る  ように膨れて来る  裏から眼へ突き抜けて来る  額ににじんで来る  自分へかかって来る  陣を布いて、来る  全身がかるくなって来る  頬へのぼって来る  それは駈けて来る  線をつき上げて来る  五十人ほど通って来る  回り合わせが来る  いつかは回って来る  分化が起こって来る  全然変わって来る  迷惑では済まなくなって来る  地震暴風津波洪水が来る  ときに、ひとりでに浮かんで来る  カバンを取って来る  位牌を拝んで出て来る  先方が訪ねて来る  ところに持って来る  眼に浮かんで来る  とおりに、かあっ、かあっと叫んで打込んで来る  教壇に上って来る  今度次郎が帰って来る  いつごろうちに来る  学校に帰って来る  牛肉を買って来る  次郎はこみあげて来る  きょうお前たちをつれて来る  それを見て来る  絵になれてさえ来る  剣道をすまして帰って来る  別れ道に来る  町に来る  かばかりに、高まって来る  耳にじかに聞えて来る  次郎が訪ねて来る  様子をさぐって来る  小間物屋のまえに来る  顔までが思い出されて来る  誰かが迎えに来る  底にしみて来る  玄関から出て来る  調子が烈しくなって来る  酒甕からしたたって来る  教室に出て来る  彼女は、来る  乳母やの来る  夕飯まえには帰って来る  外から乗り込んで来る  のが回って来る  時刻には、来る  電車も来る  観察していると、相次いで来る  あとから続いて来る  ぎるのやおそすぎるのがいろいろに錯綜交代して来る  停留所に集まって来る  停留所に来る  最後に出て来る  市内から終点に向って来る  いね、いつも遣って来る  大岡様を騙って来る  雲が来る  風につれられて来る  冠って出て来る  何処から出て来る  場所に出て来る  遠くから出て来る  中心に近いて来る  押出て来る  風が強くなつて来る  滝でも落ちて来る  韋駄天が走つて来る  韋駄天が見えて来る  爺のまへへ来る  従つて正月が来る  影響が出て来る  言説なりに現れて来る  独乙が生れて来る  大晦日に帰って来る  大晦日の来る  駅から帰って来る  あとを追うて来る  改札口を出て来る  試験がすんで帰って来る  お昼すぎになると、もうのこのこ帰って来る  東南から来る  前にたのんだのに、来る  折の来る  いつまでも追って来る  ゴーッと響いて来る  ところまで出て来る  突立っていると、ひたひたと寄せて来る  なにコーヒーを運んで来る  面で押し掛けて来る  お客を訪ねて来る  傍へ連れて来る  時彼女が追いかけて来る  言葉で迫って来る  中を伝わって来る  ようにして少しばかり戻って来る  子供達はにやにや笑いながらついて来る  足を取り出して来る  体をおそうて来る  芸術家でも来る  ふえ地位も高まって来る  悪口ばかり云って来る  燃え上って迫り来る  振り振りやって来る  複雑に大きくはっきりと聞えて来る  汽車に揺られて来る  ここまでは来る  自由宗教より来る  当分は、出て来る  坂の下まで来る  書院へ出て来る  案内をしに来る  岡谷五郎次どのを見舞って来る  浜田某は、打って来る  真っ直ぐに迫って来る  以上、やがて何とかいって来る  中を泳いで来る  実へよく来る  夢うつつの境に見えて来る  そこらに見えて来る  役付まで持ちこんで来る  から待ち人が来る  必然に出て来る  暴れが襲って来る  何くれとなく運んで来る  ここへ流れ集まっては来る  のか、また、たびたび来る  火がゆらいで来る  宍戸様が来る  相が澄んで来る  夜は白んで来る  だんだん熊笹に狭められて来る  淵へ来る  突つかけて来る  大難所が来る  船は、こつちを目がけて、走つて来る  夜に入って帰って来る  年齢が来る  発見されなくなって来る  反覆としてだけ映って来る  ここで考えられて来る  大切になって来る  お礼を置いて来る  土曜日に帰って来る  用をすまして帰って来る  滝まで行って来る  修養書などを引き出して来る  宿直室にかえって来る  胸がふくらんで来る  あとからあとからと新しく生じて来る  風がもて来る  中からしみ出て来る  真正面からぶっつかって来る  山登りでもして来る  彼にせまって来る  眉根を伝わって来る  青田から水を渡って吹いて来る  次郎ちゃんを探して来る  子をつれて来る  力となって生きて来る  二人が来る  北山から流れて来る  愛はどうすれば湧いて来る  巻に来る  三年おくれて来る  お母さんに来る  何処へでもついて来る  あさって県下から帰って来る  絵になって段々近づいて来る  都から連歌師が下って来る  音を高めて来る  ところへ来ると生々して来る  方法が違って来る  とき聖女ブリジツトの来る  歓びが来る  幾度も見に出て来る  関連して来る  ようになって、歩いて来る  今度サン・セバスティアンに来る  此方へ進んで来る  砂を蹴って駆け出して来る  中央まで駆けて来る  手をかけたり、突っかかって来る  角を突き出して駆け寄って来る  滝が落ちて来る  まん中まで駆けて来る  膝をついて向って来る  何かして来る  厄介だつたわよ、持つて来る  汝は絶えず来る  毛氈を、近づき来る  そこより来る  言葉なく歩み来る  湿潤吹き来る  道化ものふうらりふらりと出て来る  小父さんが来る  から、唯出て来る  何を措いても飛んで来る  熱一度に寄せ来る  顔を見るより早く、込み上げて来る  髪結も来る  此方を指して来る  勢はブラブラと歩き出して、来る  挿みながら来る  茶を入れて持て来る  今に起きて来る  摺寄ッて来る  帰ッて来る  昇が来る  大層作ッて来る  自分で出て来る  独り心へ浮んで来る  ソロソロ降りて来る  茲へ来る  電報が来て居る、来る  気が揉めて成らぬけれど、来る  招状を発し、来る  後から後からと遣って来る  茲へ這入って来る  根西夫妻が遣って来る  休息に来る  家へ這入って来る  介抱に来る  浦が来る  明日にもなれば現われて来る  働きを失って追っ掛けて来る  事は、来る  病気見舞などに来る  外から光明が洩れて来る  見込みは増して来る  細語つつ出て来る  推量が悉く間違って来る  者が若しも来る  夫なら決して来る  貴女の出て来る  何だか此方へ寄って来る  光は段々と寄って来る  茲へ出て来る  何処からか臭って来る  二時五分の上り汽車が来る  秘密が出て来る  当分秀子を虐めに来る  方を振り向いた、爾して馳せて来る  銅網を破って追い掛けて来る  時も来る  医学士かが連れて来る  上などへも来る  余自らペイトン市へ、行って来る  丘がある、来る  其所へ来る  早や立って来る  斯う言って、出て来る  婆が続いて入り来る  隙から洩れて来る  余を殺しに来る  直しに来る  今に驚いて降りて来る  他世界の果てから尋ねて来る  返事が出来ません、頼って来る  露れ来る  茲へ連れられて来る  密かに尋ねて来る  権田時介は大いに喜び、それでは近々連れて来る  許へ連れて来る  所の備わって来る  室へ這入って来る  兎に角停車場まで行き、見届けて来る  口から分って来る  話ですが、集まって来る  地震ものが一向受けないのに、集まって来る  方が次第に動いて来る  征服されに来る  掃除女に到るまで、数えて来る  真先に這入って来る  服装が違って来る  共通点が出来て来る  さには、青くなったり、赤くなったりして追っかけて来る  下宿にでも公然と来る  席上にも来る  別勘定にして来る  テーブルに来る  お化けが飛び付いて来る  失敗したと見えて、帰って来る  主が出て来る  程度まで来る  色彩を帯びては来る  中庭から出て来る  松葉杖をついて歩いて来る  ソロソロと引返して来る  足音が時々きこえて来る  中に満ち満ちて来る  作つて持つて来る  山みちを下って来る  四方八方から集まって来る  上に這い出して来る  どこからか舞い下って来る  一つ上から大股に下って来る  鮮かに浮んで来る  剣を抜いてはいって来る  戸をあけてはいって来る  花束を持ってはいって来る  そこへ時々降って来る  下へ移って来る  踵を接して来る  助九郎が出て来る  彼の持って来る  荒木村からこれへ来る  春を告げて来る  おらがまた、送って来る  おまえ村から里へ来る  ここを通って来る  荒木村から出て来る  奈良まで見て来る  柳生衆が押しかけて来る  いくらでも掘って来る  芽がそろって出て来る  手を挙げたら、来る  伊織は、さてこそ、来る  隠密に来る  大門まで来る  道を急いで来る  前に出直して来る  足も急いで来る  風の落ちて来る  姿を見かけて、駈けて来る  ほうにながれて来る  混雑して来る  室内へ上がって来る  面に迫って来る  友情をみだして来る  影を顕して来る  不利になって迫って来る  間、来る  剛をあらわして来る  門を去っても、送って来る  闇を、歩いて来る  口振にあらわれて来る  今日は泊って来る  目にかかって来る  それ以来夫が帰って来る  二年ぶりに帰って来る  田圃から帰って来る  炬火を点して帰って来る  同僚が訪ねて来る  渚に寄せて来る  面から吹いて来る  下からこみ上げて来る  所に通って来る  暴風雨の来る  此上なく羨しくなって来る  いつでも酔って来る  港には、やがてまた押し迫って来る  横まで来る  のか、突然帰って来る  亭主が乗出して来る  今夜オホツクから廻されて来る  色彩派になって来る  姿が浮んで来る  文句も冴えて来る  国民新聞へ出て来る  お茶の水へ来る  寸尺が出て来る  古巣へ戻って来る  鵲が下りて来る  底まで掘り下げて来る  八台も繋がって来る  船を狙って来る  船に近寄って来る  ここまで落ちて来る  奴がつけて来る  千住まで来る  奴が追って来る  たまに訪ねて来る  感覚がなつかしくなって来る  吹きつけられて来る  ところまで聞えて来る  退屈がまして来る  電気燈が、段々明るくなつて来る  トツプリ日が暮れて来る  地盤が出て来る  向うから除雪車が来る  地方から食物衣服を送って来る  自然都会に流れて来る  ようにころがして来る  コーヒーが来る  講義だけを聴きに出て来る  ところへ訪れて来ると言っていたが、果して来る  さも出て来る  ロオラが降りて来る  本気で来る  場所に来る  紅茶が運ばれて来る  船が、こう来る  坊ちゃんですよ。絵具を買って来る  不幸が今にも落ちかかって来る  それを、更に来る  泉がふき出て来る  遊化に来る  その後から後からと湧いて来る  ようのない程嬉しくなって時々こみ上げて来る  私は時々来る  ところへもどって来る  たまり場へ来る  町から車をひいて来る  一仕事して来る  婿さんの来る  領域に帰って来る  民藝品に、来る  私達は来る  時は来る  民藝品に帰って来る  事実こそは、来る  結合を来る  体を冷やして帰って来る  奥を打ち出して来る  声をかけて来る  力となって来る  娘さん達の来る  駅まで戻って来る  幽かに聞えて来る  通りに流れて来る  音が漏れて来る  土地を売って来る  花をもって来る  あっちからころがりこんで来る  そこけ、と近づいて来る  子供がくりかえして来る  先生がたが来る  音のきこえて来る  情を増して来る  劇壇に直にまた持って来る  西から東に来る  東から西に来る  端より来る  朋遠方より来る  響もきこえて来る  一つとして立ちかえって来る  日本へ向って吹いて来る  地上へ降って来る  外観と違って来る  地上に降りて来る  岸へ寄せて来る  眼に入って来る  間に下りて来る  月から来る  大気中を落ちて来る  場所を通って来る  中から涌いて来る  所を取り出し、降って来る  上へ持って来る  静かに降って来る  無限に続いて落ちて来る  螺旋形を描きながら舞って来る  何時までも舞い落ちて来る  錯覚が起きて来る  現象が分って来る  位簡単に分って来る  結晶が落ちて来る  少い層へ来る  層へ来る  結晶が沢山降って来る  雑って降って来る  霰に似て来る  身体が冷え込んで来る  地上へ落ちて来る  雪片を追い越して落ちて来る  水滴が付いて来る  のものがちらちら降って来る  霜がちぎれて落ちて来る  鱗片が拡がって来る  身体が冷えて来る  天空から数時間もかかって落ちて来る  不意にこぼれて来る  毎夜現れて来る  霊がかかって来る  煩悶が加わって来る  百足が入って来る  雪は降って来る  だんだんに烈しくなって来る  部屋まで流れ込んで来る  姑娘、来る  戸が閉めてあっても、すうとはいって来る  女に化けて来る  幽霊がはいって来る  叩きこわしてはいって来る  音をさせてはいって来る  雪女でも出て来る  どちらから吹いて来る  時間で来る  切り破って来る  上へこぼれ落ちて来る  ところを取り出し、降って来る  盛に来る  由来を書いて来る  数時間かかって落ちて来る  結晶を作って来る  形に現われて来る  襟へついて来る  ひらひらと散って来る  縁談は、と来る  嫁が来る  水、と来る  乳母の来る  わしは逢いに来る  明日わたしが又来る  のかよく聞いて来る  ころに又来る  父親になっていたが、やって来る  お寺から妻がかえって来る  船脚が次第に遅くなつて来る  始まつて来る  蔓こつて来る  暴風の起つて来る  上から下りて来る  新語辞典に出て来る  杖にすがりながら出て来る  許に持って来る  左から右に横切って飛び来る  ことは聞かれ、やがて来る  人左手より出て来る  離座敷を指して来る  中に、迫って来る  姿となって、ぐんぐん迫って来る  地下から突き出て来る  地上にもれ上って来る  露西亜人が来る  人に迫って来る  副官が這入って来る  陰欝さとを増して来る  肩にかついで帰って来る  なつらをして現われて来る  者などが来る  嫁さんでも来る  つて、歩いて来る  座敷に来る  だんだん光って来る  袖崎源次とが出て来る  入口より入って来る  右手より出て来る  楽屋まで、のめのめとはいって来る  使いから帰って来る  疾風のごとく帰って来る  捜査に来る  こだわりが出て来る  ところへ、帰って来る  寒い北風が鋭く吹き込んで来る  選をたのみに来る  野並も来る  左に従い来る  妙に生き生きとして感ぜられて来る  身ぢかに感ぜられて来る  内に上って来る  悪霊は、きっと上って来る  音を忍んで這い上って来る  寒気などがして来る  悪霊が忍んで来る  葉にかくれながらのぼってでも来る  ようにもきこえて来る  中までしみ込んで来る  ようにわき上って来る  ものイライラチラチラして来る  グーッと下って来る  停車場から帰って来る  病院まで登って来る  顔面に溢れて来る  彼等が下って来る  銃をとって、近づいて来る  銃を振り上げて近づいて来る  山の上から押しかけて来る  渦が、ようやく鎮まって来る  夢が、生々しく甦って来る  三人ばかり出て来る  大ぶりになって来る  音が、ようやく静まって来る  小屋全体をギシギシとゆすって、大ぶれになって来る  加速度が加わって来る  暖く歪んで来る  二階にしばしば訪ねて来る  もっと色男が一杯来る  伸上って来る  鼻声になって、こみ上げて来る  何処からか嗅ぎつけて来る  靄を透して来る  顫えながら、近づいて来る  沼を吹き越して来る  茶飲話をしに来る  波谷におちいって追い来る  心理をつきとめても、出て来る  話を持ちかけて来る  予期がこみあげて来る  採訪に来る  此国へ来る  つて違うて来る  異本が出来て来る  かってにあがって来る  案内も乞わないで上って来る  彼らがあがって来る  ため道江は、つづいて上って来る  勢いに乗っかって来る  だんだん昂じて来る  力が、むくむくと盛りあがって来る  身にせまって来る  きょうここに来る  馬田の近づいて来る  少佐は、はいって来る  濃厚になって来る  情がわいて来る  窓下に来る  次郎がはいって来る  ように匂って来る  父が来る  交渉に来る  腹がふくらんで来る  暗黒時代が来る  おいおいわかって来る  自然にのみこめて来る  次郎がつぎつぎに近づいて来る  直前に来る  何だかばかばかしくなって来る  水飼場に来る  学校のかえりに来る  やつがしきりに降って来る  手紙、そんな来る  小説なんかに出て来る  鑑定しろと来る  処へ尋ねに来る  まま、来る  一陰一晴を知らせて来る  愬えて来る  温雅に歩み来る  後添いに来る  娘を知ると、生れて来る  兄妹が這入って来る  気もなく降って来る  音もなく降って来る  入交って来る  年増が来る  あちこちから稼ぎに来る  ちょっと道寄りをして来る  涙となって溢れて来る  ゆっくりして来る  ことがあって帰って来る  伯林へ来る  胸中に満ち来る  言問まで戻つて来る  二番目狂言に出て来る  ぼんやり記憶に浮んで来る  一羽どこからともなく飛んで来る  楽屋に来る  言問まで戻って来る  酔の廻って来る  脳を噛んで来る  手を出して来る  隙間から斫り込んで来る  直ぐ後から来る  仲間に入れて来る  ゴロが出て来る  皆がついて来る  何年目かに来る  考えから来る  立川駅に来る  ひより三晩続けて来る  出迎へ申して来る  ものの振はすれど、来る  甲田の来る  飢えが来る  時がかならず来る  空手で踊りつつ来る  加減厭きの来る  アノ河岸まで担いで来る  蹈縛て来る  築地へ来る  谷間田が帰って来る  拘引して来る  宿所へ来る  証拠が立て来る  許へ知らせ来る  油断に付け込んで飛び込んで来る  だんだんむつかしくなって来る  ことでカッとのぼせて来る  客となって来る  身近かに来る  寝室が近づいて来る  上から漂うて来る  好奇心さへ浮んで来る  三日に来る  ためにこう来る  一番頂上まで来る  窓からおっこちて来る  握りに来る  近くまで通って来る  家をぬけ出して来る  夜岸伝いに帰って来る  耳に聞こえて来る  弛緩状態が目立って来る  福間警部が戻って来る  夫人が連れられて来る  事情が起って来る  文句が出て来る  だんだん薄れて来る  日本化して来る  弊害欠点の生じて来る  云へば必ず現はれて来る  姿がまざまざと浮んで来る  推移して来る  ここまで登って来る  途中で、登って来る  円筒内を下って来る  物音に驚いて登って来る  つて遊びに来る  自信が巻き起つて来る  さで引きあげて来る  概で、来る  馬車をひいて来る  田から聞えて来る  袋に入れて担いで来る  映画にまでなって来る  喜劇的になって来る  偏屈者の来る  感じを起して来る  有様になって来る  世界が明るくなって来る  肚をきめて来る  作家には、このきびしい追いつけ、追いこせが終生ついて来る  ように、降り来る  影が向うから来る  いつか、来る  眸にひろがって来る  お里が来る  金でも持って来る  いくらでも降って来る  頭が疲れて来る  あたりから吹いて来る  煙が吹き下りて来る  きりなしにおちて来る  西洋人のつけて来る  経験からついて来る  こころにぴったり来る  二つずつ向って来る  加奈子と並んで歩いて来る  加奈子をつけて来る  唇が飛びかかって来る  癒って戻って来る  カチューシャがひき出されて来る  光がさして来る  のか見て来る  はつきりとわかつて来る  ひきかへして来る  娘の登って来る  ものが連れ出しに来る  西明寺を志して来る  白足袋で出て来る  もう少しすると来る  後から後からと流れて来る  頭には次々と浮んで来る  雑念が突然入込んで来る  向うを発って来る  すし詰めになって揺すられて来る  方はだれて来る  仕様がないので出て来る  みんな浮いて来る  それが段々降りて来る  盆地一杯に垂れこめて来る  霽れて来る  客があると、連れてやって来る  ブラウンが来る  燈台にむかって来る  さに慣れて来る  心に起り来る  縦隊を作って進んで来る  鶏が来る  群がついて来る  顏に似て来る  ように細かくなって降って来る  人足が来る  石屋が来る  前に現はれて来る  状勢から来る  念が浮んで来る  棲家に引きあげて来る  逆に進んで来る  見物になんて来る  わたしの来る  胞衣をかぶって生まれて来る  だって胞衣をかぶって生まれて来る  モデルの来る  中を歩みまわり、来る  頭痛がして来る  いつ逢いに来る  中を飛んで来る  二本出して飛んで来る  宙で鳴るほど早く飛んで来る  水に近づいて来る  いくら足を縮めても近づいて来る  感覚がそっくり甦って来る  東京へ戻って来る  ここへ出掛けて来る  書庫に射して来る  名前が見えて来る  突上げて来る  静かに近づいて来る  景色になって来る  朝が訪れて来る  なかから流れて来る  踵に迫って来る  僕に紛れ込んで来る  天から滑り墜ちて来る  なかに飛込んで来る  国に生まれて来る  虫のかかって来る  気分に融け込んで、出て来る  主題を齎して来る  寓って来る  作物に出て来る  歌まで来る  生活態度から来る  生活態度がのり出して来る  於て高められて来る  姿を見せかけて来る  違い目を見せて来る  様に考えて来る  中心が出来て来る  点から出て来る  事柄はよほどちがって来る  奸策ではないかと思われて来る  鳥渡経蔵を見て来る  格子扉から落ちて来る  観念が起って来る  差込んで来る  孔雀が年老いて来る  見聞をして来る  無力になって来る  方角へ戻って来る  亭に来る  時二階から階段をそっと降りて来る  必然に伴って来る  黄色かったり、酔ったり、醒めたりして、移って来る  ひらひらと来る  後方へ来る  時夫の来る  喜びに出て来る  森の奥深くへ来る  魔法使いが捕って来る  女に負けてのめのめ逃げ出して来る  掩って来る  半時ばかりで帰って来る  一寸おしっこに行って来る  賞品を送つて来る  大波が、ずどうん、とおそって来る  船が帰って来る  水を渡って来る  籠を提げて帰って来る  最中に、しばしば襲って来る  差もなく漕ぎ連れて来る  ざめきを送つて来る  シナに来る  バラモン僧正が来る  中を見ても出て来る  インドからシナに来る  人が持って来る  シナに持って来る  七百部も持って来る  今度中央アジアから掘り出されて来る  何でも来る  原則として出て来る  細かになって来る  結論に落ちて来る  落着きが来る  山の上へ来る  後から子供達は現れて来る  それを求めて来る  牙を剥いて向かうか、飛び付いて来る  だんだん酔の廻って来る  睨みが緩んで来る  酒場に入って来る  言葉には来る  だんだん時勢に適しなくなって来る  文句を書いて、来る  からだに沁みて来る  一声がきこえて来る  しらがあつくなって来る  塾生が集まって来る  頭がむしゃくしゃして来る  塾生がはいって来る  室にはいって来る  気持ちが落ちつかなくなって来る  眼にうかんで来る  ほうに進んで来る  仕事も、これからがいよいよむずかしくなって来る  それに代わって浮かんで来る  特徴がはっきりして来る  一塾生としてはいって来る  のを、来る  いくらでもはいって来る  両手をにぎりしめて、こみあげて来る  両手が汗ばんで来る  死ぬ覚悟が湧いて来る  だんだんむずかしくなって来る  お客もたずねて来る  ここに集まって来る  鐘楼からきこえて来る  だってやって来る  午前中に来るとすれば、もうそろそろ来る  ほこりをかぶって来る  言葉まで来る  塾生たちが帰って来る  三人がはいって来る  大沢君をさそって来る  底からつきあげて来る  何か言って来る  そめにもしのびこんで来る  人間がなさけなく思えて来れば来る  眼がこわくなって来る  気持ちが深まって来る  用をすまして出て来る  タクシーに乗って来る  手で来る  力をもってかれにせまって来る  正門をすべりこんで来る  役割が生じて来る  現実性をおびて来る  係官が来る  そっちのけにして、来る  山岸中尉は、いよいよ来る  怪物たちは、とびかかって来る  日もまた来る  火を躍り越えて入り来る  跡より来る  本宿より来る  上より降り来る  地代が余計這入って来る  金が湧いて来る  物が湧いて来る  他所で働いて取って来る  どんどん発展して来る  附近へ移り住んで来る  物の湧いて来る  工場を持って来る  ここに廻って来る  柿が赤くなつて来る  地響を打つて歩いて来る  推論が出て来る  一人だったと知らせて来る  みんな攫って来る  食事から帰って来る  ワトソン君も来る  二三分間で出て来る  後から誰かついて来る  あたりにくっついて来る  お母さんに見せて来る  時男さんが来る  それきり出て来る  室にさし込んで来る  方へと近寄つて来る  ものが溢れて来る  自分へ向って光って来る  お仙、行って来る  ように名づけられても来る  ことをよく聞きただして来る  遠慮にはいって来る  がっかりして戻って来る  濡縁にも及んで来る  頁が進んで来る  なかった暁が開けて来る  犇と伝って来る  醸成され、涌き出して来る  隙間からちろちろと這いあがって来る  推測されて来る  本領として活かされて来る  因陀羅網に見えて来る  打出の小槌を持って来る  夾竹桃が出て来る  和蘭陀からも遣って来る  ここによみ返って来る  肉体に宿って現われて来る  心眼に映って来る  方へ食みだして来る  日が暮れて来る  甲州辺からも遣って来る  隙間から射し込んで来る  格好から来る  入浴に出掛けて来る  腕があたかもかれを迎えて、かれの来る  中から時々出て来る  珍品が出て来る  諛ひ寄り来る  隙間より洩れ来る  漂ひ寄り来る  気力衰へ来る  手に入れ来る  妙に涼しくなって、ゾクゾクして来る  私にからかって来る  上に流れ寄って来る  地下から湧いて来る  二人一しょに見に来る  遊びに誘いに来る  お家にまで来る  友達も来る  二度三度疾走して来る  店を譲って近近帰って来る  一軒廻って来る  兄の帰って来る  心が馴染んで来る  涼みかたがた見物に来る  想い出が湧いて来る  それに乗って帰って来る  たくさん風呂敷へ入れて帰って来る  反対におもしろく見えて来る  昨日あないに暑かったのに、歩いて帰って来る  遠くから帰って来る  釣瓶になっているらしく、汲みあげられて来る  疲労が来る  気持が起こって来る  字が小さく見えて来る  騒音が伝わって来る  からまた歩み寄せて来る  一つ夕立が来る  くるくると巻いて来る  ざっと降って来る  ざっと一しきり降り来る  里へ行って来る  此処へ帰って来る  交代時間が来る  余地が出て来る  閑をつぶしに来る  随伴して来る  エントロピーが出て来る  状態が入り込んで来る  さっき停車場からホテルへ来る  斯う叫んで来る  傍聴に来る  だんだん図々しくなつて来る  違つては来る  肚がたつて来る  嗽ひでもして来る  夕涼みに来る  言葉の浮んで来る  古巣に帰って来る  張合いが出来て来る  差別が起って来る  塵から散らされて来る  意味が違って来る  勢力が付いて来る  ところへ連れられて来る  年とともに増して来る  年とともに甚だしく違って来る  生活難から来る  泉から来る  地平線上に来る  スウェーデンへ来る  距離に来る  一番内側に来る  一番外側に来る  二二五五年に再び帰って来る  地球内部から来る  太陽近くまで来る  交互に来る  今夜ここへ来る  歩調正しく歩いて来る  必要はなく、歩いて来る  下坂源次郎の寄って来る  とき足早に歩いて来る  一走り行って来る  だんだんこちらへ近寄って来る  足もと定まらず歩いて来る  武士全体から逼って来る  ここまでいって来る  明日にも訪ねて来る  声がハッキリと聞こえて来る  男女が歩いて来る  後からつき従って来る  しとやかに進んで来る  しとやかに練って来る  ほうへ近寄って来る  小走って来る  お金が、集まって来る  話し声が洩れて来る  挑戯って来る  狂言に現われて来る  口へまで持って来る  鎌首を持ち上げて来る  出来事が、すぐにも起こって来る  ッ、来る  花でも見て来る  ほうから苦しくなって、進んで持ち出して来る  家へ集まって来る  嫖客が集まって来る  客なども来る  若い武士なども来る  ここへ集まって来る  ものなら、すぐさま付け込んで来る  束でもくわえて来る  むやみやたらとぶつかって来る  ようにして歩いて来る  一杯にしてうねって来る  舌がなぐれて襲って来る  ドッと噴き出して来る  屋根から投げ落とされて来る  人間が現われたが、走って来る  背後から来る  音を貫いて、すさまじいまでに聞こえて来る  空地へ逃げ込んで来る  粂とが走って来る  足を踏みしめ踏みしめ、絶えずぶつかって来る  室まで帰って来る  窓から射込んで来る  一週間も立って来る  彗星の襲いかかって来る  部屋に帰って来る  古巣に戻って来る  村に戻って来る  修行者も出て来る  だんだんと減って来る  ますます多くなって来る  困難を生じて来る  扶持離れがして来る  生活に困って来る  動物は段々少くなって来る  美味を覚えて来る  みなこれから出て来る  言語なりが違って来る  隔りは少くなって来る  区別も変って来る  移転とによって変って来る  立身して来る  丈斯うやって考えて来る  斯うやって考えて来る  者を連れてやって来る  心持が滅入つて来る  闘剣を挑んで来る  五分間ほど寝て来る  五分間休んで来る  ことなどから来る  商品であるように思われて来る  大概絶版だと断わって来る  日本がやはりたのもしく見えて来る  侵略して来る  階を下りて来る  私悲しくなって来る  投り込まれ、掴みまわされて運ばれて来る  惜む上から来る  十二時に来る  夜あけが近づいて来る  十年もたって一層ほんとにわかって来る  南へ来る  暖く成って来る  不安が起って来る  感じのまとまって来る  季節の来る  ように蘇って来る  庭へ這入って来る  私に蘇って来る  のではないかと思えるくらい、まざまざと蘇って来る  実を採りに来る  素通りして来る  そのまま引っ返して来る  羊歯を運んで来る  別荘が近づいて来る  名がぴたりと来る  世界から身につけて戻って来る  合図が来る  大先生が来る  医者はすぐ来る  働きで得て来る  非常にはっきり出て来る  保険会社から入れと言うて来る  会社から来る  誰れか這入て来る  教室へとびこんで来る  合唱近づき来る  見方も変って来る  方からやつて来る  電車が近づいて来る  交錯がしきりに感じられて、近づいて来る  瓦屋から帰って来る  通りに帰って来る  今夜あたりは来る  あたりまで帰って来る  食慾も増して来る  お前さんとこへ来る  ドアへ近づいて来る  今井家へ来る  時節は必ず来る  吉田松陰らは出て来る  街路を歩いて来る  ところまで戻って来る  心が飲み込めて来る  お宮は、入って来る  電車通りまで出て来る  主婦さんにそういって来る  喜久井町に帰って来る  御飯が、もくし上げて来る  須田町まで来る  此家へ舞い戻って来る  お座敷のかかって来る  後から走って来る  お宮の追っかけて来る  置屋に舞い戻って来る  お宮の来る  男が何とかいって来る  あれがこうなって来る  柳沢さんなんか来る  一週間ばかりして来る  鎌倉へしばらく行って来る  函を置いて降りて来る  気分になって来る  夕暮れが来る  機会がたびたび来る  図ここへ来る  一緒に付いて来る  あすはふらりと帰って来る  から、やがて帰って来る  差異が生じて来る  さが失われて来る  ふつふつと湧き起こって来る  娘から手紙が来る  家へ向って来る  みんなおれにはねかえって来る  ばねも、それだけ強くはねかえって来る  お金を持ってまた迎えに来る  陣痛の襲うて来る  噂が次第に激しくなって来る  縁側へ出て来る  涙がするすると湧いて来る  わけもなく出て来る  船玉江橋まで来る  中程に来る  速達便が来る  奉天から北京へ来る  漢口から脚の来る  長靴を持って来る  北京へ運んで来る  後ろへ引返して来る  面白味がわかって来る  からね、きっと嗅ぎつけて怒鳴って来る  姿は一段と美しく見えて来る  必要がなくなつて来る  時間表を見に来る  はてから来る  草刈りに来る  吹奏しながら近づいて来る  大概通つてしまつた後だと見えて続いて来る  伴れ立つて来る  宿をもとめに来る  文芸評論にもなって来る  名がよく出て来る  人名が出て来る  農村から送られて来る  盛んになって来る  之を持ち出して来る  文明評論としても生きて来る  報道としてさえも生きて来る  結び付きなど決して浮び上って来る  連関に這入って来る  限定者に来る  耳に這入って来る  そこから当然出て来る  誠実から来る  仕事が入り込んで来る  照して決って来る  内に来る  前に浮び出して来る  不行届きから来る  議論が少し込み入って来る  抜け穴が見えて来る  問題にひっかかって来る  一般的危機が出て来る  重要になって来る  具体化して来る  実効を収めて来る  行疫神の来る  原から来る  伴神を連れて来る  享けに来る  村中に拡がつて来る  常世から神の来る  新嘗祭などに来る  田植ゑに来る  春祭りに来る  つの時侯にも来る  主人に向いて来る  お代りを持って来る  帰依していると来る  塀を越して来る  滾々として溢れ出て来る  日当りに来る  僻を増して来る  文学などに最も屡々現はれて来る  名が出て来る  身の上にかかって来る  心にふれて来る  咎めが来る  オメオメと承って来る  前から来る  さを、来る  人の居るにも心づかず来る  瞬間に来る  頭にすぐ浮かび出て来る  沈黙から急に生き返って来る  耳には物すごくも心強くも響いて来る  まっしぐらに落として来る  どん底からむらむらとわき出して来る  人に近寄って来る  たるみなく吹き落として来る  ーっと来ては過ぎ、過ぎては来る  ぴちぴちはねながら引き上げられて来る  顔などはのぼせ上がるほどぽかぽかして来る  ざめきだけがとぎれとぎれに風に送られて伝わって来る  からあとからと引き続いてわいて来る  のびやかに聞こえて来る  ほど強くさして来る  南方へ走って来る  目に映って来る  君に対して求めて来る  ものがわき出て来る  足もとがぐらついて来る  君はたまらないほどさびしくなって来る  つっけんどんに聞こえて来る  舌に伝わって来る  遠音が響いて来る  一刻も早く来る  後から加納家へ来る  色が湧いて来る  しぶきが降って来る  海へ射し込んで来る  兵衛にむかって、すぐ帰って来る  舟へ這いあがって来る  ぞろぞろ這いこんで来る  敵はいよいよ乗込んで来る  だんだんに流れ込んで来る  台所にも来る  四国へ来る  やうに降りそそいで来る  さから生れ出て来る  病気の持つて来る  見舞に出て来る  刺激して来る  氾濫して来る  群に近づいて来る  今帰り来る  献上して来る  ほととぎすが来る  眼で見て来る  目に沁みて来る  一夕立さつと来る  蟹がまたうまくなつて来る  間から這ひ出して来る  持重りがして来る  こほろぎの声のみ高く聞えて来る  虫が来る  歩みで出て来る  つくりと訪れて来る  そつと忍び寄つて来る  地びたに落ちて来る  膩が乗つて来る  四辻へ来る  匂がして来る  正確さで来る  月末に来る  返事がもどって来る  はしごを持って来る  あかりがはいって来る  だんだんふえて来る  それから水がわいて来る  どこからともなくひびいて来る  時計をとめて来る  両手を組合せて、やがて来る  間違いなく出て来る  本籍から屹度通牒して来る  山坂をよじ登って来る  空気も通って来る  国から登って来る  地方から生まれて来る  普請役が上って来る  街道を降りて来る  家中も追い追いやって来る  途中から引き返して来る  出張して来る  宿までたびたび売りに来る  隣村湯舟沢から来る  聞こえる時が来る  先荷物を運んで来る  いろいろに変わって来る  江戸方面から進んで来る  馬を引いて戻って来る  だって通って来る  畳屋も通って来る  方角から街道を進んで来る  台箱をさげて通って来る  方々から来る  ょっくら行って来る  そばへ寄って来る  西から木曾川を伝わって来る  西から帰って来る  坂路を上って来る  街道から聞こえて来る  近在から入り込んで来る  新茶屋あたりから進んで来る  伊那あたりから入り込んで来る  祭りの来る  九月も近づいて来る  どこから聞いて来る  ことを知らせに来る  金兵衛の訪ねて来る  親たちを見に来る  半蔵夫婦を見に来る  饑饉が来る  山路を踏んで来る  半蔵も思い立って出かけて行って来る  江戸も見て来る  寺道を踏んで来る  方から渦巻き流れて来る  荷をつけて来る  空に響いて来る  ところへ話し込みに来る  三人が出て来る  時雨の来る  方角から橋の下へ降って来る  道も遠しとしないで尋ねて来る  ところへ断わりに来る  それを掲げて来る  気分で出かけて来る  連中が持って来る  連想と共に起こって来る  引き揚げ、来る  寛斎を見に来る  毎年冬の来る  迎いが来る  神奈川へ出向いて来る  春のめぐって来る  うちにはいって来る  横浜見物に出向いて来る  においをかぐと飛んで来る  態度で臨んで来る  流言なぞも伝わって来る  樹へ帰って来る  生糸商人も追い追い入り込んで来る  裏二階へ上がって来る  順に来る  中津川商人が出向いて来る  町をいましめに来る  板橋方面から木曾街道を帰って来る  街道筋にまであらわれて来る  横浜貿易から帰って来る  小判買いの入り込んで来る  馬籠へ来る  座敷へ吹き込んで来る  奥から行燈を運んで来る  あとから歩いて来る  世紀のやがてめぐって来る  胸に活き返って来る  馬籠本陣へ通って来る  継母がはいって来る  茶をこぼすまいとしながら歩いて来る  森林地帯へ入り込んで来る  ところから起こって来る  福島まで行って来る  西に帰って来る  藪蚊の襲い来る  妻籠からやって来る  排外熱の起こって来る  流言が伝わって来る  ところまで引き返して来る  庄屋が出て来る  ところに集まって、近づいて来る  方へ行って来る  柿の木から通って来る  小鳥の来る  美濃路から急いで来る  それから京都まで出かけて行って来る  お願いして来る  関東からやって来る  方から動いて来る  小雨が来る  馬籠へ繰り込んで来る  家中衆も、思い思いに引き返して来る  口から口へと伝わって来る  上にまであらわれて来る  日本に渡って来る  風呂でももらいに行って来る  江戸から報じて来る  松を立てたりしに来る  奥筋から妻籠まで引き返して来る  夜おそく訪ねて来る  薩摩が来る  長州が来る  土佐が来る  会津が来る  夜道を急いで来る  街道にあらわれて来る  旅に上って来る  下帯洗濯なぞをして来る  駕籠も次第に近づいて来る  王滝まで出かけて行って来る  時に出かけて行って来る  退役以来手伝いに通って来る  京都から逃げて来る  奥筋へと入り込んで来る  わたしたちの来る  川鶺鴒も来る  こめに来る  引率されて来る  大御国に参り来る  外国より来る  外国よりはいって来る  日本に集まって来る  山道から降りて来る  馬籠を離れて来る  幸福とを齎して来る  此地に来る  盂蘭盆に出て来る  蚤の来る  ものを考へて来る  性質を考へて来る  位置を持つて来る  制約が緩んで来る  神と聞え来る  印象から来る  二つにも分けられて来る  異教から稀にのみ来る  此土に来る  時を期して来る  大群をなして来る  鳥の啄み来る  新に来る  流言も伝わって来る  京都から毎年きまりで下って来る  毎日手伝いに通って来る  人の持って生まれて来る  伊那から出て来る  この街道に生まれて来る  駒はめったに生まれて来る  吉左衛門に似て来る  眼にかかって来る  おれは行って来る  近くへ下りて来る  前へ帰って来る  眼にかかつて来る  節季の来る  仏様を拝みに来る  間題が起って来る  松の木を伐って来る  野に出て採って来る  木を伐って来る  山から特に伐って来る  遠洋を渡って来る  晴雨計を取り出して来る  声は次第に近づいて来る  いふ風に見て来る  本邸へ来る  法律問題が出て来る  真正面から私に迫って来る  心に食い入って来る  彼に似て来る  ところをもっていて、来る  底ふかくこたえて来る  ここは屡々出て来る  廊下を受付けまで歩いて来る  何であるかが動いて来る  中心的役割をもって来る  稼ぎためて戻って来る  服装で戻って来る  彼女を来る  花房の来る  ふいにやって来る  一周して帰って来る  私にがみがみおこって来る  切つて駈出して来る  ところへ話しに来る  うりに来る  者は送るがごとく、来る  滞在中尋ねて来る  町から帰って来る  油揚を持って行って置いて来る  五六歩遅れて来る  払つて一歩遅れて出て来る  彼はこみ上げて来る  何辺そつと見に来る  客も、来る  逆襲に向って来る  口実で少しずつ引出して来る  風があふり上げて来る  国の出来て来る  快感をおぼえて来る  細流の出て来る  彼方からながれ来る  二たび此処に来る  音をさせて上って来る  そこから水が出でて来る  あたりは来る  解決が生れて来る  オレが呼んだらすぐ来る  取り入れ最中に休んでどうすると来る  床屋へ行って来る  附加え、買って来る  苦痛が蔽いかぶさって来る  思出されて来る  方まで流れ出して来る  彼が遠からずやって来る  から輸入されて来る  それを早く済まして来る  家へ襲って来る  心配して訪ねて来る  美濃路を上って来る  隠居所から通って来る  多勢ぞろぞろついて来る  事情も顧みないで進み来る  王滝川まで上って来る  山里へかつがれて来る  雨戸を繰りに来る  若葉に来る  八月の来る  手伝いに通って来る  東京方面から木曾路を下って来る  白でも慕って来る  木曾まで来る  口達をうけて引き下がって来る  方から運んで来る  そこへ飛んで出て来る  合併を見るほどに推し移って来る  街道にもあらわれて来る  先見えて来る  牡丹へ来る  そこへ浮かんで来る  身辺にまといついて来る  年玉に来る  そこから起こって来る  待ち人は来る  宿屋を引き揚げて来る  生活にまであらわれて来る  そこへ取り出して来る  海を渡って来る  胸にまとまって浮かんで来る  ものは、帰り来る  時を送って来る  大教院から回して来る  講社から来る  講社から集まって来る  流れを下って来る  方へ渦巻き流れて来る  どこからともなく聞こえて来る  泊まりもしないで帰って来る  夜道を帰って来る  わけじゃありませんがね、まあ、行って働いて来る  ヨーロッパからはいって来る  かわりにはいって来る  中旬が来る  警めに来る  彼は近づいて来る  身柄を引き取りに来る  風呂に行って来る  響きも聞こえて来る  増上寺あたりから頭を剃らせに来る  順番に回って来る  征蕃兵がぽつぽつ帰って来る  十二月下旬が来る  階下から持って来る  送りに帰って来る  町を呼んで来る  通りを読み読み歩いて来る  ものを載せて来る  陽に聞こえて来る  蝶に似て、折々流れ来る  はしに誹難して来る  それまでにして来る  のに甘んじて来る  ふいに頭を横切つて来る  ぢくりぢくりそれに触れて来る  家宅捜索に来る  のと、無暗にこみ上げて来る  上手から降りて来る  何気なく墓地から降りて来る  中からだんだん明瞭に近づいて来る  中には度々来る  幾の来る  頃から軍治は来る  耳について来る  目鼻がついて来る  つたら、少しは大人びて来る  だんだん拡がり出て来る  来襲して来る  鳥羽街道を下って来る  だんだん猛烈になって来る  時が必ず来る  今持って来る  衝突して少しでもゆるみが来る  デッキから落ちて来る  車軸へ来る  からだがしびれて来る  食事が来る  本を読みに来る  質問が生じて来る  そこに集まって来る  人たちにもわかって来る  ブクブクと吹き出して来る  時は必ず来る  岩見武勇伝に出て来る  エンヤヨイヤ、と聞こえて来る  それを追って来る  油が切れてすぐ焼けて来る  考えが、わき出て来る  どてらでも持って来る  毎日にでも来る  ように、間違って飛び込んで来る  いつまでも君がぐずぐず、ついて来る  チョッと出かけて来る  万寿が帰って来る  熱湯をもらって来る  ように、のぼって来る  売り込みに来る  小倉が帰って来る  沖売ろうに来る  火夫室へ来る  本船へ持って来る  クレインが来る  万寿丸を目がけて近づいて来る  状態になって来る  から上がって来る  のを、落ちて来る  自分をねらって飛んででも来る  内には来る  間違いなくば来る  ボースンが来る  ところへ行って来る  菓子を買って来る  涙に曇って浮かんで来る  ときが乗り込んで来る  ところから、帰って来る  仕事着にでも近づいて来る  屍になって帰って来る  方へ下がって来る  下で、落ちて来る  桟橋から轟音と共に落ちて来る  室蘭へ帰って来る  都合はどうだか、きいて来る  食いためて来る  おれに持ち込んで来る  ちょっと相談をして来る  それは気味悪くからみついて来る  おれの出て来る  木戸から人がはいって来る  柿を取りに来る  時折遊びに来る  それは次に来る  岬をめぐって来る  波紋を描いて戻つて来る  出勤し来る  五階へ来る  田越川へ上げて来る  其処に居て、さして来る  さらさらと押して来る  甲板に出て来る  氷を運んで来る  二人とも来る  横浜にはまた戻って来る  通りまで来る  足もとへ寄って来る  あいつ一人ならばはいって来る  風の運んで来る  ドア越しであるが、来る  土曜日以外に来る  後ろから聞えて来る  夫が来る  日かげが廻って来る  ぢいが来る  晩にでも来る  何をしに来る  機嫌を取りに来る  招喚にやるまでは来る  如く物思に沈みつつ帰って来る  奴を引っこ抜いて駈け出して来る  夜が廻て来る  変革が来る  機関庫に帰って来る  静かに従いて来る  夜露で、寒くなって来る  もので引かれて来る  上まで連れて来る  テクテクやって来る  移動性を失って来る  オガンをかけて来る  合間から吹き上げて来る  トンビの来る  ロンドンに来る  偉丈夫に化けて来る  朝日が差して来る  │┌が来る  渾沌時代から生れて来る  いふ風にのべて来る  自然に呑み込めて来る  小唄で澄まして来る  気にもしないで、来る  ら心に浮び上つて来る  怒号と高まって来る  後退りして来る  師を尋ねて来る  師を訪うて来る  アトからアトから際限もなく出て来る  権藤国手を呼んで来る  稽古人が来る  危くなって来る  舞台から引込んで来る  熱を持って来る  稽古になって来る  一生懸命になって来る  喧嘩腰になって来る  中へ拾い込んで立って来る  ワンワン寄って来る  ワンワンと寄って来る  前に持って来る  上達して来る  だんだん上達して来る  頭が来る  心地がして来る  催能が近付いて来る  氏が来る  沢山だ、悪いと云えば帰って来る  下谷辺へ来る  往って返して来る  粉になって噴きこぼれて来る  大勢の子供が通って来る  前へ持って来る  湯屋へ来る  ものがおのずと懐かしくもなって来る  想像を描きながら、来る  番附を配って来る  からうるさく呼びに来る  鈍帳芝居に似寄って来る  揚幕へはいって、再びするするとあらわれて来る  わが家へ帰って来る  名題俳優が殖えて来る  浮世に出て来る  教訓がしみじみと思い出されて来る  温湯を入れ来る  飯を運び来る  一しよに載せ持ち来る  幾度来ても来る  夕飯を運び来る  置ラムプを点じ来る  添削を頼み来る  風に数えて来る  福が来る  あたりに、痛痛しく流しながら帰って来る  圧しつけて来る  こんどから来る  あらたに起こって来る  背景から浮み上がって来る  一ぱいになって来る  胸先きを突き上げて来る  そこから聞えて来る  竜ちゃんの来る  不安そうについて来る  ところからそれが来る  四つ辻まで来る  夕がたが来る  湯へ行くと云って、出て来る  敏の来る  半町ばかり歩いて来る  石河岸へ来る  島婆さんもついて来る  ばたばた後から駈けて来る  声が高くなって来る  土曜だけ来る  自分に通って来る  自信はあるが、果してついて来る  口を利かずに、ついて来る  七曜が出て来る  相手はやがて来る  貴子がひきかえして来る  貴子ははいって来る  田村へ来る  女を連れずに来る  居間に戻って来る  挨拶に帰って来る  誰もついて来る  それよりも早く来る  何気なくすり寄せて来る  中から流れて来る  ーっと来る  円山公園まで来る  パイを取って来る  席に戻って来る  京吉が来る  しろからつけて来る  北詰まで来る  大江橋まで来る  桜橋まで来る  お釣りが来る  だんだん夜が更けて来る  たびに若くなって来る  後から誰か来る  石川もやがて来る  石川の来る  日もかならず欠かさずに買いに来る  足早に降りて来る  二年後に帰って来る  しるこ屋へ寄って、戻って来る  大勢あつまって来る  あとから引取りに来る  若い者ひとりと共に帰って来る  ドンドン詰めかけて来る  朝から陰って、時々にしぐれて来る  金を取戻して来る  なんですね、来る  其方たちの来る  いまに来る  雖も来る  余は来る  而して次に来る  色眼鏡を通して来る  機会は再び来る  山にさしかかって来る  緊張も次第に弛んで来る  虎の出て来る  都府を訪い来る  座敷にも入って来る  是から棄てて来る  ゴマメ売りが来る  手向って来る  抵抗して来る  空虚さが分って来る  まん中へ来る  接触して摩れ摩れになって来る  斯う云って来る  光明の来る  美所が分って来る  影が生じて来る  ようなまたよりかかって来る  三時頃に帰って来る  さりと来る  中でも見えて来る  癪に障つて来る  んだとも思はれて来る  足も疲れて来る  兵児帯で、ぬっとはいって来る  国際情勢から来る  違いから来る  鳥右ヱ門は、やがてあらはれて来る  ここへつれられて来る  しづんで来る  雪の来る  もの江戸に来る  さばきに来る  捕方じゃ、それでも来る  御堂へ来る  此処へ通って来る  軍隊から出て来る  大夫が出て来る  角をまがってもまだきこえて来る  わけは分らぬなりにはっきりきこえて来る  気違が来る  米国から来る  ことなり、いずれ帰って来る  武家跋扈より来る  調子附いて来る  鎌倉に来る  躡うて来る  精神に次ぎて来る  泰平の来る  正当に来る  ドライブしてやって来る  うちに聞こえて来る  六法を踏んで来る  後退りして逃げて来る  代が変って来る  百姓連中がワイワイと駈集まって来る  窓から臭って来る  下ばかりみながら近づいて来る  どこを漏れて来る  鴨居から柱を伝って入って来る  余地が生じて来る  暈いが募って来る  心をとざして来る  水金へ来る  伝六が、来る  凄味を帯びて来る  方より入り来る  自宅から毎晩わざわざ通って来る  毎晩つづけて来る  鮨を売りに来る  一度にどやどやと出て来る  秘密を探して持つて来る  唄声が聞えて来る  石段を登って来る  雨が降りだして来る  大木戸附近に来る  太宗寺へ来る  八王子辺から来る  から訪ねて来る  水が廻って来る  方面から飛んで来る  者がなくなって来る  止めに来る  岩のそうして来る  廻診に来る  騎つて来る  五十節迄読んで来る  背後から跟いて来る  静子が来る  北から流れて来る  線路を横切つて来る  一人、歩いて来る  上気て来る  背後から急足で追駆けて来る  それが、一歩々々に近づいて来る  それから被来る  此家へ被来る  から散歩して来る  富江が来る  屹度神山さんが来る  屹度被来る  晩にまた来る  二町許り来る  胸が苛立つて来る  月影を滴らせて、近いて来る  柳も来る  千住へ来る  現実境が来る  涼風の来る  牽れて来る  んじゃねえかと思うほど、来る  廊下に洩れて来る  期日が次第に迫って来る  守り符などを貰って来る  そばまで運んで来る  始末して来る  それをきかせに来る  バタバタと追いついて来る  自ら生じて来る  自ら教訓が浮いて来る  力を減じて来る  番所から迎いが来る  引き取りに来る  中などに出て来る  打擲の来る  隣の部屋から壁を射透して来る  日曜日の来る  手が次第に乾いて来る  姉は来る  様に襲うて来る  その後貸本屋が来る  客を連れ込んで来る  案内人に導かれて来る  欲求を充たして来る  言葉が洩れて出て来る  うつらうつら襲って来る  感じだけがして来る  鼻をふりながら歩いて来る  毒ヶ森から出て来る  エリスの来る  灯をかざして来る  ですよ。ナイフが来る  ものが求められて来る  こともわかって来る  空樽をつけて来る  ふちに来る  思つたり、刻々に強まつて来る  あたりがしいんとして来る  後を伴いて来る  空身で引いて来る  畏怖に駆られて来る  方向を向けて来る  三人は来る  人手を借りずに走つて来る  平地へ来る  彼是十間程来る  トロツコの来る  土工たちは出て来る  顔が歪んで来る  蜜柑畑へ来る  人手を借りずに走って来る  十間程来る  トロッコの来る  時時涙がこみ上げて来る  畑から帰って来る  草取に来る  寺して来る  白衣を届けて来る  感想が湧いて来る  居間に来る  人がついて来る  橋の下まで戻って来る  シャフトから樋を通って来る  彼女の尋ねて来る  平気でくっついて来る  議論しながら上って来る  ふからも進んで来る  決然と進んで来る  通を来る  方へ近いて来る  仲町辺まで来る  言ひながら来る  うち笑うと、来る  一本槍で来る  交尾期が来る  腹から仔豚が出て来る  手段で来る  棒を振って、寄せて来る  彼は力いっぱいに、やって来る  中央に繰り込んで来る  君を迎えに来る  屋へ来る  次第次第に迫って来る  何かが落ちかかって来る  田町へ来る  後悔が湧いて来る  さにむずむずして来る  以上のものに進んで来る  家らしく響いて来る  しりめにかけて、出たかと思うとまたはいり、はいったかと思うと黙々とつかりながら、しきりに来る  入れ替わり立ち替わりやって来る  大家へ来る  のも来る  びれて上って来る  心に浮び上つて来る  けいこに来る  おじさんがひったてに来る  毎年毎年江戸へ来る  金を取り返しにでも来る  身寄りが引き取りに来る  ふうに来る  浅間山から飛んで来る  あざやかに抜けて来る  追分が聞こえて来る  親友が取りかえして来る  中へひっ張って来る  音も聞こえて来る  ことが起こって来る  街道から押し寄せて来る  歌声が出て来る  急って飛び込んで来る  出合い頭を打って来る  もので切って来る  邸前まで来る  場所が、わかって来る  しけが来る  三日中には越して来る  主人が来る  ここへ攻め込んで来る  沖から吹いて来る  いつ攻めて来る  唄が聞こえて来る  音色が伝わって来る  兵を率いて攻めて来る  征めて来る  何者か、つけて来る  足音が、近付いて来る  一人歩み来る  とくに落ちて来る  ふたりずつ来る  ねずみ取りに来る  乳母が戻って来る  恰好で出て来る  一ッ走り見て来る  ア、来る  江の島なんぞへ来る  のと、めったに再び来る  お前をとりに来る  埃りを上げながら飛んで来る  眼に印象深く入って来る  祝いを述べに来る  見舞に行って来る  電話で呼ばれて来る  自分につきまとうて来る  ものが漂って来る  ようの来る  記憶によみ返って来る  徐かに近づいて来る  それを突き止めて来る  都築明のはいって来る  療養所まで訪ねて来る  旅に出て来る  ずんずん冷え込んで来る  遠乗りから帰って来る  自転車で帰って来る  背後から自転車で附いて来る  胸一ぱい込み上げて来る  停車場に近づいて来る  あたりまで行ってすぐ戻って来る  下りと入れちがいになって来る  駅にはいって来る  圭介の来る  憤懣が思いがけずよみ返って来る  不精から来る  扶け参らせ、後れて来る  胸が悪くなつて来る  一九二六年迄かえって来る  生活を来る  細君を連れて来る  附随して甦って来る  四字からひとりでに湧き上って来る  味覚から来る  ことこと階子を下りて来る  雨に甦って来る  意気揚々と繰り込んで来る  楯をきらめかせて整然と駆けて来る  家には時々来る  ツ先きに駈けて来る  勢ひで突喚して来る  涙がうすら甘く込みあげて来る  馬場に来る  姿が、次第に近づいて来る  激増して来る  そこここから聞えて来る  結果として生じて来る  足どりで小息みなく近づいて来る  あなたが必ず来る  レヴュガールがどやどやとはいって来る  トンカツを食べに来る  匂いも漂うて来る  雑閙に押されて来る  千日前へ来る  土を持つて来る  演劇が生れて来る  作家が現はれて来る  劇団の来る  品物に飛びついて来る  夕方、薄暗くなって来る  照明弾の落ちて来る  中へまた這入ったらしかったが、続いて落ちて来る  音響で、またのこのこ出て来る  だんだん身近く迫って来る  飯を炊き、煮えて来る  唇へまで跳びこんで来る  雲集して来る  山路を降りて来る  小山が揺れ動いて来る  無精鬚がのびて来る  もう一度、必ず来る  直ちに泛んで来る  底光りして来る  朝霧をついて来る  米を背負って来る  遠近から来る  海から売りに来る  私たちに持って来る  ときがきっと来る  方から降って来る  青物を貰って来る  別に人情を押しつけて来る  さ、まさり来る  世界で、次ぎに来る  傍から聞えて来る  ここから洩れて来る  顔に変って来る  張り辷って来る  さ一滴落ちて来る  白餅などを背負いこんで戻って来る  ため夜だけは寝に来る  それも間もなくかき曇って来る  のか分らぬながら、とにかく来る  鎮って来る  ように落ち溜って来る  朝からもう、来るわ来る  口を聞きに行って帰って来る  十月になれば帰って来る  頭を抑えて来る  仏から動いて来る  科学から揺れて来る  問題に還って来る  石塚友二君から葉書が来る  妻が帰って来る  一つ動いて来る  風で近よって来る  曙がさして来る  ところほくほくして来る  私には面白くなって来る  米をやりたくなって来る  稲刈からちょっと帰って来る  ここへ落ちて来る  上げに来る  ここを一度通って来る  文学をして来る  穂波がまだ囁きかけ追っかけて来る  底から、揺らめきのぼって来る  ここへ再び来る  気持ちが起って来る  群りすすんで来る  娘の降りて来る  にこにこ笑って這入って来る  参右衛門は来る  舌が廻って来る  枝から、目立って顕れて来る  全貌を顕して来る  対抗したくなって来る  婆さん、来る  垣根に添い崩れて来る  自ら違って来る  色の乗り越えて来る  生甲斐を感じて来る  利枝は来る  鍋が煮えて来る  粘液に変って来る  呼吸を満たして来る  実が降って来る  ように痛んで来る  静けさを増して来る  練習曲が聞えて来る  落葉だけ散って来る  芝居をして来る  廻りも怪しくなって来る  面白さが湧いて来る  休息らしく思われて来る  雪が降って来る  魚を売りに出て来る  人から動いて来る  一ぺん引き返して来る  強盗に見え出して来る  疑心群れ襲って来る  底から、じっと澄み冴えて来る  ら、来る  私にも伝わって来る  たんばこ売りなど、ふれて来る  しだいに蘇って来る  あとから芽の出て来る  攻め襲って来る  それに起って来る  あたりから発生して来る  問題だけはさし迫って来る  詩句が泥んで来る  峠をくだって来る  節を眺め、降りて来る  由良から老婆が通って来る  酔いが少し廻って来る  「自分のために」見に来る  人物も出て来る  終つてからどこからともなく、じわじわと、近づいて来る  以て来る  寇は来る  無電室から報告して来る  海面を撫でて来る  歩調で近づいて来る  通信して来る  南下して来る  ん近づいて来る  頼りに、遮二無二急いで来る  応答して来る  白眼んで刻々近寄って来る  度を増して来る  救助船が来る  全部無事だと言って来る  幾つか重なって来る  学説が起って来る  全身を流れて来る  考慮が起って来る  年がまた来る  体質から来る  疑いもなく、新しく生れて来る  許までよく歩いてやって来る  私に開けて来る  淋れて来る  大股で歩いて来る  光に溶けて流れて来る  棒になって来る  云ひに来る  家から来る  二十円づゝ来るには来る  水をいれて来る  海が見えて来る  中央公民館へ来る  京橋まで戻つて来る  広島へ来る  京橋まで戻って来る  どこから拾って来る  選択的截断は言うまでもなく次に来る  以上のごとく考えて来る  傷口から出て来る  歌が聞こえて来る  場面でどことなく聞こえて来る  進展して来る  画面も出て来る  関係にも生じて来る  区別も出て来る  重大問題ではないかも知れない、とも考えられて来る  認識機能によって決まって来る  悔恨から来る  部屋へ忍び込んで来る  ボーイの来る  冴子が出て来る  エレヴェーターで降りて来る  奥から上って来る  江口冴子の来る  劇場へ来る  コキユが出て来る  運命を背負って生れて来る  そこから迫って来る  明日冴子が来る  信吉の出て来る  石段を下りて来る  上に抜け出て響いて来る  途上に出て来る  さと、高く力強く盛り上がって来る  場面に出て来る  塹壕から這い出して来る  バルザックなどの出て来る  ピアノが聞こえて来る  太鼓が聞こえて来る  階下から聞こえて来る  落ち着き所であるとしか思えなくなって来る  冒頭に出て来る  何度も出て来る  嫁入りして来る  知識から生まれて来る  中にしみじみとしみ込んで来る  トラクターの来る  筋から来る  略奪に出て来る  不思議に思われて来る  これに反して向かって来る  椅子を運び出しに来る  トーキーに出て来る  背面から浮かび出して来る  男に見えて来る  技巧から来る  嗜好に訴えて来る  埠頭を帰って来る  ほうへけし飛んで来る  ちゃんと生きて来る  一行が来る  差から来る  ふうに思われて来る  取り換えに来る  獣性が目ざめて来る  頭上に来る  地ならしをしてころがって来る  受付は、と尋ねつつ上がって来る  焼け跡に来る  グラマンが来る  ロッキードが来る  者たちは、来る  凝縮されて来る  朝ぼらけが来る  者が訪ねて来る  駒井能登守が来る  ぼつちが来る  変装してやって来る  御籤を取りに来る  あくびを催して来る  先方から攻め来る  要求がたかまって来る  そのまま死が来る  徳利から出て来る  一度ずつ襲って来る  特異性から来る  相対において現われて来る  顔に出て来る  集注して来る  首筋をねらって来る  むづかしい問題が起つて来る  霊公が出て来る  地迄来る  圧進して来る  あとから筒で取りに来る  方から隅田川へ入り込んで来る  これも随分下りて来る  つん出して来る  勤めからまっすぐまわって来る  陰翳から来る  女の子をつれて来る  心持よくひっかかって来る  直感にうつって来る  中ではだんだんと肯けて来る  賭博に来る  ときにかついで出て来る  官舎へ来る  のぞき込みに来る  舞台から帰って来る  そうにしてやって来る  他人のはいって来る  大人がよって来る  人が沢山たかって来る  琴でも持たしてやって来る  つて復讐に来る  それが開いて下りて来る  好況期の来る  胸まで込み上げて来る  一郎の来る  ポンチとよく似て来る  追尾し来る  美人が来る  文明が来る  緩和され、弱められて来る  人に聞きに来る  太神楽があって、みに来る  土ほこりが飛んで来る  吹上げて来る  動物園裏まで来る  頻繁に襲って来る  千駄木へ来る  蝋燭を買って来る  ようにして連れて来る  ガラガラ引きずりながら引っぱって来る  浮説が聞こえて来る  田舎から入り込んで来る  方から自然に飛びこんで来る  効目はすこしも現れて来る  疑惑が、なんだか本当にそうあったらしく思われて来る  半行ほど来る  蹠裏へ飛びついて来る  間から推されて来る  から交って来る  方から下って来る  水上から流れて来る  まともに押して来る  水上から回って来る  冷刻に、落ちて来る  上眼遣をして、這入って来る  部屋に持って来る  麺麭を持って来る  傍まで逃げ込んで来る  一町ほど来る  ように動いて来る  ちょっと髯を剃って来る  彼れは来る  停車場間際へ来る  日向ぼっこをしに出て来る  先が見えて来る  バタシーまで来る  鉄砲玉を買って来る  まともに落ちて来る  色がしだいに変って来る  奥から落ちて来る  心持が、しばらくして落ちついて来る  箸に絡まって来る  美人が出て来る  自分はうん出て来る  自分の這入って来る  客間へあらわれて来る  婆さんはまた驚いて出て来る  観音様というので、お詣りに来る  悪者はなかなかわかりませんでしたし、お詣りに来る  観音様だ、といってお詣りに来る  遠くからお詣いりに来る  顔をして、きょろきょろ見廻して来る  事がたびたび出て来る  参拝に来る  新味から来る  幻滅から来る  ものがこみ上げて来る  恭二などが帰って来る  目から夜気がつめたくすべり込んで来る  前に散って来る  始末をつけて来る  先に帰って来る  書き物でももろうて来る  方がおどかされて帰って来る  ドーッと云ってかぶさって来る  毎日呉の来る  苗字を聞いてまた来る  方に向ってこみあげて来る  暇さえあれば、ちょくちょく会いに来る  それは、来る  刻限が来る  バルチック海から吹き渡って来る  飴煮にされて来る  後から遅れて来る  ところへ二度と来る  人間が殖えて来る  候補としておしすすめて来る  複雑にかわって来る  作用して来る  ときとはおのずとちがって来る  名もむつかしくなって来る  どころなくむずかしくなって来る  不幸もおこって来る  肩つきに見えて来る  開花して来る  事情が入りくんで来る  ものを学んで来る  ところを逃げて来る  必然から小説が書き出されて来る  つて、来る  接触して来る  さが遣り切れなくなって来る  街頭に溢れて来る  夜間女学校に来る  娘さんが来る  葉ごしにもれて来る  聴くように聞えて来る  声が絶えてはまた聞えて来る  どこからとなく聞えて来る  木立から漏れて来る  われをこめて聞えて来る  骨拾いに来る  目黒に来る  工事を進めて来る  徐行して来る  十台ばかり、勢いよく駆けて来る  果から吹いて来る  贅沢をしたいばかりに、診てもらいに来る  念頭に浮んで来る  それをたすけ、ついて来る  都会に来る  娼妓に売られて来る  中には映って来る  感じがなくなって来る  精神異状者じみて来る  高笑いしながら、落ちて来る  船体検査なんかが来る  大手を振って帰って来る  処へ押しかけて来る  馳け上って来る  二百は集まって来る  狂いが来る  涯てしもなく重なり合いながら押し寄せて来る  横っ腹に引き残して来る  千噸ぐらいにしか感じられなくなって来る  ヘトヘトに疲れて来る  倍以上違って来る  ケチが附いて来る  手が付けられなくなって来る  半弓を引っ提げて、出て来る  雪崩を打って逃げ出て来る  城主札木合が、急ぎはいって来る  先頭に立って進んで来る  駒を進めて来る  馬を駆って来る  吊橋を落して来る  堡塁を上って来る  縛されて出て来る  北より吹き来る  実効を齎し来る  不在から帰って来る  どこからか泳いで来る  次から次に出て来る  ように打ち寄せて来る  程キチガイじみて来る  居室まで来る  闇黒が深ければ深いほどハッキリして来る  現場不在証明になって来る  犯人にピッタリ来る  それに乗って下って来る  川を下って来る  大挙して押寄せて来る  一回まわって来る  さんばらに振りかぶって出て来る  髪形で出て来る  人々の来る  落伍者が落ち込んで来る  っ放し、来る  友人たちを呼んで来る  損が来る  ほうがふくれて来る  血相変えて飛び込んで来る  いやにしつこく挑んで来る  飛び降り、突きかかって来る  名を与える、もう来る  異国より来る  不仕合せに思われて来る  唄に出て来る  人足十人ばかりをかり集めて来る  親孝行をしたくなって来る  十一文川底から出て来る  起し、出て来る  道をまっすぐに帰って来る  愚痴が出て来る  さきから乳母を連れて来る  里人が持って来る  ものを持ち運んで来る  顔で帰って来る  人ひとり訪ねて来る  自暴自棄より来る  吸入をかけて居ながら色々思い廻して見ると口惜しく心細くなって来る  三千歳は聞きに来る  県に来る  加奈江の来る  様子を訊いて来る  十日も通うと少し飽き飽きして来る  考えしか切羽詰って来る  身体に襲いかかって来る  無学から来る  人罰となって報いられて来る  行つて一風呂浴びて来る  下まで下りて来る  佐野さんが来る  範囲が段々広くなって来る  処へ出て来る  刑事係が来る  警察署長が来る  声がして、やがて出て来る  弟が少し生い立って来る  春画も持って来る  大名とが相次いで来る  関所に来る  元へ帰って来る  枚方へ来る  雑炊を持って来る  留守居が来る  風も違って来る  肥取りに来る  百姓から代価として持って来る  申上げに出て来る  長州兵が攻めて来る  何時攻めて来る  兵を率いて来る  総督が来る  質問に来る  牛を追い立てつつ下って来る  迷惑が来る  賄をせよといって来る  修業として出て来る  物が出て来る  歯が出て来る  下調べをして来る  その他が附いて来る  時鳥貰ひ来る  ブヨブヨに弱くなって来る  セグリ上げて来る  亡命して来る  話が違って来る  冒険でなくなって来る  突張り返って来る  無限に落ちて来る  底から煮えくり返って来る  次から次に引っぱり出されて来る  雑沓して来る  並行して来る  尾張町に来る  運転手が帰って来る  街を押して来る  地区に戻って来る  ところまで吹いて来る  昼下り、尋ね来る  一に現れ来る  むといへども暴風の齎し来る  幾何学的布局より来る  短詩として看来る  どこからかふらりと戻って来る  狐を入れて来る  若草を薙いで来る  狂奔して来る  から遊び半分に来る  朝行つて来る  電車道へ来る  ロデリゴが来る  階下へ来る  まりがけで来る  食事のむかえに来る  女中たちの来る  店からつけでもって来る  新聞をもって来る  ものをひっつかんで二度と来る  貧乏になって来る  心から信頼して来る  あたしが、着かえて来る  娘たちにすぐ来る  あいさつに来る  春がめぐって来る  二箱買って来る  ふいにおそって来る  つれ出しに来る  ローリイが来る  作で、出て来る  原稿を買いに来る  庭をぬけて来る  馬車の来る  マーチおばさんは、なおるまで来る  ハンナをよんで来る  ころまた来る  げんをなおして、おりて来る  柱時計をもってやって来る  下をひょこひょこ歩いて来る  わいは直き帰って来る  稽古から帰って来る  店へ出向いて来る  紋附をとりに帰って来る  ぞろぞろと帰って来る  一に起つて来る  意想が生れて来る  機構がわかつて来る  遥かに増して来る  空の見えて来る  女をうごかしてみると、案外はっきり判って来る  風呂からあがって来る  膳が来る  相手の出て来る  あしたはきっと戻って来る  翌日は帰って来る  翌晩が来る  時、来る  五時に迎えに来る  自然にあらわれて来る  お前はでかけて来る  鳴き渡り草かき分けて来る  見舞が来る  着に来る  雨や、もつと遅れて来る  這ひあがつて来る  事情もいく分日増しによくなって来る  伝記作者を残して来る  唇にのぼつて来る  固定して来る  内容が来る  予定より来る  一直線に来る  美的仮象は、次に来る  スコールが来る  散髪に来る  河童路地へ戻って来る  夜店だしが帰って来る  構内から吐きだされて来る  潜水服に当って来る  大阪へ帰って来る  登志子は押し上げて来る  顔して戻つて来る  つて、著しく見えて来る  村へ戻つて来る  した事からこみあげて来る  籠つて出て来る  力を得て来る  神聖視せられて来る  詞章に出て来る  後また出て来る  外来魂が来る  風習も出て来る  下から崩れて来る  皈って来る  ようにも感じられて来る  註文も出て来る  友の来る  陣中へ帰って来る  眼をやると、依然として落ちて来る  こっちへ近付いて来る  肋を持って来る  爪先で寄って来る  ここ裾野へ来るについては来る  方から駈け上がって来る  虚空を渡って聞こえて来る  尊げに聞こえて来る  大分家康に似て来る  数千騎を率いて走り来る  菅草を踏みしだき近寄って来る  人影は近付いて来る  左眼へ来る  こっちへ立ち上って来る  何をおっしゃるやら、来る  ここまで聞こえて来る  声がさも弱々しく聞こえて来る  錯雑して聞こえて来る  沈み水に浮き、パッと飛び立ち颯と下りて来る  船が寄って来る  こっちへ曳かれて来る  車はそろそろとして進んで来る  中へ吹き込んで来る  大挙して攻めて来る  漸次麻痺れて来る  裾野へ来る  光が射して来る  そこから矢が飛んで来る  家が焼けていると見えて、濃い煙りが渦巻いて来る  心が滅入って来る  音が、ゆくりなく聞こえて来る  旗本目掛けて駆けて来る  侍の、やって来る  味が、こっそり忍び込んで来る  声が、ひときわ高く聞こえて来る  声とが、次第に更けて来る  若い男があせって通って来る  身に圧しかかって来る  世間から聞いて来る  お前が帰って来る  向うから頭をさげて頼んで来る  訳をいって拝んで来る  職人になって戻って来る  周りにまつわって来る  それからそれへと殖えて来る  板が又ズレて来る  冬中彼岸の来る  有様が来る  眼玉ばかりと見えて来る  わけが判って来る  以来たびたび持って来る  変が来る  何度でも起き上がって来る  六甲山から流れ来る  犬は随分ふざけかかって来る  走り廻って落ちて来る  丁髷などうるさくおかしく見えて来る  それが、少し慣れて来る  速度で飛んで来る  それにつけ込んで来る  用心であり、来る  逆さにぶらさがって落ちて来る  今なおなつかしく立ち昇って来る  ものだが、集まって来る  もの心づいて来る  腹が少しく立って来る  安心も出来るが、来る  囃子が遠く聞えて来る  挨拶を来る  宗右衛門町から通って来る  最近に生まれて来る  これもやがて次に来る  凶作が来る  後任者が来る  はじめて空腹となって来る  もの、来る  アパルトへ来る  寒子にはよく呑み込めなかつたが、来る  耳から来る  帰つて来たらといつて来る  塔から流れて来る  入り江をなせる、いつもかれが好みて訪い来る  意志に乗つて、思ひもかけぬとどろきが来る  物が来る  跫音が来る  俟つありき、つひに来る  小屋から巻き起つて来る  むつと噎せ返して来る  屹度駈けつけて来る  云ひながら近づいて来る  早目に来る  さが湧いて来る  動物の来る  ものにこまって来る  肌からにおって来る  いつでも降りて来る  糸からもれて来る  からからと湧いて来る  風で来る  根気よくまって居たが、来る  頬が熱くなって来る  景品がついて来る  あきらかになって来る  連想が絡んで来る  停車場から出て来る  泥酔するまで飲んで来る  わず、いきいきして来る  ヒントを得て来る  のだと思って来る  向から頭を下げて謝って来る  箱根から酷しくも言って来る  向に来る  から何時遣って来る  口説を言ってやろう、それでも最う来る  散々私を待たして置いて来る  座敷に戻って来る  関口台町から此家へ帰って来る  使者の来る  それからお宮が出て来る  のだが、その出て来る  お宮が出て来る  向からも寄り添うて来る  ことが分ると、最早連れて来る  二三日分溜めて持って来る  職務を守って来る  雪を押分けて運んで来る  郵便配達手が来る  巡査さんも来る  のが、時々聞えて来る  供して来る  人間に迫り来る  諾威などから来る  島村がいなくたって、来る  ほんとうに露出して来る  ことが、はっきり見えて来る  その道から来る  心を打って来る  心がかりとなって来る  心持にやさしくふれて来る  傷痕がおもいやられて来る  生活がよくわかって来る  色をしてよみがえって来る  諸所から来る  見舞ひ来る  風がちがって来る  種類もちがって来る  三四人も出て来る  其処へも迫って来る  俤に立つて来る  自由行動を取つて来る  飢を感じて来る  簇がり起つて来る  から何箇月目に来る  小包が来る  江戸附近へ舞いあつまって来る  山々から海を渡って来る  鷲の飛んで来る  山から海を越えて来る  おいおいに寄って来る  夕方に出て来る  毎日ぞろぞろと繋がって来る  らが続けて来る  その後も続けて来る  後からも続いて来る  角蔵が来る  紙縒にでもすれば又甦つて来る  国土に出て来る  人間に持って来る  成熟して来る  実が入って来る  虚空に響き渡って次第に近づいて来る  汽船の来る  哀情を催して来る  人懐かしくなって来る  他もない、ただたれもかれも懐かしくって、忍ばれて来る  むで山村の来る  音が、折々響いて来る  其奴も降りて来る  妾は時々来る  大概照ちやんの来る  直ぐに砕けて来る  一回り散歩して来る  大概照子の来る  嘘が出て来る  妾が断つて来る  痛みは増して来る  後ろを歩いて来る  夜は段々に更けて来る  お土産を沢山買って来る  路が来る  残香漂い来る  波を打たせに来る  気分で出て来る  交番下まで来る  灯を慕うてつどい寄って来る  日向に曝しながら、遠からず来る  大方暇つぶしに来る  珈琲を啜りに来る  からこうして飲みに来る  雑草をわけて近付いて来る  ほんでも帰って来る  瞼が段々熱くなって来る  自分達の帰って来る  ぢには帰って来る  溶解して来る  外から這入って来る  者が当然出て来る  ケージのおりて来る  坑内へおりて来る  昇降機がおりて来る  そこらへまで飛んで来る  ボロボロころげて来る  圧搾空気を送って来る  そこは、出て来る  空気が吹き出て来る  皆について出て来る  検査官が這入って来る  複雑化して来る  危機に迫って来る  不便になって来る  欠乏を重ねて来る  内容が現れて来る  燃料とが湧き出して来る  総選挙は来る  目をみはって来る  電車通りへ出て来る  あなたひとりで来る  建物を軋ませて募って来る  彼が昇って来る  ゆさゆさと来る  方から寄せて来る  ミシミシミシ柱を鳴して揺れて来る  雨さえ、バラバラとかかって来る  焼跡始末に出て来る  大写しになって浮んで来る  思い出に甦って来る  二年は遅れて来る  まわりにとんで来る  外から入って来る  危険が近づいて来る  光が来る  仕事が無くなって来る  時代が、必ず来る  毎年処女をとりに来る  多く南風を伴って来る  さまなどが切々に思い出されて来る  都会へと出て来る  からたたまって来る  その男が疲れて来る  二人連れて来る  胸に押し寄せて来る  お母さまの来る  シンデレラの来る  此が転じて来る  順々下りに出来て来る  神名の出て来る  上に現れて来る  魂がついて来る  喰べても、ついて来る  ようになおりかかって来る  廻転して出て来る  から人力車が来る  栄さんでも来る  ガーゼについて来る  九時にかえって来る  合理として現れて来る  中にはいりこんで来る  何里も来る  秩序立って来る  とき留守番にかえって来る  腰がきまって来る  減少するにつれて、ぐるりが見え来る  ユリが来る  あとだらけでかえって来る  言葉と共にいそぎ届けて来る  リアリスティックに迫って来る  形をとって現れて来る  色が段々あらわれて来る  ことがわかり面白く思います、その時々で引っぱり出して来る  東京へかえって来る  ことから違って来る  内外をあまねく眺め、よって来る  今度は早くかえって来る  秋また来る  手紙、もう来るか来る  ものについてねって来る  時代的相貌は煩わさなくなって来る  唇が震えて来る  来年六月頃私が又来る  一年して変って来る  御免なさんしと云って来る  明日冨美ちゃんが来る  様子知らして来る  お送りして来る  方からくぐって来る  一時に来る  しろにくっついてあがって来る  ことをきめて来る  あしたかえって来る  来年は来る  腹に迫って来る  ニュアンスをもって来る  ものそのものについても、もうすこし深くながめると、そのよって来る  自分なりにまとまって来る  景観がひらけて来る  感じで来る  婆様が出て来る  ものなら育って来る  原因のよって来る  継続的に来る  そこからとって来る  明日からお湯つかわせに来る  三日ごろかえって来る  若い娘で或は来る  注文もいつ来る  全体として見えて来る  のではなくて歩き出して来る  それらが出て来る  寿江子たち十五六日ごろにはかえって来る  なかに入って来る  質の現れて来る  十二月はたたまって来る  何割かがかかって来る  太郎が来る  実感で分って来る  知らない人物をひっぱって来る  家にいて、又来る  来月も来る  話として出て来る  十五日ぐらい休んで又来る  たかちゃんは来る  事情が現れて来る  復活して現れて来る  必しも起つて来る  人が現れて来る  実現して来る  啓示をもつて出て来る  日本のこれから後に現れて来る  物質も膨れて来る  方便も生れて来る  妻と呼んで、来る  形式に葬られて、来る  子供達にぴったりと来る  姿がわり込んで来る  様に感ぜられて来る  遠くから聞えて来る  横通りを来る  通りいっぱいに溢れて来る  土台となって来る  ことも多くなって来る  役所に集まって来る  洪正敏が出て来る  東がはいって来る  背中を押して来る  のは次第に劣って来る  努力が欠けて来る  ものと思って、帰って来る  倦怠が来る  危機として来る  時勢が移って来る  軽減して来る  自然とついて来る  繁昌して来る  ますます激しくなって来る  ことは現われて来る  ことも出来なくなって来る  たいがい何か持って来る  経済的に目覚めて来る  店を出せと言って来る  志望者が集って来る  横浜近くに来る  潮風に濡れて来る  土蔵へ入れて来る  いつ縫って来る  十一月二十五日が来る  下宿料が入って来る  首を擡げて来る  理の当然になって来る  状態がそうなって来る  大変高くなって来る  ぞろぞろやつて来る  ヰタ・セクスアリスにでて来る  ニカワ位を借りに来る  やうに聞えて来る  支那軍が来る  雑誌は来る  何処からか降つて来る  鼓動音がハッキリと聞えて来る  口絵を描いて来る  スウーッと催して来る  学校から戻って来る  内まで連れて帰って来る  男から堕落させに来る  ものかと考えて来る  何かに行って来る  用事がすんだらさっさと帰って来る  ほのぼのとよみ返って来る  南大門まで来る  まり習いに来る  時にはどうしても間違って来る  上に幾らか現われて来る  第一義のものじゃなくなって来る  上に築かれて来る  価値が定まって来る  上にのぼって来る  林さんが遅れてきたので、来る  愛が滲んで湧いて来る  私にもわかって来る  雲からレエスが降って来る  もう二度と帰って来る  自然にそうなって来る  暮が近づいて来る  喚めき立てに来る  運が開けて来る  二階から洩れて来る  社会がはたして来る  室へ這入つて来る  草臥て来る  揃へて持つて来る  ヂオゲネスと来る  所へ尋ねて来る  舞踏会へ来る  髭黒が来る  下から湯が噴き出して来る  から起こって来る  あっちこっちがぐらついて来る  打診から聴診と進んで来る  鮮明になって来る  笑いが込みあげて来る  腿から腹にしみ渡って来る  現象が現われ来る  弛緩がきわめて徐々に来る  想像に訴えて来る  窮屈に思はれて来る  考へが出て来る  刹那が来る  一刹那がきつと来る  来世に出て来る  そいつはきつと出て来る  此思想が出て来る  きり見えて来る  どこから持て来る  笑いが込上げて来る  ときに込上げて来る  虚栄心から来る  頂戴に来る  暗がりまで来る  医学生である彼は、その息苦しくなって来る  どこから生まれて来る  背後から追かけて来る  近くから疎に聞こえて来る  そこまで考え続けて来る  神秘数層倍されて来る  警察に来る  開きに来る  当署にて聞き合せ、必ず迎えに来る  旨申し来る  体にて訪い来る  方へ近よって来る  流し元まで戻って来る  仮面を持って降りて来る  戸口に出て来る  人々を襲って来る  諸君に迫って来る  平衡より来る  勢いで近寄って来る  顔が輝いて来る  次から次へと飛び出して来る  参観に来る  地上に齎して来る  不正に襲って来る  危期が来る  無言劇が来る  いふ説が生れて来る  興味に結びついて来る  いふ風に述べて来る  限りなく生じて来る  それから生れて来る  てゐても見に来る  直接に響いて来る  世間に段々出て来る  希望を乗せて近づき来る  効果が生じて来る  附随し来る  顔に浮んで来る  年取つて頭が禿げて来る  研究をして来る  お辞儀をしに来る  藁店へ来る  宿りを求めに来る  滑稽味を帯びて来る  志丈の来る  仏壇に供え、来る  毎夜点けて来る  顔をして帰って来たが、帰って来る  立派になって来る  喧嘩して帰って来る  うたわれて来る  玄関に入り来る  新に入り来る  のだろう、来る  月夜なんぞに来る  宮を仰ぎに来る  かすかに湧いて来る  魚籃から出して逃げて来る  釣竿もほうり出して逃げて来る  寺から響いて来る  九人、わいわい云いながら走ってついて来る  皮膚にじかにふれて来る  身の上に落ちかかって来る  擡頭して来る  中で、生れて来る  記念碑に刻んで来る  程値うちが迫って来る  過程に起って来る  何がどうなって来る  そちらから文学に来る  可能も亦かわって来る  特に近頃は来る  具体的にきまって来る  せいでかたまって来る  縫いに来る  稀薄になって来る  無電学校に来ていて、よく来たいと云って来る  期待して来る  中将とかいて来る  洗濯が来る  波が打って来る  感覚からしめつけて来る  私はよく思ってほほ笑まれて来る  暮しから湧いて来る  のをつかまえてかえって来る  底から鳴り出して来る  どころがなく来る  何かがせき上げて来る  川は迫って来る  あとへ来る  栄さん夫妻が来る  心にどっと流れこんで来る  五日で来る  風が渡って来る  ちょっと出て来る  興味が深くなって来る  首を切って来る  無事に切り抜けて来る  首を持って帰って来る  一人で坐ってこぼれて来る  だんだん元気づいて来る  時になったら出て来る  頭よりも高く、ぽんと跳び上ってしまって、再び下りて来る  耳に届いて来る  命がけでかかって来る  方へ駆け寄って来る  延棒を抛り上げて、落ちて来る  姫の来る  どんどん出来て来る  時にでもなったら、どんなにがつがつして来る  薔薇色が返って来る  エピミーシウスが帰って来る  薄暗がりに慣れて来る  天井に見えて来る  真先にひょいと飛び出して来る  休息にあきて来る  林檎を捜しに来る  頭が生えて来る  いつまでも咬みに来る  ほど、一層いきり立って来る  もっと軽々と、盛り上がって来る  倍になって生えて来る  次から次へあらわれて来る  嵐は来る  千年も持っていると、多少重くなって来る  庭へ行って、また帰って来る  不器用にどんと落ちて来る  ら、ぽいとほうり上げてまた落ちて来る  ものを覚えて来る  無理に持込んで来る  スクォッシュ・ブロッサムがくたびれて来る  どこから匂って来る  夕方になって来る  朝飯に呼びに来る  もっと強くなって来る  側から飛び出して来る  泉へ来る  水を飲ませに来る  元気が出て来る  馬を見つけて来る  中から湧き出して来る  鳩がおりて来る  ようにして昇って来る  そうに立ち昇って来る  わしを呑みに来る  友達が帰って来る  中からおりて来る  目から涙がぽろぽろとこぼれて来る  抱きしめて、また来る  雲の上へ来る  幾マイルか廻って来る  指示が来る  緊張して次に来る  罰が来る  ほうから自分で来る  安心して来る  ことに疲れ、また疲れきって来る  事務室に来る  真ん中まで来る  ときにばかり来る  裁判所事務局に来る  誕生日には来る  車を押して来る  坂の下から歩いて来る  漢学を習いに来る  学校へも遠くなるし、来る  渡しを越して来る  近在から来る  最上級でしたが、来る  調子づいて来る  直ちに出で来る  馬を引いて来る  時順吉が尋ねて来る  素足でぴちゃぴちゃ附いて来る  それからはつは度々尋ねて来る  時、寄って来る  あれらが来る  天空から落ちて来る  事を考え、来る  探検して来る  三日したらまた来る  事も廻って来る  鶉が来る  ッかかって来る  奇妙にくすぐったくなって来る  確信せられて来る  セミナーからAveryに来る  グランパが来る  のではあるまいか、と云って来る  えりに買って来る  宮武が来る  岩本さんが来る  意識にのぼって来る  ことは、次に来る  仕事から反映して来る  吟味して来る  ますます加はつて来る  お前などの来る  返歌を聞いて来る  老女が来る  騎って来る  雪をすべってかえって来る  中にかえって来る  宴会で出て来る  やり方が分って来る  旋風的になって来る  咲が来る  家へ入って来る  カンづめをもって来る  布地が来る  一度ずつも出て来る  二十五日からトラックの来る  トラックなんて、来る  三十一日に来る  アンマさんが来る  健坊も歩いてついて来る  三人五人と来る  腰を、おとしてズルズル出て来る  本質が更に又わかって来る  陽気さを失わず、よろこんでひっぱられて来る  から秋刀魚も、乗って来る  関係をもって来る  天井から翔んでふって来る  遊びかたがちがって来る  夕飯に来る  集約的にどっと来る  間にあわてて来る  もっと先へよって来る  勉強もするだけして来る  ところから引上げてでも来る  田舎からは来る  米をもって来る  二階からおりて来る  始末から帰って来る  休みに来る  あっちこっちから寄って来る  光井から島田へ来る  移動申告をして来る  ように書きたくなって来る  から笑って来る  汽車にのり来る  合間に来る  十日に来る  十二日に来る  自分だけ離れて来る  国が来る  話題も入って来る  伸子をつれて来る  ものも置いて来る  困難も次々に来る  あっちこっちで帰って来る  本をもって来る  父に持って来る  星がついて来る  仕度を済して出て来る  お金を盗み出して来る  三平が這入って来る  尺八を合わせてもらいに来る  それから毎日診察に来る  中から煙が洩れて来る  あなたより来る  神が考へられて来る  扮して来る  ぎに来る  祝福に来る  万歳について来る  変遷を経て来る  閑却せられて来る  譬喩から来る  上に屡現れて来る  処からまじなひが出て来る  身ぶりにも出して来る  絵巻物によく出て来る  客神を持つて来る  形代が多くなつて来る  勢力が出て来る  展いて来る  歌に出て来る  成立から内容までが、似よりを持つて来る  精神状態から来る  週期的に来る  地位が降つて来る  慣用から来る  時には来る  卜象も正しく顕れて来る  合理観から来る  物語に這入つて来る  近松の出て来る  浄瑠璃の起つて来る  物まねにうつせば、出て来る  耳目にふれて来る  到着して来る  恒に生き来る  爰に登り来る  醸生し来る  意識が段々薄れて来る  意識が、還って来る  不断に聞えて来る  娑婆から極楽へ来る  鵯が来る  現象が生じて来る  部署に加わって来る  中央気象台にかかって来る  コクリの来る  おしごとに来る  迫力で押し被さって来る  室に赴いて何やら捜していたが、再び戻って来る  左側に来る  何んとなく判って来る  蛭が集まって来る  アラビアン・ナイトに出て来る  ここまで云って来る  処へ通って来る  キット持って来る  拍子に、這入りかけて来る  それが静まって来る  電報をみながら出て来る  語は、当然愈減じて来る  復活させて来る  言語表象に這入つて来る  映画を見て来る  香月から歩いて来る  駅からなだれて来る  と金が流れて来る  さがしみじみとこたえて来る  夜中に連れ込んで来る  音信が来る  十円かりて来る  上へ流れて来る  味気なくなって来る  お金でふくらんで来る  目にも段々心細くうつって来る  ほんとうに元気になって来る  よれよれに荒んで来る  しぶきをあげて来る  背中に、疲れて上って来る  釘を持って来る  ただでもらって来る  夫が帰って来る  すずやかにふくらんではいって来る  目頭が熱くなって来る  ことを考えると切なくなって来る  群がはいって来る  せいか来る  階下から聞えて来る  間からもやもやと覗いて来る  手足が痺れて来る  山盛店へ運ばれて来る  匂いを遠くまで運んで来る  体を伸ばすと、ふいと女らしくなって来る  十子が帰って来る  何となく羨ましくなって来る  瞼を見ていると、たまらなくいじらしくなって来る  考えがあれば来る  煙管を吹き吹き出て来る  さしそめて来る  小僧がかえって来る  息がかかって来る  マズルカが流れて来る  ばらばら額にかかって来る  女学生が帰って来る  急に思い出されて来る  郵便局から帰って来る  四月が来る  米袋を買って来る  松田さんのと、来る  真紅にして帰って来る  あれに出て来る  外出先からすぐ帰って来る  蚊帳へそっともぐり込んで来る  喚声が遠く聞えて来る  ようにからまって来る  土曜日には帰って来る  事を思うと、ほほ笑ましくなって来る  くらくらして来る  質屋まで来る  順々に帰って来る  自称飛行家が来る  何もこみ上げて来る  ぞろぞろかえって来る  めについて来る  飯田さんが来る  ところが浮んで来る  ますますくだらなく落ちこんで来る  原稿をあずけて帰って来る  頂天まで飢えて来る  蒼ざめて血の上って来る  汚れから来る  両刀をたばさんではいって来る  旅愁を感じて来る  激情がよせて来る  原稿がうれだして来る  分別がついて来る  さになって来る  三人乗り込んで来る  おばけが出て来る  写真が出て来る  おいなりさんを売りに来る  人々何かを犯しに来る  稿料を送って来る  ようにふくらんで来る  詩が飛び出して来る  イルミネーションが段々はっきりして来る  水ぶくれになってよたよたと這いまわって来る  夜噺しに来る  感じが出て、しみじみと哀しくなって来る  金が出て来る  電車から降りて来る  風まかせになって来る  むちゃくちゃになって来る  行列は少しずつちぢまり、笑って出て来る  失望して出て来る  いらいらとして来る  卑屈になって来る  だんだん燃えたって来る  思い出が来る  鼻をならしに来る  悲鳴が出て来る  体じゅうがふるえて来る  行列して出て来る  マンドリンがきこえて来る  陸へどしどしあがって来る  雲に乗って幸福なんか来る  ずくずくとはいって来る  頭が痛くなって来る  ふんして来る  じき冬が来る  事も浮んで来る  肘がしびれて来る  風が吹きぬけて来る  文字に見えて来る  足がつっぱって来る  自信も湧いて来る  無性に泣けて来る  ここへ引越して来る  妙にはかなくなって来る  躯じゅうが凄んで来る  ぱんをいっぱいかかえてかえりそうな気がして来る  かな顔をしてたずねて来る  野村さん戻って来る  ひとであろうかとやりきれなくなって来る  もうろうとして来る  足もとが震えて来る  木切れを盗んで来る  紫色にはれあがって来る  気の毒になって来る  さまざまが思い出されて来る  哀れになって来る  何度も這入って来る  ように叫びたくなって来る  ハガキが来る  酢っぱくなって来る  腰から下がふわふわとして来る  戸外へ出ると心細くなって来る  ことがつまらなくなって来る  金なぞビタ一文も持って来る  のだと思うとぞっとして来る  だんだん客がふえて来る  のだけれども、只、こうして通って来る  名優が生れて来る  坊やが飛びついて来る  事がおかしくなって来る  みんな受取を持って来る  呶鳴りこんで来る  頭がぼおっとして来る  心がわくわくして来る  金を取りに来る  笑いがこみあげて来る  毎日やって来る  ことを考えるとぞおっとして来る  現実明日が来る  偶然から湧いて来る  路地口に来る  さが口惜しくなって来る  のんで逢いに来る  伊勢物語を出して来る  メダカ女史しらべて来る  急になつかしくなって来る  頃から車内がひっそりして来る  東京へ再び来る  中根さん出て来る  パラソルを持って出て来る  さに哀しくなって来る  程厭に思えて来る  中根さんに押されて来る  衆が売りに来る  行水から出て来る  お達しが来る  頭からかぶって戻って来る  からいやらしくなって来る  ふるさとは再び帰り来る  げっぷが出て来る  顔で出て来る  じき一の酉が来る  めんどう臭くなって来る  ように考えられて来る  さが腹立たしくなって来る  さが憎くなって来る  雨ゴートを着て来る  風がはいって来る  汗を拭きながら寄って来る  時がめぐって来る  私には判って来る  原稿は案外戻って来る  かなぶんぶんが飛んで来る  字を、連れて来る  宙へ向いて、がくがく揺られぬいて来る  堺町へ来る  食物を漁りまわっては持って来る  高札をさし上げて来る  さきに来る  拝借して来る  気もして、連れて来る  道すじは、どう来る  道順に来る  ぞろぞろと、崩れて帰って来る  あとを締めて来る  自分ひとりを追い廻して来る  立ちしびれて来る  大地を打って近づいて来る  方へ引っ立てられて来る  ゆるやかに寄って来る  舟が寄って来る  江戸橋前まで来る  鶯谷へもどって来る  紅葉山から流れて来る  清水をたたえて、捧げて来る  幾年と、数え来る  手配して、やって来る  橋袂まで来る  こともあり、来る  ように読めたので、突然、こみ上げて来る  梯子段を上がって来る  森近くまで来る  生々と傷んで来る  引ッ立てて来る  罪人が曳かれて来る  蝙蝠傘をさして来る  つて歌って来る  毎日学校へ来る  これは疑えば疑が出て来る  秀頼に帰って来る  砂に来る  大和路より来る  山崎あたりへ来る  こんどまた来る  大阪弁が出て来る  圧倒的に迫って来る  漬の運ばれて来る  二杯もって来る  一つだけ持って来る  注文して、運ばれて来る  汁が来る  二杯ずつ運んで来る  大阪人が再び戻って来る  一度は必ず来る  火が次第に燃えて来る  人が追ひ掛けて来る  南部集五郎はやって来る  所から聞こえて来る  侍が、入り込んで来る  啼音が聞こえて来る  こっちを目指して来る  葉を踏み、近寄って来る  瞬間に畳んで来る  間隔が次第に縮まって来る  上へと、今や上って来る  時近寄って来る  上へと上げて来る  上へと上がって来る  芳香が馨って来る  窓を通して聞こえて来る  香が馨って来る  突破して走って来る  昆虫館へ知らせて来る  父親から仕送りが来る  半円が縮まって来る  世を見て来る  続け様に来る  顫えを増して来る  ただ声ばかりが聞こえて来る  頭上から落ちて来る  滝は落ちて来る  匂いばかりが匂って来る  ここへしょびいて来る  四方八方から聞こえて来る  一隻帆走って来る  海上を渡って来る  駸々と走って来る  唸りをなして飛んで来る  鈴の音は聞こえて来る  鹿毛は戻って来る  音ばかりは聞こえて来る  走り下って来る  こっちへ巡って来る  五人下って来る  岩から落ちて来る  一ツ橋勢が追っかけて来る  産期が、近づいて来る  満足に現われて来る  返事をして出て来る  事も、時々高まって来る  冬休みが来る  勝負の来る  為替と共に来る  叔父さん、はいって来る  今日はって、断ってはいって来る  九月に出て来る  年数をもらって来る  なり手に持って来る  目的としてやって来る  先生から返事の来る  毎日新聞の来る  返事がきっと来る  返事は来る  危険はいつ来る  先生から何とかいって来る  町から院長を連れて来る  兄さんが帰って来る  病室へ来る  上、また来る  だんだん麻痺して来る  相手から照り返して来る  お嬢さんの呼びに来る  不安に冒されて来る  自分に乗り移って来る  所へ訪ねて来る  便宜も生じて来る  ところに釣り込まれて来る  引合に持って来る  心が、段々打ち解けて来る  卒業も、間もなく来る  調子が狂って来る  私は戻って来る  郵便を持って来る  室へ来る  なかでいよいよ冴えて来る  結果始めは向うから来る  社会主義リアリズムものびて来る  単純でなくなって来る  ほうへ戻って来る  組頭まで伺って来る  上に見つけて、喘ぎながら集まって来る  後ろから駈け上って来る  金を持て来る  おこしにして来る  豆腐屋の来る  急に開けに来る  直ぐにも飛んで来る  綸に注ぎ、来るか来る  若い女と並んで歩いて来る  上州渋川また来る  太刀を打ち卸して来る  目附が来る  大目附が来る  締が来る  しか出て来ぬが、出て来る  窪から来る  三つに分かれて焼けて来る  火の子がばらばら落ちて来る  俺は来る  群れは近寄って来る  束が飛んで来る  ことを心から恐ろしく思いながらも、襲って来る  チョコチョコ走って来る  横なぐりに吹いて来る  里言葉たびたび来る  馬が従いて来る  八も来る  二十日ばかりして帰って来る  持ち場を打ち捨てて見に来る  そこには訪ねて来る  たまに訪れて来る  家に訪れて来る  責任が覆いかぶさって来る  私たちから少し離れて、ついて来る  渋谷へなど来る  何だか勇気が出て来る  斜めにたどって来る  座敷には、わざわざたずねて来る  風呂場へ来る  実家から引取り人の来る  女に生まれ代って来る  おれがさがしに来る  意識のおもてに、滲み出して来る  奥から吹いて来る  馬が泳いで来る  一座へ来る  宝箱を持って来る  犬は従いて来る  錦の来る  ゆっくり遊んで来る  面白い壺だ、持って来る  外から家へ入って来る  如く考えて来る  必然的に起つて来る  そこに現はれて来る  買上げたからといって、おいそれと出て来る  問が生れて来る  中から浮んで来る  通路あたりから聞えて来る  出迎えに来る  土産物などを持って訪ねて来る  気が落ちついて来る  記憶が次第に整って来る  後釜をねらって押しかけて来る  シャツ姿で入って来る  ドアからセカセカと入って来る  ドアから入って来る  出入口から入って来る  間も無く帰って来る  ユックリ入って来る  青年が訪ねて来る  若い人たちが詰めかけて来る  風に出て来る  けが、はいりこんで来る  戦争して、帰って来る  若宮猛が入って来る  若宮は入って来る  子も入って来る  洗面器をかかえて入って来る  微かに流れて来る  何を教わりに来る  誰か昇って来る  視線を向けて入って来る  須永が近寄って来る  悲鳴がひびいて来る  私を取り巻いて見えて来る  腕まくりをおろしながら入って来る  しかし因って来る  叫び声がして来る  遠慮っぽく入って来る  自分をとりもどして来る  ヌッと入って来る  柳子さんに来る  狼狽をとめにでも来る  ように入って来る  闇を振り返りながら入って来る  ノッソリ入って来る  ヨロヨロしながら入って来る  狭心症で来る  油汗が出て来る  音がバンと響いて来る  それから省三が入って来る  房代に助けられながら降りて来る  んですけど、どうしても来る  からないが、そう言いながら迫って来る  ピストンは段々、段々に押されて来る  圧力を増し、熱して来る  裏からジリジリと焼けて来る  それは必ず来る  お腹が空いておきて来る  あなたから、来る  ですよ。だからああして出て来る  細君が来る  主人公が出て来る  想ふのであつたが、来る  後悔されて来る  東京へなんぞ出かけて来る  東京へ出かけて来る  憂鬱が込みあげて来る  こんどは早い早い、まるで落ちて来る  あすこから雲が湧いて来る  どんどんかけて来る  主要部と考へられて来る  初春に来る  後は度々来る  鬼神も来る  舞台に来る  亡霊の来る  随へて来る  基本職を忘れて来る  立てに来る  山人の出て来る  暮を知らして来る  仮装して来る  家々に躍り込んで来る  有無を問うて来る  此をとりに来る  枝がおろされて来る  木をはやして来る  分割して来る  搬んで来る  家ほめに来る  山から携へて来る  置座に集まり来る  吉次の出て来る  僕達の来る  下から上つて来る  見当をつけて来る  はつきりわかつて来る  梯子を持って来る  お前やこしの来る  折戸から出て来る  一抱え持って来る  直ちに触覚に迫って来る  伝説に現われて来る  ふうに変わって来る  東へ来れば来る  ペンを取り上げたくなって来る  京都から奈良へ来る  気分が迫って来る  下からおもむろに萌え出て来る  生気さえも現われて来る  胸にしみ込んで来る  放出して来る  蒸気浴から来る  われわれに飛びついて来る  生命を得て来る  証拠が出て来る  本堂へ歩いて来る  向こうから斜めに射し込んで来る  眼に飛び込んで来る  感じが強く迫って来る  放射して来る  ことなく現われて来る  幾分腹も立って来る  特に活かされて来る  東方に来る  如く美しくあらわれて来る  一寸行て来る  其量を減じて来る  復たすういと戻って来る  雨が落ちて来る  日光が洩れて来る  白味を帯びて来る  左から谷川が落ちて来る  中まで這入って来る  下から幽かに聞えて来る  畑が出て来る  後から蹤いて来る  頃左から来る  岩が出て来る  空からそよそよと吹き下して来る  から醒めて、来る  谷から登って来る  徐々と押し寄せて来る  米を運んで来る  裏角まで来る  注進して来る  退庁時刻が来る  午後七時五十分と出て来る  ムクムクと出て来る  米を背負いに来る  俺が行って引っぱって来る  そんなら連れて来る  俺が行って、ひっぱって来る  風を仰いで寄り来る  ちょっと行て来る  口ききながらはいり来る  のろりと入り来る  飲る間もなく入り来る  ところへ今ごろ来る  源太が大抵来る  その後へ引きちがえて来る  雨のぶつかり来る  天井より落ち来る  何が飛んで来る  教法を説き去り説き来る  いずれは来る  足もとまでよろめいて来る  姿とか、折々に来る  さが生じて来る  憂鬱に響いて来る  遠くより来る  ように思えて来る  屹度いつか此処へ来る  粉が降り来る  後から湖水の女が出て来る  鞍をもって来る  こひしくても、出て来る  鐘をとり出して来る  間には来る  たくさん遊びに来る  仕事、来る  一行が出て来る  ことからもかかわって来る  安心していると、また出て来る  三人づれの若い女が笑いながら来る  意味を持つて響いて来る  身びいきも、結句、あり難く思はれて来る  交錯して生まれて来る  実感化せられて来る  姿に、還して来る  自らたぐり寄せられて来る  携へ来る  関屋まで来る  町から寺へ来る  前ですよ。片原まで来る  二三日、来る  一所に通って来る  一羽ずつ来る  性格的心理から行為が出て来る  沢に沿うておりて来る  酒甕をねらって来る  光して依り来る  ように、色々変って来る  それであるから外国から言葉が入って来る  組合せが多少違って来る  幾度も出て来る  「キ」が現れて来る  甲類が相伴ってあらわれて来る  一つがいつも相伴って出て来る  次以下に来る  そして今は永遠に返り来る  西瓜を黙って置いて来る  市場で仕入れて来る  廿九日に来る  横田がたずねて来る  ソーダ水の来る  午前十一時ごろにきっと来る  誤りが出て来る  衾から出て来る  速断から来る  日神の出て来る  ろに著いて、生きて来る  心が生じて来る  考への出て来る  常世から出て来る  物が重く見られて来る  考へを導いて来る  神嘗祭りに近づいて来る  事が、現れて来る  時に、何時も出て来る  時期に来る  其が次第に進んで来る  古代精神の起つて来る  論理を尋ねて来る  国民性の起つて来る  国民性も起つて来る  成年式が来る  神人が来る  神が這入つて来る  男の忍んで来る  水は高まって来る  二頭三頭と次々引出して来る  列車が来る  から、案じたほどでなく、続いて来る  考量されて来る  事が顕れて来る  帰一して来る  初夢を載せて来る  此画まで来る  からやつて来る  祖先の来る  髣髴さへ浮んで来る  姿を顕して来る  地域からも来る  思想から当然来る  まれびとの来る  胸が込み上げて来る  胸先きに込みあげて来る  斯う考へて来る  此処まで聞えて来る  訓んで来る  解釈を出して来る  つた箇所の出て来る  幾らも出て来る  詞章だ、と考へて来る  ひつぱり出して来る  いふ例を見て来る  形が出て来る  方の出て来る  方が出て来る  昔使つた上二段が出て来る  其が起つて来る  句が出て来る  普遍性を持つて来る  訓が出て来る  語ばかりが出て来る  地名を詠み込んで来る  宣命に出て来る  自ら蔵して来る  ことが感ぜられて来る  二ヶ所出て来る  事を感じて来る  負担して来る  意味だと思はれて来る  使はれて来る  習慣がついて来る  物語類に出て来る  簡略化されて来る  意味を感じて来る  挿んで来る  ものを入れて来る  所に出来て来る  用ゐて来る  使ひ慣れて来る  表情を潜めて来る  秋が早く来る  市野さんの来る  手が疲れて来る  玻璃窓を洩れて射し込んで来る  面を吹いて来る  足音の聴こえ来る  もの丁さんが来る  区別が立つて来る  言葉が、生きて来る  言語が、生きて来る  誤解を重ねて来る  発生展開して来る  自ら孕まれて来る  時代であつたればこそ、直に流れこんで来る  大分はつきりして来る  今日にでも来る  まり多く集まって来る  鯉を捕ってるのに、こんなに集まって来る  損をしている、断然とやろう、来る  先生はすぐ来る  とつてるのに、こんなに集つて来る  お金を持つて来る  街に入り来る  くぐつて来る  さうに音をたてて軋つて来る  父さんの来る  身に降りかかつて来る  ほか何でも、置き忘れて来る  使つた品物を置き忘れて来る  室から来る  どこからともなく聞えて来る  杜絶えたがまた聞えて来る  湧出して来る  船唄が流れて来る  外で食って帰って来る  判断が間違って来る  手摺から伝わって来る  接近し来る  子どもを連れて来る  警官隊が来る  ドーブレクは次第に迫って来る  四万法とを持って来る  具合いに考えて来る  一晩泊って来る  いやなら来る  人がたずねて来る  山門へ来る  夢告から、こつねんと召されて出て来る  今日会下山に来る  今度部屋に来る  から走つて来る  薄荷水をつめて来る  想ひ出されて来る  人間味が、ぐんぐん出て来る  から証明されて来る  反撥期は当然来る  末路へ来る  比較にならないほど大きくなって来る  急転して来る  鼻をならして来る  世相人心にも響いて来る  存在になって来る  対象して来る  振り戻って来る  他日、出て来る  人々が語りかけて来る  灯が見えて来る  自動車へたかって来る  観念が妨げて来る  ゆるやかに、漕ぎ寄って来る  雲間に現じて来る  滝口孝氏をせきたてて来る  上杉景勝などが、こんがらがって来る  前後して、やって来る  今昔物語に出て来る  山丘地から来る  面白味が出て来る  時代がぶつけて来る  泛び出して来る  発見されて来る  遠方から送りつけて来る  熊本に来る  広汎さをもって出ては来る  試合に来る  雑巾持って来る  私が上って来る  娘々して来る  道から来る  伯母さんはひどくなって来る  一生懸命して居ても報って来る  此上なく憎く醜く思われて来る  母さんが淋しがって、帰って来い来いて云って来る  ところで入って来る  娘になって来る  平気になって来る  変化の来る  関が来る  ポンポンと借りて来る  自然に分って来る  几帳面に云って来る  仕打ち等が段々知れて来る  托して来る  魂の寄り来る  時代に、寄り来る  御子に寄り来る  冬季に寄り来る  向ばきと、古いほど似て来る  街道まで来る  料理人が来る  世の中が来る  金高にビンビンと響いて来る  晩あたりすぐ来る  これには困ってきっと来る  労働者が来る  女の尋ねて来る  帷を開けて入って来る  あと十分だぞ、やって来る  わけでもないがね、ちょいちょい出て来る  ズボンまで浸みて来る  依頼して来る  藤屋デパートへ来る  笑いののぼって来る  三分の二も来る  将棋の駒みたいに見えて来る  ごみっぽくなって来る  時間をつぶして来る  そこにはっきり現れて来る  とき、生れて来る  会議から帰って来る  顔がはっきりして来る  当番参詣を終ってかえって来る  つて先づ太鼓がきこえて来る  無頓着に見えるくらい、刻々近づいて来る  声を送って来る  耳を襲って来る  牛馬を飼いに来る  薬草などを探して来る  戸口へ来る  こちらへ急いで来る  福ずしへ来る  理智から来る  湊が来る  湊がはいって来る  それが激しく来る  束を取って来る  遠くから鈴の音が入って来る  ソロソロ苗運んで来る  苗木から先に持って来る  向うから馬力が近づいて来る  二十六日が来る  ハモニカを吹いて来る  今に帰って、来る  風に流れて来る  皮膚にしみ込んで来る  雨が時々ぱらぱらと降って来る  彼には時として匂って来る  からあがって来る  神中の来る  萌えいで来る  ぱおぱおて飛んで来る  一軒屋に帰って来る  ように澄み切って来る  彼は知っているし、遣って来る  説明されて来る  中心主力が弱って来る  体力が出て来る  それから後、来る  後から後から現われて来る  笑い声に聞こえて来る  経路を考えて来る  中に浮き出て来る  ところまで考えて来る  光線がさし込んで来る  上に圧しかかって来る  背後に迫って来る  こちらへ抱いて来る  子を抱いて来る  庫裡から帰って来る  攻めに向って来る  丁ほど来る  姆母さんが出て来る  職場からやって来る  威勢よくのして来る  女子などのたずねて来る  無事で帰って来る  深入りして来る  暴露すると共に、いよいよ募って来る  廊下をあゆんで来る  説明を乞うて来る  足早に来る  前を退がって来る  彼は取りあえず出て来る  夜陰に忍んで尋ねて来る  落葉とが渦巻いてころげて来る  都までは攻めのぼって来る  足早にたどって来る  らの帰って来る  それがしが汲んで来る  洞穴へ戻って来る  袂にからんで来る  都へ戻って来る  何処までもと追いつづけて来る  権右衛門らはよろこび勇んで追って来る  きがしどろもどろになって来る  手から飛んで来る  ばらばらと落ちて来る  ここまで担いで来る  二階三階まで来る  まさかほんとに来る  毎朝浜に来る  千代子の来る  今千代子が来る  手前へ来る  未来に来る  ますもの、帰って来る  酒があるか見て来る  方へ押し寄せて来る  力から湧き出て来る  所に集まって来る  それから可能になって来る  使用によって来る  クリューが迫り来る  区別はなくなって来る  おいおいにきいて来る  変色して来て、満ち来る  長吉はもう来る  相談をして来る  遊びに帰って来る  杵をならして来る  弟子が持って来る  午前稽古に来る  方から吹き下りて来る  声で争いながら出て来る  三人四人と絶えず上って来る  近く聞えて来る  襷をとりながら這入って来る  時代に生れて来る  豊の帰って来る  中まで吹き込んで来る  梯子段をみしみしと云わして、あがって来る  だんだん家柄をよくしたくなって来る  改良したくなって来る  三代五代と経って来る  説も出て来る  百済僧蓮城も出て来る  一色に近づいて来る  午後そこへ現れて来る  フロックコートを着てやって来る  どんどん侵入して来る  酔ぱらって夜中に帰って来る  力で、生れて来る  雪をけたててやって来る  反動が来る  学校へもって来る  世の中に現はれて来る  外から飛びこんで来る  あっちからやって来る  ウラルから来る  てっぺんから溢れて来る  まんまで入って来る  暮しん中へ直に戻って来る  のをもって来る  広間へ来る  気がしずまって来る  一時に登って来る  翼から出て来る  もの、帰って来る  使用者まで持って来る  アジプロ部へ行って来る  ゆっくり靴をひきずってやって来る  中から湧き上って来る  夏の終りが早く来る  工場から帰って来る  立帰って来る  鼻を打って来る  日を暮らして、驚いて帰って来る  シロモノばかりですが、それでもその出て来る  スランプの因って来る  其方より聞え来る  唄のきこえ来る  集りに来る  ぎわまで来る  日春の来る  風吹いて来る  手許へ戻って来る  チョコレートでも入れて来る  決心がむらむらと湧いて来る  さも湧いて来る  ここへ集めて来る  から見に来る  一押しに押して来る  漁場へ運んで来る  村へはいって来る  奥からひっぱって来る  部屋に戻って来る  陸に飛んで来る  雲から来る  蜂の巣から出て来る  谷間を渡って来る  樹に帰って来る  モリイシャをのせて来る  兄さんは来る  屹と来る  店をぬけ出して来る  わたし行って呼んで来る  晩には再びたずねて来る  高田さんが来る  店へ寄って来る  晩には来る  僕が探して来る  二が聞いて来る  今ここへ運んで来る  死骸を送って来る  二が来る  今夜はきっと来る  魔ものが舞い込んで来る  七時過ぎですから、やがて来る  のだから、二度と帰って来る  泊まりに来る  弔慰金を送って来る  竹笠を持ちて入り来る  旅人まで聞き伝えて見に来る  それにつれて頼んで来る  もっと上も来る  暮し向きは、僅かばかり来る  外から頼んで来る  それを聞き伝え云い伝えして見に来る  あれを見に来る  地所に来る  見物人を見て来る  名前が、何ともいえず気持ちよくさえ思われて来る  恰好に見えて来る  裲襠を着て出て来る  死ぬ時が近づいて来る  八方より申込み来る  道理となり来る  あとからあとから出て来る  次第と明るくなって来る  冗談を言いに来る  火花のようにたちまちよみがえって来る  パイプをふかしに来る  松茸一籠を送り来る  方角へむかって帰って来る  店へ買いに来る  下を掘りに来る  お前には考えようとしても考えられなくなって来る  所に帰って来る  上に表われて来る  私に攻め寄せて来る  結果が生れ出て来る  未来に起り来る  制限せられて来る  考察を書き進めて来る  外界から奪い取って来る  逆用から来る  交渉をもって来る  自己に還って来る  ニイチェ一人を持ち出して来る  中に定まって来る  許へ来たが、来る  杖頭を執って来る  小舎に入って来る  身も心も、溢れるばかりに迫って来る  食品を運んで来る  ぐり上げして来る  位置へ来る  人間ばかりが牽かれて来る  婿さんが来る  家が見えて来る  疣蛙が這入って来る  殿様蛙夫婦が這入って来る  蔦葛を伝って昇って来る  あとから随いて来る  国まで来る  人が追っかけて来る  敵の攻めて来る  ところに通って来る  涙をこぼしたって来る  混同から来る  兄は来る  びらが来る  夏に向くと段々繁くなつて来る  逐ひかけて来る  ものなどが、ひよつこり出て来る  男から来る  機能の段々と熟して来る  ぶつかつて来る  二度三度と続けて来る  やうに湧き出て来る  五人は来る  悲報が続々来る  がまはまだ出て来る  用意をして来る  ように吹きよせて来る  陽気もきっと春めいて来る  支社にあつまって来る  解決をつけて、また出て来る  ところから嫁に貰いたいと申込んで来る  寒い雨がしとしとと降って来る  上に報って来る  からも尋ねて来る  雨が強く降って来る  蛇の来る  三本目を越して来る  眼をいからせて向って来る  躊躇せずに進んで来る  二線に来る  なにしろ正面から向って来る  蛇吉を頼んで来る  から、出て来る  今ここへ連れて来る  灯をたずさえて来る  だんだんに近寄って来る  満洲へ逃げ込んで来る  旅まわりして来る  どこかで見付けて来る  台所へまた引っ返して来る  半兵衛が帰って来る  江戸表から洩れて来る  生血をそそぎ込んで来る  女ひとりを引っ立てて来る  手当はやはり欠かさずに届けて来る  だんだんに重って来る  あいだから洩れて来る  どこへか出て行って、再び戻って来る  職人が下って来る  屋敷まで連れて来る  ところからも続々あつまって来る  あしたの来る  落葉を拾って来る  庭をそぞろあるきしながら、来る  ノソノソ出て来る  だんだん恐ろしくなって来る  みんなはっきり分って来る  仕事が生れて来る  人生観が生れて来る  纒わって来る  呼吸が乱れて来る  倦怠とを担って帰って来る  オレがもぐって見て来る  ように降り下って来る  横殴りに吹き込んで来る  環状歩行が起って来る  許したか疑問になって来る  傾斜が現われて来る  灼熱して来る  スウッと近づいて来る  誘発して来る  兵力で来る  気持ちが滅入って来る  疑心暗鬼を生じて来る  夕方までたんと遊んで来る  それと気付いて出て来る  あれを買って来る  上に飛んで来る  引越しをして来る  電車賃もないのでぶらぶら歩いて帰って来る  ひまもなくて、訪ねて来る  写真を撮りに来る  欧洲から帰って来る  一ヶ月を暮らして帰って来る  中へ這入って来る  小区へ来る  母の持って来る  空家ではないかと聞きに来る  八分ごとに来る  汚点が出来て来る  明らかとなって来る  概念から出て来る  問題が現われて来る  判断そのものから出て来る  自ら触れて来る  言葉まで甦って来る  新茶を売りに来る  東さんが来る  明日品物をとりに来る  母がはいって来る  シオン五銭買って来る  ようにきこえて来る  絵描きがうらやましくなって来る  狂人の出て来る  喋舌りを聞こうとして、集まって来る  もとへ来る  次から次と起こって来る  飛び石づたいに歩きながら、話して来る  平賀源内殿と来る  接触から来る  背後から追っかけて来る  ここまでうたって来る  貝十郎の走って来る  人声とが洩れて来る  小舟に乗って帰って来る  名古屋へ来る  背後を振り返って見て、従いて来る  アトからアトから出て来る  方向に向って飛んで来る  為めに来る  我儘から来る  さとうが来る  道具をかりて来る  ことを考えると、むしゃくしゃして来る  小舎に来る  お家でもらって来る  べんとうを持って来る  畑をみまわりに来る  じき秋が来る  ものつくってみせに来る  水がにえて来る  大声で呼びながら飛んで来る  さんそネツと来る  どこから射して来る  ごめんかうむつて来る  囁きが聞えて来る  神さまにたのんで来る  肴を持つて来る  照さんに聞いて来る  後方から押して来る  後から女の来る  合つて来る  女の出て来る  纏つた彼女の下りて来る  二ツ持つて来る  民子をつれて来る  ここに駆け来る  隣室から出て来る  臭ひがして来る  玉が降つて来る  エジプトへ来る  ヘロデが帰って来る  本陣へ戻って来る  たまへ来る  切符うりが来る  過去のものも来る  三秒間に聞えて来る  日本人はきっと来る  私たちの来る  後からあとからと躍り込んで来る  慈善興行が来る  威儀を整えて練り込んで来る  牛が出て来る  撥ね上げて、その落ちて来る  銛さきへ飛び刺さって来る  婚約を持って来る  氷原を撫でて来る  ステップは、出て来る  袴時代の次ぎに来る  夜逃げして、来る  香水を振ってまた売りに来る  脚が押して来る  ためには、押して来る  影が来る  鉄材を伝わって、上って来る  羅馬へ来る  旅行者が出て来る  訪問記念としてこっそり持って来る  処理から来る  二回万国自動車展覧会会場へ来る  呼出しが来る  連中ばかり来る  盛んに落ちて来る  THAWが来る  結婚が来る  旗を廻って来る  倫敦へ出て来る  智恵が浮んで来る  貧民街から出て来る  早変りして出て来る  のを覗いて来る  闇黒から滲み出て来る  私たちを追っかけて来る  心は尚々まして来る  自覚にふるえが出て来る  水へ捨てに来る  奴は来る  わしも行って来る  中を急いで来る  使いに来る  闇屋が持って来る  頃は、送って来る  金がなくなって来る  窓口まで来る  夜になって現れて来る  鬼どもの来る  馬鹿だって今夜も来る  数度此国に来る  常世神が来る  山の上から来る  祭りには、おにが出て来る  唯一人で載つて来る  率ゐて来る  眷属を連れて来る  大倭から来る  祝福しに来る  大勢眷属を連れて来る  次回に来る  名称の依つて来る  屋根から響いて来る  耳朶に絡まりついて来る  紀念日が来る  突風が吹きあげて来る  鬼が追っかけて来る  年とが、同時に来る  鬼は来る  みんな一緒につれて来る  切りつまって来る  ボコリボコリと出て来る  こちらまで漂って来る  思いの外にはかなく見えて来れば来る  宮仕えを勧めて来る  運がひらけて来る  熱心に勧めて来る  使いが帰って来る  歴起として来る  展かれて来る  伊代がうつって来る  心に浸みて来る  電話につたわって来る  胸を突いて来る  汐が返って来る  言葉にもろくなって来る  眼に次々とはいって来る  モデルが来る  うちに、胸苦しくなって来る  退場して来る  唆られて来る  水面に浮き上って来る  眩暈がして来る  身体を擦り付けて来る  傷口からドクドクと吹き出て来る  悪臭が立ち上って来る  長剣を抜いて突っ掛かって来る  幾つもの段階に分かれて、響いて来る  ものを捕えて来る  あとを附けて来る  波が荒くなって来る  方を向いて段々押寄せて来る  紆波が来る  恰好で押寄せて来る  後から押寄せて来る  岸は少しずつ近づいて来る  婆様を助けながら駈け下りて来る  芝居へ来る  福島清も出て来る  小使が出て来る  此方に向って出て来る  機嫌よくなって来る  隅から響いて来る  場合が思い浮んで来る  外国人が入って来る  クマラスワミーに会いに来る  釣台に付添うて来る  明朝また来る  人に来る  雲と同じくかつ去りかつ来る  珍らしくだいぶ這入って来る  趣が違って来る  筆癖から来る  からざる八月二十四日の来る  社員が来る  秒ごとに深く印し来る  口へ出て来る  下女が来る  からざる二十四日の来る  食事を済まして来る  類推より下し来る  五分の命を提げて、まさに来る  急に生きて来る  描出し来る  頼に来る  上から曲折して下って来る  いつか三十が来る  外部から萌して来る  病院と来る  殊に周囲に集まつて来る  傍へ持って来る  食事も、馴れて来る  丸が飛んで来る  おでんやと呼んで来る  辺鄙に来る  あとから謝罪に来る  悪者が登って来る  ギーギー云いながらのろくさくのぼって来る  散歩姿で来る  涙がつきあげて来る  田舎からかえって来る  独唱が流れて来る  車にのって来る  帳簿を持って来る  座敷に運んで行ったが、帰って来る  事務所をさして集まって来る  つながりからのみ来る  時母が来る  親父が来る  朝になると、来る  教会へ這入って来る  お勤めに来る  教会へ来る  うえをこつこつと歩いて来る  お爺さんも笑い出して、出て来る  スタスタと登って来る  鼻歌が出て来る  小径からスタスタ出て来る  スタスタ寄って来る  様子がわかって来る  水はチョロチョロと少しばかりこぼれて来る  温度見て来る  歩きつきで戻って来る  皆で来る  戦地から手紙あ、来る  兄弟を育てて来る  ザクリザクリと聞こえて来る  から戻って来る  おばさんが恋しくなって逢いに来る  ユサユサと戻って来る  俺が戻って来る  畑に出ていて、あんまり差し込んで来る  川上にゃ戻って来る  薬を貰うて来る  しかたを教わって来る  余計に迫って来る  呼声が聞えて来る  顔をこすったりしながらも、こみ上げて来る  じょうぶ、やって来る  ほんまに、やって来る  所にかたづいて来る  所まで持ち上げ、吹いて来る  銀行へ行って来る  兄は帰って来る  慎太郎が帰って来る  兄がすぐに帰って来る  何気なく茶の間へ来る  工場まで行って来る  谷村博士が来る  脈搏は反ってふえて来る  僕がそう云って来る  何かありゃすぐに呼びに来る  一寝入りして来る  颯爽と出て来る  感じがこみあげて来る  ニコニコ笑って来る  汗を掻き、駆け戻って来る  顔をおおい、泣きじゃくりながら近づいて来る  一一理窟で割り出して来る  天窓からさし込んで来る  進歩が生じて来る  小使部屋に押しかけて来る  接触上に出て来る  五体に溢れて来る  未来はやって来る  別荘にでも来る  特徴になって来る  心に訴えて来る  主人の切り込んで来る  入口から来る  伴れ込んで来る  野原に出て来る  想像の由って来る  溪から湯へ漬かりに来る  溪からはいって来る  溪から何かがはいって来る  木地屋から聞こえて来る  鮎がのぼって来る  夕方山から土に塗れて帰って来る  前庭や、したたり集って来る  客がはいりに来る  そこから散り込んで来る  屋根へ来る  テニスをしに来る  起業祭が近付いて来る  のとわかって来る  中央に立って歩いて来る  歩調を合わせて来る  道路まで来る  ボーとなって来る  ラインを横切って来る  話を聞きに来る  十四銀行から金を出して来る  今ここに来る  恰好で、飛んで来る  間髪を容れず、立直って来る  二三人走って来る  締めにして来る  云つて上つて来る  こっちに這いかかって来る  なかに照らし出されて来る  ソッと沈めて来る  廊下から映して来る  家にはいって来る  自動車で帰って来る  本館から来る  柿沼が来るかも知れないが、来る  長谷川が来る  ものだから、持って来る  こちらへ出て来る  下り電車の来る  其由て来る  由て来る  赤面して来る  池のちかくまで来る  連中の帰って来る  ものをさげて来る  額を抱えて、入って来る  そこにはすこし離れて歩いて来る  平常に復して来る  新吉のおりて来る  森が、次第にゆるゆると近づいて来る  木共はこれから起って来る  背後から浮いて流れて来る  しか思われなくなって来る  背後から拳銃を持って付いて来る  描写の拠って来る  決闘を見に来る  しろについて来る  森が次第にゆるゆると近づいて来る  木どもは、これから起って来る  だんだん善くなって来る  亭主も、こう考えて来る  匂いも発して来る  心持のよって来る  懐に戻って来る  包括されて来る  五日とたたないで返して来る  ものとしてあらわれて来る  店員をつれて来る  複雑明瞭になって来る  光に溢れて来る  屹度従いて来る  裾を曳いて、ずるずると寄って来る  頃、来る  幾度も来る  夕闇の迫って来る  眼眦に滲んで来る  ちよいちよいやつて来る  バーへ来る  裏に薄れ去って来る  アチックに洩れて来る  笛さては何とも知れず遠きより来る  厭世観に誘はれて来る  当地に移って来る  腕に下げて来る  一団となって来る  理右衛門爺さんなんかが来る  一つ暴風雨と来る  炎さ漕いで来る  地獄か見届けて来る  かさなりかさなり崩れて来る  波に乗込んで戻って来る  処、嗅ぎつけて来る  漁しに来る  根下まで連れて来る  今にしょげながら帰って来る  真先に起きて来る  解釈されて来る  母が持つて来る  上、などに出て来る  三道に分れて押し寄せて来る  庭から室へはいって来る  開放し来る  相場師も来る  女将も来る  から読んでみてくれとか言って来る  仏蘭西から帰って来る  中に、来る  幽霊に出て来る  前衛として起って来る  興味が起つて来る  仲間に入れてよと申込んで来る  百姓なぞが飲みに来る  ダンダン感動して来る  挨拶に行って帰って来る  中からニッコリして出て来る  ように流れ込んで来る  硯箱を追い縋って来る  椅子を避け避け追いかけて来る  日本に這入って来る  勉強に来る  何処からも来る  日本人すら来る  猿も来る  ドクトルを取って来る  外国から来る  新規に来る  それの犯して来る  どこでも断わって返して来る  駈落ちをして又戻って来る  道をぶらぶらと歩いて来る  男に追い迫って来る  無理になだめて引っ返して来る  広告屋が来る  家具屋が来る  瓦斯会社が来る  交換局が来る  保険会社が来る  真中から吹いて来る  引上げて帰って来る  河東茂夫とか書いて来る  経験よりくみとられて来る  托児所にまでひろがって来る  ところへ駈け戻って来る  洗い桶を持って来る  十二時近くまで遊んで来る  後を振り返って、ずっと後れて駈けて来る  自ら出て来る  自ら面が出て来る  人がよくなって来る  本能的に出て来る  陽が射して来る  靄が屡々出て来る  向うから敵が来る  つけ方も違って来る  自ら異って来る  人は決って来る  生理的に出来て来る  ことも解って来る  中に籠って出て来る  買出しに来る  

連体詞

来る[連体詞]
来る所  来る車  来る永遠  来る必要  来る周密  来る反映  来る者  来る戦慄  来る夜  来る水  来る匂  来る円周  来る特徴  来る偶然  来る途中  来る時  来るかや  来る習慣的  来ること  来るよう  来る人  来る八月八日  来るの  来る色々  来る八月初旬  来る素見客  来る四月  来る外敵  来る誤解  来る名代  来る三人  来るづどいっつも  来る翼  来る光熱  来る泥土  来る啓蒙  来る先  来る夫  来る途中小間物屋  来るところ  来る心地  来る塵埃  来る呻  来る十数種  来る自然  来る心構  来る内律  来る折衷態度  来る発想法  来る二十六日  来る時車  来る一種  来る舞文  来る千古一色  来る無邪気  来るお針医  来る薄紫  来る四月十日  来る大陸  来る端から叩  来る群集  来る連中  来る多く  来る頃  来るもの  来る十一月  来る一群  来る習慣  来る客  来る髪結  来る気  来る日  来るやう  来る義憤  来る蜜  来るひと  来る何物  来る伸子  来る窮屈  来るッ  来る暮色  来る事  来る感じ  来る様子  来る道  来るとき  来る言動  来る潮風  来る余沢  来る考え  来る船  来る奴  来る瞬間  来る数々  来る音  来る景気  来る管笛  来る報告  来る石首魚  来るつよみ  来る石工  来る問題  来るうち  来る声  来る北風  来る変化  来る人声  来る矣  来る手紙  来る音信  来る不可避  来る制約  来る安定  来る自由  来る霊的欽仰  来る十一月十一日  来る六  来るん  来る打算  来る皮膚  来る圧迫感  来る方法  来る束縛  来る勢い  来る年々  来る筈  来る助け船  来る非常  来る樵夫二人三人  来る四月二日出廷  来る十三日  来る贈物  来る吾  来る趣き  来るなつ  来る虚偽意識  来る制限  来る縁  来る至極  来る詩趣  来る由  来る鮒  来る生徒  来る衆  来る二十一日  来る得意さ  来る三月二十日  来る退屈  来る恐怖  来る陰欝  来る補助費  来る当歳  来る前  来る車輌  来る普通  来る敏感さ  来る共同動作  来る妄念  来る子供  来る四百億円  来る感銘  来る気なんだろう  来る呼吸  来る月日  来る年  来る春  来る神  来る魅惑  来る散文  来る途中彦兵衛から  来る兇行  来る磁力線  来る手間  来る熟語  来る興味  来る風情  来る真綿  来る奴ら  来る毎度  来る一月十八日月曜夕刻  来る感化  来るはず  来る輻射熱  来るロシヤ人  来るわけ  来る心理的  来る連想  来る列車  来るぼく  来る統一  来る不足感  来る非難  来る美  来る自転車  来る人たち  来る荷物  来る薬品ども  来る風  来るゾ  来る感慨  来る内外  来る朝  来る阿諛的批評  来る音波  来る六月十三日  来る理由  来る前さらさら  来る光  来る手つき  来る重荷  来る七月一日  来る電流  来る私  来る憂愁  来る時間  来る処  来る十四日  来る他  来る度  来る苦悩  来る寝小便  来る落ちつき  来る頭痛  来る鳥群  来る光波  来る気持ち  来る不安  来る感激  来る彼女  来る家  来る感動  来る荷車  来る人間  来る不羈奔放さ  来る日曜  来る郵便  来る電力  来る営養不良  来る崇拝者渇仰者  来る芳香  来る姫  来る坑夫達  来る聯想  来る主我性  来るいろいろ  来る決心  来るぎごち  来る客たち  来る三月  来る重圧  来る品質的  来る様ぢ  来る七月三・四日  来るかすか  来る拘束  来る投影  来る氏  来る十一月七日革命  来る情緒  来る本格的  来る旅びとはここから渡し船  来る旅びとは栗橋から渡し船  来る一人  



前後の言葉をピックアップ
くり貫い  くり返し  久留麻  くる  久留  刳る  来る  繰る  佝僂  クルアシビイリ


動詞をランダムでピックアップ
行きのさばり食い散らし出そ生け捕らとう引掻くめくるめきもちあわさ捜すせせくるおしかけろ拠り仮そ唱えろ酌も伐れやつしすくみあがらかくそ
形容詞をランダムでピックアップ
冷たけれ極まりな雄雄しい長かれ弱い手あつい激し胸ぐるしさくいのろい手早かっ怖くっ心強けれ激しきしがなかっ痛いたしい男々しくあくどし図図しく穢らわし