「暮れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 暮れ[動詞]
途方に暮れ  日の暮れ  まま途方に暮れ  しづかに暮れ  日が暮れ  すつかり暮れ  鰯で一杯やる、暮れ  雪となり、暮れ  うたの暮れ  四月廿三日明けて飲み、暮れ  から、まだ暮れ  話も出来ず暮れ  水音の暮れ  げそりと暮れ  只だ明けても暮れ  四月廿九日四月廿九日、暮れ  饒舌る、暮れ  雲雀よ、暮れ  いふまでもない、暮れ  百舌鳥はまだ暮れ  日も暮れ  熱中して、明けても暮れ  庭はすでに暮れ  日はとっぷりと暮れ  日は暮れ  思案に暮れ  から久しぶりにゆつくり飲まうといふ、暮れ  日はとっぷり暮れ  日もとっぷり暮れ  日がはや暮れ  ぱらつて、暮れ  有耶無耶で暮れ  今日も暮れ  夕べに暮れ  年も暮れ  日は、もうとっくに暮れ  日は早く暮れ  目がさめてみると、もうすっかり暮れ  四辺はもう暮れ  年は暮れ  日がもう暮れ  悲嘆に暮れ  如くからくして暮れ  日がまったく暮れ  日はまったく暮れ  いつか六月は暮れ  から何をしたかといふと明けても暮れ  お構いなくずんずん黒く暮れ  ずんずん黒く暮れ  消耗戦に開け暮れ  大急ぎで暮れ  合せに暮れ  家なみはうす黒く暮れ  時は、もうとっぷり暮れ  日が、とっぷり暮れ  四方はもうすっかりと暮れ  年が暮れ  倉皇と暮れ  静かに暮れ  休茶屋から、暮れ  まま日が暮れ  陽が次第に暮れ  日の永きにも似ず、いつしか暮れ  暮れがたきに暮れ  ままに燃えしめよ斯くぞ覚ゆる暮れ  街は暮れ  日は既にとっぷりと暮れ  音に暮れ  コタンは暮れ  ドップリと暮れ  ころあいに暮れ  無為に暮れ  四十九日短く暮れ  真剣にもなれるが、明けても暮れ  悲歎に暮れ  真暗に暮れ  春の暮れ  春は暮れ  陽が暮れ  中はうっすらと暮れ  それから先、明けては暮れ  鉄道線路へ出かけ、暮れ  襷こそ掛けなかったが、明けても暮れ  程涼しく暮れ  殿中は暮れ  トップリと暮れ  立ち思案に暮れ  壁に投げ、暮れ  日はタップリと暮れ  日がすっかり暮れ  ところにぴったりくっついて、暮れ  春も既に暮れ  中日が暮れ  いつ迄も暮れ  夕空が暮れ  自分が明けても暮れ  朱鞘に、暮れ  事はなし、明けても暮れ  日がとっぷり暮れ  日はいつか暮れ  顔が明けても暮れ  様にあけても暮れ  かすつかり暮れ  日はもう暮れ  彼は、明けても暮れ  上に立ち暮れ  日永で暮れ  海も暮れ  紫色に暮れ  いつか陽も暮れ  秋も暮れ  雨に暮れ  曇つて日が暮れ  海は、暮れ  街桟橋や暮れ  影して暮れ  日はいつの間にか暮れ  一日が暮れ  日ははや暮れ  いつか日は暮れ  外はもうとっぷり暮れ  外はすっかり暮れ  雪とけてしたたるほいないわかれの暮れ  今ちょうど暮れ  目が暮れ  一日一日が暮れ  星住省吾は、明けても暮れ  日がとっぷりと暮れ  いつのまにかとっぷりと暮れ  夜分まつ暗に暮れ  ままで暮れ  大戦も暮れ  雨、明けても暮れ  一帯に暮れ  やうに暮れ  一日は暮れ  暖かに暮れ  嗟嘆とに暮れ  春も暮れ  急に暮れ  皆途方に暮れ  こと泪に暮れ  人生が暮れ  氣高く暮れ  つて日の暮れ  旋囘に暮れ  日はまだなかなか暮れ  蒼茫と暮れ  変化に富み、明けても暮れ  日も既に暮れ  時間もとうとう暮れ  ようすで暮れ  春が暮れ  なかはもうとっぷり暮れ  庭で、明けても暮れ  時日は暮れ  の白う暮れ  びゆるごとく、広きより狭み暮れ  灯に暮れ  影ちり昏みはや暮れ  有難涙に暮れ  今は暮れ  泪に暮れ  昨晩日が暮れ  一度日が暮れ  ところがないどかりと暮れ  無理に泊めて貰った、もうとっぷり暮れ  音楽どころか、明けても暮れ  暫らく思案に暮れ  斜めに落として、やがて暮れ  日も、暮れ  ほとほと途方に暮れ  花に暮れ  それ位で空しく暮れ  日もとっぷりと暮れ  ほのかに暮れ  日は全く暮れ  山はいよいよ暮れ  昨日日が暮れ  年の市、まだ暮れ  時間でこんなに暮れ  から四時を過ぎれば暮れ  歳が暮れ  金茶色に暮れ  日は暗く寂しく暮れ  日もようやく暮れ  だんだんに薄暗く暮れ  水とはまだ暮れ  下関はもう暮れ  涙に暮れ  わたくし途方に暮れ  云ふともなく、暮れ  明治九年も暮れ  陽も暮れ  色をかへりみて、暮れ  心憂ひにえ堪へず、暮れ  外に、暮れ  濃藍色に暮れ  靜かに暮れ  簡単にすませるが、といっても、まだ暮れ  日でも暮れ  日は遂に暮れ  いつのまにか日が暮れ  夏も暮れ  日が全く暮れ  腰をかけて、暮れ  むりにそこまで二里、暮れ  つてしまつた、暮れ  うちに暮れ  山峡は早く暮れ  饗ばれる、暮れ  けふも暮れ  今春、暮れ  曇つて寒い、暮れ  お正月も暮れ  閉ぢ籠つて勉強した、暮れ  今日が暮れ  雑草の暮れ  無事に暮れ  忙裏に暮れ  生憎日が未だ暮れ  ことで暮れ  日が愈々暮れ  正中元年も、ほどなく暮れ  日はもうとっぷり暮れ  六年が暮れ  日は、暮れ  まっ暗に暮れ  ことで、まだ暮れ  何日もぶっつづけに、明けても暮れ  去年は暮れ  大勝に暮れ  中にでも立ち暮れ  露台へ昇って暮れ  峠は暮れ  筑波も暮れ  野も暮れ  はつかに暮れ  今はや暮れ  それより暮れ  ような、明けても暮れ  秒間ならまだしやすいが、明けても暮れ  いつかゆったり暮れ  殊に日が暮れ  蒼冥と暮れ  辺りはとっぷり暮れ  ものが全く暮れ  雲一つなく暮れ  御者日の暮れ  高原ももうとっぷりと暮れ  日ごとに暮れ  参内に、あわただしく暮れ  ようで、明けても暮れ  日はとうに暮れ  氣持ちで、暮れ  頃にはすっかり暮れ  殆ど途方に暮れ  日はあわただしく暮れ  都合で暮れ  遠矢合戦に暮れ  勝敗もつかずに暮れ  陣について、歩き暮れ  半日は暮れ  なにしろ日が暮れ  だんだんに暮れ  冬は暮れ  独り泣き暮れ  尊澄は、暮れ  夏じゅう、明けても暮れ  うごきに暮れ  くやし涙に暮れ  ことはいうまでもないと同時に、明けても暮れ  当惑に暮れ  廿六日は暮れ  寛永十四年は暮れ  灯は暮れ  ほうに暮れ  ちょっと途方に暮れ  多くは暮れ  だんだん日は暮れ  うつらうつらと暮れ  一度途方に暮れ  もの青く暮れ  瘋癲院も暮れ  荷足の暮れ  薔薇、暮れ  眼の暮れ  だんだん薄暗く暮れ  日も、やがて暮れ  日は早くも暮れ  いつまでも日が暮れ  四方が全く暮れ  生活も暮れ  さで暮れ  静に暮れ  まま思案に暮れ  昼は暮れ  釣瓶落としに暮れ  もう少し日が暮れ  だんだん日が暮れ  つた早朝から真暗に暮れ  陽は暮れ  それから日が暮れ  ものは明けても暮れ  さにかてて加えて、明けても暮れ  豫もなしにさつさと暮れ  手紙だけが暮れ  ようですから、せめて暮れ  いつのまにか日は暮れ  背を向けて、暮れ  院は明けても暮れ  しだいに暮れ  今日さえも暮れ  元日が最もはげしく、暮れ  一日は斯くて暮れ  恁くて暮れ  たち年も暮れ  たち日の暮れ  老年は暮れ  奧に浮き暮れ  下に降りこめられて暮れ  わたくしが暮れ  日はすっかり暮れ  日には、暮れ  海暮れ浜も暮れ  番小屋に暮れ  かまわず日のあんまり早く暮れ  悲嘆とに暮れ  大坂城がまったく暮れ  夜は暮れ  陽がもう全く暮れ  夕は既に暮れ  中に暮れ  今日もまた暮れ  日は既に暮れ  間で暮れ  稲取へ暮れ  天龍はすつかり暮れ  並松一つに暮れ  日があわただしく暮れ  楓が低く繁って、暮れ  外はもう暮れ  日ももう暮れ  三千寵幸一身に集まり、明けても暮れ  繁みから次第に暮れ  大正十二年も暮れ  海はまだ暮れ  秋が暮れ  夫婦途方に暮れ  全たく思案に暮れ  心では暮れ  陽はとっぷりと暮れ  丁度日が暮れ  連日引籠つて思案に暮れ  上はまだなかなか暮れ  七月は暮れ  さ日の暮れ  來ないで、明けても暮れ  二十一年は暮れ  たしかに日が暮れ  日はもうとっぷりと暮れ  つて、明けても暮れ  蕭々として暮れ  とつぷりと日は暮れ  真黒に暮れ  街はとっぷり暮れ  失望に暮れ  晦日が暮れ  口惜涙に暮れ  方が、すでに暮れ  ただ日が暮れ  しき中に暮れ  谿は暮れ  シットリ途方に暮れ  晩日が暮れ  一色に暮れ  九月も暮れ  静に寂しく暮れ  彼方に暮れ  あまた日が暮れ  毎日日が暮れ  それから、とっぷりと暮れ  入浴やら、何かとそわそわとして暮れ  音なく暮れ  日もすでに暮れ  夜も、明けても、暮れ  百姓わざも出来ないで、明けても暮れ  きょうももう暮れ  騒然として暮れ  頬杖をつき、あおく暮れ  戸外は暮れ  十二時ごろでもすっかりは暮れ  空はいつの間にか暮れ  地平線へ沈んでしまうと、すぐにとっぷりと暮れ  近くも霞みながらに暮れ  まひしより、明けても暮れ  それは到底暮れ  色に暮れ  商売だったってあけても暮れ  途中で暮れ  から山里の暮れ  一年もさびしく暮れ  模糊として暮れ  草でもむしろうと、とっぷり暮れ  行商をして往き暮れ  日は、とっぷりと暮れ  訳を云わないで、只明けても暮れ  宗忠は、暮れ  中が暮れ  靜かなり筑波も暮れ  ようになって、とっぷりと暮れ  ままにもえしめよ斯くぞ覚ゆる暮れ  時分にはとっぷり暮れ  年は段々暮れ  思いに暮れ  空は、まだなかなか暮れ  殆ど途法に暮れ  ように明けても暮れ  小走りに走つて急いだのであつたが、終に全く暮れ  のだが、もう暮れ  名残りなく暮れ  料理に暮れ  ッ黒に暮れ  とつぷり日が暮れ  上陸が出来ずに暮れ  海は暮れ  雨に早く暮れ  表はすっかり暮れ  墨いろに暮れ  街はすっかり暮れ  夜とがいきなり続くほど暮れ  次第次第に暮れ  投函しに走ったりして暮れ  ころ日はようやく暮れ  明けそして暮れ  春早々から、暮れ  お前さんはあけても暮れ  日漸く暮れ  翌日夫人は暮れ  紺碧に暮れ  夜、まだ暮れ  事もなくて暮れ  うち日が暮れ  私は明けても暮れ  姿を見ずに暮れ  松かぜに暮れ  今年も暮れ  陽の暮れ  鼠色に暮れ  女子のにほひのごとく、暮れ  光は暮れ  有泪に暮れ  日の未だ暮れ  大人達はまた、明けても暮れ  トツプリ日が暮れ  蔭に暮れ  鉛筆色に萎れるが、明けても暮れ  それから途方に暮れ  嬉涙に暮れ  灯がちらつき、まだ暮れ  日もはや暮れ  わたしは暮れ  ままに暮れ  気になり出して、まだ暮れ  日もまたいつしか暮れ  半日の暮れ  空もすっかりと暮れ  月が暮れ  いま途方に暮れ  日はもうすっかり暮れ  セリョーシカと明けても暮れ  薄紫に暮れ  街道は暮れ  歳もむなしく暮れ  方は早く暮れ  山路いとなぐさめ難く、暮れ  日なお暮れ  年もようやく暮れ  家に帰れば日は暮れ  開場してみると、明けても暮れ  新月なんだから、もうとっぷりと暮れ  中ですっかり暮れ  事もなく明けては暮れ  足をあはせて暮れ  時日既に暮れ  ものは、とっぷり暮れ  上を向いてみたが、暮れ  湖は暮れ  日には暮れ  うそではないくらい、寝ても起きても、明けても暮れ  お日様の暮れ  容捨なく暮れ  気味わるく鳴きながら、まだ暮れ  落としにしだいに暮れ  日も早く暮れ  落着いて、暮れ  昭和二十年が慌しく暮れ  日が明けてはまた暮れ  目は暮れ  しめやかに暮れ  四方からばったり暮れ  十年一日、明けても暮れ  日はもういつしか暮れ  秋は早くも暮れ  ボンヤリと暮れ  途中,日が暮れ  皆悲嘆に暮れ  日は吹き暮れ  午後が暮れ  陰気に暮れ  いつかとっぷりと暮れ  昇り日が暮れ  女はあけても暮れ  こともなくて暮れ  からこんなに暮れ  行つた頃日が暮れ  灰なり、暮れ  縫直しさわぎで暮れ  つて途方に暮れ  のを明けても暮れ  大変高く昇って行ったので、暮れ  何か作って、暮れ  古巣海が暮れ  浜が暮れ  町は明けても暮れ  寒い三月の暮れ  雨音に暮れ  寂として、暮れ  ッぽく暮れ  声とに暮れ  うちには、いつの間にか暮れ  内年が暮れ  雀色に暮れ  頃から日はひたひたと暮れ  街は、もう暮れ  頃には、もうすっかり暮れ  日は、もうとっぷり暮れ  いつ日が暮れ  それさへ暮れ  下はうっすらと暮れ  それさえ暮れ  紺青色に暮れ  日はまだ暮れ  日がやがて暮れ  とつぷりと日が暮れ  春の雪に暮れ  用に暮れ  頃にはもうとっぷりと暮れ  ように暮れ  きょうも暮れ  日が恐しく早く暮れ  途法に暮れ  私はそうして、ただ明けても暮れ  人も少なかったが、暮れ  色が変って暮れ  様子で、暮れ  鉛のごとく重く、暮れ  夕暮れも暮れ  さびしげに暮れ  日ようやく暮れ  声は、黄色く暮れ  歳は暮れ  作家の明けても暮れ  海が暮れ  傍へ少し離れたので、もう、とっぷり暮れ  

名詞

暮れ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
暮れかけていた  暮れなんとす  暮れはやくみそつ  暮れないうちから寝た  暮れのこる色は木の芽の白さ私はずぼらでありすぎた  暮れのこる木の枯れてゐる  暮れいそぐ蒲焼のにほひなど  暮れ早い百舌鳥の啼く  暮れかかつてゐた  暮れたりした  暮れかかっていた  暮れかけてうの花だけがおぼろに白く残った  暮れかけて軒なみに灯がともりだした  暮れなずもうとする  暮れかけた上野駅では東北の温水町から一緒に帰つて来た  暮れかけた上野駅では東北の温泉町からいっしょに帰って来た  暮れかけてきた  暮れやがる  暮れかかる海を眺めた  暮れかかるころには朦朧とした  暮れかかってきました  暮れかけていて  暮れに疲れを感じ  暮れ或は正月になると  暮れてひどく困っています  暮れてひどく困ってゐます  暮れたる事もありました  暮れ悩んだ空を景色にして  暮れかかってこの雪道の笹子峠を越せる  暮れかかつた空に山々はいよいよあざやかな緑を投出し  暮れかかった空に山々はいよいよあざやかな緑を投出し  暮れがたきに暮れて  暮れないうちに宿をとる  暮れ初めている  暮れ近かく瞳にしみた  暮れかかった街に出て行った  暮れちかくなった  暮れかける町を足早に行く  暮れかけて来た  暮れかけて涼しさが少し寒さを感じさせるほどになっていた  暮れ行く空に朧げな外線を劃しながら  暮れがたまで針の手を休められない  暮れにけり  暮れおしつまって西片町へ引き越された  暮れかかって来たので  暮れの押し詰まった  暮れの銀座の街をぶらぶらとあてもなく歩いて行った  暮れかけてきて  暮れに上尾宿まで参りました  暮れかかってきた  暮れきつてゐる  暮れまで倦ゆまずにお勤している  暮れから正月は吉原でおもしろく遊んで  暮れから春の七草までに彼は四百両あまりの金を振り撒いてしまった  暮れから催していた  暮れに次郎左衛門が不意に押しかけて来て  暮れかけてきましたな  暮れなずむ谷あいの森閑とした  暮れ近い薄日を映えさせて  暮れに近い日脚が白っぽい道に弱々しい光りを投げていた  暮れがたで  暮れないうちから出向いて  暮れが近づくと  暮れを機として織り上げた  暮れゆく春を悪名の果あり  暮れやしない  暮れに近づいた  暮れそめた瀧川の町を歩いて  暮れかかっている  暮れて兄は空しき数に入りつ  暮れ切れなかつた街の彼方が霧のやうに烟つて遠くの灯りが滲むで見へた  暮れねど戸を締めたり  暮れゆき再び来る  暮れに一緒になって  暮れかかると彼は丘を降りて  暮れ果てず灯は見えぬが  暮れ切った頃に二人の若い女の死体は白木の棺に収められて  暮れまでに首尾よく調った  暮れを待って  暮れに浜から帰ると  暮れまで話し込んでいた  暮れさせ  暮れ迫る向ふの  暮れかけるのを惜しむ  暮れに移転した  暮れを只争闘と罪悪に暮して  暮れに富士に行って  暮れさえすれば  暮れやらずしばし山はにたゆたひおは  暮れかかる庭先の床几に掛けて  暮れ切っていた  暮れのうちから兄弟は賑かに正月の趣向を語り  暮れ悩んでいた  暮れつつ電車に乗って  暮れに病気して  暮れかかると腰につけていた  暮れになって  暮れかけている  暮れ果てて黒き夜の一寸の隙間なく人馬を蔽う  暮れから道路工事の始まっていた  暮れからずっと続けている  暮れやすい日が西に舂きはじめたので  暮れかかっているので  暮れかかつて来て  暮れを思うと  暮れかかって来ました  暮れにけるわづきも知らず  暮れかかって夕焼けの赤い雲が静かな池の水の上に映っていました  暮れですからこの辺で一度かたをつけなくちゃ  暮れを待たずに行く  暮れ切っている  暮れ行く窓硝子に漂った  暮れちかく宍喰町まで来たには来たが  暮れ早い山峡の第二夜が来た  暮れない内に帰ってくる  暮れ果てて飛ぶ  暮れかかろうとする  暮れかかる事に少しも心を急がせられなかつた  暮れ初めていた  暮れ落ちても雨脚は弱らなかった  暮れて行く  暮れたりしが  暮れかかってくる  暮れぬれども未だ帰らず  暮れに行ふ  暮れに取り越して置いた  暮れかける空の向ふの  暮れに無役の小普請入りを仰せつかったという  暮れには小普請入りとなった  暮れに入れ替えたばかりの  暮れかかる軒の端を仰いだ  暮れから三月になるまで  暮れなずんだ水の色を見つめながら  暮れかかって来た  暮れの二十日頃になると  暮れかかって大抵の子供はもう皆んな家へ帰ってしまったのに  暮れも正月も余りいちじるしい相違はみえないが  暮れにかぎられた  暮れに無くてはならない  暮れだから仕方がないと覚悟していたらしい  暮れの忙しいあいだに何となく春らしい暢やかな気分を誘い出す  暮れないうちに磯部へ戻る  暮れかかる西の空に紅い旗雲が一つ流れて  暮れから世間を騒がせていた  暮れかかってきたわ  暮れに遊びにいらした  暮れ行く春を顫きて  暮れぬる程のひまと知れ  暮れない中に故郷へ帰ろうと思うからだった  暮れかかるところを眼がけて飛び出す  暮れまで何處かで寢てゐて  暮れには少しの間があるので  暮れ果てて雪もよいの空は暗澹として低く垂れ下っていた  暮れもいためど  暮れなやむ日のわがこころ球突をばもてあそぶ  暮れつつ呻ぶ  暮れ果てていた  暮れにも井戸屋から相当の助力をして貰わなければ  暮れないうちに帰ったら  暮れかかっておりました  暮れかかッて来て  暮れかかって居ましたが  暮れに行水を浴びると  暮れに間もないので流石にその光り  暮れなんとしてけふもあり  暮れかかっています  暮れ初むる頃になると  暮れにおし詰って  暮れおちるとともに吹きおろして来る  暮れかけて来たので  暮れ沈んできた  暮れはてた時分刑事部屋の扉が開いて  暮れかけているのに  暮れゆく赤紙の表紙手擦れし  暮れの遲い  暮れかかったので鰻はもう奥へ片付けてしまった  暮れさせている  暮れ切らない大洋の浪のうねりを眺めながら  暮れ行く葦穗山雨雲覆ふ  暮れぬる藻刈船しなへる  暮れけり秀峰めぐる  暮れさせた  暮れから正月へかけて  暮れぐれに行田から帰って来ると  暮れ行かんとす  暮れなずむ内門へ退き  暮れには鹽鮭を藁つとにして  暮れゆく姿を等分にながめながら  暮れちかい吹雪の底の店さきに萌黄いろしたきれいな頸をす  暮れかかつていく  暮れやらぬ陰影のなかにありて  暮れゆかんとす  暮れ行く海をながめて立つ  暮れ行く海の表をながめている  暮れかかってはいたが  暮れゆく海をながめて  暮れに迫って  暮れかけてきました  暮れかけた街路を歩き出した  暮れつつあり  暮れ切ってしまった  暮れかかって寒そうな鴉の影が御堀の松の上に迷っていた  暮れかかる時分に一人の六部が家の前に立って  暮れかかっているので止めさせまして  暮れないうちから衾を引っかぶって  暮れ果てるまで竪川を白く埋めて  暮れかかる頃に半七は下谷へ出て行った  暮れ切らない江戸の空は青々と晴れて鎮まっていた  暮れから出て行って  暮れかかる頃になって  暮れかかる冬の空を仰ぎながら  暮れに一旦借手が出来たが  暮れ切ってしまふと  暮れにまいりました  暮れに顔を見せました  暮れがたき  暮れないうちに六郷の渡しを越えてしまえば  暮れに女房に死に別れ  暮れに死んだ  暮れの金に困った  暮れに三十三で死にました  暮れ切ってしまってから  暮れかかっても帰ってきませんでした  暮れかかる森のこずえを仰ぎながら  暮れかけた海原をながめていました  暮れない中行かれるでしょうか  暮れを送って来た  暮れたれど  暮れの銀盤をゆくごとしだね  暮れもかかる  暮れもかぬれば  暮れし片頬をほのかにもうつしいだしぬ  暮れ行けば心ひまなくえもわかぬ  暮れもなやめる  暮れもゆく  暮れがての赤きくるしみ  暮れなやむ靄の内皷をうてる  暮れのこる邪宗の御寺いつしかに薄らに青くひらめけば  暮れもなやめば  暮れかかってもまだ休まず働いている  暮れやらぬ表の色を眺めながら  暮れかかる北海道の冬を知らない  暮れ果てた家々の屋根をおおうていた  暮れかかっていました  暮れないうちに旅館へ帰ろうと思った  暮れかかった夏に未練を持っていた  暮れかけていました  暮れかかったのに驚いて  暮れまでもお互に争つてゐました  暮れ初めて坂の上のほんのり片明りした  暮れ初めて草土手を吹く  暮れゆけば墨のいろ  暮れ切ってから会津屋の叔母が蒼い顔をして尋ねて来まして  暮れの景気も知らねえじゃ  暮れまえに見ておいた  暮れどきになりますと  暮れどきのどさくさまぎれに乗じ  暮れかかる巴里の空をながめていたが  暮れが押しつまっちゃ  暮れのもち代はかせげますよ  暮れもさし迫っておる  暮れゆく山容も眺められていた  暮れかかつてゐる  暮れなんとする  暮れかかる山の寂寞さを左右に視たが  暮れ行く富山平原の中を頻りに物色して  暮れなければ母親は帰らぬから  暮れかかって奥山のゆう  暮れの銀座の夜を縫って歩いた  暮れとともに風が出たらしい  暮れきれぬ中から中空に白銀のやうに光つて居た  暮れかかってくると  暮れに近うなっておりますが  暮れ行かむとし風は人氣なき小徑に散らばひ吹けど  暮れを鐵路の道に迷ひ  暮れに五十両の無尽を取り立てて  暮れから例年にない暖かさだと言われた  暮れのような餅搗きの音が聞こえて来る  暮れに女の子が生まれて  暮れに生まれた  暮れ切らない街道の空をながめた  暮れないうちに早く馬籠を立たせ  暮れなり懐かしきかもひな乙女等のかざりし  暮れにも参りこむと思ひ  暮れかかつてるのに  暮れのうちに出したらしい  暮れになったので  暮れも押し詰まった  暮れに近くなった  暮れ沈んで雪が青くなって見える  暮れがた近くぷいと誰にも知らさないで  暮れかかるのに驚き  暮れかかるまでは長者の邸へ戻る  暮れに町のある  暮れから新春へかけて  暮れ沈んでいた  暮れかけてゐるので  暮れかかつて来る  暮れかかる大きな黄昏を覗きたいと  暮れかかった寝室の側に見出した  暮れ暗くなつて帰る  暮れはててしまいました  暮れ行けば人めも草も枯れはてて  暮れまで絶えなかった  暮れに京都で開かれた  暮れも棚田夫婦は半年も滞在していたと言う  暮れかかるし僕らは大急ぎに急いで  暮れかかってぱっと明るい大空を仰いだ  暮れゆく待てば  暮れに男の子が生れたので  暮れに上京すると  暮れ早い街のともし  暮れかかり夕飯時になったけれど  暮れかかるけしき到る  暮れかかっていたにもかかわらず  暮れきらないうちにしょんぼり皈ってまいりました  暮れかかる春の夕空を静かに打ち仰いでいた  暮れかかる庭の雨を眺めながら  暮れに招かれた  暮れそめて降る  暮れにき  暮れにある  暮れなやんでいる  暮れのことを思い出した  暮れかかった頃になって  暮れかけていましたが  暮れかけてる  暮れに百八十円で買ったとか聞いている  暮れ切ってしまって  暮れかかると啼く  暮れかかる山の方を見た  暮れ懸っていた  暮れ近い街の姿は戦時といへども  暮れに迫った  暮れかかる冬空を眺め耽  暮れに別れしより  暮れの色はいよいよ深くなって  暮れかかっているらしかった  暮れかかる表から一人の男が影のように入って来た  暮れに近づいて  暮れかかって来て  暮れ悩んだ薄明るみが湛えていて  暮れ行く空を眺めて居りました  暮れはてぬ程にともと来し  暮れにや風に吹かれて  暮れなずむ不動堂の折鶴の色あせゆきて  暮れかかっているが  暮れの二十八日に貰った  暮れ易い秋の日に取り入れなくてはならない  暮れかかったように薄暗くけむっていた  暮れに産れた  暮れかけても来ていた  暮れかかりに縁先に立っていますと  暮れ果てるのを待って  暮れ兼ねて躊躇して居る  暮れかかる薄明の中にふと気がついて  暮れに来て  暮れになると  暮れを送って居た  暮れまでいらだてつづけていた  暮れかけてゐた  暮れぬる藻刈船撓へる  暮れかかった空を眺めていると  暮れないうちに帰って来た  暮れやらぬ外光が物の姿を浮き出させて  暮れかけた山の方をヂツと見てゐる  暮れかかる秋の日の黄ばんだ  暮れないうちに君達を招びに行かうと  暮れかかっており  暮れあひからは  暮れには月給が上がって  暮れになりました  暮れ居たりしが  暮れかけていたが  暮れから東京へ来ている  暮れかぬる  暮れ悩む官能の棕梠そのわかわかしい花穂の臭が暗みながら噎ぶ  暮れかかる東京のそらにはほんのりと瓦斯が点き  暮れのでき  暮れなば再び晝となるまでしかする  暮れ沈んでゆく  暮れも押し迫つて来てゐる  暮れかかる無事で暮らせよ  暮れの飯米もねいのに  暮れかかる松林の上の空に新月が磨ぎ出された  暮れかけた黄浦江のどんよりした  暮れかけた陽光を孕んで  暮れに勤続賞与として虱の首縊りする  暮れもおし詰まった  暮れの節季には金がいるから  暮れそめていて  暮れそめている  暮れ初めた海中に横たわる  暮れない内に牽いて  暮れない内に二回牽く  暮れない内に牽いてしまわねばならない  暮れかかってしまった  暮れかかる水の上にぼんやりと浮かんでいる  暮れかけた湖の上は蝸牛の這った  暮れかけた湖の上は蝸牛の這つた跡のやうにところどころ気味悪く光つてゐた  暮れの騒音のなかで書き続けた  暮れないうちに見ようという  暮れ迫るままに深まる  暮れ切らないうちに帰ってくると  暮れ切らない水の上にあきらかに見えた  暮れかかる頃に町へ戻って来て  暮れなやんだ明るみが窓の障子に映って  

~ 暮れ[名詞]1
日も暮れ  日は暮れ  日の暮れ  藷掘る暮れ  うちに明けたり暮れたり  日が暮れ  宮城方面の暮れ  雨に暮れ  仄かに暮れ  日が暮れや  涙に暮れ  一日が暮れ  日の暮れが  それも暮れ  年も暮れ  影法師が暮れ  墨いろに暮れに  今日も暮れに  森は暮れに  今年も暮れに  去年の暮れ  手をひいて暮れの  陽が暮れ  窓が暮れ  日の暮れに  すつかり暮れ  日の暮れまで  歳の暮れの  ことしの暮れは  去年の暮れに  日々の行き暮れを  草書したり暮れ  十六の暮れ  一九九一年も暮れに  私は暮れ  歳は暮れ  年が暮れ  日は暮れね  ドップリと暮れ  日の暮れまでに  日の暮れを  途方に暮れ  一昨年の暮れの  おぼろに暮れ  通り毎晩日が暮れ  日が暮れさえ  日の暮れには  日は暮れが  途方に暮れつつ  影が暮れ  溝染めに暮れ  二十七の暮れまでの  やうやく暮れか  前は暮れか  暮れむとして暮れ  日が暮れか  静かに暮れ  じきに暮れ  冬の暮れ  ゆるやかに暮れ  佗しく暮れて  思案に暮れたり  此を暮れに  旧年の暮れに  去年の暮れには  時は暮れ  私の暮れの  歳も暮れに  陽も暮れ  歳の暮れ  歳の暮れも  歳の暮れに  ほんとうに暮れ  昨年の暮れから  うちに暮れ  早や暮れ  蒼茫と暮れ  晩夏の暮れ  歳の暮れにも  其年の暮れの  日も暮れに  春雨や暮れ  動靜や暮れ  笠春雨や暮れ  年も暮れに  上旬も暮れ  悲歎に暮れ  冷ややかに暮れ  トップリと暮れ  頃には暮れ  いつか四辺は暮れ  秋の暮れ  樹の暮れ  今年の暮れの  間からは暮れ  蒼冥と暮れ  中に暮れ  唄も暮れ  方も暮れに  秋の暮れから  今年の暮れは  三十四年も暮れ  師走の暮れには  外湾との暮れ  葉は暮れ  あなたに暮れ  ままに暮れ  煙波浩渺として暮れ  土曜日は暮れつつ  日の暮れから  おととしの暮れに  中より暮れ  歳の暮れという  デッキに上がって暮れ  急に暮れ  片山家の暮れ  来年はとて暮れに  空に暮れも  ものやはに暮れもか  十月の暮れ  顫ひ暮れも  瀞みうつれる暮れ  空は暮れ  一昨日の暮れ  活動写真の暮れの  まっ黒に暮れ  彼これ日が暮れ  日の暮れまでも  よそごとを思ふ暮れ  毎晩日の暮れ  これは暮れの  茫然と暮れ  節句にゃ暮れの  平井山の暮れ  前方に暮れか  細雨に暮れ  鼠色に暮れ  秋も暮れか  日は暮れに  十七日は暮れ  望みをつないで暮れの  日の暮れとともに  物思ひに暮れ  去年の暮れか  旅の暮れなり  辺りが暮れ  去年の暮れの  上にあけ暮れ  日の暮れでも  為に暮れから  茫漠と暮れ  すりに暮れ  暫時思案に暮れ  十八日の暮れ  嫌らひなのですが暮れ  海に暮れ  暮れそうで暮れ  通りがかりに見る暮れの  昭和三年の暮れに  昨年の暮れも  ぼんやりと暮れ  谷は暮れ  万象と共に暮れ  三春富士紅色に暮れ  忠通は暮れ  春になって暮れに  さに暮れ  春も暮れに  武蔵野の暮れ  二人は暮れの  年が暮れに  あれから暮れの  秋の暮れに  鳶色に暮れ  岡辺も暮れ  日の暮れにや  報償を暮れ  上は暮れ  宵闇がせまって来る暮れ  殆んど暮れ  一九二八年の暮れ  惜むものゝ如く暮れ  空や暮れ  楓は暮れぞ  紫に暮れ  ふちに立つて暮れ  日も暮れか  つて日の暮れ  ことしの暮れには  海は暮れ  ん出されて行き暮れに  去年の暮れから  空に暮れ  十五歳の暮れの  江村は暮れか  二人歳の暮れも  日は暮れか  蒼溟として暮れ  朝も暮れも  五年目の暮れに  路が暮れ  あたりは暮れ  秋も暮れ  内に暮れ  それが暮れ  原稿も暮れの  真っ青に暮れ  彼は暮れ  おとどしの暮れの  

~ 暮れ[名詞]2
まさに暮れ  既に暮れ  次第に暮れ  やがて暮れ  明暮れ  ヒラヒラ暮れ  もう暮れ  いつの間にか暮れ  はや暮れ  まず暮れ  早く暮れ  まだ暮れ  すでに暮れ  未だ暮れ  あわただしく暮れ  とうとう暮れ  その暮れ  漸く暮れ  いまだ暮れ  存外暮れ  白く暮れ  遅く暮れ  薄ら寒く暮れ  とっぷり暮れ  じきに暮れ  おそく暮れ  やや暮れ  全く暮れ  ようやく暮れ  つと暮れ  どうせ暮れ  なかなか暮れ  あまた暮れ  まったく暮れ  ほとんど暮れ  すっかり暮れ  とっくに暮れ  しだいに暮れ  いくらか暮れ  しとしと暮れ  なく暮れ  どんどん暮れ  この暮れ  むしろ暮れ  こう暮れ  けっこう暮れ  だんだん暮れ  青黒く暮れ  やうやう暮れ  かれこれ暮れ  ふと暮れ  いい暮れ  もはや暮れ  薄暗く暮れ  

複合名詞
暮れがた  ひつそり暮れ  暮れ方  暮れら  ぷりと暮れ  暮れ頃  暮れ色  ひと日暮れ  暮れん  暮れよう  とつぷり暮れ  暮れがた相府  暮れむとするやひもすがら牡丹  暮れ夜  暮れ六刻  夕間暮れ  暮れ神  暮ればか  皆暮れ  暮れ體中  暮れ翌年  暮れ近く  毎年暮れ  暮れむとす  暮れ果てし後  トップリ暮れ  暮れ近く草  暮れむ  山みち暮れいそぐりんだう  暮れりや蜻蛉  暮れ方学校  梅暮れ  年暮れ  づ暮れ  暮れごろ  暮れ殘つた灰色  四十一年八月暮れ  大路暮れ  暮れ手掛り  暮れ六つごろ  もと明け暮れ  暮れ野  つた暮れ  山路暮れ  春暮れん  六月廿一日暮れ  暮れ暮れ  暮れたる  暮れ方二三  暮れ六つ  暮れ前橋  矢たけびのなかに明け暮れ  暮れ六ツ  暮れ六ツ頃  暮れ六ツ過ぎ  暮れ六ツ半  暮れ惑  いま暮れ  暮れこれ  暮れ近く町  暮れ六つ下がり  暮れ六つま  暮れあたり  暮れ合ひま  とつぷりと暮れ  暮れぬめり菫  暮れぬめり  暮れ方家  暮れゆかむとする詩天  暮れ時  今夜日ヤ暮れツ  いつか暮れ  暮れ空  暮れ顏  ほとり暮れ  霞暮れん  暮れ前  海暮れ浜  暮れがかり  暮れ猫  暮れ近く旦那つり  暮れやう  暮れ逼  暮れ嵐山夕べ  暮れそう  木綿縞暮れ  暮れ帰国  大正十四年暮れ  暮れ以来佐久地方  夕霽暮れ  暮れざま  暮れ方ヴィルダブレイ  暮れ中  白日暮れ  陽暮れ時  暮れマドリッド  暮れ容易  やまと撫子暮れ  くも暮れ  藍暮れ  半日暮れ  暮れ心  暮れ切つて  暮れ行く年  暮れ明石  夕間暮れ新月  暮れここイ  暮れざら  暮れむとす四日  春暮れむ  臀据ゑて暮れ  暮れぢかく  暮れ雪  まま暮れ  



前後の言葉をピックアップ
刳れ  繰れ  来れよ  久連  くれ  クレア  クレアトール  クレアランス・ボウマス  グレイ  クレイオン


動詞をランダムでピックアップ
わかん取上げる食い足りこらせわかろ喜ばやりなおさふりむけるとどまら興さ乾上がり騒げる済め思いきれつけかえゆるげ反らのぼり甘ったれる
形容詞をランダムでピックアップ
かわいらしき堅から名高い耐えがたたらし根づよく物淋しい縁遠く広かっ如才無く難しかろはばひろく凄まじくちう浅けれ目出度うよろしいかび臭い息苦しきかるく