「敬」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
敬はれて人形のやうに大事に育てられてゐた  敬し民を撫するの  敬まわれ慕われている  敬が泣かない  敬して遠ざけられない  敬して遠けらるるが如くなりしかばここに意を決し  敬の欠乏等によって真の道徳的真理を見る  敬の感情がある  敬の感情を説明し得ない  敬の意識がある  敬畏する  敬服せられていなければすまない  敬まっていた  敬していたに  敬さなければならない  敬していたと思える  敬して遠ざかる  敬しく渠を迎へる  敬してるという  敬畏の念を増した  敬の字を用いたるは  敬と倫理的調節とを欠如して  敬すべき尊むべき  敬を失したかも知れませんが  敬護し勸王家元中九年八月十三日窟寺に安着の時九十七名居る  敬畏を著者は特に皷吹したい  敬して遠けられたるか  敬して遠ざくる算段と早くもその機を見て取りし  敬拝する者を護つたからの事と思ふ  敬拝する者を護ったからの  敬はれてゐた  敬ひの心で美しい繻子の御靴を造りまする  敬して心には遠けしめたるなり  敬とに終始したが  敬して之を遠ざくと言ったではないか  敬して遠ざかつて  敬ふてゐたからである  敬畏の念も入っている  敬してくれる  敬ふことを忘れなかつた  敬ふのは石川の家柄を敬ふので  敬ひ下を撫で  敬畏崇拝の念を生ずる如きは  敬するに足らんや  敬して父と称す  敬して遠ざけられ  敬といふ念起こりたり  敬して遠ざくるとかやいへば  敬みて君の靈を祭る  敬しておった  敬して遠ざかり  敬まわなければならない  敬愛し合う男女の素朴な祈りと生命のみが知る  敬の隣に棲む  敬ふにつけて  敬ひ大方ならず  敬の念を失う  敬の念が要求するからな  敬がさっそくお手のものの拷問を始めたらしく  敬の様子を見てきなよ  敬とおれとのふたりに手配りさせようと  敬の組屋敷のほうへ飛んでいったじゃねえか  敬の親方とさや当てするた  敬なんぞに追い抜けられてなる  敬なんぞといっしょに歩いていたひにゃ  敬に口をきくくれ  敬はどうする  敬にしてやられたら  敬が何か細工した  敬の様子はどんなだったか探っちゃこねえかい  敬とむっつり右門のだんなとふたりして  敬の手下からかぎ出してきた  敬の行く  敬もいっしょに張り込んでいた  敬はなす  敬の意地のわるいこた  敬にゃこの判じ絵がかいもく見当がつかねえ  敬と張りあってる  敬すべき老教授ヴァイセがいた  敬の大将が来たら  敬される  敬んで御目見えすべしといふ  敬はれて在らつしやるに  敬ひ得ざる  敬された  敬して遠ざけろぐらいの  敬して遠ざからむと勤めしよりなり  敬するに及ばぬといい  敬し魚食を施す  敬しく神の使者に一礼した  敬して遠ざくるに在りし  敬もされぬから  敬はれるようになりました  敬と両方面から仰がれてゐる  敬を致した  敬んで信あり  敬なき者には父母を敬せよと説き  敬ふべき技が加へられた  敬して遠ざけて置いた  敬ふなり  敬愛せる福田友作と邂逅の機を与え  敬して遠ざけた  敬して遠ざけられたり  敬して遠ざける  敬まっている  敬して近づけられていない  敬ふべき郷土の言葉をもつて  敬愛せられてゐる  敬んで君の健康を祝する  敬まはれたりすればする  敬あらばもって  敬ふのが生徒の道ではあるけれど  敬ひをうくべき  敬はざるを憤り  敬ふをもて  敬を起さしむ  敬といふともこの上にはいでじ  敬のために侶のあとより行く  敬はざりしかばハマン大いに怒り諸州のユダヤ人を悉く殺さんと謀れり  敬をうくるに足ら  敬畏をあらはす  敬せずして  敬はれてゐる  敬ひ謹んで  敬ひ得て  

~ 敬[名詞]1
閉塞するを敬  天を敬  彼女達から敬  幸福説は敬の  相手への敬の  是れ敬  婦女を敬  誰しも敬  無条件で敬  人民たちに敬  東湖を敬  自然と敬  一面には敬  おかげだと敬  此人こそと敬  予期から生ずる敬  ここに敬の  之を敬  隱れ敬  對する敬  逍遙子に敬  やうに敬  あなたを敬  祖先を敬  いふは敬  界隈では敬  わたくしの敬  名に敬  愛と敬とに  宮廷を敬  剣道士と敬  幾分か敬  自分を慕って敬  家を敬  文吾母子を敬  家柄を敬  上を敬  人物に対して敬  ゆえ兄を敬  ところから敬  者を敬  上手と敬  時は敬  勤労を敬  人の敬  レニンを敬  先生と敬  人に敬は  宗教上の敬  人々の敬  敵を敬  駕籠屋やあば敬に  七十歳の敬  淨め上下を著し敬んで  光とも敬  嬢を敬  母を敬  夫から敬  男は敬  優陀摩子を敬  これを敬  世間からも敬  神を敬  則ち敬  孔子に敬を  事を敬んで  友達の敬  後日妾の敬  吉弥に敬  父を敬  自分を敬  私の敬  人たち皆に敬  筆を投ずるに臨んで敬んで  主人と思ひ敬  恭にして敬  ように敬  先生として敬  父の敬  己を敬は  これを敬は  みんなに敬  男女に敬  源太も敬  祭壇を敬  

~ 敬[名詞]2
この敬  我が敬  まことに敬  深く敬  あの敬  恐敬  忽ち敬  まず敬  旨く敬  篤敬  厚き敬  恐らくは敬  

複合名詞
敬治二兄同道来庵  敬治坊  敬坊  十一月廿七日敬坊  つて敬坊  敬坊幻  敬坊来庵  敬治君  敬治来  昨日敬治君  金壱円四十八銭本日敬坊  敬治さん  敬坊来  敬君  敬治君来庵  敬治君機嫌  敬坊不帰  敬治  敬君やう  やつぱり敬治君  敬君来庵  夕方敬君来庵  先づ敬君来庵  敬君来訪  十二時近く敬君来訪  沈惟敬  明使沈惟敬  沈惟敬復  大野清敬君  敬禮  敬つて  帰敬  敬蓮社  敬西房  敬造  安並敬太郎  敬二郎  敬ちゃん  敬つて白  原敬氏  原敬  高橋敬視  レ起二妄念一是敬  林信敬  敬稱  吉岡信敬将軍  信敬  吉岡信敬  大島敬司  平岡敬広島市長  子敬  敬文  敬拝  如く敬  東天皇敬  岡崎敬両君  別名伊井敬  胡敬  訳者富野敬照氏  前田純敬  富小路敬直  聖敬日躋  敬太郎  山田敬中さん抔  敬二少年  敬二たち  敬二  敬親  格誠格敬  敬宗  敬宗さん  敬宗と一しょ  佐藤敬君  前田純敬先生  敬度  忠トハ敬也  敬皇帝  敬拝祇  楊守敬  陳敬仲  王其疾敬徳  長沼守敬氏  敬治居  敬治居訪問  敬坊万歳  敬坊帰省  敬坊なか  敬君徃訪  敬坊来車  敬治居出立  松田敬二郎  ため敬二郎  敬二郎くん  敬二郎さん  敬二郎ら三人  敬二郎ら  敬さん  そりゃあ敬二郎さん  わたし敬さん  ぴしりっと敬二郎  敬四郎拝  敬田院  総理大臣原敬氏  敬治兄等  敬治兄  云つて敬稱  敬ツテ白ス  敬晨会  信敬院妙立日如大姉  一番敬崇  源敬公時代以來  無上敬親  敬音  尾張源敬公  お初穂百二十文敬  前田純敬氏  敬信者  安川敬一郎  男爵安川敬一郎氏  ば敬  多胡辰敬  辰敬  辰敬自身  敬四郎  敬四郎どの  敬四郎配下  敬四郎だんな  一歩敬四郎  敬四郎側  ことばどおり敬四郎  敬四郎め  敬四郎一期  敬公  敬四郎一人  敬四郎たち一党  敬だんな  手下たちぁ敬公  敬四郎様  敬大将  敬四郎たち  いくら敬公  ぴしりぴしりとあば敬一流  敬相手  敬流儀  敬主従  敬たる者  敬どの  敬四郎先生  玉島愛造敬四郎女房  清子敬四郎乾分  ふみ敬四郎  敬四郎ニヤッ  長沼守敬先生  敬読  敬首和上  敬相  敬シ  源敬公以来  源敬公  富小路敬  敬寿  敬伏  秘書官原敬  原田敬策  敬うた事  敬王  平八郎敬高  敬高  敬高大西氏  父敬高二十四歳  敬高二十五歳  敬高二十六歳  敬高二十七歳  敬高二十八歳  敬高二十九歳  五月十一日敬高三十歳  松平定敬  敬忠  敬念  李敬業  敬君来  先づ敬君  徐敬業  一志茂敬  沈惟敬もどき  虔敬  佐久間長敬翁  鷲尾順敬博士  岡田敬  敬順  敬しみいやまひ  敬業  とき敬業  所謂敬  王敬福  作者郭守敬  親しみ敬  敬歎  敬ちやん  敬ニシテ礼ニ中ラザルヲ野トイヒ  青山敬太郎君  青山敬太郎  敬公様以来  小山敬三筆  敬ふた  敬いまなほ我  くも敬君来庵  生者敬  八一敬  ざる敬  相敬  敬崇  敬告  統治むる敬我  敬文堂版  敬信  帰敬せり  佐藤敬画伯  一同敬聴  東寔敬題  すべて敬題  敬題  



前後の言葉をピックアップ
                  


動詞をランダムでピックアップ
うてよかたれるひきおとししきおぶされ曇ら飛び付か荒み飛び乗り暖める組みあっそむか思い知らそ炒れ放りだせとりあわ立かかる起し行き逢うひび割れる
形容詞をランダムでピックアップ
旧きしるき香しありがたくおしくっ押付けがましくおしけれいまいましかっどぎつなまぐさしなさけないちいさかっ心強かろねばりづよ易くっ寂しかっせまかっまだるっこ浅ましく勿体なき