「景」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
景合したのでうれしくまって居ると  景や童の石童丸は舟の様子を知って居るからと  景にかわりはなけれどもかわりし  景を歪ませながら  景を借りて  景は既にこれをしるした  景に当る  景に対して幾分の興を添えるだろうと思ったからである  景と称する  景の遠近がなく總べてが生の色で人の顏を打つ  景も情も異れども  景のミルトン風なるはをかしからず  景に圧倒されまいと  景またその次の景への推移と連絡の必然性によって呼び出される  景をうかがわせ  景は何事だろうと思って  景を見つけて  景とは一緒になって逐っかけたが  景は自分の室へ帰って  景はびっくりして訊いた  景はひどく喜んで  景はそこで冗談をいったが  景の許にいる  景の書斎へ友人がたくさん来た  景は訊いた  景はその後で女をいつまでも書斎におく  景はいった  景は細君の言葉には耳を傾けないで  景は壁を塗り  景の細君が実家へ帰った  景の友人達は原のように復縁させようと思って  景に交渉したが  景の家の地並びにいたが  景はそのことを聞いて  景もその中に交っていたが  景もそれについていった  景もまたそれについていったが  景はそれに追っつこうとしたが追っつけなかった  景が途を歩いていると  景は伴をしている  景はまた訊いた  景は半月位前とはおかしいと思った  景は女が約束に負いて  景が主婦の名を口にする  景にいった  景は俯向いた  景はそれを見て  景は落第して  景はそれがために軽薄だという名がひろまった  景を見つけ  景の着ている敗れた  景が寝ようとしていると  景は感謝して帰り  景とその女との間に一人の子供が生れたが  景が大き過ぎ  景の大きさと複雑さと設備のよさに感嘆し  景にこころ惹かれ  景に対するものをして  景と死と驚との五門は凶としてある  景があらわれた  景を描き出だす  景に対して熱誠をもとめ  景に接せざるも  景にむかふも  景の詩文のみに就きて  景と変り  景気づいていた  景気づいていたが  景気づいて言い出した  景がかざられてあった  景に応じ  景を描き  景を賞しながら  景に似てゐて  景とある  景がひらける  景気づいて来た  景気づいた町を出歩いたり  景気づいて来たにつれて  景が顕はれ  景は一向かわらずであった  景には過ぎざれども  景を歌ふ  景にしろ  景気づいて繁昌する  景を写し  景を叙した  景を詩人が見て  景を詩だと言う  景を作る  景は目も当てられず  景もい  景のよい東海道を下って  景を好む  景はそれをゆるした  景の方へ向って  景をかえりみて  景やら室内のさまを御覧あるに  景をみせているが  景清らしく秋の日に照されている  景気づいてきました  景を展望して  景だとかあるいはヴェスビアス火山だとかいった  景の時には月夜の有様を見せて  景は池之端七軒町から茅町に到る  景を叙するに  景を見  景気づいてもみるが  景を描きました  景を前にしては  景に見惚れていると  景気づいて皆高笑いした  景とは云ふべからず  景色づいてもいなかった  景において機関車のほえる  景に接していた  景より言へば山は杉林より隔りたる者の如く相見え  景を直寫し  景が人を襲ふが  景が飾ってあり  景を写した  景もあるかも知れんが  景を看ても  景には恵まれた  景をかたわらにした  景を観たりてふ  景によき調和を見せてい  景なき絵の魂凝しを  景は丁度尽きざる  景に見惚れて居た  景気づいて居た  景も首を垂れて  景を見やり  景は愧し  景は傍らより膝を進め  景太息吐き  景改めて御邊に謝罪せねばならぬ  景も共に立ち出でて  景を叙するに止めずして  景を叙する  景にはありませんから  景かがやける  景に祝言を託する  景を撮影せしむ  景とを併わせ備えた  景にむかいいたらまし  景に道路一杯に右往左往してゐる  景のために待ってゐた  景が情を象徴するばかりか  景の核心を象徴してゐる  景異情その一白魚はさびしやそのくろき瞳はなんといふ  景が出来るくらいだ  景に過ぎまいが  景を呈するが  景を敍せるなり  景に見とれた  景をみる  景といえば  景が見える  景ものぞかれ  景がぼくには面白く思われる  

~ 景[名詞]1
人の来る景  月夜の景は  谷川の景に  詩は流景を  水門の景は  墓場の景から  目前の景に対して  どこかの景と  何方を見ても景の  これとは景も  天門の景の  詩中の景では  次の景  次の景への  春園の景を  女は景を  陳と景とは  女は景の  夏侯は景の  下男達は景が  啓けて景に  試験に景は  四十になっても景は  客を窺いて景を  杜と景と  処刑せられる景が  朝の景を  暢美の景に対して  夜分の景と  家も景  持物を買ったりして景  浅山は景  夜桜の景が  豪壮の景を  半ばの景  やうな景  一名所神居古潭の景に  鳴海の景と  湖の景が  遽に景  年の市などに景  なかが景  種をまく景も  寒風に吹かれてゐる景も  東山の景が  野原の景は  墨堤より望みたる景  目前の景を  五月雨の景に  月夜の景に  俄かに景  画中の景は  一幅の景  板玻璃を打つ景を  風光明媚の景を  白葦黄茅の景を  ロシアの景  平原の景の  人も景も  雨後の景を  悲壮な景  あたりの景やら  湖畔の景を  このごろは景  ナポリの景  ベニスの景の  石橋を渡って行く景  此の景は  此の景を  急に景  眼前の景を  客は景  のが景  それだから景  最後の景において  上三句の景より  歌の景を  天然の景と  あたりが景  華嚴の景を  荒寞の景が  八橋の景が  向島百花園晩秋の景の  中外桜田の景を  水の景には  あたりの景に  やうに景  店中俄に景  海の景  招ぎて来青閣内外の景を  毎日薄暮水上の景を  情と景とを  情が景の  様な景  物情騷然の景を  殘雪斷橋といつた景  以上四月十日早朝の景を  瓢箪をさげて見る景では  幽邃な景  いくら雪の景も  清浄な景に  ここの景を  松島の景と  これ等の景が  野菜畑の景も  縮写されている景が  

~ 景[名詞]2
しばしば景  その景  この景  大きい景  明るい景  惨景  あの景  ますます景  多少景  大して景  同じ景  広い景  珍しい景  単に景  

複合名詞
景累ヶ淵  景清  實景也對惠施花欲得詩  一景  史景  景象  奇景  景状  外景  隆景旗下粟屋四郎兵衛景雄  井上五郎兵衛景貞  景氣  状景  秋景如何草亭上  秋景  景致雄壯也  海景  口取殿下右府生下毛野敦景  富士百景  陶弘景  景行天皇  景行紀  譚富英趙景棠  趙景棠  大西景枝真金  景情  活景  墨水二十四景  景君記  ぱら奇景  景名月  概景  景炎元年  兄景炎帝  景炎帝  景炎二年  景致也  盛景寺  武将河野盛景  創建者盛景  音景氣  むかし景行天皇  景帝  宗族景帝  十二代景行天皇  呉景  呉景どの  ょ景  連句三十六景  百景  通景  暮景  一分景  景星  景慶雲  景慕  景興  珍景  上月景光主  客観的景象  西湖十景  所謂西湖十景  霊景  日本山岳景  山岳景  日本アルプス山岳景  景岡浴場  景岡  景岡秀三郎  彼景岡秀三郎  景岡一人  備前盛景  パリー街景  附景氣  自然景  今尾景年先生  景年先生  天景  實景實情  源景寺渕  源景寺河童  景行記  神護景雲三年  景觀  一族孫三郎景健  景紀  景健  長政朝倉孫三郎景健  大将孫三郎景健  景健後見  孫三郎景健  大秦景教流行中國碑  雑景  都会雑景  宗像加兵衛景定  吉太夫景  親清兵衛景延  景情そ  李景雲さん  李景雲  景雲  此奇景  景行ハ行ク止  盛景  文景  日本紀神護景雲元年三月  江戸百景  景氣知らず  實景  中景  景英さん  景年さん  兄晴景  雁月三更越山併得能州景  山県昌景  被告竹内景助  竹内景助  瞰下景ビルデイング  書二李世南所レ畫秋景一野水參差落漲痕  瞰下景  七兵衛景清  二景  四景  五景  六景  伊藤一刀斎景久  岳陽景  景行  晋景  景行天皇紀  七情万景  景曲  裏手景  一部景  侯景  軍需景氣  景淨  景教  景教碑  伊藤弥五郎景久  李景讓  一状景  配景  鄭景岫  景叙景  景教碑出土  景教碑文  僧景淨  景教碑保護  景教碑買收  景教碑事件  景教考  景教經典序聽迷詩所經  景影  夏景  浮世雑景  郷土望景詩  萬景  景陽岡  景ぶつ  風物外景  景帝中元五年  景帝中元六年西暦前一四三  景帝後  景清公御廟所  景清廟  景今日  景冬  加藤景雲君  加藤景雲氏  自然景象  郊外野景  昼景  象景  景象的  奇趣妙景  眞景  六幕十二景  五幕十一景  酒景  七変目景清  加治景村  加治景村さん  今尾景年  景年  盲景清  野景  山景崖  雨中小景雨  海景帆  宮井章景  窓海景  日本何景  景即事即物即心  夏景山水  座景  麗景  中原清景  景一九二七  函館港春夜光景一九二四  街景  上方近代雑景  夫婦百景  羞シムベキ景勢ナリ  景繁  補景  富岳三十六景  師景  景徳鎭  大夫尉景廉さま以下  景季さま  荻野次郎景員  大夫判官景廉  淑景舎  娘景清  羅馬古城趾真景  麗景殿  七景  景行天皇四十年  景事  梶原平十郎景  父官藏景次  景次  つて景  軍艦頭取矢田堀景藏  梶原景辰  さうに景氣  乙景  東京百景  処秋景惨憺  横川景三殿  景三  始め景清唐糸等  景尋常  神護景雲  景彼  日本百景当選  富嶽三十六景  名所江戸百景  富嶽三十六景図  富嶽三十六景中  富士三十六景中快晴  景彦  橋本景岳  景行帝  景初二年六月倭女王遣二大夫難升米等一詣レ郡求下  景初三年  景初二年六月  景初二年八月  家臣長尾景晴  景晴  梶原景季  画景  郷土望景詩五篇  景蔵さん  浅見景蔵  景蔵  矢田堀景蔵  友人景蔵  景蔵なぞ  東豊山十五景  十五景  貧景全備  貧景ここ  僧景戒  時分景氣  十景椅子  富嶽百景  伊沢左近将監家景  梶原源太景季  写景  富士三十六景  深山景象  景行天皇朝  景行天皇朝武内宿禰復命  郭景純  景保  景行帝熊襲親征  景清戦い  景清見参疲れ  景清ここ  景清涙池  景行天皇ツバキ  俣野景久  景行天皇記  景行紀四年  陳景  興津右兵衛景通  景通  弥五右衛門景一  景一  景一光  翌朝景一  九月二日景一  年景一  弥五右衛門景吉  父弥五右衛門景一死去  興津弥五右衛門景吉  右兵衛景通  父景一  景吉  後作太夫景行  景行二聖陵修繕  景岳  橋本景岳風  尊崇景慕  高橋景保  渋川景佑等  海景さくらんぼ  湖景  春彦源左金吾頼家下田五郎景安金窪兵衛尉行親修禅寺  春彦源左金吾頼家下田五郎景安金窪兵衞尉行親修禪寺  右衛門尉成景  成景  景初二年  景行紀ニ  景行天皇及日本武尊  望景  望景詩集  景あかね  景致  景北寿  景いよ  景甚佳  景况  景事全盛時代  景等千余人緒川  雨中山景  俯瞰景  十二景  朝倉景澄等  朝倉景澄  一景カット  三・四景あたり以後  結局四景  十景全部  一二景立ち  道行き景事  山景風光とも  加藤景孝茶人系譜  十一景  十景十場  四幕十一景  景真  貧民窟街景  景龍  景盧  景徳廟  景城  ロンドン百景  ク溺レテ景  樹景  盤景  蟾蜍雨景  雨景  野景弓なり  石母田景頼  影景  景氣不景氣  鳥瞰景  景公  景公始め群卿  幻景  景良雖二六位一  景行天皇東幸  庭景  景雲橋  二十六景星照り  景氣さ  あと七景  物景  景調  神護景雲元年八月乙酉  序景  頃神護景雲三年  奈良朝神護景雲三年  景行天皇繼體天皇系譜  周景  巻七景行天皇十二年  叛臣跡部景家  時景家  自然景情  将山県昌景  山県三郎兵衛昌景等  昌景  先鋒山県三郎兵衛昌景  景畑  近代景  山村良景  一子景季  飛騨景経  梶原景茂たち  景茂  景茂たち  景茂みたい  景家  残景  作つた江戸百景  



前後の言葉をピックアップ
                  


動詞をランダムでピックアップ
馨らひたそ躍りでさされしゃぶりつこなごめひける値せ録ししめそ繁っ取り広げる申そ武張っすてれ譬える聞分けよ引っ立てよ出張っ捌け
形容詞をランダムでピックアップ
いらだたし何気無いやかましくはなはだしかっ忌いましく生白くうらやましかっ怖から懐しい手軽く目覚ましくにぶいいたたまれない愛らしき小さかれ古めかしく安からかったるい