「擧げ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 擧げ[動詞]
がたにて擧げ  悲鳴を擧げ  聲を擧げ  同人を擧げ  例として擧げ  一例を擧げ  一事を擧げ  六ヶ條を擧げ  例を擧げ  終夜唸り通し悲鳴を擧げ  顏を擧げ  式を擧げ  例證だけを擧げ  手を擧げ  頭を擧げ  話などを擧げ  用例が擧げ  上へ持ち擧げ  つて足を擧げ  足を擧げ  全力を擧げ  其全部を擧げ  一杯に擧げ  つて事を擧げ  一家を擧げ  布袋屋萬三郎を擧げ  助を擧げ  つて顏も擧げ  下手人を擧げ  活火山を擧げ  勝名乘を擧げ  前に擧げ  成績を擧げ  行體を擧げ  杯をも擧げ  ことなどを擧げ  國を擧げ  説を擧げ  上に擧げ  血祭に擧げ  叫び聲を擧げ  三要件を擧げ  孝經一卷を擧げ  原子爆彈を擧げ  其一例を擧げ  事を擧げ  點を擧げ  ロックによつて擧げ  ことが擧げ  心を擧げ  生を擧げ  ポツシビリテイとを擧げ  自己を擧げ  氣焔を擧げ  叫びを擧げ  全身を擧げ  靈を擧げ  缺點を擧げ  技巧として擧げ  體を擧げ  名前を擧げ  專門的見地から全力を擧げ  甚少く、擧げ  因て擧げ  其證據を擧げ  類例を擧げ  産物を擧げ  事を少し擧げ  併べ擧げ  ことを擧げ  差別を擧げ  理想を擧げ  一面を擧げ  説明を擧げ  聲を、擧げ  邊に擧げ  證據を擧げ  例に擧げ  ツイ此頃落成式を擧げ  こぶしを打ち擧げ  數字を擧げ  其要目を擧げ  孔子を擧げ  僞を擧げ  劇賊朱粲を擧げ  牽掣を擧げ  例證を擧げ  三箇條を擧げ  哀を擧げ  兵を擧げ  例のみを擧げ  から此に擧げ  仕方を擧げ  本をも擧げ  本を擧げ  篇目が擧げ  得失を擧げ  項目を擧げ  書籍を擧げ  卷數だけを擧げ  特別に擧げ  失を擧げ  ことも多く擧げたが、その擧げ  やうに擧げ  效果を擧げ  散文を擧げ  今一例を擧げ  言行を擧げ  眼を擧げ  宰相に擧げ  ツと擧げ  諫書に擧げ  三書として擧げ  能力を擧げ  證據としてだけ擧げ  結婚式を擧げ  世を擧げ  祝盃を擧げ  威武を擧げ  里數を擧げ  つて聲を擧げ  染つたのを擧げ  一族を擧げ  瀧口首を擧げ  兩手を高く擧げ  宗壽と並べて擧げ  一子東清を擧げ  注を擧げ  事へた事實を擧げ  其美點を擧げ  歌を擧げ  治績を擧げ  杢を擧げ  政道を擧げ  容易に呼び擧げ  今度金婚式を擧げ  土煙を擧げ  前文に擧げ  證を擧げ  ものを擧げ  箇條を段々擧げ  病を擧げ  田野に擧げ  之を擧げ  私産を擧げ  收穫は擧げ  クレミユは擧げ  數を擧げ  其一二を擧げ  女たちを擧げ  實證を擧げ  歡聲を擧げ  喚聲を擧げ  作者を擧げ  精神を擧げ  凱歌を擧げ  兩袖を擧げ  手をお擧げ  理由として擧げ  つて別杯を擧げ  招魂祭典を擧げ  ものとして擧げ  先にも擧げ  煩瑣を避けて擧げ  今名前を擧げ  農兵を擧げ  爲に、擧げ  諸葛孔明とかを擧げ  一二を擧げ  實例を擧げ  勢を擧げ  利益を擧げ  五つばかりを擧げ  只二三首を擧げ  世界を擧げ  功績として擧げ  始めに擧げ  一節宛切て擧げ  片岡鐡兵を擧げ  叫喚を擧げ  指を擧げ  踵を擧げ  之によりて擧げ  目を擧げ  天に擧げ  罪を擧げ  罪状を擧げ  而して其の已に擧げ  政務を擧げ  創立委員中舊自由黨より擧げ  末松男を擧げ  一身を擧げ  効果を擧げ  凖備をも擧げ  罪惡は擧げ  實效を擧げ  人を擧げ  後これを擧げ  物に注ぎて、高く擧げ  全幅を擧げ  條に擧げ  國民を擧げ  我を擧げ  項を擧げ  目に擧げ  名を擧げ  一の疑ひを擧げ  凱旋式を擧げ  これを擧げ  一に擧げ  非を擧げ  諸説を擧げ  こと特にフランスを擧げ  美風を擧げ  特にカルフッチを擧げ  特に巣を擧げ  實を擧げ  天下を擧げ  犯罪容疑者を擧げ  委員に擧げ  其頭の擧げ  ざずの叫びを擧げ  日數を擧げ  中に擧げ  戸數及官名を擧げ  日數のみを擧げ  女子を擧げ  腕を擧げ  三つが擧げ  先づ契沖阿闍梨を擧げ  聲をお擧げ  ものについて擧げ  標本的に擧げ  人畜を擧げ  つくだ煮を擧げ  いふ事實だけを擧げ  例證に擧げ  乘りを擧げ  家庭を擧げ  男性は擧げ  記録を擧げ  武藝家の擧げ  ここに擧げ  双手を擧げ  違つた名前を擧げ  證の擧げ  場合を擧げ  泉先生を擧げ  



前後の言葉をピックアップ
揚げん  揚げ  阿下  あげ  上げ  上げ  上げよ  擧げん  上げん  挙げ


動詞をランダムでピックアップ
おくりだす練る行き逢ういいつくし謝れる疵付ける読みとる努め怪しめなきじゃくったちかかっ込み入りねがわ剥さたちのか賑やかそ怯える起きあが着飾り使い果たす
形容詞をランダムでピックアップ
いそがしくっ刺々しく心づよう醜けれ切なし低けれいやらしきやすまっくろい数少なほどようすずしい怪きなるけれかぼそう疚しはかな妖し畏れ多く無から