「ぬい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ぬい[動詞]
下駄がぬい  靴をぬい  衣をぬい  靴下をぬい  大根をぬい  小松一本、ぬい  地下足袋をぬい  大根いつぽんぬい  鳥打帽をぬい  帽子をぬい  わらじをぬい  マスクをぬい  それを引きぬい  昼飯はぬい  一頭地をぬい  ハンマーで打ちぬい  これならと選りぬい  中からそつと引きぬい  便器をぬい  うろこをぬい  ゆばんをぬい  それは出しぬい  気持には、おぬい  ことはすぐ見ぬい  簪をぬい  彼は考えぬい  短刀をぬい  本性を見ぬい  指環をぬい  もんぺをぬい  雲間をぬい  中をぬい  戦帽をぬい  はやくも見ぬい  落語を繰れるか、考えて考えて考えぬい  下駄をぬい  はじめから兜をぬい  自信と研きぬい  頭巾をぬい  中でも、ことに遠放しもきくし馴れぬい  口をとじていると、一方も果てしなく黙りぬい  十手を引きぬい  力を撓めぬい  群をぬい  外套をぬい  大刀をぬい  笛を、すっとぬい  衣裳をぬい  きれいなお飾りとぬい  かぎ穴からぬい  剣をぬい  ざあざあ洗って洗いぬい  性格をようく見ぬい  木の根もとでぬい  欲望を見ぬい  本質を見ぬい  上衣をぬい  ようにぬい  兜をぬい  兜もぬい  幾日も吹きぬい  名をぬい  一角をぬい  かわいそうとも思わずに、苦しめぬい  衣服をぬい  油断しぬい  片肌をぬい  翻弄されぬい  画策をやりぬい  板を焼きぬい  咽笛を突きぬい  独りごとを洩らすまでに、案じぬい  笠をぬい  密かに弱りぬい  お前さんの、待ちぬい  桜が、チラチラと、散りぬい  爪を研ぎぬい  着物をぬい  一ぺん長靴をぬい  兩眼を刳りぬい  苦しみ、苦しみぬい  物をぬい  長靴をぬい  群巒をぬい  袈裟をぬい  妻を苦しめぬい  立派に踊りぬい  見事さを褒めぬい  串をぬい  丈えと染めぬい  客などをしょっぴいて迷いぬい  ヘルメットをぬい  しまで出しぬい  のを、ぬい  コートをぬい  金をのばしたり打ちぬい  アヤをすっかり見ぬい  着ものがぬい  一しよにぬい  ずきんをぬい  上着をぬい  それもぬい  肌着もぬい  肌着までぬい  肌着をぬい  草履をぬい  駕籠を追いぬい  顔を、ぬい  手をぬい  せつなくて、やりきれなくて、駆け出したくなり、じれてじれてじれぬい  ものをぬいでぬい  ひと足さきに出しぬい  さっきからちゃんと見ぬい  あなたに惚れぬい  栓をぬい  座敷を打ちぬい  袴をぬい  ひと肌をぬい  顎十郎は、見ぬい  三津五郎だと見ぬい  気をぬい  平打ちを引きぬい  ブラウズをぬい  米は、さげすみぬい  心も痩せぬい  腹が空きぬい  心配しぬい  のを待ちぬい  光り物が突きぬい  ソフトをぬい  口をぬい  まり長く踊りぬい  手のつけられぬい  それを出しぬい  終つて小束をぬい  書棚から引きぬい  俺らこと捜しぬい  これやと考えぬい  円を、撃ちぬい  息をぬい  靴足袋をぬい  苦労しぬい  猿股までぬい  仮面をぬい  ちゃんと見ぬい  木戸近く引き入れさんざんじらしぬい  知らないけれど、出しぬい  つて圭一郎を苦しめぬい  陰毛をぬい  タマをぬい  貧乏徳利をぬい  刀をぬい  おかみさんへぼうしをぬい  スルリとぬい  気の遠くなるほど泣いて泣いて泣きぬい  被衣がぬい  尖端に踊りぬい  一女性が踊りぬい  成長しぬい  このごろ足をぬい  シャンパンをぬい  自分でぬい  手柄をたてようとして、たいへん焦りぬい  勢いで追いぬい  心ありげに、いななきぬい  文字をぬい  姿が見えないので、案じぬい  昼を啼きぬい  底を見ぬい  頭からぬい  片すみにそろへてぬい  本からひっぱりぬい  衿をぬい  黄なるきれはぬい  霊に満ちた、苦しみぬい  鼻毛をぬい  一つ掘りぬい  力を入れて引きぬい  骨をぬい  日頃人物を観ぬい  平太郎も困りぬい  事情を見ぬい  水面をぬい  ちゃんとはらわたまでぬい  官道を急ぎぬい  旱に困りぬい  背から胸まで射ぬい  水にも困りぬい  素破ぬい  籍をぬい  惜気もなくぬい  羽織をぬい  鳥かぬいてもぬい  階級的基準をぬい  だれが見たってぬい  クビをぬい  太刀をぬい  面をぬい  三階分もぶちぬい  服装をぬい  耐圧服をぬい  これをぬい  耐圧缶をぬい  四角形にぬい  肚を読みぬい  胸中を観ぬい  成は困りぬい  手練手管も見ぬい  心を見ぬい  ゴートだけをぬい  草鞋をぬい  彼らは苦しみぬい  つて着物をぬい  そこにぬい  はじをぬい  きものをぬい  軍帽をぬい  筋をぬい  足駄をぬい  馬は疲れぬい  肩を揺すぶりぬい  知性とに、迷いぬい  母公はただもうほくほく慶びぬい  ゲタをぬい  中を見ぬい  報を聞いて誇りぬい  声して泣きぬい  どこにあるかを見ぬい  迷路をたどりぬい  心を読みぬい  沓をぬい  眼をぬい  山の上に、ぬい  ビールをぬい  ことを見ぬい  ストッキングもぬい  カツラをぬい  記代子は見ぬい  上衣グッとぬい  器用にぬい  ネマキをぬい  欠点を鋭く見ぬい  汚れに困りぬい  春光館と白く染めぬい  その間に苦しみぬい  以上、てこずりぬい  力をぬい  履物をぬい  そく綿入をぬい  浴衣をぬい  ようだが、ぬい  天下を見ぬい  のを見ぬい  家康は見ぬい  空気服をぬい  本心を見ぬい  下心を見ぬい  五十ばかりもひつこぬい  一目で見ぬい  昼となく思い悩みぬい  すべてを見限ろうとする、苦しみぬい  無常を見ぬい  義姉さんに手伝って貰ってぬい  屋号をぬい  ものを片づけたり、ぬい  肌をぬい  注意しぬい  咽喉を射ぬい  足袋をぬい  井戸を掘りぬい  セーターをぬい  袖口にかざりぬい  銀のぬい  鎧をぬい  手をさしいれて引きぬい  一つ一つ、ぬい  シャッポをぬい  アロハをぬい  姿を睨みぬい  相手をぬい  題字がぬい  ズボンのぬい  脇差を引こぬい  ものドギモをぬい  緒にぬい  それを見ぬい  一張羅をぬい  袖口は切れて切れて切れぬい  スラックスをぬい  度胆をぬい  ちゃんと太平洋戦を見ぬい  正体を見ぬい  鉄兜をぬい  民子がいけなくなると、もう泣いて泣いて泣きぬい  外でぬい  忌服をぬい  童子自身が困りぬい  植込みをぬい  前途を見ぬい  八寒嘯をぬい  櫛をぬい  肌をはなれて、泣きぬい  草をぬい  ことまで見ぬい  沓下もぬい  核心をぬい  弾薬庫を焼きぬい  はじめからちゃんと見ぬい  考へぬい  藁帽をぬい  パンツをぬい  ズボンをぬい  ところを引きぬい  ぼうしをぬい  屋根からまきを引きぬい  シャツまでぬい  抽斗をぬい  フロックをぬい  ころもをぬい  毛を引きぬい  手袋をぬい  ゴム手袋をぬい  人達のぬい  同行を追いぬい  首をぬい  毎日焦りぬい  たか細身をぬい  素っ破ぬい  一枚までぬい  つて帽子をぬい  囚はれぬい  衣紋をぐっとぬい  苦しみぬき、もまれぬい  昼飯をぬい  服をぬい  軍服をぬい  三倍だと滾しぬい  ズロースをぬい  それらと闘いぬい  衣紋をぬい  スキーをぬい  仕方で追いぬい  四人を追いぬい  ふんしにしぬい  酒も凝りぬい  ことをすぐ見ぬい  花をぬい  ガウンをぬい  しんをぬい  上だけぬい  葵を白くぬい  菰樽のかがみをぬい  底をぬい  肌を押しぬい  笑つて笑つて笑ひぬい  法衣をぬい  諸肌をぬい  諸肌押しぬい  地平をぬい  宥りぬい  藤夜叉もかくしぬい  金釧をぬい  小帯から佩刀をぬい  中を歩いていると、追いぬい  ところまで考えぬい  蕪をぬい  発揮して踊りぬい  悩みに悶えぬい  胸板を突きぬい  上着はぬい  停滞させず過しぬい  発揮しようとつとめてゆく実際を、ぬい  金的を射ちぬい  念仏踊りを仲よく踊りぬい  胸中図は、よく読みぬい  高座へぬい  なかを怨んで怨んで怨みぬい  これは考えぬい  玉太郎のぬい  弾丸から火薬をぬい  時から番ごと繰り返されぬい  指輪をぬい  風貌にまで寄せて待ちぬい  杣道も心得ぬい  ぶとをぬい  一日は、踊って踊りぬい  食堂で踊りぬい  ひとり腹を立って追いぬい  シャンパンをいさましくぬい  自責しぬい  笑いが止まらないほど笑いぬい  這奴は何もかも、とうに見ぬい  眼はとうに見ぬい  雨露に汚れぬい  みな宥りぬい  行方を案じたり探しぬい  私はぬい  刃をぬい  麦藁帽子をぬい  年暮いらい、考えぬい  寵に甘えぬい  襟から引きぬい  風土的にぬい  者どもを出しぬい  縦横無尽に踊って踊りぬい  黄に染めぬい  松明を振らせてしきりに騒ぎぬい  出動を待ちぬい  高氏も見ぬい  立上つて外套をぬい  のを悩みぬい  餓鬼どもをしぼりぬい  一本をぬい  真空管がぬい  真空管やら、何やらがぬい  チョッキをぬい  博士は手ばやくぬい  政治性が弱りぬい  羅衣をくくしつけて、しきりに振りぬい  靴もぬい  彼はよく見ぬい  ここまで戦いぬい  音色を嫌いぬい  一株、根こそぎ引きぬい  雪駄をぬい  纒をぬい  穂をぬい  自身番にぬい  皮裘をぬい  卒堵婆を引きぬい  卒堵婆をぬい  匕首をぬい  食わせものを背負い込んだと、しきりに滾しぬい  つむじを描きぬい  名を染めぬい  船にぬい  匕首を引きぬい  六畳をぶちぬい  肌でもぬい  僧服をぬい  山桜も、散りぬい  間も、ぶちぬい  殻をぬい  腰刀をぬい  脇指をぬい  脚絆をぬい  覆面をぬい  瓦斯をぬい  上をぬい  去来しぬい  待機しぬい  必死に守りぬい  判官を出しぬい  こと、よう心得ぬい  将は、こうおなぐさめしぬい  ゆうべ一夜じゅう考えぬい  規則正しく、刳りぬい  袖をぬい  旗をぬい  ものをぬい  板壁をぬい  女学生靴もぬい  発展を見ぬい  考えに考えぬい  耐えにこらえぬい  坊主天窓をぬい  面がぬい  宗祖親鸞も戦って戦いぬい  皆帽子をぬい  画壇政治をぬい  人だと見ぬい  形式をぬい  さっきから考えぬい  眼を抉りぬい  胸に秘めてただ苦しみぬい  最後まで戦いぬい  世俗をぬい  傾向を見ぬい  彼はすっかり疲れぬい  一部を打ちぬい  約束をして置きながら、ひとり出しぬい  鵙の啼きぬい  籍をまだぬい  二冊引きぬい  万年筆をぬい  帰還以来、悩みぬい  罵倒しぬい  無遠慮に喚いてぬい  行列を追ひぬい  木をかけて、絞りぬい  野村のぬい  みんな寝巻をぬい  限界を踏みぬい  下駄のぬい  扇をぬい  彦七は、何時の間にかぬい  京都に着くまでには追いぬい  ことをやりぬい  ものは早くぬい  御鉢入れをぬい  紙くずなんかぬい  真剣をぬい  緩慢さに困りぬい  番組から引きぬい  賛美しぬい  がっかりしぬい  スイセンをぬい  散々、迷いぬい  靴下とをぬい  弟に知られまいといっそう隠しぬい  鞘をぬい  並並ならぬい  リョーリャもとうとうぬい  執拗に隠しぬい  間をぬい  桜を染めぬい  影が拭きぬい  ベレーをぬい  外出着をぬい  退屈しぬい  ますますがっかりしぬい  非常に困りぬい  あちらこちらから引きぬい  ソックスをぬい  云へぬい  一つ文字を射ぬい  頭を打ちぬい  重吉はぬい  ことをぬい  血をぬい  魂をぬい  ハイヒールをぬい  魂もぬい  カミシモだけぬい  フンドシまでぬい  ことを考えぬい  一つ一つピンセットでぬい  なにはあらぬい  琴をたまはりぬい  作用はぬい  我慢をしぬい  つばさをぬい  たっぷりおどりぬい  沓下をぬい  皮をぬい  頭角をぬい  秘密でもすぐに見ぬい  ちやんと見ぬい  どこにぬい  抽出しをぬい  玉藻をぬい  事実を見ぬい  作三郎も、弱りぬい  ひと晩かかって、やっと考えぬい  りかぶとをぬい  仕事着もぬい  土地から足をぬい  足をぬい  ことで悩みぬい  シンをぬい  午後中考へぬい  時間をぬい  ハンティングをぬい  唐辛子、ぬい  どてらをぬい  根大根が、ぬい  すがぬい  夏羽織をぬい  看護服をぬい  上に立って迷いぬい  麦わら帽子をぬい  思案しぬい  僕は一旦ぬい  小さな革紙入にぬい  からスキーをぬい  洋傘を抱いて、ぬい  表面を踏みぬい  極月のその曇りぬい  間強情を張りぬい  意地を立てぬい  蔭からぬい  襯衣をぬい  今まで苦しみぬい  犇がれ、悩まされぬい  そのままあっち向きにぬい  壁をぶちぬい  胸を撃ちぬい  シツケ糸をぬい  我知らずぬい  点で苦しみぬい  由子はすでに見ぬい  やうと焦せりぬい  腰をぬい  バットをぬい  天井をぬい  落ちして、困りぬい  二つ、ぶちぬい  歯をぬい  疲れをぬい  たしかにわしらを追いぬい  さをおさえぬい  彼等を愛しぬい  自分が甘えぬき同時にまた避けぬい  船内をぶちぬい  分子を引きぬい  説明をぬい  やごやしぬい  情勢をよく見ぬい  八日から釘をぬい  上だって、撃ちぬい  彼は、考えて考えぬい  鰌すくいを踊りぬい  毛布を蹴ぬい  踊りに踊りぬい  上着をするするとぬい  いかりをぬい  一頭角をぬい  プロレタリア的観点からそしゃくしぬい  地をぬい  沓がぬい  農夫が困りぬい  午食を使って間もなく、踏みぬい  脊中に白く染めぬい  真名古を出しぬい  市女笠をぬい  胸から引きぬい  右でこうぬい  捨吉がぬい  俺達を出しぬい  それから靴下をぬい  塗つてそれから靴下をぬい  接触をぬい  両手に捧げて、ぬい  それから袴をぬい  娘はもう待ちぬい  冑をぬい  嫌ひぬい  脳波受信機で引きぬい  札をぬい  証人だけを選りぬい  洗つて洗ひぬい  何時もの假面をぬい  シヤツをぬい  何時もの仮面をぬい  シャツをぬい  袴がぬい  足を高くぬい  草を引きぬい  みごとに射ぬい  矢をぬい  穿りぬい  脇差を引きぬい  木刀をぬい  襟首から喉を射ぬい  実をぬい  柵からナイフをぬい  のは、ぬい  パナマをぬい  一つアクをぬい  おかあさんにぬい  例のぬい  目からひとみをぬい  内にぬい  親たちも困りぬい  一重羽織をぬい  中折帽をぬい  承知しぬい  洋服をぬい  方をぬい  決意をもち、考えぬき考えぬい  私流に考えぬい  事実苦しみぬい  栓もぬい  紋章を染めぬい  夏服をぬい  苦労をしぬい  のに困りぬい  靴を引きぬい  二心を見ぬい  晴れ着をぬい  蓑をぬい  編笠をぬい  腰からぬい  鳥たちがぬい  襟を染めぬい  計画はあらかた見ぬい  花茎をぬい  心臓を突きぬい  法服をぬい  竹切れはぬい  竹切れは、ぬい  鐘が鳴りぬい  ように啼きぬい  方々探しぬい  一年来悩みぬい  板挟みになって苦しみ、悶えぬい  何か刺さった、ぬい  ことだから、出しぬい  半分ばかり引きぬい  いつでも研きぬい  二人を追ひぬい  から、ぬい  せんをぬい  生活をやりぬい  あとを捜しに捜しぬい  正月以降考えぬい  丁ほども追いぬい  一丁以上も追いぬい  気持を見ぬい  乱暴にも聞えるが、考えて考えぬい  これほど深く見ぬい  春月亭と染めぬい  ものに、祈って、祈って、祈りぬい  俊三をぬい  十人ほどもぬい  声が、澄みぬい  三日三晩考えぬい  午食をぬい  まんじゅう笠をぬい  美を見ぬい  盆を、ぬい  ために苦しみぬい  さっきから見ぬい  赤いくつをぬい  不幸と戦いぬい  鼻をぬい  中に、ぬい  肩を辷って、ぬい  藩へ引きぬい  危険性を見ぬい  中味をぬい  下草をぬい  ポケットから手をぬい  マントをぬい  袍をぬい  オーバーはやっとぬい  靴下もぬい  かんぬきをぬい  みんな、ぬい  釘をぬい  開塾以来考えぬい  杉杜がぬい  これまでに随分ぬい  夜中をさまよいぬい  鶴見が苦しみぬい  たまたま気をぬい  身を以て苦しみぬい  魂胆を見ぬい  連嶺をぬい  完全に化けぬい  二筋道に迷いぬい  辛抱しぬい  中から爪先をぬい  裏まで見ぬい  あたりを刺しぬい  舌をぬい  三名から肝をぬい  生き肝をぬい  女装をぬい  雑草をぬい  そ引つこぬい  秘密を見ぬい  舞台が抜けるほど踊りぬい  そこを見ぬい  筆をぬい  利息はぬい  あたりを突きぬい  妻を責めて責めて責めぬい  みんな正体を見ぬい  波にもまれぬい  心臓を射ぬい  心臓を刺しぬい  こいつ一つ脂をすっかりしぼりぬい  屋号が染めぬい  顔を射ぬい  世相を見ぬい  女中は見ぬい  鬘をぬい  麦をぬい  紋様打ち彫りぬい  小柄をぬい  白刃をぬい  花を染めぬい  竹を染めぬい  花が染めぬい  御用と染めぬい  頭が、ぬい  脚を、ぬい  席はすっかりぬい  妹にとっちゃほれてほれぬい  二三春がとち狂ったにしても、ほれてほれてほれぬい  油をぬい  惱まされぬい  ゆっくり帽子をぬい  てんぐぶろと染めぬい  大奥御用呉服所と染めぬい  すず文と染めぬい  人柄を見ぬい  尻尾を引きぬい  山刀をぬい  地面からはえぬい  様に沢山出して、ぬい  防寒靴をぬい  手首をぬい  紐までは、ぬい  メグはぬい  歯をすっかりぬい  あたしのぬい  思いを見ぬい  のに悩みぬい  弾をぬい  長所を見ぬい  半生を苦しめぬい  霊、まつろはぬい  靈、まつろはぬい  心が見ぬい  事なんかすっかり忘れぬい  歯をくいしばって働きぬい  真剣に惚れぬい  肛門をぬい  肩をぬい  気持をぬい  本能的に見ぬい  音楽性を見ぬい  祖母がぬい  かい草までぬい  ザルをぬい  遊びに耽れば是非思はぬい  其で揉みぬい  一本神経をぬい  歯の神経をぬい  ようにいいぬい  宙へ向いて、がくがく揺られぬい  二人が、いわず語らず、待ちぬい  ように、よろこびぬい  しょんぼり着物をぬい  行動性をぬい  苫を突きぬい  全部ダランとぬい  着物をすっかりぬい  扇子を引きぬい  ものを刳りぬい  名刺をぬい  きり踊りぬいて踊りぬい  踊つて踊つて踊りぬい  すつかり引きぬい  なにもぬい  節をぬい  頭から帽子をぬい  ものを、罵りぬい  凡慮しぬい  写生しぬい  ように、あやしくいぶかしく踊りぬい  カブトをぬい  靴音はそのまま追いぬい  饑えぬい  時からこぼしぬい  美事にぬい  差添えをぬい  句を染めぬい  纎をぬい  これまで歩きぬい  帆布手袋をぬい  截りぬい  帰還を待ちぬい  股引をぬい  編上げ靴をぬい  それをぬい  利用価値を見ぬい  信長を見ぬい  有利であると見ぬい  利得を見ぬい  エプロンをぬい  それぐらゐのことはチャンと見ぬい  册などにあらぬい  太陽を見上げ、次ぎに、ぬい  急にぬい  かぶりものをぬい  テッド隊長は、考えぬい  

名詞

ぬい[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ぬいは手さぐりで夢中に母にすがりつこうとしていたらしかった  ぬいは袖口を指先にまるめて  ぬいをまったく見忘れている  ぬいは今見た  ぬいではありませんと  ぬいに加勢して  ぬいはもしやと思って  ぬいは家に留守をして  ぬいは知り抜いていた  ぬいが不断感じている  ぬいはいつでも動悸がとまるほどに  ぬいが母を見ている  ぬいでないものにだんだん変っていくので  ぬいは死物狂いに苦しんだ  ぬいの心をいやが上にも脅かした  ぬいは思わず肘を立てた  ぬいの頬を驚かした  ぬいの口からはまた長い嘆息が漏れた  ぬいはいろいろなことを思い耽った  ぬいが十四の時に亡くなった  ぬいには思いだされる  ぬいの十二の時に脊髄結核にかかって  ぬいは昨日のことのように思いだす  ぬいにとっては汲みつくせない  ぬいが加減でも悪くすると  ぬいの床を敷かせて  ぬいが父を思いだす  ぬいももとより驚いたが  ぬいとを静かに見やりながらいった  ぬいも自分の肩に思ったより  ぬいの肩でかすかに震えはじめた  ぬいも父の言葉どおり誰にもいわないでいる  ぬいは老境に来た  ぬいはとうとうそっと起き上った  ぬいはそれを幾度も幾度も自分の頬に押しあてた  ぬいはその感触に甘やかされて  ぬいは決心した  ぬいはようこそ母を起さなかったと思った  ぬいはユニオンの第四読本からすぐ眼を放して  ぬいは母が何か胸に持ちながら  ぬいがそうだと答えると  ぬいは変なことを尋ねられるとおもった  ぬいのそばに来て坐った  ぬいの羽織の衣紋がぬけかけている  ぬいは平気で思った  ぬいは遊廓という言葉を母の口から聞くと  ぬいは読本に眼をやりながら  ぬいは非常に恥かしい  ぬいは心の中に不思議な警戒を感じた  ぬいはしんみりと読本に向いて  ぬいは別に慌てる  ぬいとの襷がかけてある  ぬいは渡瀬さんのいう  ぬいはそのすえた  ぬいはよく考えてみる  ぬいには心持としてそれがどうしてもできなかった  ぬいはその解決を求める  ぬいは大変な悪いことをしたとおもった  ぬいの顔を見た  ぬいは何もかも忘れて  ぬいにはよけい興味のある  ぬいは幾度となく美しい悲しさを覚えて  ぬいは始めの方から意訳していった  ぬいはかねてから  ぬいの心は幾度となく悲しさと悩ましさとのために戦いた  ぬいは露ほどもそれを渡瀬さんに気取られたくは  ぬいは心の中で嘆息する  ぬいはその間にようやく感情を抑えつけて  ぬいはまた烈しい感情で心を揺り動かされて  ぬいの額ぎわをじっと見つめていた  ぬいは不思議にもそれを知ると  ぬいはその時はからず  ぬいは眼がさめた  ぬいの訳読を見ていてくれた  ぬいは眼に涙をためていた  ぬいは怖れる  ぬいを見やりながら  ぬいには始めてだった  ぬいもまじろがずに  ぬいはここぞと思って  ぬいも反射的に立ち上って  ぬいはあまりに押しつけがましいと思った  ぬいはもうこの上我慢がしていられなかった  ぬいは眼をふさいでいたけれども  ぬいが一たび受けた  ぬいも好意をもって  ぬいはほっと溜息が出た  ぬいは障子を半ば締めた  ぬいは立ち上ると  ぬいは大急ぎで書物をしまい  ぬいは一度のばした  ぬいの声にもしだいに熱情が加わってくる  ぬいもあなたのお志はうれしく存じますでしょう  ヌイと出た  ぬいと立って  ぬいと起つと  ぬいと引っこ抜いて  ぬいと腕まくりで突出した  ぬいのある  ぬいと出た  ヌイと面を出した  ぬいと出  ぬいと半身で出た  ぬいと前へ突出いて  ぬいと顕れた  ぬいであるところを見ると  ヌイと差し出された  ぬいと縁側から上り込むと  ヌイと覗込んで  ぬいとあり  

~ ぬい[名詞]1
下駄のぬい  茶碗をヌイと  

~ ぬい[名詞]2
とおぬい  きちんとぬい  

複合名詞
ぬいさん  三隅ぬい様  一八九九年十月四日夜星野生三隅ぬい様  ぬい自身  ぬいさん一人  菅ぬい  ぬいとり  ヌイボク  ぬいぢやつ  ふちぬい  カメルヌイ劇団  カメルヌイ一座  



前後の言葉をピックアップ
ぬい  縫い  縫いぐるみ  抜い  縫い  縫上げ  縫上げ  縫い上げ  縫揚げ  縫上げる


動詞をランダムでピックアップ
親しも舞戻っ問いあわせるちらつい揺らぎ踏めねめ有り得よ撲ん向かい合いじぶくろとびちがえ推し進めみまもそこなっ縮みあがるうまりしゃべり突けるとりのぞか
形容詞をランダムでピックアップ
ねちっこい果敢なきめまぐるしくっ貴き温かけりゃあつかましきなまぬる焦げくさいてあらく忙しくとおかれ口惜しい慌しゅう野太いにくしあわきこころよなつかしけれ聡き