「摩」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
摩擦られながら  摩の如く寄り添ふ  摩しもせぬ  摩のひびきだ  摩そうと目標にされる  摩切れた縁なしの薄縁を敷いて  摩している  摩の如くよりそひて  摩してゐるといふ  摩して生えている  摩の原の停車場の朝の虫こそすずろなりけれ  摩して火を取りたる  摩替えられようとした  摩呵なる輝きに充ちて  摩からむかふですと  摩して雄を争うも  摩でそうな杉の樹立の間を通抜けて  摩してそびえていた  摩の猟師毎日山に入り  摩の猟師に又行逢ひ  摩して聳ゆる  摩さうかとも言はれる  摩して過ぎ去る  摩して毅然と建っている  摩して聳える  摩が原で別れた  摩替へられる  

~ 摩[名詞]1
仏阿摩の  塁を摩  部屋一面に摩  天を摩  競つて天を摩  空を摩  木を摩  宝刀を摩  やうな摩  空を摩で  天空を摩  美を摩  壘を摩  肩とを摩  女と摩  つてマツチを摩  

~ 摩[名詞]2
ずらりと摩  しばしば摩  

複合名詞
蘇摩  蘇摩酒  羅摩  紫摩黄金  紫摩金  相摩  摩訶不可思議  摩天積雪幾千秋  摩違い  摩詰  摩那斯竜王  摩天閣  提摩太後書二章十一  摩足  胡摩塩  胡摩塩状斑点  行摩  摩訶鉢特摩  摩掲梵  摩魯婆  摩訶陀  夜摩  摩つて  摩脱  摩迦陀国  雪達摩  きい達摩  大将沙摩柯  沙摩柯  摩ずるよう  英雄児摩訶不可思議  胡摩  接摩さん  つた摩伽陀国  達摩  肩摩轂撃  胡僧摩羅  摩ガラス  手摩  胡摩竹の台  三摩地  摩尼拉海呂宋山  摩尼拉湾  風摩  摩つて戸  佶摩  束摩  摩尼院  摩天樓街  摩訶般若波羅密  尊菩薩摩薩  摩訶般  摩訶ふしぎ  世良田摩喜太郎  ただ一人世良田摩喜太郎  世良田摩喜太郎一人  世良田摩喜太郎さ  摩醯首羅  胡摩入り豆腐  左摩大八  かん布摩さ  摩西  頬摩  舷舷相摩すきしみ  王摩詰  摩訶  摩詞般若波羅蜜多  摩申  脚摩乳  手摩乳云々  刷摩スレバ尖鋭ナル處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ  刷摩スレバ尖鋭ナル處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ル  安見宅摩  安見宅摩殿  摩尼珠  摩崖  摩そう  伊勢國員辨郡野摩  紫摩金鳥  摩訶止観  一個所鬚摩  摩天ビル  摩竭陀国  脚摩乳手摩乳夫妻  摩頭羅  摩納  摩納母  后摩尼珠  摩納父  子長摩納  うち長摩納  羅摩兄弟  羅摩王物語  一后達摩  達摩后  継母達摩后姙娠中  宰牛大臣一日達摩后  摩訶羅  摩訶羅寺  摩訶羅不注意  摩竭  鳩摩羅迦葉尊者  摩訶迦羅天  栴遮摩那耆  はくづれた安摩  摩和利  摩和利劇  肩摩轂撃的  摩訶伽葉  摩登伽女  摩陀羅神  摩違  馥柯羅摩訶秩多  摩さん  奧多摩  胡摩塩斑  摩里  摩期羅  摩斯羅  摩迦陀国王舎城  摩伊刀比  摩須  摩午後三時着  摩尼  



前後の言葉をピックアップ
ポーンポン  ポー川        まあ  マア  間合  間合い  マアイツタイドコカラ


動詞をランダムでピックアップ
ちぬる乗ずる降らせろ聞え採る生き残っ見て取ろいちゃつく罹るいらだた踏み躙っおかそ勝ち抜か逆上せ撚っ捜しあてる引っ掴ん言ひ現しぶったくり
形容詞をランダムでピックアップ
凄かっ薄かれ強く心安けれ疑わしく酷う人恋しかっ好かろものういいとしく虚しき汚うそうぞうしくひらべったく初々しきあたらしく根づよ悩ましかっみづら際どき