「重し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 重し[形容詞]
身心重し  とくに重し  罰重し  懶し重し  持重し  情状重し  最も重し  なほ重し  自ら重し  夕暮重し  心重し  ぐんにゃりとされるような重し  から重し  足音重し  わく重し  なかなか重し  はなはだ重し  

~ 重し[形容詞]
身は重し  夜は重し  頭は重し  生命よりも重し  心は重し  愁は重し  非常に重し  

重し[形容詞]
重して而  重しとはい  重しとする所  重して敢  重して時節  重しがのし  重し人形  

名詞

重し[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
重しと見ない  重しを感じ  重しを被せて置いて  重しがのき切らない  重しになってしまいました  重しと言うべし  重しとし  重しに使つてゐたが  重しに載せて  重しに置いて  重しとなす  重しとすべからざるはいうまでも  重しとする  重しを女にかける  重しとして鄭重に行ひます  重しと知るや  重しから取られた  重しにかけられた  重しというものはかなりにこたえる  重しに堪えられる  重しにかけられている  重しにかけました  重しをかけられて  重しをかけられた  重しをかけて  重しをはね返す  重しの石へ片足を載せました  重しをのせた  重しにつけて  重しとなすのはなはだしきに至る  重しでも付けて  重しを加えている  重しの意味で勅任の学生課長を必要とする  重しが加わってくる  重しをしてしまいました  重しをしてしまうと  重しがのしかかっていて  重しで窒息させられていて  重しになるであろう  重しをして  重しをつけ  重しをかけ  重しが掛かる  重しの本をのせて置く  重しと夢さめて  重しとせざるべからず  重しのかかった  重しを置いた  重しを受けてはいたが  重しがさうさせる  重しを入れ  重したるものにして  重しに置いて出て行く  重しを付けて置かなければ  重しにもならない  重しと争って  重しにかって置いた  重しがつかないと  

~ 重し[名詞]1
恋を重しと  時代の重しを  保護するに重しを  儒教の重しが  いずれを重しと  大にして重しと  懐中時計を重しに  小石を重しに  蝙蝠傘を重しに  軍律を重しと  向上を重しと  家族制度の重しの  農を重しと  ような重しを  病い重しと  何かの重しから  二人は重しに  生命より重しと  上へ重しに  石の重しを  道庵に重しを  十四五貫の重しを  上へ載せた重しの  自分が重しに  様に重しを  何かの重しでも  足に重しを  社稷を重しと  赤色教授への重しの  上から重しを  釜に重しを  上から重しが  宗教の重しで  押えとして重しを  處へ重しが  以て重しと  上へ重しの  石胸に重しと  三百年の重しの  沢庵の重しを  封建の重しは  ものの重しを  伝統の重しの  蓋を重しに  義を重しと  何の重しにも  過去の重しと  本を重しに  

~ 重し[名詞]2
甚だ重し  最も重し  この重し  その重し  時に重し  多分重し  軽い重し  漸重し  程よい重し  

複合名詞
重し石  重し勝ち  重し呉天  却つて重し  気鬱重し  社会的重し  ぐんにゃりとされるような重し  重し人形凧  重し共  重し力  灑ぐも重し春  



前後の言葉をピックアップ
重けれ  重げ  面河  面差  面差し  重石  おもし  重し  おもし  おもしろ


動詞をランダムでピックアップ
もやう散らそくらべるあやさせめりゃ摂る打切る押しきる立会っ抜けおかずらかろ手渡せすぎゆき折れ合ったくわえのたうち回る切り返すがんばれひかり
形容詞をランダムでピックアップ
いやらしきわずらわしきおそろしかっはやけれちかう後暗く由無粘い勘定高くっ愚かしき渋くっ久しから煙たい勿体なく汚うしょぼく明るい腹だたしかっ淋しい穢らし