「手」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
手を解き去りぬ,  手を振つた,  手を挙げて,  手を上げて,  手をもがいて,  手を休めて,  手を除くと,  手を引込てしまった,  手を入れて出来上った,  手をかけ,  手を切る,  手をあてて,  手をその下へあてがって,  手を使って,  手をそろそろ籠の中へ入れた,  手を引き込ました,  手を籠の中へ入れた,  手を敲いたが,  手を額の前に翳しながら,  手を入れて,  手を開けると,  手を開けた,  手を鳴らした,  手をつかえる,  手をひいて,  手をまわしてかかえ上げると,  手を差し出して来れば,  手を叩いて,  手を組んでいる,  手をつないで,  手を引いて来て,  手を打てはやしたてました,  手をかけた,  手を挙げる,  手を突込んでゐたが,  手を出して見せた,  手をふく,  手を切って捨てたいくらいに,  手をあべこべに塵の中に突っこんで,  手を突っこんで,  手が熱いというのは火の中に手をつけているという,  手を出して,  手をつけてない,  手をつけた,  手を手巾で拭いて,  手を使う,  手をゆるめない,  手をひとりでに噺の中に引き入れてしまふ,  手をとり,  手をあげなさいと,  手をゆるめた,  手を引かれて,  手をつなぎ,  手を取り,  手をかして起さうとする,  手を伸ばして,  手をとつて教へてくれた,  手を取れば,  手をひきて,  手をとって押しいただく,  手をかけて,  手をやると,  手を引いた,  手をのばす,  手をぎゅっと握った,  手をかけながら,  手を握った,  手をひっこめた,  手をつかまえて,  手を下して,  手をとりあって閉めきった,  手に手をわけてさがさせて見たけれ,  手をとめて,  手を動かす,  手を叩く,  手を振って笑ってゐる,  手をつけて,  手を離して,  手をいかに下すとも救い,  手を見ながら,  手を置いて,  手を直ぐ帶のところへやつて金鎖を弄りつ,  手に手を取り,  手を長火鉢に翳した,  手をひいて負うて抱いて,  手を握つたりなどして,  手を突き首を下げて,  手を掛けて,  手を出し,  手をじっと握りましたが,  手を握る,  手を握られ,  手を握り返している,  手を取って,  手を支えて,  手を突いて謝るから行ってやれ,  手を引いて,  手をついて,  手を引いて来ます,  手を差伸ばし,  手を引張る,  手を引き,  手を突いて,  手をついて謝ったではないか,  手をもって,  手を合せ,  手を掛けてはいる,  手を放しませんから,  手を下げて頼まれては,  手を出した,  手を取り合い,  手を取って引き寄せますから,  手を切って落すと,  手をたたく,  手を振った,  手をつけるわ,  手を振っていた,  手をつないでみた,  手を振って,  手を高くかかげ,  手に手をかさね,  手を焼かれた,  手をやって,  手を挙げたら,  手を挙げない,  手をのばせば,  手を呉れる,  手を舐め,  手を掛合って行く,  手を背後へ廻しましてな,  手を下せた,  手を出さなかった,  手を出さぬ,  手を出すと,  手を止めて,  手を待たんで,  手を経て持込むが,  手を洗って,  手を出せば,  手を伸ばす,  手を窃と離して,  手を切って,  手を入れた,  手をかけて探しているのに,  手を引きて歩きて,  手を執て,  手をつっこんだ,  手をチビ公の頭でふいた,  手をくぐりぬけ,  手をやめた,  手をしっかりとにぎって,  手をきびしくにぎりしめて,  手を放した,  手をあげて見たまえ,  手をうってわらった,  手をあてた,  手を尽くしても,  手をかけずとも,  手をもって行なう,  手をガラス窓にかけたかと思うと,  手をつかんだ,  手をにぎりしめながらいった,  手を放して,  手をとって,  手をくだそうとする,  手を取ってたすけ起こそうとする,  手をぐっとにぎって,  手をあげた,  手と手を組んだ,  手をはなれた,  手をふれあった,  手をしっかりとにぎった,  手を曳いて去った,  手をやってみると,  手をしっかりとつかんではなさない,  手をにぎりしめた,  手を触れて下さいました,  手を放す,  手を着けよう,  手をちょっと触れたのみで,  手をやって仰向かせて,  手をはなして,  手を入れられる,  手をかざしてゐないとおち,  手を離れて,  手を上げなさんナヨ,  手を乘せて,  手を振つて駈ける,  手を取つて,  手を掛け,  手と清子の手を同時に取りあげて,  手をとつて立ちあがると,  手を引ツ張れ,  手を乗せてしゃがんでいる,  手を振ってかける,  手を添え,  手を附けない,  手を分かち,  手をふって,  手を執って,  手を引きあって,  手をもとめる,  手をひきだしてくれる,  手をたたいて消えん,  手をのべては,  手をさしまねいて,  手をさしのべて,  手をわたしへのばさうとして,  手をつけてゐない,  手をやめて,  手を折られて,  手をかけて起そうとした,  手を握ってください,  手を執った,  手を伸ばすと,  手をあげて,  手を動かして,  手をお触れ下さい,  手をとった,  手を借らずに,  手をやって泣いたが,  手を取りあって,  手を伸して,  手をあはせ,  手をつなぎたい,  手を食わせられる,  手を食はせられる,  手を差し伸べる,  手をもて,  手を与えた,  手を振り,  手を延ばして,  手を経て,  手を用いた,  手を触れ得る,  手をやった,  手を叩いた,  手を尽した,  手を引く,  手を盛んに動かし,  手を押しと,  手をださず,  手を膝に落して,  手を見れば,  手をソット肩から外して,  手をさしだした,  手をしとやかに突いて,  手を突きかけた,  手を用意して居るに,  手を握り合って,  手を焼いて,  手をやつて縮れ毛の頭からピンを抜きとつて逆手にもつ,  手を掴んで,  手を離すまいと動く,  手をのばして,  手を附けて,  手を廻さなかった,  手を付けている,  手をはねのけて,  手をたたいた,  手を強くふった,  手をにぎって,  手をつないで歩きまわった,  手をのばしてください,  手をさがしあてた,  手をうんとひろげる,  手をついた,  手をジッと見まもっていた,  手をハッととめて,  手をぐっとにぎりしめた,  手をとりあっているので,  手をふった,  手をかわるがわる強くふってよろこんだ,  手をかりて,  手をひいた,  手をさしのべた,  手をふりはなした,  手をにぎれる,  手を揺っていった,  手をつき出しました,  手を火の中につッこんで焼きました,  手をやいた,  手をランプで焼く,  手をやいたにちがひありません,  手をとりました,  手を引き合って,  手をやつたなりに顔をあげた,  手をやらうとしたが,  手をやったなりに,  手をやろうとしたが,  手を引いて行き過ぎようとした,  手をはなしました,  手を拍つて悦びました,  手をかけたが,  手をつけちゃいけない,  手を顔の前に出して,  手を出さなければ,  手を離れた,  手の中に村瀬の手を握りしめてゐた,  手を洗ひに立つた,  手を堅くお握りなさいました,  手を合わせました,  手を握り,  手を見ました,  手を香水の中にひたして泣いてゐた,  手を握ると,  手を預け,  手を着けていなかった,  手をとどめて,  手を止めた,  手を握ろうなど考えだしていた,  手をかけてから,  手をその柱にかけ,  手を曳いて,  手を貸して,  手を洗っていた,  手を出す,  手を握つてみたりする,  手をだして,  手をふり,  手を洗ひ,  手をハンカチごと両手で強く握り締め,  手で私の手を握つた,  手を握られたりしても,  手をつけず,  手を突きだす,  手をのばせば分る,  手をニュウとだす,  手を突きのばして,  手を握られてみたい,  手をつけずにおいて,  手をかけて掴み起して,  手を握って,  手を合わさんばかりに,  手を入れると,  手をぐっとさしこんだ,  手を傾けた,  手を口のところへ持っていくと,  手を鼻の下へやると,  手をうたねばならない,  手をひいて歩いてくれる,  手を引張られて,  手を打っておかないと,  手を貸して下さい,  手を顔にやってみた,  手を見た,  手をとると,  手をはげしく引っぱった,  手を貸してやろうか,  手をあげ,  手をとって引立てた,  手をつけなかった,  手をつけていない,  手をつけないでおいた,  手をつけてはならない,  手を引っ張っているらしかった,  手を休めてた,  手をつけてないか,  手を当てて,  手を繋いで,  手を持ちそえて刺しこむ,  手を出さない,  手をかけて繋がり,  手をおさえながら,  手を組み,  手をしているね,  手を切ってくれと,  手を一つ上にあげても判る,  手をついて見ていると,  手を組んで,  手をおろしてい,  手をお掛けになりました,  手をカフスまでずぶ濡れにしていた,  手を握っていてやった,  手を押し戻した,  手を携へて出かけて来た,  手を前に出して,  手をぬけて,  手をやかせやがって,  手を接吻しに来た,  手を与えて,  手を上げ下げした,  手を重くあてがわれた,  手をついていた,  手を置く,  手を振りきって,  手を上げたり下げたりしたかと思うと,  手を引いて行ってしまうし,  手を延ばしてすがり寄った,  手を取り合っていた,  手をもう一度自分の肩に感じてみたい,  手をさし延べて,  手を延ばした,  手を引きこめた,  手をかえて,  手をやって結びなおしながら,  手を火鉢にかざさねばならなかった,  手を火鉢に暖ためながら,  手をふりながら,  手をかけてゆすぶった,  手をはたき合せながら,  手をねじり上げる,  手が堅く渡瀬の手を握ったかと思うと,  手をかざした,  手をさしこんで,  手を延ばすまでの,  手をつけるについては,  手を延ばせば掴め,  手をつけ,  手を挙げて打とうとした,  手をあててみると,  手を差出した,  手を払いのけた,  手をかすかに震わしていたが,  手を握りしめながら,  手を拭き拭き出て行く,  手をかけてゐる,  手を火の上にかざした,  手を火にあたためながら,  手を噛りつける,  手を離せません,  手を執つた,  手に手を取って逃げ出す,  手を重ねて,  手を投げ出して,  手を胸の上に上げて,  手をい,  手を考へた,  手を出したが,  手を休めて居た,  手をして居ました,  手を大きくひろげて,  手をあげました,  手を延して,  手を伸ばし,  手をあげてゐる,  手をなめてゐる,  手をのべ,  手せんまんの手その手をおびえし,  手を取り合って落ちて行こうよ,  手を裏にし,  手を捧げ奉る,  手を見,  手をかけるまでにはゆかなかった,  手をつきました,  手をついたなり,  手を着けた,  手を束ねて,  手をかざしながら,  手をゆるめたら逃げる,  手をあげないの,  手をつなぎゆく,  手を握り合い,  手を貸し,  手を組んで進んでいったら,  手をつけろ,  手を出すな,  手を出したら,  手をつないで出て行った,  手をのばした,  手をやって触ってみては,  手をつないで行きなさい,  手を引かれている,  手をとって語り合った,  手をとりあって,  手をとりて,  手を突つ込んでみると,  手を合せながら,  手をつけて居ないで,  手を離す,  手を合した,  手を触って,  手を取った,  手を抑へて,  手を合はして,  手をぐっと握りしめました,  手をかけました,  手をあげてとめました,  手をあてました,  手をまわして抱きつきました,  手をあてていましたが,  手をかたくにぎり,  手をふれば,  手をしっかりと握って,  手をすっかり隠してしまう,  手をつかう,  手をしばられているから,  手をほどいたりすれば,  手をゆるめる,  手をこまぬいてみている,  手をこまぬいて見ているなんて,  手をちょっと扉にふれますと,  手をふれただけで,  手をはなさなければなりませんでした,  手を下した,  手をもっていってみると,  手をふれてみましたが,  手をさしだせば,  手をかける,  手をうち,  手と手をしっかり握りあわせた,  手をうしろへまわして,  手をやいている,  手をとりあう,  手をかしてくれるだろう,  手をふっています,  手をしっかり握り,  手を触れたくなり,  手を上げた,  手を差し込んで,  手を廻して,  手を延ばすと,  手を延ばしたが,  手を尽くしていた,  手を延ばして支えた,  手を入れたが,  手を尽くして,  手を通した,  手をかけて引つ,  手をつかんで,  手をひつこめた,  手をつける,  手を振りながら,  手をあげてくれ,  手をあげて下さい,  手をつツこんで,  手を口にもつて,  手をくみ合はせてゐる,  手をフト置いて,  手を振つてゐる,  手を加えたりせずに,  手を振ってみた,  手をのばせば届き,  手をつないで滑った,  手を叩き,  手をその上に重ね,  手を飛び出した,  手を振って見送ってくれました,  手を振っている,  手を離すと,  手をついて言う,  手を洗いに行きました,  手を差し出して,  手を差し入れると,  手をしや,  手を押えると,  手を握つて,  手を出していました,  手を握,  手をやつてゐる,  手を下ろすと,  手をたたいて,  手を握り合っていました,  手を引っこめましたが,  手を離さない,  手を着ける,  手を堅く握りました,  手を両方の袂へ入れて,  手を放せば,  手を右のポッケットに入れて,  手を打った,  手を打ちましたの,  手をさすってくれた,  手を借りてゐる,  手を焼いてゐる,  手を付けた,  手を触れるべからず,  手を傷けたりする,  手をつけないで,  手を振つて,  手をばたばたと振って見せて,  手を頭の上で組みうとうとうとうとした,  手をかけて寄りかかって待っていた,  手を入れて引ききって投げ捨てて,  手を合せた,  手を洗った,  手を動かし,  手を前後に動かし,  手を中心として錘りを振り廻らすなり,  手をつけようとした,  手をかけたかと思うと,  手をじっと握り返してやった,  手を躊躇させた,  手をつかへてでなくては,  手を差延べまして,  手を持つてゐ,  手をたたき,  手を合わせている,  手を合わせ,  手を置いた,  手を動かしているばかりである,  手を引合って,  手を放すと,  手を置きながら,  手を切ってしまう,  手を握りしめた,  手を執りながら,  手をかけていた,  手を置いて云った,  手を合していた,  手をあててみた,  手を拍って躍り,  手を合わせて祈りました,  手を触れると,  手を握って泣いていました,  手を握りました,  手を赤くして,  手を合わせて拝んで送っておけば,  手をとられまして,  手を附けたらば,  手を退けて言った,  手を折られたでし,  手を揃え,  手をつかえて,  手を挙げた,  手を拍いて,  手をはなし,  手をはなしませんでした,  手をついて申しました,  手をあげて答えました,  手を切ると,  手を握ってたら,  手を投げ出していた,  手をつけぬ,  手をながめた,  手を合わせた,  手を持つてゐる,  手を取って助けるのに,  手を掛けて試みなかった,  手をさえ,  手をかざし,  手を握ったら,  手を頸のところへやってみると,  手をかえ,  手を振っておいで,  手をひき合い,  手を握りながら,  手をあげていた,  手を挙げて答えた,  手を握り返して,  手をかけて俯いた,  手を出してやった,  手を動かしている,  手をとおす,  手を触れたら,  手をひろげて,  手をやっていた,  手を動かしてゐる,  手をとほす,  手を觸れたら,  手をやつてゐた,  手を打って喜んだ,  手を離れるまでに,  手を置いてみる,  手を出しながら,  手を当てたり,  手をつけて見て下さい,  手を上げると,  手を束ねて見ている,  手を引張り,  手を一層うしろへ引っぱる,  手の上に自分の手をおいて,  手をつと放して,  手を高く挙げて広げたる,  手をはたと落す,  手を振りほどいて,  手を執りて,  手を肩に組み合せて,  手を胸の前に合せたる,  手を抜け出でよと,  手を高く差し上げつつ,  手を休めたる,  手をパチパチたたきました,  手を当てて考えて,  手を廻していましたが,  手を鳴らすと,  手を貸せ,  手を翳して見ていると,  手を入れさせた,  手を貸そう,  手を遮ってしまった,  手をやめ,  手を絡ませて,  手を打つ,  手を離して下さいませ,  手をふりもぎ,  手をひくどころか,  手をのせて,  手をふり離した,  手をくった,  手を貸してくれれば,  手を当てた,  手を借りて,  手を廻してしまえ,  手を束ねてはいられない,  手を伸ばしながら,  手を離して進ぜるが,  手を早く離して下さいませ,  手を貸せい,  手を垂らした,  手をやってみたが,  手を考えている,  手を袖の裏へ隠したが,  手を貸していただけば,  手をはずさないでいておく,  手を置き添えて,  手を頬杖にして居眠っていた,  手をかざして,  手を合せて,  手を打つと,  手を合わせて,  手に手をとりて行く,  手を握りあった,  手をつなぎあって,  手を巻いてくる,  手を振る,  手でお婆さんは私の手をはらった,  手を巻いた,  手をかざす,  手をかざしていた,  手を引っこめると,  手を握りあって歩いた,  手を見ていた,  手をはなすと,  手を働らかせながら,  手をつけてみた,  手を押しやる,  手を巻いて言った,  手をつなぎあって転がっていた,  手を添へた心程身を起して,  手を取つた,  手を引いて来た,  手を鉄砲のやうに前へ出して,  手を拭き拭き出て来て,  手を取,  手をのせ,  手をつないでかうね,  手を取りました,  手をひっぱって,  手を引いてあげよう,  手をくだしてあやめるという,  手をかけてゐた,  手を出されてゐるのに,  手を出せる,  手を加えるなどという,  手をとほした,  手をしてゐた,  手を近づけました,  手を先に電極板の間に入れて置いて,  手を電極板の中央に入れる,  手を強く引きました,  手を眺めました,  手をつかねて,  手を毛だらけにしながら,  手を伸ばした,  手を求めた,  手をゆるめると,  手を拡げ始めた,  手をつきこんでみた,  手を入れたので,  手を入れたら,  手をふれ,  手を掴んだ,  手を顔の上にあげ,  手を触れた,  手を突っ込んで,  手を突っ込んだ,  手をかけたり,  手をいきなり掴む,  手を掴んでやる,  手を握るという,  手を握らなくてはならない,  手をいきなり握ろうという,  手を握ろうとして,  手を伸した,  手を離したので,  手をのせていたという,  手を引っ張って,  手をつけないだけだ,  手をつけられた,  手をほどき,  手を借りずに,  手を見て,  手をつけていないのに,  手を見せねばならぬからであった,  手を豪華な装飾に輝いている,  手をひっ込めた,  手を握ったりすれば,  手をたたいてわらう,  手を叩いてはやしたって,  手を延ばして打つ,  手を解いて,  手を入れますよ,  手を取る,  手を空しゅうして帰るべしや,  手を引張ってという,  手を懸けたという,  手をつき,  手を引かれて出て行ってしまった,  手を額にあてて,  手を相場に下して,  手を握っている,  手でぼくの手をつつみこんだ,  手を持った,  手をのばし,  手をとめた,  手をへて傷み古びた,  手をさしのべ,  手を引かれる,  手をあげてみせた,  手を延ばし,  手を捩じ上げて,  手を口からはなした,  手を分つ,  手をとり合って泣いたという,  手をズボンのかくしに,  手を空しゅうして帰る,  手を染めた,  手を動かしながら,  手を横に振ったので,  手を留めたが,  手を膝に取って,  手を揃えて,  手をその上へ重ねて,  手を留めて,  手をかけますと,  手をお延ばし下すって,  手を載せた,  手をのばして来てくれない,  手を取って叫んだ,  手を振って見せた,  手をひき,  手を出して働いて,  手を出すにも,  手を束ねている,  手をこまねいている,  手をまつ,  手を焼いていながら,  手をかけると,  手をグイとつかみ取りに引き込まれて,  手を羅生門の鬼かとも強く感じた,  手を離された,  手を握ろうという,  手を入れる,  手を焼く,  手を砕いても,  手を貸してやろう,  手を結んだ,  手を伸ばしてみると,  手をつかえていた,  手を伸べると,  手を休めた,  手をのばして救い出した,  手を落した,  手を口に当てて,  手を一ツずつ握ってやりながら,  手をつかまれた,  手をとってやる,  手を払って,  手をかけたか,  手をやるが,  手を綾にして,  手を廻してきた,  手を拝借とどなれ,  手を借りあつめて,  手をさし招いた,  手をつくしても,  手を貸せよ,  手を引ッこめた,  手を痛いほど握り取って,  手を廻せば,  手をつかれちゃ,  手を取らんばかり,  手を握つた,  手を曳かんばかりにして,  手を使ふ,  手を見せて,  手をかけようとした,  手を引くと,  手を触れようとしたが,  手を両手で取,  手を打つた,  手を差し延べた,  手を突いた,  手を強く振り,  手を押へられて悶えてゐた,  手を離した,  手を合はせて拝んだ,  手を入れて解き落す,  手を引かぬ,  手を煩わした,  手を握ってやっていた,  手を緊と握りしめた,  手を握ってやっていて下さい,  手を私は強く握った,  手をじっと握っていました,  手を握っていた,  手をしっかり握りしめた,  手をじっと握っていた,  手をばたばたしたが,  手をつけません,  手を拍つて笑ふ,  手を插し込んで,  手を高く上げた,  手をふれて,  手を出さないという,  手を握りあっていた,  手を入れてみるべきだ,  手を洗って行くから,  手を洗って来ると,  手をふりながらも,  手を膝の上にしている,  手を握らせなかったりしたら,  手をやっては,  手をかければ,  手をふれる,  手を思い出して,  手を擦って見たい,  手を引いたり,  手を強く握った,  手を見つめていたが,  手を布団から出して擦って見せた,  手を振ってくる,  手を振りきって立とうとすると,  手を当てていたが,  手を放さうとして見ると,  手をしっかり握っててね,  手を握っていて,  手を離さなかった,  手を邪慳にふりきって起ち上ろうとすると,  手を感じて,  手をくっている,  手を触れな,  手をつけんと思うておった,  手を休められない,  手をあはせて,  手をたれてゐました,  手を熱い唇でひつたりと吸ひました,  手をあてて考えてみりゃ,  手を煩はさなければなりますまい,  手を尽して居残りの,  手を差入れ,  手を取りながら,  手を拱いてゐる,  手を挙げながらいいました,  手をかけて見ました,  手をご本から離させようとしましたが,  手を引つ,  手を離して出て行くと,  手を加えてみたい,  手をひっこめて,  手をだす,  手をゆるめました,  手を翳して,  手を焼いた,  手を像に触れた,  手を引張つた,  手をやつて見た,  手を捕へられて,  手を叩いたり笑ったりして聞いてゐました,  手を叩いたりしました,  手を入れないと,  手を大きく振った,  手を叩いて笑った,  手をかけられたら,  手を急がせ,  手をかけてまで引き止める,  手をさし出して,  手を組みあって,  手をとり合うて,  手をおいた,  手を膝へ戻して,  手をつくして調べさせましたが,  手を洗ふべく,  手を擧げて,  手を凉しい,  手を挫いてやる,  手を執り合って,  手をつないでも足りない,  手を掛けないで,  手を三つも四つも螫された,  手を撃つ,  手をそのそばにもつて,  手を引つこめました,  手を延ばしたら,  手を突つ込んだと,  手を刺して,  手をしつかりと握,  手を翳すだけでい,  手をつなげ,  手をつながなければなるまい,  手を引いて行く,  手を引いてやりました,  手をかざして見ながら,  手をあててみたりした,  手をつないで行きましょう,  手をとって行きましょう,  手を染められて,  手を触れないにもかかわらず,  手をもって揺すぶる,  手をとおして,  手を打って,  手を替え,  手を上げたかと思うと,  手をとりながら言った,  手を握りしめると,  手を取られて,  手を差し伸べて言った,  手を伸ばせば,  手を足す,  手を付けない,  手を用ゐてゐる,  手を載せたり,  手を入れないので,  手がわたしの手を握った,  手をかけましたが,  手を胸の上に組み合わせて,  手をあてますと,  手をなめていました,  手を交るがわるに私の口へあてた,  手を差し入れて,  手を私に巻きつけながら叫びました,  手を取って出ました,  手を触れると開きました,  手を照らして,  手をかけてみた,  手を引こうとした,  手を持ったなりに,  手を切るとは,  手を挙げたばかりであった,  手をさし出した,  手をのばすと,  手を振りませんでしたか,  手を握つたので,  手を払ひ退けた,  手を振りながら説き始めた,  手を生命と共に奔ばしる,  手を当て僕は叫んだ,  手を空うしてこの母は下まで降りて,  手を早めた,  手をあげて見せた,  手を焼いてしまった,  手を取って駈け,  手をかしてくれ,  手をくださずとも,  手をふれた,  手を引いて導くだけの,  手を伸ばしながら言った,  手をかけながら現れた,  手を筒のようにして,  手を突き出しながら,  手を出したい,  手を強く握りしめた,  手を差しのべていると,  手と手を握り合う,  手を延べた,  手を掛けると,  手を徐ろに一杯に擧げて,  手を突っ込んでみた,  手を放してしまった,  手を逆さに使つて掃いたりしてゐる,  手をへてかれの,  手をくだいた,  手を遁れるとともに,  手をかえた,  手をつくと,  手を差し入れた,  手を迷わせた,  手を握りしめて,  手を分けて,  手をふるわせて,  手をあげると,  手をついていると,  手をつン出して,  手をそれへかけて,  手を抱えていた,  手を預けた,  手を抱えた,  手をとり合ってきた,  手を下さずに,  手を鳴らして,  手を突っこみながらふりかえってみると,  手を廻した,  手を離しておくれ,  手を振られて,  手を食う,  手を加え,  手を翳す,  手を突込んで止まる,  手を撫でていた,  手を休めてはいませんでした,  手を突っ張った,  手に自分の手をかけた,  手をとり合っていた,  手を握れ,  手を取り合った,  手をぬいた,  手をうちてはやす,  手をかけながら振り返りました,  手を触れたか,  手を出せない,  手をひかれ,  手を出したら掴め,  手を挙げていった,  手をぐっと握り取った,  手を瞠った,  手を合わせて拝み,  手をして,  手を差し延べて,  手を叩きながら,  手をすくめた,  手を抑へた,  手を引かなかつた,  手を仄白い自分の無邪気な丸顔の前でふる,  手をかざしていたが,  手をこすったり,  手をやめて眺めていたが,  手なづけるだけでも手をやいてゐる,  手を停めると,  手を束ねて遊んでいる,  手を離れていった,  手を内懐へ入れて,  手をつけては怒られる,  手を届かせられる,  手を放して黙したが,  手を伸ばしてみた,  手をふれると,  手を空しくさせた,  手を騒がしておきながら,  手をあてて考えなおせよ,  手を下すにいたらなかった,  手をとって死のう,  手を結んで,  手を曳かれてゆく,  手を廻して殺されるという,  手を振って急きたてた,  手を辷らせて,  手を当てて考えてみろ,  手を出して寄って来たが,  手を当て,  手を掉った,  手を置いたが,  手を懸ける,  手を曳いたではありませんか,  手を曳いてる,  手を拭いて,  手を拡げた,  手を支いて摺って出ました,  手を翳した,  手を懸けると,  手を置いて寝て,  手を載せて,  手を搦みながら,  手をつないで死ぬ,  手をさす,  手を堅く握りしめました,  手を突っ込んでつかまえる,  手を見ると,  手を隠してゐる,  手をそつと出して,  手をひろげ,  手を引張出して,  手を突込んで,  手を伸ばされて,  手を出だせば,  手をはなした,  手を煩わし,  手を拭き拭き出て見ると,  手を振り放して逃げようとしたが逃げられなかった,  手を振り放そうと,  手を揮り放して逃げようとしたが逃げられなかった,  手を揮り放そうと,  手を折った,  手をのばしかねていた,  手を折りますぜ,  手をのばして叫んでいる,  手を叩きつけた,  手をつかませて,  手をひかれて,  手をへて,  手をさし入れてうつむいている,  手を固め,  手をついて頼む,  手を合して,  手をひかれている,  手をグングンと引っ張って行く,  手を夢中で引ッ掻いた,  手を前後左右に振って,  手を放てり,  手を放し,  手を触るるに,  手を延べて,  手を止めると,  手をあげろ,  手をつけられ,  手を抜き出すと,  手を引こうとする,  手を自分の胸に引きよせながら,  手を執る,  手をとられながら,  手を考え出した,  手を差し出し,  手を揉みながら,  手を握らせてから,  手を上げ,  手を拱いて見送った,  手をお上げなさい,  手を引かれ,  手を挙げて止まれと,  手を突き出し,  手を急ぎ止めて,  手を堅く握りながら怯えた,  手を貸しておくれ,  手をもって制しながら,  手を負った,  手を思いだしたじゃ,  手を引き込めておれば,  手を叩きたれば,  手と手を千鳥がけに始った,  手を支いたなり,  手を支くと,  手を支く,  手を掛けながら,  手を扁平く,  手を借りぬ,  手を下げて,  手を口許に翳したが,  手を支いて,  手を添えた,  手を控える,  手を引けば,  手を拍くと,  手を支いた,  手を掛けた,  手をば私が引く,  手を傷つくが如く,  手を制し,  手を洗おうとした,  手をもてあそびながら,  手を拍ち唱いはしゃぐ,  手を掛けて揺すぶったが,  手を携えて,  手を掛けて上ろうとした,  手を取り合って,  手を挙げよ,  手を引込めない,  手を差出していると,  手を縁側に押しつけて,  手をふり離すでも,  手を繰り出し,  手をのばしましたが,  手をば縛られ,  手を引っ張って見た,  手を引っ張ったり,  手をかけている,  手を取ったが,  手を帯へ差し入れたが,  手を出だすべからず,  手を噛まるる,  手を袖にして,  手を洗う,  手を洗うの,  手を軽くねじった,  手を膝の上で組み合せながら云いました,  手をあげない,  手をうようよしている,  手を延ばしている,  手を出だすの,  手を停めて,  手をまわして,  手を用いる,  手を打ちましょう,  手を入れかけた,  手を翳しながら,  手を突いて言うを,  手を透かして見た,  手をぶら下げた,  手を動かし始めました,  手を振ったら,  手をざぶざぶと洗って,  手を合せたって,  手を拍った,  手をぱちぱちと拍った,  手を叩こうと思ったが,  手を塞いだ,  手を出しておいて,  手を付けて引き分けて,  手を下す,  手をふりとった,  手を応用した,  手を執つてあげよう,  手を執つて,  手を執り,  手を触れずには居られなかつた,  手を執つ,  手を休めてはいけないよ,  手を荒つぽく引つ,  手をひつこめようとするが,  手を拱き,  手をおく迄は,  手を胸の上に持つて行かない,  手をぶる,  手と手を繋いで,  手を當てて校門を飛び出し,  手を揮りはなして引込んで,  手を執って引き寄せた,  手を揮り払った,  手を揮った,  手を拭きながら,  手を洗ったり,  手を押える,  手をとられた,  手をポケットから引き出した,  手をあげてくれませんか,  手を洗いながら云った,  手をかけてまわして見た,  手を頭にやって,  手を出したりする,  手をつけない,  手をおかけになるなんて,  手を出そうともしなかった,  手をついて言った,  手を握りしめてやった,  手を差延べようとはしなかった,  手をかけてなぐり,  手をすりぬけて,  手を打つかで,  手を洗ひに,  手を叩きました,  手をふりはらいましたが,  手を空にあげて,  手を出すほどの,  手を休めず,  手を揉み手を揉み,  手を衣紋に当てた,  手を圧えて,  手を掛ける,  手を遣ったが,  手を思ひ,  手を握ってしまった,  手をきつく握り返したから,  手を握ったという,  手を考えると忘れてしまう,  手を握り返すという,  手を握られた,  手を握り返す,  手を握ってためしてみたいと思った,  手を押え握りしめた,  手を無理に抜きとる,  手を押えていた,  手を自分で握りしめながら云った,  手を差しださなかったからである,  手をひきぬく,  手を土の中の山の芋のようにゾンザイに扱って,  手を考える,  手を拭き消したいという,  手を考えて,  手を下さなくとも,  手を持って来る,  手を差し入れ,  手を出してくれ,  手を入れ,  手を握っていると,  手をあはせて拝んでゐる,  手をしつかりと握りながら,  手を振放して,  手をやりながら,  手をふりながら遮った,  手を休める,  手をバチバチ叩いて,  手を触れる,  手を拍いた,  手を踏んだ,  手をかけて揺り動かした,  手を止め,  手を伸ばして閉める,  手をその脅に差入るるにあらずば信ぜじ,  手をふりはなしてにげました,  手をかりる,  手を扣いて,  手を取りて,  手を出したる,  手を取りて引けば,  手を突いて泣けども,  手を延ばしました,  手を触れてみたい,  手を触れて見たい,  手をふり切って,  手を切ってくれと頼めば,  手を着けなければ,  手をさげて,  手をつけずにあります,  手を揉みながら言った,  手をかさうとする,  手をかす,  手を取らんばかりにして,  手をかけさせる,  手を休めずに,  手をとる,  手をとらうとする,  手をつけなかつたから,  手を一生懸命に振る,  手を背後で組み合せる,  手をかけて突き飛ばした,  手をぺろりとなめて,  手をこすって叫んだ,  手を打ちあわせた,  手をふれさせずに,  手をつかえた,  手を上品に手習をして居る,  手をさぐり出して,  手を放そうともしないで,  手をとろうとした,  手をふりはなすと,  手で光君の手をとった,  手をとられて居たが,  手をそうとにぎって,  手をしっかりにぎって,  手を取ってよろこんで居る,  手をあけて,  手をもって居るらしかったけれど,  手をいきなりはなして,  手をゆるめないで,  手を背におく,  手をやわらかい娘のような藻はそっと包んで,  手を支えた,  手がぼくの手を引いて,  手をふりはなすなり,  手をおしのけようとした,  手をぐいぐいひっぱりながら,  手を差し入れるが,  手を打ちながら,  手を振り切ると,  手をぱちぱち叩いて,  手をせはしく振,  手を腰にあてました,  手をせわしく振って云いました,  手を借りて投げる,  手を有合の手拭で拭く,  手を緩めると,  手を触れずに,  手をこんなにしては,  手を畳に衝いて,  手をむなしくして帰って来ると,  手をし,  手を地べたに着いて,  手をあげながら,  手を誘ったが,  手を出そうともしないで,  手を払った,  手をいたわる,  手をついたりして,  手を打って笑いながら,  手をかざし合って,  手を振り切った,  手を取られて阻まれていた,  手を取らんばかりにすると,  手を取られながら,  手を押さえて,  手を合わして来た,  手を廻し,  手をだしたくない,  手を宙に凍らせた,  手を放して見ると,  手を離すが,  手をつければつけるほど,  手を払っていえば,  手をかけていった,  手を加えている,  手を一人一人握って振った,  手を貸せよ,  手を貸した,  手をふりかざして踊りだし,  手をさしのばすと,  手をつかんでふった,  手をとりあい,  手をやさしくなでてやった,  手を野球の投手のように思い切り振廻した,  手を出したり,  手を揉んだり解いたりした,  手を廻されて,  手をシッカリと握って離さないじゃないか,  手を挟まれる,  手を打合わせて,  手に手を取って,  手をくんで,  手をたれて,  手をみられて,  手をひ,  手を置き,  手を振って受取らなかった,  手を加ふる,  手を両方に開いてじ,  手を動かすまで,  手を下にも置かない,  手をわずらわすまでも,  手をひいてゆく,  手をゆるめなかった,  手をかけたな,  手を打って歓ぶに,  手を握らせ,  手をあてながら,  手を取らんばかりに誘って,  手を叩こうという,  手を待たず,  手をあて,  手をつかって,  手をぎゅうと引張った,  手を焼いたであらう,  手を焼き,  手を携へて上京する,  手を握って引っぱりこもうとしたりした,  手を取つてやらうとしてはめてゐた,  手を取られた,  手を焼けば,  手を咬んだ,  手をひいている,  手を握り取り,  手をまわし,  手を握り合った,  手をこまねいているくらいなら,  手を梁にかけ,  手をこまねいていろという,  手をださなくても,  手を退いて,  手を煩わせたりと,  手を結び,  手を染めていました,  手を貸してくれる,  手を入れたり,  手を染めてみて,  手を加えられず,  手を付けてから,  手を染めて,  手を止めている,  手を止められなくなりました,  手を加えてもらおうという,  手を触れず,  手を延さんと思われるばかりに,  手を引きながら,  手を持って,  手をとって坐らせた,  手をあてて囁いた,  手を喇叭のように口にあてて,  手を出すといふ,  手を抜く,  手をのべた,  手を失ひ,  手をきられるまで,  手をだしたら,  手を洗い,  手をつけて居ない,  手を入れてしまう,  手を振ってくれれば,  手を引っぱって,  手を振りはなした,  手をふったのに,  手を振り上げ,  手をうしろに動かし,  手をおとりになった,  手を出して迫った,  手をいただいて,  手をうって,  手を撫で,  手を肩にかけながら,  手をこまねいて,  手をかたく握った,  手を握り合って居る,  手を執り合わせ,  手を引くと云う,  手をつけ始めだから,  手を掛けながら立つて居たが,  手をかけて起こそうと思って,  手を振りはらひながら,  手を焙っていた,  手を廻しながら,  手をつけなかつた,  手を伸ばせば届く,  手を開けてみせた,  手を休めて言った,  手を伸べるとは,  手をあげて呼び迎える,  手を取りあって泣いた,  手を押しいただいて,  手をつくした,  手をとって起した,  手をゆるめず攻めつづけた,  手を打って笑い,  手をかえよう,  手を取って笑い,  手を唇にあてたるが,  手を取りて引く,  手を師のほめたりと,  手を拡げて探ってみた,  手をねじ放そうとして,  手をかけて揺り動かすと,  手を掴んで叱る,  手を揮り払おうとした,  手をしっかり掴んだ,  手で私の手をとり,  手を自分の前で自然に組み合せている,  手を怪我せずにはいられない,  手をゴーリキイの前に突出して云った,  手を縛る,  手を振,  手を確り握って笑いながら,  手をとらせ,  手を自然に組み合わせている,  手をそいつの近くへやる,  手をぐっと左右に差し伸ばした,  手を椅子の背から離して,  手を今までよりももっとしっかりさせた,  手を静かにさすった,  手を彼の胸にかけたかと思うと,  手を繋ぎ合って,  手を自分の手でぽんと敲いて,  手を汚した,  手を自分の脣にあてた,  手を休めている,  手を差し出した,  手を彼の方に差し伸べていた,  手を差し出せば,  手を脣にあて,  手をちょうど彼の破滅させられた,  手を少しずつ伸ばし,  手をその腕に押しつけていた,  手をそっと彼の手に載せながら,  手をちらりと眺めながら言った,  手を拍ってよろこび,  手をぽんぽん敲く,  手を打ってよろこんだ,  手を打ち振っている,  手を額に当てていた,  手を当てて見せながら,  手を袖に入れ,  手をたたこう,  手を伸ばせるという,  手を加える,  手を発見すれば,  手を動かすという,  手を動かせば,  手をつけたら,  手を挙げてくれる,  手を借りながら,  手をつつこんで見た,  手をさし伸ばして,  手をきって,  手を払い退け,  手を切り,  手を組んだ,  手をのべて,  手をおいてくれ,  手をとめました,  手をうって喜んでいた,  手を拍って喜び,  手をはらいのけた,  手を眺めながら,  手をかけたなり怒った,  手を廻してかけ,  手をたたき笑った,  手を紙の上におき,  手を露台の上からふって笑った,  手をはなして答えた,  手をかけて立っていた,  手をかけるなり,  手をしっかり胸の上に組んで,  手擦りに片方の手をかけさせた,  手を延べて探,  手を合はす,  手を組め,  手に手を取って投げる,  手を動かしていられました,  手を突っ込むと,  手を反すより,  手を振ってばかりいるので,  手を打振って,  手を伸ばそうとすると,  手をおしておくれ,  手をおしました,  手をたれて歩いた,  手を洗ひながら,  手をまわす,  手をさし出す,  手をうごかして,  手をさし出し,  手をおさへた,  手を執,  手を振り放さうとしたが放れなかつた,  手を照らしてゐた,  手を振り放さうとしてもがき狂うた,  手をあててすぎ,  手を突いていう,  手を泥ま,  手を師の褒たりと紺暖簾入りて母見し,  手を頤にした,  手をば執られて参りましよ,  手を解きて,  手を繋ぐ,  手を懸けた,  手を触れ,  手を拭きながら飛び出して来た,  手を突込んだ,  手をぬく,  手をぬけと,  手を握つたり,  手をどこへし,  手を合したくなった,  手を抜いて,  手を焼いてゐるが,  手を借らんやと,  手をたたいて笑った,  手を下し,  手を打っていった,  手をゆるめず,  手をとって云った,  手をかざし合っていた,  手を拍ち,  手をもて取らんとしつつあるなり,  手を突いて送っている,  手を温めている,  手をついている,  手を離してしも,  手をかけて掴み上げた,  手を拭きふき出て行った,  手を丼へ入れて,  手を引っこめた,  手をうしろへ廻して,  手を口のところへ持って行って,  手を拭き,  手をわざとふるわせて見せた,  手をつたい,  手を伸ばしておいて,  手を伸ばすにつけては,  手を休めていると,  手を出せ,  手を取り合って泣く,  手を用いよう,  手をやって払い退けた,  手を借りる,  手を貸すから,  手をかけてはいろうとして,  手を突いて動かない,  手を借りねばならぬ,  手をかけて見て,  手を握り合っているから,  手を入れられると云う,  手を入れれば,  手を触れられた,  手をかけてぶら下った,  手を押しあてて来た,  手を動かさず,  手をやすめて,  手を通したばかりの,  手を挙げたくなったが,  手を撫でた,  手を洗わない,  手をうった,  手を握つたりした,  手をとりませうか,  手を控えて,  手をたたきました,  手を引いて出てきました,  手をにぎりしめました,  手を垂れて,  手を据えて,  手を遣ると,  手をしかとかけていた,  手を貸され,  手をさし入れ,  手を解き,  手を止めつつ,  手を翳して仰いで言った,  手をくださなくっても,  手を付けていないといって,  手をかざしたりする,  手を拍つて踊り,  手をお出しになる,  手を喰って慣れて参りますと,  手を触るる,  手を突つ込んだ,  手を見ますと,  手をとつてよろこびました,  手を少しも休めないで,  手をのべさせたも,  手を上にあげて,  手に手をとりあって泣いた,  手をにぎりあった,  手を後に組んで,  手を考えた,  手をさしのばして,  手をとって喜び合ったが,  手をうちあわせた,  手をおいて,  手を膝においた,  手を振りはらったが,  手を振上げた,  手を差入れた,  手をかけて動かしてみている,  手をにぎってやっていこうという,  手を握ってつきあっては行けないであろう,  手を上にのばして,  手をにぎり合って,  手を叩いたり笑ったり,  手をしっかりとにぎって放さない,  手をにぎり合っている,  手をきちんと膝の上におき,  手をにぎりあって行きたいと言ったが,  手をひいて立つ,  手をにぎってはげました,  手をしっかりとって,  手をとられて,  手をぐっとにぎった,  手をにぎった,  手をつけると,  手をさしのべてくるかもしれません,  手を袂の中に忍ばせて,  手を延ばして直す,  手を動かせず,  手を重ねれば,  手を合はす可憐し,  手を下げるぞ,  手をさしのばし,  手をゆるめません,  手を引っ張った,  手をもて招いても振り向かない,  手を拱いて見ているしか,  手を尽し,  手をうながした,  手をどうなさいますか,  手をさし伸べると,  手を出してはいけない,  手をもって制した,  手をたずさえて,  手を拱いて,  手を叩くという,  手をかけ合った,  手を私にとられるが,  手をはずさずに,  手をとっている,  手をすこし痙攣させながら,  手を咽に近づけながら,  手を少しずつ放しながら,  手を着けようとしている,  手を少しためらいながら放すと,  手をつけようとはせずに,  手を彼女の顔から無理に除けた,  手を頭髪に持っていって見ると,  手を休めながら答えた,  手をかけるから,  手を入れて見ると,  手をつくせばつくすほど,  手を束ねているより,  手を見たか,  手をやり,  手をかしてもらいたいと思って,  手を控え,  手をおく,  手をのばさないとすれば,  手を脱する,  手をひいて行った,  手を切るから,  手をのばして見たが,  手を汚さない,  手をだしかね,  手をつけて行けば,  手を握ろうとしたら,  手を離せ,  手を離せと申すに,  手を借りなけりゃならねえ,  手をついてうつむき,  手をあげましたので,  手をおろしました,  手をポケットへ入れてしまいました,  手を馬の鼻づらへのばしましたが,  手をひろげた,  手をいっぱいのばして,  手を出しました,  手をつくしておかねばならぬ,  手をつくしているであろう,  手をつくせとおっしゃった,  手をつくして探しましたが,  手をひいていただきたい,  手をひかせようと言う,  手をださずとも,  手をひくから,  手をひけという,  手をぬいたから,  手をさし延べられている,  手をつけて見たいと思う,  手を伸ばしはしないかを恐れている,  手をつなぐ,  手をはなさない,  手をはなす,  手をつなぎ合って,  手をつながなくても,  手をそっちへのばして立っていた,  手をかけてひきあけようとすると,  手を泳がせて,  手をたたいてほめました,  手をのばしかける,  手をはらいのけながら,  手をはなれて,  手をうつ,  手をうつと,  手を持ってゆくが,  手を離れましたけれども,  手をヒラリと払って,  手をギュッと握った,  手を尽してみたが,  手を出すまいから,  手をやって見ると,  手をおきながら,  手をくだして,  手を洗っただけ,  手だ人間のこれがまことの手であるかひとは自分の父を馬鹿だといふひとは自分の父を聖人だといふなんでもいい唯その父の手をおもふと自分の胸は一ぱいになる,  手をとつて押し戴き,  手をうやうやしくあはせる,  手をかけて窶れてゐる,  手を君達のかたへとさし伸べる,  手を洗ふことすら知らない,  手をだし,  手をのがれて逃げ,  手を浸して,  手を指をそろへて,  手をたたきながら,  手を煩はす,  手を提灯の火にかざしながら,  手を入れている,  手を払いのけて,  手を出しやしまいし,  手を突張ろうとしたが,  手を痛む,  手をそろえて,  手を配ってある,  手を配った,  手をおき,  手をおいて聴いていたが,  手をあわせて,  手を嗅いでみようか,  手を尽してみてください,  手を曳かれて,  手を延ばしていた,  手を離れ,  手を当てている,  手を挙げたりしている,  手を引かれた,  手をとりて引き上げ,  手を濡らそうとしたが,  手を振り放し,  手をあげておいで,  手をそっととった,  手を指揮し,  手を殿軍に選び,  手を打って笑った,  手を額にあて,  手を触れはしなかった,  手を取りあい,  手を宛てた,  手を眺めて,  手を伸してみると,  手を出し得ずに,  手を出して見たりした,  手を差しのべて呼び,  手を休めると,  手を間近な柳の幹にかけて半身を出した,  手を縋,  手を働かす,  手を携うるも,  手を失ふ,  手をついてゐた,  手をまさ,  手をかけて降りて行って見ると,  手を強く噛んだ,  手をとって寝にいこうなどともうします,  手を打つて喜んでゐたといふ,  手を見てゐた,  手を下してやりました,  手をお貸し下さい,  手をつくなり,  手をさし入れて,  手をのばすかも知れませんわね,  手をかけて引張ると,  手をつけないから,  手をだしてみせる,  手を用いて,  手をふる,  手をとって立った,  手を握りましょうか,  手を両手でとって,  手をあげてしまったが,  手をつくしてみた,  手を変え,  手を後頭に組んで,  手をやすめたので,  手を焼いており,  手を洗ったりして,  手を打っておけば,  手をうってもらわないと,  手を加えて,  手を入れて調べる,  手を掛てギイツと巻くと,  手を載せて見て居らつしやる,  手を加えてはならない,  手をたたいてしまった,  手をひろげている,  手をふり顔をふりして,  手を握って振った,  手をあげる,  手を振りまわして,  手を引いてしまう,  手を免がれて,  手を伸べて,  手を触れない,  手を離したら,  手をこすった,  手を握り合いさえもしなかった,  手を洗ってから,  手を掛けていた,  手を押えて,  手を無理矢理その中へ押し込もうとした,  手を引き込めようとしたが,  手をひろげる,  手をこすっていた,  手をぶるぶるさせながら,  手を丸ッきり休めてしまった,  手をとって乗り移らせた,  手をかけて伸び上がった,  手を着けかねて,  手を引いていながら,  手をつけまいと決めてゐた,  手を引っ掻き噛みついて暴れた,  手をば振る,  手を私の袂の中へ突込んで下さい,  手を持ち添えて,  手を叩くと,  手を引かれて居ります,  手を振つて鳴らし,  手を引込めず,  手を高く上げて,  手をかけるだけの,  手を回して刺した,  手を突いている,  手を順ぐりに握りながら,  手を触れてみた,  手をイエスに措て執へぬ,  手をおし戴いて,  手を置きながら言った,  手を映し,  手を取って導く,  手をかさねつ,  手をソツと前に揃へます,  手を入れさせようかと思ひましたが,  手を替へ,  手を離さず,  手を通さない,  手を引っ張ったりして上る,  手を汚さないで,  手を上げたりした,  手を出していたが,  手を突っ込んでいた,  手を拡げては,  手を二の腕まで見せて,  手を動かした,  手を蒲団の外へ延ばして,  手を突いて覗いている,  手を経廻って来た,  手を拭き拭き,  手を動かしていた,  手を通し,  手を良人の方へ延ばした,  手を気にしながら,  手を退きたいとでも言うだか,  手を洗いに行った,  手を注意深く消毒する,  手を挿し入れて,  手を切った,  手を分った,  手を振つたり,  手を思ひき,  手を男はそつと握,  手をはらひのけたので,  手をだに触れ,  手をつきて,  手を燒いた,  手を借り,  手を付けず,  手を廻して調べあげたが,  手を當ててぢだんだを踏んで,  手を引つ込めて,  手を差しのべた,  手を置いて考えて見なされ,  手を台にして,  手を栗毛の若い精霊の髪の上に置く,  手を下にたれてうつむいて居る,  手をのせてあげた,  手をふってせきたてる,  手を以って快庵を制する,  手でわたくしの手を握り,  手を休めて佇む,  手を附けました,  手を出せば届きますが,  手を引いてだ,  手を突いて頼む,  手を撫て見ると,  手をつかえ,  手を上げられて,  手を取って捻りますると,  手を鳴,  手を附ける,  手を掛けておく,  手を突きまして,  手を引いてつか,  手をかけますから,  手を固く握りしめながら,  手をきちんと膝まで下げて,  手を叩いて笑いました,  手を動かしました,  手を開けようとはしません,  手をのばそうとしました,  手をほどいて見せて下さい,  手をしきりにふりほどこうとして,  手をほどいてやりました,  手をしばる,  手が私の手をしかと捉えた,  手をかるく握った,  手を振りき,  手を引いては,  手を伸ばしても,  手を引いて乗り込んで来た,  手をゆすぶり,  手をかさうとしなかつたといふ,  手を切らなければならぬ,  手を早めながら,  手を洗ふ,  手を振り動かして,  手をぱっと拍ちました,  手を拍ちました,  手を出しましたら,  手をあてて待っていましたら,  手をつっ込んで,  手を挙げて払い,  手を優しく姫が執る,  手を支え,  手を探り得た,  手を巡って,  手を延ばしてくれさえすれば,  手を洗って上がろうとすると,  手を染めなければならなかったし,  手を働かした,  手を引いていたが,  手を繋いで歩いた,  手を引こうとしている,  手をふって見せた,  手をつないで歩いたり,  手を着けたか,  手を動かしていたが,  手を伸べた,  手を焼いて止させてしまったが,  手を袖にして遊んで,  手を焼いている,  手を振りながら近づいて行くと,  手をポケットへ入れて,  手を入れすぎていないだけに,  手をかざしている,  手を竹の手欄から出して,  手を青竹の手欄から離して,  手を額に当てた,  手を貸す,  手を出している,  手を引っ込めた,  手をたたくと,  手を逆に取って,  手を入れながら,  手をふきながら,  手を加えないばかりにして,  手を広げてみたり,  手をふいた,  手を吾妻コートから出した,  手を不意に延ばした,  手を濃い眉の上に加えて言った,  手を拍ちましょう,  手を引き出すと,  手を使った,  手をムズと掴み,  手を放せ,  手をさし出しながら,  手を堅く握りしめながら,  手を組んだり,  手をかけたりして,  手を負傷して,  手をやったが,  手を膝へ置いた,  手を左右に振りながら,  手を握りしめ,  手を握り返したが,  手を取り合って佇んだ,  手をひっ掴み,  手をくだして殺した,  手をひろげて云った,  手を女の肌に觸れる,  手をひいてゐる,  手をひかれてゐる,  手を觸れて,  手を握ったりして居る,  手をつかね坐り,  手を伸すと,  手をずーっととあげて,  手をひかれて来る,  手をはなさず,  手をやられて,  手をつけずに,  手を打たせなかった,  手を切りたいて,  手をふれると飛び上る,  手を打つかというと,  手を握りあって,  手をシッカと握りしめるばかりで,  手を出して待って買う,  手をつけずにいた,  手をくみながら,  手をひく,  手を燒きつくしてゐた,  手をつツこませた,  手をぎつしり握りしめてやりたい,  手をのべて直してくれた,  手をおしのけて,  手をつけてい,  手を藉す,  手をふらせた,  手を放さないでくれの,  手を負うている,  手を着けて,  手を付けるべき,  手を付けさえすれば,  手を焼いていた,  手を知らず,  手をひいて降りなければならない,  手をひくが,  手を消毒する,  手を突出したりして受けた,  手を擧げ,  手を觸れられようとは,  手を以つてその胸を撃ち,  手を入れて行く,  手をとっておこして,  手をとって教えられ,  手を引かれて行った,  手を出してはいけません,  手を叩いたり,  手を放さぬか,  手を出して負けた,  手を放さぬで居たから,  手を引張ったり,  手を取って逃げた,  手を掛けまして,  手を引いて逃げて来なすった,  手を掛けましたが,  手を突き,  手を突くと,  手を取りますると,  手を合せたが,  手をお放しなさいと云うと,  手を入れましたから,  手を置くと,  手を拡げて,  手を繋がつて北海道へでも出かけるより,  手を差翳した,  手を振り離そうと争っている,  手をのべかけて,  手をひつこめました,  手をうしろへふり上げました,  手をふりあげました,  手をお貸しといって,  手を打てば,  手を叩けば,  手を斬られて,  手を握つたりするので,  手を触れたりする,  手を引いて降,  手を振つたりしたが,  手を肩にかけると,  手をさしあげた,  手に手をとって,  手をおろして,  手を延した,  手を束ねて討とうなどと考えたから,  手を当ててみた,  手を下されないなら,  手をつけられねいぞ,  手を洗つてゐると,  手を前に出し,  手をつけはじめた,  手をとりあって働きたいと願っている,  手を下したので,  手を退けた,  手を掴まえた,  手を鷲掴みにして放さなかった,  手を握り締めてみたり,  手を投げて,  手を突込むと,  手を懸けたが,  手を返して,  手を触れて廻ったが,  手を潜らし,  手を触りやしねえ,  手を胸に置いて,  手を磨け,  手をもつて,  手を描く,  手をおいてかういはれた,  手を觸れずに居たし,  手をかけて下さる,  手を引いて歩いてくる,  手を突き出して,  手を解き捨て,  手を開いて呉れ,  手を掛けたが,  手を考へるが,  手を経る,  手をかりず,  手を差しのべなければなりません,  手を尽したが,  手をさらに一般旃陀羅の上に及ぼされた,  手を觸れる,  手を引つ込めてゐる,  手を吭から放す,  手を肩へまはして,  手を下すべきのみ,  手を離れると共に,  手を御放し,  手を放しました,  手を放そう,  手を飽かせまいという,  手をその鋭い眼で睨む,  手を懐にした,  手を拭い,  手を振切って,  手をお懸けなすったが,  手を取って起して見りゃ,  手をかけ抱いた,  手を懸けますよ,  手を差延べたから,  手を触れて見て,  手を揃へてお辞儀をする,  手を温ためる,  手を貸したのであらうか,  手を放さなかった,  手を縛り上げられながら,  手を掴まえようとしたが,  手を眺めてゐた,  手を差し出している,  手を彼は静かにはずし,  手をかしてくれて,  手をじっと握って,  手を握って打ち振ってやったが,  手を洗ひし,  手を打ちて,  手をおきて,  手を休めては,  手をかけてなほしてくれる,  手をかけて見てあげますから,  手をかたく握りしめた,  手を指の先から腕まで一心に洗ひ出した,  手を洗ってる,  手をふいて,  手を我にのばしぬ,  手を曳いた,  手をとられながら帰って行きました,  手をゆるめやしない,  手を引いてやる,  手を押えたり,  手を持ちそえて,  手をすべる,  手をからめて,  手をにぎると,  手をひくべきだ,  手をく,  手を握ったが,  手を振り上げて,  手をピッタリと押えた,  手を触れさせぬ,  手をつけられない,  手を携へて見る,  手を経た,  手を出しましてネ,  手をださない,  手を差出すと,  手をちゃぶ台の隅にかけながら,  手をきつく握ると,  手を回してゐる,  手を私の腕にかけて私を揺すぶろうとしさえした,  手を弛めていた,  手を三十秒近くもじっと見つめていたらしかった,  手を挙げていた,  手を抜いてごまかして,  手を抜いた,  手を抑え,  手をだしかねてゐた,  手をねじりあわせた,  手を払いのけると,  手をあてて泣きだした,  手を回して抱いてやった,  手をひいてしまったけど,  手を休め,  手をひいているが,  手を浮かせた,  手を横に払った,  手をつかまれているので,  手をふり放して立ちあがると,  手をまわして抱きかえしながら,  手を打ちあわした,  手をまわして抱いてやった,  手をとおしながら,  手を待っている,  手で小切手をとりあげた,  手をだそうとは,  手をひきあいながら,  手をのばせば掴め,  手をつけさせなかったから,  手をにぎつて別れました,  手をにぎりました,  手をにぎりながら,  手を振ったり,  手を時々はす,  手をつッこんで,  手をかけて殺した,  手を懐につッこみながら,  手を力一杯握った,  手をすぐ着物に拭く,  手をゆるめて行く,  手を通しながら,  手を振りあげて,  手を入れてみたり,  手を夢中にたたきながら,  手をかけ居り,  手をかけ居る,  手を放れて,  手を置くといった,  手をふやすなって,  手を組み合せ,  手を自分の手の中にもって,  手を握ろうとするし,  手を切ると申しました,  手を切らせました,  手を後へまはして見せた,  手を入れたかと思ふと,  手を取り合う,  手をさしたという,  手をうかがう,  手を忘れ,  手をみそいでばかりいて,  手をふりもぎって逃げ帰ったが,  手を振って歩いて居る,  手をひろげて待っている,  手をのばしました,  手をやろうとすると,  手をまわすと,  手をやって揺すぶってみると,  手を入れてみると,  手をはなしてみると,  手を入れるが,  手をやめない,  手を平にして,  手を除けて,  手を又引っ込めてしまう,  手を出させずに置かなくてはならない,  手を著ける,  手を著け始めた,  手を衝いて,  手を腰にやった,  手を布留の神杉カンガルー春きたれりと,  手を千早ぶる,  手をのばしはじめたと云う,  手を明けて居ると,  手を着けてから,  手を明けていると云う,  手を萎えた,  手を空にして聞こえました,  手を組んで考えた,  手を触ると,  手をあげさせ,  手を捕えて,  手をつけるとすれば,  手を最初に打つたからだと思ひます,  手をひろげてみてゐる,  手を延ばす,  手を膝にした,  手をおしいた,  手をかけ青ざめて殺気立つから,  手をもぎ,  手を拱いでござるは,  手を放すといふ,  手を廻してみたり,  手を引いてやると,  手をふっている,  手をしげしげと見守っている,  手を左の袂に入れて,  手を大きく打ち振りながら,  手をつけるほど,  手を戸棚の奥へ差入れた,  手をかけて引いた,  手を取押えた,  手を借りたなどという,  手をかけて引き寄せた,  手をとられ,  手を庭の方にさした,  手を連ねていた,  手をつないでいるからである,  手をあげろと,  手を出そうとする,  手を出したくなった,  手をちょっと執った,  手を執りあったりして,  手を握りしめておいて,  手を遮った,  手をすりむいただけですんだ,  手を丁寧に拭き,  手をみておいで,  手をみつめてをりました,  手を煩す事が出来,  手を労して写した,  手を触れて見ておりました,  手を胸に組んで,  手を弄ぶとも,  手をにぎり,  手をたたいたりして,  手を前にさし出した,  手を強く握りしめて叫びました,  手をはっきりと意識しているばかりではなく,  手を待つとも思われないし,  手を振って拒んだ,  手をゆらゆらと振った,  手をつけたくなかった,  手をつかみ,  手を振って拒んだが,  手でドアの取手を押えていた,  手を渡した,  手をさし出しただけだった,  手を休めない,  手をはなれる,  手をあなたの右の手にのせて,  手をたたいてやって,  手をつなぎあってでて来ました,  手をさしのべましたが,  手をとりかわして,  手を借してやったりしていた,  手をかけようとすると,  手をお負いなされたな,  手を負ったな,  手に手を重ねる,  手をこす,  手を己の臂の上に置いた,  手を逆にねじあげると,  手を緩めなかった,  手を拍ちましたが,  手を叩いて笑い出しました,  手を休めて見送る,  手をださずに居る,  手を入れない,  手を当てだしました,  手を揮って,  手を尽してみましたが,  手をくだした,  手を延べて執ろうとしたが執れない,  手を一ぱいに延べたので,  手を取ってやる,  手を出させたりして,  手を清めて,  手をばたばたさせ,  手をさし入れるばかりの,  手をださなかつた,  手をひっぱられた,  手を自分の懐にいれて,  手を残酷な気持でじっと見つめ,  手をさしだしました,  手をかけて開けたが,  手をあげて押える,  手をあげて打ち消した,  手を持つて,  手を緩めたが,  手を振り放した,  手を引張り出した,  手に軽く自分の手をかけて,  手を揮り放した,  手を揮り払おうとしたが離れなかった,  手に軽く己の手をかけて,  手を揮り払うとともに起ちあがって,  手をきゅっと握って帰る,  手を離れたと思うと,  手を切つてしまはうかと考へたりしたが,  手をかりてまでも,  手を代え品を代えの目まぐるしい変化で述べはじめたが,  手をやられたなりに,  手を合せて拝むだけで,  手をジッとかざすと,  手を附けた,  手を振って見せましたが,  手を揚げて,  手を引かれながら通り抜けて,  手を放しちゃった,  手を当てましたよ,  手を考えていたらしい,  手を蔽いかぶせて,  手で何の雑作もなく女の手を解かせて,  手を引いて歩いて行った,  手を放したくなかった,  手を振りながら遠ざかって行きましたが,  手を藉して,  手を振ったりしました,  手を俟たずに私刑に処すべし,  手を固く握って,  手を差出して,  手を振っているのに,  手を取らんばかりに,  手をブランブランと振りながら,  手を力強く握ってみる,  手を打ち振りながら,  手を離れて行った,  手をまた鬼がつかみました,  手を突きますと,  手をついての,  手を取ってつく,  手を分けて捜して貰ったが,  手を出さねえでも,  手を出さなくってもい,  手を持って引張り込んだ,  手をつきまして,  手を差入れましたは,  手を中へ入れにか,  手を逆に捻って,  手を引かれながら,  手をついて頼み,  手を触れないで,  手を引かれてゐたが,  手を浸してみたが,  手を習った,  手を見ている,  手を突込んで中のものを放り出し,  手を待ちます,  手をまわした,  手をひかれてあるいていた,  手を握らせた,  手を見せろ,  手を拍ってよろこんだ,  手を洗つてゐる,  手を伸してゐるといふ,  手を延ばすとあわててひっつかんだが,  手を引くべきであろう,  手をとって引き立てる,  手をつけられなかった,  手をふきながら出て来ました,  手をこすり合わせながら,  手を執り合った,  手を伸ばしかけて,  手を曳きながら,  手を尽しながら,  手を携え,  手をつくして,  手を拭いながら現われて来た,  手を退かない,  手を退け,  手を取ると,  手を差し上げた,  手を伸して見る,  手を束ねて眺めている,  手を揺すりながら,  手をつく,  手を蔽って,  手を打ち合せ,  手を差入れて,  手を打とう,  手を捻り上げ,  手を執って引張って行った,  手を取り合って出て来る,  手を握ってみると,  手を取られてよろめく,  手をつないだ,  手を膝の上に置くと,  手を弛めるなんて,  手を取られて教えられて来た,  手を差し入れる,  手を組み合って,  手を差しのべて,  手を握ってみる,  手を合わせて拝みたかったろう,  手をかりて捕,  手を下げ,  手を突っ込んだが,  手を堅く握りしめて,  手をあげて呼びかけたい,  手を出すまいとする,  手をやつて見ると,  手を待つてゐない,  手を触れたらう,  手を下すには,  手を下せば恐れた,  手を下ろして,  手を離れなかつた,  手をかけていて,  手を握って囁いた,  手を強く握り返す,  手を振りかざしている,  手をやりかねない,  手を受取ると,  手をかけていたという,  手を引いて出かける,  手を取り合って行きかいしております,  手を差しのばす,  手を己の口のそばへ持って往きました,  手を経なかつた,  手を煩さなかつたのであらう,  手を一つ動かすと,  手を先刻から握つ,  手を巻かせる,  手を離れると,  手を打つて喜びました,  手をつまらせない,  手を伸ばいて障子を開ければ,  手をとどめ,  手を曳くに任せて居る,  手に手を放つて踊り出した,  手をたたくやら,  手を降す,  手を仮りて政宗を取押えようと謀った,  手を天下に掛けようとしたとて,  手を出して来たぞ,  手を用意し,  手を出して居る,  手を下させて,  手を出さば許すまじ,  手を束ね居てはならぬから,  手を滑らせて,  手を押頂いて,  手を此人は持っていた,  手を伸ばすか,  手をお取り申しましょうかね,  手を突いてね,  手を曳合って駈出した,  手を引いて上げましょう,  手を取られる,  手をいれた,  手をつけはじめて,  手を取りあっていなかったら,  手をつけたから,  手をつけなよ,  手を廻すと,  手を握りしめる,  手をとらえる,  手を叩いて笑っていた,  手をもたせ,  手を差伸した,  手を差込んでみたが,  手を押のけて,  手を引込める,  手を握ってて,  手を合せてあやまった,  手を翻がえす間と思われ,  手を故に還す,  手を拍って雀躍する,  手を波の如くふる,  手を後で組み,  手を遊ばせたり,  手を換え,  手を付ければ,  手を洗うにも,  手をつけると祟りが,  手をかして,  手を深く襟元にさし入れた,  手をしめつけた,  手を引込め,  手をふれられても,  手を振払って,  手を尽して来た,  手を入れたという,  手を堅く組んで,  手を打たれたりした,  手を出していた,  手を着けたりした,  手を働かしはじめた,  手を減した,  手を減して,  手をきびしく払退けた,  手を遊ばさない,  手を入れたりする,  手を経なければ,  手を拭き拭き帰って来て,  手を引きました,  手を持っていった,  手をすかしてみると,  手をやってこらえ,  手を入れてふんぞりかへ,  手を一本づつ入れて待つてゐました,  手をうしろに廻して,  手を置いてうつむいて居りました,  手をさし入れた,  手をにぎる,  手を拍つて喜びました,  手を洗おうとする,  手を掛けようとすると,  手をふれかねないほど屈みこんで,  手を隠しから出さずに,  手をずぼんの隠しに入れて,  手をずぼんの隠しに入れてあり,  手を貸しうると,  手を一つ動かす,  手をもみながら,  手をひろげて見せた,  手を裏返しにして,  手をふれるや,  手を借し得ると,  手を拍って喜んでいる,  手を出し兼ねている,  手を差しのべながら,  手を差しのべさせた,  手でこちらの手を握って,  手を清浄な事に使い,  手を汚れに使う,  手を掛けて押すと,  手を引いてもらって,  手を出してからかってみる,  手をかざしていたら,  手を休めながら,  手を着けなかった,  手を膝に突いている,  手を少し上げて,  手を逃れて,  手を助けんと,  手を引かさしめなかった,  手を添えておられたが,  手を支えながら,  手をあてがって動かして見ようとすると,  手を広ろげるようにして,  手を延す,  手を糸車のつむにさされて,  手を拍つて喜んでゐる,  手を觸れようとする,  手を彼女等の大きな腹の上に置いてゐる,  手を組んで歩いてゐますよ,  手を振りほどき,  手を持ち上げたらとどくじゃないか,  手をしっかりとにぎりあわせました,  手を引いて来る,  手を引いて行ったら,  手を入れて笑っている,  手を胸の上で組み合せたなり黙って,  手を一度に挙げて,  手を触れなかったから,  手を濡らし始めた,  手を触れようともしなかった,  手を上げたり下げたりして,  手をふりますと,  手をば無理に引き,  手を出し眺めるほどの,  手を着けずに,  手を藉したに過ぎないという,  手を握ろうとしたりなど,  手を振りました,  手を掛けました,  手を触れさせなかったと,  手を脱した,  手をあのおしまいの子にのばし,  手を擦って,  手を当てながら頷きつづけていた,  手を握っていてくれた,  手を任した,  手を胸に抱きしめた,  手をかけて泣いた,  手を握りかへして,  手を夜目に動かして,  手を焼いてしまったんで,  手を引いてね,  手を差伸べれば,  手を握りしめたり,  手をじっと握りしめなさる,  手を差し伸べた,  手を拍ってわあと囃し立てた,  手をいっしょにして,  手を膝の上に重ねた,  手を後へ突いて,  手をさし延ばすからで,  手をおっ,  手を焼いてしまって,  手を合せながら連れて行かれました,  手を当ててみたりする,  手を引いてください,  手を翻せば,  手を覆へ,  手を拍って笑いだした,  手を握らせながら,  手を引こ,  手を振りまわし,  手を差し出すと,  手をお出しになります,  手を貸してくださいます,  手を伸したかとおもうと,  手を離します,  手をずっと前へ伸してつかまえていた,  手を引っ込めさせたでしょう,  手を差し出しました,  手を取って立たせている,  手を払いのけました,  手を引かねばならない,  手を引くべきであった,  手をたたきながら言った,  手を切られた,  手をあてる,  手を差し入れていた,  手を縛られる,  手をたたくだろう,  手を解いてくれた,  手を洗い清める,  手をはなれてから,  手をはなれては,  手をはなれなければ,  手と手を堅く握り,  手を付けなかつた,  手を繋いでゆく,  手をふりながらかけました,  手を出していひました,  手を出さうとしましたが,  手を引つこめてしまひました,  手を吊っている,  手を出しかねていた,  手を回して,  手を切れ,  手を引いてしまったが,  手を引いて行こうとしたが,  手を触れずにおいた,  手を着けておらぬ,  手を焼いてゐた,  手をつけようともしない,  手を借らずとも,  手を敲いた,  手を引かへて,  手を分けて探す,  手をやって見た,  手を拡げ,  手を空しゅうして殺されなければならない,  手を繋ぎ合い,  手を止めて見惚れていた,  手をあげたら,  手を握ったり,  手をかけて休んでいた,  手を宮坂の前に差出した,  手をつまんで,  手を器物のように丁寧に持主へ返した,  手を上衣のポケットへちょっと挟み込んで,  手を持っていても,  手をおつなぎなさい,  手を預,  手を折り,  手を入れて見給え,  手を癖にして,  手をぴたりと一ところにとどめ,  手を入れかけて,  手をはなして聴き,  手をつけかねる,  手を上げる,  手を引かなければならないでしょうか,  手を引き合うて,  手をもがき,  手あぶりに手をかざした,  手を左右に振った,  手をながめながら云った,  手を引っ張りながら,  手をはなれるやいなや,  手を袖の中にしっかりと包んで,  手で私の手をひっぱり,  手を引っぱって帰って行った,  手をつけてゐる,  手をこっそりほどいて,  手をポッケットに突っ込んで,  手を深々と帯の間にさし込んだ,  手をならした,  手を他の女に任せる,  手を控えた,  手を堅く握って,  手をさし込んで,  手を取り合わんばかりに,  手を引いておろしてやってくださいましな,  手をかけない,  手を握って引き留めた,  手を置きそえながら聞いてみた,  手を葉子は手欄ごとじっと押えた,  手を取ってやろうとした,  手を取って引き寄せて,  手をふりほどきながら,  手を延ばしても,  手をたたいてどよめいた,  手をかえして,  手を軽くあげて,  手を肩に感じた,  手を自分の背中に感じて,  手をすりぬけた,  手を感ずると,  手を引っ込めて,  手を鼻の下にあてがって,  手を鼻の下に置いたなり,  手を入れられて,  手を習っても,  手を握りしめたが,  手をとらんばかりにして,  手をしっかと握って,  手をぐっと強く握って,  手を力一杯ふりきって,  手をはなしてくださらない,  手をとったという,  手を振ったので,  手を引込めた,  手をあげて抑えた,  手を灰皿へ伸ばした,  手を抑えたという,  手を振りまわして見たい,  手を続けていた,  手をふれなかった,  手を煩わさなくてはならん,  手をもたせて,  手を伸して来た,  手を引いてくれた,  手をかけたと見て,  手を振るので,  手を手水鉢で洗って,  手を放しません,  手を付ける,  手をついてしまいますと,  手をさし伸した,  手を頭に持って行った,  手をあみだす,  手を翳さず,  手を焙りながら,  手をそっと執ったから,  手をやめて立った,  手を切りました,  手を採って曳いてやる,  手を採り合うに至った,  手を掛けて殺したも,  手を胸へ乗せている,  手をぐいとつかまえて,  手を洗面台ですっかり洗い落として,  手を振って立ち去ったり,  手を携へて怖る,  手を携へて踊りに酔ふて来るが,  手を振つてゐると,  手をふところに入れた,  手を長くながくのばして,  手を出して立ちあがりました,  手を尽している,  手を突っ込み,  手と手を取,  手をねじ上げるよりも,  手をやって乗り出す,  手を中途でとめて,  手を合せないばかりにして,  手を引っこめて,  手を打たれて,  手を持ち,  手を手すりからはなして,  手をしつかり握,  手を背の低い古島さんの顎へかけて,  手を携へられて,  手をピチリとひねり,  手を引張らるる,  手を出させる,  手を相手の手の上に重ねる,  手を私の手の上に乗せる,  手を引き抜いて,  手を抜き,  手を確り握り,  手を外す,  手を振って言う,  手を締めつける,  手を振り切ったらしい,  手を隠し,  手を拒む,  手を入れるほどの,  手を当てさせた,  手をとく子の背中に廻して,  手を拱いて見ているより,  手を横木に縛る,  手を離し,  手を縛っている,  手を添え合っている,  手を石泉で漕いだ,  手をささえた,  手を触れていたくなる,  手を父親のする,  手をさしのべていますと,  手をつけるべくしてつけかねた,  手を見る,  手をひっこませて,  手を動していたが,  手をかけなくても,  手を出すでは,  手を出してはならないよ,  手を挙げるが,  手をつとのばして,  手をあわせていた,  手を打ちかけると,  手を拝せて,  手を掬いとると,  手をどけて見た,  手を出させた,  手を擧げるが,  手をさわっても,  手をぬらして,  手をひどく刺して,  手をイラクサでさわりました,  手をみて,  手を王さまにみられまいとした,  手をおさえました,  手を格子に掛けた,  手を出さずにいた,  手を振り放して,  手を好く書く,  手をあらあらしく差し込んで,  手を弛めずに,  手を放して飛び降りた,  手を洗っている,  手を洗ってしまって,  手を放さずにいる,  手を濡らした,  手を抜いてはいるが,  手を高く挙げているので,  手を衝いた,  手を離れない,  手を出してくれなくても,  手を心臓の上に載せて,  手を留めた,  手を執らぬばかりに,  手を着けずに置く,  手を膝の上に畳ねた,  手を敲いて,  手を持っている,  手を左の胸の上へ持って行ったが,  手をぐいぐい引張った,  手を振り振り,  手を出そうとすると,  手を固めて,  手を引き込めると,  手を引き込めなかった,  手を前へ出した,  手を膝の上に重ねて,  手を軽く敲いてくれれば,  手を鳴らして呼び出した,  手を胸に当てた,  手を顔に当てて泣き出した,  手を窮屈に伸ばして,  手を抑えた,  手を敲こうとする,  手をたたいても聞えないし,  手を敲いたって,  手を片手おがみに,  手を取ったほど,  手を押えているで,  手を掛けたばかり,  手を静の肩に掛けかけたが止した,  手をおろそうとしましたが,  手をのせる,  手を肩さきに感じながら,  手を払い退けようとあせりながら,  手を把った,  手を娘の胸の上に置いた,  手を伸べ,  手を合そうとする,  手を払う,  手を貸してやらずばなるまいと思った,  手を貸してくれ,  手を貸せであった,  手を引張られると,  手をお出しなさい,  手をしきりに痛がっていたので,  手を差出しても,  手を下ろした,  手をやる,  手を挙げたり,  手を入れやがる,  手をかざしたが,  手を動かさなければならない,  手を差し延べてゐる,  手を握つたといふ,  手で私の熱い手を握,  手を胸の柔いふくらみの,  手を握ろうとした,  手を払おうとした,  手を自分の胸のふくらみに当てようとした,  手を振り離そうとしたが,  手を出そうとした,  手を離したのよ,  手を見せた,  手を掛けて起そうとした,  手を鳴らそうとすると,  手を離そうとせず,  手を握るだけで,  手をうちましょう,  手を退ける,  手を緩めて怠ける,  手を宛てられるかと,  手を叩いてよろこぶ,  手をつなぎ合い,  手を再び差しのべる,  手をうつ者もあり,  手を拭ひながら,  手を水平に伸べ,  手を押しのける,  手をとどめひそめし,  手を引いてやりますか,  手を伸ばして取ろうとしなかった,  手を佐保川の一の瀬で浄めて来う,  手を煩わして,  手をとつて接吻なさいました,  手を突き込んで,  手を氣もちのいい具合に揃へさせる,  手をさし込んでゐた,  手をいきなり引っつかんで,  手をなでたり,  手をつければ,  手をひかせていただきます,  手を下しもせずに,  手を後ろに回して,  手を経てさせる,  手を与えてくださると,  手を経ずに,  手をかけて立ち並びながら,  手をしっかりと取った,  手を回してならびながら,  手をつないで迷い込んで行った,  手を力強く握りしめた,  手をヒステリックに激しく振り動かした,  手の上に左の手を添えながら,  手をやってなだめようとしてみたけれども,  手を骨もくだけよとかんだ,  手を振りほどくと,  手を乗せていながら,  手を貸していたので,  手を合わして,  手をかませる,  手を切って見せるから,  手を取ろうとした,  手を焼きただら,  手を焼かない,  手を幾度もまっ黒に日に焼けた,  手をあてて見たら,  手を尽くした,  手を顔にあてた,  手をほどいて,  手を人に見られる,  手を入れて使っている,  手を障子紙に突っ込みながら,  手を取りたい,  手を握り慣れた,  手から自分の手を離して,  手をゆるめなかったが,  手をかりないで,  手を懐に入れて歩いて来た,  手を出して言った,  手を揉み揉み,  手をつきながら,  手をお下げにならん,  手を出したりしました,  手を握ろうと,  手を振りはらい,  手を離したり,  手を揮り放して飛び込もうとする,  手を省いて略した,  手を換えて,  手をやるって,  手を触れてはいけませんよ,  手を触れてはいけないと云う,  手を執りあい,  手をおれに差し出し,  手を切ってしまいたいと,  手を触れたり,  手をさし伸べている,  手を入れていたら,  手を顫わせて読んで居る,  手をつかめえて歩いてや,  手を執りぬ,  手をくぐっておいて,  手をかけてなぐさめてとなり,  手をまわしても,  手をつけまして,  手を取ろうとすると,  手を合せて立つてゐられる,  手を合せなければならないと,  手を仏に合せなければならない,  手を合はせずには居られなく,  手を合せなければならない,  手を空うして帰つて来た,  手をつけたのよ,  手を下すべき,  手を彼の妻のほうにさし出しながら,  手を置いて立っている,  手を握ってついて行った,  手を握って喜んでくれました,  手を拱いてゐたら,  手を固く握り,  手をしきりに撫で,  手をポケツトへ入れて,  手を客の上着の肩のへんに突っこんで,  手を差出す,  手を気を付けの姿勢で水を出たり入ったりしている,  手を出してゐた,  手を彼の額の上に加えた,  手を引かれて歩いた,  手を頭の中に突込んだ,  手を教えたり,  手をやめなかった,  手を出し始めた,  手を彼女の寐顔の上に翳した,  手を懸けて,  手を夫の方へ差し延べた,  手を拱いで,  手を出し合った,  手をまた引き込めた,  手を出したという,  手を着けかけたという,  手を振り払って,  手を貸してくれといわれて,  手をやめては,  手を運ばしていた,  手を振もぎって,  手をズボンのポケットに突っ込みながら,  手を動している,  手を離したかと見ると,  手を傍の火鉢の上にかざした,  手を加えた,  手をかざすと,  手を暖めました,  手を触れたらしい,  手で判事の手を押えて,  手を開かせて,  手をポケットに突っ込んで,  手を引いたら,  手を繋ぎ合った,  手をあげたと思うと,  手を押へてゐるの,  手を染めたが,  手を染め,  手を固く握り得る,  手をはなれても,  手を切るより,  手をやかせるからね,  手を結びたいと希っている,  手を当て眼を閉じていた,  手を下し初める,  手を鳴らし,  手を洗ってからも,  手を合はせ,  手を組み合はせたり,  手を取らぬばかりにして,  手を當てた,  手を合せる,  手を合せてゐる,  手を拱いて坐つてゐる,  手を清めてから,  手を分ち,  手を加えるほど,  手をつけてしまった,  手を拍ちて,  手を仮してくんねえか,  手を掛くれば,  手を差し入れつつ,  手を見つつ,  手を捻じ込みて,  手を抗げてこれを抑えぬ,  手を廻す,  手を暗の中に延ばしながら,  手を捉まえて,  手をかけながら云った,  手に自分の手を重ねた,  手をつかまえ,  手を胸の前方で組み,  手をいきなりつかまえると,  手に自分の手を当て,  手を頭の下にやっていた,  手を急がせた,  手を上げたり下げたり,  手を洗って来た,  手を経れば,  手を引いてくれない,  手を引いてくれなかった,  手を引いてやらなければならなかった,  手をすべらすので,  手を擧げて叫んでゐる,  手をひっぱりながら,  手をひっぱると,  手を染めなかつた,  手を出さなかつた,  手を空くしてあるべきにあらねば,  手をつないでいる,  手をちょっとあげても,  手を廻している,  手をあげてもらいましょう,  手をあげさせて置く,  手を傷つけた,  手をしつかり握つた,  手を振りあげた,  手を頭の上にのばし,  手を擧げて留める,  手を擧げたり,  手をお擧げ下さい,  手を敲くと,  手を取つ,  手をもじゃもじゃさせ,  手を私の肩にしっかりとかけました,  手をもじもじさせながら,  手を取り合って泣いたりしているというではないか,  手を持ち上げて調べて見ると,  手をふれても,  手を出し兼ねない,  手を拭いたが,  手をやっている,  手をやっていたが,  手をひっぱっていた,  手を挙げて下さい,  手を着けられるほどに冷めて,  手を拍って喜んで,  手をぬいている,  手を思いついた,  手を通す,  手をかけようといたしますと,  手をかけて育てた,  手をかけて押してみた,  手をさしいれて引きぬいて,  手を打って喜び,  手をつッこみやがってね,  手を拱いていた,  手をさし延ばしたが,  手を握つて別れる,  手を上げたり下げたりするだけの,  手を引いてきました,  手をふりきる,  手をふりはらわれて,  手をちょと曲げていた,  手を横に二三度動かすと,  手をやろうとして,  手を挿しながら見ると,  手を左の袖口に入れて,  手を鉢の上にさしたが,  手を頭の前でくの字に曲げて,  手を下さなくても出来る,  手をだした,  手をぬきたくない,  手を静かに離して,  手を掛けようとしているではありませんか,  手をだしたり,  手を引くよ,  手をブルブル顫はしてゐる,  手を見物席の方へ突き出してわめく,  手をあてて見た,  手をつっこんでいたので気がつかなかったが,  手を着けてゐなかった,  手を廻わしてこの外国人を征服しようとする,  手を首と共に左右に振った,  手を顎の下へかって,  手を拍って笑う,  手をぱちぱち敲く,  手を縛するからである,  手を触れて,  手を立ちながら,  手を持つ,  手をやめて出て来る,  手を翳して仰ぎ見る,  手を入れて住み込んだ,  手を突込んで一枚の古新聞紙を出した,  手をさし伸ばすと,  手を当てて殺す,  手を泥だらけにして帰って来て,  手を引っこめながら,  手を左のポケットに突込んで,  手を廻してくれ給え,  手を血だらけにしていても,  手を半分開いた,  手を握らせられた,  手を空しくして,  手を利用し,  手を利用している,  手を当てがいながら,  手を額に当てたが,  手を別けて探している,  手を施す,  手を挙げて制しているが,  手をかけてやっと,  手を借りないで,  手を押えられた,  手を下さずして奪ったとも見られる,  手を離してやった,  手をさし出された,  手を率きながら辞し去った,  手を生墻のやうにあをあをと身につなぐべく,  手を打つて,  手で三木の手を執,  手をやつてみた,  手を一目見るだけで,  手を掛けて並んで歩きながら,  手をあげて停めた,  手を上衣の内ポケットへ入れたと思うと,  手をだらりと下げた,  手を握って放さなかった,  手を捉え,  手をかけようとして,  手をうちながら,  手をはさんだりした,  手を叩いてゐる,  手を拂ふ,  手を進めた,  手を離れるやいなや,  手を引いて生きる,  手を入れて見るが,  手を握りしめたりする,  手をひろげて庇ってくれた,  手を払いのける,  手をひかれて歩いていた,  手を振り切るという,  手をあげて制した,  手を思わず固く握りしめた,  手をそっと伸ばすと,  手を引きましたよ,  手を引っこめましたよ,  手を握りしめるなり,  手を懐に引き入れるなんて,  手をはぶかずに,  手を合せてるだけで,  手を合わした,  手を爛焼せ,  手を出してはねつけられた,  手を苦しまぎれに俺が故意と振り切った,  手を差伸べないからね,  手を差出したので,  手を差し,  手をだすと噛みとられますよ,  手を挙げると思う,  手をぐっとその男は掴んで,  手をはらいながら,  手をつけなくて,  手をだそうともしなかった,  手をさしこむ,  手を曳かして,  手を曳いている,  手を差しのべるどころか,  手をかけて死なせた,  手を叩いて囃したてた,  手を拍って笑った,  手を伸ばしかけていた,  手をのがれました,  手をステパンの手の上に載せて,  手をセルギウスが前に伸した,  手をしつかり,  手をどうなす,  手を載せて直る,  手を重ねた,  手を娘の頭にお載せ下さつて,  手を載せて下す,  手を前掛で拭きながら,  手をひかれていつたら,  手をひっぱってあげるよ,  手を代え,  手を窓ごしに握って,  手をおさえた,  手をひっこめ,  手をふれてみた,  手と手をとり,  手を強く握りかえして,  手を自分の膝の上に取った,  手を解いた,  手をつけだした,  手をぬかなかった,  手を振りて,  手を切らずば,  手を合はさせて,  手を入れさせ,  手を合せて頼む,  手を引かれながら上がる,  手をふりもぎって,  手をもってゆき,  手を揚げるべき,  手を通さなかった,  手をつないでいたり,  手をまげてゆらしながら,  手を突込んで鉛筆と紙切れをしっかり掴んだ,  手をふれてはいけないという,  手をその手の中から脱出させる,  手をつっこんで,  手をつっこんでいた,  手を机の上でひっぱった,  手をひっぱって起した,  手を引かれて歩くと,  手を彼の女の前へ差し出した,  手を堅く握り,  手を組んで歩いて行く,  手を引いて下さらなくても,  手を引きます,  手をゆるめずに,  手をねじ上げられた,  手をたたいて喜んだが,  手を強く握って,  手をすくめたが,  手を橋の欄干へ抑えつけた,  手を通さなければならない,  手を休めてゐる,  手をおよがせながら,  手を出せた,  手を両わきに曳いて,  手を今度は氏が両わきに曳いて,  手を大きく外へ振つた,  手をさし伸べた,  手を擧げて言うた,  手を下さない,  手をつけたがらない,  手を触れても,  手を導いた,  手を引き込んだ,  手を扶美子はそこで優しく上下させ,  手をつなぐか,  手を取って立ちどまった,  手をたたいていました,  手を出さず,  手を決してゆるめる,  手を掛けたが明か無いので,  手を火傷している,  手を直に型にとつた石膏で造り上げた,  手を火傷してゐる,  手を挙げずに,  手の上へ手をかさねると,  手をあわてても,  手を打ち砕かれた,  手を喰わんなら,  手をゆるめたが,  手を振り上げながら,  手をやいていた,  手を休めたりしない,  手をつれて,  手をかけてあがろうとする,  手をふれようとしない,  手をかけて引き上げる,  手を掴む,  手を置こうとした,  手を眺める,  手を腕の辺まで捲って見て,  手を洗いに来た,  手を引合って歩いた,  手を引いて貰って,  手を左で癖のように揉みながら,  手を出し始めてからだっても,  手を揉んで,  手を眺めていた,  手をシャブっている,  手を差揚げた,  手を冷たい水の中へ突込んで,  手を突いて言った,  手を揚げて喜んだ,  手を切るなんて,  手を揉んだ,  手を触れさせやしません,  手をつけ始めたら,  手を立てた,  手を留め,  手を放しながら云った,  手をさすった,  手を上げてまわす,  手を拡げないが,  手を額の上に置かれた,  手を下せない,  手を横に振る,  手を握り合う,  手を合せたりする,  手を染めようとせず,  手を口の辺に持って行かれる,  手を部下の顔へ持って行ったが,  手をすすぎ,  手を突張ると外れ,  手を觸れなかつた,  手を前にして,  手を着けぬから,  手をついて頼みます,  手を動かしてゐた,  手を包んだ,  手をつけてみようと存じまして,  手を曳かれた,  手をつけない蒸し,  手をうったので,  手を払いながらやってきて,  手を洗って戻ってくると,  手をグイグイひきながら,  手を膝について眼をつぶった,  手をとってなぐさめた,  手を洗わせると,  手を廻して買っておいた,  手をたしかめる,  手を触れてはならない,  手を煩はして,  手を出したので,  手を握っては,  手を付けたというぞ,  手をかけても,  手をつきこんだが,  手をまわしているらしいな,  手をさしあげつつ,  手をのがれて跳び退いた,  手を上げて下さい,  手をふりあげ,  手をかりて逃げ失せた,  手を抑えながら,  手を振り廻したり,  手をたたいて飛び退き,  手を出しても,  手をつっこんでみる,  手をついてあやまれ,  手をつつこんでみる,  手をつゐてあやまれ,  手を組みあわせ,  手を打ちあわして,  手をひかれながら,  手をひっこめると,  手をとり合っていそいで,  手をとりながら,  手をにぎりしめて,  手をひかせなくてはならないと,  手をひいてくださるでしょうね,  手をひかせる,  手をにぎりしめると,  手をかけてゆすりながら,  手を組み合わせて,  手をとり合って,  手を拍ち合わしながら,  手を温めてから,  手をひいて行こうとすると,  手をひいて下さるというなら,  手をのけた,  手をひいてやる,  手を宛ててみて,  手を通させた,  手を拭いた,  手を振ってやって来た,  手を引いたりして歩いた,  手を執らせた,  手を揉みながら言ってみて,  手を引き合いながら,  手を執らないばかりの,  手を引き合って歩いた,  手を口に宛行いながら,  手を振って笑った,  手を引いて帰って来た,  手を延ばしながら,  手を引いたりして戯れた,  手を携えてやった,  手を揉み揉み言っていた,  手を引込ました,  手を握り合っていた,  手をよく洗って,  手を拍てば諾といって立たねばならぬ,  手をいれて,  手をあげて叫んでいる,  手を注意深くながめている,  手をあてて見ると,  手を動かしながらこたえる,  手を延ばそう,  手をたたいてから,  手をたばねて,  手をしっかりとはさみとりながら,  手をあてるだけの,  手を合わせんばかりに,  手をかけたりすると,  手を拍く,  手をタタイて喜んじゃったわ,  手をシッカリと握った,  手をおずおずとあたしの腕に搦ませて,  手を拍ちながら,  手をおしわけて,  手を拍つてやる,  手を引っ込ませた,  手をにぎり返して,  手を握らして,  手を握らせて,  手を抜いてよ,  手を拍きながら踊りあがった,  手を握り合いながら,  手を着ければ,  手を經て傳來した,  手をあげて来りて,  手を伸ばしているから,  手をつけちゃあならねえぞ,  手を拱いている,  手を当てて考えてみれば分ってくる,  手をじっと見ていたが,  手を流し,  手を見つけて,  手を出さず戻ってしまい,  手を着けぬ,  手を飜せば,  手を覆せば,  手をつくし,  手を差伸べもしないが,  手を椅子のひじかけの上になげ出して,  手をやりました,  手をかしてやると,  手に手をとりて,  手を拱ぬけば,  手をふりきって,  手で拍手をしたり,  手を引かせようという,  手を中に入れて,  手を強く握りかえした,  手を合わせて居ります,  手をふりはらって,  手をとめ,  手を握りかえし,  手をもちいて,  手を固く握った,  手を放してもよろしまっせ,  手を邪慳に振り払ふ,  手を逃げ,  手を廻してかばひながら,  手を引きたい,  手を御出しなさいました,  手を引き連れて,  手を引かれて降りて来たと言うよ,  手を引かれて歩くという,  手を揉んで見たりして,  手を堅く握,  手の上に御自分の手を持添えながら,  手を帯の間へ差込んでおいでなさいましたから,  手を腋の下に挟んでおいでなさいました,  手を差伸べて,  手を経ないでは,  手を伸べてくれない,  手をゆるめてみた,  手をはなしてしまった,  手を拍っている,  手を出しさえすれば,  手をなめ始めた,  手をあげましたから,  手を自分の手の中におさえて,  手をさし延べた,  手を火にかざした,  手をのせて引き止めた,  手をのばしてつかまえようとした,  手をわたしの首に巻きつけていた,  手をわきへ垂らした,  手を取って引き起こそうとした,  手を当てそれをおさえた,  手を下ろす,  手をおさえていた,  手を強く握りました,  手を僕の肩にかけるが,  手を揉み合わせていたが,  手をとられてはいっていった,  手をやったら,  手をださぬ,  手を開いてむかえた,  手を振りだす,  手を私は老爺さんの手に触れさせた,  手をつかねている,  手を見ていった,  手をかざして見たりもした,  手を入れるべき,  手を叩いても,  手を動かしてやっても,  手を打ち,  手を尽して,  手をはずして,  手を拡げ出した,  手を尽してみても,  手を引っ込めました,  手を回そうとして,  手をやすめてしまいました,  手を握りかかった,  手を振っています,  手を狂気のようにふっています,  手を出して制した,  手をつかえかけると,  手を出しかけると,  手を伸ばしはしたが,  手をのばしかけた,  手をねじ上げられて,  手を下さぬが,  手を休めていてはいかんな,  手を離さないので,  手をとって教えてもらった,  手をだせば,  手をやろうとした,  手を左右にふっった,  手を左右にふった,  手をつけようかと考えながら,  手をつけるのに,  手をかりるほどの,  手をつよく握った,  手をさしだして,  手を離れる,  手を敲った,  手を停めて云った,  手を差伸べてき,  手を握られて,  手を抜くまいと,  手をつけないであろうから,  手を敲けば,  手を遣つて,  手を貸さないで,  手を拡げて立つた,  手を引いていた,  手を前へさし延べた,  手を出してみましたが,  手を組みながら,  手をしめつけて,  手をたたきながら聞いた,  手を貸してあげよう,  手をお持ち,  手を取って引き上げる,  手を両方からおさえた,  手をおさえて言った,  手をつかまえた,  手をつけてはならないとことづけて来た,  手を組み合ってならんで歩きながら,  手をわたしの手にお置きなさい,  手を動かしています,  手を下して居て,  手を伝って,  手を遣って,  手を拡げて立った,  手を思い浮べて居ると,  手をとって促す,  手をさし伸べながら言ったが,  手を眞ツ黒にしながら,  手を握らうとした,  手を經て私の手に渡された,  手を膝頭よりすべらする,  手を前につき,  手を廻すれば,  手を株に染めて,  手を握って誓った,  手をつながないばかりに,  手を待っていられる,  手を縋って乗掛けた,  手を曳く,  手を握りしめていたが,  手を握り合って佇んでいる,  手を交せ,  手をあげたり,  手を引かれ引かれ,  手を遣った,  手を廻わいて,  手を入れるからで,  手を合わせての,  手を入れるとなると,  手をかけては,  手を拂ひのけた,  手を添へて推しつけてゐた,  手をやめたり,  手を握り合ったりしている,  手を滑らせば,  手を離しはしないか,  手を握り締め,  手を振って見せていた,  手を廻して撫ぜながら,  手を握らしてくれ,  手を払いのけ,  手を無手と置き,  手をかけたりしはじめた,  手を出して招く,  手を引かれて歩いていました,  手を打ち鳴らし,  手を引かんばかり,  手をつかねて待っていなければいけない,  手を覚えて,  手を同じ様に発育させる,  手を引かれて歩く,  手を下すべし,  手を井戸端へ洗いに行こうとすると,  手を索いて,  手を揉み合わせて喜んだね,  手を廻わしたものと見えて,  手を振って見せたが動かない,  手を井戸端へ洗ひに行かうとすると,  手を伸ばしている,  手を女の頭上へ向ける,  手を力一杯握ってひっぱり,  手を待たねばならない,  手を触ってみると,  手をひつこめもせずにぬ,  手を少しもゆるめませんでした,  手をうつて囃し立てる,  手を遁れようと,  手で拍手を打った,  手をうっていたので,  手を尽しても,  手を触れました,  手を強く握りしめました,  手を出して来ると,  手を坊さんにした,  手をとおさなかった,  手を附けると云う取,  手を下さ無ければ,  手をくるくると振り,  手を胸の上に組んで,  手をつけてゐた,  手をしっかりにぎりしめた,  手を見ているが,  手をとめてしまった,  手をふり上げた,  手をのばしたりしてしゃべっている,  手をかさないか,  手をあげてください,  手をあげたので,  手を衛兵長の腰のあたりにさしのばした,  手をつよくにぎった,  手をちょっと休めて,  手を伸ばしただけで,  手をつけないで解く,  手をつけていますが,  手を組んで歩いてゐる,  手をつけずにし,  手を使うだけなら,  手をすり抜け,  手を著けて居らぬ,  手をその子の上に加えしならんという,  手をつけてゐますが,  手をつけずに置いて下さい,  手を休ませて,  手をも握つた,  手をかんかん踊りのやうに頭の上で振りながら,  手を清めてゐる,  手を氣にし,  手をそれに觸れるな,  手をついたり,  手を拡げながらのめり込んだ,  手を附けずに置きました,  手を自在に働かす,  手を絶った,  手を出せば乗る,  手を振りもいで,  手をついたではないか,  手を振り上げる,  手を出して見た,  手を附けるとなれば,  手を尽くしたけれども,  手を出さずにいますという,  手を引っ張り上げてくれなどして,  手を附けても,  手を貸してくれやい,  手をかけず,  手をかけて寄らば斬らんと身構えてはいるが,  手を厳しく抑えた,  手を工夫し,  手を取り抱き上げんばかりにして,  手を引張りながら,  手を振り払おうとする,  手を休めて見ていると,  手を行っても,  手を取って教えるという,  手を取って教えた,  手を休めて聞いていた,  手を取って起してやると,  手を捻じ上げると,  手を取り合わぬばかりに,  手をふと見て,  手を足を伸ばしきる,  手をたたきたくなったので困りました,  手をとって泣き合うべき,  手を或る石の下へ入れると,  手をゆるめ,  手を差置いた,  手をかけてみると,  手を入れてはみたが,  手を折ったりする,  手を出してはいるが,  手を動した,  手を目当てにした,  手を打っても,  手を貸してあげましょうか,  手をひっぱる,  手をひっぱられたので,  手をつくしているが,  手をはなせ,  手をはなしてくれ,  手をはなしてやる,  手をうしろにまわさせて,  手を出しかねていると,  手をしばられ,  手を入れてみますか,  手をやいてしまったが,  手を合わす,  手をあげて呼び止めます,  手をつかんばかりにして,  手を抑えて,  手を上げて制した,  手を差し出す,  手を押し払って,  手をかけてみたが,  手をとって連れて帰ろうとする,  手を振りもぎって,  手を合せて拝むと,  手を負わされた,  手を束ねて見ていれば,  手をむやみに磨り,  手を懸けたる,  手を握りつつ,  手をしめたる,  手を合せて拝んだわ,  手をじっと取りて,  手を出して捕まえ,  手をつなぎ合せながら,  手を当て当惑する,  手を差伸べると,  手を潜って,  手を引っぱられて行く,  手を振り切って逃げ出したくなりました,  手を下して殺した,  手を渡って来て,  手を首にのせて,  手を離そう,  手をひっ,  手を感じた,  手を附けられずにいると云う,  手を外套の隠しに入れて,  手を高くさし伸べた,  手を開いた,  手をさし伸べて,  手を引っ込めろ,  手を背後へ引いて,  手を隠しから出した,  手を引っ込めぬと,  手を馭者台の横へ持っていった,  手を出さずに,  手を出そうとはしなかった,  手を突いて謝れ,  手を差し伸べて,  手をぐっと正勝の身近くへ差し伸ばし,  手を微かにわなわなと顫わしていた,  手を胸から抜き取らせると,  手を取って振り上げさせながら,  手を振り上げさせた,  手を翳しながら言う,  手を出さねえでくれ,  手を組んで見ている,  手をかけて引っ剥がした,  手を振りながら踊りだした,  手を回した,  手はすぐに紀久子の手を握った,  手を合せている,  手をのせた,  手を太刀へ忍ばせていた,  手をつかえると,  手を膝の上で振った,  手を拯い取って,  手をも払い退けて,  手を竜之助は払いました,  手をかけたなりで,  手を引かれて歩いて来ても,  手を入れてみましたが,  手を挙げてなだめると,  手を振り切る,  手を引いて坐らせた,  手をかざしています,  手をかけて揺る,  手をここへ持って来て,  手を出せとは言わない,  手を空しゅうしているという,  手を濡らさずに,  手をかけて立ち上った,  手を高く挙げました,  手を後ろからグイグイと引く,  手を洗いに行ってから,  手を放したり,  手を打ったな,  手を置いてしまったが,  手を振って払う,  手をダラリと下げると,  手を入れると巻き,  手をのばしたが,  手を尽くしてはみたが,  手を放してくれ,  手を拍ったりなどいたします,  手をうつむいてみつめた,  手を捻る,  手を取り合おうとした,  手を今度は胸へ組んで,  手を進めて行く,  手を進めて行くばかりである,  手を前へ出したが,  手を台の上へしっかりと突いて,  手を分けて探した,  手を取ってだまって,  手を組み合った,  手を力一ぱい握って,  手を引きながらも,  手をほごしました,  手をふきました,  手が自分の手を持ちそえる,  手をかざして云いました,  手をさわると,  手を胸の上にのせて,  手を附けなかった,  手を附けずに返してくれた,  手を附けなかったが,  手を逆に捻り上げてしまいましたから,  手をおゆるめなすって,  手を外して,  手を取られると,  手を先に用いさえすれば,  手を引張りました,  手を拍って自分の策略が当った,  手をちょいと拝借と行きやしょうかね,  手を差しだした,  手をつくしてみたが,  手を振り上げようとした,  手を差しのべ,  手を借りたりして,  手を下すまでもあるまい,  手を延ばしたる,  手を私が放すと,  手をじっと握りしめる,  手を握り合ったわね,  手を握り合ったりした,  手を取り合って歩くべき,  手を挙げたので立って行く,  手をつくしてくれました,  手を合せない,  手をバッタリ留められてしまった,  手を取って引き立てる,  手を捉えた,  手を智子は一層強く握って,  手を振りほどいた,  手を血だらけの馬乗袴の上に突っ張った,  手を借して呉れ,  手を静かに払いながら,  手をグッとさし入れると,  手を腰に膝を半ば曲げ,  手をつけるなと仰し,  手をつけては,  手をかしていた,  手をつけるなど,  手を引くやいな,  手を焼いておりますな,  手を下につかえてしまった,  手を貸しましょう,  手をさがす,  手を振るやいな,  手を高くさしまねいた,  手をうしろへ伸して,  手を捉らんばかりにしていうと,  手をだすだろう,  手をくぐり,  手を入れました,  手を休めました,  手を取って乗せて,  手をしかと抑えました,  手を振り切って,  手を握れば,  手を当てると,  手を押えました,  手を当ててみると,  手をすぐに膝の上へ持って来て,  手を縛られ,  手を放さないで,  手を羽織の襟からもぎ取ろうとして,  手を少しく控えて,  手を当てました,  手を高く後ろへ廻して,  手を束ねて捕われる,  手をかけて飛び移って,  手を合さんばかりにたのんだが,  手に手をとってとはいかないから,  手をひくだけの,  手をださなかったが,  手をとらんばかりに頼まれた,  手をふれないという,  手を入れてくる,  手を用いたが,  手を天につきあげた,  手をあげて指さした,  手を用いさせないで,  手を軽く外した,  手を触れて見ながら,  手をふって云った,  手を拍ちあわせて,  手をふって出迎えた,  手をかけねばならぬ,  手をかけずには立ち去れぬ,  手をふってとどめ,  手をふったり,  手をしめますから,  手を拝借いたします,  手をつくよ,  手を突いて云う,  手をふったりせずにはおれない,  手をかけて支えようとした,  手をひきながら,  手をのばして貰える,  手をついて立ちあがった,  手をもみ合せて,  手をのばしながら,  手を外さねばならぬ,  手をあてて考えるが,  手を畳についてぬ,  手を下そうとする,  手をおろすべきかについて,  手を耳に当てて,  手を束ねて見とれとる,  手を振ったり拡げたり,  手を貸そうとした,  手をあぶっていた,  手をつけてみなければ判らない,  手をついて平伏した,  手を束ねているに過ぎない,  手を雪にさし込んで掻きまわした,  手をはらった,  手をあげて呼んだ,  手を伸ばしかけたが,  手を引ツ込めても,  手を振りつ,  手を合はした,  手を圍爐裡の火に翳してゐた,  手を自分の手に持ち,  手は固く文吾の手を握つた,  手を拍つて笑ひこけた,  手をつっこむ,  手を隠す,  手をのぞいて,  手をかけて持ち上げてみたが,  手をほどこしてやろう,  手をひらいて,  手をなめようとした,  手をなめた,  手をふって喜んでいる,  手をにぎりあって喜んだ,  手をにぎりあっている,  手をといて,  手をやさしくなでて,  手をかけてのぼりはじめた,  手をかせ,  手をメガホンのようにして,  手をふっただけであった,  手をとって立たせようとした,  手をしっかりとにぎりあいながら,  手をにぎりあって,  手をつかねてはいられないが,  手を拍っていたに,  手をつないで走って行く,  手を使わずに,  手を放そうとした,  手を仮して遣った,  手を一ツもふれずに,  手をうごかしていた,  手を加減しながら,  手をとろうとしました,  手を振り放そうとしましたけれど,  手を引かれて来てしまいました,  手を差込んで,  手を伸ばしておりました,  手を下さなければ,  手をやって押えてみましたが,  手を負わぬ,  手を控えて立ちながら,  手を下すまでの,  手をかけて揺さぶると,  手を鳴らして聞えるとは思われないから,  手を鳴らしに,  手を合せて拝みたいほどの,  手を握らせろなんてネ,  手をき,  手をそッと握って,  手を握りたいとか,  手を打たせた,  手をださずに,  手をきる,  手をエンマの庁でも終幕の挨拶に用いている,  手をかため,  手をかけられた,  手を束ねて捕われの,  手を放してしまいました,  手を取って引き立てました,  手をつかねて燃えるにまかせ,  手を後にまわしなす,  手を施しなす,  手をしめて,  手をしめて室内から立ち去る,  手をおろした,  手を休ませないから,  手をまわしてもんでくれる,  手をふれずに,  手をぬくと,  手をひいても,  手を出さねえから,  手をしたたかに突き貫いた,  手をかかえて引っ込んだので,  手をひこうとすると,  手を素直に巻きほぐして,  手を三まきも巻いて,  手をした,  手をひかうとすると,  手を抜くより,  手をついて名乗りかけた,  手をおしいただく,  手をふりまわした,  手をひかれて歩いた,  手をとってみちびかれて,  手を打ってやった,  手をつかんで腹立ちまぎれに振りまわした,  手をだして弄んでいただけな,  手を差しだす,  手をだしただけですが,  手をひくと,  手をとって泣いた,  手を加えても,  手を借らなければならない,  手を突いてあやまれ,  手を束ねてばかりはいられませんでした,  手を面に当て,  手を引いてしまったらしい,  手を高く差し上げて,  手をはなしてみる,  手をぶらんとさせたりする,  手を額にかざして,  手をあてて呼ぶ,  手を差しこみ,  手を袴の下から出して,  手を伸してつまみ上げた,  手を払ひのけながら,  手を退くかだった,  手を合せていたが,  手を曳き曳き,  手を思い出した,  手をゆるめい,  手を取りあって泣き出した,  手をおろして見た,  手をつけよう,  手を顏から離して,  手をうしろに組合せて,  手を洗えというと,  手を取りたまい,  手というのは弁慶の手を意味する,  手をとり給い,  手を入れてくれる,  手を拍つて喜ぶ,  手を握つてみる,  手を当ててみる,  手を引き合った,  手を引かねえかっ,  手を引きな,  手を合わせて拝んだりする,  手を伸す,  手を突いただけな,  手を借し,  手を當てられた,  手を貸せと言って来る,  手を切られると,  手を引いてやってくれ,  手を引いてしまいました,  手を掻いてから,  手をかけたぞ,  手を当てて撫でてみました,  手を取って引き起し,  手を自由にしてやって,  手を忘れて,  手をブン廻すと,  手を考へてゐた,  手をのせただけで,  手を触れてはならんと,  手を差し込み,  手をあげてみせたけれども,  手をそつちへ伸ばした,  手をふって黙っていろと云った,  手を拉して,  手より手をはなし,  手を掛けて抜き掛けて,  手を曳合って歩いても,  手を押え,  手をお引き下さいまし,  手を切るに,  手を心得て居りますから,  手を曳いて歩く,  手を敲きますが,  手を敲きます,  手を捉って引こうとしたが,  手を捉って向山の坂を下りましたが,  手を付けて,  手を下して殺さねえでも,  手をおろして討ちませんでも,  手を借りましても思う,  手を借りても,  手を出したからには,  手を掛けて抱締めた,  手を捕って,  手を出したらしい,  手を拭きながら現われた,  手を振りもぎると,  手を執らんばかりにして,  手を引いて終った,  手をふりまわしたりする,  手を曳いたの,  手を翳し,  手を頬にあてて,  手を障って,  手をもぎ放すがごとくにして,  手を中へ差入れた,  手を拱けば,  手を膝に垂れて,  手を添えつつ,  手を出すので,  手を曳いたり,  手を眼前の行政事務に下だして,  手を収めて,  手を揮つて何事か発言しつ,  手を下だすを,  手を焼きたるの,  手をまわせ,  手をさしむけた,  手をひいたが,  手をやかせたに,  手を焼いたぞ,  手を揉み揉みじ,  手をつかえている,  手を停めてかう,  手を背中に廻して,  手を少し前へ出した,  手をとれば泣きてし,  手をば握りきわかれと,  手をながめつつ,  手を拍ちあわせながら叫んだ,  手を休めて振返ると,  手を殖やし,  手を深く突き入れて,  手を切るといったからです,  手を切るといったぐらいで,  手をかけながらも,  手を合わせぬばかりです,  手を振り切ろうとしたが,  手を拍ちます,  手をやめさせられて,  手を切ってしまわなければ,  手を高くさしのべて,  手をはなさないでいる,  手を出しておきたいと思っている,  手を逃れようとして,  手を運ばせて,  手をはらひのける,  手をうちふり,  手をあててうつむき,  手をのばしてゐる,  手を引っぱった,  手をもぎ落さないで済み,  手をうち振るが,  手を根本からぽろりと落して,  手を落してゆくくらいなら,  手を延ばしさえすれば,  手を貸して下さるまいか,  手を借りたい,  手を貸して下さいな,  手を取り組んで,  手を引いているなと,  手をくぐって,  手を焼かせて,  手をやいて,  手と手を伸ばして握り合った,  手を絡ませあい,  手を握って行かねば,  手をあてて考えてみろ,  手をふれようとした,  手をもってする,  手を揮つて何事か發言しつ,  手を燒きたるの人なり,  手を拔く,  手を去ってデ,  手を持て,  手を触れなかった,  手を空うすべきに,  手をつけていた,  手を空うして還れり,  手を歴れば,  手を銀之丞は烈しく打振った,  手を握り締めた,  手を出してからは,  手を出すなど,  手をつけずにあった,  手を出すなどという,  手を束ねていられる,  手をふやし,  手を誇る,  手をかけて搾ると,  手をかけてほどきはじめました,  手を上手にあしらって,  手を額にして,  手を引張らない,  手をゆるめて,  手を借りてみたいと思う,  手を束ねてはおられぬ,  手を入れて探すと,  手をさし込んでみる,  手をとどめると,  手を触れないでいた,  手を抑えようとしました,  手をあげて打ち落とし見れば,  手をかくると,  手を掛けておる,  手を使わないで,  手を默つたまま拂いのける,  手を振つたりして話しながら,  手を出,  手をひいてもらつて,  手を拭ふも,  手を拭ふ,  手を附けると,  手をちょっと停めたが,  手を緩めておく,  手を打ち叩きながら,  手をへた,  手をかけさせないほどだった,  手をくだそうと思えば,  手を通る,  手を大太刀の鯉口に当て,  手を海陸にわけて,  手を弛めはしまい,  手を断つ,  手を抑えやがって,  手を断った,  手を断たれて,  手を振って断わられたには,  手をこう置くし,  手をあてて考えてみました,  手をふって迎えている,  手を外したり,  手を放しちゃ,  手を放して落ちる,  手を膝に休めて,  手を軽く自分の肩へ掛けて,  手を叩いていた,  手を携えていると思うと,  手をやッて見ると,  手をふり払い,  手をまっすぐにしてらっしゃい,  手を突っ込もうとする,  手を帽子の中へ入れて,  手をたたくし,  手を出しなさい,  手を一振りして言った,  手を廻して騒がせておけば,  手をかけてゆすぶると,  手をまじめくさって使い出したけれども,  手をかけ揺った,  手を頭の上に高くあげて,  手を切ってしまいたかったが,  手を燃えさかる,  手を貸して下さる,  手を通すと,  手を煩わさなくてもすむ,  手を高く挙げたかと思ったら,  手をかざしてゐた,  手を取らんばかりにされた,  手をあてて見たりした,  手を握つてくれた,  手を額へ持っていった,  手を焼きます,  手をふところにして,  手をひけ,  手をつけねえで持っている,  手を緩めずに,  手をかけようとする,  手を拱ねいて見ているばかり,  手をひこうかとさえ思っていた,  手を出すまい,  手を振り払い,  手を泳がせ,  手を曳くと,  手を揉んだが,  手を分けてさがしましたが,  手をたずさえ,  手を待っております,  手を動さない間にも生長してゐる,  手を動さない間にも生長している,  手を出すより,  手を出しましたが,  手をかるく握りますと,  手を袖にするが如きを得んや,  手をまわしておいたから,  手を出したがるし,  手を拱ねきて,  手を切っているが,  手を探るらしい,  手をつかまえて離さなかった,  手を自分の頬へ当ててみたり,  手を与えながら,  手をやくだけだった,  手をかしてやりたくなる,  手をかけていたが,  手を振って待つ,  手をやかせた,  手を振りはら,  手をあつち,  手をつけかねて,  手をついていいました,  手をかけて捲ってみた,  手を払い立ち上った,  手を咬まれている,  手を掴まえて,  手を引っぱって歩き出した,  手を洗いきよめて,  手を合わせながら,  手をかけて起こしてやりました,  手を借りなくても,  手を通って,  手を当てます,  手をぴたりと止めた,  手を入れよう,  手をうってよろこびました,  手を取って教えてもらわなくちゃ,  手を取ってまで,  手をいっこう休めず,  手を遊ばしておいた,  手を負う,  手をよごしませんでしたか,  手を廻してみると,  手を下すまでに拡がっているという,  手を入れるのに,  手を引いている,  手を容易には放そうとしないで,  手を引いていただいて,  手を外すとか,  手を一つ教えておいてくださいまし,  手をゆるめられなくなりました,  手を袖へ通して,  手を教わったという,  手を発見した,  手をやすめた,  手をつねった,  手をのせたかと思うと,  手をみていた,  手を握りかけたりする,  手をつッこんだ,  手をポケットにつッこんで,  手を欄干やはしすずみ,  手をひろげて掴む,  手を放すまいとする,  手を包めと云って,  手をつっこみ,  手をつないで歩いてた,  手を拍つて喜びぬ,  手を打って笑うた,  手を離れてのぞきに来たが,  手を引き退けて行くと,  手を伸ばされるだけ伸ばした,  手を優しく撫でながら申しました,  手を持ってるでしょう,  手を銀盤の方へ差し伸べた,  手をお下しになる,  手を妾に見せて,  手をふりほどこうとする,  手を握りあっていました,  手をふりほどこうとしましたが,  手を口のとこまでもってきて,  手を斜に東の空へのばして,  手をひいて貰って,  手を執らぬばかりにして,  手を附けようとしたが,  手を乗せた,  手をやめると,  手を尽し候えども,  手をさしつける,  手を引っ張る,  手をとられて立った,  手をかしておられた,  手を打っておくべきかと思い直し,  手を取ってあげたり,  手をそっと解いて,  手を持っていなかった,  手をあげていたが,  手をあげて居る,  手をふりほどくと,  手がいつかジジの手を握らうとしてゐる,  手をとられながら亡くなつた,  手をとられながら死んで,  手を完全に外界から遮る,  手を当てて考へて,  手を切らせようといふ,  手をふつて別れると,  手を洗わぬ,  手をそろえる,  手を休ませ,  手をつけてひっさげるなどという,  手をおしあてて,  手を握りしめました,  手をくんで祈っていました,  手をとって慰めました,  手をとってなぐさめました,  手を竊と引き離して,  手を付けずに,  手を窃と引き離して,  手を入れてみても,  手を握らせてみた,  手を握らせて悦に入らせてくれる,  手をつないだりしてはね,  手をふれない,  手を出したがる,  手を加へる,  手を入れたくなり,  手を振り解いて泣きながら逃げ帰ったという,  手を触れさせないばかりか,  手を休めてしまって,  手を引いて連れ込んだ,  手をお放しなさい,  手をかけて動かしてみたけれど,  手をかけてみました,  手を引くより,  手を休めて見返ると,  手をつけ出し,  手を下さないが,  手を行く,  手を取り給い,  手を緩めてもらわなければならぬ,  手を下すまでも,  手を柁機から離した,  手をふりました,  手を振りはじめました,  手を膝において耳を尖らせて聞いていましたが,  手を鳴した,  手を私の肩に載せようとした,  手に手をとつて太鼓の音のする,  手を携へて往き,  手を洗おうとして,  手を上げさせて,  手をあげている,  手をみそはぎの茂る,  手を返して見た,  手をくだす,  手を蒲団の外になげだす,  手を過っていた,  手をひいて退がってゆき,  手を上げられい,  手をもってやらせようとは,  手を染めていなかった,  手をずっと伸して,  手に右の手を手伝わせて,  手を新吉の出した,  手を置いて居る,  手を縛られて,  手をよごした,  手を擴げて踊る振をして居た,  手を最初に執つて,  手を引っぱって逃げ歩き,  手を借りて召捕ってもらう,  手を借りるという,  手を合せて坐った,  手を詰めた,  手を触らせない,  手を畳の上に突っ立てた,  手を突いて話し合う,  手を着けない,  手を合わさんばかりに頼む,  手を出したりしていたが,  手を伸せば届く,  手を叩いて喜んだ,  手を広げて,  手を動かすと,  手を出して摩る,  手を刀の柄へかけながら,  手をかけておられました,  手をやられましたが,  手を出された,  手を見たまでじゃよ,  手を把って泣きましょうか,  手を置いて言った,  手を見詰めて居る,  手を掛けて居る,  手を荒々しく把って室から出ようとした,  手を挙げろ,  手をまわしたりして,  手を喰うと思うか,  手を突込んでみると,  手を入れられた,  手を敲かる,  手をかけるや,  手をとり合い,  手を環からひき放そうとしました,  手を固くし,  手をひかれた,  手を芸術家らしい熱情をもってとると,  手を触れないで打っちゃっておいた,  手を悉く縛つてし,  手を思い出したりして,  手をつけていなかった,  手を触れぬ,  手を打ったが,  手を洗わせて下さい,  手を洗って下さい,  手を洗い合った,  手を握りしめて叫んだ,  手をほかの手で握って走る,  手を付けてなかった,  手を逃れたりと,  手をあて電線のオルゴールを聴く,  手を延ばして行って,  手を経て差出した,  手を触れてみたいと,  手をとつてボートに乗移つた,  手を横に立て,  手を拱して,  手をだらりと寝台から垂らしてい,  手をつけようとする,  手を開いてしまふ,  手をひらいてしまう,  手を握ろう,  手を入れてしよんぼり立つてゐる,  手をしかと握り,  手を男の肩から放し,  手をしかと握,  手を翳している,  手を紛らはさむとや,  手を休めてくれ,  手を動かしつつ,  手を止めては,  手をとり合うているばかりである,  手を見詰めている,  手を握って諭す,  手を見つめた,  手を付けん,  手を拍つて囃し立てた,  手に手をつないで行く,  手をむすび,  手を変えてみるものの,  手をかざせば,  手を打っておいた,  手を見てなるほどと思ったかも知れない,  手を延ばしてゐる,  手を触れないが,  手を入れてみて,  手を休めないで,  手を警戒すればこそ,  手をついてしまいまして,  手をのべようとする,  手を振り上げた,  手をわななかせた,  手を握らせる,  手を置いてかう,  手を一寸握りながら,  手を引込めて,  手を差出すという,  手を差伸してる,  手を開かしてみると,  手をさしのべよ,  手を力強く握り締めて,  手を掴みながらひつつこく,  手を上げて見た,  手をわかつ,  手をとつて出奔するといふ,  手を動かして居る,  手を掛けただけで,  手をしっかりと掴んだ,  手を堅く執つた,  手を振つたりして,  手を伸ばさうとあせる,  手を突き込む,  手をゆるく泳がせている,  手を離してあげる,  手を執って引張りました,  手にしっかり相手の手を抑えながら,  手を緩めずに出来るだけ,  手を振りもぎろうとした,  手を後から廻して,  手をもちそえて,  手をかたくにぎって,  手をおよぐ,  手を見ながらほほ笑んだ,  手をして居たら,  手を夢中でにぎりあった,  手をひっぱりはじめた,  手をしっかりにぎりあって居る,  手をかたく握り合って立った,  手を開いて抱き込んで呉れる,  手をもって教えてもらった,  手を卷きつけて,  手を分けて探して来ますから,  手を切られる,  手をあげようとして,  手を大きく振って,  手をひたしました,  手をジョバンニたちの方へ出しました,  手を入れて見ましたら,  手をしっかりひいて立っていました,  手を入れて立ちながら云いました,  手を岩魚のうへにおく,  手を出し兼ねていた,  手を拭く,  手を触った,  手を曳いてくれないでは,  手を動す癖がある,  手を拍つてお笑ひになり,  手を火鉢越しにつかんだ,  手を胸へ置いた,  手をはさまれました,  手をなおしておく,  手を捉えて,  手を使って働かなきゃならないなんて,  手をもむと,  手を覚えて来て,  手をほどいてみたが,  手を足場にして,  手をゆすってみましたが,  手を拍って喜んでみたが,  手を差しこんで考え込んでいました,  手を緩めようとも,  手を見出した,  手をぬいたり,  手を大きく振つて,  手をジヨバンニたちの方へ出しました,  手を出してゐる,  手をしつかりひいて立つてゐました,  手を入れて立ちながら,  手をのばしてこつちへ,  手を引くべきだ,  手を離して落ちていった,  手を差伸して,  手をさし,  手をそつと握,  手を加えすぎた,  手をつき出して,  手を重ねて見ている,  手を入れてみましたら,  手を入れて立ちながら言いました,  手に手を取つて,  手をうしろへまはしてさ,  手を額にあて首をうなだれて,  手をやつてみると,  手をもとへかへし,  手をふれようともしない,  手をふき,  手を脊なかからまはして,  手を振って見た,  手を力一杯握りしめた,  手を出しかねていたが,  手をついて謝ってしまえ,  手を合せますから,  手をしっかと持った,  手をひかせてあるきながら,  手を分けて調べてみると,  手を遣りながら,  手を洗ってると,  手を持って来た,  手をのばし得る,  手を十分に深くして,  手を高く上げたり,  手を覚え込もうと心がけている,  手をキュッと締めて軽くつき放すと,  手をさしのべたが,  手をかたくにぎっていった,  手をふりまわしながら教えてくれた,  手を呼んでいる,  手を帽子へやり,  手を入れてもらって,  手を出しかけている,  手を差出してみたり,  手をつなぎあって働いていますが,  手を引いて歩いた,  手を引いて歩いても,  手を置いておられた,  手を当てて見ると,  手をこそふくらかなる,  手を洗え,  手を出しましたから,  手をしている,  手をお見せ,  手をちょきんと一つはさみました,  手を捉へて雲霧の濛々たるなかを行く,  手を捉へて左手へ飛び下りた,  手を僕のまへに出して,  手をグイと延ばし,  手をついてかしこまっていた,  手を静かに放し,  手を慣して,  手を執りあっておりました,  手をつけ得なかったし,  手を引いて立っていた,  手を触れないでいたかった,  手を足の運動に合して振りながら,  手をしかと左右の手で握った,  手を執って握りしめた,  手を強く握り返した,  手を銚子にやったが,  手を引込めながら,  手を滑らして,  手を待つ,  手を運びながら,  手を握りしめようとしたが,  手をぴくりと震わした,  手を掌を上にむけて,  手をかけたかと見る,  手を握りて,  手を着けてみようよ,  手をやるや,  手を叩いてはやし立てました,  手を負わせた,  手を着けかけた,  手をつかんで捻じ放そうとした,  手を着けようと考え付いた,  手をとって押し頂かないばかりにして,  手をうって喜んでいる,  手をつけている,  手をおろして殺した,  手を雪で揉んでいる,  手を引いてやるから,  手を借りようと思い立って,  手をつかんで引っ立てて行こうとすると,  手をかけて揺すった,  手を彼女は紐につけてくれた,  手を自分と彼とのあいだに滑り込ませた,  手を添えて,  手を洗いながら,  手を握り込み,  手を彼が取ると,  手を胸もとのボタンへ導いた,  手を彼女は胸のふくらみに押し当てた,  手をかかげ,  手を引かうとすると,  手をぎゆつと握つて,  手を振り放したの,  手を強く握って転げる,  手を煩わさずに,  手を口に持っていった,  手を額の方に伸ばした,  手を下げないばかりに頼み,  手を遣り,  手を無理に取って,  手を支えたる,  手をついてあやまらなければならない,  手をかけて云った,  手をくだして捕らねえでも,  手をそっとあわせて,  手を食ってたまる,  手をかけたと思うと,  手をしながら,  手をおろさないで,  手を待って死ぬは,  手をつかえ直した,  手を母衣の下へさし入れた,  手を抜いていない,  手を振って断わった,  手をくだしもしめえが,  手をやめて見返った,  手を入れようとする,  手を下げて頼む,  手を握ってみた,  手をつけたに,  手を切るか,  手を切らなければ,  手を切るならば戻してやると云って,  手を切れと責めるやら,  手を入れて見るから,  手を貸してもらって,  手を貸して貰わなけりゃ,  手をぎゅっと握ってふった,  手を逆にとって背負いなげにと,  手をもっていって,  手を元へかえす,  手を戻す,  手をかけてはならぬ,  手をぐっと握って,  手をおしいただいた,  手を握るべきであった,  手をもってゆく,  手を貸してください,  手をぐっと握りかえした,  手をやさしく撫でつつ,  手を容易にゆるめなかった,  手を出してみろ,  手をぐっと引っ掴んで,  手を急ぐ,  手をひろげたら,  手を触れなかったが,  手をつけなければならなくなった,  手を突込んで探ってみると,  手を出してみると,  手を突込んで引っぱると,  手を押戴いて見せるので,  手を拍って奈良原の意見に賛成した,  手を拍って快哉を叫んでいる,  手を握り合うて喜んでくれた,  手を遣り過し,  手を使わぬ,  手を打ちまして,  手をかけたからには,  手を挙げ,  手を執り合って泣き出したので,  手を抱え込もうとすると,  手をよごして,  手を入れ始めて,  手をつけるにも及ぶ,  手を働かせながら,  手を蛇のとぐろのまん中へぐっと突っ込んだと,  手を突っ込む,  手を突っ込んで見せたらば,  手をおろさずとも,  手を入れて調べさせてはあるが,  手をつけるには,  手を台所で綺麗に洗って,  手をゆるめながら,  手をさげて頼むから,  手をつけてみる,  手を蔽う,  手を火ぶくれにして,  手を打って歌っている,  手をこふ,  手をこひて,  手を出してこひけるを,  手をはねのけました,  手をつけるなよ,  手を着けようとする,  手を焦らしている,  手を借してくんねえ,  手をかけてもたげると,  手を貸してた,  手をあわせた,  手を付けて使い,  手を田川の水で洗った,  手を出しかねない,  手に手をとつて消えてし,  手をかしてよ,  手をふりほどこうとしない,  手を捉えようとすると,  手を拡げなけりゃ,  手を据えた,  手を宛てて黙,  手を宛てて考えて,  手を引いて来,  手を下げて頼まぬと云えば,  手を杖かして,  手を切らせようとした,  手を杖いて頼めと仰し,  手を握られていた,  手を放て,  手を押さえ,  手を引くから,  手を洗っていると,  手を切るという,  手を渡って,  手を押さえたが,  手をかけたら,  手を握らせるぐらいが,  手を引摺って行こうとするが,  手をひきずって,  手をワナワナとフトコロへ突ッこんで,  手をかけたりしました,  手を着けさせる,  手を執つて引き出す,  手を明けない,  手を塞げない,  手を彼の自由にさせてゐた,  手を彼の自由にさせていた,  手を打っているという聞えがある,  手を咬まれた,  手を打ちはじめた,  手を憮然と胸に拱んでしまった,  手を失ったに,  手を取って教える,  手を背へ廻して,  手を焼かせている,  手を振りつつ這入って来た,  手をほおにあてた,  手をつけないでください,  手をぱちぱちとたたく,  手をたたくどころか,  手をやく,  手をぬいていた,  手を頭の繃帯にかけた,  手をひこうとする,  手を私の布團にかけたので,  手を着けて置く,  手をのばしていた,  手をくだしても差し支えはない,  手を白布で巻いていた,  手を痛めた,  手をあげて招く,  手を少し切られた,  手を下ろしてみると,  手をかけるに,  手を危うく放し,  手をおののかせて,  手を咬まれるとは,  手を上へぼんやり上げて,  手を着けようともしなかった,  手を着けますね,  手を伸ばさなけりゃ,  手をふきながら出て来た,  手を出しかねて,  手を焼いたかを見てもわかる,  手を当てても,  手を懐中に暖めたとあっては,  手を投出した,  手を長く置き,  手をどさんと支いた,  手を出したと思い,  手を放さずに,  手を放してしまつて,  手を放させる,  手を分かつ,  手をかけるやら,  手を引っ込めてしまいました,  手をかきむしり合って,  手を握りかえす,  手を怨むという,  手を鳴らしたが,  手をわけて,  手をひねるが,  手を着けてみる,  手を出そうとしない,  手をおさえて云う,  手を叩いて踊り出す,  手をさえぎられた,  手を伸ばして見ましたが,  手をそれに触れた,  手を放したので,  手を洗ひに立つて,  手を拭つてゐる,  手を取って起き上らせ,  手をからげて,  手を触れてみたが,  手を置かれるまで,  手を自分の肩にかけ,  手を遮る,  手をかけようとしますから,  手をかけなさったは,  手を入れて引出した,  手を離れて置くと,  手を泥だらけにして,  手をとりあいました,  手を拍って喜んだ,  手を当てる,  手を切ってしまえば,  手をつけて置けば忘れないが,  手を食ったよ,  手を振るばかりに,  手を懸け,  手を差控えて,  手をぐたりと緩めて,  手をやすめず遣ってくれ,  手を当てれば,  手を取りなすった,  手をしっかと取った,  手を払い除けて,  手を前垂れで拭きながら出て来た,  手を強く握られて,  手を振り払いもせずに,  手を掴んで放さなかった,  手を廻してみたが,  手を触れなければ,  手を触れただけで,  手を束ねて見ているより,  手を高くさしあげると,  手をうち合わせながら,  手を束ねて見ていれ,  手をつかみ損ねて,  手を握りかえしながら,  手をすり合して,  手をふり解こうともがきながら,  手を洗い金をさがして,  手を自分の胸へおしつけると,  手をあげて遮りながら,  手をおいてうつむいていたが,  手をとりあげて,  手を伸ばそうとした,  手を合せてたのんだ,  手を翳していた,  手を夫の方へ出した,  手を出しては,  手を入れさしてくれる,  手を無言のまま働らかしながら,  手を拭いていたが,  手を入れたりした,  手を刺す,  手を握り固めて,  手を月は待つてる,  手を突込んで路次を抜け,  手を当て退けり,  手を拍きつつ路の上を走りてくれば,  手をつけてゆけば,  手を洗いもせず,  手を曳かれ,  手を伸ばして拾いかけた,  手をついてしまった,  手をつけさせない,  手を当ててみて,  手を拍って賛成し,  手を翳せるほどにして,  手を洗っても,  手をかけるという,  手を拍って愉快を叫んだ,  手を待たないで,  手を置いて蹲っていた,  手を動かすに連れて,  手を合せておりました,  手を支いていた,  手を踏んでいた,  手を停めず,  手を広げて居る,  手を放されんさかい,  手を通さずにしまうた,  手を止める,  手を頂いて,  手をあけさせないさ,  手をおつきになりました,  手を下さずして殺した,  手をかしてやろうと思って,  手をズボンのうしろにこすりつけ,  手を放てる,  手に手をとつて踊り回つてゐる,  手を截った,  手を切らせて,  手を入れても,  手を入れたりしないと,  手を入れていく,  手をぬいて,  手をふっているので,  手を氣をつけてむくんだよ,  手を出しかねてためらっていると,  手を休めていた,  手をつけないでしまった,  手を押さえた,  手を伸ばしたが,  手を当てて頷いていましょうがね,  手を掛けて立っていた,  手を拡げつつ探り当てて,  手を添えながら,  手を吸うと,  手を見て下さい,  手を入れようとした,  手を掴まれた,  手を鋭く見た,  手を捩じられて,  手を突っ込むという,  手を出したくらい,  手を出したかと思うと,  手を出そうとしなかった,  手をついて謝るか,  手をついて謝るよりは,  手を封じられた,  手をさしのべる,  手をやらずにはいられなかった,  手を触れまじき,  手を触ってみないか,  手をつかまえようとしたら,  手をふいている,  手を反へした,  手を経ると云う,  手を触れぬが,  手をうってよろこんだ,  手をさし延べれば届く,  手を取って遊ばなければならぬ,  手を取って引立てようとしたが,  手を経て作られた,  手をかけないで,  手を懐中へ入れて,  手をとってやるよ,  手を出してやる,  手をかけてみましたが,  手を自分の帯の方へ取替えて,  手を取り合って楽しめる,  手を出してみる,  手をとってあげましょう,  手をとってにぎらせた,  手を高くあげた,  手を両の袖のうちに入れ,  手を焼いたらしいね,  手を出して取り,  手をあてて言った,  手を握りあう,  手を両手で握って,  手をハンドルから放すと,  手を一切の人々のまえにさしのべられつつある,  手を要求する,  手をとり合って行く,  手を差出し,  手を差延べながら,  手を額にあてながら,  手をかけて立つてゐたが,  手を貪る,  手を憩めて何か重大命令を受けて来たらしい,  手をもて遣ふ,  手を出したか,  手を揉み合わせては,  手を舐める,  手を咬ませろ,  手を何時までも宙に支えている,  手を延して拾い上げると,  手を合して拝んでいた,  手を延ばそうとすれば延び,  手を併用すべきだろう,  手を染める,  手を借せ,  手をさし上げながら,  手に手を得物提げて,  手を棚へ延すより,  手をのべて聴くとしも,  手を経由する,  手を懐中にして,  手をゆるめてはならない,  手をお下しになったという,  手を着けていない,  手をただちにパネルへもどして,  手をつないでまわりはじめている,  手を出しに行く,  手を黙って出す,  手を触りあっていた,  手を取って戦いつつ倒れる,  手をかけぬ,  手を差延べた,  手を放してくれた,  手をかけようとして見ると,  手をさしのばした,  手を放したとすると,  手を伸そうとした,  手を尽して探した,  手を借りては,  手を上げろ,  手をさし伸べたが,  手を私はそのまま帽子の上に持って行った,  手を動かしかけるが,  手を自分の肩の上へやりながら,  手をつけるだけだった,  手を一人の男が曳いて行く,  手を懐中に差し込んだと見る,  手を出さずには置かないという,  手を入れて取り出して,  手を延ばして来る,  手を胸で合わせて見せて,  手を出すまでの,  手を明けて,  手をかけていました,  手をわけても,  手を入れてみた,  手を後ろへ廻して,  手を尽して探った,  手を入れたと見ると,  手を合わせてやるべき,  手を持添えて,  手を振って飛び退いた,  手を廻しくさって,  手をあてがうて動かして見,  手を二つ重ねて,  手を出すに,  手を免れ得なかった,  手を取って教えて下さった,  手をお出しになって,  手をお蒲団の中へそっとおいれになった,  手を打ち合せて,  手を掴んで泣こうかしらと,  手をとっていった,  手をとり鳴く,  手を切って行った,  手をつづけていた,  手と手を握り合って歩いて見たかった,  手を出さないであろうし,  手を引っかけて,  手を下したか,  手を握り合っている,  手をぐっと握ってみたが,  手をつよく握られて,  手をいれてみた,  手を突っ放したらしい,  手をもじもじさしたが,  手を綿入の袖に入れ,  手を下されてみると,  手を借りた,  手をギュッと握ったが,  手を振り解いた,  手を振り放そうとはしなかった,  手を自分の口まで持って来て,  手を山吹はちょっと引いたが,  手をとったが,  手を繋ぎ合わせ,  手を抜き出した,  手をまた懐中へ差し込んだが,  手を振ると,  手を上げたなら,  手をグイと前へ引き寄せた,  手を胸の辺で掻き捲り,  手を上へ下へと上げ下げする,  手を掛けて引き開けると,  手を放そうともしない,  手をベロベロ嘗めた,  手を挫いていた,  手を落とされた,  手を膝へ置いて考え込んだ,  手をつくし出した,  手を引っこめました,  手をのばせばと,  手をつけねえで放っときやした,  手を突いたじゃあねえか,  手を仙太郎は思いついた,  手を窓の外に出して見た,  手をお遺しなされた,  手をやってみた,  手を手繰って,  手を控へ掌に葉を撫して,  手をあてがってはすべり,  手を海老のように赤くへし曲げながら,  手をまっかにしながら,  手を取り上げてなでてみたい,  手を腕の所で堅く組む,  手を掴んでいられては,  手を尽くしたが,  手をひかれて帰ってきました,  手をつけんと,  手を離れたがる,  手を相当に心得ているという,  手を濫用して来るから,  手を離れないでいる,  手に手を取って逃げようとでもいう,  手をかけしが,  手をつなぎ合してる,  手をとってくれる,  手をふれながら言った,  手をとらえて,  手を触れてはいけない,  手を握っていてもらいたがった,  手をたたいて叫んだ,  手を触れちゃいけません,  手をはさまれた,  手を引張って,  手を引かれていた,  手をつけるだけの,  手を握りしめたかと思うと,  手を動かしておると,  手をかけようとしたが,  手をつないで歩いたか,  手を合わせて拝んでは,  手を緊く握り合ってつないでいた,  手に木綿紙手を持って,  手を拡げたく,  手をとり合って語る,  手をぎゅっと握りしめた,  手をうつた,  手をソツと掴んで,  手を伸して見たり,  手を触れさせる,  手を親しく握りしめて,  手をも休めないで,  手を差出していた,  手を貸してやり,  手を取り合いながら,  手を差出さなかった,  手を出して撫でて見たくなる,  手を確と把りたる瞬時が大濤のごとくに揺れる,  手を落とした,  手を風のごとく動かした,  手を舷から外へ出して,  手を真直に伸して,  手を合はせてゐるか,  手を合はせて,  手を押えつけてのませる,  手を下したから,  手をシッカリ握り合う,  手をつかまされない,  手をはなしたり,  手をつけるより,  手を後ろへ廻されて縛られてしまいました,  手を組み足を蹴上げて跳ね廻る,  手を伸すとの,  手を繃帯した,  手をかえると,  手をじゃれながら,  手を拭こうとすると,  手を翳すと,  手を取合ったは,  手を離しましょうか,  手を両手で包んで暖めてやりました,  手をあてて見て,  手をつっぱって,  手を入れてしまって,  手をとって走り出さうとしましたがも,  手をそつと握つて,  手を掛けて仰向かせて,  手をふるわせながら出て行った,  手を後の方へぎゅっと廻して放さなかった,  手を引いてはいって行った,  手をとって乗り込んだ,  手を引きずって行く,  手をひたし,  手をとってゆすぶったりした,  手を離れ得るらしい,  手をとらえ,  手から自分の手を引込めた,  手を押し当てた,  手を触れられると思う,  手を心こめて握りしめた,  手を引込めなかった,  手を打ちながら言った,  手を彼に差出し,  手をうち振った,  手をせっせと動かしていた,  手をもちながら,  手を動かしているかとおもうと,  手を遅らせまいとばかり,  手をおぼえこんでくれたなら,  手をひったくって,  手を覚えこんだ,  手を出しているとか,  手をよくしているという,  手をやったりして,  手を引きずって駈けて来る,  手を切らぬ,  手をもって制して言った,  手をこんな風に握つて,  手を高くあげて,  手を空に振り上げた,  手を止めてしまった,  手を章魚のように八方に広げて,  手を肩から吊った,  手を泳がせている,  手をかけて待っていた,  手を振つてゐるが,  手を高々と延しながら,  手を突ッ込む,  手をつながず,  手を伸ばしました,  手をひかれて行き,  手を振るもあり,  手をお叩きなされてと,  手を合わせて拝む,  手を薬鑵に掛け,  手を母の額にやって,  手を伸ばすと届く,  手をあげて怒鳴る,  手を掛けようとした,  手を措かぬので,  手を通していない,  手を入れて貰う,  手をひろげすぎて,  手を洗ったくらいであった,  手をひっこめろ,  手を撒して,  手をぐいと拭きつつ,  手をぐいと掴んで,  手を畳にす,  手を引張ると,  手を置いてすわりました,  手をのばしてもとどきませんでした,  手を貸したりなどしながら,  手を離しました,  手を切らない,  手をおしこもうとすると,  手をかけるが,  手を着けている,  手を掻破りけるを,  手を前へ出して,  手を放すので,  手を掛けない,  手を強く捉えた,  手を出して攫み上げ,  手をにぎっていた,  手をとりあった,  手をピタリと止めて,  手を引いて帰る,  手を遣って掻こうとすると,  手を突いてみなさい,  手をとつて呉れ,  手をあけてる,  手を執ったが,  手を大きく振り,  手を後ろへ引いた,  手を差しのべる,  手を考えついた,  手をつかんばかりにして頼む,  手を振りはらいながら,  手を高く振つてみせた,  手を撫でながら,  手をふつていた,  手を振つている,  手を取つて促した,  手を延していない,  手を下すにしても,  手を下している,  手を突っ込んでみなせえ,  手を伸ばしたり,  手をつけてみや,  手を肩に取って立とうとしたが,  手を入れたくらいな,  手をむにゃむにゃ食べました,  手を引き寄せてじ,  手を鳴らしたので,  手をねじる,  手をつけてねえ,  手を出しえないほどに,  手を貸してやろうっていったって頼む,  手を引いちまっちゃ,  手を染めたとならば,  手を経ていず,  手をおどかした,  手を出されぬ,  手を碎かれ,  手をふりのけながら,  手を出しなよ,  手をぐいともう草香流で逆にねじあげると,  手を借しな,  手をつけられてさえいないと云って,  手を通じていた,  手をあげくだされませ,  手を洗ってきて,  手をさしこんでみました,  手を借る,  手をふりあげたり,  手を自分の首に感じた,  手を見入る,  手を置きそえた,  手をぎゅっとねじ上げた,  手をおいて考え直してみてもわかる,  手を用いましたから,  手あぶりの上へ両手をかざしていた,  手をつけていく,  手を頭に上げて触れてみますと,  手を鳴らしながら,  手がわしの手を捕,  手を胸の上に合せてゐる,  手を舐めてゐる,  手をわしの髪の中に入れては,  手をのばせば触れんばかりの,  手をあげるから,  手を押えながら,  手を引かする,  手を引いていろと,  手を引かねえと,  手を合わせておりましょうよ,  手を引きましょうよ,  手をひけた,  手をおあげくださりませ,  手をおつけなさらない,  手を触れましたが,  手をかけたを,  手を貸しましょうかな,  手をおあげなすって,  手をおあげなすってくだせえまし,  手をかけやがったから,  手を叩きつけたり,  手を揉み合せながら叫んだ,  手を当てさせろ,  手を載せながら云った,  手を突込んで四辺を見廻,  手を相手に懸けた,  手を求めようとなさいますか,  手を突き込んだり,  手を自分の手に握っていた,  手を握り合せながら,  手を除いては,  手を伸ばすだけで,  手を引っ込める,  手を捕えた,  手を背後にして歩きながら,  手をさし伸べる,  手をたたいて呼び招いた,  手を替えてのろい参りにいったろうよ,  手をつなぎながら,  手を取ってつねろうとした,  手をさし込んでみると,  手をねじあげておくと,  手をぐっと抑えたが,  手を引こうともしないのみか,  手を握り返しながら,  手を入れてはたくしあげている,  手をわななかせて,  手をわななかせたり,  手を抑える,  手を挙げれば,  手をかざしたかと見ると,  手を口のあたりへ持って行って,  手を洗って参りますから,  手を添えて下さる,  手を尽してくれた,  手を貸して殺せと言っても,  手を束ねていると,  手を舐めずって,  手を引かれてでも出て,  手を經て行はれた,  手を押えながらいざなっていった,  手を草になすりました,  手をさっと開いてさし出すと,  手を撲った,  手を突き出した,  手を止めて振り返つた,  手を掴ま,  手を片手で払ひ除けながら,  手を借してくださいまし,  手を振り放す,  手を白いハンケチのやうな物で結はいておりて来た,  手を膝に置いてゐる,  手をあげて招いた,  手を触れるって,  手をふさいだ,  手の上に手をのせた,  手をたぐる,  手を引いて逃げようとして,  手をつけまいな,  手をつけずにござります,  手を触れさえしなければ,  手をのがれ,  手を振り返しながら言った,  手を出さなくちゃいけないわ,  手を取り合ったりするのに,  手を耳にかざし,  手の上に自分の手を置き,  手を取られて駆けさせられる,  手を振り合わせ,  手を取って言った,  手を貸してやった,  手に自分の手をのせて言った,  手の中に彼の手をしばらく握っていた,  手を通そうとした,  手を休めようともしない,  手を軽くぎゅっと押えると,  手をおいて考えてみておく,  手を持とうとすれば,  手をつけさせぬ,  手をあげたな,  手をおいて考えてみろい,  手を見ろい,  手を変える,  手をのばしたからには,  手をつけてはならぬと存じました,  手を出したじゃねえか,  手をまちがえたのよ,  手を見たい,  手を恥ずかしそうにさし出しました,  手をあげりゃ,  手をかまれるた,  手を貸そうと申しました,  手をふるはせながら,  手を離してし,  手を燒いたにちがひない,  手を染むる,  手を染めぬ,  手をおいて立つてゐる,  手をひひきく,  手をつかみをれは,  手を引っ込めてしまう,  手を突っ張って力んでみた,  手をだしかねると思う,  手をみせず斬り倒した,  手を押えたという,  手をぬいて立ち上りましたが,  手をまきつけてねじりました,  手をもみ,  手を尽したりとて,  手を離したから,  手を打つたつて,  手を盡さねば気が済まぬから,  手を差し延べ,  手を引きこめ,  手を使わず,  手を延べたのに,  手を引いて居るは,  手を引ける,  手を盡していけぬ,  手を捕えようとした,  手を取ろうとする,  手を出したとすれば,  手を喰う,  手を包んで居る,  手を着けるより,  手を何うしたろうと思い,  手を入れようとしたが,  手を引っ掻かれて居る,  手を入れて見る,  手を悉く熟視した,  手を附いて居ると,  手を突いたが,  手を振り離して,  手を取って引くと,  手を引き立てると,  手を開かして見ると,  手を拍って煖炉の前で雀躍して居る,  手を出したけれど,  手を差し入れたが,  手を入れるに及びません,  手を隠して居た,  手を隠すだろう,  手を盡して,  手を遮り,  手を掛け引き開けて,  手を取り争うて居た,  手を取り上げて,  手を弄ぶ,  手を少しでもお弛め成,  手を弛めては,  手を捕り,  手を触れるさえ,  手を握らせて置いて下さい,  手を取らんばかりであった,  手を振って断った,  手を振って答えた,  手をにぎり合った,  手を強めていた,  手をつかみとり,  手を延して呉れる,  手を振り廻した,  手をやって眺めはじめる,  手を握りしめていた,  手を差出し得るだけの,  手を差出そうとする,  手を差出すだけの,  手を三度ふって,  手をあげて立った,  手をぶるぶる顫わせ眼もひきつっている,  手を叩いてころげまわってから云いました,  手を煩はした,  手を離さなかつたりして,  手を上から持ちそえ,  手を捕まえた,  手を肩越しに掴んだ,  手を振り上げるまでになった,  手を止めていた,  手をつけさせたがらない,  手を引止めた,  手を高くさし挙げ,  手を変えた,  手をくださなかったら,  手をしばられている,  手を擧げた,  手を拱ぬいてし,  手を打ち振るだけで,  手を根本からぼろりと自らもぎ落して,  手を差し伸して,  手を借りてできあがる,  手を絞り消して絞り明けると,  手を着けるべき,  手を着けたであろう,  手を思わず振り放した,  手を触れてみて,  手を払い退けて,  手をきられた,  手を下さないばかりで,  手をさし込んだら,  手をつけかねている,  手を触れるばかりにして,  手を合わせたのに,  手を支きましたとさ,  手を洩るる,  手を垂れた,  手を出さないかの,  手をふれないか,  手をぐいと引いて,  手を洗うやら,  手を今宵もか殿の稚子が取りて嘆か,  手をつけて見る,  手を放されたら,  手を離せば,  手を愛想に振りながら待たし,  手をせはしなく動かしながら,  手をついてあやまつてゐました,  手を執って落着けようとするが,  手を燒いてゐた,  手を差し伸べ,  手を伸して追い縋ろうとする,  手をあてがって突き出した,  手をひくと云ったら,  手をひくかと訊くと,  手をひけと,  手を携へて互に戀情を語り,  手を早速用いたりした,  手を付けなければ,  手を探り取って,  手を取って謹まやかに導く,  手を切断され,  手を相手の方へ寄せて,  手を掛けようとする,  手を暖める,  手を引っこめたが,  手をならして,  手を合わせて拝みながら,  手を卸さずとも,  手をひつぱれば抜ける,  手を拡げると,  手を休めるなり,  手を着けてゐなかつた,  手を繋ぎ合ってもいるし,  手を真赤にして,  手をやりはやっても,  手をどうにも斯うにもする,  手をかざさず,  手を滑らして堕ちた,  手をゲルダのく,  手をにぎりあいました,  手を合す,  手を採,  手を洗はうとする,  手を拍って賛成しました,  手を引き合って飛び出して,  手をたたいたりしていた,  手をたたいたり,  手をついて立つ,  手をつけて見た,  手を付けて見た,  手を触るるな,  手を差し出してもやらずに放っておいて,  手をつけ顔を浸した,  手を愉快がらせ,  手を待ってる弱り果てた,  手をなで,  手を彼に差し出した,  手をもっていた,  手の上に自分の手を置き添えて,  手をつけまいとし,  手を少し強く握りしめた,  手を握りつぶし,  手を振って通り過ぎる,  手を放そうとはしなかった,  手を引張った,  手をおさえて,  手をふりほどいた,  手をすげなく振り切って,  手を取ろうとしたが,  手をにぎりかえした,  手をにぎってふった,  手を携ふる,  手を振りながら寝ていたが,  手を捩じあげて,  手を引き合って帰って来たが,  手をグングン引いてあるき出した,  手を引き止めた,  手を引いてやろ,  手をかけてやった,  手を拍ち鳴した,  手をじっと握りしめた,  手を離れたるも,  手を拍つて一唱三歎する,  手を着いて,  手をその頬の辺へ齎らして唇を指に触れて,  手を返した,  手を二の腕の見ゆるまで,  手を後へ引き,  手を密と取った,  手を押えた,  手を辷らした,  手を抜けて,  手を合わして拝むといっても構わんな,  手を放さないでいた,  手をしっかと取って,  手を膝に下げて,  手を拍ったり,  手を負うた,  手を曲げて,  手を動かすに,  手を静かに払って,  手を差延べて,  手を摺抜ける,  手を放すなといって,  手を洗いに出かけて行く,  手をさし込もうとしました,  手を引張り出して,  手を振り放つて逃れようとする,  手を取らうとする,  手をじつと握りしめた,  手をたたいて笑う,  手を河合に取られている,  手をギュッと握って,  手を尽してくれる,  手を取るばかりに,  手を取って歩いている,  手を触れれば,  手を爛らせてしまう,  手をしょんぼり振り切って,  手を押えたが,  手をぬッと伸ばして,  手を働かして泳ぐ,  手をひいて行こうとする,  手を振り払った,  手を放すな,  手をつかむと,  手でその手を握りに来るので,  手をかけようとしますと,  手を出してまさぐる,  手をやつたなり,  手を廻して引ずり起さうとしたら,  手を触れても見なかった,  手を引きましょうが,  手を出されたら,  手を合わせて拝んでいる,  手をひっぱった,  手を握りあって居た,  手をなでて見たり,  手と手を握り,  手をぶった切るぞ,  手を覘っている,  手を同時に一つの速度が滑り抜けた,  手を彼の方へ差出した,  手を軽く握った,  手をぶつた切るぞ,  手を覘つてゐる,  手を軽く握つた,  手をあげて求めてゐる,  手を切つたと仰,  手をもぎとる,  手を揚げて制した,  手を洗わせ,  手を翳させた,  手をぬいと,  手を叩いてよろこびました,  手をパチパチ叩きました,  手をながめ,  手をもち,  手に自分の手を重ねたり,  手を執っていた,  手をはずしもしないで,  手をしていた,  手をあてて話させなかった,  手を握りしめて言った,  手をつけようとつとめた,  手を掛て水をのぞきし,  手を緩めて,  手を軽く女の双手にかけた,  手を分かって尋ねに出るとともに,  手を掛く,  手をかけて揺さぶり,  手をさえぎる,  手を広げる,  手をお叩き遊ばして,  手を取って引出して,  手を放してしまったけれども,  手を合せました,  手を投げ出す,  手を探し始めた,  手をつけさせる,  手をさし込む,  手を挟んだ,  手をば暫時握,  手を突込まうとして居つた,  手を横合からにゆつと突込んだ,  手を知っている,  手を著け得ざる,  手を堅く握つた,  手を執らうとした,  手を空気を切る,  手を家畜の方に差し延べては,  手を組み合はせて眺める,  手を再び動かしはじめた,  手を無意識なやうに膝に休めて,  手を動かし始めた,  手を伸ばさうとする,  手を連発して,  手を当てがって,  手を噛んだ,  手をすぐ短刀にかけた,  手を細い帯の間に突込んだ,  手を楓のように開いて,  手をかけようとしました,  手を具えた,  手を下して掘つた,  手を採りあてると,  手を出しかける,  手をつくすべき,  手を着けたばかりの,  手をかけようとしている,  手をはらつて,  手を下さずにながめていたいという,  手をつないで走る,  手をのせると,  手をつっこんで見ると,  手を打つては,  手をつくす,  手を止めてし,  手を拍って使僕を呼んだ,  手を下さないにしても,  手をたがい,  手をおとなしくスカートの上に休ませて,  手を廻しておいても,  手をあてがって,  手を見せ兼ねない,  手を縛って置いて,  手を空しうして帰って来たが,  手をつけないでいたが,  手を与えてくれない,  手を懐中へさし入れると,  手をまたも懐中へ入れて,  手をよく書き,  手を首筋に当てて,  手をやるからには,  手を差延べれば届く,  手を拭う,  手をやって掻いさぐったかと見ると,  手を拍ちやしょう,  手を取り合っている,  手を取り合うといった,  手を前に置いての,  手をお借り申せば,  手を洗いに行き,  手を顔にして,  手をついて聞きました,  手を空け,  手をお入れ遊ばした,  手を引あつて黙,  手をついてのびあがって,  手を空けようとして,  手を引あって黙って,  手に手を取って逃げる,  手を求むべく,  手をひろげて驚けば,  手を後に廻して,  手を堅く握つて,  手を開いて留めたも,  手は手をつがひ,  手をとつて自分の頬におしつけた,  手を有つて居た,  手をこまぬいて眺めてゐるより仕,  手を離れても,  手を宙へあげて,  手を見たらわかるでしょう,  手を離して言った,  手をとってくれてる,  手を差し出すという,  手を震わせまいとした,  手を触れようともしないで,  手を差し出して言った,  手を膝の上に行儀よく組み合わせ,  手をあてなければならなかった,  手をとられてる,  手をとり合った,  手を差出しましたが,  手を差出しました,  手を引つこめて,  手を心地よく見つづけながら,  手を伸せば,  手を出すという,  手を出さずに済ましていられる,  手を出さずに済ます,  手を拍ち合って囃したてる,  手を尽しているという,  手をつけさせなかった,  手を組む,  手を焼いたからである,  手を抑えつけた,  手を振り離しながら,  手を揉んでいた,  手を合わさんばかりの,  手を差し伸べるかも知れない,  手を差し伸べていてくれるのに,  手を組んで歩いている,  手を切りましたと,  手をかわれ,  手を取りながら言った,  手を黒くよごしている,  手を振って見せる,  手をこすりながら,  手をこすりはじめた,  手をこすりながら立ちどまった,  手を握りあひ,  手を携へて現はれぬ,  手を御握になりましてネ,  手をつかへ,  手を経ての,  手を拍つてザンザめく,  手を置きて,  手を握りつ,  手を暫ばし休めつ,  手を当てぬ,  手を採りて急がしつ,  手を握れり,  手を一ときは力を籠めて握り返へしつ,  手を挙げて思ふ,  手を膝に置きたる,  手を拱けり,  手を漏れて,  手を拍つて哄笑せしにぞ,  手を振り始めぬ,  手を引かれな,  手をシカと握りて,  手を伸ばしはじめて,  手を握ったので,  手を引かれて行くと,  手を掛けつ,  手を振って見送ったが,  手をやめる,  手を拡げている,  手を捜した,  手をしっかり握りながら,  手を突込んで掻きまわしながら,  手をグングン引っぱって,  手をその水で洗わせ,  手を震わせながら,  手を牽いて,  手を差し出してくれる,  手を脱すると思ってる,  手をつけるや,  手を切ってしまっていた,  手を差し出さずにいられますか,  手が彼の手をとらえて,  手を取り合ってるが,  手をゆるめようともせず,  手を握りしめながら言った,  手を差し出してはくれません,  手の上に自分の手をのせて言った,  手を彼へ差し出した,  手を差し出しながら,  手の上に自分の手をのせながら言った,  手をのべてゐます,  手を尽してやらなき,  手をのべて受取ると,  手をつけようという,  手を揃えてできるだけの,  手を引いて戻って来ましたよ,  手を引いて戻って来た,  手をさしのべてさわってみたが,  手を掲げて,  手を着けはじめてみた,  手を着けなかったという,  手をかして導くに過ぎない,  手をぎゅっと握りしめようとした,  手をふり払うと,  手を握ろうとさえした,  手を眼のところまで上げて,  手を水温くらいに冷たくしておく,  手を引いてもらいたいと,  手を胸にくみあわせ,  手をあはせました,  手をふると,  手を絞る,  手を女王に向かって緩めなかった,  手を差し伸べてみようと,  手を心得ていた,  手に手をとって踊った,  手を振って退がらせる,  手を加えられなかった,  手をつかぬばかりにたのんで下さって,  手を拱いて佇むばかりで,  手を揉み,  手を置いてかしこまってしまった,  手を取り合ったら,  手を出しません,  手を出しちゃ,  手を切り落とす,  手を拍って女中をお呼び下され,  手を振って止めた,  手を引っこませると,  手を強く引っ張って,  手を人々に伝えたら,  手を逆に返されまして,  手を一寸前に出したが,  手を延べる,  手を拍いて踊りて,  手を拭ふです,  手をあげて来た,  手を着けたる,  手を出して捜し出したかの,  手を寝台の向うに廻して探る,  手を絡んでゐた,  手を差し出してとらえようとした,  手を引いてる,  手を差し出してやらなくちゃいけない,  手をつけ得ない,  手を顔からのけて,  手を出していて,  手をあてながら言った,  手を差し出してる,  手を見てみ,  手をやっとのことでのせた,  手をながめると,  手をかしてください,  手を差し出さずにはいられなかった,  手をのせていた,  手を両手に握っているだけの,  手をつけようと,  手を右のポケットに突っこんで,  手を天井に突き上げた,  手を伸ばせるかい,  手を最大限度に力を入れて握ったと見せる,  手をヤヨイ号の残骸の方へのばし,  手を引き寄せて,  手を折りて,  手を動かすも,  手をかけて起こそうとする,  手を入れて探ってみると,  手をとらえると,  手を引き入れようとする,  手をポンポンと叩く,  手をうしろへまはして,  手を眼の前にひらけて,  手をかけておられる,  手を突き合う,  手をあげ殺せ,  手をもんで,  手を拍って調子を合わせた,  手をもみもみ,  手をこまねいているとの,  手をもみながら言う,  手をもみもみ言った,  手をもんだ,  手を堅く握った,  手を放させた,  手を経,  手を引いたという,  手をあてがった,  手を掛けるから,  手を振ってよけました,  手を触れさせない,  手を熱心に源氏が弾き出したので,  手を取って引き立てようとあそばされる,  手を一つ二つ弾いた,  手を前へ伸ばして,  手を胸の傷口のあたりへそっとのせ,  手をかけて揺って見ると,  手を尽して調べて見たが,  手を出すから,  手を掛けんばかりにして,  手を打って言った,  手を当てて念じている,  手をお出しになろうとしない,  手をふれたら焦げただらされ,  手を顎のあたりまで持っていって笑う,  手を出して取ろうとする,  手をつかまうとした,  手を置いたりなどはしない,  手をつなぎ合って立っている,  手を内懐かポケットの中へ隠したがる,  手をかくしから引っぱり出せ,  手を焼かせなかった,  手を弛めず,  手を出さぬので,  手を取りながらつぶやいた,  手を取って進んでゆく,  手を取っててあげよう,  手を差し出させる,  手を腹の上に組み合わせて,  手を取ってくれた,  手をつなぎ合っていた,  手をかしてくれた,  手を携へる,  手を袖に引き入れながら,  手をおつけになりません,  手をこまぬき,  手を懸けつ,  手を染るに,  手を離れようとした,  手を回って,  手を離れずにあって,  手を動かさないと,  手を拝借いたしたう御座います,  手を放さない,  手を委ねた,  手を触れたくないと,  手を挙げて指すといふ,  手を上げながら,  手を出して見たり,  手を上から下へと振り下すので,  手を空けると,  手を當てたが,  手を柱に縋つて,  手を出さうとして,  手を下げます,  手を出さないで,  手を出しゃ,  手を突込んで手巾を出そうとした,  手を下してなされたり,  手を取りながら教える,  手を夜着の下に入れて,  手を院はお捉えになって,  手をとつてキスを与へようとしたら,  手を引いて走る,  手を挾まれて困り,  手を出そうとあそばさない,  手をとりふれぞや,  手をかけて出ようとしたが,  手を横に振って,  手を膝にして,  手をツイと自分のほうへ引き寄せると,  手をふりほどいて言った,  手を宮のお召し物から引き放させる,  手をすり合わせて頼んだ,  手と手をつないで,  手をおとらえになって,  手を避ける,  手を膝の処へ置いて,  手を曳かれて連れられた,  手を曳かれて行ったが,  手を離さなかったが,  手を曳こう,  手をこうやって,  手を柔かく筆を持添えて,  手を緩く浮かべ,  手を浮かぶるなり,  手を緩く浮かぶるなり,  手を空中に浮かべて,  手を静止する,  手を蓋の上に浮かべし,  手を出だすに至り,  手を振り躍り上がりつつ,  手を水にて清め,  手を静かに保ち,  手を清むるときは手に湿気を帯ぶるをもって,  手を静かに保つ,  手をひらき見れば,  手を胸上に置き,  手をせわしくふって云いました,  手をせわしくふつて云ひました,  手をぐっと掴んだ,  手を取り入れるとの,  手を触れないでいると,  手を許せ,  手を染めはじめた,  手をこする,  手をこすって,  手を机の上に載せていると,  手を引抜いて,  手を入れてみたが,  手に手をとって駈,  手を引っこめもしなかった,  手を拱している,  手を廻したなんぞという,  手を空しうして出て来た,  手を火鉢の前にかざして,  手をなぶる,  手をかりて行う,  手を載するを,  手を出だして,  手を放ちて,  手を出だす,  手をわずらわさずに,  手をポケツトに突込んだ,  手を隠して,  手を辷ったか,  手をやって見て,  手をいじくる,  手をかけながら立っている,  手を引いて連れていってくれる,  手をふりほどいて,  手を無理にとった,  手を引っぱられて,  手をつなぎ合った,  手をしっかりと握っていた,  手を心もち弛めた,  手をかけて攀じ,  手を引張るくらいはしゃいで,  手を楽しませる,  手を無理に引張って,  手を上げたり下ろしたりする,  手をかけあって,  手を廻して探しましたが,  手を出しゃしなかろう,  手をゆるめずに責める,  手をとらえた,  手を出して招いている,  手を教えたという,  手を耳から探り出したいと願う,  手を触れようともしない,  手を突いて謝ってみせ,  手を大きく振,  手を引いてしまふ,  手を引いちまつた,  手を引くまいと,  手を洗つた洗面器とシヤボンと手拭の後始末をしてゐる,  手を合せんばかりにして,  手を突いて詫びる,  手を引きて,  手を高く上げて叫んだ,  手を拍つて悦んだ,  手を振り切って出ていった,  手を持つと引っ張りながら,  手を出していった,  手を曳いて歩いた,  手を延ばさずにはおれなかった,  手をとるといった,  手を組み出すと,  手を濡れた,  手を出そう,  手を上げて進んでいった,  手をかけていてくれ給え,  手を借りなければ,  手を出しながら立ち上ったが,  手を引き降ろした,  手を擦りつけた,  手を掴むといった,  手を動かせば食える,  手を放さずに抱きすくめた,  手を延ばしたと,  手を強く握りながら,  手を通していた,  手をかざしや,  手を引張,  手を掛けはしたものの,  手をやらうともしなかつた,  手を差伸べてやり,  手を貸そうとも思っていたが,  手をお捉えになり,  手をひどくおつねりになりました,  手をどけなくつ,  手を引つ込めた,  手を常に打添へたまふにあらずや,  手をさしこんで見たり,  手を莚の下にやつてみた,  手を広げ,  手を払うと,  手を又出した,  手を引いてしまった,  手をかけたので,  手を独房の畳の上へは決してつかなかった,  手をとおし,  手を高くふりながら,  手を前後左右に振り廻すの,  手をひっぱったり,  手を代え品をかえ,  手を振つたが,  手を反古でふきながら,  手を離れず,  手を頬にあてながら黙ってな,  手を突込んで立つてゐると,  手を下し始めた,  手を離れている,  手をそへてゐたけれど,  手を貸して頂きましょう,  手をあげて悦ぶ,  手を研究ノートからはなした,  手を道夫の方へのばした,  手を口にあてて泣きじゃくった,  手を移動していって,  手を握りあって泣いている,  手をもじもじさせていた,  手を上げて追っ払い,  手をやすめ,  手を握らせて微笑んでゐる,  手をしていらっしゃる,  手を引きましたので,  手をあけてはいられません,  手を振って止めて,  手を出して見ましても,  手を附けずに,  手を振っていらっしゃいます,  手を洗ふも,  手を廻したので,  手を掛けつつ,  手をきちんとして言う,  手を曳ッこで歩行いて行きます,  手を引張合った,  手をも加へず演出したら,  手を胸のあたりからだして,  手を仕へて,  手を引いて行き,  手を果實のやうに重く感じる,  手を埃だらけにする,  手を見つめてゐるばかりだ,  手をつけようとしなかつた,  手を探し求めながら,  手を離しながら,  手をおあてなさい,  手をつけませんでした,  手をわきにたれて,  手をもみあわせながらいいました,  手を縮め,  手を労するは,  手を伸ばそうとするに及んで,  手を経由すべく,  手を血塗にして,  手をひっこめてしまいました,  手をまわしてしらべました,  手をよく切った,  手を切ったら宣い,  手を祝福しました,  手をお見せなさい,  手をかたく握り,  手を借りて押し退ける,  手を一つにして握つてくれた,  手を突ッこんでしまった,  手をすべらせて,  手をさしのばして垂れ下っている,  手をかけたと思うと動かなくなってしまったわ,  手を繋ぎ合わせていた,  手を舷の上にある,  手をはなさなければならなかつた,  手を挙げて制しながら,  手を踊らせ,  手を弛めなかった,  手を下すを以て,  手を抜こうとした,  手をはなしてもらいました,  手をとってにげました,  手をたたいてはやし立てました,  手を取っていた,  手をつけやしません,  手を振りきって逃げる,  手を外套のポケットに突込んだ,  手を伸ばさうとした,  手を引つこめながら,  手をかけてみせたりする,  手を突張り,  手を合わせておがみました,  手を触れて見た,  手を翳すので,  手を消毒して居た,  手を払ひ退けようともがいた,  手を取られて居る,  手を出しも得ずに,  手を動かすので,  手をまはして居たので,  手を知らない,  手を差し伸べていた,  手をさし伸べるという,  手をさし延べられる,  手を伸べてゐる,  手を高く差しあげて,  手をぐいぐいと引つ張る,  手を伸ばせば触れる,  手を挙げち,  手を合はせて拝みながら,  手をつなぐべき,  手を休めたりして,  手を握るを,  手をつくべきかを,  手を伸ばしてみたら,  手をのばしてさぐってみた,  手をつけちゃ,  手を触れさせちゃいかんよ,  手をつけさしちゃいかんよ,  手を握ってみ,  手をぬぐい,  手をしていたとする,  手をひきあう,  手をひいてやろう,  手をひかせて出掛けた,  手を結べ,  手を突く,  手を取つて引出す,  手を付けたといふ,  手を休めなかった,  手をのばそうとする,  手を懐ろの中に差し込んだと見ると,  手をあざやかに二本に使い分けて見せる,  手を耳もとへ軽くあてがった,  手を食ったかな,  手を挙げるから,  手を出すなら出して,  手を拍って嬉しがりました,  手を触れてみてくれるだけでも,  手を拱してはいない,  手を水仕に換えて,  手を空しうするも,  手をあばきけるが,  手を入れてさ,  手を絶叫している,  手をつけてみると,  手を尽していると云う,  手を突ッ込んで,  手をだすと,  手をあつあつとほてらして叩くと,  手を握りしめてゐる,  手を握るべき,  手をさしのべてゐる,  手を握る折りが,  手を待ちこがれつつある,  手を翳して眺める,  手を長くさし出して,  手をその方へ掲げて,  手を入れ合して立っているだけだった,  手を翳してほほ笑んだ,  手を滑った,  手を差し出して止めた,  手をしっかとにぎると,  手で氏長の手をわきにはさんだ,  手を一度ぬこうとしたが,  手を逆にねじあげたら,  手を樽の方へふってすすめる,  手をつないではいりましょう,  手をつなぎあってはいる,  手をつないでいるので,  手をふりたてて,  手をしっかりにぎっていた,  手をだしてつかまりあった,  手を大きくふって,  手をとってにげだした,  手をかりずに,  手をつなぐといふ,  手を使ふこともできる,  手を払ひのける,  手を引いてゐた,  手を伸しました,  手をすう,  手をふって呼びかけた,  手をつけかけてる,  手を執りました,  手をとりあって入ってきやがってと,  手を静かに腹の方から胸へ上げてゆく,  手を左の胸のところまであげていた,  手を下さずして,  手を入れてみよう,  手を入れて置いて,  手をつと抑えたが,  手を入れて引っかけ,  手を床に衝いて,  手を借して,  手を弛めると,  手を床に突いて,  手を切ったから倒れ臥した,  手を突きながらも,  手を貸してよ,  手を離れてしまった,  手を伸べてくれる,  手を押して,  手を押してさわってみたが,  手を度々下す,  手は他の汚れたる手を洗ふ,  手を拱し,  手を螫す,  手を横に振り振り,  手を焙っていると,  手をさし入れている,  手を叩いたが,  手を取られて習った,  手をかけて引いてみるのに,  手をはなち,  手をしっかり握った,  手を働かしたならば,  手を鼻の先へ持って行った,  手を握りかえして,  手をすぐはなしてしまい,  手を握ろうと思うと,  手を出すでしょう,  手を通じてだけでも,  手を洗わな,  手を心から女同士の思いでとって,  手をふって応え,  手を久江の方へのばして,  手をやすめてのぞき込みに来る,  手を震わせつつ,  手を合せて居る,  手を皆捻じ戻して解いた,  手を牛小屋に埋めて,  手を拍てば無数の鰻浮き出たという,  手をその戸に懸け埋めて,  手をさし伸ばした,  手をささえ損ねて,  手をあてて笑った,  手を入れて考えたが,  手をもぎ放した,  手をさしのばしていた,  手をやったらしい,  手をやいてしまい,  手を合せて拝む,  手を走らせた,  手をかくしてしまった,  手をやすめた阿,  手をつけられると,  手を打ってわらった,  手をそめた,  手をくださなければ,  手を拱いて見ておる,  手をにぎりしめ,  手を振りあったが,  手をそそぎ,  手をかりるが,  手を焼かすかと,  手を振って見せ,  手をならして下さいませ,  手を抜けるほど,  手を横から捉えて,  手をあててみたり,  手を借らず,  手をやって払い除けようとしたが,  手を掴んだので,  手を持っていらっしゃるからこそ,  手を揚げようとすれば,  手をすり合わせる,  手をすり合わせている,  手をすり合わせて,  手を高々とすり合わせて,  手を高々と頭上に合わせ,  手を握ったの,  手をすり合せて,  手を打たなければならない,  手をすり合せはじめる,  手を握りかえした,  手をやれる,  手を挙げてみせた,  手を出してくんな,  手を大きな掌の中にしっかりと握った,  手を触れるので,  手を触るな,  手をポケットの中に入れて,  手を撫でたり,  手を強く握ると,  手を握りながら言った,  手を貸して立たしてくれなくちゃなら,  手を貸して立たしてくれ,  手を貸して立たしてくれねえか,  手を前へ差し出しながら,  手を貸してやらねばならなかった,  手をあてたかの,  手を懸けようとした,  手を引っこませた,  手を振り放そうとした,  手を懸けながら繰返した,  手をつかえながら,  手を取合っていた,  手を出すべし,  手を廻して抱くとも抱かぬともつかぬ,  手を指先でピンとはじいた,  手をもつて来た,  手をまず炎の上にかざしぬ,  手を採って導き帰るぞ,  手を鳥足ごとく想像したと見える,  手を曳かれて歩いたりした,  手を見るやはらかに,  手をも焦し,  手を触るるのみで,  手を取らる,  手をば振はなして,  手をつきたれば,  手を助くるまで働けば,  手を延ばすに,  手を一寸と休めて振り向いた,  手を触ってみたが,  手を捲り上げて,  手を持ち添えてくれます,  手を突っ込んでは,  手をとって教えられている,  手を掛けて開けた,  手を瀬田の腰の所に持つて,  手を離れてから,  手をうごかさないでいたが,  手を振ろうとして,  手を持ち上げ,  手を取らぬばかりに喜ばれ,  手をすりて,  手をかけて見たものの,  手を傷つけ,  手を濡らしつつ,  手をおさえて言う,  手を握って引き立てた,  手を駄夫の鼻先へ何か硝子の棒切のやうに差し延して見せた,  手を顫はせて,  手を掻き廻しはじめた,  手を動かしたが,  手を探した,  手を静かに振り放さす,  手を動かしてゐたが,  手を強く握つて,  手を出したくなる,  手を八つも持っている,  手をとって教えてくれる,  手をはなさずに,  手を放して終った,  手を温かく握りしめて,  手と手をつなぎ,  手を支ふ,  手を拍ちての,  手を合さぬばかりに,  手を膝に置き,  手をひつぱつてあげようか知ら,  手をつけたといふ,  手を胸におしつけていたが,  手を入れてやった,  手をグイと引っぱって差しつけた,  手を合せておがみ,  手を尽くして探されもしたが,  手を上げて掻き除けた,  手を置いている,  手をグッと握った,  手を先へ出して,  手を翳して居る,  手を赤の腹へ当てて,  手を挂けて立って居る,  手をしています,  手を組み合せて,  手をさしこみ,  手をあたたかい火であたためました,  手をかけておりようとした,  手をあたためる,  手をすべらして,  手をやめませんでした,  手をあげて叫びました,  手をさし出しました,  手をさしのべました,  手をかさねておいて,  手をのけていって,  手をかさね,  手でマーチ婦人の手をにぎって,  手をうごかしていましたが,  手をふろうと思いました,  手を握り合ったり,  手をかけてなぐさめました,  手をさしのべてやりながら,  手をひっこめようとしました,  手を突っ張って,  手を土だらけにしていた,  手を廻して支えていてくれた,  手を付けるでねえだよ,  手を延ばしてくれるかもしれないと思った,  手を放して驚いた,  手を加えるだけで出来上るかも知れないが,  手をあげて打つ,  手を擧げ得なかつた,  手をあげさせて,  手を眺めている,  手をふさぎ,  手をのばして指さし,  手を忘れる,  手を引くだろうな,  手を引くとも,  手を入れられたが,  手を差入れて引き出して見た,  手を平気で握りしめた,  手を入れなければ,  手をふれたと思うと,  手を平氣で握りしめた,  手を添えてやった,  手を支えて這い出した,  手を執られた,  手を自分の手の中へとった,  手をあてたりしていたが,  手をとって曳き入れた,  手を翳そう,  手を取って引き寄せながら,  手を振り放しながら,  手を出さなくなった,  手に手をとりて行きて帰らじ,  手を母の両の掌の中にはさんで,  手を降さんばかりにして,  手をかたくくみあはせ,  手を入れたいからと言うと,  手を握りに行く,  手をひたすらになつかしげなる,  手を出すなんて,  手を附けずにあった,  手を不愉快そうに振り切って立ちあがる,  手をソッと振りほどいてと,  手を振って見ますかね,  手をかけてある,  手を当てて考えて見りゃ,  手を食うかい,  手を休めようとはしません,  手をこすってやったりする,  手を挙げました,  手を合せて拝みなど致し候うて,  手をつき候うて,  手を離し候うて,  手をくわえた,  手を出せなかった,  手を合わさんばかりにした,  手を焼いとりましたよ,  手を下していた,  手を染めたりしていた,  手を動かしても,  手をやすめず働く,  手をつかねてはいられぬ,  手を挙ぐれば,  手を入れて掬い上げた,  手を握らうとしたので,  手を病はしたりされる,  手をひろげてみまし,  手を下さぬ,  手を扶いて歩いてゐると,  手を引つ張る,  手を出すと逃げる,  手を遁げる遁げ方と時々屋前を通る,  手を拡げはじめていた,  手を染めはじめていた,  手を切ってしまわなくちゃ,  手を切らして下さい,  手を出さんという,  手を引っ張りなどしたが,  手を引っ張ったが,  手を出したらしかった,  手を仮りることも出来るし,  手を入れてかからなけあ,  手をつけていたが,  手を引かざるを得なかった,  手をやっただけで,  手を出したがり,  手をかりなければならない,  手を拍って喜び笑った,  手を突き出す,  手を伸ばして摘まみ,  手を差しいれて,  手を当ててゐたが,  手をぐっと握った,  手を分って,  手をしているねえ,  手を振上げて,  手を鳴して,  手を合わせる,  手を傷つけるばかりだ,  手を突いて平伏していると,  手を取つて引入れられる,  手を持つて居ながら,  手を持って来てさ,  手を洗いに行って来ると,  手を擦っていた,  手を痺らせながら,  手を取って引き起こそうとしたが,  手を執って泣いていた,  手を借りなければならなかった,  手をば合せぬる,  手を叩いて笑うであろう,  手を繋ぎ,  手を組んでゐる,  手を添へてたがひに,  手を携へて森の中へ出かけた,  手をライフの方へ差上げた,  手を尽くしている,  手を懐中へ入れ,  手を両手で握ったが,  手を執っていった,  手をやってなでてみると,  手を取ってもらって,  手をさしこんだ,  手を突いて這っている,  手をつくしてやらなかった,  手を取り合って喜んだ,  手を伏せた,  手を伏せて聴いた,  手をついていった,  手を入れないですむ,  手を一ぱいのばして,  手をふところに入れて,  手をまはしながら,  手をうったり,  手をつらねて,  手を胸の前で合わせては,  手を少し休めると,  手を拔いた,  手を握り返した,  手を附けてい,  手をよこさなかつた,  手をあてたり,  手をなげる,  手をおだしになる,  手をポケットに入れた,  手を拍ってひやかした,  手はこれと同じ手を喰らわされた,  手をナッパの尻にぬぐって,  手を離して見ていた,  手をガッシリと胸に握り合せ,  手を握って云った,  手を打ち合わす,  手を動かすばかりで過す,  手を受けて,  手を抜いてあった,  手を廻して来る,  手を握って来い,  手を握って行くかな,  手を引かす,  手を貸してやるよ,  手を拡げて掴みかかってくる,  手を突ッこんでいる,  手を重く引いて,  手を壊れた,  手を麻痺せしめたからである,  手を触れてない,  手をやっただけでも,  手をしばし止め,  手を引ッこめて,  手をやってみる,  手をパチパチと叩きながら,  手をかけたりしては,  手を合わせてよろこび,  手を引込ます,  手をたたいてよろこびまして,  手を引き合ってのぼっておりました,  手をふって云いました,  手をポンとたたいて,  手を捕まえて,  手を一振り振りますと,  手を突込んで腹の中をかきまわしたり,  手を拍って喜びましたが,  手を合わせて拝みました,  手をたたいて踊る,  手を振って申しました,  手をたたいて申しました,  手を合せて拝みながら,  手をパチパチとたたいて,  手をついて平伏して,  手をもぎとられる,  手を顔の前で左右に動かした,  手を挙げろと,  手を挙げぬ,  手を挙げながら,  手を顏の前で左右に動かした,  手を擧げる,  手を引いて歩いている,  手を鼻へやってか,  手を伸して揺り起した,  手を母の腮の下に遠慮なく突込んでいる,  手を振って打消し,  手を拱んだまま暫時は頭も得あげず,  手をつきて拝めば,  手を引いて立ち,  手を痛くした,  手を差出さないが,  手を持って居る,  手を卒業免状と一緒に強く握りしめた,  手をとつて降ろしながら,  手を叩くには,  手を合せて貰ってくれ,  手を合せんばかりの,  手を握らず,  手をふるわして,  手を差しのべると,  手を引いて歩く,  手をつけかねた,  手をつけておりません,  手をつけているからだと,  手を束ねて居っては,  手をそめたり,  手を拍つて笑ひました,  手をうつて,  手ををいて,  手をふりあげて,  手を出したでしょ,  手を引いて立たせる,  手を引きやす,  手に手をつくし,  手を付けて見たいと思います,  手を考へるべきである,  手を握りたい,  手を拍って驚く,  手を握らし,  手をぶらりと垂れて,  手をつけずに持つて,  手を洗つたり貝を探したりして,  手をよごさなくて,  手を発明した,  手を口にあてて答えた,  手をほどこう,  手を刎ねのけたではないか,  手をひざの上においた,  手を緩めず,  手をかけて見たが,  手を休めてしまう,  手をあげて追おうともしなかった,  手をやすめて振り向いた,  手をつかんで叫んだ,  手を人間の上に加えなかった,  手をさえぎって,  手を取らぬばかりに引き立てられて,  手を捻じ曲げて,  手をつかねて観てもいるまい,  手をさえぎられて,  手をもう太刀の柄がしらにかけている,  手を働かせながら答えた,  手をかけて寄らば討とうと睨みつめていらるると,  手をゆるく振った,  手を把って睦まじくあるいて来ると,  手を捉へてゐたので,  手を取合って泣いている,  手を挙げて飛乗って,  手を下しても殺してやりたいくらいに思った,  手を待つて,  手をもつてゐる,  手を痙攣させた,  手を出すに先だつて,  手を膝の上にのせて,  手を冷めたくして稼いで送つてくれた,  手をふれてみました,  手をやつて帽子をぬいで,  手をそのままの位置に保とうという,  手を出しやあがるのでせう,  手をこすつた,  手を取り合って泣き暮らした,  手に手を棍棒を振り上げて,  手を当てて恐る,  手をつなぎましょう,  手を非常な力で跳ね除けながら,  手を離しなさい,  手を検温器ぐるみ強くはさんで,  手を軽く握つて,  手を彼女の首へかけようとすると,  手を切つたつて,  手を引かれて行きます,  手を繋いだ,  手をスルリと脱けて,  手を加えたが,  手を得て,  手を觸れ哀しめる,  手を離したが,  手を引いたではありませんか,  手を揮りはらって,  手をひかえた,  手を執りあって泣いている,  手を出さないし,  手を煩はすに及ばない,  手を触れて貰った,  手を握ったなんて,  手をかけるだろう,  手を入れて探った,  手を引いたが,  手をつけて居る,  手を拍って悟る,  手を出しかけ,  手を押つけりゃ,  手を懸けながら,  手を握らうと思ふ,  手を手帳に控えて,  手を放したが,  手を素疾く引込め,  手を袴越に白くかける,  手をつかね,  手を離れたからって,  手を打つて置くだけの,  手をもっていない,  手をかけてきいた,  手をうって笑った,  手を自分のほてる,  手をちらりと見おろして,  手をうって歩くと,  手を自分の頬にもち添えて泣きながら,  手を洗いだした,  手の中から自分の手をしずかにひっこめた,  手をおいている,  手を洗って出て行ったが,  手をやったので,  手をふるわせつつ,  手をとってなでながら,  手をひっこめている,  手を経ず,  手を膝の荷物に掛けて,  手を黒羅紗の前垂の下へ差し込んで,  手を煩はしたので,  手を知らないで,  手をうごかし,  手をはわせて,  手をすべり落ちた,  手をあげてとめた,  手をお引きねがいましょう,  手をよけようともせずに,  手を置こうとしていた,  手を取ろうとしたので,  手を伸ばし過ぎた,  手をお引きなすった,  手を胸元へまわして,  手をたたいたりした,  手を引きませんから,  手をさし伸べてくれた,  手をふりあげた,  手を拾いあげた,  手をふって逃げまわっていた,  手を放すには及ばぬ,  手をあげておさえた,  手を引いて助け帰った,  手を出さなければならなかった,  手をかけてくるであろうと,  手を切ってもらえれば,  手を引いていただきたい,  手を休めて考えこんでいる,  手をまわして調べると,  手をまわそうとしたので,  手を飛ばした,  手をみつめていた,  手を下して殺すか,  手のないところに手をつくる,  手を見つける,  手をひっこめず,  手をかざしていると,  手を煩わす,  手をつと握りしめた,  手を長く出してみた,  手を洗ってくる,  手を握っていてくれ,  手を握ってやった,  手を任せ,  手を打振った,  手を挙げうるであろう,  手をとろうとすると,  手を触れてはならぬぞ,  手をグッと握って,  手を取るなりするが,  手を出してあける,  手を袂のなかへ引っこめただけだ,  手を附けるとは,  手を横穴に突出して,  手を一つ動かさずに,  手を引いて下ろそうとする,  手を廻していますから,  手を突き込めない,  手を与えるでしょう,  手をのばして探りながら,  手を借りなくちゃ,  手をさし出しましたが,  手を揉み絞って嘆き始めた,  手を揉み絞って,  手を揉み絞りながら叫びました,  手をひっ込めて,  手を放させてやろうと思った,  手をゆるめていたならば,  手を放してやらないぞ,  手をさし上げて,  手を上げましたが,  手の中に彼の小さな手を置きました,  手を動かすだけで,  手をたたいて言った,  手を焼いて居りましたら,  手を伸ばすどころか,  手を空うしてオメオメとどうして帰られよう,  手を接吻していました,  手を伸したら届き,  手を伸すと取れる,  手を荒々しく振り上げて,  手を上げれば,  手をしかと掴んで,  手をとりあってよろこびました,  手をかざして見ました,  手を近づけすぎたので,  手を触れて見ました,  手を落しました,  手を移すという,  手を振っていいました,  手をさし出されたので,  手を額にあてました,  手をかけていいました,  手に握手をして云った,  手をもう一方の手でこすった,  手を自分のもう一方の手で持ち添えて,  手をゆるめて下さい,  手を把り肩を接して語る,  手を把つて水辺を歩み,  手を分ちぬ,  手を出さぬという,  手をあげろというからな,  手をあげなさい,  手を借りなければ行う,  手を煩わしはしません,  手をふって叫びました,  手をつくしてみても,  手をふしんな,  手をひきあった,  手を鶴代は目まいがする,  手を振っているだけで,  手をかし,  手を取りに戻り,  手を曳かれたといふだけで,  手を出さうとしては引つ込め,  手を除けようとしたが放さなかった,  手を除けようとしたが除かなかった,  手を振ったりして,  手をまかせ,  手を伸ばすと揺れはためく,  手をもんでいた,  手を突折りたり,  手を掛けている,  手を交叉させる,  手を机の上におき,  手を袖の下にをいた,  手をやつて掻いたり,  手をつけてゐて,  手をゆたかに表現したといふ,  手をいれ,  手をつけなければならない,  手をふれてゐる坐つてゐる,  手を加へたのは誰でせう,  手を加へたとしたら,  手を胴衣の内ポケットに入れて,  手をかけたくなる,  手を尽す,  手を握られたり,  手を引かんばかりにして,  手を取り合ってなつかしみ合った,  手をシッカリと握り締められました,  手を入れるので,  手を尽すか探すかすれば,  手をそっと外してのければ,  手を繋いでいました,  手を余り加えた,  手を代え品を代え働きかけつつある,  手を焼いてをる,  手を出したと認めるより,  手を振って断わる,  手をやつて見て,  手を預くべく,  手を真つ直ぐに差し伸すと,  手を執つて叫びました,  手をやめました,  手をかければかけるだけ,  手を逃げるかの,  手を引き合ったりして,  手を叩いて喜んでるわ,  手をひたした,  手を叩いてよろこんだ,  手を振って制した,  手をはずれて,  手を出させたが,  手を引こう,  手を取らないまでにして,  手を切ッたって言ってあるよ,  手を天心の方に行かせて,  手をつッ込む,  手を前垂れでそそくさと拭いて,  手をかしておりてこさした,  手を握って泣いた,  手を捉って涙を流し,  手を出そうかなと思う,  手を皿の上に翳して,  手を竪に切って,  手を出さなかったかと云うと,  手を出し損なった,  手を芋まで持って行こうとすると,  手を下へさげて,  手を離さずに,  手を延ばすと届く,  手を離しさえすれば,  手を離しちまおうかしらん,  手を離しかけた,  手を頭の上まで伸ばした,  手を突いてまで貰いたかった,  手を出して頂きたい,  手を合せて拝まなければ,  手を上げて言った,  手を休めてみると,  手を握ったろう,  手をしていましたし,  手をふれました,  手をあわせていました,  手を差伸しても,  手をとつて力みました,  手をやきました,  手をうつて悦び,  手を膝の上へだらりとさげて,  手を振ったりしながら,  手を出さん,  手を延ばそうとはしなかった,  手を入れたと,  手を置いておりますと,  手を握りしめるのみであった,  手を支えぬと,  手を入れてやり,  手を触るさ,  手を入れぬ,  手をやって掴むと,  手を持上げて,  手を取ってくれます,  手を膝に置いて,  手を風で煽る,  手を差向けたので,  手をしなやかに空ざまにして,  手を脱して,  手と手を取交すには及ばずとも,  手をかけてやれば黙って耐えた,  手を放れようといわぬので,  手を摩擦してあげる,  手をやわらかにとると,  手を触る,  手をやつて掴むと,  手を挙げ足を踏んで,  手を取つてくれます,  手をかけてやれば黙,  手を放れようといはぬので,  手をまぬがれたという,  手をあげたりして歩く,  手をつけられたらばと思う,  手を引かれて立ち止まって,  手を差し出しますと,  手をまるめて,  手を輪につなげ,  手をそっと握った,  手を振り放して出て,  手を両手に握りしめた,  手を挙げてみろ,  手をたたいて飛び上がりました,  手を離してからも,  手をかざしてゐたが,  手を離して立ち上つて,  手をかけたりした,  手を伸しかけた,  手を放れた,  手をかけたっていう,  手を取ってなんか教えてくれ,  手を尽して貰ってきた,  手を当てて考えてみてくれ,  手を叩いてくれ,  手を放された,  手を袂の中へ隠してしまったが,  手をグイと掴んで,  手を合わせたくらいだった,  手を仕える,  手でしっかり小糸の手を取って,  手を拍ってナルといわんは,  手に手を執って,  手を持っていたが,  手を触れてはいけないまして,  手を触れようとする,  手を組んでゐるよろこびを,  手をあげしが,  手をつきぬ,  手を弛むれば,  手を引いてくれる,  手を伸ばせば取れるほど,  手をひかれてやって来た,  手を母の痩せた,  手を拍たねばならぬ,  手を出したりした,  手をかざしてみても,  手をこう動かしてくると,  手をときどき休めては,  手を外したい,  手を引込めてしまった,  手をあてて云った,  手をあげてし,  手を伸ばそうという,  手を突込み鍵束をとり出した,  手を膝の上においてうな垂れている,  手を握りつめた,  手をそろりと後へやって,  手を捩る,  手を引張らうとして,  手を動かさない,  手をかして下さい,  手を額の上にのせて寝てゐる,  手をはらいのけて,  手を堅く握り合ったり,  手をひかえて居ると,  手をこまぬきて,  手を離されて,  手を放れ申すまじきか,  手をつかえつ,  手をかざしつつ,  手をふきふき,  手を仮し,  手をひしと両手に握りしめ,  手をとりて引き出されし,  手をひしととらえぬ,  手をば無手と握りて,  手を戟にして,  手を尽くしたる,  手をとりぬ,  手をひきつつ,  手を握りぬ,  手をひしと両手に握りぬ,  手を洗いて,  手を引きたるが,  手を通らぬ,  手を窮屈そうにもみ手をしながら答えた,  手をふり払って,  手を置いてかしこまっていた,  手を少しも振らない,  手をふって歩きはじめた,  手を押しのけて,  手をそこにやってみた,  手を引いて見ると,  手を取って引っ立てた,  手をふりながら叫んだ,  手をかわるがわる握って,  手をとって来た,  手を互いに絡みつかせて,  手を握りあえないことはないと思う,  手を拭きながら出て来た,  手を染めていたが,  手を出して儲けようとしたらしいが,  手を曳いていた,  手をぐいぐいと曳いた,  手を出したくて堪らん,  手を掛けてゐた,  手を少しも振らせずに歩く,  手を振っては,  手を伸ばせば届くほどの,  手をうごかした,  手をつけ始めたばかりの,  手を伸ばすにも,  手を握るなんて,  手を握れましょう,  手を貸して呉れたまえ,  手をちゃんとそろえ,  手を引つこめて後ずさつた,  手を開くと,  手を引かれて歩きながら,  手を掛けかねない,  手を突いて頼んだ,  手を休めて訊いた,  手を差し向け,  手を向けられまするか,  手を向ける,  手をとって忍び出ると,  手をかけて立ち停まった,  手を向けよと,  手を伸ばしてあせっている,  手をふってさえぎった,  手を束ねて戻りましては,  手を取りしばっている,  手をふり放そうとあせり狂ったが,  手を押さえている,  手を照らす,  手をあてて窺うと,  手を拍ってよろこんだが,  手を打って喜ぶ,  手を引き受けた,  手をとって歩いてゆく,  手を入れてこ,  手を有っていた,  手を引かれろ,  手を助ける,  手を引き合って来る,  手を揚げて叫んだりする,  手を引かれて断り言う,  手を延ばそうとした,  手を引きあげた,  手をX線装置からだすと,  手をとめると,  手をはなれ,  手を天井の方へ延ばして,  手をださないでもいい,  手をすべらせた,  手をのがれた,  手をうしろへまわしてもらいましょう,  手をかんた,  手をだすな,  手を叩いて叫んだ,  手を下せば,  手を休めもせずに言いました,  手を差し出したが届かなかった,  手を出したね,  手をとって押し戴き,  手を押しつけた,  手をすべての女の頬に押しつける,  手を懐中へ差入れて,  手をふり放して,  手をひかれてといふほどの,  手を加ふるまでも,  手を物憂げに振り,  手を髪の毛に当てて,  手を彼の身辺へ延した,  手を再び堅く握りしめた,  手を触れたくない,  手をつけてあばき出す,  手を觸れた,  手を觸れまいとしてゐる,  手を差出して居る,  手を伸べて笑ったの,  手を食事の時に見るほど,  手を着けさせずに,  手を離れるとは,  手を彼は時々頭の方へあげて,  手をかけてみようと思っている,  手をかけましたから,  手をなめたりして喜んだ,  手を尽くしてみますが,  手をおいたりしていた,  手を洗わなかったり,  手を握りつめて居るほどである,  手を摩りあわせたり,  手をかけましたら,  手を放さず,  手を丁寧に洗う,  手を入れなければなりますまい,  手を盗人になつて差し伸した,  手を触れなかつた,  手をつけてゐないが,  手をお合わせになる,  手を揉み合せて,  手を弾きはじめました,  手を支えました,  手を拭いておられた,  手を私の頭から離されましたので,  手を入れずに済みました,  手を触るれば,  手をかたくにぎったが,  手を出すが,  手をもってほったと,  手をあげていった,  手をもってあいずをした,  手と手をにぎりあった,  手をうって喜んだ,  手をのがれる,  手を拡げる,  手を引いてくれ,  手を打ち振った,  手を引っ込めようとすると,  手を当てるまでも,  手を膝にしゃんと立て,  手を前方へ突き出して,  手を固く握り締めた,  手を指すという,  手を抜け出してあるき出しながら,  手で姫の手を掴もうとしました,  手を引っこめますと,  手を引っぱりながら,  手を出しませんから,  手を延ばして捕まえようとします,  手を当ていろいろ物の云い,  手をやってみますと,  手を引かれて来ましたが,  手をもたれた,  手をかたくにぎりしめた,  手をはなそうともしなかった,  手から男の手をはなした,  手をさぐってにぎった,  手をのぞき込んだ,  手をツとふところに入れて,  手をやらなく,  手を用ひた,  手を見つけてゐる,  手を指してゐるぜ,  手を指した,  手を指す,  手を掛けて見ると,  手をだすので,  手を触れようとしなかった,  手をださずにいられない,  手をのばしたら,  手を焼いて居る,  手を握って喜びました,  手を噛みちぎられていたに,  手をのばしはじめた,  手を取つて喜びました,  手をゆるめて立ち上がった,  手を打ちましょうや,  手を前掛で拭いつつ,  手を伸ばしてつかみかかっている,  手をかけて起こしにかかった,  手をズボンの袋に突込んで,  手を伸ばしていながら,  手をついて坐った,  手を振り廻して,  手を支いて黙って見ております,  手を棄てて,  手を膝に掛けて,  手を引いて行かねばならなかった,  手を袂へ入れてみた,  手をあてたりして,  手をしっかりと握りあって,  手を童子より放て,  手を握り合させて言った,  手をやさしく取りながら言った,  手を使ってする,  手をさし出すと,  手を尽してみて,  手をむりやり顔から離させて話しかけた,  手を叩いてどなった,  手を使ってやっている,  手を貨してくれと頼む,  手をさしのべて叫んだ,  手をつなぎ合せ,  手を通さず,  手をつけようともせず,  手を敷居へついて,  手をたしなみ好く,  手をついて下った,  手を落して,  手を繋いでいる,  手を携へて散歩したり,  手を消毒しないと,  手を縛って,  手を忘れちゃ,  手を合わせて行く,  手をシッカリと握って云った,  手を任せた,  手を把るようにして歩いてゆくと,  手をうしろへやって,  手はそっと君の手を握った,  手を伸したりして,  手をぐいと引張つた,  手を打つて喜んだ,  手を付けると,  手を入れて擽りながら,  手を束ねて見てゐると,  手を引張らんばかりにして,  手をあげて停めて,  手を經ないといけませんから,  手をふつて歩きながら,  手を引き遠ざかりながら,  手を突出して防ぎ止めた,  手を引かれねばならなかつた,  手を引いて歩き出しながら,  手を入れないで茂るに任してある,  手を握ってやって,  手をオデットの頬にそうて上げた,  手をつけ足を入れしならん,  手を縛られた,  手をちょっと懸けると,  手を下される,  手を震わしながら,  手を見ておくと,  手をしずかにあげて,  手を執られて,  手を束ねていた,  手を抜かずに,  手をのばそうと思いつつ,  手をだすまいと,  手を林檎の方へのばしたが,  手をおろしてください,  手をあたまのところへもっていく,  手を出さなく,  手を入れすぎて,  手を添えたと見ると,  手を延ばすなら,  手を挙げて突きながら,  手を上げて祓い落そうとすると,  手を入れてからでなくてはと思ふ,  手を触れたが,  手を上げて制する,  手を叩いて逃げて,  手をかけられ,  手を取らぬばかり寄り,  手を振放さうともせず,  手を離すと共に,  手をつかまへ,  手を遮りはしないと思います,  手を何時の間にかするりとおろしてしまっていた,  手を挙げると,  手を拍たんばかりによろこんだ,  手を制する,  手を振ったのに,  手を皿のあたりに習慣的に上げ下げして振っていた,  手を床からひっこめて,  手を一振りすると,  手を揚げながら,  手を言出した,  手を組みて唄いつつ来たるにあいぬ,  手をとりて引き立つれば,  手を堅く握りて立ち,  手を握りて放たず,  手を握りし,  手を拍って笑いぬ,  手を堅く握りて言えり,  手を巻きて,  手を尽しましたが,  手を掛させぬ,  手を更え品を変えて口説かれる,  手を右の手とは間違えますまい,  手を下せし,  手で直に老人の手を取たから,  手をかけようとするが,  手を放してから,  手を上に延ばすと,  手をおあげ下さい,  手を覚え,  手を叩いている,  手を緩めない,  手を取りあっても,  手を否応なしに折り曲げさせようとする,  手をかけながら起き返っていると,  手を振らなければならなかった,  手を引かれて行く,  手をかけても詰らないと思ふ,  手を出さないので,  手を入れたい,  手をぎっしりつかまえて,  手をのばしてつかまる,  手をふりしぼる,  手をお出しなさいませ,  手を当てながら,  手を重ねます,  手を書いたが,  手を附いて待つてゐた,  手をとおしながら立ち上った,  手をついてあがったと,  手をひかれていた,  手をのばして見た,  手をとめたなり,  手を繋ぎあわせ,  手をはぶく,  手を斯ふ,  手を心得ている,  手を差しだして延びあがる,  手をかけて行くべきであろうか,  手を洗っていたら,  手を柔かく噛んだ,  手を拍たんばかりに笑い興じる,  手を今宵もか殿のわく,  手を振っていく,  手を振るあり,  手に手を取って駈けつけて見ると,  手を出して取ろうとすると,  手を開き,  手を差し出してくれた,  手を振り放そうとはせず,  手をお引きいたすでございましょう,  手を取り交わして,  手を触れさえしなかった,  手を頤の下へ支い,  手をかけはじめたが,  手をかけ合って,  手を打ったりして,  手を叩いて喜んでるから,  手をまわしたりした,  手をふいたり,  手を合せて拝み,  手を合せて拝んでいる,  手を顔に当てて,  手をつけようとしない,  手を入れて訊いた,  手を振り解いて,  手を用いています,  手を容易に離さなかった,  手を上げている,  手をやったりしない,  手を直ちに逆に使って,  手を拍って喜びました,  手を上げ合っている,  手を振って言いました,  手をとおさない,  手を後へ廻り気味に当て,  手を当てて見た,  手を曲げ,  手を執って診る,  手を戴く,  手を拍くかな,  手をどうぞというから,  手を出しかけたが,  手を振ったが,  手を拍ちますので,  手を突いて頼むから,  手を当てて見せましたので,  手をつけて持て余した,  手をとって習わせた,  手をおあげ下さいまし,  手をひらくと,  手を挿入して,  手を使用して引き出したらしい,  手を戟にして罵った,  手を急ごうとすると,  手をのばさない,  手を合せてわびていたのに,  手を鞭で撲られて,  手を執らんばかりにして言った,  手をたたいて笑いながら,  手を清潔にしなければいけないといふ,  手をこまぬいて,  手をほめられ,  手を回して書き,  手を洗はせて下さいました,  手を経ている,  手をあらためると,  手を洗わずに,  手を洗うという,  手を差出せば,  手をふって答えない,  手に手を尽くして,  手を着けると,  手を習いながら,  手を出して掴む,  手を入用としない,  手を取らうとした,  手を前向けに立てて突出す,  手を前向けに立てて見せられぬ,  手をもち添えられて,  手を加えねばならなかった,  手を洗つてそれから顏を洗つて又姿見へ自分を映して惚れ,  手を延しては,  手をマントの下から出して,  手をつなぎ合せて,  手をひかれて走りながら,  手をひいて走りながら,  手を火の中から引き出すと,  手をぐんぐん引きながら,  手をしっかりと握り締めました,  手を石のように握り固めながら,  手をかけて身構えました,  手を取って引き起しました,  手を捕まえて引き離そうとしました,  手を置きまして,  手を引き退,  手を引いてやって来ました,  手を無邪気に引離しながら,  手を伸し合う,  手を天幕の外へ出すと,  手を左右に開いて,  手をわが手に添えて,  手を打たなければ,  手を加えないでもとの,  手をかけちゃいけない,  手をつけようとするからには,  手をつけるとか,  手をつなぐにしても,  手をとらえながら,  手を下さなかったかを,  手を掴み,  手を障子にかけて先刻から立った,  手を恐る,  手を待つてゐる,  手をのべてから,  手を執るは,  手を凭せ,  手を額に当てて,  手を軽くとって云った,  手を置くという,  手をその上にかざし,  手を指してやる,  手をすつと,  手を指して来るとは,  手を指しても,  手をとってすると,  手を朝子にさし出した,  手をとほさん,  手をかけてゐると,  手を快活さうにふつてみせた,  手をち,  手を着けし,  手をかけ捩,  手に手をとつて失踪してし,  手を延ばして見ますと,  手を叩いて喜びました,  手を出したとか,  手を拍ちたくなるかも知れません,  手を着けておりませんから,  手を触れるか,  手をお引きになって,  手をシッカリ掴んで,  手を濡らす,  手をあげますから,  手をさえさし出したい,  手をそれに触れずにいられよう,  手をそれに触れる,  手を按く,  手を近づけた,  手をぐっと力を入れて握り,  手をにぎって振った,  手をひかえる,  手をあげて叫んだ,  手をつっこんで出て来た,  手を長い袖から一寸出して云った,  手をふるわせながら,  手をはげしく横にふって,  手を握って見たり,  手を胸に組んでね,  手を突込んで突袖をして居る,  手を見てゐるの,  手をまはして,  手をくんでゐる,  手を延し,  手を膝に下して組んだと思ふと,  手を出すかだつたが,  手をやらせまいと,  手を借してゐた,  手を組み合わせ肩と肩を凭れ合わせた,  手をさしながら,  手を取られたなりに,  手を引いて歩き出した,  手を握って居ながら,  手を膝にのせて,  手を前に垂れて,  手を上げて叫んだ,  手を振って押しとどめた,  手を渡し,  手を腰に当てて,  手を渡して,  手を貸してやる,  手を子供たちに見せて,  手を振りほどこうと,  手を固くにぎって,  手をさしのべてくる,  手を取っている,  手を振り離し,  手を窓の取手に置き,  手を額にあてた,  手をさし出さなければならなかった,  手をこすり合わせて悦んだ,  手をにぎったかと思うと,  手を自分の手に取った,  手を彼から引っこめようとしたが,  手を借りてやらなければならないだろう,  手はいつでも私の手を捉える,  手をドアの取手からお放しになって,  手を使っても,  手を私の両手のあいだに取っている,  手を取って遣りますと,  手を遮ってしまうので,  手を差伸べてくれました,  手を浸し,  手を停め,  手をふり払った,  手を差入れながら黙って来た,  手をだして見た,  手をびしゃびしゃと喫っていた,  手を引き合ってむこうへむこうへと走った,  手を背にくんで,  手をださなかった,  手をたたこうと思っても,  手を肱まで入れて,  手を見てから,  手をはたきながら,  手をチョット休めて,  手を触れながら,  手を火鉢へやると,  手をやったと思うと,  手を合せていた,  手をやったなり,  手を振るばかりだ,  手を差し出してくれたので,  手をとつて語り合ふ,  手をおいてくれる,  手をおいて云った,  手をグッと握りしめ,  手を当てずに歩けます,  手を出してぬぐ,  手をかむ,  手をおいてね,  手を握っていてやれないなんて,  手をにぎって話していてかえりました,  手をはらさない,  手を抑へながら云ふ,  手をだしました,  手をつかみました,  手を合わせて拝みながら頼みました,  手を鷲づかみにして,  手を突っこんだ,  手をつないでやって来て,  手を握られる,  手をついたりすると,  手を洗わないではいられない,  手を掴むと,  手をぬかれた,  手をぐっと引きしめて,  手を膝の上に置きながら,  手を次郎の方に突き出した,  手を引っこめてしまう,  手を放そうとしなかった,  手をつないで立ち上った,  手を引かれているかの,  手をつないでやろう,  手をひろげて突き出した,  手を休めさえすれば,  手を握っていて貰ったりする,  手を擴げてきたので,  手を突ッこんで,  手を触れるな,  手をあげ応えると,  手を握っていましたが,  手を繋ぎ歩いている,  手を曳いてくれ,  手をまいて,  手をこうして握った,  手を入れて見ました,  手を袂に入れて,  手を病んだなら,  手を付けていない,  手を上げて制しながら,  手を着けられ得ない,  手をこまねいて立ち去るべきでは,  手を執り合うて,  手を拱いて座った,  手を払い除けると,  手を置いて考へて見ると,  手を擦り擦りかう,  手を分けた,  手を指し出して,  手を拱ねている,  手をひいてやりながら,  手をついて畏まっている,  手をついて詫びいる,  手を出しかけた,  手を膝の上で揉みながらきいていた,  手をついて聞いていた,  手を引っこめ,  手を触れようとしなかったが,  手を打ち払い,  手を差し出して挑んだ,  手を触れてみますから,  手を伸し,  手をなでながら,  手を自分の夜具の中に感じたが,  手をその胸の上で神経的にゆさぶりながら,  手をさしのべているかの,  手をのばしている,  手を握りたくない,  手を掘って,  手を衣嚢に突っこんで,  手を探して,  手を煩わすに及ばず,  手をかして支えてやった,  手を女の帯際にやった,  手を握ってから,  手を付けなかったり,  手を帯へはさんだ,  手を控えると,  手を添えに立った,  手を下さずに来た,  手を貸して押してみたい,  手をかまれるとは,  手を引き合う,  手をさしのべるという,  手を徐々に挙げて,  手をのばしはしなかったろう,  手を帯刀のつかに置いて,  手をひきつれて,  手をさしだすと,  手を打っていただきとうございます,  手を板戸の角へかけた,  手を卓子の上にパタッとなげつけた,  手を作ってる,  手をそっと御もちゃにしながら,  手を引張っても,  手を遠見に翳すと,  手を下したが,  手を出して押し止める,  手を頭の上で振つた,  手を壺のやうにすぼめて,  手を持つて行くと,  手をいれてみると,  手を拱んで考えている,  手を垣根の青い茂みに与えている,  手を束ねて待っていた,  手をぎゅっと握り,  手をこすりながら考えた,  手をもみしぼり,  手を一振りして,  手を重ねて言った,  手を休めずに言った,  手をかけて立っている,  手をおいて立っている,  手を押しつけて,  手を取つて引立てる,  手を取つて走り出す,  手を掴んで走り出す,  手を引いて走,  手を避けて,  手をつっこんでは,  手をもう一度毛氈の上にもどして,  手を顎の下にやった,  手をたたいて喜んだ,  手を膝にのせ,  手を重たげに扱ひながら,  手をふらりとさして,  手を仕いて,  手を掛けたからには,  手を緩めた,  手を無理に押しのける,  手を振り放さうとした,  手を置き黙って,  手を麻痺せし,  手を振つて叫んだ,  手を食っていると見えて,  手を握って動かない,  手を握ったとでも思ったらしく,  手を取らぬばかりに,  手を加えたから,  手を加へたから危い,  手をつき込んで見た,  手をあげて制し,  手を固く握りしめた,  手を伸べて待っている,  手を着けず,  手を裾から差し込んで,  手を前に突き出して,  手をぐっと上へのばした,  手をつないでおどりだした,  手で僕の手を握った,  手に手を執って踊っただけである,  手をガッシリと掴んだ,  手を入れまし,  手を焦らす,  手を取られ,  手を引つこめた,  手を少しでも煖めようとて拳に息を吹きかけたりした,  手をこすりこすり,  手を一つ振るなり,  手を拱いて眺めてゐる,  手をちよつと緩めた,  手をあげても,  手を振りながら叫んだ,  手を執ると,  手を打ったとか,  手をしかと掴んだ,  手をさげ,  手を出して下さい,  手を下さらない,  手を伸ばして下さい,  手を貸さうとして駈けつけたの,  手をつがへて,  手をさし出しながら言った,  手をふっているだけだった,  手を握ろうとしたが,  手をやたらに横にふって答えた,  手をひかせましょう,  手をあててゆすぶりながら,  手をたずさえて歩いてみたいと,  手を代る代る握って,  手をつけようとしなかった,  手をつけられず,  手を伸ばせるだけ伸ばそうとしている,  手を腰につがへた,  手をすり抜けた,  手を突つこんで,  手を掴んだが,  手をあげようとした,  手を没し,  手をくるくると動かして,  手をとってあげます,  手をとって逃げるならば,  手を痛いほど握ると,  手で握手をした,  手を握ってふった,  手をぱちぱちたたいた,  手を巧妙に使っている,  手を貸してやっていた,  手を犬がくわえ出したりしている,  手をとって教えるという,  手を展いて見せた,  手をかけて歩いても,  手を引こうとすると,  手をあてると,  手を引っ込めようとしたが,  手をそっと顎から押しのけた,  手をつけずに送るから,  手を握っておしのけた,  手を一寸伸ばせば,  手をためつすかしつ眺めて,  手をひつくり返して眺めて,  手を重吉の方に伸ばした,  手を降した,  手を握り合せた,  手をとつて一勢に駆け出した,  手を挙げて叫びつ,  手を順に握,  手をかしておこして,  手を出さずにはいられやしない,  手をのばしたり,  手をかいぞ,  手を入れて集めたら,  手を叩かれる,  手をつっこんでつかまれなければならないのね,  手をつっこめる,  手をそのストーヴに向ってのばして,  手をはたいてほめられて,  手をあはせた,  手を木の枝に引かけてけがした,  手をつけないでゐるが,  手を懐に入れながら,  手をつけずにとってあって,  手を出さずにはいられなく,  手を中のほうにさしのべて言った,  手をひかれて歩きながら,  手を横にふり,  手を横にふるだけだった,  手をひいて歩き出したが,  手をとって立ちあがった,  手を大きく前後にふりながら,  手を高くあげて叫んだり,  手をうてば,  手をうつというと,  手をつけようとして,  手を捉えました,  手を頂く,  手を敲いておいでなさる,  手を指して,  手を取ります,  手をつけるべきかを話しておかないと,  手をかさねた,  手を見せず,  手を待ち,  手を入れしと見る,  手を取ら,  手を濡らしたる,  手をかけていひました,  手をひいて歩き出した,  手をぴしゃと叩いた,  手をひいてやりながら歩き出した,  手を曳いて歩いている,  手を引き込めて,  手を持ったというくらいの,  手を曳いて連れ込んだ,  手を挙げて留めている,  手を曳いてあげようか,  手を触れていて,  手をお貸しなすって,  手をお出し,  手を見せました,  手を持って行っては,  手を省くかについて,  手を省きません,  手を振り廻したかと思ふと,  手をつくして口説けば,  手を犬に嗅がせれば,  手を下さ,  手を頭にのせて,  手を置いての,  手をのべてきた,  手をついて起き上ろうと試みた,  手をかけながら振り返って付け足した,  手をかけてひっぱろうとすると,  手をあげたが,  手をお延ばしになった,  手を押えますと,  手を逃れる,  手を当てていました,  手を押えようと思って,  手を束ねていなければならないという,  手を握ってみなせえ,  手をかい潜って,  手を押止めてやった,  手を言ふ,  手をつきながら落ちたので,  手を差上げて居て,  手を神に捧げる,  手を恐る恐るとりのけて見ましたが,  手をひろげたり握ったり,  手をしげしげと見つめました,  手を出しちゃいけないよ,  手をすき,  手を見ても,  手をかざしてから,  手を携へて遊ばし,  手をその耳にあてたるが,  手を格子戸の引手にかけし,  手を捉えて引留めしは,  手を取るに,  手をかけて潜めき,  手を支きて,  手と手を組みつつ,  手をあげてぞ指さし,  手を放た,  手を放すより,  手をあげて打ち招く,  手を取りたり,  手を置きぬ,  手を取り戯れて,  手を拱きて,  手を出して待っているが,  手を握り合わされた,  手をねじるより,  手を額の上へ持って行った,  手をたづさえて,  手をひっこめました,  手をぱちぱちたたいて,  手をぬこうとしたが,  手をぬきました,  手をふりかけましたが,  手をひかれていました,  手と手をとりあった,  手をかざしてさがしてみますと,  手をかけてひきました,  手をしばられていました,  手をかけて出ようとした,  手を借して呉れないか,  手をあててみますと,  手を通せば,  手を膝に組んで,  手を額のあたりで組みあわして,  手を放して逃げていった,  手を添えてやる,  手を握ったりなんかして,  手を叩こうとする,  手をお日様に向ける,  手を置いて考えていた,  手を下へ垂れた,  手を代り,  手を引て薄暗の世をたどらまし,  手を束ね,  手を切れた,  手を入れて見ます,  手を出してつかまえ,  手をぴょこんと差し出した,  手を振りながら飛び出した,  手をさし伸べ,  手を振りつつ,  手を上げて思い,  手を持って行こうとした,  手を叩きながらはやしたてた,  手を二つ鳴らして,  手を支へてゐる,  手を差し伸した,  手を見詰めた,  手を引つ込め,  手を舐めまわした,  手をしゃぶってやりながら,  手を加えて遺すべき,  手をキスして送つた,  手を携へて出て行かうとしてゐる,  手をうしろにまはして,  手を危ぶみ,  手を放ちていひけるは,  手を己が身己が産にくだす,  手を伸ぶる,  手をからざれば,  手をこなたに伸べて,  手を伸べし,  手を斬り,  手を取り急ぐ,  手を貸してくれないか,  手を執って入れられた,  手を引き合って歩いてゆくと,  手をつくしたが,  手をあてて泣きだす,  手をやすめずに,  手をつけていつたら,  手をとって握りしめた,  手を拭きつ,  手をヨーロッパ方面に向け,  手をあててみたが,  手を当ててやると立てた,  手をとってみた,  手にその手を結びつけ,  手を拱ぬいた,  手を入れて採った,  手をこしらえてやったり,  手をかけずすみましたから,  手を取るごとき,  手を突いて座りながら,  手を延ばして取り,  手を引ッ込めたが,  手を措きゐたるを,  手を取ったり,  手を透して,  手を任せて居た,  手を放さうとしない,  手を抱へ込んで,  手を舐めて居る,  手を執らして頂いただけで,  手を伸しましたが,  手を出して拡げて,  手をやや体の蔭に隠す,  手をコツンと箱にさわらせた,  手をやって揉んでいた,  手を五分間あまりもじっと握っていた,  手を布団から差出して,  手から祖母の手を離さして,  手を垂れる,  手を合すべし,  手をも搦めとらへて,  手を伸べつ,  手を動かして行く,  手をもて摘みつ,  手を離るといへり,  手をはなれたり,  手を契約の匱に觸れ,  手をもてさぐり求むる,  手を目に翳せるも,  手をこれにつくる,  手を挙げるでも,  手をいきなり突込んだらどのくらい人を損ったろう,  手を何と上品にくみ合わせて,  手をやらなければならなかった,  手をやって来たから,  手を横にして,  手をだらりと炬燵の上に投げ出した,  手を上げしめ,  手を上げざるを,  手をふりまわし,  手をひろげると,  手をふりほどき,  手をふりまわして,  手をやいたらしかった,  手をひっかかれたり,  手を打ち合わせた,  手を合せてひれ伏した,  手を入れると諦めて歩き出した,  手を空しくして帰って来た,  手を引いて立ち上った,  手を叩いたって,  手を休めて考えました,  手を動かしたからって,  手を拍つて歡喜する,  手を拍つて拜した,  手をつよくしばりつけて言った,  手をとって言った,  手をやすめながら,  手をさすりながら,  手を振って云った,  手を力強く曳いて,  手を控えさせ,  手をとりあふ,  手を貸しもした,  手を奪える,  手を加えんとせんか,  手をはなしたまえ,  手を叩きしに,  手をさし延べて取りて食う,  手をかけて見たらばよかりしに,  手を遣れば,  手を掛けたりと思うや,  手を拡げて押し戻す,  手を嗅ぎ,  手を拡げて行く,  手を差伸していた,  手をその上へ軽く載せて,  手を掛けてめくりかけた,  手をソッと押し退けた,  手をしっかと握った,  手を脱れた,  手を打つてゐた,  手を振りあげ,  手を差し伸すと,  手を知らぬ,  手をつけなかったという,  手をつけても,  手を延ばして引っぱりだす,  手をひろげて抱き締める,  手を広げなければならなくなります,  手を掛けさせようとしても,  手を掛蒲団の下から出す,  手を着けようとしては,  手を着けずにいた,  手を弾かない,  手を留めたでしょう,  手を拱いでいる,  手をちっとも緩めずに,  手を早く赤い炭の上に翳そうと思って,  手を見てゐれば,  手を叩きて,  手をつか,  手を挙げて受ける,  手を停めない,  手を拱いて黙っている,  手を休めません,  手を取つて引き出し申し上げました,  手をとりかわし,  手をさしか,  手を掴むぞ,  手を取らせますと,  手を取ろうと,  手を咋い合わされて,  手を下すを,  手を空うしてわが家に歸るのみならず,  手をその上におき,  手を口にあてて温めながら,  手をたたいて下さい,  手を染めても,  手をかう組むの,  手をとつてアハヤ引きあげようとする,  手が故意か偶然かポンと手を離してしまふ,  手を触れて見ると,  手を握らない,  手を加えるという,  手を欠いており,  手を拡げるであろう,  手を揮って云った,  手を切ろうとした,  手をつけさせないで,  手をさしはさんでいる,  手を汚してまでも,  手をつけるなという,  手をつけるなと,  手を有つようになるとか,  手を振ったりなどした,  手をきるきる,  手を加えなかった,  手を描いてしまうであろう,  手をつらつらながめて見たが,  手を一つの全体にまとめあげた,  手をことごとくもとの位置に返すという,  手を一つずつ作って行く,  手をゆるめれば,  手をやめさせて,  手を握るであらうといふ,  手をも法衣の袖に殊勝くさく隠蔽し居るに,  手を後へは退かぬが,  手を向い合わせに拡げ,  手を打ちあわせる,  手を着け,  手を上げて打たうとした,  手を払ったが,  手を右ポケットの中につっこむと,  手を高くのばして借,  手をさしのべるに至った,  手を握りあいたい,  手をさしのべなければ,  手を突っ込んだは,  手を眼にあてて,  手を入るるか,  手を通さんとして,  手を休ませようとはしなかった,  手を組んで祈っていられました,  手を合せたばかりです,  手を両方の掌にはさんで,  手を切り取ってしまいます,  手をやつたりして,  手を研究し,  手をあげて抑えている,  手を握られたとか,  手を活溌に振って,  手を妙な工合にあげて,  手を強く握って降りて行った,  手をゆるめないで働きながらの,  手を切ったら,  手を湯の中へ入れる,  手で省作の手をとった,  手を空しゅうして帰って来た,  手を彼の掌に握らせながら,  手をかけて掴み出そうとした,  手を湯につけさせた,  手を捕へて訊いた,  手を払ひ,  手を掛ければ,  手をたたいても,  手を離したりせぬ,  手をのばしただけの,  手をつけかね,  手を抜かうとした,  手を洗ひ給うた,  手をつかへて,  手を煩わすなどの,  手を延ばすとちやんと,  手をうしろに組み,  手を吭の下に持って行って,  手を下へ引く,  手をこう云う,  手を通していると,  手を打つらしいで,  手を振っていたが,  手を握り合って流す,  手を知っていた,  手をくずしてまで,  手で貴子の手を握る,  手を握られてみると,  手を握り合っているばかりか,  手を泳がせていた,  手を断る,  手を湿らさずに,  手を自分のポケットに突込んだかと思うと,  手を合したい,  手を合わしたい,  手を挙げて払ったが,  手をふらふらと打ち振る,  手を開いて見て,  手を取って押し戴いたという,  手を入れたがあるべき,  手を摺りて祈請し,  手を放しやがった,  手を止めたが,  手を延ばして触って見た,  手を取り合ってくださいまし,  手を取り合わなければなりません,  手を拍ったが,  手を遣,  手を引込ませて,  手を堅く握る,  手を引張つて,  手を強く引く,  手を焼いてみるが,  手を払つてゐた,  手を合せて拝んでる,  手を出すべき,  手を息めて,  手を牽れて来る,  手をあわせて拝んだ,  手をさげて詫びて帰れば,  手をかけて引き起した,  手を叩きます,  手をふりはらってにげだした,  手をひいて歩いていく,  手をまわして抱きおこした,  手を一本入れると,  手を縛られていながら,  手を前にのばした,  手をつけるなというので,  手をいれようとしたが,  手をふったりする,  手を突込んだのと一向変りがなく感ぜられる,  手を延引させておく,  手を休めなかつた,  手をやめてしまいました,  手を執りあって泣いた,  手をしかと握りしめた,  手をにがさない,  手を引いて入れないから,  手を力一ぱい握つて,  手を打つて駆け出しました,  手を離して駈け,  手をかけてゐても,  手をかけていても,  手を叩き下したりした,  手をポンポンポンと三つ拍きました,  手を三度拍きました,  手を振り上げて追っかけた,  手を置かれて,  手をお取りになって,  手を拱ねいて,  手を自分の頬にあてがった,  手をさしのべていようなぞとは,  手をつかれました,  手を取って喜ばれる,  手を取って釣り,  手を洗いなさいよ,  手を洗いなさい,  手を拭き拭きいった,  手をつないで喘ぎ喘ぎ登ってゆく,  手をひいてもらって,  手をふって駆け出した,  手をかけてゆさぶったほど,  手を脱し,  手を洗い終わったら,  手を引いてもらっている,  手と手を取り合って泣く,  手をあて猿が泣きけり,  手を携ふべかり,  手を握らせてくれました,  手をこのくらい上へ挙げると,  手を握るとか云う,  手をしっかりと机の上に押しつけ,  手を腰にあてて,  手を差伸べた,  手を靴下のなかへ突っこんだ,  手を膝に休めた,  手をお出しください,  手を差出すだろうか,  手を差出さなかったが,  手を胸にあてた,  手をたたけ,  手を突っこむと,  手を女の柔らかな両手の中で少し動かした,  手をとらえようとしたが,  手を十分素早く引っこめる,  手をさすっていたが,  手を求めて,  手を女のほうに伸ばした,  手を差出したが,  手をしっかと握り,  手を出して握ってさえみた,  手をおつけになっていませんわ,  手を素早く口に持ってゆく,  手をつけるという,  手を加えもしないで,  手をさすっていた,  手を耳にあてて,  手をかさなくても,  手をもう一度握ると,  手を借りて着ながら,  手を加えなくちゃならない,  手を使えば動かせる,  手を下すだけでわけなく,  手を顔の前にあげた,  手を相手の手の上に置いた,  手をふいてやり,  手を押しやった,  手を放さねばならなかった,  手をたたいたので,  手を出しませんでしたが,  手を下してくださる,  手を彼にまかせた,  手を示して,  手を力強く握り,  手を尽さなかったと,  手を机の真ん中でひろげ,  手に手をとって歩いてゆく,  手を額に当て,  手を額から取って,  手を巻いている,  手でお婆さんは私の手をはらいのけた,  手を延ばして押入れをあけて見る,  手をはなしながら,  手を頬に当てて,  手をひたしていた,  手を呆んやりながめていた,  手をしばられて,  手をつかねてなり,  手を繋いで現われたり,  手を取ってはならぬ,  手を下された,  手を下されたという,  手を抜くと,  手をもがれて,  手を竹子笠の縁にかけた,  手を押えているので,  手をあたりに憚るようにソッと振って見せた,  手を持っていったが,  手を伸しながら立ち上った,  手を執って歩きだしたからだ,  手をさしこんでみると,  手を切って貰いたいネ,  手を貸してやってくれと頼んで,  手を上に伸ばして,  手を置いて考えた,  手を焼いたと見えて,  手を引かせようとします,  手を差しだしました,  手を覆す,  手をのべる,  手をさしのべ給う,  手をつけるとなると,  手をつけさせずには置かぬだけの,  手を借りてでないと,  手を引かせた,  手をうってよろこんで,  手をひいて出,  手をあわせる,  手をあわせながら,  手を扉にかけた,  手をはずして落ちようとした,  手をお掛けになるまでもありません,  手を置くのに,  手を掛けたら,  手をかさねばならぬ,  手をあげて招いている,  手を触れながらかの,  手を膝の上に置いて,  手をやって抱き起そうとしたが,  手をやつて抱き起さうとしたが,  手を突き込もうとすると,  手を貸せば,  手を付けたら,  手を付けて捜し廻ったが,  手を触れていない,  手を引き止めて,  手を少しくゆるめた,  手を掴み合った,  手を振りほどこうと努めたが,  手を引いたなと思う,  手を執りかわし,  手をつかして,  手を打つか,  手を空しくして眺めてゐる,  手をつけ出せば,  手を染め出そう,  手をわずらわした,  手を焼きぬく,  手を焼かせていた,  手を握っていう,  手を焼かせられた,  手を転々して,  手を拍つも,  手を喰うと,  手を振らして,  手を不可思議な八ッあん熊さんの世界に引き込んでゆく,  手をいれてきた,  手に己の手をかけようとした,  手を握ろうとすると,  手を顫わして蟇口から十銭札を二枚出すと,  手を洗いに駈けて行った,  手を前掛で拭き拭きあがって来た,  手を払い除けた,  手を代え品を代えて,  手を天のはじにかけぬ,  手をば川の水で洗ふ,  手を添えて歩いて行った,  手をのばすについて,  手を振って笑う,  手を約束のしるしのように握って来た,  手を舐りながら,  手をさし換えてから,  手を折られたり,  手を一生懸命に振り離そうとした,  手をつかせ,  手を言葉と共に調子づけて擦りながら云った,  手をうら返しにして見せた,  手を子供の眼の前に近づけ,  手をぱんぱんと子供の前で気もちよさそうにはたいた,  手を食はん白人白人いづくへ行くや,  手をさし込み,  手をかきむしられながら登りき,  手をすり足をすつて現われた,  手を出したばっかりに,  手をつっこんで歩いて行く,  手をひいたりして連れて行く,  手を引いてゆく,  手を貸してやらない,  手を巻くと,  手を取って嘆く,  手を鳴す,  手を眞赤な炭に引つ掛ける,  手を止めて居る,  手を拔いて,  手を子供の唇へ押しつけて,  手を出してたまえ,  手をつかってるのよ,  手を叩いていたら,  手をかしたり,  手を使うとは,  手を長くして附けた,  手をも触れさせず,  手に手を組んで,  手を執って泣いた,  手を仮してくれないか,  手をかして呉れ,  手を僕のまえにつき出した,  手を引合った,  手を引合って出て来た,  手を振払って去った,  手を鳴らす,  手をひいてくれぬか,  手を遮ろうとした,  

~ 手[名詞]1
ものの手を  久保の手を  只今帯に手が  切りに手を  声が手に  さいをぞ手に  官の手  夏は手を  曲調に魅せられて手を  時父は手に  一人娘に手  アレン氏は手を  速記に手を  柄に手を  左の手に  句にまくり手に  一点を手  われらの手で  碁と手を  頬ぺたへ手を  三重吉の手に  右の手で  左の手を  両方の手を  左の手で  左の手の  新聞を手に  繊い手を  自分は手を  敷居際に手を  礼子の手を  片方の手は  唇元へ手を  方へ手を  櫛を持った手を  男の手へ  背中で手を  ラジオを手で  啓吉には手の  啓吉の汚れた手に  自分達の手で  秀ちやんの手を  妙な手  者は手を  ステッキを手に  轉車に手を  おもちゃ道具を手に  人形を手に  彼女が手を  彼女の手から  所に手を  私の手には  習作を手に  家では手が  妹も手を  家でも手の  茶がまを手に  ものが手に  両方の手に  幾度手をふいても手が  吊り革につかまった手を  自分の手を  なかに手を  中に手を  それから手を  それを手に  串に手を  天風の手を  串にも手を  葉は汚れた手を  首と手と  女の手は  特別の手を  男の手は  親指だけが離れて開く手など  叱責の手を  オペラにおいて唱い手が  艶子さんは手を  方は手を  私の手にだけしか  女性の手だけ  正直に手を  石太郎が手を  ものを手  乳母に手を  実を手に  爺さんの手に  首も手も  技術が手に  隣組はしつかり手を  国民自らの手で  ものを手に  仕事が手に  樹明君が手をと  水仕舞する手が  自分の手で  洗ふ手が  玉琴の手を  与五郎の手を  顎に手を  右の手には  大原の手に  谷村は手に  死体の手に  頭に手を  大原の手では  子供の手を  領事館の手で  右の手に  札入に手を  紙幣束をとり返そうとして手を  のどから手が  茶碗を手に  肩に手を  清川の手を  ニュッと出ると手の  中の手と  後から出た手に  ベッドの手が  洋服の手が  時に手に  今は手にだに  三人は手を  手に手を  そこに手を  地方委員の手に  専問家の手に  西洋風に手を  時に手を  金持アうしろで手を  一枚も手に  まり来て呉れ手が  何か話しかけると手を  草削の手を  仲人の手から  春に手を  投機に手を  方で手に  一人では手が  ふつと挙げた手で  畑仕事の手が  お婆さんの手の  吉公の手を  人々の手  火鉢に手を  上へ手を  弟の手で  自分の手に  合ひの手を  右の手の  何んぼも手  節くれ立つた手を  男と手に  さな手を  下女の手で  多く職釣者の手に  ランプを探しだして手に  女の手を  手に手の  背中流してくれる手がを  樹明は手の  大地に手を  刀柄に手が  匙を手に  新三郎の手も  此の手を  お嬢様は手を  間違いから手に  新三郎の手を  新三郎が手に  沓脱石へ手を  孝助は手に  男の手に  通り板の間へ手を  皮ばかりの手で  お嬢様の手を  前へ手を  米に手を  露の手を  両人で手を  板の間へ手を  己でさえ手を  孝助は手が  先の日汝が手を  間から手を  遺書をば取る手  鍔前に手を  かに足を突くか手を  飯島を手に  己が手に  所から手が  ように手を  親父を手に  貴様の手に  源次郎の手に  源さまと手を  雨戸へ手を  上に手を  孝助の手を  五郎三郎の手を  さが手から  米をとぐ手の  紅葉ちれとや手を  金が手には  それぞれを手に  ボールを持った手で  笑顔で手を  一方の手で  先に手を  魔の手が  外に手を  彼が手に  裕一は手の  ふたりは手を  亜紀子は手を  彼の手の  顔で手を  凧を持った手で  彼の手と  糸を持った手を  凧をとおして手に  ちまちまと手が  把手に手を  束を手に  日記を手にと  頭へ手を  処女の手が  頭に手をや  胸と手を  梯子に手を  用心して手を  誰も手を  ばかに手  凡て汝の手に  囃子の手が  判然と手に  雪洞を持った手に  人間の手に  私の手を  仲善二人肩へ手を  小石を手から  訳にも行かなくなって手を  皮を剥く手を  趣味性の手を  西洋へ迄手を  人達の手を  其人の手を  私の手の  私なぞの手に  私が手を  今朝も手に  事で手が  滅多に手を  危険で手が  母の手で  及腰に手を  糸さんは執られた手を  金を手に  金で手を  夜店を冷かして手に  教科書を手に  馬の手に  平馬の手の  刀に手を  それより手を  君の手を  ときかれの手は  敵の手を  光一は手から  生蕃の手が  伯父は手を  しんばり棒をはずして手に  千三の手を  茫然と手を  のを見て手を  これだけに手を  ひつじは手を  人民の手を  巌の手を  父は手を  寝台に手を  老母の手を  のは手の  だれも手を  柳の手を  千三が手を  手と手を  ふところから手を  手に手に  球が手を  貯金箱に手を  悪魔の手に  頬に手を  光一をなだめなだめして手を  げたを手に  声をかけて手に  鼻に手を  手塚の手を  手塚の手が  愛の手は  敵の手から  味方の手には  何人も手を  ぼんやりと手を  粗雑な手を  別の手  あごに手を  感覚の手の  官僚主義が手の  防者の手に  投者の手に  投者の手を  敵の手の  ときは手を  おやじの手へ  ペーチャの手を  つて三人が手を  箸の手が  箸持つ手は  父の手を  口で求めず手で  頸も手も  家中皆立つて手に  私の手と  剣に手を  娘の手を  俺の手を  三人が手を  家じゅう皆立って手に  ギリシアの手に  民族の手から  参戦程度を手  春さんの手に  なにびとの手にか  甲賀両氏と手を  女は手を  陳の手を  公主は手を  手先きとの手で  貰ひ手が  それが手に  お前の手の  お前の手にも  わたしの手へかへ  わたしの手は  わたしの手を  わたしのふるへる手は  あまたの手が  身ぶるひをする手の  やうな手  わたしのやはらかな手の  わたしの手の  馬わたしは手で  すきとほる手を  ふたつの手は  黒との手の  色のぼやけた手は  なかの手を  わたしの手も  手と手とは  ひとの手に  どこから手を  土地で手に  死の手に  順作の手に  右の手を  昨夜己の手で  三菱の手に  私の手に  碇も手に  人間の手には  脇に手を  腰に手を  一本の手が  鉛筆を手に  為事は手に  僕の手を  怪青年の手を  肩口に手が  私の手は  老人は手を  女史は手を  のも手に  違いない手だの  漢青年の手を  自分の手が  彼は手を  彼の手に  無や手に  人の手を  愛卿の手で  死骸へ手を  趙の手と  #卿の手は  手を伸して手の  木實を啄んでも叱り手が  少年は見向きもしないし手も  ラクダルは手に  両方の手で  ように手に  乳色の手が  子供を手  呉郎さんの手が  閻の手を  万は手を  それは手の  上で手を以て  図書館とも手を  ブルジョア国家の手が  何も手に  物を手に  手から手へと  同胞たちに手を  息子の手に  仕事の手は  彼の手を  全体を手に  一つの手  性空の手から  悪人の手に  讐には手を  名匠の手に  道具までは手が  著述二三子の手に  婦人自身の手の  苦が手  同情の手を  五十円を手に  本を手  一軒茶屋で手に  喜平の手から  野人の手に  壺を手に  自分が手に  相続人の手から  古田織部の手を  茶入を手に  このごろ人骨が手に  鉄の手に  神の手が  どこから手に  ネロの手を  臣下の手に  赦免状を手に  瓶に手を  継母の手に  剣を手に  母の手と  人間の手を  神の手に  二人は手を  短剣に手が  彼等の手から  男が手に  二つ割にして手  これを手に  お母さんの手で  赤ン坊を馴れぬ手に  親の手に  他人の手に  知人の手に  警察の手に  一生懸命に手を  闘争から手を  女の子の手  八ツ橋に手を  岩見重太郎の手に  超人の手に  股をひろげて手を  猫の手で  猫の手  猫の手の  パリでは手を  娘に手を  娘を手  見物以外に手の  手を離すまいと動く手を  木箱を探る手が  問題に手を  理論で手を  前から手を  活字を持つ手が  それに手の  一度に手を  スミス警部の手を  封筒を手に  少年の手を  いっしょに手を  こっちへ手を  クーパーの手に  者ばかりの手で  料理人の手を  ちょうを持つ手を  警部の手に  ふうに手は  船長に手  誰の手にも  怪物に手  方に手で  方に手を  ふたりの手を  簡単に手ば  潜水艇を手に  英空海軍の手を  空軍の手によって  海底超人族の手からは  方が手を  べりに立って手を  照準器を手で  ザベリン中尉は手を  耳に手を  者が手を  嫂は手を  トゥロットの手を  ぶんで手を  ミスの手には  ぶんの手を  ミスは手を  女中の手に  カツプに手を  二人の手と  ボール箱に手を  婢の手に  カップに手を  構へる手の  僕の手で  僕の手から  妾の手を  私は手に  私の手から  紙片を手に  俊夫君は手に  君の手に  犯人の手から  戸棚に手を  ダンサーの手に  瞬間まで手  茶碗は手に  頭から抜き取った手を  山姫きたりて手や  仕事の手を  鍵の手に  石を恐れて手を  永久に手に  ドイツの手を  活溌に手を  彼女の手は  思つた自分の手の  伊曾の手で  いつか彼女の手の  自分の手の  村瀬の手を  洗面台へ手を  彼女には手を  村瀬の手は  庇護の手に  年子の手を  正雄の手に  私が手に  ボタンを手に  やうに荒れた手を  今朝から手に  書も手に  母の手から  静脈の浮いた手を  魔の手は  四人の手では  孅弱な手を  一つも手を  女はこぐ手を  徳二郎にしかられてこぐ手を  ほかに手が  苦労して手に  方と手を  ところと手を  とき障子を開けようとして手を  ものは手に  自分たちの手で  文化の与え手と  児に手を  児の手を  それに手を  所へ手を  叫喚して手が  満足そうに手を  子供の手に  必要品を手に  スプーンを手に  横から手を  汽車に手を  株に手を  誰人か手なりと  箸を持つた手も  未来の手の  労働者の手に  主人の手に  双眼鏡を手に  高慢で手に  魚には手を  ニュウと手を  腰をのばし手を  ときは手  美青年に手を  一割は手を  グイと手を  右の手から  自分だけは手も  ポケットに手を  僕の手に  中へ手を  彼の手は  額に手を  われわれの手を  人間の手で  土を手で  タクマ少年に手を  服も手も  警察の手によって  標本室へ入れておかれる手も  ふちに手を  消息子を手にとって  ダリア嬢たちの手で  下へ手を  彼らの手に  相手の手に  魚人が手を  んなら手を  扉に手を  僕は手を  口に手を  サーベルに手を  父親の手に  反対に手を  ほんとうは手を  母親の手を  二人の手で  わきの下に手を  それをもっている手としか  テーブルのかみ手に  フォークとを手に  制帽を手に  前に手で  機械的に手を  箒を手に  子どもが手を  小坊の手に  ものを手で  者の手によって  ネンを打倒して手の  場所に手を  青年も手を  小児が手に  両の手に  帯に手を  おまえの手には  綺麗な手を  房枝の手を  下駄を手に  妹の手を  せがれた手で  六三郎の手を  前に手を  うして手に  ポイントが手に  光子さんの手に  光子さんの手には  左の手には  鴇婦の手から  彼女の手を  含芳の手の  散歩に手を  父親の手から  右の手では  猫殺しの手にでも  やうな手の  だれかが手で  彼女の手に  婦人の手による  彼の手へ  秘書官の手を  如何とも手の  何人の手に  良人の手に  襟飾に手が  匠人の手で  園の手は  触覚を手に  手紙に手を  胸に手を  ようにして手を  娘の見送手などに  教授の手に  柿江の手の  それをも手に  西山さんの手を  西山さんは手を  こっちでも手を  生徒の手を  枕紙に手を  さの手を  父の手が  それを受けに手を  んだから手が  男の手から  埒に手を  躇らいもせず手を  様子をして手を  奥から手の  ドアに手を  ハンケチに手を  気味に手が  ごつごつした手が  清逸は手の  鼻先で手を  蒲団に手を  書物を手に  薪をくべると手を  赤子の手を  奥さんの手の  園の手が  #渡瀬の手を  間に手を  父の手から  他人の手の  むりにふり放した手  事業に手を  格子戸に手を  それらには手も  底まで手に  荷物へ手を  辰代が手を  それには手も  其処に手を  澄子は手を  袖口を伸しながら手を  辰代の手が  澄子の手を  両の手を  中村の手を  澄子の手の  外から手を  格子に手を  女の手  彼女の手の  從順に手を  火に手を  こんどは手が  何かかう手に  何んだか手に  紙包みにして手で  小娘を手で  言つて私の手を  上におかれた手が  みんな自分の手に  変な手  宝石を手ば  女が来れば手に  グレージーの手に  彼の手で  そばに手を  皺のよった手を  枕元に手を  彼女の手が  自分の手や  時医師は手と  友だちと手を  看護婦の手を  葉の手の  一緒に手を  事に手を  片時も手を  何事も手が  顏や手を  自分の手から  ネネムの手に  俄かに手を  ものは手を  十人だけ手を  そっちに手を  おれの手が  創へ手を  方を手に  人の手から  貪婪の手に  万の手の  者の手から  火の手に  図面を手に  封塞俺は手を  俺は手を  砦は手に  意識しての手の  銀の手を  きんかなしみの手を  天の手  海の手に  ひかりの手  んの手  観音様の手の  眼と手で  膝に手を  觀音様の手の  労働者の手によって  何人の手にも  我々自身の手で  賊の手によって  人も手を  それ等の手に  人の手が  崖から手を  船乗の手に  憐れなる手を  藤葛を手に  甚内を手  古河市兵衛の手に  運動に手を  志士の手に  裏から手を  やうな手に  胼胝の出来た手が  お祖父さんの手で  自分の手  炬火を手に  士族たちの手で  機会に手を  両の手で  教人衆の手に  両の手の  西人の手に  術者の手に  お金が手に  注射器も手に  孤児の手に  孤児が手に  幸福を手に  盆栽師の手に  ために手を  仕事の手に  ことに手を  ペトロは叫んで手を  みんな他人の手に  だれの手にも  兄と手を  誠一が手を  お母さんに手を  誠一は手の  さし出す手に  私は手を  クレヨンを手に  者の手では  マリアの手の  娘の手  母ひとりの手で  帽子を手に  武力によって手に  貿易で手に  資源を手に  魔の手に  命を手の  死の手から  誠一の手も  カヤノの手で  ダットサンに手が  値で手に  首筋へ手を  ボートを漕ぎ手と  一方の手が  暴漢の手に  為作の手に  中を掻き混ぜていた手を  源吉はすまして云って手を  細工道具を手に  宝石を手に  人々が手に  頑丈な手に  最中は手を  官憲の手で  バイバイと手を  一回配本を手に  笊を手に  女が手を  これをさえ手に  真白な手を  祭文の讀み手が  盃持つ手を  盃の手を  一彦の手から  窓は手に  一彦の手を  扉に手が  俺さまの手に  一本の手がに  箱から生えている手の  手すりに手を  下をむいて手で  怪塔王は手を  一彦も手も  首に手を  僕ら二人の手には  私たちの手で  塩田大尉の手  小浜兵曹長の手を  お爺さんの手に  爺さんの手を  まま白布を手に  無線電信機を手に  怪マスクを手に  貴様の手を  マスクを手に  覆面に手を  帆村の手から  ハンドルに手を  ことで手を  服にまで手の  一本の手で  電鍵から手を  敵の手にも  小浜兵曹長の手の  投の手を  ピストルを手に  怪塔王の手に  右手に手が  顔に手を  受話器を手に  博士の手を  帆村が手に  あべこべ砲で手  兵曹長の手を  品物を手に  国へまで手を  奥様には手も  懐中へ手を  容易に手には  最初に手に  大名などが手を  ヒョッコリヒョッコリと手に  袖へ手を  直感を手  小枝は手を  侍女達も手を  花を摘んでは手に  各自野花を手に  茅野雄の手へは  俺が手に  掠奪の手から  乗り手を手を  貴殿が手に  先に手に  人の手に  勘右衛門は手を  京助の手から  一眼を手に  さまざまの手を  浪江を手に  油煙が手に  針ば手に  處へ手を  金持の手に  仲間の手を  手紙を手に  女の手の  袂に手を  ものには手を  人は手を  外套に手を通して  ためにかじかんだ手を  床に手を  洗ふ手を  改造したり手を  彼女は手で  陸にいてやりすごすという手は  ジェニファーは手を  ジョーが手を  僕も手を  作業員が手を  ハワイ人たちの手にとり  ディーンが振り向いて手を  ジェーンの手を  無線機を手に  巨大な手で  人間の手によって  彼女は手を  建物を手で  全員が手を  いっぽうの手を  重みを手で  情報が手に  ハミルトンは手に  アランは手を  元気そうに手を  額にかざした手で  ラリーは手を  子供たちが手を  生徒が手を  いっぽうの手で  ダフネの手に  僕の手は  迷惑そうに手を  敷板に手を  箸を持つた手で  ふところへ手を  ひとは手を  谷村さんの手を  呆然として手を  霊薬を手に  逓信局の手に  愛讀して手  ユキの手を  急に手を  われわれ貧乏人にゃ手が  金持連の手に  蒼白になって手も  そうに手を  鉤の手に  肩とで寄りかかり手を  棟梁にも手に  びっくりして手を  自分も手を  伏せ震える手を  徳利は手を  人間の手の  典拠も手に  レオナさんの手を  一人では手の  赤ん坊の手さえ  万能を手に  ひそかに手に  自分の手では  組合からだって手に  他で手に  母の手  苗取る手を  一俵に手を  いつか二俵目にも手を  袖を持つた手を  髪に手を  僧の手の  抽斗に手を  私は手  以外に手が  二人の手の  男性の手によって  殆ど女性の手に  娘の手は  ごつごつした手  政治の手が  皆彼等の手を  彼等には手を  研究に手を  幸運にも手に  誰にも手に  女達の手によって  凸凹などを手で  海とを手で  作品に手を  ガラスで手を  蜘蛛でさえ手に  火鉢や手で  われわれは手を  守衛が手を  意地悪そうにわらい手を  横になり手を  楢ノ木学士は手を  かけらを手に  二面左右の手に  敵の手に  縁に手を  為守は手を  仏像の手に  庭に下り迎えて手を  四十八度も手を  一人民の手に  之を手に  物は手にて  磨製石斧は手にて  如くに手を  何れも手  各自棍棒石斧抔を手に  人民の手に  束髮で手に  女中に手を  身体に手を  意地悪さうにわらひ手を  鮎を手に  風琴の手を  直接彼等の手に  送信の手を  主の手に  筋に手を  却て手を  太陽に手を  方は手に  武人の手に  あなた方の手には  ハシタ金で手に  狸と手を  慨嘆されては手の  東京市中の手  庄吉の手が  庄吉は手を  私は手の  吉本の手を  其後母親の手で  まま兼子の手を  瀬戸の手で  皿は手が  幾代の手に  敏は手にも  彼も手を  貝鍋は手に  根本史料を手に  女性の手に  男性の手に  水に手を  私たちの手に  女などが手を  後ろ姿を手を  看護の手に  炊事をなれない手  乳母の手で  姉の手を  自分で書くと手が  ほうに手を  病身で手が  救いの手が  腰へ手を  顔へ手を  女連の手は  三本の手が  笛吹の手の  ふたと手を  救ひの手が  顏へ手を  玉を手にとって  箱に手でも  地面に手を  文吉の手  畳に手を  庖丁が狂って手を  美津子の手を  顔や手に  だらしなく手を  絶対に手を  んの手で  ものかとちぎる手が  豊富に手に  文学者の手によ  みなしわくちゃの手を  正男さんの手から  得意の手で  乳母車から手を  棒に手を  信也氏が手を  僕など手が  役人の手に  一せいに手を  こんどは手を  晴子も手を  晴子は手を  勢こんで手を  晴子が手を  包みを振る手が  すつかり手に  周平の手を  甲板の手  酌婦は手を  刀へ手を  立木へ手を  彼の手が  上衣に手を  壜を手に  老人の手に  おれの手で  彼の手から  電報を手に  額へ手を  それを手にとって  上衣に手をと  それを手にと  琴のかえ手の  世話になるという手が  薫の手を  皆が手を  一ぺんも手に  とき父の手が  引ツ込めてゐた手を  見込みがつくまで手  足と手とを  現実は手に  夫人の手で  今日まで手を  定期乗車券も手に  布地を手に  何の手  甥の手を  分量を手に  カルタを手に  ポケットへ手を  顔と手とを  宏子は手を  話をきいて貰うと云って手に  どっちへも手も  顔を手で  写真を手に  母の手の  素直に手に  繊き手の  幕をひく手を  ギニヴィアは組める手を  繊き手を  年寄の手の  櫂の手を  二つを手に  市が手を  役目筋へ手を  和蘭陀加留多の手  いかさまに手も  皆の手が  探りの手を  ほうも手を  十夜の手を  尺八の手を  目に手を  米の手を  胸へ手を  男の手を  おまけに手を  ソッと手を  おれの手に  畳へ手を  口から手を  ちょッと手を  銀五郎の手で  蜂須賀家の手が  後ろへ手を  もの蔭から手を  今も手には  気まぐれな手  あたりへ手を  者の手より  手拭掛けに手を  長崎で手に  薬研の手も  丞の手へ  上の手を  森啓之助が手  猿轡へ手を  鉤の手なりに  後の手を  三位卿が手を  侍女の手から  汝の手から  啓之助の手へ  必殺の手  身どもも手を  梢に手を  彼れの手の  夫婦はかじかんだ手で  妻の手に  日が入っても手が  胸倉から手を  焚火のほてりを手や  筆を持った手を  妻は泣きながら手を  昆布岳も手に  鍬の手を  赤坊を亡くしてから手が  それにさえ手を  妻は手を  ような手を  冷く手を  女優と手を  両の手  裁縫の手を  脊に手を  前に汚れた手を  欄干に手を  青年の手に  人の手  毎日毎日私達の手から  お母さんを手で  波に手を  仕事も手に  男と手を  柔い手を  氷に手を  滿の手を  健の手を  大事さうに鏡子の手に  筒袖の手を  鏡子は手を  夏子の伸した手の  掛で手を  中から出す手や  母の手に  母の手へ  まりが手から  三人で手を  カン蛙の手を  両方から手を  おれの手は  こっちから手を  脚を上げ手を  いつか路易の手を  引上げる手  思つて蝙蝠傘を手に  方の手に  他の手に  赤インクのついてゐる手を  血だらけの手が  水を手で  肩へ手を  運轉手の手  そつちはいくたり手が  方面にまで手を  造つた肉体に手を  医者の手にか  袷に手をと  君らの手に  急に手が  前で手を  世界にも手を  咽喉から手が  黒パンを手に  血のついた手を  水で手と  わしの手に  支那服の手から  一斉に手を  団扇みたいな手で  小娘の手から  塊に手を  眼に見えない手を  婦人の手でという  文部省の手で  勤労者自身の手に  誰かの手に  誰かの手で  選択の手よりに  作品を手に  詮索までに手の  グリフィスの手によって  家族たちにも手に  蝙蝠傘を手に  外には手の  具合で手に  グリスボートの手に  必然的に手を  歴史家の手によって  キャラメルを手に  匂いのしみ込んだ手が  車夫の手の  沼井の手が  帽子に手を  状態を救う手が  ズボンに手を  算盤を手から  ノートを借りる手が  右の手が  台所で手を  結び目へ手を  無我夢中で手を  女の手に  男の手が  勝の手が  君の手から  小間使に手を  方から逃げる手は  豹一の手を  窓硝子の曇りを手で  生娘に手を  銀子に手を  揉手の手を  今日来ても手  グラスを手に  ボーイの手を  佐古の手に  珈琲に手を  かすかに手が  男は手を  時多鶴子の手は  林檎を手に  乱暴に手を  多鶴子の手や  しょんぼりする手は  土門の手に  性質が手に  インテリゲンツィアの手に  本さえ手に  現実のしぼり手の  猿が手を  小刀が手を  片手打に手を  聖書を手に  お前を手  膝に置かれた手は  二階廻しの手にも  自由に手に  不信者の手より  それならと手を  雑誌社と手を  夫を手で  若者に手を  上で手を  中から手を  ところまで行って手を  口をあいて手を  周は手を  周の手を  警察の手で  半分を手に  島で手に  ぼくの手を  ジムが手に  彼女は手に  いまでも手に  私が捜して手に  資料として手に  ひとりで手に  ぼくが手に  家を手に  ケースに手を  窓から手を  彼らに手を  彼女にも手を  彼女も手を  トラックを手に  子供たちに手を  老人の手の  畳へ突いた手の  うちに行く手から  柄へ手を  墨子の手に  弟子等の手に  弟子の手に  孫弟子の手に  人の手で  門弟子輩の手に  杯は手に  切字や手  侍の手を  翁の手に  芥川氏の手に  未亡人の手から  創作の手が  祖先と手を  父の手に  出版所の手によって  田村成義の手で  嬉し泣きに手を  紙型屋も手を  本職の手に  愛書家などの手に  春秋社の手に  玄人の手に  自分一個の手に  神田君の手から  自家の手に  神田側の手から  神田氏の手に  新聞社を手  急に手  技術習得に手を  おわんを手に  下をむいて手を  本を手に  七の手から  いちの手から  一人長太郎の手から  御馳走を手で  助があけようとして手を  あいつを手  財布を持っている手が  針の手を  頬を支えていた手を  皺を手で  婆さんは手を  唇へあてて手を  香を手で  ことを手に  下で手を  金子に手も  器用な手で  ひとり社界経済の手に  救いの手を  十二人の織手  みんなの織手の  歓びの織手と  眠りの織手が  情の織手は  さの織手  平和の織手  一人の手を  涙の織手の  私に手を  歓びの織手から  望みの織手が  恐れの織手  それは死の織手  ひとり望みの織手だけが  鳩をとるとて手を  何事にも手を  子供の手から  方を手  杯を持つた手を  財政のまかない手  みんな私の手を  結婚生活に手を  玉をかきよせて手に  窓框へ手を  角に手が  不意に手を  お前と手を  綱を手に  杉戸へ手を  綱の手  鏡へ手を  それへ手を  女には手を  周馬の手に  ウンといって手を  孫兵衛も手を  静かに手を  らの手に  千絵の手を  弟の手が  二人の手を  飯つぶだらけな手の  ぶところへ手を  綱に手を  湯呑茶碗が手に  カラリと手の  体へ手を  万吉の手を  そぼろ助広に手を  無断で手を  何も手が  間へ手を  恋人が手を  一角の手に  あい首に手を  左右の手を  三輪の手へ  虎という手の  ここに手を  頭巾に手を  者の手を  眼鏡をはずして手に  女の手へ  金が手に  懐へ手を  そちの手に  ワラワラと手を  丞が手を  障子へ手を  提灯を手に  明りを手に  鴻山が手を  小姓頭高木万次郎の手に  ッとして手を  目付が手を  両の手へ  養父の出した手の  お母さんの手に  一通を手に  綱がおののく手に  綱の手へ  綱は手に  情況は手に  旗を手に  拾ふ手の  平気で手を  民族の手で  乞食の手を  のが手には  間も手  骰子を手に  貴婦人の手に  貴婦人の手から  貴婦人は笑って手を  崔の手を  小使たちの手で  府庁の手によって  こむづかしいものを書かうとするてらひ手も  母の手が  襖に手を  一週間ばかり手を  買つてくれ手が  母の手を  事位ぢや手にはを  上から手を  足や手から  作とを手にと  奉行の手が  男に手を  君香の手を  先づその像を手にと  上に置くと手を  縛された手には  ことは手  角を結び手には  それも手に  懐より手を  斜酣の手まで  医学士の手を  他人の手をから  麺麭をも手に  芳子の手を  さんの手を  堯の手を  それを手で  プー先生は手を  ソン将軍は手を  馬ばかりは手を  楽器を手に  私の手にと  アルコールを飲む手も  腋に手を  笑ひながら手を  誓の手を  ドルフの手に  母親の手に  滅多に手に  久しぶりで手に  ものには手が  魚を手に  ところを買う手も  上手は手に  輕く手  手ん手に  七本の手から  琥珀いろの手に  一つの手から  相場にも手を  相場なんかに手を  呼鈴に手を  今後相場などには手を  支配人に手を  乳母の手に  訳に手を  妹に手を  ように痩せた手を  前に立って手を  左の手が  金箪笥に手を  彼女の手や  たくさん彫られた手を  彼女の手なり  ときに手を  表は手にとって  友は手を  居場所をかえて手を  阿波守が手に  ピューッと手で  口を手で  髪へ手を  一人が手に  念入りに手を  戸へ手を  耳へ手を  霊に手  二の手は  銘刀へ手を  自分ながら手が  懐中に手を  あたしの手を  おばさまの手を  灰ならしとかを手に  犬神の手から  写真を手にとって  博士にとられた手を  百合子の手を  まゆみの手を  切符を手に  百合子の手を  百合子の手から  もんの手に  お前の手は  二つの手の  歴史の創り手  助けを借りて手  本を手にとって  フランボーの手から  何一つとして手を  制作中などは手が  下に手を  首も手を  つた私の手を  さを手で  娘の手に  同僚の手を  風呂敷とだけは手に  わたくしの手を  窓口から手を  話声が手に  上着は手に  植木鉢をも手に  左右の手に  邦人の手によって  気がつくと手に  わしの手では  男が手を  のは手を  近代日本の手によ  あながちに手ばかりに  つて来客の手に  来客の手に  盃の持ち手に  盃の持ち手とも  演奏者の手に  時にも手に  伊藤が手を  先生の手に  二人に手を  繁さんの手を  苗を手に  三郎の手に  臨席して手  他に手は  教へ手で  ローランドの手を  図画を手に  太郎の手を  教員達が手に  者同士はしつかりと手を  友達の手を  家屋敷を手  母と手を  泥の手や  血にぬれた手で  旅人を襲ったが手に  女の手が  鬼の手に  鬼の手を  彼の手も  人の手の  紳士達が手に  紳士諸君の手に  云はさず手  グルリと手を  やうに手を  唐紙に手を  夜具に手を  一度では手に  んも手を  みんな愉快さうに顔を熱らして笑ったり手を  ぢいっぱいに手にも  一ぺんに手を  講演を手を  聖にはゆく手を  ごつごつの手を  口から手が  渦がまいてゐる手を  興行物に手を  仏様の手の  印を結んでいる手の  私共の手で  印を結んだ手が  印を結んだ手は  漠然として手が  浮世から手を  光に手の  徐ろに手を  熱の手を  そなたの手は  馬鹿者どもの手が  曖昧な手  右手へ向って手を  人の手は  私の手も  擁護者の手に  牝牛を手の  誰でも聴き手の  腕をひろげて手を  我々の手に  鉄を手に  狩で手に  繊維は手なり  綿を手に  それ以上の手を  考へを手に  一枚でも手で  鼻をした手の  それ等の荒し手に  蝶を手に  専門家の手で  ジヤツクの手で  虫を手で  頬や手を  お前の手を  痛みと共に手が  エミルは急いで手を  叔父さん僕の手を  捉へるのに手を  茂つた中へ手を  顔や手を  ジユウルの手を  顔をつけて手を  ポオル叔父さんの手は  一方の手の  背中を手で  眼に見えない手で  眼に手を  人が手を  つてお母さんの手に  熱心な聴き手に  のを手に  右の手と  一方の手では  一方の手を  なんかを手に  心臓に手を  教員の手に  手紙を持った手が  昂奮にふるえる手で  あいだ手に手を  創作にまで手を  おまえの手で  わたしの手から  眼にみえない手に  私たちの手の  眼にみえない手が  人間の手ばかりが  巨人の手を  上にはらばいになって手に  良人が手を  研究よりも手  骨牌札も手に  祖母に手  自分の手には  腕に手を  収入には手も  骨牌をも手に  女に手を  ヘルマンの手を  拍子に手で  うしろから手を  骨牌を手に  ヘルマンの手に  骨牌を配り始める手は  放哉の手の  らが手を  掛け金に手を  右の手  一同が手を  六太郎は手が  私共の手の  此方へは手を  悪漢の手から  俊夫君の手を  金さえ手に  小田さんたちの手で  笏を手に  陶工の手も  #彼の手では  自然の手  誰も手に  彼が手を  石塔に手を  ような手の  貴族風の手を  一つの手が  女の手などに  彼女の手  わたしの手に  貫木に手を  二つの手は  われわれのゆく手を  心と汚れたる手を  戸に手を  邪神は驚いて手を  邪神の手を  邪神の手は  神様の手を  挨拶の手を  わたしも手を  袖を引きのけてやろうと手を  頭や手が  顫ふ手で  警察も手の  偶然に手が  僕は握られたる手を  様に手を  君の手は  懐中した手が  妻君の手から  矢張り野宮一団の手に  男女を手  鳥打帽をかぶり手に  私の手で  咽喉を手で  二三者の手に  液体を掻き廻す手を  苦が手の  彼に向って手を  ポストに手を  書記が手に  書類を手に  京子さんと手を  自身の手で  それに手も  直接に手を  今まで手に  おれの手から  一歩進んで手を  ベンヴェニュート・チェリーニの手に  花を手に  さっきから手に  ベアトリーチェの手を  窓へ手を  瑛子の手が  綴が切れるほど手から  はる子は黙って手に  框へ手と  何事も手に  様子で手を  行き方へも手を  場合聴き手を  所にも手が  さらえをする手は  職人の手を  とき節くれ立った手が  うしろへ手を  執事の手から  うしろに手を  二つの手が  婦人たちに手を  取手に手を  カンカン帽を手に  苦力とを手に  父の手の  紙を手に  荷物を手に  左の手は  二三歩すさつて中綮持つた右の手と  袂へ手を  足袋も手に  舵へ手を  荷物とを手に  精巧なる手によって  男性的な手は  人たちを手  穴蔵へ手を  怪物をつかんでいる手を  燧石をも手に  魚賣の手に  やうやく手を  兩側に手を  右左の手を  櫓柱に手を  近習の手を  さまざまと手を  啓之助の手を  ふうにかれの手が  綱の手は  男の手にも  綱の手を  それゆえに手を  どこで手に  口へ手を  柄の手は  緒を切って手に  南鐐を手に  弥蔵をこしらえていた手を  者の手  米の手  火は手の  女を手に  宅助の手へ  一個へ手を  何か手  梁に手を  背中へ手を  ものが手を  番城配下の手  蓋へ手でも  帆方アとどなって手を  舵に手が  原士の手から  水夫の手から  伸びあがって手を  蓋へ手を  一角が手に  死骸から手を  錠をかっている手も  脇差に手を  ヴォルフ学派の手によって  分類に手を  出鱈目に手を  口とに手を  首と手を  お前さんの手が  紫色の手に  顔や手の  刺客の手に  彭の手に  彭と手を  一方の手に  漁師の手に  友人とは手を  友人は手に  彭の手から  参考の手には  踊をやはらかにして手を  旅にぞありける手を  わたくしには手が  鏡を手に  斧を手に  割りには手が  鞘を手に  コスモは手で  麗卿とが手を  おのれの手で  勝永の手を  濶に手を  われにして手に  親の手から  子を手  巴里は手を  内輪に手を  子に手を  ジュジュまでが立ちかかって手を  女のつく手を  私一人の手に  規矩男は手を  和やかに手を  湖山一人の手に  主人が手  小春が手を  壁掛を手に  夏繪は手を  夫の手を  夫は手を  兩方の手で  髮を解く手も  片方の手で  バラモンの手に  歌ひ手の  二三日前植木屋の手で  ハンケチをもっている手を  ハトロン紙で包んで手に  号外を手に  焚火に手を  無意識に手を  やうに手に  情誼から切離して手  誓紙を手に  前田利家の手を  編物の手を  平々凡々の手  拙劣な手でも  股引に手を  私達は手を  看守の手で  確かに手に  小野さんの手に  死人の手に  有無をいわさず手  腕金に手を  二尺だけ手が  人間の手が  こいつを手に  棒切れを手に  鉄格子に手を  踊りの手を  秀蓮尼の手に  追跡の手が  ハルピン虎の手に  船大工風情の手に  役人の手を  道具が手に  自分の手へ  棟梁の手へ  釘抜きでも手が  鈴を手に  簡単に手が  拙者の手へ  無用な手  大黒宗理の手で  そこは手に  丞とともに手を  膝へ手を  行動を手に  あっしの手では  畳代えの手を  大刀をつかんでいる手を  母親が手を  蝋細工みたいな手に  わが子に手を  孫兵衛の手に  くるぶしをつかんだ手が  岩苔に手を  丞の手が  刀の手を  夢中な手で  峠に手を  漢の手にも  襟から手を  仰向けに手に  先達の手に  皺の想わるる手を  婆の手の  ような手が  口許を手で  二人居て手を  脇明を辷った手  下を手で  坂下で手を  何か手に  端へ手を  ここで手を  縁越に手が  雪の手を  襟へ手を  坂口で手を  貴婦人の手で  貴婦人の手が  頸に手を  病人から手  着ものを手に  お母さまの手に  父さまの手を  友だちの手を  オルゴールを手に  文雄の手を  友の手に  友の手は  自分の手は  ブハイムを手に  何時も手を  それも手を  男もので手さえ  靴屋の手に  八ツ口の手を  土方の手に  衣兜に手を  懐炉に手を  力なげに手を  ずして手を  職人の手に  前に出したる手を  一方の手のみを  一方の手は  それはまつたく聴き手の  左ん手の  左ん手で  二十分で手  あとの手は  左器用の手に  医者も手を  良の手を  一度も手に  蛍籠を手に  おれの磨いた手から  子どもの手が  倫理観にも手が  住宅地から手を  腕を捉えている手に  これを巻くまで手を  幸雄は手の  彼女たちを手に  勉強が手に  金蓮の手が  金蓮の手を  喬生の手を  学者の手に  笹掃木を手に  釈迦仏は手を  中に手の  窮屈に手を  公卿たちへ手を  今かれの手へ  見越しへ手を  剣山で手に  幕府の手へ  十分な手が  龍耳老人の手に  それへ跳びついて手を  枝から手を  皎刀を手に  丞の手から  剣山の手  周馬の手で  これも手が  周馬は手を  秘帖を手に  万吉が手に  そちの手で  剣をつかんでいる手すらも  丞の手に  切支丹武士に手を  暗殺の手が  丞殿の手に  万吉の手から  侏儒の手へ  介殿の手を  丞は手を  十分に手を  うしろから廻した手は  先方の手に  久良の手を  墨が手に  三本北京で手に  品が手に  小品を手に  女神の手で  妹娘の手から  毛だらけの手を  破れ目に手を  試みに手を  余の手に  十字架を手  日本人の手に  私に貸して手  海から手を  あとには手の  少女の手に  少女の手は  竜太郎の手を  使小僧が手に  様々と手の  咽喉から手を  市長夫人は手を  夫人は手を  空間に手を  レザールの手を  乞食が来て手の  敏捷に働く手の  労働者の手の  地図を手に  容易に手に  神妙に手を  球を手に  水晶球を手に  人々は手を  一枚を手に  ここで手に  紅玉を手に  老人に手を  彼らの手で  青年の手を  僕らの手から  魔術の手に  これぞという手  名誉職達は手に  マーシャル氏も手を  一目でも見ると手の  ダイヤル族を手  十八番の手で  弾丸帯をつけて手に  眼ばかりで手も  麻痺していた手が  様子が手に  武器さえ手には  毛だらけの手が  鰐魚をさえも手  私の手によって  櫂を手に  他人の手によって  犯人捜索の手の  俊夫君が震える手を  写真が手に  俊夫君は手を  御子で働いて手を  五六銭を手に  枝を透いて手に  ノールウェー官民の手によ  アムンセン自身の手に  物に手を  一本の手の  布を手に  下に吊して手を  庇に手を  狼の手で  隣から手を  仕切に手を  ッつるばかりで手が  廊下へ手を  圧えた手の  板へ手を  星を手に  珊が手にこそ  巫女の手を  緋縮緬を手に  銚子に手を  瀬なげに手を  自分の手でも  中にて手を  珊の手を  珊が手を  そこへ手を  折目に手を  衝と手を  脈を刺した手の  貴方の手を  娘の手をば  惡しければ手を  季題などに手よ  無数に手の  名音の手で  帰りに手を  女の子の手に  女の子の手を  人々の手を  目を避け手を  椰子樹に手を  先頃偶然自分の手で  紙幣を載せた手は  右の手ばかり  画室の手  ぼくの手が  ぼくの汚れた手で  先に手が  サラダに手が  レタスは手で  簡単に手に  機に手に  結局己の手で  銃を手に  肩をおさへてゐた手を  土岐様の手に  数十人の捕り手を  蘭に手を  こっちへ手  やかんに手を  十三人生き肝取りにかどわかされて手を  一つさえ手に  少年の手には  誰も稼いでくれ手は  人形の手を  以前から手に  民弥の手を  一度にかかって手  民弥を手に  人買の手に  腕ずくでも手に  黄金を手に  造化の手を  人の手にて  飼犬に手を  産業に手を  自分の手にも  便所より出でて手を  皿に手を  入道はあわてて手を  ような手で  佐助の手を  以外に聴き手の  今度は手を  沢山の手を  猿共が手を  山男の手で  政府より手を  行政官吏の手より  行政官の手を  一部分を手に  扇子の手を  袂へいれた手で  お初の手から  団扇持つ手へ  種の手を  団扇の手を  内儀さんの手は  渡仙の手を  さん独特の手が  旅費が手に  爺さんの手へ  格安に手に  ミルクを手に  ビールを注げと手で  商工省へ手を  ネガを手に  フィルムとかを手に  フィルムも手に  勢いに手が  奥へ向って手を  われわれの手で  懷に手を  亭主の手に  手から手へ  足や手が  夕刊を手に  ものへ手  一の手と  陳の手から  庇へ手を  不審そうに行く手を  頸へ手を  皆の手や  蝋燭を手に  ぢさんの手に  言つて俊坊の手を  鋏を手に  ぢさんの手の  ラシヤ紙とを持つて手を  親指は手に  邪魔になって手が  中で手を  膏っ手  話し声も手に  感心だと手を  マドンナを手に  今度も手を  横にして行く手を  つまりは向うから手を  吾人が手を  新聞屋へ手を  太鼓が手に  他人の手で  水甕を手に  ステフィーン大尉は手の  慇懃に手を  一度も手を  公爵の手を  彼の手からは  友の手を  拙者の手に  ウッチャリの手の  百合子の手から  やつぱし自分の手で  滝本も手を  篠谷の手に  滝本の手をと  束に手を  教へ手にな  滝本の手を  者は手の  つて滝本の手を  自らの手が  コサツク帽を手にも  昌さんの手を  昌さんは手を  大工の手にかけて  組の手に  ところに手の  默然として手を  恟々して手を  卷紙持つ手を  自然と手を  圭一郎は手を  顏に手を  火熨斗をかける手を  板の間に手を  今となっては手  客の手が  中から手が  岩の手を  鏡に手を  盥の手が  中から痩せた手が  助が手を  伊右衛門の手に  岩の手から  自分は洗って来た手を  我知らず姉の手を  どこまでも受けみに手を  まんまの手  片方の手を  パン菓子へ手を  帽子へ手を  ザア水を出して手を  三人ポケットへ手を  しづ子が手に  勧誘状を手にも  れい子が手を  証拠を見せろだって手なんぞ  産毛の手に  祖命の手の  直様癖の手を  退屈の手に  果物に手を  奴を手に  心もちで手に  簾に手を  消息を手に  消息を手から  さそうにして手にとって  黒川の手に  中尾の手を  方からも手を  額と手とが  急に手も  勃凸の手を  トルストイの手の  Bohrの手で  私は黒ずみ汗ばんだ手を  自分等の手から  下から手を  赤にして手を  お茶をとらうとして出した手を  兎の手を  それから手で  内も手を  華奢な手を  稲ちゃんの手を  鬢に手を  勝手に手を  肩なぞえの手を  二筋三筋指にかかって手に  夜着から手を  包みを手に  合ひの手に  握り返した手に  自分の手も  映画館で手を  握り返した手を  女心理学者先生の手を  一般が握られた手を  松夫の手  扉にはさんだ手を  男に押えつけられた手を  水木由子の手を  彼女自身の手を  綾子の手を  #ケダモノの手を  誰の手を  ケダモノの手  ケダモノの手を  ケダモノの手の  ケダモノの手に  アナタの手を  ボクの手が  ケダモノの手は  アナタの手は  男の手  ケダモノの手じゃ  次の手を  此所で手を  私自身が手を  人たちは手  氣まり惡げに手を  竹細工の手  千代子の手を  店仕舞の手  佐藤の手を  患者は手を  #左の手の  背部に手を  枝を折って手に  筆を手に  経を手に  少女等が手を  トキエの手を  母も手が  看病の手  中には手を  せきの手を  腕組みしている手を  どちらの手で  飛田の手  ままの手で  きのうあたり頼まれて手に  位置で手だけ  仙妃は手を  肩にかけていた手に  仙妃の手は  #青年の手に  侍女達は手に  襟飾に手を  聴衆は手を  上でか手と  監督はあわてて手を  ミーチャは手に  売つて喰つて行くより手は  浴衣に手を  雪子の手から  書き物の手を  たくさんの手が  見た目には手とも  眼には手とも  姿は手に  二人は驚いて手に  患部へ手を  楊枝を手に  顫える手で  バチバチと手を  忍術の手  死霊だけには手が  めた手で  残存者の手でも  限りは手の  三輪馬車をとめて手を  花束を手に  周囲から手を  コツプを手に  将棋指す手を  咽から手が  イワンの手を  マカールの手を  左右の手で  大成の手を  女主が手  姫樣が手  眞實の手と  騷ぎぬかうと思ひますとて手を  お力帽子を手に  私共の手に  後にしまするとて手を  錢を手に  身にしみて手も  お前の手には  遠征の手を  蝦夷の手に  山賊が手に  溝に隔てられて手が  幹に手を  皆の手を  容易に手を  八橋と手を  当人の手に  半分にさえ手を  二階には手  扇の手を  枕もとの手  杯を手に  おれと手を  女の手から  ぴっしゃりと閉め切って古びた手  人形遣いの手を  女房は手を  のが手に  眼にも見えず手にも  婦人が手に  舟べりに手を  妻が手を  子供たちの手で  老女の手から  男女の手に  村人の手を  妻の手を  腰をもむ手を  行商の手から  布施を手に  覚の手を  歌子の手を  指環を手に  青年たち自らの手によ  真珠を手に  親子とも手を  やつと手に  少女は手に  双の手を  片方の手に  一枝を手に  荷物に手を  やつと手を  カシタンカに手で  主人の手の  人にだって手を  揚げ豆腐を手に  鼻も手で  そうな手で  はじをひっぱって居た手を  丁寧に手を  几帳に手を  きゃしゃな手を  供の手に  様な手を  女君の手は  女君の手を  光君の手を  まま兄君に手を  沢山出た手で  #君の手を  光君はだまって手を  皆二人の手に  美くしい手  魔神の手  光君は手を  紅の手を  人の手と  紅の手は  #君の手の  紅の手で  私の手  われわれ自身の手で  ぼくの手に  おかあさんの手は  顔も手も  先生の手によって  藤田さんの手に  無心に手の  飛脚は手に  刀を手に  材料が手に  今晩までに手に  国で手に  部屋で手  ポケツトに手を  子の手を  そうに手で  箱を手に  わたしでは手と  服を掃く手を  相手の手を  足だとか手  ケースを手で  フサの手を  言いなりになっている手の  這ひに手を  落第生みたいな手の  ワシは手の  心臓へ手を  僕達の手を  鍬をもたないで手が  顔をしかめて手を  木は手を  上や手の  消毒した手を  一体医者が手を  佐藤の手に  熊は手を  奥さんの手と  本を持って手を  眉に手を  劉備は手を  仲買人の手には  商人の手に  道士は手に  者の手に  劉の手へ  張飛の手から  張飛の手へ  母は手を  劉備の手を  老いの手が  わが子へ手を  菓子を手に  容易に手は  貴様を手に  張飛は手を  喉から手の  賊の手に  陽なたに手を  関羽の手から  盧植の手を  黒血へ手を  のだが手に  なんの手も  一家一族は手を  両刀を手  血に染れた手の  宗七が手を  文珠屋の手を  千浪の手を  ぐるしいほど手を  背へ手を  肩下へ手を  男の手で  笑いを手で  背後へ手を  父法外を手に  法外先生に斬られた手は  障子際に手を  障子に手を  刀を持つ手を  大次郎の手から  先に立って手を  伴大次郎の手には  本こそ手に  本が手に  修理の手を  食糧を手に  缶詰でも手に  幕を手に  マートン青年たちの手によって  山木の手の  山木の手を  エンジンに手を  自分たちの手によって  仕事に手が  有様が手に  こんどは手に  火星人と手を  ネッドの手を  技術団とが手を  株式に手を  弾丸も手  轟氏の手で  両親の手から  女優に手を  髪結いの手に  署長の手で  文月巡査の手から  真赤になって手を  真剣に手を  グラン・ギニョール座専属パオロ・オデロイン夫人の手に  イキナリ僕の手を  上本が手に  弗箱に手を  ポンと手を  呉羽はわななく手で  生蕃小僧と手に  内懐に手を  娘と手を  娘は手を  研究家に手を  中也の手を  自分一人の手で  彼女の手には  森君は手を  森君の手を  わらはが手は  糸を繰る手を  頃も手を  やうにして手  柔かな手を  糸の手を  端に手を  とりと手に  誰が手とも  弟の手に  弟子の手へ  商人の手で  端から手が  それぞれ被害者の手に  主君の手を  誰の手に  血まみれな手の  如何とも手が  家財金銀を担ぎだして手  孫堅の手へ  呂布の手を  李粛は手を  手袋の手を  下士の手を  女大使が手に  義眼を手に  人間の手や  頭を手で  飛行機を手に  北條氏の手に  将も手を  将軍も手を  宮部鼎蔵と手を  北海道を手に  徳川幕府の手に  世を渡る手  琺瑯引きでとっ手の  普通人間の手に  問題を手に  相当流行問題になって来ないと手を  どれもに手を  時船員が手を  楊奉の手を  幾人もの手が  暴賊の手に  はるかへ手を  曹操の手で  玄徳の手によって  飼主の手を  呂布の手に  孫策の手が  孫策を手  孫策の手に  糜を手  部隊の手に  あなたが手を  袁術の手が  彼の手だけ  おれは手を  玉璽を手に  われわれの手には  血にぬらさない手の  彼ひとりの手で  于禁へ手を  人の問い掛けが手に  絶版となった手に  参考文献をたどっていくしか手が  先方の手を  ドラムを手に  構造と手を  誰でも手の  渦中に飛び込んで手にも  独占させる手は  仕事にも手を  原稿を見直して手を  支えの手に  何度も使ってきた手  システムを手に  コンピューターを手に  中味には手を  つもりで手を  絵に手を  作業に手を  木津田さんの手は  気軽に手にとって  パッケージを手に  本人の手によって  キーボードを叩く手を  自分で手を  作品から手が  料理の手の  人が手で  書籍商の手に  これなら手が  看護よりも手  生薑を投げ捨てた手で  卑弥呼の手を  間に手と  松明の持ち手の  背から手を  爾の手に  われの手に  彼らの手によって  衣を手に  端を手に  兵士の手によって  兄の手を  耶の手を  耶は手に  背中に手を  絵の手から  肩とに手を  卑弥呼の手には  杉戸に手を  静かに手の  部落から手を  友人の手を  二十二日に手に  ムクムクの手が  半身像をみがいて手を  何にも手に  事ばっかりがあって手の  彼の死んで組み合わされた手の  自分が手を  帝は手の  董承の手を  曹操は手を  董承は手を  硯を手に  眼や手を  董承の手へ  おれの手を  美姫は手に  玄徳の手を  袁術の手を  一兵の手も  襲せてきても手を  敵には手の  劉岱を手  王忠の手に  剣のつかへ手を  劉表の手で  韓嵩は手を  黄祖の手に  一部下が手にかけて  病人の手を  私と手を  仕事さえ手に  紙入に手を  帰り迄の手  手袋をはめた手で  壁の手を  研究を手に  清水の手に  迂闊には手が  古田の手から  尻尾は手に  ぢき手に  ニッポン人の手で  二本の手の  婦人自身の手を  煙草を燻らしながら手を  足とも手とも  書には手を  営利機関の手に  ヒョイと立って手を  競技の手を  警察医の手で  係官の手に  星尾の手に  豊乃の手に  牌を手に  捜査の手を  一物も手に  辺の手に  張遼の手から  一歩という手  鎗の手を  一州を手に  名医華陀の手を  匹夫の手に  陣所陣所から手を  捕虜を手  君の手には  殻を手で  兄弟の手に  審栄の手で  駿を手に  うかつに手は  司馬徽はふいに手を  公使館よりの手  ために出したる手を  相沢が手  為めに手  余は手を  けりと手  つれの手も  絃の手  かきつばた扇つかへる手の  人舞の手を  相澤が手  爲めに手  科学女学生の手は  彼女の手も  往って手を  刀に手が  徒の手から  短刀の手を  権八の手を  平太郎の手を  己の手に  巻物を手に  仕事をしていても手は  京一の手から  神経をとがらしてゐるから手が  荷い手として  ふちへ手を  祖母の手に  腫んだ手を  本屋と手を  ゴーリキイの手を  当時彼の手に  眼とをもった瘠せた手の  学生の手へ  買占人の手から  薪を手に  桶へ手を  ロマーシの手を  中でも手に  貴族の手によって  十二人ずつ手に  扉を掴んでいる手を  ところで手に  一人残らず手か  手頸を握っていた手を  腕に掴まっている手を  一緒になって手を  まま働く手を  片方の手の  仕事から手を  靴を受け取ろうとして手を  彼は手に  髪を手に  ところへ手を  頃の手では  三角帽に手を  右の手は  自分で手に  んざ一つも手に  一つだって手に  #彼の手に  暗がりで手を  チョコレート妖精たちの手によって  多数の手が  ところに手を  背に手を  頸と手とを  ブルジョア新聞は手を  秘密警察は手を  方までは手が  孫権は手を  余人の手に  書面を手に  驪姫の手に  武士の手に  百姓を手  金銀兵糧などを手に  糜竺を手  趙雲の手へ  将軍の手に  趙雲の手から  此方へ向って手を  曹操の手には  二女を手に  操の手に  周瑜が手の  蔭から手を  コンピューターの手を  同志と手を  用意するしか手が  幸せなら手を  これなら手の  訓練を積まず手を  連中には手に  グラフィックスに手を  動画に手を  ガキの手の  腰をかかがめて手を  日本国内に求める手が  畑の耕し手  書籍並みの手の  拍手した手の  ベトナムから手を  他社の手によって  何の手を  何の手も  連中を作る手も  今になって繰り返すしか手が  西の手に  こっちでいく手も  マイクロソフトの手に  自らの手で  マシンにゃ手が  かぎり編集者の手を  熊の手が  青空文庫の手によって  誘いに喜んで手を  プログラマーの手を  今度は梳き手が  盃を手に  のかと思って手にとって  金貨を手にとって  一度に手へ  コップを持った手が  膝の手を  本庄は手に  鏝を手に  下には手を  ドクトルの手には  恋人の手で  恋人なんかの手に  人が手でも  上したへ手と  お前の手や  心と手と  剣をぬいて手に  何にでも手を  遺産が手に  陰険な手は  わたしらの手で  わたしらの手でこそ  妻君の手を  顔と手の  シューラの手を  黒坊人形は手にとって  カルタを手の  ナースチャ一人の手に  プラトークをかぶって手を  タバコを持った手を  丁寧に読み終って手を  不器用に手を  いつお前の手が  石鹸水でふやけた手を  ナースチャに向って手を  顔から手を  お前さん達の手には  ここぞと思って手に  悪魔の手は  同感だといって手を  ものを手にとって  ぢいさんが手に  看護婦に手を  梯子段の手  のに手を  小女に手を  行らつしやいますなら手を  そこの手  肩に手が  バルコニーの手  雀が手を  腹がへつた手を  銀を手に  侍女たちが手に  露子の手を  針を持つ手を  人間が手に  燃えさしを手に  雨傘をとらえようとして手を  完全に手に  利休は急いで手を  拙者の手を  諸君方多数の手に  御身達の手に  利右衛門は手を  陰々と手に  ものと手に  それがしの手に  あなたの手で  呉の手に  呉軍の手に  孔明の手になんか  南郡を手に  とわが手に  一人が手を  杯も手に  大げさに手を  遺書を手に  容易に手が  拾ひあつめて手に  警察の手を  物でも手に  水葵をわけて手を  わたしは手に  廻し方も手  麦藁なんか被り手は  人々は手も  忠一の手に  陽子は手を  眼差しとで手を  ままの手を  指揮につれて手を  人間の手から  木村の手から  もので手が  百合さんの手を  足や手の  貰はうとすれば手を  女中の手が  権幕に驚いて手を  夫の手は  細君の手は  京子の手にか  京子の手が  番頭の手には  夫は手に  洗濯屋の手に  一つ火鉢に手を  草に手を  骨の手に  甥に手を  私の手でも  事は手に  名工の手に  ものの手で  乳を手に  揚羽蝶小褄とる手に  舞の手を  らむか手は  みち何れにかさむ手と  神様に手を  農民等は手に  恋人も踊らんとして手を  そなたの手から  舞姫の手から  母は手に  誰の手も  何十本かの手が  一男の手は  うしろで手を  使ひ手が  方では手に  膝にのせた手の  菅沼が手に  中に立ってふやけた手に  硫酸水に荒れた手で  現金を手に  ほかに手は  ヒサシに手を  あなたは手を  寂寥の手  鍬を手に  何物かに向って手を  杉本さんの手から  間へさしこんでいた手を  鷹揚に手を  沛は手を  二人が手に  将の手を  城へ手を  厳顔は手を  佩剣に手を  玄徳の手に  汝らの手で  猛攻の手を  劉璋の手を  げに手を  関羽の手には  張魯の手から  張魯の手を  ふたりの手に  侍側の手から  曹操は手に  左慈は手を  すべて彼の手に  紅線走り手巾持てる手も  磧よりは手を  己が手を  斉しく手を  園を手  髷を持つ手を  何者かの手によって  乱髪に手を  前掛けで手を  大岡越前守の手で  ぶところの手を  板戸に手を  壁辰は手を  貴殿の手に  左官屋の手に  自分から手を  お父つぁんの手に  ほうにも手を  酒杯を持った手を  右近の手を  商売の手を  庵の手で  調子に乗って手を  綱をとく手を  助の手に  庵の手から  一つずつ手を  夢中で手を  頭上にかざした手へ  たまと手の  町方にも手を  屏風に手を  右近の手に  こちらの手で  場合には手を  われわれも手を  こっちの手で  ほうへ手を  二人手に手を  これといって手に  庵の手を  刀が手を  風呂場で手を  六の手から  造酒の手が  屍体に手を  庵と手を  落胆せずに手を  角に手を  ための手を  一切骨牌を手に  貞奴の手に  ところへ手の  夫の手に  高利貸の手から  高利貸の手に  胸に組合せた手の  口を動かして手を  棒を手に  彼の手には  方の手で  四つの手は  阿Qが手を  辺から伸した手に  二言目には手を  筆を持つ手が  全力をつくして手に  対手の手を  沢山に手を  マリーナの手を  ダーリヤの手を  苦笑を洩しながら手を  肩を揺って手を  森野の手を  寝言の手が  剃刀を手に  琴の手を  トニイの手を  絵はがきを手で  老婆の乾いた手に  電話機に手を  巻莨を手に  婆に手を  少年が手に  あたりまで手を  先生は手  夕日に手を  少年の手に  一所に手に  胴の間へ手を  燈を手に  夫人は手の  前髪に手を  腰に組んだ手は  僅に手を  件の手を  御前が手を  手ひく手の  八方へ手を  芒も手に  艪の手を  和尚の手に  李張は手に  李張の手に  悪漢の手に  李張の手が  人間竝みに手が  鳥は手を  隠しに手を  ピストルは手から  遠藤さんの手へ  遠藤さんの手へは  日でもないと手が  そこが手  彼等の手を  電報紙を手に  液体が手を  今夜は手と  鋸を手に  色魔の手に  それが手には  ほころびを繕う手を  道具を手に  助けの手を  課長の手を  千二の手を  お金を手に  丸木の手から  千二の手  あなたの手が  ンを手に  巻紙を手に  柔道の手で  助る手は  胴中へ手を  怪人が手を  のは手だけ  博士の手から  丸木の手に  監禁の手から  報告文を手に  ものの手や  地球人類と手を  わしは出来るだけの手を  博士の手が  丸木の手  胴中に手を  帽子を手で  先生の手を  ガスピストルを手に  あんたの手に  一同の手に  電気帽に手を  博士は手を  一時にげだす手も  ひそかに手を  千二少年の手を  それを防ぐ手が  ルル公爵の手を  マイクを手に  丸木に手を  大砲を手に  ロロ王の手を  佐々刑事の手を  予審判事の手に  酒盃を手に  財産が手に  薬を手に  此の手は  動植物を手に  仕事に手も  警察の手が  家扶にさへ手に  日毎に手に  箒木の手を  賜はれと手を  紅葉の手を  手當に手  群りたたせ手も  妹が手にか  眼をむきて手を  医師の手に  華陀は手にも  防禦の手を  報を手に  人間では手に  糜芳の手を  大将呂蒙の手に  慰問品を手に  水は手を  種々に手を  軍の手に  者の手で  職も手に  哀れを乞う手を  裳を持った手は  能弁を手を  張苞の手で  張苞の手に  婦人帽を手で  それまで手で  肩から手を  肩から手さえも  握りに手を  彼女を支えていた手を  先きを手で  私はかじかんだ手を  二人で黙って手を  ベッドから手で  病人の手が  きのうなどは手に  石炭殻を撒く手を  お前の手が  八十に手が  懐中から手の  封書を手に  封書に手を  ぶんの手に  ことでも手に  猫をかぶっても手  女は手で  穴から手を  二字が手に  やつの手に  字が手に  番所の手に  組下が手を  なにをするにも手が  江戸中が手を  懐から手を  山の手の手  万年青から手を  本校で手に  夫婦も手の  暴れ方で手が  ふところから手の  捕物帳を手に  事件から手を  一と手に  わきから手を  俺の手に  比丘尼の手を  比丘尼の手  お上の手で  鈎を手にとって  髷節に手を  ものに手を  上に翳した手の  上手の手から  専門家達の手によって  文芸批評にまで手を  大衆の手による  俗物の手によってこそ  ブルジョアジーの手に  ナチの手によって  定石の手を  一名の手によって  出版資本家そのものの手に  編集者達の手によって  民間の手によって  ニュースを手に  髷節へ手を  用はないと手を  どっちの手に  肩から手で  顎十郎は手を  かたが手に  オオル・ドウウヴルに手を  注射器を手に  不意に漕ぐ手を  情をもって手を  馬丁なぞという手や  蜜柑を手の  小火までは手が  糸巻を手に  一味の手へ  顎十郎は手で  心が手に  女中の手を  エホバの手に  曳扉に手を  藤波の手で  雪に手を  品に手を  蠅を手で  献上物へ手を  ひざに手を  みんなは手を  鞭をこしらえて手で  みんなは言いながら手を  ポケットの手を  ようにしながら手を  たくさんの手を  一郎は手を  河原から来て手を  かぎりの手を  うちに手を  行灯したの手  鷹匠の手からも  脇差を手  手前などの手には  むやみに手を  洲崎一帯を手を  千太は手で  われわれが手を  俺も手を  お前も手を  途中で手を  感謝の手を  ロックの手によって  一部分だけでも手を  積極的に手を  連絡だけに手  カント派の手に  内容にまで手を  偽装に手  之には見えざる手の  政治家の手に  彼等の手によって  悦治が手を  悄気ながら手を  みんな集って手を  場所をとって手だけ  一人二人ずつ手を  みんなで手を  なか一杯風を受けながら手を  腰元どもの手に  閑叟侯が手に  曳戸に手を  千太は手を  門帳をくりながら手  顎十郎の手を  御船奉行の手では  奉行所の手を  御船手役人の手に  眼へ手を  お上の手に  武家の手に  民衆の手に  松竹の手を  六十に手が  始め伊勢湾あたりまでが手に  静子さん自身の手によって  人の手によって  俺たちの手には  帆村探偵も手も  帆村の手を  帆村探偵は手に  金に手を  赤外線映画が手に  雲飛の手に  二三歩歩くや手は  さまざまに手を  艫から差しだしている手へ  はしへ手を  又右衛門は手を  首へ手を  蓋を取って手を  はてまで手を  概念を手に  父の手は  ことも知らない手  百姓の手  ことの手  土だらけの手を  自ら合さる手と  頑固な手も  百姓の手から  たまを垂れ手を  他の手は  瀬戸皿に手を  此の手が  おのが手を  世界を手に  いま秋そばを播きつけてきた手  ことでもしつてゐる手  耐へてきた手  此の手よ  冷い手  やうな手で  犁をもつ手も  鼻此の手と  みどりに手を  人間ならば手の  文筥を手に  しとやかに手を  んだら手を  医師の手を  わたくしどもの手には  飼主の手に  手拭いを引っ張った手に  喉から手が  洲へ手を  ふたりの手で  土扉に手を  藤五郎の手を  難儀して手の  印籠を手にとって  小娘の手を  ゴトリと手の  いくらでも手に  江戸じゅうに手を  位牌を手の  そいつらの手で  ょろ松は手で  やつに手を  金三郎の手を  マゴマゴしていると手が  三津五郎は手を  んだから手も  五造の手を  清五郎はあわてて手で  濁酒に手も  六人を手に  桟に手を  清五郎はあわてて手を  爺さんに手を  兄弟は手を  ような手  穴を塞ごうとして手を  父親の手を  板硝子に手を  少年の手は  首を振ったり手を  前には手が  誰かの手が  巡査に手を  彼自身の手  彼は震える手に  声を立てて手を  上に手が  わたしの手が  声を出して引かれている手を  トオカルの手に  布を洗う手も  枝がついたり手が  岸内閣の手によって  友子が手を  友子の手を  サヨの手を  たびに握っている手に  妻の手から  夏侯楙は手を  孔明の手に  姜維の手を  機をはずさず手  孔明の手へ  司馬懿の手に  物が手に  孔明は手を  東関は手に  兵を用いて手  敵には施す手が  周到な手  彼方から手を  これは手に  何物にも手を  タカと手を  枝の手で  李が手  仕事に手を  汗を流して手に  7を手に  火事泥的な手を  自転車にまで手を  云ふものに手を  嘉吉の手へ  嘉吉の手は  勉強に手が  自分たち学生の手に  藤野先生みずからの手で  民衆を手  警察等の手は  むしろを手で  柳に手を  二ツばかり噛むで手に  彼處此處袖襟を手で  柳の手が  幻は手にも  露も手に  葉に手の  籠を手より  土人に手を  足を失ひ手を  横坐りに手を  縁に出て手の  愛人すら手に  非力な手に  岩角に手を  割目に手を  花簪を手の  かたちをとどめている手や  狭山はさする手を  狭山は手の  らんぼうばかりいたして手の  花子の手を  釦に手を  折から手の  こっちに立って手で  伯父の手へ  伯父夫婦の手で  東川は手を  女三人の手で  六十に手の  のを手を  ものか手に  尾形警部の手で  彼自身が手を  とき丈太郎氏の手は  上にぬれた手を  レモナーデを手にとって  勝見の手で  作業員が手に  巧く手  好色から手に  夫人の手を  呪いの手を  長髪に手を  手紙位は手  御馳走には手を  完成する手が  ノドからでも手を  ノドからは手が  以外に手の  単身では手が  長平の手が  せつ子の手  カツラに手を  長平の手を  暗闇で手を  男娼の手に  慈愛の手に  グラスに手を  以外に手も  せつ子が手を  能力でできるだけの手を  マッチ箱を手にとって  からだに手を  エンゼルは手を  パンスケ相手に手が  さかげんに手を  一部に手は  明確な手が  長平の手から  壁に手を  ノドを手で  長平は疲れた手を  これだけ手を  ミジンも手を  コマメに手を  下へまで手を  商人の手から  何てって勧めやがっても手を  機械へ手を  何も手を  めいめいの手に  これは手  マルモ隊長とは手を  正吉の手を  キンちゃんの手を  みんなが手に  誰れの手からも  松竹の手で  平打ちがゆくと負けていないで手を  氏の手を  鬘衣裳も手に  收得スル者ハ國家ノ手ヲ  偶像破壊者の手を  日本人の手で  動勢を手に  駐在所だけの手には  どの人も手には  女中の手から  三匹ばかり手に  云ふので手  腕から手を  直ぐ口や手を  通せんぼうの手を  細君の手に  細君の手へ  私に書く手が  垢だらけの手を  毛布をおろして手に  カサカサに乾いた手を  何十回も手を  ゴム管さへも手に  写生の手を  国守の手に  大夫が手を  たしかな手から  舷に手を  餅を手に  糸を紡ぐ手を  薙刀を手  三郎が手の  仏像を手に  役人の手で  これだけは手を  外に手は  皮袋を手に  ぢて手を  看護婦さんの手が  鬼の手をば  ジヤック・ルウシェ君の手によ  麦稈帽子を手に  至りとは云いながら手にだに  右の手にて  お前書けない手でも  幾つも手が  大な手を  姉の手の  姉に差出した手が  上で手と  雨戸に手を  背後から手を  俯向きに手を  客の手を  恋女房を手に  彼等進み来り手を  恵子の手を  とき僕の手が  まりに手を  五助ちゃんの手に  ぼくたちの手で  姿で手を  魔の手など  震へる手に  白墨を手に  造に馴れた手を  日には手の  お前は手を  藥園へ手を  町奉行では手の  土塀に手が  一箇所だけ手  藥湯を手に  家光の手に  笹野新三郎の手に  つて艪を押す手も  萬三郎の手に  安岡ツ引の手に  錢形平次の手で  四人まで手に  平次の手に  千切つて死體の手に  脇差の手が  花嫁の手を  何うにも手に  國にでも持出されたら手の  嫁には手を  ソツと手を  平次の手は  祖母さんの手の  庄の手に  櫛を手に  庄は手  肉づいた手に  株などに手を  なかへ手を  主婦が手  脚も手も  一時二時まで手から  火を入れて出す手  傍に手を  一順人々の手を  花札を手に  前垂で手を  札を手から  妊婦の手に  機械的に疲れた手を  多勢の手で  衣を持ち出して手  縁側へ手を  縁日に手を  綺麗に手を  ことが手に  従姉は手  二階へ上って手  庄の手を  芳太郎の手に  芳太郎と手を  磯野の手を  手を休めて手  伯母は手も  芳太郎の手から  つて自分の手を  娘さんの手を  肩を手で  無事に手を  娘さんの手や  後に手が  貴女の手に  貴女は手をだに  貴女の手を  地に手を  中年者ですが手に  今度ばかりは手を  兄哥の手を  これには手を  そいつも手を  何うにも手の  膝頭に手を  さんは手を  これは手の  卓子に手を  卓子についた手の  缶に手を  それらの手の  文献が手に  まんまで手で  かおを手で  かおから手を  かおをして手を  わたくしの手に  菊世は手を  それに手や  足や手は  碗を手に  誰にも手  横合いから手を  五は手を  全能の手が  鍬取る手を  柔嫩な手で  貴方の手に  時は坐って居て手を  粉だらけの手を  小柄を抜く手も  旦那貴方ア両方の手に  馬作の手を  喜連格子へ手を  蘭の手を  山三郎は手を  のではないかと手を  女房に手を  番所の手を以て  末席に下って手を  致し方なく手を  用があれば手を  お方の手に  首っ玉へ手を  家へ帰すに手が  下へずうと手を  敷布団に手が  巻て手に  貴公の手に  道お上の手に  髻を手に  血に染った手を  刻煙草を手に  鹽も手に  後手に縛られた手を  お前の手に  自由のきかぬ手を  そばへ寄って手を  一方の手しか  酒に手を  わざでは手に  血にまみれた手は  丼に手を  井戸に沈める手も  八五郎の手から  八五郎の手の  お前の手  追及の手を  うつかり手でも  二た手に  手と手が  此處で手を  變な手の  聽き手の  葉の手に  平次の手が  里親の手で  何人の手によ  信州人の聴き手に  別の手に  干渉の手を  効き目のある手  周囲の手によ  世間の手によ  男の子の手を  吊り革に手を  ものから手を  凡人には手の  臨床医家の手に  生活様式にまで手を  人々の手に  物音は手に  一同はやんやと叫んで手を  方を向いて手を  結局手垢と手と共に  いそがわしく手  此は手にとって  鼻にまで手が  ヘトヘトになった手で  皆それを手に  ゴーシュが手を  ゴーシュは手にとって  翼を手に  次郎吉も手を  軍十郎の手で  慈母の手を  ワトソンの手に  泣き落しという手の  うえに延べられた手に  結び文を手に  継母の手から  心と手を  咲子の手を  瑠美子と手を  神さんの手に  子供の手にも  瑠美子が手を  編みものの手を  均齊の取れた手や  人夫の手で  慈父の手に  額も手も  庸三の手に  震災後山の手へ  葉子の手に  膝を手で  一方を手で  ほかの手は  綺麗な手にまで  方から手を  庸三は手を  彼の手  青年と手を  先生と手が  ところ庸三の手にも  それに刃向かう手の  以上逃げをうつ手は  ジャアナリストの手に  コップを手に  紐へ手を  感じに富んだ手や  一つの手では  何から手を  いろいろに手を  それは手から  主任も手を  メイ・ハルミの手を  山上の手を通して  文壇人には手の  庸三の手には  算盤の手は  みごとに手を  三四郎の手も  三四郎は手を  新聞に手を  ぜんと手が  豚などは手が  とおりの手を  言葉は手に  相の手の  右の手へ  きれいな手が  美禰子の手に  画筆の手を  雑誌を手に  巡査の手に  手欄に手を  こちら側から手を  我々青年の手に  ナイフの手を  ポッケットへ手を  袋へ手を  与次郎も手を  内懐へ手を  ハンケチで手を  鉄瓶に手を  与次郎は手を  ハンケチを出して手を  柄へ手も  ひとつこいつの手に  侍は手を  盃を手で  源三郎の手を  今度は手の  それを握っている手の  松吉は手を  壁へ手を  板壁へ手を  妻を抱えた手を  加賀屋の手を  彼等の手で  二人で手を  旅券が手に  僕は手  司会者の手に  警官の手に  指を延ばした手と  例の手で  戦争で手を  課長は手を  最後の手を  二本の手は  武士は手を  鼻へ手を  金剛力を手に  無数の捕り手が  際間から手が  傘を手に  藤原氏の手から  作者らの手によって  品どちらで手に  何物かを手に  地に坐り手を  同類の手に  汝が手に  それと手に  巨財を手に  独楽を手に  妾が手にかけて  家老様の手へなど  頼母様の手に  頼母様の手へ  わしの手にまで  勘兵衛の手が  わしの手へ  葉の手にまで  あやめの手が  美少年が手に  介えている手へ  大切そうに手に  頼母は手に  主税の手を  財宝を手に  覚兵衛に手を  ものの手に  他人の手を  萬の手の  想像の手を  人形遣の手が  傷に手を  爲に手も  日本作家の手に  職業俳優の手によ  一輪とって手に  創にさわるかと思うと手も  徳川などの手で  いつまでも手を  毎日は手を  彼の手か  頭と手は  大原氏の手を  父親に手を  セットを手に  ゴルフ道具を手に  ゴルフクラブを手に  相撲をとって勝った手  相当する手が  足をからむ手は  ソップだきだけが手が  顔と手を  顔と手に  ような手に  ガランドウの手に  頭上へ手を  富を手に  それらに比べて手が  複雑に手の  一ツも手に  自分では手を  一文も手を  他は手を  早めに手を  ボストンバッグを手に  複雑な手を  戦争と手を  他人が手を  麻雀という手の  麻雀は手で  足と手の  顔や手は  學校道具に手を  側から手を  やつぱり胸に手を  警官が手を  巡査の手と  齋藤が手  肥つた巡査に手を  彼等の手  一人の手に  一人の手にて  同情して手に  何處から手を  援助の手を  之と手を  卑劣とが手を  男の手によって  わたしが手を  器械的に手が  女中が手を  者をして手に  宣伝という手も  赤ん坊に手を  ように手で  山田も手を  幾度も手を  自分一人で手を  兄弟が手を  伯父板倉留二郎の手に  柄に手が  彼の手によ  これと手を  おばあさんは手を  朝日に向かって手を  思想家の手を  労働者そのものの手に  自分らの手で  とおりに手を  実験に手を  ちゃんの手に  ちゃんに手を  おかあさんの手に  林太郎の手を  べりから手を  犬を手  林太郎の手や  人々の手から  以外に手を  ボールを手に  選手を狙うという手が  仙人は瘠せた手を  町長さんに手を  三度も手を  一団が手に  両方の手の  顔をして手を  中国から手を  樣は手に  これをかえる手  独断で手  大西が手を  深山軍曹も手を  わしの手を  ところで手を  タンクには手が  同胞の手と  指を挾んで手に  此一月餘職業に手を  うして手が  桶を手に  自らの手でも  デリケートな手を  ときポケットに手を  サンドリヨンの手を  ブルジョア的過去と手を  幼時から手を  負担のにない手  工合にして手に  波の手に  柔らかなる手に  地方農民新聞を手に  若い衆に手を  柔術の手を  これ此の手を  市は手を  無理に手を  お前を手に  脊中へ手を  所へ浮かり手を  町会所から手が  寺へ手の  庄吉が手を  女房の手を  破れ障子に手を  梅さんの手を  上総戸へ手を  上り口へ手を  処へ手を  無理遣に手を  胴金に手を  おやまの手を  無理遣りに手を  助の手を  力のある手で  蔦蘿などに手を  外へ手でも  上に縋り付く手を  現在親の手で  山平の手を  繼の手を  人足たちの手も  粉のついた手を  小作人たちの手に  台所へ行って手や  わが子の手に  トゥロットは手を  かたつむりを手で  武士階級の手に  彼には手が  興行師の手に  父母の手で  速水女史の手で  妾の手で  速水女史の手を  コップを手から  筆とを手に  南無阿弥陀仏を唱えて手を  枝を手に  途中で手に  石を手に  子供ばかりをきき手に  仁田の手  地蔵の手が  親指を隠して手を  何物にでも手を  さは萎えたる手で  愛人と手を  正面から手に  祖母に手を  坂を手を  私も思はず手を  合間合間に交えられる手  奴の手になんて  酔いどれや手の  ランプを手に  籠手はめたる手の  専門家の手を  私たちは手に  大作の手に  膝まで手を  袴へ手を  遠くから手を  飯を手に  役人も手が  お歌の手を  悪者の手に  百姓の手に  つたくらげの手  感情も手  赤鉛筆を手に  思つて井戸端で手を  あたしの手にも  宇利氏の手へ  案内人の手から  自分たちの手から  全部へは手が  書物で手に  宮原夫人を通じて手に  婦人が手を  スパイの手を通じて  戀人の手の  戀人の手に  時でも手  上に載せてゐた手を  雪は驚いて手を  人民生活のゆく手の  生徒の手に  他氏の手で  神人の手で  本紙を手に  感激の手を  両君の手で  モデルを手に  礼も手に  台洋燈を手に  水中へ手を  七兵衛の手に  頸子にも手を  縫の手で  ままを手に  こっちの手は  半間な手が  涙ながらに手を  幼兒の手が  兄の手は  感電性疾患の手  風月賀宴の手  魚に似たる手を  汝の手を  金屬の手に  ところの手  我れの手は  こと疾患聖者の手の  靈の手にも  靈の手は  我の手を  靈の手を  ところの手は  ものの手  われの手より  心に手を  作物には手を  疾病にまで手を  良心は手に  ことで手が  琴を手に  彼等自身の手の  道は手を  兵卒の手に  同様に手を  老人の手や  青年は手を  すべては手を  有名にならない唄い手も  屍に手を  神の手で  一私人ダインスの手から  昼は手に  書法の手を  方でも手と  部分を手と  太政官其他の手を  一つだけ手で  上の手さえ  水掻きのある手に  プログラムを手に  ゲエルは手  ゲエルの手へ  皮膚に手を  マッグの手を  看護人の手にも  日本人の手を  青年自身の手に  誘導の手を  銃を持った手が  侵略の手を  マツグの手を  それぞれ詮議に手を  仏徒の手に  済度の手から  教化の手を  平靜さを手に  小児をいだく手も  永久に手を  ぼんやりして手を  娘を手に  左の手  日警視廳の手を  豫審判事の手に  われわれの手の  いたいけな手で  後に手を  始から手を  半額だけ手  左の手も  布片を手に  方に手が  上の手の  そこまで手が  料理人の手に  紋床の手を  手拭を持った手を  懐に手を  団扇を手に  愛吉は手を  これをまくり手に  膝に置いた手の  汗のある手は  時も手に  者の手の  内裏様に手を  私が手の  翼に手を  鶏を手から  夏の手を  ことに手が  のが手を  愛吉が手  愛吉の手は  華車な手が  夜光命の手には  裸男の手には  徒の手と  貴下の手から  御用でも有りますかと手を  垢を手の  親父が手を  香炉を手に  親達も手を  博士の手で  僕の手  青年は叫んで手を  器用に動く手の  材料を手に  僕の手も  私が手にかけて  ベツドで手を  さよ子が手を  袖口から手を  ナイフの手の  脈をとる手の  大切に手を  皺のよったやせた手に  医者が手を  なかから手を  蔓の手を  しなやかなる手の  外科医の手と  芸術家の手と  息子に手を  探偵との手を  弾圧の手を  猫の手も  仕立て上げて手も  手さな手で  宙に手  身もだえする手を  女の手で  幼児の手を  誰一人額に手を  属の手によって  皆の手に  一つを手ば  行雄の手を  作衛が手を  アゴに手を  千鳥波の手を  バターを塗っていた手を  上には手  旅人は手を  皮ばかりの手を  たぐいでなければ手に  令嬢の手を  形に手を  彼らは手に  者には手を  専門学者の手で  女房の手で  権勢家の手にな  習ひ手と  八卦見だから手を  皆な手の  欄干へ手を  ペツたり手へ  ウムやられたと手を  皆な手を  ソンナラ拝借と手を  島村が手を  脇から手を  友人は手を  猪口に手を  向うの手に  蒲団を被ろうとしたが手が  九郎は手を  人達の手に  つた後に手を  あれこれと手を  ハイド氏と手を  鍵を手に  見覚えのある手  外套とを手に  武器に手を  悪の手によって  ハイドの手に  良心の手を  災厄の手の  エドワード・ハイドの手  指を組合わせた手を  人々の手が  上に載っている手は  ペンを持つ手が  医者の手で  婦人たちが手を  急所の手ば  岡本と手を  岡本も手を  神経質で手が  事業から手を  フォークの手を  サト子の手を  宙に手を  あなたの手に  愛一郎の手を  愛一郎の手から  愛一郎に手を  シヅの手を  山岸さんは手も  由良は手で  芳夫の手に  ツイと手を  間も手を  カオルの手を  曽根の手に  曽根は手に  日本人には手が  契約書を手に  サト子が手に  袖に手を  愛一郎の手の  ままサト子の手を  神月の手に  山師の手に  暁子と手を  将棋差しの手に  由良が手  日本人に手が  土地には手を  高価で手も  用人三浦七兵衛の手を  漁夫の手を  ようにかじかんだ手を  何拾万円が手に  支那人の手を  額を手で  それに続けて手を  ヤケに手を  場所を手に  芝浦が手を  皆は手を  学生は手を  此方から手を  池にむかって手を  運命の手に  何度も手を  そのものに手を  将軍の手から  一同いたずらに手に  無駄に手を  花形舞踊手一人の手で  ベズィメンスキーは手を  鶏を手に  夫人の手へ  ミシェル神父様の手で  私は手も  妾と手を  あなたは手こそ  頸に手が  戈を手に  霊媒と手を  阿呆な手を  二つの手しか  阿呆な手  青春の手  ような手を以て  私は施すべき手が  眼と手は  小河で手を  あらくれの手を  眼と手を  オルソドックス作家の手によって  近代小説への手の  同氏の手に  それきり仕事も手に  レーニングラード対外文化連絡協会の手を  党の手によって  ママの手を  逸作は手を  逸作の手の  横を向いて手を  私の手が  一しょに手を  前掛けに手を  ベルの手を  バスケツトを手で  心得顔に手を  瓶を手に  子供の手が  先生は手が  登の手に  松明を手に  学問に手を  問題は手の  支度に手を  椅背に手を  下手に手に  己の手を  短か手を  口を動かしながら手を  何人かの手に  伊織の手に  拓本を手に  戡定に手を  俳人が手  枕頭へ手を  田植時で舁き手が  猪口を乾した手が  肩に縋った手を  寺男が手を  密と手で  総に手を  誦経者の手に  小刀に手を  浮出ているが手を  椀を手に  自分に手を  皆男性の手に  直接つかまへるといふ手を  研究の手を  総を提げるまで手を  海鼠に手が  指環二つ嵌めた手を  赤ら顔の手も  黄道吉日の手に  八ツ口に手を  技手の手を  政所の手を通して  家康の手を  秀吉一人の手に  家康の手の  間に合せるといふ手も  北条を手  とき北条の手で  濫用の手で  火がついて手を  間諜の手で  スポンと手で  横に睨みながら手を  竹山の手の  茂樹の手に  拳銃をもってる手が  今度は手に  我輩の手は  呪はれた手  私たちに向って手を  写真機を手に  雑作に手に  ぼんやりと手に  日記を手に  ドイツ人の手に  人が手でも  ほかに手の  夫と手を  有名な唄い手に  父親の手で  未決書類函へ手を  鞄を手に  角材を手に  トランクを手に  幕に手を  何処で手に  把柄を手に  私立探偵の手を  お化け鞄を手に  お化け鞄を手にとって  自らの手によって  靴を手に  方の手を  そうにも手を  浮れて手を  蝉をつまんだ手の  ものを手の  先賢に手を  ベルをとめようと手を  爺さんが手に  瓦盃に手を  矢を持った手を  彼自らの手に  光芒が手を  しそが手の  火に充ちし手の  甚兵衛は手を  鞭を手に  万人の手の  澄代の手の  八重次が急いで手を  方へは手も  佐代子の手を  ふだんは手にも  芳枝さんの手を  庭師の手に  前にも拘らず手の  ノラの手を  ノラの手が  開墾地を手に  興行団体の手によって  先生は手を  本などは手に  呼吸をはずませて手に  頃から手や  モーロー車夫の手に  浮世絵師の手に  のは手や  芸術にまで手が  失つた後は手  理想の手に  中に手  伯母の手を  時折り手を  顫える手を  帽子から手を  仔羊一匹を手に  むやみ矢鱈に手を  隠密の手の  隠密の手を  話は手を  ことをいわれて黙っている手は  社員たちを手に  カルルの手を  ふうに手を  何度も手で  とき船長は手で  げな手の  要求するまで手で  握手の手を  カルルの手と  火夫の手に  船長に手を  ようすが手に  なかで手に  さんの手の  さまの手を  王子の手に  王子は手を  花むこは手を  さまの手の  何かに手を  細川高国の手に  寛永十五年二月二十五日細川の手の  数馬は手を  竹内数馬の手に  竹内数馬の手の  数馬の手の  高見の手の  竹内数馬の手では  婆さんが手を  三人の手の  事を手  手品の手  鎧通を手から  英軍の手には  皆で手を  しんなりした手で  鳥を手に  怪漢の手を  田熊社長は手を  苛責の手を  乍ら老人は手を  乍ら四郎を手  其時老人は手を  舞を止め手を  四郎の手を  四郎は手を  祖母の手で  カザノヴァ自身の手による  新劇俳優の手にか  家人の手によって  上野氏の手を  鶏は手で  これだけ手の  作者の手に  書神の手とは  善吉の手に  安雄さんの手で  供は手を  相当に手が  方からおりて行って手を  過激派の手で  山田は手を  盃を置いて手を  本屋へと手が  人には手に  四升を手に  大尉の手を  御手洗に手を  薬種屋の手に  俺等の手には  キャラメルのにちゃくちゃひっついた手で  匂いの沁みこんだ手が  奇想天外の手やと  豹一は手を  背中にまわした手に  衣裳も手に  細工人の手からは  百助が手に  間道を手に  時の手  辞退して手を  仕事をしてゐる手を  小説家は手を  縄に手を  小説家の手に  豪傑の手に  僧侶の手で  限つて家族の手に  青年労働者が手の  豹一が手で  徒弟の手が  つもりか手を  誰に手を  震え勝ちな手を  向こうから手を  そうに笑って手に  碁笥に手を  若党の手から  飴チョコを手に  顔を冷めたい手で  妻の手が  帯際に手を  一つに手を  譲は手に  年増女は手を  やうに掴まへられた手を  譲の手に  #自分の手を  女中の手には  今一つの手には  お祖母さんの手に  事情があったにしても手も  讓は手に  ように掴まえられた手を  讓の手に  #己の手を  婢の手には  外に手が  彼を手  竹一の手を  自分たちの手に  王グラッドロンの手で  花は手を  外国作家の手に  蕗子と手を  可憐でたうてい手なぞは  不経済な手は  詠歎やら手を  それを手  室生さんの手の  指環の見える手で  北村さんの手は  首づたへ手を  幸ちやんに手を  同様の手  決定した手  総意を問うだけの手  ふうに手  商売チガイじゃ手も  日にゃ手が  最初から手を  あっしに手を  何度も向うから近付いて来て手を  あっしの手を  女も手を  あっしを口説き落す手を  コロリと手に  熊みたいな手で  えなデックの手を  あっしの手と  ドロシイの手を  ふり返って手を  其奴に手を  盛んに手を  一人の手によるか  市場で手に  筋の手を  武器を手に  群集の手に  続けざまに手を  把手から手を  ドアに立って手を  牧師さんの手で  松尾から手に  子供を手に  久は手を  側について手を  神棚に手を  町長は手を  グニャリとした手を  お前たちの手には  手であり護り手  糸口を手  撞木に手を  草原へ手を  道中差へ手を  引金へ手を  鹽原の手に  私へ手を  損は掛けねえから貸して呉れろと手を  三度笠を手に  多助は手に  掌を合せて拝んでいる手と  百姓に手を  御新造の手を  お母さんの手を  かめの手を  長物へ手を  ッと手を  八右衞門の手を  書付が手に  男の子に手を  無闇に手を  旦那が手を  かぎの手に  その後ろうわ手も  母親の手で  乳房と手と  母親の手  首と手とを  菊子に手を  姉の手に  俺の手をの  仰山に手を  証拠には手  妾の手が  戒名を手に  ままに手を  二本の手を  鼓を手に  二人の手は  君の手で  人形は手に  人びとの手の  畳を手から  做して手  青年ボーイの手が  青年ボーイの手に  事務員の手から  音は手に  いただきが手に  俺の手へ  俺の手では  小夜様の手を  僕の手が  文人の手に  やうな手や  頭や手などが  支那人の手によ  文学史家の手によって  相違は描き手に  3に手を  事にさえかまわなければ手を  係りの手によって  警官の手によって  電話口を手で  間に挾んだ手を  雄吉君は手を  古市の手を  人目も恥じずに手を  中には手に  態度に合うと手も  標題で手の  裾で手を  とめは手で  加十の手に  限りの手を  巡査部長の手は  フト首に手を  カラーが手に  宗皇帝と手を  私服の手に  ハッチソンは手で  方面の手で  みなさんの手に  襟に手を  肱に手を  花の手を  証拠を手に  向うで手を  迅速に手を  取引から手を  手を退け手を  アンポンタンの手に  踏絵の手を  格子戸へ手を  人物の手が  鶴子の手が  ハンカチで包んで手に  加十などの手に  鳥黐に手を  あなたに逢わせろといって暴れて手に  幸田は手を  局長は手を  濶に手が  送話口を手を  松沢にも手が  俺の手なんぞを  林の手から  そこへ手が  総監は手を  官憲の手に  日本官憲の手に  ダイヤモンドが手に  ひとつ君の手で  山木の手には  松沢は手で  秀陳は手を  こっちの手が  岩井は手で  真名古に手を  亡者に手を  王様に呼び出されでもしたら手に  加十は手を  いかんとも手の  岩井通保と手に  王様の手を  踏絵は手を  やつも手も  不審に思いながら手に  皇帝の手を  マアマアと手で  襟首に掛けた手を  事情が手に  ように手の  金剛石を手に  総監は手に  襟首に手を  報酬を手に  素人の手で  反日スパイ団の手にでも  真名古の手から  真名古の手の  毛束を手に  腕も手も  ハッチソンの手を  ものなら手を  やくざの手を  わたくしの手にかけて  身内の手に  それを手も  お前の手で  亀の手の  一つずつ手に  鮎が手に  以外に手は  小谷さんの手を  空に手を  鰭で手に  酢味噌で食う手も  わなが手に  充分には手に  蜜柑を手に  それを始めて手に  俺のあやつり手の  ギヨツとして伸ばしかけた手を  ヒョロヒョロな手が  自分ひとりの手で  何物にも手が  咄し手を  旗の手の  此迄武士の手を  付け人足の手に  町人の手に  看護婦だけでは手が  ひとが手を  叔母さんの手を  彼等の手に  鎌をふりかざして手  善光は手を  農夫は爪立ちをしながら手を  善光の手に  仙人は手に  邪魔ものを手で  車海老を手  枝に手を  外の手が  私達の手は  老中は手に  箱に手を  家康の手から  家康の手より  金子を手に  八冊を手に  なほも手を  戦傷兵士足は手は  背中をたたく手が  遍路死ねない手が  再会握りしめる手に  子どもの手を  ほうの手を  めは手を  人々が手を  辞に手  之に手  身辺と手の  歌ひ手も  レンズに映り出て手に  作者自身の手によって  上にやった手を  毛むくじゃらの手で  張の手に  游伶人の手を  学曹の手に  出身者の手を  有識者の手で  子供なぞに手も  行つた私の手を  何か手の  玉砕せずに手を  大臣の手に  装釘に手を  男の手の  づして恋人の手を  隙間に手を  女兒の手を  惡くて手が  乗車券を手に  中なる剃手と  花郷は手に  丁寧に手で  繁の手を  食物を手に  メツテルニヒが手にのみ  巨な手の  やうな手を  僕が手に  頭に手が  シヤムを手に  三人も手も  想像して手に  ぼんやりとして手を  角八州に手が  士どもを手  有力者の手を  政宗の手から  政宗の手は  主人が手を  異な手を  方で手を  臣下などに手を  些智慧が足らないで手ばかり  一揆の手に  者の手へ  政宗も手を  此人の手を  太閤に頂かせるだけの手を  医師が手に  抱合わせている手が  洋燈を手に  斜に手を  綴糸を手で  後へ手を  蓑を脱いで手に  背中を擦ろうとした手が  胸に縋った手が  胸を抱いた手が  小松原の手を  僕等の手から  僕等は手を  絹は手  ひろとも手が  絹がかけ手の  オニーシモヴナの手に  ブリキ缶を手に  農奴たちの手に  受け皿を手に  床屋どもは手に  坊さんの手に  男衆で手の  水筒を手に  これに手を  平六が手にとって  五郎の手の  オレの手に  振り廻して手を  女にも手を  一行は手を  車でも手に  木乃伊の手の  螺旋階段に手を  そいつが手を  ソーリンの手を  身体をよせかけ手を  針を手に  赤ん坊が手か  胸から手を  鈎の手の  喫驚して手を  順造が手を  竜子の手を  君さんの手に  肩掛へ手を  山々が手に  運動場で手を  ウィリアムの手から  ウィリアムは手に  跪ずき手を  紅して手に  四日目に移るは俯せたる手を  シーワルドは手を  剛き手を  ウィリアムに向けて手を  ガリマアル君の手に  はるかに手よりの  自由自在に手に  煙管を持った手を  家内中の手で  十に手が  お姫さまに手を  雷電河原のしも手へ  豆小僧の手から  トニーは手を  トニーが手を  われわれの手に  アメリカ人たちの手から  四人に手を  箪笥へ手を  爺さんの手は  皸のある手を  米へ手を  ところで手だけ  箸をもっている手で  姉の手が  コンクリート塀に手を  白骨の手が  頬や手に  父親の痩せた手に  養父の手の  島の手に  養母の手から  母さんの手に  下駄に手を  物に手も  洗いものに手を  方へ手に  海辺へやったりして手を  髪へも手を  鶴さんが手を  島の手は  張物が手に  隠居の手から  芸者に手を  島は手を  伯母に手を  売買などに手を  仲間の手に  がりをやっている手の  皆が疲れた手を  時小野田の手に  あいだに働いて手に  店員の手を  職人たちの手が  差当り小野田の手を  時分から手  大工の手を  漬物桶へ手を  商人の手を  権右衛門の手に  按摩の手では  手巾で手を  車掌は手に  知人の手で  成は喜んで手を  無数の手が  やつと手が  肥満漢は手を  払下手続をとって手に  海軍さんも手の  手前をつくろう手も  万歳をとなえて手を  ロロー氏に手  虎船長の手を  あごへ手を  ナイフを手  のを手で  殊勝らしく手を  一同は手を  あとで手を  肩も手も  ざまに手を  月を手に  音が手に  人が見てゐても手を  仮面などを手に  ゴツゴツ節くれた手  鍛冶職の手  親の手を  マリアの手から  社会的自由を手に  時計を手に  手つきをして手に  方法で手を  四十万人の手で  婦人の手が  声までを手に  ひとりで手を  三郎に手を  油絵を手に  ペンを手に  ボタンに手を  胡弓を手に  手付をして手に  マリちゃんの手を  マツチを手に  石膏の手や  新聞が手に  本格小説に手を  オルガンの手  ゴイゴロフに手を  カラスキーは手を  こちらの手を  功利主義的思想に対して手  国の手を  つて舳へ手を  普通の手では  鎖を持つてゐる手が  何ぜ手で  判事はかうも手  野郎の手が  雷獣様を手  雷獣を手  おれの手にかけて  上手の手からも  小鬢へ手を  騾馬を手に  撮みに手を  通信社かの手で  階段を手を  飼い主の手に  火鉢に向いあって手を  そっちの手を  プロビデンスの手に  庖丁が手から  自分の手と  見積り書きを手に  人々の手へ  国の手で  ところへ手が  遠慮して手を  盆を手に  柱に手を  上に投げかけている手を  附添婦は手に  危き死の手を  これを手  余の手で  柳原極堂君の手によって  妹君が手を  脚に手を  うちに手が  余の手が  そこ迄手を  竹箒を手に  王女の手に  花などを手に  弓などを手に  親達の手  中の手の  なに円かに手に  ゾーツとして手を  盃に手が  舅の手でも  儘の手の  片方の手が  性急に手を  会社の手で  お父さんの手で  彼女の手のずつと  灰色の手の  そいつは手に  水滴のおちる手を  奥さんの手が  ガルソンの手に  一つを手に  みんな夫婦で手を  ん後は手を  ジッド夫人の手に  お母さんが手を  輪に手を  ランプさえ手に  お母さんの手から  れいの手を  金貨を手に  一二冊を手に  三十本もの手を  盃に手を  無器用な手を  二疋はしつかり手を  船長の手を  眼と手と  ボーイの手に  ボーイの手で  それがたのみ手の  四十人だけ手の  不器用な手で  敬二も手を  風に手を  土塊を手に  ドン助の手に  カメラを手に  器械しか手に  擒りの手が  セメント柱に手を  皆さんこっちへ来て手を  雀を手に  年増女の手の  子供の手をば  盲目少女の手を  報道を手に  者も手の  自分の死ぬまで手を  暴動者の手に  艦長の手には  十人の手は  ボオトを手に  土人の手から  一艘でも手に  上着を手で  警察医の手に  サミイの手を  麺麭切りナイフに手を  左の手へ  鞄に手を  女看守に手を  侍女へ向って手を  流石に手に  解脱が手の  不良少年も手が  徒には手の  商標を手に  原稿料も手には  怪談に似た手の  両の手は  巧みに手を  附添夫だけでは手が  ペンを執る手も  なんの手の  風景とを手に  火星人の手の  棒を棄て手を  おっかさんの手は  老れば手は  村役場の手で  茶を手に  口髭に手を  看護婦が手を  二人の取り合った手が  中西の手を  兄さんとで手を  看護婦の手に  秋子の手を  肘に手を  小言ききながら手  ちのところへ手を  一緒の手に  手袋をはめた手を  広治に手を  ポンプを押す手を  一軒残らず手を  対手にし手が  喞筒の手に  無法ものの手  框から手を  歌を教えて手を  夏の手  私なんかを手に  敷島を手から  拳銃を手に  飜訳のやりかけにも手を  一ぺん東京まで手を  母親の手へ  次の間に手を  侍女は手を  玄竹の手で  弟の手を  船員は手を  ページを繰る手の  余は手に  海が手に  ようだと手を  悲報を手に  山路に手を  むやみには手を  肩と手を  人たちの手によ  私には手が  努力で手を  憶良の手で  隠者階級の手に  様に手に  家持の手で  他人の手  大伴集の手に  家持の手を  われわれの手も  正確に手を  今井に手を  セセラ笑っている手は  外に向って手を  司会者も手で  警察でも手を  二三人の手が  スソから手を  有り金を手の  博物館でも引きとり手が  農民の手で  婆さんの手に  自分と手に  火鉢へ手を  幾枚ぐらい手に  名人の手から  朱盆を手に  盆が手から  色の手  弓矢を手に  六人を手で  私どもの手の  皇帝が手に  踏台は手に  写しを手に  あなたの手や  陛下の手に  ボートが手に  皇帝の手に  息子の手を  これには手も  私を取り出して手の  箱から出して手の  一本の手では  記念品をくれと手を  びっこの乞食の手を  私の手や  蹄に挟まれて手が  彼女から手を  二人から手を  自分の手によって  ほうは手を  鉄の手が  彼らの手は  昔は手を  不自由だとか手が  綱は手で  ばを手に  典獄の手に  まっかになった手に  ように喜んで手を  十五フランは手には  絹にでも手を  分を手に  二巻を手に  ペンが手から  歯が手に  者らは手を  不正直に手を  爺さんの手の  合図に手を  青年の手によって  一本づゝ傘を手に  みのるの手から  肩を突き合せながら手を  云つて義男の手に  良人の手で  師匠の手を  誰の手によ  一生を手を  興行師の手で  張り行田の手で  俳優たちの手で  運命の手が  みのるの手に  幸運の手に  ドウーニヤが手に  ボーリヤは手を  少年は手も  さっきから手を  涙を流しながら手を  右衛門の手は  雲助の手の  振動が手の  千手観音の手の  容易には手に  多くは手が  近年神職たちの手で  修験者などの手で  子供たちの手に  都の手  蝋燭が手に  包丁を手に  王妃の手に  児は手を  九百九十九疋までは手に  所を手を  繩を手で  箒とを手に  法師の手に  買ひ手が  人物の手によ  腐れ縁に手を  炭に手を  わしひとりの手に  株へ廻す手も  わたしたちの手では  処へ手の  鉄扇を手に  坊主の手で  再現して手に  妖魔の手でも  左右の手にも  竜次郎の手を  黒主の手を  大人が手を  両方の手が  自分には手が  体を曲げ手を  オンコッコは手で  紋太夫の手の  刀を手から  一所へ手を  巫女の手から  闇であったが手に  継母の手で  書物をさえ手に  ホーキン氏は手に  土人が手に  行動は手に  子供達は手を  気が付いて行く手の  ジョン少年は手を  わきに並んで手を  自然があばれだすと手が  軽井沢で手に  さうに私の手を  楫棒に手を  扁平な開いた手を  ガルスワーシーの手を  普通の手を  五郎八茶碗を手に  雇人の手が  鏨の手の  鏨の手にまで  自分に慰め手が  横文字を書いてゐた手を  合ひで主婦の手が  彼の手にも  照子はつひぞ手を  鐶から手を  鐶に手を  児玉は手を  個人の手で  コメカミに手を  塀に手を  二人は手に  ミチ子の手を  果は手を  大寺の手から  予審判事の手を  記録を手に  清三を手に  手記を手に  門前清の手と  それまで手が  時俺の手は  東を手に  清三は手が  清三の手に  清三の手には  我儘で手が  三人も手を  今度は手とも  手あぶりに手を  指環を手にとって  誰も叱り手が  一度も手が  笑い方をして手を  御前の手に  時には手に  不精に手を  骨だらけの手を  銃を持って居る手が  穴倉に手を  母の手だの  女中は手が  指のある手で  これもと手を  彼等の手によ  丈艸の手へ  海岸で用いた手も  俺の手が  枝折戸に手を  音次郎君の手から  草を手で  中につっこんだ手の  ぶんの手は  葉子の手を  男を手も  さし出す手を  細目にあけて手を  童貞を破る手を  葉子の手には  葉子を手に  葉子の手はも  葉子を抱く手は  船員の手から  名刺を手に  人たちは手を  中にある手の  しなやかな手を  しなやかな手から  岡の手を  事は手も  箱を手を  倉地の手が  水夫の手に  形を取って手に  葉子の手の  倉地の手を  事務長は手も  葉子から手を  木村の手を  まっ白な手を  木村と握り合わせた手に  木村は引っ込められた手に  悪辣な手で  そこからのがれようとしたが手も  謡い手と囃し手の  誰の手によって  鼓の手の  一と手を  舞の手の  舞の手が  その他囃子の手の  矢部の手を  宮川の手を  宮川につかまれた手を  美枝子の手を  ポケットから手を  刑事の手で  何にも手が  席から手を  警部が手を  帆村の手が  長谷戸検事の手に  主人を手に  警官の手から  窓枠にかけていた手を  小林の手へ  大寺警部の手によって  缶詰を手に  缶を手に  帆村が手を  帆村の手に  麻薬を手に  共謀者の手を通じて  兄の手に  二個の手に  青鬼は手に  周囲に手を  仏壇に手を  森源自身が手を  あれを手  貨幣を手に  殆ど一しよに手を  云つて娘の手を  外套に手を  つて火鉢に手を  お客さんを送りつけて手が  家来達までが手に  刀掛に手を  女親の手で  人たちの手を  泥だらけの手を  主人の手から  それなりに手を  医者のくるまで打っちゃって置いては手  阿部さんの手から  貝を持つ手が  ふたりまでも手に  草双紙などを手に  縁側に手を  投槍に手  者も手を  奥で手  わたくしは手を  お金の手を  内松と手を  ウルスキーの手から  ウルランド氏捜索の手が  汝の手に  印度人の手によ  弟子は手を  具を溶く手を  良秀に手を  音のせぬ手を  品物を手にでも  探偵家の手に  羊鍋を手に  悪漢を手に  以外には手が  後方へ手を  百万円には手を  さきに手に  ノーコメントの手を  ちょッとした手  國に手を  絵の具を溶く手を  長火鉢にも手を  普通な手  一つ茶碗を手から  鮨を手に  手蔓を手  粒を手に  精力的に手の  釣竿を手に  娘は手に  編笠を被らずに手に  民子の手を  有意味に手などを  あなたの手から  ヒューヒュー吹いて手でも  ミコちゃんの手から  教師は手に  塗みれた手を  人間の手も  水は手に  手にとれば手を  予の手の  冷笑しながら手を  過激派軍の手で  ままワナワナとふるえる手で  泥だらけの手で  肩や手に  野菜が出ると手を  山男は手を  漢学者に手を  先生方の手に  ヤッと手を  汗を拭く手に  物にも手を  般若心経を手に  隅まで手の  箸を手に  そつと手で  武田の手が  草履取りまで手と  めを食い手も  分光器が手に  唇と手と  口もとに手を  コップを持っていた手を  男の子は手が  白石の手で  何年も手を  源右衛門の手から  幾の手を  別々に手を  家僕の手で  村井は手を  即座に手を  金には手を  妻婢の手にも  児の手は  中なるは手  シャンと手を  高祖頭巾を手に  手すりから手を  時そつとうしろから手を  千恵の手に  何かの手に  傘はささずに手に  女と手を  秋は進まぬながら手を  静の手を  雪駄直しの手に  静を手  母に手を  一番下にある手を  春枝の手に  次兄の手を  たつの手を  腋の下に手を  たつの手から  背後の手を  先生の手が  玲子の手を  とく子の手を  巻尺を持った手を  総て自分の手で  笛を手に  針箱に手を  童子の手に  滑らかな手  何を手  童子の手を  ところを手  先と手を  眼付きになって手を  我れの手  大根を手に  昔から手の  人の手でも  食事に手を  人々の手で  商売人の手に  霜焼けの手の  霜焼けの手が  霜焼けの手を  他人の手は  肚ン中じゃ手を  百は手を  稲の手を  誰の手から  延作に手を  妓の手に  百の手に  しげの両の手を  燭台を手に  時から手に  酒は呑むし手  彼女に手を  座席から手を  霜燒けの手の  一齊に手を  霜燒けの手を  青年達の手の  急に手や  無茶な手でも  水で手を  きゃしゃな手よりも  あたしが手に  おまえさんの手を  エリーザの手を  王さまの手に  大僧正みずからの手で  化粧の手を  袖子の手に  格子に掛けた手を  何にも手を  お玉を手に  さんの手で  末造の手に  女が手に  お家流の手を  袖に入れていた手で  女の手では  岡田は手を  搦んでいた手を  岡田の手に  岡田が手を  小僧は手を  お玉は手を  篆刻なんぞには手を  梅の手が  なんでも手を  水から手を  シャボンで手を  五分間も手を  君達は手を  心臓から手を  平岡の手を  此奴は手の  養生に手を  奇麗な手を  下にした手にも  上にした手にも  頭から手を  帽子に手も  何処から手を  助は手を  頭より手の  繊い手とを  申訳に手を  三千代は手を  梅子は手を  細工な手を  三千代は手に  洋盃を手に  助は手  まま右の手を  方は手の  丹念に引き伸ばしつつあった手を  三千代は濡れた手を  団扇は手に  賽を手に  巻烟草を持った手が  一人の手が  平岡の手に  何をしても手に  誰だと聞き返しもせずに手で  四十に手の  甚吾の手が  箸の手を  圧えた手を  密と手を  婦人の手に  治兵衛の手の  台所まで手を  槍持の手の  妻君の手からは  キッコの手は  キッコは手が  慶助の手を  キッコの手に  キッコが手も  杖を手に  郎女の手に  忍び夫の手に  姫の手に  キーボードに手を  娘を手で  母親は執られた手が  娘の手の  貝殻を手に  肩にかけた手に  父の手によって  人びとの手を  鈎の手に  中本の手に  中本の手で  貸本屋の手から  それと手を  便利に手に  蚊取り線香を手に  これは手を  どこでも手を  杜の手の  例の手を  上を手を  杜が手を  そこで手を  杜は手を  幾度も手に  それが手  有坂の手によって  杜に手を  縁起文を手  左の手こそは  警部が来ると手を  屹度左の手は  内懐まで手を  一同は手に  方へと手を  眼や手やを  真弓が手を  真弓は手を  震災の手に  残酷な手によ  自然の手は  無限大に手を  冷い手で  手ひらかれ手は  婦人の手を  鶴雄の手の  寄附するという手も  背中を抱いた手を  いつか千枝子の手は  円を手に  弓子の手を  宮子の手を  鶴雄の手を  われを忘れて手を  弓子は手を  柔道の手を  幹男の手に  君勇の手を  背中から手を  小郷の手を  君勇の手が  鶴雄の手に  彼の手よりも  何者かの手で  イワシを手に  野口の手を  様子は手に  別荘を手に  三千円で手を  誰が手を  氏達の手を  ねんねこに手を  男達の手に  一寸でも手を  脇腹に手を  流血革命だなどといって手を  人びとは手に  毛の生えた手を  先ほどの手を  狸が手に  臣神主の手に  神女として手  書肆の手に  藩主改良派の手で  仏幕秘密条約が手に  藩士尊攘派の手に  銚子を手に  ミシンの手を  雇ひ手が  輩の手に  いつまでも手に  人を手  女学生と手を  ヘルメットを手に  椰子水を出して手の  洋傘を手に  鎌を手に  顏にも手にも  状の手に  餘り慣れない手が  梭の手と  法華経うつす手を  朝かぜ手と手  歌の手に  むつちりした手  随つて顔や手に  矢沢さんと手を  ものを手を  演出にも手を  ものが手で  姫は立つて手  文とりついだ手を  自身の手の  皿を手に  女たちの手に  女中を呼ぶ手の  私の手をと  毛に手を  あなたがたの手を  あなたの手を  船に向って手を  顔にも手にも  女の手だけを  ブラシユで手を  醫者の手にかけて  芳の手に  つた頭に手に  芳の手を  そつと手を  宗三郎は手  綿入れに手を  静かに近づいて手と  まっ黒によごれた手を  力では手に  お引き受けした手  お話には手を  泥になった手を  つやの手によって  夫田川の手を  葉子は手  僕に手を  倉地氏の手から  縁に置かれた手の  茶わんを手の  古藤を手  がさつな手で  こかへ手を  葉子の手は  岡の手は  葉子は手に  倉地の手で  倉地はかまれていた手を  くせ葉子の手は  倉地の手の  倉地に手を  葉子に手を  木部の手が  急に行く手が  倉地を手  カラーボタンを手に  倉地の手は  葉子があわてて手を  シャツを手に  医師は手も  お前とは手を  上に置いて手を  没義道に手を  木村を手の  金が手を  倉地が手も  油でよごれた手を  看護の手を  貞世の手を  葉子のすがり付いた手は  鏡を手から  愛子は手も  目をつぶりながら手を  葉子は震える手で  現在が手に  あなたの手は  人の手という  力をこめた手で  つやの手の  具合に手を  熱情に燃えた手を  岡の手から  額にも手にも  作に手を  師直の手から  追撃の手を  初めそれを手に  寺男の手を  エナアゼチックな手を  教員の手が  教員の手も  学士は手に  コップを取ろうとする手は  奥さんの手に  げんの手は  げんが手を  げんは手が  老い痩せた手で  げんの手が  これは聴き手  侍の手が  お前から手を  斗籌を手に  砂金に手を  金を手ば  警察の手を通じて  これまで手を  此方面にも手が  章魚の手  ものには手の  乳母の手によって  勘作の手を  僕の手の  薬品を手に  遺産に手  水を手に  いくらかずつでも手に  右手を挙げたと思うと手の  双の手に  同族に向って手を  オカミサンの手が  奥様一人では手が  肝臓に手を  両足折れなば手にて  秀吉の手に  雑兵の手に  岩崎を手に  兄信長の手に  無事秀吉の手に  刑事が手を  警視庁の手に  国家の手に  詩を手に  さよ子の手を  出来事と手を  中が手の  机に手を  文章に手を  こっちの手でや  ツと手を  疎通せざる手  つて達公の手を  達吉の手に  自身の手は  林内閣の手によって  子供さえ手にかけて  ところから手が  足や手や  姉さんの手に  野師の手によって  勝利者の手に  剣戟を手に  村民が手に  垢づける手を  姿に手を  時私は手から  善作さんの手から  普通に手に  頑丈な手を  静かに手に  燭台や手  みのは手  色々に手を  文字清の手を  亀吉は手  七の手を  のだから手の  二人も持て余して手を  間跪いて手を  寂然として手を  鉄鉢を手に  言つて女は手を  金挺の手を  経を聞いて手を  泥の手で  先生が手を  編集局長の手を通して  今でも手が  一号を手に  国家として手を  篤志家の手による  自分だけの手を  同門中に有って手に  国にも手の  米国の手で  パイプを手の  中折帽を手に  如露の手を  方ずつ手を  骨ばかりになった手を  柔らかな手で  夫人の手から  お布施を手に  夢中になって手を  学生の手を  さいボーナスに手を  ぢる手を  医者の手から  蓮の手を  田宮は手を  蓮の手や  ことまでは手が  何人かの手によって  傍聴券を手に  先生は手に  四人だけ手を  わたし達は手を  何でも手に  細君の手から  健三は手を  寐ながら手を  自己の手に  人に手を  得意に手を  健三の手に  島田の手で  端書を手に  こっちも手が  三味線の手を  縫物の手を  問答が手に  書ものを手に  万年筆の手を  細君は手に  書付を手に  書付に手を  糸に手も  双方とも手を  入口に手を  彼には手に  彼は黙って手に  中から手に  上へ投げ出して手を  二つ折を手に  相場に手を  片々の手に  片々の手で  二枚健三の手に  健三の手を  代り私の手で  二人は出した手を  鉱山事業に手を  委託金に手を  健三の手を  眼前に手で  動揺は手の  健三の手で  健三には手の  位地が手に  男に手なんか  上に差し延べた手を  細君は黙って手を  匠人の手に  ものにも手を  彼は手も  己の手にも  時計には手も  真黒けな手や  手紙を握った手を  ことがある手  千代の手に  人形だけは手  良人の手を  私も手に  静に手を  引手へ手を  自分などの手に  判事は手を  探偵の差し出した手を  肩を押えた手が  判事の手を  ボートルレの手から  少女の手を  爺さんの手が  慄える手で  大尉の手によって  少年の手から  帽子を手にとって  好い加減に手を  宝石に手を  相手から手を  ことを疑うて手を以て  つて金津さんの手を  戯曲に手を  無邪気に手を  笑劇に手を  一巻を手に  女中を手  医者の手を  返事を書く手は  みんなの手が  警察の手へ  折革包を手に  露子さんの手を  様な手で  膝を攫んだ手の  六十人位の遣ひ手が  樣な手で  靜かに筆を手に  香奩を手  手と手とが  歌を手に  そこでは手を  呉葉の手から  窕子の手から  此方の手には  言つて呉葉の手から  登子の手を  抱て手を  四本も手に  尼の手から  念珠を手  顏をして手を  御手洗で手を  伊藤と手を  伊藤八兵衛と手を  破壊の手は  木陰を手に  集金まで手を  穴も手も  掃除屋の手には  人夫が手を  後ろへ手が  #左の手には  渠の手  蟇口に手を  太夫の手にも  扇を手に  語を手もて  欣弥は手  甲者は聞くより手を  方をぬいで手に  腰かけから手を  表情を具えている手を  兄妹三人は手も  藤吉を手  祖父が手を  誰も手の  平野の手を  エレヴェータア・ボオイに手を  伸子の手を  佃の手に  そうになる手を  心をこめて手を  佃が手や  住居を手に  書生の手に  それらに手を  良心に手を  女達は並んで手を  豊かな手に  佃の執っている手を  側の手に  聖書をもっている手の  佃も手を  節を鳴らす手の  反射させながら手に  糊刷毛を手に  変な手の  科学者の手に  自由主義的心情に手  モダーニズムにぶつかると手も  今それが手が  横光の手に  初歩の手  マルクス等との手を  部分に手を  一番先に手を  口から手の  さまが手に  一茎を切って手に  寿子の手を  腕や手や  諜報者の手から  木村氏が手に  栗山刑事へ手を  陶器を手に  岩絵具に手を  明墨を手に  探偵の手に  探偵は手を  念入りな手から  暗号文を手に  一冊ずつ手に  しずかに手を  われわれに手を  碇の手の  空気銃を手に  英夫君の手で  実力が手に  互ひの手を  荷物から手を  ゑて思はずつないだ手に  金にも手が  晴代は手も  のりの手に  組み合はしてゐる手の  抵抗して暴れながら振りあげる手の  女たちの手の  客人の手を  色眼鏡を手で  秘密工場の手で  金博士の手を  女房が手を  飛脚の手を  人買の手から  鬼が手を  窓を透して手の  労働者自身の手で  人々の手によって  通信が手に  子宮壁には手を  美喜と手を  朝井刑事が手を以て  猛烈に手を  宝物に手を  煙草へ手を  自分でも手を  銀杏がえしへ手を  一同の挙げた手を  職業でさえ手に  武雄さんは手を  姉さんは手に  みんな仕事に手を  わたしには手が  素人の手に  うちに行わなければ手  ボスの手を  救ひ手でも  娘以上に手を  敷居に手を  凡夫の手の  常習の手  一段ごとに手も  指と手の  四人の手が  各人の手が  ツジツマを合せるだけで手の  ヤクザ的ボスの手が  ボスの手が  社長から手を  ボタンをはめるのに手の  言ひながら手を  火鉢を擁して手  神棚に供えて手を  足をあげて手を  船で手を  気を養うに手も  どろんとした手  妖賊の手に  魔神の手が  玉を手に  あたりに手を  内兜に手を  謙作の手に  発明者個人の手に  対象に手を  手を出さなければ手の  一文という手は  オッパイをだして手を  教祖の手  カンタンな手は  丹念に手の  なにも手に  南さんが手を  ところから手を  給料三十両を与えて手を  どこかで手に  彼等労働政治家の手に  腕を捉えてる手は  妖怪化して手に  二枚目に手を  バクチに手を  一人ぢや手が  騒ぎから手を  私一人ぢや手が  君が手を  本部に手が  姉さんの手は  ナイフを手に  氣味惡く手に  木の根へ手を  千分の一に手が  物は手に  ものぐらい手に  高柳君は手の  攪き廻した手を  金は手に  誰も行き手が  慰み半分に手を  無残の手を  事に手が  世話をしてくれ手が  梧桐から手を  雑巾を刺す手を  ひやひやと手を  河童連の手で  専門家の手に  ようにわななく手を  岩形氏が手を  洗面器で手を  結論に手が  岩形氏の手から  実物を手に  毒物を手に  ピストルながら手  函館へ手を  毒薬を手に  一枚ボーイの手に  躊躇して手を  中から現われた手では  資本家の手で  狭山様の手に  貴女の手から  ユートピアで手に  熱海氏の手を  熱海検事の手を  後に手に  コンドルも手を  妻を手に  如何に手も  男爵の手に  藤波弁護士の手に  小生の手に  誰かの手に  ゴンクールの手に  それを取る手  八方に手を  巡査が手を  ハドルスキーの手にかけて  志免課長の手に  着附屋の手に  框に手を  如何に手に  白眼まれたら手も  叔父の手に  警視庁の手が  警視庁の手で  貴方の手から  嬢次様の手に  魂を捉えている手は  上に手と  ノッブに手を  生命を手を  僕等の手で  カルロ・ナイン殿下の手を  国際問題に手を  法体芸人の手に  土人は手に  二三子の手に  筆跡を手に  道具の手の  年が寄って養い手が  卵が手に  歡喜の手を  つて自分自身の手で  住吉屋七兵衛の手に  煙管を手に  火吹竹で吹き起して手  雪子が手を  三木の手を  われらの手に  タヌの手に  みな名残惜しげに手を  虫に手を  ハリスの手で  発動機械には手の  七八人の手で  二人が手を  大将にかかっては手も  ギャングを手  貝の口へ手の  上でなければ手が  ものすらも手にとって  牛肉が手に  草刈る手を  四方に手を  誰れやらの手で  探偵の打った手は  苅谷氏の手に  烏啼は手を  ピストルを持った手を  志万の手を  そいつを手の  霊感には手を  ろしい手に  鉈に手を  ようになって手に  労働者は手に  着物を手にとって  時は手  脇腹を手で  土民づれの手に  両氏の手に  柩に向って手を  これも手を  コルシカ人を手に  自分等が手に  人は手にも  乘り出して手を  ものも手から  針を持つ手も  針を持つ手の  ちかの手を  だまつて仕事の手を  なかから手に  笑つて仕事の手を  牛といえども手も  タヌの手やら  君でも手に  闘牛帽を手に  鼓のしらべが手に  番頭新造の手にも  桐の手  武家で手に  吹き流しにかぶって手に  外記は手を  十吉も手が  渋団扇を手に  菱屋でも手を  五郎三郎の手が  時の手を  おれを手  外へ手を  外記の手を  外記の手は  あなたの手でも  眼をつぶり手を  鱗のいろも手に  女の子なぞには手も  八人の手に  のが手  茶屋に住みついている唄い手  仕掛の手が  肉が手に  クサクて手に  お歴々の手に  のは手に  外よりは手も  剣を撫し手に  源三位頼政の手によ  宮との手によ  猟夫の手に  鹿誰が手に  先平軍の手に  さいしよに手を  そばにいつて手を  自転車から手を  方からは手を  石村が手を  故意と手から  いらいらしながら手を  あひるさんの手を  オノコらは手に  武力以外に手が  大事にと言いながら手を  祖父母の手に  見物するより手が  朝食に手を  児の手が  ほこりの手を  スイッチを手で  外が手に  たまを手で  航空士の手から  無電員の手の  そいつを手に  五万分の一が手に  当時は手に  血だらけの手を  引手に手を  竹杖を拾って手に  通行人の手から  女が手と  次へと手も  報恩の手を  盃を手  男子の手に  父兄の手に  父兄の手によって  わしが手を  法信は手を  夜叉の手に  頭があれば手の  おじいさんの手を  おばあさんの手を  ソロソロと手を  逮捕の手を  彼女と手に  やうだいの手に  方角へ手を  マリイの手を  ステパンの手を  #パンの手の  福音書を手に  靴足袋を手に  運動を以て手を  セルギウスは手  左の手から  院主が手を  云つてセルギウスの手を  セルギウスの手を  パシエンカの差し伸べた手には  持主の手に  パイプは手に  年寄に手を  演り手が  安に手を  清五郎に手を  弓を手に  天秤棒を手に  母親に手を  四ツの手で  四本の手で  途中血だらけの手を  ところへ飛んできたから手にとって  顔と手は  拙者の手には  ユリ子の手を  毛皮で手も  五六人みな銃を手に  ように手も  隊員が手を  大佐の手が  日本人の手によって  飛行隊へ手  首や手の  権兵衛さんの手から  下駄をぬいで手に  東寺真言の手が  滝の手が  老婆は驚いてやろうとした手を  声を聞きながら手に  旅人の手から  平首を手で  人間に手  呆然として手の  総監の手を  ブレーキに手を  マンマと手に  ムチまで手に  男は手も  ポッケットを捜したが手に  ケンカの手を  ノドから手が  左官が手を  散歩させる手が  愛犬家の手に  犬に手を  己れは手  ぱり旦那と手を  箱取出して手に  園の手を  尋常に手を  白刃持つ手に  刀が手には  熱湯に手を  犯人なら手が  犯人でなければ手が  装飾の手が  原稿本を手に  #右の手は  左の手のみにて  何かの手  主任の手へ  生徒に手を  反対側にねじって手だけを  彼女の手と  最期的に手から  舌を出して手を  案内者に手を  グロテスクな手  教会堂で手を  三組も手を  按摩の手に  警官たちの手で  木村さんの手に  舞台監督ジョルジュ・ピトエフの手に  武蔵の手を  勝軍の手を  籠へ手を  急に手の  甲へ手を  乾児たちをかえりみて手を  朱実は手を  針の手も  杉は手を  畑打ちも手に  彼女の手へ  通の手を  陣刀へ手を  沢庵に引かれた手に  沢庵の手へ  笛には手を  笛の手を  箸を持っている手が  通の手へ  閉口しきった手を  方どもの手で  通は手を  皮より手の  下枝に手が  峠から手を  竹柄杓へ手を  金には手が  らつてから手を  文案が手から  タイピストの手を  中の住み手の  本を手にと  西川の手を  十吉などには手を  石炭液化なんかよりずつと手  デスク越しに手を  十吉の手を  ブラウエンベルグ老人と手を  母親の手から  彼女の手で  今しも手  翻訳には手を  原田の手を  最後まで手を  反射的に手を  あなたは手に  ヨシオの手を  小指をつないだ手を  川島と手を  スイッチに手を  川島の手を  父親から手に  絵葉書が手に  ヨシオの手によって  易々とは手  同志の手に  みな私自身の手では  軍服の手  いっしょについてかけながら手を  煙草にも手を  何うやら手が  抽出に手を  良人にも手を  眼をひらき手を  多く私達に生きた手を  使ひ手との  葉にも手が  笠を脱いで手に  歌ひ手に  さんは手  みんなの手を  骨を折って手に  うえに手を  朱実の手の  藤次の手に  脚や手を  骨董屋の手に  槍の手を  胸や手には  口元に手を  宝蔵院衆が手を  武蔵の手に  父の手で  奉行も手を  宝蔵院の手で  木剣を抜いて手に  鳳雛の手を  胴に手を  のを忘れて手に  何が手に  茶碗に手を  イモをさらい込む手は  袖を手に  柴田が手に  此処に手で  チーズを手に  上手扉から手に  あんたの手で  辺に手を  男に対して出しかけた手を  双葉の手から  三平の手から  左腕を掴んでいた手が  労働者農民の手で  追求の手は  責任を問うだけであったら手  これまでに受けた手  柴田の手に  拾ふ手にと  釵捜す手にも  不恰好な手  律義そうな手を  神経質らしい手を  土塗れの手を  若旦那の手へ  若旦那に手を  稲垣は手を  貿易事業に手を  茶盆を取出して置いて手を  土の着いた手で  世帯慣れない手で  御新造さんも手が  曾根が手の  三吉の手に  張物する手を  欄から手の  曾根の手を  直樹が手に  雪の手から  子供を控え手も  書籍を手に  浅間土産を手に  雪の手に  皸の切れた手を  繩を手に  房は手を  夫の手が  隠居の手を  嫁を手  数は増さんけりゃ手が  夏帽子を手に  酸漿提燈を手に  私も手の  ふうにして手を  歩が進まずに手  皺までが手に  他に手に  ガレノス等の手によって  矛盾律のみに手  剃刀の手を  袋を持った手が  千さんの手に  銚子の手を  家主の手から  息せいて手を  いま胸に手を  手袋を取っていた手を  ベルを鳴したり手を  時左の手で  辞典でも手に  子供には手が  印半纏を着て手には  わたしの手には  弟子たちの手に  新聞雑誌社へ手を  ほかには手が  興奮が手に  何者の手に  さよ手に  古語を手に従って  心持で手に  興味も手  パイプを手に  順々に手に  林八を担がせる手に  新劇に手を  眼蓋をあげて思はず手を  度毎に担ぎ手の  おばあさんの手で  煙草を持った手を  馬鹿で手が  咽から手の  白崎の手は  ミネ子の手を  白崎の手を  賛成で手を  七を手に  曹操の手に  孔明一人の手に  目的を手に  演劇学者らの手から  研究にも手を  頭目の手に  調査に手を  掉って手を  揃つて手に手に  總代の手より  標札を書いてゐた手を  レコードが手には  大勢の聴き手を  大勢の聴き手の  めには手を  緑營に手を  迂闊に手を  内儀さんの手を  奉行所でも手を  これは遣り手  韃靼軍の手に  英人の手によ  痙攣を感じ出したらしい手  誰一人慰めて呉れ手の  人数ばかりでは手が  羽衣の手に  沢の手は  女の子の手の  女は抜かせまいとして手を  帆村の手で  天井へ手を  壜を手にとって  蓋に手を  そうに手に  蠅を手にとって  ところから手に  猟銃を借りにゆく手は  母親から手を  八百円を手に  頭が手を  裏へ行って手を  空気は手の  そちらまで手が  長謙さんが手を  製本芸術の手を  白手袋の手を  ひとの手の  愛人の手を  飛行長の手を  シゴイさんの手が  あたしに手を  比較学まで手に  秘密は手に  綱をといて手に  六右衛門さんの手の  三千子の手に  ボーイに手を  死人の手の  水牛仏が手に  青竜刀を手に  博士は手に  椅子に手を  論が手に  景淨の手を  どちらも手に  子供は手から  何と云う手に  衣裳に手を  町役人の手に  会侯の手に  捕方の手に  官軍の手に  二階に手が  建物を手  爺さんの手から  イキナリ清子の手から  馬蠅を手で  具足の手を  肩越しに出て来た手の  双方の手に  武者修行の手が  加藤清正公が手  仕切り越しに手を  小脇差のつかに手を  母子の手と  又八の手が  町人の手へ  太刀のつかへ手を  びへ手を  美少年の手に  炬燵に手を  #彼女の手  手拭で巻いた手を  婆は手を  仏にも手を  研師の手に  陸から眺めていても手に  七名の手から  植田良平は手に  砧の手を  武蔵は手を  武蔵の手から  城太郎は手を  雑掌の手へ  夜陰捕吏の手に  二三人が手に  方の手も  儘の手  剛子の手の  イヴォンヌさんの手を  イヴォンヌさんは手を  非凡な手  稀な手  あたしの手に  キャラコさんが手に  ひとりひとりの手に  キャラコさんの手を  ことがあっても手を  静かに手で  娘からだまって手を  チャーミングさんに手を  腕へ手を  写真さえ手に  新聞記者たちも手も  一生私の手を  廊下などで手を  佐伯氏の手の  兄から手を  茜さんに手を  壇に手を  房の手を  あらわな手を  直樹の手  姪の手を  姉妹で手を  愛が手を  正太の手を  老松は手を  小金は肥った手を  碌に手に  俊は手を  ものも手に  繊細い手を  姉の手から  左右の手も  紅めながら手を  草箒を手に  死際に震えた手で  煙草入を手に  お仙は手を  雪は手を  娘達も手を  母らしい手を  声を手に  頬を手で  森彦は手を  豊世は手を  種は手に  正太と手を  リョウマチ気のある手を  懐に入れた手を  こと叔父甥は手を  叔父の解いた手に  叔父の手を  鼠に与えて手  石鹸を手から  上をふりあおぎながら手を  四人の手を  無言で差し出す手に  對して手を  我が国では手が  蝶の手は  史家の手の  新築地劇団の手に  時自分の手が  官憲の手が  男性の手から  欧米人の手で  いふ人は手を  ところにかたまって手を  自分でも手に  無意味に手を  和解の手を  レエヌさんの手を  あたしを手  せっかちに手を  曳手に手が  自分の手にかけて  妾の手に  話を聞くと手を  風も追い手の  男たちは手ん  六ツの手が  妾の手や  久世氏が手も  せい一杯に手を  公園の看手が  落葉を掃く看手の  老人の手を  秣をかきまぜる手を  キャラコさんの手の  臣の手に  代理人の手で  茜さんの手を  これだけの手が  自身の手に  王應麟が手を  族子錢曾の手に  藏書家の手に  藏書家の手を  輝子は思はず手を  如冷えし手を  家臣の手に  伊織の手へ  紙燭を手に  将軍家の手を  土民百姓の手を  自分らの手に  老婆の手を  わしらの手で  わがままをいって手  救いの手に  舎人の手を  伊織の手や  左剣の手を  屋根から手を  水兵の手で  夢中で手で  殆ど研究の手を  霜におくりて手も  珠いつぬけし手の  星布女炭火にかざす手の  炭火にかざす手の  オツチヨコチヨイを手  操觚業者の手から  しようにも手の  機敏に手を  警備の手  手を差伸べもしないが手を  くじゃらの手が  耶蘇會士の手に  魔法使ひの手  角でも手でも  かくは手を  君が手に  圓肩に手を  壞片を手に  鑿の手  ぎが技の手  葉びろ柏は手  頼信紙を手に  とこから手に  佩剣を握る手も  箱ごと帆村の手に  燐寸を手に  金具の手で  犯人の手は  荘六の手を  サンタ爺さんの手に  他方の手は  突撃する手しか  届け票を手に  正体を知る手が  トランクから手を  受話器に手を  糸子さんに手を  下手に手を  蠅男の手によって  主任の手を  正木署長は手を  手袋をはめた手に  村松氏の手を  ピストルを出して手に  村松検事を救い出す手は  村松検事を救う手が  ワッと手を  蠅男の手に  糸子の手を  雇い人の手で  途中で手が  首飾りをいじっていた手を  泪を手で  日記帳をもつ手の  人間を手に  メスを手に  情婦と手を  爆弾を手に  巧妙な手や  警官隊の手にとって  九兵衛は手を  鋏を持った手に  小包を手に  同人の手  雪の如き手に  しなやかに手を  ジッと手を  麓で手に  つて辰造の手を  臨時工つて言ふ手は  肩口へ手を  倉川の手に  俺達の手で  金貸しの手に  製板工業なぞに手を  山に手を  留吉の手を  轟君の手に  今度倉川の手に  邪魔をする手は  構はんから手を  傍から手を  商売には手を  男の手かと  旦那様も手を  ところまで手の  涙を手に  久助君は手を  養由基一巻拙者の手に  箸を持った手を  母猿の手に  娘の手とに  からだを手で  わたしを手  男の手では  老人はおさえた手を  わたしは手を  毛が手に  おしりに手を  なにから手を  ぼうしを手に  警官が打とうとする手を  わたくしに向かって手を  貴婦人の手を  母親が手に  夫人の手は  ミリガン夫人に手を  たいまつを手に  足と手を  額が手を  さるの手を  親方の手に  舌が手に  好きで手ば  ガロフォリが手を  土地が手に  今一度僕の手に  馬の背に手を  一升瓶を手に  風呂敷包にても手に  松さんに手を  みんなが手を  先生の手で  ザクリと手に  人たちの手に  此処へ手を  欄間に手を  湯川氏が手を  数算ぶりを知っていたので手を  種々にして手に  ものを掴んだ手を  父親が手に  方の手が  真ン中に手を  名を呼んで手を  如何に手を  時期がくると手を  ついでに手に  座敷で手にとって  彼らは手を  連続と手  老人は手も  汽車が手に  ぎわになってから写真機を手に  そとへ手を  頃は手を  落泊ても手や  格子にぶるさがっていた手を  草葉の陰から手を  おまけに手  煙管の手を  娘たちの手に  発掘権を手に  心配して手を  一つも手  何度彼女の手に  シーナの手が  六蔵の手が  姉妹は手を  手紙を書く手を  ジーナの手を  手綱を控えて手を  鞭を持った手を  今でも手を  開墾地まで手  引き手に手を  秀造おじさんの手に  好事な手  保険金は手に  兵庫の手に  きょう彼の手に  童を手  潮の手を  おれが手を  木剣を手に  助九郎の手は  助の手は  土に手が  尼の手を  光悦は手を  巌流は手を  それらの手を  徳川家の手で  子供たちの手や  左右の手は  武蔵が手を  上から手が  遊芸は心得て居て手の  肉の手の  矢張り何の手  左の手でや  母も手  即座に手に  制動機に手を  丸善へ行っても手に  ペンダア君は手で  頭のおさえ手が  衣類に手を  雜誌を手に  二人の手だけで  係長さんの手を  実物に手を  ものが手には  うしろを手で  工藤上等兵の手を  岡部伍長の手を  船をつかまへるといふ手が  歸つてから手に  座席劵を手に  一枚だけ手に  萬歳も叫ばねば手も  一つも手に  ボルドーで手に  かぎの手なりの  土に手を  其処を手に  大道具の手で  もとで手を  何所で手に  紙片だけが手の  帆村は手を  カラクリの手を  末に手に  暗号を手に  札束を手に  侵略者の手から  自動車を手に  痕のある手を  皆一緒に手を  いたいけな手を  紫玉が手に  紫玉は手を  髷に手を  玉野の手は  他に手を  足も手も  ハツと手を  白やかなる手  わりにかれの手は  親方の手を  夫の手から  女はうなずいて手を  ベンニーの手を  わたしをかれの手に  職業に手を  リーズの手を  ねえさんの手に  わたしに手を  わたしのにぎった手に  バルブレンの手に  はさみを動かす手を  工夫たちは手に  アルキシーの手に  わたしたちは手に  仲間はかれの手を  ときわたしの手を  床屋さんは手を  わたしはかれの手を  獣医の手を  わたしたちの手に  牛を手に  空っ手では  わたしもかれの手を  ほうの手で  がいの手を  アレンの手に  着物が手が  巡査の手から  食べ物に手が  紙玉を手に  わたしに差し出された手を  アーサは手を  衆生の手に  民衆の手を  何を描くかをすら忘れて手を  民衆の手で  今川の手に  織田の手に  愉快そうに手を  #先生の手にも  民俗学が手を  緩やかな手の  ことで手は  スタールツェフの手を  スタールツェフに手を  蕗婆さんでなければ手に  それを手は  額を手に  粉で手を  綾さんの手は  綾さんの手を  箱へ手を  古本屋の手に  奥へは手を  軍手をはめた手に  シャベルの手を  シャベルと手とで  ところを手で  チヨツキのかくしへ手を  札を手に  アハヤ己れの手に  訳も分らず手も  不良少年の手に  右の手にてや  左の手にて  後にかくる手を  つて左の手にて  手拭持つ手を  刀より手を  重味をひく手  蓋をとる手  弥左衛門の手を  瓜繰る手を  自分自身の手で  酒杯を手に  猪口を手に  くせに手を  由美子の手が  横向きに手を  洋傘を持った手が  肩に掛けていた手が  車掌の手で  俊吉の手は  俊吉が手を  腸を手に  ピューレットを手に  医学生も手を  彼の手によって  コスモの手で  妹の手でも  イギリス海岸まで手が  婆さんに手を  老婆が手を  裏表を手に  下手人に手が  襟半から手を  俺も手に  熊を手に  蔵元屋に手を  脇差から手を  赤猪口兵衛は手を  先で手を  筑前領で手を  それさえ手に  松倉様の手から  親の手ばかり  今も手に  スミス博士の手に  予を手を以て  兩眼に手を以て  つて兩眼の手を  トラカルに手を  父には手が  しっぽを手に  後見の手を  後見の手も  撥を手に  最後に手に  半四郎の手に  踊りの手に  半四郎が手に  配達員の手に  瀬尾教授の手  そーっと手の  少女が手を  ごつごつした手で  眞白な手を  富士正晴氏の手に  大にが手  孫たちに手を  はたはたと手を  それこそ手を  先づ愼獨より手を  所より手を  花環を手に  ラケットを手に  海水着などは手に  話し声は手に  キャッチボオルで汚した手を  彼奴俺の手から  池で手を  ドウにも手の  こと官憲の手によって  誰一人雇い手が  二に手を  仕事だけでも手が  元締連中の手が  筋の手に  友太郎の手を  人達の手から  方が聴き手の  友吉親仁が振り返って手を  おやじの手から  みんなポンプに掛り切っていて手が  ラケツトを手に  聲は手に  キヤツチボオルで汚した手を  趣味性から手  熱情の渇いた手を  民衆自身の手に  蓑の手の  實驗を手  尭の手に  一二分たち男の手が  伊沢の手が  冷酷な手を  罹災証明が手に  ライオン煉歯磨を手に  方へも手を  ときに手に  京助が手を  手拭いを手に  先生の手は  オレの手が  等と拗ねて手に  七十に手が  やうに打たれる手を  折つて主人の手から  廻りして手を  老樹も手に  内にゐて手  誰かが手を  燈と共に手が  内部にちつとも手を  直接に手こそ  泰文はかねて手  善世を手  ポンプの手を  ショールを手に  河水で手を  蔦子の手で  柳秋雲は手を  窓に手を  柳秋雲が手に  大将の手に  匕首を手に  義興の手に  サア鋤を手に  道を手に  高僧の手で  道順が手に  合掌した手の  切符が手に  君何所から手を  ッた手に  幾分か手を  死物狂に成り手に  血を洗ったり手の  紺さえ手に  頭髪へ手を  直吉の手に  コツプに手を  直吉は手を  里子の手を  ビールに手を  里子は手を  風船を手に  踊りの手  大男の手から  太刀川の手を  慄える手に  人と手を  耳受話器に手を  夫人の手  文句をいわずに手を  艇員の手から  #ダン艇長の手に  ペンチをにぎる手は  石少年の手を  神を手に  櫂をこぐ手を  リーロフの手と  機械の手で  テレビジョン鏡で手に  ソ連の手によって  それは手  時夫の手を  ことを手  こっちの手の  艦長の手に  南京町で手に  亡霊と手を  文化的生活人の手によ  迎へる手が  漁つて読むといふ手は  松竹と手を  腕や手を  これは手や  自然の手が  こいつは手の  お前を手で  君の手の  何んでも手に  仏師は手が  注文主の手に  塗師屋の手に  日記帳を手に  復讐の手を  卵を手に  新聞を待ちかねて手に  はつひに手を  諸侯の手からも  ものでなければ手が  今迄手に  腰附き手  師匠の手に  一個の手で  平生でも手に  仏様側が手  仏さまに対しては手  名工の手の  分だけは手を  熊が手を  箸を動かす手に  米とするまでは手に  小城さんの手をも  傷づいた手に  ところを掻く手が  我々の手には  大島氏父子の手だけ  あれこれと手に  奴の手からは  他人の手から  絵師の手を  半熟ゲルトが手に  千五百円とかで手に  とらへても手の  老婆の手から  爭つて離さず手を  子供とは待ち兼ねて手を  方向を手の  妻の手の  リスリンを手に  母さんに手を  買つて呉れ手が  明治新政の手の  私の手へ  狆を手に  大森惟中諸氏の手に  大島如雲氏の手に  迂闊とは手が  それぞれ諸家の手で  以前受け取った手  抽斗に入れて手を  若井の手に  若井氏の手に  お里を手に  一角の手を  傘の手を  千坂兵部の手が  興業物に手を  私どもの手で  人民の手の  私宅なども手  彼等に手を  辞令を手に  去来君が手も  何をするにも手が  病で手も  商売になりませんから手を  私たちの手を  今日から手を  平尾さんの手で  針を運ぶ手などは  仕事場が手に  老人の手から  年寄を手に  飯を食わせるから手を  与八が手を  刀へは手を  与八の手には  不審顔に手に  女の触れた手は  一人は手を  悪者どもを手も  懐ろへ手を  三人は手も  突きの手を  七兵衛の手から  みどりの手を  芳村は手を  帯へ手を  上着に手を  縄へ掛けた手を  箒の手を  屏息して手に  槍持の手から  これの手を  眼蓋を手で  腹の中で手を  叔父は手を  お上さんは手を  いやに手の  三味線を手に  得意の手に  お金の手に  お松の手から  身体の手の  浜の手が  兵馬の手に  紙屑買いの手を  人買いの手に  火縄の手を  男の手には  いつしよに伸べてゐた手を  あはれな手  いつしよに伸べた手  子供の手にか  胡瓜の手と  土運ぶ手が  なでしこ小袋を手に  客来で手が  挙動を手に  会津侯の手に  水を入れ手が  高弟で手は  清川が手で  猪口を差出した手を  柄にかけた手の  拙者が手で  お松の手を  酒の手を  お松の手が  助は手が  近藤勇の手に  刀だけは手から  金銭に手を  領事の手を  なかで手を  島で手には  石油缶のとっ手に  双眼鏡を取って手  力仕事に手を  川口の手に  三人の漕ぎ手  #交代で漕ぐ手を  蓑吉は手だけ  蓑吉の手は  菓子袋へ手を  石垣へ手を  自分が手も  愛の手の  脂肪に富んだ手を  国分君の手によって  富裕な見手を  それを書く手の  こんどの手は  曾呂利の手に  花を手にとって  一同を手で  船員の手に  船を手に  凸面鏡を手の  検察庁長官の手に  あれを手に  塗料が手に  かぎりの手は  皮草履を手に  そうなくらい手を  空中サーカス道具を手に  ニーナの手に  あなたがたの手に  スミ枝の手を  大急ぎで手を  手箱を手に  道子夫人の手に  人様の手に  人才の手に  遠音ながら手に  団扇を取り上げた手が  後ろから手を  金蔵の手に  大業物を手に  評判者の斬り手  ハタハタと手が  新刀を手に  首をさげ手を  金蔵の手を  刀へは手も  豊の手を  いらいらと手を  ものでも手に  二度しか手を  惡黨どもの手にかけて  宗教裁判の手に  書記の手で  小鳥を握る手に  爪切鋏を手に  さし出した手を  翼を手よりに  叔父さんの手に  お茶を手に  新芽を手に  鍋を持った手が  荷田の手を  藤堂の手で  人相書を持った手が  悪魔が手を  金蔵は手を  木に手を  涙を払った手を  賊は手を  金六も手を  久野の手から  彼らは手  箸箱を手に  銘々の手で  #生の手に  松娘の手から  小児を手  深田も手を  安さんが立ちどまって手を  年寄の手に  町年寄の手より  佐野博士の手で  どこでも手に  無遠慮に手に  貞は手に  火箸を手に  何をしても手が  渠が手を  頭へ手  旦那が手でも  心じゃ手を  芳之助と手を  得物を手に  一物は手に  すきとほった手の  坑夫の手に  坑夫の手から  ジャーナリストの手によって  頭と手と  目をつけたり手や  壁から手の  天井から出る手は  警察の手にさえ  市民の手から  消防が手  消防機関の手に  統計係の手に  一同湖水に手を  頬をつけてから手を  三味の手に  竿を手に  好きで手  汝たちが手  ように仕かけるから手  見物は静まり返って手に  米友の手から  お玉の手を  ままでは手が  お玉の手から  与兵衛に手を  与兵衛の手を  わたしが手にかけて  それを抜き出して手に  豊の手から  仙公の手から  人間の手では  先生を手に  腕白どもの手が  誰にも手を  爺いさんの手を  くつきりと手に  そーっと手を  猟銃に手を  正勝の手に  紅茶には手を  紅茶にさえ手を  顫えている手を  鞭の手を  婆やの手に  死体に手を  蔦代の手の  蔦代の手を  猟銃を手に  紀久子の手から  短刀を握っている手が  正勝の手から  敬二郎の手に  無骨な手で  ストーブに手を  紀久ちゃんの手に  正勝の手の  おれらが手を  手綱を手  足を上げ手を  紀久子の手を  水面は手の  井筒のつるべへ手を  笛の手に  人買いの手にでも  八方せんぎの手を  覚一の手から  かまをかけてみる手は  われから逸って手に  禅僧の手で  酔いの手が  本能的な手  人買いの手などに  新田党の手に  新田党の手で  掃除の手も  どっち側の手が  烏滸な手  義貞が手に  高氏の手は  旅路に手  こめかみに手を  そなたの手で  女房たちの手の  高氏の手  高氏の手が  田楽仲間の手や  右馬介の手へ  彼女の手をも  暴君の手から  ゼウスに手を  子供芝居に手を  嫁にもらひ手の  助の手から  天蓋へ手を  顫えた手で  二人の手が  俺の手には  遊行上人が手を  頸から手を  君の抑えた手を  主人の手と  絹の手を  ものへは手も  島田先生の手に  がんりきは驚いて手を  脇差へ手を  柱へ手を  あいつの手に  真直ぐに手を  腕だけで逃す斬手では  少年は手に  小僧が手を  徳は手を  金蔵へ手を  山に入りながら手を  従者の手を  向うへも手が  あれが手  うえ無礼を申すと手は  一度ぐらいしきゃ手を  君は畳みかけた手を  人には手も  男衆の手も  金助は手を  剃刀一挺を手に  お前たちの手に  折助どもの手から  糸を捲く手を  君の手が  五人では手に  片一方の手で  徳大寺様を手の  金兵衛は手を  大物を手に  ツト懐中へ手を  有司の手に  佐幕党の手へは  男を手に  膝においた手を  刀へは手は  柄から手を  幕府の手によって  鈴江の手によって  不意に飛び上がると手を  しなやかに縫う手を  脅迫の手が  鈴江が縫う手も  鈴江は手を  縫い物の手を  女房の手より  文書を手に  奉書を手に  元締めの手から  あなたを手の  粂の手へ  手甲の手へ  私の手にまで  戈の手も  旅人の手を  胸の手は  まま詩人の手を  びに巻いていた手を  詩人はだまって手を  上を見て手は  身をうかせて手を  歌はやんで手は  わきに来て手を  声で云ってさし出した手には  出版の手  馬鹿にしてどろっ手  留守居をし手の  米友が手を  俺らだから手を  槍を手に  一人は手に  町奉行の手だけで  道庵先生に手を  柔術の手  風呂番とは手が  道庵の手から  んですから手が  化粧をしたりしている手を  誕生日には手の  内儀の手を  万事あんたの手の  ボリース・チモフェーイチの手で  カテリーナ・リヴォーヴナ一個の手に  本草だと手を  人が手んでに  いつかな手に  一方の手には  セルゲイは手を  粗暴な手によって  俺の手から  中田博士の手の  中田博士の手を  慶庵の手へ  小田原提燈を手に  なにもしないで手を  肝臓を食わして手に  ダームの手を  セップンした手で  世代に対して手を  タカラさがしの手や  われわれは手に  批評家になるほど手  作品を読んでみると手に  ゆたかに延びた手と  彼等は手に  長州征伐が手に  肩を借りたり手を  お前たちの手は  自分たちが手を  駒井能登守の手に  二人の手から  憚かって手が  村上義清の手から  取次の手から  双方より手を  半分に手を  傍へ手を  駒井能登守の手の  能登守の手の  上半身を抱き上げた手を  両方に手を  人目をさけて手を  役者は手を  父に手を  のを手  やうに手の  ガスパールを手  一ツ目小僧と手に  煙草が手から  医者の手に  人間の手と  志願者も手を  町奉行の手を  平野老人の手へと  小林文吾の手へと  神尾主膳の手に  彼等は手から  非常な斬り手  小林と手を  勇士でも手が  刀が手に  奉行の手でも  床几を手に  塩の手を  銀様の手に  皆組合の手に  律義に組み合せた手の  世界に手  三木雄の手を  使者の手から  祖父の手を  素直に手を  忠之が手を  唐紙を手に  他から手に  屍体から手を  酷な手を  二本の手が  頸飾りに手を  建築図などを手に  人物の手は  西一郎の手を  遺書が手に  黒布に手を  妖女の手が  大江山課長の手を  脈を握っていた手を  ところに手が  彼女は手にとって  薫さんの手を  私には手の  夫人を手に  実験室には手を  不死身の手の  六波羅武士の手に  運びに手を  俊基は手の  田楽女に手を  後より手を  柳営でも手を  さまの手で  新妻の手も  蒼白な手は  直義も手を  天下へ手を  母者に手を  覚一の手の  一生かかっても手に  山伏姿という手も  人の手へ  太夫父子をも手  運搬へも手は  頼春は手に  関西方面まで手が  十分に手が  結局松竹が手を  ひそかにみがいていた手  油を通す手  オレの手の  難事件を手も  海舟はとぐ手を  金も手に  彼女を靡き寄せようとする手も  豆潜水艇を手に  あげくに手に  自然芳男に手を  こいつだけは手に  海舟は手を  懐に入り手を  天王を手に  上に手に  いま自分の手で  箒を持った手を  市五郎が手を  簪持った手が  銀様の手を  お嬢様の手から  側についていて手に  お松は手に  長州とが手を  透間へ手を  エライものを手に  武士の手を  兵馬の手を  隙間から手に  江川の手で  羽織を畳んでいた手を  主膳は手を  綱へ手を  音までも手に  一端へ手を  武士の手から  帯刀へ手を  彼等の手が  礫を打っていた手を  胸元へ手を  南条の手に  充分に手が  塀へ手を  二人だけで手に  菓子にも手を  懐中からは手の  フトコロをしらべると手の  チョイと手を  癩病の手を  者は考えつく手  脇差に手が  相手は手で  引戸に手を  阿賀妻は手を  彼方で手  嘆願の手を  堀は手を  痙攣する手が  伜の手を  直ぐに手を  身をこわすより手は  妻に手を  さし伸べられたすくいの手  少佐の手から  それくらいの手を  他の手で  人にした手に  松岡は手を  こちらを見て手を  足を踏んだり手を  徳利に手を  板壁をとおして手に  枕もとで手を  上り框に手を  通り彼らの手に  炊事係りは手を  阿賀妻には手に  ん気な手は  すべて日本人の手によって  椅子の凭れにかけた手で  げたり手を  先方も手を  神山外記はしも手に  邦夷は手を  女どもは手を  着衣に手を  骨太の手に  他の手を  函館に拠って手  胴丸の手  他に手が  刀のつかに手を  刀にかけた手を  誰かの手が  隠居は手を  カラフトに手を  フランスと手を  警備に手を  式台に手を  足もとに蹲んで手を  甚助の手を  廻漕を手  彼らの手が  それは手を  何も云わずに手を  女子供の手を  彼は手と  誰かが手を  便乗の手  高倉を手を  様子を手に  金太が手に  外套膜に手を  オレの手で  一ツニツは手に  お前らの手の  諸方に手を  時には手を  真珠を手にとって  のへ手が  皺だらけの手で  濁酒の手に  覺えず手を  慄ふ手を  棚へ手が  文吾は手に  羊羮に手を  模樣を手に  墨の附いた手で  文吾の手は  四つの手が  #文吾の手を  朗かに手を  節くれ立つた手に  七つの手に  誰れでも手に  玉とを手に  一人苦が手が  桶なんかに手を  方向へ手を  妹の手の  甚八ほどの打ち手が  鉱山に手を  愛児を手ば  ムダと思う手は  彼は握りしめた手を  汁が手に  茶ワンは手  碁の打ち手と  水中に手を  ラツール氏は手を  玉太郎に手  玉太郎は手と  それを拾って手に  玉太郎の手  娘ネリの手を  崖へ手を  ダビットが手に  ケンは手を  ダビットを手に  されこうべを手に  もくろみに手を  ために手の  お互いに手を  四人には手の  張の手を  ラウダは手に  僕らの手には  ことにするより手が  ラウダが手を  ダビットが手を  玉太郎が手を  張が手を  宝が手に  オールの手を  それを思うと手を  サバキは手に  警察が手を  十日近くも手に  仕事など手に  兄弟同士が手を  新吉の手に  わか姉さんの手を  新吉の手が  祖父の手  杯に手を  一人の手の  包みが手に  幸内の手から  神尾に取られた手を  二本三本とは手に  左の手では  幸内が手から  雑巾の手を  兵馬は手を  友さんの手によって  板の間まで手を  女中の手で  いつかお前の手に  片一方の手には  米友は手に  わたしの手で  侍の手に  塗弓を手に  このごろ新たに手に  役人が手を  浜を手にかけて  主膳の手では  主膳の手で  一切ミネの手が  子供には手に  お前さん方は手に  ヒゲに手を  ナマズヒゲに手を  左近の手で  フトンをかぶり通すという手の  人が変って手に  オレに手を  同一の手から  重太郎が搦め手を  重太郎の手を  今度ばかりは手の  ヤワラの手で  そッと手を  三枝子の手を  彼が手で  本署の手に  タンテイが手を  マチガイで手から  商売女には手を  二年前に手を  ガマ六と手を  四尺二寸の手の  ここに手  山本定信の手を  ヘタに刺す手も  晴高は手で  克子さまの手に  夫人令嬢以外には手の  鬼の手で  誰の手  克子以外の手は  鬼の手にしか  フィナーレの手を  両の手が  宗久の手も  シノブの手に  額や手は  探偵は手の  ン坊に手を  そこらで助かる手も  懸賞当選を狙う手も  常識とは手も  胴や手が  女性の手も  巨大な手を  銀様に手を  女中の手によって  それを手から  何者の手によって  神尾の手に  筑前守の手に  俺らに手  尼は手を  老女の手によって  駒井能登守の手  棒へ手を  頭陀袋へ手を  それが手から  警察の手も  八十に手の  コマ五郎の手で  ちょッと手の  凡人の手に  踊りの手よりは  顔色も変えず手を  保太郎の手の  親分だけが手を  シャンシャンと手を  物に手で  人物は手の  夫婦ふたりの手で  四ツの手に  茶碗を持った手は  無愛想な屠手は  スワは手に  灰色の手を  お客に手を  松之助は手に  方にも手を  下駄を手で  そッくり師匠の手に  メクラばかりで手が  ことには手を  物には手を  一部分だけもんで手を  動勢は手に  白へ手を  嬰児の手を  山岡屋さんの手に  山岡屋の手から  職人の手も  当分は手も  血の滴る手を  ようにかれの手へ  やうにかれの手へ  伯父の手を  内匠頭が手を  ところは手を  内匠頭の手に  用人はよろめいて手を  人でなければ手に  ほかは手に  赤面しながら手を  珠数を巻いた手で  燗が冷めても手も  顔付で手を  オトメの手を  合掌の手が  合掌の手を  オトメさんの手は  ポチを手で  両の手には  契約と分りながらも手が  二百五十円で手を  歯をくいしばって手  私が手  生れつき授ってる手じゃ  授った手という  どなたの手に  手近かに在るから手を  周信の手を  庭土を手で  マゴコロをこめて手を  先の手の  腕と手は  女を覚えて手が  親類が手を  折ヅメには手を  ゴマカシの手を  薩長の手に  町奉行の手を以て  町奉行の手へ  町奉行の手に  親戚の手に  今まで手にも  二品を手に  犬殺しの手から  細引を手に  内偵の手を  新たに手に  手錠のはめられた手を  我々の手で  様子など手に  鋤鍬を手に  野良を手  けつして手  やつたり手から  房一の手に  鬣から手を  三十に手が  尻はしよりに手を  円味のある手  大袈裟に手を  相沢の手で  間には手も  川向ふで手を  今一方の手で  度に手を  知吉さんも手が  温かげに見えて手を  房一の手の  房一は手を  鮎箱を手に  彼の手などは  眼鏡を手に  引きとめる手を  つた飯茶碗を手の  それこそ手に  一度は手に  孫息子に手  面変りも手  彼は恐しく手  練吉の手が  子持山若かへる手の  人間に手の  菊王の手で  六波羅の手が  六波羅の手になど  死の手は  俊基も手を  俊基は手  菊王の手の  それを手にさえ  前へ出て手を  烏丸殿の手へ  検非違使の手まで  朽舟を手に  ふたりへ手を  六波羅者の手に  片隅へ手を  #妹の手を  飛脚屋の手へ  盲子の手を  覚一の手を  鎌倉の手を  山門には手が  宮へは手が  主の手も  右京の手を  背へ手の  検断所の手で  本庄鬼六の手で  本間入道の手に  サイラスは手を  お金に手を  男はだしぬけに手を  惡者共の手に  カステラに手を  弁慶の手を  番附を手に  一睨みごとに手を  いふ間で手を  おまけに育つにつれて手の  横腹に手を  シヤボンにて手を  日記の手  余は手も  エプロンで手を  相手の手から  三味線を抱えた手で  ガタガタする手で  中を手  町方あたりでも手を  弥造さんの手の  ざま刀に手を  鞘ごと抜き地において手で  抜刀を手に  仙太の手から  地主の手に  吉坊の手を  邪魔をすると手は  江戸が手を  吉村などの手を  段六から手を  薩長にまで手を  攻撃に押されて手が  フチに手を  身なりで手や  お前さま一人の手が  宍戸様の手と  拙者の手でと  親王の手より  助には手に  ここの手を  ここの手だけは  日には手も  者共の手に  井戸縄へ手を  神尾が手に  拙者の手にかけて  神尾の手から  左に手を  見物は手に  一端に手を  一存で手も  主膳の手を  酒井左衛門尉の手に  金をこしらえる手を  屏風から手を  椅子を手で  堅肥りのした手を  #左の手に  金剛杖は手に  左っ手の  船頭は手を  船頭の手から  清吉の手から  薄べりへ手を  手紙を取る手が  戸前に手を  縁側から手を  んと手に  質問の手を  応酬の手を  養子に来手でも  一枚母の手から  二人分の手が  幾島の手から  彼女はとられた手を  それより手は  大里町子嬢が手を  伯自身の手に  会社が手に  いくらで手には  富沢は手を  手術者の手を  高峰が手に  高峰の手より  私共が手に  後を手で  時など手を  藤本で手を  茂之助の手を  松公の手が  金まで附けて手を  茂之助の手へ  岡山の手を  巡査さんの手を  巡査様の手を  松五郎の手を  貴方らは手を  お上の手を  貴公も手を  貴公の手で  兄さんの手に  最初に手を  宣教師の手から  運動で手に  支倉の手に  帰署して手に  定期市場に手を  方でも手を  死骸が出なくては手が  荷造りの手を  根岸でさえ手を  掛で濡れた手を  上衣を掴んだ手を  静子を捕えた手を  篠を抱えた手を  ショベルを手に  ショベルの手を  一部なども手に  人夫の手の  直接君の手に  手紙が手に  網の手は  石子の手を  店を張る手を  石子刑事の手が  のが手の  根岸刑事の手に  誰かの手を  署長の手から  刑事の手に  大正六年二月神楽坂署の手で  乃公一度び出れば手に  神戸の手へ  菰が手に  署長に嵌められて手も  夫を押えている手も  死の手より  会にまで手を  勝尾警部の手に  事情を手に  能勢弁護士の手に  草を手と  三味の手も  役人達は手に  方どもの手に  太郎左衛門の手から  うずしたたかな手を  味方の手に  ッしりと手に  屋根へ手を  何思いけん手を  火箸に手を  外へ手の  立花は手を  腰元の手に  拳を解くがごとくに手を  里見は取られた手が  溜息までが手に  公の手に  伊藤公の手に  我等の手に  竜搏虎の手を  彼れの手を  桂子爵の手に  元老の手を  密書を手に  掃部の手から  奈良街道へも手を  保護の手を  人心は手に  幕令を手に  灌木に手を  枯れ木などを手に  栖の手に  常盤範貞に手を  正成の手には  派手派手と手を  盗賊の手か  息を凍らせながら手を  小姓武者の手から  十郎の手から  毬の手を  ゴム毬を持つた手を  委員の手に  受話器を持つてゐる手は  丸で手では  左の手と  物に手の  亡児真一に手  男にありけり手も  前に躍り出でよと手が  ぢっと手を  桂首相に手  かな我ゆきて手を  ごと首ふるはせて手の  時手套を脱ぐ手  紙をなつかしむかな手に  乳をつぐ手の  笠に手を  父が手を  埋葬課の手で  ここまで手を  ほうには手が  着換えをする手を  君には手を  曳出しに手を  海後さんの手で  巡査の手で  今彼輩の手に  書冊を手に  ゾッキ屋の手を  取次店の手を  手槍を手に  桟へ手を  絵図を手に  あれほどに手が  忍な手に  ハタハタと手を  どっちの手にも  ウカと手を  新撰組の手が  療治の手を  前へ手が  角の手に  山崎譲を手に  井戸縄の手が  福村の手によって  琵琶修繕の手は  品物に手を  宰領を手に  兵馬が引受けて手を  相応に手は  捉われの手を  敏子の手から  十六本の手が  村人の手に  人々の手は  杉村は手に  鋤鍬持つ手に  袖の下に手を  書記の手に  ところまで手を  一ツの手に  月給そのものを手に  目玉をつき立て手を  蟹は手を  それこそ手か  やうな手は  平吉の手に  本気に手が  煙草入を手から  間取りまでが手に  腹這って手を  米友の手の  ここへ来て手を  銀瓶を手に  わたしでさえも手が  欄干から手を  そこから手に  のですから手が  自身の手より  五百世までも手  御用の手が  同勢は手を  大半は焼けて手の  者がすくんで手を  咽喉から手の  酒井の手  わたくしの手で  酒を手に  叡山という手の  何か手を  喧騒に手を  家来一同の手へ  一僧が出て来て手を  飽浦佐々木党の手に  頭の手に  所へ手が  馬上から手と  郎党の手に  妃たちの手にも  びに手と手を  それがしの手を  佐々木の手に  捜査の手も  われら郷党の手で  いちど幕軍の手に  赤坂城を手に  夜襲という手も  男どもの手から  つばへ手を  みなで手を  雑武者の手を  專ら伊藤公の手に  龍搏虎の手を  パークスの手を  北海道へ手を  大家先生等の手に  仏門の手に  僧侶の手より  山に入れども手を  一たび田口君の手を  自分一人の手に  心から手を  銀之丞の手を  茶中の手で  相手の手の  利用する手が  店を手  米相場に手を  株には手を  商売に手を  製品には手が  低廉に手に  高野果物店の手に  思惑株に手を  義務としても手を  荷が手に  学校職員の手に  それまで手を  今もって手を  肉屋の手に  店員の手も  直接親たちの手から  機縁によって手に  朝鮮人の手では  結局内地人の手を  あなた方の手によって  主任が手を  紐に手を  三味線が手に  探索の手に  何者の手で  がんりきは手を  小柄を手に  がんりきの手が  山崎は引張っていた手を  がんりきの手を  がんりきの手から  兵馬の手から  軟らかな手で  南条力の手から  南条の手で  拙者も手を  七兵衛の手で  下を覗き込んで手を  婆さんの手で  人の手には  みんなして手を  調子を合わせていた手を  栗を数えた手を  お松の手で  生花の手  劫に受けるより手が  #がんりきの手から  西洋織物生糸貿易にまで手を  私共の手では  ひしゃくを手に  母親の手にて  身密とは手に  京橋警察署の手で  裸体となりて手に  四方より手をか  精神作用が手の  盆に手を  手と手  キズには手も  ハジキは手に  踊りの手の  體操の手は  事を手を  氣持が手に  歸る手は  メイクアップの手は  所に手が  兩脚をひろげ手を  僕は手が  自分等の手に  苔に手や  迎火を焚いて馴れぬ手に  緑平老の手  お父さんに手を  処女に手の  処女に手を  うりを手に  ビーカーを振る手を  緊張に震える手を  魚籠を手に  名人の手に  それへ手が  ぐんにゃりと三五兵衛の手を  お前さんが手を  親分でもいなければ手が  一冊を手に  婦人みなさんの手に  繊手にかかると手も  あと家中一同で手を  余人の手を  警固頭の手へ  うちは手を  塩冶家の手に  文を手  しらせを手に  金若が手を  遠くで手を  叔父さまの手に  正成の手に  五郎の手へ  半夜以上な手  宮方の手に  信濃坊源盛の手で  弓の手を  長年の手へ  人々は手に  情報を手に  菊池とは手を  探題の手に  取締りも手の  楠木正季らの手に  正成自身の手に  者から手に  てめえの手に  肩をいからして手を  アプレの手に  少年が手を  少年を手  岩に手を  石に手を  初音サンが手を  刑事の手によって  消防夫の手から  鉄砲を手に  某氏の手へ  昼間打たれた手の  風呂敷を手  最前から手を  領へ手をや  小皿を手に  一番あとから手を  ジナイーダは手を  何ごとも手に  ジナイーダの手に  イラクサに刺された手が  無造作に手を  ジナイーダの手の  子供の手によ  西洋婦人は手に  近国へ手を  男衆の手から  女の手には  勘八の手から  秋山伯耆守の手に  姉に手を  傷を手で  刀を抜く手も  夜具へ手を  角の手が  一学の手から  ものとては手に  無条件で手に  草鞋をつくる手を  東妙和尚の手  道場を預かり手が  お松の手に  おれたちの手に  今朝起きて見たら手や  警官の手を  刑事等は手を  悦びで手を  時計に手を  拍子に手が  暇さえあれば手を  童子の手から  ねたが手に  真面目に手を  えり首に手を  秀一は手を  膝頭をうつ手を  茂みを洩れて手に  青玉のつまみ手が  額に手は  こちらへ手を  役所の手を  皆それぞれ書付を手に  巡査はかくしへ手を  場所を手で  ステツキを手  煙草を手に  女の手によ  通り一文も手を  貝殻に手を  殿の手へ  縁端に手を  出先大石殿の手に  郎の手に  膝を突いたかと思うと手を  仕事へは手を  鞍壺へ手を  鼓賊にだけは手が  必勝の手  そこまでは手が  八州の手に  八州といえども手を  船頭の手などに  そうな手  耳を手で  俺の手で  霜の手を  得意の手が  鉄扇を手の  森田屋清蔵は手を  縁故を手  潮へ手を  次郎吉の手を  経営の手を  艶は手を  わしの手から  気の向いたのに手を  此人の手の  作品は手を  巌畳な手を  手袋をしない手と  襷に手を  LePenseurを作った手を  なんだろうと思って手に  弓を外して手に  規矩を手に  声をかけて手を  老人が笑いながら手を  弓さえ絶えて手に  人間の手  ジェソップ氏は手を  袋を手に  槌を手に  門人に手も  百本の手に  棒には手を  役人には手を  竹矢来に手を  彼はふるえる手で  女中はかれの手を  浪人召集の手を  大名の手を  近藤の手で  姿絵を手に  表面夫人の手には  二束三文に手  ナフキンを馴れた手  金へは手が  株券なんぞが手には  三人とも手  事へも手を  鑿鉋を手に  寢て居ながら手を  緊乎と手を  助が手に  一つへ手を  ッたり手を  正成の手を  良人の手の  ように荒れている手では  敵方の手に  さまの手になど  兵の手で  戦時下では手に  おまえらの手で  酒茶碗には手も  籠城には手を  太刀に手を  彼のまえに手を  舟夫の手を  千寿王の手を  郎党たちの手を  右馬介の手に  彼女自身は手の  桃井の手に  師直の手を  盲目な手が  店で手に  医師の手によって  顔を顰め手や  一太の手を  一太は手に  一太の手の  救ひの手の  青年の手によ  戸外から手に  無数の青ざめた手の  ペンの手を  搨拓の手の  僕自身の手で  大金が手に  令嬢たちの手に  一二度電球を持つ手が  かしらの手に  他に手  煙草をもった手を  三四十分ずつ手が  赤インクでよごれた手が  朝子の手を  タオルで手を  編物を手に  編輯所で手が  幸子の手を  幸子の振る手が  いちばん先に手に  清水で手を  方に向いて手を  体に手を  足や手に  大名生活を競って手の  官僚の手で  リードの手によって  クテュラの手を  ブルジョア国家の手に  忠臣を手  表現に手の  財産とかを手に  修業で手に  処に手を  地面から手を  掛蒲団に手を  茂太郎の手を  行李をまとめていた手を  銀様の手から  これほどの斬り手が  有野村へでも手を  道庵が手を  ところに手は  彦根までは手に  方面まで手の  黄金二枚を手に  誰もかまい手が  絵馬描きの手を  銀様は手を  駒井の手から  敦盛を手に  例を手に  化粧の手は  鏡台に手を  酒乱の手  検挙の手を  千隆寺へ手を  捕吏の手に  一カ寺に手を  役人が手に  住職の手を  浅吉の手に  お雪ちゃんに手を  護身の手という  護身の手を  護身の手の  助も手を  #南原杉子の手が  膝に手の  彼女が弾く手を  たか子の手を  キイに手を  それだけで手を  パイプをくはへたり手に  千人が手を  ハツと手に  ここかしこに手を  千代の手を  汽船の動かし手が  りつぱな救ひ手で  汝も手を  著流して手に  賊軍が手を  道ばたに捨てて行く手の  傘を持った手に  観客は手に  政子さんの手を  今急に手に  ために働く手を  糸を繰る手は  マドレエヌ・スウルヂェエの手  大胆に手を  征矢を手  棹を手に  車かさす手に  花ひく手に  ひとの手  ころも手に  血糊で汚れた手を  血だらけな手で  左の手とは  錠剤を手の  堀夫婦の手によって  おばあさんに手を  なんかに手を  寫眞を手に  露出しにしてある手を  妹の手に  牧畜などにも手を  事まで手が  志保の手を  慰撫の手  娘の手が  喜久子の手を  山門勢力を手に  内で手も  一策も手  一策でも手を  安藤太郎左衛門たちの手に  佐々木家の手で  さに手  部下たちの手で  子供らの手を  子供らは手を  獲物として手に  義助へ手  国府役人の手まで  武士の手で  ムチの手が  襟もとから手を  政の手へ  兄の手へ  師氏の手が  小舟を手に  宣長説に手を  合理癖の手が  キキの手を  そいつの手が  #ジジの手を  わたくしに手を  君に手を  専制的な住み手で  姉妹たちの手で  私は手が  みんな胸に手を  母は手の  愛児を手  婆アさんにだけは手を  自然に手を  かいものが手に  ヒロシの手を  自分の手とから  手毬の手は  人の手にも  一人の手で  政府の手で  宝物を手に  宝物は手に  ご用がすんでしまって手が  萱が手に  上にいる葺き手が  家でないと手に  猿だけは手に  肩とを使って手を  それは手に  今ある手と  手桶の手を  一般に手から  ふしぎに手の  左右の手を通して  背負子の手とも  ふくろを手に  人が手に  マルコの手を  道に立って手を  人足たちも手を  南蛮宗ウルガン和尚の手に  臨時従業員の手で  潜戸に手を  及び腰に手を  縁先に手を  魚屋の手にすら  文の手に  叔父の手から  源太郎の手で  つて雇女の手で  肴に手を  郵便配達の手から  あいつはなるほど手が  鳶は手が  髪の毛を手に  医学書に手を  椅子にすわるといふ手は  なににでも手を  全部木原先生の手を通じて  一番有効な手  いつか機会があれば手を  稽古がはじまるまで出来るだけ手を  一稿に手を  移動も手  刀斬手も  業物と斬手の  刀持つ手が  結目へ手を  ほうは泣いて手を  手前が手に  掃除の手が  細工物は手に  金座方の手に  こっちの手へ  誰の手からとも  喝采を博した唄い手には  腹を立たせると手に  足を洗う手を  馬子風情の手に  杖槍を握る手と  小童の手に  殿様の手で  旅役者の手に  女興行師の手に  一座の手の  窓を押す手は  キャンドルを手に  武田信玄でも手が  前後に手を  錠前へ手を  それ以上は手を  神尾も手が  神尾が手を  絹一人の手では  神尾主膳の手を  神尾の手を  分銅へ手を  分銅を手に  自身は手を  師匠の手から  二両取りの手  こっちの手には  ものを纏めて手に  亭主の手から  武者修行の手を  噪ぎ出して手が  重太郎の手に  兜巾に手を  火縄をふる手が  情婦を手に  茂左衛門の手に  つてゐた手を  袋だけ手に  背嚢をおろして手に  校長は手にとって  一時ナポレオン三世の手に  拾ひ手が  かめと手を  鎌の手を  和尚さんの手を  一つずつ手で  女教員は手で  荻生さんは手に  めったには手に  男の手と  唄につれて手に  女とが手を  清三が手に  おばさんは手に  ざるに手で  一枚ごとに手に  鉛筆とを手に  母親は手を  ようになった手を  骨立った手が  おのれひとりの手に  義貞の手へ  小姓の手で  武士を手  尊氏は手を  それ以外に手は  宮の手を  一札を手に  息を手で  護良の手を  武士どもの手  いつか宮の手で  卿の手から  彼の抜く手が  新吉は手を  巌丈な手で  それを物慣れた手  邦訳を手に  女中達も手が  仕事をしながら聴いていて手だけ  俗謡の唄い手が  乾燥した手の  ままで手を  さし伸べてゐる手は  がちな手の  子供の手の  暗がりに手を  後家さんの手で  輪連中が手を  ハイカラ美人の手を  杯を置いて手を  血だらけの手で  千代は濡れた手で  粗朶火を手に  今度は手ば  捕手の手を  幕府の手を  玉織姫を口説いてから手にかけて  者どもの手に  問屋の手を  次第であるから手を  用達の手から  百姓の手で  藩の手で  世子の手へ  畳には手を  方を手で  敷居を隔てて手を  槍を手で  時二の手で  左り手に  代官の手に  整理は手に  大野洒竹氏の手に  上巻を手に  揮毫料が手に  織田信長の手の  マダムの手に  岸本の手を  彼等は手を  子も手を  何れも手を  上人様の手が  上人様が手を  捕縛の手を  綺麗な手の  そこから手が  綺麗な手が  上品な手が  上品の手が  上人様の手  陽にあてて手を  お母様に手を  加奈子の手を  方の手の  上の手ばかり  此の手の  引被っていた手を  包みを手にも  右傾団体から手を  印度人の手から  カップを持つ手が  何かあって手を  上下に手の  当局の手によって  気もちで手を  古木学士に手を  誰か五六人の手で  お婆さんの手から  幾年か手を  切花を手に  六つぐらゐの女の子の手を  餌なんかも手から  幸運を手に  役にも立たぬ手  良人の手には  肩先に手を  子供たちの手を  合図の手を  それに答えて手を  場所へ手を  木津さんの手にでも  こと言わしておく手は  猪に手を  樽から手を  樽につかまっている手を  読者大衆の手に  様々の手に  所有者の手に  ベルニィ夫人の手によって  原稿を手に  ユロ夫人の手に  誰の手で  しり込みをして手を  盗人の手を  つて女王の手を  セムボビチスの手を  蝶子の手が  種吉の手に  油滲んだ手を  柳吉も手の  三円ぐらい手に  女給の手に  値を聞くなり飛びついて手を  盞も手に  水密桃には手を  造作附八百円で手を  折檻の手は  ポンプを押して手を  ものでも手には  夢中で手と  ほかの手で  ローマ軍の手に  娘の手と  二つの手を  おれのかくしに手を  ひとりの手に  連山までが手に  助さんが手に  ところまで手に  舞の手という  どれに手を  一箇を手に  幕吏の手に  革袋へ手を  上から引きつれて行った手の  洋装をして手に  ブローカーの手を  上に焼き手と  浴衣を手に  田村麿の手で  業を手に  田村麿将軍の手で  母マグダレナの手を  美女が手に  首だけは手に  マストリリ自らの手  潜入以外に手は  マニラで手に  ミゲル提督自らシドチの手を  男が手  薹を手に  雲にでも手を  蛇にも手などを  患者たちの手で  バンドに手を  先の丸まった手を  黒が手を  渡りの手が  位牌田に手を  君の手へ  女性が手に  とき両方の手を  ちやに手を  嶺線が手に  群落も手に  静止した手の  來る手  西宮の手を  西宮の手へ  西宮はさぴたを拭っていた手を  長火鉢に手を  吉里の手を  猪口を持つ手が  猪口を出す手が  紙入れに手を  顫ふ手を  煙草入れを手に  泥のついた手で  省作を手  省作の手に  洗濯の手を  洗い物には手が  腹をこらえ手を  おとよが手に  財産へ手を  酒を注いで飲む手が  五位が馴れない手に  自分を手  路で手  頭脳では手も  尊氏は手に  尊氏は手にも  販ぎ女の手に  荷を負ったり手に  師泰の手に  西国勢と手を  そこから手を  軍列へ手を  宇治の手の  道勝の手に  義貞は手を  正成の手から  豪を手  尊氏の手に  兵へ手を  一〇〇円位で手に  石ころばかり手に  ものを真似て手の  蒔絵師の手によって  異人の手によって  針さしに手を  んを開いて手を  一方に手を  ほかの手も  限りの手という  興に乗らずして手  ヅグリという手が  商売人の用いたがる手  素人をあやなす手は  垂を手  急に手ば  髪の毛の手を  妥協の手を  徳川の手に  ホンの手  与八の手に  与八の手で  与八の手から  絵馬を持つ手を  縄へ手を  絵馬を手に  襖へ手を  弁信は手に  二つの手で  扉にむかつて手を  清吉の手を  与力衆から手を  ミツシヱルの手には  寒子の手を  ロロの手を  一つの手と  #母の手  正夫の手に  ウケに手を  山頂に手を  石に手  四五人の手で  土を手の  今では拾い手の  扨て手の  手拭持つた手を  位な手  兼次の手にも  跡で手に  一先づ手に手をと  此場は手を  地べたへ手を  始末で手の  時に思ひ掛けぬ手が  どこへも手  箱篩の手を  石臼へ手を  豚の手にや  聽き手が  杵持つ手の  夜の手は  二十万円もして手が  工員たちが手に  小僧の手を  ウィリー・ガガヴチューク君の手に  鼻や手や  滴壜を手に  水島の手には  水島の手に  助手の手に  看護婦達の手に  左手へ手を  花嫁自身も手に  地へ手を  涙をのんで手  誰が手  私に手  君の手さえ  一本足りない手に  血にまみれた手で  握り飯を手に  石垣に手を  葛に手が  一本一本糸の手が  焚木をきる手が  ぢに手を  朝飯は手に  #相手の手を  目をつぶって手を  かおを手の  様に手だの  のにもぐり込んで居れば手に  様な手の  器用にうごく手を  敬ちゃんの手を  口をきかずに手を  どこに行っても手を  指環のある手で  玄関で手と  俺一人を手  喜蔵の手に  女はかざしてゐた手の  がん鍋を手に  あっし等が手を  ぢのぼれるの手は  最初菊池の手を  劇作家の手  女中は手で  父親を振り向いて手を  弁当包みを手に  感情も手が  初雪に手を  いつでも手を  湯温泉のしも手まで  カムパネルラが手を  ジョバンニも手を  元気に手を  ジョバンニは手を  足をあげたり手を  車掌が手を  みんなと手を  方を見て手を  彼等の手も  其筋の手に  膝で手を  ッと手に  汝等の手で  背ののめった手が  多寡によって手の  平生文学書類を手に  山本さんの手から  つてからの手は  きんの手を  指環をはめてゐない手が  きんは手の  力の抜けてゐる手は  火箸を持つた手を  為事が手に  誘惑の手を  子供達の手を  人妻と手に  後へ廻してる手に  突起した手を  奴等の手になんか  お前たちに手を  仲間へ手を  葉を取って手の  金貨が手から  兵隊を手に  夫の手  パンも手に  ごつごつした手を  仕事は手や  それよりゃ手や  わしらの手が  先生は手よりも  紳士が手を  人でも手の  琴古の手とは  画帖に手を  腕組みをしている手を  尺八が手に  着物をたたむ手を  誰の手と  ここに至って手を  熱心な聴き手を  本を持つてゐた手  グラフィーラの手を  インガに手を  ジヨバンニも手を  氣に手を  ジヨバンニは手を  力が抜けていく手で  おのれの手の  股間に手を  肉体に手を  肉体から手を  自然な手の  貰ひ手なんて  つては手が  屑屋の手から  帽子をかぶり手に  洋画家は手に  日本画家は手に  不気味らしくも手からは  酋長の手から  槍をそばめた手も  白鞘に思はず手を  上においた手を  湯をひたした手  看病夫に手を  札を汗ばんだ手に  手錠の手を  ふところから手  眼だの手だの  政府の手の  あなた方の手の  襟飾へ手を  喉元へ手を  ミットをはめた手で  仔細らしく手を  給仕の手から  指輪の見える手で  北村の手は  首ったまへ手を  幸ちゃんに手を  それに手が  つて一人の手で  儘に手に  ごろつきの手から  扉へ手を  蛞蝓の萎びた手を  同僚に手や  土間に手を  若者たちが手を  包みに手を  彼ら二騎手の手から  彼らの手から  ぼくたちを手に  ものを持っていると手が  佳一に手を  楓の手を  んだから手の  丸髷に手を  彼女は手も  綺麗な手  ふさの手を  石鹸で手を  脇から突っぱって手  鉱車を押し出す手  鉱車を押す手  力ある手に  手袋はめた手に  酒にまで手を  田山の手に  田山の手から  在職中に手を  軍艦奉行の手  マドロス君の手に  首筋へかけた手を  娘がさしのべた手を  茂太郎はよりかかって手を  子なりの手に  僧の手によって  おまえの手に  ここは手が  正季の手で  太宰府の手  尊氏の手へ  眉廂に手を  浜の手の  浜の手も  武敏の手に  彼らに手は  郷党の手に  彼等の手は  農民の手  八哥は手から  医員の手を  自分の手まで  体と手とを  リーダの手を  いくらでも働く手を  絶望的な手を  中にだって手  自分等の手で  佳人の手の  脇の下から手を  どことも知れない手の  船べりへ手を  覆いに手を  養殖にも手を  相手が手  私たちの手から  長谷川巳之吉君の手によ  専門家の手  どこに手が  今度は手も  繁殖に手を  上から押える手が  宮裏の手を  酌と手を  ものが手の  物なんぞを洗い掛けて手を  芸者の手は  土瓶に手を  女は黙って手を  これをと思って手の  表裏が手に  警官の手にも  窓枠へ手を  お願いするより手が  勘当息子という手に  捜査の手は  あれに手を  柔らかな手を  赤んぼの手を  奇蹟に手  キリストは手で  銀貨を手に  郎には手が  俺には手が  木へ手を  白金を手に  商人は手にさえ  匪賊の手に  不具の手を  右の手にも  漁夫の手に  長者は手に  野村の手から  隆吉は手を  六時半頃雨傘を手に  吉川の手で  隆吉の手を  風呂敷包みを手に  葉書を手に  魚屋の手で  真直に伸した手を  保子は手に  #左右の手で  もうこの手は  周平は手を  肩の手を  杯へも手の  彼女は手の  まま彼女を手  清を手に  肩の手に  後ろへ廻した手を  肩に置いてる手を  清の手を  つても諭しても手  疊に手を  寺社方の手に  菊が手を  こっちの手に  法書を手に  話もかけてくれ手が  誰にも手が  十右衛門が待ちかねて手を  十右衛門に手を  みんな夢中になって手を  熊蔵は手を  番頭に手を  他から手でも  異国人からでも手に  手水鉢で手を  七は手を  小児の手を  符売りに手を  眼に見えない手が  炉に手を  佐兵衛は手を  権太郎の手を  草履を手に  どこだか判らねえじゃ手の  乗物までは手が  蝶の手を  蔭で手を  松吉が手を  主人の手  徳寿の手に  遊び人ひとりを手  ふところに手を  時の手から  永太郎の手から  町方の手を  元の手を  今は手の  妾を手  押し問答が手に  主人に手  山崎は手  ブックを手に  北原の手の  北原と手を  北原は手に  直子は手を  どこかへ消えるという手も  女性の手が  プラスティックの持ち手を  いっぽうの手には  俺たちには手の  江利子が手を  洗面台で手を  ハンカチを手に  彼に手を  なにも考えずに手が  ふたりの手は  買ふ手  まきの手から  総て彼の手を  其処までは手が  七之助の手を  花瓶を手から  医者も手の  看病に手が  一つ二つを手に  留は手に  主人は手を  私を手  家来を手  菅笠を手に  七蔵を手  七蔵の手には  切腹するの手  人になっては手が  籠なると手の  りくの手を  貴様が手を  数珠をかけた手を  兼吉の手を  兼吉の手に  それへと手を  桂庵の手に  井戸側に手を  長屋じゅうの手を  常吉の手で  自分ひとりでは手が  真っ赤な手を  物へ手を  土器が手から  脇屋義助の手に  逆賊の手になど  後ろの手へ  正季の手に  一ト矢も手に  弓は手から  弥四郎の手から  鞍へ手を  これ以外な手は  雑軍端武者の手を  新田の手から  弓矢は手に  糧道遮断にたいしては手を  兵の手に  七兵衛は手を  てめえの手の  自分たちが手に  終には手  膳に手を  ような痩せた手を  六蔵の手は  木像に手を  死骸の手にも  熊蔵は手に  熊蔵の手から  覚光と手を  坊主と手を  庄太にも手を  庄太の手を  おまえさんの手は  七の手は  息子をだまして手に  中間の手に  七の手に  川上機関大尉の手を  長谷部大尉が手に  杉田の手を  奴の手を  国と手を  肩をおさえている手を  電鍵に手を  副長の手から  英国とは手を  煙草を吸いたくて手が  急に思いだしては手を  患者に手を  追跡の手を  部下の手を  少年の手によって  青札を手に  引金に手を  ケント兵曹の手から  前も手を  川上機関大尉が手を  日本刀を手に  提督は手を  梨花の手を  ピストルには手が  提督の手から  水兵の手によって  爆弾に手を  双眼鏡を手にとって  少佐の手を  戦友の手を  一本に手を  掃除までは手が  子供の手では  彼等もゆく手を  事件も手を  さに凍える手にかの  方面に手を  禁制の手  豊吉自身の手では  死骸の手から  伝吉の手に  六三郎はかれの手から  店に並べる手は  股倉へ手を  股倉から手を  縁へ手を  消息が手に  脈を手に  書生さんが手に  二十円で手を  のだから手が  頬冠を取って手を  サアサアみんな手を貸せ手を  室積藤四郎の手に  吉助までも手に  魚籠に手を  それに手  海賊共も思い切って手を  とわを手に  旅絵師の手に  男とは手を  奉公人どもの手を  澹山の手から  伝兵衛の手からも  澹山は手  三河屋へ手を  蛇に手を  手習い子は手  藤太郎は手を  清書草紙を手に  妹の手から  山女衒の手に  下手人が手を  其月の手で  筋をうねらせて手  方の手から  女房が手  死骸に手を  五十に手の  葉の手から  鉄の手から  仇を手に  死人の手には  小遣いなどをやって手  数珠を手にかけて  相手がよろけながら捉える手を  口外してくれるなと手を  主人の手が  紙を手の  むやみに手に  鶉を手に  掛物に手を  衣服の手を  いくらも手が  紐のごとく手で  油でも用いないと手に  田舎でも手に  酒が手に  職業者の手に  目で見手で  仮面を手に  何でも手には  軍扇を手に  前を手を  ふたりは手に  いつまでも聴き手を  仕出し屋の手で  旦那の手が  伊豆屋の手に  引は手も  木魚に手を  女たちの手には  鎌に手を  宗兵衛の手に  町方の手が  血の付いた手を  喉から手を  つて女給を手  たくさん大将に儲けさせる手は  手に手をと  オコウちやんと手に  胃袋に手  敏腕家も手が  かに面色蒼ざめ盃をもつ手が  勝負の手が  倉田の手を  教会と手を  天妙教と手を  オバサンを手  ヤミスケ先生の手に  そちらの手を  養神様の手を  養神様の手に  おれ一人じゃあ手が  将棋の手を  お節の手で  詮議の手の  ト郵便を手に  光沢布巾の手を  政は手に  顔色を変えて手に  勢は手に  勢は手  フト針仕事の手を  文三が手を  程には手が  文三に手を  顔に手の  奴に手を  空で手と  何時か手を  勢の手を  誰かに手  濶に手は  絵に現われる手や  人間の手は  はずみに手や  差しあたりは手の  今夜かぎりに手を  万次郎と手を  それを手にも  カマルー小の手に  紙幣を手に  八蔵の手を  釧路丸の手によって  検屍官の手に  署長の手に  蛸が手を  疣だらけの手を  ものに手が  頤に手を  仕事は手に  雛の手を  ここへ手を  位置が手に  娘はやせた手を  自由に手も  申し込みは手  屋敷から手を  町方へ手を  春を手  一人じゃあ手が  権利者の手によって  葉を手に  觀音の手の  扇は手や  霽傘を手に  書を手に  譯本を手に  英譯を手に  諸君の手によ  一部を手に  古人は手に  友達の手に  ものにも手に  宿役人の手には  乙若の手を  小太刀に手を  西洋蝋燭を手に  一に手を  一大寺とする手  女は手に  行親は手  直義の手に  うちに固めておこうとして打った手では  飢えの手が  中間どもの手で  短冊を手に  布陣と手を  端を手から  軍務も手に  親房の手の  手習の手を  登子の手で  座役たちに手を  卯木の手を  今までに手が  いま仕事で手が  検事は手を  証拠物件を手に  ひとつに手を  ひたいに手を  どおり検察当局の手で  それを手の  雨谷の手の  箱を手で  破片を手に  切れ端を手に  蜂矢探偵の手に  自分たちの手では  仲裁者もあぐねて手を  何処へむかって手を  二百両しか手に  関口屋の手へ  雪の手にも  金高で手を  婿君に手を  ひと通りは手を  どこへも手を  七は手に  橙を手の  金を取るという手は  寺社方に捕り手は  町方が手を  七は掴んだ手を  わたくしが手を  其奴が手を  詮議の手が  みんな顔や手に  善八は手を  西洋馬具を手に  普通の手が  簡単な手  一人一人の手に  いかさまの手などは  必需品を手に  こと住み手の  二フィート半も手を  衣類なんぞに手を  そいつの手に  獣の手に  さに手を  林檎に手を  それが思い出せないので手の  異人だけに手を  飼い犬に手を  角の手から  手先は手  わたくし一人では手に  妾の手では  者を手  始末で手が  有様は手に  住民の手に  別に手を  公儀の手に  おまえさんの手で  新規に手を  女房は湿れ手を  熊にも手を  羽を手に  七も手の  一揆に手を  熊本藩の手に  わたくし共の手に  米吉の手から  市中取締りの手に  巡邏隊の手に  園の手へ  杖の手に  女房の手に  仇と手の  真珠をもって手を  女房の手にも  鍔に手を  アントワアヌの手によ  俳優の手に  南鮮が手を  こちらの手まで  共産主義者の手が  わたくしが手と  次郎兵衛と手を  うさぎはいたがって手を  毛むくじゃらな手を  コーリヤは手を  窓枠に手を  三甚の手で  三甚の手に  御用聞きの手に  悪党でも捕り手を  親分の手に  科人が捕り手に対して  七はたまりかねて手を  わたくし共も手を  彼人の手に  先生が手の  電線に手が  はずの手が  大勢の手に  井深君の手を  いやに冷めたい手で  取引で手に  ぺん私の手で  コリャコリャと手を  道は塞がって行く手を  斯うにも手の  住を手  私が手ば  盗人の手から  態度で手を  水母の手の  自然の手の  盲人の手の  矢伏の手が  問題は撃ち手の  早苗の手を  方の手には  醫員は手を  さと手を  好事家の手に  ふんとに手は  実をとり手に  肥つた人の手を  話し声が手に  世話人衆の手によって  捕手の手に  あればっかりは手が  折本を手に  夫人の手に  白樺をなめしていた手を  鮮かに手に  ものは手  何にもいないから手を  彼等と手が  勇仙が手に  初めは手を  わしが手にも  父は手も  山師坊主の手によって  銀様は手に  現物を手に  権現様の手に  手ばなしで泣いていて手が  田山白雲は手の  不意に襲うて来た手の  肩に置いた手は  頭巾へ手を  腰の物へ手を  娘さんの手で  心が直るまで手を  あいつらの手に  太郎の手が  太郎が手を  チヨ子の手を  児は手に  幾次郎は手を  身代を手に  興哥は手を  慶娘の手は  手首を握った手に  背後に手を  何をするにも手に  園さんを手を  分析に手を  槌は手に  敬意に満ちた手を  方法だけでは手に  司直の手も  新聞記者の手に  営利的団体の手から  公共機関の手に  信玄袋を手に  火桶に手を  等分に手を  女中酌の手を  酌をする手が  按摩が手を  突張った手を  銚子を持ちますにも手が  三の手が  大な手が  ぱらへ手が  按摩の手を  屋敷で手  母のまえに手を  冬が濡れ手を  八丁堀同心の手に  引の手に  納屋の手へ  吉五郎は手を  長三郎の手を  不自由の手で  把られた手を  探索の手が  他人様にさえ手を  鎧櫃に手を  仕度も手に  碁の手が  寄合いが掴み合いになるまで手を  会衆も手の  言葉より手が  人間が手を  寝棺に手が  公家の手に  幾人も手を  香具師の手から  おい追い手の  ものは手も  部屋の手の  司直の手より  遺産を手に  芝居がかりに手を  葵の手を  一人自分に手を  久我の手が  あたしは手も  検挙の手から  久我の手を  壁をとおして手に  裾に手を  ハナの手を  ハナは手を  金盥にとって手を  検挙の手は  拳銃に手を  胸から手から  山瀬は手を  あたしの手へ  葵を手に  乾の手を  用心堅固で手が  あたしが手を  力を入れて手を  清も手が  手焙へ手を  下調も手に  双方から手で  米は手を  植木屋に手を  洋灯を手に  清の手に  この間家主が手を  雑巾を手に  午後は手が  糊に汚れた手を  夥だしく手の  屏風を手に  宗助の手が  蒲団へ手を  反物から手を  位牌に手が  再会を約して手を  まま麦藁帽を手に  両側に手を  始からしまいまで手を  用が手に  庵室に手を  どこからも手を  辺で手を  頭倒さに手を  さりげなく手を  燒物は手に  名器を手に  金を出さないでも手に  價で手に  力でないと手に  金十數圓にて手も  其の物を手に  品物が手に  手輕く手に  棍棒を手に  入場券一枚を手に  スポーツには手を  門番では手に  石舟斎宗厳に手を  由利の手を  但馬守の手に  右門の手は  そちの手から  慚愧の手を  上等を手に  予防なんぞに手が  マンゴーは手に  海子爵も手を  内は手が  掻混ぜ手にて  位に詰めて手  殺虫石鹸を備えておいたらば手を  何でも手を  品物でも手さえ  展して手で  金魚鉢を手に  五六人の手で  窓ぶちに手を  道に手を  道へ手を  子供たちは手を  子供たちの手には  杖を持った手に  高坂は手  枕頭に手を  互違に手を  皺だらけの手の  裸体で手を  医王山は手に  背後ざまに手を  背中へ廻った手が  緊乎と留めた手は  人は手に  設備に拠れば手に  私も手を  南京豆を冷まして手で  斜めに折れたるを手にて  海が手を  下女は手を  一寸も手を  俺達は出来るだけ手を  其男は手を  田舎で出来るだけの手を  自分が手  桐は手を  其白衣に手を  空気を通して手に  眼や手に  馬丁に手を  端を手  ひろ子の書く手を  何貫目とか手に  ひろ子が手に  清水ならば手に  梢に手の  室まで手に  財布を手に  手錠のはめられている手で  びれた手の  重吉が手を  鰯には手が  北条氏の手に  ひとつ我々の手で  首を手に  彼奴は手の  源氏が手を  目下富山房の手に  裏切者を手  ブラウンの手から  ゼフリズは手で  ゼフリズは手を  男は手に  血のにじんだ手で  船長が手を  鞄を手から  ゼフリズの手には  望遠鏡を手に  餘り手の  力かなわで手を  シルエツトが手を  若者と手に  ちよいと手を  家へ出かけて手を  ナイフで手を  処まで手が  苦諫して手を  時友達の手から  皆んな売物屋の手へ  ケンネ脂を手で  登和さんとが手を  報知を手に  老人の手は  赤兒は手を  柄頭に手を  掃除も手が  片付け物の手を  播磨は手に  腰元の手を  播磨の手は  俯向いて手を  点に達すると手を  享楽者の手から  眼で見手で  清家博士の手を  口許に手を  漁夫は手を  心と手とを  一時米国の手に  真白な手が  左右に手を  和女の手も  椅子の手に  道さんが手を  道姉さんの手に  処で手を  そうな手を  地蔵様にも手の  上衣のかくしへ手を  刑事の手が  物を借りるより手が  道子の手を  小沢は手を  加代に手を  娘の手から  加代は抱いていた手に  次郎の手が  次郎の手は  針助の手は  パンに手を  拳銃を握った手が  野蛮な手を  小沢の手に  自首という手も  亀吉は手を  小沢の手によって  蝶らに手を  僕たちの手に  一人は手で  土人の手が  近は手に  手錠に手を  煙管は出したが手が  為に手  こちらから近寄って手を  僕の手には  再版に手  改良の手  人形の手に  手拭いで手を  演出者自身の手で  鈕を嵌め掛けた手を  鈕を嵌める手を  物なんぞに手を  研究所長マカオ博士に手を  維新功臣の手に  無頼漢の手に  子を手に  暴徒の手から  頭巾を手に  消防の手が  自分が手にかけて  着物のみが手に  引抱えた手  衣類を手に  お雪ちゃんの手には  柄へも手を  嘉助が手で  親玉の手に  代官でも手が  蘭の手に  屑屋の手に  衣桁に手を  暴虐の手から  ハネ釣瓶の手を  識らず手が  露子の手から  防毒面が手に  防毒面を手に  鉄造の手を  冷飯を手で  まわりから手を  香取司令官は手を  ムクムクと起き上ってきて手を  さかんに手を  邪魔されて手の  パンを手に  政府の手より  政府の手にて  芸能事業非常対策委員会の手に  自国人の手を以て  悲鳴をあげて手を  友達となって手が  児玉の手を  操縦桿から手を  蛸の手の  果物などを手に  帆村の手は  兵曹長は手を  移住する手は  緑鬼どもが手に  徳利を手に  最初の手  私たちは手が  花や手の  わけか手に  われら地球人類の手で  谿谷が手に  ベラン氏の手が  慈愛のみ手を  母は抱くとは抱き手の  酒杯などは手に  橋の手  オレの手を  薬缶を持ちたる手を  ビアトレスは手を  それだけで手も  父親は手を  嫂の手から  官憲の手によって  東京警備司令部の手に  唯一の手  出征しているんで手が  空軍は手も  在郷軍人会の手で  五円紙幣を手に  指導者鬼川の手に  紅子と手を  帯剣を釣る手を  紅子の手に  本土に手が  帆村の手によって  ヒサゲは手に  傀儡子の手に  少女の手で  神明巫女の手によ  骨立った手を  あみを手に  顔を打たせ手を  グーセフは撫でてやろうと手を  それは手で  しめやかな手を  陶工の手に  陶工の手の  名工ケプレルの手によって  杯をもった手を  肖像を手に  ファッショの手が  司直の手で  処へ手が  実弾を手に  自身にも手を  ダンスホールに手を  不良少年係りの手で  保安部の手によって  レッテルを手に  サラリーマン達が手  訓導に手が  アルゼンチンの手に  匪賊の手によって  点にだけ手を  無下に手は  吏員自身の手によって  新興民衆の手に  千樫君だけでは手が  遺族の手に  彼奴の手に  指導者になって手を  みんな手を借せ手を  福太郎の手に  救いの手は  譜も手には  老人が反って手を  童部の手から  らが手は  爪だらけの手を  こちらも手を  合掌した手を  印を結んだ手の  破片を手にも  人形をそが手に  そと手を  飜ると見れば手に  みだらなる手  何かを手に  一書を手に  逸物を手に  猫の手でも  ポッポちゃんは手の  自然の手に  玩具を手に  日本人の手が  無責任者の手に  正親町三条家の手に  守護土岐氏の手を  神余の手を  おもちゃを手に  許宣は手を  許宣の手に  姐の手に  白娘子の手が  扇子を持った手を  戴先生は手に  衣鉢を負い手に  梶さんの手から  確かに手を  おなりになりまして手が  黒蛇を手に  民衆自身の手による  卑俗常識に媚びるという手も  目的地に持って行くという手も  民衆をだます手  色々の手を  大衆政党の手に  所まで手に  ふたに手を  ジャックの手には  額椽に手を  地べたに手を  管理者の手に  人間には手の  敢て手を  武器を取る手も  血潮に染みし手に  三度他人の手を  巨匠の手によって  刺客の手で  年数に手の  操縦かんから手を  自分たちの手が  吾等の手に  一狂人の手に  兵隊さんの手へ  でくの坊に見えて手が  煙草に手を  氷を手に  小姓の手へ  伝右の手へ  吉兵衛の手を  婦人団体の手で  安治川の手を  屍が手を  死体は手を  雨垂れを手に  漢が手に  暴虐の手に  首や手を  機体に手を  電話帳を繰る手を  光芒を手で  ただの手では  眼と手とは  私はとる手も  ワナワナふるえる手を  官憲の手を  金庫に手を  二人とも手を  ピストルを手  熊手を動かしていた手を  柵をいじくろうとして手を  宙に浮いた手を  容易に手の  懐中電気を手に  レントゲン写真を手に  二箸ばかり手を  婆さんの手を  浜さんの手に  ものなんぞに手を  女と見たら手を  奴を手も  やくざ野郎の手に  村田の手で  排擠の手の  今まで手を  前に置いたって手を  杖槍の手が  口を抑えて手を  与八の手によって  箱風呂敷を手に  官権の手で  関係人全体は手を  お雪ちゃんの手  戸口を抑えた手は  大男が手に  戦闘準備の手は  代官自身が手を  陽に手を  道庵は手に  人足とが手を  美少年の手が  助けの手は  別に迷い手が  雲助四人の手には  さがしに手に  蘭は手を  自分も探して手に  義母が手  火をつけて手に  反古紙を手に  無骨らしく手を  お前が手  楽にはならざり凝っと手を  死の手を  相の手に  格子へ手を  気軽に手を  何者かの手に  八丁堀親分の手を  真下へ手を  紺足袋を手に  涙を浮べて手の  おむすびを手で  私たちは手を  畑仕事で手が  お母さまの手を  お母さまの手じゃ  おばさんの手  お母さまの手が  屍骸の手の  勘次は手を  みつも並んで手を  勘次の手から  クリストフが手を  ふたり手に手を  富五郎の手に  此女と手を  状袋をはる手を  二人きりで手と  柳沢の手に  風に手に  拍子木が手に  商売仇もあれば憎み手も  その後で手を  番頭を手で  久兵衛の手に  藤吉は手を  勘次の手も  鍵へ手を  藤吉の手が  のどへ手を  醜業婦などに手を  駒馬さは手が  伝平は手を  終日盃を手から  主人の手によって  海老床へ梳手に  薬罎を手に  雨水は手に  道夫は手に  年増の手に  親分の手を  スケートの手を  面倒だから手を  蒲団から手を  親分藤吉一流の手  彦兵衛の手から  藤吉はつと手を  達者な手  鮮かに手を  徒然に手だけが  背後から抱きすくめて手で  佐平次の手が  場へ手が  几帳へ手を  首級を手に  山吹の手を  金切り声を上げ握られた手を  今度はとられた手を  読者をして手に  玄関へ手を  何者とばかり放す手を  若者の手を  竹刀を手に  弓之進は手を  頼正は漕ぎ手に  肩へ掛けた手へ  老婆の手が  お前の手によって  妖婆の手が  助の手にも  革足袋を穿き手には  助の手が  顔は手に  無慈悲に抱いていた手を  杉右衛門は手で  一つの手に  ただ心があせるばかりで手が  地面へ手を  助は手で  スッと手を  小判を手に  人足の手によって  家のうら手へ  灌ぐのが手に  唐金の手  翫之丞を手に  意味の手  冬に手を  呪いの手が  夫伝右衛門氏の手には  前に駈けつけて手の  襟元から出した手で  おいらの手に  咽喉を辿っていた手を  息子の手から  竜の手に  竜の手を  竜の手  おれの手の  品ものを手に  バリカンを動かしてゐた手を  大仰に手を  美野さんを手に  頸筋を拭いて手を  障子に手が  誌上において手を  日に焼けたる手  巻莨の手を  脛を手で  楽手の手で  運命の手  鋏を持った手の  ぼんやりと手の  手袋を脱ぎ去った手を  男女の手で  ように行く手を  ようにむずかゆい手を  溜息をつきながら手に  少女に手を  母の手を通して  薬には手を  彼は痩せた手で  姉の手で  邪見に手を  盜人に手を  盗人に手を  米友の手を  真中へ抛り出して置いても拾い手の  前輪へ手を  相撲の手を  ところのぶったくりの手に  頼み申して手に  草鞋を解く手を  折助の手によって  米友としては手の  雲助の手から  家康の手に  泥が手に  大金を手に  色男と手に  色男の手に  女では手を  極め懐剣に手を  彼女達は手を  意味の手を  詩人の手に  材木代金にまで手ば  五郎を手  山が手の  方を正してやろうとして手で  祖父に手を  作曲家らの手に  彼は手の  子供に手を  そばについていて手を  書物とを手に  金を出して手に  蓋をしようとして手を  クリストフの手を  ヴァイオリンを手に  メルキオルから手を  僕達の手から  すつかりあわてて急いで手を  平七の手を  平七の手に  平七の手は  つて宇部紋七夫婦の手に  どこを手を  他者の手に  金槌を手に  お祖母さんの手は  子は手の  人たちが聴き手  芳正君は手を  ため彼女が手に  囃子のとよもしとが手に  生徒監たちは駈けつけたが手が  校旗を手に  子弟と手を  少年の手が  土民の手に  親猿の手を  四つの手で  銀の手の  トルストイの手を  公爵夫妻の手に  金額を手に  祖父の手に  書面を手の  給料を手に  理由も言わないで手を  オットーの手を  彼らはたがいに手を  時にもたがいに手を  武士の手は  あたりから手の  具合だろうと手に  淆ぜる手が  左り手には  左り手が  左り手を  所を手で  はつきりそこに手に  急に手で  窓掛けに手を  一つに手で  僕を手  一つに近づいて手で  戯曲を手に  平野が手に  木を手に  僕はあわてて手を  妻のしだしている手  円柱を手で  農家の手が  其処へ往くと手に  二人になって並んで手を  四人になって手を  妖僧が手に  彼は踞んで手に  己の手で  親の手には  自分たちも手を  めいめいの手を  狐の手を  狐の手に  力一パイ二人の手を  伊達家の手に  政宗の手に  伊達政宗の手から  船長室まで手に  大男の手を以て  大男の手は  耳へ手に  矢探しの手が  寝床に手を  仙台の手の  口へ運ぶだけの手の  老人子供の手に  お松が手を  細筆を選んで手に  救の手を  白人共の手の  土地測量器を手に  瓶を手から  手拭持つ手に  櫓を離した手に  貴女は擡げた手を  爺どのは手を  六人の手で  鶴谷の手で  明の手の  仰向けに手を  ぼうならぬ手を  女の手ほどの  搦んで手に  手と手の  引寄せた手を  女の手と  楢夫の手は  からだや手や  楢夫の手を  まっ白な手で  植物略図を手に  次兄の手には  おとめの手を  苦笑しながら手に  そいつの手から  そいつの手の  代表者の手に  本集を手に  目に見えない手が  細工の手の  洋服や手を  清滝に手を  知らで手  品物は手から  優雅な手でばかり  狂暴な手で  クリストフは手の  錠前に手を  クリストフの手から  足先に手を  壊滅の手から  自由に手を  彼女が手に  それを差出している手を  ローザの手に  腕と手とを  アーダの手は  快活さにも手の  彼を手に  知人宅で手に  お針の手を  折角の手を  ほうを冒されて手  ことに手の  繍の手を  枠台に手を  針の手が  加福さんで手を  折角の手  座敷着を手に  寿女の手を  職人達に手が  株にも手を  それぞれ龍子の手に  好事家の手から  仕事の手をも  度毎に手を  ところへ行って手を  庖丁を使っている手を  しなやかな手は  子を手にかけて  亜砒酸を手に  やつぱり右の手を  彼らに手  一本の手を  三上は漕ぐ手を  大切にしてくれ手が  胸や手やなどが  彼の手や  彼に手  波田の手までが  小倉は手で  波田との手に  ボーイ長の手を  いつか自分の手に  株を手で  水晶もめのうも拾い手が  ぢいの手から  つてぢいの手に  スウーと動いて行く手を  砂糖など手に  不運の手には  春雄様を手  夫婦が手と  子が手  機を織る手は  釦を嵌めながら手を  無形の手が  栓の手に  ッ方の手を  薬籠を手に  警部は手を  警部の手が  袖からも手  医者さまの手を  白木警部は手を  僕等の手に  ルナ・アミーバーが手に  屏風へ手を  羽根蒲団へ手を  学費が手に  看護の手は  一瞬時も手を  朝日へ手を  方も手を  画面に手を  頤へ手を  支那人は手と  一たび懸崖に手を  辺まで捲手で  賊どもの手に  八貫で手  山賊の手に  何か書いて捕り手の  猫大将が手を  雪おろしに手を  真っ赤な手で  やつを手で  大岡越前の手の  乞食の手に  胸や手の  父親が手の  浮気者で手に  彼女と手を  アーニャの手を  夫婦ぐらしで手の  京内の手を  石から手を  かけらで手を  ぐッと手を  下枝へ手を  #人間の手ほど  つた拍子に手の  弾丸を手に  今われわれが手を  米も手に  若党の手を  モノが手を  平田翁の手を  一升桝を手に  慈悲の手に  不意に手が  父が手に  杓子を手に  不意に行く手の  箕の如き手を  猟人の手から  山人の手に  顋を手で  今日不器用な手に  着物に手を  算盤に手を  横に手を  乳母の手を  ように振舞いたいと思って手の  門柱に手を  姉さんと手を  鉄公の手が  わたしが手で  アシライの手を  筆者の手を  ソーッと手を  筆者の手が  囃子方は手を  現在梅津正利師範の手で  筆者の手に  これやと手に  稿本を手に  島人かの手によ  肖像画に手を  祭司の手で  花売娘の手を  彫刻家の手に  哀詩歌人の手で  らに構い手は  私はふるえる手で  雌雄が手に  聖人の手に  征服の手が  計画で手を  救援の手を  かたちで住み込ませる手を  保護者の手に  自分には手の  加減に手を  津の差出す手に  最近ではまつたく手が  表玄関から申込むつていう手は  移りかわりが手に  あたしの手で  会社から手を  袷羽織に手を  小萩の手を  問題が手の  紹介する手は  真喜が手を  萩の差しのべる手を  変わり者の手の  太陽に向って手を  四十に手が  探索の手を  敬四郎が手を  生首事件はかれの手に  こかげに手  ことから手  法に反して手に  蔵六は手を  蚊帳の吊り手を  雲霧の手から  単独の手で  炊事場の手までが  パラソルを手に  蜘蛛は手も  お茶をとろうとして出した手を  かげろうは手を  ものでも助かりますなら手でも  ものでも助かりますなら手の  御覧ぜよやとさし出す手を  昼は手  らんとつく手も  手拭で手を  得意とするつかい手が  家中一流のつかい手ばかりが  一流のつかい手で  たちの手に  じょうずの手から  目抜きのつかい手の  虫を手に  力じゃ手に  のどを鳴らしながらも手を  おれが手に  私は痛む手を  ぴとの手を  家に住み手の  血をたらしたりして住み手を  ダンテの手を  默つて封書を手に  神の手から  慈父の手にも  巡査では手を  足を折られ手を  金を手  女の子を手  小娘を手  妻女の手を  首筋と手のな  俗吏の手に  つて封書を手に  作を手に  對して手  玄庵先生の手を  非人の手に  吟味の手では  ことを聞きつけまして討っ手に  カヨは振り向きもせずに手で  カヨは手を  鍋へ手を  むつの手に  むつは手を  復讐の手が  さつき言つたホームス牧師の手に  子供との手を  左の手はと  パオロの手を  マントや手に  クララの手は  #アグネスの手を  あなたの手の  のを恥じて手を  前に組んだ手を  爪先きに手を  事件に手を  なぞの手には  右門流の手  さまの手  細君の手で  われわれの手によ  道具のつくり手として  西洋近代作家の手に  少年僧を手  難事件に手を  娘らは手に  神さまに手を  上に手でも  右門はあわてて手を  右門の手に  悪魔の手から  試金者の手を  冷い手の  不浄な手とを以て  日蔽いをはねのけながら手を  舷側に手を  ギターを手に  ふところ紙に手を  おん身たちでは手に  右門でなくちゃ手に  怪力に手も  魔の手では  おれに手を  蔵には手を  はたへ手を  心やりに手を  迷惑だから手を  名人の手が  岡ッ引きじゃ手が  おれたちだけじゃ手に  先にも手が  品が手にへ  あっしが手に  お家さまから手が  腕一つで手に  無傷で手に  小陰へ手  現場に手を  なまくら刀に手を  ろに手も  ところへは手を  下手人の手に  辰の手に  くもの手の  一つ刀で手に  小わきざしに手を  三人も手に  狂人の手を  さらを手に  子どもたちを手  敬さんが手を  玉にも手が  宿役人の手によって  下に手の  男雛を手にとって  思い雛に手を  のが手にへ  ような汚れた手で  鍵に手を  幽霊が手を  弾条に手を  一つの手で  幽霊は手に  婦人の手の  衣嚢に手を  提琴手が手に  フェッジウィッグ夫人と手を  スクルージの手が  十五枚を手に  庖丁を手に  未来の手で  舵車を手に  巧妙な唄い手  皺だらけの手が  片方の手と  例の手が  同業組合の手にでも  精霊の手の  品に手が  ジョー爺さんの手で  針仕事をしようとしても手に  親切な手は  精霊の手を  その間彼の手は  腕を持った打ち手に  スクルージは手で  スクルージは手を  猿の手に  ローマ人の手によって  双方から手を  相当のつかい手が  物静かに手を  朝ほど手に  人を替え手を  嘉三郎の手に  嘉三郎は手で  両端に手を  娘の手にも  赤ん坊が手にけ  とばくちなぞに手は  一つも投げてみようという手  混戦となったら手は  ことは手に  がちの手  がちの手に  さに手が  やえんに手が  膝に置いた手を  先にひっかけて手に  面と手を  庖丁の手を  銭勘定の手を  丈次の手を通して  二つばかり手を  さわりを払おうとして手を  手を挙げれば手の  腰を上げて手を  当ての手  思いやりで手も  酔っぱらいにかけては手に  お雪ちゃんが手に  心と手とが  場に至ってみると手が  道庵の手に  傍へ行って手を  ものにして手  内儀さんが手を  貴様の手には  番頭の手に  看病に手を  番頭を手  穴の掘り手の  神仏へ手が  製造超過で手も  有合わす手だけで  猿の手は  手白の手を  与次郎の手を  隠密の手で  從ひ手を  忠之が手に  忠之の手に  利章が手を  自分等の手を  主人筑前守長政の手を  孝高の手が  つて黒田筑前守繼高の手に  國郡が手に  乗り手もかつぎ手も  自慢の手  おいらの手じゃ  ハーシュの手を  届けしようと思ってゐましたが手が  お客が手を  目張りを命ぜられるほどの手  面々が手を  訴人の手から  伝六の手に  さきだんなさまが手も  平吾の手を  これ以上は手の  房の手に  物の手が  それを見ると手に  はたきの手を  鍵の手の  云つて養父の手を  あなたも手を  義直は手に  美人が手に  ぱてる上へ手を  にいさんに手の  ほかにゃ手も  お山同心たちの手に  心はあせっても手が  とおりそいつの手が  やつの手には  手帳を手に  眼付で手を  財産を手に  夫の手の  貴様の手の  奉行所にては手に  二の手を  爺の手を  毎日爺の手を  拙者の手が  半之丞自らが手を  ようにして手に  品が手には  口にくわえておったか手に  ぼうぜんとして手を  箱に手が  十手取る手も  どもの手には  蔵人の手から  変事に手を  私は手で  袷衣に手が  獲物を手に  クリストフには手の  粉飾した手とを  クリストフは手  だれの手も  秘書の手に  かくまで手  人たちにたいして手  彼らは震える手で  ハスレルの手の  ハスレルの手は  ていねいに手を  友だちから手を  顔や手には  丈夫な手で  クリストフの手に  編み物を手に  モデスタの手は  老母の手に  肩掛とを手に  樣を手に  そでに手を  穴から手が  冬の手が  わたくしが手  手を持とうとすれば手で  だんなさまを呼んでくるまでは手を  声と手が  すすでよごれた手の  子どもの手の  別々の手の  跡から手の  羽目板に手を  とおり不思議な手の  名人の手は  者が手に  番所の手が  たまにゃ手を  詮議の手を  詮議の手も  ようなら手を  女に化ける手だけは  えり首をつまみあげた手も  折檻の手の  吟味ばかりが責め手では  源内の手から  親子を手も  飾り弓を手に  どこからか手に  左右から手の  活発に手を  匕首を捨てておくという手も  なにものかの手に  兄弟して手を  兄の手には  ひと三人も手に  相手は手を  銅に手で  高橋らの手に  松前藩士らの手に  オホツク長官の手で  政府の手を  政府が手を  幕府は手  徹夜で手  先を握るに手を  黒田侯の手に  非常に手の  ことや手が  おとろへし手を  山椒魚は手に  方からかがんで手を  皮を剥いだ手で  看板をあげる手は  肩から手にかけて  メシを食う手に  目も手も  ツルリと手で  ぼくらの手で  オノレ妖怪と抜く手を  シッカと手を  セラダの手を  自殺以外に手が  ノドから手と  一に手が  握手した手は  四郎兵衛の手を  のを手の  引手茶屋で手の  心をつくりたりとて手を  久佐賀は手を  歌も手も  煙を手で  諸方を手で  俊夫君は手の  外国の手に  子供などは手を  順々に手を  先のあげ手が  食つて思はず手を  部分的に手を  凡てが手の  放免の手にでも  泥にまみれた手を  ロッククライミング以外に手が  修が手を  ミルの手から  男の手にか  家具に手を  彦六は手を  大概千円以下で手を  言ふ手は  方へ手で  刀が手から  丈の手を  咒文が手に  様で手を  通り左の手は  鍵をも取り上げようと手を  秀子が手に  秀子の手を  浦と手を  秘密を手に  声に応じて手を  高輪田の手に  積りか手を  度くても手が  此の手に  此の手とは  身に手を  アノ左の手を  之に手を  子供の手  武骨な手は  穴へ手を  夫人が手を  左右の手の  当日自分の手から  浦の手の  秀子の手の  口から手へ  われ知らず右の手が  右の手だけは  卓子へ手を  ソロソロと手へ  余の手の  秘密をさえ手に  アノ左の手に  余の如きの手に  物も手に  小刀を手に  仕方なく手に  法律の手を  叔父の手へ  空所へ手を  秀子の手に  様々に手を  顔形を手に  余の手を  飽き足らず先生の手を  創の手を  悪戯児供の手に  貴方の手の  腰から手から  何時何人の手に  浦の手を  悪人に手を  間貴方の手を  余の手だけを  カジカンだ手で  亭主は手を  小寺政職の手へ  ひとりは手を  奥へ手を  毛利家の手へ  情勢が手に  武器も手に  半身を出して手を  秀吉は手を  中国までへは手が  官兵衛は手を  秀吉の手へ  付け給ふに手にも  波間に顧み合って手を  馬鞭を手に  筑前の手に  官兵衛も手を  迫撃の手を  官兵衛の手へ  官兵衛の手を  汗をかいた手を  眼を向けても手を  幸福に手を  ビックリしながら手を  船首に集まって手に  事務長の手に  翻訳を手  口調で手を  無電の手を  救助の手が  ボウトの漕ぎ手は  誰かの手は  船長の手の  英子の手を  緊と手を  流れに手を  運命に手を  まま私の手を  パンフレットを手に  みんなの手で  一つのびあがり手で  乙女達が手を  踊りを手を  家族の手によ  司直の手を  のか手に  女衒は手に  女衒の手へ  やをらしん粉に手を  鉢を手に  他から手を  洋杯を手に  悪運の手より  殆ど酒杯を手に  何という手に  芸術に描かれた手は  さは手の  #それ等の手の  モナリザ夫人の手と  神を拝する手では  別れの手を  生きものを手に  妻の手で  毛髪とを手に  壁には手を  追求の手を  妹は手に  二年前に手  村瀬は手を  柱につかまった手が  唇に手を  主人は手に  本庄の手を  習慣的に手に  上着のかくしに手を  妹は手にとって  会社側が手を  南北戦争に手を  イギリスの手に  者には手も  斜めに傾けて手を  新聞を手  三人とも手も  僕は思はず手を  唯だがつかりして手を  マッチをはさんでる手を  波多野は手を  このわたを手に  芸術家の手で  工人の手を  工人の手によって  あげくに手を  ハンケチを持った手を  花束を整える手に  葉を並べる手が  パウルの手は  映画に手を  上わ手の  花の手に  心さな手に  達也の手を  捜査の手が  花との手を  生徒の手から  エミールが向かって行く手の  お客様が手を  整然として手で  魔の手の  古着屋の手に  ひだへ手を  そこへ掛けては手  膝を支いて手を  運八父子の手に  鮮かな手  滑かに伸ばす手の  洗面場で手を  タクミの手に  タクミの手が  土地では手に  歴史家の手の  小川で手を  前に突き出している手には  演劇に手を  輻射熱と手で  国民を手  全校の手によ  新聞に出す手は  机上に立てて手を  日傘を拡げると手を  劇作家の手に  木下恵介監督の手で  暗がりへ手を  消防手の手で  彦七の手から  先きに手を  彼れは手を  魔の手を  乱で手を  亂で手を  顫へる手で  俺たちの手にや  二人して手を  大口をあいて手を  手袋を手から  刃を手に  雲の手  ようにも手に  左の手だけは  枝へと手を  帰京後私の手の  執念の手を  山が手を  圧迫の手が  カンジキを手に  紙をめくりながら手に  奴が手を  こと考えさせる手はねエ  光子自身の手  光から手を  結婚から手を  屍体につまずいて手を  経略の手を  兄喜右衛門の手から  政策の手を  武器売込みの手を  急斜面が手の  夫を手  足で登るよりも手で  ものの手によって  果まで手を  金で手に  碁の手でも  公方を手  公辺の手を  眼と手とに  薪を持つと手が  顔や手や  背嚢を手に  頑固な手で  叔父さんの手を  んの手に  垣根から手を  火鉢から手を  蕎麦湯を手に  爺の手に  けたような手を  敲子に手を  とわが手を  彼れの手に  袖も手も  やあと云って手を  消極的な手を  消極的の手に  最初は手が  ヒヤリとして手を  細帯に手を  ゾッとして手を  強力犯係の手に  智能犯係の手に  坊さんは手を  郡役所の手で  此河童の手が  髪の毛を分けて手に  唱門師の手に  そつくり広の手へ  桑畑へも手を  壞の手に  プロレタリアートの手で  つぎものの手を  田地を手ば  かすかに震える手から  栄蔵の手から  書生の手で  火鉢にも手を  押え片方の手に  時から手  さまは手に  裁縫をさしていると手が  カイはじぶんの手の  ゲルダの手を  まわりに手を  おっかさんの手の  ゲルダの手と  カイの手だの  小作人の手に  売り手買ひ手の  町内の手で  店で手が  足なげ出しての手  資本家の手に  当局の手の  日刊には手を  細紐を手に  通り学校から手を  坐り白髪を見手を  灰をならす手を  ことであります手は  端々までが手の  フランスに手を  圧制者らの手に  雨傘とを手に  コーンの手を  原稿とを手に  ことを言い出しては聴き手を  楽器にも手を  衆愚の手に  男子の手を  ラファエルの手に  すべてに手が  ピアノに手を  クリストフに手を  燈火を手に  湯を煮たて手に  服をつかんだり手を  確実な手を  労働者自身の手によって  ルーサンの手で  魂の手は  ほかのを手に  躊躇せずに手を  頑丈な手が  私達に笑いかけながら手を  用事を手  裾も手も  躯から手を  アンの手には  仏天青の手を  仏の手を  名医の手に  頬へ手を  アンの手を  中で手に  監獄にまで手を  髯から手を  強盗の手にわたる  少佐にとびついて手を  源一の手に  吾人の手に  婢は手に  チエ子の手を  お父さんが手を  指輪の手で  彼女は輝く手で  女中は手を  あまたの手を  金をかけ手を  腕白少年たちは手を  妻子の手を  公卿の手を  賤妓冶郎が手を  勇美子は手を  西の手から  圧えた手が  袂を持つ手に  のまで手を  膝に着いた手を  滝太郎の手を  団扇持つ手と  団扇持った手を  中へ棄てた手で  畳に着く手も  誰だか手を  滝太が手で  滝太郎の手に  滝太郎の手から  灯を手に  おいらが手にゃ  おいらが手で  私等が手にゃ  滝太郎が手  兼の手を  風呂敷包を手に  硝子盃を手に  塗盆を手に  扇子を手に  馬丁は見たばかりで手にも  顔を赤らめて手を  身体に手なんぞ  女だから手も  道は弱って手を  さうに密と手を  茫然として手を  懐紙は手にも  無意識のごとく手を  肌を納めようとした手を  少年は手を  ポッケットに手を  小鳥を手に  鵯などは手に  三郎の手を  一郎の手を  響が手に  歌が手に  洋杖を持った手に  親切に手を  まま村役場の手に  文学者の手に  小林の手に  船乗りの手に  俺れの手の  マーサーも手  囚人達が手に  瞳の手は  客引きの手を  松本はあわてて手を  中の手へ  先生と手を  爲に手を  顏や手にと  海水を手で  首筋に手を  唇を手で  甲板で手を  ぼくも手を  腹が痛んで来たので手を  明日子は手を  幾らわたしが手を  杉の手を  死骸には手を  寶石でも手に  彼等の手の  長篇に手を  龍介の手を  宗保に手で  者に手を  永年自分の手に  巡査は手を  泥除けに手を  のは手  欄干へ掛けてゐた手に  頸筋へ手を  しるしに手で  茎に手を  石炭運びの手が  死骸は腐って手が  妙ちゃんの手に  足と手と  互の手を  夜明けに手を  腰へと手を  其葉書を手に  書物を手  ものまで手  弟子の手を  紙巻煙草に手を  腕輪の嵌った手を  一芸一能を手に  怪物の手は  微かに手を  自殺の手  亨一は手を  云つて男の手を  屍体には手を  趣味として手の  バタ料理が手に  どこかで手  犬田博士は透かさず手を  犯人が手で  麻酔薬を手に  女の手ばかりが  素人ならば手で  余りといえば手の  冷込んだ手を  年増の手には  方に向って手を  衣兜へ手を  片時も手  料理に手の  秘伝書を手に  親どもに手を  自己流の手  鼓の手が  夫婦は手で  冷いお手  腰を上げ手を  私は引払って手を  うちから手に  救の手が  尼の手に  俳優とが手を  かん子とは手を  奥を手で  生徒は悦んで手を  日光に透きとおってる手を  頑丈な手で  ようにしめつける手を  オリヴィエの手を  お父さんの手は  ジャンナン氏は手を  耳から手を  オリヴィエの凍えた手を  自殺を手  ジャンナン夫人は手に  金入れを手に  仕事を手に  夜旅に冷えた手を  個人教授で手に  他人の手にて  井戸がはに手を  朝夕の手が  エルマは手に  女を掴んだ手が  クラネクの手  エルマを掴んだ手を  ゴーリキイに手を  神窓に手を  屋根に手を  川などが現われて行く手を  患者の手を  お前は攻め手に  民間だけの手に  発展の手を  文芸家の手に  通で手を  優らしく手を  女が来て手を  蝙蝠のごとく手を  一本の手や  女給の手の  私の手なんか  彰子の手の  婦人の手は  西田さんは手を  エタの手に  墨を手に  寺田の手に  これだけは手  相の手を  此方の手をば  役者の手を  客が手を  福助の手が  馬券売に手は  福助君の手と  君福助君の手  落語家の手  芸人の手も  見物人は手を  凱歌をあげるという手を  必死に手に  #自分の手で  不調法の手  ヌーと手が  澤山に手に  息を引き取る迄の手  仕方なく手  其花を手に  次の手に  当り前の手  娘の手による  神の手を  胸と手が  神さんは手を  詩集を手に  野良稼ぎもしないから手は  吃驚して手を  国間謀の手に  破れ目から手を  引金にかけた手を  仲間の手から  ピストルに手を  四本の手を  四本の手と  彼女はひく手を  のを待つより手は  やつはにが手  やつと手には  製糸に手を  女たちは手を  市ノ瀬とが手を  市ノ瀬牧人の手を  口にもつて行く手を  市ノ瀬牧人が手に  上にのせた手を  落武者捜索の手が  捜索の手が  捜索の手も  忠実な描き手と  衷心からの描き手  木村の手  籠なんかを手に  首筋にしがみついてた手を  肩さきへ手を  ものが手と  ピヤノに手を  渠とともに手を  棧敷から手を  役は手も  四人がから手で  友人諸君の手によ  狂言作者の手に  素人の手によ  等々の手が  芸術家の手より  観衆には手は  皮のたるんだ手や  手拭の手を  杉の手に  方へは手が  蔦屋の手で  蔦屋の手へ  馬琴が手を  袈裟自身は手を  とき子も手を  瞼へ手を  兄の手を通して  勤勉な手を  峯子には手に  小太郎の手を  美枝子は手で  川の手を  者の手は  拳闘の手も  本職の手を  結び目に手を  お前さんそれを手に  人かの手によって  温かなる手の  五寸釘が手の  怪物の手に  行成を学んで手を  縫針の手を  名分よりすれば手を  三下奴の手にゃ  名刀を手に  二つの手を以て  与八の手を  乳白色の手で  貴様たちの手に  蔭では手を  櫓の手を  これを手ば  考証に手が  何か手でも  白刃を抜いて手に  奉行も手が  奉行といえども手が  青嵐は手を  杖槍に手を  城主の手を  川ン中に手  片手に持つて居たから手を  片手に持っていたから手を  あいだへ手を  江戸平民の手に  美女結び文を手に  艶書を手に  春信一人の手に  腕を上げ手を  欧米鑑賞家の手に  応用美術品を手に  固有の手  板木師金六の手に  座頭が手に  門人春好春英の手に  羅金鶏らの手に  捷路は手  私が出来るだけの手を  笠神博士の手に  写真版を手に  第三者が手に  脅迫状の送手は  ピストルを取り上げようとした手を  最高峰も手が  玩具屋の手にて  七郎の手に  ざま襟に手を  お盆を手に  盡が手を  賞めて呉れ手の  手は手を  賞めてくれ手の  飛行船は手の  病気を忘れて手を  晴次の手を  一号ぢや手に  全貌が手に  勝負を手を  作者の手を  お婆さんは手を  生理学者の手から  鍵盤に手を  ピアノから手を  権力の手に  貴族的な手を  初めに手を  他方の手で  神経を押えつけて手を  彼女を手  珠数を手に  お爺さんも手を  籠を手から  楽譜に手を  戸口から手が  紐をからんでいる手の  為事をする手を  犠牲に手を  淵から手を  一つ代用食にも手を  悌は手  静代は手を  自己制圧の手の  採集に手を  伽羅を手に  俳諧者流の手に  誰かの手で  彼を手も  変革の手が  彼が手  度ごとに手を  当時鶴見が手に  御用商人の手で  礼服に手を  継母の手を  未亡人の手に  文芸と手を  魔性の手が  取扱に手を  顫える手に  母が手も  骨を折っても手には  喜海の手で  野田さんから手を  助手の手を  ナヂェージダ・フョードロヴナと手を  ナヂェージダと手を  アルバムを手に  自然聴き手も  土地を手に  町も手に  二枝燭台を手にとって  軍隊の手で  彼へ手を  学者連中を手も  奴の手に  ナヂェージダとは手を  彼女自身の手の  自分を抑えようと手で  脇腹や手を  男の冷めたい手に  膝や手に  ラエーフスキイの手は  ラエーフスキイの手に  補祭は手を  ラエーフスキイに手を  ラエーフスキイは手を  補祭の手を  テーブルへ置く手まで  仲介者の手によ  屁理窟で手  さを手に  前に手の  舳に手を  嬢の手を  老女は手もて  構ひ手の  小間使慇懃に手を  猛悪の手は  年取つた人が手を  我々の手では  彼女の手より  愛情の手に  お前の手などに  梅子の手を  梅子の手は  米かしぐ手を  銀子の手を  松本は手を  膝を正して手を  警察の手を以て  伯母御様に手を  冷かな手は  嬢の手に  篠田の手に  底についたらしく手に  気配は手に  巨人の手の  脚や手で  下まで手を  台の手が  づぶぬれの疊へ手を  住民を手  警視庁の手の  職工の手に  植木屋の手が  間を手を  貴方の手が  其一隊は手に  手拭かぶり手に  彼女の手さえ  長火鉢に手も  人間並みに手が  油っ手を  晒し木綿を手に  岡田三郎の手から  釘が手に  頃は手に  箸を持っている手の  永久に手  助の手の  咲の手に  ために手  方に出せずにいる手でも  額を拭きに手を  咲二の手を  らくの手に  あたりを手  空二の手を  酒と聴き手の  しなやかな手とを  偶然の手に  オリヴィエが手を  クリストフが手も  それをつかもうと手を  クリストフの手の  喜びに駆られて手を  グラチアの手を  グラチアは手を  錠に手を  顏を手で  幸福へと導く手に  格子をこじっても手に  俳優の手で  ひとの手と  一に手に  方の手だけで  貴様は手の  処分に手を  青年などの手に  一手は手を  正面を切って逃げ出すという手は  枕許へ手を  角さんも手を  あちらでは手を  山崎の手に  口よりも手の  ものを遊ばして置くという手は  芸術家の手に  肌に手を  家人だけの手で  従来だれも手を  髪を手で  猿が手で  兄に似て手に  日本紀作者の手に  菅諸氏の手に  どこでもつかってくれ手は  ことを思うと手が  オブリアンの手から  師父ブラウンの手が  署の手に  煙草を挟んだ手を  反対に手の  気で手の  耕地で働く手が  虫けらみたいに手で  縁無し帽を手で  敷布とつかい手ね  決議んとき手  鎌を手から  橘は手を  人の支えた手が  流血をしらべようと手で  橘の手によって  基経は手で  江戸中を暴れまわって手が  下手なになひ手では  椀を手にと  台を手で  箸を持つた手と  後姿に手を  ほうでも手を  痛憤の手を  王室の手に  女王の手  エセックスの手から  とおり名誉を手に  土地は手  ベエコン推挙の手を  スパイの手に  エセックス伯の手で  内閣秘書の手を  宗教裁判の手で  仁慈の手もて  すべてイギリスの手に  教会には手を  エドワアド・コオクの手に  部下の手に  政敵に手を  セシルの手に  焦燥を宥める手を  父君の手から  王の手に  状態は手も  女王の手に  サア・クリストファ・ブラウントの手で  こちらは手も  真白のみ手に  彼女自身の手で  群集には手が  特別委員会の手に  司直の手によって  幾通か手に  ロバアト・セシルの手に  手品師の手は  自らの手から  狂暴ぶりには手の  肛門から手を  準備が手  誰一人にも手を  鞣革の手の  忠実に働く手と  銀器に手と  絵筆を手に  夕刊新聞を手に  もので手に  要素の受け継ぎ手の  間にも手  武士が呼んで手を  名人の手からも  源女が手へ  膝つくと手を  あいつに手を  編笠を手に  多四郎は手を  源女を手に  黄金も手に  節立った手で  浪人者と手を  横恋慕の手を  逼った討ち手  土塀へ手を  俺は手も  弟子を手  ヒョイと手を  墨磨る手が  窓掛に手の  窓掛に手を  筆をやめようとしても手は  修正の手が  腕から手への  竿を持つ手に  首や手が  編棒の手を  マックスウェル論文集を手に  物はありませぬから手で  靴などで手を  皸のきれた手によって  賛成の手を  づ我々ばかりの手で  撥条が手に  紙を巻いて手を  動物の手に  人々へ手を  根源にまでは手を  オリヴィエの手から  葡萄を手に  少年の聴き手の  文学に手を  子供を起こそうと手を  涙とを手の  彼らの手を  手紙を受け取りながら手が  クリストフへ手を  顔を見ないで手を  食事には手も  食事に手も  髪や手や  眼はすわっており手は  彼が差し出した手に  獄卒の手に  ザーミの手にも  足を震える手で  口や手で  アンナの手から  瞬間の手に  ブラウンの手の  #われわれの手を  芸術の手に  日本兵が手を  通りの生きている手や  さきに手を  タイチが手を  赤ひげはせはしく手を  船乗りの手を  額髪に手が  絵の描き手に  姉の手だけ  源氏が手で  両方からよりそって手を  木刀を手に  痩せっぽちの手は  公魚を手に  そつと手だけを  理窟ぢや手に  余つ程手  左りへ行くも手を  人夫の手を  板と共に手に  惟光の手から  ほうの手が  人であるかは手の  中を手で  悲しみを救う手は  のか手が  髪が手に  着物を手に  批評家がいては手が  交渉に手が  手紙を手から  老人の手で  僅かに手を  思つて八本の手で  楽音に舞い手の  女御は舞い手の  青海波の舞い手が  絶妙な舞い手に  細かな手までも  様子であったから手が  ほうを手で  沓も手で  典侍は手で  直衣だけを手で  他人の手が  毛布に手を  大勢の手で  肱や手を  几帳越しに手を  御苦労とも言い手が  からだを振り動かしながら手を  風の音が手に  民の手  娘らしい手  百姓らしい手を  牛行司の手に  著書を手に  材料も手に  寿平次は手を  一をも手に  ものなぞを手に  七郎左衛門は手に  一切寛斎の手に  一切西洋人の手を  警戒の手を  弓張提灯を手に  寛斎の手を  寛斎の手に  外国商人の手に  杖なぞを手に  子供らしい手を  ものは手が  京都所司代の手を  人足でも手が  幕府の手で  取り扱いにさえ手に  不自由な手を  内閣の手で  正香は手に  合羽へ手を  異人の手を  京都便りを手に  治療に手を  病が起こってからは手が  礑と手を  時右の手の  海図を手に  幕府の手に  政府の手に  褄先を手で  裾を手に  源氏の手に  紙を手で  源氏の手の  報復の手の  源氏の手を  ような手も  だれも雇い手の  太后の手を  姫君が手を  紫夫人の手へ  額髪を手で  土木工事は手を  象に手を  揚屋に入れて手  唐商売なんぞに手を  唐人づれの手に  唐人めらの手に  三条は手を  実父の手から  世話に手が  六条院へ舞い手は  頭にかぶっている舞い手が  公子たちが舞い手の  左に集まって行く舞い手の  殿上役人が手に  源氏は手に  玉鬘の手を  浄瑠璃本まで手を  薄葉を手に  路考の手を  玉鬘は手を  声を手で  筒を手で  頭脳と手によって  国家社会の手に  国あらそいをさけ手を  時は手の  火入れを手に  愛撫の手が  尚侍の手へ  人か手に  足を手と  字が手には  ヒルミ夫人の手によって  台本を手に  問題で手を  ものは残らず手を  咎むなよ忍びにしぼる手も  八重は手を  櫺子に手を  抱擁めた手を  天井が手の  強健な手が  独学者らの手に  顔と手と  穏やかな手に  らついた手と  眼と手とを  婦人たちの手に  手と手との  娘の手へ  公正なる手が  親愛な手  書物をもってる手を  上など手の  未来とが手を  一時私に手を  翻訳がかれの手から  訳書を手に  潔白な負い手として  職業的背景画家の手に  演出に手を  人の手によ  舞台芸術家の手に  天才名匠の手に  何人かの手によ  演劇研究者と手を  教育者の手だけで  担ひ手を  裁縫も手に  院は手に  残りを手に  民衆の手によ  王自らの手で  政府の手によ  力のある手を  岩田一人の手に  現代作家の手に  興行者の手によ  皆他の手に  一座退りて手を  医療の手にて  振舞の手に  劇団の手によ  芝居に手を  修繕にのみ手が  名古屋県の手を  領主の手に  総代の手を  石碑銅像には手も  召喚状を手に  尾州藩の手を  集注を手に  袂をつかむ手は  位置で手に  そばには手で  企てに手を  西洋人から手に  前にも手を  あれも手は  作家の手に  汚辱の手を  而も取られし手を  まま彼女の手から  私の手にも  かんを手に  銭を手に  上等品を手に  ちの投機事業に手を  伸をした手で  鳥打に手を  洋傘の手を  花籠の手に  やうに手が  懷中へ手を  方が手で  飛乘らうとした手が  和本屋で手に  仲買人の手から  味噌漉を手に  誰とやらの手で  気になって手を  夫人は手に  お嬢さんは手を  物を取ろうとして手を  左の手にだけ  血のしたたっている手を  キネマへ手を  衛門督は手で  形見と手  人の手を通じて  自身で手を  神人の手に  殿上人たちの舞い手も  宮は手も  用意してあった舞い手と  山岸中尉が手に  つもりで手をと  目隠しをさせ手を  赤貝に手を  旅先で手に  己れの手の  衛門督は手が  あまり自身の手でも  婿君たちの手で  大将は手に  横笛を手に  私自身の手で  鉄槌を手に  フチへ手を  ギクッとすると手が  撫で肩へ手を  皮ばかりに痩せた手を  いっぽうの手の  巧みに追いついて手で  それらを手に  女房たちも手の  鉄の手  返事だけは手に  大和守一人の手で  少将は手を  三四人で手と  樹は手の  自身の手では  宮は手を  垂れ絹を手で  清人の手に  愛の手を  袖などを手で  救いの手も  膝についた手の  見返り見返りしながら手を  敷居の手を  燈籠を手に  三人とも手を  ときも手を  余が手に  衆人中一人くらいは手を  識らず手の  動揺するは手の  前端相合するは手の  作用を手の  周囲にて手を  参詣人の手の  塵毛の手に  天にむかい手を  熊の手にて  葦原醜男の手に  男たちはよろこんで手を  作の手に  従者の手には  木札を執ろうとしたが手が  女も恐れて手の  公達は譲り合って手を  哀れとて手を  手紙も手に  歴史小説に手を  九月から手が  これが手に  ホーランド男の手を  器械を手に  クルークスの手により  数人が手を  机と手との  誰れなりと手に  チンダルの手を  ようにならせるしか手が  先人の手に  耳朶に手を  肉身の手にかけて  角さんの手に  百蔵の手から  代官の手が  百の手から  山科屋敷が手に  舞子の手に  神様の手に  雛妓隊が手に  持扱う手も  奴には手が  火を入れる手の  確実に手に  ロシヤと手を  一隊が手に  数十人の手に  近藤一派の手に  場合にも手に  近藤勇方の手によって  近藤の手  新撰組のおびきの手と  活劇を手に  野郎の手を  二人の手に  福松の手に  淫婦の手に  行手に手を  中に入って手を  笠を手に  鐚の手から  油断している手から  当り屋とまで手を  嫁のくれ手が  セヌト脇差ヘ手ヲ  撥を手で  自分の手だけで  三人ともに手を  奇数の手を  三方より手を  衆人中一人ぐらいは手を  発現して手の  歩行をいたさんと思って手を  自然に手の  目に手に  身寄りも助け手も  数珠を手へ  料理場で手  頬を撫でた手を  蛇目傘に手を  扇子を手で  袖の手の  老人の手によ  光陰の手も  美人の手に  いずれも手の  実をもぎ取る手に  阿闍梨の手で  黒髪を手で  袖から手を  薫の手で  懐中にも手にも  おばあさんの手だけで  それへは手を  おばあさんの手に  誰か一人がふいと手に  みんなに手を  碁石なんぞを手に  たかちゃんの手を  充分に描き手を  私一人だけでは手に  手と手と  小使の手で  梱越しに手を  敏を手  所までは手を  僕の手へ  薫は折って手に  琵琶の手を  楽器に手を  燭を手に  手拭を持つた手を  奴は手に  先生達が手を  団体から手を  出しぬけに手の  貰つてくれ手なんか  肩を掴んでゐた手を  空鑵が手から  居間から手  づめてやらうとして美緒の手を  脈を見てゐた手で  介添人が上げてゐる手を  見事さに手を  つておきの手を  其宗徒の手に  切利支丹宗徒の手にな  俺の手は  #みたいな手  参木の手を  甲谷はいって手を  山口はいって手を  ロシアの手が  和して手を  身体に手が  宮子に手を  鏡面へ手を  彼は握られた手を  金塊相場に手を  入口から手を  英国銀行の手に  参木の手から  挽粉で手を  たちの手で  支那軍閥の手の  中国人の手で  ロシア人の手を  母一人の手で  フィルゼルは手を  フィルゼルの手を  フィルゼルの手から  指さきに手を  外人の手で  後から湧き上って来る手に  右手へ手を  宮子は手を  山口は手を  傍へよっていって手を  ソヴェートの手が  パンが手に  オルガの手が  杉に手を  杉の手の  骨を叩く手を  曲ものの手を  兇器が手を  曲者の手を  ハタと手を  道の手に  魂とともに手を  法の手の  援助協力の手を  私などが手を  世話に手を  自身の手  思召して手を  誰も手  原稿に手を  私共の手にかけて  神学までも手を  靴に手を  腹の中に手を  梁から釣り下げられて手の  誰やら手を  隠しへ手を  フリント君が手の  フリント君の手を  猪口を持った手を  猪口の手を  自身の手へ  宝石にまで手が  ふく子の手を  頭から手から  これさえ手に  ベシイでさえ手を  良人ヘンリイ・ウイリアムズの手に  二千五百ポンドに手を  ネイルが手を  さんの手に  安田氏の手にわ  八百屋お七の手  山崎美成の手に  今平八郎さんの手から  餞別に手  纏頭にまで手が  今彼女の手に  大将の手へ  周一の手から  健ちやんの手に  春子夫人の手で  以後歴史物に手を  重吉の手と  つり革へ手の  ボタンをとめてからでは手を  重吉の手を  人に手  六斤の手の  六斤の手を  安部の手を  知世子の手に  みなフォークの手を  安部の手に  爆弾だけでは手に  寝相までが手に  同様に手に  素朴でありながら手の  泥のついた手を  端を手で  女郎花を手に  縫開けから手で  鋏の手を  私も手  善女の手に  辰の手を  其他には手も  周章狼狽一生懸命刀は手を  事方様の手に  辰と共に手を  鷹を見付けてははねあがって手を  虔十は手を  鏝をかける手を  夜中にも係らず喚き散らすので手に  追及の手が  者の手には  非常に手を  物好に手を  分明と手に  子の手に  構ひ手が  自然児の手に  顔を手に  イヨイヨもって手が  吊革に手を  糊壺を手に  もんは手に  工藤の手を  何分にも手が  それに手は  丈伸をするほど手を  切符は手の  皮手袋をはめた手の  足首を手で  ナイフとを手に  道夫の手に  怪紳士の手から  官たちの手によって  しなやかな手が  表紙を手に  雪子学士の手に  十人ぐらいの手が  幽霊の手に  課長の手で  課長の手によって  女幽霊が手を  雪子は手を  身体は手に  道夫さんの手に  雪子の手と  雪子の手が  雪子の手を  雪子に手を  笹村の仮した手に  術なげに手を  縁側に出て手を  拭き掃除の手を  カメラ持つ手が  ジユリエツトの手を  幹を手で  あちこちから手が  コーヒーも手に  傍に手  環を手に  片附ける手を  髪を梳り手を  朝戸出の手  君が手  木島家までも手を  碁石を手に  時も手から  糠漬を出そうと手を  私たちも手に  探求検索の手を  デエモンも手の  腰へ当てた手に  十二三でなければ手に  得を切る手も  汽車にゆられて手を  者どもが手を  何の手をも  北町奉行の手に  長吉は手を  話し手も聴き手も  時に手が  話に聴き手は  一寸と手で  蔓を手に  椽先まで手を  んも読み返して手を  科学者の手によって  朝飯に手を  腕時計をしてゐる手を  腕時計を手にと  勤労者の手に  王女が手に  嘉ッコの手から  父伯爵の手から  伯爵は手に  汝らの手  道度が手に  道度の手から  枕を手に  心配そうに手を  慶の手の  金づちをもった手を  王さまは手を  流星拐の手  外国人が手を  開明派の手で  枕とし手を  少佐殿の手を  押領の手を  俘囚の手に  圧迫の手は  頼朝の手を  捜索の手から  気違ひには手が  お前さんの手に  王成の手に  円朝物に手を  現在俺の手に  此男を手に  太陽は手や  成程手も  渠奴等の手に  日傭兵の手に  国手は手を  家の手  字引を手に  ことまでには手が  あちらこちらに手を  皆自分の手で  小刀で手を  松村辰次郎の手に  詩はまき散らす手  軍人の手を  神を手  王の手にと  王女の手を  癩病人は手を  あなたたちの手は  フェルムは手を  フェルムの手を  バルビさんの手から  役人共の手に  誰やらの手が  主人バルヂピエロの手で  此人の手に  拾ひ上げて手  紳士は手に  ハエは手で  タクミの手は  着物をきて手に  馬は手に  オレの手は  タクミの手じゃ  屋根から突き落されて手と  言葉で手に  頭上に手を  一ツを手に  ホコラに手を  さく馴れた手までが  検査ハンマーを振る手を  横瀬の手に  わしの手が  自分達が手を  とき私の手を  善蔵氏は手を  脚を踏み手を  乱暴は手が  何の手の  水筒にも手が  品夫の手から  宗教家の手を  檀那寺を手  鐵砲は手から  天まで手が  今晩の手  王子たちに手を  陽子の手を  ダイヤなんかに手を  世界の住み手  海人は思はず手を  他日原本を手に  首を洗っていた手も  篠の手に  下に立って手を  別の手が  篠を手に  節くれ立つた手で  金包に手を  ふた親の手に  雪伯母の手に  はんの手に  妾の手の  恋人にでも手を  壁などに手を  幾度も手の  熱心に手を  顔さへ見れば手を  ことしか手を  ペンを握る手は  水に向って手を  流勢が勝って手に  哲学自身の手を  連帯性の手を  大衆の手に  新派俳優の手に  資料を手の  救ひの手を  英国人の手によ  発生して手の  薬も手に  支那人の手に  共産党と手を  外国人の手によ  耳を塞ぐかするより手は  班長に手  日本軍の手によ  日本と手を  五円しか手には  足を伸したり手を  手切金を出して手を  本も手に  一着に手を  石突きに手が  怪物の手の  火箸が手に  ナイフに手を  大将の手から  死人の手を  水草で手を  茶色に光る手の  殺人者の手じゃ  びれの手の  びれの手を  男でも手が  けいさんは手も  スリッパを縫う手を  手前も手  連中の手  丸で手が  華奢な手の  煙客翁は手に  何時迄も手に  女の手ばかりの  日焼けした手や  側に手を  皆は手と  一文字を手に  小作料が手に  女達の手を  ものさ手ば  壁へ手で  佐々爺が手に  上ワ手  孫娘に手を  一小作人の手に  組合員の手から  農民組合の手から  農民は手を  子供を持つて育てるに手は  私の手より  兩親の手で  歸つて呉れとて手を  西施と手を  戸袋に手を  洋杖を手に  パンパンと手を  角親方の手から  お株にまで手を  三十六の手が  いま一方だけの手を  小粒を握った手を  反間の手を  者は手が  堂上公卿が得たりとばかり手を  妙に手を  おしろいの手を  暴女王の手に  駒井の手に  修繕の手を  銭拾いの手を  さまにて手を  あたりを手を  旗の手  徳川の手で  数珠さえも手に  枕に手を  帳面を手に  祈祷医療に手を  延岡のつき出してゐる手の  僕が手を  馬鹿騒が手に  間などの手  活字を手に  きり誰も手も  愕然として思はず手に  妾が手も  哀訴の手を  皆で手  僕等はから手  海中に投げこまれた手を  なに物も手を  永遠に離れる手を  人と手と  後ろと手を  打つ手破れ口をふさぐ手は  人類の手を  翁は手を  旅人の手に  鯛が手に  場を塞がれて手を  意地悪い痩せこけて骨張った手が  伍長の手へ  良兼は手を  常陸介藤原維幾の手から  #長の手を  氏長の手を  女を打とうと手を  人々は手んでに  船に手を  太刀を持つ手を  それをとって手で  ヒトミが手を  ヒトミと手を  博士に手を  おいで下すって手を  ヒトミの手を  大人にも手  大人の手を  子供たちの手  興行資本の手で  演劇と手を  部分を浮き出させる手を  子供が手を  劇作に手を  高雄は手  高雄港を手として  家を手  老酒が手に  頭を振り手を  海軍の手で  まま猪口を手に  料理に手を  諸方に手が  字を馴れた手で  発見されて手が  タンテイたるもの手の  そッくりハチマキさせるという手は  素人にも手が  そばへ手を  男は手で  鮭を手で  硝子戸へ手を  右肩に手を  ように晒された手を  草さえあると手で  高木青年が手を  リイの手を  蔵書にも手を  菊千代の手を  フォオクの手を  氏の手によ  乃公の手は  ピストルを持つ手を  本当の手よりも  血の染んだ手が  乃公は手にかけて  ピストルを握った手を  八蔵へ手を  千斎は手を  束へ手を  懐剣持つ手を  目もなければ手も  猫が手を  彼此初老に手の  押へてゐた手の  初老に手の  喉を押えていた手の  石一つ採って手で  金剛杖を手に  鐘を撫ぜた手が  物でなく手に  金色の手を  蜈蚣は手  蜈の手を  小間使の手にも  己れに手  威光でも手の  夜店で手に  口をそそぎ手が  嚢を手に  温度は手が  多くは手も  憲一の手を  少女の手には  唯一人の聴き手として  熱心な聴き手と  際休むといふ手は  すべて夫の手を  此の手  土地とを手  僕たちが手を  此の手で  夫の手で  壺に手を  帽子は手に  変に手  師匠さんの手に  植木家の手に  一つの手は  汚れたる手を  本間久雄氏の手  らいてう氏の手に  円盾を手で  頭を手に  樹枝に坐して手を  砕片を手に  漬物に手を  新米を手に  海老を手に  清江はかじかんだ手を  八方から延び出る手で  ひとり火鉢に手を  深みに手を  暗闇で打ち合わす手は  勝利のうたい手として  世界の描き手と  婦人の手で  歌妓がさす手  方針に由って手を  マッチが手に  信吉の手を  信吉の手は  肩にのせていた手を  肩にのせた手を  冴子の手に  冴子の手から  レナール夫人の手を  人よりか手や  二時になって手が  背中を抱いた手に  途端に手が  国民の手には  在郷軍人の手に  官庁の手に  国営企業家の手によって  法案とでもって手に  農業金融資本家の手の  児小弁は手  誰も気が付かぬか手を  よう施術せずに手  霧積温泉に泊る手も  支配人が手  芸術家の手を  両方からのばした手の  こちらを見つけて手を  桃子も手を  久江は手を  久江が思はず手を  兩の手を  つて英語を手ほど  イツデモ門外漢の手に  膝に押し付け手で  限り介抱に手を  鈴の手を  アンジャニ女の手に  猴の手を  諸国で手の  亀の手から  町奉行の手が  最後の手も  市十郎の手  迅速な手に  久助の手から  美少年の手へ  早めに手に  駕籠屋溜りへ手を  唇へ手を  胃へ手を  傷負いの手を  奉行所も手に  お上も手を  燕の手の  蔭に手を  燕の手へ  大亀の手で  金蔵絵図を手に  公事訴訟の手  お次の手に  私娼整理などに手を  勘蔵の手の  お次さんの手から  南の手で  辰は手を  鋸の手を  脇差を手に  捕縄に手を  越前守も手を  楽翁の手を  越前守の手を  勘蔵の手を  島の手を  袖の手を  六尺棒を手に  そちたちの手に  おかあさんやぎと手を  ひょうしに手の  章は手に  お嬢さんの手  二人の手には  肉に手を  銭を払おうといっても手を  さんの手は  さんの手や  #達の手と  足や手を  私達の手に  手を揚げようとすれば手が  白河半平も手を  すり合わせる手も  一心不乱に手を  ツル子に手を  菊松の手を  お前の手でも  これには手が  面々に手を  ネションベンジジイを待ってる手が  伝統は手の  神道は手の  職業は手の  女中などは手の  マニ教をたぶらかす手が  才蔵の手を  一筋縄では手に  頭上で手を  魂をぬく手  クビに手を  起死回生の手を  事業を手に  事業一切神の手に  半平の手を  テーブルを手で  不具になった手を  彎刀を手に  杖を持っている手の  私を掴んでいる手を  咽喉へ手を  己たちぁダブルーン金貨を手に  乗組員を手に  周旋で手に  安価で手に  叛逆の手に  乾葡萄を手に  時ジョンは手を  謀叛人どもの手に  二本の手で  悪者どもの手に  漕手は手を  地主の手を  宝を手に  だれか手を  防禦者の手に  それを掴んでいた手が  切先を手に  どちらの手にも  横静索を掴んでいる手を  海賊どもの手から  宝は手に  シルヴァーに手から  海図は手から  両方とも手に  間彼等の手から  私たちが手に  私には手に  右から手を  番頭奥野将監と手を  何人も抱え手が  町奉行の手にでも  奥で手の  神崎の手で  安兵衛は手に  吉田忠左衛門の手に  忠左衛門の手に  最近研師の手に  わたしを手に  やみやみと手に  大石殿の手に  主税どのの手に  なんでも手に  小説を手に  養女に手を  平民の手に  富永仲基の如きも手  定跡が手  織田の手の  原料が手には  弓矢持つべき手に  青侍廊下に手を  從手に手を  刀持つ手に  ポケツトへ手を  キエの手を  此方の手を  光子は手を  毎月自分達の手で  思つて更めて手に  方のみ見やりて手を  訖りて手を  昔趙人藺相如が手に  金を受け取ろうと手を  愕いて手を  蚊帳は手に  刀持った手を  持ち主の手に  堀口大学氏の手に  こればかりは手  #姉の手にという  田口君の手に  學生の手に  これも手の  人間性のひきつぎ手として  努力のうけつぎ手として  旗手の手から  おばあさんは手に  母親が手  さへ手が  巡査の手をば  鰐口ならして手を  頭に手は  赤土道に手を  男衆の手を  たこかいの手を  間より手に  子を手の  姫を手に  翁も手の  水を汲む手を  薬鑵に手を  切炭を手に  肩にも生え手にも  席亭の手が  源次郎に手は  皮ばかりな手を  キュッと手で  調査の手の  狂乱に手を  縛された手を  柔らかな手もて  何を触れた手で  尊者の手の  二人ながら手も  麦の打ち手と  歯と手は  髪と手は  英太郎の手から  小泉に手を  小泉が手に  四人の手で  文鎮を手に  戸から手を  平八郎の手には  堀の手は  率ゐた手が  渡つた瀬田の手とが  跡部の手は  跡部の手と  奉行の手には  跡部の手が  跡部の手に  船頭の手に  其外淀の手が  高槻の手が  犬塚の手で  五郎兵衛が手  徳川氏の手に  近藤夫人の手から  ラケットを持つ手を  大島を手に  警察で手に  一疋像の手に  手近に手に  顏も手も  喜太夫の手から  家康と手を  餘念なかりし手を  珍らしいと手を  天利とて手に  本人うわの空に聞流して手に  恩に着まするとて手を  昵近者の手で  速記を手に  法権は手を  政府の手は  頭と手とで  足下の手に  倚り手を  綸に手を  骨にて手を  玉網を手に  綸を手に  肩に手  漁史の手を  ペンの手は  バラの手が  六本の手を  ペン公の手を  テレビ受影機をとおして手に  女大臣の手を  人の手では  女性を手に  ミルキ閣下は手を  手は手  ヂャブヂャブと手を  上衣へ手を通して  なかなか買ひ手が  買ひ手を  結局駄夫の手で  玄也の手を  駄夫の手を  フィヒテの手によって  イボイボの付いた手を  松竹合名社の手で  竿が手に  自然に差し延ばした手の  一足あったので手に  サッちゃんの手が  どこから現れたか手と  水中から手を  往来が手に  酒が手には  背部を手で  小説家の手で  表現に手を  文体に手を  何といふ手の  顔を見ると手を  往復ともに手を  総て社員の手から  雑誌編輯の手を  絵を手にとって  ものごとが手に  父にねだって手に  錦子の手を  石炭も手に  吉備彦は急いで手で  家斉公は手を  引き戸へ手を  時老人は手を  床の間へ上ると手を  紋太郎は手を  縄梯子へ手を  塀頭へ手が  風貌と手  紋太郎の手を  耳にばかり手  一人の手から  二三人が手を  十の手を  犬殺しの手に  三次が手を  毛皮を手に  三次の手には  棍棒へ手を  おかあさんの手で  紫色にこごえた手を  ザラを手に  コーヒー茶わんに手を  ジョウが手を  ジョウの手を  ローレンスさんの手を  食事のむかえに来るまで手を  メグは手を  ベルが手を  針仕事の手を  カナリヤを手の  台所は手の  みんなの手から  マーチ婦人の手を  元気で手を  ぶんの手で  エミイの手に  おかあさんが手を  ローリイさんの手を  ジョウは手を  メグの手を  勤勉な手  ローリイの手を  ベスの手を  僕は手も  影たちの手には  吉良の手によって  見事に手が  吉良の手  吉良に手を  此奴に手を  東京市場で手に  梶田さん一人の手には  次男の手に  生活や手に  づぬべき葡萄つむ手に  胸にあてがっていた手を  ぶんの手から  一人もらひ手が  片方の手にと  萬年青に手を  助役は手を  伊之助は手を  議案に手を  一人も手を  踊の手を  ものは手で  箒を手ん  全部衣裳方の手に  役者の手で  襲撃に手を  まきの手を  赤インクのついている手で  方面委員の手で  おんぶした手に  近くへ手を  一つ二つミツ子の手に  文は手を  代り手箱を手に  紫錦からは手を  繃帯を手で  錦は手を  幾度か手を  花の手から  親方が手に  福の神を手に  古道具屋の手に  勝頼の手で  女中の手も  賭場へ手が  一度でも手に  こっちの殴った手へ  菊の手を  易々と手に  大橋氏の手に  次へと手を  姉ちゃんが手を  信子は手に  信子は手で  ジャケツに手を  ヴアイオリンを手に  洋封筒を手に  画帳には手も  ソノ子と手に  劇薬を手に  山本の手は  大川の手も  賊の手から  大川の手を  引金に手が  芽を手に  陶が出てきて手を  舷から手に  今は手が  合戦の手に  袴を穿いて手には  忠直卿の手を  大御所から手を  今日真槍を手に  稽古槍を手に  半弓を手に  袴を捕えた手を  忠直卿は手に  与四郎の手を  間に手に  笛をとる手は  なん心のみかは手も  目に入るを手に  声調ひく手も  夏の手にも  隱者たちの手に  拙劣な手で  セツセツと手の  照子の手を  ころの手に  十六角豆の手も  しわだらけに手も  ときから手に  希ひ手を  母の手は  がれは居ながらも手を  目はかすんで手も  三四年前には手も  魚も手には  政党に手を  チャント若宮の手で  此の際三十万ばかりかけて手を  須永の手を  ベロンと手の  ガタガタと手が  柳子の手を  銃剣を手から  袋戸に手を  モモコの手から  舟木の手を  わきの下へ手を  モモコの手を  総立ちになって手を  私足下に手を  頸より手を  キューを手に  吉の手から  腋の下へ手を  あれで手に  こいつには手を  婿に手を  次郎が手を  君枝の手を  技師の手で  鶴嘴を手から  看護夫も手を  殺人者の手によって  兇器の手に  偶然よそから手に  保護者の手から  翻訳に手を  さが手を  娘の手にじゃが  小説をかき出した手  飛躍に手を  友人たちの手によっては  寸刻も手を  二人きりでは手を  とき二人は手が  狡滑な手に  不安と手に  根幹へ手を  奥様の手から  汝の手で  私どもの手から  親切なる手に  騒ぎは手に  用ひては手を  本を持つた手と共に  真ん中において手を  夫君に手  人民それ自身の手で  粉が手には  製造者の手で  本木を手に  どれ繪本を呉れてあげるからと手を  敏雄の手を  圭一郎の手を  寢言が手に  針持つ手を  ひとの手にも  体躯には触らせまいとして手を  道具を置くと手も  鶉が手に  三十に手の  反物を手に  絶望の手を  猪口を手から  青柳の手に  増の手を  人にくれて手を  増の手に  静子の手を  大分兄の手で  不時に手に  増の手と  体から手を  物知りの手によって  用事の手を  浅井の手を  今西龍君等の手によ  雑誌が手に  話に手を  従業員の手で  社長の手から  松浦は手を  山姥の手に  もどきの手といふ  島袋君等の手で  塩浜に手を  常の手に  幸衛門の手から  叔父の出す手を  舌のもつれ手の  吉本への手  僕等には手が  童の手より  青年が手は  乙女の手を  七重にも手もて  有司の手を  闘いを手  オールを手  松竹王国の手を  人々も手の  六七人で手を  グレコの手を  植村道治君の手により  すべて土民の手によって  通俗哲学者メンデルスゾーンの手に  少年時代にまで手が  三子の手に  門人たちの手に  何うかせねば拾ってくれ手が  大変綺麗な手を  一度は手を  何処から手の  頭部に手を  何事にも手に  時は手で  腰元を手  身には手も  小作人の手を  ぎくっとして手を  いちどは手の  いくつも手が  浜役人の手に  無理やりに手を  彼れほど利く手を  此肩の手を  何物かの手に  私は思はず手に  ベルタの手を  算盤を手に  天文方の手で  ようにと手で  実行しようとしても手も  一挙に手に  山口さんと言う手も  事でふさぐと言う手は  二人を手で  中途にして逃げると言う手が  ゲッソリして手を  どこへ行っても使ってくれ手は  処へ入って行くなんて手は  場末へ手を  学課も手に  女ごとに手を  銀子も手を  入院の手  一石二鳥の手も  周旋屋の手に  監視の手が  賭事にも手を  顔に圧されていた手を  銀子の手に  このごろ仕事が手に  撥をもった手に  空取引の手を  ひびの切れた手を  禁治産という手も  車夫の手に  苦肉の策を用いる手も  主人の手へ  それを引きとめる手も  食べ物に手を  叭を手で  五人の梳手を  感謝の手をば  蝶は掴んでいた手を  脇指に手を  狂はしく手に  ふき手に手に  きみらは手に  介抱の手を  救ひ手を  深みを手を  我等の手を  フロラの手の  フロラと手を  私の手を通して  耳に手に  別な手で  凡ては手の  之が手の  時奥で手の  秋山の手から  婢が手を  唐の手を  宋公の手を  露で手の  嘉門次に手を  彼は震える手で  ように手が  衣服を着て手に  今己が手に  #傘を持ってる手の  上から手は  弾奏の手が  鼓村も弾く手を  箏に手を  宮城氏の手を  どっちかといえば手の  横浜開港時に手に  家に手を  小母さんが手を  悪魔の手にの  子供等が手を  交通巡査の手が  窓に手に  それぞれ父の手に  肱を張って手を  射撃の手を  薩軍の手に  土間へ手を  數に手を  入場券を手に  本を取り上げてみたが手に  自身の手を  最終のは手の  鍔へ手を  おとうさんの手に  ヨハンネスに手を  剱を手に  ひとつの手に  職長が手を  蟻が手に  中の手が  後から手を  河田の手で  我々は手を  女工の手によって  機械から手を  平中の手は  柔かな女の手に  女にでも手を  外套を手に  作業台に手が  奴等の手  事件が手に  支那人の手によって  同類として引き込みに手を  褂児へ手を  支那人を手  最近中津から手に  陳の手で  ブローニングに手を  日本軍でも手が  軸列機を動かす手を  小山の骨ばった手に  連中と手を  チャンピーと手を  支那から手を  死にものぐるいの手と  ロシア毛布を手に  飯をよごれた手に  俺れの手は  状態が手に  踏み台にせられて手や  素振りで手を  戯曲を書き得るものの手によ  康雄が手に  掻拂ふ手を  我我凡人の手の  三味ひく手を  店から手を  自分たち女性自身の描き手としての  私たちの手が  女子の手で  立上った手や  捕縛する手という  妻子の手  国家の手では  官制農業会の手を  政府のうつべき手は  可憐な手を  えんぴつを手に  ぎれてたゞよふ手から手へ  逢ひませうと手を  しまつて仕事が手に  坪兄に手が  親しみの手を  感情とが手を  手代の手によって  ポンとばかりに手を  作品集を手に  さを堪えて手を  姿がちらつき手に  といつて驚いて出した手を  友の手から  一級二級ぐらいの打ち手は  山道を手を  まん丸にして手を  豚吉の手を  豚吉は手を  無茶先生の手に  みんなそれに合わせて手を  中で手は  ヒョロ子の手や  金を受け取らずに手を  爺さんは手を  誰も構い手が  買ひ手の  蠍の手が  童子たちに手を  リビングストンの手に  父が手  知つた者は手を  豊吉も手を  藤野さんは手を  私だけ手を  藤野さんも手を  誇りかに手を  豐吉も手を  ごろに手を  甲板を歩き回って行く手の  空皿をもつた手で  抽出しに手を  ぺらな本を手に  ノツブに手を  底から手を  叫けんで手を  これを数える手は  空皿をもった手で  殊勝に組み合わせた手で  祠前に手を  扇などひらめかす手の  父上の手にも  荊で手を  幸吉の手に  みんな仕事に手が  私のかじかんだ手は  馬から手を  良人も手を  良人の手にも  やうに手や  お節の手を  娘らしい手で  文ちやんの手を  お父さんの手から  懐へ手などを  前へ手に  子供等の手を  船長が手に  キューネの手が  ナエーアの手を  赤子の手の  文芸春秋社の手に  職業劇団と手を  取り締まりに手を  農家の手に  追っ手の手も  玉汗の手に  爐に手を  雑煮をこしらえるのに手  曾根崎心中に手が  声も澄渡って手に  旦那さまは手も  コジらして手で  経済警察の手で  アタラ名優由利さんも手も  兩親の手ばかり  彼等たちの手に  周次の手を  植木屋の手に  人浚いの手に  他人様の手に  泥に汚れた手で  空を仰いで手を  公高の手に  背部へ手を  女一人の手では  指輪も手に  王さまの手から  突棒を手に  針に手を  方面へ手を  西洋菓子に手を  一般小売人が手を  仕事などは手に  魚を掴んでゐた手を  魚と手を  つて仕事が手に  天女の手に  握り飯を手から  そく四方八方へ手  んも冷めたい手で  土を掘れと手  騎士の手に  たくさんの手の  眼から手を  飼主が手に  子供達が手を  争つてトロちやんの手に  胸に手をを  短剣を手に  泥だらけの手  窓べりを手で  から口を手で  立派な手は  ミットみたいな手を  #私の手の  貿易などに手を  あすこにでも有ったら手に  足に手で  セメント山なぞに手を  これ以外に拵える手は  一大資産を手に  百本杭まで手に  鮎子ちやんの手を  現地機関の手が  外務省の手で  民衆と手を  ちの女の子の手を  私を手に  まひには手に  株券などに手を  探偵小説を手に  ものなどは手に  赤飯に手を  日本の手に  ここまでは手が  性格はなどと手に  飯に手が  右翼学生の手で  軍閥の手に  相撲部に手を  夜ラムプを手に  眞實形に出して手を  友人の手によ  君の手  同君の手により  本屋の手に  爲事は手に  自分自身の手  握飯にも手を  浪打際に降りて手を  矢張粟田爺さんの手  しりに手を  しゃくに手を  小金をためる手も  三重にかさねる手を  われもと手を  寒風が吹きつのって手や  大悟法利雄君の手  幸福と手を  核を手に  景色は手に  おかあさんの手を  のどから手の  督促の手を  兇器を手に  裏木戸に手を  友木の手は  短刀を持った手を  基康の手から  俊寛の手に  俊寛の手から  卓上の手は  云つた己の手からは  わたしが負けると手に  げに手から  藻とは手を  ひとたばずつ手に  千枝松は掴んだ手に  鉈を手に  藻の手を  千枝松の手を  千枝松も手に  料紙を手に  それは手も  あらぶる手を  頼長のゆく手を  あっぱれ自分の手に  床へ手を  無言で手を  雅の手に  まま彼の手に  藻を手の  生贄を手に  僧の手は  唐団扇の手を  頼長も手に  荒法師も手を  玉藻のゆく手を  千枝太郎は手を  烏帽子のあつらえ手は  懐ろ刀に手を  玉藻の手を  彼らの手には  からすみまで手を  みんな静まりかえって手ばかり  其処の住み手を  草川巡査は手に  鶴木検事の手が  中で汗ばんだ手を  佛譯を手に  作者の手から  ばたりとばけつを手から  検挙する手  金持ち候補でなければ手が  命にかけても手は  石鹸箱に手を  盛つたものを手に  ヒビ割れた手を  白墨を持つた手を  半玉は手に  頭蓋骨を外して手で  カーテンを手で  最初の手を  俺の手の  立像を持つてゐた手を  繩工場で手を  暗がりの手に  時老人は手に  蛸氏は手に  紙風船を手で  紙風船を手に  新聞記者の手は  青龍刀を手に  きみが手に  皿はすべりてみ手に  輝やく手を  んとす手は  さし延べている手を  肝心の手の  書物が手に  雀右衛門の手は  私などの手には  愉快に手を  栗野博士が振返って手を  襟首へ手を  脇の下に手を  温柔しく手を  一作に手を  なんびとかの手に  これも手ば  骨ばつた夫の手を  歌ひ手として  需要者の手に  急性肺炎の手  大庭常子とは手を  大庭常子の手を  之介の手に  ぐるりの手  祖父は手を  空へ手を  主人の手は  主人の手を  極上という手  身くむ手  扇もつ手の  ふたりゆく手に  碑石に手を  己の手では  渋紙包に手を  引抽に手を  高の手が  主婦の手の  高の手に  首ったまに手が  巳の支えていた手に  額にやっていた手に  足にやっていた手を  広義は手を  少女の手が  #双方の手に  巳の手は  瓦盃を手に  黄ろに萎びた手を  叔甥が手を  揉あげは手を  己にからんで来る手の  婢の手から  広栄は黙って手を  杉は手に  音蔵は手を  巳は手に  岡本をめがけて手に  岡本の手は  最初何者の手によ  諸君の手を  私も手で  従妹の手を  はずの手  股に手を  私の手か  セコンドメイトの手の  其模様が手に  享楽文人の手に  歌枕などまでに手が  検査にまで手が  末に手を  金を持った手を  秀英の手に  索に手を  閉口して手の  後に手の  磯山の手より  警部巡査ら十数名手に手に  同志の手には  警察官の手に  五徳までに手を  人との手にて  仮面を手にとって  以前から手を  歩行の手  紫も手に  材木へ手を  小児は手を  俯向いて手で  間へ手  我々の手といふ  高橋の手を  鍬を離した手を  端へかけた手を  誰もかばい手は  会社と手が  師匠の手で  由良の手に  立廻りの手の  菱川の手へ  小倉は手  底へ手を  会社の手を  どこから出た手  親たちの手に  不思議に手も  自己をくらます手を  ゑが手に  姫王の手に  太子の手から  山田の手を  天才の手に  腕をまくり上げた手に  ハンドルにかける手を  上に支えた手の  唐紙のひきてに手を  伸子は手を  計代の手が  筒袖に手を  さのある手で  素子の手に  素子の手を  素子が手の  伸子は見えない手で  代の手を  指環のはまった手を  伸子の手の  ものをあい手に  指環のきらめく手で  ふっくりした手に  伸子は手にとって  タバコをもっている手で  横で手を  謡本を手に  ペンをとる手さえ  ようにふるえる手に  真情の手に  ペンをもつ手が  伸子にとって手に  仕事に立って手に  方の手  積極的になれない手に  錦紗でも手に  指環のはまった手で  砂場は手を  繩に手を  学問執行は手に  取次店などの手を  馭者はかじけた手で  あなたの手からの  大事な手  角道を通す手を  ゼヒとも指さなければならない手が  云ふ手を  両刀を手ば  わたくしひとりの手で  畳をふく手を  磯五の手を  武術を知らない手  証文を持った手を  磯五の手をよけ  一時わしの手に  ふところに入れていた手を  磯五の手  うしろざまに手を  ことから手を  左右から手を  龍造寺主計に手を  高の手を  はしに手を  針を運ぶ手を  せい様の手を  若松屋惣七が手を  仲間の手へ  あぶれ者も手を  せい様が手を  他人の手へ  高どのの手へ  和泉屋へ手を  高の手へ  ほうで手を  磯五の手から  磯五の手に  面へ手を  磯五の手が  縁切り状を握った手を  一文も手に  お金をやって手を  財産に手を  鼻緒は手に  差す手抜く手が  破れ三味線の手を  甚の手で  頬桁へ手を  漁師の手が  店を手に  甚の手に  一部へ手を  頭や手や  ばんを手に  わしの手の  ノートを手に  片方の手には  何かのやる手  升田は手の  #ところに手を  連中は手が  升田が手が  盤上から手を  ヒラヒラヒラと手と  あんたの手  堀尾一等卒の手を  勲章を手に  軍刀へ手を  彼女はあわてて手を  氷嚢に手を  信子の手で  俄にさする手を  木下が引止める手を  信子の手を  友人の手によって  彼女の手によって  石を取って手を  食料でも手に  峰丹波の手に  左膳の手へ  泰軒先生の手を  吾輩の手に  美夜ちゃんの手を  危機におよんでも手から  おれ一人では手に  それを手ば  穴を掘る手を  行く手ゆく手に  泰軒の手に  救いの手はの  越前の手に  探索の手も  柳生の手へ  林念寺前の手  公儀の手を  壺へ手を  結城左京の手に  侍女の手を  そいつの手を  左膳の手に  天下はれて手に  丹波の手に  宗匠の手から  かたっぱしから手に  斷で手を  龕燈を持つ手を  方玄綽は手を  上彼は手に  つもりでいるらしいから手が  ためにたがいに手を  二段下へ手を  さし出された手に  蒼ざめてしまったご婦人がたの手に  断食芸人の手を  完全に手を  以前に手に  外袋とを手に  一時も手から  幸福に輝きながら手を  読者を聴き手の  目が手から  スケヤクロウの手から  スケヤクロウの手の  白髪婆さん達は手を  上から手の  カウスリップは手を  ことも手に  しるしに手を  金細工師の手で  ほかマイダスの手に  誰の手でも  パンドーラは手を  妖精の手の  彼のつかまえている手から  ハーキュリーズが手を  神話に手を  いつでも手に  ビレラフォンの手の  ビレラフォンは手を  ペガッサスをつかまえていた手を  プリムロウズは手を  めいめいの手で  所へは手が  請負師でも手を  ここでだけ手を  交川博士の手により  蜂葉の手に  私ら子供の手さえ  声色交りに手を  時は手が  ため渠らの手に  哈爾賓に手を  圧迫を受けたから手も  徳永商店も手を  何にもしないで手を  子を恐れて縮こまって手も  セエラの手を  ふり返っては手を  少女の荒れた手から  セエラは手を  ミンチン先生に手を  ロッティは手を  親友の手の  セエラは手で  椅子から手を  セエラの手の  具合に手  カアマイクル氏の手を  セエラの手は  鼠まで手  ベッキイの手を  ナプキンには手の  優雅に手を  敷物に手を  ジャネットの手を  捜索の手を  紳士の手の  紳士の痩せ細った手の  ミンチン先生の手に  戦慄せしめ手を  携ふる手を  文作の手を  証明する手が  一視同仁に手の  誰も褒めてくれ手が  蔵書整理の手  際より手  島村は手を  坪井は手を  郁子の手を  結婚指輪だけはまっている手を  #一方の手で  多喜子に向って手を  女は手や  多喜子の手を  運転手さんの手で  ハンケチを敷き手を  新橋停車塲に至りて手を  林檎だとか手  何処らまで行ったかと思って手  ものだけにしか手を  あなた方の手で  指環とを手にとって  針按療治にも手が  自分手に手を  非凡なる手の  共犯者の手を  妻君の手に  主任刑事の手を  ガニマール刑事の手も  ろを手に  役人があわてて手を  我々の手へは  日本軍の手によって  日本軍の手に  日本一を手に  川田の手を  グラスを持った手の  友達と手を  小原の手は  鶴代の手より  鶴代の手を  ほっそりした手を  ときの手  小原の手を  小原は手に  鶴代の手に  綴りにつづって手の  儒者の手に  役徳から手には  後妻の手には  僕たち二人の手が  初瀬の手から  何処でも手を  女たちばかりの手で  笠間由子に手を  ツバへ手を  団扇を動かす手を  女親の手では  まま自分の手に  首根つこへ手を  女たちの手を  書生の手が  震いそれを手に  伯爵の手を  ぎん一人では手も  念珠を手から  誰れも手を  窓から乗り出したり手を  小っちゃな手の  北条安房守様も手が  町奉行には手は  濶には手が  種ヶ島は手から  我らの手では  此伯母の手に  伯母の手には  人物の手を  苦衷を手に  髪結の梳手の  画商の手を  洗れた手を  自己の手によ  動物画の描き手に  尻に手を  日本画材料を手に  腕を伸ばして手を  闘ひ手としては  こはし手として  あれだけ手  色を手  顔より手にかけて  人間味がある手は  感じの手  自己に対しての手  貴方自身が手を  文部省が手を  浄化に手を  毛ムクジャラの手を  便箋を手に  会員の手から  コワイ巡査に手を  朝倉星雲氏の手にて  人の手にかけて  隅まで手に  肩へかけられた手を  男の手でも  極楽とが手を  ほんとうに手にも  誘惑の手で  料理の手を  一つの手にも  みんなの手に  文化的の手を  温かな手  ような手では  慈悲の滴っている手  私たちは贈り手の  柿を手に  検閲官も手を  一女性作家の手によ  戦後名舞台監督ジョルジュ・ピトエフの手によ  芸妓の手に  芸妓は手を  鉄に手を  三津子さんの手に  早晩死の手に  お前が手を  はじめは手に  石をかかえた手を  男で組みついた手を  学者の手によって  羊毫筆を手に  印刷者の手に  手袋を嵌めた手を  茶呑茶碗を手に  歓声だけが手に  ピストルなんか手に  舞踏の手を  滝の手を  豆を叩く手を  熊さんの手に  土地を手  寄添ひて手を  アントワアヌの手により  名案を手に  まま桟橋にむけて手を  ハチミが手を  ナイフから手を  リカは手を  足に手を  墓が手に  墓を手に  リカが手を  リカにむけて手を  リカの手に  ハチミは手を  ヒトミは手を  ヒトミの手は  なにも手が  なににも手を  占星家の手に  正ちゃんの手を  おれが手の  巻煙草入れに手を  方まで手を  井筒屋を出る手  何か洗っていた手を  ぎゃア泣いてるので手に  微笑しながら手で  翠の手を  匙が手から  神さまでも手  節太の手を  自然と手が  どてらが手を  芋へ手を  赤毛布を手に  小僧を手に  所から手の  大丈夫なら手を  頸と手と  梯子段から手を  上制裁の手に  制裁の手と  制裁の手には  地平へ手を  出ずる涙を手の  競争者の手から  きゃしゃすぎる手を  紙に手を  わたしの手  こどもらの手に  腐れおちた手を  ぼうの手が  道草に手  茎を手  愛妾の手に  児の手の  樹島が手を  日増に募るばかりで手の  船を手  襲来に手を  まま信一の手へ  子供の手なぞは  人の手にばかり  安心というまでに手を  一語によって手も  方には手を  車輪に手を  面目が無くなるほど手を  唐宋以後に手を  二冊を手に  われらが手に  ベーリングの手で  執拗な手に  紅琴の手を  涌の手から  キリストの手から  町方の手に  町方の手で  前でも手を  袖を掛けると手を  杣が手を  不気味ながら手で  胸にある手を  足駄を穿きながら手を  私が手には  火箸を持った手を  宙へ下げている手を  医者の手でも  嬢様の手が  神様の手が  娘が手を  節は手が  人を手に  今私の手によって  温かでしたが手だけは  吉田君は手の  吉田君の手を  法師の手を  わしの手  上で組み合わせた手が  それでなくってさえ手  繊細な手を  セロを手に  月ヴィオリンを手に  宙へ下げて居る手を  ひよろりとした手を  其手と手を  控へる手で  此節は手が  舟が手に  さつま芋とが手に  破壊の手を  材料に手を  腰をまげて手で  間近から手を  男たちの手に  方にでもしようと手を  若人たちと手を  新左衛門の手で  生の手を  弘田啓子が手を  良ちゃんの手に  良ちゃんは手を  さや手  それにしては手が  麻油が手を  上で手の  ストリキニーネを手に  君江の手に  朋輩どもの手に  手洗に手を  鉢植に手を  丘田医師の手を  バットを手に  ヘロインを手に  自分の手かと  槌握った手が  片耳を手に  無意味に手の  金箱のへりへ手を  お銭へ手を  泥を洗っていた手を  芳年の手から  すみの手へと  毛むくじゃらな手で  節くれ立った手で  落語家さんの手  次の間へ手を  板戸へ手を  圓生の手の  師匠の手の  真打にしてくれ手も  剽軽に手を  まん中で手を  硯箱へ手を  雇ひ手は  洋書を手に  不承知より手に  ロリス・メーリコフの手に  教義に対する手  教会の手に  編物とに適した手を  僧は手を  二方の手に  上私の手の  仕事に向うと手だけの  直木流の手  気持で手を  如来の手の  疊を敷き手  舞の手  びゆくわかき二人は手を  一点に手を  児のごとく手を  われら静かに手を  二人静かに燃えて手を  涙にぬれた手に  一顆を手に  鋏一挺を手に  分裂しながらも手は  空ざまに手を  予が手に  高津の手  予は手を  醫者は手を  顏を見合せながら手を  次代の手によ  十五カペイキで手に  勤労者とは手に  有機的に手を  農民の手に  心で手を  どんよくな手から  鉄の手の  富農の手に  ボルシェヴィキの手から  ペンを手ば  無精らしく入れて居た手を  太吉の手の  エディプの手を  冷い手を  観音様の手も  凡て一しよに手を  薬品に手  美代の手に  彼女にとっては手に  魔物の手が  大隅は手に  ペンチを握る手を  辻川博士の手によって  右手は手で  顔色を手に  鉄扉に手を  抽出から手を  眼を手で  科学小説にまで手を  戦争当時国は手の  坪井忠二博士の手で  様子も手に  きれいな手を  今野の手を  権力の手の  赤坊の手を  気分が手に  新聞を手にとり  つて材料が手に  人は手が  つてかまはん足や手が  頭や手は  これぢや手も  椋島技師の手を  警官が取押えようとする手を  ブルジョア作家たちは手を  かげで手を  この間赤ちゃんが生れて手  水に下るはつなげる手  娘が手  四つの手  大の手に  ゴム球の手を  木鋏が手を  玉章とる手  声も手に  摂政太后の手に  幾分の手を  子爵夫人が手に  千々岩が手より  武男の手より  煙管持つ手の  武男の手に  片岡川島両家を結びたる手  英文読本を手に  ぬかるみより手を  浪子は手に  武男が手をば  総立ちになりて手を  軍医の手を  右の手もて  武男は手  電報をとりし手は  うちに融け去りてすくうも手には  上より手を  うわ言にも手を  浪子の手に  武男が手に  浪子の手を  幾が手  これのみ愛しみて手  白菊を手に  男児の手を  今日加藤子爵夫人の手より  山伏の手を  手錠をはめられた手を  巡査の手を  水道栓をひねって手を  男三郎自身の手から  囚人の手を  箸とを手に  看守の手を  信長の手に  魚女史の手を  弁吉の手を  頭へかけて手で  組立の手を  一着すら手に  水戸の手を  ホーテンスが聴き手に  自らの手を以て  ドレゴの手を  かわりに手を  頭まで手に  肢や手の  収穫も手に  貴君の手に  身体から手を  潜水艦を手に  ところの手を  不思議な手で  貴方同様に手も  刑事諸君の手で  案出した手  三味線の手に  ラケットを持った手で  八平盤を手にとり  海語部の手を  わなさ神人の手で  鰯網に手を  ドウしても手が  供の手を  五日前に手に  家屋はできるだけの手を  僕等の手の  僕等の手  ことでは手が  後ろへまわした手に  変編みものの手を  盞を手に  監とも手の  予の手を  ペンをもっていると手が  わしに手  東亜共栄圏に手を  これは手が  私が引下がる手は  貴下の手によって  本の手  国旗を手に  架台を手に  学者の手で  顎鬚が手を  盗癖にも手を  泡だらけの手で  筒巻きを手に  挿絵本を手に  肥つた看護婦の手  むつちりした手の  花傘を手に  其方に手を  チョッキすがたで手に  象牙を手に  不良少年の手から  仕事には手を  めいめい警察の手を  胸をとどろかせ手に  竹青に手を  竹青と手を  まくら刀にも手を  恋文は手が  、把る手も  兼好は手を  これほどに手を  苦心して手に  権右衛門らの手に  義助の手に  塩冶どのに討っ手を  塩冶殿謀叛によって討っ手を  塩冶殿に討っ手を  姫の手を  采女に手を  自分達のゆく手を  男を手  小坂部の手を  小坂部は捉えられた手を  館へ討っ手かと  塩冶どのへ討っ手の  いたずらに手を  都の討っ手に  人々が討っ手に  濶に手  懐剣に手を  悪魔の手にでも  二人もおどろいて手を  懐剣を掴んでいる手を  柄を握りしめているかれの手は  赤児の手から  われらは手を  都の討っ手を  腰刀に手を  南枝子の手を  藝術的情趣と手を  すつかり手を  みよ兄は手に  主人の手も  なぞの手を  仕事しかけた手を  吾陸軍省の手で  人達の手なぞが  十人ばかりの屠手が  三人ばかりの屠手が  年をとった屠手の  被服を着けた屠手は  獣医は屠手に  角とは屠手の  日は手の  奉公人の手なぞを  三脚を手に  血まみれの手が  眼玉を手から  二度目に手から  義眼を手にとって  机博士は手を  頭目の手の  博士の手  義眼をつかんだ手が  机博士が手に  机博士の手から  やあ君の手  黄金メダルを手にとって  ひとりごとをいって手を  黄金メダルを手に  天井裏へ手を  春木少年の手からは  頭目四馬剣尺の手から  #女の手へ  先をいそいで探さないと手  春木少年の手には  牛丸に手  姉川五郎の手へ  君達が手を  金谷先生の手に  牛丸の手を  虐殺者の手を  机博士の手を  自分と手を  春木君の手に  わしが手に  春木少年の手に  あたしとしては手  チャンウーの手から  縄梯子に手を  ペラを手に  オクタンの手に  貴様が手に  戸倉老人が手を  同志たちも手に  いまわしが手を  父親は始めて手を  実践より手を  少年の手では  父さんの手に  交る手を  毬に手が  君は手を  ゲペウの手に  文子を手  とき葉書を手に  現実の手に  野々宮の手を  執務の手を  中まで手を  ルパシカを手に  召使の手に  巳吉の手を  孫達に手を  文子の手は  老人は手  現在編輯長自身が手を  卓一の手を  卓一の手が  卓一の手も  受話機を手に  冷然として手を  血で汚れた手も  血に汚れた手を  田舎にゐても手には  源が手に  何をしようとしても手に  器械的に手を  それには手を  糸の手  母様が手  針の手は  母様の手に  少年自身の手でしか  醫者の手を  草履袋を手に  百姓らしい手で  皹の切れた手で  婆さんも手の  牧の手に  默つて私の手から  産婆の手よりも  自由に手や  内職の手を  はにわが手を  宮女たちをあい手に  ほうにまで手が  そこにあったくわを手に  糸車をまわす手を  ハシを手に  衰へた手を  乱暴な手に  三十歳に手が  養父母の手に  小便をしても手を  猛烈で手  やつにかかっては手も  会出版部の手によって  書店の手に  自らの手に  表情をすると手を  海岸を手の  実を入れて手に  異様な手  模ねをしたり手を  睦子の手に  睦子の手から  何だろうと思って手にとって  1200ほどで手に  そこを手に  ひとの手も  一生懸命で手が  ものは手に迄  二つ三つしか手を  お出でになって手に  仏様に手を  オセキ婆さんに手を  父様の手は  父様の手が  父様の手を  雑誌に手を  八方より手を  日本人のみの手で  佐太郎は手を  世の手を  導線を伝わって手や  これだけ手  画も手  死の手へ  厳かに手を  何だろうと思って手を  富士男の手を  らはいちように手を  ドノバンが手を  サービスの手を  年長者は手に  学校におけるがごとく手を  ゴルドンは手を  ぼくらの手に  魚は手に  ゴルドンの手を  悪漢どもの手に  父母の手から  郎の手を  ガーネットの手に  引き金にかかった手を  みずから戸に手を  ケートはかれの手を  修復に手を  追跡者の手を  伝馬船を手に  かんぬきに手を  ロックの手を  からだに押されて手が  コーブの手に  コスターをだいた手を  少年らは手に  今私達の手の  掠奪の手を  愛は手  男性の手によってのみ  お願いだから手を  ベリヤーエフは手を  少年に手を  嫌だって手を  ところでは雇い手が  親しみの手は  俺が手の  文芸雑誌など手に  乱暴な手を  我を示す手は  姫を手を  みんなジッとして手を  八方から手を  兵隊が手に  ようになって手を  父の手には  ひょうしに手を  二人は老いて骨ばった手を  面倒な手  龍の手は  肌ざわりの様な手の  まんま動こうとも手を  自分を恐れて手をも  目つきをして手を  様に出して居る手の  つばやく手を  なよやかに巻きついて手は  心ははなればなれに手ん  美くしい手の  こっちに行こうとすると手に  夕食にも手を  窮余の手を  気がつかない手を  六三金と打ちこむ手が  大山の気付かぬ手を  飛車に当てる手で  五十四段が見てゐた手  運命の手の  予想しない手で  筋の手  無償だから手に  啖呵に手を  力三の手から  誰ももらひ手が  膳にも手が  診察衣に手を  助手は手を  金貨以外は手を  鉄棒から手の  ランプに手を  実験は手が  灰を手にとって  エガンは手に  評論家とは手を  非常に手が  二日で手に  紅子の手を  経略の手は  造船工場の手を  機上から手を  関さんは手を  土人の手で  発射ボタンに手を  さうな手を  トムちやんは手を  剣持つ手の  云つて私の手を  好奇を持ち手に  長田は手を  五十両で手を  水にぬれた手を  深井の手を  彼女一人の手で  死が手を  顔へなすりこんでいた手を  花札を手にとって  女将の手から  時蚊帳を吊る吊り手の  生命の奪い手でも  容一郎の手を  和歌子の手を  それ限り平一郎の手に  光一人の手に  両親の手に  僕達は手も  彼は手にとって  氏の手に  碌に手も  鳥類を手に  銘酒を手に  圏内を手を  電鈴に手を  善平は手にも  炭山が手に  どちらへも手を  こちらの手に  世界が手に  彼女とともに手を  酔いどれの手を  氏は手を  それぞれに手を  周とは手に  少壮学者らの手によって  素人の手では  本職の手から  柳は喜んで手を  領地として手に  親たちの手で  異教徒の手から  ころそれに手を  力を手に  クレルヴァルの手を  殺害者の掴んだ手の  運命の手で  鬼畜の手  呪いに呪われた手の  破壊の手が  燠に手を  偶然に手に  きれい水を手で  様子をして手で  フェリクスに手を  客人の手に  アガータの手に  旅券を手に  宝物が手に  神さまの手から  作物を手  地図も手に  器具類を手に  栄養物を手に  息を吹き返させようと手を  悪鬼をやっっけるのに手を  陪審の手に  みんな私の手に  エリザベートの手を  殺害者の手で  犬を手に  死の手が  富達と手を  割烹着に手を通して  人とでも手を  お力の手に  用人の手から  一本へ手を  侍が手を  蝶は手を  傍流から手を  嘉右衛門の手を  酒肴へ手を  帯を解く手を  気配に手だけを  敷居へ手を  指輪の手を  膝へ重ねた手が  顔をみやると筋ばった手が  貯金へは手を  新巻も手に  店先で手に  能勢の手を  満足させる手は  万年筆を手に  王子の手を  尾とを手に  斯人の手に  大理石の手に  フレジエ氏の手に  富豪の手から  母は手  昇汞水で手を  パイプを手から  夏羽織に手を  箸に手を  竿の手を  児の手に  おじいさんの手に  車に手を  時は手を  ネルロの手から  アロアの手に  めいめい贈り物を手に  荒地を手で  むしパンを手に  うち半分が手を  劇薬が手に  息を手に  投機事業に手を  孝一の手を  みよ子の手を  雪中山水を手に  坊んちに手を  懷へ手を  つてゐた手で  家内の手から  嚊衆の手によ  駒に手  亡つた母の手  人とは手を  電報だろうと手に  封を切る手が  盃持つ手の  しずかに手の  手洗鉢で手を  てる子の手を  私たちには手に  一應警察の手を  不良少年の手  マルセルの手を  森田とも手を  儘の手を  信さんは手が  信さんに手を  信さんの手を  光子の手を  松木が震える手に  屋さんの手に  ペンキに手を  目には見えないが手で  彼を手を  気に手を  山と盛りて手に  思いを疲らして手を  朝四時というに起き出でて手  東氏の手で  ところで手  円柱に手を  三吉少年は手を  三吉の手から  靴型を握る手を  俺が手を  鮮かすぎる手  機関車を手に  硝子戸に手を  鰭状の手で  珠を手で  子の手  救済の手の  柴刈りの手を  狸の手を  後生だから手を  読者の手に  両親に手を  伝七は手に  調べの手は  軍部の手に  ピートの手に  たびか手を  しゃぼん玉に手を  ことをしたって手に  軍曹の手を  幽霊の手から  幽霊が手に  林檎に手が  沖島の手に  以上には手の  これだなと手を  みな自身で手を  人の手によっても  昨日までは手が  脚本に手を  みんな留守だと手を  章坊の手  枕へ手を  常吉が手を  貰ふより手は  一つも手が  用あればこそ手を  秋安は手を  紅は手を  秋安の手へ  丹七の手によって  あさ子の手が  救濟の手の  讀者の手に  コオレ・ポル・エン・ドルウは手を  古本屋の手にも  錨の手に  ねばねばした手が  女は握られた手を  友田が手を  真っ先に立って行く手を  艫を抑えていた手を  静脈の絡みついた手を  吉見は手を  宗教裁判所の手に  刑吏の手によって  砂時計を手に  袖を手で  藻代さんの手  町の手を  げの手  心乱れて手も  九つばかりなるが手を  岡村の手は  眼を閉じて手を  椅子を離れ手を  二郎が手に  嬢が手に  品物に手  死体の手を  左りの手にて  是が手に  私には手を  何でしたか手を  其右の手に  右の手を以て  左の手を以て  此罪に手を  其筋の手を  死骸の手を  #老人の手を  藻西太郎の手に  長女の手を  バクシシュと叫びながら手を  エルサレムを手に  ヘロデの手に  絵端書を手に  老婆の手に  帆村の手には  隅に立って手を  春部の手を  春部の手に  鍵の手なりに  千代の手で  煙草の手を  鼈四郎は手の  ビール罎に手を  仕事の手が  人をこなし付ける手を  有閑夫人の手に  ものだけでさえ手に  説得の手を  父の手だけで  突込んだ手の  自分の延そうとする手を  剣へ手を  二尺差しを手に  親の手  意地にも手を  救世軍の手に  実家に手が  アアちゃんの手を  怪訝に思って手に  上を手で  文学を手ば  愛の手と  ところでは引込めない手の  愛の手で  首ねっこを抑えていた手に  毬を手に  痛棒のくらわし手が  カギの手に  文字通り私が手を  本の探し手としては  中で手が  さし出された手を  さし出される手に  実行力というか手と  爆発すれば手  林檎をかじりながら手を  六本の手が  姉妹が手を  ナポレオンが手を  レイニンの手の  鳥が懐いて手に  素ばらしい手を  襖のかげに手を  寫眞機だけ手に  羽織へ手を  間へさし交しに手を  工合に手を  自由がきかないで手を  タミノに手を  袖子の手を  二郎の手には  タミノの手から  子供は手を  特高が手に  ときおかみさん達の手を  萩原朔太郎人間の手の  魚のごとき手に  雪かきよせて手に  やわが手に  しづかに手を  言つた家来の手を  写真機を下げる手に  密生した手で  ものを手や  一角に手を  作家の手から  井戸端で手を  直線的な手の  三味線だけは手  医療の手の  これだけの手  助手に手を  たいへ手を  格納庫員へ手を  狸に手の  手練せし手を  谷風の手を  給はれとて手を  二俵を手に  ヤヲラ米俵に手を  外側からは手の  家で手に  すべて彼ひとりの手に  なかで手の  指輪だらけの手で  群立して手を  癈兵が手を  そうに手なんか  断髪へ手を  本を持つ手が  棒を手から  栞の手が  天国を手に  背を抱いていた手を  左門の手へ  左右へ手を  彼は縋っている手に  裾へ手を  脇差しへ手を  五郎蔵の手に  五郎蔵たちの手によって  自分は手も  誘惑の手  左門の手によって  左門の手から  女子を手に  足からも手からも  帳中から手が  今は手に  五郎蔵の手が  剣を手から  わしの手で  古風に手を  一方へ手を  ところだと手を  金モウルの手に  私の聴き手は  院長の手から  二十一円丈私の手に  肌へ手を  草を手ば  泥の手を  教員は手を  茶色に染まってる手を  右の手だけ  クルウピエの手によって  製粉工場を手  写真現像液で手の  これにだけは手を  髪油を手の  かすかに手  猿は手を  猿の手を  落武者が手を  食物には手を  おのが手で  市場が手を  誰の手にでも  車を停めて手を  伜が手を  店員が走り出て手を  最高入札者の手に  楽聖の手に  無慈悲な手が  僧の手に  人の手にと  斯界から手を  雪を手で  お祖母さん一人の手で  風で手を  ゆすりの手と  骨の折れた手の  顔と手とが  一度しか手を  顔から手から  踊の手が  一人の手へ  何か触れた手の  人間の手よりも  傍の手  笊は手  主人は手の  私たちも手を  豪胆な吹き手も  のかと思って手を  セーニャが伸び上って手を  輝やかして手を  祖母との手で  尺八を手に  私から手を  腹に手を  親方が手を  刀に手の  危く林右衛門を手  小姓の手から  手水所で手を  御徒目付の手に  父母の手を  昼頃私の手に  ひとつ羊皮紙を手に  法律家の手に  覆面の手には  火をつけようとするのに手が  あとは手を  職人が手で  皮を手で  水夫の手で  方が手に  夫は近寄って手を  胸に合わせた手を  オナラなぞは打ちあう手と  陰部から手を  それで手と  一巡査の手によって  法の手が  どこへ行って手や  犯人が手を  舞踊教師に手を  最後に手を  王婆は手を  確かに手  いずれも手  プロレタリアの手の  新進を求める手を  会社の手に  支配階級の手の  膚に手を  土へ手を  各々の手に  家政婦の手には  それを見ると手を  女優シャンメエレの手によ  一無名作家の手にな  らの手は  嬉々と手を  読者として手に  昔に手を  他は手も  一同にしつかりと手  らは手を  桂庵の手を  外では手を  狄青は手に  一枝に手を  不意に手と  今だけ手を  云つて杖を持つ手に  みんな貴様たちの手に  二階で手に  言葉そのものに手を  会員の手に  実が手に  湯加減を見ようと手など  一揃へ手に  折詰へ手  賊徒は恐れて手を  九太が押入れへ手を  伊代の手に  アメリカの手を  髪の毛を手で  スタンダールにも手は  一歩で手に  恋人の手を  美くしい手と  自分は手に  花を手で  わざぞ見覚めて見れば手の  其れは手の  なにがし立ちて叫べども振る手のみ  上に振る手だけが  老婆の手  若者の手  それ等の手が  窓から手が  幡江にも手を  幡江さんを手に  つて其森から手を  民へ手で  上り口へ置いて手を  釘に掛けて手の  道の手が  女房の手から  屆かぬ手を  婆さんの手には  私たち三人は手を  帽子などが手に  水を切った手が  生活へ手を  史実に手を  曠野を手を  家来が手に  紅矢は抱き合った手を  四人は手を  藻取の手に  金箱に手を  騎り手は  青眼先生の手を  花籠を手に  一時に手を  女王の手を  大臣夫婦は手も  ヒヤリとしながら手を  皆一時に手を  白髪小僧の手を  頭でも手でも  彼自身の手で  つながり合った手を  信二の手に  自由の手も  下から手で  さに手も  冷やりと手に  我らが手を  茶受には手は  曲の手の  彼らが手にとって  嫁に来手が  外国雑誌を手に  今までは手を  まま頭に手を  ここかしこから手の  みんな作家たちの手によ  ころ私の手は  一切文章に手を  九条家は手も  撰者の手で  朝権に手  時政の手  それと共に手に  それにつづいて手も  友釣りには手を  重量が手に  一切商家の手に  伝道師等の手に  関の手に  数学者の手に  三人の手で  甲某の手に  著名者の手に  安島直円の手で  川に手を  転業問題に手を  草刈に手  級友を手  みなの手に  多くの知られざる手によ  ほうから手を  何度太刀へ手を  沙金の手を  沙金の手に  源から手を  襟は手を  煙草を手から  組織の手の  蓋が取れて手が  上框から手を  豪傑が手  顔に塗って手に  根作の手を  素人が耕して手が  姉さんに手を  満足の手の  淫婦の手を  無言に手を  市民の手に  洗濯女の手に  扉をあけて手から  新書を手に  私達の手から  稗史を手に  山林に手を  商人の手にや  玻璃戸に手も  明日こそは手  柔かに手を  後退ざりしつつ恐るれば汗ばみし手は  奇麗さは手に  擁けば手は  傀儡師の手に  幼年の手に  擬寶珠に手を  米といで手で  淑貞の手を  ゆるやかに手の  小児には手が  奇想天外の手を  無難な手  駒から手を  平凡の手は  坂田の手は  無言の手  奇想天外の手で  幸福な手で  駒を手に  我を去らうとする手で  無理な手を  自然な手は  莫迦な手を  雅だけは手  ようにして手で  小説に手を  一斉に手ば  洋子は手に  父とが手に  一度も手をと  スポオツ・ドレスにいつまでも手を  錫杖を鳴らしながら来て手に  男の子の手も  ため容易に手に  此方面に手を  変つて別の手を  矢部の手で  三十にも手の  毎朝毎朝他人の手ばかりわ  まわりに手が  漁師の手で  座蒲団へ手を  由平の手を  珊瑚採集だのに手を  ものは手でも  ために手と  上で手で  首飾を手に  妙だと手を  常人の手の  母にしあれば手  膝に置いた手が  毎日毎日俺に手  液体火薬に手を  事では手に  トタンに手の  茶目小僧の手から  むばかりにしてテル子嬢の手を  アンタの手に  ゾロッと手に  キャーッと云う手は  モウ一遍俺の手に  握り合わせた手を  お待ちして手を  堂上方へ乗込むなんて手は  吾輩の手を  書翰を手に  幸福の贈り手  貴方がたの手を  貴方がたの手に  金サンは手の  大人には手に  耳たぶに手を  パネルに手を  戸山の手を  機械人間の手から  化物が手に  博士ののばす手の  からだを手に  号は手を  電気メスを手にとって  鍵に手が  谷博士の手によって  ふしぎふしぎと手を  鉄の手を  おれに手  機械人間の手に  操縦する手を  博士の手に  博士が手に  壁をさぐり行き手もて  輝やける手  けちえんの手  いのち青ざめ手にも  むの手は  おれの手  ひとの手には  中で手には  びとは手に手に  中に起き上って手を  目と手と  身ぶるいをして手を  毛むくじゃらな手が  爪のある手で  毛むくじゃらの手が  指輪のある手で  おまけに手は  母さんが云って手を  母さんは手に  目をつぶって組んだ手の  蛇の目を手に  着物を着て手が  っきり千世子の手を  我々の手によ  一番に手に  今の手の  フウワリと手が  どこで手が  郷土自身の手で  快報を手に  民衆の手の  鞠をついてる手の  筆と手と  ばかた手に  平家の討っ手が  何度も手に  牀に手を  侍女に手を  侍女が手を  塩に手を  稽古着へ手を  本は手には  誰一人障子に手を  品を手に  ブラボーを叫んだり手と  それぞれ武器を手に  皮衣に歩きながら手を  ステッキを手の  子供の手か  子供の手で  ほうが手を  君たちの手を  援助を手に  わたしにとっては手の  照会係の手に  手紙を手で  彼女のためらう手を  あなたたちの手に  力も手に  フリーダは手で  これまでに手に  こと以外には手が  見込みなんか手に  クラムの手が  バルナバスの手から  それぞれの手で  教師のつかんでいる手を  報告を手に  教師の手から  うしろだてを手に  値段を手に  フリーダの手を  君を手に  かみさんの手に  母親を手に  地位を手に  心をしずめようとして手を  クラム自身の手で  さんを手に  フリーダは手に  役所の手にも  知らせを手に  紳士荘で手に  バルナバスの手の  徴候は手に  弟の手には  バルナバスの手で  一家が手に  近くで手に  君だけを手に  助手たちの手を  部屋を手に  陳情人が手に  リストを手に  ベルに手を  者を手に  それによって手に  特別な手の  友人を手に  何も手には  人を助け手と  服が手に  喜惣の手に  振子を手に  子供たちの手が  全部使丁の手で  杉本の手に  塚原の手が  昇汞水に手を  シャツを脱ぐ手  往来から手の  ビンを手に  美風団に手が  此度は手で  夢中に手で  羽衣を手に  総領女の手に  お母さんの手じゃ  破れから手を  鬼婆の手を  感動して手を  家内中の手から  二人とも手に  伊賀に手を  製陶に手を  陶土を手に  紙コツプを手に  久しぶり尾崎士郎の手に  路傍の手に  きぬた手の  こと呼ぶ手が  キリスト教者の手に  誰でも手が  これに手が  ため追討の手も  中止して手を  ワラジを編む手  銀行の手に  ものとを手で  百姓が手の  盆踊りの手  気が附き叩く手を  百姓の手の  耳掻きの手を  手すりへ手を  戸沢は手を  嫂に手を  陽子の手に  だめだめと手を  ガラス戸にも手を  重箱に手を  津軽人は手が  日の丸小旗を手に  上着を手に  男の子が手に  朝も手  目鼻立ちまで手に  訳者の手を  月が手を  それに進も手を  宇宙艇が手に  彼女のとを手に  とき私は手を  鏡も手にも  雑誌を手で  線である手や  ロダンの手の  未熟さが手が  本年は手  今日の手は  東京では手に  ハンカチーフを手に  おかみさんの手を  本に手を  ように手  分には手が  三十円ぐらいは手に  ユリは手は  原料が手に  ために手も  腕や手が  切物を持つた手を  黄いろな手を  しかたなく手を  子が手を  盆踊りは手  ルンペンだから手が  坊さんは手や  顏へでも手へでも  浜の手に  民の手が  次郎の手を  次郎の手に  口端を手で  俊三とが手を  飯櫃に手を  恭一に手を  糸婆さんに手を  恭一の手を  お祖母さんに手を  肩にかけていた手を  浜の手を  存分に手を  彼が叱られて手を  帯を握った手を  どちらも手を  ぺたにお民の手が  あれの手に  人にでも手を  老人と手を  次郎を手  これまでは叱り手が  妙に手も  春子も手が  何にも言わないで手を  次郎の手から  伊木の手には  其徳利を手に  香花を手  社司の手より  横井の手に  雲も手を  喰ひ手が  躰はねえが手  友人達の手には  頭髪に手を  黒井さんの手を  あなたに手を  眼と手に  梶さんが手を  黒井さんも手の  通俗雑誌を手に  オォル持つ手に  あなたの手と  内田さんと手を  ままぐんにゃりと土神の手の  ぐんにゃりと土神の手の  其或物を手に  鬚もなければ手も  お前は手の  指や手の  イグチが手を  誰かの手  屍体が手を  真っ白な手  運転手へ手を  産婦人科医の手による  葬儀会社の手へ  探査の手が  競争的に手を  鳥渡英雄的に手を  埃をかぶりて手の  何人も手を  楯にする手が  戸籍だけごまかすという手も  土豪の手に  狡猾の手しか  中へはまりこんで手を  わけに行かぬから手の  戸籍だけごまかすといふ手も  茶箪笥に手を  有司の手によって  上人の手によって  鑿とを手に  槌を持つ手に  御身の手に  僧の手を  たえ子の手から  肩に置いた手に  誰の手へ  穿めた手に  職工の手で  軍手をはめた手  構内機関手の手に  ぢの手の  茶盆に手を  此方に手を  自分の手にゃ  両人の手は  ランターンを手に  日本政府の手が  先へと手を  アフリカへ手を  電話器へ手を  男として手を  八つ口から入った手が  大仰さに手を  おしもの手が  おしもを手  おしもも手を  琴に手を  長谷川は手を  善良すぎて手が  長谷川が手を  長谷川の手を  寄宿舎に入れる手も  あとでは手も  次郎は手を  皹だらけの手を  彼は手で  餅菓子に手を  鰻が手には  お祖母さんの手  顎や手が  そこから手や  本田の手には  縦に手を  奴とは手を  奴と手を  次郎の手に  事も手より  授受するに手より  表に手を  一切万事母一人の手を以て  応対も手に  今村さんの手を  御飯には手を  村瀬の手の  新ちゃんの手に  食物に手を  抜身を手に  女学生の手で  吐月峰を手に  金座方でもなければ手に  久七の手で  あいだに手に  一枚へ手を  安の手で  文次は手を  こいつらの手に  額部に手を  守人の往く手に  守人の手が  気で手を  ほうは手が  柄へ掛けた手の  文次の手を  文次の手に  床から手を  はじめ岡っ引き一同が手の  玄鶯院の手を  現物を手にとって  闇黒をすかしてゆく手に  俺が行くまで手を  死人の手  おまけに手には  何人彼奴の手に  筋の手へ  力に手を  文次の手には  拳銃持つ手を  突込まれる手の  鳥は手も  乞食は手を  妹と手を  子は手を  果物が手の  だれも取り手が  一意専念自分の手に  三マルとして手を  不細工な手を  糸でとり手を  母親の手が  ことを云って手を  仙さんの手を  按摩の手の  半間に手を  惣八郎の手に  鎌などをさえ手に  惣八郎は手に  欲望に駆られて手を  島原で手に  天草で手に  そこもとを手に  笑はずには居られない手  幸ちやんが手を  菊さんの手の  笑ひながら動かす手の  客のさしのべた手に  ところを手では  客は手を  客の手に  吐息をついて手を  上京するまで手を  始末に手を  一人の手には  空費する手は  君一人の手に  人生の手が  櫛の手を  進歩のにない手は  先で手に  娘たちに手を  二段田の手  確か高井村のなわ手の  クミの手を  つて六郎の手を  駄菓子だけは手に  恭一の手に  配達夫の手に  彼を手で  不慣れな手  内儀のまえに手を  づよく出るより手は  あたしは泣きおとしの手っていう  コップに手を  俊三の手に  しびれの来た手を  裏口で手を  有閑の手  指を反らした手の  数珠を放さず手に  女房は濡れた手を  おらが手は  舷へ手を  いたいけに手を  胸を手で  一人物の手  彼は手から  鋏が手に  毛むくじゃらの手を  武道者は手を  鎌の手の  清水を手に  病人が手を  のを待ちながらも手からは  貴族の手から  貴族の手を  久闊の手を  妻の手には  ドクトル自身の手に  予が手を  禽獣の手に  色鬼の手より  此書を手に  誰人の手に  人々の手より  卷を開く手も  喜びに震へる手に  財布にかけた手を  一册を手に  美本を手に  毎日徒らに手に  上々とほめはやす手  母親は坐り直して手を  鑛山に手を  變の手で  肩掛を取って手に  拾円紙幣を手に  人中なのに手も  洋髪屋の梳手  君江の手を  君江はいざりながら手を  おばさんの手から  矢田と手を  売買に手を  手紙でもあったら手に  洋髪屋の梳手を  自身に手を  書肆へ手を  私迄手に  冷くて手が  あいつ等の手に  屍骸の手を  怪老人の手を  陳君の手を  屍骸に手を  僕らは手を  方面には手を  碗へ手を  水を手の  金盥を手に  閾へ手を  小作人との手が  冬子の手で  青野が手を  ところには手が  童達の手に  青野の手を  クルディの手から  わたしたちに手も  事業にまで手を  正太の手は  鉦をうつ手が  骸骨が手を  骸骨同士が手を  失業者連は手に  十字架を手に  キソまで手を  立上って手の  ちょが手を  一本立にして手  宮沢家の手を  ここで聴き手を  仕込杖を手に  看護員は手を  海野の手に  事もなげに手に  猛獣に手を  且容易に手に  海苔巻を手に  こちらの手から  他には手の  さに凍えた手を  ソローハの手  うなじに手を  靴は手に  鍛冶屋は手を  袋に掛けてゐた手を  火掻棒を手に  火掻棒に手を  振りをして手を  衣片を巻いた手に  鎚で手を  鉄鎚を手に  縄を綯う手を  丹治は手に  櫂もつ手を  ひだ櫂を手に  利劔を手に  小銃を手に  ダニーロは手を  劔を手に  ダニーロが傷ついた手に  カテリーナにむかつて手を  ダニーロに手を  端々までが手に  爪の生えた手が  いいかげんにまるめて手に  丁ほど手  枝折戸は手で  何度か手を  みんなの手  運動から手を  私も手が  感慨をこめた手  俊亮が手で  一丁ばかりかみ手の  諸君と手を  それは汚れた手で  三人の手を  食べものにも手を  これで手を  あいつの手  一種の手  調髪師の手で  悪魔の手  注意ぶかい聴き手の  ひつぱたきさうな亭主の手から  手綱をしつかり手ば  贈物を手に  四絃琴を手に  彼女の手では  村長の手  絃を手で  鉄みたいな手で  衣嚢へ手を  捕虜の手を  らの手で  胸を没し手を  銃把から手を  うえでないと手が  仏蘭西人の手より  三根夫は手を  ぶんと手を  おかげで手には  んには手に  三根夫少年の手を  それしか手が  ただで手には  すべて無料で手には  ものだけを手に  ピストルへ手を  宇宙艇内へ手  変調眼鏡を手に  脱出道具を手に  三根夫の手を  人たちも手を  号を手に  医局員の手で  地球人類の手で  ユーモラスな手を  一人の手  見世物に手を  昔熱湯へ手を  其上は手も  ビルを手に  叔母の手に  美沢の手に  美和子の手に  はずれまで来て手を  新子の手に  繁みで手を  こちらを向いて手を  夫人の手が  新子の手を  圭子は笑いながら手を  給金を手を  所に手の  物をも云わず手を  美沢の手から  美和子の手が  らの手にや  漫りに手を  美術考証家の手に  億劫で手の  事に手は  珍書などを手に  鳥渡気になったので手に  一階には手の  旅行鞄を手に  デイモンの手を  幾年も手を  老者の手をと  ところを手が  とき繁治さんは手を  作者たちの手で  ダルマが手を  私も手や  娘二人かを手にかけ  袖口を手  作家としての手を  魚が手に  髪結に手を  ふっくりした手の  紙が手に  そこでつかまる手が  そこに手が  原稿が手に  題材さえ手  少女の手の  一般から云って手に  神様と手を  僕は手でも  私より手が  ラッケットこそ手に  出版者の手に  号一は手に  演奏者の手も  ほうを持つ手の  眼がみえなくなって手も  のも手を  チーズでも分けて送ってやるしか手が  磁石は手に  長剣を手  二つ三つ続け様に喰わしてから手を  季孫氏の手に  野心家の手に  耳と手の  恣な手に  絃を操る手も  子路は手を  すべて次郎の手で  生活の手  荒田老の手を  鈴田はだまって手を  朝倉先生もかみ手の  眼をぎらつかせて手を  鈴田に手を  大河の手で  塾生たちは手を  塾生が手を  耘り手  帽子には手も  雑巾をしぼる手が  今から手を  雜作な手によ  野郎は手でも  一人で手に  扇子に手を  晴着が手に  被害者の手に  合鍵を手に  警部殿も出来るだけの手を  いまジプシー達の手に  ブラウンが震える手を  強敵が手に  いかさま師の手に  かな額に手を  騎手を手に  盃にも手が  声を制す手へ  他人様の手から  目量を手で  ふたつの手に  紙の手  喜乃を手に  舷から手を  押入に手を  采配持つ手も  錫杖取る手も  銘刀抜く手も  荒縄持ちて来らずやと手を  女よと手を  何処より手に  そこを手  端と手に  正義の手に  峻の手の  峻は手を  信子が手を  勝子の手を  男はためらっていたが思い切って手を  児が手を  画家の手に  一人に手を  幇間の手に  さきへ手を  板に手を  洲美さんの手が  団扇を手  二階で手が  正確な手  乳房が手に  国太郎の手に  調べに手を  東雲堂の手で  靖文社の手へ  各国とも手の  今も手で  国民の手の  信徒が手に  何千という織手が  かくも手の  立派な手の  馬子でなくとも手に  仕事は手を  時の手の  必要以上に手を  首や手や  のから手を  誰の手によっても  子供達各自の手に  子供達の手に  山高帽を脱いで手に  妙に手の  通り此の手は  女を手  相談したいと手を  女中には手を  ヤス子の手を  ヤス子の手が  持主の手の  署長も手が  自分親から手を  誰れの手を以て  下女の手に  いま頭に手を  泥を手に  座間君の手で  ドドの手を  マヌエラの手の  水も手に  傀偉な手の  氷壁をくだいた手が  頸筋を撫でた手が  ノブに手を  騒音は手に  雑作に手を  送話口を手で  ハンドルを手に  スーツケースを手に  考えだと手を  いけぞんざいに手を  ところから纏めて手に  ルチアノも手が  ルチアノ一味の手が  のぶサンの手を  のぶサンの手が  後日信長の手に  ぢ登らうとして手を  べたっと手に  闇の手が  セルカークの手に  巧妙な手  直接死体に手を  植込みへ手を  拡大鏡を手に  器用な手  司法主任の手から  ロープを手で  山に向かって手を  行者が手を  母さんの手で  坊やの手に  こっちの手を  狐の手  狐の手が  政治に手を  誘惑には手も  先生の手によ  文覚と手を  晩は手を  眼を瞑りて手を  銀の手に  肩を貸すに手を  包を持ちて手に  女は手もて  銀貨入を手に  国麿の手は  片隅に手を  重子と手と  危きもの手に  炭を挟みたる手を  養子の手より  天下一品が手に  ことには手が  それ以上には手の  最初は手を  創刊号を手に  山岡の手に  土地も手に  赤ン坊の手を  刑事の手にとり  春吉の手で  カフェから手を  一はおどろいて手を  鳥かごを手に  鳩つかいに手を  ミドリの手を  わから手を  わる者たちに手を  スパイ団長の手によって  かいが手に  ミドリは手を  敵兵の手に  びらに手を  日本人が手を  一行八百人加賀藩の手に  頻繁と手を  鈴は手に  二人を手  ふところから出した手で  良人周三の手を  老婆の手によ  いふ素人の手を  無代で手に  ふみちやんの手は  長さんの手に  ザラにある手で  二段の手を  きみの手を  搜索の手が  口入屋の手に  大阪屋の手に  買ひ手  女を手にかけて  カーチャが手を  調査資料を手に  七郎はおしのけて手に  王の手を  行李に手を  君は手  三千子の手を  懐中時計を手に  動作で手を  噪いで手を  乍ら香具師は手を  布呂敷包へ手を  切り手と掬い手とは  腰を曲げて手を  狭間戸へ手を  宗春は手を  女童の手に  長押しに手を  著者の手に  英吉利語に手  電信柱は手を  もろとも手を  子らの手に  爺は手を  食事は手に  主張して手が  人達が手ば  事務的な手か  心と手との  重曹が手に  落着し手を  あなたが手の  のでないと手が  満足ゆく迄手を  前肢を手の  エハガキを手に  めをつぶり手を  二つとも手に  黒幕的人物の手によって  ボンボンが手に  方法さえ手に  鼓動に手を  四つの手の  旧主の手に  帽子を握って手を  自分達自身の手で  僕達の手で  雄弁になって手を  乞食達は手を  百姓男が酔いつぶれたらしく手を  傍へまつわりついて来て手を  朝鮮に手を  大村は手を  息を吐き出し手で  なにごとにも手の  音のする手を  役人は手が  道臣の手から  背中にかけてゐた手を  兵兒帶に手を  道臣の手を  顏に比べて手の  駒の手で  定吉は手に  千代松の手で  京子は手を  駒の手から  筆を持つた手に  熊の手  #仙太の手を  コートは手に  腕を拡げて手に  めいめい左右の手に  兄の手から  上皇の手に  刀も手に  舞の手は  劇評家の手を  メイ子は手を  黒人の手ぞ  年増の手  そなたの冷めたい手は  撰る手の  寥しう手を  爪ある手  此等は手を  らは手のみ  七二かれ手を  三九人暴の手を  四八汝にむかひて手を  路を進みゆくに手を  彼我を見て手を  おのが手に  我は手を  髮を手に  彼等を手にて  んとて手を  ルキフェルの手より  アンテオの手に  政權黒黨の手に  間より出して手を  一二七〇年ポレンタ家の手に  リミニ市彼等の手に  サラセン人の手に  ロベールの手より  シノンが手を  腕百の手  アンタイオスの手に  間接の手を  ブローカーの手に  らの手には  素人でも割合い手に  異性の手に  当り前に手にかけて  月で手に  東宝の手に  金氏などの手も  互ひに手を  雨が降れば手に  遊惰に走る手も  クチビルと手の  バスヱ転落を手を  初めすべて外人の手に  美術省の手で  従つて簡単に手に  却つて新興勢の手の  善化される手は  廊下を手を  大庭葉藏に手を  札をいちまい手にと  島村の手を  彼女の手へでは  水屋で手を  光の手に  光の手には  能く鳴らぬ手を  両面あり手も  ふみはやりたし書く手は  トルコの手に  ことであるから手の  一本だけ手に  樋口さんも手の  湯たんぽで手と  思案の手を  岩本さんにも手に  箒を手ば  あれこれのひきうけ手が  多くの手が  荷づくりしている手や  脇息を手を  源次の手を  近く白髯を蓄え手には  容貌を具え手には  鐘が手に  洗面所で手を  奇妙な手の  黄と手を  ハンドルの手を  先きに手が  女工の手で  ビラを手に  力をこめて手を  佐々木の手は  無理矢理に手に  甲斐守は手で  グイと引いた手に  金は手  算木へ手を  女勘助は手を  京師殿は手を  悪漢を手  王の手は  王の手の  王は手を  余り自分の手に  証拠品に手を  みゑ子が手  橋渡しに手を  照子は手を  加奈子は手を  指の手を  ビールを持つ手を  鉄の提げ手を  破壊の手から  手帳が手には  警官の手が  事実の手の  母だけでは手が  祖母の手を  恒夫の手から  恒夫の手を  食料が手に  のでなく手の  沢山の住み手が  言と手と  地は手と  魂の立ちて手を  めづる者の手を  足をも手をも  時我は費すにあたりて手の  下にて手を  百合を手に  天使の手より  光を手に  天秤夜の手を  使者これを手に  はんとて手を  玉の手を  ものとには手が  ふろに入れると手の  ヒビだらけの手で  実験器具を手に  迚も手に  衣類には手と  入用という手の  ところも手  胡瓜に手を  夕刻までにしか手に  のでなく手  一杯に手を  列に立てば手に  ものには手も  悪魔的な手  感じのする手で  珈琲とに手を  誤りたる者は手を  仕事をしている手が  お客さまの手と  頭から手の  おかみさんの手の  巡査をおさえつけていた手を  あっけにとられて手も  #だれかの手に  所を手に  トーマスをかれの手から  首すじをおさえている手が  ドアのとっ手に  めちゃめちゃに手を  新聞を手から  ぼくはじぶんの手を  なんでも手には  服を手に  ものは手の  透明人間の手に  火かき棒を手に  透明人間の手や  青二の手が  ビックリして手を  爪を手で  養策を見ると手を  前に立って慣れた手  憲作の手から  一行が手を  ブラシを持って手  憲作は手を  徳市は手を  母時子の手に  徳市の手を  智恵子の手を  涙を流して手を  朝鮮から手を  露國も手を  佛國の手に  皆書物を手  ポルトガル人の手を  西洋人の手に  西洋人の手を  仏哲の手に  近時学者の手に  箸持つ手を  おとづれ人の手で  歴史さえも手に  心の暗みを手  左との手に  風呂場へはいると手に  海老を手  卜部の手に  唱門師と手を  豪族に手を  遊女の手に  母が手  噛ぢつて居たから手を  河童の手を  山男にて手を  #左の手  姿を見て手を  教えのごとく手を  地竹を手にて  子は手に  隙に手を  かぎの手  まま飛びかかり手を  奥にて手も  背に手の  鉄骨の手を  何処まで手を  寄つて権の手を  爪の伸びた手を  なつた手を  彦兵衛は汚れた手で  親蛙に聞かされた手  とき女の手が  手女の手は  スパナーを手にとって  スパナーが手に  中井の手に  夫婦が手を  敵にさらわれて手に  凶器を手に  蛙の手の  私たち二人の手に  時男さんの手から  把手の手の  威力のある手とも  卜部其他の手に  女房たちの手に  山伏しの手を  盲僧の手にも  人間の手を以て  人数で手を  常性として手の  上に手や  羽蒲団に手を  其間休めて居た手を  犯人の手が  血に染んだ手を  妾の手には  ウルフは慌てて手を  オモチャが手に  運転手が手を  球をさし出して手を  代りに手の  兄貴の手に  處理の手の  時より手に  藩士族の手に  フラスコを手に  顔や手が  矢庭に手を  燻精の手を  燻精院長の手を  者の手までを  のなら手  脚と手で  横面に手を  ちやんの手を  お金には手を  自らこれに手を  商品が手に  上にまで手を  供給にも手  真理探求者と手を  一本を手に  思いで手に  読み物を手に  気まぐれに手を  書物も手に  吾妻橋より手を  一つ越さなければ手が  雫の垂れる手を  今に手を  奥さんは手に  どこまでも手を  うちに手に  これじゃ手も  まま他の手で  新聞も手に  まま私の手に  二度目に手に  容易に手  通り勉強の手を  のは手も  首筋を抑えた手を  茶椀を手に  岩波茂雄君の手を  庄太郎は手に  こちらでは手を  農場から手を  ドイツ書を手に  ものにまで手が  絶版になっていて手に  パスカルを手に  伜宇平の手でも  女房の手でも  頭と手とに  俵に手を  九郎右衛門が手に  衣類腰の物とには手は  神器を手に  書記が書く手を  血が手の  葉を束ねて手に  そつと叩いて手を  樣に手を  石を手の  ヒラブ貝に手を  手より手に  ローマ人等の手に  チェーザレの手に  物彼の手に  オノリオの手を  學術に手を  民の手に  天地ともに手を  アナーニアの手の  カエサルの手に  レーモンの手より  シャルル・ダンジュー一家の手に  三世の手に  左右の手  ゴート人の手より  一僧侶の手に  訪ひて手を  一寸ばかり手が  杖をたてて手を  ウ氏が手を  容子が手に  審判に向って手を  前衛座等の手によ  相撲の手では  文芸春秋社の手で  興行資本の手から  理論家の手から  事情で手を  大に手を  のにこつちが手なんぞ  ギイトリイの手によ  佐伯の手を  時に用いる手  コップを手にとって  いつか劇作に手を  ヂェネレエションの手によ  本多の手に  泉君は手を  蟹に手を  少数者の手に  競技場を目がけて手に  間一髪救ひ手が  大人達の手から  妻の手は  外部からは手の  隔絶していて手を  相互の手で  そこに入るには手と  荒廃の手を  誰も手にとっても  団体の手に  校訂によって手に  攻撃者の手に  科学の手に  新明正道教授外二名の手に  最近三枝博音氏が手を  社会主義的社会科学そのものからも手を  社会主義的社会科学から手を  刊本を手に  校正者も手の  所へ手の  プレヴォ氏の手に  富田が手を  ようになった手で  懸想して手に  何処から手に  オヤと思って手  妹にも手を  政権一度われらの手に  ゴンゴラ将軍の手に  中へ手で  乳白の手で  私は慌てて手を  侍臣の手から  安期生の手から  矢をつがへて手に  矢主の手に  矢を手から  うちは手に  蟹を手  私の手までも  一寸額へ手を  聖賢の手に  省中何人の手に  尋常文人の手に  十六の手で  時計屋敷には手を  二宮少年が手を  カーテンに手を  話をだまって聞くより手が  笛をもらって手に  今日慈善の手に  既成劇団の手に  編集を手から  顔をうたれて手を以て  清水を手で  薄にて手を  女おきなひたひに手を  標榜して手を  旧版に手を  素人の手が  写実的な手を  腕や手の  誰も拾い手が  頭部と手とを  顔と手が  シナ人の手によって  同一の手に  二三の手を  純粋の手の  面相についても手についても  腕と手の  左右の手が  印を結ぶ手だけを  壁画の手の  印相を結ぶ手の  顔は手ほどは  画家の手が  頭部や手などが  指先をつけた手の  神将は手に  機関の手によ  それゆゑ民衆自身の手に  警察の手にのみ  誰とでも手を  反動攻勢という手  癖ある手をも  猪口もつ手を  石で叩いて手で  ラマ教徒の手に  カンジュールを手に  絶叫して手を  生涯身につけて手は  中原恢復に手を  骨張つた頸ツ玉に手を  泥んこでよごれた手で  火鉢が手から  私は思はず呟いて手を  無骨な手に  所か手を  ひろ子の手が  ふり払われた手を  ダルゲが手を  私達の手を  文部省課長と手を  図書館界の手を  小売店が手を  整備されて手を  白酒も手に  茶碗取る手も  道具箱へ手を  他の手も  箸持つ手さえ  一つ仕事に手を  河合は手も  河合の手に  実業家の手に  平助の手に  財布に手を  ままに手で  前なるは手に  妖怪の手から  板片を手に  不安が手を  あなた方は手を  心に向けて手を  愛の手が  鐘を手に  妖女が手に  嫁の手が  顏と手を  耕作の手が  近くには手に  何も知らない手が  駕籠の手に  思出して手に  人目も恥ぢずに手を  筒袖に手を通して  時小杉さんの手に  二度とは手に  小杉さんが手を  懼れて手も  次の打ち手を  #当り前の手ばかり  ような手は  正確な手を  封筒に手を  一本の手は  活動写真でやれ手を  なりな手で  後生学者の手で  後学の手で  はなづまの手  肘と手  鎌をとぐ手は  方へ回るから刈り手は  にこにこしながら手も  姿で手の  鎌で手を  省作の手を  恋の手に  午後になって手を  前にしゃがんで手を  友が手に  良人が来て手に  其兄姫を手に  結局は手を  定期に手を  検査役の手で  軍治の手を  ことを手を  幾の手に  憤慨して手を  進撃して手も  姿は手を  陰陽師等の手にも  村君も手の  憂鬱な唱い手の  脇差しに手を  ふしくれ立った手で  派手な手を  太鼓をたたき手に  次郎右衛門の手を  赤ん坊の手に  蘭の手から  四方八方に手を  式部の手の  勝太郎の手を  首から手を  櫛笄でも手に  何も要らぬと手に  霊に手を  盗難には手の  流石に手を  者で手の  倉蔵は手を以て  倉蔵は手に  細川の手に  細川繁の手は  山人の手からも  しげに手を  煎餅を手に  急におどり上がって手に  大字民の手に  欠伸の手を  山を手で  ボーイたちの手で  春隆が差し伸べた手を  昨夜誰かと泊った手で  背中へ廻した手の  シュミーズに手を  ポツダム宣言で手を  クリームを塗っていた手を  京吉の手を  軸を手に  シンの手から  ノーノーと手を  巡査の手は  陽子も手を  キャッキャッ団の手を  自分たちの手を  パイから手を  芳子の手から  ソロバンをはじく手にも  北山の手は  北山の手が  金具に手を  貴子の手を  春隆から手を  合鍵を出そうとする手を  煙にまかれて手を  播重の手から  紳士とも手を  播重と手を  由兵衛の手に  恒雄の手が  菓子に手を  平次の手の  四人ながら手  庄八郎の手を  つど紅巾は手から  紅巾を手に  彼らの手も  月子の手を  鑿の手を  月子の手へ  城主は手を  箏の手を  甚太郎は手を  甚太郎の手が  身を屈め手を  万兵衛の手が  経文を手に  私達と手を  犬丸は手を  謙信は手を  卜伝も手を  神の手では  愚老が手に  老人の手へ  乙女の手で  乙女の手が  群集へ向かって手を  信徒の手で  城主の手に  数十人の唄い手の  一部に手を  信吾は手  許り手を  聲が手に  圖針の手を  室に向いて手を  利代の手を  對合つた昌作の手と  昌作は手を  靜子の手を  鉛筆を持つた手で  皆自分が手  智惠子の手は  信吾は手を  手巾に手を  ハイカラさんの手でも  富江の手を  山内には手  わしの使った手の  郵便屋へ手を  女中を呼ぼうとして手を  学界元老などの手に  稀音家浄観翁の手に  土まみれの手を  他人の手になんて  胸像が手も  肩をいれながら手を  酔が手  芝居気にも手  三位の手に  数人の手に  残念だが手を  活用論者の手に  事業とに手を  実を撃つの手を  ものを手ば  我ながら手に  真似許り手を  濁声が手に  図針の手を  対合つた昌作の手と  供に手を  智恵子の手は  道化た手  ハイカラ様の手でも  累々しき盲翁の手を  船着まで手を  厄介物の手に  ジェミエの手で  染は手を  家来どもの手で  音までが手に  とき彼には手といふ  自分では手の  耳や手やを  タオルで濡れた手を  機械人形の手を  兄妹の手を  船員の手を  マリ子の手を  船員が手を  憲兵隊の手で  大辻の手も  人造人間エフ氏の手から  金網に手を  わしの手は  ドライバーを手に  殺害する手は  何ものにも手を  嚇かしの手  盃を手から  ドイツ側の手にわたる  ドイツ側の手に  フリッツ大尉の手に  ニーナの手を  窓に手が  博士の手によって  裂け目に手を  丁寧にいくども手を  鉢巻をして手を  爪先や手を  千鶴子は手に  俊が手を  新の手を  シンデレラの手を  仏教家の手によ  缶は手で  五本の手の  柿丘氏の手を  師の手に  胸に手  これを書くまでに手に  事務員の手に  商取引にも手を  秦の手を  洪正敏の手で  本屋にまで手を  線綫を手に  線を手に  學生は手を  孔子に手を  皆自然の手が  襟先を手で  時季は手も  ヴァイオリンを手にとって  橋のかみ手の  鉄橋のしも手の  三人の手に  枕木に手を  お茶を汲んだりする手を  ポンポンポンと手を  膝を曲げて手に  お上に手  宇一が手を  武骨な手で  同様に手  警保局長の手で  後ろに手を  14梭の手を  忠太は手を  製図の手を  籠を手に  自転車を手に  赭松に手を  反射的に空いた手を  道端に手に  主婦さんの手の  手袋をした手で  菜穂子に手を  それまで手に  メガホンが手に  独力では手が  椿山さんも来て手を  婦長さんが手を  鍬が手から  傷につられて手を  標本は吹き飛んで手が  年寄り夫婦が手を  史郎から手を  三人が立ち上がって手を  二人も手を  私たちが手を  ご飯を手に  杖持つ手に  二人ずつ手を  治療を終わった手を  顔や手などが  狩野君の手より  #先生の手を  那珂先生の手によ  手を打てば手  灯ころも手の  ころも手の  吾背子と手  吾持つや手  枝は手  寺のうら手より  弓箭を手  食稻とぐ手も  露西亞の手に  我等が手は  君が手は  蕁麻の手にも  根こじ手に  左の手のみを  あまたはあれど手にも  ひと日母が手  女の手なり  同情者の手に  蚊を打てば手の  領土を手に  喜助の手を  老人を甦らせる手の  多量は手に  紺の手を  鞭とを手から  時儀をするとか手を  情けで手に  三人に手を  取残して手に  女の手という  やつは手を  連中の手で  写真に手を  委員会の手で  人々を手で  髯に手を  ランプを手で  本気で手を  繰返し二人の手を  げに手に  方面からも手を  笞を手に  机越しに手を  方々の手を  弁護士の手を  破滅に手を  被告自身の手で  それすら手に  役人の手には  弁護士の手には  レーニの手を  弁護士が手に  工場主は手で  連中の手に  小使の手を  あいつは手には  少女はよろこんで手を  寝巻から手を  三本パステルを手に  少女たちの手が  働きかけで手に  裁判官は手を  商人の手の  うめき声をあげて手を  上についていた手を  強力に手を  最後的に手を  一方の手も  ブロックは手への  レーニの手の  自分を手に  神経質そうな手で  支店長の手を  寺男は手で  二十本もの手を  小刀が手から  訴訟に手を  相手に手で  行員の手から  もじゃもじゃ生えている手を  機会を手に  そばを手に  直接的に手に  ことをやって手に  支店長代理に手  母を手で  鉄色の手には  ノートへ手を  ガサガサ荒れた手を  がけに手に  私の手からは  お客さんが手を  時は手に  水をつけて手で  袖口で手を  すべては手  貴方に手を  腕から手が  二匹を手に  是非とも手に  雄蝶一匹を手に  中身体だって手に  小一郎の手に  舟から手が  一式氏が手に  美人を手に  一匹は手に  嚇しの手が  ア俺らも手を  足にもあれば手にも  廻わりながらの薙ぎの手  それこそ手も  殺生ながらも手にかけて  鼻面を手で  民間の手で  大勢が読むといふ手も  国語学者の手に  諸君の手に  作家の手で  馬鹿な手が  夜光命の手に  十口坊の手に  瓢箪を手に  冬子の手が  一つ助手の手に  上をみると手の  把手などに手を  手です手  四本指の手の  革手袋を嵌めた手で  革手袋を嵌めた手を  君の手なんか  四本指の手が  円タクを飛ばす手を  親しく手から手へ  いずれに手を  絹坊の手を  千代子の手に  こっちからも手が  事件だから手を  ことを聞かんで手を  俺たちとは手を  速水にも手を  ところへ現われたら手を  ヌッと手を  今中谷助役の手に  マスミの手で  俊夫君に手を  俊夫君はふるえる手を  山本の手から  絵はがきを手に  とき警察の手が  茶呑茶碗にだけ手を  俺たちの手に  飜然とし手を  李唐の手に  一方の手へ  口々に言いながら手を  皆の手へ  おのれが手に  弥陀は手を  仏壇に手が  人々に手を  指導者の手を  靈媒と手を  心靈研究會から手を  妄りに手を  おれたちの手で  宣教師モウロはおいよの手を  妙は手を  確に手  わしが手で  猛者の手を  父の手  親たちの手の  媼の手が  洋燈に手を  自分は手  牛を手  覺えず手に  乳搾に手を  乳搾りに手を  動作までが手に  気に手の  笛を持つ手が  茶器に手を  摘み切りを手に  団扇を持った手を  注くと手で  省三は手に  野本は手に  数多の手が  女中は手に  団扇を持つた手を  気がつくと手で  沢山の手が  つて細君の手に  ジルベールに手が  ルパンが手を  ズイと手を  プラスビイユが手を  切手箱に手を  抽斗には手を  とその手は  ゃつの手から  ドーブレクは絞め付けた手を  四ツの手を  ドーブレクは絞め上げられた手を  余り無造作に手に  ビクトワールが手を  二度あなたの手に  ルパンの手で  下男との手を  誰れの手に  ジエルミノーの手に  辛辣な手を  手段をもって手に  連判状を手に  ルパンの手に  ハワード商会に手を  ろしくて手も  刹那ルパンの手は  ルパンは手を  部下二人の手で  連判状が手に  連判状さえ手に  言葉通り真物が手に  連判状は手に  眼球を手に  彼女を手に  踊り子を手に  北朝方の手に  素材に手を  私が訊き手に  幕府方の手が  日々健吉さんの手へ  ハイボールを手に  総理の手から  尊氏の手で  編集の手を  藤原氏も手を  吉次の手を  さい一門自体の手で  門人らの手で  検非違使の手へ  編集の手から  ところ分布図を手に  衆の手に  文部省も手を  院宣を手に  校閲部の手に  陶器の手  一巻を手に  十巻を手に  書を開く手には  讃の手が  清盛などの手に  ワイシャツの手  同時作家の手で  砂子撒きなどにも手を  田中貢太郎老に手を  鑑識課の手から  場合でもあれば手が  幾通も手に  英京ロンドンで手に  彫刻にも手  素人彫の手  貧嚢では手が  幾人もの手を  幕下松田尾張の手に  直木三十五の手に  伊織の手で  張扇を手に  色を手に  剃刀が切れないとて手で  漂泊しにいく手は  著作を手に  テニヲハ直しが手に  少女の手から  細そりした手を  脅迫して手に  そうとした手を  小女の手を  そこには手が  椅子の手  山西は手を  美都子の手の  ハンカチの手を  水で濡れた手を  傍へ坐って手に  和尚単独にすると手  時などは手に  僧侶の手に  緑色に染まつた手を  今度南洋へ手を  倉庫を手に  こっち向きにつくんつくんしながら手を  照子の手の  調子を破られては手も  彼等は手ん  馬でも手に  素戔嗚の手を  刀子へ手を  三度彼に手  彼は捉えていた手を  二三度鍵の手の  柄にこそ手を  絽ざしの手を  湊の手から  湯呑み茶碗に手を  煎餅を持った手を  薔薇いろの手を  さきにはむすびて手を  要所の手  者たちは手に  膝頭から手を  神中の手に  偶然自分の手に  一番僕が手を  氣がして手を  少年がふりかえつて待つている手を  音に合わせて手を  今まで使っていた手が  びそめし黒髮を手には  観衆の手に  繪を手に  シリーズが手に  田中君と手を  二つ人目をさけて手を  バレンも手も  小説なんていふ手  我々の手から  蜘蛛の手の  黄の手に  いずれも手を  三味線の手までを  連中には待ちくたびれて手を  矢を手で  矢も手で  金が出来れば手も  人間を手  檐端の手の  鍵の手を  鍵の手で  瘤へ手を  秋さんの手へ  男の子の手に  絹団扇を出して手に  仕事にも手が  生理学に手を  日本女に向って歩いて来ながら手を  日本銀貨は手から  骨ばっかりの手  裾へ手で  あっちこっちに手を  混って手を  鉄格子から手が  オーリャの手を  信吉の手が  パラリと手を  アーニャが手を  領域にも手を  オーリャが手を  端で手を  テーブルへ手を  乾草つくりに手を  一人でも手に  彼がうつ手は  皮を手に  ヴァン・リッパーの手によって  カトリーナの手を  カードを手に  熱心に手の  警察なんかの手に  手前の手に  ニンフの手の  伯爵の手に  掏摸の手に  探偵の手が  話までも手に  鍋の手を  二ツ三ツは手に  花の手と  一人の手をも  彼は弱った手で  海賊どもの手で  カアルの手と  十娘の手を  私ひとりの手では  李は掴みし手を  扉を手  四千両が手に  おまえも手を  李の手より  これにも聴き手が  小判五枚には手を  ころに手に  頃に手に  薬さえ手に  隣国まで手を  発見の手  座敷で手を  下郎めと手に  町廻りの手に  加勢してかれのゆく手を  喜兵衛の手に  名管を手に  羽島さんは手を  例の手  老婆は手に  綱から手を  二三人かかって手で  錘を手で  妹娘には手を  清一の手を  くず屋の手に  眼に見手に  画集を手にとって  畫集を手に  懐へまで手を  

~ 手[名詞]2
その手  大きな手  烈しく手  はじめて手  極めて手  互に手  其の手  すぐ手  殊に手  安く手  深い手  すこし手  空しい手  赤い手  白い手  さびしい手  漸う手  ずっと手  猶手  まだ手  つめたい手  ちょっと手  この手  なんにも手  こう手  蒼白い手  一度手  早く手  どういう手  ふと手  ふたたび手  やがて手  さらに手  太く手  つよい手  ない手  小さな手  とんと手  しろい手  ひとしく手  ぽい手  どうにか手  冷たい手  甘い手  強い手  まもなく手  別に手  すでに手  すばやく手  なかなか手  やわらかき手  しぶしぶ手  細い手  くさい手  しっかり手  二度と手  つと手  どうにも手  淋しく手  わが手  黒い手  どうして手  小さい手  次第に手  時々手  熱い手  こんな手  よい手  全然手  やっと手  まったく手  はげしく手  そう手  高く手  どうぞ手  どう手  まるっきり手  もっとも手  おずおず手  いそがしく手  ひとりでに手  またもや手  かぼそい手  やさしい手  そのまま手  良く手  もう手  固く手  ほそい手  青白い手  淋しい手  美しい手  可愛らしい手  あの手  なるべく手  再び手  太い手  多く手  たまたま手  幼い手  なぜ手  まず手  たびたび手  仲よく手  おぼつかない手  ぜひ手  実際手  頻りに手  決して手  屡々手  あまり手  しばらく手  なにか手  じっと手  もっと手  はやく手  そっと手  つよく手  いささか手  きっと手  しきりに手  つい手  思わず手  素早く手  少し手  何やら手  同時に手  厚い手  大きい手  急ぎ手  ぱちぱち手  めったに手  小さき手  どうも手  最も手  どんな手  ことごとしく手  きっぱり手  っぽい手  すっと手  あぶなく手  うやうやしく手  浅ましい手  もう一度手  大きく手  ひょいと手  こい手  とにかく手  白き手  はたと手  軽く手  悪い手  優しい手  甘手  うっかり手  空しく手  順序よく手  なく手  まるで手  せめて手  しょんぼり手  とぼしい手  ドンドン手  先ず手  いろいろ手  時おり手  汚い手  はっと手  益々手  やけに手  初めて手  およそ手  尊い手  柔かい手  さも手  好く手  いかにも手  よく手  長き手  全く手  しっかと手  すこしも手  ずるい手  いつの間にか手  いつも手  思うさま手  たやすく手  そういう手  もしや手  とても手  かわいらしい手  そんな手  強く手  うんと手  力強い手  飽くまで手  かた手  柔らかい手  同じ手  ひさしく手  美しき手  すっかり手  何とも手  長い手  わざわざ手  おそるおそる手  既に手  臭い手  恭しく手  いい手  必ず手  あやうく手  実に手  可愛い手  逞しき手  思いがけなく手  せっかく手  深く手  慌しい手  間もなく手  もし手  ちょうど手  かたく手  古い手  あまつさえ手  何ぞ手  むくつけき手  特に手  わざと手  暗に手  無論手  ゆっくり手  甚だ手  大して手  パチ手  むずと手  我が手  多少手  何時の間にか手  ノコノコ手  ぜんぜん手  まるきり手  円い手  ちゃんと手  激しく手  やさしく手  そうっと手  只手  ほとんど手  ふっつり手  それとなく手  あっと手  さっと手  えらく手  恐ろしく手  なんで手  どうやら手  時には手  ひとまず手  今や手  あつくるしい手  らくに手  いまだに手  ちょいちょい手  やにわに手  時に手  恐らく手  温い手  暫く手  荒々しい手  逞しい手  丁と手  すばしこく手  あたたかい手  うつくしい手  旨い手  悉く手  やっぱり手  いちいち手  一旦手  いったん手  つつましく手  早手  とうてい手  もう少し手  一方ならず手  たとい手  突然手  たちまち手  奇しき手  未だ手  かたい手  いよいよ手  おもわず手  ほそながい手  いずくんぞ手  共に手  これから手  よく手  せいいっぱい手  いきなり手  あまりに手  又手  どの手  うるさく手  ひろく手  なれなれしく手  ろくろく手  同じく手  いと手  黄色い手  細長い手  恰も手  絶えず手  じかに手  たしかに手  然るべき手  さして手  どうしても手  良い手  はっきり手  まことに手  ろくに手  細き手  おおよそ手  ぱたっと手  とうとう手  ひどく手  ピッタリ手  さっそく手  いくらか手  そんなに手  更に手  堅く手  温かい手  新しく手  むずかしい手  遂に手  ぐっと手  直に手  改めて手  ほっと手  ようやく手  黒き手  丸い手  かわいい手  到底手  もはや手  薄い手  現に手  真白い手  それだけ手  あんなに手  ついに手  さしあたり手  いちどに手  何気なく手  一々手  生白い手  一応手  恐る恐る手  しつこく手  呆然と手  なまめかしく手  あんな手  所詮手  かたみに手  ひとしきり手  互いに手  こんなに手  そっくり手  かならず手  せわしない手  いくらでも手  硬い手  ちょくちょく手  みじかい手  折々手  ちっとも手  殆ど手  短い手  何しろ手  あらゆる手  後で手  なき手  高い手  快く手  しじゅう手  一向手  にわかに手  うまく手  徒に手  忙しく手  否応なしに手  いかに手  一心に手  それほど手  なんだか手  徐に手  やはり手  屡手  早手  睦まじく手  漸く手  容易く手  余程手  永らく手  かよわく手  せっせと手  もしも手  あっさり手  若しも手  どうせ手  べつに手  あくまで手  どんなに手  さすが手  無く手  危うく手  とかく手  かるく手  ともに手  きわめて手  早速手  いつしか手  何だか手  するりと手  何一つ手  キッパリ手  軽々しく手  優しく手  かよわい手  重たい手  ちいさな手  忽ち手  珍しく手  なんらかの手  茫として手  ずいぶん手  暖かい手  新しい手  やおら手  何故か手  いやしき手  ニガ手  おなじ手  いろんな手  しばし手  なんとか手  すかさず手  虚しい手  なにしろ手  女らしい手  そんなふうに手  ふるって手  黙々と手  蒼い手  ただちに手  本当に手  いかなる手  サッと手  きたない手  そぐわない手  今にも手  てんでに手  けっして手  いわゆる手  いざ手  小さく手  存外手  拙手  今さら手  はや手  早い手  ぽかんと手  極力手  まさか手  いつのまに手  うまい手  まあ手  やわらかい手  果して手  とどのつまり手  おさない手  こっそり手  ざらざら手  何となく手  かく手  にが手  わるい手  怪しい手  早くから手  紅い手  随分手  むなしく手  何とか手  恐ろしく手  誠に手  ひょろりと手  著手  てんで手  長く手  またも手  快き手  何で手  無い手  しょせん手  なんとも手  常に手  ニコニコ手  だいぶ手  なまじっか手  尚さら手  いっそう手  こわごわ手  なるたけ手  きちんと手  ちと手  ものものしい手  やすやす手  真黒い手  よし手  つねに手  広い手  遠く手  丸っこい手  さっさと手  バンバン手  誰もかも手  まして手  たいして手  白く手  またまた手  かの手  やわらか手  たくましい手  ふかく手  代る代る手  且つ手  平に手  よっぽど手  断然手  手ばしこく手  おとなしく手  つまらなく手  毛ぶかい手  正しい手  ぴったり手  おたがいに手  むんずと手  当然手  永く手  できるだけ手  かにかくに手  大いに手  堅い手  ひょっと手  まんべんなく手  ぬっと手  すこぶる手  情深い手  勿論手  堅き手  ぐるぐる手  遠慮なく手  ついつい手  どっさり手  たんまり手  ぶるぶる手  何故手  いやらしい手  ぼんやり手  始めて手  あんまり手  わなわな手  しまいに手  とうに手  ぺたりと手  強いて手  優しき手  すごすご手  さんざん手  いさぎよく手  潔く手  うく手  気持ちよく手  ほとほと手  悪く手  ある手  あえて手  にゅっと手  まさしく手  骨っぽい手  ことごとく手  青い手  よほど手  真に手  もとより手  吾が手  案外手  ぎこちない手  湿っぽい手  ほんとに手  平然と手  より手  穢い手  あらためて手  甚だしく手  次に手  あたかも手  ときどき手  愈々手  緩手  むしろ手  まんまと手  いつの間に手  ほんの手  毛深い手  暗い手  温き手  恐ろしい手  終に手  軟らかい手  あったかい手  そろそろ手  しかつめらしく手  直ぐ手  豈手  ただただ手  細かい手  珍しい手  浅黒い手  始終手  おのおの手  いやらしく手  荒々しく手  いそいそ手  いまだ手  やすき手  腥い手  久しく手  比較的手  ますます手  少しく手  よちよち手  重い手  依然として手  心から手  いくぶん手  さ手  当て手  くちから手  慌しく手  さみしく手  漫然と手  ややもすれば手  酷い手  単に手  ばん手  とたんに手  断じて手  げに手  ぜひとも手  かえって手  熱き手  深き手  又もや手  ずーっと手  狡く手  かねて手  少々手  愛らしい手  暗から手  しょっちゅう手  大した手  やさし手  なつかしい手  気ぜわしく手  ごっそり手  とりいそぎ手  だんだん手  グングン手  多分手  相変わらず手  かつて手  うかと手  なんと手  そのうえ手  女らしく手  相当手  まだまだ手  却って手  とっくに手  段々手  何かと手  物々しく手  ほほ手  汚らしい手  うとう手  好い手  皆目手  虚しく手  ついぞ手  渋い手  至って手  親しい手  頑として手  しいて手  正に手  いやいや手  たいへん手  ぱっと手  もちろん手  さもしい手  弱々しい手  そのうち手  まさに手  ほどよく手  最早手  おもむろに手  佳い手  ふかき手  こそばゆく手  かなり手  まるっこい手  醜い手  短く手  なまじ手  一向に手  何と手  うすい手  きたる手  たいした手  然手  わるく手  美しく手  かわるがわる手  いかめしい手  思い切り手  しばしば手  直ちに手  なおも手  なし手  黒う手  たまに手  若々しく手  こまかい手  なにげなく手  ふっと手  若し手  乏しい手  親しく手  数多い手  程なく手  近い手  色んな手  未だに手  遽しく手  柔かき手  我と手  ゆくりなく手  嘗て手  注意深く手  覚えず手  細かく手  めずらしく手  こういう手  忙しい手  馴れ馴れしく手  そぞろ手  冷っこい手  必ずや手  しろき手  

複合名詞
手引く手  みな手  つて手  一手  手違  まくり手  運転手さん  運転手  濡れ手  対手  手籠  手一つ  幾度手  一日手  結局手  手そのもの  話手  手附  手がら顔  手ぐられでもするように  手伝  手療治  本所区外手町二丁目十五番地  手もち無沙汰そう  手擲弾  舞人がてん手  次手  足手  乍ら手  時手  手答  つて手違  手違ひだ  手匣  手續  手傳  手遊品  手摺り越し  手摺り  手竿  句集半切代入手  手入  句集壱部代入手  つた手  一つ手  うつ手  サ対手  只手  我手  流石手者  ア手前手  亀手  手者  手切  手向い  菜園手入  うしろ手  なほ次手  手ざはりを  手輕  百手二百手  ら手  手剛い  手脚  たる手  柔手  八丁手  端手  手応  手招  其相手  通り端手  一寸手  卒然手  手篋  使手  手ぐり  手がてんびん棒  一塁手  外野手  内野手  中堅手  手かばん  手習  手ぎれいさ  手なみ  楽手  手障り  手ざはりは  手空  立像手  花手  林檎料理手  薔薇手  はと手  手切金  乙種運転手  手ン手古舞  手端  手眞  さうに手  突込み手  最初手  傷手  手白  手其物  長子手白  満足さうに手  琴手クレヴィン  琴手  踊り手たち  琴手自身  充分手  引受け手  手あたり次第  手伝ひも  手頸  手當  手がらびと  手がら  一等運転手パイクソン  手まわり品  照準手  中学生対手  手伝つて  吉川運転手殺害  手太鼓  言つた手  一歩手  きり手  手筥  手功ばなし  手輩  まま手  子供対手  手招ぎ  手傳つて  アハヤ手  手登場  手ッ取り  びのあたりを手  直接手  みんな手  一つ一つ手  百手祭  手あい  手ツ取り  とり手  手欄  送り手  手脂だらけ  懐ろ手  手ざはりのなめらかな一枚  手頼り  さへた手  エナイ絡ンデル薪ノヤウナ手ト  君モオレヲ対手ニシナイ窓カラ  鋼ノゴトク手  手みき  おん手  つて手嚴  婦人無電手  綾手  手指  手比  必仲よう手  手強  手習鑑以来  手ばなし  慰め手  二人手  毎日手  手これ  百方手  手始  詰め手  手習師匠  手ぐり網  引取り手  うち手  二手  手傳ふため  手踊り  戸口さ手  機関銃手  手はじめ  手馴  手一ツ  十五叺手  手一ぱい  泥手  長年手入  手傳人  顧客対手  皆手め  手め  手ぶり  沢山手  学士はたきびに手  ば手  最近手  放免付二左右手於一  手引致  送受信機ハ何処ヨリ手ニ  皇子手  臣等手  づのみ手  運転手連  運転手仲間  手よう  一切手  手型  為め手  手附金  手鈎  手唾  蛙手  手庇  皺手  ぐたりと手  あい手  対手方  手さき  新撰組一手  手捜  手みたい  手あたり  手搜  手折つて  手網  救い手  手布  一等運転手  十手  アア手  一枚手  手裏  四手駕  四ツ手  船手  船手組  柄手  庭手  伏手  手功  組手  手策  手塞ぎ  散々手  華手  運転手達  ふところ手  天陽様相手  序手  手助  い手  手古  十分手  受けつぎ手  拳闘手  黒手組  手わけ  手エ出し  いま手  交換手  合手  学び手  すべて手  自ら手  ただ手  黒手組助六  四手  手製本  それぞれ手續  手箪笥  ゃあお手伝  手証  徐かに手  ときむしろ手  運転手台  ぷりと肥つた運転手  めいめい手  切符手  手レン手クダ  云つて手  手上  間手  其土手  手為事  手藝つた  一手勝ち  手彫り  手籠め  手帛  船手方  手込  手対い  手ぐち  品々手ニ  候事ハ私手ニ  ぷらんと手  懐中手  直ぐ手  機関手  手ふき手  刑手  真似手  一ツ手  踊り手  手押  一ばん手  みんな手伝  手扱き  ポケツトヘ手  人形手  一茎手  ぐつたりした手  手ざはりの  ただ一冊手  手おしポンプ  他人手  ゴーチェ信号手  刈り取り手  染め手  草刈り手  あいだ手  何かしら手  踊手  手ハ  たくさん手  手近く  手ずれ  いふ手  手鞄  信号手  信号手ひとり  二等機関手  手習ひで  八方手  手頼  手ランプ  手あき  四つ手網  ツ手  船手組取次  手雪洞  引相手  手ッ  四ツ手駕月  手びき  手筆  手裡  手ばさん  から買つて手  手ぶり見  引取手  四方手  頼み手  殆ど春陽堂一手  呼集め手分  話対手  於茲手  手ふり足  鳥住卯手  近く手  身みずから十手  手笠  手廂  ト手  手招ぐものがあります  巧手  手傳つて切り盛り  手遊屋  一手販売  ぐんなりと手  四ツ手駕籠  手近くここ  猟手ら  手使い  手招ぎや  石川一手  四ツ手籠  法縄十手  自身十手もち  籠手  かな手  血潮手  手さ  手活  探り手  手券  ぐやちぬが手  ワアワア手  偶然手  儘左手  二足三足下手  ア手  手たち数十人  手組子  手エ  手ぢ  謎手  お前さん手  民弥殿手  ムザムザ手籠  人民手  みずから手  十六編手近く独立  手八丁口八丁  手ひとつ  手ちがい  手わたし  手頭  賞め手  手温るい事  手伝ひで大騒ぎ  一寸手さき  蹙め手  おのづと手  手蓋  百手  タダ手  持手  殆ど手  運転手服  手伝ひで  手狹  16手  21手  手銃  手ながの  手踊り雀  それなり手  弦楽手  鼓器楽手  楽手二名  楽手たち  手クビ  十四手目  二十五手目  六十七手目  手頼つて  手全体  つた踊り手  掩うた手  づみで手  手の  上げ手  手數  手招ぎをして  手鳶  手函  二つ手  手ざはりでわかります  手さぐりでおわかりになりますやうに  手伝つて五十人百人  手ダマ  手ぶり哥  達手  自分一手  手舵  物手  手あら  尊手  手ごころ  女髪兼安が手  預り十手  一つ次手  十手捕縄  スゴイ手  事手  手のち  滑かな手  づツしり手応  手具脛  手討  手剛  皇子手研耳命  可美真手命  手末  五手掛  一手一足  軍一手  手刷り  作り手  作り手たち  従来通り作り手  手写し  一人手  ひとり手  抑え手  人間対手  手ぐいで頬かぶり  ところ手  手携げ袋  叉手  おのれ手なみ  手擒  脈うつ手とり死  ゴーリキイ対手  農民対手  当時手  舟手  二手三手  三手  水陸一手  奏手  タクシー運転手  限り手  運動會相手  働車運転手等云々  二手目  手押車  われ知らず手  転轍手  手縄  節ばつた手  握り手  ムクムク手  彼自ら手  其横手  大体三手  いくらいくら手  ょうちゃんの手  対手兼家政婦  舞衣うしろ手  ゑすがた手筥  肩さし手さし供奉しまつる  弾手  づさうとして手  手觸  手落  ひと手  臨時手伝  自分手  カシワ手  先づカシワ手  手痴寂  水陸二手  手ぶり足ぶり  皆手  御用十手  背後手  敷居ぎわに手  攻め手守り法  対手かた  手嫋  手嫋女  手興行  著手  早手  手ミシン  あれこれ手  鶴姉さん手  生前手  外ニハオ婆サンノ手カラ  コンナ手  吾手  人相手  鬼手  運転手席  むちみたいなものを手  手向かい  手だま  手あたりしだい  ところ射撃手  手まわり  傳手  白露手  関興ふた手  螺手  手ぐりで  ひとつ手  手ッ暗がり  相当手  誰か手  手山  手づよく  当分手  手突矢  手突  四つ手  さまざま手  こいつアいっそう手  手ぐること  はり手  手びさしをして  船手役人  黒手  独り手  潛つて手  手掛  いちばん手  手詰  手其處  神手  磨十手  棒手  手扇  水手  海手  一同手  手ぐってみたらなにかの  鍵手  手伝ひたい  ラツパ手豆腐屋さん騎兵みんな  手綺麗  琴手トオカル  稼ぎ手  五つ手  つた序手  手かげん  手作  手掌  馬口労相手  手嚴  肥つた手  手頼ぢ  旅人対手  手ミヤゲ  翌朝手  ビリ手  手ブラ  手ヤワラカ  五人手  手彦  權利ヲ犯ス者ナルヲ以テ單ニ手數料  手重  三匹手  銃手  一匹一匹手掴み  手掴み  八手  手船  手ニ成リシ物ニアラズ  手掛カリトナス人有ラバ  舞臺横手  真玉手  手撈  手捷  手さぐりでそこらをなでまわしていたが  一度手  手丈夫  速攻手  つた十手  皆んな手當  手織物  手容  手縞  手遲  手招ぎました  手弄み  つて手弄  手一つ計り  くも手  山三郎手  消防手御免  何一つ手  転手  手數ぢ  ぱしから手  づ手  二百円余り手  一番余計手  それぞれ手わけ  シ手習イシタモノナラダレデモ感ジルコトダ  貰手  かき手  ツト手  手宛  ラッパ手  三度手  手近く一例  坐り手  高手籠手  一舞踊手  舞踊手  相撲四十八手  奴めモミ手  手番  攻め手  二三十手  モミ手  手うち  唐手秘伝  唐手  手撰工場  大勢手  寄添つて手  否や手  手伝ひといふ仕事  自動車運転手  眼高手  至極手  手鍬  存外手輕  日夜手  もの通り手  手丸  手分  細手  方手  やつぱり手  ル手ハ  キナ彼奴トテモ手  南手  手谷  かた手  只次手  手掌摎亮  辺土手  の手  とき手  日々手籠  手児奈  通り手  金さえ手  一体手習ひと  手伝つた  玉章手  縫い手  運転手君  手習師匠兼業  手ッ首  早手廻  琴手コンラ  槍手  別手  ちの手  手ざはりあらき紙  転手児舞  手クグツ  手傀儡  自身手  手不足  手習歌  手習帳  多く手習  何分手  手伝方々  踊り合手  話合手  沈み手  ぐらゐこつちも手伝  手手  尻さ手  二個手  手廻わし  式部手  花形舞踊手一人  二手損  足手纒  角應急手當  買つた次手  みんな手応  けり手  手奩  手ぐりつけられるように  いふ珍手  何かしら手ミヤゲ  つて手伝つて  地所ぐるみ手  頃手  手招ぎでもしたらそれこそ奇蹟  手伝つてくり  四ツ手網  大概刈手  手習机  大分手  カク手ガ氾濫シテ来テ  行ク手サダマラズ  六つ手薊  手掌形  震え手  燈刻近藤國手來診  昏暮近藤國手來診  手兒奈堂  夜近藤國手來話  膏手  書手  ハメ手  日傘手  方々手  通つて手  泳ぎ手  すがる手  運転手つて  招び手  背ろ手  手押喞筒  ゴマカス手  緒手巻  手裏劒  手ぶり編笠  己手  手鍵  引き手  ベットリ手  手もち  これ手  此奴手  山々手  今更手  手携電燈  しんじつ手古  手落ち  足手纒い  手携電灯  手携ランプ  手胡坐  二タ手  運転手体  手伝つて貰つて  彼岸花手  手かご  手かごいっぱい  唐手使い  唐手まがい  足手纏  更手  手押ポンプ  近ごろ手  洋燈片手  水手称二中間一  其凡手  手屆  手苛  然様手ッ  其方一手  五手組  六手組  七手  手廻小姓  大力手利  五手  六手  七手組  手薬  手鑓  手遊  ソレソレ手  フトコロ手  余り手  勝ち手  女中運転手その他男女  いふ手応  手兒名靈堂  手兒名  手古名  手兒名信者  むりに手  手顔  あちこち手入  手繋  ゆうの手  手かけ  手つけ  今手  手ぐる  手四つ  殆ど一手  当地昨今厳寒手  後進同士手  手伝つて貰  手おし  哉楽手達  綴り手  手つづ  手下げラムプ  暖か手  手猿楽  舞手号二  醫療手  看護手  自分一人手  手習草紙  ッ手  手爾波  錦手  貨物自動車運転手  車掌運転手  手投弾  攻手  手柏  倭文手纏賤  手児名  手古奈  手おし蕎麦  ものごと手  一たん手  刈手  手伝つて頂戴  やつぱり懷ろ手  手操り寄せやう  群衆手  手代り  瓜畠手伝  手伝人  祭り手  一手二手  囃子手  町奉行手  つけ手製本  佩び手  今日手  一さい手  私ハソノ時二人ガ手  手デシメル積リデアリマシタ  故郷花の里百舌子手  砧手  家一さい一人手  ょうのしばいはいつもより手  手器用  手欄ごと  蘆手絵風  謡い手  舞手  謡手  手たち  手ぐるよう  途中手  光象手描  手習学問  手習子  手習子たち  手籠め同様  儘片手  手矛  支え手  源氏あし手  西手  各々手  白びかりを手  棒手ふり  洗手池畔  かに手  自ら一手  かぎり手  抱へた手  手くだ  運転手高辻清  同夕運転手高辻清  運転手高辻  甲種自動車運転手  ょうだいおたがいにしっかりと手  手摩  二三度手  面籠手  千部手寫  手藝  上つた次手  手ツキ  手柔  京都手入  會ふから手頼り  手頸足頸腕等  うなじ手  朝かぜ手  かざし手  鼓うつ手  ひと手よそ  手なほ肩  きざはし手  骨ばつた手  何ひとつ手  碌々手  手縫  默つて手  運転手北川冬彦  手頸足頸腕  一寸手づるがあるのをさいはひ  手傳つて朝晩  一人手傳  手携げ  手回らんよう  四条畷手  それきり手  消防手  菅原伝授手習鑑  手グスネ  手療治位  そつちの手  おら手  対手次第  汗手  人々手  手伝人夫  突き手  行つて手  折角手  心手期  時分いくら手習  手非道  機関手達  機関手さん  吉田機関手  吉田機関手様  青木機関手  自動車運転手用  手ぶり足つき  モウ手  手數の  手染め澁染  手ツとり  相談対手  老巧手だれ  まま手水口  手薬煉  手伝つて貰つたの  踊り手達  大人対手  話対手かたがた一緒  生き手  手ごと自分  学生対手  手頸三四寸  少壮者二手  大抵手  つくり手  骨張つた手  うるささうに手  今日ハ手  手ッとり  手オクレ  スツカリ手  手拵  傍手  つまり手  相当手剛  芝神明前俥宿手鳥浅吉  タキシー運転手姿  樫尾運転手  運転手芳木  運転手樫尾初蔵  手近く人間  ため運転手等  機関銃手二名  逃げ手  手洟  婦人胴着一手販売  洗い手  通い手  手廣  ちかの手  だまつて手  振り手  ゃんきゃらの手  手ガチギレソーダ  手當次第  むちのような手  ざんねんながら手  手襷掛  手鎗  づれから肥え太つた手  マザマザ手  手掬  男女手  両面四手  手ガカリ  思つて手  一二年手入  吉川機関手  どれ手  手伝ひな  遊び手  皆さん手  手汗  應急手當  六本ぐんなりなって手  力一ぱい手  つて行つて手  手向う力  黄手  二三驛上手  それぞれ手入  日手  手伝見舞  蒼ざめた手  一つ二つ手  手習指南所  手爾葉  かき廻し手  三人手  吾もと踊手  手抜  揃つて手  隨分手嚴  通信手  執事兼家僕兼コック兼バアテン兼給仕兼運転手兼その他  手掻背  乃擧手示羅  我知らず手  桑侯手  かなり手嚴  チョイト皆さん手  手コップ  結婚手續  沓手鳥孤城落月  投石手  是非手伝つて  誘つて手伝つて貰  多く手  いく手  くじゃらな手  手尺  盥手謹識  はず手  手纏  手すがる戸  手何  手力  眞白手  眞玉花瓶手  消防手さん  調べ手  運転手一九二七  手づな  だに手  けんめい手  むちを手  遊び合手  於保手習初メ金五十銭  焼手  時分手習師匠  手肢  金欄手  船手印  ー手エ  手ぐりだし  手丸提燈  身ぶり手ぶり  手すさみ  ぬき手  巌手県  巖手縣  手速  痙攣む手脚  手獣  万延寺裏手  手涕  我等手  手拍手  手笊  手沼謙蔵  手沼源右衛門  スッカリ手  寄合つて手  運転手宇佐美さん  程手  手ざはりさへ久しぶり  何時手  もち手  もと手の  射撃手  交換手呼出器  至急手  手弱  ナニ手掛  手ン手ン  ッきり手掛  エ手掛  手膺  手さきあざやか  操舵手  ぱしを手  あまり手  一時手  手洟かん  勢ひよく手  手應  手もち無沙汰  それぞれ手  まま手箪笥  大分手傳つて  手磨き  手利  手ぶり口ぶり忙  野菜畑手入  望み手  詰手  手捏  籠手脛当  手習せり  ちの手伝  手紡  長年手  際消防手一名焼死数名負傷  びを手  なほ又次手  手ぎは  葦手模様  千手院  いちど手  あいきやう手  押し手  まんま手  手しょく  片一方手  お茶の子さいさい手  手調理  幸い手  俺ら手  手キズ  手バナ  ズット手  手判紙  四度手  手代り弟子ら  手火事  手離  表手  手ヅル  下タ手  の一手  手ヒドク嘲弄  ムダ手  酌ぐ手  手ば  蝮蛇手  はなし手  かしわ手  閾ぎわに手  神酒瓶手  手習ひより  海ぎわまで手  ゅうで手  おい手  フッツリ手  運転手君同様物  傘かた手  手討説  アノ手コノ手  手一パイ  乱手  手刷り道具  日中いっぱい手  四十八手裏表  四十八手  北手  手球  稍上手  さつき手  手ざはりと匂  稍高手  手違ひだつた  先づ手はじめ  一とき手  先程手  手傳つて馬車  判官おん手  元来手  ロクスッポ手  手立  切り手  手ぶり身振り  切先手組  燭台ぐるみ手  國手  手卷  巻手  三十金手切  自身手込  なに手  手生  能模様丸紋手  手出  電気局対手  手荷車  誰一人手  市電対手  ぱれ功名手がら  功名手がら  手ン手  手釦  あらまし手  垂れ手  ひと葉手  表紙手  手ざはりのごとき  手握り口疾  手駕籠  鎌宝蔵院流七十三手  宇奈手神楽  びに手  方法手續  芦手模様  つて先づ手  かお手柔らか  手柔らか  手出ずる  手傳つて搜  手傳いし  手いちめん  手りう彈  手がり  離婚手續  手傳い  手傳つて働らくの  手アカ  海陸軍ふた手  責め手  手脂  手人  迎い手  手スリ  手招ぎをしたら  其後手  正銘手  手ざわりがいくらかやわらかになるかも  補手  朝鮮虎手  虎手八千名  虎手八百  運転手たち  手ねえや  屋敷手  殺し手  変り手  船手頭向井将監  船手頭  膝節手ふし  稿叢残手  手自ら  手調べ  手草  手ぎれいに表面  手數料  手違ひと  手機  漏れ手  手傳つて紬  獵矢手  朝巖手  ため友軍二タ手  賊手  ツメ手  手児  手伝つたの  さしゃげて手習  手係り  むざとその手  電車運転手  づつ手鹽皿  ウハ手  手ぎはよくやって  四手駕籠一梃  四手駕籠  あちこち手  どっから手  余手  籠手一本  中国征伐一手  うに手  終日手  叩き手  四つ手網型  手刷り台  手爐  手古林  仏手  新田軍一手  足利勢一手  小鷹手ごと  手合図  かお手  手臼  手儘  船手数人  一体手習  手習所  目付手附  役手  手二  手戻り  看護手たち  女運転手  手ェ眼  手切金云々  二三日手  手びかえているが  蠕虫舞手  舞手たち  ぼんやり手  存外手  ク手  留め手  手づよくゆすってみました  つてアンドレ籠手田  ぃ手  掌手  対手役  翼手  ただ手折つて來  生涯手  手習ひも教  四人手揃い  手軍  消し手  手だれ  色男一手専売  このごろ手習  手さはり  ぱり手  一先づ手  船長はじめ一等運転手  郵便配達手  郵便配達手君  配達手君  配達手  手おし車  四五人手  手擲彈  其助手  傾城買四十八手傾城  晩手  手萎  一手數  半ば手  はし手  一二冊手  つて運転手  手子  笑い手  守り手  手方面  陸手  ため手  向い手  手摺りぎわへつめよせ  手ヌグイ包み  受けとり手  網手  樫手  高麗雲鶴手鉢  手傳つた  何升手  笞うつ手  手都合  手近く引  大分手ばなし  二度手  もっとも強手  楠木勢一手  手隊  手もちぶさた  聴音手  間聴音手  いっさい手  サアサアみんな手  朝夕手  手録  手細  すべて手杵  手杵  手切り  手伝ひま  手シャク  児手柏  独手  二三カ所手痍  手銛  手伝つたやう  道春手  千手觀音  どんと手  幾手  手掻小路  万一手  一手専売  手組  別手組ふたり  別手組  別手組二人  手習台  差し手  北岡口浜の手辺  対手ゆえ  手弁  達手巻  手束弓  琴手クレーヴシン  琴手コエル  手實法  近頃手  一体手  一手専売所  筒籠手  手揃い  清正公一手  手曳め  手影  手暴  雲鶴手  三島手等  天龍寺手  象嵌手  三島手  五十分位手  手習鑑  手掴  大原手  手掘り  赤塗手押ポンプ  息子対手  手ごうし  廻つて手  幸氏以下其射手  内々手  素人手  手ヲウッテ笑ッテイウ  角燈片手  好き手伝人  雑務手  手くせ  手風  手ひとりぼつ  手いつ  唯今手討  点減手  射撃指揮手  麻衣まくり手  手戟  手二つ  手剛さ  程づゝ手  手附手代  先生手  ぐにゃりとしたものが手  衣更え手  相沢運転手  舳手  爆撃手  千手大尉  千手  おい千手  後藤運転手  交換手さん  水雷手  沓手鳥  さぐる手  毎日対手  よう手  手ぐろう  手づめ  如く十手  手伝役  分ち手  つまり手切金  二三人手  手づなは  ふたり手  手慰びも危  いくら手  背手  娘手踊り  十手渡世  竜手様  竜手さま  竜手様さま  手習致  夜すがら手  手道具皆手  違い手  シカシ労働ニ害サレタ手ハ思ウヨウニ自分  一押し手  預り手  自分自身手  飛手  狩り手  手かぎ  手カギ  ゅしゃげを手  一冊手  木綿紙手  いつ手  手ぐりよせているその一枝  手もちぶさたそう  手ぼう爺  手ぼう  向う手  手ぼう蟹  一束手  手棒  手水洗  お話対手  手覚え  手ンぼう  アノ手  びえるやうにうしろに手  オルガン手  ワアワア手ばなし  掃除手  黒川一等運転手  二等運転手  手巻きウインチ  手招ぎをしていました  手習ひも  こと手  ひだり手  所謂手  処手  手摩乳云々  手子供  手縫足袋  ぎつてゐた手  手習学文  多くひと手  一手二手  かたっぱし手  錆十手  写し手  翻手為雲  手雨  ぱんぱんと手  手づるにでもいたすことじゃろうから  聖像われ手  手ぶり手まね  ぐさういふところへ手  盗み手  ゆすり手  踊手たち  手梱  手きき  手きき殿さま  手かけさま  手すすぎ  手ざわりからしてがよろしくない駄金襴  九十六手  一遍手  提琴手  手嚢  十手あしらい  かんしゃくまぎれに十手構え  手れん手くだ  仏心鬼手  鬼心仏手  手白猿  手白がい  陸奧國巖手郡盛岡  陸中國巖手群米内村愛宕山法輪院址  飾り十手  十手吟味  ことばどおり手踊り見物  操り手  本所外手町弁天小路たま  とおりふだん着はじめ手まわり  まね手  誘い手  手判  竪琴手ミニョン  踊り手ら  彫り手  珍手  手銭  ょうな手  締め手  一本十手  さし手  十手さき二十手さき  手鑄込式  手鑄込み器  二册手  手當此度  無駄骨折つて手  船手共  手寫  手寫本  古典手寫本  君一寸手  ボンヤリふところ手  唯手  凋びた手  いや手  手廻品  手貸し  手燈信号  暫らく手  誰ひとり手  病が手傳つて  手舁  双方手  手傳ふか  手伝つて浦野今市君  消防手連中  手押椅子  其下手  国府一塁手  桃山外野手  打者桃山外野手  手寄り  ワナナク手  所謂秀手  路すがら手  凡そ手掌  着菩薩像手  二三杯手  手廻  手出ゃならねえやな  私ゃ手  皆手違  トテモ手  ゃべったりふざけたりはしずだまって手  何程手  一生合唱手  ょっとこちとらの手  手ぐつて自分  手牒  觀音樣御手  手草たる  伏せ手  電話交換手  毎日一回運転手  手弄  手伝御用  恰度手  時折手  手探り足探り  ぱい手  ょうなその手  バスト手ニ何カ堅イ物ガサワッタノデ夢中  とつ手  見てくれ手  公私手續  合掌叉手  ちの手水鉢  丁度手  普請手入  ぴつたり手  白魚船四ツ手網  塗盆手  三絃手  競争対手  生き手たち  毎号手  六冊手  手あたり次第ナイフ  つた手頸  手ゴメ  譲受けた手  其対手  聖手  運転手監督高見  手ざはりのウール地  二枚三枚賞め手  手すぎ  サット手  かなり手剛  二手用ピアノ曲  水手共  水手たち  水手楫  もの手  手蒔  このごろ手  美わしきみ手  正式運転手  小型運転手  右籠手  拙者手  手證  手伝つて二  種々手  伝つて手  宇多手  調劑助手  手傳つて二  蘆手  今一手  手兼村  りょう手  万事手  多年手入  手厳  上り手庇  手染め  言つて手  手携ハンドル  手ランプ點  つて手ランプ  其儘手  手伝つて貰つて二番目  確乎手  手代わり  呶鳴つて手  舞踏手  ハヤ手  手かき  清むるときは手  手面  手扣  差手  手とり者  手習ヲハジメテ  者ニハ手  マデ手  手とも  手辺り  碁手  随分手  ぱつていた手  揚手  如く手  手とら  手どら  覇権手  一一手  手毯  手盥  手ごと  手摺りつき  力づよい手  寛濶派手者  機関手中村辰次郎  自動車運転手倉持陸助  手ぐりだした記事  夜八時頃倉持運転手  本所外手町  花片手  手玩具数々  一手ぐらゐは胸  手伝酒  手ヒドイ神経衰弱  手ぎはよく髮  小僧対手  おのおの手  手能  針手  手医者  一品手  伯龍手  妖刀千手院村正  きき手  びっこをひくので手  心配さうに手  手ぎはのだいこんなます  手ぎわのだいこんなます  けた手  寧そ我手  看護手交代  手ならい  宇多手比日  琴手たち  目手  ツギ手  毎晩手  手ざはりと  洗手  軍隊手牒  手しゃく  妾手かけ  儘後手  手弄みか  商売手  手見世  免許運転手  一手一手  半分手  手脚人間  槍手隊  銃手必死  床上手  手印  脚摩乳手摩乳夫妻  足名椎手名椎  手爛  手近く実現  平井洗手  四ッ手網  手一本  手迅  前後四手  殻并びに手  一人対手  口手  三十手  雲手  手とり足とり  みんな手ブラ  按針手  二等船匠手エーブラハム・グレー  戦争中カシワ手  見物人対手  手延び  手脱  四つ手籠  各自手  鞘卷逆手  子一手  先頃手  喇嘛手  手匙  騷ぎも手  遊藝手藝學校  三五人手  手輿  ツイ手  四つ手駕籠  戸漢土手  手苅  手刈村  此一手  船手奉行  此二手  手晩  一手受け持ち  手庫  手合計  終り手  手アテ  肩ニ死骸ハ手  端ヤ手  幼君手  掛手金山  手揃  のぞみ手  南町奉行手  手おい鹿  だし手  さじ手  手ここ  手もろ  妻手ぢ  日大運転手  手廣さ  唄手  手ぎれいな性質  住手  文字通り一手  その後手  手習ひだ  ちの毆つた手  手鹽  手終い  飲手  手すじ  手刃  絵巻物手  谷間おのれ身悶え手  目と手  手鼓  手ェ  随時一手  交換手見習  手ぎれいな風情  手伝ふから  せつかく手  ほか手  手様  嘉手志川  凡て踊り手  青年手  衾手  手索  手伝ひなら  手カバン  拒ぐに手  ふき手  ぎりなくそのゆく手  手ぢかな所  化け放題手れん  手漉紙  手漉  月々手漉  日々手  選び手  いつか手  づそれから手  申し込み手  一言次手  手あいだ  兵士達ト手  ぎれてたゞよふ手  盗手  手伝賃  地びたに手  二人共手  ぐまねをしてそして手  楽手ら  づすのを手  笠手  手あらいす  如く大島初島皆手  四五日手  手余  作り手達  一人宛逢つて手  手離しな  角力四十八手  手拭懸  履上手  上つて手  手ざはり  運転手免状  手招ぎをなすっていらしったと  手招ぎをしたのは  ラッパ手林平さん  儘相手  獅子手  閣下手  手あまた  手伝ひと  星星手  人よみ手  手そ  手勝手  さき手め  手すさびのはかなきものを持  手ぎれいに解決  手踊り天人娘夢浮橋  評定所五手掛  何かしら手ぐり  十何手  手無理  ウマイ手  手不調  エ手  明治二十二年頃自ら手録  余り対手  一度対手  手頼甲斐  額手礼  皆手籠  数年来唐手  手爾於波  つれ手  十分対手  上万一手  かも手  座つて手  十分間手  違つて手  只今手  うっかり手  攻撃手  二枚手  イ運転手  新高運転手  違つた踊り手  物ア手  いくら手苛  皷手  かたわな手  手とり脚  唐宋以後手  手伝つてきいきい  雑巾次手  アフル手  子供手  手扶  手シャベル  手欄越し  日本手づま  押一手  つて手ぎはよく  むかし対手  所員一同手  小栗照手  手づるつとうて陸軍  下女手  日ながの手  運搬手  それ手ミヤゲ  これ以上手  痴漢射撃手  射撃手事件  運転手姿  運転手戸  先輩蟹口運転手  専属運転手  運転手稼業  蟹口運転手  雇手  オイオイ手  手染  ーア手  ソラソラソラ手  ひき手  文字どおり手  手はつ  一枚一枚手  手松明  各自手盛  手等  ぺらを手  手つけ金  手ぎわのよいことはおどろくばかりだった  手ざはりのない  手ざはりも声  手ざはりがないのである  手すさびのやうなものなんですから  手ざはりと弾力  手傳つて慥  濡れ手試い  氣取つた手附  洗手盥  手傳ひで手桶  助け手  いや手全体  外手  雇人対手  手曰ク  青年運転手  物臭さうにふところ手  手甲手蔽  なんぴとかの手  運転手室  イバンス運転手  富士男君手  一手七六歩  ぱいに手  手来手  五手め  五手目  一手ごと  指手  狙つた手  手巻煙草  ウッカリ手  手切文書  手向う  ラツパ手  軍楽手  一生手  それそれ手水鉢  二三日手伝  手習師匠今井良輔  むちゅうになってその手  憚つて手  鈎手  けが手  一侍僮右手  ひよく手  やつぱり手応  手鹽皿  手盛  摘み手  脂切つた手  昨日手  いつか運転手  轉轍手  手續きが  手傳つたの  手巻き  手眼鏡  手エ切つて了  段々手  手商売  人造手  ざいくな手  千手雁皮  千手崎  千手大士  中禅寺湖畔ナル千手崎ニ産スルヨリ云ヘリ  手違ひで  みかあやめぐさひく手  言はず手  手つぎ  ぎたゆゑに手  掛り其両手  手懐  あしろう手  手とり  手なぞ水  けむ手  バス運転手  衣類手廻品  対手小野川  トラック運転手  油手  手銛士  自家用運転手  籠手脛  霊手  変手古  手鉢  運転手君ッ  左右手四五ヶ所  とおり手工芸品  おの手  手伝ふし  資手  半分ネムツテヰルジヤガイモサンノ手  日頃手習  手多数  卵提燈片手  二役運転手斎藤金之助  運転手ぢ  学業手  潜り手  結果手  機関車運転手  轍手  連結手  電気通信手  行つて手當  びして手  研手  塗つて手  手凾  佛手柑  默す手  手ざはりが狂氣  ホンニサイバ手  変つた手  一手九四歩  手損  つて二手損  三手目  一手ぐらゐで  籠手田さん  唯次手  一手ぐらゐ前夜案  大概指手  手砒硫  ナカナカ手  ナンテ手  ソット手  手習草紙みたい  誰だい手  モット手非道  手さぐりであたまをなでまわす  ぷらちなの手  づのうへみな泳ぎ手  びとは手  手なべ  ぎはいたしませんからこのつめたい手  一寸手いたずら  四五手間髪  三十八手  違つた手  二十七手目  三十八手負け  木村名人手  ねずみ同様手  諸国手  手提琴  ゆうべ手  手縁  手ぶり身ぶり  しだい手あたり放題  折角手入  遺族手當  ウス手  一種變つた手藝品  手藝品  手藝品的  二つ三つ手  ばさま手  もん手  手すさびあやなくも白布  運転手遠慮  藤江対手  手ぐつて  一疋手  運転手さん達  喇叭手  手祇  つた運転手みたい  手娯みの刺繍  構内機関手  手づたひに行つて  手ちがいだらけ  手伝ひだつたの  態手  手ちげ  安が手  テントームシ手  ぎれのいい手ぶり  手ぶん  手橇  手カール  ぶん手  手ぐりよせ  一足二身三手四口五眼  以来手  手代り四人  先づ手習  遊相手  名取運転手  琴手フィンリイルひとり  みんな手わけ  何もかも手  一本づつ手  手ばなしちや  ぢやあ手附  ぢやあ手拍  手以外  ぐつたり手  位相手  レーダー手  一年位手  五十手  六十手  マア話対手  個人対手  いろいろ手  いろいろ手助  手初  水夫旅人手廻  手銃一千挺芸州蒸汽船  ソート手ダケヲノバシテヤッテ  オ母ッチャノ方ニ手  書手同様必要  手柔かな日  鴇手  ぐにゃりとした手  儘技手  手轆轤  凡て手  手紡手織  皆手描  凡て手描  手帚  麦藁手  手機もの  手捌  国一手  乍ら手伝つた  みんな手ぢかな女  従来手  手近く傍  構はず手あたり  譬え直接手  機関手時代  機関手仲間  手名椎  同国石田郡天手長男神社  手長男神社  公自ら手  手ガ  手ガ盛デアツタ  手ガ強クナリ  手ガ擴ガツテ來タタメ  わたし手  部分手  しのぶ手  別手組多賀谷外記  節手引致  打破二手  手續上不都合  急造運転手  九兵衛さん手  用心手  蕨手  全部手ばなし  病人対手  手叩き三つ位  絶対手  手二三十  黒ん坊運転手  通り手の  手傅  遊女千手  藤原永手  手ざはりのやうに  手ざはりが  時われ手  水手等  彼等手  づ二手  五十頭百手  彼等自動車運転手連  製図手  相当手ひろかつた故人  攻手の  消防手ども  手杓  困難一手引受け  手さき仕事  外手剛  遊び対手  位手  提手  手垂  三度われ手  民手背  フェデリーゴ・ノヴェルロ手  者手  一二九手  足曲り手斷  一五手  一〇五われ手  二年手  我聖手  手がわり  手ぎれいな機智  うえ手  唐手使  タンゴ楽手  手女  手人龍麻呂  ナカナカ手  相馬運転手  惠みの手  手伝等  十手早縄  手襁  爲敵手  王息長眞手  手神  王坂手  手上高  命手草卓素  君手腓  しみ竹手白髮  郎女手次  臣手末  手俣  衣褌玉垣玉縵手纒たまきはる玉釧玉倉部  寶玉手玉手  岡玉手  手弱腕  連手名椎手間  鰭手波多  命日子穗穗手  籠手調べ  自然手  若干手  一段手  頃余り手  両方手  朝手習  左東左平が手  二枝手  帆手うち  白旃檀千手像一躯  繍千手像一鋪  玉環水精手幡三口  うち水精手幡以下  へた手  骨太格子手  それ手  六尾手掴み  呉則信手招来  手づつ  手はか  三つ四つ手  一家手ぞろい  家じゅう手ぞろい  つて手あたり  筋張つた手  籠手臑当  運転手みたい  運テン手  手繩  鍵手ヶ原  四方八方手  辺手頼り  富士山麓鍵手ヶ原  手挿ん  捉つた手  手頼つて破談  手ふるさと  弓矢手  手纒  唱歌手  手押式  つけ対手  楽手達  好き手  三つ手  二三人ふところ手  手ぐりよせては  お話し対手  二人三人手  手運び  初め手  尻毛手握り  狐手  手搖  竹箒手  さ手  手土  すさびにかゞる手  むと手  當つる手  手圓さ  学問手習  運び手  手垂げ袋  パンパン手  しょんぼり手  手組輿  ガッシリ手輿  手笛  むとそれに手  親しく手  良人茂手木文次  茂手木  天手力男命  風呂敷づつみに手  水害以來毎日手傳  何等手  何度手  此未著手  手乗り文鳥  昨夜手  カカリ手  隠し手  運転手氏  山下運転手君  手ズレ  仮名手本式  一杯手  手習雙紙  手づゝにはあらず  むちゆうになつて手  手びか  ソヴェト対手  手巻きタバコ  手鑢  琴手エイ  泳ぎ手ども  



前後の言葉をピックアップ
ヅヽ  ヅヾツ    手まり  手釣り  手々  手文庫    手間取り  手仕事


動詞をランダムでピックアップ
うやまいゆきとどく乱れん空嘯き取違える伏し拝む立てん掻けるゆびさすまぎらかそ洗え追い返す抛る堪忍ぶつながろみしよ裏切っ想える燻らさ
形容詞をランダムでピックアップ
猛猛し馴れなれしいうたがわしいさむき敏き厚きひどあかるかっ聞き苦し黄いろかっ血腥からあかけれまましそこはかとない片腹痛しつつましあつい白々しくっ忌々しき