「て」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ て[動詞]
悟りすましで  散歩にで  渚にで  瓶をたもちて  つるべをとりて  角をこすりて  柵を叩きて  皮着て  氷雲に浮きいで  水湧きいで  葡萄と噴きいで  うまいことが書いて  あらわれ出で  中に浮び出で  ほのかに立ちいで  正面を向いて  二種を出で  ここに現われ出で  呆んやりして  事いって  母さんがなって  誰も来て  国旗がいっぱい出てて  子供をぶらさげてて  腹を立てて  奥さんに逢って  何かでのんびりしてて  啓吉は面白くて  ラジオ屋冷やかして  腕にうんとよりを掛けて  世界じゅうさがしたって  間におって  飾りけをなくして  子供らに話して  何にも描いて  待合へ往こうとか何とか云って  手をつけて  口で待ってて  彼は惜しくて  日除もして  十分発達して  巣を張ってまって  ぼんやりして  なんだって今まで黙って  縁に出で  海老をうで  風がで  ちよがきて  椿おちてはういて  都に出で  御所をまぎれで  館をしのびで  車を立てて  やつてきて  芽がで  柚味噌は拝みて  節を守りて  戦争に行って  きものを着て  古代こがれで  是だけお持ちておいで  ちようど酔ので  硝子が曇りで  彼等の前で  一つも講じて  夕風がで  地蔵さまのおて  十月廿一日晴れて明るく、むなしくはてなく、澄みて  小鳥きて  手がで  私は知って  なにもして  僕はもうずいぶん投げて  野球をやって  切望して  野球をさせて  話題にして  ぜんぜんして  なにも言って  なにをして  頃から野球をして  ひとりっ子だと思って  からかなあ、と思って  ひと月になると言って  実家へいってみたりして  帰りは迎えにいって  スカートをはいて  みんな見て  そうになったと言って  先にいって  公開して  以前からやって  一度もして  学校へいって  たくさんあると言って  無理して  なにも書いて  変化して  水着を持って  体型はほんとに変わって  今日も晴れてて  写真が出てて  三種類も取って  三十分くらいじーっと見てて  暮からお父さんには会って  元気でやって  アイスホッケーをやって  チャンスを狙って  ことを言って  夫婦は愛し合ってると言って  手がこんでて  一度しかいって  表示が出てて  力をこめて  恵子さんは決めてて  こだとわかって  ひとつにつながって  統一されて  なにも聞いて  電話して  文面にで  ふもとにありて  女給と、酔って  一高は、にがて  何も知らせて  お前たちはまだ小さくて、知って  うっかりして  兄さんによろしくって言って  勉強して  軽蔑して  わからん、と言って  ッて言って  尻をもったてて  飯を食って生きて  卒然匿して  座布団も呉れて  皆塞がって  私の行って  有うとばかり言って  早めに行って  三味線を弾いて  事お言いで  から腹がへって  おれはだまって  あなたを探して  面をしてるとそういって  頭をすりつけて  にゆくんだといって  どこへいって  あちらへいってて  大地につけて  もっと寝て  鼻穴になにかはいって  声をだして  ぺたを売って  進行につれて  光一が進みで  人群れをで  外へで  家をで  庭へで  くだものがで  ょうぶそうなぞうりにはきかえて外へで  強盗にで  回り場所を売りにで  からしかたなしにで  警察をで  そこをで  中庭へで  伯父さんがで  玄関へで  らっぱでで  室をで  とく室をで  一カトレット先生がで  三角先生もで  扉をあけて外へで  講堂をで  今朝から家をで  裏門通りから清水屋横町へで  父はさっさとで  プラットホームへ流れで  停車場をで  あいだへで  決然と進みで  裏通りへで  母はしおしおとで  後悔がむらむらとで  とらが出で  赤竜がで  一度にで  町へで  塾をで  郊外へで  庭先にで  カーブがで  ぼくは売りにで  ぷうと鳴らしてで  井戸端へで  空き地へで  校庭にで  女がで  それから床をで  ままどこかへで  風呂敷包みをほうりだしてさっさとで  筆箱などがで  やつだ、で  堂の前にで  前にで  会場をで  いやだよ、おふざけで  事をお云いで  ことをお云いで  お前怨んでお呉れで  何か云って  策に出で  窓ちかくきて  例がで  宣言されて  小艇をもって出で  東端に出で  胎内を出で  乳児ありて出で  足も、つきいで  頭痛がして  直ちに線外に出で  こと考えて  口をあけて待つて  顏、見て  女房きぬ三人博覧会を出で  広小路に出で  とこをうろうろして  いま内儀さんたちもそう言って  無能無力、生きて  頭から被って  やつて立つて  のは情けなくて  池を見やって立って  今は起き出で  ひとり抜け出で  銃を持って踊りで  のがして  そこを立ちいで  世に出で  歌声とささやきで  これは、お目出度いお着きで  嫁さまのお着きで  嫁いなして  噂をして  まり強めで  ペーパーナイフなど、お知りで  こゝろみ、帰りて  註釈づきで  物置きで  席に出で  配達にで  自負しつつ出で  僕は出で  暈を召して  なにして  風呂場に来て  窓から見て  糸は見て  かさと鳴りて  一群と共に去りて  奧州濱街道に出で  何も書いて  警察へは届けて  頭にはねが上ってて  のはにやけて  立ち出で  筒を開けると、何ぞ計らん、現はれ出で  順序だてて  公会堂へで  ところにで  それにおいで  室女中にしてくれるかもしれないって云って  ルナチャルスキーが云って  それを読みきって  パイクソンがで  咲き出で  舷側へで  とき外務大臣ランタが進みで  いかめしい使丁がで  礼儀もなんにも教えて  お金持つて  旅にで  俺はで  教室へで  ここをで  こずえに止まって  靴をはいて  みんなウソだと言って  楽譜は置いて  編輯後記が書けて  面白くて  人気はで  人気がで  包装して  それを知りたくて  しょっちゅう見えていまいましくて  それが苦しくて  手を休めて  言ひ出で  騎り出で  鞍が置いて  ものがで  グレーテル、お泣きで  おなかがすいて  朝まだきに起き出で  傍に寄り過ぎて、で  腹をみせて  色たふれようとして  のは、で  上にしゃがんでて  僕は、なるべく聞いて  磁界を外して  別に汚れて  商売して  闖入者が憎くて憎くて  光明を求め出で  頭にまざまざと浮びで  底から湧いてで  中に漂いで  から生れで  言葉がけっして出まかせで  上り口まで送ってで  往来へとよろけで  道庁に願いで  眼から新しくこぼれで  隠居を願いで  髣髴と現われで  外まで送ってで  規則書に書いて  天辺に出で  こちらでもまだ、貸すとも貸さないとも云って  苦学をしてるとか仰言って  図書館に行って  独り合点ばかりなすって  ことになって  手に握って  時に出で  事は論じて  森を抜けて  媒妁人先づいふめで  掌中を出で  大礼なりとし、出で  姪はもう死んで  あくびがで  夜食がで  だって十度と会って  十年を出で  一途に出で  旅に出で  本道に出で  揺籃を出で  ことは知って  問題には少しも触れて  一番多くで  折から門へ出で  擧動に出で  秘密にして  啓けて  証紙の貼って  濱邊に出で  上に出で  乘りて出で  富山朝、起き出で  海岸に出で  程あれば、出で  獨りつき出で  給ふによりて  ころかとよ、久しくなりて  のがこぼれで  いっしょに遊びましょうと云って  翌日熱少し出で  声をたてて  髪をかいて  こはくて  お姉さんがおいで  何人にも貸して  天井からさがって  女給をして  注意がき附きで  音して  たけのぜにで  ほとりで、働いて  らへて  ツて泣いて  つて、聞いて  源、まだ起きて  斷じて  ごと無えて  今までで  演説にもで  ときにで  の忘れて  のを忘れて  警戒警報ので  ノソノソ外へで  用たしにで  会社へで  地力がで  買い物にで  これはお早いお着きで  事で泣いて  心あふれて  布でもいいで  やうで、ただで  濃密だつたので、ただで  ねつとりと沁みで  上文句をつけられて  ペトロはうれしくて  お母さんは知って  露も宿って  前から考へて  悲しみも持って  思ひ出も払って  それを知って  のではない、考へて  葉は眠らないので疲れ切って  輸送車は、もう通りすぎてしまって  着物を着て  空から星が青くのぞいて  日を、どうかして生きつなごうという、もがきで  家を出で  世親が出で  叡山を立ち出で  五師を抜き出で  時草庵を立ち出で  所望を申出で  物を取り出で  寺門を出で  都を出で  配所を出で  後起き出で  同人雑誌がで  女学校をで  獄を出で  しかして  みの雨間に出で  勞れとで  此誓言は偽りで  挙動に出で  事業やって  役こそして  ことがあるとか言って  手を握って  三円も呉れて  一人ぼっちで、寂しくって  おじいさんはうれしくって  南へいく、と言って  現実がうまく重なり合ったら、歌おうと思って  俺に教えてくれて  リハーサルをずっと見て  シュローダーはただ黙って見て  過去に向かって  現在を離れて  彼は言って  日時は書いて  昔ここで走って  デイヴィスさんがおっしゃって  素敵だろうなと考えて  レイモンドはまだ見て  感心して  買い物に出て  學問して  一度も見て  のんよう知って  んだなんて、とても張り切って  二人共さっぱりして  なかにで  仕事をお持ちで  域を出で  かき涙がで  見舞いに行くといって  おかしくて  塩田大尉が来てくださると言って  体があつくて  物がおいて  何一つとて  あいてて  毒ガスがで  正体はいよいよ出で  足もで  頭がで  怪電波ので  必死のかくごで  煙突から煙がむくむくで  潜水夫までがで  命令がで  学士はいそいで  のかと、思って  病院とまちがえましたってじっとして  朝から、降りしきって  置手紙をして  書生にはいって  信州から米が来たって云って  貴方お腹がすいて  私を待って  肩上げのとって  約束されて  お父つぁん怒って  ゆみちゃんに参って  逆もどりしようかって云って  好で好で  穴を出で  御馳走がたべたくて  ところは調べて  文字に書いて  何年たってもで  バンドル政策に打ってで  清盛さんにでもおで  流原稿作成作戦にで  話がで  Windowsがで  タマゴから何がで  マシンがで  十月にで  野外本がで  リサがで  マッキントッシュがで  16ビット機がで  周回遅れで  戦術にで  連中がで  裁定がで  可能性がで  商品としてで  おまけで付いて  死んだふりして  大笑いしてて  ンも信じて  ちゃんやないの、どないして  ヴィクターで待って  自分には許して  結婚して  泣きながら踊って  気になって  それ食べたいと、思って  ちょっと待ってて  ほんまにどないして  こっちは辞めて  心配して  あんた探して  言がで  横から話頭をかえてで  模様変えで  涙がさしてきて  山崎さん先刻ので  足一歩も出で  姿を見せて  涙がで  横から太陽がで  日外へで  方へで  暗闇を逃れで  なかにきえるかと思えばまたふうわりと浮びで  とこへで  テラスへで  食事を終えたら、ではそろそろ、で  モデルをして  一つもして  キャフェをして  口をあけて、ぽかんとして  ことしか考へて  意氣合てで  草履穿きで  宿が出て  年をして  幽霊になってで  部分、書いて  アトラクションにで  席などはとって  ことは書いて  やうだただひとり出で  硝子にとどまりて  ッくと出で  道を学んでるといって  ばっかり思って  自然に出で  貝塚より出で  地方より出で  類品諸所より出で  北海道レブン島よりも出で  常陸河内郡椎塚より出で  一品も出で  證據物さへ出で  總柏井貝塚より出で  子とが観て  舌出して  気持にで  萌え出で  街路に走り出で  東上して  気がして  行き方に出で  のや洗って  それはきっとそうやって  番おぼえてて  から、どうぞ見てて  組合に入って  ようにして  一たび口を出で  条件づきで  こになって  五月蠅くて  名が書いて  事を聞いておくれで  教へて  旗は持つて  金持ア遊んでて  雪見て  自信を持って  得意になって  想像して  出演して  ヘレンは言って  一点も、売って  刺繍されて  人となって  話が出て  趣味にして  あなたに頼まれて  奥さん、と言って  斃れて死んで  死方をして  青年がで  音色がで  玄関の開いて  使いに行ってて  思想とか云って  撰に出で  殆んどやって  玄關の開いて  濟まして  やうなおもむきで  たかはまるで差出で  鐘師がつくったと書いて  気がせいて  飮みで  云ひで  世界を立ちいで  口火を切って  そとへで  おおかみがひょっこりで  おばあさん、なんて大きなおて  一人うたって  ちゃんは、持って  ときかぶって  ところへ行こうかと思って  勇蔵の遣りて  山口が云って  室に入り、まだ畳んで  お上からの仰せつけで  坑を出で  声をうれしと起き出で  裏を抜け出で  紙を取り出で  予防注射をまだして  先は聞いて  もう少し前へ出て  隣の部屋に寝て  席が空いて  さへおいて  大型バスを、で  争ひで  外には絶えて  手紙が来て  一輪二輪を見出で  ころに見出で  葉かげに咲き出で  者出で  外に出で  河原に出で  智恩院聖護院出で  家とて  こいつがで  言葉も出で  奥さんがお有りで  病院をで  湯槽を出で  喧嘩から、ずつと泣いて  何も施して  ようには造って  奴だなんていわれて  峯つづきで  通りずっと見渡して、まだ着いて  表面に浮びで  其儘にして  目附きで  頭をさげて  からだをして  参ちやん、来て  手をしっかり握ってて  火は入れて  長火鉢にかかって  生徒の喚きで  こと云って  彼ので  條件づきで  方をして  記名して  大気中に出で  策戦にで  抗議がで  道が作って  物が浮かび出で  夜店に出で  時折いまだ知られて  書物としては著されて  こといつて  美を誇らず、見掛倒しで  幽谷を出で  どこにも書いて  秋が生きて  仕事とて  母は云って  花も咲いて  真昼に咲いて  心になってしまって  眼にも、さほど弱って  病室をそっと覗くと、起き上って  人気とて  ア痛てて  余裕がで  それをいうておくれで  吉原帰りで  薬種問屋をで  松平家をで  明らさまにいっておくれで  何かしらしゃべって  男ぶりの好い、で  まり方々で売って  名札もろくにはって  電気もまだ引いて  ハナがで  行水して  道歩いて  空頼めで  話題になって  初め蒼くなって  妻に話して  あれを描いて呉れて  散歩して  肌着など取り出で  外にも出で  重囲を出で  道を恐れて出で  堤に出で  近江に出で  遺恨のありて  のを待って  是からお忘れで  裏にで  花は散りて  野に出で  む葱も作りて  人が見て  戯談みたいに話して  ことをして  思つて聴いて  時はで  金がで  みんな手伝いにで  結論がで  そのまま久作はで  木立ちより走り出で  ところ出で  砂地に立って  砂地に立つて  日数にして  これを持っていておくれで  溜息がで  言葉がで  一種異様のひびきで  そこから別に裏庭へ突き出で  草履ばきで  波生れも出で  天才的な閃きで  此處におゐで  罰でなければならないと思って  いつか一ぱいになってしまって  時間よりも待ってて  一版ので  秘蔵して  會に出で  搗てて  何となく嬉しくて  全部をあげて  食べ物が隠して  お伽噺だといって  打出の小槌だといって  心には遅くて遅くて  分量を聞いて驚いて  心配しながら黙って  何一つとして  それから私は、帰ると云って  承知して  二三日ママと訣れて  学校にばかりへばりついて行って  僕が云い出すまで待ってて  一つだけ覚えて  緩和されて  ものと思って  それをつまみあげてみたくて  今しばらく止まりて  言はで  私をどう思って  だめだろうと思って  詞おのれにまさりて  銭なくなりて  さきつかへて  実地より出で  戯曲にで  世界へ溢れで  経験より出で  教授を申しいで  箱ゆつやつやと取り出で  ぐからに出で  山かと思ひ泣いて  さばさばしてて  みんな無事でお着きで  伴れて  ことを話して  ことは告げて  悪業のむくいで  内端に屈めながら、忘れたらしく投げて  婦人が立って  下へ透いてて  街道へで  邪魔にで  金座をで  小火がで  一どで  けつして  お腹がすいて  男の子は、ひもじくて  欺されて  しら一同えらいお叱りで  のが進みで  自身番へ訴えで  より子之介忍び出で  古道具屋は、あり来りで  散逸して  たよりにして  一晩中見て  夢を見て  飾を蒙って  喧嘩やらかしそうにして  注意のしかたは一言も書いて  うそは書いて  おでこの飛びで  言葉がたきで  気がきで  半分かけて  拾つて食べて  めめとおて  何して  ねんねして  とき居眠りして  茶柄杓見て  芸術家的な仄めきで  品川をで  発狂して  寝言だろうと思って  それから毎晩泊りにきて  州判をして  たしかに麗卿と言って  はてに咲きいで  ファシズムにたいして  骸骨と抱き合って  それから毎晩泊りに来て  たしかに麗卿と云って  法にかなって  問題になんかして  霍乱でも起してひっくりかえって  楽しみにして  顔して  人を愛して  唯ぼんやり腕組して  字が書いて  毒がはいって  処分しちまって  翻弄されて  こっちは切られたとは思って  距離がなければ射て  それ以上にで  さんにで  電光の閃きで  物がで  饑じさとで  抜んで  事は書いて  蒸発して  夢をみておいで  私だけに、そっと教えておくれで  ことをいっておくれで  傷にふれておくれで  駄賃は貰って  学生って、あんまりがっちりして  グループには入って  私そこをねらって  姉ちゃん来て  金なら持つて  林を出で  年の市線香買ひに出で  月御油より出で  上塗もして  枕にして  惠まれない、ただで  船室に這入りますと、ただで  憂鬱にうごめいて  勧むべきで  帰宅して  方法が講ぜられて  どこに行って  初めから分って  丸で出て  ばか、と言って、睨みつけてやったら、しょげて  二人とも酔って  幻影が残って  朝、死んで  壱円二拾銭なら本当に高く戴いて  万引して  子供を生んで  欲がで  安藤先生もお困りで  媼取次に出で  後倶に出で  こと語出で  邑を出で  近世仏蘭西文学史によりて  誰でもするだろうと思って  めい調を用いて  ゅうちゅう食って  おれの坐って  議論じゃ叶わないと思って、だまって  おれは黙って  餌がなくなって  一幅売りゃ、すぐ浮いてくるって云って  座敷にかかって  ものではないと思って  百じゃのて  シャツじゃないと思って  お嬢さんじゃて  嫁に行くてて  方に替えよてて  気の毒じゃて  何だか憐れぽくって  おれが間違って  商売にしようと思って  枡屋に懸合って  堀田先生にお目にかかりたいてて  昨日お着きで  石をなげられたりして、恐れ入って引き下がるうんで  うちは、おもて  中間層を出で  豊富に流れ出で  表現を有てないだろうし、又仮に有て  系統的に買って  パーセンテージも示されて  拳を固めて  手入れも施して  紙に書いて  歯に合わないと思って  わりあいお高くとまって  気分が入って  はる子さんおなかがあやしくなって  煩悶して  みんな本気になって  カロリー表にはっきり書いて  ここいらで待ってて  使者がで  熊野本宮の湯につけて  私は嬉しくて  婦長さんが云って  暗闇に走り出で  跳り出で  甲板に出で  声も出で  きり力をこめて  藤公が来て  あたしも附いてこいというので行って  潮が云って  オズオズと進み出で  署へで  お許しがで  勘定が合って  変だと思って  やうに鳴らして  満足して  ガラガラ唸って  ボウも鳴って  暮しは立たねえとハッキリ言って  仁王門を出で  ものを知って  燈火も点けて  偽りも記して  花さく蕗の薹を見いで  パンをひたして  しかなって  リヅムといって  火やで  旅館から一歩もで  情実に出で  政と両ながらその宜を得て  官員に代りて  挙に出で  批評眼を抉り去りて  心ありて  三昧にされて  廃殿を立ち出で  閉てて  コンビネエションがさほど明かで  東より出で  つて答がで  董仲舒未だ出で  林にで  網をあげにで  網にで  皇帝のおで  げんきがで  田舎から除けて持って来て  商人向きで  莫迦お言いで  六畳敷きで  季節に生れで  文献には載せて  柱を廻りて  知らないなんて、なって  何も言って  んですがね、淋しくて  から、お泣きで  原野に出で  汗出で  日々出で  午前には出で  札幌に出で  釧路に出で  戦地に出で  事あらば、出で  波つづきで  何にも書いて  屋敷を立ち出で  一分と出で  不安は、常で  事は知らせてやって  いつか言って  朗読なすって  肌に着けて  物でも食って  談して  んだ、聞いて  恰好して燻って  旅から旅と果しなしに流れ渡って  気になって、努めて起きで  名も記されて  太一見たいなあんなで  地から放逐せんと計て  心得ありて  礼を言いて  官にありて  名代となりて  みずから天に代わりて  嫁いりて  ためには、知りて  使いに出で  便所より出で  ルーザひとたび世に出で  我に返りて  自分は少々歪んでても、曲って  バーをやって  鍵をもつて  酒屋へ這入って  こと何処へ言って  こと云うて  うちへ連れて来て  交際して  銭持って  お粥食わそう思って持ってて  折角お粥持ってて  安次を入れて  容をして  去り状はやって  衣服は違って  影響を受けて  コートを着て  腹が立つて  小春が、必ずと畳みかけて  音信の絶えて  冬吉が帰りて  処置に出で  傳へて  今何も持つて  貧乏ばりして  自分で稼ぎ出して買った積もりで  人の書いて  こなたより現れ出で  雑貨商をやって  時子がぶらついて  彷徨しておくれで  嘘をお吐きで  汗がで  お待ちして  まめで、見て  あんたが帰って  裏手つづきで  血つづきで  奥にこぼれて  咽喉が乾いて  手も入れて  身許を明かして  何ひとつ明かして  ような、わかって  何も話して  動き方はして  眼ありで  文珠屋を立ち出で  上へ持って  上演目録をもって  手に持って  数知って  書記局へ行って  冷いもので  聳てて  押當てて  社長の骨折りで  娘つこで  執着がおありで  駅へで  話はで  色気がで  アンタ、知って  筆をつけて  正札づきで  長靴を高く踏んで  一つ突き出で  竜宮より帰りて  住処とも覚えて  声がで  それがだしぬけで、ふと浮かびで  湯槽をで  さまよひで  杜へで  小山の頂きで  荘厳なるこえがで  言つておくれで  工事を請負ったりして  ヘタでなって  料理店をやって  吉報待ってて  ジッと立って  後押しして  花なんて咲いて  代用教員をやって  司令官がで  マラソンにで  首瓶がで  村をで  ノッペラボーがで  今度中学校をで  名はで  方がで  本名がで  のがで  憎悪はで  殺し方はで  名がで  タノシミもで  海へで  皿数がで  先日はじめてゴルフコースへで  まり人もで  活躍もで  みんな死んで  オツリがで  ルパンをで  石原ので  ちょっと路ばたで待ってて  馬を曳いて来て持ってて  十年空いてて  鼠がはさまれて  のが惜しくて  座附きで  里近く流れ出で  異類異形が踊って出で  雲を出で  娑婆はめで  事をお言いで  お茶の水へ通って  プルウストので  観音をで  京洛に出で  連中に名乗り出で  ために、止むを得ざるに出で  旅におで  町へおで  ぢや、はやりすぎてて  坊主がもつて  事はお忘れで  まろはもう睡くって  数十人名乗りで  代表が現れて、進みで  見送りとて  月がで  裏庭へで  そこへで  通りへで  原っぱへで  外へもで  西へもで  かえるといって  皆んなおわかりで  老人が、愈々で  度く、まかり出で  んだろう、と云って  選挙にで  ことがで  みな國務大臣がで  そのままのくりかえしで  幽かな呟きで  山師がで  段階からはずっと進みで  面へまでで  背中をかがめてで  ことがまるでできて  本気になって聞いて  几帳のかげで  私はすきで  ょうだんだと思ってきいてお呉れで  何にもかまって御呉れで  お許しが出で  顔を洗って  荷馬車が止って  両手に下げて  御馳走がで  皿が落ちて  中におゐで  旗じるしで  街へで  それは書いて  車室が取って  しょっちゅう眠って  名前はわかって  感じがで  分裂して  言出で  停車場を出で  大気とはちっとも似て  螺釘をとめて  死ぬから邪魔をしておくれで  ところもで  家に持つて来て  腹が立って  新聞にで  方にもで  ふいに頭をかかえると、さもおそろしくて  けいこにはげんだし、うまくやりとげるとうれしくて  のが楽しくて  自分の名まえで  数日を出で  剣戟のひびきで  備や、泣いておくれで  問題がで  土地にうろうろされてはわて  ため外交に廻って  世話など、おそろしくて  三人ばかりとで  しか喫わんところを見ると、よっぽど切って  金は置いて  トンネルをで  なんでも知ってて  野卑にで  木がで  小学校をで  作ので  船をかみくだいて  ブツカッタ事がないって云って  生活がしてみたくて  そこまで睨まれて  一番に怖くて怖くて  お前が可愛くて  お前見て  チャントここに寝て  横からスッカリ聞いて  あたし四五日前から神戸に行って  あたし写真ばっかり見て  大方ソンナ事でしょうと思って  関係して  清算したくて  事件後数時間を出で  ときかないで  あて勘定して  足がで  港外に出で  訳があつて  鳥に生れて  月天子山のはを出で  東京からそう離れて  ハリガミがで  取次にで  社へで  勇気がで  とき取次にで  太宰もで  本屋にで  秘密をあかして  みんな江村さんを嫌って  北村から太宰まで知って  みんな知って  上塗りのして  ことだろうと言って  諸国巡礼に出ようと思って  日本じゅうどこ捜したってあるまいと思って  人ではないと思って  生憎住所が書いて  行動にで  その後生れ出で  降服を申出で  生れ出で  展望室へちょいちょいで  はいないで、で  水晶をなでてて  ことを申出で  顏にも出で  色とて  一つとして  旨を申しで  強行襲撃にで  あたし、帰るなんて、言って  沈思するおもむきで  化粧をして死んで  とき、なにかのつづきで  ら流れて来て  いつのまにか歩いて  心持を気づかって  まり興味を持って  梅が咲いて  葉をちぎって  間違ひで  浅井が出で  御無沙汰つづきで  何ひとつとて  子供心にほしくてほしくて  事を思い出して、なつかしくなって  唇から血潮が流れで  道路へで  つて外へで  部屋を出で  女は嬉しくて  私たちに向って  鍵はかかって  心配になって  生活をして  そこへ行って  我慢してて  何を言って  沽券にかかわるとさえ思って  関係までして  急にかわいくて  試合に来てて  後生大事にもってて  三時にはなって  安心して  すきですきで  一人で笑って  ぎながらどうしてもわからせてしまわなければならない、と思って考えて  事を思い出して  意志の明かで  意表に出で  気が滅入って  時間がまとまって  文学的にで  気がしてして  家より出で  明日また御出で  照りつづきで  反対して  区切りもつけて  署名はして  事を言われて  遊行上人出で  私がさいごで  方脱けおちて  入院すると云って  街路へで  居処を訊いて尋ねて往こうかと思って  知事位にはなれると思って  何人かが云って  去年庭を歩いてて  話をして  跡に付いて  蓋が打ちつけて  荷札もつけて  本にも書いて  目的の明かで  芸術的欲求のおのずからなる現はれで  五寸を出で  往来へで  写真がで  男役を買ってで  真中にで  後戻りして待つて  軍服に滲みで  ニュースがで  新聞に出て  先生っていって  磁石を受け取ってしばらく見て  銘を打つて  鳴雪と詠み出で  基礎をもって  把握されて  塊りあって  ちゃん、如何いして  努力して  もっと沢山待って  スケートをやって  睫毛が濡れてて  製作者にとって  茶店を止めて  主人に預けて出で  傍に出で  声出で  通知もして  間つづきで  みぎはに出で  水を出で  夜をさそへど出で  拝跪しながら進みで  好日つづきで  口を割ってで  始末などして  著録して  店へで  一緒にで  冗談から駒がで  考へがで  受売りして  手つづきで  それはひがみで  のか、ただ閉めて  目に見えて  油汗が滲みで  外はで  ラファエルが出ると出ないとで  作と思って  名前もつけて  鼓が聞きたくて  磨硝子にも何とも書いて  やんちゃで美しいと云って  遠くで聴いて  あたし、そんなに痩せて  氷がはりつめて  貞夫を待って  庭にでも植わって  空は晴れて  土がで  開放され、安く売りにで  時に知って  ことを知って  始めはそう思って  係りが違って  合図を待って  仲間同志でやって  ようだほんとに生きて  利益をのべたてて  区別は明かで  荒磯にで  蛟竜池底を出で  半面と見て  本がで  雨、いっちまえ、またいつかきなよ、はよで  ぶたがで  嫁とりにで  くつなおし、つくろっちゃったそのときゃ、しあげて  手にもって  ときゃ、またぞろやってきて  旅して  はちの巣いじって、かまって  おまえはいって  あたいはいって  工作もして  羽織を見たてて  いやに褒めて  安子が憎くて  病気つづきで  ところへいって  人の見て  赤んぼを抱いてで  三年を出で  門を出で  金参円を出で  具合からして  前に突きで  旦那は一杯飲んで酔っ払って  書入れして  そこで待ってて  ようにと祈って  お金を幾らか儲けて  あれをやって  人間になれて  君は実にしっかりして  んだ、と思って  絨毯を敷いて  事情でで  現れ出で  奥手に浮かびで  直ちに海へで  洵吉は余計訊きたくて  くらをやって  髯を抜いて  僕はこう思って  働きにで  即座に名乗り出で  意見して  首枷がかけて  兵をまわして  島が太て  酌婦でもしていると思って  ことを言っておくれで  ことをお言いで  腰巾着づきで  かあさんでも生きて  手がつけて  枯田汗してはたらくまいにちはだかで  皆言ひ合せて、まかり出で  脱けで  母ッちゃて  底から抜け出で  かざりつけをして  戦争に行ってて  いつお出で  友だちがあって、ちょいちょいおいで  奥さんがおいで  翌日そこをで  白拍子にで  海へ行きたくて  肩にのっかって  陽があたつてて  抱へられて  音とて  鳥が啼いて  陽をうけて  煙を、吐いて  陽を受けて  原稿にも書いて  名前は書いて  何物もおいて  何も置いて  説明して  一つも打って  部屋をたち出で  煙が、すうっとで  大空艇からたち出で  ここを去って  和子を護って  捜査本部を立ち出で  蝶々さ、そうお憎みで  何をさらして  旬日を出で  ことなんか、ちっとも書かれて  耳に入れて  ガヤガヤして  面をして  店を立ち出で  泰平つづきで  一歩前へで  魂から唄われ流れで  媾曳して  余り油断して  それまで隠して  顔色が変って  登別に来て  旅をして  私は少し酔っ払って  私影から覗いて  間黙って  二三日待って  俺あ口惜しいけれど、黙って  羽織一つ持つて来て  何でもいいで  語は用いて  起原を書いて  同一動機に出で  徒に出で  徒から出で  亜流に出で  流れに出で  私あなたがたが黙って  顔を、で  顔をで  店には、何一つおいて  装飾はして  ゅうごさいましたけれど、じきにさびしくなって  イデオロギーを出で  大衆性をさえ有て  花売りにで  海岸にで  あたし待って  二人で話して  おれの乗って  天才がで  服も着で  やつまだ来て  みちをまっすぐに行くと、まもなくどて  手足いしばらえて  気が捌けて  ツ母アを探して  大坂から養生に来て  お金を入れておくれで  帰つておくれで  自ら進み出で  紙幣とり出で  作品がで  ひとつもで  マント着て  ぃに教室さはいって  陸から海へ行って  僕はしばらく見て  そこから自分はで  スープがで  裂目からなにかで  空地にで  はんきやうして  ことをするかうして  彷徨いいで  前に進み出で  苦労もして  封印をして  暇はないともいって  気絶もして  会社をやめて置こうと思って  僕あ、聞いてて  のを聞いてて  推進隊長をやって  それ見てて  ツラをして見て  つのポケットに入って  どっちでもいいで  香気を味わいて  手打ち、うで  席があいて  札幌を出で  四間を出で  目的を聞き終りて  お湯も沸かして  なんでも聴いて  ヒゲが錆びて  日は出で  何にも渡して  目的を話して  何にも敷いて  要用に出で  希望が偽りで  素人探偵がで  罪を犯させて見たくって  人間にして見たくって  のがねたましくて  蠱惑力で掘り起こして見たくって  あとからあとから流れて  からちょっと見ておくれで  朝はあって  基業を創て  一人出で  われ出で  声で呼ぶと呼ばぬとで  のもひで  大蛇になって出で  登つた記事がで  両氏が睨み合って  お茶をひいてて  飲み屋で、酔っ払って、泣いて  入口でふるえて  スッキリして  マネして  遊びにきてらして  話きいて  ヌキ探して  一人で見て  三十分だけ待ってて  ゅう鼻をつきあわして  文科をで  書斎をで  しか声がで  先にで  記代子を送ってで  目にで  ほかにで  心当りへ探しにで  学校をで  宿をで  服装で、で  広告がで  記事はで  女給にで  アンチャンがで  噂がで  洟もで  穂積がこう申しで  一歩もで  便所をで  仕事場へで  慕ふなりみだれいてて  宮廷において  以ちて  言葉のつづきで  片方言ひ放しで  抽きいで  庭をで  東京へで  説明づきで  行動に出で  人びっくりして  贅沢をするとも決まって  みんなそう言って  すつかり忘れて  一冊も置いて  往っておくれで  他には全で  彼時に挽いて  アしないね、知って  野猿が啼き、時には出で  今日これから上がろうと思って  二時位かと思って  一つも書いて  反対に出で  何うなるかは書いて  義に用いて  一度実家を出で  住所も書いて  何かそわそわして  配給物をとりに行ってて  から知って  自分自身があわれで  物にで  挨拶にで  イヤだと云って  何処へ行って  押手に出で  生い出で  人心地とて  大路へ出で  董卓出で  われこそと名乗りで  明日は出で  娘御で  兼ちゃんが思い切って  勤めにもで  如く出で  人の力を用いず自で  ことなんか聴いて  釣合がとれて  声は出して  ぢいさん、さうしてて  そばにゐて  金を持って  誰もかれもそう云って  何にも話して  あてが黙って  ことも考えて  行動されて  頭もはっきりして  間厄介になって  為めに、忘れて仕舞って  会議にで  潔白を申しで  社会にで  起訴状は明かで  揃へて立つて  格子戸があけて  一つにで  二%しか占めて  戸締まりがして  いつまで生きて  事さへ定められて  さへて  茫然と開いて  料理屋に行って  縁側にで  シッポので  願ひで  限りシッポはで  シッポがで  惶てて  宇宙旅行がしてみたくて  断定して  街頭に出で  そとにで  中から這いで  ここにで  大蛇がで  舌をぺろりぺろりだしながら、ぬっと現われで  都にで  都へで  猿は、ようようで  甚兵衛もそう思って  大きな月がで  殺さないとか、いきり立って  ノラがで  のかは明かで  竪てて  沖合へで  さんごで  おゆるしがで  動物がで  かい王子がで  上につき上げられてで  さまはで  花園をで  たちがで  手をつなぎあってで  おねえさまたちはで  上にで  世の中へで  甲板にで  下駄穿きで  ちくどくお聞きで  引提げて  顔附きで  うちふりて  兜を借して  結局仮定を出で  わたしはこんなで  癖ですよ。ねえさんを甘くお見で  お前が知ってて  事もなく喜ばしくって  住所が知らして  引き合わせがして  心では泣いて  ほうにしゃにむに引きつけられて  世の中はむなしく見えて  今まであって  天井の張って  ガラスびんにいけて、なんにも飾って  ひと通り理解したうへで  やうに考へて  君も知って  殆ど記して  系統だてて  美挙に出で  指導し、出で  事にあたりて  字を知りて  味を知りて  ことについては別段書いて  カルサン穿きで  騒を知って  下になって  胸を抱いて死んで  板一枚しかわたして  対手がおかしくて  悪いこともせずにやって  氷雲を出で  御免を蒙りたいと云っておくれで  私を見詰めて  獅子が欲しくて  ちょっと旅行に出て  ッすぐにして  チャント揃って  からわかって  フイ嬢はまだ生きて  声で云って  町つづきで  通訳附きで  其次第を届け出で  後にはくわしやよりも、やりて  頭に残って  戸倉温泉に行って  それを知ってて  月を見て  腹より出で  女の子がで  方法とて  ことも書いて  何れ碌なこたあして  出窓に出で  ふるさとを出で  金魚を置いてる、置いて  ぢやて  水面に載せて  つてお困りで  障子にちらちら踊って  うすい眼を開いて  手術が終って  今すぐだから、一寸待って  芝居をして  私の持つて  わたしきいてて  皆知って  ことかとはらはらして  病気については云って  頁を切って  變だから待つてて  假名遣で未だ考へて  弾がこめて  ことを、はっきり知りたくて  嘘吐きで  あなたに感謝してて  中間にで  気の毒になって  事も書いて  一口も述べて  感謝以外には、なんにも書いて  道具の出して  枝を上げて、あぶあぶ遣って  大概に着いて  何に血迷って  蘆の茂りで  首を垂れて  関係者がで  職工をして  布団なんだろうが、入って  一平と寝て  家に坐って  勉強をして  偶然、来て  手紙は、まだ見て  内証にして  ア船さ来ねえッて思って  人云って  ワザワザ俺達ば守ってて  ピストルでも打つかと思って  芭蕉以来絶えて  全然沈黙して  あんたまだ起きて  見物ばかりして  片影も被せられて  何だか気になって  貧乏して  稼えで  武田さんが、そう言って  咎むべきで  数時間を出で  命半日を出で  十数時間を出で  事件発生後二時間を出で  絆創膏を貼って  初めから縫い付けて  事なぞはちっとも書いて  日本に来て見たくて来て見たくて  何だか呶鳴って  花が挿して  栓が止めて  報告のいつわりで  元より明かで  經路が明かで  身構へで  寄留屆がして  がらがら引っぱって  畳敷きで  普通の子供はちっとも持って  くしやみが出て  腹に浮きいで  赤羅鸚鵡我を見いで  ちよに撥ねて  汗さへ流れで  疲れがで  ことがおありで  順吉の前で  路地になって  影を曳いて  白っちゃけて  一冊店頭にで  だんだん慾がで  壕をで  心持がして、嬉しくって  兄ごで  心の時めきで  綺麗に剃て  考えがはいって  あたし、そう来るだろうと思って、待って  のを知って  説明されて  貴女は寝てばかりいて、起きて  先へ入って待ってて  ことを云って  迸り出で  何處へ行くかまだ決めて  仁丹ぐらいにしか思われて  脂汗がで  司令塔から立ち出で  汗がふきだして  卑怯ですよ。復讐なんて考へて  処分にで  なあに先生さ従いで  選手がで  うち十一レースまでが荒れつづきで  大穴がで  穴がで  大番狂せがで  番狂わせがで  下痢して  ヌッとで  絶対に入れて  焼跡へで  一足交番をで  品物はおいて  アオカンやって  疎開して  ガランとして  奴は、で  奴はで  街頭へで  北の方へひろがるだろうといって  人たちはどういって  水のおどろきで  セントラルにで  土民から抗議がで  女子大をで  ハダカより出で  浪花節をかけて  御陵があり、さうして  延喜式にで  絵がほしくて  戸外へで  劇場をで  ホールへで  ものがよく解って  十種競技にで  一度四分三十三秒がで  五秒がで  記録はで  コバルトがで  判断がで  奉公を願いで  詠嘆を出で  終日いのりて出で  書物にはなんにも書いて  腑に落ちて  わたしの直ぐ向ひに腰かけて  映画館をで  欄にで  結果がで  身の上相談欄にで  世間へで  世間にで  間借をして  離れになって  私たちがほしいと思って  事務所をさがして  カーテンもかけて  仕事がむずかしかったかと恐れて  顔をして  ちょっと耳にして  僕たちの知りたいと思って  寝室をで  前へで  内儀がで  ぼくは時々申出で  時妙に憤って  飯場を出で  銭持つて  戸締りのして  山程売りにで  記事がで  いっぺん京家をで  此美濃路に出で  美濃以東に出で  念種關に出で  さっき文学衝撃隊組織について論じて  今憶えて  三左衛門は面白くて  築城を願いで  域をで  近海捕鯨は大いにやって  米を負って  そこへ転がり込んで、居縮まって震えて  腰をかけて  ことをお聞きで  鏡餅搗きで  行事も記して  電車を出で  驛を出で  あたりは、まだ沢山起きて  方がおありで  水がで  中より現れ出で  発作が、で  熔岩が流れで  音もなく流れで  尻に突当て  工合があやしくなつてきて  攻勢に出で  馬胎を出で  あたりは、まだ数多起きて  強情はって  公開されて  それを突きとめたい、名乗りで  ます、と云って名乗りで  時は酔って  イマイマしくて  ホラアナをで  言葉はで  一度もで  性格がで  私祈って  今頃までほっつき歩いてて  利子をためて  我慢して  酒ばかり喰って  気持が余りまざまざとして  私夜通しでも起きて  一体朝から何処を歩き廻って  君早く帰ってやるがいいぜ、しきりに待って  気紛れにやって  生後四ヶ月ぐらいで  ノドから手がで  川越市へで  ようにして沁みで  二階に置いてあげて  三十尺も出来て  里から火事がで  アゴがで  んだと思って  頭を抱えて  西班牙人だと思って  そ言って  しか離れて  馬鹿お言いで  それ以上に出で  商売にならないかして  十分与えられて  何も作って  片方ほか閉めて  目にしみてしみて  繁婆さんが来やして  哀くて  頬をすりつけて  目をつぶって  貧亡して  不幸つづきで  居眠りばかりして  それこそ、お困りで  カテリーナおもてにで  月を記して  明記されて  ぱい咲いて  誌して  羚羊猟に行って  はつきり覚えて  度くて  ノッカーも取付けて  僕は思って  口がつけて  気勢があったので、とうとう折れてで  アッタスン氏は進みで  舞台芸術に絶えて  誰彼にも話して  洋風もとりいれて  部屋をで  とき鍵をかけずにで  他殺の見透しがで  焦りがで  中学をで  タヌキ寝入りで  内から鍵をかけて隣室へで  線もで  遺留品もで  ちょっとそこで待ってて  予言がで  空襲警報がで  くしゃみがで  ダンスどころのさわぎで  椅子がで  パパ、泣いて  ママ薯がそういって  ぱあッとなんかして  鍋墨をなすって  先覺者出で  花を中て  其他旗本から抜け出で  日に出で  忠誠に出で  大名多く洛に在りて  お母さんだっていつもそう云って  先に出で  鶏アなほ早い寝て  天道さま罰あてる寝て  お嬢さまばかり寝て  おれが見て  鏡鏡見て  それがして  のぞくようにして  二十三ルーブリしか貰って  むっつり黙りこんでて  終へて  ものが現れ出で  明治三十年に出で  海上に出で  鶴嘴の触れて  翻訳されて  脱け出で  仁王両個夜まわりに出で  新たに湧き出で  汚泥を出で  嫁にでもいって  馬鹿気切って  ように云って  顔ばかりつき合して  自分で云って  から、待ってて  私雑誌記者なんかして  誰にも黙って  半分眠って  けちゅうに知ってて  外を歩いて  僕がぐずついて  父親はまちきれなくて、やたらに歩き廻って  者がで  財源と頼みて  心搆へ聞き知りて  事をいひ出で  事いひ出で  信用して  笛の提げられて  後ろについて廻って  観察し初めて読み出で  火の手がせまって息ぐるしくて  のどがかわいて苦しくて  あとからあとへと湧きいで  宣戦布告がして  モンパリにいるといって  ぬれてないか、歩いて  疑惑を懐いて  気分になって  一日寝て  音をきいて  まばらに生えて  そこに腰掛けて  思い惑って  あなたが抱いて  警句とで  ろうと思って  手紙来て  家でぶらぶらして  なかから外にで  外にで  とき言って  われわれがしたくて  声ので  森にで  本からぬけてで  なかから裂けてで  雲がで  空にで  ひとり、おむかえにで  それからほら穴をで  そこまでで  墓地へで  身ぶりとで、どうかで  ことばをのこしてで  兵隊がで  王さままでで  枝がで  幸福とで  家へ行って泊って  兄貴が附いてて  菊ちゃんを抱いて  橋本へ行って  下塗もして  今に舞い戻ります、見て  一ショに居て  いるか、もし行って  よそへ行くと云って  竣工して  はつきりして  グラナダもまだ見て  公表されて  於いて動員されて  電報もとどいて  こともなんにも出て  のだか確かめて  軍裝して  物が詰まつて  外國人には持つて  室内におとなしくして  小耳に挾んだが、疲れてゐてよく聞いて  發表されて  發表して  親しみを感じて  氣ちがひで  媚態より出で  祠に祷りて  山つづきで  路地端に立って  方を向いて  密に頼みて  女房らしくしておくれで  左衞門罷出で  書物などには書いて  以つてきまつて  女の子をもつれて  餘ほど驚いて  曉二時まで起きてて  一時半まで起きて  笑くて  姓名が書いて  錠が下ろして  人が立つて  猫とで  実体の明かで  ごろごろして  心が動いて  屋外で泣いて  彼方へ行ってて  證すべからざるを慮りて  我筆を借りて出で  こと一瞬間を出で  見解より出で  別より出で  後に出で  ところに出で  哲學は、ウンド出で  三法に出で  そこへ行ってみたくて  これが珍しくて  漁にで  たしかに漁にで  銃口がで  太陽ので  中から一等水兵がで  たんところがりで  入口から外へで  口をついてで  吸血鬼、で  エンジンのひびきで  艇をで  潜望テレビジョンがつけて  汗が滲みで  太陽が華々しく射し出で  ように続々として現われ出で  一号を見てうれしくて  日附は書いて  塵を払いて  わずかに三色しか使って  明かにされて  から黙ってて  立場に出で  そと出で  浜は焦れて  神に祈りて  何か見ると盗みたくなって  甲源一刀流から出で  お松が進み出で  真中に立ち出で  膝行り出で  廊下へ走り出で  叫び出で  足を切って飛んで出で  裏に出で  見物せられい、差出で  青扇ので  学校のうらて  わけを察して  渓を出で  中へ、はらりと出で  ほんとうにちょいと困っておくれで  半ばに出で  がれ出で  華族様でもあろうけれども、乗って  遠くで吠えて  踰して  口輪がはめて  ように固くなわで  わたしが本当に酔ってるか酔って  水上にはだけて  積りで来て  ようで、ゾクゾクして  部屋を立ち出で  私はたえて  人に知られて  駅をで  みへで  飯山に出で  自ら躍り出で  誰一人にも診て  一眼だけ見せたくて  面白半分に見て来て  いずれにてお近づきで  流儀から出で  御所を出で  湯は勿論なま沸きで  輝きので  計代がで  間柄ではなく、寧ろすきで  話のつづきで  私男の子に生れて  中西さんに待って  カーテンの引いて  彼女は嬉しくて  先に行ってて  フィルムがあまって  写真なんか撮ってあげて  問題までまだ行って  温泉があって  弁護士だけを待って  それから私をまったくなんにも備えつけて  ひえびえして  酒保にぐずついて  はじめ受けて  髪をして  三十二になって  腹がすいて  いちばん年とって  それから、しばらくだまって  耳をかたむけて  彼が測って  顔を覚えて  何か書いて  酒井賢二郎が言い出で  剣道に出で  大事のものが残して  口中に湧き出で  君、持つて  実見して  名前の書いて  人口を、ただで  喫茶店をで  ミチ子に向って  フラフラとさまよい出で  番号札はつけて  ことを悪くお言いで  代のはらって  端なくも見出で  人質にで  慾がで  前面へで  別に書いて  ことが思われて  さまよひ出で  食べ物を見くらべて  焼け跡へはかえって来て  人だと思って  お金持って  ジッと持ってて  旅唐黍は採りて  そばで聴いて  から見て  二重に出で  身体がわるいとか仰言って  航をやって  しこたまこれを持って  仲人に割って出で  天竜寺を出で  和尚様、ほんとに口惜しくって  うずうずして  自分が淋しくて  レッテルも貼って  花は活けて  レッテルの貼って  川に沿って  だんだん浅くなって  遊び場をさがしにあるいて  虫のよいうぬぼれで  喋舌り立ててやると言って  先刻から其奴を言おうと思って  呼吸をして  僕なんざ嬉しくって  卒業したらって待って  いつまで待って  んだか知って  明記して  卒業したら、どうか出来るだろうと思って  訳を知ってて  だって、待って  紫色に変って  僕も少し持とうと思って  のと考えて  男は冷めたくなって死んで  自己を貫き出で  腰から上が抜け出で  社会に出で  長が進みで  別に意に介して  杯も出で  大川に続いてるか、続いて  感謝をささげて  火掻きで  病原を探りて  自殺しようと決めて  誤解して  ことを悪く云い、そう思って  作曲をして  嫌いだといって  ことを考えて  神経がぴりぴりして  着物をきて  五時に来るからまって  気持になって  大丈夫だと思って  私が立替えて  ひとごとでも嬉しくて  関係が絶えて  三角髯をひねって  乗りさえすれば黙って  ハリキッて、のさばりで  宝石が欲しくて  日章旗を押したてて  沢山に出て  縁側へで  尽日門を出で  から身体があいて  故郷を出で  あなたがお困りで  商品は置いて  さ、降りで  布告がで  便から病菌はで  非常手段に出で  忍び出で  お粥以上に出で  土塀つづきで  確かに訴え出で  冗談をお言いで  仕打ちが憎らしくて  から嫉けて  花散りて  迷ひで  つてゐるらしく、只で  子供持つて  詩人啄木をして  自分がかなしくて  それがほしくて  それが羨しくて  仏を信じて  まり派手好みで  譫語が云いたくて  ことが書いて  戸締りがして  さつきまでよく聞えて  みなさんにはおありで  穂はつけて  男が欲しくて欲しくて  猿橋駅を立ち出で  江戸より出で  聖人出で  から、すぐにおいで  赤ら顔ので  唐紙もろくに入れて  当りになってで  原が、続いて  海外向きで  ことが考えられて  変に思われて  皮肉まじりに言い出で  言句も出で  八幡様へで  んだ、で  米友はそので  有難味が薄いや、で  米友はしきりにで  まさか、で  今夜はで  二人は抜け出で  パイプで吸って  ガスでつけて  これを始終やって  んだろうと思って  子供を見たくて  愉快にくらして  水をかけて  一人として  手助に行って  儘とり片づけて  大切にかけられて  ように濁って  文句は書いて  用意なんかして  ちよつとで  夢のように浮かびで  風は譲られて  己に出で  独り語を呟いて  心境に陥って  具体的内容を取るかはまだ決められて  何も与えられて  なみだがで  心持ちを読み取ったです、と言って  予期して  ものが入って  どこへ行って  どこい行って  みんなになって  事を言って  此方でワイワイ言って  おとそうとなんか、して  君が食って  原が続いて  仕打ちが憎らしくなって  銀様は焦れて焦れて  蓋をして  幸内が嬉しくて嬉しくて  腹が立つやらして  ぼっちもで  頭でさえも、で  精妙から出で  足駄穿きで  中から打って出で  戸の閉めて  切手の張って  朝顔が生ひ出で  病室もあいて  さつきから煙が見えて  月は出で  地震がで  心から溢れで  奴生きて  これくらゐで  ちゃんと持ってて  整へて  言ひ置いて  訓を付けて  奇襲に出で  いつごろ出られるとも書いて  沿岸ので  裝填して  骨を有して世に出で  草むら咲き出で  濃州へ打って出で  二時頃には馳せ出で  城を出で  砂丘つづきで  箝めてて  撈り得てて  憶い出で  内から湧きいで  樂みで  物言ふけはひで  発表されて  若い中学校も終って  頭の出来て  片方は生えて  似合ひで  文字が題して  しかし、もう、うれしくて  ムカムカして  会場から脱け出で  折助以上に出で  住人諏訪大夫盛澄から出で  庭へ出で  隅へ歩み出で  ところもあり、掃いて  癪に触って  業が煮えて  工場に据えられて  少佐になったばかりの、なかなかやりて  彼は、忘れて  今になってみると、間違って  奴等只で  犬連れて  月木の間にさしいで  力を得てゐるかがうらやましくて  密と抜け出で  裏手を忍び出で  裏門から走り出で  迷い出で  踏台にしたりして、ともかく迷い出で  宿を出で  ろしくて  内容は有て  間に萌え出で  英断に出で  戦ありて  ものとて  知らないとでも思って  思い附きで  迷ひ出で  われより出で  ひとりで見張って  関東煮やが沢山並んでて  人やあらへんと思うて  皆殺しにしようと思って  蠅男がで  協力を申出で  小遣い銭なんかろくろく持って  どんなって、寝てて  媽さん、知って  ものが附いて  その後でまだ開けて  上に坐って  姨さんなんかに黙って  ようにあばれて  間病気で寝て  今迄威張りくさって  人気いよいよ荒立て、渋りて  溜飲が、初めてグッとさがったんで、嬉しくて  ものだから、嬉しくて嬉しくて  鰡八と思えば、無暗ににくらしくなって  好意に出で  のだから、もうかまっておくれで  やうに浮かんで来て  金魚売がで  買ひにで  碌々眠って  貴方は、知って  話を聞いて  どんどん出して  夢中でオロオロして  先でも残して  もっともっと早く来ようと思って  辺は慣れてるといって  溜息を吐いて  全然出缺が附いて  もの全然出欠が付いて  ねんねして待ってて  様子ぞ、見て来て  表で待ってて  舟がで  名の書いて  夜間出で  ものはもう入って  愚図愚図して  自分一人かと思って、少し心細がって  今まで曇って  上へのたり出で  切先を揃えて打って出で  切先を揃えて切って出で  胆を奪われ、パッと逃げ散ってしまったが、切って出で  何だかこうしているとゾクゾクして淋しくて  野郎が懐しくって  馬鹿に見えて  樹立さしいで  脚踏みで  電灯の光りで  居据りを直して  ここしばらく見て  アップと言って  シナリオが出来て  経営して  どこかで喋って  神経だけになって  補修工事がおこなわれて  シンクロして  窓から外が見えてて  話に出て  花が咲いて  会社にいらして  道路はまだ空いて  お父さんはおっしゃって  すっきりして  とこでは、まだ買って  体をして  着物には慣れて  学校ですわって  練習して  体験して  仕事をして  経過して  虫が鳴いて  自由業と言って  結婚なさって  ラウンジで弾いて  ちょっと変わって  グレン・ミラーを気取って  からきまって  ピアノを、まだ聴いてもらって  ここで待ってて  奥さんを連れて  タンゴばかり弾いて  にこにこして  仕事はして  踊り子をなさって  自慢して  舞台で踊って歌って  流行して  父は見にいったと言って  たか覚えて  拡散して  投函して  バッグに入れて  ことすら、忘れて  店に来て  二十七歳だとおっしゃって  かたをして  動きをして  窓が開いて  通帳がおありで  それはお困りで  宅には無論おありで  地ならしがして  こどもがで  ねずみがで  隆起がで  木に止まって  路地をで  麦畑へで  ふちへで  可愛い女が生れで  血がで  小さなランプがまだ消して  一範圍を出て  範圍を出て  ちょんと坐ってて  名すらさして知られて  案もで  人もで  怕くて  ちょっと錆びて  加担して  中から涌いて出で  動機に出で  家を忍び出で  型を出で  道が淋しくって  ことを出で  半年ほどして  生活が羨しくて  びつちり咲いて  道が熱くて  商売をして  行末は持つて  荷車曳きで  雑木林で死んで  手紙には書いて  承知しておくれで  のが含まれて  爪だてて  馬一頭飼って  亂して  中では時時ぽつりぽつり落ちて  づ案じ入らうとして  気とて  折柄残暑どきで  木で出して見たくて  青年歌舞伎にで  字の書いて  河岸つづきで  明帝以後絶えて  古書が始めて世に出で  願ひ出で  時から草鞋穿きで  良策であると申出で  小走りに走り出で  中へ這入ってうで  掲載されて  禁條を掲げて  意見を述べて  法律に多く載せて  禁條は掲げて  處分が掲げて  處分を載せて  軒並み続きで  小遣いなんかも持って  神田川を出で  城を抜け出で  朝湯を抜け出で  小屋を立ち出で  中から躍り出で  腕が鳴って  剣呑に思われて  みんなでそう言って  心持に吹けて  腹が煮えくり返って  のだと思われて  癇に触って  原っぱに、こうしてじっとして  笠山まで行こうかなあ、なんていって  ずっと前から欲しくて  ヤングがそう云って  可愛いくて  傳が明かで  當るか明かで  漢に出で  範圍を出で  檣の頂きで  一走り往ってくるから、寝てて  境遇をばからしくて  ものだと思って、なつかしくて  ゴシャゴシャいって  もう少し待つてて  から、待つてて  私ん所にや来て  蠅が来て  ボクお菓子をつくって  ボクさんは、可愛くって  眼をつぶってて  から折れたり切れたりして  腰をのばすと、可愛くて  いらいらとして来て  アドレスが書いて  奴は、まだうろうろして  水をやって  筈がない、おふざけで  情郎こそ呼べと駈けいで  因幡ざかひを立ちいで  頽廢堂をたちいで  夜や思ひいで  穗波なびきて  いらいらして  いやになって  ことを得ずして  家を辞して出で  用心門を立ち出で  ここを立ち出で  表へ出で  細径を出で  客もで  棒がで  楽屋を立ち出で  ボーイが、とんでで  ダイナマイトかなんかをもってて  なにも持って  あんたがおぼえがないか、きいてほしいといって  二人乗って  ルーム・ライトを消して  きみゐで  光沢消で  今まで赤くなるとばかり思って  掻乱されて  肌身離さず持って  町に出で  手に取りて  方が勝って  言書が着いて  身体ばかり庇って  ことばかり考えてて  ッて、ついぐずぐずで活きて  愉快そうに話して  軒下にしゃがんで泣いて  同一ことを考えてて  僵れ出で  格好を示して  気狂いじみて  群り出で  むとするに声出で  書斎を出で  眼も中て  車もで  黒紋附きで  ようにはかいて  一種のつづきで  雲をかぶって  時いって  前髪を結って  家で寝て  家がめずらしくって  ギチギチ急いで渡って  砂糖はいれて  二階家つづきで  気が合って  これネーブルって言うか知って  不浄場といって  尊敬もして  時分には死んでしまって  番して  こと追って  首くくりがぶらさがってて  姿して  あたしに言いきかせて  理解されて  現在して  先験的範疇に属して  関係に属して  発育して  韻文には属して  発生して  ように執念深くからみついて  幻想涌きて  何だかぼんやりして  温泉地まで行きついて  辭あり、出で  精進日つづきで  名も記して  本体も置いて  棟つづきで  歩き出して  午後二時無花果樹下を出で  一字も書いて  怺へておくれで  芸妓に出て  あたしが分って  年よりずっと老けて  去年ぢゆうの日記を見たが、書いて  のが書いて  いが、さうして  今日賦役に出で  登録して  閏六月乙卯と記して  口から無心に語り出で  光が洩れて出で  境を出で  欅並木のとっつきで  手から出で  癇癪より出で  中から叫び出で  学寮を立ち出で  潜り戸を押すと、迎えに出で  そこへ走り出で  火の入れて  夜以外には、絶えて  おかしくって  気が揉めて  今まで生きて  前にはちっとも書いて  甲は惜しくて  げに見えるからで  妄執が、浸みで  まま、止めて  水に入れて  根性に出で  声を聞きつけて走り出で  木立から立ち出で  江戸を立ち出で  江戸に出で  夜中に忍び出で  沈勇に出で  鏡面に相並んで浮び出で  大入り満員の売切れつづきで  うつつ心の出で  時間が書いて  批判されて  湯熨がして  ことでも書いて  ことなど何とも思って  折とて  茶道などは生れて  今朝は染められて  いまは使われて  鍵はかけて  顔すらも知って  何も告げて  艇も繋いで  いずれにも属して  往っているので苦しくて  前に待ってて  年はそうよって  講堂に出で  総員二十名を出で  それを見ながらで  やあさんと言って  こっちへ来て  事を聞くとだまって  私が見に行って  中から覗いて  一晩明したと云って  人通りなどは絶えて  上顋歯列前に出で  鉄砲を持って  弾丸はもう詰まって  うちにやって  ことなんかなんとも思って  きり持ってきて  心を許して  涙が流れで  流れがふっつりと断ち切られ、どういうつづきで  顔つきで、やりて  涙がこぼれて  往き来して  方から行こうと思って  自分にも分らないから、怒って  心配して待ってて  何をしていたかは、明かで  遠慮して  整理をし、まだ備えつけて  披露して  ところから出で  方へ進み出で  悪いことをお言いで  大物が生れ出で  戦闘的に出で  かい、よくおいで  わしに貸して  侍がいって  母がいって  お人好しだっていって  神主は嬉しくて  そのままには受けとって  ボタン穴が、かがって  書き方はして  保護なんかして  中を進みいで  紙片がで  縁側に立ち出で  手附きで  現場検分を申出で  出鱈目をお云いで  ままになって取りかたづけもして  寺をで  胎外へ流れで  難局を買ってで  山中をで  河原へで  一発しか射て  人たちが生きて  自分で受け取って  いくらでもで  言つた話はして  格別變つた事は書いて  ノコノコ歸つちまつたりして  ムシャクシャして  拾てて  所書きは書いて  久保が話して  住所の書いて  尊敬して  チャンとして  せいだけで無く、まつさおで  どこにもきめられて  なかから湧きいで  三四十間とははなれて  ゆきゆきて  岫を出で  鹿児島を出で  氏素姓とて  豊麻呂さまがいって  片鱗も知って  怨みも抛て  布令られて  龍泉殿がおいで  ムッツリして  答案がで  用をたして  出迎えにで  こちらも黙ってついて廻って  一行も書いて  挺んで  下にで  伯爵はおどろき又おどろきで  ぴゅーっとで  びっくりして  のを、忘れて  連中もだいぶんよいがさめかけて  帆もすっかり巻きこまれて  ことをいって  ア向うで聞いてて  馬琴の座って  曲馬をやって  家人には話して  目的に出で  歓之助が出で  根拠に出で  国を出で  都を立ち出で  浦に着きにけり、で  七兵衛さん、眩しくって  これを書きながら怖くなって  涙を拭おうとすればするほど泣けて  野を出で  誠実に泣いて  家来になって  コケットだと思って  都合がえいと思って  それまで待ってて  ここに立って  のどが乾いて乾いて  普段モダン日本を読んで  経過についてはほとんど何ら記されて  非常線を張るって言って  経文にも書いて  水神に出で  棧橋に出で  中流に出で  口約などはして  前に、まだ片付けて  奈良を立ち出で  会うたので  一人とて  しかみて  腹は固まって  御簾とて  消息は絶えて  長崎にで  江戸へで  看板がで  礼も交さず突いてで  湯治にで  孫七郎が進みで  腰低く進みで  悪者がで  芸者商売はして  谷間から現われ出で  沢井を出で  なかに浮び出で  実験を、細々と語り出で  経験談を語り出で  宿を立ち出で  町奉行へ訴え出るなんぞは煩わしくて  ことばかり思って  底ゴムを打って  全然手が付けて  かくれんぼのつづきで  しまおうと火を落して  六寸折れて  湊を逃れ出で  行儀よくして  先達は、見えて  男足知って  人間並にして  それにつながって  誰からも触れられて  何か知ってて  何だかばたばたしちゃってて  一度一しょにのもうと云って  好意をもって  馬ともして  胴も着けて  女に生れなければいいっていって  書斎へ通して  耳にして  道誉を見て  森をも、とはで  それから辰ちゃんだって行くと言って  手をつないで歩いて  草夥しく生ひ出で  遠慮下さいなんて書いて  わが家を去りて  手卷きて  昨日まで、うるさくて  一つ花環が来て  時分から知って  何も云って  気懸りで  墓地から立ち出で  のは、にがて  から待ちぼけは詰らないと思って  神妙らしく云って  これよりまかり出で  片手に立ち出で  メガネをかけてるか、かけて  眼から紫色のものが溢れで  用意して  さ遊ぶに来る来ると思って  品とて  上にのって  草履をはいて  田舎に行って  半月ばかり行って  母が生きて  お父さんはよく知って  力がぬけて  方は、ほんとに泣いて  追憶に依て  羽織つた、で  ケムがで  大会にで  ごまかして  鼓動数が書いて  お座敷へで  のがその呟きで  遊びにで  一つ飛んで来ましたけれども滑って  すり耗らされて  向う岸の暗いどて  波濤をしのぎ出で  松原つづきで  噂も聞いて  口をついて出で  里が湧いて出で  仕打ちに出で  ほとりに出で  それからそれと語り出で  青梅を出で  松本を出で  上品で、そうして  風がしみて  あたりまへで  しか巻いて  ォてて  時をちがえて  噂を聴いて、うらやましくて  一戸一人ずつがで  家々から勝手にで  四方葺きで  お触れがで  酒とがで  一つ飛んで来ましたけれどもすべって  風の音にすりへらされて  先生が言って  向こう岸の暗いどて  偉大な裁きて  東京にで  トランプがで  基礎を置いて  言葉を聞いて  殆ど何も述べて  出前持をして  丁稚をして  ひだまでして  時からあつたと言うて  初めの浮いて  なかった金魚は、生きて  朝夕やかましくて  鞘を出で  場を立ち出で  払つて外へで  わたしので  猫に似て  どこへでもで  私だまって  復一の望んでいたよりも、媚び過ぎてて  図にも似て  道具がちっとも揃って  だって、ほんとに濡れて  おいらがしっかりしたって、濡れて  水滴が落ちて  蜒女をして  衝と出で  設備もして  手段に出で  比較対照していたが、浮び出で  偶然に語り出で  ことを語り出で  方寸に出で  意匠に出で  浦を出で  のが解って  ようになって  意識がはっきりして  かえるんだとかいって  九時五十分の急行だとかいって  代表して送るといって  新聞にも小さくで  素朴にあらわれで  しか来て  於てで  保護を申出で  モ君出で  二月を出で  思想に出で  鎖国時代より出で  とき反動的に出で  匡済するに出で  とき奴隷論者さえ出で  仁慈に出で  二塾より出で  官立学校より出で  論派は出で  業成りて  中頃に至りて  政府部内にありて  法律は反りて  法ありて  職ありて  包紙も解いて  それがとてもなって  火を見て  樹てて  主人が、で  日常妻子と会って  道をうずめて  都は見て  それはいつも伺って  暴君ぶりも、可愛くて  慾しか知って  異口同音な哮りで  ものがほしくて  者ので  実物を見て  山峡をで  悪魔がで  しんるゐで  子供等も連れで  虚空に融けて  範疇を出で  温室で遊んで  らへで  心にとまって  公式にしたがって  気を付けて待ってて  浄瓶星座がで  線路がで  から知れてくれればどうにか治まりがつくべいと思って  見栄に思って  奥へ引っ込んでて  さんを悦ばせようと思って  今でもそう思って  筋道の立って  頭もつかえて常に屈まって  ここさ来て聞いて  値段は書きだして  雑誌に書いて  うちに置いて  何をして  音楽学校をで  美学をで  め役にで  お勝手をやりませう、と申しで  オユルシがで  御利益ので  彼女同伴最上先生にで  気分がで  アツラヘムキにで  茫然外へで  自暴にお飲みで  桃林に出で  玉川上水に出で  飛び石一つ打って  ぷりとした肉づきで  鹿の子百合が咲いてて  私をじろじろ見て  こっちへ這入って待ってて  そこらがはっきり書いて  中央に立ちいで  場外へで  戸口から外へで  明記はして  なにも知って  一切関知して  さを知って  そこまでは分って  何か言って  原より出で  材料を求めず、出で  あたしのほしくてほしくて  想像されて  外に見えて  蓋を支えて  退屈して  野原にで  獣がで  のもで  ききにで  獣はで  夕方までまってもで  鹿はやはりで  鹿がで  平地にで  旅にでもで  元気がで  ふちにで  酒がで  ごちそうがで  なにごとかと思って、おもてにで  公園などにあそびにで  ちいさな中庭にで  半年ほど患って  其処を飛び出して、うろうろして  から、出て来たらすぐに持って来てあげるって、そう云って  あなたに話があって待って  私慌てて  あなたを待って  ことで泣いて  叔父さんがそう云って  熱が出て  夢をみたと云って、しくしく泣いて  相談しようと思って  小言を云ってやろうと思って  御馳走しようと思って待って  のを見ると、生きて  蒲焼には、生きて  幾つも出て  水を向けられて  ふりをして  家へ行って  高井英子さんを本当に知って  あちらへ行って  気にして  私少し酔って  一生懸命に考えて  別に悪いことはして  清を連れて歩いて  大事にして  からいいって、いつも云って  誰かを待ち合して  ことだとばかり思って  方に残って  火鉢にかかって  承諾を得て  奥田にもまだ見せて  やうにして  お話をして  詑びに出てて  ぢっとして  帳面に一々記して  庶民もよく知って  一しょにとも書いて  普請工事のいろめきもして  立話で言って  口に出さないときめて  証拠だてて  たかどで  こよいを出で  気しきで  雨戸もまだすっかり明け放して  ムクを使って  めぐり逢いたくって  押立てて  寒気がして  一生を住んでみたくて  間曳いちまうと言って  温泉を立ち出で  どころに出で  聯想して浮び出で  蛮行に出で  ここから出で  迎いに出で  紅売りで  不意に出で  邸を立ち出で  葵をおくり届けたいと申出で  錠がおりて  戸口に突っ立って  仲間になって  から、まあ、もうすこし坐ってて  あたし、どうかして  ちょっと世帯話をして  大体は知って  鶴はいかにもうれしくて  僕をつけて  ときから惚れて  そいつをきいてくれて  筋が抜いて  更る出で  門外へ出で  支度がして  大急ぎにて出で  自ら立出で  まま野に出で  指南して  相手をして  相手もして  屋敷に来て  起臥して  奉納物なんぞも飾って  錠がおろして  登和嬢自ら出で  ぎたれども先に出で  籠を取りて  郡名を記して  外に抜けいで  昼間から吹きつづけて  番頭立会いで  個人を超えたひびきで  ッておいで  そちが知って  潸然と、涙して  者もで  二十四時間ぐらいにで  クシャミがで  空襲警報もたびたびで  北東部にで  寝床が敷いて  寝床も敷いて  晴天つづきで  ゆくえを突きとめるに止めて  図星を中て  意外ともして  それもあわれで  戦塵漠々のとどろきで  手を貸して  盛んにポリポリやって  仲間に訊いたら、一向忙しくないって云って  固めは出来て  んだと云って  遽てて  誰も見て  誰か、来て  手紙も、来て  文字の書いて  煌々と、続いて  ッて云って  水ひき幕の書いて  正格に吟じ出で  興に乗じて吟じ出で  いつ出で  山楽の出で  ことは出で  ところへ、にじり出で  嫉けて  一巡りして来てえと思って  わしを待ってて  親玉を置いて  一つっきりあみを持って  兵隊が言って  奴の乗って  思つて外へで  防空演習にで  前へ突きで  床屋をで  上にねて  事つづきで  姿があらわれ出で  まり泣いて  鉱夫より出で  機に乗って  一人一日分しか入れて  下に白く浮かび出で  室内に躍り出で  動き出で  今天涯にのがれ出で  酒気のさめて  春さえ知って  ひとに侍りけるよし聞きて、詠みて  兄上に似ておいで  ここにおいで  ほかに出で  仮借もおありで  これが、およろこびで  事実すら書いて  事は何とも書いて  豆腐賣りで  から変だと思って  瞬間ぎょっとしあわて  風呂敷包みを抱えて  切も落っこって  小枝はうんとこしょ落ちて  店に寝て  旦那が言って  麻糸屑が残って  旦那が持って  碁を打って  杖がころがって  見事二つに折れて  八百駒へ行ってて  風をして  咲えて  寝起きして  女仇敵を狙って  松前通いに乗って  ことだろうと思って  六畳のたたみ敷きで  五日前から鍋屋さんに泊り込みで  そのまま合点小路を立ち出で  流れに分れ出で  皆縁側に出で  現在よみかえしはして  縁つづきで  天ので  天がで  白骨を立ち出で  中にありありと浮び出で  有野村を立ち出で  目醒めで  のですから、醒めて起き出で  範囲を出で  ことは言って  それだけがまだ描いて  それをやってみたくて  急になんだか物悲しくなって  ところも入れて  血が滲んでいると見れば見られて  胸が悪くて  自分ですら知って  洗いだてて  人物は見えて  そこにおいで  草心尼さまもおいで  云ふことで  掃除がして  事たろうと思って  もと抜け出で  草鞋穿きで  満員つづきで  翻訳は出て  何うしてで  単衣しか掛けて  天下様仰出で  山の手線のまだ使って  色の塗って  床板も入れて  濠に沿って  お姉さん、おで  旅行向きで  東京に居るからで  海と、黙して  印鑑なんぞに事欠いて  話ので  ことの絶えて  ところがあると思われて  関ヶ原まで行っておくれで  一遍お話を聴いてみたいと思うて  もっと静かにして  ろう泣いて  喧嘩をして  意味しか書いて  底を分け出で  ブルジュア新聞にさえ書いて  病人がで  中を歩いて  人にとって  十倍もいいと言って  何だか、こっそりやって  自分に絶えて  馬車門を出で  譫言ばかり言って  きりしてて  横を通って  秋まで見て  中へで  愛嬌籠りて  甲斐ありて  世に在らずなりて  不自由はさせで  いつまで見て  のどが渇いて  上の染め抜きで  ガタガタいって  ゴトゴト云って  白河城下を立ち出で  そこを立ち出で  和らかに出で  北より出で  口々を突いて出で  気にかかって  売り物にで  襟がで  自然と知れるまで黙ってて  母胎を出で  校門をで  トランプがほしくて  腹がいとしくて、いとしくて  まりていねいには附けて  ショーバイにで  こと数歩を出で  前に顕れ出で  帽子の置いて  タなどはなって  必要がで  平生から芝居をよく見て  耳をばすまして  意外に思われて  気がかりになって  親切から出で  岸にで  前へのこのこで  口惜くて  用意もして  食堂へはおで  自分のものになって  彼等のせゐで  人違ひをせられておゐで  むと凭れば起き出で  出を見出で  ひよつこりとで  味よくして  ためか、のがれで  言葉は書いて  服部躬治より出で  金がそう殖えて  文に出で  日輪いまだ出で  沙汰とて  ものが知られて  のかは記して  態度に出で  方法に出で  午後雨雲やうやくひろがりて  自身御拾いで  あくがれ出で  質問ありて  軍人眼に出で  警報がで  小屋をで  ことを申しで  思曇硝子をぬけいで  雲ひとつまろがりいで  花かくて  植込みもして  耕作もして  具も張って  許宣はうれしくて  これを預って  そのままになって  生々と萌え出で  故障を申出で  私を守って  ものかと思って  おかあさん、お泣きで  払ひ、持つて  人とて  一人も出て  誰でも知って  踊りに立ち出で  声を聞きたくて  上原さんをすきで  のがうれしくて  八散して  音をたてたくて  それだけでもいってくれると、嬉しくて  めえと思って  馬車宿をして  ペチャペチャやって  興味を持って  嫌いだろうと思って  借金よりましだと言って  方では何とも思って  のだろうと思って  家だけあがって  甲になって  アムビションを抱いて  途中へ踞んで  云つて来て  教師に持つてて  上にとまつて  計算ばかりして  それは、まだ定めて  災難に罹って、持って  真青に萌え出で  自信が有て  火ぁ消で  雪が深くて  一そう恐ろしくかなしくて  足が痛むと見えて  みずから自慢して  話を聞かせたくて  意志をもって  こともあったが、それでも、嬉しくて  彼は恥ずかしくて  それまで生きて  今までもって  芝居が待ち遠しくて  名誉として  ページをめくってやって  彼は嬉しくて  仕打にたいして腹だたしくて  友さんが可愛くて  ものも、あって  まり出で  ものが現われ出で  遊魂のさまよい出で  道に出で  声高く吟じ出で  利子附きで  前をすべり出で  方向に向ってさまよい出で  信長出で  来月中旬を出で  恃む何ものとて  中にふと湧き出で  一足かけて  時代おくれで  人から誘ってもらいたくて  頭にもって  彼は縛られて  それが恥しくて  身を揺って、猛然としがみついて  不身持になって  ことが恥ずかしくて  心では恨めしくて  身を投げ出したくて  突つきたくて  ますます悪いことをしては威張って  悪意もいだいて  ちやんと出来て  確かにしてやりたくて  今日終日、悠然と眠らせておいて上げようと思って  トミーを知って  熱剤をつかって  もんがで  知的なひらめきで  明るみにで  こと、で  んだが、見て  ことして  お話、まだ詳しくして  同情して  ホールにも出て  なにも話して  こないだもして  多津も、ぶらぶらして  ことにしすぎて  菊ちやんが入れあげて  本名が出て  問題にして  ことがわかつて  ことは、ちつとも書いて  商売に出て  さりして  博多帯一本で買わされるなんて、どうかして  外を見て  多津姉さんとも話して  中にじっとして  ようにもって  私がいつも言って  天才がないと思って  理由を知りたくて  ミシェル老人がまだ生きて  ことが知りたくて  ことを突然したくて  承諾したくて  それは答えられて  のを聞きたくて  彼女に言いたくて  ちょっと黙って  あとに残って  初めから頭につきまとって  彼女が泣いて  軽蔑してて  先刻はわからないと言って  お前も知って  ものを信じたくて  先に着くにきまってて  君は知って  そんなら生きて  望みをもって  墓を出で  露を持ってて  割にゃあ解って  突にかけて  氏素性は明かで  山続で  語も出で  何も見て  肉親を見出で  一行半句も認めて  一字だって書いて  今に見て  謎を解いて  数月を出で  雑木一本生えて  雜木一本生えて  距りがつよくで  中でで  亞歐堂田善などがで  榮之助で  昌造がで  殊に文中卒然としてで  年代も記されて  氏もまだ見て  誌されて  事件から數年しか距てて  二囘にくらべて  ためにで  誰も知らないと言って  局にあたりて  性格には書いて  尊敬一方で  いはで  私夢を見て  吃驚りして  うらないがで  花火から火がで  手拭をかぶって働いて  子安講さ入って  岸へで  公式戦へで  関聯がで  野良へで  から町へで  届けにで  新聞社から金を受けとってで  母親がで  一匹もつれて  二三本まじって  から手は荒れて  お父さん今話して  ぐるころ家を出で  伯はものいわで  くもので  三種を出で  批評家によりて  作品はまだ読んで  幼稚さを出で  安定して  君にそう云おうと思って  向うに立って  とんちをきそいながら、一方で  夕べ書いて  八犬伝は愈出で  話を聞きますと、で  外に、何一つ書いて  上海に行って  ものだったかは、明かで  蛭がどうなったかは明かで  真似して  八犬伝はいよいよ出で  ほかに、何一つ書いて  武田君が云って  凌辱を加えたくて  じきですから、待ってて  油で揚げて  今日はまだおいひで  襟飾を出した、で  かおいひで  ぼんやり立つて  崖つづきで  今日はまだお言いで  のに留って  ぼんやり立って  のがむらがって  頃だったのに、曇って  記録にで  記録にはで  松本からサイ川づたいに信濃川本流へで  長瀬旅館から車が迎えにで  翌日とは書いて  糸がとおして  お方だそうで  煙山の坐って  ちょッと、待ってて  調べがすむまで、待ってて  ときいてみますと、そうと知って  毛筆だの、まア、持って  ミヤゲモノを買いにで  浮気をして  旅館をで  食物を食って  肖像の掲げて  二度目だって云って  世帯がで  月もで  叫声をあげて  のやむを得ざるに出で  中を出で  それから出で  ためにうらぶれ出で  のではなく、かくうらぶれ出で  目的があってうらぶれ出で  生意気をお言いで  口より出で  苦心のあまりに出で  上平館を出で  江戸を出で  直接行動に出で  中の、新しく出で  ひとつぶたせておくれで  本能的のひらめきで  村名づくし程度以上に出で  鬼出で  笑ひて出で  ことを届け出で  政策に出で  山をそぞろにさまよい出で  鴉黄を仰いで出で  気がむしゃくしゃして  会話なかばに、とても眠くなって眠くなって  頭ではどうもそう思われて  ように考えられて  奇妙に感ぜられて  焼跡つづきで  今日は、行ってみようと思って  君はまだ行って  社へも往かないで、ふざけて  行為があさましくて憎くって  もの、喋って  頭を、どうかして  往って、遊んでて  往ってよろしくやって  方をつけて  女は口惜しくて  賤民階級に生れ出で  事実を掴み出で  のですから、忌々しくって  歌を取りて  満など出で  草火のけむりぞ青みて  絵具がほしくってほしくって  いるか見たくって  児ありて  為にしばしば出で  伯父さんが泣いて  胸毛がで  ものだと思って  二十二ルーブリしか掛けて  私待って  術ですよ。家に坐って  厭だなんて言って  二年を出で  上り、まって  わきで話して  仲ようして  ようまって  音もで  命令まつて  読本にで  あす紐育に連れてで  いちめんにおで  標札も出して  馬車に乗って  御子から分れ出で  筆をふるはせたものの、いよいよ出で  ものかと云って  遠くへ行かないで待ってて  さうで  中で書いて  支配人をして  者にも、やはり光って  切符をもって  髪はよく梳って  家具に乗って  ように、恥ずかしくて  もっと知りたくて  比較に憤って  ところを聞きたくて  数年来立ち寄って  がいに競い合って  ようになりたくて  先刻お前さんが蹴りつけて  自分で来たがって  都に帰りて  城下に出で  翌朝早く起きいで  人々皆起きいで  口へ入れて  何たべて  住所はおわかりで  てつきりお許しがで  外へおで  大風一過というおもむきで  腕ぐみをして  ことを、実際に感じて  んですが、なんにもして  ことずけをすつかり忘れて  はずないと信じて  今まで信じきつて  思つて忘れて  言ひで  湖中に出で  金輪際から浮き出で  大津を出で  昼のつづきで  屏居して出で  清水を立ち出で  向のなつかしみがにじみ出で  中が取乱してあるか、取乱して  二つ、からみ合って  一思いに殺して  計略をして  異様に唸って泣いて  こと、お言いで  俺が連れてゆくかを知って  のを見て  旅に行って  声を聞いて  前それを受け持って  ものを知りたくて  賛美したくて  名を知られて  徳操を見たがって  理解して  ほのかに匂って  彼が最も許しがたく思って  衝突し合って  私あなたを愛して  ちょっと気兼ねをして  一人よがりで  出で来りぬ、で  凶行に出で  心より出で  縁端へ出で  ことを御聴きで  シヤちやり出で  燃え出で  廊下に出で  暫ばしとばかり退かり出で  物音に走せ出で  挙動をで  の、生れて始めてで  室を出で  如く早く起き出で  方に出で  離縁されて  車を挽いてて  屋敷から立ち出で  汝を見出で  貴殿あやうしと見て取るや、出で  貴殿もおいで  その後に出で  源女殿もおいで  気苦労して  心配そうにいって  人だって必して  一行ほか書いて  お前、そうお泣きで  からかいたくて  汚れだと思われて  ちゃんとできて  心にかかって  入学できて  彼はやるせなくて  間で、一度触れ合って  長年夢想して  彼女を助けてくれて  生存期限を果たすまでは、その生きて  彼女がもって  アントアネットのもって  うちにできかけて  両手を差し出して  握手を求めたくて  大内山は出で  僕が内々気遣って  文献に現われて  らるべくしてまだ載せられて  服が並んで掛けられて  北史等に出で  魏略より出で  細注に出で  神功紀四十九年に出で  條に出で  同年に出で  やまと叢誌に出で  私意に出で  秩序だてて  約束を守って  巧みに書こうともして  特色を備えて  抜ぎすて  常世出で  人間うったりして生きて  頭にかぶって  そこにのって  鉢がのっかって  前髪をひっぱって  盆にで  岩山から滴りで  小説を書いてるとか書いて  受取つて袋に入れ、ふごで  嫌ひで  穀場のうらて  ひと言もかへりて  人はかへりて  こちらへ参って  世間へはばかって  旅に出て  だれにも知らせて  沖に出で  関守氏は、やおら起き出で  策戦に出で  ここをさまよい出で  物蔭よりむらむらばっと現われ出で  山境へも出で  戸際まで送り出で  部分まで、差出で  ほかを出で  目的があって  糸を引かれて  自叙伝には書いて  らする、焦れて焦れて  気が焦れて  虎ともならで  変態から出で  私にはわかって  色に出で  しまいまで女らしく書かれて  ことは許して  教養も加えられて  一貫して  一枚も描いて  許可とって  だれにも言って  ことなどは少しも書いて  可愛い顔して  一文も入れて  それは未だ決めて  扱帯をして  可愛い顏して  つて居てて  音楽をやって  死ぬときにつけて  姉さんを知って  君を知って  みずから知って  精神をもって  愛してると言って  彼が生きて  初めに笑って  昔生きて  理由をもって  必要を感じて  思想が違って  魂をもって  世話をしてくれて  土地に生きて  ことを中て  家具なんぞは置いて  娘出で  直ちに家を出で  浦に立ちいで  色にな出で  偽札を使って  十分に生きて  汽車道に出で  熱出で  雉子町を出で  標題が明かで  怪むべきで  容貌はそうよくはおありで  手紙が送って  花穂に出で  外は全く何一つ置いて  何物も置いて  笠打敷きて  里春がで  標高を記して  名が載せて  二十万分一図出で  五万分一図出で  二人引きで  大学を出で  雑誌新たに出で  空気を食べて  一勢に起き出で  朝早く起き出で  学期にもあいて  ものは持って  隈が浮びで  ぐ言ふで  來ねえで  水を汲んで  山より出で  オリガさんがきいて  相違が、新しいおどろきで  こととて  玄関まで出で  人は知らずと忍び出で  手燭片手に駈出で  声にさまよい出で  外に出たくて  ことは怠って  あなたは知って  処にして  君のことを考えて  心地になって  反感をもって  苦にして  彼女が知って  紙を取って  帽子をかぶって  憐れみからして  そこに見出して  厭気を起こさせられて  こちらから払って  上に掛かって  魂をもってて  それに苦しめられて  部分で愛し合って  習慣になって  はいかに光り輝いて  先刻どんなにか怒って  ことを願って  興味をもって  から愛せられて  逼ってで  こと言って  静かあに、休んでて  謝意は述べて  所に置いて  皆は掛けて  悪いことお云いで  眼にも見えて  贅をやって  今まで締めて  眼に見えて  労をいといて  計算に入れて  羽織蔵より出で  もとに出で  客去りて  職業しらべがで  人あって  なにしろお腹がすいて  お松が言い出で  技巧をこらして打ち出で  ものから出で  身勝手から出で  御家門何はさて置き出で  庵を立ち出で  山を出で  間より出で  のか明かで  一度役者にで  げて堂々と生れで  如くに躍り出で  富より出で  つて泣いて  用意がして  わたくしはうれしくて  雲間を出で  これを見ると、聴きたくて  手袋をはめて  仏の導きで  ふうには言って  重要に考へられて  リズムがポツン、ポツンして  罪悪を犯して  小説も書いてて  見物を見て  見物を見てて  選り好みをして  女と断つて  お茶を売りに来て  自然にで  危い足で突っ立って  彼を弱らせて  学生時代にはぶくぶく肥えて  筈さ、あつて  私を泣かせておくれで  私にお任せで  自信は持ち合わせて  ものだとせられて  惰眠を貪って  要求を示さずにゐるからで  チヨツト待つてて  今日は持つて来て  事を話して  つていくらも飲んで  一昨日と同じで  ひとところ燈火の点いて  道を歩いて  誰も聴いて  腹がすいてすいて  電燈を持って  彼らを知って  精神とをもって  とも生き上がって  あとから押し進められて  エマニュエルはうれしくて  レオポールだと思って  間をうろついて  何にも見て  手もつけて  小心翼々として  見栄から奇を衒いたがって  船足のよくとれて  一人で考えて  十字架につけられたがって  息をふさがれて  釘付けにされて  ふうに見合って  不名誉は、思っただけでも恥ずかしくて  ことを忘れて  ためにいけなくなって  彼は疲れきって  彼は眠りたがって  ままもう冷たくなって  遠慮をして  のを知って、黙って  こっちを向いて話して  俺の喋って  方へ出向こうかと思って  ころ知って  同士が近しく暮らして  年は行って  変に疑って  時分よく知って  写真は空いて  方がよかろうと思うから、そう言って  一つ相談があるが聞いておくれで  癪をお言いで  もの、そんな自惚れなんぞ決してお持ちで  それは、できて  頭からかぶつて、寝て  諭吉は、すぐにで  へいがあったら、で  中津をで  長崎へで  下関へで  やつがで  とおり、ゆるしがで  ごはんもたべられない、ともんくがで  そこからもんくがで  人たちがで  旅費がで  江戸をで  げんかんへで  役所へで  ものもで  台所からさっさとで  ほうからで  ば拾ひかて  気持ちに眠って  精神でない、かどうかが述べて  一本おくれで  初めから終りまで、ただまだ掘り出して  ゃなんねえって言って  油断なく見張って  奴とつきあって  何と言って  だれと話して  ことをしゃべって  ものばかり食って  ぁ己ぁ知って  世間離れがして  奴さんはよく言って  話を知らせたくて  そばに立ってて  手柄話をしたくて  もんだと思って  人は言って  黒犬を知って  通りになって  ヒスパニオーラ号に乗り込んでて  書えて  綱の括りつけて  フリントが生きて  開けっ放しになって  網がかかって  声に似て  船に残って  ことがおわかりで  君を叩き出してで  人はもう死んで  寝言を云って  何となく嬉しくって  名を聞きて  恨みを含みて  考も出で  日とて  巣を出で  徳は待って  ツと進みで  すゝみで  修学旅行にで  サルマタ買いにで  凄みはで  方に進みで  板がで  カンがで  わりに、早いお着きで  話に驚いて  阿片なんか埋めて  覚悟して  伴さんが云って  伴さん来て  油揚ばこしらえて  真赤にして泣いて  何んて  姉云って  矢張りな、見るに見兼ねて、少しグズグズして  棒頭が怒鳴って  爺云って  ッて話して  事云って  事情が分って  ことが、黙って  そうにして  灌漑溝の吸い上げで  まま裁断して  ガスもで  戦争地域から外に出で  人だと知って  パリーにとらわれて  彼女はいかに違って  昔どおりになお持って  彼らを助けたくて  君を追い出して  駄目だと思われて  野蛮人と思われて  手を取って  指にはめて  道を輝らされて  オーロラから無駄に待たされて  いかほど彼から遠くなって  もっと以前に生きて  ジョルジュは、知ってて  いっしょになって  昔アンナがよく行って  彼女がもし生きて  船中で、寝ねがて  こころは湧き出で  空骸から咲き出で  抽き出で  部落に出で  ボンヤリ彷徨ひ出で  駄夫はわざと起き出で  散歩におで  美徳に就いて褒めて  君と話して  額から湧き出で  ことも知って  饒舌り立てて  煙がで  身体がで  ウェイトレスがで  から早く終ってで  ーッとで  袴がで  会員席からのささやきで  正面にで  ぷっぷくと音がで  首がで  方から太陽がで  もっと外へで  ポーデル先生がで  横からすべりで  戸口をで  ことにすこしも気がついて  げをゆすって、うれしくて  心配なさって  手紙に書いて  作書いて  鉋を持って  裏へで  ロケーションにで  空ばかり映っていて、すこしも濁って  想像力から生れで  一言も触れて  空間曲率が考えられて  日常的概念を有て  性格を有て  政治をして  川原を、泣き泣き探して  二人で歩いて  静に出で  四つ這いで  大劇場向きで  衣服が焦げ散って  他に見て  蒼黒くで  研究はまだして  石を切り出して  譬へは偽りで  ヨークシャープディングは添えて  ベッドから起き出で  ブラリ寓を出で  それからここを立ち出で  僕ので  黄赤にして  ことなど、教えて  まわりに黙って坐って  晴々と笑って  空気全体をも毒して  心をも毒して  電気がきて  察すると実にいじらしくていじらしくて  人に参りて  奥州より出で  もの出で  けちを附けて  む逢はで  花聖書にのせて祷りて  こに立ちて  はしも触れじと思ふにて  昨日も笑みて  自分が苦しくって  御前にまかり出で  御前に出で  ミツ子をいびって  跡だって威張って  十月もそわで  意表にで  森を出で  気持が働いて  ことについては何とも云って  紙幣を引出したが、暫くじっと見て  河野君はよく知って  昔かりて  何か間違って  お返ししなければ済まないと始終言って  気持が動いて  間に挾んで持って  人もあるわ、困って  たくさん持って  握手をしたくて  人と思って  馬はうるさくて  五十三町しか植へて  年をとって  話ばかりして  ぼんにくるだろうといって  事をいって  サラセンで踊って  こないだから探して  後からつけてみようと思って  中で寝て  知ってるといって  奴だといって  ことなんかして  喧嘩ばかりして  こないだいって  一度あなたに逢いたいっていって  女を見て  さきからぷんぷんして  帰らないといって  義勇兵が駈けてて  あなたと何をして  今夜はどうかして  支那服を着て  あなたの夢まで見て  内通して  ように抱いてて  大丈夫よ、しっかりさえ抱いてて  あたしを抱いてて  十字ばかりきって  アメリカへ連れてってやろうっていって  奥へ行って、寝みな、寝て  あたし聴いて  側だてて  欠伸がで  旱つづきで  ようにたなびき出で  神妙になって  当にして  事か明かで  家だか明かで  後を襲いで  入のして  書院をやって  落着を失って  時腰が抜けて  厄介になって  云ふから待つてて  烏出で  ぢみで  常識を出で  健女みまかりて  幾らでも見て  石塔を建てて  御殿へおで  あるかのやうに、で  うわさを言って  私を見て  特にふめで  魂が入れて  類より出で  孝、出で  二階の取っ附きで  壁などは無論塗って  不心得より出で  時しいつはなく出で  しゃくに障って  手足ぃ縛らへて  手足ぃ縛らえて  蟇が、のそのそ這ってで  次から次と、出てきては消え、で  火なんか燃えて  見物して  毎日連れていって  面白がって  小母さんを見つめて  先行って  母さんは暫く黙って歩いて  舗装もして  道灌山つづきで  封印の貼って  国なんとか言って  以前マルキシズムをやって  相続問題でゴタゴタしているとか言って  先生もおっしゃって  心配なすって  こないだ言って  んだったら、なって  あっちへ行って  ただちに出で  豊前豊後に出で  風一陣吹き出で  保科さん、さきほどいらして  ヨハンネスがこれからで  きみので  しろに立ってて  支那全土を通じて  支給して  むりしてたにこりにこりと居ねむりして  鳩ならんで見て  チツチク啼いて  中で啼いて  鳩屋根から見て  赤牛立つて  海を見て  留守番仕て  三味線ひいて  小酒盛して  一升煮て  黄一峯が欲しくて  びいどろ造りと成りて  人違ひで  羽織着て  金儲を知って  心配せんと見てて  十五銭ばかし持って  眼ばつけて  芸当だって云って  碌に寝て  河田さんに云って  やうだし、ひがみで  思つてゐれば、ひがみでも何でもなくなるし、ひがみで  一心にひがみで  手を触れて  客舎を出で  山路にかかりて  貴方おぼえて  だって云って  もう少し待ってて  いやになったといって  ことは未だに聴いて  島とて  ウンチがで  大洋中にで  一寸待ってて  改札口をで  事なき反古紙作り出で  気分のくいちがいで  女性をして  実用向きで  荷物をさげて  外側をぐるぐる廻って戯れて  小泉先生にも診て貰って  其邊は明かで  燈台守をやって  世界を出で  春日川より出で  横ぎらるれば漁に出で  蜥蜴だろうと中て  戸外へ出で  称から訛り出で  毎夜体を離れ抜け出で  楊国忠出で  阿那律に語りて言う、進みて  日月出で  春分を以て交わるといったで  ダマスクスを出で  猿出で  保険付きで  ようなわめきで  ものだって分って  ちゃんと分って  陸戦隊があがって  ジャンクに乗って  一緒に働いて  癪に障って  脚で立つてて  三賊出で  死人中より起き出で  あたしはこんなに瘠せて  わけが話したくて  万もで  免して  烏帽子折りで  ままにひで  興味を有て  傍からさし出で  ことを心得てゐるからで  心の疼きで  白鼠忽然と出で  自ら出で  本部に出で  麹町から出で  足下より出で  案がで  頭へ来てゐるからで  あたし、よく覚えて  思つてたら、まだ生きて  ぢつと聴いて  ドアがあいて  誰か来て  王者に似たる思いで  ようにぬけいで  部屋を立ちいで  づるにも出で  言も出で  役人等も、愈出で  出発点からして  傍へ来て立って  鬼がで  癪に触わって  なか、一度見て  心中おかしくて  ことは、知らして  アア人が斬りたくて  父上を助けておくれで  目通り願いいで  等が出で  誤解に出で  角がとれて  諏訪あたりで待って  事によったら行ってみようかと思って  世で待っているとか言って  北海道へ行くとか言って  涼みに行って  いつか聞こうと思って  お前どこへ行って  私あっち行って  高野山へ行って  赤字つづきで  利息づきで  まひを思ひで  死を迫るつと起き出で  心も出で  終日門を出で  用心して起き出で  十二月に入りて  思誤りて  用事を終りて  ことも、忘れて  まり手入れのして  ことは恥ずかしくて  料理をして  剛情に突きで  店屋つづきで  日和つづきで  事につきて  ようじゃというて  島田に結って  癖になってしまってて  一本で通って  庭に咲き出で  妖婆がで  苦情がで  予想して  掩て出で  客がで  差を出で  かしたかつて聞いて  中に、かうして  薬局に備えつけて  自分がどんなに咲きいで  送りにで  バッテンバッテンのつづきで  広告だらけで  輪ので  わたし為朝っていって  さま、おどろいて  なんてって  それがなにかだなんかと思って  ことばかりいって  平田がやって  火が燃えて  私があんまり覗いて  顔を見つめて  一杯涙をためて  君、聞いてて  室に行って  室に行ってて  熱に浮かされて  非を見いで  時からデッチにで  廊下へで  イソイソとで  手紙がで  ことなんか、もう忘れてらっしゃると思って  こと、やって  ほんとうに浪花節語りで  尾州に到りて  小説なんぞを書いて  邪教はで  別にきめて  いふたちだから、めそめそして  祖母ちやまつたら、ちつとも似て  花一輪挿して  写真機ぐらゐ持つて  提供して  ことがいろいろおありで  慰安だか分って  のを待ってて  子が可愛くって  ごとに出で  ば一人となりて  水流れ出で  小店のやりて  掻鳴らされ、詳しくは聞いて  市中に出で  実が落ちて  蕈はそんなに集まって  しろを見てはかけ出し、走って走って  調子がで  パアティがあるっていって  経験等より出で  ことしか書いて  ことを考えてて  それを見てて  お母さん亡くして  親馬見てて  なんかもきまって  たんびに泣いて  事言って  農科なんぞに行ってて  トボケタ話だと思って  豊ちゃんと話して  おなかすいて  ここさやって来て  のば見てて  涙あこぼして  ナニして  何か附いて  事も言って  父さまが、よく言いなすって  三千円しか持って来て  出張して  仕度もして  行き倒れてて  子まで連れてて  子を見て  馬車で行って  向うで待って  いつか一緒においで  どこにも使って  気に懸って  著者書くとなく書きて  一緒におゐで  鳴き出で  蟇出で  隈に出で  其處に見出で  今朝にも咲き出で  先に萌え出で  葉はいちはやく萌え出で  言はれて  つて詠み出で  田子の浦ゆうち出で  うち出で  音に出で  仰臥して  嘘だ、が嵩じて  煙を上げてをるもよく、噴き絶えて  平生酒を置いて  奉公人がやかましくて  種にしたいと思って  油雲が湧き出で  お話しして  ことを知らして  邪魔になって  当て名は書いて  指輪に拵えてやろうと思って  浜辺に立って  何も入れて  事に気がつくと、もう恐ろしくて恐ろしくて  菫さへ、光り光りて  ころ東京へで  候補者がで  三十歳をで  総理大臣がで  人を憂しと思ふにあらねどもかくありて  東京を出で  のち詠み出で  均斉がとれて  海水の湛えて  水の流れて  いふ風にできて  物理学より出で  戦死して  喧嘩して  無邪気な、きびきびして  天気が落ちたと思って  こっち向いて  お母さんが云って  ものか、しっかりして  だって、黙って  眼にかかりたいと思って  上なんかに寝てて  のか、ひどくあわてて  鵜がいて、ばさばさやって  女が通って  仮睡して  悪口を云って  のだと云って  ことは変って  考えごとをして  あっちこっちして  声がして  馬の脚って云って  二人で笑ったりなんかして  喫わしてもらってて  ことばかりして  目に逢わされて、困って  諍闘して  顔は嘲りで  身体をゆすって  事をしきりに云って  ように映って  一万人も這入ってて  腰を掛けて  両方交って  横になって  気に掛かって  二人して  身体が持つまいと思って  さっき婆さんが振ら下げて  しずくぐらいで消て  首を曲げて、恐れ入って  致し方がないと思って、依然として恐れ入って  甲でとまって  初さんのてててて  見当がついたが、しまいにはそのてててて  今日限り銅山を出ようかと思って  置き去りにして、何とかして何とか、てててて  安さんは待って  昔から知って  婆さんがやって  自覚があって死んで  旅行がしてみたくて  話もで  高橋広場にで  通へで  知合のたれかれがで  ほうへあこがれてで  気息がで  さくをくぐってもで  人がで  間にで  フレデリクスベルグへでもぶらぶらで  夕飯がで  なんでも知って  地図には書いて  雪渓へ出で  ここへ出で  斜面つづきで  けっか入って  えんがわへで  農時にのみ出で  おばと呼ぶより出で  どくどくと流れ出で  今日も云って  ほうれん草をうで  此処にじっとして  失業者は入れて  午後の光りが、みちて  心に捕はれて  立止まつて  如何に輝いて  わしに抜かして  鼓動して  者とて  何一として  ひつそり蝙蝠を待つて  夜露にぬれて  旅行にで  仕上げがして  真がおで  御難をくって  いま西崎をみせにやろうと思って  そこに休んでいておくれで  予は出で  ッて、片寝で  咽喉へからみついてて  神経が鋭くなって  東京新聞から死人ので  酒を飲んでいて、もうだいぶ酔っ払って  はつざきのはなさうび、さきいで  風はげしく吹き出で  此日は晴れわたりて  其後移りて  骨を作りて  平助はうれしくって  賑やかにやって  其処に休んで居てをくれで  作さん本当に来て  一寸待って  何もして  私は持ち合せて  ハッタリ的にで  必して  金は持って  座長、で  癖がで  訊問もして  オイ何処へ行って  封の切って  熱をとられて  一時に弛み出で  彼処に出で  主家を出で  門に出で  呻吟ひ出で  穴を抜け出で  里方へ出で  あれ再び出で  声は出で  牛小屋を忍び出で  叢より、つと走り出で  霎時舐りて  根を齧りて  耳側てて  下物を運びて  缶を持ってて  ひき歩いて  前に進みいで  まま室を立ちいで  背骨を痛くして耕して  蕎麦屋を立ち出で  荷馬車挽きで  友もはるけく出で  越ゆと打ち出で  榾火のけむり出で  腕を伸ばして、ただで  人形を買って  エミリイちゃんは、まだ買って  何だかいくらお話しても聞いて  私を知ってて  のを聞いて  お母さんがいって  ことも知ってて  娘、聞いて  のを知っていたのよ、なぜ聞いて  往来はぴかぴか光って  名刺なんて持って  傍見なんかして  人形が見たくて  グラスまで持ってて  私、持ってて  雲がふわふわ浮いてて  誰と話して  お話を聞いて  中に落ちて  中に転がって  十銭しか持って  これをよみたくて  時から痩せて  お腹はすいて  低音喇叭を奏でて  ようだとは思って  私を想って  何かしら起ると思って  私達はうれしくて  のだと思うと、うれしくて  買い出しにで  二度部屋をで  私がで  玄関をで  正体がハッキリで  シャワーを浴びてピンピンして  マキ割りして  中をあけて思いつめてのぞいて  先生が生きて  ラジオが鳴って  オレを待ってて  促音は書きあらわして  二階にいって  行動こそ、いよいよ出で  櫛目だてて  二十何人とか云って  人を入れて  もとは書いて  その後、いよいよ出で  規則なんぞ何とも思って  私だけのひがみで  空間を触ってみたくて  手足などがで  事は、お忘れで  ようなのは、すきで  仕事がしてみたくて  電話が引いて  お約束なすって  案内状が来て  アイロンをかけて  絶対に見て  完全に見えなくなるまで、見て  安心してて  そればかり考えて  成仏して  グリーンかと思って  ジャンケンばかりするのに、いつも負けて  まま、動いて  そこをとおって  覚悟してて  感激して  ハツキがそう言って  夢中になって  小柄だけど、きびきびしてて  昔からずいぶん変わって  ハツキが言って  なにも語って  手紙は書いて  相手にして  私がかよって  なにひとつ変わって  逆戻りしていくと、忘れて  たか順番を忘れて  ユリエに会って  それっきり会って  しょっちゅう引っ越しをして  ユリエが言って  お母さんも、どことなく変わって  ハチミは言って  感動して  私は思って  かたちをして  雨は次第におさまると言って  話をしてて  メートル防水だから、動いて  雨が降って  お父さんが帰って  電話に出て  ブレーキをかけて  お家を見て  部屋を見て  お腹は空いて  ノートブックが、書きこみで  最後にはまだ噛んで  豊はうれしくて  一緒に帰っておくれで  岡つづきで  葱のうで  衷心からほとばしり出で  船がで  古町通りへで  まま家をで  酒店をで  堤へで  夜道へで  事務家は、で  酒場をで  古町へで  西堀へで  はじめて表面へで  巳吉の喚きで  道へで  流行にで  やうに溢れで  頂上へで  自然に流れで  ひとつ博奕をで  停留場へもで  留置場をで  朝夕二回海へで  気晴らしにで  情から滲みで  告別式にで  像をで  味方とて  番を待つて  かい、覚えて  さんに直してもらって  それが、だからよ、おりゃあ見て  おとめちゃんともすさんとは惚れあって  ご飯を食べて  うそをお言いで  部屋より出で  妃出で  壁より浮きいで  しか知りて  文を取り出で  君はとおばかりなりしが、あわれがりて  顔付をで  迎へにで  一礼して直ぐ歩きで  御膳がで  調子もで  多賀ちゃんがで  登録がして  の我慢して  最前お歳暮にで  彼方へ迷いで  ほうへで  フラフラとで  門をで  落語へで  表へで  驕りがで  滅多にで  ちゃんと席へで  いっしょにで  田辺南龍がで  松林亭伯圓がで  伊東燕陵がで  初代神田伯山もで  床をで  席へで  毎月毎月足がで  旅へで  表通りへで  ところまでで  金龍寺をで  お前がで  私ア文楽さんので  ところへで  自分としては少しでもで  明るい表通りへとで  裏から表へとで  ところへスーッとで  火がで  神さんがで  いっぺんは、で  ことはで  奴がで  事をしてで  母がで  そこにで  神さんが、で  病気がで  旅廻りにでもで  無事だったけれど、早くで  ものを召し上がっておいでなすって  給仕して  満足をして  さにかまけてて  いま困って  からまだ聴いて  掃除して  師匠に似て  師匠に似過ぎて  ものを選って  だって聞いて  ボンヤリ立って  悪口でもいって  激動ありて  腹案成りて  武者修行に出で  写生に出で  一生は愈出で  前から乗って  夢を考えて  少年時代から持って  行動もして  額ので  認識が光り出で  もっと早く連れて来ておくれで  何も出して  顔にあてて  内地にで  あまり名の知れて  記入して  地図にさへ出て  さとて  事だろうと思って  間、眠って  今後百年を出で  関心を持って  跡を襲いで  神主して  母アさんが生きて  一昨日から晴天つづきで  厳密に云えばなって  夏布団があげて  遑てて  一つも入れて  美しい国にあって  国に居られるとおもうと、嬉しくて  説明しなくてもおわかりで  引導も渡されて  ことって残して  何だかコロンコロン鳴って  袴はいて澄ましておどって  成績を聞いて  やつた知って  ざっと結って  気には入って  それじゃて  是非帰ってもらおうと思って  話じゃ、そんつもいで聞いて  医者がそう言い申すじゃて  一つ思い切って  芋を掘って  んと思って  若芽など、生え出で  上尾を出で  奥様より出で  写真を取り出で  もの取り出で  事まで取り出で  浜に出で  琴取り出で  咽もとまで出で  書生二たび出で  ため、遠く離れて出で  士官公室を出で  令は出で  生まれ出で  室をぬけ出で  写真取り出で  風吹き出で  門に送り出で  書を取り出で  休暇旅行のつづきで  つて成長してゐるからで  自分で不仕だらして  乞食して  張つて往生して  墨色も明かで  母あり、出で  墓門を出で  毎日見て  きのうのおひるから、なんにも食べて  ものを持って  栗をやいて  みんな咽喉へつかえて  ショウルダアだって、こんなに薄くちゃなって  證據だてて  夙く起き出で  山々いよいよ近づくを見るのみ、取り出で  大路に出で  立出で  窟を出で  贄川を立ち出で  朝四時というに起き出で  ことを考へて  喰べて  帽子はかぶつて  自分等で  大変威張って  新聞へで  城をで  丸でわかつて  題の考へて  大変だなんぞと云って  一突き、もう冷たくなって  自分一人で迎えに行くなんて、云って  方へ行って  想いを寄せて  お稽古に通って  きのうから判って  対照をなして、納まりかねて  縁側に腰掛けて  しょっちゅう考えて  ことをきいても黙って  晴れやかにして  岸辺には繋いで  しりごみなんかして  戦争がしたくて  男がそう言って  志村君は言って  しろから見ていたと言って  のだろうと思ったなんて言って  内儀さん言って  志村君がそう言って  お詫びを言って  家を疑って  期待して  横顔見て  中にはおとなしくして  梯子がよく打って  客が入って  三・四景あたり以後は全く入って  皆セリフが入って  稽古もして  衣裳もてんで成って  セリフを入れて  やうに言っといたのに、通って  感心した入りで  客が乗って  浴衣一枚でねて  打合せに来て  一カットも撮って  芝居して  見舞、殺されたと思って  酒が入って  逢はうと思って  幽霊などがで  地上にで  役が書けて  セリフがまだ入って  一時半からなんて言って  セリフが入って  作者が見て  一本咲いて  袖で見て  ことが分って  アゲると言って  今朝へ行かうと思って  手に入りて出で  スープにして  一員と為りて  灯はつけて  しょんべんして  んでねえって、渋って  臼井さん、待って  もの下げて  煉炭に当ってて  エレベーターからぞろぞろとで  彼は、すぐで  前へ進みで  人物が、のっそりとで  焼け布片がで  黄金メダルがで  肌がで  猫ならで  監房をで  店をで  元町へで  骨董店をで  あそこに売りにで  運動場へで  今朝の新聞にでかでかと大きくで  いつ娑婆へで  飾窓に売りにで  木戸がで  んにはで  一つ、ぴょんと湧いてで  顔がで  今ならで  抜け道にで  崖から横にで  首領もで  半分を買ってで  おまえがで  こっちから積極的にで  ところへおろしてで  応接室へで  窓から外へで  腕がで  海上へで  活動をして  首領もでてくる、といって  この世に初めて生れいで  何だか嬉しくて  締りがして  軟論もで  當てて  桃割を結って  雨戸などは立てて  咽喉が渇いて  今度呼子においで  調子に乗って、いよいよ出で  肩書附きで  さん夫婦は眠て  音がして  実は私は金は持つて  六七枚しか書いて  伝統によごされて  通り食い意地張って  庭もなまじこしらえて  人が住んで  大陸つづきで  洞外へむかえで  岩つづきで  海に流れで  ここを流れで  ぼくもそう思って  どこにいって  青赤色のほのおをはいて  きみらが知って  今うまく行って  筑波山東京を出で  天道のお導きで  練熟せられて  表札ので  まり名の知られて  小土佐を聞きにいらして  足もとに落っこって  しか書いて  応接間で待ってて  女中がで  出迎えもで  信二は進みで  五助が進みで  等にで  人物が出で  それが滲みで  嫁さんになっておくれで  単一組織をで  ままに起き出で  ような強いひびきで  うちに入り切って  範囲をで  から徴されても出で  生憎月日しか書いて  縁先に立ち出で  川原に出で  前に出で  言葉もすらりとは出で  外へ出で  二個しか据えて  自信でも持つて  ずんと突き入って  用意されて  方へ出て  前のどごで  表には出して  政令上に出で  歌もで  歌、出で  意味は書いて  薬になるとは書いて  事実が書いて  摘みに出で  半円を描いて  胸をたたいて  顔にで  次第こちらにおで  俺ァかねがね聞きたいと思って  時間佇立して  上り込んで待って  鶴子は知って  王様が殺されて  ちゃんと前から知って  熔接されて  方を窺っていたが、やで  ことはない、あつて  抜ぎすてて  指図を受けて  のも苦しくて  好きで出られて  何処を歩いて  笠の小まといで  六ヵ月暮して  年もとって  トタン葺きで  地上に出で  三枚ほど出で  一本出で  関東地方には絶えて  満州をとるとは書いて  美佐子さん来て  ころ旅にで  村境にで  野良にで  方に出ようと思って  地図に載って  吉見はまるで話したくて  遭ひましたね、さぞお困りで  音などばかりがして、ただで  つぎ楽しんで出で  講談本にで  花ひとつ、咲きいで  涙しげく流れ出で  偶然的、で  彼は知って  指紋が残って  返事も出さないで、悪いとは思って  夢を持って  七年前のかれで  指の尖で  来歴づきで  物音もさせなかったが、やがてばったり、抱えて  外から覗いて  顔を見合せて  兎もで  札がで  三十年を出で  研鑽に出で  役場へで  劇がで  火事がで  床が張って  母さんがいつて  さに、初めて湧きいで  ぐるしづかに土を掘りいで  砂山風吹きいで  所謂漢文学者を通してで  息をして  塵一本、動かして  君にはわかつて  神秘感覚もともに、上っすべりで  ことを望んで  映画にで  悲劇を書いて  推進器がで  なかに湧きいで  三か月たって  なにもきめて  会社でもらって  ぜんぜん似て  勉強したいとは思って  あなたは見て  お酒を忘れて  道場をやって  頃から描いて  なにに使おうかと思って  実家へいって  お母さまからよくいただいて  体をなして  話をお聞きになって  博多へいって  お父さんは知って  杉浦さんは言って  僕はほとんど覚えて  大学にいって  日には断ると言って  会社には居づらくなるかな、とも言って  都電が走って  美樹子は言って  美樹子から聞いて  彼はまだ見て  催促しようと思って  同級だったと言って  クールによく見てて  丸の内支社に勤めて  紹介してもらったとか言って  逆さに見て  塾へいってて  三つも入って  江利子さんがおっしゃって  障子を閉めて待ってて  人にしようかな、と思って  夕食のしたくを始めようかと思って  教室をずっと続けて  井の頭線に乗ろうとして  寿司を食べたいな、と思って  あるかなと考えて  予定されて  私に似て  街を歩いて  防御策にして  歳を取って  外からしばらく見て  かしこも白くて、むっちりしてて  好きだと言って  目をつけて  体験をして  歴史年表に載って  ひとつずつつまんで食べて  バーテンダーをやって  防波堤で待ってて  ここで待って  それ以来、晴れて  五度しかいって  どなたも住んで  猫がで  凡そソソクサとで  トラツクがで  味がで  ことにして  髪の毛は、そんなに縮れて  掃除もして  何かはめて  つていふにきまつて  あん時、来て  何時までかうして  数字がで  女ども立ち出で  俺あ見て  交叉点へ来てて  くり返えって  気持ちで寝て  手際が出来て  至誠より出で  者は絶えて  森をで  バーを歩いて  本郷で飲んでて  石垣へ置いて  やうに、遅くまで飲んでて  ところに記されて  著書にも書いて  人を感じながらで  初手から間違って  金で暮して  蜜みたいにべたべたして  出前にで  二投手がで  魚だけ食べさせて  往診に出て  最前列へで  隠れ場所とて  訊問に応じ兼ねると申しで  普段手がけて  舞を見出で  弟たちからで  機密材料は少しも載せられて  達けて  ものがないと思って  俺をとっちめるといって  一刻も早く見たくて  あたりを探しまわって  それから木綿とは言って  手してひしと取りて  ジャウヰと謂い、出で  どこかへ吹きとんでしまって  電気は来て  あまりくわしく書いて  研究ノートにまだくわしく書きいれて  ところへ申しで  外にのがれで  声器からで  大切に思って  からここに来て  私そう思って  事と思って  だれもまって  二ひざほどいざりで  おしゃれがすきで  から海岸にでも行って  いつまでもおぼえて  こないだ云って  誰か云って  親友といえども、持ってるか持って  店頭に出で  位置には造られて  なつたかは明かで  ら讀み出で  考慮して  得洗はで  あたしただ笑って  ぼんやり顔を見合って  いちばん度々逢って  時はたいてい酔って  辺をうろついて  防人歌と記して  まま、立ってて  涙を溜めて  いままでどいって  のは居たが、斬り合って  聞込みの絶えて  根生ひで  ら書いて  速報板がで  作家として  ぢき行くから待つてて  みんな、知って  厭がって  日本人がはなして  汽車を出で  箱があるとないとで  いつまでもかうして  五万分ノ一、持つて来て  結婚つてこと忘れて  端書が来て  皿もなんにも汚れて  入口で見て  文字で書いて  十三頁に出で  ものか明かで  友情を信じて  のじゃ、教えて  つてお分かりで  丸で書いて  どこ這ひで  早暁起き出で  風呂にもゆくと出で  這ひで  ひなたに出で  花咲きいで  蚊にさされつつ寝ねがて  むとすと家を出で  ピストル出で  空に躍り出で  牢を出で  本など取りいで  ことなど語り出で  今朝になりて  家林檎の花の散りて  こころ傷みて  嘘衝きで  ものなげきで  空に美しくのびて  つて選擧なんかに勝てて  逢つたおどろきで  だって知って  あれじゃあなって  あたしが踊って  朧げになってしまっているといって  癖になって  家督娘に貰われて  考えかたが、間違って  芝居へ出て  噂がしたくて  名をおもらいなすって  時間も明かで  二百両は掛ったと言って  世界へ抜け出で  アタチ知ってて  雨つづきで  山稜つづきで  ものを見たてて  一本入って  デカデカとで  彼女は、暫く黙って  ものが、すぐで  母はいそいで、で  きれいなリンゴがほしくて  上に載せて見たくて  のどがかわいて  ものにで  玉兎躍り出で  一人でにやにやして  今にこにこして  間泣いて  今から考えると、いつもにやにやして  何だか普通と違って  石で畳んで  いくらに売れたとも何とも書いて  始めから話して  父さんの持って  遊びに来いと繰り返して書いて  国際劇場へで  一枚も貼って  蒸気が立つて  波止場に出で  クッキリして  後から飛びで  日未だ出で  清泉湧き出で  昨夜はかなり廻って  ようだから、忘れていらっしゃるかと思って  ようにして、待ってて  狐はすっかりきもがつぶれてしまって  火花がぱちぱちっとで  火花がぱちぱちつとで  何か云い訳して  君出で  爺様ので  手に出で  花車がやりて  際会して  当世向きで  孤独とで  門番をしてゐたとは書いて  先から言って  なに言って  あたし薬専へ行って  嫉妬やきで  姓名の書いて  机さ投げて  パンタロンので  ニューとで  牛がで  食料問題を離れて  小便がで  医者も驚いて  鐚一文も借りて  毎日かうして  楽やと見えて、眠て  水洗いして  生意気おいいで  たいがい女中さんがで  勝手口へで  一歩も出で  中等教科書には書いて  質屋から出して  片一方で聞いてて  おまえが心からすいて  交番を出で  燬けて  気持の躓きで  ウチへ行って  世話をして  失敗つづきで  安値に売りにで  温泉が湧きで  五千円で売りにで  買物にで  値ので  妄想迷信より出で  拂曉に起き出で  業平町に至りて  側で待つてて  腕押しして  こっけいだろうと思って  蚊遣火が消えて、暗きに潜めるがつと出で  のは、見て  祖母がまだ生きて  世にで  行動がしたくて  雪子はまだ来て  ぼやぼやして  しか持って  あんた聴いて  母ちゃんを養うて  どこうろついて  ポケットへはいって  着物がほしいとおっしゃって  ぼくはで  日さまがおで  矢の根より吹き出で  あとに出で  夜とおもひて  壯佼にで  遊びに来るなんて言って  却つてお困りで  しか持つて  行つて休んでて  水も汲んで  附箋附きで  母さんも待つておゐで  売子出で  心をあわれがりて  から、出て  私まだなんにも云って  人かと思って  生を欲せば出で  欝結して  つて約束して  発意に出で  命令に出で  尽力に出で  決断に出で  決断ここに出で  局に当りて  書一度び世に出で  から待ってて  スフまじりで  襖紙で貼って  頃不自由なくしてやって  海から働いて  中に掲げて  方は明かで  動機の明かで  膝をそろえて、こう揺れて  何がへえって  女が生きて  てめえ日参して  いままで黙って  そこに落ちて  人がつけて  肘を斬られて  方来居を立ちいで  すべて報酬附きで  社長室を抜けてで  子供子供して  ら歩いているだろうと思って  とこに行こうかと思って  おもしろくって  ひらひらと飛びまわって  東片町には居ないって云ってらして  ネー、まって  いつまでもそこに坐って  自分の可愛がって  馬鹿にされるにきまって  ほかもって  何にももって  母さんがよくってよくって  語義は明かで  葉が少しも使って  雑誌新聞に出で  価格が示して  しかろうと思って  今日まで黙って  御前聴いて  使でも出そうかと思って  今日は待ってて  ようだっていって  掛物をどうとかいって  傍に坐って  死ぬかも知れないっていって  つてお呉れで  荷物を置いて来るから待ってて  なかったものをと、いよいよ残り惜しくて  快挙に出で  名前をもって  終夜雨戸のそとで  裏門から町へで  山がまた向うにで  即死者がで  二度空襲警報がで  丸彫りで  智恵出で  発疹チブスがで  後、で  加減にして  行つてお呉れで  やつぱりその生れ出で  金をやって  端れまで行くと、突きで  大丈夫家に帰れると思って  調製されて  いつまでも引っかかって  好感を持って  腕を抱えて連れて歩いて  娘ツ子がうようよで  彼女ので  山路になりて  東京に出で  おい出で  行つて来ておくれで  子供らはで  お父さんを呼んできておくれで  心配をされて  事を教えたくて  距てて  火夫をして  針やで  行灯は灯して  奴だと思って  家中にも知らせて  上にさし出で  前に見出で  さし出で  枯野猪も出で  其處を立ち出で  雪降りにけり起き出で  家を立ち出で  眞白きとり出で  びしいそがしきくらしのなかをいつ出で  AnangaRangaにで  微塵も置いて  ここに待ってて  チャンとで  何がで  古疵かたり出で  稽古に出で  咳払ひして進み出で  商売に出で  事を慮りて  八重わが家に来りて  栓もぬいて  寝具は少しも乱されて  ぼんやり日を暮して  一番先にはいって  おばさんが云って  匂いがして  いや思って  手紙あげようと思って  めちゃくちゃになって  封がして  をかしくて  洗濯して  ブラシをかけて  火を焚いて  自分を忘れて  彼は驚いて話して  わたしにはいって  発表して  こと知って  昨日書いて  盛んにで  感湧き出で  たるを取り出で  風出で  詩も出で  二十六年故山を出で  数年を出で  緑を出で  好奇に出で  早朝寓所を出で  遊動に出で  店起きて  ことは、いよいよ出で  ほかの子とちっとも似て  様子を見て  道具をもつて来て  仲さんがほめて  シャンシャン引いて  大川が流れてて  それを聞いて  病は募りて  俄かにまたで  詩を書いて  幽霊をで  庭下駄穿きで  生来の働きて  一通りのこって  一人ぼつちで、さびしくて  私何か云って  冬番人を置いて  下を向いて  初め躍りたって  声はちがって  どこをうろついて  山かと思って  鎌首をもったてて  廊下に溢れで  お銭がころがって  腕を持ってて  子供と遊んでて  手前、見て  腹をこわして  咬へて  ものが落ちて  場所に使って  起しに行って  ことを好く聞いて  眼をつぶって  約束して  猫も飼って  神様のお導きで  咲出で  バがで  バ、かへりて  職工たちがはじけで  上機嫌でで  ろこつにで  町はずれへで  パチッと鳴らせながらで  演壇にで  眼鏡がで  町はずれから田甫へで  平気にかまえて  燒餠やきで  庭焼を出で  快活さうにして  音を聞いて  天井から落ちて  誰とねて  スリねて  沢へで  から、迎えにで  深夜追放令がで  処刑すべしといふふれもで  書置一つして  前にして  さんがそう云って  家のうらて  かまッておくれで  目に会わせておくれで  まま言葉も出で  誰か覗いて  のか眠て  撥橋が下りて  鑑識ほどありて  漏れ出で  草履をひきずりながら、唯で  つぶつて、唯で  勘定には入れて  牙の抜いて  親爺にで  なんでもいいで  ちょっと手がで  所まで書いて  よう待って  ことは記して  話は残って  沿ひて出で  山男二人まで出で  夜込に出で  神を出で  園神三座などに、出で  イワンは、生れて  言葉もで  しろへけって  合理性を離れて  意識を措いて  ものを出で  ぜんぜん成って  卒業して  ことばっかり考えて  半ば出で  房外に出で  力も浮かびで  草原へ現れで  生活がで  責むべきで  私じゃない、憎い憎いと思って  丁ど挿して  浅間しくて  心ならひにいひも出で  へんひどく疲れていて  ひらひらして  故意とで  理由に至っては説いて  知識から出で  波斯灣から出で  次郎ちゃん、見て  帰りを待ってて  家だけはそうもなるまいと考えて  てい母さんだろうと思うけれど、はっきり決って  から、しばらく待ってて  それは嬉しくて  次郎を見て  上に伸びで  のんで訴えで  あげたいっていって  こまもまわしたいって、いって  竹馬にのりたいって、いって  柱からはずしてきてかぶせてやったら、すこすこして  ふたつかさなって  間で立って  ものがはいって  頭数に入って  お玉がぬかして  不二家を出で  大衆向きで  顯はで  隅にもおいて  宮本流を創て  一流を創て  日お詣りに行って  五百石も取って  油を売って  ンにも習って  傍から見て  午過で  馬鹿にしているばかりはで  本当ので  何も載せて  今は切り落されて  はい上がりて  おばあさんがで  ばあさんがで  坊やは、て  ことは、黙ってて  いつか溜息まじりに言って  人となりたまいて  談話して  枝がさして茂って  火をならしながら、ややありて  継母が知ってて  座頭となりて  何だか私ゃ茫然して  俥より出で  むとする心も出で  警官後より出で  ヌト出で  姉さん、さげすんでおくれで  衝と潜り出で  愛想をお尽しで  間に出で  中より走り出で  自ら気づいて  ことはわかって  ところでやって  砂糖黍作って  彼女はまだ生きて  のだろうか、もう死んで  無電器械がで  火花がで  だれもで  ば町に売りて  ことを書いて  勘違いをして  十畳敷きで  自体が弱いからだなので  ガラスの嵌まって  見晴せますなんていって  僕なんか会って  人にそういって  私にはただもう辛くて  批難したりなんかして  死ぬ奴がで  疲れを拭われて起き出で  ひとり起きいで  書に載せて  山から月がで  店がで  ふたをしっかりしめて、で  港をで  ぱたんとしまって、で  海岸へで  方にで  角がで  決死のかくごで  天狗のにがて  焦茶色ので  それを食いたくて  後をつけて  箒も入れて  十分の一しか言って  間代が払って  完成して  さ中りで  中条流を創て  居所は認めて  時、聞いて  挨拶して  鯉を逃がしてやったら、惜しかったなあって、笑って  どっかから見て  入学試験がすんだら、すぐって言って  から仕方がないって、言って  だって、言って  みんな自分で考えて  じき肉が煮えるから、待ってて  何も描いて  方に書いて  顔を見て  本田とか言って  悪いことして  教えを守って  遊びに行って  お話ったら、きいて  本心より出で  櫻花散りて  ひとり思にかきくれて  聲呑みて  立ちも出で  遭遇して  あんたは働いて  改札嬢と話して  いるか気になって  しか知らせて  上陸方をねがい出で  遺書がで  真中に浮かびで  御馳走をもって迎えにで  誰にも告げて  屋敷だと思って  から女子狂ひして  頭が禿げて  締りをして  支度さして待つてて  藥ばかり呉れて  人間の閃きで  三枚つづきで  庭つづきで  お話して  考えをきいて  こないだから、そうじゃないかと思って  志望をきめて  時さんが言って  ゆうべ髪刈りにきて言って  爺ちゃ言って  先生だって付いて  仙太さん付いて  何処さ行って  この辺で売って  好奇心は全然持って  律令がで  火焔の噴きで  暇なんて決して  王家を出で  聖慮に出で  神教に出で  心さして出で  已むを得ざるに出で  燦き出で  まま一句も出で  言事をお聴きで  お話しで  一言をお忘れで  口なんぞお聞きで  沍てて  顔を見上げて  鍵は填めて  生まれ附きで  養蟲園を立ち出で  修養の出来て  黒人上がりで  名に出で  市外に出で  途に迷って  たか、よく覚えて  暢気をいって  夜遊びまで、妬いて  耳たぶまで赤くして  貴方がお困りで  羽も生えて  ひととなりて  生ひ出で  ッぴらで釧路丸に乗って  監禁されて  何かのかどで  草より出で  藁草履穿きで  だって岡崎先生がそう云って  部を申しで  十五日間の謹みで  母親にさえ、打ちあけて  線一本引いて  洋装をして  あたし間違って  ものでなく、なまじつかで  貸与方を願いいで  さきごろまでは、何一つ入れて  ツと出て  気かい待つてて  方で見せて  彼女をどんなにか恋して  締りはして  ことは黙って  馬廻り役を勤めて  私はよほどどうかして  名は記して  意識して  兄さんがやりて  うつとりして  羽織紐がついて  李白は出で  お父さんと話して  問答にで  霧がかかつて  火の海をみて  感情とかで  戯曲などもで  人に話して  連帯保証に立って  上薬がかかって  とこばつかり歩いて  决して  先生やとばかり思って  記載して  認むべきで  つもりでかかって  ものを持ってて  野に迷いで  けつツぺたあ、どうで  電灯が引いて  畜生め、で  竹垣つづきで  下田端へで  筆附きで  デツクが張り詰めて  程に、坐って  いであたつて  もう少し近く来て  もう一度稽古に付き合うて  入隊して  若僧は歩み出で  さま一つ腹より出で  森、みて  森を見て  あたし知って  ふりして  葉ちゃん見て  鞭で撲られて  何いって  近頃は、まるでなって  ことばっかり思って  お客さんがそういって  当てやして  役所を出で  言葉つきにしみで  先生にも話して  学校にして  お仕事をされるか、まるで知って  どこに行かれるかも知って  シャツを着て  思想から一歩もぬけ出て  ぶつてて  とき何時もいらっしって  小量しか用意して  親たちのおもいつきで  そとに、で  門からそとへで  だんだんげんきがで  家はかやぶきで  らいへで  石ので  どこからともなくで  あてもなくで  目からぽろりとぬけてで  城からそとへで  世界へで  ようにして生れで  端までゐざり出で  舳に待ってて  罪もなく思って  名を知って  いっしょに歩いて  月はまだ出で  真似に出で  今度は行ってお呉れで  ための出歩きで  おじさんだってそう云って  女にとって  籍が入って  方は勤めて  水流林より出で  寓居を出で  雲が湧きいで  井頭池善福池などより流れ出で  案じ申して  顔を眺めゐしが、いよいよ確かめたくなりて  延引して  落居のいとまとて  世を抜けいで  酒など飲みて  目算に入れて  表には記されて  越中めがそういって  答は、わざとつけて  君さっき大阪へ帰りたいと言うて  諄々として  何かのつまずきで  ここから一歩も抜きで  今虱が這いで  私を信じてもらって  仕事ばかりして  頬をのっけて  方を見てて  雪がちらちらと降って  加へて  小使に喰ってかかって  詩でも聞かせて  計画して  禁厭がして  郷里から東京へで  暦には少しも書いて  先に行って  たか、記して  用心して  哀愁ことごと浮び出で  昔持って  ぼんやり考えたりして  うちに来て  前から知って  お母さんから止められて  気が、いつもして  お父さんが生きて  感じを見せて  お宮にも、おで  から由比浦におで  猶子たるに依りて  喉がかわいて  焼失するに依りて  事に依りて  立停った、しばらく待って  蚊帳を出で  山裾にかくれて  ものですから、すっかり眠って  天井も張って  東へで  回廊へで  中に丸く浮かびで  回廊にで  検屍審問にで  特徴がで  パイプであるのに、すこしも噛んで  毛がで  昔話にで  半分しかすって  外套取りて出で  形波間より出で  覚束なきそらあひなれば、最早出で  清廉潔白でなくちゃいけないっていって  とんとんとろりともうねて  よう波がさびしく寄せて  よう枝をさびしくまげて  ちよかぶりにかぶつて  昨夜月を見て  磨きもかけて  のばかりかと思って  我殿御かへして  男返して  歴史は書いて  しか語って  首筋にしがみついて  力をもってて  行き来に賑わって  小説向きで  火をもやして  ちょっと、待ってて  いつまでもだまって  かすり傷ひとつして  戸もあいて  朝食もくって  なにもはいって  おれがいつもくっついて  ことはちっとも話して  ドアを力いっぱい、ひっぱって  かまにしようと思って  色になって  あれも登っていって  街にきて  ぶんで話して  名は書いて  おかみさんがで  へやをで  仕事を片づけて、で  部屋から玄関にで  酒場にで  うちに、で  一階にで  外にころがりで  ほうにで  中庭にぶらりとで  ブランブルハーストをで  銀行をで  応対にで  熱がで  研究のつかれがで  下宿からもで  街へしのびで  街にで  店員たちがで  おとぎ話にでもで  古着屋をで  手伝して  ところには止めて  粉がで  大病人ので  霊仙三蔵が訳したとは書いて  雲のごとく湧き出で  里に出で  のしのしと出で  先生にはまだ話して  待遠で  返事が待遠しくて  宇宙線遮蔽がして  多くではないが、のさばりで  者さえで  嫁も起き出で  日外に出で  池峯より出で  川童出で  狐しばしば出で  カドに出で  什器家畜何にてもあれ持ち出で  何方へか出で  夜遊びに出で  尺余も、抜け出で  田圃に出で  山の神出で  雪女が出で  日河原に出で  遁れ出で  岸に出で  山の神なりと知りて  名を呼びたるに、振り返りて  砂利の敷いて  お嬢さんが縋りついて留めて  勤めにで  コトワリを云いにで  こと、忘れて  パンパンなんか、して  攻撃に出で  展望して  ものも溜って  締りのして  学校がへりで  涙が流れて  病人には、聞かせて  振舞にも出で  薬にするからだといって  マトモに聞いて  家に押入りて  当家より出で  窖に出で  肩より白く輝き抜け出で  もと高野山より出で  われ言句も出で  わしので  一度くらゐで  子供がで  紳士がで  学生がで  男がで  指輪がで  マッチがで  やつてきて、またすつとで  決心して、進みで  その男がで  男はで  町にで  クロがで  ボートはすぐにで  外廊下にで  下には、なんにもかくして  網をかぶつて  新聞小説十戒をで  つてみせて  人から借りて  かさへ明かで  參與し得るかは必ずしも明かで  愛以上に出で  無理にで  心骨より出で  急にで  のを送ってで  捜査にで  底より出で  人間が成り出で  中より萌え出で  方角へで  一緒においで  どなたでもおいで  天幕も張って  一つもで  つもりで行って貰いたいっていって  ところから分れ出で  本として  編入されて  酒未だ出で  來城去りて  合ひで  三十をで  振り廊下へで  から勝手にで  カークが進みで  ヴィクトア・ニールにで  小屋を忍びで  支根が露きで  私が死んで  ようにぬうっと突きで  絶壁へで  洞をで  鍵がおりて  武器は取りあげて  足もとを掬われて  書物にも書いて  ローズ、まって  心にしみて来て  一緒に行って  九十九江源地からで  稜角がで  小学生をで  察緬をで  開口へで  氷をやぶって突きで  魔境をで  一つしか発表して  写真にもとって  猿に稼がれて  番をして  大将は聴いて  サムライだろうと思って  大学をで  ピンシャンして  隠し事でもして  広島をで  上陸隊がで  勘違いして  落ち口にで  三十位ので  膝行寄りて  一題しきゃ出来て  ツマラヌものに思はれて  詰物を、打ち直しでもしてやって  ふうに焦がれて  唄ばかり歌って  長靴下でも穿いて  これだけはお忘れで  ジノーヴィー・ボリースィチを掘り出して頂きたいと願いで  君は言って  今井夫人につかまって  眼について汚くって  あなた階下に降りて待ってて  家にいったとかで  日の丸をふってで  スイとで  床の張って  おばさんがね、たべたいたべたい言って  胎を出で  露骨に書いて  縁へで  わが家をで  者は、名乗りで  贔負になって  つもりで帰って  おなかはすいて  昨夜は寝て  ものを生やして  毛唐なんかうろうろして  ラヂウムかなんか含んでて  何か落ちて  のよ、差引きで  プレトンを出で  自分が寂しくて  会社から二丁と離れて  向うを向いて  草を刈って  文句が書いて  人と話して  しわになって  社交界へで  十郎ので  十郎を見ると、進みで  ように、と仰有って  離れへで  三行り半がで  昨日行商にで  土蔵をで  当家をで  明るみへで  文覚以来絶えて  木戸をで  信者以外はで  風呂番はで  脂汗をしたたらせて、よろめいて、いざりで  正式に申しで  面倒を見てやろうと名乗りで  宿舎をで  たいがい働きにで  買物に行くと仰有って  誰かしら待つて  上に何一つ描いて  辺より出で  山林から銀がで  石油がで  ように言って  お茶も呑めやしねえなんて言って  航路調査を願いで  用意を申しで  真珠もで  犯人だと言って  時計屋敷がおそろしくて  音もして  昔から日本にもあるといわれて  帰り早々、いろいろお骨折りで  見舞いにおいで  人を得ると得ないとで  方においで  忰たちに命ずると書いて  排斥せよとは教えて  餞しに出で  風吹けばえ出で  むみたちより出で  船もいださで  願に依りて  いふ所を過ぎて  一人もで  結論はで  のは訴えで  霊にで  台所へで  手打ウドンがで  ことは云って  のが怖しくて  フレはで  五人も生れているといえば、今さら名乗りで  仕事にで  死体がで  義人録出で  酒肴がで  お告げがで  英信を訴えで  英信さんが仰有って  斯うして  従来伊藤の気づいて  条件がで  事の書いて  浩一さんと話して  視察にで  ハゲ蛸をで  小便にで  本を持って  ざあ寝て  何處にも書いて  から小田原へで  前日旅にで  ベンケイので  三軒見廻りにで  炭焼小屋をで  のは知って  のは分って  舟を出で  ちゃんと知って  から水は死んで  そこから水が出で  昨夕から風がで  夜逃げ同然村をで  数々が溢れで  役所からはで  許しがで  二人がうんやなやでやって  ゆっくりはいってて  さんさええいと思って  中より出で  圈より出で  欄を出で  晩年テバイを出で  涙を出で  光によりて  コルニーリアを見き、また離れて  ぐるをみ、坐らんとて  まれ萬象消えて  事ありて  物によりて  らあつまりて  焔のごとく微に鳴りて  習ひにしたがひてしばらく鳴りて  術によりて  者過ぎ去りて  主となりて  これによりて  何によりて  歌ありて  銘を讀みて  彼等去りて  背をくだりて  説によりて  目的を忘れて  等去りて  戰ひ終りて  命によりて  ピサを去りて  盈虚によりて  カギを持って進みで  正面へ進みで  旦那の言いつけで  見送りにで  寮をで  死ぬ者がで  皆さん今日はと現れ出で  ノコノコと現れ出で  ヌケ道からそッちへで  一人が進みで  私ので  いま私たちがで  前まで進みで  室内をで  室外へで  山々から滴りで  穴が掘れて  茶づけが始まって  薬屋さんとか云って  穴なんぞ掘って  稲吉は流しにで  ひそかに忍びで  手も触れて  劇場を出で  湿気流れ出で  見習いにで  翌日旅にで  和名抄にで  深夜掘りにで  ウチをで  カゴを持ってで  率先して買ってで  扉は閉じて  話に聞いて  行列をして歩いて  蔭から親父が見て、生きて  何か寝て  当分済まないが借して  入れがして  乞食が着て  僕らは、そう思って  からしばらく待って  ふうにいって  スッカリ忘れて  どてらに着換えて、その着て  んだなんていって  小倉は眠くて  おれは隠れて  監獄にほうり込んでやるといって  横浜を離れて  デッキが凍って  気を失って  あるかないか、ハッキリして  自分を待って  上で、待って  から一言口がききたくて  ボースンに限って  横浜へ行ったとか言って  ちょっと待って  一度持ってて  一人で来て  ことよりは、入って  二千箇もで  古墳から仏具がで  仏象がで  十郎がで  ユックリ散歩にで  香水をまいて  注意がむけられて  ぼんやりとしてゐて  富岡老人釣竿を投出して  当り籤が出て  前までは生きて  遺憾に思われて  邸をで  大通りへで  記事にもで  タンポにはいって  一種出で  我の出で  糸の出で  血出で  淡路より出で  西国に出で  近世理化学世に出で  古書に出で  指を折りて  何もで  杉代のはからいで  噂もで  目黒をで  警察権を用いてで  耳がで  応待にで  季節に食って  何十軒も持って  コックリ様、御移り下され、回りて  作用によりて  府外に出で  覆いから出で  目前に現れいで  墓前にあらわれ出で  家内残らず起き出で  五十あまりので  いふ語があつて  うつして  ゆきがて  音転によりて  黄金が落ちて  成田屋からまいりましたが、直ぐにおいで  押手利きで  亡霊出で  居眠りして  解釈したいいで  だって口ぐせにいって  畳も敷いて  クンパルシータを踊って  声で、言って  リベラルクラブへはいって貰おうと思って  わりと揃えて  デマがひろがって  とこへ来て  何にも判って  昨日寝て  あんたに言って  一日中電話を聴かされて  用事まだ言って  人間味のたっぷりと溢れで  天気つづきで  宰領として、罷出で  酷暑つづきで  ぼうんという、まだ埋められて  待つの挙に出で  詔勅は出で  創意に出で  海外に出で  辞職を申出で  殆ど喬木を出で  挙には出で  醜聞頻りに出で  唯だ愈々出で  指揮に出で  むとするの謬見より出で  帷幄より出で  挙措に出で  発動より出で  暗黒に移りて  内閣にして  意欲はまず持って  一切打遺て  杉弥どのとはお近づきで  尊敬をもって  中に住んでて  其処から出で  ことであるのに、かうして  ことしけつづきで  めにお会いで  病気がすっかりなおって  心驕って  楊子を持って  くせ、来たくて  ことか分らなくなって  頂にで  庭にで  年じゅう忙しくて  苦悶を洩らして  擧に出で  待つの擧に出で  辭職を申出で  擧には出で  擧措に出で  發動より出で  財政計画はあって  ものせながら、いたって  しっぽを巻いて  待ち伏せして  たそがれどきで  自分ひとりで  約束に出で  日本開化小史世に出で  中に交って  名をかたりやがったと思って  返事して  子供等はまだ起きて  六寸位はお有りで  祈りによりて  歎息をつきて  十八曲説きをはりて  登り行かんとて  路より引けり、およそ我と親しみて  越度によりて  搖がさずして  一人を指せるにあらずして  問へるにあらずして  具備するにいたらずして  卷末にありて  天に昇りて  涙はげしく洩れいで  源よりあふれいで  月まさに出で  念より出で  人の出で  木出で  憶ひ出で  偉人出で  誰もで  いつお家をで  外から鍵をかけて、で  煙突から雪子姉さんがで  二条になってで  戸がしまってで  図書室をで  どこからかで  出口がないのでで  裏道へで  路へで  これ幸いと持ってで  もう一度庭にで  地はだがで  部屋へで  幽霊がで  何でもで  幽霊などにで  部屋にで  たしかにこっちへで  みんな外へで  上にのせたり、で  慶喜東叡山を出で  んなって  お株とられて  後にたびたび出で  戸外に出で  意に出で  一政略より出で  話が出で  不面目と思い、出で  随筆に出で  天源術より出で  雑誌に出で  場所に出で  目的より出で  好奇心より出で  みな心より出で  ものありて  附添いで  内は上って  闇がり坂、知って  かたがたは、まだお忘れで  狂いがわかって  声に、すぐで  染丸がで  下新田を出で  叔父は、口惜しくって  歳から船に乗って  蒲団を着て寝ていたが、口惜しくて  弾の入って  記章も附けて  供等はまだ起きて  角行燈をつけて  なかったと言って  船室を出で  麻幹馬だっても、でき合いじゃ売って  わるいって  成るや成らずで  一時に溢れで  汗が溢れで  草むらにで  沙汰ので  人々がで  オレは苦しくて  捨て子なんぞがあって  ひとりごとをいって  ほうに向いて  外からおかしくて  こと覚えて  余り気乗りがして  下司根性から出で  攻勢にで  一番遠慮なくして  道草食って  助長的態度に出で  ヴァイオリンを取り出で  ヴアイオリンを取り出で  こと見て  車室をで  ホテルをで  並木道へで  細道へで  草原へで  ドアをあけにで  別荘をで  枝が分れてで  聖意より出で  帯止等は入れて  いっしょにおいで  友次郎さまに添わして  あたし待つてて  晃兄さんと話して  事を一々やかましく咎め立てておくれで  処から出で  お参りしてえと思って  柵が、がらあきで  ところへもまだ来て  交渉して  最初のききて  山かとおもひ泣いて  のをまつて  山から港へではで  11越中富山の薬売りおはぐろとんぼがついとで  さりとはめでたやめで  乳母もで  から月がで  さっき黙って  ことがあって  ことがわかって  不承不承に立ち出で  方へ射し出で  記録にも記されて  顔色にで  二世、とで  記事にで  トオサンがで  日本海へで  某金融金庫をで  ところまで似て  男あつかいして  ふだん云って  トオサンをだまして  いまさらりゅう宮がこいしくて  ちのおふくろから聞いて来たって云って  広告の描いて  我に語りて  聲はもとより未だ思ひによりて  笑ひによりて  火は、止まりて  ことにつきて  形體既に成りて  靈去りて  一部を聞きて  憔悴して  天たありて  一人一黨となりて  名を知りて  天に入りて  キリスト自ら高く昇りて  Baldezza自信ありて  言葉に出で  これを出で  事出で  日輪世に出で  徳によるにあらで  流れ彼より出で  用ゐで  善行より出で  滿さんとて進み出で  ラヴェンナを出で  家族より出で  形をひそめて  庶民的で取り済まして  一切合財知ってると思って  顔をなさって、長く見て  立場が明かで  さえもまだして  辞苑を引いても書いて  私は聞いて  一つに続いて断って  截られて  兵隊へ行って  米は入れて  独り言いって  照明弾の落ちて来る耀きで  目標が明かで  ボウトしか備付けて  十分正確に述べて  僧侶に届出で  二六分の一を出で  ところ以上に出で  記録のおいて  継続したかは述べて  嘘しか書いて  話出て  関心持って  新内を語って  あたしが語って  戦争してようと、して  ものには思われて  路上に立ち出で  たか、書いて  刀屋を開いておゐで  切つて飛んで出で  星ので  千を出で  これを摘んでて  藪わけて  縁こえて  目にはつけどもとりがて  心に思へど行きがて  潮の引きて  日々にあつけくなりまさりて  思ありて  塒竹むら下照りて  行きがて  笥にもりて  森崎知って  桃ちゃんが乗ってしまうまで待って  ところまでいって  感覚まで行って  精神はなるほど更に出で  自然的擺動以上に出で  条件附きで  棲家とて  ひでもひで  汗も出で  人の曳きこじて  檜皮はひて  母のおもひ出で  日は行きがて  夫婦ありて  髭を撫でながらおゐで  何しろ七分通り虫が入って  義理だてはして  眼は、ぎょろぎょろして  嫁入って  世話になって  気が利いて  ように送ってで  一刻も早く届け出で  マトリョーナは黙って  土地においで  あなた、黙って  使者にたってて  真っ黒になって  印刷所も書いて  好奇心も消えて  何でも描いて  感じので  実感がで  作品をつうじて屡々で  感じがよくで  どこかへで  角力ので  奥様がで  本人も降りると云って  幽閉されて  イヨイヨ恐ろしくて  尻が痛くて  ものに見えて  白鉢巻でもして  内儀も、そんな、めそめそして  ちょっと薄化粧なさって  まごまごして  ラジオを聞いて  似合わず大分遅いと話して  賞めて呉れるだろうと思って  から辞める辞めると言って  見込みがないって言って  方面へ引越すとは言って  母親に打ちあけて  差控えて  ことに引張り出すなんか、いけないと思って  課長も訴えてやれって言って  山岸さんなんかも許さないって言って  春画を見て  神かけて  廃朝仰せ出で  上より出で  こと出で  墓地をで  笑談お言いで  板屋葺きで  蒲生家が貰ったので、まだ出来て  賃銭を取って乗せて  国に生り出で  国民美術なほ出で  春信出で  奥村派より出で  書出で  元禄年代鳥居清信出で  勝川春章出で  舞台に出で  ジヨオ蒐集板画目録に出で  歌川豊国出で  西洋美術雑誌に出で  国芳門下より出で  その他に委しく出で  作者自ら出で  撰ありて  刷新によりて  ジョウがこて  お返しして  あたし、持って  お手本になろうとして  馬車にのりこませると、なにかいって  ぼく見て  おもしろくて  ロッチェンを休ませてあげて  お話を聞かせて  これはめて  おしゃべりをして  欠点がで  気持がはっきりして  婦人がで  おとをとで  夜にかぎって  戦地へで  衰弱すると、で  門外にで  文句がで  膿がどろどろと流れで  俺は持つて  腹をたてて  気がして、立去りかねて  使だといつて  魔法使だといつて  表面へ浮びで  行為に出で  銀座へで  見世物にで  水上にで  尿水が流れで  救助艇がで  庭にたちいで  この世のわかれぞとのがれいで  やみを出で  ぢをさめいで  あしたの空に出で  海に出で  戸を出で  夢をさめいで  流星門にたち出で  ざらましを世に出で  馳け出で  巌のうへにのぼりて  潮音わきて  危ふく石わかれ削りて  夕闇かけて  障子を開けて  精とのささやきで  嫁に行っておくれで  折目があったらこて  断崖のうへに出で  内包が明かで  日本人であらいで  娘に育てて  祖父ちゃん見て  お父つぁん生きて  魔がさして  空気入れて  ことが恐ろしくて  為にで  畠ありて  文字が書いて  人穴より出で  のじゃあるまいかと、そう思って  娘や、もうお泣きで  勇気さらに出で  会社から華々しく打ってで  花魁がで  今朝から御飯食べて  五時間ぐらゐぢや、歩かないで寝て  お腹を空かして  朝早く起きいで  水車場を立ち出で  巷に出で  木陰より走りいで  御船、出で  秘かな呟きで  私はねて  帯をしめて  一日ごとにかえて  真面目に見て  からって云って  ちまいそうだなんて云って  程の遅々たるおもむきで  蹲つてゐるとは気づかれぬおもむきで  ステツキを突いて  専門家とその取りまきで  日を積まざれば出で  五百も売れて  テイサイなんぞ云って  一しょにつきあって  料理店へ願いで  自分がで  お前にで  貼紙もして  さっきね、とても逢いたがって  彼はまだ生きて  是を出で  腫れ物がで  角倉一族から光由がで  ここに少し待っていておくれで  世界には憎みが有て  お話中ばかりで通じなかったって云って  私、苦しくって  やうに流れで  成功するまで待ってて  写真がのって  工場をやって  頭から顔からつるつるして  今ここを去って  柵をやって  官憲へも知らせて  そこから庭へで  から現れいで  さっきから船橋にで  スペイン犬あらば、出で  身ぶりと、とりとめもない喚きで  とき大江山課長が進みで  染とで  扉はあいて  しか経って  彩色をして  ことは少しも書いて  何処にも書いて  何処にも記して  インクを入れて  東京堂にもおいて  引越しがして  そちらで着るには猶しゃんと縫って  手紙とで  そーでおいで  穂がで  試験つづきで  年がちがいすぎるとこうで  十二月二日のつづきで  監房を立ちいで  装身具ははで  ものだったか明かで  東京で酔って  私達もちよつとで  夜昼とり違えで  本までみて  二時間おきに起きて  ヰタ・セクスアリスにで  勇躍して  ところがで  私が化けてで  母は既に起き出で  田舎へ帰っておとなしくして  全国からはせ参じてくれたかと思うとうれしくて  谷口組に移ったとかで  お前は、て  なに、酔って  列席して  心の駈引きで  ものにして  予感がして  説一たび出で  説出で  大約三十里を出で  伊豫より出で  三千一百里を出で  足附きで  シンは睡むくて  自覚し、折々語り出で  間には出で  涙も出で  駄句だに出で  頓て出で  役所に届け出で  四十日を出で  事を語り出で  翌朝食事終りて  当所に来りて  有様とさえなりて  歯が染めて  皆歩いて  殆どこれが認められて  一人、で  喧嘩を買ってで  恋愛ありて  ッておくれで  師匠には黙ってて  私ァ聞いて  二人は寒い、なんにもまだ置いて  満足気にいって  父親は、死んでしまって  玄関さきを出で  規則正しく一歩々々歩み出で  外へ躍出で  つかの間よ朽ちせで  名からして  粟餅をこさえて見たくて  利口馬鹿のやりて  夏ぶとんは縫い直して  俗化して  折入って  聖書にかいて  御馳走つづきで  わたしを措いて  荷物を持って  大分長く背負って  わしが持って  さがはっきりと分ったので、嬉しくて  写真やで  病気はまったくあつらえむきで  ことはおわかりで  通風窓をすぐまた引っ張って  提出して  手を使えば動かせる、とは書いて  眼にはいって  全然書いて  そのままじっとして  桜明りとは面白くよみ出で  の聞いて  たわしくて  南に出で  所務に当っていたかは明かで  どこまで果して信じてよいか、明かで  お祖父さんに可愛がられて  舊記などにも書いて  參拜を許されて  ヤソ教中より出で  飼はれて  文学をで  ひとはやりて  ちゃんとして  風にしてて  寒気がして来て  次から次へわき出で  ゴダクサつづきで  一ヵ月ゴタゴタつづきで  前に坐って  働えて  もっときちっと整って  計画がめぐらされて  小言をくって  書物がほしくて  子分同様に働いて  学校へ行ってみようと思って  ちゃんと整って  あたしが待って  入口で待って  上気して  二つ三つだけ光って  家にやって来て  此によりて  つぎにつぎて  名をつぎて  傍流をつぎて  中に生まれ出で  それに好いなりをして  屍体になって  のに泣けて泣けて  あっちい行って  お上さんが呼んでて  のかと思って  知らん顔をして見て  毎日五十銭ずつ取って  中へはいって眠ってて  私もそう思って  会いたいって唸って  お金がほしくって  さつ続きで  畜生、おふざけで  からからにかわいて  私こそ寝ぼけてて  お願いして  しかたなしに寝て  數年を出で  隊は出で  将全部出で  合戦終りて  學者がで  常態だ、と云って  方略は書いて  弟志摩出で  靜かで落ちついてゐるからで  アイロニーも認めて  ようにと思って  頁さえ切って  たか中て  足場を昇りて  充分顔を見て  やうをして  時に着で  王なれ、懸りて  近くに繋って  お客を預かって  ナカナカ悧口だって云って  國におで  天皇のおで  急におで  へまより出で  制服を貸さないとは言って  貸ししないとは言って  おなかなんかすいて  嫌やで  何処へで  さは何とも書いて  いろいろ話がで  鉢巻した売りて  屋内より出で  自動車も廻わして  不足も感じて  舟木さんが言って  ちょっとお前にも言って  だって、そう言って  自殺して  たくさん飲みすぎて吐いたりしてグズグズして  内へ行って  あなただけを尊敬して  モモコは殺して  君が言って  バリ附いて  国民運動やって  当人腑抜けになっちゃって  んだと言って  それから急に、嬉しくて  中を余り見つめて  向うを見て  空にかけて  一生懸命に飛び廻って  銅像を見あげては、生きて  食法が書いて  カフェーに出て  から、一寸見廻って  化がのつそりで  土より生れいで  生命へで  買ふことで  五間先へ出で  んと早速まかり出で  あんばいが、何ともいえずよくてよくて  つていふ話は聞いて  人であったかは記して  名前さえ挙げて  有無すら探って  件を願いいで  のじゃないかと思って  人間だとすぐ分って  あたし覚えて  添へて  中に書いて  酒を飲ませてもらおうとは思って  謀此に出で  分別も出で  居間を出で  尻もったてて  僧ありて  平行して  テストに当たって  どこか変わって  ゆうべテレビでやって  手を借りてで  今までひで  ゴロゴロして  夜光塗料がぬって  夜光塗料のぬって  待ちに待って  背中から真上へ突きで  前方へで  懐ろ手をして  風呂をで  三方とも一二枚ずつ鎖して  それが書き分けて  題号さえも付けて  余にで  代表して  責苦、蹴られて  戸外にで  牡丹をこさへてて  かんにんしてて  ツてて  我にもあらずぬけいで  此平安朝ので  限りこんなに続いてて  静にしてて  歌はおやりで  歌をおやりで  んでせう、生きて  のが出来て  畑にで  悪魔ので  扉が開いて  相談して  書類も置いて  ジルベールの持って  神様が護って  私も気づいて  正直ゴルフにもほとんど出かけて  四人にすすめて  答えが出て  観光案内にも書いて  物質感がで  独創性がで  質問がで  とき鼻唄がで  答がで  口を吐いてで  しか記録されて  ヶ岡とも書いて  ひとりでおかしくなって来て  露台にで  病院はなかなかいいで  中にフッとで  わたしこれきしリボンもつて  表には、いわれて  幼少から片目がつぶれて  僕の挙げて  今覚えて  木更津っ子との、かりそめで  花月を立ちいで  のも、描いて  空気のまざまざとで  上手がで  夜に現れ出で  横ざまに乗りて  お茶を飲まして  スパイをやって  手玉にとって  者を追っかけてて  君のことを聞いて  小女が可愛くて  ものにしたろう、と、羨ましくて  眠り病が流行って  こいつ、やっぱり催して  夕やけして  汽笛がして  本に書いて  気分のつづきで  外米が入って  さに堪へで  遊人未だ出で  婦人が結って  からこっち円潰れで  是非今日中に頼むって云って  二十六日とか云って  配給になって  劇をしようと言って  都合がお有りで  就てで  大樹にはとまりて  性格が滲みで  ようになんにも書いて  つもりでつい浮かれで  ミーシャと並びたがって  門はとざして  庭口まで出て  言に打ち出で  所とて  地圖に描いて  覺えておゐで  サルーンにで  相談に行こうと思って  朝飯あがって  徴候は現して  日本女は、持って  選挙権などは持って  かに何人かが眠って  自転車屋に働いて  ことは知らして  もちっと知らずと寝て  前へ行って暫くあたって  組合もってて  芽生えを眺めて  呑気にかまえて  どこにかくれて  十年も待ってて  姪かなんか、と思って  ことはないし、どうしようと思って  信吉が働いて  噂はひろがって  自転車工場で働いて  日本で働いて  丁寧に、どうにか食えて  淋病は患って  弁当つかって  パンをくって  みんな黙って  信吉を見て  がっかりして  頭へのっかって  ボンヤリ考えて  食物を拵えて  便所へ入って居睡りこきかけて  ほころびを繕って  ことを扱って  毛生やして  手鑢にかけて  鉛筆もって  ようにきき飽きた、熱している喋りて  これに答えて貰いて  管理がうまく行って  夙から考えて  二日前に打たれて  スローガンを書いて  ふし垣ふみこえて、走り出で  徘徊にさまよいで  碌にして  月や出て  お月さま出て  原画の消して  処番地が書いて  嘘を云って  誰かを怨みたくて  そこは聞いて  ひとは、読んで  死によりて  場所を知らして  中庸を得て  枯茎しか写生して  度いと思って  女に思って  糸の光りで  何も忘れて、可笑しくて  御前を思って  母が剥して  からふと隣りで  七匹しか用意して  裏門をで  裏庭にで  それから外へで  プラットフォームへで  プラットフォームにで  いま赤帽は、あやまちで  自分から申しで  帽子はで  毛は染めて  笑い顔が見たくて見たくて  一台受持って  ように浮き出で  立派に判って  偶然に出で  のがたのしみで  はつきり決めて  畳が敷いて  夏にひで  壁がぬって  健ちゃん待っててね、出来ても待ってて  たくさんきて  ように、ぬっとして  星がいっぱい光って  当分寝て  わたしだまって  長野でいって  おとうさんが話して  犬、ぽくかって  毎夜此磯辺に出で  何かのお導きで  あいててて  お前、見て  竹藪を捜して歩いて、さうして  毎夜此磯邊に出で  搜して歩いて、さうして  糺明して  洗面所の突当りで  ふきのとうがで  裏門を出で  煙ゆるやかに出で  一つを出で  倶楽部を出で  心の描きて  お母様は許して下さつて  物が並んでて  女中が起きて待ってて  村落へ立ちいで  のがうろうろして  西班牙だけによほど変って  女性にきまって  車をひいて  田んぼを耕して  直ちに角を逆立てて  入浴して  地下室蒸気釜が、氷って  腰が浮いて  鋪装して  鉋もかけて  だって駱駝に乗って  席へはで  アクビがで  一しょにで  オナラがで  んだが、はいって  細君が生きて  疎開學童がいっぱい行って  兵隊に行って  黒さん、早くで  解決を歪めて  余に出で  註文が来てて  佗び住みしながらふと詠みいで  写真来て  豊さんに似て  何だかくしゃくしゃして  枝に止まって  一つ持って  可なり知って  ふりを見せようか、黙って  酒に酔って  夢をみて  じきに帰ってくるから、待ってて  大変やりこめられて  気をつけておくれで  沖へ泳ぎで  行きとどきで  紙が貼って  いるか、見たくて  われ棺を出で  吹出物がで  始めから考へて  口まげて微笑んだりしたのであつたが、かうして  ぐづぐづして弟にはまだ知らせて  今も、ちっとも変わって  子供心に買って呉れとも言えず、もじもじして  光に咲きいで  大久保に御出で  風をして云って  口を衝いてで  呼吸がしたくて  んとてないてきたさむいとて  今まではえて  冷雨つづきで  世に、出で  低下してゐると見ても誤りで  與へて  まり聞えて  時間は持つて  中に、もう望みて  卓しか出して  販賣して  對論がで  ことをおいひで  者にで  乞ふためにで  地図にゃ載って  コリコリやってると思って  火じろを燃やして  二三日なんて言って  此処に立って見て  喜十がで  先生はただ今御出かけになったって云って  先に進みで  芝生にで  線に、膨らみもで  説明を買ってで  気になり、切なくて  船に乗って  なんだとおもってみて  前から来て  僕もそう思って  一人心配して  寸法の書いて  新聞記者に話して  腹は空いて  翌日は早く起き出で  苛だたしい憤りで  事を云い忘れて  から毎日毎日考えて  一所に見て  自分でそう云って  づさへずに東京をで  笑ひがで  名の知れて  上衣を脱いで、まだ落して  松月別館とはして  滞在なすって  眼中に置いて  死体をぶらさげて  おかげで、忘れかけて  君に少し聞きたいと思って  あちらに行って  バーに飲み歩いて  眼を引かれて  飲み食いして  的を外れて  自動車にでも乗って  旦那がそう云って  標札が出して  君が恐ろしいと思って  出納口からで  しか許して  不具者とで  汗ので  目あきで  塵一つ止めて  姐さんとで  の、そんなに飲んでて  身になれば嬉しくて  庭にでも落して  真似をして  二年つづきで  誰そ、早う来て  誰そ来て  あなたは痩せてて  派より出で  憂慮より出で  一刻も乗って  何も上げて  嘘偽りで  からん行動に出で  からうで  包むにあまりて音に出で  事が在って  そこから流れで  操縦室をで  きょうはで  身ぶるいがで  機関室をで  声器からもはっきりで  こっちへで  大ぜい、で  あそこから、で  なにをで  出発命令がで  奏楽とともにはじまって、で  一本とで  動力があまりで  動力室からで  一番外側へで  しろにかばってまえにで  スピードがで  計算がで  所へで  話と思って  遠くはなれて  遭難して  無電をもってて  みんな集めて  研究して  足などこぼれ出で  ゆっくり入って  それから出来たら待って  肉がぼて  



前後の言葉をピックアップ
づゝゐるとしても  づゝを  ヅーフ  ヅヽ  ヅヾツ  手まり  手釣り    手々  手文庫


動詞をランダムでピックアップ
立たすいつい借りりゃ固まれみそなはしなぐれまごつく来たせまいあがっにじり寄っのりきり突ぱっ顕さ建ち並ぶそまる啜ら掃き手放し殺気立ち引っ括める
形容詞をランダムでピックアップ
くだらないうらやましかっ口惜しゅうつたな生暖かい生暖かく稚かっ美しくよんどころ無し望ましけれ愉しかそけき儚きほそぬるい馨しくわりない醜からはれがましい薄気味悪かっ