「憂ひ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 憂ひ[動詞]
陸穗を作るとそんな憂ひ  如く技の進まざるを憂ひ  私も憂ひ  なかにめぐむ憂ひ  静かに、憂ひ  父君の憂ひ  やうに、憂ひ  身の上を憂ひ  なほ磨滅する憂ひ  籠をいだいて憂ひ  悲しみや憂ひ  まぼろしの憂ひ  前途に憂ひ  一抹の憂ひ  微かな憂ひ  いつまでも戻つて来ませんので、次第に憂ひ  顔には憂ひ  坊ちゃま、そして憂ひ  らの憂ひ  われをしも憂ひ  水の溜る憂ひ  ことを憂ひ  何事も憂ひ  国を憂ひ  面は憂ひ  流離の憂ひ  古語が含んでゐる憂ひ  不評判なるを憂ひ  寇叛絶えざるを憂ひ  彼女は憂ひ  中では嘗てそんな憂ひ  後顧の憂ひ  百合のその憂ひ  百合は憂ひ  夫の憂ひ  やうな窶れと憂ひ  馬鹿気きつた憂ひ  上に登り憂ひ  如くに憂ひ  しき街を憂ひ  中に憂ひ  何にせかれて止むべき憂ひ  發心ぞや、憂ひ  心に重く閉された憂ひ  のに憂ひ  さうした憂ひ  秋空は憂ひ  事を憂ひ  遭ひ、憂ひ  後日の憂ひ  はる深い憂ひ  左門の憂ひ  堕落の憂ひ  彼の憂ひ  それに類した憂ひ  はつひにひときれの憂ひ  いい気な憂ひ  自分の憂ひ  一員として、大きな憂ひ  何の憂ひ  諸々の憂ひ  やうな憂ひ  乱に及ぶ憂ひ  ものねたみをふくむ憂ひ  背負ひ、どんな疑ひを疑ひ、どんな憂ひ  沈滅の憂ひ  とき誰か憂ひ  仇をする憂ひ  やうな、そして深い寧ろ憂ひ  夫故押される憂ひ  面上から消え去らうともせぬ憂ひ  人道の憂ひ  身を憂ひ  比丘尼なんど高尚の憂ひ  私のあの折々の憂ひ  種を播かれぬ、いざさらば憂ひ  これを憂ひ  路と憂ひ  三曲我を過ぐれば憂ひ  失へる憂ひ  しり、深き憂ひ  我にいひけるは、憂ひ  叫びあり、憂ひ  らこの憂ひ  我等は尚大いなる憂ひ  歎きて憂ひ  いま怒りをみずして入るをえざる憂ひ  血と共に憂ひ  盡し難き憂ひ  新なる憂ひ  汝に憂ひ  口もなく、憂ひ  衣を着、憂ひ  憂へ憂ひ  ほとりにみとめ、憂ひ  望みなき憂ひ  似寄り並びに同じ憂ひ  我を呑みこの憂ひ  一部喜びまたは憂ひ  くりかへし投げて憂ひ  イタリアよ、憂ひ  ためにかく憂ひ  寡婦涙と憂ひ  二重の憂ひ  喜びとともに憂ひ  時に劣らぬ憂ひ  嫁がしむる善き憂ひ  リクルゴの憂ひ  罪と憂ひ  永遠の憂ひ  ば分の減ずる憂ひ  對して憂ひ  世間に聞える憂ひ  禍ひよりルクレーチアの憂ひ  ルクレーチアの憂ひ  われらと憂ひ  人に愛せられるけれども、また直ぐ飽かれるといふ憂ひ  私はいつもこの清き憂ひ  衰微をきたす憂ひ  氏の憂ひ  世の憂ひ  共に憂ひ  



前後の言葉をピックアップ
売残り  売れのこり  売れ残り  売れ残る  売れ残れ  憂ふ  憂ふる  憂へ  売れ行き  売行き


動詞をランダムでピックアップ
あわてふためきのびゆきとりまぜ乗っから赤める抛れ辞みかつご痛め選びだす侮る落とさ積み分け聞過し隠ら切崩し慴れ聘する放るつかみ合い
形容詞をランダムでピックアップ
心もとなみっともよくない荒っぽくおぼしうさんくさく辛かっ馨しい罪深く睦まじほしむしあつうっとうしい脆うバカバカしく白かっいかめしき詳しゅう極まりなよろしかっ