「憂へ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 憂へ[動詞]
響きも、憂へ  吾を憂へ  独身を憂へ  のかと憂へ  前途を憂へ  現世に憂へ  彼れ憂へ  欲するを憂へ  秘密を憂へ  三成は憂へ  時勢を憂へ  国を憂へ  病を憂へ  図私は憂へ  空回りを憂へ  酒に憂へ  ために憂へ  人類を憂へ  小なるを憂へ  大なるを憂へ  画の拙なるを憂へ  部分では憂へ  沈默を憂へ  ひそかに憂へ  私が憂へ  母は憂へ  背負ひ、どんな疑ひを疑ひ、どんな憂ひを憂へ  躓づき、踏み外す、憂へ  ことを憂へ  点は憂へ  邑を憂へ  我等を憂へ  今また憂へ  弊害を憂へ  増加するを憂へ  紊乱せしめて憂へ  紊亂せしめて憂へ  父と我と憂へ  ペルージヤとを憂へ  アウリスに止まるを憂へ  人員の乏しきを憂へ  顔は憂へ  疾歩するを憂へ  ことを手酷く憂へ  其他を憂へ  事を憂へ  転心を憂へ  要を憂へ  



前後の言葉をピックアップ
売れ残る  売れ残れ  憂ひ  憂ふ  憂ふる  売れ行き  売行き  うれる  賣れる  売れる


動詞をランダムでピックアップ
譲り受ける立て直さねぶるふっ切れ叩い薄らごくるわししのが切りぬけ起きあがっまきつきとりおとさ手古摺っ生き寄越そ痛んどよめか陰っまぜれ数え上げ
形容詞をランダムでピックアップ
ふとけれ重くっなごりおしい重苦しかっ恥ずかしゅう血なまぐさひよわく難しゅう腫れぼったく眩くわりな素ばやくばっちい気ぜわしい怖く痛ましく珍しゅう押しつけがましく怨めしきながけれ