「憂え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 憂え[動詞]
末甚だ憂え  ために憂え  常識なきを憂え  一大事だと憂え  心算ではないかと憂え  己れを知らざるを憂え  堕落を憂え  国を憂え  わしは、憂え  ことを憂え  底から国を憂え  将来を憂え  正直に憂え  張昭は、憂え  乱を憂え  成行きを憂え  姜維が憂え  動作性萎縮に陥いらねば好いがと憂え  失敗を憂え  矣、と憂え  ひそかに憂え  のではないかと憂え  能登守を憂え  それを憂え  何を憂え  心を憂え  悲しみ、憂え  獄窓裡に或いは喜び、或いは憂え  人が憂え  ように憂え  直義には憂え  道誉が真に憂え  ために多きを加えず、少なきを憂え  軽薄子の嘲りを憂え  時に容れられざるを憂え  美しい人の憂え  これをひどく憂え  必至と、憂え  一族どもは寄り寄り憂え  兵を損ずるを憂え  我々と共に憂え  少年を憂え  未来を憂え  恐れあるを憂え  贅沢とを憂え  時勢を憂え  何も深く憂え  闕乏を憂え  風にそよがせながら憂え  後になり憂え  子供のことを憂え  手鉤はぶち込まれなかったが、憂え  流れはしないかと憂え  事になりやしないだろうかを憂え  自分を憂え  態度を心から憂え  立場から時代を憂え  のを深く憂え  真剣に憂え  これを憂え  国事を憂え  旧藩主久松伯爵家にも憂え  弊あるを憂え  気風なきを憂え  見識なきを憂え  人々を憂え  日本をもう憂え  世相混沌たるを憂え  彼は憂え  

名詞

憂え[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
憂えをそこもとへお伝えなさいました  憂えばかりを抱いているので  憂えはないからと思って  憂えのないようにしよう  憂えを胸におさえつつも  憂えも無く生きられる  憂えがなくなってしまいさえすれば  憂えもし  憂えも怒りも心の戦いもやみて  

~ 憂え[名詞]1
弟は憂えばかりを  衝突の憂えは  人の来る憂えの  後顧の憂えの  職を失う憂えも  後顧の憂えが  異変の起る憂えは  成行きを憂えも  再挙を企てる憂えは  ような憂えは  

~ 憂え[名詞]2
心細い憂え  

複合名詞
憂えども力  憂え面  



前後の言葉をピックアップ
憂え  愁え  愁え  憂えよ  憂えん  憂える  売れ口  嬉し  嬉しから  


動詞をランダムでピックアップ
遅れれ督しせび図れるあたたまら張切る肥るこめ踏込む由らたべんあてはめよ持ち切っ逃げのびるうちくつろい聞き流すみかね帰り追抜いとりゃ
形容詞をランダムでピックアップ
固い度し難しすがすがしゅう気持ちいい血なまぐさかっ切なく名だかし思いがけな程遠けれみぐるしく馴れ馴れし小面憎いしかつめらしい気近しふるくさ乏しい堅くっ切なかろ輝かしく