「恐」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 恐[動詞]
秋を恐  手すりに恐  やうだぜ、恐  彼の恐  此處で恐  すべて持参だから恐  それが恐  一念も恐  玉琴答えず、恐  ゃいまするな、恐  ナニお誉めで恐  何うも恐  目障りに成って誠に恐  怨み申しますと、恐  新宅かえ、恐  とき、恐  金城鉄壁独難比、恐  余熱を燻らしていて、恐  命│大死一番絶後蘇生└死而後已┌剣道四病│  驚、恐  間に、もつと恐  様々の恐  蛇喰ふと聞けば恐  辺は恐  ロシアの恐  代りに、恐  慄然として恐  死を恐  元気で恐  びこつた、恐  焔を煽つて、恐  砂袋切つて落すと、恐  ものは恐  遂いに恐  算えられたり、ゆえに恐  権威者に会うても更に恐  通りで、恐  夜、恐  鍵を渡し、恐  ために恐  子供は恐  蛇に恐  不思議でならないほどの恐  のがいいでしょう、わがこの恐  神秘、恐  後々までも恐  直面して恐  ようも知れない、可恐  ことも恐  女の子は恐  ようで恐  お気に障りましては恐  片山は、恐  つて、恐  さがって、恐  それ等の恐  あたりを払って、恐  ように泣き出しながら恐ず恐  花を持って、恐  何を恐  内幕に入って見ると恐  工夫の恐  車賃を、恐  犬が恐  如何に恐  意識しなかつた、恐  中にわれながら恐  此にあるかと恐  奴がまた恐  黙りで、恐  山伏も恐  からなお恐  顎十郎はまた、アッと恐  それで恐  藤波は見るより恐  クレエルは恐  私が恐  此の恐  流れを恐  暗黒を恐  四方に受け、恐  熟練は恐  給へ、恐  音を恐  画室へ入って参りますと恐  私は恐  幾度か恐  確かに恐  雷龍といいまた恐  砂礫に埋もれて恐  世間を恐  推着けられて、可恐  すべてから来る、恐  こと実に恐  のに恐  思つて愈々恐  はつて恐  世辞屋さんとは恐  西洋人の力を恐  人を恐  嫌な、恐  時が、最も情なく、恐  すつかり恐  死骸を、恐  八は恐  のは、恐  晩まで、恐  一刻半、恐  お前にも恐  大義名分に恐  種々の恐  私は猶々怖く恐  其れが恐  友人に恐  まことに恐  のは恐  女は恐  香の物は恐  エラクなり過ぎて恐  顔付の恐  私はあんまり恐  青年は恐  日本人は恐  のを恐  警察は恐  大阪市内だと知って、恐  親が、恐  ただごとではないと恐  俄に恐  身に恐  位まで恐  暴政ヲ行ハントスル者ノ恐  方に恐  碾臼で恐  壁をどんと叩き、恐  彼が恐  父にとってあんなに恐  そこではいろいろの恐  ダーネー君は恐  場所については恐  風をして恐  それは恐  私にとっては恐  新田先生は、恐  一つの恐  今地球に迫りつつある、恐  数字までが恐  千二君に恐  気味わるく、そうして、また恐  ような、恐  ものが恐  そこには、恐  興味のつきない、恐  彼は恐  了り、恐  改造までの恐  コレラを恐  のが恐  表情をしてゐるが、恐  これを恐  苦痛にあらずやと恐  悽気、恐  国造姓名恐み恐  裸体になるは恐  何うぞ、恐  二字を恐  胆力、どうも誠に恐  おからかひは恐  事で恐  それは誠に恐  舟は恐  餞別は申すも恐  存念でござった、誠に恐  人間が恐  身辺にあるが恐  気晴しは出来ませんで、誠に恐  何も恐  ことを申しては恐  ことで、実に恐  ものか、誠に恐  ことを恐  めん事を恐  んでしょう、恐  ことはただうら悲しきのみ、疑も恐  眼を剥き出して恐  妙に恐  云ふならば、恐  人間の恐  それも恐  中に恐  中に、恐  声がひどく恐  月影に恐  力も、恐  時に恐  夢が恐  今度は可恐  のには、恐  言葉を返して恐  耳に逆らって、恐  ものが、恐  一家や、恐  威厳的に可恐  本尊に対して恐  怪我にして、ひたすら恐  処で恐  んですな、恐  婆は恐  岩をつかみ、恐  つては全く恐  ことと恐  口真似なんか恐  反省でありながら、然も恐  私はもう恐  ちよいと恐  そうな、恐  そうだなと、恐  追跡が恐  酌で恐  これは恐  我身ながら恐  袖は断切れ、恐  人間は一度可恐  町あるきは可恐  夜の可恐  オーバアを着て、恐  さも恐  近くに、恐  妻に対しては恐  今、恐  間に恐  海水が、恐  耳元で、恐  バルブを開いて、恐  傷だらけになりながら恐  三歩よろめきましたが、恐  憑いて、恐  弟子が恐  これも恐  些と恐  女の子も恐  方が恐  罰を恐  溢を知らず、恐  鼻、恐  のが、恐  ような可恐  芳は恐しい恐  お尋ねでは恐  都会とは、さても恐  享け得ず味わい得ざるを恐  さを恐  いつまでも杉山を恐  雑沓を恐  私達は恐  沢は恐  送還される恐  形を映すとも、恐  欠点まで見透されるかと恐  事実も恐  母親とで恐  未熟で恐  世間も恐  何ともいわれない可恐  自分ながら恐  遥に恐  血相に恐  平安朝から後久しく、恐  就ては恐  興奮して、見ていても恐  日輪が廻る、廻る、廻る、恐  ものを弄ぼうとして、恐  それはもう、恐  上をひょいとまたいで行ったという恐  急に沈ませたりする、するとどうなるだろう、大恐  ぼくたちは恐  ぼくたちは、恐  これが、恐  なかったが、恐  まり永く恐  方で恐  ところ、恐  密林のかげにはいっていれば、恐  ほんものの恐  しかし、もし恐  ぼくが近づけば、恐  うちに、恐  ときどうして恐  全速力で恐  ものだから、恐  探偵上の恐  事実ほど恐  海辺に居りながら恐  天華堂さんから鳩に就いての恐  目見合せてをり、さすがに恐  輿を恐  癖に恐  顔も恐  母樣は恐  代りに恐  のや、時としては、恐  間違へば、恐  如何とも恐  次第で、誠に恐  馬方は恐  是は恐  首捻りは恐  冗談ばかり仰しゃって、恐  気がして、恐  ひた隠しに、それほどの恐  男が恐  亭主を呼べと恐  ん極く恐  鍋は恐  バルタザアルは恐  野に放って、恐  支病と恐  奈良原を恐  わしたちを恐  あたしはもう恐  お話しばかりではなかなか覚えられません、恐  火を恐  ところで、恐  最近、恐  急に恐  そこには恐  プロペラ設計に当って恐  戦時同様な恐  女犯地獄の恐  ことかと恐  癖前に恐  二人には、ただ可恐  犬ボーイとは恐  インフレーションの、恐  世の広きに恐  最後の、恐  心は恐  家は恐  為に、恐  やうな、荒々しい、恐  髪は恐  形もない、恐  態度が恐  人だ、恐  私は悲しく、恐  私には大きな、恐  半面に恐  宗教的の恐  ように、恐  今日位警視庁が厳しく、恐  廊下で恐  船舶業が恐  足を入れると掬われる恐  動ともすると噛み付かれる恐  滝太郎は恐  思が可恐  宙に釣ったよりは恐  さ妄念が可恐  ほどが可恐  んだろう、恐  名馬夕立に対して恐  飛越そうてえ可恐  両方とも恐  立過して、そんな恐  前には恐  書は恐  候ては恐  のどには立たず恐  血統には、ああ思っても恐  父親にも恐  家に恐  時、恐  迷惑も考えず、恐  ほんとうに大師匠だと恐  処を指した、恐  ようでもあり、恐  女に掛けては恐  影法師を恐  海は恐  手術さへ出来れば、恐  さに恐  波に押されながら、恐  後は恐  玄鶴にもやはり恐  夢も恐  ものは、恐  責任の恐  筆を執って居ましても、恐  時、本当に恐  非常に恐  上、恐  遠廻しにゆわえて見たが恐  死骸に恐  故意に恐  寐起を恐  あちきも恐  のではないかと恐  今度は恐  感情はさもこそと恐  小さな顔が恐  兎に角彼奴は恐  そいつは恐  あなた、恐  それは実に恐  気が遠くなり、恐  彼等は、恐  それに恐  下の恐  女性だつたら、恐  金具を恐  まま、恐  内に恐  ものでもないと、恐  大広間で恐  やうに振乱し、恐  ムクムクと恐  ように恐  こともあろうに恐  罪が恐  詩人を恐  一切が恐  当時の恐  催眠剤を恐  何か、恐  女房は恐  翁は恐  眼鏡を恐  ため、恐  業体で恐  草いきれが恐  一斉に揺いだ、恐  何にしても恐  一ツ背中を拭こうと存じますが、恐  十三年前、恐  熊蜂が来て恐  医者は恐  状に恐  草いきれが可恐  一ツ背中を拭かうと存じますが恐  丸木だけれども可恐  もの凄くも又可恐  話を聞いて居ると、ひどく恐  蜃気楼を恐  どれ程恐  精神顛倒が恐しければ恐  山火事の恐  日光が恐  壮大、かつ恐  冬が来る、恐  日が恐  負け惜みのようにいつもよりまたいっそう恐  小勇が、恐  のだろう、恐  寄席へも、恐  顔といったらそりゃもうほんとに恐  いつになく恐  主人は次第に恐  向こうごとく、恐  私達に恐  岩が恐  凩が恐  横手から、恐  底には、恐  東からは恐  三百二十四隻の恐  噴火よりも恐  怪物フーラー博士の恐  海へ出て、恐  日本征服の恐  島を恐  そこに恐  精霊共の恐  噂かな、恐  精が出ますとおっしゃられてみると、恐  高いね、恐  前兆か、恐  前に、恐  つた脇戸までがついた、恐  堂本は恐  市造は恐  背は恐  間には恐  不器用なだけに恐  ときには恐  方を恐  てゐたので恐  云つて悪ければ、恐  了って、そして、恐  一人ぐらい、恐  灯が恐  神学があらうとは見えぬ程、恐  巴里は、恐  さゆゑに恐  割れてゐた、恐  亂暴を恐  事だけでも恐  静けさゆえに恐  舌打なぞ、恐  化が恐  鬼も恐  死びとも恐  巡査も恐  医者も恐  器具が恐  脇村先生は少しも恐  のは、等しく恐  男女が恐  獣も可恐  貴方、そんなに可恐  房は可恐  先の次第に細い、恐  半月湾国道の恐  悲劇は恐  情が、色々の恐  自分でも恐  うつかりするな、恐  怒濤が、恐  敵は少し、恐  やうな身じろぎも恐  私達には、ほんとに恐  時とすると恐  温顔に恐  ことは恐  ことの出来ぬほど恐  身の上が恐  手に握られて居た、恐  俄かに恐  若者は恐  場所かと思うと恐  大人物とは恐  非道い恐  横顔は恐  於ては、恐  野衾の居て恐  蛇責こそ恐  色変りたれば恐  はじめは恐  奴、よほど恐  鰻ども海老ども蟹どもがすばやく恐  つてものを恐  影曳きて恐  大空にむっくりと恐  ことさえ恐  はるかに恐  機関士官は、だいぶん恐  なかに絶えず恐  心配を懸けまして甚だ恐  争いは恐  貴方は恐  女を恐  私も恐  工夫がなく、殺すと云って恐  顔と来たら実に恐  魚、たとへば、恐  何としても恐  あやまります、恐  ものは弱し、恐  お孫さんは恐  音に恐  何んと恐  ようで、可恐  其一ヶ所に恐  我ながら恐  不意に恐  合点ゆかず、恐  娘には、恐  らせんが恐  申上げまして恐  時はどんなに可恐  茫然、可恐  目の鋭い、可恐  のだと恐  ことに、恐  盡きず恐  奥様、恐  君を恐  所以であらうと恐  河童、恐  経立は恐  敵を取ろうと思ったが、恐  インチキといっても恐  水は、恐  つては恐  ここに恐  絞首台も、恐  小柄で恐  これほど恐  心ひそかにそのまさに陥らんとするを恐  批評を恐  たるほど、強く恐  件にてひどく恐  酒が醒めて恐  の、恐  命くらいは取られ兼ねない、恐  下に、恐  行つたら、恐  様が恐  顫はせて、恐  わにからめとって、いっこう恐  方位を忌み、かつ恐  姿が、可恐  風で、恐  ことが、恐  時間が恐  終日殆ど口をきかず、恐  眼について恐  首は恐  何も、恐  最初の恐  手で恐  笑い能く語りますが、如何かすると恐  明治四十五年喉頭結核といふ恐  嫁さんは恐  ドリアンは恐  カワウソは恐  人通りも、恐  儀何とも恐  伜定昭事不束を致して恐  相違ないが、恐  三人とも恐  ようでいて、恐  言ふ、恐  給仕女が更に恐  ものをそんなに恐  やうに恐  御苦労にも及んでは恐  顔をしながら、恐  それをきいて、また恐  脣から出る、恐  反映して、恐  ペンは恐  仲間入りは少々恐  王さまの恐  於レ是建内宿禰大臣白、恐  尓建内宿禰白、恐  饑渇を恐  奇怪な、恐  これらの恐  今じゃ恐  ものよりも、恐  蛇が恐  何分にも大きいので、恐  歌に、恐  簑を著て、恐  人々は、にいるすくを恐  とつて、恐  失礼な、恐  顔が恐  方がいくらか恐  気が落ちついて来ると、余りにも恐  冥罰も恐  惡風であると書いてあつたので恐  大阪人には、考へるも恐  時刻に依て恐  時刻によって恐  左へ行かふとする、恐  芸にかけては恐  岸から望めば恐  気候は恐  わけもなく恐  何よりも恐  左右には恐  鼠が恐  夜道へ響けて可恐  昨日の恐  不思議にも恐  月日、恐  背中をつけて立ち並んで、恐  別に奬勵するにも及ばなければ、恐  太陽を恐  持続が、あんまり恐  美人でしたが、恐  わけだか、恐  命令に恐  物を恐  御前のおおせに、恐  何も吹飛ばされた、恐  荒浪だの、恐  夜目が恐  はいつてゐるし、恐  眼を懸けて遣はせとおつしやらあ、恐  ことが一歩々々恐  

形容詞

~ 恐[形容詞]
あに恐  ハ恐  PC恐  大変恐  ちと恐  どんなに恐  ちっとも恐  只恐  さっき恐  かるい恐  実に恐  可恐  シテ恐  えらい恐  ガ恐  ル恐  ニ恐  万物恐  すさまじい恐  誠に恐  もう恐  お姫様恐  えらく恐  ム恐  ない恐  いい恐  すごい恐  である恐  とも恐  先程恐  キニ恐  赤い恐  実際恐  なに恐  ヨリモ恐  空襲恐  別に恐  そう恐  から恐  近い恐  より恐  マグソダケ恐  そんなに恐  すこしも恐  ちょっと恐  瀧恐  

~ 恐[形容詞]
非の恐  死ぬ事の恐  近所が恐  幾匹かの恐  はじめの恐  何かの恐  彼の恐  何か恐  何という恐  樣の恐  ものの恐  時の恐  一時の恐  作り物の恐  出来具合の恐  物の恐  一頭の恐  本物の恐  龍号の恐  ぼくらの作り物の恐  あとは恐  山男の恐  群衆は恐  クリストフは恐  父の恐  からの恐  張子の恐  一つ目の恐  ほんとうに其晩ほど恐  幾十倍の恐  役一統の恐  逐船の恐  セックスに対する恐  危険の恐  出水の恐  風邪が恐  途中雪なだれの恐  先生としての恐  二頭の恐  初めは恐  野衾の恐  みないまの恐  晩霜の恐  雪子夫人の恐  實感が恐  

[形容詞]
恐わ手  恐しげ  恐ロ  恐ルベ  恐迫  恐と苦しみ  恐しき  恐が充分  恐シイ  恐と望  恐気  恐ラクハ  恐龍  恐かア  恐入  恐さ  恐ル  恐曹病  恐ロシク  恐クハ  恐アル  恐ルベキ  恐入り  恐があるから  恐がありそう  恐竦  恐わい  恐ラク  恐レテ  恐惧  恐龍島  恐はい  恐露  恐を有  恐づ  恐レタ  恐そう  恐しいばけもの  恐しか  恐があるからと君  恐がっちゃ  恐敬  恐悚  恐愕  恐は/″\  恐らく次  恐が潜んでいるという意味  恐もの  恐嘆  恐あるから  恐なか  恐犬  恐もありとするもの  



前後の言葉をピックアップ
コロール  こわ  怖が    請わ  こわ  乞わ    恐が  コワイ


動詞をランダムでピックアップ
差置ききりたっ行渡っすべらす行けんすりあげひっくるめる煮え打ち据えよ頼め鳴りわた疎ま放り込ん先立ち学べ儲かろぬぎすてる寫せる遭うきりぬけよ
形容詞をランダムでピックアップ
ほほえましく苦々しかっ少けれこちた気強いくちやかましい気づよいさみしく歯痒い長たらしかっあかるい冷っこい土臭く心づよく狭苦しきけうとき眩しかっ得難い愛くるしくあざとい