「川崎」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

川崎[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
川崎の大師へ参詣して  川崎の万年屋の鶴と亀との米饅頭くらい取寄せて置いても  川崎まで船をお仕立てなさいますと  川崎の渡し場まで入ら  川崎の本街道へお出ましになれば  川崎まで溯る  川崎の渡場まで参りましょう  川崎が目当て場になります  川崎の本藤へ泊るからとの  川崎まで道連になると申しますから  川崎の藤屋まで参ります  川崎の本藤で侍に切られる  川崎の田舎の方から植木屋が探して来てくれて  川崎の鉱山調査研究所に雇員のあきがあるから  川崎まで通うとすると  川崎の鉱山研究所へお通いになるにしても  川崎の鉱山調査研究所の雇員にしてくれた  川崎に移って  川崎は身体を空でゆすりながら  川崎を見ながら  川崎をすぎると  川崎で起った  川崎の厄除大師に参詣した  川崎の宿で駕籠をかえて  川崎を出て  川崎の厄除大師へ参詣すると云って  川崎まいりに出た  川崎の大師河原へ日がえりで参詣にゆく  川崎へ行く  川崎の大師河原まで五里半とかいうので  川崎御参詣があった  川崎は厄除大師と云われる  川崎の宿まで引っ返して  川崎の新田屋で午飯を食って  川崎で逢いました  川崎の初大師へ参詣に行って  川崎まで走りかけたが  川崎の方へ行商に往くと云って  川崎の方へは往かずに  川崎とすれば  川崎と一日も欠かさず  川崎の大師で食べた  川崎在平間村の一屋に入った  川崎から省線で帰る  川崎の宿まで出て  川崎でお豊に逢った  川崎の大師さまへ御参詣をいたしまして  川崎を出発て来たから  川崎を立って  川崎の町に振らつき  川崎の宿へはいりかけた  川崎の町あかりの中から見おぼえのある  川崎で製作され  川崎の宿まで来た  川崎より汽車を下り  

~ 川崎[名詞]1
家族と川崎の  船で川崎まで  船で川崎の  佃と川崎が  今夜は川崎の  後から附いて来て川崎まで  届け申しましょうと川崎の  三年跡に川崎の  荻窪から川崎まで  いま勤めていられる川崎の  別の川崎に  彼等は川崎の  品川から川崎  二十一日は川崎の  鋳掛屋庄五郎が川崎の  主人が川崎  きょうは川崎の  一緒に川崎へ  江戸から川崎の  十一代将軍の川崎  わたし達が川崎の  きのう思いがけなく川崎で  厄年で川崎の  品川を駆け抜け川崎まで  彼は川崎の  矢島も川崎も  おれは川崎の  準備しておかれた川崎  むかしも川崎の  最初は川崎の  久助が川崎で  豊が川崎の  晩くなって川崎を  今日晩く川崎を  その間を川崎の  大正十二年に川崎で  氣に川崎に  それが川崎の  睦気に川崎に  

~ 川崎[名詞]2
これから川崎  まず川崎  いっそ川崎  すぐ川崎  

複合名詞
川崎沖横浜近く  川崎小僧  川崎様  川崎さん  川崎辺  川崎氏  七段川崎備寛  川崎市麻生区  川崎銀行裏  川崎屋  川崎又右衛門  川崎了斎  いま川崎銀行  川崎道  川崎泊り  ょっくり川崎  夜川崎  川崎弘子  川崎造船所  川崎船  川崎一艘  一号川崎船  36号川崎船  六号川崎船  三十六号川崎船  二号川崎  五川崎  川崎銀行  川崎ホテル  川崎停車場  川崎駅  川崎律子  川崎屋権十郎  川崎鑰之助  川崎千虎先生  川崎先生  川崎伊三郎  川崎純一郎氏  川崎あたり  川崎長門  亀谷行蔵氏川崎魯輔氏  川崎横浜方面  川崎家  川崎家舊藏  川崎千虎  義母川崎  京都川崎村  時川崎村年寄治右衛門  川崎方面  先年東海道川崎駅  川崎マ  川崎造船  民政党川崎幹事長  川崎工場  川崎行  川崎屋座談  神奈川県川崎  京浜国道川崎市  川崎署  川崎署員たち  神戸川崎造船所  武蔵野市吉祥寺二四〇六川崎方  川崎音頭  川崎欣七郎  川崎村  午後川崎  川崎村百三十八軒  川崎村三百六十四戸  大字川崎  乍ら川崎  川崎庸之氏  



前後の言葉をピックアップ
かわさ  交さ  交わさ  川先  河崎  川崎大師  川在  皮算用  躱し  買わし


動詞をランダムでピックアップ
乱さたてこまめあわしわける織りこん書き送拐わ角張りためこまそびえ立っ忘れ去る繰りかえさにじり届けろ見限り向う泣き伏さ堕ちる学ん
形容詞をランダムでピックアップ
空しけれ福々しく物寂しいちょろう物淋しかっさみしかろあぶなっかしく美しい腹立たしい怨めしいわろしていたから厚しぬるかれしんきくさ重おもしかっ見好く吝しふかく