「嘆き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 嘆き[動詞]
上に嘆き  あるかのように嘆き  ことなどを嘆き  驚き病気が進んだといっては嘆き  ユーザーは嘆き  二人心に嘆き  半生を嘆き  乖離を嘆き  世相を嘆き  横死を嘆き  徒らなるを嘆き  無益に嘆き  人々に嘆き  死を聞いて、大いに嘆き  自らを嘆き  彎曲るいたづらに嘆き  孔明は嘆き  式微を嘆き  孔明が来て、嘆き  玄徳はさらに嘆き  天女ここに嘆き  のか、嘆き  下男たちが嘆き  怒り、嘆き  ものを未だ見えずとして、謙り、嘆き  身を嘆き  のだと嘆き  中で嘆き  吾不運を嘆き  おばさんや、あれあんなに嘆き  われにはなにかせんとぞ嘆き  ように嘆き  今日だと嘆き  朝に嘆き  労働階級が嘆き  らに嘆き  ぢと嘆き  中にもあらぬをと嘆き  今は嘆き  私は嘆き  ことを嘆き  さを嘆き  境遇を嘆き  のではないかと嘆き  こころを嘆き  智を嘆き  一月も経たずに嘆き  のを、恥ぢ、恐れ、嘆き  いつ迄もいつ迄も悲しみ、嘆き  驚きかつ嘆き  のを嘆き  今更に嘆き  いにしへの恋しきをさへ嘆き  食意地だけは断たれず、嘆き  母親が嘆き  思を嘆き  声で嘆き  彼はとうとう嘆き  放蕩息子を嘆き  墮ちて嘆き  愧じ嘆き  衰微を嘆き  ことになってしまったと嘆き  いたずらに嘆き  非常に嘆き  賢者の嘆き  母は嘆き  ゆるびは嘆き  膝に嘆き  慰めとたのんでいたのに、と恨み嘆き  軛に嘆き  破壊を心から嘆き  手を揉み絞って嘆き  夕日にそむき只泣かれけると嘆き  百姓は嘆き  

名詞

嘆き[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
嘆きに沈みゆく  嘆きを見たり  嘆きをうたふ  嘆きに幾分の慰藉はある  嘆きの寄り合ひ  嘆きの歌をひいて  嘆きの身柄を持ち  嘆きとの種になっている  嘆きに苦しみはすれ  嘆きは致しますまいに  嘆き悲しむに当たらない  嘆きを見せる  嘆きをつぶやく  嘆きはどんなだつたでせうか  嘆きとたたかいを伝えてきましたが  嘆きに就ては得る  嘆きとかいった  嘆きの歴史でもある  嘆きを漏らさせる  嘆きが身に食い入って  嘆きと善良さに心身を徹して行かなければいられない  嘆きや悲しみさえも小唄にして  嘆きも物の数とはせざりけり  嘆き思ひ候ひ  嘆きの底に突き落して顧みぬほど  嘆きをあげた  嘆きを見せねばならぬ  嘆きになろうとも  嘆きの唱を歌いつつ稼いでいる  嘆き悲しむのみで如何ともする  嘆きはここから実は一種のインテリ宣言の意味をさえ持つ  嘆きを捨てるに  嘆きを見る  嘆きもなく再び見る  嘆きを思いやり  嘆きがあり  嘆きはその爲す可き事を遂げ得なかつた  嘆きの息がはきかけられずにはいない  嘆きを憐れみ  嘆きがある  嘆きをかきたて  嘆き悲しみつつ軈ては其にも馴れて  嘆きの声も耳にきき  嘆きに沈む  嘆きもしない  嘆き悲しむ有様といったら  嘆き遊ばすもそれはお無理と申す  嘆き遊ばすも医者に薬はあらざらむお色黒くば鴨川の水にしばらく召し  嘆きもしました  嘆きの一通りならぬを見ては  嘆きがつきまとっているだけだ  嘆きを深くさせるのみだつた  嘆きを聞いてゐる  嘆きを聞いている  嘆きといふものが味はへる  嘆きや腹立ちになるべき  嘆きと愚痴に終ってしまっているにしろ  嘆きを真面目に答えた  嘆きを形の振りごとにして示して  嘆きの橋と呼んでいる  嘆き悲しんでゐる  嘆きをもつ  嘆きが共通に流れている  嘆きありせめては代筆せよと仰せられ  嘆きに嘆いた  嘆きを感じ出した  嘆きにぬれた  嘆きがつのった  嘆きは私の身をそぐばかりでなく  嘆きに堪えて  嘆きをふと洩らした  嘆きも聞えぬかと思われる  嘆きについて行けず  嘆きを懸け  嘆きを揶揄した  嘆き或いは憤る  嘆きから諦めへ  嘆きに堪えないでか  嘆きに引き入れられて  嘆きに娘の新しい思想を一がいにくらましてはならないとも感じられる  嘆きが荒く飛んで  嘆きの声は枯れ  嘆きを見ると  嘆きの音が出る  嘆きをくりかえして  嘆きに取りつめて  嘆き悲しんでいる  嘆きがなくなる  嘆きが凝  嘆きと恐怖のこもった  嘆きをもって話しあっていた  嘆きの溜息が四方の壁から聞えている  嘆きの声が聞えて来ても  嘆きに明かし暮らした  嘆き悲しみたくなった  嘆きとなり  嘆きを家の者にかけなければならなかった  嘆きに沈んで  嘆きになって  嘆き悲しむかのようにつぶやいた  嘆きの募った  嘆きかわしている  嘆きをまのあたり見聞きいたしまして  嘆きを救おう  嘆きが年毎に繰返されている  嘆きと浮れと決意のメロデーが運動筋を不思議に飜弄する  嘆き遊ばされて  嘆きがあろう  嘆きがあらう  嘆きと憧れが  嘆きになり  嘆きと怒りが二人の腹の中に夜昼渦巻く  嘆きの言葉を絶たなかった  嘆きに満ちて  嘆きの歌であらうと  嘆きの手紙を貰ひ  嘆きの天使ができあがっている  嘆きといって  嘆きは此處にある  嘆きの一節を泣き濡れた  嘆きをさまよひあるく  嘆きをうつしてゐる  嘆きの根を地におろしてゐる  嘆きの聲の聞えぬにや  嘆きの言葉をいわせているが  嘆きのみを聞いてゐる  嘆きを覚えた  嘆きを感じてゐた  嘆き沈んで身も世もあらぬ  嘆きと願い  嘆きがあつたかと思ふと信ぜられぬ  嘆きのあまり腰をぬかしてしまった  嘆きになるよりも  嘆きをこめてゐる  嘆きにみちた苛立ちに応える  嘆きを与えてはならない  嘆きを知る  嘆きを意識せずにゐられなかつた  嘆きがかもしだす  嘆きもなくなるだらう  嘆きがひらいた  嘆きに源を発した  嘆きの中にある  嘆きに追はれて  嘆きを与えずにゐなかつた  嘆きの歌が思い出され  嘆きと念願が平一郎に聞える  嘆きを感じる  嘆きに溺れてしまうには  嘆きに心まで暗で仕舞い  嘆きとで見入った  嘆きを洩した  嘆きは段々と凝集して  嘆きと憤りとを語るばかりだろうか  嘆きを持った  嘆きのためにだけ生きよ  嘆きのためにだけ生きよ  嘆きのせゐだ  嘆きがまざまざと残つてゐる  嘆きのやうなものが僕を抱き締める  嘆きと僕たちの嘆きがひびき  嘆きのために生きよ  嘆きを生きる  嘆きにつらぬかれてゐた  嘆きのなかに僕たちがゐたといふ  嘆きのなかにつらぬかれて生き残つてゐる  嘆きは無数の嘆きと結びつく  嘆きは一つの嘆きと鳴りひびく  嘆きは僕と結びつく  嘆きは鳴りひびく  嘆きは嘆きに鳴りひびく  嘆きは透明になつてゐる  嘆きに堪へよ  嘆きがまざまざと残っている  嘆きのようなものが僕を抱き締める  嘆きと僕たちの嘆きがひびきあうからだろうか  嘆きにつらぬかれていた  嘆きのなかに僕たちがいたという  嘆きのなかにつらぬかれて生き残っている  嘆きは透明になっている  嘆きに堪えよ  嘆きをいふ  嘆きの沼の主ではありますが  嘆きがこみあげて来て  嘆き悲しんでゐた  嘆きは知つてゐる  嘆きの感情だけは健やかにとり戻してゐた  嘆きの感情を取り戻したと見えるが  嘆きとも笑ひともつかぬ  嘆きは涙に明けて  嘆きには一も二も無く共鳴したい  嘆きはいやさらにとき  嘆きもぞする  嘆きもした  嘆きも思わぬか  嘆きも深かった事と存じます  嘆きがめらめら燃え出したよ  嘆きの止む  嘆きに走る  嘆きと少しも変らぬ  嘆きを思わずにいられなかった  

~ 嘆き[名詞]1
かくも嘆きに  年寄りの嘆きと  千重の嘆きに  痛切な嘆きについて  最大の嘆きは  侮蔑と嘆きとの  悲痛な嘆きに  別に嘆き  妻子たちに嘆きを  自分の嘆きを  艶子の嘆きは  欠陥に対する嘆きと  罪や嘆きに  罪とか嘆きとか  あとの嘆き  ハワイの嘆きの  憧憬に似た嘆きを  美と嘆きと  両親の嘆きも  夫が嘆き  劇しい嘆きを  千浪に嘆きを  ロシアの嘆きの  それを見て嘆き  さのみ嘆き  インテリの嘆きは  自らの嘆きを  手を失ふ嘆きを  そこに嘆きも  さと嘆きを  年を取りすぎた嘆きが  空過した嘆きも  ミケランジエロの嘆きは  不断の嘆きで  中へ突っ込みながら嘆き  後の嘆きとが  解つて居ればこそ嘆きが  谷村の嘆きを  海の嘆きの  それを嘆きも  彼等の嘆き  ときの嘆きは  底に潜んだ嘆きの  母の嘆きの  悲しみと嘆きが  友の嘆きを  吾の嘆き  時代の嘆きといふ  専門的文芸評論家の嘆きや  妙な嘆き  文章が嘆きと  タヌの嘆きも  私の嘆きを  ものの嘆きに  これが嘆きの  研究を始めなければならないという嘆きに  涙を流して嘆き  失なった嘆きが  知識人の嘆きが  朝霞をつかまえては嘆きに  落寞とした嘆きを  天女は嘆き  ひとの嘆きに  子供ごころの嘆きが  あなたの嘆き  あなたの嘆きを  あなたの嘆きは  忍び得ぬ嘆きに  欲情になやまされているらしい嘆きを  母の嘆きも  母の嘆きについて  妻には嘆きを  夫婦の嘆きを  未亡人イリデの嘆きに  自分等の嘆きに  古人の嘆きの  自棄の嘆きが  火宅じゃとの嘆き  くたくたの嘆きの  愚に返った嘆きを  あまりの嘆きに  人の嘆きが  悶々の嘆きが  私の嘆きは  無限の嘆きと  不思議そうな嘆きを  壁から嘆きの  恋と嘆きに  永久の嘆き  非常な嘆きに  病を嘆き  子たちの嘆きを  きょうだいの嘆きを  げな嘆きの  有色人種特有の嘆きと  不思議や嘆きが  すべての嘆きと  ような嘆きに  ロールッヒ先生の嘆きの  一種の嘆きの  荒削りの嘆きの  黄昏の嘆きと  慚な嘆きは  自由思想家の嘆きと  究極の嘆きは  永遠の嘆きを  闇い嘆きの  嵐に埋れて嘆きの  久の嘆きの  やうな嘆きを  真面目な嘆き  日の嘆きは  存在の嘆き  過去の嘆きとか  足音に嘆きを  坊主に嘆きが  政治に吐いた嘆きの  彼自らを憐れむ嘆きに  悲痛な嘆きを  母の嘆きに  慟哭したい嘆きが  父母に嘆きを  ぢめな嘆きを  生理の嘆きが  生理の嘆きも  生理の嘆きに  高遠な嘆きに  彼の嘆きの  冬子の嘆きと  インヂアンの嘆きの  フツカヨイの嘆きに  女房の嘆きに  驚きと嘆きとで  子供らしい嘆きを  少数民族の嘆きと  會ふ嘆き  人たちの嘆きの  お前たちの嘆き  人たちの嘆き  みなお前たちの嘆き  目なざしや嘆きが  人たちの嘆きと  #たちの嘆きが  つたのは嘆き  のは嘆き  なかに嘆きを  一つの嘆きに  僕の嘆きを  さまざまの嘆きの  救ひを求める嘆きの  一つの嘆きが  無数の嘆きが  一つの嘆きは  無数の嘆きは  嘆きは嘆きに  僕の嘆きは  たちの嘆き  無数の嘆きに  みなお前たちの嘆きの  救いを求める嘆きの  たちの嘆きの  正直な嘆きを  誰方にも劣らぬ嘆きの  状態を嘆き  一途の嘆きが  花の嘆きも  花の嘆きの  立場からする嘆き  面は嘆きとも  王の嘆きは  心からの嘆きの  痛切な嘆きには  永日の嘆きは  人を嘆きもぞ  姉妹の嘆きも  エルの嘆き  民の嘆きの  ウエルテルの嘆きと  彼は嘆き  被害者の嘆きを  喜びもし嘆きも  

~ 嘆き[名詞]2
白い嘆き  わが嘆き  あの嘆き  ない嘆き  深く嘆き  こんな嘆き  小さな嘆き  深い嘆き  今さら嘆き  難き嘆き  なんと嘆き  浅ましい嘆き  なんで嘆き  ある嘆き  この嘆き  深き嘆き  古い嘆き  その嘆き  そういう嘆き  そんな嘆き  同じ嘆き  さだめし嘆き  つい嘆き  いたく嘆き  かかる嘆き  やがて嘆き  冷たい嘆き  たまらない嘆き  いかなる嘆き  美しい嘆き  美しき嘆き  まだ嘆き  ひたすら嘆き  いつの間にか嘆き  

複合名詞
ひとり嘆き  後編嘆き  嘆きよう  嘆き苦しみ  嘆き方  嘆き訴え  嘆き妹  嘆き疾駆  嘆きわれ  日本武嘆き給  嘆き悲しみ  みな嘆き  嘆き悲  嘆き叫び  嘆き成さった  待ち震え嘆き  嘆き声  嘆き共  嘆き合ふよ  すべて嘆き  嘆きかなた  つた嘆き  一四七嘆き  



前後の言葉をピックアップ
投げ掛けろ  嘆かわしい  なげかわしい  嘆かわしき  なげかわしき  嘆き  なげき  嘆く  なげく  投首


動詞をランダムでピックアップ
愛でのもやとい通んいのっ棹させはらばうけたおし輝かす守り抜いへばりつい断切れいけれ組み合わさたたみこむまきちらせ絡みつくまちかまえ連れ込ん優っ
形容詞をランダムでピックアップ
くちすごき浅ましい心強きぼろうするどい耳新しく怖し粘り強浅かっこすかっとろ人臭怖く押し付けがましいかん高くつれない愛しゅう