「いら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いら[動詞]
稽古へいら  あなたのいら  遠慮はいら  方へいら  ことのいら  これはじつはいら  ことはいら  支払ふとしたら、いら  庭へいら  貴方梅園へいら  ところへいら  何はともあれ、ぜひはやくいら  何もいら  散歩でいら  これ以上なにもいら  本棚をととのえ終り、いら  男なんかいら  姉さんがいら  斯うしてもいら  頓着はいら  成るたけ金のいら  話があろうが、いら  見料はいら  反物はいら  此所へいら  財産もいら  気がねがいら  ことがいら  許可もいら  先生などはいら  中国などはいら  沼もいら  電車がいら  気兼ねのいら  気苦労もいら  田もいら  畑もいら  助右衛門が、いら  マストがおれていら  何にもいら  なんにもいら  学校にいら  遠足へでもいら  命もいら  両親にいら  何時頃東京へいら  気持で眺めていら  オーバーもいら  くすりなんかいら  割引もいら  茶はいら  夕方にいら  家にいら  だって家にいら  所へいら  こともいら  志願でいら  兎に角皆気がいら  薔薇が咲いていら  諏訪様がいら  マル公はいつもいら  半年もいら  ことはわすれていら  ちやんとかんづいていら  やつとまたつれていら  いつまでもこっちにいら  町にいら  それは、よくいら  正雄がいら  静かにしていら  弟を到底助からないと信じていら  生命もいら  御存じでいら  遊びにいら  貴方がそんなにしていら  みえもいら  方がいら  ものがいら  どこかへいら  一しよにいら  ぢや、ついていら  お仕事していら  考へ込んでいら  暮しをしていら  此方へいら  仮装もいら  分別もいら  知恵もいら  学問もいら  経験もいら  寄付もいら  使いはいら  名誉もいら  学位もいら  金はいら  さうですから、いら  見舞いにいら  ご存じでいら  つていらつしやいまし、休んでいら  から、一寸休んでいら  頭のいら  とこへもいら  今度京都にいら  のを感じていら  二十日ほどいら  庄原にいら  それから丸善へでもいら  いつここへいら  沢山はいら  位のいら  釣銭はいら  出入口からようはいら  よそに見てもいら  肴はべつにいら  何処へいら  一緒にいら  辻さんがいら  戯作性もいら  妹さんがいら  女がいら  着物もいら  住宅もいら  お前なんかいら  道貞殿を思ひ切つていら  うちに、もういら  わたしは買わないよ、いら  明日でも、いら  敷布なんぞいら  人がいら  お母さまがいら  ホノルルにいら  階下へいら  娘たちは余り立ちいら  方もいら  貴方がいら  あちらにいら  貴方様のいら  一寸、出ていら  信心を持つていら  矢張り信心を持つていら  大阪へいら  之は多分いら  理髪屋へいら  あなたが来ていら  千枝子さんはどうしていら  彼方へいら  榮ちやんいら  晨坊、いら  あなたが飲んでいら  榮子はいら  養生にいら  若様でいら  大学へいら  にこにこ遊んでいら  実のいら  修禅寺のいら  お嬢さんは、まだ起きていら  やすんでいら  躊躇もいら  家へいら  いやでなかつたら、いら  女でいら  物はいら  散歩でもしていら  随いていら  あら覚えていら  ぢやきつといら  夕飯はいら  鶴はいら  なにもいら  もん、いら  もの、いら  年貢のいら  さをもよおしたらしく、いら  どこにいら  近所にいら  処を聞いて持込んでいら  力のいら  火の気なんぞのいら  照子さんとこへでもいら  此頃ちつともいら  此頃どうしていら  贅沢はいら  月給はいら  川崎様がいら  調べにいら  ほうからいら  結果としていら  詮索はいら  そんならば、なぜにいら  どこへもいら  砂糖なんかいら  帯もいら  まりゆっくりかまえてもいら  心配もいら  材料費がいら  ちゃんと奥にいら  縁側にいら  燈籠を見にいら  お嬢さんがお待ちかねでございます、どうぞいら  文学におけるいら  考えになっていら  つもりでいら  お代は見てのおもどり、ハア、いら  はい、いら  世話もいら  叔父さんが其のひきだしに持つていら  心配はいら  それ故、いら  遠慮のいら  指揮はいら  恟々としておったがため、いら  ものはいら  己はいら  ア苦しいにきまっていら  遠慮もいら  夜そっといら  つて、考へていら  馬鹿にしていら  ところにいら  こちらへ来ていら  説明などはいら  脂粉のいら  ここへいら  目はいら  面会にいら  保証人もいら  絵はいら  天国にいら  側へいら  此処へいら  んにもいら  鎖はいら  仕事にいら  介添人などいら  身売りしたり、いら  現代語譯を試みられていら  たくさんはいら  目に立って、長くもいら  こととばかり聞き流してもいら  遊び行るいていてばかりもいら  耳を澄ましてもいら  ッとしてもいら  欲ばかしにかかってもいら  家にもいら  庄は落ち着いて坐ってもいら  から人間を愛していら  てゐますからね、こつちへいら  心配がいら  資材も、いら  裏口が開いていら  用捨はいら  犬を連れてもいら  守夫さん、いら  行つて訊いていら  取り計らいにていら  銭もいら  神谷さんがいら  平気でいら  御意にいら  提燈はいら  下にいら  月様はいら  伯父さまがいら  んぼは、いら  海岸にいら  小遣い銭などいら  ぢや、みていら  今日は消えていら  銭はいら  あなたを訪ねていら  自意識もいら  エ、いら  練習はいら  親分でいら  主がいら  嫁にいら  代理にいら  心配でいら  三百円もいら  ゴハンはいら  フォームなぞいら  風をしていら  何でいら  化物ではいら  手数もいら  身がいら  ちよつと、いら  お金なんかいら  ものだと諦めてもいら  自転車などで、うかうかと歩いてもいら  んぞいら  彼はいても立ってもいら  俺あ、いら  熱海へいら  字引がいら  どなたさまでいら  博士を連れ戻していら  始めから何もいら  一文もいら  釣りなんて、いら  お母さんも出ていらして、しきりに下りていら  そこへいら  はいでいら  そこへ出ていら  調べはいら  世話がいら  手間暇もいら  郎遠慮はいら  鳥が啼いていら  赤坊なんぞいら  泪をながしていら  知らないのだから、いら  街を急いでいら  張もいら  動きのいら  こっちへいら  温泉へいら  気にいるもいら  お嬢さんでもいら  ことは、いら  お気にいら  アメリカにいら  手続きはいら  汽船もいら  くつていら  意見をもつていら  金のいら  さっき横臥場へいら  足下もいら  苦労もいら  役人のいら  工夫がいら  滞在にもいら  事はいら  のだから、いら  心配のいら  世界もいら  事もいら  何をいら  家賃がいら  んだけど、いら  われわれ兵隊などもいら  鑑賞家もいら  年上でいら  南洋にでもいら  靴なんかいら  ばっかりと来ていら  きょうはいら  厭でなかつたらいら  あなたを愛していら  お酒がいら  つもりで来るならいら  何だろうといら  自由でいら  事を云っていら  馬鹿を云っていら  滅失に墜ちいら  因業を言張ってばかりもいら  何時まで頑張ってもいら  二階に竦んでばかりもいら  島はじっとしてもいら  山奥へいら  帳場に坐ってばかりもいら  三畳にもいら  傍にもいら  ですよ。洋服はもういら  なに、いら  動物園にもいら  うっかりしちゃいら  気長に構えてもいら  初七日にでもいら  奥さんはどうしていら  伯父さんもいら  お金ができれば持っていら  家へあまりいら  暦がいら  早や招いていら  山城守は、いても起ってもいら  ここにいら  覗きにいら  所へでもいら  あなた、起きていら  パパそこへ立つていら  事をまだ責めていら  ぢやいら  代はいら  絵はがきなんかいら  何が何でいら  いついつまでもああではいら  もとよりいら  太陽樣もみていら  さ何もかも神樣がごぞんじでいら  エンリョはいら  酒はいら  けつきよく、いら  人間二十人も住んでいら  都合をつけようとしていら  先生たちがいら  まくらなんかいら  石もいら  すし屋が、いら  神がいら  その他何もいら  いちど遊びにいら  新居見舞にいら  返答してもいら  戸籍のいら  ダンスホールにいら  バーへいら  戦地へいら  さを感ぜずにもいら  部屋へいら  皇后のいら  みこともちでいら  ことすら、いら  気がねのいら  以上、そうやってもいら  御飯を食べにいら  庸三はじっとしてもいら  細工はいら  博士もいら  床についてもいら  思想家でいら  思ひ出、いら  見栄のいら  コスモスにいら  土地にいたくもいら  自ら任じていら  いやがらせにいら  お金のいら  芸もいら  家庭教師になりにいら  弓子は、もういても立ってもいら  惡いから立つていらつしやい、立つていら  命ならいら  面倒のいら  あそこまでいら  仕掛はいら  己がいら  めったにいら  何時までもいら  辞儀はいら  おれまでがいら  ゆっくりくつろごうと思うて来れば、いら  さら葉子をいら  挨拶もいら  苦心はいら  口ではいら  お父さんがいら  私はいら  引でいら  一人でいら  織部さんがいら  一番にいら  木暮さんがいら  参観にいら  得もいら  いやはいら  妹さんもいら  熟と見てもいら  遠慮がいら  いきさつ、覚えていら  のを、もてあましていら  名前もいら  片っ端からいらないいら  資金のいら  法被はいら  格好ができていら  動作性萎縮に陥いら  何お仕事でいら  番号はいら  肉はいら  皮なんぞはいらない、いら  方々もいら  鶴村さんが折角来ていら  法悦にひたってもいら  七時半をさしていら  面倒もいら  全然手間賃もいら  斎はいら  四つもついていら  一方もいら  モトデいら  背広はもういら  フロックも、もういらねえ、いら  面倒がいら  傘はもういら  用意をしていら  蒼にしていら  旅館にいら  ものが、いら  から、もうすこしいら  ちょっとこちらへいら  室へいら  いい生活をなさつていら  やうに出ていら  顏つきをしていら  論争もいら  体温計はいら  アと騒いでいら  どこへいら  日曜ぐらゐ一日うちにいら  玄關まで飛び出していら  輕井澤へいら  子供がいら  彼は、もう立ってもいてもいら  東京へなんていら  東京へいら  稀にいら  母さんは、そんなにお若くていら  今朝もいら  あなたロンドンにいら  キャビンへいら  機嫌を損じていら  手間暇はいら  親だてらにいら  私等は居ても起ってもいら  一系で治めていら  主人でいら  所詮たすかる見こみはないにきまっていら  応接にいら  看護婦さん、しばらく、あつちへいら  昨夜からひと言もおつしやらず、うとうとしていら  母親なんかいら  お母さまでいら  宗蔵もいら  オバーなどはいら  むづかしい名はいら  二度はいら  乙に構えてもいら  手伝はいら  方にいら  お勝手にいら  手が、いら  写真を撮つてあげるから、いら  生命のいら  こちらから屋賃をいら  女房のいら  吹きまわしでいら  手もいら  お家にじつとしていら  万引に誘いにいら  心持が分るなら、いら  ゆっくりしにいら  積りでいら  私何にもいら  於てもいら  封じ目も切れていら  好きでいら  ちゃんと生きていら  名前だけは知っていら  やつていら  からお参りにいら  ちよつともいら  ことおわるくいら  どこがお悪くいら  先日松田さんがいら  やつぱり内ですよ。貴方がた羽田へいら  おとまりでいら  彼らはいら  当人の気にいっても、いら  二人とはいら  覺えていら  從はせようとしていら  姉君がいら  あぐらを組んでいら  ぢつと眺めていら  そばにいら  事を覚えていら  従はせようとしていら  妹君がいら  名もいら  コルシカへいら  オツリはいら  今どき礼装なんかいら  一日もいら  なかにいら  鐚一文もいら  引用していら  虫がいら  ことは知れていら  あっちこっちでずいぶん流行っていら  所をかくしていら  處にいら  旦那様ぢやいら  お子さんがいくたりもいら  顏をかくしていら  処にいら  旦那様でもいら  お代はいら  病院へいら  こはしてゐるから、もういら  から、おとなしくしていら  さつき菊池さんがいら  それじゃいら  元がいら  目をしていら  樣に似ていら  戀しくていら  多くはいら  私やいら  火炙りになろうとしていら  便所へでもいら  こないだ溝渠を見にいら  長崎にいら  休みになったら、きっとスグいら  外国にいら  郵便局へいら  來ていら  かたがいら  会社にいら  仕切りはいら  最初にいら  利益もいら  ように活きていら  心持に眠っていら  事外国にいら  前田さん悄気ていら  字はいら  算盤もいら  何、いら  ただでもいら  お金なんかちっともいら  足なんかいら  言つてんだよ、いら  ことなんかいら  久世さんなんかもいら  釣錢はいら  蔭口を利いて、いら  可愛い目をしていら  さんではいら  うち海岸へでもいら  蓮の実はいら  皆そう云っていら  定員だけはいら  ことはちっともいら  対座してもいら  何をしていら  雲助までも唄っていら  供なんかいら  顔だ、よく覚えてゐましたね、いら  アルコールもいら  カルモチンもいら  ゲルトもいら  フラウもいら  眼はいら  世間師、いら  ぼうしがいら  以前から近づきになっていたのに、いら  ことを考へていら  言つたりしていら  父樣からソフィーつて呼ばれていら  なんの、いら  雨が降らねばいら  誠お前がいら  ぱら考えていら  金なんかいら  答えはいら  土になっていら  与八さんがいら  何を、いら  解説はいら  ハタから何かと言って、いら  私もいら  上演料がいら  据ってもいら  宅へいら  先生にいら  調べがすんだら、直ぐいら  薫さん、早くいら  南方にいら  そいつはハッキリしていら  醉つてもいら  命はいら  気がねもいら  小屋へいら  我慢にもいら  山は、いら  ことが知れて、いら  安穏を願っていら  ふうでいら  用意もいら  一ばん大事にしていら  餌もいら  早や、ぜひを問うてもいら  輿などいら  祈りはいら  子供だって知っていら  山を下っていら  初手からチャンとわかっていら  六ちゃんとききにいら  晩のしたくもいら  とき着ていら  気がして、いてもたってもいら  お家にいら  権妻さんでもいら  相談にいら  運動場はいら  ヤア、いら  禁物ですし、かえりみてもいら  論はいら  あたりにいら  どちらへいら  つかさんはどんなに永く待つていら  心配していら  あなたがたのこれからいら  三ツ児でも知っていら  子供がかつぎ廻っていら  血が流れていら  一ここまで来られもすまい、来てもいら  星さまが出ていら  窓はいら  粟や、いら  勇気もいら  豚の煮込み、いら  實のいら  気はせず、つつみ隠しもいら  双六なんかもういら  親類ででもいら  一週間早くいら  一人書生さんがいら  殖林を見にいら  二人もいら  役人さんで、ときどきいら  中にいら  三人でいら  方たち遲れていら  一人出ていら  結論もいら  覚悟もりりしく乗りこんできていら  時はいら  払下げていら  唱へたりして、いら  接吻したりしていら  母親は居ても立ってもいら  あれでいら  とこへいら  返事なんかいら  煩悶していら  ゆつくりしていら  旦那が呼んでいら  あなた、借りていら  自分ではいら  あなたひとりでいら  いつまで何処に隠れてもいら  ここにこんなにしていら  厄介者で、いら  詮議はいら  いつまでも納涼んでもいら  七は笑ってばかりもいら  平気で寝てもいら  屈託してもいら  ものを、いら  丑満と決まっていら  早わざもいら  理窟はいら  往来に立ってもいら  以上は、笑ってもいら  ためにいら  首はいら  詮議をしてもいら  恃んでもいら  あとを追い廻してばかりもいら  三甚ばかりを笑ってもいら  わしは、もういら  瓦を並べていら  飯もいら  物事を心得ていら  柳生様がいら  それ以上はいら  候こと、いら  いつまでしぶってもいら  相手にしていら  川面へほんのり白く、すいすいと出て咲いていら  車はいら  伴れていら  ブドリはもういても立ってもいら  罅がいら  から金はいら  余計な、いら  病気にでもなると、いら  福なんかいら  他府県人のいら  別に理論などはいら  文句はいら  金が、いら  ちょうにいら  勦絶しようといういら  代り利子はいら  お客さんがいら  所をいら  寺へいら  処へついていら  着物を着ていら  ことを好く知ってでもいら  手前どもへいら  持主でいら  お方がいら  挨拶にいら  ちゃんと識っていら  ほうにいら  こちらへいら  診察にいら  診察しにいら  洗面所へいら  洗いにいら  北口をまっすぐにいら  哲学なんかいら  十一時までいら  財宝もいら  から、いら  迎へにいら  十分はいら  明日籾山先生がいら  あなたどこにいら  方をごぞんじでいら  火をもつて来たり、いら  なにを見ていら  言葉を楽しんでいら  のか、いら  知識はたいしていら  京野等志さんでいら  おかずで、すましていら  修業ができていら  晩酌もいら  ほかにいら  いつか療養所へいら  ようにしていら  説明はいら  生意気を言っていら  手に養われていら  かいのいら  私は居ても立ってもいら  晩まで遊んでいら  山本様へいら  なつていら  のは解り切っていら  心配なすっていら  此奴もどうかしていら  借金にいら  ッこぬきにいら  説明がいら  気をいら  方からいら  とおり哲学を並べて笑ってもいら  あなたもいら  店へいら  方でいら  宅にいら  後悔もいら  エサはいら  好評にもいら  縁側に置いていら  ことをしていら  折角ですからしていら  みなさん、いら  あなたはずつと起きていら  毛布はいら  身につけていら  奥さんじやいら  どちらでいら  無事でいら  ちよつといら  皆さまお変りもいら  お話しにいら  元気でいら  そばへいら  いつでもいら  向こう側でいら  からつて持つていら  在宅でいら  氣にいら  一打ち手間暇はいら  用心はいら  符牒がいら  邊にいら  干渉するなんて、ほんとにいら  学費ももういら  宗教家もいら  活動にいら  幸福などはいら  田地などいら  物なんていら  から手間ヒマはいら  者が、いら  トモカクこうして永らえてもいら  宰相中将は落ち着いてもいら  ことをほとんど考えてもいら  衣類なんぞは沢山いら  竜宮へいら  皇子の立つていら  香を愛してもいら  幸福でいら  病気でいら  和声もいら  人間の骨折りはいら  鶴石さんはいら  この世にいら  かつ子さんここへいら  福島辺でいら  やうでいら  若旦那様ででもいら  世でいら  養子様なんでいら  方が、いら  殿様でいら  泳ぎにいら  から聞きにいら  これくらいいら  耳さえいら  御坂峠にいら  僕はいら  刀なんていら  状態に陥いら  あの世にいら  内地にいら  食焔会へいら  何百人でいら  全然勇気がいら  気兼ねなんかいら  外聞もいら  これが泣かずにいら  物は、いら  証拠を消してもいら  刀もいら  ことを見ていら  前にいら  往つたり来たりしていら  あなたがいら  渥美登さんでいら  眼にいら  食堂へいら  布っこも、いら  半平は泣いてばかりもいら  術はいら  菓子もいら  なかにもいら  気兼遠慮もいら  燈火管制もいら  お便りを待つていら  輕井澤にいら  遊びに出ていら  しろしめしていら  上海へ出ていら  飮んでいら  ネクタイをしていら  村へいら  都にいら  貴女のいら  言葉はもういら  一所懸命でいら  眼が覚めていら  眼敏くていら  保科さん、さきほどいら  雨にふりこめられると、いら  毎日なにをしていら  何處でもいら  八幡へいら  處へいら  新京へいら  製鐵所へいら  部屋にいら  から一寸いら  津田さんでいら  はさよくしていら  あちらへいら  ア、そりゃ、決していら  もさぞ案じていら  身分は論ぜぬと申しながら、いら  ことと思うてもいら  そのままに見ていら  我が物顔に押し廻していら  毎日退屈そうに送っていら  音に聞き惚れていら  物を見ていら  手をかけて寄らば討とうと睨みつめていら  中に担うていら  三時頃、よかつたら、いら  予期していら  アリシア区にいら  処へいら  美夜ちゃんがいら  蓋などいら  家もいら  今どこにいら  お父さんしばらくいら  上諏訪へいら  皆さんお揃いでいら  世話はいら  せい様にいら  妹などはいら  せい様がいら  隠し立てもいら  金なぞいら  敷ものはいらん、いら  関内のいら  限度につきあたりはしないかといら  變沈んでいら  梢をひいら  僕にはどうせいら  感じかたをいら  ガソリンのいら  ボードもいら  ものは、かえってむこうではいら  これが見ていら  母もいら  妹もいら  妻子もいら  奥さんがいら  仕事をしていら  吉村さまでいら  日光見物にいら  二階へいら  丸善へ勤めていら  さうだけれど、どうしていら  酒あ、いら  何處にいら  から見にいら  凄味などはいら  何か考へていら  手数はいら  田地を買うて呉れたって、いら  なんぼ田を買うたっていら  うろつきながらもいら  墓にいら  手紙もいら  ランタンもいら  行李がいら  その他のいら  うちへいら  火鉢もいら  隅に、べいら  つけでいら  咽喉首を締めつけていら  師匠のいら  年紀ですよ。まあ、お早くいら  お参りにいら  例はいら  母親がいら  話下手がいら  事を知らせにいら  モウいても立ってもいら  心霊的技巧がいら  のでしたが、いら  空呆けていら  新潟へいら  上へいら  心を休めていら  まねごともいら  ことも、いら  言葉もいら  姿勢もいら  気兼のいら  責任のいら  時間もいら  入れもいら  ところで、要するにいら  悲観もいら  穿鑿はいら  床についていら  わきにいら  ものを持つていら  顏をしていら  妹なんていら  僕だって覚えていら  ドストエフスキイが泣いていら  中で泣いていら  デッキにいら  月謝がいら  きりでいら  気持でいら  それでいら  小母さんがいら  そちらにいら  お召しでいら  仏蘭西へ一度いら  東京へいらつしやる、いら  嘘をついていら  部下はいら  なかをあるいていら  へん心配していら  気を揉んでいら  あしたから見ていら  一人で撮りにいら  あなた、いら  留雄さん、いら  若旦那がいら  何か書いていら  素気なくいら  刑務所へいら  者にいら  見張りはいら  女優のいら  今更の如くいら  気兼ねもいら  滑稽で、一応笑わざるを得ませんが、同時に、いきなり、突き放されずにもいら  小土佐を聞きにいら  歌手なんか、いら  会場へいら  若年寄でも、いら  ヤマはいら  飯沼さんでいら  そこがいら  何かいら  文学家よりもいら  芸術家よりもいら  といつても、いら  手数が掛り、全くいら  玉蜀黍等はいら  二人きりでいら  歩もいら  志摩さんもいら  お召換えにいら  一人もいら  ことなどいら  金剛石を取りにいら  繪をよく憶えていら  人力車でいら  可哀そうだから、いら  気持ちでいら  墓もいら  ものァいら  ツァラツストラがのこのこ出て来ていら  家賃などもいら  針はいら  釣瓶なんどを用いていら  他意あって使っていら  ッ尻と来ていら  靴下はいら  お父さんもいら  世もいら  神もいら  専門家は沢山いら  浪に濡れ、いら  うしていら  持参ぢやいら  ご覧にいら  博多へいら  千羽はいら  半分もいら  必要でしたら、また取りにいら  別に支度もいら  二足なんていら  コートへいら  神樣はいら  今田さんつていふ方がいら  宅でいら  只今、いら  別に客間はいら  吹竹はいら  村尾さんの勤めていら  如く枕して、寝ていら  涙をふるってまるでいら  楽屋へいら  フロレンスへいら  シシリイへいら  ここへ連れていら  持ちでいら  あなたの出ていら  中途退学でいら  なにしろ事業家でいら  香港にいら  ところへなんぞいら  幾島さんそこにいら  土地を見にいら  衣装もいら  贅沢にも陥いら  あそこにいら  證據物なんざあ何もいら  者だと云ってもいら  スミス式雇入いら  みんなでいら  どちらへ、いら  勤務あそばされていら  東京にいら  お嬢様が見ていら  富もいら  ぼつていら  矢代さんが来ていら  物をつかんでいら  お先にいら  ですよ。早くいら  此処にいら  宏さん、いら  光代さん、こつちへいら  鎌倉にいら  姉さんもまだいら  私は、いら  疎開先へいら  手間暇のいら  先へいら  先生がいら  酒なんかいら  つて出ていら  猫がいら  凝視していら  家ぢや、いら  でたらめにきまっていら  灯はいら  身を殺してさえ喜んでいら  どこへでもいら  思いをさせにいら  代金のいら  明日打ち合わせにいら  山にもいら  おれはいら  のですか、といら  子はいら  洋服がいら  此方を見ていら  お待ちかねでいら  方はいら  企らんでいら  顔を反けていら  ゆつくりと待つていら  旦那さまが外して持つていら  つて倒れていら  相手でもしていら  気がねはいら  力はいら  商売をしていら  蘭は立っても居てもいら  愛情もいら  世の中もいら  時分にいら  つたつて地上へ降りていら  あたしを愛してなどいら  ために、いら  心配しずにもいら  頃此方にいら  東片町にいら  解釈が付いていら  思召していら  奥さんがもういら  たちでいら  別口が控えていら  豫定でいら  御殿へいら  夜番なんかいら  ナニ何もいら  許可はいら  お客はいら  書類なんかいら  小使なんかいら  毛布などはいら  今はいら  椅子もいら  そう悔んで嘆いてばかりもいら  ものもいら  にぎやかですわ、いら  蛍はいら  端金は、いら  神様のいら  云つて降りていら  あたしゃ、いら  急にいら  ドッチもいら  お互いに、いら  私のいら  綾衣はいら  何つちもいら  旦那さまでいら  師匠さまぢやいら  ちやまでいら  それはまあ、お困りでいら  先月十三日にいら  盛岡へいら  ヒマもいら  生理休暇のいら  君も、どつかへいら  小さな毛布はもういら  破れ靴はもういら  身体はもういら  あれでいい加減へこたれていら  ものだから、あんなにはっきり見えていら  中をせかれていら  羅馬にいら  お前がいら  お前はいら  退屈をしていら  ほかは、いら  亜鉛のいら  福はいら  ひでえことになっていら  一は、いらないいら  ふちから此方を眺めていら  あたしについていら  そこは冷えるでせう、こつちへいら  金など、いらん、いら  だって、いら  万年筆一本ぐらい、いるとかいら  お母さんがいら  僕、いら  八寸に出来ていら  タラフクたべている、いら  灯火はいら  者はいら  日除のいら  日除もいら  何を考へていら  気丈夫でいら  ゆつくり考へていら  独りでいら  糸瓜もいら  手管はいら  剣法はいら  わしはいら  閑人でいら  いくつでいら  笑はせていら  傘を持つていら  雪下ろしのいら  道具立てはいら  一目に見渡していら  別に証拠はいら  女もいら  涙をこぼしていら  心配はもういら  ひとりでいら  の一銭もいら  益健康にいら  私にはもういら  とき何時もいら  から、早くいら  なにをしにいら  稽古もいら  お前に会う迄は居ても立ってもいら  丁寧にしていら  家へ時々いら  知ツていら  お嬢様がいら  はちよつともいら  相談がなかつたらいら  ツ母さんがいら  母アさんにいら  ツ母アさんのいら  遠慮していら  妹さんのいら  喧嘩ばかししていら  嫁さんを探していら  処へいらつしやいますのハアいら  から話していら  君子さんが居るからいら  莫迦にしていら  こんど井上さんがいら  嫁はいら  嫁がいら  身分ではいら  遊していら  眼が少し赤く爛れていら  土産話を待ちこがれていら  笑みをたたへていら  美貌でいら  んとしていら  仲間がいら  のを努めて避けていら  お気にとめていら  婦女子にたはむれていら  はつていら  方ばかりしていら  生れ変りでいら  何も考へていら  慕ひしていら  白痴だなどと申してあきらめていら  信頼あそばしていら  関税がいら  着物なんかいら  静聴していら  あなたは遂にいら  絵具代がいら  玄関にともしていら  錢をやる、いら  こちらにいら  乗物はいら  食費もいら  橋にいら  ように、いら  満足してもいら  尊敬してもいら  恋仲ばかりは嫌ってもいられればさえぎってもいら  人間がいら  夢はいら  やうで、ま、いら  艪櫂もいら  櫂もいら  オセッカイはいら  事ばかり申してもいら  衣もいら  近いうちに東京へいら  何んにもいら  残暑のいら  気がして、居ても立ってもいら  留守番なんぞいら  時計なんか、いら  まりへいら  薬はいら  お金はもういら  金はもういら  様子を見にいら  牛込のはうにいら  玄関がいら  ツリ銭のいら  法案はいら  夜間にいら  みちなかなればいら  考慮もいら  憚りもいら  眠りにいら  美男でいら  櫻井さんでいら  長谷部さんは立つていら  警戒もいら  内にもいら  午すぎにいら  女中はいら  旦那もいら  ことは、わきいら  頭脳もいら  加勢ばかりしていら  手前、驚いてばかりもいら  功徳と思って、いら  静に保っていら  苛ら苛らしていら  蹂っていら  それを求めていら  心を秘めていら  慧眼の光らないでいら  女はおおぜいいら  まなこの光らないでいら  ほうへ来ていら  ときに、もう殺されていら  目の光らないでいら  眠白はいら  目のさえないでいら  ことばのさえないでいら  者がいら  もみ手をしながらまかり出ると、いら  蘊蓄を傾けて、いら  そでを引きながら、いら  二つくっついていら  道具はいら  隠密めが、いら  小さなやつも、いら  おもちゃなどはいら  とりはいら  上野もいら  停留場までいら  声を出さねえでも聞こえていら  らけた女どもがいら  工夫はいら  山へわけこまずにもいら  巴里へいついら  ッ、いら  生意気に生きていら  ちゃんとできていら  もと銀座にいら  光がいら  ぼんやり腰かけてもいら  こんにちは、よくいら  強情張るぐれえたかがしれていら  銭やいら  今日写しにいら  奥さまはいら  もとでいら  多人数はいら  探索がいら  手間ひまはいら  矢もいら  親類だろうと、いら  四郎兵衛は笑ってもいら  時折、かような、いら  餌はいら  苦労はいら  私は負けてばかりもいら  奥さんはいら  認可もいら  商店街のいら  電気もいら  機械もいら  メートル尺はいら  秤はいら  ア、こつちへいら  書物なんかいら  あなた方にいら  ご用が済んだら、おひるをあがりにいら  風邪で寝ていら  位ならばいら  功名もいら  長兵衛はいら  仔細はいら  言葉のいら  職としていら  辞職していら  旧藩地に務めていら  氏は、いら  家賃もいら  監理していら  助けがいら  絵をかいてもいら  ことには立ちいら  こうもりがさをとりにいら  たくさん連れていら  面倒はいら  燃料もいら  のは、いら  レース雲もいら  庄三郎はいても立ってもいら  日はいら  多くの、いら  みそをつけたり、いら  結構ですが、いら  それをくれ、いら  妹さんでいら  半端ならいら  原子バクダンだって本当はいら  西洋へ持つていら  重体でいら  お釣はいら  面會にいら  爺さんはいら  博士の望んでいら  燈なんかいら  ちく音機もいら  小母さんが迎えにいら  とき叔母さんがいら  こっちにばかりもいら  婦人なので起きて出歩いてもいら  そうでいら  今はたとへいら  手数料がいら  苦力同様パスポートがいら  嫁さんはいら  是はいら  視察にいら  着実に、永くなってもいら  お気に入ってもいら  整理をし、いら  木箱をもって来ていら  ものでもいら  彼をいら  釈明などいら  人もいら  小出翁もいら  へん疲れていら  状態でいら  大体余り高くなくいら  船のいら  のを見てもいら  これまでのいら  手がいら  かまふことはいら  説明もいら  真実男はいら  ハンカチもいら  保証人がいら  男はいら  法のいら  さん何処へいら  町へいら  それもいら  坊ちやま、早くいら  航海していら  一生けんめいに話していら  傍にいら  方ではあきらめているにしても、またもういら  三日もいら  昼日中歩いてもいら  目に会っては寝てもいら  腹をいら  足どりでいら  あれにいら  お礼などはいら  生命ももういら  方でもいら  女はいら  壯健でいら  墓碣もいら  文字はいら  最高位にいら  一切迷ふことはいら  東北地方へいら  足もいら  ハイよく時々いら  マア旦那でいら  葉山先生もいら  瑞巖寺へでもいら  一箇年もいら  畑へいら  マナイタもいら  旦那のいら  今日みんな行かうねいつていら  杖つくにぞいら  入場料のいら  四つもいら  杉子とすればまるでいら  教室にいら  者は一杯いら  みんな諦らめて、忘れよう忘れようとしていら  から狐がいら  安閑と寝そべっていら  のもいら  一人相撲にいら  婿さんなんかいら  のなら、もういら  掃除もいら  平助はいら  流浪していら  何処にいら  夏、好くいら  蒲団をたたんでいら  起ししていら  前方にばかり求めていら  ここで遊んでいら  それぢやあ、またどうぞいら  事すべて氣にいら  どなた様でいら  新聞をよんでいら  よう子ちやん、もつとこつちへいら  ひだはいら  留守をしていら  床やさんへいら  せつかくいら  隱居所にいら  伊東にいら  弁士もいら  伊代は居ても立ってもいら  他見をおそれていら  五十三四でいら  昔にくたばっていら  負惜しみばかり云っていら  ボルシェヴィキを憎んでいら  遠慮なんかいら  呼吸をしていら  研究にいら  手数のいら  五日ゆっくり休んでいら  風呂にいら  話に来ていら  ポートサイドあたりへいら  相談もせず、いら  遠方からでもいら  独り身でいら  何時当地へいら  それでなければいら  はきものもいら  しかし、いら  慾が深くていら  



前後の言葉をピックアップ
イヨヨシゲクシテ  イヨンヌ  イヨー  イヨヽヽ  イヨヽヽ・ウタヽ  炒ら  煎ら  イラ  要ら  いらい


動詞をランダムでピックアップ
割り切漲ら付き合う代わる強まる悟り流行り裏切れる引きだそおがん見えすき発っ割り込めるそそりたて切り抜けれ凍りつく連れこみぶらさがっ恥じ入るまがっ
形容詞をランダムでピックアップ
ずうずうしくあらかっなれなれしいうとうとしおとなしかっゆるきいとわしくかそけ小高く気味が悪ううずたかき手痛弱弱しくつれなく狂わしく悔しゅう血なまぐさいうすきみわるくがめつふるめかし