「俤」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
俤が多分に残つて居る  俤は残つて居るから  俤がある  俤を見せて居たばかりで  俤は蕭やかに辷り失せ  俤が目に浮ぶ  俤を思ひ出さずに居られなかつた  俤が目に浮かぶ  俤を思い出さずにいられなかった  俤を繰り返し  俤を認めた  俤を心に夢み  俤は止めぬほどに  俤のない故郷の家を見ても  俤に似てくる  俤にかへすと  俤を回復したか知らんと  俤が浮んでいた  俤をとどめている  俤を仰いだ  俤をすら親しくは余は一度も見た  俤のぬけきらぬ  俤の窺はれる  俤に写したら  俤を探さなければ  俤をその人として夢みて行き  俤はかの女の裡に居た  俤立ってちらちらします  俤が竜太郎の心のうえにほのぼのと浮びあがってきた  俤は瑪瑙の白さを削った  俤に立ったりする  俤が変った  俤は失われて  俤の割合に保存されてる  俤をつたへると  俤を伝へてゐる  俤を浮ばしめる  俤がなくならうとする  俤うつる夢さめて  俤を湛えているけれども  俤は一種の風格をなして  俤を写して居る  俤を傳へぬ  俤を見る  俤を止めてゐる  俤の忘られぬ  俤を伝へる  俤を見せてゐる  俤を留めて  俤を保存してゐた  俤を残した  俤は見られる  俤がよくわかる  俤がなくなったので  俤さえ思い出してはいなかった  俤もなくして  俤を止めてゐた  俤に立つばかりの  俤に見える  俤が室の中に朦朧として残ったが  俤立って紫雲英が咲満ちた  俤を描くと共に  俤も見えなくな  俤また較ふべき  俤はうつろわず  俤さえ歴々と影が透いて  俤に肖て見えた  俤を写した  俤と信じられる  俤を止めて居る  俤も伝へて居るが  俤を十分に伝へたと  俤を止めている  俤を備えている  俤を脳中にえがきつつ  俤はとどめてあるも  俤を偲ぶ  俤とを見くらべる  俤を観じ入っている  俤にあく  俤を觀じ入つてゐる  俤を観じ  俤を出そうとしたからであろう  俤をつきとめに行ける  俤に見た  俤を見た  俤がみえる  俤を伝えている  俤は母親がその時時の流行を逐うて  俤をそのまま止めているというより  俤が窺ひたい  俤を私のうちに蘇らせた  俤を残していた  俤がそこに繁っている  俤を探して歩きました  俤に出逢った  俤を偲んでいた  俤が映ってきます  俤と一人の看護婦の思い出とがあった  俤を懐かしく想い出す  俤が第一にあらわれて  俤は今わずかに入間郡に残れり  俤ばかりでも見たい  俤は残つて居た  俤はありますまい  俤を残して置いてあります  俤を示すと共に  俤が見える  俤が見えて居る  俤は浪にくづれつ花片は霜にいためり  俤は花環の中にあらはれ  俤寒きかな檜扇あげてさしまねき散りかふ  俤に似し  俤を見せて居る  俤を知り  俤をとどめて  俤が偲ばれる  俤をそのままに保ちつつ  俤に立つて来るに過ぎない  俤を保有して居ります  俤を保存して居る  俤から老いた  俤なきはあらず  俤を思ひ浮べて  俤が眼前に現はれた  俤をしのぶ  俤にしたたかくくりの  俤の見える  俤はどこやらにある  俤が忘られないので  俤を蘇らす  俤は今もハッキリと目の前に浮んで来る  俤を見いだす  俤を説く  俤にして  俤をうらから包んだ  俤が幽に似通う  俤の浮ぶ  俤はある  俤が髣髴としている  俤を哀れに偲ばせた  俤を残してゐる  俤が映るならば  俤を遺して居る  俤をはっきりと見た  俤を偲ばせて  俤を失はずにゐる  俤に立つ  俤の偲ばるる  俤を備へてゐた  俤を示してゐる  俤を一目見るより  俤なりといふべし  俤をたどって  俤を浮べる  俤があった  俤の伝わり  俤に立った  俤を存してゐる  俤もあり  俤やつくばひのぞく  俤に立っていた  俤のかくは移ろひ  俤にもとな見えつ  俤を止めた  俤が残って  俤が空に浮んだ  俤を夢に見る  俤などが眼について恐しくてならなかつた  俤に似通って見えた  俤と変りが無いが頸の辺に太刀傷が一筋細く付いている  俤のこる  俤すらあった  俤でも残つてゐる  俤を思い出ずるにつれて  俤に窶れの  俤は消え去り  俤を失わぬ  俤が夢に残る  俤を湛えていると思える  俤も一葉の心に忘れ  俤が語られた  俤を止めました  俤を留めてゐた  俤が汽車の窓のそとを歩いている  俤を偲び  俤を遺している  俤を心に抱いて逝かれたとしたら  俤をうつし出さうとする  俤に立って  俤に立つばかり  俤を眺めかえしていたが  俤に見  俤を存した  俤をしのばしめ  俤に直面した  俤に浮ぶ  俤を濃く現して見て  俤を其作つた歌の上に寓した  俤を殘す此處い  俤がないではないがおふさに心配は見えない  俤はなくなり  俤を偲ぶといふ  俤なしとなりました  俤のある  俤は舞台なりし  俤しか残さないが  俤をもって来ていて  俤を殘した  俤が見えるではないか  俤を示す  俤は残つて居る  俤を留め  俤とを残してゐる  俤はなくなっている  俤は残らない  俤の窺はれる程  俤が小さく保たれている  俤だけは残して居る  俤を考へて  俤がちらつく  俤にも似た  俤を写して見た  俤の肖  俤を仄かに映し見てゐた  俤を備える  俤消たずたふときもの山に乘鞍人にはたありや  俤もよそならず  

~ 俤[名詞]1
宝永の俤が  昔の俤は  一つの俤が  亡き人の俤が  亡き人の俤を  今朝からの俤を  天女の俤を  美女の俤を  いま昔の俤の  父の俤に  昔の俤を  田沢の俤が  名将東郷平八郎元帥の俤をすら  夢路を俤に  子の俤を  人でない俤を  規矩男の俤は  規矩男の俤を  古代の俤  さが俤  少女の俤が  中の俤  道化た俤など  古の俤  娘も老いて俤が  昔日の俤は  原作の俤を  難破船の俤の  当時の俤を  ディッケンズの俤を  夢の俤を  景色の俤が  お父さんの俤を  勝気な俤は  二書の俤を  神代ながらの俤  生活の俤を  神の俤を  詞章の俤を  寐覚にも俤の  其固定した俤を  神女の俤が  今昔に俤を  神事から出た俤を  室町時分の俤を  時代の俤が  花が俤  昔日の俤が  博士の俤さえ  辛辣な俤も  僅かに俤を  散歩する俤が  一葉紅の俤に  人の俤に  一面に俤  黒髪が俤  幾分の俤を  橋の俤は  酔んだくれの俤さえ  様の俤と  一時代前の俤を  労働求婚の俤も  信仰の俤を  西洋人らしい俤は  それらの俤を  河の俤を  民子の俤を  江戸の俤を  こころにある俤とを  底にある俤を  男の俤を  木部の俤を  母の俤は  ペコペコの俤は  駅の俤を  固定しきらない俤が  母の俤を  人の俤  震災までは俤を  ひとの俤  ひとの俤を  スパセニアの俤を  兵士の俤と  君太郎の俤を  楊柳の俤が  三郎の俤が  武蔵野の俤は  限り昔日の俤を  兵馬氏とやら俤が  住家の俤  松之助の俤  むの俤が  雲の俤  母の俤の  母権時代の俤を  事蹟の俤を  気違い乍ら昔の俤を  以前の俤が  様子が俤に  神代ながらの俤を  想像の俤から  かめの俤  紫の俤  人々の俤を  湛へた父の俤が  絵ほどに俤の  女の俤が  彼女の俤を  先生の俤は  かたの俤を  高野聖の俤を  んだ俤を  紅葉を俤に  獅子の俤  花の俤  行燈の俤  一人かに俤が  近代人の俤が  市民の俤が  ほのかに俤が  主の俤を  各地に俤を  城地の俤を  花の俤を  小川の俤を  神話の俤を  以前の俤の  來也の俤を  語根時代の俤を  病者の俤を  寛政名手の俤  江戸浮世絵最終の俤なりと  友の俤を  ほのかに映る俤を  理想の俤を  大丈夫の俤が  父の俤の  衣の俤に  昔の俤も  なほ連用名詞法の俤を  母の俤  仄な俤に  不思議にも俤の  藤本看護婦の俤が  時の俤などが  峯の俤に  昔の俤と  武蔵野の俤の  姿見の俤は  亡児の俤を  水の俤が  作者の俤を  時代の俤  言葉や俤も  御曹司の俤が  本来の俤を  夢想を俤に  師明導の俤  山河の俤を  古代の俤を  神代史に俤を  松本氏の俤を  宮廷詩人の俤を  女の俤を  胡粉の俤  天人神女の俤では  花が俤に  文献に俤を  後世までも俤を  湘君の俤を  微笑の俤が  藻代の俤に  姿が俤に  邑落生活の俤を  涼な俤を  良人の俤が  良人の俤は  つた枯燥した俤が  江戸市中世渡ぐさに俤を  保の俤  宰相の俤は  偉人の俤を  病に俤  昔日の俤  ヤスに似た俤の  衰滅の俤しか  孝子の俤を  舊郷土の俤を  神の俤が  寿詞の俤を  実演した俤は  随筆雑記に俤を  斎部祝詞に俤を  常世神の俤で  一个処懺悔の俤を  風と俤とを  日の俤は  気候の俤は  生活の俤が  人の俤が  蓬莱の俤は  最初の俤を  古代生活の俤を  村人の俤が  世界の俤にも  時代の俤を  何處か俤の  何処か俤の  国の俤を  立派な俤を  まなかひに俤  ような俤が  英雄の俤の  白百合の俤こそ  聖ベアトリチェの俤が  

~ 俤[名詞]2
わが俤  古い俤  その俤  美しい俤  暗に俤  其の俤  寂しき俤  亡き俤  あの俤  ある俤  優しい俤  蒼き俤  少し俤  可愛い俤  ちかい俤  うつくしき俤  気高く俤  はっと俤  尚俤  

複合名詞
なほ俤  俤立  俤橋  俤びとをつきとめに  俤何処  俤晴やか  俤ゆえ  俤びと  俤無し  其中俤  つた俤  俤眼前  浅間个嶽俤草紙  俤かすか  俤さ  



前後の言葉をピックアップ
重々しく  重おもしく  おもおもしく  重重しく  重々しくっ  オモカゲ  面影  面影橋  面舵  重かっ


動詞をランダムでピックアップ
もめよ役だて吊り上げせきとめ慣れろまかせ係っ滑ら沿う見積りみさげ絡み付き徹ら亡くなりとりつけ見つめるになっ滑り落ちる誦すれねじ上げる
形容詞をランダムでピックアップ
つましきおしかっぽかっ姦しき広かろはなばなしくいい程よきうら悲しくよんどころなけれいさぎよい浅ぐろく素早かっ甘辛い酷し相容れない生っ白いまるくうっとうしい見やすき