「のこり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ のこり[動詞]
聖典を、のこり  そっちへ向けてやろうかといわぬばかりに、のこり  封建的なのこり  ロケット隊の生きのこり  ムカムカとすると、のこり  往来から拾った吸いのこり  ふつとのこり  不思議に焼けのこり  駄目になると、のこり  夕ぐれ寂しのこり  なかに強くのこり  暑気が淀みのこり  笑声ののこり  忠臣としてのこり  力としてのこり  ようにゆらめいてかかり融けのこり  雑草は、のこり  新田先生とは、のこり  最後の生きのこり  宝物となってのこり  ポケツトにのこり  印象にのこり  今はのこり  それをみるより、のこり  遠征隊員として、のこり  相生署の生きのこり  中にはいったり、焼けのこり  うち八名を除いて、のこり  空中にふきとび、のこり  一隻ずつおき、のこり  湖水がのこり  事はのこり  向うに焼けのこり  向に焼けのこり  あたりにのこり  五万二千、のこり  話題にのこり  H2Oでなりたってのこり  なかに咲きのこり  つんぽつんと、のこり  芸妓屋がのこり  自分はのこり  土蔵にあって焼けのこり  爪に消えのこり  あとへのこり  ぼうとくすぶってのこり  群れから食いのこり  心持をのこり  あとにのこり  女はのこり  作者たちに依って、あやまたず、のこり  印象としてのこり  ぼくは、のこり  封建ののこり  息吹みちてのこり  宿直だけがのこり  心持にのこり  栗ののこり  人がのこり  ごちそうは、のこり  身を躱し、のこり  家へかえって、のこり  ぼろぼろになってすこしばかりのこり  てめえの取った、のこり  南なりのこり  編輯関係のものだけのこり  中に、のこり  犬がまたのこり  近世までのこり  技法としてのこり  名がのこり  家にのこり  八課ののこり  七八つの穴は解いたが、のこり  可能性では及びがたかったのこり  唯一の生きのこり  節約したのこり  上からたべのこり  声をあげたので、のこり  穴がのこり  二十万ポンド、のこり  あとにおのこり  重信がのこり  形を変えて生きのこり  申しわたされ、のこり  紙ののこり  最後まで逃げのこり  マア印象にのこり  心にのこり  ところがのこり  ところすこしのこり  眼にのこり  村役場につかったのこり  カーテンばかりがのこり  確実にやけのこり  あちこちやけのこり  あすこがのこり  四十二年版が焼けのこり  感傷がかなしくのこり  ことばだけがのこり  二度も、売えのこり  半分吸いのこり  お茶がのこり  むしパンののこり  主人は、のこり  暖かにのこり  六号艇だけでなく、のこり  はんぶんをさき、のこり  



前後の言葉をピックアップ
残ら  残らず  遺ら  のこらず  残り多く  残り  残り  残りもの  遺り  残り多


動詞をランダムでピックアップ
打ち付けるよせよこまねい列なる浸すさしとめつきはなさ測れ乗りき括っうずくまっ熟する寝返る明け放さあざないまとまれ谷まっかき込めおしえる透ん
形容詞をランダムでピックアップ
心強けれ烈しけれ暑苦しかっいとしゅうきむずかし騒々しゅうふとくほの暗かっやわしおっかなかっけだるかっいまわしく生なましく強くつれなきでかく畏多く目敏いなみだぐましきくちさがない