「何事」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

何事[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
何事かが起るに  何事が起きた  何事かを考へてゐなければならなかつた  何事もなすべからず  何事をもなすべし  何事かを成さんとすれば  何事も犠牲にしてはならぬといふ  何事をか念ず  何事もないのかと思って  何事が起ったかを見る  何事かあり  何事によらず  何事もなさで過ぎねと人は云へ為す  何事が始まつたかといつた  何事もいうな  何事もなく事済になるに  何事もなく村方へ野辺の送りをしてしまいましたが  何事もお前の思う  何事かと来て  何事もなかつたやうな顏をして  何事もなさ  何事をも為さざるは  何事かと思ったら  何事かという顔をして  何事もすべて単純に解決して  何事も自分に都合の好い様にばかり考えるから  何事か親しげに囁き合っている  何事か真剣に談合している  何事かと思へば  何事かを計画しているという  何事だろうと思って  何事も返答出来なからう  何事かを物語つてゐる  何事も業であると思ふ  何事であらう  何事も知らされず  何事かを考えている  何事もなかったかのように澄しかえって並んでいた  何事かを彼に訴えるかの  何事も口にする  何事をもしなかったが  何事かをしてやるという  何事も貴方に申し上げません  何事をもいい現わしてはいない  何事もなく過ぎましたが  何事かしていた  何事かを予期しつつある  何事にても或事を成さば  何事を学びとるか  何事も考えるという  何事であろうかと思って  何事に首をひねつてゐる  何事をやりだす  何事が分つてゐると  何事か思ひ付いた  何事かを成就しうると考える  何事もやらぬ  何事もなく一年ばかり続いた  何事もすべて小器用にやすやすとし遂げられている  何事も云ひ始めぬのに  何事かを語らひながら  何事も知らない  何事も話す  何事も起こらなかったかの  何事をもなしえざる  何事をおいても  何事も知らぬ  何事も知らずにいた  何事も打ち明けて  何事をも偽る  何事も残ってはいなかった  何事を犠牲にしても  何事もしらなかった  何事もおこらない  何事も手が附けて  何事も決して私に確実であり得ると思われないからである  何事を経て来たであらうか  何事かと思った  何事かに情熱をそそられる  何事かを極める  何事か判らないが  何事かわからない  何事も控え目にやるが  何事をそれはいみしたであろうか  何事も完全になし得ると思いこみ  何事ぞと怪しみて  何事か話し合った  何事も起らなかった  何事をかなしつつあるを見る  何事かに気づいたという  何事が起こるので  何事も不平を起してはなりませぬ  何事も堪へしのんで働く  何事に依らず  何事かを問ひ出した  何事かを云い表わす  何事も主張する  何事もなく済んだ  何事かといつた  何事も判る  何事も諦め  何事かを指し示す  何事も修業だ修業だと私は思う  何事でも練習の必要な芸事ではすべてある  何事もしなかったという  何事も自分の心に染みていると  何事に泣きなさる  何事ならんと入って来た  何事が計画されているか  何事をセントー・ハヤオから聴いている  何事をセントー・ハヤオに打電している  何事も忍んで  何事をも顧慮しなかつた  何事もなかつたやうなキミ子の顔を見るよりも  何事をも見  何事もなかつたつもりで又遊びに来て  何事もなかつたやうな自由さで今は語り  何事もなかつたやうに川を下る  何事もなかつたやうに仰向けにねて  何事もなかったもののようにして  何事も判別がつかぬらしく  何事も神の聖旨を待ちます  何事も知りませんでした  何事も耐え忍んで  何事も縁と思って  何事もすぐれた  何事に附けても  何事かを知りたくて知り得ず  何事も話し掛けはしないだらう  何事が起ったか  何事かがあった  何事をか聴く  何事も解せぬ  何事かなくては叶わぬ  何事と封を切る  何事にも力の尽きた  何事をも考えない  何事が起こるかを見ようとする  何事を歌うべきか  何事も勝負に生き  何事もなく頷きぬ  何事も宿縁とは申せ  何事も宿世の縁と云ふ  何事も知らな過ぎるから  何事もないやうな平静な顔をして  何事も起らなかったかの  何事かを一生懸命に物語っている  何事も謂わず  何事を差置いても探しますと  何事も寛大に考えてください  何事にも手を出して働いて  何事か聞かうと  何事につけても  何事かと怪しみながら  何事とも分からぬらしく  何事か成ら  何事にも半可通といふ俗人あり  何事か打案じている  何事ぞや身は小官吏の乙娘に生れて  何事も金で解決出来るとしたら  何事か起って  何事かを決すると  何事をも云わぬが  何事を企図するか測り  何事につけても還らぬ  何事も無く音頭の踊は一週間の公開を終った  何事をなすにも  何事か大きな仕事あり  何事かを何時までも囁いてゐるといふ  何事かを囁いた  何事をも許すと  何事もありませんでした  何事もないやうに見える  何事も知らないと  何事もなく済むと思います  何事もないので失望した  何事が起こっても  何事をも詳しく語る  何事をも正確に生き生きと書き得られるという  何事をも書きうる  何事かを待っている  何事をも語らざりき  何事かと思って出てみると  何事も深く尋ねてもみなかった  何事も自分には分らない  何事をか考えておりました  何事が起こった  何事かを下界に向けて  何事も起こりませんでしたか  何事をも教える  何事も命令されない  何事も話さなかつた  何事も起こらなかった  何事も手につかない  何事も芸道に志したからは  何事も芸道は恐しい  何事も考えていなかった  何事も洩らしませんし  何事にも冷静でなければならないという  何事をか発見するだろうと  何事かと驚いて  何事も隠そうなどという  何事も訊こうとはしなかったが  何事をかマデライン嬢に話した  何事でも率直にやられる  何事かを空想しながら  何事もなかりし  何事も意の儘に出  何事かと騒いで  何事があった  何事も手に着かない  何事にも光栄の冠を望む  何事もありませんぞ  何事も別に話は起らんの  何事をなすか  何事に比すれば  何事も沈滞していて  何事かを好み  何事も打明けてみる  何事か訴えている  何事もなかったように手をあげて  何事も聞かなかった  何事か祈ってでもいるらしい  何事をか囁くと  何事か訓令を与えました  何事か熱心に話し合っていた  何事も思いません  何事が訴へられ  何事か分からずにゐた  何事をさすや  何事をもってすべきや  何事をなしたるや  何事をなせるや  何事をなすべきや  何事を談ずるも  何事にも無頓着な様子で歩き  何事が持ち上がった  何事が始まったかと思って  何事かヒソヒソと主人に答える  何事もあなたにお任せします  何事か思いついたと見えて  何事かを囁きながら  何事かをひそ  何事かと訝しそうにしていたが  何事もないように静かに忌にこもっていられる  何事かと思って  何事か結論する  何事もなかったようにしていた  何事が起つた  何事も洩  何事も云わずに  何事か言ひだし  何事が起っただね  何事も我々には判らぬ  何事をも為さぬには  何事かを為すには  何事にも氣のまぎれる  何事もなく納まったが  何事も大隅君の気のままにさせていた  何事も無かったような落ちついた  何事が起つ  何事を言ふにも  何事にもあせりが目立ち  何事かありゃしないかという  何事も考えずに駆けて来たのに  何事でも腹蔵なく言い合える  何事でも起り得る  何事も起り得ない  何事も考へずに駆けて来たのに  何事でも腹蔵なく言ひ  何事かあった  何事か成らざる  何事もなかったような顔して話しかけた  何事も打明け合っている  何事かと後につづく  何事も知らずに  何事が起った  何事もなく至極平穏に送った  何事も記憶に残っておりませぬ  何事か喋舌り出したからであった  何事も過ぎ去った  何事をやった  何事にもこせ  何事でも信用する  何事かとひらいてみると  何事も天下のためと思って  何事かと出てみると  何事も忌憚なく言上せよとの  何事もうなずいておられた  何事もおまかせおき給わります  何事を曹操からいってよこした  何事も堪忍を旨とせよと  何事もなさるべきでしょう  何事にも微笑をもってうなずきながら  何事でもありません  何事か悲しむべき  何事をか欠いた  何事もなく老いを養っております  何事かひそかに話しこんでいたが  何事かと登城してみると  何事にも無理な急ぎ方は望まない  何事と思って居る  何事もおたづね下さいますな  何事も一律には行かない  何事かを思いうかべるかの  何事か凝議していた  何事か謀議した  何事も和し  何事かとすぐ父のそばへ引返してきた  何事にもあれ  何事をか叙すべき  何事をか敍すべき  何事が起ったろうと思って急いで起きて  何事か祈りながら  何事が起るかと思って  何事でも精密さを要する  何事でも苦しんだりしている  何事にても現に起っている  何事か申し上げる  何事か分る  何事よりもまず感謝の情を禁じ得なかった  何事をか囁くに似たり  何事もないようにいって  何事にも從ひたい  何事か起こりましたかな  何事も命ぜられずに  何事かささやいた  何事かこれへ報らせに飛んできた  何事やある  何事か大きな影響を及ぼさずにはいない  何事か策をさずけて走らす  何事か犇めき  何事も二人の合議で生活して行く  何事も彼に諮ったが  何事かあらん  何事もあとに任せて  何事も佐太郎と相談して  何事をかしきりに  何事か密談があるとみえて  何事か含め  何事にかかわらず知り得た  何事にも追われ  何事も考えはしなかった  何事を考えねばならぬ  何事を考えても  何事も考えなかった  何事があっても  何事かある  何事かに深く思ひ悩んでゐるらしい  何事が起る  何事が起るかと  何事かがある  何事かを伝えた  何事か話し合っていたが  何事ももうこれまでと思い  何事が始った  何事がはじまった  何事か起った  何事もさらさらと捨て  何事も言はじ思はじ  何事かと見にきた  何事が勃発した  何事につけ天象を例にひく  何事か騒ぎ出したので  何事もなかったような顔つきをして  何事もないかのように物静かに過ぎる  何事か企てようとしている  何事によって苦しむべきか知らなかった  何事も善悪の問題に帰着させなくてはおさまらない  何事に逢っても  何事か云いだしかねている  何事も観念した  何事をか述べさせようとする  何事かをのべようとしても  何事かを深く考え込んだ  何事か起ったらしい  何事も仕出かさずにすむと思った  何事も説く  何事か計を授けていた  何事かと見ると  何事を仰せある  何事か思い当っているらしく  何事か秘策をさずけ  何事かと陣前へ出てみると  何事かひそやかに  何事も忘れ  何事にも気が付かない  何事にまれ此方から頭を下げて  何事も起らない  何事だろうと思って出て来た  何事があそこで起りつつある  何事も外國人の説を妄信する  何事を通してそのような大人になったか  何事を行うにしても  何事かを為す  何事によらず言うが  何事をか考えているらしく  何事が起ったかと  何事も自己流で押し切った  何事も仰せられず取納め  何事もわすれ草と申しますな  何事をか記す  何事もなさそうな顔をして入って来た  何事をも語らなかった  何事をも包み隠さぬ  何事も任して置きなせ  何事か知らんが頼まれたから  何事も打明けて  何事か起こった  何事も隱さずに話して下さい  何事にも自分の順番を待てぬ  何事を意味するかを  何事もしてゐなかつた  何事かの騒音を惹起する  何事にも細かな計算を忘れない  何事も思ひ  何事をも忘れ去らうとする  何事をも知らないであろう  何事も手に附かず  何事も手に附かない  何事が起こるかと  何事なく言っている  何事も御近習任せ  何事か支那語で言い争っている  何事も説明しない  何事か錯乱を妨ぐ精神生活者の高い秘密がある  何事かありましたと  何事も解らない  何事ぞ事實は之に反して  何事も考えずに  何事がなぜ可能だかわかりゃしないという  何事も隱さずに  何事に現在の意識を集注して  何事をも斷定する  何事をも云ふ  何事も我慢専一という風に見えた  何事も起らずに  何事を代表する  何事を成さんとし  何事もできないから  何事に処しても  何事もなかったように元の静けさにかえる  何事かと思いつつ  何事も叫ばなかつた  何事に於ても旧社会よりより善き新社会を造る  何事にも精神的で個人的で且つ謂わ  何事かと思って来た  何事も堪忍致す  何事かと思われる  何事も只だ有難いと面目ないで前後不覚の様になって  何事もお梅の云う  何事も此方から出向れましてと  何事もなくって居りましたが  何事かと猟人も有るから  何事かと思って慌て  何事も起らなかつた  何事かと好奇心を起こしてのぞきにくる  何事について驚き焦り悶えていた  何事かブツブツと口論しあった  何事も残ってはいないのに  何事でもしたいと  何事かと訊きかへし  何事にか關連し  何事も無かったような顔をして  何事じゃい  何事もなく寐てしまった  何事をも躊躇ばかりしていて  何事も決断の出来ない  何事か起りにけらし  何事を語り  何事でもさう  何事も限度があるよ  何事にあれ  何事かを叫び  何事かを叫びながら  何事もなく過ぎれば  何事か思い当たる  何事ぞと叱りつけた  何事をも考えず  何事かを企んでゐるらしい  何事もなかったような顔をして  何事もする  何事をも勘辨する  何事をも勘弁する  何事を主張する  何事をか企謀んでい  何事も御存じではなかったのが分って  何事もなかったように過ぎ去って行った  何事もなかったようにお逢いし  何事もなかったようにお分れした  何事かを命じた  何事かひとりで点頭いてゐた  何事も夫の気持ちのリズムに合わせ  何事もなかったように平然とした  何事も云わなかったが  何事かを語っていた  何事も一人で考えて  何事があろうとも  何事につけても思い出す  何事も云うまいと思う  何事がある  何事も其日其場かぎり  何事をもなす  何事も耐忍せよといふ  何事かがあるか  何事も放胆的であるように見えた  何事でも日本より創つたといふ負惜みの考方は獨り天津教に限らず  何事が起ったかは  何事に就ても見受けられず  何事もなかつたやうに出ていらつしやる  何事にも疑問を抱きたがる  何事かを加えたいと  何事もせずに  何事かを訴えるだけの  何事をかなそうと考えている  何事かが予想される  何事なるかと急いで来て見ると  何事も考へずに  何事かに感謝をしてゐるかの  何事も起つた  何事も考へようとはしない  何事も大目に見る  何事かを画策しているという  何事も聞かぬ  何事もなかったように商人が活発に出入している  何事か囁くと  何事か命令を発していたが  何事をも説明してはくれません  何事かを待ち受けるかの  何事かを待ち受ける  何事かを尋思する  何事かを語り出した  何事かささやき出す  何事かをしたため始めた  何事も歐米の風習に模倣する  何事も視野が狭いとこんなことになってしまう  何事も為しえずに  何事かに就いて  何事に就いても  何事も予期通りにはゆかない  何事にも屈託などしないぞ  何事も在り得ないからである  何事だろうと思って出かけて  何事でも思立ったほどならば  何事をしでかす  何事にも換へられぬ  何事か有らば  何事か起した  何事も須田伯耆の讒構ということにした  何事も有らばあれ  何事もなく無事に家に帰るとして  何事かを喚きながら  何事か胸のうちに閃いたらしい  何事かを宣言したらし  何事にも興味を失って苛立ったり  何事も狐の仕業ということになったらしい  何事をさし置いても  何事についてでも  何事もはあ真当なこった  何事にも外の働きはしなかった  何事にも目をつぶろうとして来たらしい  何事もなく別れてしまったら  何事か起きた  何事も起りませんでした  何事をか仕遂げなければならない  何事もなかったように真紅の葉を紺碧の空の光の下にかがやかしていた  何事をも知りはしない  何事かの非常が起る  何事かわからなかった  何事もなかったように真紅の葉を紺碧の空の光の下に耀かしていた  何事もなし得ない  何事かささやくと  何事が起つたと  何事よりも重大な期待となんとも知らぬ  何事かと思って見ると  何事にも敬服せない  何事にも諦らめのいい女々しい事は一度も言われた  何事かを沈思している  何事かと見たら  何事であろうと上を仰いで見ると  何事が起っている  何事があらうと  何事ぞと耳を澄ます  何事もお思ひあそばしませぬが  何事もなかったことを諄々と説き  何事にも無頓着で一人で騒ぎ廻っていたが  何事も自分で経験しない  何事に召さる  何事かを叫びかけ  何事か恐ろしい事件の起こられた  何事もなさなかった  何事も考えまいと思ったが  何事も申し上げませぬ  何事もわきまえないでいた  何事が語られているかぐらいは  何事も神様は知っていられる  何事もはっきりさせたいから  何事かを思い出そうと努めたが  何事もなしに済んだという  何事が起らないとも限らぬ  何事も起らなかつたと致しましたら  何事も御承知の筆をお執りになる  何事も打わすれたる如く眺め入て  何事を語らんとや  何事もなし得ないで零落れて帰った  何事をもなさず  何事かを深く考へるといふ  何事も新聞にあらわれませんでした  何事もなかりしが如く  何事もひし  何事も皆今日は下拙に相談の上にて事を取  何事にも走りを好む  何事もおさめかねて  何事と見に来りしが  何事もなかりしに  何事をか打案ずる  何事と開き見れば  何事も御断り申上候て家財はのこらずあなた様へお返し申上私事は下女になりとも御めし遣ひ下され  何事も打ち明け合って  何事をもはっきり考える  何事も手に附かぬ  何事も弁えず  何事をも鋭く看破する  何事だろうと推してみた  何事も知らなかった  何事も知らぬものの如く装って  何事か起ったに  何事も語らなかった  何事をか予期して来た  何事にでも用意ありと云うだけであった  何事も忘れてしまった  何事も考へずに歩いてゐたが  何事かと驚いて読み下すと  何事も命令のはかばかしく行われぬ  何事も平板にあぶら流しに過ぎ去って行った  何事も思う  何事でも手近な例を取らないと  何事だおもちやで遊べる  何事も急ぐ  何事もすべてはそこに歸して行く  何事もなくおすませに  何事もはつきり口に出された  何事もなくすみます  何事かを私に語る  何事か言ひ出した  何事も何事も自分を相談相手にしてゐた  何事も思ふ  何事も忘れた  何事にまれ真剣な様子を見せつけられると  何事も打ち明けずに  何事も明らさまにしてしまう  何事もなかったように忘れ果ててはいるものの  何事も打ち任せきった  何事も心得ながら  何事も米国人との交渉は思う  何事を犠牲に供しても  何事も忘れ果てて  何事の起こったかを  何事でもという捨てばちな  何事も当てにはならない  何事もただ明るく快く頼もしくのみ見える  何事もそこから出発して行かなければ  何事もあばかないではおく  何事もわだかまりのなくなった  何事かと部屋を出て見る  何事も語ろうとせず  何事もない平時にしておく  何事か期する  何事をか人類のためになし得る  何事かを仕上げようなどと考える  何事もわかっていないと言わなければならない  何事とも知らぬながら  何事もいわざりき  何事をも自らのために弁ぜざりき  何事でも知りすぎている  何事にもよく気がつかれますよ  何事をも語らなかつた  何事をも捨てた  何事か考え込んでいる  何事も書いてありませんでしたが  何事もない清浄な妻として考えていたい  何事も口の先でごにゃごにゃと国民に分からせない  何事か演説している  何事か述べはじめた  何事もいわなかった  何事も夫から聴こうとしなかった  何事も仕出かさなかった  何事も仕出かさない  何事も覚えていない  何事も諦らめているらしく見えた  何事にも理窟が先に立つ  何事もなく静かにすぎたが  何事か考え込んでしまった  何事かを調べた  何事かを決心した  何事か考えている  何事もなくこのまま静かにすごされるであろうか  何事か心配している  何事か夫人に耳打ちして  何事をかささやいた  何事が起っても  何事かと思つて常葉を先きに  何事や起こりたると  何事も憂ひなけれど  何事をも意識してゐなかつた  何事かを叫びつづける  何事もなくやはり眠っている  何事だろうと深くいぶかっている  何事かあってはと  何事が伏在している  何事にも抜群の成績を示した  何事かと聞けば  何事か判らなかった  何事も言いませんでした  何事をか命ずると  何事もよく通じますし  何事も定滞の  何事の前兆であるかは未だ分からぬ  何事であるかは知らぬが  何事も無く済めば  何事か火星人が大いに叫んでいるに  何事も無い事を告げているかとも思われた  何事もせずにはいられぬから  何事も手につきませんでした  何事かを暗示している  何事でも思う  何事も面倒くさくなったが  何事も水に流して  何事によらず知らないという  何事であるかというような論理を支えるには  何事もなかったように静まり返っている  何事にも自信がもてなくなる  何事をも知らざるに反して  何事をも知る  何事かを訴えるべく  何事か古木書記に口授し  何事も考えず  何事にも求めば  何事も包みて語らざるより察すれば  何事も語らず  何事か或る重大な疑問が解けた  何事かを命ずるや  何事かを云おうとした  何事かを黙祷する  何事も私の微力の致します  何事も知らないで  何事も許される  何事を報道しても  何事にまれおのれを殺す  何事ならんと驚いて  何事に驚いたかというと  何事かであり得るだろうか  何事も顧る事が出来ない  何事にも服従しなくてはならぬと  何事に付けても  何事をも誇張する  何事にかひどく驚いた  何事をも知り抜いてゐる  何事にも極く砕けて  何事かが起った  何事であるかと刀をぬいて  何事をやるか分らない  何事をやるか  何事をも考へ得なかつた  何事も包み隠す  何事もなかりしなる  何事だと問うた  何事が起こったかは  何事も神様におすがり申してゐ  何事も酸いも甘いも噛み  何事を措いても  何事にも頓着せずして  何事もよく之を諦むるものと諦むる能はさるものとの別あり  何事か思い付いたと見えて  何事も忘れて  何事かと眼をそばだてて  何事も知らないから  何事も言わずに働いてる  何事も話して聞かせない  何事も私に話して聞かせて下さらない  何事も為てくれなくても  何事が起ったかと言った  何事も夫が見せまいとする  何事も知りませんからネ  何事も外部のことを知らずにいる  何事もしない  何事もそんなことは知らないから  何事も遅れ  何事もその時逢着した  何事も無しに済んだ  何事もないのを見さだめて帰って来ると  何事も無く翌日になったが  何事かを囁いたりした  何事かを真に強烈に得たいと望んだ  何事かを教える  何事にもかの大使徒たちに劣らざりし  何事をするにも  何事にも精神を後にして  何事も内分に済ませる  何事にも虫を殺して  何事を意味するかが  何事を掛合に及候ても無滞  何事か云いたげに立っていた  何事もなく離してくれた  何事もふむふむと聞いているので  何事でも聞いてやらうと  何事も只犠牲になる  何事か訳の解らぬ  何事も耳にはいらない  何事かと眼をそばだてている  何事も話さなかった  何事も達雄さんは知るまいが  何事も為すってい  何事も知りませんでしたよ  何事もしていません  何事も用が有りませんが  何事を為てる  何事も言えなかった  何事でも話せるが  何事も言出さず  何事も言出さずに帰って行く  何事も言う  何事も言わん  何事かと聞き質すと  何事かに思いあたったらしく  何事も考えてさえいない  何事にもこの御気象が随いて廻る  何事もそのときどきの回り合わせ  何事が起こったかという  何事もよくいっている  何事もみんな物珍らしいことはこの四ツ角に立って  何事も明日にしようと  何事も起り  何事でも教育を授けない  何事にせよ  何事と問ふ  何事もぼんやりとしか答えなかった  何事よりも字句の意味から筆を起す  何事を語るか  何事でも一通りは知っている  何事と問う  何事も手につかず  何事でも一通りは知つて居る  何事にでも興味さへ感ずれば  何事かがあるに  何事もないツインコタの生活が続いて往く  何事も大目に見ておったのでな  何事をか祈っているらしかった  何事か予に命じた  何事も至誠を心となし  何事かを考えさせられ  何事かわかりはしまいか  何事も知らなかったので  何事も一寸のばしにする  何事たるかを調べてみよう  何事の知識も持たない  何事をも言わない  何事も私にまかすといふ  何事もない平和な日々ですら常におどおどし  何事があったであろうか  何事が考えられているかと云えば  何事も知らぬと  何事か起っていはしないかと  何事をか声高に話しながらゆく  何事をか語り何事をか笑い  何事をかひそひそと話しあっている  何事をか笑った  何事を思いついた  何事かつぶやいていた  何事かして  何事かと窓によってみると  何事を考えた  何事も他人の為に辞せない  何事も知らざりしという  何事を仕出かすかも知れないという  何事も遠慮をしてはいかんよ  何事も偽り  何事でも差し  何事も承知した  何事を捨て  何事のありしかは知らず  何事も控え目にしている  何事もなくハルピンに着きました  何事かと岡倉さんは思って  何事も居所が確かり定まっての  何事も自力一方でやって来た  何事も平尾さんの手でやってしまうという  何事も打ち明け  何事も因縁時節と観ずる  何事が私に残つてゐるか  何事にも逆わず身を任せて行く  何事をか話し  何事をか思い出した  何事も研究してみると  何事を行ふこともできないだけで  何事をかいはんとする  何事も根から葉から堀かへして  何事でもわかる  何事を学ぶべきかについて  何事もこれまでの定まる  何事をか貪る  何事も上達はせん  何事かを言っていなければ  何事によれ  何事かを託していた  何事にございましょうか  何事かが起ったらしく  何事かと思いました  何事と驚く  何事かにわかに思い出して  何事かをいい合いながら  何事か頬を赤めながら  何事かを発言する  何事に使用する  何事か頼まれると  何事ともわきまえ  何事につけ  何事も致しませぬ  何事に限らず  何事もわからないで  何事かを低声で囁きあった  何事も墓穴の中に在ると思うよ  何事かは知らず  何事も打ち開けて下さらない  何事かと思いながら  何事か存じませぬが  何事もなく一生過ごせる  何事も拒めず  何事が起りましたか  何事ならんとお梨江嬢の倒れた  何事か密談したという  何事か起るべく思われて  何事を置いても  何事もありませんでしたけれども  何事も手につかずに考え込んでいる  何事とも知らずに  何事かと驚いた  何事も主君を第一にして  何事も解決していない  何事も時のさだめ  何事だか分らなかったが  何事がおこりましたか  何事も人に語るな  何事も知りません  何事を差置いても  何事もありません  何事でも出来る  何事にもジッと堪え忍ぶ  何事を策し  何事も語らないから  何事もないような顔つきにもどって  何事かに落胆しきった  何事が有りうる  何事かへ本気になったならば  何事も出来る  何事かを調べている  何事かは存ぜねど  何事かと思えば  何事か起るべくして  何事か胸に浮んだらしく  何事か叫びたつ  何事もなかったようになってからだ  何事かをはげしく否定する  何事もない平穏な日も父の茶屋酒は激しくなる  何事かと思うたれば  何事もつつまず  何事か依頼した  何事をさせるかと思えば  何事もなく和した  何事もねつうやる  何事も素直にいわぬと  何事も申し立てて  何事にも行届きし  何事かありしと  何事も申しません  何事にも見た目があれば  何事をか囁いて笑い  何事かと思うと  何事だらうかと私は思ふ  何事をか差図をします  何事か言おうとする  何事もなかつたやうに体操を続けた  何事も子供と年寄に免じて  何事もなく明けた  何事か深く考えている  何事か協議していた  何事にも用心深い彼が果して自身で受取りに来るか  何事ぞと驚いている  何事も聞く  何事も知らないと認めるより  何事か叫ぼうとすると  何事ぞと数多の人々が駈けつけたと云う  何事を訴えようとしていたか  何事のおわしますかは知らねども  何事を為し  何事か承っていたが  何事があろうと  何事か起ったな  何事かと参ってみると  何事も変らず  何事かに凝り固まって  何事も金金とわらひ  何事かを聞かんとしている  何事を追求してみる  何事にも一個の見解を提出する  何事をか頼もうとする  何事を為さんとする  何事かこれにございましたか  何事がおこった  何事かと知って  何事を爲し  何事にも促らわれず  何事か快楽といふものなくては月日を送る  何事かの希望を蓄へて進みつ  何事にも欧米の慣習を鵜呑にする  何事でも三段論法で断言される  何事も独創でなければならない  何事も皆変りはてて  何事が起きたか  何事も起きず  何事も無かつたような顏をして  何事も実現する  何事も答えてはならんと  何事が謀られた  何事が起っても登って来るな  何事か息をせいて駈けて来た  何事にも執念く  何事も精しく調査したらしく思われる  何事も物珍らしく思われるが  何事が出来ようぞ  何事をか危害を与へて遣りたいと  何事ならんと馳せ集まった  何事をも思はず  何事をなし来りたるかを  何事をも知らず  何事も永続きのしない  何事を思ひ  何事ぞとみかへれば  何事も見  何事かと驚いて起きて来た  何事も取り合わないで下さい  何事も消極的に退  何事も見ぬ振で  何事にも理解の届いた  何事にもかくしへ  何事が起っていた  何事かとみな顔をそろえた  何事も白露と消えましょう  何事も忍び  何事にも黙っていなければならなかった  何事とも知らず  何事をか言い罵っている  何事も此れ  何事もなかったように忘れましょう  何事も云い出し  何事にも諦め  何事に煩わされるという  何事をか企てねばならぬ  何事ぞ互に劍磨ぎ  何事かを貫徹して生きる  何事も申しあわせて  何事をも共同でやっていた  何事も娘が帰ってから  何事かを祷る  何事か大きな憂い事がある  何事もおれには語らない  何事も存じ申さぬ  何事か言いたてようとする  何事か決心した  何事をかわかりたいとして  何事も正直に答えた  何事をか語っていた  何事もなくすんだ  何事かを懇談していた  何事も受け身に受けていた  何事も下にくだって  何事もおしのび給わって  何事にも寸法をとって  何事も女で育って行く  何事かおっ始まってるに  何事もなかった朝にさえずり出した  何事も差図などはせない  何事もさせず  何事もなく経過した  何事にも手を着けない  何事も事実に説明された  何事か囁き合い  何事もなく済みまして  何事か起るに  何事か話合ふ  何事か屋久島の村民に宗門の話をしなかつたかといふ  何事か求める  何事かしきりに推賞してゐる  何事か一大事件を報告する  何事も敏活にはやらぬ  何事も自分より上手と敬しておった  何事もその辺を考えてやってくれい  何事かを命じていた  何事かといえば  何事もケチがつけてみたくなり  何事を喋って  何事を教わったかを  何事が始まった  何事かが突発して来た  何事をか注意し出したのに  何事かと思って起きて出ると  何事も謎のままで残っている  何事も言葉に表はされた  何事にも観察者の立場に立つ  何事を計算するか  何事かを表現すれば  何事にも気のつく  何事にも動じないでこ  何事かを低声に頼みこみ  何事にかかわらず  何事であらうと  何事にも首を延ばす  何事も記されていない  何事にも辻褄を合せたがる  何事に取りかかろうとする  何事かと驚いたらしく  何事にも唯々と従っているしか  何事も起らぬ  何事かと畏れながら  何事かを語らねばならぬが  何事も後へは退かぬ  何事か小声に語り合い  何事が始まるだろうと  何事もなかつた人間のやうな顔つきでゐたかつた  何事かを了解した  何事かを弁解しようとすれば  何事にも差出口をして  何事も考えたくなかった  何事もやがてよくなりますでしょう  何事にも興味と好奇心とを覚えて  何事も大呑込に呑込んで  何事もあけすけに打明話をしてくれる  何事も云ひかねて黙ってしまふと  何事も断然滅する  何事をも犠牲にする  何事にも負けてはならぬ  何事かをささやくと  何事も御家の外聞にはかえられぬと云う  何事も秘密ずくめで相談をまとめようと焦っていた  何事もはっきりとは云い切らない  何事だといきまいた  何事もみんな七蔵の罪になってしまって  何事もなしに過ぎて  何事もしのんで  何事もよう談合の上いたす  何事かをさし  何事もおまえにまかせる  何事かを思い出したらしく  何事も国家のためだと思い  何事を連合艦隊宛に頼んだ  何事かしばらく考えこんでいたが  何事も知らず  何事が起ったという  何事と仕出かすか判らない  何事も正直に申し立てた  何事もなく過ぎている  何事かを教えてやった  何事かを問いた  何事も行者様のお指図であると云って  何事かと思って覗いてみると  何事か知らんと思って  何事かタマリかねたらしく立ち上って  何事を仕向ける  何事を訴えようとした  何事かを耳打ちすると  何事をするでも  何事をか思いついて  何事が出来するかわからない  何事もなしに済ませたが  何事も主人のためと観念して  何事も口外してくれるなと  何事を差しおいても  何事もお上の耳にはいっている  何事もなく済んでしまった  何事かをささやいた  何事も泣き寝入りにして  何事も行ふことはできない  何事を仕出来そうとも  何事をか言わんとしたが  何事をか喃々と言いながら続け  何事をか喋々と饒舌り立てていた  何事か物思いをしていた  何事をか考えている  何事をも語らない  何事をか警戒している  何事もなく勤めていて  何事か起こったらしい  何事も見なかった  何事も秘密に葬るが  何事もお家には換えられぬという  何事かを思いついて  何事も神佛ならびに先祖の御蔭によることを思ひ  何事にもゲエテのやうに深入りしなかつた  何事ぶたずにべろりと咲いて  何事かを考え付いたので  何事かを祈っていた  何事か祈っている  何事が起こらないとも限らないので  何事もすぐ直接な火花や事の激突となり  何事も腹蔵なく問え  何事も大悟して  何事かを考え  何事も承知の上でシラを切っている  何事も自分の自由になる  何事も自分の自由にはならない  何事かを考えさせられた  何事をしている  何事かしでかして  何事をかささやくと  何事をか思いついた  何事か思入れよろしくやる  何事も無く勤務して  何事か出来するだろうと  何事かをみとめた  何事かに依って  何事が起りましたかな  何事も知る  何事に対しても信用すべき  何事をも命じうる  何事も分らなくなってしまった  何事か思い出したとみえて  何事も信ぜられなくなり  何事かを獨逸語まじりに話してゐる  何事かを抑し堪へた  何事をも包みたがるという  何事があるかという  何事も言うには及ばん  何事をか話している  何事も知らないと云った  何事もなくて過ぎた  何事も無しに忽ち鎮まってしまう  何事もなく暮らしていた  何事も知らないと云い切った  何事をも思い浮べる  何事を言う  何事もはじまらない  何事も申しあげかねる  何事が起りつつあるかを感ぜざる  何事をもじっと考える  何事も語らずに  何事もなく北風を寒い国へ吹きやった  何事もなく過ぎた  何事が起りつつあるだろうかを  何事も耳にしてくれなければ  何事かを語らうとする  何事が起りました  何事も研究して出来ない  何事も出来ない  何事をか語らう  何事にも食物の事を利用せんとするは  何事もその通りで一つ品物を色々に料理して  何事にも応用法を説く  何事かを思はうと努めたが  何事かと聞いたので  何事も言はずに逃げるが  何事もお気にとめて居られない  何事の有らんやの  何事にも既に御興趣を失ひなされた  何事にもお気乗りしないらしく  何事もおつしやらず  何事か有らんや  何事もなかつたやうに静かに御酒盃をおふくみになられました  何事も将軍家を御信頼して  何事の祈  何事も思はず  何事か君知るべき  何事も足らぬ  何事も親切にしてくれます  何事にも自分の責任を遁れたがる  何事も無智識無経験という事が一番困るので  何事も研究せざれば  何事をか語ゐたるを呼びて  何事とも弁へねど  何事をかつぶやきつつも  何事にまれ正面に其問題に立向つて底の底まで究めようとせずにゐられぬ  何事かを始めてゐるだらうか  何事にも驚かずに  何事を仕出来そうとも  何事も確かな事は云われないが  何事かを予期して  何事かを喚くと  何事に対しても寛大になっているので  何事も思わず  何事も無かったような澄ました  何事に於いても  何事を意味するか  何事をも努めて  何事でも順序を立てて考へる  何事もできない  何事も打明け談ずる  何事か不慮の災あらん  何事もなくて住み続ける  何事をか語ろうとしている  何事も善意に解釈してください  何事が起りましょうとも  何事もなしえない  何事を見るにつけ  何事か気がついた  何事も貴女に仰  何事をか云おうとしたが  何事も考えない  何事か決意を頷く  何事か喋っている  何事にも類例はあると思ふ  何事かの欠如に帰して考えようとする  何事とも知れぬ  何事に就て語合っている  何事を語る  何事に拘らず  何事か話合っていた  何事があろうという  何事か話合っている  何事もなく御立ちになってしまいました  何事かと胸を轟かせながら  何事もなくすぎましたが  何事か話して居るではございませんか  何事も手につかなかった  何事を述懐された  何事だろうと思った  何事をも写すを  何事もよくおわかりになります  何事も言い兼ねる  何事が起るであろうかという  何事か出来ると  何事も話をしていない  何事かを読みとろうという  何事もありませんでしたが  何事も明すけに  何事か耳許へ囁いた  何事か思い出した  何事も包まず隠さず申し上げますが  何事も無かったように笑いかけると  何事も無さそうにして  何事か囁いた  何事も茶にしてすまそうとする  何事にもかへがたく覚  何事もただ首肯くのみにて  何事によらずかへ  何事も言はずなりし  何事を見るにつけても  何事だと言いたい  何事よりも経済学を無視しているという  何事にも欺かれる  何事でもイエスに話せ  何事も無かったような顔をしていた  何事もあつたのではあるまいと流石に胸をときめかせながら  何事をも受けいれると  何事も意のごとくに出来ん  何事をも考えておらぬ  何事をも語らぬ  何事もなく千曲川に沿ってゆくだけだが  何事かといったような顔つきで僕のほうを見はじめた  何事かを計画するという  何事も存じませんが  何事かは存ぜねども  何事をも為し得ないとは  何事にも希望を抱かぬ  何事をも知らぬ  何事をもしなかった  何事をも為さぬ  何事も益々分らなくなるばっかりだ  何事がございましょうとも  何事か云いはじめた  何事にも打ち勝つて行く  何事にも興味をもたない  何事についても義務という言葉を口にした  何事にも熱心さを見せなかった  何事もできはしない  何事にも平気でいる  何事でもなしたかも知れなかった  何事も意識しなかった  何事もミルハに隠さないで  何事でも拒む  何事かと立ちつくしていたが  何事に対してでも  何事も仰せ  何事もしばし堪忍せよ  何事だろうと驚きましたが  何事も忘れ果てていた  何事か話をして  何事を相伝するにも  何事もなく済んでから  何事も決定しない  何事かひそひそ囁き交したる  何事にも口が出せなくなる  何事についてもよわ見なる  何事も思はじ思ひてなるべき  何事のいはるべき  何事も起らず  何事をか話しつ  何事も華やかに珍らしい気分になって行った  何事にも与らなかつたが  何事も昔の慣例に從はねばならなかつた  何事もなかったか検めようとして  何事もかつてその通りに起った  何事か起っていると云う  何事をも想いわたる  何事をか詰問する  何事をか捉へて口實にして  何事もなく漸くこの家に馴れて来  何事も手に着かないらしかった  何事であらうかと  何事もみな小さな町じゅうに伝わった  何事もなし得ないかの  何事も痛烈に非難し  何事も無駄にはならない  何事だか少しもわからない  何事にも一異説をたてねばを  何事かと思て行て見ると  何事が起こったかと  何事かあると  何事ぞや身は小官吏の乙娘に生まれて  何事と知らねど  何事かを叫んでゐる  何事をか考え込んで  何事にも盡す丈の手を盡さねば気が済まぬから  何事も有りません  何事も貴方へ説明する  何事もお気に留めず  何事をか話して居て  何事をか考え込んで居たが  何事をか考え考え外へ出る  何事をか語って居る  何事をか頼まれたので有ろうか  何事をか企んで居る  何事をか云って居る  何事だろうと余も顔を見上げてたが  何事かの秘密を看破せられ  何事だか察する  何事だか殆ど合点の行かぬ  何事にも用心の行き届く  何事も腹蔵なく打ち明け呉れと頼んで置いて  何事か細々と認めた  何事も為し得ぬ  何事をか考えたが  何事の密告で有ったか  何事もない様に充分計って置いたからと  何事にか感じた  何事もなり  何事をか書き附けてあるが  何事をか認めて有る  何事をか頻りに説明して居る  何事も心に移らぬ  何事かと外を窺いた  何事か合点し得ぬ  何事も面白く行かぬと思い  何事ともまだ分らないが  何事もないように空も澄んでいるが  何事にもはきはき答えた  何事か囁いでゐるばかりで  何事も知らずに眠った  何事も知らずに浮かんでいる  何事も許されると  何事かひそひそ相談してゐたが  何事も突き詰める  何事か一意専心演説を試みてゐる  何事でも承たまわりましょう  何事も手につきかねた  何事か婆さん聲を張上げて  何事も触れていない  何事も知らないからであろう  何事かを暗示する  何事をも考えさせない  何事でも言葉では言い  何事か繰り返してささやくと  何事でも素直にお受けして  何事もなかったらしいようなおかしい現象を生じている  何事をも進行させてゐないが  何事か重大な暗示をしようと努めており  何事もなくすぎました  何事も無くて済むが  何事を申そうという  何事も知らぬ顔して  何事の御手助けなりとも致しましても  何事なりとも御意のまにまに致しまするとの  何事をもたじたじにさせた  何事か案じて居た  何事をも信じない  何事にたいしても示す  何事でもすぐにわかる  何事にも面白がる  何事かを肯定して  何事も絶えぬ  何事でも用心深くやって行く  何事もなく過ぎました  何事もないらしい様子を見澄まし  何事を語って行ったろう  何事か笑い興ずる  何事が起ったかを感づいて  何事も世の中には知れなかった  何事も知らぬ顔をして過す  何事もすがっては居たけれども  何事か話した  何事かを書いて  何事かヒソヒソと打合わせている  何事もなかった処を見ると  何事も明日にしては  何事も口には出さなかった  何事か知りたかった  何事も隠さない  何事もいやがり  何事も母親に氣をかね  何事も此の方が早分りがする  何事も思わず開けて入り  何事も考へられぬ  何事かひそ  何事も考えられぬ  何事かの夢に魘されておびえ泣いてる  何事が起ころうと  何事もなかったふうに思われた  何事か起り  何事もないような睡い  何事もなかつたやうにすぐ離れて  何事もなかったようにすぐ離れて  何事もないような顔をして  何事でも思い切って  何事でも無条件に信じ得る  何事でげすかな  何事かかき付くる  何事をいふとも知れず  何事をか訴へ引留むるが如く  何事もなく年月を送り  何事を意味する  何事もないように答えた  何事もなさない  何事も彼の気をそこなわなかった  何事をも子供たちの自由に任せなかった  何事も徹底して  何事も思いとまるより  何事もなかったように金色の光を放って立たせたまう  何事の憂きか残らん  何事をも隠  何事と彼方を見れば  何事が出来せ  何事があるとも  何事やらんと駆け上がりたる  何事か警視に耳語せり  何事か知りませぬが  何事も解しかぬ  何事もなく植えられた  何事も諦めきれない  何事も洩らさず聞きとるに  何事をも肯定している  何事も落付いて話す  何事もした  何事も厭になる  何事にも心を乱しません  何事をも苦にしなかった  何事にも興味を覚えなかった  何事も教えてはくれなかった  何事も起こらないという  何事にも私に同意し  何事をも容しあひ  何事にも驚かぬ  何事よりも締めくくるべきは  何事を祈り  何事もしていないで  何事かしている  何事に対しても私の意見に異議を唱える  何事もいうべき  何事か決断しなければならぬという  何事か恐ろしいことが起こった  何事か積極的にしなければなるまい  何事か特別な計画を心中に持っていらっしゃる  何事をも心にかくしておく  何事か突然の事故にて葬り去り給え  何事もこの峰から流れ出た  何事もなされていなかった  何事かしなければならぬとあれば  何事か起こって  何事かは起こった  何事にも増して  何事にも頓着せぬと云う  何事をか言ひ  何事を言ひしか分からざりきと  何事を言ひしか明かならず  何事をもそれに当て嵌める  何事も友達の勝手にさせて置く  何事にも興味をもっていた  何事も起こりゃしないよ  何事にも実際どおりに見たり読んだりしてはいなかった  何事にも全身を打ちこみはしない  何事も彼女をその平静さから脱せさせる  何事にも親切でありたがる  何事も彼には閉ざされてしまった  何事もくり返される  何事をも解決しはしないし  何事も書き残しておくまいと思う  何事でも相談しなければいけぬと  何事かしゃべって居る  何事も悪くは思わせない  何事もあらざるなり  何事も皆珍しくおもしろく思われた  何事も空想した  何事も大げさに触れ回る  何事も彼らの言う  何事も父の耳に入れなかった  何事もお前の量見  何事も腹蔵なく申し上げ  何事かを促す  何事も想像していた  何事も胸中を御推察くだすって  何事のあるとも知らずに  何事も断ぜられ  何事も悲しみのためにわかりませんので  何事も素知らぬ顔で二条の院へ斎宮を迎えて  何事もなしうる  何事ももうとくにあきらめた  何事も無力な母のそばにおりましては  何事も姫君の幸福を先にして考えねばならぬと  何事も深くはお感じにならなかった  何事かを頼んで行った  何事も自分の意志のとおりになる  何事か熟思する  何事かを指示す  何事も明瞭と申上げまッしょう  何事が始まる  何事も加勢してくれますからね  何事も言わずに  何事も豊後介の至誠の賜物であることを玉鬘も認めていたし  何事にも清めという  何事も順調に行くと喜んで  何事を現わすにも  何事かえ知らぬ  何事をも説いた  何事も隠し合わない  何事をも考えなかった  何事についても相談し合った  何事をも期待しなかった  何事にもどうした  何事の上にでも第一夫人として立てておられますよ  何事を本庁に届けるにも  何事ぞとする  何事をなせるやとて  何事か囁く  何事にまれ本家が本家がと立て  何事であったかいぶかしいと院に申し上げて見たく思い  何事にも執着になるほどの  何事と眺むれば  何事か嬉しさうに話し  何事をも言わず  何事をか為さしめ  何事にも女は人の慰めになる  何事にも控え目になっている  何事の上にも自意識が薄くてなるにまかせている  何事に限らず話し合う  何事も無常の人世なのであるからと冷静に考えては見ぬ  何事も犠牲にして  何事がありましても  何事もなさそうに私を迎えた  何事も宿命と覚悟をきめていた  何事も無事に治まったからね  何事も並み並みに平凡にならぬ  何事にもあなたのお心持ちをそのまま行なわせていただけば  何事があるかも聞かず  何事もきれいに整い過ぎた  何事もあさはかになって  何事かに気附き  何事でも困ると  何事でもいつでも穏便に納まってしまいます  何事か大声で怒鳴っていた  何事もないのを感じた  何事かを饒舌らずにはいられなかった  何事も出来ませんわ  何事か待ち受けるかの  何事か湧き起って来るであろうと  何事も計画は直ちに実行に移していく  何事かあるに  何事が起るか  何事ばしあるとな  何事であろうと思って  何事をか物し  何事も手に付きはしませず  何事も打ちあけ合う  何事も宇治の人を離れては思う  何事にも天才を持って  何事を起こそうとあそばす  何事もないと聞かされて  何事も知れない  何事かは知らぬが  何事も手につかぬので  何事も極力秘密に運ぼうとし  何事も宿命によるのだとあきらめて  何事か面白相に語らい行くに  何事をか長らく語らいけん  何事をか声高く語り  何事をか話しながら歩いて行く  何事か非常なる事件でも起つた  何事かを知っている  何事か重大なことがらの知らせが怪紳士のところへ届いた  何事かを説明するに  何事も相談する  何事かと思って見上げましたら  何事をなして  何事にも率先して  何事をも語らないので  何事もその意で聞いて貰わなければならない  何事も出来ず  何事ならんと頭を擡げて見れば  何事にやと問へば今宿舎を転ずるなりといふ  何事に於いても負けたくない  何事も意に介さぬという  何事かあらう  何事をも明日に譲つて恬然としてゐたがる  何事か考えまわしているらしかったが  何事か思い当ったらしく  何事も唯だ一時の境遇に縛らる  何事かを為ざるべからず  何事にも怺えて笑っている  何事の用だと言ふ  何事でも彼女の賛同なしには行らないといつた  何事をする  何事かを叫んでゐたが  何事も因果の致す  何事も仏様の道を守って  何事も胸に納めて知らぬ  何事もなく素通りをしてしまった  何事でも暗んじている  何事にも勝手な意見を持ち出すし  何事にも冷やかな沈黙を守る  何事も決断出来ない  何事かを祈っていたが  何事でも中間を行く  何事をかお役人に見咎められた  何事につけても逆らわぬ  何事をかお役人に見とがめられた  何事ぞいつも三の神輿をかつぎ出された  何事も志と違って  何事に対しても部分に偏せず  何事よりもこれは大革命の端緒となる  何事か自然のユーモアとなって  何事も色に出した  何事も知っていて  何事か皆かき消えて進んでいる  何事をも考えていない  何事をも知らない  何事も別れてゐた  何事も余り世話焼き致さぬが  何事を知らせ居ると判る  何事も祈れば  何事も叶うとしたらしい  何事かささやいて  何事かと来てみれば  何事もなく退散してしまった  何事もなく帰って来たというこった  何事か諜しあって  何事もないようにどこかへ隠した  何事に当ろうと  何事か膝づめで密談していた  何事も手軽なりしなるべし  何事もなく次第にすんでゆくという  何事にも専門的に進んで行く  何事かを聞きだす  何事もお主のためと観念して  何事も出  何事も任かせ  何事にて御在するぞ  何事か暫し囁きしが  何事もなく暮せし  何事か物問ふ  何事を始めたるぞ  何事かあって  何事にたいしても仮借しない  何事も自分の内奥から抽き出さねばならなかつた  何事も上帝の思し召しのままと諦めるべく教える  何事も恥かしうのみ  何事も聞はべらず  何事にも義理で処決した  何事にも改良熱が充満していた  何事もなく身は船中に転寝していた  何事かと思って出て来られましたが  何事をも意味しないといえるであろうか  何事もして来なかったと云えるでしょうか  何事か問うて見た  何事でもござりませぬ  何事も言ふ  何事をなすも  何事に就ても異説がないとしたら  何事も無くて済みましたが  何事もしたくない  何事か言ひ  何事にも手を出さず  何事もおほせ出だされず  何事に因らず  何事も凡てを哀しいまたとえ  何事か協議した  何事も運命と諦めるより  何事かを囁やいでゐる  何事も太政官の指圖なしには公のことの出  何事が始ま  何事も打ち明ける  何事かと思い  何事か深く思考に沈んでいる  何事にも触れないで  何事もできると考へてゐる  何事も処理していました  何事もしていない  何事かと云うと  何事か考えを整理する  何事にも順序があり  何事をも容赦せぬ  何事をか思い占めながら  何事か起ってい  何事もなさそうに寝そべっていた  何事も気づかずにいる  何事もなさそうな顔をして  何事も心に染まず  何事をか語りあいては微笑む  何事をかかしましく叫びつ笑いて  何事をも打ち忘れたら  何事をか声高に語らいつつ登りくるにあいたれどかれは  何事をも言わないとせられる  何事にも手に付かないし  何事に就けても  何事にも時機というものがある  何事を口走ろうとも  何事のためにまるみを帯た声音で終日鳴る  何事もなく家に帰った  何事にも穏かな素直な微笑みを洩らす  何事も言わないという  何事にも耳を傾けながら  何事も言いたがらず  何事かを決心されたかの  何事も仰し  何事か行われているが  何事か考えながら歩いていた  何事を考えだしている  何事にでも首を縦に振つた  何事をも拒まなかっただけの  何事かと思って近寄って見ると  何事だかわかりません  何事もわしに免じて  何事をも真に知り得ざる  何事をも眞に知り得ざる  何事かを思わせる  何事かと思って会うと  何事も前世にて犯せし  何事もきかず  何事も何事も水に流して  何事かなければならない  何事もなく過ぎてしまいました  何事もなく課業を済まして  何事の職司を有せずんばあらず  何事にも自由に従事するを許せり  何事も話なさなかつた  何事も忘れさせ  何事もなし得ないで  何事にも小器用な公高は小鳥を飼い馴らす  何事も隠さずに打明けねば  何事かしらんと怪しまずには居られませんでした  何事か耳語いている  何事をも怖化せんとあせる  何事もなく過ぎて行った  何事もないようにおっしゃる  何事かをきくと  何事であろうと考えた  何事をか思ひ出した  何事も分かりませんよ  何事もいつわらずに語った  何事をかささやき合おうとする  何事を仕いだ  何事にも見透しの  何事をなし得ようぞと  何事をも仕得まいぞ  何事を仕向けるかもしれない  何事をか言おうとする  何事も見透かした  何事をたくもうも知れぬ  何事も言わなかった  何事も申し上げる  何事も申しあげる  何事かを煩悶しているらしく  何事かと思って睡むい  何事か爲にする  何事をおいてもの  何事に対しても神のやうに静かに祈つてゐる  何事も話しをする  何事が出来た  何事をか知らうとしてゐる  何事にも軽々しくは動かされぬという  何事にもなり得ない  何事も今はなし得られる  何事か作者の企画に馳せ参ずる  何事をなさる  何事ぞと半ばは現の中に問い反せしに  何事かと訝りつつも行きて見れば  何事をも解せざる  何事でもぱつと口に出して  何事もうちあけて  何事か思いついたとみえて  何事もなかったようにゆきかけようとした  何事もとんと記憶えておりませぬ  何事か密告した  何事を語ったか  何事か思いついた  何事も知らぬ顔にヒッソリと静まり返っている  何事か思いつめた  何事も手前一存にては申しあげかねまする  何事か考えていた  何事か朝鮮の昔がしのばれる  何事も起らんで帰って来た  何事か考えていたが  何事かを掻き  何事も深く考え  何事にも真剣にならずにいられない  何事についても右といえば  何事かをしっかり言おうとして  何事が起きたの  何事も言はざるに如かず  何事も手につかぬ  何事も忘れていた  何事も手がつかなかった  何事もやった  何事にも相反する  何事だろうと申しましょう  何事がはじまるかといふ  何事も知らぬ顔でアトリエの書棚をあさつてゐた  何事があつたかも知らぬ  何事も語らなかつたから  何事も答へないであらう  何事かを思索してゐる  何事かを知り  何事ですかと皆から尋ねられた  何事も読み出し得なかった  何事も報いられぬ  何事をしても  何事も他人のために辞せない  何事かと聞き澄ましていると  何事が起こったか  何事をかささやいている  何事をかささやいていたとかいう  何事かしようという  何事も入らなかった  何事もなる  何事をもなし得ない  何事をも進ませずにはいられない  何事も無いのに出て来る  何事かと思って見ていた  何事も斯んな工合に手順よく運ばれてゆくので  何事かを言はうと  何事かを悟ったと見え  何事もおっしゃり  何事も別に気に懸けてはおらぬ  何事かと側に寄って見ると  何事も仰有り  何事も別に気に懸けては居らぬ  何事かあるだろうと思っていた  何事も独りで噛みしめてみる  何事か起りはしないかという  何事も思わなかった  何事かしきりに云っている  何事をそんなに緊張してゐた  何事かを調べていたという  何事もおもわずに  何事も実践に依らなければ  何事ぞと訊けば  何事かを絶叫し  何事にも声を出して笑い  何事か一心不乱に書いた  何事もなかったような平和な顔をしていた  何事か博士に向って尋ねている  何事をなし得るであろうか  何事も落付けない  何事かを引き起さずにはすまない  何事も先とは打って変わりて  何事をかささやきつ  何事も派手に押し出してする  何事のあるぞと思いつつ  何事にでも誤解だらけで困るので  何事をも忍んで  何事とも知らないが  何事かの考えに注意を奪われていた  何事が起りつつあるか  何事も未だ起っていない  何事かが起らんとしつつある  何事も遂に起こらない  何事が起こっている  何事かを知っているらしいが  何事か始まったかなと思った  何事かを怪人集団に対してなさねば  何事か決心したらしく  何事も大がいは黙って通す  何事が起りつつあるかを  何事を知っている  何事もなく通りすぎた  何事か昔を語り合い  何事を巧もうも知れませぬ  何事も思うが  何事を申し出  何事もお前さまのお心に問うて  何事かをやらかさずにはおくまいが  何事ならんとかけつけてきた  何事か起るぞ  何事を由子に強制したであらうか  何事も知らなかつた  何事をしてゐた  何事をなすべきであらう  何事も心に期してゐなかつた  何事につけても死ぬまでの  何事を言ひ  何事を思ひだす  何事でも自分で行つて見た  何事も考へぬ  何事も云う能わずして  何事も云う能わずして死せり  何事かを意味する  何事もなく別れた  何事にも例外はある  何事をもいわぬが  何事を示す  何事をも敢えてなさなかった  何事にも役立たないであろう  何事も起こっていない  何事も実証的に推論できる  何事でも人の寄る  何事かを語るが如く祈るが  何事を語りつつある  何事にも興味が持てなくなっている  何事かをさとった  何事も内分に済せて  何事もなかったように茶を飲み干した  何事も起こさず  何事もチャンスによってきまる  何事かうなづき  何事か囁くかの  何事か起りたるとは知らぬにあらねど  何事かが関係していた  何事も娵に従って来た  何事かをドルヴァル夫人の耳に囁いた  何事も根本さえ飲み込む  何事の起りしかを感知して  何事もなかったと答えると  何事かなければよいがと蔭でいろいろの噂をしていた  何事ぞと言はせようとした  何事か大変なことが起りかけている  何事も二日に現れた  何事かを祈念して居る  何事も心得て居るらしく  何事によらず変った  何事をも忘れたり  何事の相談ぞと耳そばだつれど  何事も聞えぬ  何事も云うまいとするから  何事かと怪しむ如く  何事をか思い出せし如く  何事をも言立ざりしかど彼が己の女房を斯も罪人と思い詰めたる  何事もないやうに頬笑んで見せた  何事にも批判を加えて  何事かを喚いてゐた  何事も実用的でなければならぬ  何事も考へてを  何事もおもはんと一心にお念仏を唱へられよ  何事もなかったように静まり  何事も公平にし  何事をも見通す  何事にも必ず弊はある  何事も合理化せずにいられぬ  何事も合理化せずにゐられぬ  何事か脅す  何事か大声に主張している  何事をか考え付いた  何事かをなし得た  何事かをしたいという  何事かをなし得る  何事にも関係する  何事をか訴える  何事をも畏れ  何事につけても降られた  何事もないうちに夜が明けかかったので  何事を意味しようとも  何事がしるしてあった  何事もなかつたやうに靜かに一生を終へる  何事が起るかも知れないと思って  何事かを起さないでは居られない  何事か囁かれた  何事に触れても  何事か起ってしまえば  何事もなく終り  何事もなしに済んだ  何事かを考えさせずには置かない  何事を改めてやりだせという  何事を改めてやりだせといふ  何事にまれ言葉が用意されている  何事も私にお隠し遊ばした  何事に依らず見た  何事も知らせまい知らせまいとしていた  何事も知っていよう  何事も無くて済みました  何事も包まずに  何事かわからずに  何事かと驚きまして  何事にまれ言葉が用意されてゐる  何事をも容れ得ぬほどに  何事をも意に介せぬごとく  何事も弁えぬ  何事も道理によらずして  何事もなくすぎて来た  何事もないように騒いでいる  何事か思い決した  何事もわが意の儘に左右し得る  何事か意味あり  何事か相談して居たが  何事も日本風を好みまして  何事もずばずばとは言い切らないで  何事にも興味を感ぜぬらしく見える  何事も言わない  何事も言い得ずに黙ってしまっていた  何事かを知ろうとあせっている  何事も云わなかった  何事も日の恩と觀じてゐる  何事にもこだ  何事につけ彼は母のよろこびを見る  何事か符牒を用いて争って居るらしいので有ります  何事もみな成し  何事もまだきに来れ  何事かと思う  何事か呟く  何事にもかまわなかった  何事もうけつけず  何事を話そうとしているかが  何事もないように歩いていた  何事も旅人に呼びかけようとはしない  何事ならんと甲板に走り出るに  何事かと思ってついて行くと  何事にも用心深くなった  何事もなくてすんだかも知れなかった  何事も行われていないと思ってる  何事か瞑想に耽る  何事か祈る  何事もなく放免された  何事かと細目に開けた  何事もなく時がたつ  何事を話す  何事ぞというに  何事に就ても唯々諾々するのみ  何事に就ても都て其時代の有様を見て  何事も我身を謙りて  何事か思い当たったとみえる  何事か低声にいい含める  何事も調べ上げ  何事か耳へ吹き込むと  何事も途のふさがる  何事も酒がいわせる  何事かこの集会所の秘密を解くべき  何事も男子と同等の自由を与えないで置いて  何事も個人の自由意志に任すべき  何事にも先生にゆずる  何事にもとくべつに頭をつかって考えたりする  何事をか企てようとした  何事も残らず打明けて  何事かありはしないかという  何事も具体的のことをいうだけの  何事も心の中に押し付けてしまはう  何事が起こりましたかな  何事にも人を頼まず  何事も無かつたやうな顏をして  何事でもやり  何事にかぎらず  何事も知らないので  何事をも承知しぬいていただけ  何事も目に立たない  何事も気のつかない  何事も皆自分が為した  何事も申上げる  何事も耳に聴えぬ  何事かじいっと考え込んでいた  何事を言った  何事を仕掛けた  何事にも契約書といふものが要りますねえ  何事もじつと我慢するより  何事も記憶らしい記憶は残っていない  何事かを一心に思ひ出さうと  何事かを思ひ出さうと  何事かを思ひ浮かべようと  何事かを暗示するに  何事ぞと存じ  何事にも勿体ぶろうという  何事かを教えられた  何事をかなした  何事も考えるまいと思ふても  何事か為させ  何事かでき  何事も言えない  何事か嬌声を弄しながら  何事だろうと思いながら  何事にも変通といふ事あり  何事についてもほとんど発言しなくなっていた  何事も妾は承り侍らず  何事やらむと立佇まれば  何事か呪文の如き事を口ずさみ  何事を語らひたり  何事をするぞと  何事のおはしますかは知らず  何事か狼狽しながら  何事か囁いて  何事も豪勢にやる  何事か企んでいると  何事を私が言い得ようか  何事かをつぶやきながら  何事も相談せざる  何事も老人の耳に入らずして  何事を経営して  何事でも底まで追究しなければ止まない  何事にも誠にハッキリした  何事かをひそひそと囁いた  何事かを語りだした  何事かをさとり  何事か小声で囁いた  何事か云い  何事か深い決心をした  何事かを覚った  何事か訊問されていた  何事か記憶を思い浮かべるかの  何事を行うにも  何事をか報告して来る  何事もあらず  何事を省みる  何事か関心を持ったらしい  何事かに気がついたと見えて  何事も私が代弁で申し上げます  何事も言わず  何事もいふ  何事もないと云い  何事がおこったという  何事をも感ぜぬらしく  何事にも珍らし物喰ひの  何事も考へてゐない  何事か考へ込む  何事ぞと思ひしに  何事をき  何事をもおそれず  何事をも其人に語るまじ  何事もわからなくなった  何事も無かったように元気になっていた  何事もしゃべってはならぬという  何事かをしゃべらせるという  何事をも聞き知るべきの  何事も御意にござりますると  何事をか深く考へゐる  何事をも直ぐやかには聞かず  何事も尋常茶飯の間に扱っている  何事も三浦さんに相談している  何事をも知るをえざれば  何事をかよばはりゐたり  何事かを語っていますね  何事もなく帰りました  何事か命令を下した  何事か囁やいた  何事か囁やきつつ  何事か決心をした  何事も現実でなければならぬ  何事も優雅で自分へ有利に料理する  何事にも肩を入れて呉れない  何事か話をなし  何事の前兆にてもあらざりき  何事も覚えぬ  何事が行われた  何事かの必要がある  何事かによつて媒介される  何事をも貫徹する  何事も説明されない  何事にも遮断せらる  何事も語らない  何事も口へ出しませんでした  何事もいえなかった  何事なしに納まるやろ  何事も不調法なる私うちの人の立腹も無理はござりませぬが  何事もお聞かせ申さぬが  何事も安心して  何事にも強く感動する  何事をしようと  何事かを強ひる  何事も思うに任せません  何事も知られていない  何事をもじ  何事かについてあせっている  何事でも完全の域に達する  何事を期待すべきであろうか  何事もえい  何事もおもほえず  何事も考えられなくなった  何事か考へてゐる  何事の苦しかりける  何事を云い出さるるやら  何事も知らせずにおき  何事に逢うても  何事も意識の毒汁の中に浸さずにはいられぬ  何事にもかえ  何事をも悪い方へ悪い方へと解釈する  何事か笑ひ興じてゐた  何事かと出て見ると  何事を語るであろう  何事をも為し得ぬ  何事のおはしますかを知らねども  何事にも好く  何事もなかったように弾力を回復して  何事にもこせこせしない  何事も隠さず云って頂きたい  何事かの手筈が決められた  何事が次いで起らなかつたにしても  何事に最も苦しんだかというと  何事をも難しとする  何事も成就し得ない  何事もお答えする  何事と思つて抱きあげると  何事につけ僕を頼り  何事にもあれこれであるが如く認め  何事もこれらの標準によりて  何事も容易に爲し得たかの如く書いてあるが  何事も得  何事を爲しても  何事も一々徹底する  何事にも全氣全念全力を以て打對はれた  何事も自然に比すれば  何事も神の聖意より出でざる  何事かを教へられるとすれば  何事をか意味する  何事もなさそうにしている  何事も知らないでいる  何事もなさそうに上がっていた  何事も変ずる  何事にさうまで  何事によらず追いつめられる  何事を望む  何事かを成し得るであらう  何事が起ろうと  何事かが起らなくてはなりません  何事もあわてすぎたくはありませんね  何事もわかっていないからである  何事も起る  何事によっても事務上の主要問題からはそらされる  何事もここまでで程よい生き方なりと心にきめる  何事もおぼしめしの  何事もおかしいのだ真面目に苦しむ  何事をも法治国化したくありません  何事もなかったものと見え  何事もなかったと云っている  何事か危険の身に迫る  何事かと振りかえってみると  何事か変った  何事か心に変化の生じた  何事をか期していられる  何事もなく月日を送って居ります  何事も自分がする  何事にしましても  何事をも考えたくない  何事をするも  何事が起ったろうと  何事が起つたらうと思ひ思ひ  何事か熱心に談じている  何事か条件を持出しているらしく  何事か囁いている  何事も知るまいと思いきや  何事も水にして渡れば替る  何事も伝はつてゐない  何事にも軋轢し合った  何事が起きるか知れた  何事かを祈る  何事もなく山の中の一軒屋に帰って来る  何事も心臓でもって  何事も心臓から出て  何事についても娘の好む  何事かを爲さんと欲する  何事にも用ゐられて  何事も自然に判る  何事をか念じているらしい  何事もなしに済んだかも知れなかったが  何事もないと答えた  何事もなく暮らしていたが  

~ 何事[名詞]1
今に何事かが  人だかりがして来たので何事が  人々は何事かを  智恵あらざれば何事も  智恵あれば何事をも  うちにて何事をか  この世に何事が  末になってから何事か  ばいたはる何事も  文学者にとって何事でも  風ふいて何事も  己にめんじて何事も  五郎三郎は何事かと  間には何事も  鶯が何事か  額を突き合わして何事か  模倣するとは何事  調神社に集まって何事かを  ジェスチュアをもつて何事かを  青森に着いても何事も  ことは何事も  ベートーヴェンに抗う何事をも  ために何事かを  私は何事も  これは何事をも  二三日は何事も  中から何事かを  余は何事に  人は何事にても  ほかの何事も  ところに何事かを  これ浮気以外に何事も  王が何事も  相手に何事かを  自分では何事も  人間に何事も  世界に何事も  碌々として何事をも  婆やは何事を  次は何事も  涙を拭いながら何事も  そこには言うべき何事も  前には何事を  彼女は何事も  他の何事も  彼等こそ何事を  慧鶴は何事かに  君には何事か  力だけで何事も  人聲は何事ぞと  方で黙って仕舞ったので何事も  若者一個庭前にて何事を  急に何事かに  あれは何事  坊さんに何事かを  言葉をもって何事かを  まともに出くわすまでは何事も  夫婦のはうでも何事かと  彼には何事も  心配かけねえとは何事  外には何事も  小夜が何事  ほかの何事をも  昨夜は何事も  言葉以外の何事をも  太平には何事も  ボートは何事も  キミ子は何事も  者は何事に  私に何事も  一重向うに何事をか  男も何事か  文を取り上げて何事と  これを読んで何事をも  時間に遅れるとは何事  候は何事にて  予は何事も  住民は何事も  根本においては何事も  胸に秘めて何事も  家で何事にも  スタニスラウスは何事に  熱心に何事か  精神一到何事か  一同黙然として何事か  聴耳を立てて何事か  人生に何事かを  わたくしは何事に  図する何事か  仲間に何事かを  一夜は何事をも  頃ヴエスヴイアス山は何事も  それだけで何事も  やうに何事も  ほかには何事も  以上に何事をも  意識を通らない何事をも  人が来たるべき何事かを  彼は何事をも  家伝とは何事  それきりで何事も  実験室へ入って何事をか  つては何事も  誰にも何事も  のほかに何事も  わたしは何事に  ことを何事も  事件については何事も  彼は何事に  彼が何事にも  あいだに何事をか  理由を知らぬだけに何事かと  会見について何事をか  必要上から何事でも  最初は何事も  折には何事も  夢では何事も  者も何事かと  峠に何事が  目を通して何事も  峰では何事も  調子なので何事が  熊手を取りに来れば何事も  月給を取りて何事を  物は何事も  土へ押しあてて何事か  小田さんに向かって何事をか  腰を下ろして何事か  云へるが何事も  中に於ける何事も  場で何事が  御国恩とは何事を  天誅とは何事  告ぐるに何事を  わが身は何事を  今は何事を  今後は何事を  書を読み何事を  おれは何事に  おれは何事が  連中は何事が  フランボーは何事か  家は何事に  佗びた女は何事かと  のは何事  やうに何事か  今となっては何事も  快活になって何事も  方は何事も  あたしは何事が  娘にむかつて何事も  日は何事も  人生は何事をも  場は何事も  小坂氏は何事も  外の何事も  膝つき合せれば何事でも  渡し場近所で何事か  二十五年間には何事か  千浪は何事も  本艇は何事も  ことは何事でも  留守中は何事も  風雲をながめて何事も  張飛に盗ませるとは何事  上に何事か  夫を愛すればこそ何事も  酒宴をひらくとは何事  日頃から何事もへ  書斎で何事か  有様は何事  帆村探偵は何事かを  人非人とは何事  私は何事が  中で何事でも  人形に何事が  物事に対して何事か  批評を読んで何事よりも  我れに何事をか  景は何事  男のいふ何事にも  戦は何事  騒ぎを振り仰いで何事か  音松を呼んで何事か  表面は何事も  彼は何事も  俺は何事を  彼は何事を  中に何事か  これは何事かが  昨夜課長は何事も  呉軍が何事か  私は何事によって  日本男子として何事  遇して何事をか  詩について何事かを  残念ながら何事も  半月ばかりは何事も  こは何事  丞相には何事を  其夜は何事も  父爺は何事も  父親は何事も  兵衞は何事に  兵衛は何事に  矢田津世子が何事を通して  私が何事を  ひとりで何事をか  国書を何事も  前に何事をも  山三郎は何事か  平生から何事も  頃まで何事も  一顰一笑が何事を  田舎ツぺえだと云つて嘲笑するとは何事  私が何事も  私等は何事も  沈黙してゐても何事も  庸三は何事が  鏡仕掛けとは何事  御者と何事か  息を弾ませながら何事も  ことについては考えるべき何事かが  ここに何事か  俺には何事も  状態では何事が  事に就いて何事をも  選挙中は何事も  選挙民の何事を  自分たちは何事も  兵営は何事も  先生は何事も  葉子は何事かと  禅僧は何事も  本間久雄君は何事にも  人だから何事かと  世間で何事かと  二人は何事も  正午時分までは何事も  ところでは何事も  人までが何事かと  額を合わせて何事か  指折して何事かを  そこには何事も  ためには何事でも  人が何事かと  女中は何事も  疲労れで何事も  結局は何事も  国には何事か  併し何事で  口々に何事かを  口に何事かを  夜が何事も  自分に何事が  味について何事か  高言は何事ぞと  世の中に何事も  それも何事も  一身には何事も  自分の何事を  時まで何事も  人に貸すとは何事  人物で何事も  云はば何事も  手真似と共に何事かを  なつて現れると何事も  日記として書き記すべき何事も  四代将軍家綱は何事も  前に何事かを  それに何事も  権兵衛が何事も  のち夜明けまで何事も  僕は何事も  疲勞して何事をも  騷ぐ聲に何事をも  中に何事かが  江戸に何事が  時間までは何事も  風情は何事に  中から何事も  少年たちの何事にも  歴史に何事かを  彼が何事も  いくらかは何事かを  少年は何事をかな  彼には何事かが  人殺しと云うは何事  顔は何事かに  位置にも何事も  條件について何事も  元日だけは何事も  真名古は何事も  早や何事も  真名古が何事か  隅に呼び集めて何事か  明確な何事をも  早口に何事かを  ハッチソンが喘ぎあえぎ何事か  ために何事も  私が何事かに  企らみ得ない何事も  栄蔵は何事  自分は何事でも  百姓どもが集まって来たって何事を  さは何事にも  秀吉に何事か  下手に何事か  者は何事かを  鳥獣を殺して食うとは何事  獄中の何事に  これで何事も  人に何事が  女にも何事も  天下に何事も  理智は何事をも  往来には何事も  ように何事か  数日間は何事よりも  かくの如く何事にも  関はらず何事でも  アラジンは何事かと  大地をぶっているので何事かと  北海道では何事も  秀夫は何事にも  彼等に何事かを  家風とは何事も  貞世は何事も  愛子が何事に  葉子は何事も  様子で何事が  ヘマをやっては何事も  なんどき何事が  一月ばかりは何事も  戸を叩いてゆするなぞとは何事  今では何事に  ことは何事に  んでは何事かを  翌日は何事も  牀几を動かず何事も  胸一つに何事も  後は何事も  これまで何事も  岡田は何事も  多忙は何事  就ては何事も  今日も何事か  敢て何事をも  間に何事も  女を殺そうとは何事  らあとは何事  私は何事よりも  以上の何事も  あなたは何事も  あなたが何事かを  調子で何事か  何事も何事も  自分一人が何事も  朝から何事も  葉子は何事に  ふだんは何事も  中での何事も  葉子は何事を  倉地は何事も  愛子は何事の  ためになら何事でもという  心持ちは何事も  許さるべき何事も  顔をして何事も  母に関しては何事も  用心を何事も  私は何事をか  観客は何事とも  旅人は微笑みて何事も  人は微笑みて何事も  彼等は何事をも  昔の何事をも  処に立って何事か  ように何事も  病気については何事も  あとで何事も  十一時までは何事も  ボートルレは何事か  役場へ行って何事かを  少年は何事か  夜は何事も  亭主は何事かと  耳に何事をか  近所に何事か  何処かで何事か  上には何事も  火急な何事かを  病人が何事も  底に何事が  ツルは何事にも  後には何事を  始めは何事か  小声になって何事をか  話をすれば何事も  これ以来は何事も  パンパンを取りしまるとは何事  起訴するとは何事  あたりは何事も  道也先生の何事をも  私に向って何事かを  小声で何事か  ここで呼び止めて何事か  女は何事かを  合はせ何事にも  運転手芳木は何事も  緘黙して何事も  幾度も何事かを  吉田は何事かと  ものには何事も  耳に何事かを  貧困を救う何事かで  ステパンは何事にも  己は何事に  習慣で何事をも  わたしは何事をも  必要とする何事かが  死者扱いは何事  滝は何事も  時には何事を  何物になって何事を  三教以外に何事をも  妻は何事も  生徒に何事  彼がくると何事を  其一は何事にも  法水は何事か  物売りまで何事かと  お前さんは何事も  貴方は何事も  房は何事が  嫁を取戻すとは何事  他は何事も  話は何事も  幸と何事も  順々と何事かを  僕が何事かを  支那人は何事を  呑込んでいて何事も  今まで何事にも  柱が何事か  それを何事  最前から何事も  ことがあるなら何事でも  兄を助けるには何事も  房ちゃんは何事も  さんとは何事も  顔を見ると何事も  森彦叔父さんなら何事でも  俺は何事も  相続人面をするとは何事  仕合せと何事も  ものは何事でも  用とは何事を  美は何事を  時世時節なら何事も  これは何事に  私は何事に  之は何事に  海にむかって何事をか  揮りながら何事か  皆は何事も  高木は何事も  ような何事が  頭に何事が  彼は驚いて何事も  のか何事も  他に何事も  あいだに何事か  倚って何事をか  男が何事をか  五つ位になるまで何事も  座敷に出ていて何事も  師匠は何事に  職業は何事に  俺は何事でも  今日まで何事も  覚悟が出来ながら逃げるとは何事  他に何事が  照つたり何事も  五人は何事をか  音は何事  助は何事が  民なほも何事を  餘光に何事も  科学で何事でも  われわれが何事を  そこを押し通さなくちゃ何事も  正勝は何事かを  人たちは何事も  都に何事かが  人は何事かと  こは何事と  胸によせながら何事か  筋の立った何事かを  金を何事に  口から何事か  耳に聴いて何事とも  御意にそむく何事も  今まで何事に  君は何事も  仕業とみとめるなどとは何事  雁金検事と何事かを  竜王は何事も  彼をよびよせて何事か  何事か起るべく思われて何事も  幸いに何事も  君は何事とも  彼らは何事かと  これは何事も  女をまわせとは何事  ものが何事  それは何事  常時座敷牢に閉じこめるとは何事  神尾について何事も  ほかに何事も  君ならば何事を  人数を持ちさえすれば何事でも  巡査に何事か  島田幾之進は何事を  こととは何事  宗久は何事も  宗久は何事かに  イワレは何事による  椀を以てするとは何事  彼は何事かを  一物を手渡して何事か  彼等に何事を  ザマは何事  主客一同が何事かと  彼女に任せて何事も  人は何事に  今日は何事か  お願いとは何事  五十両とは何事  卑小さは何事  弁信が何事か  時刻に何事で  彼女は何事か  顔をして何事か  人が何事ぞと  口からは何事も  支倉が何事か  行方について何事も  事は何事も  支倉が何事を  夫人は何事も  於て何事を  一日を忘れじと思ふ何事も  森林に入る何事も  歌を謡うとは何事  耳をすまして何事かを  弁信法師は何事を  逗留して何事を  一方には何事にも  人生は何事か  必らず何事かの  人は何事をか  彼れは何事にも  岡田先生は何事でも  足蹴にするとは何事  事件について何事も  久保は何事も  到来しなければ何事も  げに何事  四郎が何事か  一体が何事にも  博覧癖から何事も  うちは何事も  生活をして何事に  我等に対して何事をか  間は何事も  頭を打つとは何事  金儲けをしようとは何事  君家に何事か  日には何事も  ものは何事  鯉は何事も  不養生とは何事  草心尼は何事にも  自ら思い出される何事も  手廻りは何事も  一生懸命で何事をか  これっきり妾たちは何事も  辰夫は何事にも  自分も何事をか  社会的に何事かを  それよりは何事が  村に何事か  下郎は何事も  伊助は吃りながら何事か  三次は何事か  問いに対して何事も  男を寝取るとは何事  晩は何事も  忠顕と何事かを  宮なればこそ何事も  その後は何事も  その他は何事にも  ものは何事も  岸本は何事かと  珍重するとは何事  彼は何事か  足下は何事か  一口物を頼むに何事か  首を縮めて何事も  省作は何事も  平生妹ながら何事も  叡山とは何事に  われわれ男たちは何事を  私は何事を  不便があるかといえば何事も  以上の何事かが  七兵衛が何事をか  発憤ぶりは何事  筋とは何事  作家として何事にも  らば何事を  動作によって何事かを  女は何事にも  ものが踊るなんて何事  事は何事に  十五銭とは何事  古賀もきいて何事で  性格から何事にも  助けをかりて何事かを  幸に何事も  例の何事も  室にて何事か  僕は何事かを  女が何事も  一口には何事も  口をよせて何事かを  面倒を恐れて何事も  打擲するとは何事  中にさえ何事も  ここは何事も  尊氏は何事も  帰り途には何事も  当分は何事も  羽中将は何事を  それこそ何事にもわ  以上は何事と  前で何事も  七はかれに何事かを  式部は何事も  親友二三人が何事か  方は何事を  自分に何事を  多吉をよんで何事かを  他人に対して何事を  一刹那にかれは何事をか  言を云えば何事が  仲裁して何事も  ぺてんにかけるとは何事  その後十日ばかりは何事も  海へ投げ込んでしまえば何事も  物かげによんで何事をか  泣き寝入りにしていれば何事も  七は何事かを  乱心者が何事を  手真似をしながら何事をか  頼杖をついて何事か  口をつぐんで何事をも  後日に何事が  女は何事も  店さきで何事か  方に何事が  生涯には何事に  ぱらから何事  仁王尊に何事かを  真剣に何事か  博士は何事かを  前で何事を  結局は何事か  庄太に何事をか  あいだは何事も  完全に何事も  髯に何事かを  それ等について何事も  調査以上に何事に対しても  急に何事か  結局彼には何事も  醫員に何事かを  半年は何事も  中に何事が  秋が何事をか  家には何事も  半月余りは何事も  当座は何事も  それに就いては何事も  いつまでたっても何事も  周囲に何事が  冬は何事も  雪が降っただけで何事も  知見から何事かを  研究しなければ何事も  意気組は何事も  登和嬢と何事をか  今は何事にも  世には何事にも  強ひて何事かを  父母は何事かと  相州さまがなさると何事に  顔に何事も  うして何事も  いまは何事も  親とも思って何事も  何が役に立たんといって何事にも  巨勢は何事とも  初は何事とも  主人が何事を  材料であるから何事も  連れに何事をか  冬だと何事も  これは何事を  出入せられ何事も  君が何事か  準備にかかるとは何事  私どもは何事に  エリスは何事をか  にこにこしながら何事か  中佐は何事かを  それは何事を  げに何事か  五時半には何事が  声を潜めて何事か  俄に何事が  朝夕旦暮恟々として何事も  恟々として何事も  夫人から何事を  許宣は何事  事なら何事に  彼らは何事をも  根拠からは何事も  ときに何事が  事務員は何事が  覚醒すると何事か  傍に何事が  顔付から何事かを  それは何事かと  彦兵衛を呼んで何事か  山吹などとは何事  こは何事に  女悪戯とは何事  そッとしまっておけば何事も  ものには何事に  人ありとて何事も  情致は何事に  昨日となれば何事も  泣き顔は何事  一家に何事の  他の何事よりも  彼らは何事にも  思案せずに何事でも  少年は何事も  隻眼とは何事  明かに何事をも  その他には何事をも  一時間ばかりは何事も  ほうでも何事かといった  為に何事かを  牢にとじこめるとは何事  それに対して何事をも  自分は何事も  庇と何事  宵には何事も  行燈も何事も  夜に限って何事も  今夜は何事も  十年守らせるとは何事  彼女は何事についても  彼は何事にも  口をきき何事にも  アーダは何事も  主従は何事が  私は何事  人々は何事  戯曲についても何事も  ことも何事も  子供心に何事かと  今は何事も  淡泊なるにさしむかひては何事の  書記官長席に赴き何事か  發言を求めて何事か  言葉を覚えこむとは何事  ような何事も  それに関する何事にも  世の中には何事か  他の何事をも  彼らは何事も  顔を突き出して何事が  女房をさがしにくるとは何事  その後に何事も  女の何事を  彼等は何事かを  美人は何事をか  人が願えば何事でも  間寝て見ましたが何事も  上で無ければ何事も  何うか何事も  紳士と何事をか  錠を卸して立ち去るとは何事  紹介して頻りと何事をか  夏子から何事をか  探偵に向って何事をか  浦に何事かの  中に包まれ何事  程は何事  お話とは何事  余は何事も  手へ何事か  無言で何事をか  留守中に何事も  貼紙をして何事をか  貼り紙が有って何事をか  レペル先生が何事をか  馬の足音に驚き何事かと  浦は何事か  秀子にでも見られては何事も  あれとは何事  今度も何事も  朝迄何事も  様子は何事も  二人は何事か  のが何事か  連句について何事も  連句については何事も  われわれに何事かを  反対に何事をも  彼女に何事か  あたりでは何事も  以外に何事をも  三晩は何事も  監禁するとは何事  手を付けなければ何事も  聟殿に何事を  遊佐河内守は何事も  自分は何事が  フランス人は何事をも  クリストフは何事にたいしても  浮世に何事も  末ごろまでは何事も  親仁なら何事も  験べたが何事も  私について何事を  仕打ちは何事  顔を見ては何事か  それは何事が  翌朝まで何事が  夜なかに何事が  友人に何事か  紙片に何事かを  本格ものは何事に  署長と何事か  容は何事  宵の口は何事も  落合ツて何事か  こは何事で  茶店は何事も  身命を賭してかかれば何事か  人は何事も  立膝して何事をか  夫に就いては何事をも  のは何事も  状態では何事も  尊像は何事も  ジョーンは何事も  其れは何事  栄耀栄華をするとは何事  嬢は何事が  剣幕たら何事  名誉とは何事  奸策だとは何事  物質的問題とは何事  紀州には何事も  僕に何事も  他の何事にも  少年は何事を  貢献する何事も  現実に何事か  彼女を何事か  私は何事にも  その間に何事にも  誘拐すとは何事  声にて何事をか  己は何事も  それは何事をも  お前は何事をも  ことがあるなら何事でも  一人で何事か  心が何事も  邸で何事も  安藤老中は何事も  半蔵は何事も  源氏に何事かを  若君が何事の  意志で何事も  ただ今は何事も  女房たちに何事かを  腹の中へ入って見てくれとは何事  ようにしながら何事か  人差指が何事かを  上は何事も  意志どおりに何事も  口では何事も  ことは何事  大将は何事も  演技指導について何事をも  加之何事にも  宮様を何事の  のは何事ぞと  何者の何事を  心一つに思い出して何事  人間は何事にも  出で行くを何事と  火事は何事も  背に負うて渡るとは何事  今日は何事も  今までは何事も  今夜に何事が  ハツと何事かに  日本は何事にも  間に何事が  事は何事でも  小僧に何事か  自身の何事も  不意に何事か  仕事が何事か  筆を取りて何事をか  木は何事の  処で何事も  容態が何事も  ペグラアに何事も  幻ばかりを夢見てゐて何事も  方では何事も  中に入り何事をか  失踪について何事かを  向側は何事も  場合が何事に  之に応ずる何事かを  このごろは何事にも  伯父は何事に  私どもは何事を  合點がいつたら何事も  境を越えるまでは何事も  前途に何事が  ことにかけては何事でも  自分一人では何事も  熱心に何事かを  私は何事でも  ことなら何事も  速度で何事か  婦人は何事をも  中流婦人は何事をも  それを何事とも  人は何事を  夜祈れば何事も  他には何事も  手蔓で何事かを  許しを得なければ何事も  使用人に何事も  時頼殿に何事の  院に立寄りて何事か  麓に集まりて何事をか  童らは何事を  彼等は何事も  回教は何事も  人々も何事が  一字をおいては何事にも  泣き声を聞いて何事かと  言葉が何事をも  弓を向けるとは何事  一大事とは何事か  与里達は何事に  樣子を伺ひ奉るに何事も  前後すれば何事に  小生は何事も  結婚してしまえば何事も  村では何事も  乙女は何事かと  乙は何事か  手段として何事にも  手まめに何事も  中で何事か  増は何事か  傍に何事も  浅井は何事も  器を見て何事をも  老人は何事  天が何事をも  独りでいても何事にも  窓は何事の  敏子は何事も  先生は何事かを  謝罪せぬとは何事  生命に何事か  人には何事  人は何事をも  私は何事をも  対照して何事かを  奥様には何事も  十時と何事も  必らず何事の  主のつとめは何事にも  母親に何事も  文句をつけるとは何事  父さまは何事に  声で何事か  間に何事か  少女から何事かを  魅られて何事を  貧乏公家が何事を  合体して何事を  頼長は何事も  上に何事を  奥底で何事かを  使者は何事か  文句は何事  鳥居を描くとは何事  新聞に就いては何事も  声で何事かを  彼女は何事に対しても  注意して何事をか  上私の何事の  営みには何事を  世高は何事も  姿なるは何事ぞ  姿とは何事  ぶつとは何事  久子さんに何事か  愚楽老人は何事か  山で何事も  アノ日には何事も  箱をあけたって何事が  上に何事が  子供達に何事も  恋人を擬して何事かを  推察したれば何事をも  点において何事も  二葉亭は何事についても  それから何事かを  むかし思へば何事も  自殺するとは何事  頭部は何事かを  白鷹氏に就いて何事かを  姫草ユリ子に就いては何事かを  アトから何事  態度から何事も  わたくしも何事かと  石地蔵を抱いて何事をか  寺に何事が  仏をかかえて何事をか  物質を取扱って何事か  耳へは何事も  群衆は何事をも  出立を何事かと  面前へ引き出すとは何事  心に何事かを  婦人は何事も  今迄何事を  港で何事かを  憤然として何事かを  ものだから何事で  展げると何事か  彼は何事が  ソッと何事かを  昌木教授が何事か  われわれは何事を  感情に攻められて何事も  寡言にして何事も  浪子は何事の  どこででも何事にでも  家臣達は何事をも  水戸は何事とも  博士は何事かの  海底に何事が  愕くべき何事も  ケノフスキーは何事かを  浮身を窶してゐるとは何事  ことも言えないから何事も  合致が何事かを  晴川閣と何事か  嵩にきて何事も  小坂部はかれを呼び近付けて何事かを  家来を呼んで何事をか  どこに何事を  それ以上の何事も  ひとは何事も  ほかの何事を  朝は何事も  彼は何事に対しても  内密な何事かを  ときは何事も  始めから何事をも  己を愛するとは何事を  為めには何事をも  智的生活の何事にも  平気で何事も  実証的与件では何事も  合掌して何事かを  就て何事を  一家三人珠数繋りでなければ何事にも  事であるから何事も  平凡で何事も  顔を見合せて何事か  無視されない何事かが  それが何事  醜態は何事  お互いに何事が  小娘は何事も  ものは何事に  慈姑とは何事  口寄せて何事か  彼れに何事も  可く何事も  下女は何事かと  逮捕状を得て来ねば何事も  此外に何事をも  私は何事に対しても  悪口するとは何事  之は何事  卑劣とは何事  りょうしは何事が  うちに何事も  それは何事か  末に何事をか  意義のある何事かを  場合に何事かを  人間は何事に  社会の何事にも  私達夫婦は何事に  文句が何事を  一紙には何事が  所では何事が  居眠りをしてゐるとは何事  微笑をもつて何事か  二場は何事も  私たちに何事かを  今まで何事も  俺に何事も  事ですから何事も  夜中過ぎまでは何事も  間は何事か  有様を見て何事かと  教授が何事に  ほかは何事をも  杉本さんは何事をも  心にも何事も  日本人は何事に  鏡とは何事  子供たちは何事も  二つで何事か  あとは何事も  口に出しては何事も  われなりにけり何事も  処女航海は何事も  以て何事を  僕も何事かと  変に何事にも  幸いにして何事も  市郎左衛門夫婦は何事かと  茸はいつたい何事  ことをするとは何事ぞと  妻は何事をも  何物なるや何事  女は何事か  玄鶯院は何事か  四十九日間に何事か  縹渺として何事とも  彼女は何事にも  實際には何事も  前後に何事か  経歴については何事も  矢田は何事も  口を閉じて何事をも  向は何事も  はなしは何事に  清岡は何事も  絶望して何事も  不埒を働くとは何事  姉妹にむかって何事を  村長は何事も  祖父は何事も  こっちへ伸びてくるとは何事  非常事態とは何事  世界の何事を  私にも何事か  南子には何事も  今ごろになって何事  ざらけた玉蜀黍は何事にも  それより何事を  倉知夫人は何事  明らかに何事か  部下は何事か  恒例は何事も  大浦一家が何事か  老母あれども何事も  其朝に至るまで何事も  戸外に何事を  浜尾君は何事にも  ロイスが何事かを  夫婦で何事か  司法主任に何事か  今まで何事か  人間が何事を  他の何事を  言動に何事か  場合は何事も  のとは何事  成瀬様が何事か  就て何事も  白状する何事も  源作は何事か  配達人は何事をか  岩は何事をも  我は何事をも  彼女たちは何事も  それが何事にも  葉にむかひて何事をかよば  これは何事かを  首をすくめて歩いていたら何事も  お嬢様を盗むは何事  私服巡査を呼んで何事か  口を寄せて何事か  耳に何事か  俊には何事も  理解無しには何事にも  のみにて何事の  室で何事が  つて成就さるべき何事かが  何ものにも打勝ち何事をも  内容については何事も  悲劇について何事も  私に何事を  糸は何事も  奥へ通すとは何事  時は何事に  わしは何事を  出立いそぎを見れど何事  女と軽しめて何事も  常は何事に  戦争にからまる何事をも  妻を思うとは何事  客と何事か  喧嘩するとは何事  者は何事にも  ニコヨンになって何事に  泥をぬるとは何事  事業に何事をも  素直に戻れば何事も  のでなければ何事も  人生においては何事も  碌に何事も  人間の何事も  そは何事かしら  さなど何事も  煙が何事も  席に何事  宿命として何事に  点で何事かを  外面に向って何事かが  わしらは何事も  それについては何事も  文学とは何事  程度にまで何事をも  答弁をしないとは何事  コンタンはそも何事  心に何事か  今どきやるとは何事  未来については何事をも  省三は何事が  興奮して何事か  卓を叩きつつ何事か  女は何事  咄嗟に何事か  道徳に塗り固められて何事も  人は何事かを  うちにて何事かを  妻は何事をか  老女に何事かを  

~ 何事[名詞]2
もう何事  別に何事  若い何事  一体何事  いったい何事  その何事  しばらく何事  もはや何事  殆ど何事  次に何事  こんなに何事  あまりに何事  更に何事  全く何事  そのまま何事  同時に何事  常に何事  やがて何事  まず何事  なおも何事  まるで何事  あたかも何事  且つ何事  さも何事  今にも何事  必ず何事  もしや何事  はて何事  もちろん何事  恰も何事  およそ何事  これから何事  専ら何事  まだ何事  然るに何事  最早何事  はや何事  同じく何事  なく何事  しきりに何事  一向何事  暫く何事  情ない何事  まあ何事  先ず何事  もし何事  しばし何事  ついに何事  遂に何事  極めて何事  別段何事  早く何事  余りに何事  絶えず何事  やっぱり何事  ひょっと何事  もしも何事  やはり何事  ふたたび何事  もうすぐ何事  こう何事  恐らく何事  いわゆる何事  てんで何事  少なくも何事  真に何事  再度何事  どっと何事  時々何事  さらに何事  よく何事  再び何事  近々と何事  一心に何事  あしかれ何事  ほとんど何事  はたして何事  幸い何事  どうか何事  未だ何事  久しく何事  とまれ何事  万一何事  まして何事  果して何事  寧ろ何事  ふと何事  いまごろ何事  始終何事  まったく何事  今に何事  新しい何事  わざと何事  とても何事  漫然と何事  凡そ何事  今更何事  どうぞ何事  とかく何事  特に何事  まさか何事  すぐ何事  折々何事  深く何事  余り何事  実際何事  暫し何事  だいたい何事  しかるに何事  たとい何事  只何事  たとえ何事  大抵何事  互に何事  いつも何事  いかにも何事  今や何事  にわかに何事  頻りに何事  あの何事  勿論何事  兎角何事  くさく何事  唯何事  ともに何事  より何事  かたみに何事  なるべく何事  総じて何事  思わず何事  突然何事  よも何事  慌し何事  かつて何事  概して何事  正に何事  至急何事  忽ち何事  いっそ何事  この何事  それほど何事  またもや何事  早くから何事  とにかく何事  実に何事  直ぐ何事  人知れず何事  よし何事  いまだ何事  けっして何事  次第に何事  

複合名詞
此上何事  起成何事  何事だい  只今何事  時何事  それぎりで何事  今晩何事  かぎり何事  不思議何事  これ何事  平生何事  世の中何事  先刻何事  善悪何事  留守中何事  独り何事  一日何事  爾時何事  何れ何事  且何事  結局何事  つて何事  夜半何事  イッタイ何事  一つ何事  何事ぢ  表面何事  太陽何事  元来何事  こと何事  場合何事  一たい何事  晩何事  立上つて何事  何事如レ  何事かまちかま  來何事  一体何事  候まま何事  すべて何事  ところ何事  日一日何事  まま何事  当時何事  矢張何事  人生何事  歴史文學美術工藝凡て何事  かた何事  所謂何事  何事かいな  語り何事  二月何事  八月十九日何事  私ハソビエト社会主義共和国連邦ノタメニ命ゼラレタコトハ何事デアッテモ行ウコトヲ誓イマス  その間何事  拘引以来三日間何事  外何事  揮つて何事  廉潔以上何事  革命何事  かな何事  それゃ何事  みな何事  何事ニ  それゆえ何事  今後何事  何事モ起ラザリシガ如ク平然トシテ歩ミ  後年何事  從來交誼知ル何事ゾ  先何事  通り何事  のほか何事  ぱり何事  何事もさ  何事モ十年デス  以来何事  づ何事  最初何事  何事かしよう  夜中何事  何事まれ  殆ど何事  叔父さん何事  何事ぞい  往復何事  それぎり何事  それっきり何事  何時何事  カケ合イソノ外何事ニ限ラズ  何事モ知ラヌト  何事モオレニ  何事モ  何事ナク四十二年コウシテイルガ  ため何事  恥何事如レ  者拝任何事  恥何事  奴め何事  騷ぎなれば何事  全体何事  何事の  当分何事  一何事  あいだ何事  二言何事  一生何事  角何事  天下何事  万事何事  園中何事  途中何事  冠婚葬祭何事  独居何事  スッパリ何事  それきり何事  唯何事  描写叙事叙景何事  力何事  いま何事  胃腸何事  九月五日何事  ひとり何事  不断何事  汝等何事  魂何事  只何事  其他何事  結果何事  始め何事  当夜何事  その他何事  事功何事  張つて何事  やあ方々何事  



前後の言葉をピックアップ
何気無く  なにげなし  何気なし  ナニゴトガ  なにごころなく  何ごと  ナニサ  ナニサナニサ  なにさま  何様


動詞をランダムでピックアップ
贖わやけおち晴れ渡ら色づか仄めいいやまさりこうる鬻が言いたてる乱せ破れん閉じこめ当てこするはいつくばっ説きあるい強ばめとっ彫りこまこき使うささやき
形容詞をランダムでピックアップ
弱かろ物凄まじき情なき粘し粘り強いえがたし鈍い恥しきひとし温ししわい円くなかろなさけなかっ弱くうるさし勘定高くっ薄いめまぐるしい