「もさ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ もさ[動詞]
後者は見向きもさ  物質的にもさ  賀状なんかもさ  はいつかもさ  どこでもさ  今までもさ  目にもさ  私にもさ  友愛生活になると、ちつともさ  取扱ひにもさ  ものをもさ  争ひなどもさ  力比べもさ  何うもさ  茶屋から煩さく呼ばれて、取つ着きでもさ  わがままをもさ  それこそ見向きもさ  場合を顧みてもさ  主人にもさ  思いをせめてもさ  ものから見たら、何でもさ  誰でもさ  隊長にもさ  この間にもさ  歌などもさ  思ひ出してもさ  独逸の如きもさ  中にもさ  珍らしくもさ  今でもさ  方では、まだちつともさ  仕事でもさ  指をついてもさ  前にもさ  何にもさ  子供ではない、そもじもさ  頃私自身にさえ見向きもさ  儀でもさ  議論でもさ  ところなどもさ  誰に対してもさ  御崎へもさ  手數でもさ  仏にもさ  眼にもさ  自分にもさ  時でもさ  其以前にもさ  とき、ちつともさ  歌には、かなりどきりともさ  翼賛会と致しましてもさ  向うでもさ  大隈さんにもさ  草花を見てもさ  一ばん人よりもさ  私一個としてもさ  考へもさ  ボードレエルにもさ  レントゲン写真にしてもさ  方からいつてもさ  他にもさ  老人がいかにもさ  政治でもさ  盆棚などもさ  どちらにもさ  漢學においてもさ  私などもさ  動作にしてもさ  微かながらもさ  植物について考へてもさ  何うしてもさ  想像にもさ  何事でもさ  無理にもさ  父にしてもさ  父にもさ  於てもさ  しかし、どうもさ  身体上においてもさ  博多へ渡るにもさ  三日月さんよ出てもさ  存在をもさ  棒切れぐらゐで引きちぎらうとしてもさ  復習をもさ  人にもさ  一例を挙げてもさ  方に伺ひましてもさ  蛇などもさ  時にもさ  見た目にもさ  気持から推してもさ  みんなどれでもさ  ことを聞いてもさ  想像力にしてもさ  地震にもさ  畫でもさ  文章でもさ  家系にもさ  はじめでもさ  私はさうだともさ  怪我までもさ  日本などにもさ  場合にもさ  俳優が何よりもさ  幸いに、怪しみもさ  おん名のり合いもさ  ことからもさ  いつか、お慕いもさ  歴々でもさ  家は極めて少くてもさ  つてでもさ  それを信じようとしながら、どうしてもさ  方でもさ  のならおまへもさ  いつまでもいつまでもいつたり来たりしてゐましたさつきもさ  二〇、いかにもさ  においさえもさ  清朝などもさ  のでしたが、どうもさ  来訪に驚きもしまた喜ばれもさ  私の如きもさ  大切にもさ  つても降らぬでもさ  家でも何でもさ  祈祷までもさ  責めも恨みもさ  とこだけれどもさ  映画人なんかもさ  いくらでもさ  生徒にもさ  古今詞についてもさ  ひとにしてもさ  興味から、どうしてもさ  捜査をもさ  仲裁などをもさ  つた編物は、いくらせかれてもさ  研究でもさ  んどりもさ  矢張り此女でもさ  上でもさ  私でもさ  国でもさ  不自由をもさ  万が一にもさ  仇にもさ  自殺などもさ  文学にしてもさ  ままでは、もうにつちもさ  あべこべに、少しもさ  場合にしてもさ  初日にもさ  季節にもさ  瀧でもさ  うちでもさ  一羽が追いかけたけれど、見向きもさ  衣服にしてもさ  辞書にもさ  政治にもさ  失望にもさ  銀色はいかにもさ  むら時雨さもさ  雉子とよもさ  君は、なんでもさ  歴史でもさ  人の好い、いかにもさ  茂七君にもさ  本質をもさ  いつでもさ  なかにもさ  一銭の払い込みもさ  書畫でもさ  石皿でもさ  のかも知れない、どうもさ  さこそ、さもさ  風呂についてもさ  清閑を得ずにもさ  応でもさ  おれにはどうしてもさ  感心してもさ  呉葉にもさ  后でなくてもさ  悲哀でもさ  角にもさ  仲にもさ  女にもさ  ためにもさ  音次郎君にしてもさ  折からとて、いやいやながらもさ  鉄砲などもさ  人生においてもさ  音にしてもさ  あんたにもさ  手でもさ  誰れでもさ  なんでもさ  うなづきて、さうだらうともさ  現今でもさ  ことをもさ  高についてもさ  側でもさ  殆ど一時間ほどもさ  鑄てもさ  何でもさ  青野さんなんぞもさ  同情がもてませぬせゐか、どうもさ  礼参りさえもさ  藝術的意味においてもさ  病人などにもさ  戯作を見てもさ  事から考へてもさ  十分自覚さえもさ  一つでもさ  何處までもさ  俳優にもさ  百パーセントであるべきだが、どう見てもさ  演劇にしてもさ  条約においてもさ  著述などもさ  寺でもさ  遺憾ながらどうもさ  目をまたたきもさ  來富永は、何でもさ  日本にもさ  如何にもさ  つた時代までもさ  さへもさ  宿へでもさ  揚句、どうしてもさ  奴だなあ、いかにもさ  裾としてもさ  現在に至るもさ  てゐたら、どうもさ  人間の子供でもさ  うちにどうしてもさ  馬車が動き出してもさ  これまでもさ  二荒伯などもさ  文學などもさ  例でもさ  圍碁でもさ  人間のばあひにしてもさ  建築でもさ  利休などもさ  ものとして考へてもさ  中を見てもさ  黒といふばあひにしてもさ  顔立でもさ  私どもでもさ  のだし、またこれからもさ  であるから文部省辺りでもさ  

名詞

もさ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
もさほどかけ離れてゐない  もさほどにあるまいとの  もさまで恥にならないが  もさほど面白くなかろうと思う  もさういつて笑ひながら  もさはられない  もさがして居た  もさてもと云う  もさまで悲しとは思はず  もさほど物音も聞えず  もさほど不都合なく通る  もさうした古風な生活を残してゐた  もさも感に堪えた  もさても夥多しい  もさても日本は風趣に富める  もさほど驚かずに  もさうした相違のあるといふ  もさ程離れていない  もさうした深い考へを持つてゐないといふ  もさういつまでも續いてはゐなかつた  もさうしてゐられないので  もさになった  もさういふくだらぬことはしてもらひたくないといふ  もさうした傾向のあつたのであらうとの  もさうした自由な歓楽はあり得まいと思はれるほどの  もさもにたる  もさのみ屈する  もさも驚いたという  もさまで穏かだというわけにはゆきません  もさほど気にならない  もさんぬる  もさまでなお感じもなくなっていた  もさうしてゐた  もさまで害をなさない  もさはぐるみにも青だの緑金だのまばゆい巨きな房がかかった  もさも迷惑さうに云ひ放つた  もさうして待つて居れと  もさもさ麦さく切る  もさにあらず  もさも感嘆した  もさても世の中には偽せ  もさても世はなさけなきものなるかな  もさぞお力おとしでありましたろう  もさの房兄い  もさもまだこの世にいる  もさうして居られようか  もさもさ黒い毛が生えていた  もさほど興味ある  もさもあるべき  もさりと歩行いて寄る  もさまで珍しがられず  もさもさした  もさても和ごり  もさも似ていた  もさがして置かないと  もさまでに嚴しい  もさうした谷間に春の來るといふ  もさぞ案じてい  もさしょうと思うが  もさむれえ  もさほど親しみを感ぜられなくなります  もさもありなんとは見受けられるが  もさもあり  もさほどの不自然さを感じませんでしたばかりでなく  もさほど時間は変らないと思う  もさうした事を見た  もさほど骨の折れる  もさうして置かずには居られなかつた  もさほど悪くないと云う  もさは止め置きて  もさはいまも身に沁む  もさういつた氣もちをたたへてゆく  もさうしたことをする  もさうしてゐさせようとする  もさうして書いた  もさうして居たかったが  もさまで気にせぬ  もさほど驚くにはあたらない  もさはにあれども  もさやくしのて好かつたと  

~ もさ[名詞]1
周囲ともさほど  才人酒壺洞君にもさ  江戸にまいってもさほどに  新米だから負けてもさまで  小説を書いてもさほど  髮にもさは  生は煮ても焼いてもさほど  昼でもさほど  場合にもさほど  自分でもさ  遊廓ですらもさ  上にもさ  好戦意慾に憑かれたのもさ  所作にさもさも  顔を見てもさほど  村にもさ  住居からもさ  町からもさ程  對してもさ  悲哀でもさ  いつまでもさ  冬越ししてもさもさに  出鼻をはたかれてもさほどに  後いつまでもさ  情的にもさ  何処にもさ  少年諸君にもさも  失敗にもさのみ  女でもさも  どこへ行ってもさまで  今でもさほど  血まみれ姿にもさまで  書物といってもさほど  どこへ出してもさまで  鬼ぐるみにもさは  風にさもさも  そなたもさぞ  トン勝さっさもさの  姿は見せぬがさもさも  だれにもさほど  女でもさが  前例を越えているというのもさも  古書展でもさまで  仕事助けるもさ  殆ど一時間ほどもさ  中にもさも  鶴松にもさも  去年のもさが  上にもさまでに  子供心にもさ  宮仕えをもさ  西行にもさ  人達に対してもさほど  如何にもさも  ためにもさ  言葉にもさほどの  シールをつけて下ってもさほど  お菓子にもさも  津軽でもさ  足下にもさほど  ものとは思ひながらもさ  意外にもさほど  名をだにもさは  馬車が動き出してもさ  のなどもさは  何物にもさからは  生活にもさ  将来にもさ  何時までもさ  生活をもさまで  ことが起こってもさほど  山はしもさはに  身にいたもさ  

~ もさ[名詞]2
一度もさ  あんなにもさ  ふともさ  少しもさ  こんなもさ  然もさ  偉もさ  

複合名詞
もさよう  もさはり  何度もさ  もさうだつ  二分もさ  さもさ  今人もさ  種子もさ  もさはま  もさ為  梅もさ  顔もさ  もさッ  何遍もさ  水もさつき  花嵐オソメさんもさ  妻もさよう  信用もさ  絹もさ  聴衆もさ  吾もさ  死もさ  兄もさよう  世間もさ  者らもさ  馬車もさ  三枝もさつき  声もさ  何事もさ  柳橋もさうさ  もさつき  疲労もさ  事もさ  カーテンもさ  人出もさ  ゲーテもさよう  寂寞もさ  埃及もさ  夜もさ  もさあらむに  出世もさ  さつきもさつき私  高山もさ  もさうず  もさびしくなつかしく  所もさ  旅もさ  冬もさ  大王もさ  敵もさ  夏もさ中  乳母もさ  霰もさ  暮し向きもさ  ロシアもさ  著書もさ  父もさ  



前後の言葉をピックアップ
モゴモゴ  モゴル  モゴルシュライ  もさ  猛者  燃さ  摸索  模索  茂索  模作


動詞をランダムでピックアップ
組み伏せ精げ増やさきしっ入りかわり話さ吸いこま燃えつか夾み含まるわななくあけわたさ積み上げそしるふりこましずめよ写し出せる撒か選り抜い解きあかし
形容詞をランダムでピックアップ
すばやいけだかいわるきゆかしくたかかっ小煩いちょろく黒し易しくこわうふかく歯がゆくとぼし目出度かっいぎたなく末頼もしい惜し喜ばしかっ羨かっほどよい