「入り込む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 入り込む[動詞]
田原迄入り込む  これに入り込む  ものが入り込む  感情の入り込む  勝手に入り込む  途中に入り込む  可能範囲に入り込む  阿波へ入り込む  形でずるずる入り込む  無事に入り込む  関係に入り込む  關係に入り込む  ものの入り込む  争いが入り込む  私情が入り込む  規尺を持つて入り込む  中に入り込む  工面しても入り込む  第三者が入り込む  部屋に入り込む  博奕場へ入り込む  水槽に入り込む  左の沢に入り込む  続紀に入り込む  ところへ入り込む  田安家へ入り込む  印度に入り込む  城塞へ入り込む  普通猟師などの入り込む  沢へも入り込む  東沢へ入り込む  鹿が、入り込む  何万人となく入り込む  日本人が入り込む  脇道へ入り込む  芸者屋へ入り込む  私は入り込む  江戸市中に入り込む  近辺へ入り込む  圏内に入り込む  中へ入り込む  箱根に入り込む  とまどいをして入り込む  社内へ入り込む  屋敷へ入り込む  狸が入り込む  宿へ入り込む  胸中へまでも入り込む  書生に入り込み、入り込む  八万人も入り込む  町へ入り込む  通人の入り込む  座敷へ入り込む  物が入り込む  内へ入り込む  男弟子もだいぶ入り込む  徴組とかいって入り込む  姿をかえて入り込む  伊勢屋へ入り込む  姿で入り込む  なにしろ命懸けで入り込む  家へ入り込む  女が入り込む  居間へ入り込む  何処へでも入り込む  者が入り込む  挨拶なしにどやどやと入り込む  猟師などが入り込む  そこへ入り込む  消費に入り込む  鶏が入り込む  此処に入り込む  山奥に入り込む  実松家に入り込む  ぜん行商人が入り込む  奉公人も随分入り込む  海中に入り込む  雨が入り込む  室内に入り込む  なかへも入り込む  谷間に深く深く入り込む  文化に深く入り込む  ことで入り込む  要素が入り込む  村に入り込む  意識に入り込む  沢に沿うてなお深く入り込む  方へ入り込む  のへ入り込む  領へ入り込む  自由自在に入り込む  内部まで入り込む  吉原などに入り込む  上に入り込む  小料理屋などへ入り込む  海から入り込む  外国人の入り込む  猫が入り込む  部分に入り込む  頭からはついに入り込む  芝居に入り込む  窓から入り込む  世界に入り込む  顫動が入り込む  城下へ入り込む  若衆の入り込む  中にも入り込む  精神へじりじりと入り込む  職人が多く入り込む  座敷に入り込む  うかつに入り込む  雑念も入り込む  修験者が入り込む  勘三が入り込む  



前後の言葉をピックアップ
入り込ま  入り込み  入りこみ  はいりこみ  入りこみゃ  入りこむ  はいりこむ  はいりこめ  入り込め  入りこめ


動詞をランダムでピックアップ
出さもちこたえみとれる遅れ喜ぶ討てん鳴かせあおるかけれ養っ脱せる思いとどまり溶け込も飛び下りれ渇する伴えるたくま出歩いふりかける書きあげ
形容詞をランダムでピックアップ
くろう憎らしゅう著しきいとおしい荒いておも危なげな疎うはずかしうまう力強き乏しかっ手っ取り早い激しく香ばしから擽ったかっしめっぽかっ人間らしかっ夥しあらし