「ふと」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ ふと[形容詞]
酔ふと  しまふと  からふと  白いふと  薄いふと  何やらふと  小さいふと  冷たいふと  つとふと  ういふと  そっとふと  なにげなくふと  やがてふと  毎日ふと  飼ふと  厚いふと  赤いふと  よくふと  力いっぱいふと  一つふと  慕ふと  ままふと  すっかりふと  めんどふと  温かいふと  すぐふと  新しいふと  丁度ふと  云ふと  がたふと  おもふと  影ふと  

~ ふと[形容詞]
ベッドのふと  手のふと  周馬のふと  絹のふと  自分のふと  郡内のふと  目もとまでふと  顎までふと  木賃宿のふと  こちこちのふと  毛のふと  勝手にふと  十吉はふと  彼はふと  二人分もふと  こたつのふと  炬燵のふと  廉子がふと  僕はふと  ぱねたプーチヤチンのふと  たけのふと  ようにふと  神経のふと  ひまのふと  昼間もふと  上のふと  きんのふと  夏のふと  心にふと  次郎のふと  私はふと  国のふと  

ふと[形容詞]
ふとん  ふとなか  ふとさ  ふとも限  ふと弥生  ふとうち  ふと立  ふとげ  ふと後  ふとも悲  ふともん  ふとて跡  ふとかた  ふとかいふ  ふと用  ふとも神  ふと中  

副詞

ふと[副詞] ~ 1
ふと出で  ふと空を  ふと十年も  ふと誦経を  ふと眼が  ふと袖や  ふと干柿を  ふと妙  ふと仏前を  ふと私を  ふと眞白  ふと水音に  ふと社の  ふと目を  ふと人影が  ふと額の  ふと顔を  ふとわれに  ふと云  ふとんを  ふと大田行を  ふとつたかげで  ふとつた  ふと若者は  ふと気が  ふとめぐり  ふと吾ながら  ふと彼の  ふと何か  ふとあいつが  ふと耳を  ふとだらしが  ふと言  ふと病気に  ふといふよりも  ふと手を  ふとつぶやくように  ふと目が  ふと二三基の  ふとやつぱり嫌  ふと私は  ふと何ん  ふと娘を  ふと思ひ出しま  ふとつて  ふと涙に  ふと視線を  ふと不安にすら  ふと二階に  ふと自分に  ふといま  ふと絲切り齒が  ふと玩具を  ふとつた石屋も  ふと昼間  ふと足掻きが  ふと耳に  ふと其かね  ふと片隅に  ふと椽側に  ふと雪江さんの  ふと机の  ふと何だか胸が  ふと己  ふとこちらに  ふと己が  ふと目黒の  ふとはい  ふと私の  ふと床の間を  ふと眼の  ふと入口の  ふと風邪を  ふと赤ちゃん  ふと目に  ふと燃え上つた  ふと足を  ふと彼等の  ふと所天が  ふとそのままで実質が  ふと子供は  ふと向うの  ふと頭に  ふと人声が  ふと頭の  ふと天上の  ふと気に  ふと孤独  ふと地獄に  ふと母の  ふとわたしも  ふと自分の  ふと自分と  ふと青木の  ふとつた膝の  ふと身を  ふと知りあいに  ふと家内  ふとんの  ふと別の  ふと博士の  ふと気  ふと私が  ふと身体じゅうを  ふと西山は  ふと眼を  ふと柿江の  ふとそれに  ふと農学校の  ふとラムプの  ふと奇怪  ふと彼は  ふと顏役の  ふと彼女は  ふと彼を  ふと松を  ふとんは  ふと架上の  ふといふ名看板の  ふと例の  ふと混  ふと微笑  ふと頭を  ふともっと向うを  ふと死体の  ふと右手を  ふと警部の  ふとポケットに  ふと横笛を  ふと画の  ふと口の  ふと十八年前  ふと斯ん  ふと好奇心が  ふと寺の  ふと謂  ふと茅野雄は  ふと辻を  ふと囲いの  ふと憂愁が  ふと坂本繁二郎氏の  ふと紅の  ふと波打ぎわを  ふとお嬢様は  ふと波打ぎはを  ふと路傍の  ふと明白に  ふと源吉は  ふと信造を  ふと鄭の  ふと猿の  ふと前方に  ふと気味の  ふと隣の  ふと窓に  ふと聖者に  ふと王子の  ふと心に  ふと決心  ふと窓の  ふと杉浦の  ふと沖の  ふと伊東  ふと口を  ふと敏子の  ふと言葉を  ふと一つの  ふとめには  ふとめと  ふと相手の  ふと真夜中に  ふと利休の  ふと忠清は  ふと咀  ふと言つた用語例が  ふと義枝の  ふと卜翁は  ふとつたおばあさんである  ふと六貫村の  ふと金造の  ふと郷愁を  ふと丸亀から逐電  ふと女  ふと義姉の  ふと方角が  ふと懐ろの  ふと方角を  ふと俺が  ふと手に  ふと時雨堂の  ふと暗然と  ふと女心  ふと照子の  ふと夕飯の  ふと此方を  ふと海岸の  ふと其処に  ふと其處に  ふとほりに  ふといま思ひ出  ふと風に  ふとブラシを  ふと今まで  ふと顏を  ふと立  ふと解剖室の  ふと千首とは  ふと豊か  ふと英国文豪トーマス  ふと空いっぱいの  ふと何気なく  ふと町角を  ふと順一は  ふと橋梁が  ふと野戦の  ふと非力  ふと彼には  ふと目の  ふと池の  ふと好事  ふと窓を  ふと蜘蛛の  ふと憐  ふと尿意を  ふと下腹から注意が  ふと誰もが  ふと虫の  ふと高等学校へ  ふと引攣  ふと中学生時代沼井から  ふと豹一は  ふと魅力を  ふと赤井  ふと社長の  ふと女たちの  ふと路次を  ふと豹一の  ふと土門の  ふと傍の  ふと村口多鶴子の  ふと多鶴子の  ふと真顔に  ふと昨夜帰りぎわに  ふと心が  ふと不安を  ふと横を  ふと膝の  ふと直ぐに  ふと自分も  ふと彼が  ふと鏡の  ふと樒屋の  ふと眼に  ふと前の  ふと異様  ふと昨夜の  ふと女の  ふと周子の  ふと手の  ふと集会所に  ふと熟睡から  ふと思ひ出  ふとトランクや  ふと叔母は  ふと二人は  ふと晨坊は  ふと机から頭を  ふと覚醒  ふと良心の鏡  ふと良心の鏡が  ふと木之  ふと昨夜頬ずりを  ふと彼に  ふと趙太爺の  ふと革命党が  ふと天蓋の  ふと万吉の  ふと廓の  ふと次の  ふと夫が  ふと道の  ふとぼくを  ふと興味を  ふと頸を  ふと針の  ふとかよ  ふと器械的に  ふと今日は  ふと母親の  ふと店先を  ふと相手に  ふと歓びに  ふと両手に  ふとばんや  ふと少年の  ふと橋の  ふと気をかへて  ふと考へ  ふと誰も  ふと罰が  ふと国法に  ふと氣が  ふと玩具の  ふと日数を  ふと行きずりに  ふと彼女を  ふと誰かの  ふと山の手の  ふと私に  ふと物に  ふと傍を  ふと窓硝子を  ふと屹度始めは  ふと西岡は  ふと後が  ふと気附  ふと心  ふと思出  ふと僕の  ふと所謂漢學派  ふと向いの  ふと思  ふと気を  ふと桜の  ふと吾ながらの  ふと心配で  ふと私達は  ふとなつ  ふと静寂に  ふと驕慢に  ふと皮肉  ふと道助は  ふとそこを  ふと顔  ふとみんなが  ふと署長はも  ふと蝋燭の  ふと居酒屋で  ふと土蔵の  ふと街の  ふと亜米利加に  ふと上田先生  ふとわれは  ふと第三高等学校仏蘭西語の  ふと犬も  ふと弦之  ふと洞窟の  ふと意識  ふと髮を  ふとエマーソン  ふと背むしを  ふと気の  ふと扉の  ふとここで  ふと承知  ふと思つて  ふと右手の  ふと時計を  ふと衣ずれの  ふと親切心に  ふと葛飾が  ふと奇妙  ふと偶然に  ふと耳元に  ふと夢から  ふと豊子は  ふと不審を  ふとここまで  ふと朝顔  ふと自分  ふと女中は  ふと何物を  ふと夢中の  ふと云つた所が  ふと菊池寛  ふと歎  ふと狭山の  ふとアーエートが  ふと壁の  ふと彼女の  ふと救は  ふと檐端を  ふと枕を  ふと運賃が  ふと伊助に  ふと迷惑  ふと聴  ふと月の障が  ふと東京  ふとゆき  ふと石川は  ふと魏法師の  ふとかや  ふとどことも  ふと我に  ふと日本から  ふと悪念を  ふと民弥は  ふとローラは  ふと髢屋の  ふと呼鈴が  ふとそこへ  ふとその後俊雄の  ふと瞰下  ふと坂上の  ふと文体について  ふと勘次の  ふと小姓の  ふと童子に  ふとふぢ子は  ふと自分は  ふと娘が  ふと地球の  ふと赤革の  ふと満洲の  ふと絶句  ふと紳士を  ふと硯に  ふと吃驚  ふと貧乏徳利を  ふと几帳の  ふと申ますから  ふと月の  ふと眼下の  ふと方向を  ふと名の  ふと網に  ふと盆石を  ふとだんまり  ふと器用  ふと落着  ふと首をかしげ  ふと枕元に  ふと村の  ふと雨に  ふと前面の  ふと天野  ふと戸口が  ふと向こうに  ふと坊さんの  ふと小耳に  ふと愛聖館の  ふと林太郎の  ふと人々は  ふと僕を  ふと博士は  ふとつた婆さんは  ふとつたオカミさんが  ふと町方の  ふとドツと  ふと大概の  ふとなにかを  ふとんに  ふと胸を  ふと家を  ふと餅代さへも  ふと伯父甥で  ふと隅の  ふと救  ふと周囲の  ふと人通りの  ふと口に  ふと一緒に  ふとボンヤリ  ふと容易  ふと物  ふと放浪者  ふと灯が  ふと声を  ふと幼友達の  ふと虚ろに  ふと五年前の  ふとわたしの  ふと首  ふと脚の  ふと両方の  ふと気前の  ふと東京へ  ふと俺  ふと少女は  ふと目撃  ふと下の  ふと汽車の  ふと空気の  ふと木かげから身を  ふと彼方を  ふと罪  ふと思つたの  ふと紹介  ふと意識が  ふと脳裏を  ふと上を  ふと周子は  ふと室内の  ふと取返しの  ふと嫂の  ふと営所  ふと答へ  ふと給仕人を  ふと人の  ふと他の  ふと松岡を  ふと松岡の  ふと林町行きを  ふと同室の  ふと行く手の  ふと時を  ふと左右を  ふとわたしが  ふと気の毒  ふと頸の  ふとあたりを  ふと君  ふと人を  ふと鶯の  ふと大熊山の  ふとんや  ふと乱暴で  ふと曹操の  ふと先年  ふと客の  ふと上記に  ふと己の  ふと円山公園  ふと女が  ふと江戸の  ふと白金の  ふと今自分が  ふと感傷的に  ふと非常に  ふと脂気が  ふと雖も  ふと鱒の  ふと誰にでも  ふとお菊さん  ふと教室の  ふと行く手を  ふと面を  ふとわが身を  ふと劉表の  ふと足もとを  ふと横網町の  ふと鑵の  ふと子どもの  ふと欝血  ふと云つて  ふと三吉さんが  ふと欄干へ  ふと橋本  ふと橋本も  ふと旧誼を  ふと面の  ふと君にも  ふといや  ふと先生の  ふと先生は  ふと前を  ふと心の  ふと富士や  ふと足の  ふと酒の  ふと思つて注意  ふと最初のものは  ふと之は  ふと主役の  ふと新興ブルジヨアジーの  ふと主に  ふと新派劇は  ふとわれわれ日本人の  ふと幼心に  ふとそれを  ふと庭向の  ふとそれが  ふと紙の  ふとそれ等の  ふと女坂を  ふと観月橋の  ふと台場の  ふと壁辰の  ふと音松が  ふと覗き  ふと微笑とも  ふとその道傍に  ふと今度は  ふとそこに  ふといつか  ふと自分が  ふと親も  ふと旅愁を  ふと嘉助は  ふと瞑目  ふと庭前を  ふと下流を  ふといふ風で  ふと何  ふと菜畑の  ふとマダムの  ふと眼前に  ふと私には  ふと信州の  ふと阿蘭陀芹を  ふと七八年前の  ふとラデイゲの  ふと俳句の  ふと眉を  ふと前方を  ふと一人の  ふと不安  ふと五つ六つ向うの  ふと薄紫の  ふと此の  ふと日本に  ふと奈良朝の  ふと其莊園を  ふと京都の  ふとコード  ふと戰場の  ふと貴族に  ふと正宗の  ふと西歴六百五十年  ふと十世紀頃  ふと西暦千六百六十年  ふと梶せつ子に  ふと自殺  ふとルミ子が  ふと身に  ふと何かを  ふと微か  ふと庭面を  ふと子の  ふといふ心地では  ふと三越の  ふとのりとごと  ふと僕は  ふとマッチを  ふと舞踏場で  ふと原稿紙や  ふと一色の  ふと園内で  ふと物の  ふと葉子の  ふと庸三の  ふとしばらくぶりで  ふと姿を  ふと通りがかりに  ふと電話の  ふと庸太郎が  ふと神田の  ふと支那服の  ふと野村に  ふと懐中を  ふと胸に  ふと木部との  ふと東北の  ふと過去を  ふと内田の  ふと道ばたの  ふと葉子は  ふと田川の  ふといたずら者  ふと右の  ふと定子を  ふと田川夫人が  ふと倉地の  ふと二度ほど  ふと木村を  ふと後ろを  ふとうご  ふとかすかにでも  ふと他所の  ふと老人の  ふと変  ふと一册の  ふと腹を  ふと囲へ  ふと笑つた  ふと感傷的  ふと心棒を  ふと審  ふと頼母は  ふと主税は  ふと台所横を  ふと気がかりに  ふといふ風な  ふとソクラテスの  ふと何処からか  ふと足音は  ふと外へ  ふと一匹の  ふと最後の  ふと女は  ふと余の  ふと松飾りの  ふと二つ  ふと三年  ふと一時  ふと愛惜の  ふとヘルマン・ヘッセの  ふと微笑を  ふとカザノヴァを  ふと医者の  ふと人力車  ふと雨樋を  ふと車が  ふと岡の  ふと愛子さんに  ふと海の  ふと自分のから  ふと目からのぞき  ふと鏡に  ふとつやの  ふと葉子には  ふと定子の  ふと汽車  ふと美禰子を  ふと広田先生の  ふと御門の  ふと下駄箱の  ふとマダムは  ふと笹尾の  ふと直覚的に  ふと矢島さんが  ふと闇の  ふと先ほどの  ふと水の  ふと隅に  ふと四畳半  ふと義兄の  ふと頭をか  ふと邪慳  ふと妻の  ふと影の  ふと靴音が  ふと少年達は  ふと爺さんは  ふと廊下  ふと背伸びを  ふと二階へ  ふと昨夜世話人  ふと教員室には  ふと空襲警報下に  ふと赧  ふと鶴雄の  ふと好き  ふと下を  ふと思案  ふと蒼ざめて  ふと千枝子の  ふと小郷虎吉の  ふと小田を  ふとがっかり  ふと狼狽  ふと脱衣場の  ふと食指が  ふと鈴子の  ふと可憐に  ふと恥かしく  ふと中年男の  ふと鼻の  ふと錯覚を  ふと古風に  ふと嫉妬に  ふとラスコリニコフの  ふと真青に  ふと小郷事件の  ふと二個向  ふと御堂の  ふと二割方光度が  ふと足元を  ふと窓さきへ  ふとおれが  ふと念頭に  ふと不快  ふと葭戸の  ふと雛の  ふと輕蔑  ふと部屋が  ふと激昂  ふと軍服を  ふと鎭まつ  ふと子どもは  ふと知らない横丁を  ふと想  ふと浮気  ふと憤怒に  ふと此店を  ふと魔法の  ふと急に  ふと僕に  ふとぼんやり  ふと齊  ふと魔法使いの  ふとかすか  ふと近くに  ふと西  ふと大風が  ふと聴手は  ふと頬の  ふと鶴村の  ふと苦も  ふと死という  ふと強情に  ふと先刻の  ふと脚下を  ふと僧の  ふと電燈の  ふと主婦の  ふと年増は  ふと後に  ふと納屋を  ふとオルガンティノは  ふとシャルル  ふと深度計の  ふと二階を  ふと奥山へ  ふとあとへ  ふと言葉が  ふと下島  ふとッちょに  ふとッちょは  ふとッちょの  ふと童らの  ふと其を以て  ふと隨分笑  ふと洋食を  ふと黙祷  ふと敬二の  ふとなんでも  ふとアルカージイを  ふと背後に  ふと室の  ふと視界の  ふと毛布を  ふと大概向方から  ふと漢楚軍談を  ふと氣  ふと我にか  ふとたん  ふとつて何事に  ふとわたしや  ふとソフィヤ  ふと寿詞  ふと高橋虫麿の  ふと爲  ふと云つた我は  ふと沼田に  ふとこちらと  ふと出会つた人間を  ふと向を  ふと十二年前に  ふと麻布の  ふと箪笥の  ふと奧の  ふと懷  ふとみのるの  ふと痲痺  ふと涸沢岳の  ふと夜空に  ふとムビウム  ふとこや  ふとこれは  ふと曲物の  ふと物臭さの  ふと毛虫を  ふと孤独が  ふと手  ふと無意識に  ふと童子の  ふと悒  ふと足音が  ふと気味  ふと浮き  ふと魔が  ふと向うを  ふと天幕の  ふと云へ  ふと曾根は  ふと地獄絵の  ふと語調を  ふと何かに  ふと箱の  ふと左の  ふと栗毛の子馬が  ふと練兵場の  ふとお前はい  ふと算術帳と  ふと女を  ふと何気なく父の  ふと娘の  ふと狼の  ふと天井を  ふと旧友  ふと此若い二人の  ふと指先で  ふと右手後ろの  ふと問  ふと案じ入りて  ふと何だか  ふとそれより  ふと角が  ふと手にとって  ふと中川の  ふとゾベイダの  ふと何ぴとかに  ふとプーシュキンを  ふと妙に  ふと僕  ふと村からわたしの  ふとため息を  ふと暖かい息が  ふと老人は  ふと空中に  ふとわたしは  ふとなにを  ふと一人  ふとだれか  ふとくちびるに  ふと北の  ふと年少  ふと今しがた小店員が  ふと北の方を  ふと云つた風に  ふと病中に  ふと月の光に  ふと平生  ふと間の  ふと伸子を  ふと好奇心を  ふと和一郎の  ふと伸子は  ふと吉見さんの  ふとあなたの  ふと庭の  ふと晴代を  ふと木山に  ふと外を  ふと先日の  ふと途中で  ふと雨の  ふと健三の  ふと女房の  ふと馬鹿  ふと眼瞼の  ふと小さな  ふと食卓から  ふと何百という  ふとうまやの  ふとカピが  ふとボブは  ふと白鳥号の  ふと一ぴきの  ふと調子  ふと百年も  ふと清らか  ふと千恵は  ふと外陣の  ふとチヨツキの  ふと何かしら身に  ふと相識に  ふと論理学を  ふと呉葉の  ふと窕子は  ふと何気なく巴里の  ふと云へば  ふと傍観者の  ふと遠く祭の  ふと弦から  ふと父親の  ふと同情の  ふと嫉妬を  ふと日和下駄の  ふともさ  ふと二人とも  ふとしか  ふと一抹の  ふと夢の  ふと緑の  ふと小声で  ふとテーブルの  ふと此贄を  ふと銭入に  ふと腹の  ふと此方の  ふと答へた後  ふとあはれに  ふと大塚さんは  ふと摺  ふと一座の  ふとゆきずりに  ふと通りがかりの  ふと平常着の  ふと首を  ふと正気  ふと仏壇の  ふと抽斗の  ふと傍に  ふと木の間より  ふとここは  ふと洋服の  ふとあれは  ふと時間の  ふと煙草の  ふと金が  ふと連想  ふといふ話は  ふと海は  ふと眉根を  ふと十吉は  ふと十吉の  ふと左手の  ふとイリリヤと  ふと上から  ふとカトリックの  ふと独りごとの  ふと要吉は  ふとかい  ふといくらか  ふと話にや  ふと客も  ふと子供の  ふと忌は  ふと薬屋の  ふと笠の  ふと木の葉の  ふと変調を  ふと舟入川口町の  ふとバスの  ふと電光の  ふと耳香水を  ふと水の上へ  ふとドイツ船シャジキリー号を  ふと道庵先生の  ふと下宿屋の  ふと最前から目に  ふと帯の  ふとほりを  ふと青葉若葉の  ふと懐中へ  ふと幾分  ふと僕が  ふと瞼に  ふと身ぶるい  ふとんでも  ふとんへ  ふと欄干の  ふと聞き耳を  ふとボートルレを  ふと国王  ふと中を  ふとレイモンドに  ふとショルムスは  ふと同君の  ふと友達に  ふと些とも  ふと妙案を  ふと伊勢の  ふとほり所詮  ふと外の  ふとかたわらを  ふと記憶に  ふとガサガサと  ふと決断の  ふと鶏は  ふと其口を  ふと中心に  ふとこれが  ふと下水の  ふと涙を  ふと誘惑でさえ  ふと清十郎の  ふと立止  ふと耳には  ふと棒立ちに  ふと相手を  ふと安倍誠之助の  ふと阿賀妻の  ふと腰を  ふと陸地測量部の  ふと素の  ふと何だか変に  ふと夕刊配達の  ふと述懐  ふと渓流の  ふと路下の  ふと林務官の  ふとちよ  ふと殆ん  ふと肩越しに  ふと提灯の  ふと武蔵に  ふと武蔵の  ふと云は  ふと支那の  ふとそれには  ふと魯を  ふと大弓を  ふと極端に  ふと庄谷の  ふと昨夜往診を  ふと対岸に  ふと必要以上に  ふと廃嫡といふ  ふと頁を  ふと祖母と  ふとそれから先  ふと其処の  ふと卑幼尊長と  ふと徒刑一年と  ふと一年  ふと伊織を  ふと間違  ふと客を  ふと意味が  ふと食は  ふと戸の  ふと留公の  ふと言つて  ふと船尾寄りの  ふと自分達の  ふと道具箱の  ふと興に  ふと麥酒罎を  ふと崖の  ふと彼女に  ふと憫みの情を  ふと幾島の  ふと私たちに  ふと申から  ふと鶏を  ふと何物をか  ふと米友は  ふとベゴ石を  ふと操が  ふと大理牙  ふとドーレ  ふと歌つたもの  ふとここへ  ふと誰かを  ふと驚きぬ  ふと人こ  ふと涙ばかり  ふと隆造は  ふと架空の  ふと矢野名曲堂へ  ふと自嘲的  ふと家が  ふと木犀の  ふと日曜  ふと向うへ  ふと不浄の  ふと耳の  ふと亡  ふと仏教の  ふと誰かが  ふと種々  ふと近くの  ふと単純  ふと覚悟しま  ふと思つて気が  ふとつた女給は  ふと濠傍の  ふと思返  ふと默つて歸  ふと鼻で  ふと威儀を  ふと松林を  ふといつかペン  ふと宮城の  ふと十四五年以来  ふと弟は  ふと出合つたのは  ふと鍋を  ふと彼等三人と  ふと万燈の  ふと尺八の  ふと米相場に  ふと何かの  ふとこちらを  ふと吾胸の  ふと立ち聞き  ふと車上から  ふと投網の  ふとピレネエの  ふと畫の  ふと判別の  ふと彼らの  ふと旅の  ふとあらわに  ふと道をよけて  ふと高氏を  ふと料理場の  ふと愛情を  ふと影が  ふと差  ふと僕等の  ふと兄貴の  ふと日本の  ふと職業を  ふと豊橋の  ふと雨が  ふと君江は  ふと若い武士は  ふと話し声を  ふと一人が  ふと乗手に  ふと呆気に  ふと師匠に  ふと姉を  ふと私から  ふと象戯を  ふと俊基の  ふと眼ざめた  ふと舞台の  ふと途上で  ふと彼奴の  ふと左手を  ふと庭に  ふと教会の  ふと一葉の  ふと屑籠に  ふと緊張  ふと道端に  ふと一切を  ふと当時電車は  ふと煽てに  ふと今朝程  ふと支倉に  ふと往時神戸牧師に  ふと応接室へ  ふと二人の  ふと眼  ふと行燈の  ふとお前の  ふと少女の  ふと陰を  ふと夢心地に  ふと小娘の  ふとめざめたらなみだこぼれてゐた  ふと孤独の  ふと今夜中に  ふと不憫に  ふと不安に  ふと小説家  ふと夜中に  ふと道が  ふと樽野の  ふと正吉は  ふと津の  ふと正面の  ふとアンドレ・ジイド作の  ふと發見  ふと大病に  ふと土間を  ふと窪田が  ふと千住の  ふと農科の  ふと思案顔に  ふと草心尼の  ふと腑に  ふと腕に  ふとオカミサンの  ふと川越の  ふと清澄山の  ふと床の間に  ふと膝を  ふと行手で  ふと道を  ふと浅吉の  ふと絵図面を  ふと石川  ふと理想という  ふと話が  ふとそばに  ふと美穂子の  ふと路傍に  ふと一昨日浦和の  ふと隅を  ふと暗中の  ふと人知  ふと掖門の  ふと芳子は  ふと庭へ  ふと夕方の  ふと鴨居を  ふとなにがしの  ふと坊主たちを  ふといふに  ふと小唄を  ふと同情を  ふと炬燵の  ふと希望を  ふとアルコール漬けの  ふと慴  ふと敦圉  ふと藤兵衛は  ふと甲夜に  ふと足もとに  ふといふ人の  ふと去年の  ふと妻戸を  ふと意味ありげな  ふと心を  ふと想像  ふと飛ン  ふと後を  ふと廊下の  ふといふ法は  ふと父の  ふと鼻カタル  ふとひざを  ふと鼻が  ふと相好を  ふと手など  ふと欲心を  ふと親孝行を  ふと口から  ふと年寄染みます  ふと蓮葉に  ふと惡樣に  ふと何気なく注意  ふと佳一の  ふと花を  ふと藝術的眞實の  ふと花壇の  ふと好奇心に  ふと梯子段を  ふと往って  ふと脚氣に  ふと正季と共に  ふと里へ  ふと心変りなど  ふと人間の  ふと自己嫌厭を  ふと折には  ふと奇声を  ふと肩を  ふと戸惑ッ  ふと手枕に  ふと階下で  ふと幸福を  ふとレンズを  ふと安心  ふとゴルゴンゾラの  ふと陽が  ふと桂子は  ふと南原杉子は  ふと阿難を  ふと妻に  ふと床下に  ふと笑いを  ふと蓬莱建介の  ふといたずら  ふと身体を  ふとつた年寄  ふと主人は  ふと甚内は  ふと女房は  ふと隅田の  ふと門附に  ふと蘆笛の  ふと歩みを  ふと筆を  ふと湯殿の  ふと森に  ふとたより  ふと麻布  ふと生き物の  ふと嫌  ふと本能的に  ふと手にと  ふと桐の花  ふと妖僧の  ふと件の  ふと弁信からの  ふと不安の  ふと校庭を  ふと手毬から  ふとこは  ふと現金な  ふと軽侮に  ふと親王は  ふと目で  ふと口で  ふとどこかで  ふと風が  ふと神社は  ふと關係が  ふと視線が  ふと東京で  ふと絵行燈の  ふと関東煮屋が  ふと金の  ふとそん  ふとあすこの  ふと娘は  ふと四月一日  ふと真面目  ふと勝手に  ふと一種の  ふと橋の下から  ふと聯想  ふと桂月香の  ふと前後に  ふと妾が  ふと佐野を  ふと妾の  ふと停滞が  ふと横町に  ふと傍らを  ふと幼少の  ふと夢枕に  ふと山着姿の  ふと矢立の  ふと惻隠を  ふと何処かへ  ふと内侍を  ふと義貞に  ふと瞼を  ふとからからと  ふと振りかへ  ふと云々  ふと足許を  ふとトッドの  ふとパイプから視線を  ふと山中の  ふと仕様ぢや  ふと私  ふと稍とも  ふと石の  ふと富子の  ふと親の  ふとつた男が  ふと与八さんに  ふと正成の  ふと道も  ふと縁側の  ふと一ぷく  ふと中西屋の  ふと家郷の  ふとニツケルの  ふと斯  ふと夢を  ふと名を  ふと枯蘆の  ふと計器盤の  ふと苦笑を  ふと卯木の  ふと胸の  ふと目をさ  ふと外に  ふと立ち  ふと路地に  ふと〇・〇〇五の  ふと外物が  ふと近習を  ふといたずら心に  ふと伝右の  ふと金主に  ふと不思議  ふと話を  ふとさっきの  ふと十字を  ふと懐疑  ふと墨の  ふと蜜柑の  ふと隣室で  ふと冗談を  ふと店に  ふと綾部という  ふと月を  ふと上り口に  ふといふよりは  ふとおれの  ふと宿の  ふときのふ橋の  ふとベツドから  ふときのう橋の  ふとベッドから  ふと杜絶  ふとみつ子に  ふと寝台の  ふと瀑下の  ふと何事かを  ふとそっちに  ふと菅茶山翁の  ふと廂の  ふと兄が  ふと仮名の  ふと庭先に  ふと一窓庵から先へ  ふと佐佐木氏が  ふとわたくしの  ふと水出しの  ふと怪力を  ふと日本一の  ふと物音に  ふと幽かに  ふと恥  ふと夜の  ふと夕日さしそ  ふと巴里の  ふと楽天氏が  ふと原文を  ふと庭すみの  ふと玄関に  ふとその男の  ふと叔父様の  ふと勘次は  ふと小網町の  ふと人心  ふと右門は  ふと細工谷の  ふと艶めかしくも  ふと赭  ふと危そう  ふと腕時計を  ふと眉の  ふと下町娘の  ふと小沢の  ふと細工谷町の  ふと意外  ふと壁に  ふと自分を  ふと溜息を  ふと狼狽の  ふと星が  ふと廊下へ  ふと亀吉の  ふと渡辺橋  ふと部屋の  ふとブルウスカイで  ふとえくぼ  ふと右門の  ふと言を  ふと鏡を  ふと何事をか  ふと比良ヶ岳の  ふとこれ  ふと道で  ふと蝙蝠の  ふと男の  ふとお母さまの  ふと可哀そうに  ふと右門に  ふと伝六を  ふと悪心を  ふと窓外の  ふと邂逅  ふと名人の  ふとふびんが  ふと知恩院の  ふと名人が  ふと屋根の  ふと次兄は  ふと饒舌つた無礼の  ふと眼ざめた龍子が  ふと改  ふとつや子が  ふと負けん気な  ふと回想  ふとブドリは  ふと向こうの  ふと華大媽が  ふと医師の  ふと柵は  ふと戸口で  ふと武者窓の  ふと辰さん  ふと隠居を  ふと東坡が  ふと諸人に  ふと良寛上人の  ふと病に  ふとつた顏を  ふとつた拳を  ふとスカートの  ふとそ  ふと湯の  ふとひざの  ふと気をつけて  ふとかや渡来文化  ふとかや渡來文化  ふと龕の  ふと学校に  ふと何事か  ふと潮見博士  ふと完全に  ふと勢  ふと休息を  ふと今朝  ふと樹下思惟という  ふと気まぐれに  ふと往年の  ふといふにては  ふと雪路を  ふと老爺は  ふと何時何処で  ふと満足を  ふと二階の  ふと覺め  ふと俳句  ふと鍵の  ふとキイに  ふと曲淵正左衛門の  ふと机から眼を  ふと欄干に  ふとミシュレーの  ふと嘉三郎は  ふと何だかわ  ふと目さきに  ふとハーシュは  ふと金槌  ふと信一が  ふと欣々の  ふと狂  ふと蝶の  ふと足許に  ふと時計の  ふと姉の  ふと昔の  ふと何も  ふとウ  ふと前に  ふと鶴子は  ふと振りかへって  ふとヤイレスポの  ふと地下で  ふとかたわらの  ふと無意識  ふと一粒の  ふと半兵衛の  ふと軒に  ふと官兵衛は  ふと蜂谷龍  ふと境内に  ふと孫を  ふと独で  ふとつた老人  ふと劒沢の  ふと岩の  ふと喉まで  ふと迷  ふとなにかい  ふとピストルの  ふと誇張の  ふと一瞬に  ふと抵抗力を  ふと危く目を  ふと戸が  ふとオーレリーの  ふと一所に  ふと言つてん  ふとなん  ふと一種異様  ふと通り魔が  ふと寒々と  ふと寺田の  ふと破れかぶれの  ふと嫉妬の  ふと死の  ふと競馬への  ふとロンパンの  ふと殆ど配当  ふと気持ちが  ふと煩いから競馬へ  ふと餘  ふと不気味  ふと庭ゲタを  ふと梶は  ふと栖方の  ふと元来  ふといふ風に  ふと松本の子  ふと松本の  ふと紫色を  ふと戯曲を  ふと近頃の  ふと皆んな  ふと秋  ふと旅情に  ふと歩を  ふと前ぶれも  ふと制作慾を  ふと言へば  ふと端席  ふと一人言の  ふと近所の  ふと鮮やかに  ふと太子は  ふと昨夜興味を  ふと絶命の  ふと適時に  ふと吾に  ふと圓朝は  ふと森山さんの  ふと誰やら  ふと藤次郎は  ふとうたたねの  ふと起  ふと久保田さんの  ふと家に  ふと甲谷の  ふと参木は  ふと甲谷は  ふとどこかの  ふと房前の  ふと彼ら二人は  ふと甲谷と  ふと車夫の  ふと壁を  ふと竹の  ふとしき家くらか  ふと轡川の  ふと眠りが  ふと小用場を  ふと小ぎれい  ふと行手に  ふと岸の  ふと暖かい春の  ふと背負籠を  ふと其群の  ふと其感情を  ふと指に  ふと仄明りに  ふと涙が  ふと少女に  ふとがまんにも  ふと水を  ふと手紙  ふと昨夜  ふと揚足を  ふと俗情だけに  ふといふ  ふと繰返し  ふと水準に  ふと日本人全体が  ふと中尉は  ふと早口の  ふと浜島茂の  ふと劇場の  ふと夫の  ふと私達の  ふと傍らの  ふと用事の  ふとバアへ  ふと狂人の  ふといふ案は  ふとよみが  ふと我  ふと眼には  ふと雖  ふと絵看板を  ふと翁に  ふと父が  ふと画が  ふと心もち蒼ざめて  ふと宮中の  ふと風の音を  ふと大海人は  ふとこちらの  ふと大根  ふと一般  ふと世間に  ふと一本の  ふと默  ふとKさんは  ふと君を  ふと絵具皿の  ふと見識ら  ふと苦笑  ふと樋の  ふと林檎を  ふと以前に  ふと船尾の  ふと却つて  ふと餘程  ふと其儘御前に  ふと其儘  ふとん  ふと君子は  ふと床の間の  ふと調子を  ふと親父さんに  ふと途中の  ふと人影を  ふと律儀  ふと指で  ふと危ふさに  ふと真夏の  ふと昔が  ふと意殆ど  ふとかかし  ふと一斉に  ふと駄夫は  ふと表の  ふと源氏の  ふと殆一つ音  ふと夕雲に  ふと人なかに  ふとこっちへ  ふと思い出ばなしが  ふと今ここに  ふと聞噛  ふと太郎は  ふと震災後向島は  ふと言は  ふと價値の  ふとお前  ふと片隅の  ふと給仕を  ふと暖簾の  ふと彼女たちの  ふと泰さんが  ふと新蔵の  ふと奥殿に  ふと酔眼を  ふと宗教の  ふと碁の  ふとむかむかとして  ふと雲間から  ふと姦しい隣の  ふと一軒の  ふと八百屋の  ふと憶  ふと口元に  ふと独りで  ふと作右衛門の  ふと三台の  ふと夜更けに  ふと他国ものの  ふと栗栖の  ふと正座の  ふと二日ほど  ふと署名の  ふとめざむれば室内の  ふと自嘲の  ふと自分のもの  ふと番いの  ふと路の  ふと彼方に  ふと小銃の  ふと我家へ  ふと斜に  ふと玄關の  ふと二三日前の  ふと解法が  ふといつか松井  ふとあれでは  ふと澄子さんを  ふと弟はと  ふと弟の  ふと飾窓の  ふと訓むが  ふと薫に  ふと灰色  ふといふ風は  ふと堤の  ふと草原を  ふとこれで  ふと鼠色の  ふと山王台の  ふと女学校の  ふと行きずりの  ふと足下に  ふと本気に  ふと朱で  ふと身の  ふと彼  ふと思ひ出しも  ふと窓が  ふと向うに  ふと河鹿  ふと右に  ふと三日月を  ふとヴエルネ・クラブで  ふと最初の  ふと手許に  ふと海豚叢書の  ふとヴェルネ  ふと其後では  ふと声明  ふとお前は  ふと慶四郎を  ふと帶の  ふとプラットを  ふと壁へ  ふと停車場に  ふと何の気なしに眼を  ふと十月二日の  ふと窓際に  ふと觸  ふと人形の  ふと嫌悪の  ふと上流社会を  ふと久我は  ふと船の  ふと身體を  ふとジタバタ  ふと馬橇は  ふといふは  ふと其處には  ふと車を  ふと鳥羽で  ふと何心  ふと大将  ふと棚の  ふと獄門の  ふと二人  ふと人は  ふと泛んで  ふとこれに  ふと久左衛門は  ふと文句  ふと私も  ふと小僧を  ふと思出すが  ふと過日の  ふと向こうを  ふと伊都子の  ふと胸が  ふと向う側の  ふと生唾を  ふと信吉を  ふと田村に  ふと信吉の  ふと冷酷  ふと驚異の  ふと左翼劇と  ふと新内語りの  ふと泛  ふと脅威を  ふとロマンチスト  ふと箸を  ふと笑  ふと馬賊が  ふとオスカア  ふと小為替は  ふと厠の  ふと至は  ふと口籠  ふと喬彦の  ふと槇の  ふと友達の  ふと好奇心で  ふといふ程度の  ふと民子は  ふと記憶を  ふと民子の  ふと盃杯を  ふと身  ふと道夫の  ふと上の  ふと春の  ふと蓮月尼の  ふと何処からとも  ふと名案が  ふと遠慮も  ふと一枚戸の  ふと中佐の  ふと光子を  ふと文字に  ふと倚  ふと画面の  ふと暗殺者の  ふと伯母に  ふと対馬守は  ふと吉岡の  ふとおのれの  ふとイタズラに  ふと花は  ふと叔母の  ふと新しい光  ふとセエラが  ふとセエラの  ふとセエラを  ふとテエブルの  ふとラム  ふと鉛筆にて  ふと夜店で  ふと旅館の  ふと精が  ふと疑問が  ふと計略を  ふと女房が  ふと彳  ふと感想が  ふと二十一歳の  ふと一つ形  ふと句作を  ふと夜中の  ふと遠くを  ふと電話を  ふと駐車場の  ふと前から  ふと車中を  ふと電気写真館の  ふと片影の  ふと君枝が  ふと君枝の  ふと泛かん  ふと枯死の  ふとみつ子が  ふと浪の  ふと傘の  ふと朋輩の  ふと行手の  ふとほりラムネを  ふと産婦の  ふと家じゅうの  ふと小松島附近の  ふと焔先に  ふとすゞは  ふと指折り  ふと過去の  ふとお嬢さんの  ふと野原の  ふと何だか心配に  ふと視角を  ふと周囲に  ふと通路が  ふと妙案の  ふとわたくしは  ふと少年は  ふと桜井君は  ふと棚の隅から袂糞の  ふと厭  ふと予想  ふと足尾銅山の  ふと婦人  ふと思い出  ふと中風に  ふと今の  ふと一等墓地の  ふとんが  ふととまどいを  ふと横筋に  ふと結婚について  ふと八卦を  ふと兄の  ふと松川さんの  ふと言つた時  ふと馬鹿に  ふと惣七の  ふと磯五に  ふとつた白蛆の  ふと閃  ふと祖母の  ふと近道を  ふと水田へ  ふと美津子は  ふと巡査の  ふと風邪に  ふと傍らに  ふと浜勇の  ふと乗鞍に  ふとなにかの  ふと謀反人ぢ  ふと大袈裟  ふとんと  ふと椅子ごと伸子の  ふとぼんやりと  ふと仮睡の  ふと木下は  ふと板塀の  ふと対岸の  ふと頭へ  ふと鬼が  ふと嫂さんには  ふとほりの  ふと加寿子は  ふと雑多  ふと庄吉は  ふとそれは  ふとのぞきますと  ふと歌舞伎の  ふと室内に  ふと日没の  ふと巨獣に  ふとラジオ店の  ふと校門の  ふと硝子戸の  ふと我物と  ふとこをは  ふとつた藤沢九段  ふと米良は  ふと岩蔭の  ふとこれを  ふと嫂が  ふと右側を  ふと往きに  ふとそれと  ふと鏡台の  ふと紀久子に  ふと父を  ふとゆうべの  ふと畳の  ふと露西亜の  ふと鳥影が  ふと猶予  ふと吻と  ふといま言  ふと自殺者が  ふと言つて戀人の  ふと彼國の  ふと此儘死ぬの  ふと廁の  ふと郷里の  ふと音樂に  ふと試驗は  ふと一言次の  ふと恋の  ふとそれにつれて  ふと横蔵の  ふと慈悲太郎との  ふと危惧の  ふと二万円といふ  ふと体裁の  ふと姿見の  ふとこ  ふと前途に  ふと気紛れに  ふと言ひだ  ふとつた膝へ  ふと快活さうに振舞  ふと心付此葉を以て  ふとこちらへ  ふと境の  ふと蛇の  ふと藤さんの  ふと新橋行の  ふと教授の  ふと十七字を  ふと裏を  ふと今日あなたの  ふと東海道の  ふと今でも  ふと龍吉君と  ふと蛍雪館の  ふと鼈四郎に  ふと學校が  ふと掌に  ふと節  ふと愛嬌  ふと今昔の  ふと建築の  ふと文学研究会へ  ふと気持が  ふと二十年近く  ふと霽  ふとお父さんを  ふと静かに  ふと清子の  ふと頼り  ふと野々宮を  ふと由子に  ふとつた肉体を  ふと骨の  ふと青木卓一を  ふと父母の  ふと語弊が  ふと言つたのと  ふと訣ら  ふと自分にか  ふと判断に  ふと大原  ふと語録の  ふと刺客は  ふと従兄には  ふと爽やか  ふと槌の  ふと食物と  ふと眼をさ  ふと息を  ふと焚火の  ふと大変よ  ふと妻は  ふと昨日人から  ふと繪葉書屋の  ふと小用を  ふと近より  ふと手品を  ふと店の  ふと愧ぢ  ふと夢がと  ふと眼ざめた主人公は  ふと言葉に  ふと太郎の  ふとさっきまでは  ふと沙金に  ふと会話の  ふと窓硝子が  ふと東北に  ふと宗教的な  ふと前面を  ふと西の  ふと山の上に  ふと宿直室を  ふと眼覺め  ふと姿が  ふと薄闇の  ふと小僧にでも  ふと四五間前を  ふと西森は  ふと數年前  ふとベルグソンの  ふと徹底的に  ふと今朝秦が  ふと山の  ふと約束  ふと酔  ふといふ式  ふと遠慮  ふと去年  ふと樗牛の  ふと柳島の  ふと予の  ふと氣まぐれに  ふと乘  ふとボンヤリ顔を  ふと対局室へ  ふと天下の  ふと空漠と  ふと安らか  ふと群衆の  ふと声が  ふと何かが  ふと断末魔の  ふと奇蹟的に  ふとリズムを  ふとめざむとき  ふとかわいそうに  ふと犯人  ふとカンバスから視線を  ふと此処は  ふとコンパスが  ふと関係を  ふとます  ふとななかまど  ふと馭者の  ふと小説と  ふと宮廷  ふと滝人の  ふと東西古今の  ふと真面目に  ふと脚下に  ふとつたおかみさんは  ふと伊香刀美の  ふと羽衣を  ふとおかあさん  ふとぐでりんは言葉が  ふと先刻からの  ふと杯を  ふとこの間  ふと誤解  ふと常談の  ふと任翻は  ふと狐の  ふと断言  ふと太古の  ふと首くくりを  ふと先年金剛石を  ふと沙翁の  ふと克ちゃん  ふと次郎の  ふと高らかに  ふと文次が  ふと王子を  ふと俊亮が  ふと曲亭馬琴の  ふと気嫌が  ふと哀れに  ふと俺は  ふと俺の  ふと青蜜柑の  ふと鞭  ふと活字が  ふと荷風の  ふとんやに  ふと喉の  ふと朝倉先生を  ふとほり  ふと小径の  ふと準之助氏の  ふと兄妹達が  ふと縁先の  ふとコーヒーの  ふと僕等人間を  ふとハ  ふと蔵ハ外の  ふと説明  ふとだま以来と  ふと同根の  ふと曰  ふと宗兵衛に  ふと今度の  ふと恭一に対して  ふと横の  ふと羊の  ふと生涯の  ふと生の  ふと蝉一匹の  ふと往来で  ふとこいつ  ふと先生が  ふと幅の  ふと結末に  ふと変に  ふとここいらに  ふと奥さんが  ふと賑やか  ふとかいつた危險が  ふと柱時計を  ふと今日の  ふと酔眼に  ふと新聞から眼を  ふと小屋掛の  ふと鯉坂君が  ふと嗤  ふと玉造豊空稲荷の  ふと大正二  ふと話題を  ふとそばの  ふと何年か  ふと掌の  ふと背後を  ふと瞳を  ふと假想  ふと頭上の  ふと青空  ふと伝三の  ふと平四郎の  ふと伝吉は  ふといつ  ふとひとつのうまい工夫を  ふと妾は  ふと其儘云  ふと我知らず  ふと小石川の  ふと我等の  ふと苦手の  ふと国民が  ふと神の  ふと見え  ふと適は  ふと感慨を  ふと商用で  ふと脚本難を  ふと東京八景を  ふと葉藏の  ふと感激  ふと空氣が  ふといふのみ  ふと妻が  ふと女に  ふと廊下に  ふと甲田の  ふと弓之助は  ふと座敷の  ふと悟空は  ふと総身を  ふとつた男で  ふと卯の花の  ふと店さきの  ふと行手を  ふと此麼ことを  ふと犬の  ふと老人に  ふと何方よりとも  ふと裏口の  ふと菩提寺に  ふと大  ふと二三度の  ふと盗心を  ふと指を  ふと丹永の  ふとパスカルを  ふと額を  ふと吾  ふとあちらに  ふとトコヨという  ふと思つた時  ふと矢にはに  ふと外套の  ふと本から眼を  ふと一萬千百圓  ふと百年經てば  ふと七千六百町の  ふと是から先は  ふと不公平  ふと工事の  ふと二千九百圓  ふと之を  ふと云ふから非常に  ふと實際の  ふと土地を  ふと田地の  ふと妙案が  ふと故郷の  ふと三造は  ふと新聞の  ふと及川の  ふと忍び  ふと狂気  ふと女たちには  ふと三十男の  ふと臈  ふと日本人の  ふとデカダン  ふと昆虫の  ふとパトロンの  ふと錯覚に  ふと滑稽  ふと虚ろ  ふとぎこちなかった  ふと木崎を  ふと母親を  ふと哀れ  ふと旅への  ふと恋心  ふと真空の  ふと警察への  ふと女体の  ふと正面を  ふと兄ちゃんと  ふと優越的  ふと混血児の  ふと金木犀の  ふと陽子の  ふと何かしら  ふと唇と  ふとふり  ふと松さんが  ふと小一郎は  ふと刺青に  ふと異形を  ふとぢ  ふと煤煙に  ふと雑沓の  ふと其処には  ふと何処か  ふとさっき  ふと彼女  ふと街を  ふと湯滝が  ふと正気に  ふと元旦を  ふとみやすらかに  ふとみと人の  ふとしきを  ふと仰が  ふと耳許を  ふと出  ふと悲しみを  ふと土に  ふと舟は  ふと学校が  ふと屹度  ふと事務室の  ふと疑惑に  ふと書斎の  ふと一ぷくを  ふと作用  ふと週刊朝日を  ふとひとり眼を  ふと車のう  ふと万葉か  ふと少女たちの  ふと一古物商の  ふと壁間の  ふと小女を  ふと小女は  ふと毒  ふとほか  ふとオイラン  ふと聲に  ふと歸えりに  ふと川下へ  ふと店先で  ふと物哀れに  ふと蘿月は  ふと昨日の  ふと玄関を  ふと信吉に  ふと寂寞たる時  ふと正門近くで  ふと扁理の  ふと變  

ふと[副詞] ~ 2
ふとひらめく  ふと見る  ふと気がつい  ふと振り返る  ふといふ  ふと持ち直し  ふと見たら  ふとそれた  ふと止め  ふとつ  ふと思いおこし  ふと思ひ立つ  ふとき  ふと覚め  ふと気がついた  ふと思いついた  ふと思ひつい  ふと見あげる  ふとある  ふと気づい  ふと思いだした  ふとふりかえった  ふと大人びた  ふと驚く  ふとかりける  ふと想い出し  ふと考えた  ふと思った  ふと聞け  ふとせん  ふと見た  ふと立ちどまりました  ふと心づく  ふと立ちどまつ  ふと立っ  ふと思い当った  ふと目ざめ  ふと目ざめる  ふと思う  ふと目覚めた  ふと動きかけた  ふと考えついた  ふと考へられ  ふと考へ  ふとおどろいた  ふと立ちどまっ  ふと思い出した  ふと思いつい  ふと疑ったら  ふと思い出し  ふと気付く  ふととまった  ふと見ます  ふとし  ふとする  ふと見つけた  ふとかかる  ふと思ひ  ふと題する  ふと煮立った  ふと思いだす  ふと見上げる  ふと見かけた  ふと絶えた  ふと申しました  ふと掠める  ふと見えなくなった  ふとあり  ふとなる  ふと言うたらしい  ふと振り向いた  ふと気がついみる  ふと思いこむ  ふと見かけ  ふと控えた  ふと消えた  ふとちひ  ふとつぶやいた  ふと見えぬ  ふと思ふ  ふとかう訊ねた  ふと思ひついた  ふと思いがけぬ  ふと古びた  ふと曲らう  ふと見上げた歪んだ  ふと考へる  ふと仰むけ  ふと振り向く  ふとひきつる  ふと振り向い  ふと想った  ふと思え  ふといっ  ふときく  ふと言っ  ふと感じた  ふと言った  ふと書い  ふと萌した  ふときざした  ふとみる  ふと思いつきました  ふと浮かん  ふと思い出しました  ふと語っ  ふと入った  ふと睡んで  ふと浮んだ  ふと思ひ付いた  ふとさけび  ふと気づく  ふとしたら  ふとみ  ふとかう  ふと泣き出す  ふと憤られる  ふと見れ  ふと笑う  ふと脅し  ふと映つた  ふと考え  ふと気付いた  ふとすた  ふと書いた  ふとふりかえっ  ふと見  ふと思いあたっ  ふと仰ぐ  ふと思い出す  ふと知り得た  ふと称し  ふと聞く  ふとあわれみ  ふと上げる  ふとおくれ  ふと取り出し  ふとすれ  ふと心付いた  ふと気色ばんだ  ふと立ち止つ  ふと汗ばんだ  ふと注い  ふと立ち止った  ふと申し  ふと見向いた  ふと黙っ  ふとどき  ふと浮かびでた  ふと振向いた  ふと思い浮べ  ふと云った  ふと見たくなりまし  ふとほり  ふと口走った  ふと気づいた  ふと忘れ  ふとよんだ  ふと呟いた  ふと立ちすくむ  ふと考へた  ふと覗かせ  ふと忘れられた  ふとあげた  ふと気がつけ  ふと張っ  ふと思い当る  ふと気付いたらしく  ふと濡れる  ふと想いだした  ふと立ち停っ  ふとせず  ふと怒られます  ふと聞えた  ふと立ち上り  ふと現われた  ふと落した  ふと聞いた  ふと解らない  ふと思い付い  ふとなれ  ふと告げたる  ふと消え  ふとしまし  ふと妬み  ふと考えつき  ふと止まった  ふと解すべきである  ふと想いだし  ふととっ  ふと振返っ  ふと寄り添っ  ふと訪れ  ふと聞きとがめた  ふとかすめた  ふと寝  ふと映った  ふと思い止まり  ふと立ち止まっ  ふと現れ  ふと言い出した  ふと見ましたら  ふと浮ぶ  ふといふなら  ふと気がついたら  ふと振向い  ふと浮べた  ふと気付い  ふとしなかつた  ふと想い出した  ふと気がついたらしく  ふと隣り  ふと立ちとまった  ふと招いた  ふと見たる  ふと立ちあがり  ふと立ち停まっ  ふと止す  ふとみかける  ふと泣き  ふと立ち止まる  ふと思い返し  ふと思い立っ  ふと落ち散った  ふと笑いやん  ふと泣きやん  ふと振り返っ  ふとぐらつきかけた  ふともらし  ふと考えこむ  ふと思いだし  ふとすべりだし  ふと聞きし  ふと息まい  ふと顧みる  ふと明いた  ふと演じた  ふと讀ん  ふと思い起こした  ふと笑っ  ふと醒めた  ふと開け  ふとむこう  ふと驚いた  ふとゆがんだ  ふと思い出され  ふと云い出した  ふと思いかえし  ふと思ひけり  ふとふ  ふと口ずさみ  ふとためらった  ふと迷った  ふと曇った  ふと立ち停った  ふと抱いた  ふと冴え返った  ふと出た  ふと濡れ  ふとうなだれた  ふと陥り  ふと考えこん  ふとうるん  ふと別れた  ふと聞き込んだ  ふと笑った  ふと蘇つ  ふと思ひ返す  ふとわからなくなる  ふと見付け出し  ふと立ちどまり  ふとや  ふと出合っ  ふと言い出し  ふとしきまし  ふと考え付いた  ふとみのる  ふとあらぬ  ふと思わせる  ふという  ふと白けた  ふと立ち上っ  ふと動いた  ふと泣きはじめる  ふと見ましき  ふとやめた  ふと話した  ふと考えました  ふと起つ  ふと訊ねよう  ふと起る  ふと見ゆる  ふと青む  ふと心付い  ふと動かなくなる  ふとやめ  ふとかくし  ふと立ち止まった  ふと目覚めれ  ふとしかかった  ふと映っ  ふととめた  ふと燃え  ふと意気込んだ  ふとひらき見した  ふと読む  ふと思いだされ  ふと云う  ふとしよう  ふと聞き馴れぬ  ふとしたる  ふとうかんだ  ふと見かえる  ふと考えられた  ふとあおぐ  ふと思われた  ふと飛び上っ  ふと黙った  ふと思いついたらしく立ち止まっ  ふと恥じた  ふと看  ふと心付き  ふと思ふた  ふと申したら  ふと預かっ  ふとあらわれ  ふと抱き寄せる  ふとまぎれ  ふと笑いだした  ふと思ひだした  ふと行き  ふと振り  ふとよろけかかった  ふと振り返った  ふと思ひます  ふと聴い  ふと考へず  ふと考え直した  ふと戻っ  ふと見出された  ふと交わした  ふと立寄りました  ふと思い起した  ふと描い  ふと思い寄っ  ふと覗い  ふと心付きました  ふとみつけ  ふと選び  ふとふり向い  ふと思い附いた  ふと隠れた  ふと感ずる  ふと瞬け  ふと聴き  ふと休む  ふと見えた  ふと居  ふと止まっ  ふと思い浮かんだ  ふと見え  ふと浮かんだ  ふと起った  ふと出合った  ふとふり向く  ふとばれ  ふと心づいた  ふと向う  ふと見出した  ふと思い  ふと立ちどまった  ふと映じた  ふと見せた  ふと見入った  ふと蘇っ  ふと迷っ  ふと死にたくなっ  ふと止めた  ふとまもった  ふと誘った  ふと洩らした  ふと開いた  ふと吸取  ふと投げ  ふと尋ね  ふと考えつい  ふと思いたった  ふと逃げ込ん  ふと直し  ふと嗅ぎつけ  ふと甦った  ふと覆いかぶさっ  ふと見いだしけれ  ふと引かれた  ふと言い当てた  ふと存じたれ  ふと忍びこん  ふと寝物語り  ふと話しかけたい  ふと訊かず  ふとすれ違った  ふと消え行く  ふと来る  ふと感じられた  ふと涙した  ふと過ぎりかけた  ふと出会った  ふともれる  ふと出  ふと考える  ふと思っ  ふと思い直し  ふと告げ  ふと知った  ふといひ  ふと考え込んだ  ふと思い出された  ふとほ  ふと近づい  ふと失せ  ふと信ぜられ  ふとのぞきこんだ  ふと持った  ふと愛した  ふと断ち  ふと湧い  ふと誇った  ふと酔うた  ふと見えたれ  ふと思ひ浮んだ  ふと押黙っ  ふと閃く  ふと瞑つ  ふと生ら  ふとこつたい  ふとたい  ふとわかれ  ふと会っ  ふと佇ん  ふと笑い咽ん  ふと考え合せ  ふとしく立てし  ふと痩せた  ふと訊ねた  ふと居眠っ  ふとためらい  ふとおもい出され  ふとつい  ふといへ  ふと掴んだ  ふと跨ぐ  ふと書き捨てた  ふとかりけり  ふとした  ふと待っ  ふと見返った  ふと曲り  ふと滅入りかけた  ふと弛んだ  ふとひらめいた  ふと思いだしました  ふと途切れた  ふと来  ふと言われた  ふと覚えた  ふと飲みたくなっ  ふと入っ  ふといる  ふと考え及んだ  ふと思い直した  ふと為した  ふと見つけ出した  ふと衝い  ふと浮ん  ふと口ごもり  ふと変っ  ふと思い付いた  ふと思い起し  ふと振りむく  ふと見付けた  ふとすすめられ  ふとおもった  ふとすすけた  ふと見付け  ふと見付ける  ふと摺れ違っ  ふと聞き咎めた  ふと打ち明ける  ふと起き上った  ふと立ち上  ふと見出し  ふと唄い  ふとち  ふと聞き出し  ふとわき上がった  ふと立ちどまる  ふとのぞい  ふとやみ  ふと呟く  ふとうなだれ  ふと忘れる  ふと見上ぐる  ふと馴れそめた  ふと思いました  ふと思いつく  ふとかいま見た  ふと聞きつけ  ふと思いつきまし  ふと考え出し  ふととり  ふと思い立った  ふと衝かれ  ふと聞くなれ  ふと思い起こす  ふと立ち上がる  ふと洩れる  ふと遮った  ふと入れ  ふと訊いた  ふと鳴いてる  ふと見上げ  ふと見いだした  ふと見過ごし  ふと気がついたらしい  ふと覗く  ふと覚めぬ  ふとひい  ふと笑い出し  ふと光った  ふと行きちがっ  ふと驚い  ふと飛ん  ふと思いなおし  ふとまわっ  ふと這入っ  ふと打ちむかった  ふと致した  ふと紛れ込む  ふと差し入れ  ふと湧き出で  ふと襲われた  ふと拾いあげ  ふと聞きこんだ  ふと見上げた  ふといけない  ふと思ひません  ふと沈み込んだであろう  ふと目覚め  ふと有し  ふと起つた  ふと信ずる  ふとおもいつい  ふと行き交っ  ふと想い出させる  ふと想っ  ふと立ち止っ  ふと閃いた  ふと坐り直しました  ふと見えなくなりました  ふと考え直し  ふと見やれ  ふと忘れかけ  ふとせ  ふとつれ  ふと承った  ふと亡くなつた  ふと堪らなく  ふと走り喚く  ふと探しあてた  ふと閃い  ふとこみあげ  ふと誘はれる  ふとため  ふとひる  ふと咎める  ふと擡げ  ふと眺め直した  ふと買い入れた  ふと解した  ふと困る  ふと忘れた  ふとかみまく  ふと書き棄てた  ふと立ち上つ  ふと止む  ふと死んだ  ふと出し  ふとみとめられ  ふと契った  ふとあげ  ふと泣きくずれた  ふと呼びとめられた  ふときい  ふと飛び出した  ふと見附けた  ふと考へられた  ふと怒り出す  ふと洩れた  ふと思いつき  ふと看る  ふと見違えた  ふと知り合った  ふと振りあおぐ  ふともす  ふと煽  ふといきまいた  ふと見りゃ  ふとひからびた  ふとすれ違うた  ふと湧き出した  ふとうらがれた  ふとひそめた  ふとすり寄っ  ふと呼びかけられた  ふと生ける  ふと思い付き  ふと唄いだした  ふとやって来  ふと立ちあが  ふと行きあっ  ふと聞い  ふとふりかえる  ふとたちどまり  ふと努め  ふと思いたっ  ふと打ちすましたる  ふと見馴れた  ふと思い上った  ふと坐る  ふともい  ふと心づけ  ふと断ち切られた  ふと訪れる  ふと思ひだし  ふと出遇う  ふと隣りで  ふと押し黙った  ふと涙ぐみ  ふとたれ  ふと言い合わしたる  ふと心づき  ふと返さなけれ  ふと思われました  ふとで  ふと帰りたくなった  ふと心づい  ふと感じだした  ふと思ひつき  ふと想いだされた  ふとひそ  ふとだしぬけ  ふとおもいました  ふといたしませう  ふとふみ  ふとくれ  ふと吊る  ふと詠みいでた  ふと分りかけた  ふと言いだし  ふと叩きすぎ  ふと思わぬ  ふと躍  ふとできた  ふと見し  ふともしませんでした  ふと行き詰まっ  ふと引く  ふとぼけた  ふと疲れる  ふと押入れ  ふと浮かびでる  ふと刻まれた  ふとふるはなくなる  ふと見えし  ふと知り  ふと戻りついた  ふと窺っ  ふといふだらう  ふと招ぜられ  ふと見つけ  ふと行き逢った  ふと思われる  ふと語る  ふとよみかえし  ふとおもいつく  ふと有る  ふと見える  ふと調べ  ふと通りかかった  ふと立ち寄  ふといきまく  ふと浮び出し  ふと浮びます  ふと立ち上がっ  ふと汚れた  ふと優れた  ふと遣  ふとなり  ふと曇っ  ふとよみついた  ふと思い浮べた  ふと亡くなった  ふとあった  ふとめざめた  ふとたずねた  ふと立ち留まった  ふと思います  ふと念じ  ふと兼ね  ふとぞんじおり  ふとおもいし  ふと思はれる  ふと思いおこした  ふと感じる  ふと止みぬ  ふと止み  ふといましめし  ふと思い当たった  ふとこる  ふと告ぐれ  ふと説く  ふと信ぜし  ふともらした  ふと起りたる  ふとちるまい  ふと聞きかじり  ふと思いかえした  ふと呼んだ  ふと起こった  ふとまつたく  ふと立ち止る  ふと見合う  ふと死したる  ふと立ち  ふと屈み込ん  ふと解し  ふと物語っ  ふと敷かれた  ふと起させた  ふと立ち停る  ふと翳っ  ふと黒ずん  ふと現れる  ふと甘ったれた  ふと見廻す  ふときえるつもらぬ  ふとしくなら  ふとしく  ふとしくさける  ふと見まし  ふと見まじ  ふとおどろきめざめ  ふと書く  ふとわいた  ふといった  ふとおろく  ふときき  ふとえろう  ふと見えなく  ふと挙げた  ふと醒め  

( ~ )ふと( ~ )
ふと寒く  こんなにふと  ふとにやにや  ふとこう  おもふと  ふと恋しい  時々ふと  ふと忙しい  ふと同時に  ふと悲し  さういふと  ふうふうふと  ふとまだ  よかろふと  ふと冷たい  ふとしふと  ちかふと  ふと喧しい  さうかとおもふと  ふと苦い  ふと共に  ふとなつかしい  ふと偉  ういふと同時に  ふとそう  ふと何やら  ふとおかしく  ふと悲しく  ふと突然  ういふと  ふと暗い  ふと深い  ふと淋し  ふとなく  ふとすぐ  ふとよい  ふと尚高く  ふとどうも  ふと随分厚い  ふと暗く  ふとなにやら白っぽい  やがてふと  ふと珍しく  うといふと  ふといやらしかっ  ふと重い  ふと同じく  ふといい  ふともはや  ふと渋い  ふと甘い  ふと寂しい  なくふと  そのうちふと  ふと恐ろしい  ふと後で酷い  ふと空しい  ふと恥しい  ふと凄く  ふと悲しかっ  ふと怪しい  ふと心細い  ふと悪い  ふとひとしき  ふと微笑まし  ふと熱い  ふと直ぐ  ふとまだ沢山  ふと軽い  ふと短い  ふとからり  ふと良き  ふとたま  ふとむつかしく  時にふと  ふとどう  ふとよく  ふと幼い  さういふと遠い  おもふとすこし  ふと何とも  ふとつめたい  ふと涙ぐましい  ふと一向  ふと気恥しい  ふともう  ふと怖  ふとひどい  ふと何となし  ふとうれしかっ  ふと快よく  ふと弱かっ  ふと悩ましい  ふとなつかしく  ふといじらしく  ふと激しい  ふとなつかしかっ  ふとしみじみ  ふとまた  ふとともに  ふと赤く  ふと必ず  ふと随分  ふと一旦  ふと遠い冷たい  近頃ふと  さういふと大層  ふと怖い  ふとぽん  時たまふと  ふと黒く  ふと強い  ふとはげしい  ふと淡い  ふと早速  ふとしっかり  ふと何やらけたたましい  ふと淋しく  ふと淋しい  ふと涙ぐましく  ふとよろしい  ふとなにか  ふと恐ろしい強い  ふとおもしろき  ふと忽ち  ふと必ずしも  ふとすぐまるで  ふとこんなに  ふといつも  ふと同時に突然  ふと深き怖  おとなしふと  さういふと同時に  ふと遠い  ふと寂し  ふと初めて  ふと又暗い  思わずふと  ふと大層らしい  たまふと  ふと低い  ふとおそろしい  少しふと  ふとつまらない  ふとおぞましく  ふと良から  ふと憂し  ふと目ざましい  こんなにもふと  ふと小さい  決してふと  ふと何やら固い  あつふと  ふと熱かっ  ふと何故か  ふと白々しい  ふとおも  ふと頗る  互にふと  ふと無く  なにげなくふと  ふと白い長い  ふと恋しく  ふと何故  ふと現に  ふと太く  ふとけたたましい  ふと優しい  くふと  ふと哀し  ふともう遅い  ふと思わず  ふと大いに  ふと浅い  ふとおとなしく  ふとこ  ときどきふと  ふと小憎らしく  何故かふと  ふと青い  ふと少し  ふと紅い  ふと忽ちに  ふと赤い  ふとほしく  ふと新しい  ふと可笑しく  とてもふと  ふと平たい  ふと恐し  ふと暫く  折々ふと  ふと物寂しい  ふと白い  もちふと  ふとやはり  ふと肌寒く  ふとニヤニヤニヤニヤ  そんなにふと  ふと寂しく  同時にふと  ふと情けなく  ふと痛々しい  よくふと  ふとむべ  ふと苦しい  ふと然  ふと親し  ふと黒い柔かい美しい  ふと怖く  ふと懶い  さうかとおもふと実に  ふと懐しげに近  ふと薄寒い  こうふと  ふと若  ふと狡い  ふと厚き  ふと可笑し  ふと細かい  ふと同時に優しい  ふと嬉しい  おもふとずいぶん  たといふと  ふと恐ろしく  ふとあつ  ふとおもしろい  ふと嬉し  ふと存外  ふとなんだか  ふと眩しく  ふとどきりと  ふと真に  再びふと  ふと多少  ふと全く  なくふと甘い  随分ふと  ふとなぜ  しろかろふと  ふとそんなに  時どきふと  ふと重たい  ふと恐く  ふとのっそり  ふと斯く  ふと共に常に  いかに易ふと  ふと固く  ふと好い  ちらふと  ふとずっと  ふと果して  ふと幾分  やはりふと  さらにふと  かくふと  深くふと  



前後の言葉をピックアップ
筆無精  筆太  筆まめ  富戸  浮図  浮屠  富土  ぶと  ふと  


動詞をランダムでピックアップ
怨ま触れ込む取りしきり言い聞かせよ退かす亡くせ揺がさ踏み破ろ滅ぶ切り開けいこんよみがえろ跳ねよ輸し駆け出し遊び歩く欠け嵩張たがおはまりこむ
形容詞をランダムでピックアップ
ものうくっ真っ白い醜きおそろしゅう危うつつがなくむなしく宜しかっ手ごわくまばゆし紅けれ美味い可笑しく弱々しかっ惜しきめんどうねむたかろ荒荒しく快しあつかっ