「ふざけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふざけ[動詞]
程度ぐらいにふざけ  とうさんがふざけ  次郎のふざけ  君はふざけ  自分は、ふざけ  メンバー全体が、ふざけ  キャッキャッとふざけ  いやだよ、おふざけ  つて意地やふざけ  べつたりふざけ  鰻、飲みたいだけ飲み、ふざけ  悲劇がふざけ  曖昧な、ふざけ  ようなふざけ  気をゆるしてふざけ  何のふざけ  トゥロットが、ふざけ  傍らでふざけ  愚にもつかないふざけ  何をふざけ  豹一はわざとふざけ  豹一はこのふざけ  口調がふざけ  それに、ふざけ  彼等のふざけ  ッ、ふざけ  おしゃべりをして、わらいさざめいて、ふざけ  佐和子はふざけ  ナースチャは、どんなにふざけ  ものア其樣なふざけ  息で互にふざけ  事をしてふざけ  手つきはいくらかふざけ  加藤はふざけ  男女のふざけ  彼は、ふざけ  風にふざけ  反動的にふざけ  彼が未だふざけ  私は、ふざけ  悪るふざけ  一緒に駈け廻り、ふざけ  お前がふざけ  何でもふざけてふざけて、ふざけ  詐欺に対して、ふざけ  顔にふざけ  造はそんなふざけ  子供見たいなふざけ  恋物語を、ふざけ  規矩男が、ふざけ  犬とふざけ  のも、どうせ、なにか、ふざけ  一緒に出来るだけ楽しくいつもふざけ  綺麗なふざけ  程に、あしらっておけばつけ上がって、ふざけ  女中達とふざけ  あがきをしやがって、ふざけ  思いや、ふざけ  てめえは、ふざけ  学生とふざけ  生命を賭したふざけ  子猫がふざけ  一人でふざけ  ようにしてふざけ  それは、あまりにもふざけ  八重は、ふざけ  中にもこんなふざけ  狂六はふざけ  いっしょにふざけ  加減におふざけ  結果になったとか、ふざけ  対手にふざけ  自分をあいてにふざけ  風とふざけ  ことを思い出し、ふざけ  身のほど知らぬふざけ  犬のふざけ  一緒にふざけ  しょっちゅう辞書ばかり引いて、しかもおふざけ  大元気でふざけ  ざま、ふざけ  児はふざけるだけふざけ  下等にふざけ  口もふさげ  フランス兵とふざけ  息子がふざけ  噂へふざけ  三重子はさんざんにふざけ  体を引っ掻きむしり、ふざけ  様子を見ていると、どうしたってふざけ  女にふざけ  とこでふざけ  面白い小人がふざけ  自分はふざけ  ところがほとんどなくて、ふざけ  一緒に働いたり、ふざけ  女なぞにふざけ  面白そうにふざけ  押丁とは、よくふざけ  謎は、そんなふざけ  何を、ふざけ  候、は実にふざけ  これが決してふざけ  のんきにふざけ  私の、あんな、ふざけ  窮極まで追いつめられると、ふいと、ふざけ  態度が甚だふざけ  どこか、ふざけ  等と、ふざけ  試験勉強みたいで、ふざけ  わたしはふざけ  あいつはふざけ  ことをしてふざけ  もんだ、ふざけ  男でふさげ  歌を歌い、よくふざけ  言葉はふざけ  もっと、ふざけ  青木は益々、ふざけ  若い者には、そんなふざけ  子供のふざけ  庸太郎がふざけ  清川とふざけ  あっち寄りこっち寄りして、ふざけ  頓狂な、ふざけ  酒をなめたり、はしゃいだり、ふざけ  ア何んだ、ふざけ  野郎、ふざけ  花を投げ合ってふざけ  随分遠慮なしにふざけ  下品で、ふざけ  自分は、そんなふざけ  盛んにふざけ  雪子は、ふざけ  つて、といつてふざけ  胡鬼奴、ふざけ  内容はふざけ  愛ちゃんなんてふざけ  皆少しずつふざけ  ようにふざけ  のも、ふざけ  丞さん、ふざけ  運動に対してふざけ  誰だいッ、ふ、ふざけ  若い男を引張り込んでふざけ  それを見るとふざけ  兄とふざけ  くせに、ふざけ  当人がふざけ  イヴァーノヴナはふざけ  真似をしてふざけ  木偶の坊、ふざけ  薪割だか知らねえが、あんまりふざけ  んだ、やい、ふざけ  社長とふざけ  野郎あんまりふざけ  店をふさげ  事で、ふ、ふざけ  急に、ふざけ  誰でもふざけ  金を出したり、ふざけ  變へて、或は強く、或は弱く、或は罵り、或はふざけ  もんですか、ずいぶんふざけ  彼らは、笑ってこそいないが、どうやらふざけ  生活は、ふざけ  二人でふざけ  五郎時致は、またあんまりふざけ  先生は、ああしてふざけ  酒に隠れてふざけ  真面目だかふざけ  千代子が笑って見ていたほどふざけ  ようによれば、ふざけ  筈がない、おふざけ  曾呂利などとは、ふざけ  下品にふざけ  女とふざけ  世間にはずいぶんふざけ  たか知れないのに、ふざけ  君のふざけ  知らないで、ふざけ  ものを持ってきてもふさげ  肉体をもってこなくちゃふさげ  こいつら、ふざけ  沙汰だか、ふざけ  あとでなるほどと思わせられたり、ふざけ  耳もふさげ  恐竜どもは、たがいに仲よくふざけ  湯治廻りとはかなりふざけ  押上げたりして置くなんぞは、ふざけ  玉稿、ふざけ  ように、ふざけ  ところでふざけ  者から見れば、ふざけ  給仕女達とふざけ  おもちゃにするという、ふざけ  早急に、ふざけ  四方かまわず、ふざけ  ロウジイヌとがふざけ  彼等はふざけ  流行歌などを歌ってふざけ  なにをふざけ  水からはねあがるそのふざけ  ウメ子にふざけ  やつが、じつにふざけ  お前はいつもふざけ  前に置いて、思うさまふざけ  生酔い二人、あんまりふざけ  アクドいふざけ  調子でふざけ  娘っ子とふざけ  娘っ子とがふざけ  何かふざけ  得意でふざけ  道庵先生そのものが、ふざけ  酒を飲ませてふざけ  国彦中尉はふざけ  温泉に入りびたって、ふざけ  火事跡荒しに来るなんて、全くふざけ  ような、ふざけ  犬がふざけ  我を忘れてふざけ  人間がふざけ  ことはふざけ  石段からのふざけ  いふ話にふざけ  断じて、ふざけ  仔みたいにふざけ  子供たちとふざけ  目をふさげ  彼等は、ふざけ  誰かがふざけ  父がふざけ  へん、ふざけ  じいさん、ふざけ  肩を組み、ふざけ  男を寝取つたとは、ふざけ  小売店がふさげ  社へも往かないで、ふざけ  顔をして、ふざけ  クリストフにふざけ  彼らとふざけ  彼女にたいして、ふざけ  若者らとふざけ  酒を飲んでふざけ  あなたはふざけ  ように笑いしゃべりふざけ  私たちが笑ったりふざけ  とおりに、笑ったりふざけ  お出かけを引き止めたり、またよくふざけ  若君がふざけ  愛嬌があって、ふざけ  声を挙げて、ふざけ  づれたり、ふざけ  忘れになるくらいにおふざけ  皆とふざけ  相手にしてしゃべり散らすふざけ  これは、ふざけ  らとはいえ、ふざけ  手のふざけ  一つは、そのふざけ  二人は、ふざけ  胴体を捕えて、ふざけ  洒落みたいな、ふざけ  嗤つたり、ふざけ  長吉だ生ふざけ  お互いにふざけ  駄夫もふざけ  何んだかふざけ  勝手にふざけ  何ぜそんなにふざけ  ポーラがふざけ  女中とふざけ  のをやめて、ふざけ  男工にふざけ  牛でもふざけ  子供であるから、ふざけ  皮肉でもなく、ふざけ  僕も少しふざけ  一郎をあやして、ふざけ  私室で、しきりに悪どいふざけ  お客とふざけ  からだでふさげ  結城左京が、こっそり帰ってきて、ふざけ  姐さん、ふざけ  耳をふさげ  寺内でふざけ  わしは、ふざけ  一空さまがふざけ  今までふざけ  昼日中主人とふざけ  部屋でふざけ  おしんなんかとふざけ  女中と、ふざけ  伸子はふざけ  彼にふざけ  男女打雑じって、ふざけ  結婚しようなんて言ったって、クソ、ふざけ  相対してふざけ  婆さんが執りもって、ふざけ  ちの義侠心も思わないで、ふざけ  男をこしらえるなんて、ふざけ  大将はふざけ  知らないと思って、ふざけ  戸漢、ふざけ  なんだ、ふざけ  彼女のふざけ  何となく落語じみてふざけ  大勢寄ってふざけ  ようで、ふざけ  のでも、ふざけ  やつとふざけ  記念撮影に、ニヤリと笑うなどとは、ふざけ  野郎だ、ふざけ  人を喰った、ふざけ  朝鮮語のふざけ  なにごとかに関して、楽しくふざけ  あげく、まるでふざけ  何か云ってふざけ  お前は、ふざけ  証言するなんて、ふざけ  最中、ふざけ  のはふざけ  この間もふざけ  人目も恥じず、ふざけ  門番はひどくふざけ  喋舌つたり、ふざけ  場所をふさげ  自分をふざけ  うんざりするほどふざけ  それはふざけ  銀紙をはりふさげ  一句には、ふざけ  二人がふざけ  私は決してふざけ  日頃客たちとふざけ  蛙にふざけ  多くは、ふざけ  うちにふざけ  ものじゃねえ、飽きるほどふざけ  男にふざけ  二人とときどきふざけ  から自分に気づいて、ふざけ  のかふざけ  瞬間にパッと逃げて行ったりなんかして、ふざけ  肩を怒らしたふざけ  テレていると見え、ふざけ  新子も、少しふざけ  ものか、そんなふざけ  のんだりふざけ  子供とふざけ  肥つて、ふざけ  喧嘩したりふざけ  ようにたわいなくふざけ  共が、ふざけ  無遠慮にふざけ  狒々とがふざけ  奴は、やっぱり、ふざけ  彼に向って甘えたり、ふざけ  ようにいっそうふざけ  ところで、ふざけ  莫迦にしている、少々ふざけ  眼をふさげ  小菅は、わざとふざけ  のか、ふざけ  さっきからのふざけ  あまりにもふざけ  気持でふざけ  むやみとふざけ  どこかふざけ  身体一杯にうけて寝そべったり、話し込んだり、ふざけ  人々が、ふざけ  壮佼だ、ふざけ  ところだけは、ふざけ  俊は、ふざけ  ぼく、ふざけ  一人が、ふざけ  相手をしながら、ふざけ  クロがわざとふざけ  なにしろ、さんざんふざけ  むだ口を叩いたりふざけ  柳沢はふざけ  野干、またふざけ  身振りをしてふざけ  元気で、ふざけ  口はふさげ  犯人探しなどといかにもふざけ  野郎め、ふざけ  お前らしい、ふざけ  むとする、ふざけ  抵抗したりふざけ  ようにころがり回ってふざけ  これはふざけ  善六自身としては決してふざけ  鼠がふざけ  坂野のふざけ  京吉はそうふざけ  わしたり、隠したりしてあのふざけ  チクショウメ、ふざけ  んだから、ふざけ  独りでふざけ  ちくしょうッ、ふざけ  安全だとは、ふざけ  村の子とふざけ  私は少しふざけ  アメリカ式のふざけ  それにはちっともふざけ  砂を蹴立ててふざけ  つて、ふざけ  発砲してはふざけ  男女の、取るにも足らぬふざけ  これほど、ふざけ  のもふざけ  泳ぎもしないでふざけ  ジョウが、ふざけ  メグは、踊ったり、ふざけ  シャンペンを飲んだり、ふざけ  男の子たちは、ふざけ  半分のふざけ  犬は随分ふざけ  兄さん、おなつかしゅう、など言われて、ふざけ  閑吉のそんなふざけ  静葉のふざけ  好い加減にふざけ  気になってふざけ  話なので、つい、ふざけ  邪推してみて、ふざけ  君は、あんなふざけ  んだ、ふざけ  たまるものけい、ふざけ  バスケットを取上げて、飛んだり跳ねたり、思いきりはしゃいだり、ふざけ  上手を行って、いろいろ変ったふざけ  突飛なふざけ  さまざまなふざけ  一つ飲め、そんなふざけ  ときどうしようと全くふざけ  左様なふざけ  畜生、おふざけ  樣の、そんなふざけ  彼女は、ふざけ  眉などは、ふざけ  仏画をふざけ  ものが、ふざけ  畜生、ふざけ  俺は少しもふざけ  たけなわと見えて、羽ばたいたり、さえずったり、ふざけ  男たちとふざけ  側へ引きつけて、ふざけ  おもしろそうにふざけ  三四匹もひきつれて、ふざけ  お父さんたら、ふざけ  一日いっぱい私たちとふざけ  向に寝たりして、ふざけ  布を奪いあってふざけ  調子は少しふざけ  かたも少しふざけ  御免あそばせ、と申さなければならないほどふざけ  やうにふざけ  保険屋とふざけ  憚らずにふざけ  



前後の言葉をピックアップ
不参加  不賛成  ふさ子  不在  巫山戯  フザケ  フザケタ  巫山戯る  ふざける  ふざけろ


動詞をランダムでピックアップ
眠れるはかせつらねるふくまはなやぎでき上がっもれよ奮い立ち廻す責め苛ま滴ろ着膨れ比べ茶化さ寝転ば憂えんほけれ口説くむらがれのがれよ
形容詞をランダムでピックアップ
ねむいうとましき黄色恥い見ぐるしほど遠からこぎたないのどけき力強しめずらしかろこよなき喜ばしくっ清き味わい深く畏いめめしき相応しく勿体なき篤からあかう