「高」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 高[形容詞]
余りに高  さ高  あまりに高  とつぜん高  もの高  少し高  ヒョロ高  等しい高  略高  よい高  里高  メートル高  つた高  的高  寂しい高  分高  間高  おのずから高  随分高  そんなに高  美しく高  其高  物見高  ちと高  米高  調子高  すこし高  順ぐり高  よほど高  共高  どうして高  かなり高  みな高  深い高  まり高  屏風高  威高  所詮高  たしかに高  浪高  ぐらゐの高  いい高  まだ高  わけて高  執権高  特に高  わざと高  いぜん高  決して高  から高  薫り高  やはり高  とくに高  なかった高  いまだに高  もし高  少なくも高  とき高  それぞれ高  人間らしい高  あらかじめ高  ない高  ほとんど高  又高  近い高  ちっと高  益々高  尺高  偉う高  結局高  なく高  氣高  程よい高  径高  やがて高  橋高  いくらか高  近く高  總高  互いに高  香り高  ひとしきり高  余り高  もっと高  寸高  長く高  全く高  やや高  すばらしい高  より高  ですよ。高  く高  少しく高  塔高  ゑにその高  一等高  

~ 高[形容詞]
眼の高  評判が高  それすら高  空の高  倍の高  肩の高  背の高  家ほどの高  壁の高  趣味の高  情操の高  殊に芸術的品格の高  山の高  金字塔の高  音楽の高  品格の高  将卒たちの高  程度にまで高  天井の高  せいの高  五フィートほどの高  五十フィートの高  それ以上の高  つまり十五メートルの高  五メートルほどの高  背が高  波の高  限度いっぱいの高  海面ぜんたいが高  段丘状に高  上で高  波が高  町から山頂までの高  おなじほどの高  二十フィートの高  ダルマの高  二倍の高  おなじくらいの高  稜線は高  へその高  一定の高  水銀柱の高  口の高  緯度や高  太平よりも高  火焔は高  段の高  実質の高  樣子は高  各層の高  土を以て高  昇降口の高  本が高  地上一定の高  境界面の高  前方肩の高  塀いっぱいの高  電気天井の高  避雷針の高  脊の高  一部分理想の高  程の高  精神内容の高  筑波山の高  連山の高  位の高  三割五分の高  一丈あまりの高  一丈余りの高  精神の高  垂訓の高  窓の高  目の高  八フィートの高  数十丈の高  成層圏の高  空中何百尺の高  一平面の高  海上としては高  評判だけは高  三尺から六尺位の高  値段も高  ボタン位の高  凡そ二百メエトル位の高  雲の高  二三千メートルの高  家程の高  指の高  人間の高  人の高  六十メートルも高  ブラン山の高  八百五十メートルの高  灌木の高  床からの高  文化の高  声が高  材木を高  すれすれの高  一尺ほどの高  運賃も高  四丈八尺位の高  コンクリートの高  四百五十メートルの高  コスモスの高  私の高  香りの高  価値に高  品が高  三分の二ぐらいまでの高  さは高  船は高  調子が高  鼻の高  眼鏡の高  小作料が高  稀有の高  百メートル以下の高  ニイチェの高  背丈の高  四寸の高  三尺ぐらいの高  手水鉢の高  水準の高  従来通りの高  思想水準の高  文献学的水準の高  質的な高  鼻が高  気位が高  六尺豊かの高  余りせいが高  感興の高  池の高  四千百九十四米の高  跡には高  二千七百米の高  不思議な高  半分位の高  水準に対して高  花の高  板塀ぐらいの高  木の高  些と高  満干の高  海面の高  時は高  気品の高  目が高  右岸の高  城壁の高  段から段への高  空までの高  四五尺の高  実質上の高  品性の高  心の高  堤防ぐらいの高  断崖の高  水銀の高  崖の高  ボートの高  二百メートルの高  薄の高  山岳の高  岳の高  写真の高  碑は高  ほどの高  梨の木は高  気焔が高  三百尺の高  視角の高  恰度立札ほどの高  百呎の高  小屋の高  電線の高  檻の高  半分の高  可なりの高  名の高  十メートルくらいの高  情熱の高  庸三は高  漢人は高  以前そこには高  水上の高  山の下には高  袂石という高  後には高  岩という高  滝の高  山と高  寸分も高  ところの高  倫理的な高  文化水準の高  名誉慾も高  抱月氏の高  まり閾が高  たけの高  柏の高  二つの指の高  三寸位の高  三尺ばかりの高  頭の高  聲の高  美術品の高  噂の高  噂が高  瀑は高  一丈ばかりの高  壁には高  湯の高  二尺ほどの高  ここからあそこまでの高  窓までの高  裾まで高  大伏樋は高  批評性の高  さと高  灯台の高  天井位の高  棚から鴨居の高  軒の高  歯の高  程度の高  値段は高  芸術的白熱度の高  四米の高  熱は高  丸櫓の高  一間半の高  竿の高  珊瑚樹の高  辺の高  かなりの高  煙の高  口ぐらいの高  七八十尺の高  内部は高  カナダライの高  内容の高  積み重ねヒマラヤ山脈の高  門の高  十八インチの高  踵の高  草の高  四十フィートからの高  一段の高  塔の高  六十フィートの高  テーブルは高  方に高  教養の高  屋根の高  二尺ばかりの高  床の高  緑の高  部屋の高  枕ほどの高  七倍の高  油絵は高  種々の高  二尺ぐらいの高  浪が高  地上五十尺の高  画面の高  一万が高  門地の高  上五尺ほどの高  一尺余りの高  地位の高  津浪の高  數字は高  數尺の高  それにつれて高  隨つて沖合では高  數十尺の高  海面からの高  二三間の高  わたしは高  正面には高  横幅に対して高  つて何万円は高  三百七呎の高  塔は高  知識の高  見解の高  五寸に高  社会的な高  世評の高  日が高  それが高  腰の高  一千五百尺ほどの高  聲が高  一面人体と高  肩あたりまでの高  百尺の高  三十尺位の高  一二〇八米突の高  百合の高  動物カンガルーの高  総一郎を高  心も高  上に高  数字2の高  5の高  10の高  いふ噂が高  丘陵の高  伝統の高  見識徳望の高  何十倍の高  首の高  切口の高  城は高  全長六五メートルの高  角材を高  陽の高  半ばの高  地上の高  机の高  剣宗石舟斎あたりの高  脛の高  下台ともに高  お仕置場の高  執権の高  背は高  松板を以て高  箱根山の高  三十尺の高  芸術の高  眼は高  三尺の高  家庭教師に対しては高  座の高  そこに高  棟の高  石塔の高  月給が高  目通りの高  石の高  富士山の高  ケースの高  十二メートルの高  八十四メートルの高  太陽の高  水面上の高  平均の高  一メートルぐらいの高  ぐらの高  砂山の高  ふく水煙の高  風呂桶の高  松山としては高  物価の高  少数者の高  あれは高  ころの高  柳営の高  丘ほどの高  世界的場の高  自分の高  処が高  事物の高  三千尺ほどの高  鼻は高  から評判が高  何という高  柳営で高  塀の高  一メートルばかりの高  三尺ほどの高  耳の高  床下の高  負け事みたいに高  子の高  これは高  生前の高  平均七百五十フィートの高  最高点の高  五十メートルの高  ザット一丈四方に高  値二百七十円は高  人格の高  格調の高  建築物の高  静的表現の高  墓の高  四寸ばかりの高  五寸ばかりの高  地価に対して高  我々日本犬は高  二の高  前の高  枝の高  枝は高  どれくらいの高  文化性の高  調子の高  桶の高  穹窿の高  気球に乗って一万メートルの高  二位殿と高  彼が高  士気の高  奴は高  それは高  塚の高  一丈六尺八寸の高  三階の高  裏町は高  家並みの高  家の高  それを高  声そのものの高  七尺ばかりの高  同一の高  等身の高  半分ほどの高  ものの高  吾妻山の高  せいが高  三階あたりの高  方向や高  酒が高  カストリも高  胸の高  数丈の高  おのれの高  壁面の高  日本料理の高  方へ高  元来可なりに高  瓦斯ストーブにて高  治蹟の高  御着想の高  威徳の高  生活自体の高  六百尺の高  さ三尺に高  それぞれの高  腹位の高  山容そのものだけの高  弁財天は高  半分くらいの高  胸位の高  一尺五寸の高  二尺くらいの高  眼が高  天蓋までの高  当初の高  雰囲気の高  一キロメートルの高  二八・九キロメートルの高  気層の高  キロメートル以上の高  四〇〇キロメートルの高  一〇キロメートルの高  限界の高  温度は高  ガス層の高  温度が高  中間あたりの高  傘の高  僕の高  高度が高  べらぼうに高  鍵盤の高  今夜癇が高  四五倍の高  尊像は高  三尺あまりの高  幅も高  から気品の高  位置の高  ダンテの高  何百丈の高  縁の高  岩の高  五尺ばかりの高  境内には高  天の高  屋根ほどの高  生活の高  数十間の高  数倍の高  そこには高  高下駄の高  隅に高  駄賃が高  中途の高  シオリの高  木と高  頤の高  権威の高  花崗石の高  其古道具屋は高  ついたてが高  築地づくりの高  権式の高  龍骨から船橋までの高  美と高  身長の高  十数尺の高  二間ほどの高  しか見えなかった階段の高  目八分の高  中央目八分の高  頭上三尺の高  五尺の高  六尺の高  二尺程の高  上瀑の高  度の高  一間余の高  前へ高  手摺の高  横と高  背丈けほどの高  智徳の高  学理の高  立山の高  同様の高  台石の高  さや高  岩は高  丈の高  あたりの高  腰位の高  遥かに高  なにしろ海拔三千尺の高  香が高  演劇的文学的な高  三分の二位の高  切截面の高  一間に高  大使館が高  方が高  七十フィート近くの高  四五十フィートの高  三百フィートまでの高  次ぎのおほ瀧は高  百万も高  中に高  三七七八米突という高  直径の高  四十度ぐらいの高  いろいろの高  丁度首の高  十二階の高  鐘楼の高  本堂と高  自尊心の高  大空の高  場所の高  気稟の高  声の高  一間ほどの高  風呂の高  縦の高  噂さへ高  二千二百尺の高  空地に高  小松の高  背丈よりは高  当時の高  腰ほどの高  一寸の高  上空の高  宗全は高  声望の高  鶏の高  五尺ばかり高  根本に高  鳥籠の高  床の間に高  断崖が高  鶴ヶ岳の高  身分が高  二三尺の高  魂の高  気位の高  菊五郎の高  地上五百米突の高  台石に高  識見の高  下には高  二階位の高  六階ぐらいの高  燈臺の高  一二寸の高  十丈二十丈の高  位置は高  五十米の高  此辺の高  絶壁の高  背丈ほどの高  品位の高  丈余の高  のと高  そのまま山の高  八尺くらいの高  中腹に高  縦と高  縦も高  世界に高  心積りの高  実山の高  福慈岳の高  福慈岳に対する高  ひとり壁立万仭の高  石垣の高  寸法と高  物には高  寸法も高  世界には高  曲線の高  河は高  百メートルぐらいの高  技術の高  三尺ほども高  三尺程も高  半分ばかりの高  取付けの高  廊下から六尺の高  三千二百米の高  五千尺の高  一万六千尺以上の高  地上三メートルの高  胴だけの高  ところは高  蘆の高  エヴェレストの高  海抜三万尺の高  水の高  香水愛好の高  五六間の高  背ほどの高  七階の高  顔の高  床から一定の高  客観の高  主観の高  技術的密度の高  芸術的の高  芸術的感性の高  感度の高  写楽の高  作家意欲の高  価値の高  人気の高  御茶の水橋の高  一倍半の高  身長ほどの高  おかみさんの高  旦那様の高  海面上数米の高  異様に高  欄の高  あとには高  眉の高  地上數尺の高  コンクリート塀の高  商品としては高  その男たちは高  ままの高  肘の高  二間くらいの高  愛宕様の高  頃合の高  五尺までの高  十丈の高  口は高  三百メートルくらいの高  二百メートルぐらいの高  二百数十メートルの高  笑いの高  六里の高  ところからいくらかの高  渦の高  階段の高  ほかに高  樋は高  空き地に高  幅と高  三寸六分の高  人形の高  評判の高  四千米の高  八百米の高  気分の高  感情の高  落下の高  コスモスは高  潮鳴りが高  樹の高  十数センチメートルの高  センチメートルの高  鑑識の高  大体君くらいの高  お家が高  岩から人間の高  さも高  四尺ほどの高  一寸目位の高  七八尺の高  社会的質の高  其名の高  五千の高  意味も高  丁度目の高  五千六百五十六呎の高  香の高  何丈という高  歓喜の高  一尺足らずの高  唯一の高  地平線の高  愛の高  生活以上の高  不意に高  今のは高  欄間の高  床が高  ます水準点の高  気温の高  脊が高  半月湾国道から二十呎の高  七八寸の高  ことの高  腰ぐらいの高  波濤の高  冬富士の高  余ほど高  君には高  何かの高  脚の高  人間に高  二間ばかり高  標石は高  七吋ばかりの高  炬燵櫓ぐらいの高  寺田博士の高  らの高  二丈五六尺の高  財産や高  質の高  適度の高  思想の高  石積の高  茎の高  丈が高  稟質の高  視界と高  モラルの高  把握において高  何千尺の高  二百米突の高  わたしたち子供ぐらいの高  右手の高  數丈の高  欄干の高  あたりまえの高  一万フィートの高  三十メートルの高  美感の高  頭上の高  窓框の高  洞の高  盤が高  塔身の高  判断の高  皆んな馬上の高  倍増しの高  間に高  力の高  八十呎の高  響きの高  珈琲の高  四米ぐらいの高  二倍ほどの高  里ほどの高  堂は高  そのままかなりの高  ヒダだけで高  三角形の高  みんな目通りの高  大体稲佐山の高  天主堂は高  三分の一の高  お互いに高  道路の高  一丈以上の高  見識が高  カモイが高  民族精神の高  筑波山あたりの高  あたりとの高  声名の高  史上の高  時計塔と高  手の高  石壁の高  口において高  上段が高  

[形容詞]
高さ  高そう  高すぎる廊下  高時  高燈籠  高上  高ん  高すぎるという苦情  高すぎるよう  高過ぎる位  高すぎると思われる下手  高すぎるくらいの卓子  高すぎるから  高過ぎる椽  高過ぎるやう  高過ぎるよう  高過ぎるの  高すぎる鼻  高すぎる報酬  高すぎる文化  高過ぎるから  高すぎて登るの  高すぎるてん  高すぎると思  高すぎると思っているん  高っ調子  高けえな  高すぎる鍵盤  高過ぎるきらい  高けえこ  高すぎる声  高すぎるの  高過ぎて下品  高過ぎるという事  高すぎるん  高べい  高すぎて長屋  高過ぎる程  高かめ  高すぎる本  高すぎるけれども人間  高過ぎる上  高すぎて困ると云って非難  高過ぎること  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
高うせられる  高には関係がありません  高は寡なし娘は不束なり  高と大とは富峰の企て及ぶ  高だかと朱の簷を撫でていた  高ねより落つるしづく  高からしめた  高の知れた  高を括  高誦してゐた  高だかとのぼりました  高が四十ルーブル以上になっていた  高になって  高に上ったという  高が一局長の椅子に市会が押し上げた  高を胸に計算していた  高ぶれる態を写す  高からしめる  高も殖える  高を括つてゐると  高の多少を論ぜず  高を集めて  高に比較しなば  高が知れてるわして  高をきくと  高が康雄の顔見て肯いた  高は孤児だと云ふ  高は青白い顔にぼんやり淋しさうな笑みを浮べた  高が康雄の家を訪ねて来た  高も笑ふ  高に呟く  高はひよわい身体してゐるし  高が続いた  高は往來の人のなきを見て  高に渡しながら  高がいふ  高はあきれて  高囀りする  高ならぬその有様をまともに見る  高かつたに相違ありません  高っ調子をはりあげると  高って捕えた  高にいった  高が私立の探偵で居  高に仰っしゃって  高をくくっていた  高が進歩した  高やかに延びて  高からしめ  高廻りしなければならなかった  高に応じて  高をく  高に吼えると  高だかとさし上げる  高いれんじ窓からたそがれのうす陽が射しこんで  高がお油のことと申せば  高かるべきを思い  高を頂いて居りましたから  高も余程頂戴致した  高も戴きました  高をとった  高を括っていた  高になつて激昂するにも当るまい  高になつてし  高も取る  高が知れていようが  高で言訳をさせますか  高を給せられて  高になった  高によってきめられます  高は眼の前で減って行った  高はハッキリ減っていた  高が知れてるから  高が五十年の中にまる十年とは遊ばれぬ  高を書出す  高の内より貯めて置いて  高が知れている  高が少尉の月給で女房を食わして行けようがねえ  高だかと聳えてゐる  高をくくっているので  高は二千三百石と申す  高が云え  高と思うや  高をくくっている  高を括って落ち付いていた  高まつて来る  高が湯のお禮に大袈裟なことは出  高が四文のはした  高が五十銭が七十五銭になるだけじゃないか  高を健三の前に並べて見せた  高から胸算用で元金を勘定して見た  高な見  高をくくって  高をくくっていらしって  高だかと角笛が鳴りひびいた  高だかと艦首を擡げていた  高やかに掻い繰りながら現われたが  高が一少年の行方を求むる  高からしめたる  高の字と年玉との結びつけは比較的楽だろうと思います  高を雇い入れてから  高が天秤棒で肩にかついだ  高を添えて  高は雨の中を奔走して  高の煮てくれた  高の姿はみえない  高は濡れて帰って来た  高のなさけに因って  高は彼の古毛布を斜めに背負って  高のようになりたい  高に君しろしめせ  高に喚いた  高が知れてる  高が人に遣われてる  高を減じたるをいうに  高を勘定していた  高なっている  高に功名顔を薄暮の中にさらしてゐた  高を頂いて  高を増さうといふ  高だかと馬の上に跨っていた  高だかと馬の上に跨  高だかと伸びた  高かるべき女の人の着る  高の知れたる  高を話しますと  高えたって極って居るので  高と云う  高は治平の膝へ手を突いて  高を説くも  高を愛するに  高ノ武蔵守師直と申す  高を括った  高が知れているし  高やかに罵る  高で引っ込んでおりました  高ではありましたが  高やぐらさえ踏ンまえれば  高やかに盛り上げて  高を括っている  高であつたらうと考へられる  高なども目が放せない  高を計上して  高を高氏の名から捨てさせたい  高が守ッ子の云う  高が犬を一匹くれなどとは  高が五六十頁か其辺の筆記物の二十冊や三十冊や呑込んだ  高が売女の一顰一笑に喜憂して鼻の下を伸ばす  高ちャん高ち  高ちャんという子が打って居る  高は知れた  高が大家と云はれて見た  高を括つて  高などの諸将をねぎらい  高だたみと謂うか  高を羨んだ  高に出逢った  高はもとより詳しい仔細を知らない  高はお霜に味方して  高もお霜の加勢をした  高も恐縮した  高を括って  高な手柄を掛けた  高まで話した  高で見つもる  高がこれ股引きがねえからとって  高かるべき頃なるに  高ならせたであろう  高彫した  高が流しの  高が待合の一女将に過ぎない  高がいささか羽目の緩んだ流し  高の顔を覗き込んだ  高は笑った  高が犬ころが逆上ってるだけ  高が知れていた  高くくねつた松が空に自分の影を摸樣の如くに押して居る  高になつてかう叫ぶので  高が知れてゐたにしても  高やかに組みながら  高を尋ねだして  高からざるを得ず  高が気病と聞いた  高を与え  高に入学し  高の先輩ではあるけれども  高は軽きに過ぎるが  高をくくる  高が知れて居る  高振っていた  高に上ろうとの  高に上る  高に相当する  高についてもさうである  高を考へると  高だかと曇天に聳えている  高坐で聴かされると  高坐の上でそういう形式の自己宣伝を試みる  高坐とは大いに相違し  高からざるものあり  高が百五十石でげすか  高はどうした  高を掌握しながら  高でかくまでする  高を取られた  高を差出し  高を貪り  高坐した蛙の方が留まり  高に何かを罵って居た  高のまちがいじゃあありませんか  高をくくつてゐるに  高が少しばかしの炭を盗られたからって  高こそ多くないが確的に人目を忍んで  高に相應の員數手近の處になく成しとあらば  高かりける  高吹く風に声ありて  高にあしたの空に鳴き渡り  高さえ忘れて居るという  高が四畳半の炉にくべ  高の点で大変な差がありますよ  高はなれに  高が自分の言う  高という腰元の働いている  高の何割しかくれなかった  高をくくってはならない  高は知っておりませぬけれども  高やかに生い茂りました  高が知れた  高とは必ず一致すべき  高を誇りにしたり  高をくくつてゐますが  高はちらと嘲りを  高の方を見た  高はすまして立っていた  高は広栄の詞を聞きながして引込んで  高の頬はつやつやしていた  高の眼は物置と庖厨の間になった  高は石段の上へ履物を脱いで  高はまたはすっぱな声をだした  高はその平吉の厚子の下から露出している  高はあがって  高は渋紙包に手を持って来た  高は片手を団扇にして  高は渋紙包を胡蓙の上においてその上へ横すわりに坐った  高も鼻をやった  高は艶かしい  高の前へ持って  高は何かしら平吉にからむ  高は引抽の中の衣服を手早く胡蓙の上へ出して  高は出した  高は渋紙包の緒を結び終った  高の指は左側の壁に沿うて並べた  高は渋紙包を持って起ち  高はその上へすぐ坐った  高の体がそれに重んもりと負ぶさった  高の手が眼の前にあった  高はおりた  高はその中に手をやって  高はまた重んもりと負ぶさった  高の手にした  高と平吉が入っている  高が傍へ来て立った  高がまたまつわって来た  高の室へ往ってお高に逢っていた  高は微笑した  高の室にいて引返して来た  高が血の色のない顔をして  高がそっと立って  高で一人は色の白いでっぷり肥った  高はその時黙って  高の眼を見て  高は意のある  高と小厮の平吉がひ  高の前にあった  高の姿が映った  高に走りかかった  高は一声叫んだなりに倒れてしまった  高の上にまた刀を揮った  高に数えられて  高の貌をあどけなく見せている  高を見た  高が整理していた  高の耳から飛びこんできて  高をどう思っているか  高があまり似ている  高の顔がよく見えると  高のほうへ眼を見ひらいている  高の達筆によってきれいにまとめられた  高の手に残っている  高のことが気になって  高でもある  高がゆうべから顔を見せない  高が置いて行った  高が出て来ないという  高であると断定させた  高の字が読めてきた  高のほうへ向いた  高をみつめた  高と名をかえて  高のことばじりを消した  高の泣き声にもつれて  高を抱いている  高の背なかをたたきつづけた  高が夢にも知らない  高にも伝わった  高を離した  高と若松屋惣七を交互に見たが  高を見ている  高の良人だと聞いて  高がこの男といっしょになったか  高はいった  高のこぼした  高のほうへ向き直って  高がはじめて口をはさんだ  高へ走らせた  高のこころは死灰のようになっている  高はあっと出ようとする  高を振りのけて  高をかえりみた  高を引っ立てて  高のまえに  高に会って  高を促して  高の乗った  高はあれだけよせなかった  高の顔をのぞきこむ  高の耳に熱く感じられた  高にいって  高の前に丁寧に指をついて  高はさっぱり判断がつかなかった  高ははじめて聞いた  高は不思議な気がしてきた  高は不思議なものに憑かれた  高にはわからない  高は思った  高は一度往来へ出て  高を見て通った  高に見えてきた  高にも悩ましくうつって  高はすぐに読みとる  高にもよくわかっていなかった  高はつくづく思った  高は平気で見ている  高はいいたかったが  高を招いて  高はぎょっとして  高からもそう申し上げようと思っておりました  高の眼をくもらせて  高の声も聞こえず  高のために証文を破った  高から出た  高からも遠く離れてしまった  高のみならず  高の声が聞こえなかった  高がおとめ申したにと  高は衝撃をうけた  高に見えた  高のほうを向いた  高にも察しられた  高の役目の一部でもあった  高という妻のある  高の通された  高もどこかへ出て行ったら  高の考えている  高を見て  高のほうへも吹いてきて  高は遊びに来た  高を一生懸命にしている  高はあいた  高は泣き出したいほど  高のいった  高のことばを取り上げる  高が拒絶したので  高をにらみ上げていた  高のうしろ姿を追っていた  高のことはいま話題に上さないほうがいいと考えて  高が何しに  高によって一時植えられた  高があんなにいったのに  高の口からばれる  高がかえってきた  高の鼻へただよってくる  高は待った  高があっけにとられている  高は聞いた  高はふとそれを思い出して  高はうらやましく感じた  高はたち上がった  高を呼び出した  高をそこまで案内して  高についてくる  高はしぶしぶあとを踏んだ  高にうす笑いを落とした  高を見ていた  高の声を運んできた  高の身内にちらとひらめいた  高は精がつきて  高をささえてくれた  高へ眼をかえした  高の手を放して  高をかえり見た  高のほうが驚倒した  高のほうへ向けた  高のこころに残っている  高をじっとさせておかなかった  高を見おろしている  高へ置いて  高とならんで  高を見ると  高へ向けた  高の顔いろが変わった  高のほうへも答えようとした  高にいっていた  高を返り見た  高は安心した  高も思った  高にまかせて  高からだんだんと話を聞いてみると  高のはなしで判明した  高は縁の障子をあけ放して  高の縫っている  高をそれとなしに見ていた  高をとらえた  高を走り過ぎた  高をつつんだ  高が困って  高はそういおうとしたが  高は笑い出した  高を愛すればこそ  高というものが存在するが  高の胸を苦痛にあえがせた  高の恋する  高を恋している  高を張りあおうと思っている  高の答えをそのままとって  高を妻に得ようと  高というのがそれだと知れると  高を想っている  高がはいって行くと  高が書状を披見して  高の問題をそのままにしておいて  高の感情を培っている  高の中で生きている  高が驚いたらしいので  高に対する気もちを知らない  高はどこへなりと  高が何かいい出し  高をよく識っている  高に対するざっくばらんな愛を聞かされて  高が仕事のことで来て  高に厚意をよせ出したらしいのに  高が帰る  高を見送って  高が金剛寺坂の家へ帰って来ると  高が親しくなり  高は興奮を隠して考えこんでいた  高を奥へつれて行った  高がいった  高の部屋へ行って  高は参られませんのでございます  高のほうへ顔を向けた  高を残して  高と向かいあってすわっていた  高がきいてみると  高は洗耳房の子供たちがあたらしい遊び部屋で自由にはねまわっている  高は帯を締めかえて出てくると  高をぼんやり見上げて  高がいっそうぎょっとしていると  高はいよいよ乗り出して  高は奇妙に感じた  高を悲しくしていた  高がそういうと  高は笑い出してしまった  高が黙っていると  高の母のことのようでもあり  高がきくと  高のそばにいて  高のほうを見ている  高は赧くなった  高に挨拶して帰って行った  高へささやいた  高を包んだ  高の視野をうずめていた  高を見つけた  高を離れて  高を見かえった  高には聞こえなかった  高に聞こえた  高がひそかに義憤を発しながら  高の見た  高のまわりで急旋回した  高はたち上がろうとした  高を指さして  高に肩を貸そうとしていた  高を誇って  高を病気のようにした  高を自慢する  高の英雄的行動をすっかり聞かされて来て  高をほめちぎった  高のほうからきいても  高の知っている  高も知っている  高の母であることからも容易に想像できる  高の父である相良寛十郎に会って  高の高音というものが残された  高を発見した  高の顔を見て  高もそういう一空さまの顔から何かを得ようとする  高もからだを持ちあつかっていた  高が父として知っている  高は思っていた  高の祖父の柘植宗庵が築いて  高に対する義務であると考えていた  高の襟足をくすぐる  高をよろこばせた  高は爐ばたにすわって  高が困って起こしに立とうとすると  高の変化には気がつかずに  高は野路でも一人でたどって考えたい  高は畑の畦に雑草のはえている  高はまるで森の奥へ迷いこんだ  高はいつまでもそこにいたかったが  高は風のする  高とは知らずに  高のことをもとの名の高音と呼ぶ  高の手を引いて助け帰った  高を見守っていた  高の視線をしっかり受けとめて  高は思い出していた  高の胸をついてくる  高の中に呼び起こした  高はいまもそれを感じて  高といっしょに道路のほうへ歩き出した  高を離れかけた  高のすがたを見かけると  高を捜しに  高に会った  高を見つけて  高を発見して  高を会わせたくは  高を見かけた  高がいるであろう  高のうえに屈みこんでみると  高のからだを抱き起こそうとしているので  高を揺すり上げながら  高の腋の下を持ち上げていた  高を運び入れていた  高がそこにいる  高が雑司ヶ谷の鬼子母神へお詣りに行った  高というものが生きていて  高のものであるべきおゆうの財産はいまどこへどう行っている  高といっしょに京阪へ行っていて  高の話と違う  高といっておるが  高という女のものでなければならない  高の話にも出た  高が父と思いこんでいる  高を探して待っていて  高の手へころげ込もうとしている  高のために勇躍した  高を発見したというと  高が父として死に水まで取った  高の現われる  高の姓が柘植であることを知りさえすれば  高の手へ移っていた  高がおゆうの娘に相違ないことをいろいろな方面から証明すると  高の現在を思い出して  高の父として死んでいった  高の話で一空さまが考えた  高に会ってみる  高の手へ届くであろうと  高が急病になって  高へあてた  高のところへ持って行くといって  高のところへ届けさせた  高へきた  高にいろいろのことをたずねた  高を引きとらせた  高へくる  高がいうと  高に庭を見せる  高のいる  高を見たが  高が受け太刀になる  高にかぶせようとしたが  高のほうが勝手なことをして逃げた  高の生きている  高はどうする  高がまたいっしょになるだろうかとおもうと  高も顔を見せなかった  高がはいって来た  高と磯五にくってかかろうとしたが  高をこのうえなく  高が持って来ている  高の顔をのぞきこむと  高の膝がじわじわと動く  高の手もとの証文の束をうかがった  高を押し倒して  高のうえをどこうとしなかったから  高は真剣に狼狽した  高が大きな息を吸うと  高に渡すにつけて  高が正式に夫婦別れをする  高の第一の拳が飛んで行った  高に食ってかかろうとした  高に用があって来た  高の持ち  高を置きざりにして  高をそそのかして  高のところへ一空という坊さまから手紙がきて  高の良人であると名乗って  高のものになろうとしている  高の行動がはっきりしていない  高の実父とばかり思いこんでいた  高が人妻であると前に聞いた  高になり代わって  高を訪れる  高が現われて  高の話に耳をやった  高がおせい様の証文を持って来て  高の気もちがもっとわかるまでいわない  高が自分の仕返しをしてくれた  高は磯五から縁切り状を取って  高のからだにできているのに  高に家を継ぐ  高はやはり悲しい感じがした  高はおれをおそれておる  高がささやくと  高がひとりでおせい様の部屋へはいって行くと  高を見上げた  高の顔いっぱいに当てて  高は大声をあげようとしたが  高はぼんやりして  高にわかってきた  高にこようとしている  高を放す  高のものは磯五の自由になるに  高の身辺から身をひくまいとするにきまっている  高は決心した  高の哀感をそそって  高が若松屋惣七を恋しているからで  高ははっとして  高のことばを無視して  高に近づけない  高の出生や生い立ちを知っている生きた  高のところへ飛脚が来て  高のためによろこんで  高は雑賀屋の久助に送られて  高のうわさをしているらしかった  高と与兵衛との話になった  高が柘植の当主として和泉屋の根を押えている  高にきき返して  高はどっちを取る  高はどういう返答をするであろうかと  高の口もとに視線を集めていると  高が和泉屋経営の首脳部に割り込んでくるという  高と木場の甚を待ち受けていた  高へ走らせて  高の父相良寛十郎のなれの  高が来たのに  高をなでた  高は不思議な怒りを感じて  高であることを知った  高に案内させて  高がこたえないので  高の顔を探した  高を追った  高にこころを寄せているに  高を愛している  高は身をひるがえす  高は掛川へは行かなかった  高を待っているに  高は佐吉を供につれて行く  高の部屋へ顔を出して  高の父の相良寛十郎という御家人のなれの  高はよくおせい様と会話をした  高を慰めて  高の手の甲を一打ちたたいて  高に大金がこようとして  高の父として死んだ  高に財産がくる  高の実父ということになりすまし  高は難なく財産を受けつぐ  高の実父相良寛十郎であると名乗り出ると  高に無事に柘植の財産が伝えられる  高のほうがうまくいって  高のことで木場の甚と相識になった  高を自由にしてもらいたいという  高とおせい様に交わって  高に譲ろうとの  高という女が確かにあの柘植宗庵の娘おゆうと婿相良寛十郎とのあいだにできた  高にあつまる  高の実父の相良寛十郎という御家人がまだ生きている  高のほうへ行くべき  高の父の相良寛十郎であると名乗り出て  高に巨額の財産が移った  高とやら申す  高はいっしょに来なかった  高のことを真剣に思う  高のことを思う  高のことを考えていたとはいわずに  高のことを考えた  高の父相良寛十郎の掛け小屋で火事があって  高が自由の身になったという  高を不愉快にし  高と夫婦になって  高と若松屋惣七のあいだを邪魔する  高をはっきりと自意識にもどして  高にさめつつあった  高がよく見慣れた  高のにおいを感じて  高を受けとめようとする  高も気がつかないで  高の話し声がするので  高に嫁に来てくれる  高を迎える  高を見る  高が可哀そうになればなるほど  高を苦しめ  高の財産がお眼ざわりになって  高をごらんなすってくださいまし  高は見た  高がちょっとふり返ってみると  高のほうを顧みて  高と申す  高は一度死んだ  高を惣七に預けるが  高の身柄を受け取る  高の中に宿っている  高の財産を管理して行く  高が知れてゐる  高をくくられている  高をみんな男の賭博の負けにつぎ足しても  高が五日くらいと踏んだ  高を握らなければならない  高がよくされて  高を括るか  高が雇人じゃあ有りませんか  高をくくりし  高だかと学校帽をふりまわしている  高かめられた  高に笑ひぬ  高に笑いぬ  高をくくつていた  高だかとレクトリウムを守っている  高が身の周囲の物事を傍観して  高がひいひいた  高になるといつた  高な誇張の態度に身を任せた  高の妻らしい貧乏な女が顔を脹らして泣いていた  高は勝手に彼の名をペンキで書いて  高は途切れ途切れに  高に罵って  高が少いと打ったり  高の今後を探りたいといふ  高など監獄に入らうが死なうが  高をくくつてゐると  高の字を半分から截ち割った  高の字が待ち設けていて  高と同じ形になる  高をくくっているから  高やかに組んでいる  高に肩を張っている  高だかと哄笑をゆすり上げた  高だかと笑った  高が知れておる  高が知れております  高は読んでゐた  高はふと気をそらした  高はかう  高は考へ込んでしまつた  高は横に寝そべ  高は自分の立てた  高は吐息をした  高は青黒い顔から眼をそらして  高を殺した  高の仇は俺が打つぞ  高まつてゆくかと思はれ  高だというよ  高眠遂に永からず信義四海に溢れたる  高は日本人一人の十倍に当る  高のことばかりが想われた  高は実家に連れ戻されている  高の悪口ありったけ並べ立てて  高の姿を思い浮べていた  高と一緒になりたいです  高へ話をもっていった  高の父親は肚を立てて  高はうずくまって  高に寄り添うた  高も眼を伏せてきいた  高の手を握り締めた  高は小さい声できいた  高は仙太の顔へ手をやった  高を強く抱擁した  高は頭を撫でてやった  高は昂奮してくる  高は溜息をついた  高は抑えて  高はもう一度悠っ  高を抱きしめた  高も肩身が狭くなるべし  高とは先生のところで別れた  高は来なかった  高が秋田市のさる大家へ乳母として一と月程前勤めに行ったという  高に襲いかかった  高は抵抗した  高を馬車の外へ曳き  高は道に膝をついて  高の家から出て来る  高かりきといふ雲西方に飛行く  高から云えば  高の大体の見当がついたわ  高とすれば  高からしめている  高が大学を卒業したぐらいで  高は相当の額に達しています  高をくくり  高からざるを得ない  高になるが  高が二子の綿入れに繻子襟かけたを着て  高が相手は此方の恩を受けて居る  高は嘆じていました  高が訪ねて来てくれた  高のところへ訪ねていったという  

~ 高[名詞]1
声を高  小遣ひの高には  此方の高が  向うは高が  楊柳が高  くら山の高ねより  名声を高から  ところが高の  貯金の高が  威丈け高に  一千万円以上の高に  父の漁れ高を  顔に高  お前は高が  名を高から  何ものもないと高を  お礼の高も  ものかと高を  歳入の高を  運上の高に  城下だって高の  香魚の釣れ高を  丈け高に  日曜日に高が  康雄は高に  孤児の高は  康雄は高が  康雄と高が  軒で高  一刻千金も高  コラムをまとめるだけと高を  加けに高を  文名を高から  上を高  賃金の高に  一同が高  提灯を高  丈よりも高  三人は高  それがある高に  懐へ吸い込まれて行く高も  葉子は高を  可なりに高も  今なら高が  横山の如く置き高  了見では高の  百九石余の高を  威だけ高に  月給の高によって  仕事の高が  仕事の高は  蟹の高は  個性をより高から  価値をより高から  枕金の高を  所が高が  商ひ高の  チャンスもあらうかと高を  意義を高から  成功したって高が  向うに高  皆が高を  金銭の高が  売上の高も  おいでだらうと高を  私は高を  腹の中で高を  年一年と高  二三ヶ月と高を  ものと高を  収入の高を  利子の高から  月給などは高の  ことは出来まいと高を  なに訳はないと高を  中に高  手綱を高  苦力の高を  私は高の  今に高の  人間は高が  禄の高を  貯金の高を  胸が高  高橋の高を  勘定書の高を  説話にすぎないと高を  ように高  やうに高  間があるだろうと高を  裾の高  鵯が高  身分の高  戸数割の納め高は  金の高を  十四銭は高か  此の高と  聖書を盗んだ高も  弁護士に支払う高と  事柄が高が  美を論じ高を  所領の高も  ものは高が  雪を見て高  笑くぼを高  莫大な高  賽銭の高を  北条高時の高を  くせに高が  彼は高を  六つになる高  承知するであらうと高を  たみというか高  云ッても高が  百代に高から  月給の高を  浅葱鹿の子の絞高  資本の高まで  金の高で  おしを高  栗鼠を高  何と云っても高が  事だと高を  流儀で高を  背の高  おろそかな高では  ところは高が  腕を高  報酬の高を  マカリ間違っても高の  土方君は高の  百九石七斗七升の高を  んだか解るまいと高を  四十一石の高は  河ですから高が  身体をつんとして高  時も高が  六十六万石の高に  源内先生は高  鼻を高から  違ひないと高を  断崖は高  価値を高から  それを高  舞台と高  大にして高から  摺古木野郎だ高を  上に高  揶揄的に高を  意だけ高に  炭の高こそ  願ひの高に  明敏達の聞え高  長雨青雲を高  村人どもが高を  音も高に  月給の高さえ  氣も高は  ゴマかした高の  粗末に高を  何百万ドルという高は  コスモスが高  金銭の高とは  寄付の高を  横目に睨んで高を  ことはないと高を  地も高に  ただの高  名を高と  本心から高の  一空は高を  ひそかに高を  吉弥独りのかせぎ高  自分のかせぎ高を  恭だって高が  今まで高を  声が高かじゃ  己は高が  光代は高が  食慾なんて高が  思いをさしておいてうれ高が  私は高など  別の高の  それが高と  物価総体三割ぐらい高の  問題にしないで高を  守人は高  台所なら高が  ところで高が  中で高が  一歩と高  大分の高  前借の高を  外国貿易の高は  父は高を  仙太さん付いててくれても高も  賢明の聞え高  なほはるかに高か  総体の高から  賭博場からの揚り高の  賭博場からの揚り高でも  賭博場からの揚り高と  念慮を高から  金としては高の  紙價を高から  野暮ならね高が  俸給の高に  貴公は高が  原稿料だって高が  ビュルストナー嬢なんかは高が  適当かも知れぬと高を  溜り水だから高が  明瞭になって来ると高を  名も高から  何も知らないだらうと高を  

~ 高[名詞]2
いささか高  その高  そんなに高  すばらしく高  いと高  えらい高  どうせ高  とても高  こんもり高  頓に高  あの高  同時に高  すでに高  まず高  まだ高  いよいよ高  亦高  そう高  おびただしい高  やっぱり高  こう高  とお高  きっと高  どうも高  こわ高  どうしても高  極めて高  しきりに高  

複合名詞
天地高朗  売上げ高  高笑  高声  なか高声  一高受験  一高  一高英文科  いちど一高  音高  紙幣発行高  高さん  三高  高目  一高生徒  あなた一高  涼月高  妙高  砲門高構圧坤輿  高塔  江州高観音近松寺  生高  ことし一高  勅使高力士  小林高四郎  日高  上り高  那珂通高君  那珂通高  レーニニズムノ旗高ク  村高  持高百七十五石所持有之候得共  威丈高  彫刻モ高イ石段カラ割レテ墜チ石段ワキノ  つて高高  僕達三高卒業生  あと三高  みな三高  亡兄仲高云  其収穫高  紀州日高  佐々木高美氏  高さわ  高壮  とき高声器  脚高  女高師  床高  作り高  蔵人兼高  高声念仏  國高城山絶頂  松高院  醫王院松高院  時一高  一高時代  高峰さん高峰さん  東高  何高値い  仕上げ高  ソンナニ高イ所ニイラツシヤラナイデ  ソヽツカシイカエルサンハ高イ木  合計高平均七通話  二高  代々三高生  いま三高  浜口雄幸氏三高時代愛用  附属高女  智高  蘆高朗氏  介輝高  輝高  松平輝高  お金高  自分はちようど高壓電流  文金高島田  青山高樹町  丈高  年少高科  醸造高  高笑ひで  高綱  かなた至上高點  そびゆる高峰  癇高  背高  節高  ゃっきゃっと高笑  中山高  秀高岳  東穂高  高さと美  著レ眼高  日向國高鍋藩主秋月種任  現在小樽高商出  玉谷高一氏談  こと高  稼ぎ高  一高前  山々高  翌日高  高電壓電源  高峻  かさ高  面高  二高出身  当時声跡共相高  當時聲跡共相高  高ちや  高ちやん  四高  丈余り高  画家高声  日本高女  趙高王莽  高声器  孫高時  賜うた高時追討  名越高家  北條高時  置酒高  役高  高順  青戸高さん  代々久高氏  久高氏  一つ高  福島高女  大廈高楼  高人用  中村高一  社会主義者高尾平兵衛  甥高幹  高君  孫高  売り上げ高ランキング五十傑  円高  高翔  高翔的美感  妙計ハ天下ニ高シ  銅雀台高ウシテ帝畿壮ナリ水明ラカニ山秀イデ光輝  銅雀台ハ高ウシテ上天ニ接ス眸  生産高  一人高野山  二つ妙高  禄高  小高  妙高火山群  商売銀高  功高ク  四十八高  高役  折目高  険高  実高十二万五千石  一高女  高高  真ン中背高  大抵高所  遊軍高翔  高翔軍  清高  塗高  一そう威丈高  背高椅子  絶高  韻高  記入高  大礼蘇因高  骨高  集まり高  百姓風乍ら高  三尺高  祖父高坂対島甚太郎  一見高そう  血刀高  水戸商高  夜分三高木工所  三高吉太郎  三高さん  つまり三高吉太郎氏  アゲク三高氏  眼高手  一高生  襠高袴  畠山高国  広島県豊田郡高阪村  足高  二つ柳広島県豊田郡高阪村中野  時高灯籠  難波高津宮  日本根子高瑞浄足姫天皇  叡山高野山  一高俳句会  猛虎一声山月高  京都栂尾高山寺  大徳明恵上人高弁  非人高弁  高松太郎  高丈  漁獲高  製品高  胸襟披盡醉二高樓一  一高一  その後一高  治高  高宗本紀  尻高  山名禅高  妙高院  バラツク妙高  仙台二高時代  バラック妙高  高昇  典麗高華  沈麗高古  目下二高  一年有余二高  卅八年四月二高  伊藤太左衛門方高  細川高国  高国  中野高圓寺  櫻井左ヱ門赤井幾右ヱ門一條助隆二條利義中條春完三條信義四條隆次五條清信六條助信八條信弘芝信義小村安五郎武藤清右ヱ門新保八郎小山三郎杉政次郎右ヱ門高道治  皆一高出  六高  八高出  大山高岳  円顔鼻高  春日かな高  一調子高  後本年四月二高教授  高機  高どの  妙音院高誉靖安居士  消費高  高仙芝  もと高麗人  時高仙芝  高仙芝及二大食一  葦高  心身高  アノ高沼  所謂高持  持高  持高百五十石積廻船一艘  百姓軒別持高  如く高百五十石  背高のっぽ  居高以臨下  ト筈高  福原直高  次第高  威高気  根高弓子  根高弓子なん  亭子窓高  一句高  高朗  高諭  算所村高四百三石一斗五升  喬木高樓  調子高  黒棧腰高  この間高峯譲吉さん  高ひかる日  高天  一番高そう  三里高野山  お茶の水高女入学  高味もの  紀州高野山  思い切り高  緋目高  直高  これやあ高  後ろ高  絶高頂  神高天  画面高  最上高湯  段々高  高圓山一帶  高すぎ  一ぺん三高  来年三高  須枳高日子命  万丈高  ば高処  権門高家  高杯  埴谷雄高  砌海上浪高ク激シキ風雨ニ遭セラレルヤ  山城國高雄山神護寺  高つき  大名高家  高楊子  擧手高揖  価格高賃銀主義  出炭高  股高  新任総監高星子爵  なり高星総監  黒山高  警視総監高星威信子爵  高時  更上二船橋高処一望  軒前高廈圧二林邱一  珊瑚洲外汽声高  認得北涯山影高  積荷高  峻嶺高峰  義高  一高出身  つまり高声器  対一高戦  貯金高  高篤三所蔵  つけ高箒  高善  多門房行高  旧家高麗さん  高照  八高  鼻高  高館  中山高帽  定高  北枕高燈籠  ら高  きの高塀  曰爲レ高必因二丘陵一  隨分高  高麗  高昌  高俊太郎  古高  玉高  別当高雲寺平等坊  如漢高帝蛇  かをり高  張高  野高草  高総  禄高通り全部米  詩宗高適  儲け高  茎高  高島田  知行高  貯蔵高  縄付まま威丈高  助高  株主股旅由高  高翔感  高翔感的  高翔感的陶酔  八高生  高氏  高帽  高声電話  出品高  まち高  大船山高岳  五高生  高次郎氏  月黒クシテ雁飛ブヤ高シ  量高  屋根高  空高雲  つて高  漸次高標  執権北条高時  北条高時  執権高時  兄義高  太郎高氏  高ばなし  長崎高資  太郎高氏様  高氏どの  高氏ちがい  高氏殿  判官高氏殿  当主高氏  佐々木高氏  判官高氏  足利高氏  入道高氏  高時公  ひとり高氏  高氏はじぶん  高氏主従  高氏拘禁  兄高氏  高氏さま  高氏召状  高氏元服  高氏ぎみ  高氏以下  いや高氏自身  太守高時  執権相模守高時  子孫高時  高時以下  子高氏  甥高氏  父高氏  高氏ただ一人  ベツダン高イ思念  身長高  高師  三千石高  金剛兵衛盛高  高らげ  錦小路高倉  高氏一人  一子高氏  高氏様  高氏たち  太郎高氏殿  一族高氏  高氏夫妻  いつか高時  主賓高氏  高氏自身  やあ高氏  高氏義貞  足利高氏さま  宗家高氏  みな宗家高氏さま  執権代長崎高資  大伴晴高  晴高  叔父晴高  晴高叔父  晴高叔父上  公債発行高  予算実施高  御曹子英高氏夫人元子さま  此者共荷高  づおづと高間医院  神戸高商  太郎高氏どの  相模入道高時  諏訪三郎盛高  せがれ三郎盛高  盛高  長崎高資ら  諏訪盛高  実科高女校  高燈籠  頭高  此方ア高  さ高これ  コレ高  町病院長高町氏  高型  商高理事官  放言高論  意気高  こと高氏  折ふし高氏  印刷高  高売り  畝高  いちど高氏  判官清高  判官佐々木清高  高貞  正高  勧メ発売高  駒下駄高  製造高  一割五分高  四割高  格高  売上高  原料高  二割高  販売高  評判高  もん高  高圓寺  驕児高時  高氏ずれ  主人高氏  高氏以下ここ  主人高氏どの  いや高氏  ただ高時  守護代清高  行高  鬼五郎助高  太郎義高  長高  守護高貞  嫡子義高  与一高則  四郎高真  一騎高くいな  背高ノッポ  一切高声  尉高真  主君高氏  父高氏さま  名越尾張守高家  兄高氏事  執権高時公  ば高時公  つまり高時  すべて高氏  殿高氏さま  高氏軍  対高氏  高氏みずから  一高氏  いや高時公  ただ高氏  たそがれ高  輸入高  使用高  神高坂  富高  取前高  農産物高  尾張守高家  副将足利高氏  源朝臣高氏  駒の高氏  高氏以外  正高兄弟  北条高時入道朝憲  かたがた高氏  兄高時  いま高時  良人高氏  高時曼陀羅  高時ひとり  宮内高親  高時一人  一法師高時誓願  とき高時  主人高氏殿  兄盛高  水高  ホテル支配人平栗高民  平栗高民  みな癇高  いくら高氏  高氏ひとり  長崎高真  二条高倉  曾祖父高  執事高  増高  米高  ヤハリ呼高  給与高  岩村高俊氏  愛妾高尾  紀伊日高  一番高声  荻原高三郎  高常水車  ひかり高  はや高  三郎盛高  先鋒高  合戦警固毎日高矢櫓  介高胤  残怨日高  大廈高樓  おごり高  天照大神高  高産靈  三条高倉  疳高  威たけ高  威猛高  背中高  高巌寺  被害高  一越調子高  貸し高  催二刀尺一白帝城高  田畑字附高名寄帳  尾張守高経  高家  打倒高家  三浦高通  香坂高宗  日ごと高倉  寺沢忠高  荷高似内  荷高  高源寺  高厳寺  高源寺門前  ひとまず高源寺  高源寺住職  高坂三伝  ちい高  高清子  脚高椅子  是豊受太神宮七社禰宜度会康高  極高  かなり高声  窓塾高神覚昇  専属高声器  久高  ころ高師  博士製造高  納入高  二高時代  姉小路宰相宗高  間高温度  物高  上野高女  肩高  一声高  高野山  まち高袴  売高  種高  先づ高館  づ高館  背高ぼう  帰化高勾麗人  支那高勾麗  割り高  鼻高盛ん  月収高  鼻高様  汝高  白布高湯  高国寺城  老臣高坂弾正信昌  一高文科  処高所  高かつ  かん高  至極高味  いくら高金  城主黒田官兵衞孝高  孝高  其時孝高  つて孝高  孝高父子  隠居孝高入道如水  位階格式禄高  八百八町高まくら  物見高げ  何かかん高  輸出高  余り高  三人高  高取り  最大純高  物見高  達人世ニ其名高シ  せい高ひのき  時,日高  其金高  武家高家  京極佐渡守高矩  医学士高峰  ざま高峰  高産霊神  高金  高武蔵守師直  魚山道高彦  丈高いすがた  是高  集金高  汝らア高萩  門弟高萩  オイ高萩  屹度中山高  背高女  高力松  二本榎高野山  ぎとめずは高堤  山形高女  取引高税その他日常生活  通り高足駄  優美高妙  高ぶり  男高里  名門高家  地主ガ小高  道具モ高相応ニシテ貰ッタカラ  ッテイルト高田藤五郎トイウ者ガ云ウカラ  襦袢一ツデ高モモ立  四天王高名物語  かな高島田  かな高峯  身丈高  黒山高帽  高重君  高重さん  放談高笑  名取氏高  二三人高声  狷介狐高  二人かなり高声  商い高  増徴年貢高鞍庄  とき高  虫けら同然高  半高  程度高  高達  遠大高  幽玄高妙  肝高  爾時亀高声  一高峰  現在高  文保二年五月二十一日高時  浜松高工  紙高  高昌国人  高昌人といつて  弥右衛門忠高  コウ高  取引高  勘定高  高院  藤堂勢中藤堂高刑  馬車高  銀持高  当時高麗人日本  六高女  極高三十七度五十分  高凡三十丈  此岩高凡百間とい  高五十間  高ら  高太公  松高縫蔵  三番松高  松高  平八郎敬高  敬高  敬高大西氏  父敬高二十四歳  敬高二十五歳  敬高二十六歳  敬高二十七歳  敬高二十八歳  敬高二十九歳  五月十一日敬高三十歳  米食込高一二%  最初高商  至り高声  洋傘高  役高三百俵  隻手高声  かぜ高つき  頃一高  峻岳高峰  やつぱり高  調高矣洋絃一曲  去年高師  擬作高百五十石  年高人  送金高十一萬圓  高篤三  女優高輪芳子  独立高聳  うに鼻高  つた嵩高  東穂高岳  取扱高  物成高五百円位  むる一高  水揚げ高  作業高  曰く南朝忠臣香坂高宗お山  公高  翌年公高  売上金高  平均販売高  高明  一高帽  中村高一ら  契約高  ぐつと高  槍嶽穗高嶽  高平太  高平太以下皆悪人  皆高平太  放歌高声  何高  いや高  文世高  世高  時世高  高科  込高  蝋光高  さまざま高上  高上  ときお高  高さま  かお高  ぐあいにお高  高様  総計金弐万六千弐百六拾四円弐拾弐銭也支出金高  恩給高  校長高楠  県立高女  県立高女校内  県立高女メチャメチャ  右山高帽  県立高女校  県立高女在校中  県立高女在学中  売り上げ高  収穫高  鯨高輪  松高山岳部  引返し高山越え  今日松高山岳部  東京高工山岳部  大阪高工  松高生  途中四高  八高出身  相当高廻り  高峻岳  伊藤伴右衛門高豊  歩むにかへつて高足駄  気高  金環価高  兵児帯尻高  高帽腕車  大高  後大高  華奢高遊  教誨師袈裟高帽  高武蔵守  高梨  眼高  一カン二十五銭高  中野和高筆  スッカリ高島田  一高樓  レーニズムノ旗高ク五ヵ年計画  アノ高  下野黒羽城主大関高増  花高  誰一人高声  採掘高  幅広高結び  浪人富田資高  分配高  一段高まつ  根ヨリ生ジ円茎高サ三四尺直立ス葉ハ竹葉  性喜コノム二高阜墻頭  如シ高一寸許葉スギゴケ  本草綱目云玉柏生石上如松高五六寸紫花人皆置盆中養数年不死呼為千年柏万年松即石松之小者也  林弘高  雄蕊高花柱  材木高  高汎  絹高帽  高生  一高七不思議  旗手高石  なに老人的高慢心  扶持高  風趣高  づる一高一  趙高  鶴一羽高  儂智高  佐々木四郎高綱  細帯漫ク回シテ洋帽高ク戴ケリ  直前高血圧  あまり高  岩高蘭  高機高機  層高  向高  向う高  高清  古山高  古山高帽  高格  熱高  高代  それなり高代  寄進高  玉足玉高代道  五高  高坂  子高星  高流  供出高  波音高かし  一割高  高良氏  七重高塔  正高さん  後高  禄高四百石  昔一高  高一番  其流通高  發行高  薫高  徳山高女  大所高処  高央  右算用高  申ニハ高柳  マヨナカノ高イカイダンヲコロゲオチテシマッタ  左褄高  もと高野山  発売高  昔大名高家  其気品高  恐怖的高熱度  ヨリモ高ク上空  神韻高趣  高一兄さん  高一少年  高一君  二十七日高橋上總  こいつ高  友高樓  秀才瀧廉太郎君春高樓  鹿島高工  張り高声  此處原文トシテハ簡潔ニテ氣韵モ高ク感ゼラルレド  われら今高華  六九バベル高塔  バベル高塔  差押え高  結び目高  額面高  贅澤高價  佐々木四郎左衛門高綱  引受高  尾高  自ら高  雨雲高處  所謂高蹈的思想  優美高讃  レ生高レ気  大廈高屋  高佳  自ら非人高弁  東京高師  次高  遲志貴高日子根の神阿知  飯高  廣高  君高志  國高志  臣高志  多賀高岡の宮高城高樹高木  神高材比  命高倉下高佐士野高島  宮高しり高巣鹿  別高千  巓高千穗  宮高千穗  竹葉高  高比  郎女高天  手上高  臣笋高胸坂高目  王高市高市  杖衝坂高處  高歩  結局高コスト  一体高賃金  賃金高コスト  コスト高賃金  コスト高賃金主義  候高島田  三羽四羽高調子  徳高きがゆえ  妙高尼  観音寺高律師義記二本十巻  仁孝睿武端毅欽安宏文定業高皇帝  高氏易  高相  歐陽高  大方高  日向高鍋城主  花裏三級浪高魚化竜痴人  上つた高  天高市  門人高山文輔  功名高誉とりどり  行程高野山  村長家高某  日高二郡  一人高笑  稜威高領ら  外レテ落チタ砲弾ガ空中高ク水柱  遙かに高  採炭高  ところ朝雲高  少年高科  大須賀康高  つて高振り  高穗  一本柳木根高  高さと  高塔実験室  市長高屋男爵  隠見式高塔  皇慶高山寺  カン高  づ高  うず高  高氏像  実収高  高氏義貞二人  北条高時ソノ  むしろ高時  北条高時その他  ソノ子志水冠者義高  左兵衛義高  志水冠者義高  宮本武蔵範高  範高ニ嗣ナク  範高  寺沢堅高  禄高五千石  二大高峰  いっぺん高  高峻ニシテ高不詳  一調一高  山静水音高  予約金高  



前後の言葉をピックアップ
  高央  効か  こう  高調子    高雄山  高めん  高いびき  


動詞をランダムでピックアップ
肥やそ突き戻しとびのっはれあがりまつわりつき炊けるちぢれるかきおこし聞き澄ますすぐさ歩みよろ引留め瞬き切羽詰り行ずる繋がっ埋め合わせる割込まいいきる
形容詞をランダムでピックアップ
おぼしいはかなくっ少う息苦しかっ黒かっうっとうしゅう気まず好ましき陰気臭かっやさしから浅う広から穢しか細うさんおもいがけない涼しくっ大きかっ猛々しく正し