「とどけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とどけ[動詞]
行方を御見とどけ  のを見とどけ  宿にとどけ  たしかに見とどけ  ぬいさんにとどけ  しかと見とどけ  お金をとどけ  奥さんへとどけ  時雨堂を見とどけ  米をとどけ  何しろ帳場につけとどけ  手紙をとどけ  秘密を残らず見とどけ  いるかどうかを見とどけ  庭男がとどけ  酒屋へ行って、とどけ  いま少し見とどけ  屋敷におとどけ  池田甲斐守にとどけ  奉行へとどけ  ちょっとおとどけ  正体を見とどけ  柳橋まで送りとどけ  充分に見とどけ  領事館にとどけ  監視員によって、すっかり見とどけ  ア君が見とどけ  礼手紙をとどけ  行く末を見とどけ  将来を見とどけ  事実を見とどけ  家へ、おとどけ  結納を、おとどけ  肴をとどけ  確と見とどけ  だれがぬすんだかを見とどけ  家までとどけ  御座所まで送りとどけ  密書をとどけ  武芸の励み、見とどけ  家まで送りとどけ  玄徳へ送りとどけ  安危を見とどけ  横浜へさえおとどけ  客船まで送りとどけ  もとへ送りとどけ  最後を見とどけ  落着を見とどけ  原稿料をとどけ  酒屋から酒をとどけ  雑誌などが送りとどけ  明らかに見とどけ  君たちを送りとどけ  村役場に行って、とどけ  ところへとどけ  熟睡を見とどけ  様子を見とどけ  家へ送りとどけ  蕎麦屋から酒をとどけ  学校まで送りとどけ  安堵を見とどけ  クラブまで送りとどけ  手紙がとどけ  医務室へとどけ  鳥沢へ送りとどけ  書類をとどけ  八ところまで見とどけ  呉服屋からとどけ  人形をとどけ  ひとつ見とどけ  いるかを見とどけ  ここまでとどけ  書留郵便でとどけ  臨終も同時に見とどけ  北条武族を見とどけ  城で、見とどけ  御書状を、おとどけ  仲を見とどけ  都へとどけ  手へとどけ  容子をじっと見とどけ  先途を見とどけ  ため、よう見とどけ  右京へとどけ  右京へ送りとどけ  妻へとどけ  品をとどけ  今月はじめ五百枚を、おとどけ  執行へとどけ  万一を見とどけ  それを見とどけ  五軒見とどけ  一部でも聴きとどけ  花屋にとどけ  帝へ、とどけ  これを見とどけ  邸にとどけ  教科書などをとどけ  教科書をとどけ  勘定書がとどけ  小屋から送りとどけ  配所へおとどけ  頼源から帝へのとどけ  これをとどけ  狂態を見とどけ  前へもどって、見とどけ  本庄鬼六さまから名越殿にとどけ  人々から、わざわざ送りとどけ  自由に送りとどけ  就任式を見とどけ  まま送りとどけ  成東へ送りとどけ  じゅうを見とどけ  警察へとどけ  僕は、とどけ  警察にはとどけ  警察にとどけ  ちゃんと見とどけ  殿ノ法印まで送りとどけ  死を見とどけ  最期をお見とどけ  終りもほぼ見とどけ  皆して、見とどけ  そこにいて、よう見とどけ  宿に、そっととどけ  なにしろ明日おれが見とどけ  堂上へもとどけ  六波羅まで送りとどけ  正体は遂に見とどけ  ところを見とどけ  手証は見とどけ  現場を見とどけ  亡骸なりとも送りとどけ  自身番へとどけ  自身番にとどけ  今夜自分が見とどけ  証跡を見とどけ  無事に送りとどけ  家へとどけ  ゆうべ松若にとどけ  様子か見とどけ  確かに見とどけ  髷はなんだか見とどけ  正体も見とどけ  正直にとどけ  沙汰をとどけ  そこまでを見とどけ  兵を添えてとどけ  隠密に見とどけ  無事を見とどけ  たしかに兄さんにとどけ  模様を見とどけ  其蝶にとどけ  木賃宿までとどけ  手証を見とどけ  金五両をとどけ  屋敷までとどけ  間違い無しにとどけ  たしかには見とどけ  がたを見とどけ  場所をよく見とどけ  清水山へ見とどけ  今夜こそはよく見とどけ  菊池城へとどけ  茨城県磯崎まで、送りとどけ  鍋久へおとどけ  袖をとどけ  実家へとどけ  鍋久にとどけ  その後大宮八幡へ見とどけ  実地を見とどけ  窃かに見とどけ  噂ばかりで、その実際を見とどけ  棺桶をとどけ  異人館を一応見とどけ  大江へ送りとどけ  よう見とどけ  旗のありかも全く見とどけ  静かに見とどけ  正成は、そう見とどけ  者へとどけ  誰もはっきりとは見とどけ  誰も見とどけ  そこまで送りとどけ  様子を一応は見とどけ  手もとへとどけ  遺族にとどけ  荷物をとどけ  とよ子を送りとどけ  横目で見とどけ  許へ御とどけ  交渉に出かけ、やがてとどけ  事は、べつに、とどけ  ところにとどけ  アパートにとどけ  僕が送りとどけ  自信をもって、実際は見とどけ  教育さえ行きとどけ  うちへとどけ  戸籍をとどけ  思をとどけ  ぼろを見とどけ  しきへとどけ  ところにまで送りとどけ  二人で見とどけ  策は見とどけ  死体を見とどけ  警察へおとどけ  何者か見とどけ  たしかにそれを見とどけ  願意を聴きとどけ  願意、聴きとどけ  姿を見とどけ  お菓子をとどけ  菓子をとどけ  手へ送りとどけ  茶匠まで送りとどけ  事務所へ送りとどけ  家からとどけ  郵便局へとどけ  成り行きを見とどけ  花環をとどけ  確かに一度見とどけ  弁当がとどけ  おっかさんからとどけ  鏡台が贈りとどけ  写真がとどけ  一つ見とどけ  何処へ行くか見とどけ  お家へとどけ  原稿をとどけ  イングランドにとどけ  祈りが聴きとどけ  それを見とどけるか見とどけ  ところへ送りとどけ  先生にまでとどけ  宅へ送りとどけ  後から様子を見とどけ  岸まで送りとどけ  最期を見とどけ  みずから見とどけ  人相をよく見とどけ  実否を見とどけ  すべてを見とどけ  うちに送りとどけ  棟梁を送りとどけ  望遠鏡でほんとに見とどけ  ために、見とどけ  機械人間がとどけ  願いを聴きとどけ  先途見とどけ  進物をとどけ  二鉢ばかりとどけ  原因を見とどけ  いるか、はっきり見とどけ  書箱などをとどけ  仲直りを見とどけ  先を見とどけ  生活費をとどけ  態度を見とどけ  大事にとどけ  合せ鏡して見とどけ  性質を見とどけ  営門まで送りとどけ  それをとどけ  ところにおとどけ  燈台まで送りとどけ  役所へとどけ  入港したと、とどけ  日本領事館を通じてとどけ  日本にとどけ  日本へ持って帰って、とどけ  受付にとどけ  機長にとどけ  しかと聴きとどけ  場所へとどけ  一つ送りとどけ  正体見とどけ  断末魔を見とどけ  ことを見とどけ  患家へとどけ  幽霊を見とどけ  改心を見とどけ  折ヅメをとどけ  わたしを送りとどけ  ようすを見とどけ  許へとどけ  文箱をとどけ  がた、見とどけ  何でもとどけ  ものの無きを見とどけ  一本すぐにとどけ  思いつきで、とどけ  あなたのとどけ  宿に送りとどけ  細君へとどけ  手にとどけ  パンを買ってとどけ  誤りなく見とどけ  盆をとどけ  自身でとどけ  のが、やがてついたらおとどけ  家賃をとどけ  所にとどけ  事を見とどけ  近所まで送りとどけ  まま先方へとどけ  彼は見とどけ  歌をとどけ  それがしが見とどけ  かしこへ駈け登って見とどけ  から、いずれ改めておとどけ  弔慰金をとどけ  人相をよくも見とどけ  千枚ずつとどけ  江戸までとどけ  一番早くとどけ  品をかならずおとどけ  正体は見とどけ  身体にぶち込んだにやぶち込んだなれど、死んだとも何ともハッキリ見とどけ  一巻のみ送りとどけ  すえ始終を見とどけ  一つあまさず見とどけ  女王号にとどけ  どんどん隊長へとどけ  本艇へとどけ  



前後の言葉をピックアップ
届か  届け  届けで  届けよ  届けれ  届け出ろ  届け先  届先  届け出  届け出れ


動詞をランダムでピックアップ
焼き払えしたおさめいら滾っ焼付け思い直す打ち込める寄りすがら閲する取扱わかぶさるくすべるもりあげる抱着かひろまれとりのこし契る絶やす命ず
形容詞をランダムでピックアップ
古臭く雄々しい刺々しみよくうすら寒せち辛きいさましい烏滸がましいめんどくさいきしょううかれ末恐ろしい勇ましい悲しかっ佳く名高うらめしかっ心許なあらし