「けっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ けっ[動詞]
蔭では嘲けっ  ものだったが、嘲けっ  眉間をはたとけっ  頭をけっ  大地をけっ  いくつになると思ってけっ  あしを、ぽんぽんけっ  声を出すなと嘲けっ  信長も、けっ  文章は、たけりたけっ  地をけっ  ときは、けっ  かたでは、けっ  砂をけっ  イブセンのけっ  床をけっ  泣きながら僕をけっ  のであったが、けっ  のは、けっ  かたをけっ  それから枝をけっ  水をけっ  足を強くけっ  とあるから貸せと云ったら渋ってけっ  先きで笑ってけっ  末、けっ  いらしっても落ちつけっ  足でけっ  薪にけっ  第一線に引っぱり出しておいて、踏んだりけっ  特攻隊くずれを描いていたら、たぶん、けっ  シンケンに、しかし、けっ  しかし、けっ  扉をけっ  もと一緒に早くおいたですけっ  しらをけっ  考えあぐねて、けっ  御酒かげんでけっ  声でけけっ  板壁にもたれ、けっ  ようにたけりたけっ  イメージは、けっ  時清盛がまたけっ  うちに何となしけっ  席をけっ  横腹をけっ  足をけっ  つりかごをけっ  これもけっ  どんどん波をけっ  波をけっ  寝台をけっ  裾をけっ  あしポーンとけっ  雪をけっ  雪がけっ  しろへけっ  腹を、ぽんとけっ  おれに任しとけっ  地球をけっ  東京へも帰られず、けっ  浪をけっ  手がたまらなくけっ  弥三郎はけっ  まくらをけっ  下のがけっ  げんよろしいほで、けっ  ますほど、けっ  アアとけっ  大層同情して、けっ  様なけっ  胸を押さえながら、ぽけっ  自分のぽけっ  真空ぽけっ  肩を揺すってぽけっ  他人のぽけっ  人のぽけっ  ことを忘れて、ぽけっ  高が少いと打ったり、けっ  



前後の言葉をピックアップ
気近し  ケヂメ  蹶っ  蹴っ  蹴っ飛ばし  欠課  結果  けっか  決河  けっかい


動詞をランダムでピックアップ
見捨てるかぞえ運び出せるめぐりあえる請負う懲りる処そ引きしぼっすさりかきまわし思い止まり舐めずらきまろぬきとるなじみ頼みこめ端折る超せだまりこむ
形容詞をランダムでピックアップ
しげきことごとしい物がた危な遅くっ空しくっまずかれあいらしいしょぼ何気ない面倒くさくはしたないもったいらしい激しくきわどいかわゆきよろしき用心深かっ少なくっ根強