「くり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ くり[動詞]
恨みをくり  眼をくり  一学年ずつくり  頭をくり  百度もくり  数しげくくり  何度もくり  初春毎にくり  ところがしくり  中にずつくり  通りにくり  問題をくり  心にくり  労働時間にくり  上から順にくり  近年までくり  幾度でもくり  西瓜をさっくり  よう、さくり  申上げてくり  処へ、てくりてくり  門帳をくり  音がくり  誤りを再びくり  疑問をくり  なり遅くまでくり  それをくり  激戦がくり  何回でもくり  品川までくり  人生へくり  中、度々くり  娘は泣きじやくり  指をくり  粉をこねて延し、さくり  其名がくり  事をくり  から、緩っくり  精鋭をくり  部下にくり  裁判長にくり  一掻きにさっくり  此奴をくり  雑誌をくり  愚をくり  マチガイをくり  何遍もくり  言い伝えのまだくり  ことがくり  コースをくり  戸をくり  ことばを二度とくり  命令をくり  色本をくり  佃のさっくり  一つたびたびくり  褒美にくり  女性が、おたがいにそっっくり  問をくり  間にくり  昔をくり  失敗をくり  船客名簿をくり  時久しく又、度々くり  踊りをくり  山谷にくり  動作をくり  三度もくり  雨戸をくり  ひいき争ひをくり  頁をくり  話をくり  所行をくり  噂がくり  一件をくり  雨戸は、すっかりくり  腕を一層ふりたくり  雲がくり  定期にくり  みどりの糸をくり  巻物をくり  十遍もくり  ところをくり  うちでくり  ごとにくり  言葉をくり  響きがくり  声がくり  意見がくり  行為がくり  意識せしめるまでにくり  其をくり  震動がくり  歌がくり  ふうにくり  形式をくり  まりしばしばくり  賛美させようとして、やたらにくり  場面がくり  彼女はまたくり  幾度もくり  場合にもくり  夜会にもくり  花あらそひをくり  涎をくり  何事もくり  詠嘆をくり  荒凉索莫がくり  苧環をくり  眼がくり  歴史的にくり  茲に再びくり  口実は余り度々くり  背にくり  木がくり  痴川は泣きじやくり  臍をくり  私はもしかくり  先へくり  上にもくり  上にくり  疲れがくり  盛に喋り、はねくり  移動をくり  儀礼がくり  ものをくり  次週へくり  帰りはてくり  生産がくり  それを始終くり  中、始終くり  目録をくり  奈良朝末までくり  神自体である時期は、常にくり  全部封鎖預金にくり  通りをくり  鉈で、さくり  金があるとああ緩くり  主人からまあ緩くり  ページをくり  悠っくり  此處でもくり  ままにくり  質問をくり  頭脳にくり  言葉がくり  話がくり  乳母、察してくり  くりぶっくり  輪廻をくり  盛衰がくり  譚をくり  終りまでくり  云つて、泣きじやくり  交互にくり  凡俗生活をくり  発想がくり  自分もそのあやまちをくり  今日でもまだくり  三十分ほどくり  夢をくり  口にくり  これをくり  くしやくり  土産物が続続とくり  議論がくり  糸をくり  議論をくり  ぢやくり  日をくり  多忙なのだが何とかくり  目玉をくり  世界にだけくり  くりかっくり  二十五日にくり  國にくり  ものは、屡くり  詞章が、度々くり  彼は、さくり  八三みやまがくり  波打際を、さくり  声でくり  幾通りにもくり  中にくり  内輪にさくり  信吉はもうしゃがんで掘じくり  船頭どもからしばしばくり  顎でしやくり  上に濃く塗りこくり  

名詞

くり[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
くりかへしては  くりと唾をのんで  くりと白く硬化した  くり返り墓標がガサリと落ち込んで  くり待ちあぐんでいた  くりと鋭く心を切り裂く  クリする度毎に変る  くりとかみつきました  クリさして頭をふりました  くりと垂れた  くりとした  くりと呑んで  くりと沈んだ  くり返されている  くりのあとのような溜息が唇を漏れた  くりと膝を折って坐った  くりと皿の上に立ちあがって  くりかへした  くり返されてゐる  くり返った時機と見られているが  くりむくりと新しいものに生まれかわって  くりに線ひきぬ  くりと前へ倒れてしまった  クリと身を動かした  くりが止まり  くりといたみだす  くりかへしを  クリとしたが  くりと軽部は死んだ  くりとする  クリと背中へ引っくり返して  くり覆へす  くり返りそうになった  くり返りそうになりました  くりと車体が前屈みになると  ぐりの塚二つに割れ  くりと立ったが  くりの実を拾って歩きました  くりとなって  クリと首をもたげた  クリあけてただ驚くばかりだった  くりと立って呼ぶ  ぐりになる  くりと通りすぎる  くりとして看護婦の腕にもたれかかった  くりと起きて  くり返えして見て  クリと形よく肥えて  くり返される  くりそろった末をゆるがして居る  くり返された  くり返っては起きなおり起きなおりして居る  クリさして猪村巡査の顔を見た  くり浮んでいた  くりをしいしい  くりと垂れる  くりと稲の葉なみをそろえて立っている  くりをきっている  クリさせ  くりかへし  くりすたらい  くり返るような騒動をしていた  クリさせて黙りおった  クリ坐り直した  くりと浮いたり  くりと唾をのんだ  くりごくりと唾をのみこんでいる  くりとつばをのみこんで  くりと鳴らした  くりけえしする  くりになる  くりの親子兄弟と名ごりを惜しませる  くりと申しあげますが  クリと起きあがってあらぬ  くり返つてゐます  くり返されているからである  くりと斜めに折れ曲って  くりと呑みこみました  クリ動かしていた  くり覆ったので猶更驚きまして  くりかえっている  くり取ってあり  くり白い牝馬のように彼女は立ち上った  ぐりになりました  くりむくりと同じ色と形の入道雲が噴き騰  くりと身を安楽椅子の上に投げ出した  くりと首を垂れていた  くりと首を垂れた  くりと頸を枕に押しつけて  くりと唾を呑み込んで  くり合わしてくれ  くりかへして叫びました  くりてくりと澄まして帰る  くりとかたむいて  くり返って太平楽を並べている  クリのところへ来て  くりかへして呼ばねばなりませんでした  くりと首を垂れ  くりをしてゐた  くり返ったと思うくらいの  くり返ったのを見ると  くり返りやがった  クリさせた  くり返って煙草を喫っている  くり返って考えると  くり返って大の字になっている  クリ起ると猫板に頬杖をつき  クリさせていたが  クリと外れた  くりと往ってしまった  くりやまで月かげの一人でかる  くりをして居る  くりと通る  くり返りそうに傾ぐ  くりとさした  クリと起き上る  くり廻って居る  くりごくりと眠っている  くりと咽喉をならした  くりと唾をのんでみせたりする  くりと立ち上がったという  くりと立った  クリさせる  くり返してある  クリと姿をあらわした  くり返っています  くりかへさねばならないほど  くりかへされてゐます  くりもくりと野原の上の空にわいていました  くりとして其処に倒れてしまった  くりとつめていて  くりかへすを以て  くり返されて来た  クリ起きあがっている  クリしていた  くり覆って身悶えした  ぐりに出たとは  くりと呑みこみながら  くりと生唾をのみこんだ  くり拡げられて行った  くり返るような騒ぎになりました  くりの世話を焼いてくれて  くりや田も一夜で涸れる  くりと言わせた  くりと鳴った  くりごくりと咽喉を鳴らしながら  くりと唾を嚥み下して  くりと仆れてしまいました  くり話すとか何とか云って  ぐり深い眼付をして  クリさせていた  クリさせて居た  くりと唾を飲み込みながら  くりやあずま下駄の音が少し冴えて  くりと唾を呑み  くり返されて  くり拙い画の一枚も描けば  くりをしながら  くりと曲った  くり揃った芽を出していた  くり廻るのが見えた  くりがくりと宙を踏む  くりかへして  くりと落ちて見えなく  くりと崩れて  クリさせただけであった  クリと掛けられている  くり返ってしまった  くり返って来るとなれば  くりとして思はず  くりかへす  くりのように瞬く  くりぶっくり  くりとのどにおくった  くりとゆすぶって  くりをみて  くりかえって寝た  くりがえしたり  くりと椅子に腰を落した  くりと一口飲んでいた  くりかえったままでいった  クリさせている  クリさせて  くりと立っている  くりと妾の傍に近づいた  くり開かれ  クリしている  クリしているばかりだった  クリと立ち上った  クリ起き上った  クリと立てていた  くりの木がしげっていた  くりかへる  くりの木のかげに待っている  クリと小舟の全体を引っ包んだ  くり返すものと見える  くりと戰いた  くりとかたむいた  くりあがった1とを加えると  くりあがつた1とを加へると  くりかへしてみられると  クリとして被いかぶさり  くりかへして読んで  くりかへさなければならない  くりかへしつ  くりかへされ  くりなくに田草とる  くりやへとびこんだは  くりと倒れた  くり返されつつ  くりと膝を折った  クリと出て来ました  クリと出て来て  くり廻している  くりと頭を落とした  くりと落ちた  くりかへされました  くり返るような騒動になろうやら知れぬ  クリと起き直って  クリと一寸ばかりの傷口が開いた  クリと口を開き  くりと飲んでいった  くりと咽喉を鳴らし  ぐり上げられていた  くりと崩れる  くりと喰いちがった  くりと湧きだした  くりと唾をのみこんで云った  くり返すうちに全治させる  くり廻しながらこう言いました  クリと跳ね起きて  くりとその路に足を踏み下すと  クリ起きなおった  くりと調子が狂ひ  クリとやると  くりと折れる  クリと喰付いた  クリ起きだした  クリした感情を持ちながら  くり返されたが  くり廻して居合抜の口上のような駄弁を弄して  くりまで見届けても  クリと起き上がった  くり返して彼女はこういった  クリさせるなり慌てて  くりと唾を呑むと  クリとはね起きた  くりして悦こんだ  くり返すようにしているから  ぐり返された  くり返るか返らないか  くり返ったかと思うたぞ  クリと膨らんでいる  くりの遂に破れて  くり返る事もあるが  クリさせていると  くりもくりと延びだしてゐる  くりひらかれ  くりがくりとうなずかせ  クリして見ていると  クリと見ただけで  くりと折れて  くりと重荷を下した  クリと起上った  くりと口に入れて  くりかへされてゆく  くり登っている  クリ膨れ上っていた  くりかへして居る  くりもっくりさんのおはなしをしようかね  くりもっくりさんのおはなしをしました  くりもっくりさんのおはなしをしてもらえるだろうし  くりと傾き  くり返った灰神楽のなかで豊吉はもろくも縄にかかって  くり返ってしまう  くり返いておりますと  くり返ってワンワン泣き出しました  くり返ってやろうかと  クリと起上って眼をこすった  クリして湊屋の顔を凝視している  グリつかせている  くり返るような騒ぎになった  くり返るように騒いだ  クリとした  くり描き上げてしまい  くりと顕れたろう  クリと見つめている  くりと喉を鳴らした  ぐり出すと分らなくなる  クリ出来るもので私どもではちょいと普通の玉子焼を拵える  くりてくり寄って来て  くりとまた水へ落して  くりのこされた  くりと項垂れて  クリ出来て大層軽くなります  くりと立ったと思うと  くりかへしてゐた  くりと一つ固唾を飲んだ  クリやっているが  クリと自分の頤の上へもって行った  クリと口をあいた  クリとあいた  くりと咽喉をならして  くりとやるかと思うと  クリと起上って  クリとふくれ上ると  クリと閉じた  くりと立っては行くが  くりと一つ唾を飲み込んで  クリ起き上ったが  くりと唾を呑み込みながら  くりと生唾を飲み込んで  くりとしも云った  ぐりを投げ込んでいる  くり起き上って  くりと立って  くり返すだけで満足した  くりと急須へ注ぎ入れた  くりやそらにげた  くりかへしてもらひました  ぐり出したとみる  くりをさげて出てきたじゃごわせんか  くりかへるかな  くりのしりをなでなで  くりとしました  くりのきんとんなぞをくださりました  くりとあわつぶだてながら  くりと大茶わんが置かれた  くりの中に仕掛けられてある  クリさせてる  クリやってる  クリやってぽかんとしている  クリしていねえで  くりごくりといたずらになま  くりごくりとなまつばをのんだ  くりごくりと鳴らして  くりけえちまった  くりという音がした  くり返り易いボウトに平衡を失っている  くりかえって白いほこりがぱっと上がる  くり返ったなりに動かなくなると  くりごくりと飲んだ  くりと黒く顕われた  くりが僕の體に傳はつてくる  クリと底板が明いた  くり返ってくれました  クリさせていたという  くり返されていたので  くりと云った  くりとおとす  くりと垂れて  くりと下げ  くりと食って取られた  くりかへしました  クリ図々しく持ち上った  くりに心をなやましているかが思いやられた  クリと起き上った  クリと黒い口をあける  くりや何のすぢなれば  クリさせてゐた  くりと頬のおちた  ぐり泣く枕許で泡鳴はそういった  くりかへしていふが  クリさせるなり  くりぶくりと上っていた  くりとお杉の膝の上へ顎を落した  くりかへつてゐる  くりと芝を起して  くり返って土にまみれた  くりとして膚にも着かず  くり返すにちがひない  くりをさげた  くりをさげて  くりをさげて買いにみえるが  くりをちっともかえしてくれないが  クリと浮き上っていた  くりを与へ  クリ起き上ってしまった  くり返って気絶をするか  くりとかけて居られ  クリ純八は立ち上がり  くりと一口に飲んだ  くりの絃の流れつ  くりごくりと嚥みこんでいた  くり返るようになっていた  くりのくわん  くり重い金包みを膝の上へ置きながら  くり返すことになる  くりと飲み下して  くりと鼻先へかみつきました  クリさしてゐた  クリあけられた  ぐり深い人わたし嫌ひ  くり寛いで下さい  くり返って足をバタバタされました  クリあの白い兎に似た  くり返されて行くので  くりの木のこずえについていた枯れた  くりのこずえにしがみついて  くりと咽喉に鳴り  くりかへしてゐると  くりかへすであらう  くり返りそうになり  くり返ってしまいました  くりかえって泡を吹く  クリ抜いて蓋をする  くりごくりと水を呑みました  くりを吐きながら  くりを吐いた  くりかへしをもつて  クリと引離して  クリと起上ると  くりと動いたりする  くりと前へのめつた  くりと咽喉へ落し込んだ  くりと仰向けに地を払って  くりと入れる  くりのこってる  くりと撓んで  くりと弛めた  くり返って居た  くりとのみこみながら  くりかへして進んで  くり返らしたりなんかして  くり返ってお終いになりました  くりと落ちるや  くりかへしながら  くりと開けた  くりと白茄子が浮いた  くりと垂れ  くりと上げ  くりの絵の極めてをさなきを  ぐり来る涙をハンケチにおさえて  ぐりはしなかった  くり上って来る  クリ小さい孔があいた  ぐり深い目付をして考へながら  ぐり深く考へをまとめてゐる  くり動かさなくてはならない  くりもの第三についての私の心持はおわかりになっていただけたかしら  くりと山が立っている  くりだのを皆にわけていたら  くりと一息にあけた  くりと唾を呑んだ  ぐり上げせ  クリさせていましたが  クリしたところにさっき自分をつっついて居た  くり返って笑った  くりを錯乱して  クリと持ち上がって見える  くり返るほど笑い転げて  くりとそこに屈んで  くりと固唾を呑んだ  クリにおけると  クリはどこにもあるじゃないかという  クリとして書いてあるではないかと言い張るだろう  クリとは異なって  クリとこの支那栗とをかけあわせて  クリにあてる  クリへ適応して  クリから絶縁さすべきだ  クリと書き  クリさせたと  クリさせてゐる  クリをやりながら  クリと口を開け  くりと傍らの蕗の葉の林へ這入ってゆく  ぐり深い眼して視ながら  くりかへつてしまひました  くりっと棟方与右衛門はそのままとなった  クリさせながら  くり返らないようにして  くり返って眠ってしまいました  くり返るのじゃないかと危ぶんだ  くり返されて居た  くりの説明図などに場所を与えすぎる  クリしていやがる  くり返りゃしねえか  くり返えってたら  クリと床の中に起き上って  クリした気持になって居る  クリとあったかい着物を着て  くりかえった夢を見て  くり返る様な気がして  くりかへつたであらう  くりからもんもんの刺青をしてゐたり  くり返るであろうことは想像出来る  くり返さないではいられなかった  くり返させてくれ  くりと唾をのみこむ  くりんで連想する  くりんやぶく  くりもの島田から頂きました  くりのようになりました  ぐり深くなった  くりと固唾をのんだ  くりと膝をついた  くりもうけている  くりと唾を飲んで  クリと厚く可愛気の有る  くりと首をたれた  くりと地べたに落ちていった  クリと起き上って  くりと飲み  くりの絵からでも進化した  くりやうどを取りにあるいた  くりと首をたれ  くりごくり喉を鳴らし出した  くりと前へ垂れて  くりを調べてやろう  くりかっくりやって  くり揃った剣先とかむしろ動物的にかき  くり返されてゆく  くりと音を立てて  くりかへし鳴く  くりかへして鳴く  くりあぐれば  くりかへせるなり  くりしてゐましたが  くりかへる思ひをしてゐる  クリと熊はどうして育てましょう  クリで遊んで居ります  クリを寿つれて行く  くりを反映していて  くりになって会えないらしい  くりかへし投げて憂ひの  くりと一つ生唾を呑んだ  くり返す劇詩的効果を持つ  クリさせたが  くりと一口喉へ流し込んだ  くりとやると  くりと首を低れた  くりとして青くなりました  ぐりにすると  くりにくる  くりと登場した  クリと甚太郎は鎌首を立てて延び上ったが  くりとのばしてあるいてゐるではないか  くりと項垂れる  くりっとした  くりに家居しせれば  くりけむ見れども見えず  くりに花なりし  くりと濡れた  くりしていた  くりかへしてゐる  ぐりに奧まで進み  くりしながらそれを飲んだ  クリ起き上って  くりかへして行く  

~ くり[名詞]1
嘘をくりかへ  うちにぞっくりと  木刀を捻くり  ようなもっくり  脚ががくりと  街中でくり  泣じゃくりの  其処にがくりと  テジマアはすっくりと  ものはむくり  木の間がくりに  泣じやくりが  ところがしくりしくりと  背のすっくり  家を引つくり  地面が引つくり  のをぐりの  前面にぬっくり  風にぬっくりと  いっしょにくりの  山嵐を疑ぐり  源七はむくりと  庭中にはねくり  槍をくり  きじやくりを  彼のくり  胸へがくりと  ジャガいも畑でさくりを  くりかへしくりかへ  何度もくり  すつかり引つくり  興亡を以てくり  水車のくりかえす如くくり  浮絵からくり  治はひっくり  お前さんも疑ぐり  徒らに掘じくり  笑談口などきいて反っくり  中へくり  顎ががくりと  空にもむくり  夏さんがすっくり  ようにがくりと  ままがくりと  なかでくりかへ  一足ずつくり  くりてくりと  沢山あるクリの  なんどもくりかへ  はだしであるくくりやまで  ようにはねくり  ざまにすっくりと  言葉のくり  戦争をくりかへ  加へてくりかへ  雲がもくりも  首根ががくりと  関節ががくりとして  人がぞっくりと  雪月花をくりか  歌学者からくり  急にひっくり  婆さんがひっくり  した事のくり  涎れくりの  田が涸れた涸れてくりや  成語としてくり  車内にがくりと  妙に疑ぐり  一つも捻くり  子供は泣きじやくりを  ようにしてきくりと  杜若がぞっくり  音楽につれてくねくり  くりがくりと  頭はがくりと  あちこちでくりかへ  覗きからくりの  翼をがくりと  のとくりだけ  のとくりを  薬鑵をひっくりが  ママ薯が反っくり  三日悠っくり  曲をくりかへ  くり悠っくりと  ガラガラとくり  ごつごつしたくりの  ロシアも引つくりかへ  ドイツも引つくりかへ  世界中が引つくりか  秩序まで引つくり  肩先ががくりと  やうに引つくり  艦体はがくりと  一位からくり  一會場からくりかへ  ウソをくりか  労働をくりかへ  いふ錯誤をくりかへ  事がくりかへ  悔をくりかへ  蜩のうつくり  いつしよにくりやへ  綾子のもっくり  蔦代はがくりと  山の神が疑ぐり  片一方手で捻くり  場面がくりかへ  思いをせぐり  気持ががくりと  提灯を捻くり  馬ががくりと  そこへ来てがくりと  鸚鵡的にくり  物語をくりか  宝刀を捻くり  楽っくり  ところでくり  心にせぐり  樹がもくりも  探索迫害がくり  致命をくりか  島田髷をがくりが  膝ががくりと  私はがくりと  頤じやくりを  一つをもくりと  ようにもくりと  ことをくりかへ  毎日無限にくりかへ  明暗のくりかへ  絨毯がうねくり  瓶のひっくり  事件をくりかへ  はなしのできるでっくり  目をグリ  説明をくりか  仰向けに引つくり  ものをすっくり  丁寧にくりかへ  お前は疑ぐり  そこへぬっくりと  変だと思って疑ぐり  三本ほどすっくりと  くりてくり  急にがくりと  調べを奏でくりかへ  後へがくりと  嫋にくりかへ  姿でくり  余計な探ぐりを  男がもっくり  どんと打つてくりや  いく度もくりかへ  手にかいぐり  汁が煮えくりか  意味をくりかへ  右門もぞくりと  一升どくりと  明々白々それなるとくりの  うどたりとひっくりけ  これのと捻くり  紙を書きなぐり消したくり  正確にくり  尻がぶくりと  古式としてくり  肩をがくりと  首をがくりと  牡丹餅大にばっくりと  家計の遣りくりに  泡がぶくり  腹の中は煮えくりかへ  心を引つくり  びんぼうどっくりを  酒どっくりを  緊めくくりを  塗テーブルに向いあってぞっくりと  謝礼といって贈られたすっくり  ことばかりくりかへ  幾度かくり  横にクリ  彼は疑ぐり  悠っくり  声でくり  銀子はでっくり  呼吸ががくりと  熱心にくりかへ  飛行をくりか  それをくりかへ  悪戯をくりかへ  テッペンをクリ  泣じやくりを  単純なくりかへ  前にすっくりと  後ろにすっくりと  ほうががくりと  於てくり  歴史的にくり  獅子頭はばくりと  手足ががくりと  筋肉をがくりと  一人ではねくり  幾度かくりかへ  上へがくりと  唇をばくりと  正面にすっくりと  頭をがくりと  腸が引つくり  国を疑ぐりは  一詞章のくり  上林へとくり  お辞儀をくりかへ  動きをくりかへ  律動をくりかへ  言葉をくりかへ  青年は疑ぐり  底で疑ぐり  目玉をくり  松茸だのくり  彼はせぐり  複雑ないりくりを  土瓶をひっくりかへ  彼はがくりと  みな栗をクリとして  日本のクリとは  日本のクリと  日本のクリは  日本のクリに  日本のクリへ  日本のクリから  クリ仮名でクリと  顔を疑ぐり  みんなガバンガバンと煮えくりかへ  体をつつんではねくり  お湯がにえくり  ハラワタが煮えくりかへ  國芳風のくりから  気持からくり  前でくり  子のませくり  筵を伸してぶくりん  午前二時半までくり  二本のとくりの  あたりもすっくり  君足を出して引つくりかへ  目ひっくりかへ  長刀などふりくり  あれはくり  次郎はがくりと  どれからくりを  頭をかっくり  口をばっくりと  海鳥のくりかへ  ギルブリードとくりかへ  る言をくりか  二度三度とくりかへ  典型的ばたくりを  これをくりかへ  五人ぞっくりと  其様式を襲いでくり  事件としてくり  手探ぐりに  顔をそろえてぞっくりと  いふ歌をくりかへ  なかをすっくりと  ウンと引つくり  木がくりに  小舟葦邊にか漕ぎかくりけむ  葉がくりに  押問答をくりかへ  ぐり足探ぐりに  細君は泣きじやくり  

~ くり[名詞]2
パチクリ  ムックリ  ぽくり  パックリ  あのくり  でんぐり  フックリ  なくくり  とおくぐり  緩くり  現にくり  もう一度くり  大きなくり  又グリ  いち早くくり  一度くり  低うくり  さくり  くりくりくり  小さなくり  ちょうどクリ  なくクリ  びくくり  ないくり  

複合名詞
ひつくり  そつくり  なんどくり  涎くりその他  涎くり  ゆツくり  ガクリ  クリイム  ッくり  こんくりー  手ぐり  クリスト教徒三万人  むつくり  ふつくり  クリ起  糸くり車  ひよツくり俊男  ツくり性  りこくり  ゆくり  くりぜんざい  幾度くり  くり擴げ  クリクリ坊主  くりッくりッ  二度くり  くり泣き  さくり  手ぐり網  クリイム色の  はまぐり  はまぐり貝  ソツクリ  ドシドシ屋根めくり  悠くり  クリスト  クリスト教徒  ツくり  びッくり  そッくりそこ  クリ身  クリクリ  クリヤマ  クリスト教  そつくり現実  そつくりぢ  クリスト教徒たち  クリスト伝  クリストたち  クリスト以外  クリスト自身  クリスト様  クリスト教19  行つたクリスト  青年クリスト  成人クリスト  合つたクリスト  三度クリスト  事実上クリスト  いつかクリスト  度たびクリスト  くり山  これはやまにんじんそつくり  詠草くり  そつくり小説  くり言  バークリ  そつくり殘  ぐり判官  さッくり横紙  潜ぐり  沸くり  ばくり  彼ひとりクリスト  そつくり舊稿  そつくり子供  そつくりプルウスト  悠くり朝食  そつくりおなじ  コツクリ  むつくり頭  グリ公  グリ眼  グリさん  くりねずみ  そつくり逆  びツくり  そつくり尊敬  そつくり肯定  声かぎりくり  クリソツ  くりょ  つてむつくり  ちやむつくり  悠くり二人限り  悠くり隅  悠くり一杯  祖父そつくり  悠くり湯  ッくり俯  クリスト教信者  クリスト教的ジヤアナリスト  バークリ的観念論  くり玉  クリイニング  ヤリクリ  そッくり  そッくり昔  臍くり  そつくり其儘  恟くり  足跡そつくり  くり髪  くり伸び  ぐり戸棚  クリミヤ  ムツクリ  喋くり  くりもの  くりッ  仏蘭西語そつくり  ゆッくり研究  くりフォーク  くり返し  ッくり根  そつくり修道院  そつくり其逆  ガクリ胸  くり拔  くり隱  そつくりあなた  手伝つてくり  三度くり  パクリ  りこくり居眠り  そつくり想像の  クリスト主義  そつくり雨宮紅庵  そつくり君  そつくり実践  ょッくり  ぢくり  ぐり度  追憶そつくり  ヒョくり顔  二三度くり  つたクリスト  クリストひとり  せんぐり  ねじくり先生  文句そつくり  くり物  ヤーフそつくり  母親そつくり  詩人クリスト  おとうさんそつくり  いくり  クリスト信者  限りくり  くり上つた  くり上  クリエイト  郎そつくり  ポクリ  クリトン  私びッくり  シツクリ  都合三度くり  そつくり寺  其面もちそつくり  エンヂェル・フィッシュそつくり  そつくり譯  つてクリスト  そつくり針ごと  折そつくり  もうこくり  心持そつくり  くりぬき  ヤリクリ算段  そッくり日本  ゆッくり  そッくり衣裳  そッくり今日  ため一月くり  あれこれといぢくり  そッくり俳諧  そつくり僕  人物そつくり  クリスト復活祭  そッくり現実的  ワカヒコとそッくり  猛獣そッくり  そッくり二本  くりやつ  くり色  くり体  ゴム人形そつくり  むッくり  バークリBerkeley  光彩りくり  ふつくり色白  くり抜  クリシマ博士  くり悠  そッくりあなた  桑畑ソツクリ  ソツクリ残つて  土蔵造くり  いがくり頭  熊公世界中ひつくり  終日クリクリ  たいじなおくり物  くり掃除  ツくり弱  ゆツくり構  くり合  ぢくりとつ  くり徳利  そつくり當  くり起  だれくりども  そつくり鵜呑み  悠くり十時  くり方  間くり  詩そつくり  クリパー号  クリパー艇  コネクリ  ぐり会  時ゆくり  藻ぐり  そつくり叔父  そつくり眞  ッくり俯向き  母さんそつくり  くりゃあいいじゃねえか  執権殿そッくり  そつくり嫁入道具  くり転  二度びッくり  引ッくり転  くりゃはりゃしまへんがな  そッくり天王会  クリ仰天  クリコマ山  万障くり  そッくり米  そッくり台所  そッくり師匠  そッくりタンポ  そッくり一包み  一同そッくり  百姓そッくり  そつくり待合室  ふつくり盛り上つた廻転椅子  いがくり頭とき  鬢そッくり  儘そつくり空  悠くり観察  そつくり地面  くり突  こッくり  そつくり冷  クリ顔  むつくり起  くりさり気  デモクリトス  そつくり元  くり袴  クリクリ突き  殆どそつくり  格好そつくり  ゆッくりお茶  くり丸  くり型  そッくり生活  そつくり鹽水  そつくり彼  くりさん  泣き顔そッくり  三回くり  そつくり外形  そつくり売り手  ヤリクリ苦  ちょッくり抱ッ  ところ糸くり車  新版水戸黄門膝くり毛  クリ口  鼻ぐり  くり世  くり合わせ  クリオス  悠くり御飯  くりそこ  クリ床  クリ刎  くりごと  つづくり物  くり根  ミクリ  くり展げ  かたくり  そつくり頬白  クリタケ  かいぐり  輩はぶくり  くり盆  そつくり貴下  クリ頭  まつぼつくり山  おみやげまつぼつくりぼつくり  ルターそつくり  ひざくりげ  くりょな  くりゃがらあ  くりゃおしばやものだ  姿そつくり  坊主ツくり  クリミヤ戰爭  お父さんそつくり  クリスト教神学  クリスト教国  チユウリツプそつくり  三たびクリスト  そつくり広  そつくり他人  ひとつ悠くり念入り  毎日くり  こくり  てんとひつくり  金棒そつくり  猫そつくり  時ふつくり  ぼつくり  ぐり残り  母さんソツクリ  ツくり島田  つづくり仕事  クリスト人  救い主クリスト  救世主クリスト  悠くり床几  くりこと  ッくり横  クリ圓朝  サセテ三度クリ  くりまき  さうにコツクリ  ソツクリ相続  ソツクリ曾  ソツクリ以前通り  サツクリ  美緒コツクリ  百五十円そつくり  クリ音  らくり  くりくりくり  クリフトン  色彩そつくり  順くり  そッくり乗りうつッ  むつくり半身  演習そつくりぢ  くりがた  経ぐり  そッくりハチマキ  浪花節そつくり  法界坊そッくり  泣き声とそッくり  そッくり奉納  松ぼつくり  悠くり心静か  くり彩色  穴ぐり  数回くり  そつくり蟇  博士そつくり  くり主  四度くり  くりとこはく  そつくり有姿  クリミヤ半島  そつくり大人  作品そつくり  行くり  そうやかたくり  浅間なつくり  サンタクロースそつくり  こッくりこッくり  拂つてむつくり  つて能面そつくり  ケヅメそつくり  はまぐり料理屋  クリスト教オルソドックス  くり此処  大庭常子そつくり  そッくり半分  ゆッくり柚湯  さしくり  何かしら手ぐり  むつくり立ち上  そつくり義理  身そつくり  くり顛  カナガシラそつくり  顔そつくり  やり方そつくり  泣きジャクリ  そッくり湛  僕そッくり  くり一つ  そつくり畑  くり目玉  ぐり目  クリ半身  そつくり二円  くりょうと約束  年々くり  そつくり丸損  ぐり上げ  体現者クリスト  頃クリスト  昔クリスト  クリコウ  皆そッくり奥村さん  クリン  ぐりッ  言つてひつくり  通りクリ  クリそのもの  クリ仮名  くり胴  旦那様そつくり  形くり  そつくり戦国  蓴くり  まま悠くり  そつくり昇天  クリステ  毎夜くり  クリミヤ戦争  そつくりこちら  そつくり盜ん  田之助そッくり  ぢくり囘  つて只そつくり  ヤリクリ妖術使  そッくり彼  クリクリ頭  寢臺ふつくり  コツクリとい  そつくり貴公子  そつくりチエホフ劇  くりん  片目のぶくりん  目玉くり  目玉クリクリ  ょッくりあなた  饒舌くり  くり廻  饒舌くり廻  ソツクリぢ  クリワン  クリミヤ地方  鳴き声そつくり  悪魔そつくり  くり上げ  月めくり  くり展  それきりガクリ  むつくりおき  くり喉  蜘蛛そつくり  そつくり広重  あちこちひつくり  頭クリクリ坊主  ぐり合  三たびくり  クリスト數國  ゴタくり  先刻クリシイ  寛くり  そつくり拔  クリスト煌  一二クリスト  五一クリスト  一〇八クリスト  三十一曲クリスト  二六いくり  三日もとッくり  ひよくりひよく  そつくり農夫  くりひよくり  毎年くり  三字くりイ  鼠そつくり  ソツクリ人民  ソツクリ團體力  ぢくりぢくりそれ  鳥羽そつくり  クリ玉  くりら子さん  むつくり彼女  悠くり家居  くりたる  くりごと畸形  何かしら悠くり  ぐり足  そつくり天平  くり形飾  ユッくり注意  クリ盛り  



前後の言葉をピックアップ
クラーゲス  クラーリン  クラーレ  くり  栗饅頭    刳り  久里  庫裏  庫裡


動詞をランダムでピックアップ
こわす撃ち破ら痛め打抜けよ蔓延っ走れ見れれ亡ぶ片づい堪っもちこみおれれ申越さ数え立てよびおこさ細り出直す播かなしとげる映れ
形容詞をランダムでピックアップ
くろくあらう均し畏い珍しかろ青黒しじじむさいせわしなけれ毒々しきじつなねた悪かれやさしから薄気味悪いしげ薄汚恥しけれいとわしかっ