「おり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おり[動詞]
血で汚れており  のではあるまいかと考えており  裁判所を通しておりおり  上を歩いており  判決を下しており  首になっており  ものと聞いており  つもりでおり  ように承わっており  山をおり  坂をむこうにおり  公開を禁ぜられており  女になっており  これを支えようとしており  頭ぬけており  場馴れており  修業しており  先生に習っており  子供さんはおり  人間だと思われており  私のもっており  ものになっており  変化しており  ものにたよっており  考えをもっており  ことを感じており  そこまでいっており  高尚になっており  比較してみますともっており  二つのものからできており  たくさん犠牲にしてきており  ふうに考えており  形になっており  ものは押されており  ほうが押しており  単純に押しており  それを見ており  ちゃんばらなんかして遊んでおり  ふうに現われており  ものが出ており  私は思っており  ものを書いており  岩波書店から出しており  方が違っており  ことをいっており  学生がおり  場合には、わかっており  ロイスはいっており  結局みなのいうとおり  から寝ており  ことをたてており  花がさいており  ものであるとされており  悪いことになっており  場で違っており  ふうにして暮らしており  人がおり  ことも起こっており  こともすでに起こっており  問題にとらわれており  批判しており  ことをよく見ており  熱海におり  ようにみており  ようになっており  往き来をしており  階段をおり  単純にしており  書生生活でやっており  下におり  ばりがおり  厄介になっており  人のおり  ものであろうと存じており  影もなく落ちぶれており  顔をしており  気にも止めずにおり  鍵がおり  姿をしており  少年の言うとおり  とき、おりおり  それだけでやまずにおりおり  苦情がきており  灯影が並んでおりおり  先生はおりおり  これがおりおり  母がおりおり  ぼくだっておりおり  くせふたりはおりおり  壇をおり  持参致しており  水を掛けており  ものだと思っており  事は弁えており  毎日念仏しており  夫はないと存じており  引籠っており  ばり附いており  住っており  一つ地面内におり  名人と聞いており  給仕などをしており  知らぬ顔をしており  感心をしており  厳重に付けており  錆ており  首玉にかじり付いており  寝泊りを致しており  三叉になっており  譫語をいうと思っており  商売柄店も散らかっており  目に懸りたいと思っており  今一度行きたいと云っており  毎度國より承わりおり  上に坐っており  只だ泣いてばかりおり  噂ばかり致しており  旦那様に似ており  程だと承わっており  あいだ相を見ており  様子を見ており  事をしており  音のみいたしており  おいでかと案じてばかりおり  ことと喜んでおり  腕が利いており  チクタクと動いており  文学を作っていきたいと思っており  写真を載せており  インターヴューしており  組織が残っており  今日残っており  戦争未亡人がおり  ことを知っており  権力をにぎっており  人々はねむりについており  噴出ており  中空で削ぎとられており  函が流れており  階のあがりおり  山を走りおり  疲れになっており  感謝しており  術を授けられており  あなたを愛しており  一晩中心配しており  空から飛びおり  ようにおり  ことがなくなっており  奉仕をしており  人々が携わっており  本を動かしており  供しており  問題が起っており  上に持っており  ことを恐ろしく思っており  反対しようと思っており  霧がおり  評鑒を得たいと思っており  近年逆境におり  土間へおり  ように生きており  空に描き出しており  再現せられており  嵐が吹き渡っており  生涯が煮つめられており  舞ひおり  ことまですっかり聴いて知っており  時間を過ごしており  天分を持っており  興味をもって習っており  先生についており  父親に似ており  気質もまたよく似ており  方を好んでひいており  根気でひいており  何にもまして歓ばれており  今ベルリンにおり  可愛い性質を持っており  使い方もときどき誤っており  襞から襞にかけており  一人もついており  それをいえるだけ申し上げてみたいと思っており  何十万円今日しており  私は考えており  それから現今生まれており  流布されており  工芸美術と申しており  それから純正美術だと申しており  通り今もっともやかましくいわれており  理知も働いており  表現されており  来世になっており  碪青磁なんといっており  鎌倉時代に出来ており  ものが出来ており  立派に出来ており  値をしており  ことになっており  一つ二つを見ており  存在しており  歴史に残っており  それから古来もともとやかましくいわれており  眩惑されており  事実はそうなっており  同様一つの美術品と見ており  教科書としており  十年も持っており  人間でおり  怖気を揮っており  耕作力がひそんでおり  運輸力がひそんでおり  処をもっており  習慣をもっており  売れあしは、きわめてわるい、といっており  一つしかのこっており  依頼も果せずにおり  事務室を兼ねており  のも知らずに考えており  五六冊開かれており  きらきらと輝いており  伯母さんは、やっぱり亡くなっており  お礼を言いに来たと、申しており  階段へおり  御台所を預かっており  心配は致しており  まごまごしており  今日開業医の用いており  ワールブルヒなどがおり  宿でも喜んでおり  方も、励んでおり  不審がっており  我慢いたしており  辺でも、そう申しており  艦橋をおり  方へおり  距離がわかっており  舷側をこえてむこうにおり  こっちへおり  きりがおり  撃沈命令がおり  海面があれており  階段をかけおり  堤をおり  梯子段をおり  講義致しており  腰巾着をつとめており  かぶりを振つており  下へ駆けおり  下へとおり  境をしており  簷から飛びおり  後から簷をおり  坂をおり  子供と結びつけられており  退屈すると、おりおり  種類も限られており  ようにもなっており  式などにもおりおり  承認せられており  田へおり  記憶しており  片よっており  向こう側におり  スーがおりおり  誠意をもってたどられており  わたしは思っており  なんでもないと申しており  みんなも信じており  胸へ向ってうなだれており  ドアは開いており  わきに傾けられており  老ってしまっており  私共の知っており  所好で飼っており  可けないって言っており  爽気が漂うており  所におり  ちゃんと記されており  額が禿げあがっており  下へおり  宿をやっており  のもおり  本屋がおり  目にかかりたがっており  生憎風邪をひいて休んでおり  電車をおり  爺親も知っており  境遇不幸を極めおり  いつでもおり  浅田さんのいうとおり  私が聞いており  お年を召されており  体が汚れており  なりもこんな汚いなりをしており  中に横たわっており  ことが出来ており  人間に生れかえっており  月を延ばしており  泣きながら榻をおり  階をおり  必要にぴったりと結びついており  長靴を用いており  臥っており  教父として控えており  こぼれ水や洗い流しですっかり濡れており  糸が掛かっており  裏通りに住んでおり  場所に住んでおり  足をすっかりむきだしにしており  坂を越しており  人数が集まっており  馳けおり  ことを得ず、と言われており  判断いたしており  理解せられるとすら敢えて申しており  力を有すると考えており  何も与え得ないと信じており  中に含まれており  ことが書かれており  ものと看做されており  私は認めており  存しており  慣わしであると信じており  らもないと信じられており  念を抱いており  権威を有しており  確信いたしており  ことに、懸っており  いまたしかに私は目覚めており  うちに含んでおり  ものが欠けており  中間者をなしており  自然によって与えられており  しだいしだいにおり  法治主義的にできており  解説的に書かれており  解説から成り立っており  予定して書かれており  それを比較的狭く考えており  流れがえんえんと続いており  設計までいたしており  話が伝えられており  非常によくできており  ものを残しており  高価を呼んでおり  シロモノになっており  ことだと考えており  函館県から出版しており  記事が見えており  漁撈なりを営んでおり  危難を救っており  あだ名されており  普通に竜神として考えており  人は云っており  竜神であったと伝えられており  岩になって残っていると伝えられており  語が出ており  意に用いており  名前はうかがっており  三娘はひらりとおり  薬を持っており  晴れ間にはおりおり  黄ろくも色づいて、おりおり  窃まりかえッていたが、ただおり  かわいそうに、みじろぎをもせず、ただおりおり  夜寝ており  から黙っており  お礼にあがっており  それは違うており  退治しなくてはならんと云うており  毎晩泣いており  庭におり  諏訪様を拝んでおり  ほどはよく判っており  ほどは判っており  ようにしており  恩を受けており  縁がつきており  ガラス扉がおりおり  木戸が開いており  哲郎はすぐ起つており  なつており  お話をしており  哲郎はすぐ起っており  前になっており  私はおり  人なのにほんとにおり  思つており  軽蔑しきっており  身上だと思っており  のは当然だと思っており  私も起きており  部屋にねころんでおり  空腹には馴れており  レストランで間に合わせればよいと思っており  入院しており  私は知りぬいており  ガッシリしており  寝顔を眺めており  生き方をしており  上で見ており  浜辺へおり  拙者は存じており  五年以来探しており  お方に思っており  あなた様を懐かしく思っており  故国を知っており  部下がおり  何かなどを、探しなどいたしており  思いも及ばないでおり  動悸が打っており  真ん中に倒れており  邪魔立て致そうとしており  接近をして走っており  仆れており  目下丹生川平におり  力を持っており  反対に申しており  心に愛しており  番人が守っており  けが、見ひらかれて鋭く輝いており  眼は潰れており  雑っており  贋物を売っており  何だかもじもじと去りがたくしており  常としており  つて階下へおり  職員もそろっており  他人からしてほしいと思うとおり  神に甘えており  中では思いつめており  岸をおり  この世に生きており  破壊が始まっており  心をもちつづけており  才能を与えられており  毎日水をやっており  リボンを結んでおり  花が美しく咲き並んでおり  明けかけており  色に似ており  それから階下へおり  鳩のおり  客引きをしており  中に小さくなっており  くらをしており  目をまるくしており  不自由しており  それはもう、充分心得ており  発見したいと念じており  宝石のごとく育て、かつ祈り、かつ考えて生きており  雑誌でも出そうかと思っており  日々祈っており  特別に祈っており  若い娘などもおり  私がほねをおり  心地で暮らしており  毎日看護してくれており  午後に出ますので困っており  病気で寝ており  大戦艦淡路が傾いており  錠がおり  部屋へおり  一階へおり  急ぎ足でかけおり  中におり  骨をおり  低空におり  小浜兵曹長もすっかり面くらっており  速力はもういっぱいだしており  ところまでおり  落下傘でおり  どんどん下におり  自動車をおり  顔になっており  階下におり  怪塔王のいうとおり  飛行準備は出来ており  心配しており  それを待っており  上から遠慮なくおり  炎々ともえさかっており  塩田はかたくそう信じており  考をもっており  のこぎり山をかけおり  だんだん山をおり  故障になっており  小浜兵曹長がおり  なかをしきりに照らしてみており  今まで思っており  謎にみたされており  尾部からふき出しながら、舞いおり  墨色判断に似ており  発揚しており  大黒柱で踏み潰しており  ものを抜いて書いており  時もありましたならば、順序よくまとめて出したいと思っており  生活にかまけて忘れており  文字をつらねて、困っており  よろい戸がおり  上手に心得ており  三角になっており  歓迎されており  感じを含んでおり  接続されており  タッチ男と化しており  裏側に組み込まれており  ルールに従っており  ことを切に望んでおり  歴史と重なり合っており  序文を寄せており  発表しており  しょっちゅう眠っており  マイクロコンピューターが使われており  成功しており  若い嫁をもらっており  気持をもっており  記事で売っており  市にも分っており  遊び飽きており  種を存じており  天狗講釈にあてられており  店さきへおり  水がめぐっており  奴が潜んでおり  銀五郎は信じており  怨み申しており  谷間へ跳びおり  御用に取り混んでおり  通り空いており  裏から見張っており  何も気がつかずに静まり返っており  挙動をみつめており  関の山で聞いており  風姿をしており  師匠をしており  どこか違っており  厠に入っており  間で、ズタズタに斬られており  用意しており  松が生い茂っており  声が洩れており  隈どっており  蔭ながらわっしもいろいろ伺っており  気が急いており  勉強しており  高名を承っており  誰もおり  ようなと思いだされており  キットどこかで会いはしまいかと思っており  ッぽどどうかしており  無事でおり  目付が控えており  目が、うるさく見張っており  星霜を経ており  探りにかかっており  神妙に致しており  声をかけようとしており  残念ながら突き止めており  ため駈け廻っており  承知しており  天草の乱が起っており  陰険政治、よく現れており  頭に置いて作られており  男はおりおり  雅子はおりおり  許可もおり  コースから許可がおり  必要におかれており  ところに見られており  土間におり  方を知っており  大小を差しており  待ち疲れて大いに苛立っており  剣に凝っており  他人に向っておりおり  ことをいたしており  いっしょに帰って来ており  撫つけており  奴だとおもっており  はいらしっており  留守を預っており  瓦斯ランプがついており  専門書がぎっしりとつまっており  岸まで来ており  ピチャピチャたたいており  束をそろえており  お待ちいたしており  餠をたべており  返事もなく黙って考えており  どくそうに立って見ており  しんとしており  天日にほしており  八疋かたまってぶるぶるふるえており  ばたばたしており  ように燃えており  お母さんは泣いてばかりおり  裏ばしごをおり  一週間がすぎており  必要にせまられており  ことを信じており  すゝめられて来ており  意志によって来ており  部屋がふさがっており  幻想しており  狂躁にみちており  お世話になっており  徳がまだたえており  村役人につかまって、ひどく打たれており  下へもおり  ここに背負っており  差を知っており  餌をやって育てており  車道へおり  玉が抜けており  まんまではめており  そのままにはめており  自ら慰めており  地方におり  事と心得ており  ものばかり読ませており  美徳と心得ており  覚悟致しており  遠慮ばかり致しており  目などはなかなかもつており  もの思ひ出にして、あきらめており  里におり  そればかり思ふており  手紙など認めており  傍へ参つており  ツており  二晩三晩も眠らないで、待つており  残つており  閲覧しており  経験を積んでおり  傍におり  精神をもっており  心をもっており  ほんとうに、よく光っており  段段をおり  昼寝をしており  縁側から飛びおり  庭に飛びおり  庭に逃げおり  舟をおり  一こと欠けており  一つ手ぬかりをしており  あなたは隠しており  雑作に行われており  心に留っており  顔を存じており  はい、煩っており  様子も知っており  お針もしており  顔も存じており  旅籠屋をいたしており  方へ参っており  ものでおり  水呑百姓をいたしており  心頼りと思うており  門へ立って見ており  澄しており  あなたあいており  時見ており  四ツ谷切って手広く行っており  話に聞いており  汲出しており  俯向いており  以前から評判が立っており  ことがございますので、そう思っており  のを待っており  女も弱り切っており  浴衣を着ており  夕顔の咲いており  縫物をしており  むかしむかしを存じており  承知をいたしており  私はちっとも存じないでおり  からあちらへ上って働いており  方を見ており  あすこに坐っており  草を刈っており  女中達がいっており  返事もしないでおり  私がよく存じており  何しろ煩っており  ことと思っており  安心しており  シャーリーの言うとおり  彼女が言うとおり  坂をあがったりおり  しょっちゅうこっちへ来ており  露子は、おりおり  道を、おりおり  童子は爪立っており  様々承わっており  机を据えており  教授がおり  娘は、疲れて、おりおり  むねをおり  罹災者が続々と相次いで流込んでおり  糸がついており  講義をしており  手前が、心得ており  洛中におり  二つの赤旗がおりおり  猛者が来ており  合理性とを求めており  流行しており  いたずらしてみたのよ、なんて云ってよろこんでおり  ものもおり  砂丘をおり  丘をおり  軍しづかに馬をおり  気がしており  お祈りしており  河原におり  お待ちしており  今さしかかっており  おまえのいうとおり  確保されており  関係をもっており  切迫しており  経験をもっており  影響ももっており  作品を作ろうとしており  悪化を物語っており  きっかけとなっており  態度にかかっており  傾向が生じており  性質を持っており  茶の間へおり  土台としており  作に移って来ており  かたに伝え嗣がれており  核をなしており  努力がつづけられており  藩士からも出されており  包括しており  馬から飛びおり  小耳に挟んでおり  催促に来ており  うちにおり  綱が来ており  寒風が吹いており  江戸表へまいっており  お十夜がいうとおり  事情を伺っており  覚悟をしており  茶屋に休んでおり  通り混んでおり  大阪表におり  一緒におり  これにおり  ハイ、存じており  ように考えており  者が待っており  四年も住んでおり  ここにおり  法月殿も、とくと心得ており  秘密を守っており  心が分っており  気になって、飲んだり打ったりしており  私は、待っており  観音堂から跳びおり  お待ちうけ申しており  承知いたしており  何も知らずにおり  夜も更けており  んだ、とかねて聞いており  寂然としており  照しており  家へおりおり  息子がおりおり  ものだから、おりおり  お母さん、おり  お待ち申しており  病気をしており  折目をさすりており  尼住みおり  夕までおり  様子を見おり  罪は生きており  てっぺんから小屋をめがけてかけおり  いちど、お目にかかりたいと思っており  いちどお目にかかりたいと思っており  いま鳴いており  そのまま居着いており  ように聞いており  鶴鍋などとおっしゃいましたが、伺っており  昵懇を得ており  ように伺っており  中で謹んでおり  懇情をいただきまして、ありがたくぞんじており  方を愛しており  辛抱をしており  どこにおり  おねがいしようかと思っており  鍵がかかっており  たしかに死体が横たわっており  ジョンが知っており  謡曲に似ており  これに預かっており  考で、おりおり  一枚幕が残っており  発達しており  重役を致しており  明らかにあらわれており  私はたいへん喜んでおり  いっさい世話をしており  そうに遊びまわっており  編み物をしており  訪問しており  からよく分かっており  俊夫君はしばらく黙って考えており  何事をか考えており  検査しており  色が浮かんでおり  眼をぱっちりとあいておとなしくしており  小児がうずくまっており  口髭を生やしており  男と何やら語っており  床の間がついており  電灯がさびしくともっており  松次郎は慌てて跳びおり  評判娘がおり  奉公でもしたいと思っており  間内から察しており  着物を着換えており  支度が出来ており  そこにおり  邸におり  私室になっており  部屋になっており  ものをよく知っており  覚悟でおり  獄しており  老いさらぼうており  嫌いは分っており  仇役にばかり廻っており  俵一八郎が死んでおり  波を打っており  名まえは伺っており  姿もまた折りおり  影がおおい拡がっており  銅色をしており  叫び、また折りおり  船頭が付いており  火が燃えており  私のつかまっており  助に肖ており  日山をおり  そこまでおり  疲労れており  中途までおり  密会を続けており  淫婦に欺かれており  から、知っており  脅迫しており  命名しており  隣接しており  時代的変遷がよく現われており  決戦的色彩を帯びており  弛緩しており  勇敢に戦っており  軍隊にも残っており  次の如く言っており  なかったと言われており  位置を占めており  参謀本部を牛耳っており  前に死んでおり  邁進しており  爆撃したとか言っており  廃墟になっており  連合に進んでおり  世論だと言われており  継続しており  認識しており  問題にならないと見ており  全力を尽しており  二十数年経過しており  問題をなしており  科学文明で遅れており  支配しており  予言をしており  統一されると言っており  安定しており  ものと思っており  常時相対しており  十分承知しており  今晩お酒宴をしており  真実に死んでおり  噂で、折りおり  世間では言っており  心には折りおり  整理致しており  何か致しており  指導を願っており  気を附けており  チャント存じており  知らん顔をしており  チャント控えており  仕事だと聞いており  発達史みたいになっており  私が見貫いており  チャンと存じており  中江先生からズット以前に伺っており  私はよく存じており  頂戴に行こうかと思っており  中に埋まっており  カーテンのおり  一面にかがやいており  ことをよく存じており  田舎町にすんでおり  不幸かなおり  私はきいており  ところへ来ており  後悔いたしており  何か申しており  私自身がそれだけ呑んでおり  眼は熱っぽく据えられており  交際させて見ており  客席におり  賤が著るつづりおり  紙片がひろがっており  墓をかこんで立っており  大切にしまって持っており  葉茶屋をいとなんでおり  ところでおり  失敗ばかりやりおり  夕靄がおり  石段を駈けおり  ほうばかり眺めて焦れわたっており  探索を続けており  江戸へ帰っており  八重をさえ見張っており  以内と察しており  察し申しあげており  お父さんをよく存じており  ことは知っており  ほかにはなんにも考えており  わたくしもよくは伺っており  コーヒー沸かしをもってすでに戻ってきており  住居をいたしており  竭しており  あなたを恨んでおり  ほうが、しょうしょうお高くなっており  髪の毛を梳き込むとかと聞いており  者もおり  一本一文に商っており  逆立ちをしており  鎌を持っており  茶色をしており  ちゃんと届いており  桜色をしており  筋はねえ、もう、あきらめており  ものを着けており  日暮里だと申しており  比翼紋がついており  首を垂れており  山籠りを致しており  焼残っており  現実に行われており  女は一々覚えており  少年係がおり  事件だと思っており  ようがなくて、困っており  認定死亡、となっており  三人預っており  ときに死んでおり  注意を受けており  定めになっており  者はおり  病気になりかけており  丸山さんからいただいており  一人にしてまいりまして、こうしており  噂をしており  顔をつつんでおり  お話をうかがっており  十字半を打ったと申しており  代地におり  通り名になっており  四五日前から行きがた知れずになっており  安房におり  上総におり  当人がおり  気持できいており  一点にかかっており  わたくしには、うすうすわかっており  ヒラリと飛びおり  汀まで舞いおり  だんだん下へおり  骸骨を踊らせており  立合にも申しており  外音声を痛めており  物見せてやりたいとは思っており  緊張味が籠っており  中に取り入れられており  庭であそんでおり  だれもおり  いちめん、あかるく降っており  十一人だけおり  一生けん命眼を張って、きちんとすわっており  ちゃんと呑みこんでおり  家中一同恐悦に存じており  専念いたしており  ように洗い立てており  お腹立ちは存じており  土手をおり  土手下まで駈けおり  者はいっており  物になりません、というだろうと思っており  雛形を見ており  人足を廻しましょう、といっており  ことだと思っており  丸味が出来ており  胸などのふくらみをこしらえており  家が並んでおり  くわいわいいっており  以上出ており  びっくりしており  手っ取早く出来ており  坂道を走りおり  ダダダと走りおり  野辺山でおり  珍坂をおり  鳶などはおり  勤番が控えており  酒宴をしており  新組におり  それならば、よく覚えており  おり二十四孝をさらっておりましてね、それで、はっきり覚えており  お世話をしていただいており  あたふたしており  入れになっており  一人で休んでおり  幸福を祈っており  教室に休んでおり  わたしは信じており  ほとりでおりおり  ものをもっており  疑いになっており  そのままになっており  点に気がついており  ほうへおり  踏石へおり  それは心得ており  差しひかえており  あちらに控えており  耳にいたしており  仕度いたしており  三百三十三狸になっており  気楽に暮らしており  いるかちゃんと知っており  わたしを呼んでおり  言葉が残っており  進行させており  阿古長さん、おり  奴がおり  不浄へおり  六がおり  飾場までおり  あっしらのおり  馬鹿にしやがると思いながらおり  のがおり  女がおり  二人がおり  静かにおり  人身御供にあげており  ひと心地もなく眠っており  姉が生きており  裏口などからもよっぽど離れており  附添っており  ことで案じており  相談をしており  天井を眺めており  間をあけずに舞いおり  覚悟しており  噂にきいており  一人だけはよく存じており  自動車が、もう、参っており  燗もついており  割り箸はそっくり残っており  騒ぎをしており  幕がおり  わけは存じており  看病をしており  そこから楽屋入りをしており  寮におり  今まで控えており  わたくしもかんがえており  思い違いなんかしており  確かに死んでおり  猫眼といっており  話も聞いており  もんだと思っており  無沙汰をしており  観念しており  春から寝泊りしており  本ばかり読んでおり  死ぬほどにお慕いしており  連関に立っており  寺院が並んで立っており  順に並んでおり  それぞれ山門が立っており  街に面しており  土塀が築かれており  体格をしており  二人とも、じっと見つめており  ごみがつかまれており  粉が入っており  著書に詳しく書かれており  一つとなっており  絞殺されており  色が現れており  目的地に向かって走っており  体裁を備えており  かんかんと照っており  様子をしており  声はうるんでおり  別れ別れになっており  から喜んでおり  研究しており  横顔とに撮れており  写真を、代わる代わる見つめており  表情を浮かべて、聞いており  ものは、たいてい決まっており  写真をしばらく、じっと見つめており  絞殺されて横たわっており  遠くへは行っており  金を持つており  ぐる秋は、刻々と迫ってきており  ものと心得ており  せいかと思っており  腐敗しきっており  拝顔を得たいと申されており  復命さしひかえており  みな緊張しきっており  隠密などがおり  それすら存じており  千鳥に結んでおり  そいつを尋ねており  噂ばかりしており  お礼を申し上げたいと思っており  帰りが遅れており  私も、そう思っており  お礼に出たいと存じており  禁制を知っており  荷都合ものびており  住居になっており  嫌なのは分っており  知らないでおり  心を配っており  身を潜めており  やつを、探し歩いており  宅におり  血がついており  奉公いたしており  持ち物でも落ちており  みんな変りなくやっておりますが、ただ、変り果てており  只今困っており  姿をうろつかせており  二階に待っており  源内様がいっており  智慧をつけおり  抜け目なく睨んでおり  襟が折れており  裏に待っており  心配いたしており  合図をしたが、なかなかおり  銅鈴がついており  ほうをを防いでおり  人が混みあっており  ツイどうもうッかりしており  原士が立ち廻っており  丞ではないかと申しおり  宅助が呑みこんでおり  仲間がおり  天堂一角が見張っており  渡りを祈っており  えびす島ですんでおり  息が絶えており  気を腐らしており  話題がすすんでおり  二人で待っており  椅子から飛びおり  自転車をおり  坂路を駈けおり  麓へおり  中へはいっており  紅葉しており  それはよく存じており  幾度も思いとまらせようといたしましたが、よほど思いつめており  課題となっており  政治を行わんとしており  めんとしており  復活せんとしており  生産制限をたくらんでおり  容認しており  憤激は高まっており  言明しており  期間五年六カ月に及んでおり  吉田内閣を去っており  恫喝しており  裏書きしており  友情を感じており  ようにしたいと考えており  確信しており  私どもは考えており  回復しており  役割を果そうとしており  努力をかまえてきており  たかいぬいてまいりたいと考えており  飛躍しており  集中しており  内包しており  解決されており  社会不安があると申しており  完成しようとしており  引き下げに悩んでおり  不安は高まっており  小農切り捨てをいっており  オニが笑うといっており  自慢をしており  三千億になるといわれており  ものであるといっており  準備しており  問題を含んでおり  憲法前文にもありますとおり  水面を使っており  任務なりと訴えてまいりたいと考えており  戦争をやっており  五百億ドルといわれており  仕組みになっており  横行しており  タネになっており  改正とかいっており  花を掻き分けており  急斜面で曲りくねつており  さつき瀑へおり  磯へ飛びおり  路となっており  霜がおり  池へおり  小鳥はないており  どんどん山をおり  けが違っており  殊に厳重にしており  個別的因果が具わっており  屋上から平地へおり  東側へ這いおり  ニコニコ笑っており  小屋でふるえており  のをまっており  わしがおり  たしかに死んではおり  方はおり  人も、黙りあっており  息を殺しており  ほとぼりをさましており  天道様は照っており  網を張っており  成人しており  傷手ながら飛びおり  形式を持っており  世話になっており  判官になっており  みんな塞がっており  希望しており  楽しみに待っており  切望しており  内容を有っており  事実ファシズムと結び付いており  土地に住んでおり  政治的本質を持っており  ローマよりも富んでおり  完成しており  新聞は書いており  可能をもっており  骨身に徹しており  百五十円也入っており  もと思っており  お待ちになっており  お話中に見えなくして、たいそうさがしており  夢中で駆けており  目をねむって飛びおり  ここに持っており  像とあがめており  心に届いており  うから諦めており  ん事はお聞き及びしており  皆が申しており  日頃からわたくしの思っており  ものだと聞いており  ゃられるのをこうして聞いており  気がいたしており  端にでもおりおり  法師共がおおぜい参っており  蔭などでしきりに啼き立てており  間近かになっており  厳守しており  毎日たれ込めており  声が聞こえましたので、しばらく聞き澄ましており  主人がおり  印度におり  著述にでもかかっており  大分心配しており  いつまでもここにおり  お祈りをしており  老人をおり  席に控えており  眼を泣き脹らしており  シクシク泣いており  父母が申しており  訳文がはいっており  かすかに覚えており  愛情を捧げており  心臓が躍っており  方にもおり  ため今まで申し上げないでおり  鰐のおり  あなたと一緒におり  往来人はおり  こともできなくて、おめおめとまたおり  汽車の進むにつれて、おりおり  往来をしており  中へおり  他におり  そちも言うとおり  方をながめていましたが、いきなりぶらさがってはねており  中へとおり  手近に揃っており  貢献にはなっており  年十一人の子を教えており  一きれのそらがのぞいており  地位におり  一方におり  しか覚えており  のはよく知っており  事がおり  斃ち果てており  無表情さになっており  途中におり  ままのものとは幾らか精しくなっており  一人も住んでおり  復命致しており  北上川流域地方に当るものの如く考えられており  上に見えており  坪村だと解しており  異民族は遺っており  伝説として語っており  話をするよりも余程わかりやすくなっており  だんだん多くなっており  風に、呼びわけており  語を以てしており  上でいかに言われており  解釈しており  姓を名乗っており  立派に認めており  領主であったと云っており  管領となったと云っており  趣きに見えており  後裔を以て任じており  美点とを持っており  保有しており  特徴としており  頬鬚が生えており  性格を持っており  ことが著しくあらわれており  役をつとめており  ことを云っており  エビスと云っており  浮き桟橋へおり  円タクをおり  わたしはよくしっており  ことにしており  ごほうびは、いただいており  からをもっており  もの流儀にまったくかなっており  すべてがはっきりきまっており  ごほうびなら、もういただいており  まわりにかくれており  お宮から、とおくはなれてすまっており  先へ行っており  眼が、おりおり  田舎にいたおり  斑点が出来ており  ことや、堅くやっており  通りをおりおり  人が来ており  線香が絶えており  辛抱しており  御簾がおり  二人だけのおり  工面に行き詰ったおりおり  命令で決まっており  建物が残っており  広場に落ちており  十二人で暮しており  黄金の環を拾ったと伝えており  畑に出ており  村に着いており  まちいたしており  ことだというており  ものと諦めており  から七日目に、年来知っており  眼もなかれており  変化っており  山稼ぎはいたしており  のだと申しており  山賊がおり  理由を持っており  二つ三つしており  方々でよく存じあげており  ことがおり  山村僻邑におり  一におり  確かに当たっており  一人もおり  よう存じており  船着きにおり  処におり  華かさはなお残っており  乞食三味線をひいており  ことを忘れており  近所におり  うから変っており  口も結わえられており  これはどうも、つい置き忘れており  糸車を廻しており  此処におり  小学校に通っており  正面になっており  新たに作ろうかとも思っており  お話を承っており  用心しており  借家居住者が入り交っており  縦横に引かれており  披瀝しており  吉川もそう申しており  一緒に暮しており  鼻にかけており  今かと待ちかまえており  さそうに寝ており  歩行いており  背中を向けており  中へ消えており  士官として通っており  手綱を曳いてやっており  表面をすくい取れば澄んでおり  露がおり  夜露はおり  夜露のおり  子供がはいっており  中にはいっており  池にはいっており  二人ともおり  さを抱いており  今はもう生きており  縁続きになっており  狙い申しており  約束の日を待っており  ふたりも、生きており  由来、かねがね承わって存じており  ここにこうしており  女狂いをしており  まんま、ふらふら歩いて来ており  色を変えて探しており  性というとおり  それは存じており  からずっとお探し申しており  首ところを異にしており  家が続いており  緩急を心得ており  毒薬に通じており  探偵小説をよんでおり  間を知っており  名物になっており  お通夜も始めないでおり  御膳もできており  何人もおり  舟におり  石高路をおり  傍を廻っており  ろうとしており  私がおり  張をしており  舟で逃がそうと思うており  目論見をしており  生活をしており  自分だとおもっており  時計はもう出来ており  一つ割れており  届けしようと存じており  生計をたてており  全部チャンコ鍋と云っており  ハンバイしており  今なお伝わっており  構えがみなぎっており  山がズラリと並んでおり  約束になっており  広範囲にわたっており  打撃はよくふるっており  実行力にかかっており  福沢諭吉がいうとおり  旅をしており  山がおり  気持ちは好く解っており  徒然でおり  広告をいたしており  大切に扱っており  八巻物を書いており  心がすこしも戯けており  確報も参っており  近衛大尉になっており  見えになっており  同道しており  不憫に思うており  稽古をいたしており  駄目かと諦めており  吉川とが生き残っており  ことは分かっており  物語などをおりおり  事だろうかと、おりおり  ずっと前から帰っており  最後がおりおり  根がすっかり無くなっており  気の毒に思っており  アンゴ氏もおり  極っており  夜露がしっとりとおり  自転車から飛びおり  つりものこっており  車を持っており  彩雲のおり  ことに困っており  棧がおり  素質を持つており  全てを語っており  憲法できめており  権利であると記しており  さらされており  これをかいており  意見をきいており  努力しており  ひとを知っており  男たちがおり  一部には当っており  何時までもお護りしており  一群れ秋空に色づきかかっていて、おりおり  生活事情に導き入れており  必要としており  重点をおかれており  一人さまよう階をおり  のでふせっており  屏風一双を描いており  仕上りに近づいており  行水を致しており  虹が立っており  腰をおろしており  露を含んでおり  沙汰をしており  画債に追われたりして、とうとうまだ描けずにおり  鮮やかであり、色濃いにきまっており  ょいっと芝生へ飛びおり  日さまを見ており  上をとびめぐっており  帽子におり  丘いっぱいに下っており  波、かんばしく清いかおり  勉強させていただいたので、ありがたいと思っており  旅行いたしており  準備ができており  事実も知っており  肩揚げのおり  アーチが、かるがるともたれかかっており  のしかかって、曲がりくねったり折れたりしており  さもひときわ立ちまさっており  木をながめており  空を慕っており  そればかりを思っており  とおりつやつやと、みずみずしており  つの暮らしなんぞには慣れており  腹をたてており  耳を澄ましており  そのしゅろは考えており  秋も深くなっており  氷雨が、しとしとと降っており  雨雲をひくくはわせており  針葉をつけており  葉が、みだれ伏しており  土地関係におかれており  妹がおり  ころ折りおり  治六さんもしきりに頼んでおり  八橋もよく知っており  わたしがよく知っており  お礼をしたいと思っており  のかなど申しており  方におり  ときいており  人間的立場にたっており  普及しており  信頼とをもっており  やつとおり  秀雄、さあ、もうおり  つて、おり  おりもおり  ものがつまっており  簾をつくって、売っており  驢をおり  地上へ跳びおり  驢を跳びおり  から、望むに望めないでおり  仕事場になっており  願望に抱いており  土民になりかけており  心なしに見ており  ことを考えており  ものと信じており  蔭ながらよろこんでおり  騎をおり  督軍しており  駒をおり  子だと信じており  んごを売っており  下にはいっており  私共も心細く存じており  今まで待っており  形式になっており  使用期になっており  これなどもときどき写しとっており  人が隠れており  穴を掘っており  土間に飛びおり  私も存じており  髪を分けており  おいでになり、お目にかかりたいと申しており  老婆はまだぴんぴんしており  母はまだ生きており  木炭納屋で寝ており  から庭へおり  衣を破いて巻いており  政治思想とからみ合っており  骨格をなしており  群をぬいており  中へとびこむにきまっており  家におり  兜を脱いでおり  妾が間違っており  悲況に陥っており  話かけたりしており  記憶に残っており  世話になって来ており  苦労をしており  旧悪を知っており  ちゃんとわかっており  男と心安くなさり過ぎると思っており  隠棲しており  有名になっており  ように懐いており  セセラ笑っており  二十年前から間違って来ており  凝固させており  キワメを附けられており  一人として存じており  構成されており  通り、よくわかっており  轟九蔵からあれほどまで可愛がられており  只今、こう申しており  習慣に埋もれており  恋焦れており  私の持っており  一生涯を貫いており  高名はうけたまわっており  社長問題などには毛頭ふれており  矛盾について考えており  解決をもとめており  民主化はけっしてすらすら行われており  錯雑しており  困難しており  困難とが加わっており  始っており  ソヴェトのもっており  自分をわきまえており  共通しており  制限されており  被選挙権すら持っており  ことすら禁じられており  団体運動に慣れており  時機ではなかろうと思っており  認容されており  纔に免れており  顕著に見えており  所といわれており  対峙しており  目的としており  期待しており  希望を持っており  継母はおりおり  手前どもでは扱っており  断裁されており  新治郎を名乗っており  以前から高まっており  取材しており  話を聞いており  一体となっており  設立されており  飲み物を買いにおり  日本語化を進めており  ペースで続けており  対応しており  禁止されており  うっかりしており  守備しており  右翼におり  諸侯もかくおり  狂奔しており  山上から曠野まで馳せおり  余も過しており  天文を学んでおり  貂蝉もさだめし待っており  府へ詰めており  夜から、夢にも見るほど、楽しんでおり  冥世へ行って待っており  罪を悔いており  退屈しており  これを用いており  耳にしており  錠など物々しくやっており  みんな用いており  食生活をしており  お伴致しており  東大から催眠薬を貰っており  ガラス面に沿うて流れおり  気もして、おり  男を知っており  栄誉と信じており  坊間流布されており  当時乗り込んでおり  傭船となっており  船橋に止まっており  ように冷たくなって横たわっており  支部に属しており  ものでないと考えており  観念がおり  泰然と構えており  うからそれを知っており  ちがいないと信じており  いつかかならず戻って来ると信じており  私には見えずにいないと信じており  時機には達しており  解釈をいまだ棄てずにおり  生存を続けており  眼にかけてはおり  顎髯をつけており  ように悶え悩んでおり  横になっており  夜はだんだんと更けていって、おりおり  身につけており  生命に溢れており  いふ現象を呈しており  耳に残っており  角を這いおり  叔母はおり  海へおり  石段を駆けおり  三百円と、きまっており  気もしており  バイヤーたちが言っており  居どころをぞんじており  もんだから、お伺いできずにおり  元気でおり  照準なぞは無論、出来ないと申しており  睫毛なぞも焼け縮れており  考えでおり  モウ余程離れており  百米突ばかり離れており  中に入っており  教授をつとめており  出入りさせており  印象しており  張台からおり  者のいうとおり  事をしたと喜んでおり  小遣を与えており  お爺さんが立っており  雁がおり  かおりが、おりおり  そこから谷底へおり  兜に光っており  むすこは始終いろいろ話しており  塔をおり  お願い申してくれと、こんなに申しつかっており  二つの洞窟はおたがいに通じており  うずを巻いており  乱雑に取り乱されており  身体をしており  駅でおり  いつまでも本当にしており  男がニヤニヤ笑って立っており  虻が死んで落ちており  連隊に出ており  北満を圧しており  私も耐えて終るまで待っており  所有されており  西洋人が占めており  道を尊んでおり  常時相対峙しており  分散しており  一新しており  主張しており  研究されており  みな満足しており  鞍から飛びおり  剣を横たえており  議郎を勤めており  出仕いたしており  土を想い慕っており  準備はととのっており  弱点をついており  留守しており  御霊廟は残っており  者はございませぬので、いやもうひどく荒れており  失礼しており  期間が定まっており  みな覆面しており  から伺っており  兵も多くて弱っており  鞍をおり  根を張っており  切迫して来ており  百六十九日目になっており  祈願いたしており  連載しており  むしろ希望をいだいており  日をたのしみに致しており  心にきざんでおり  三日も食べずにおり  渡世にしており  往って待ち受けており  一面にあらわれており  干潟へおり  我が物顔に遊んでおり  薄すらと見えており  額にかかっており  人波に揉まれており  ことはないと思っており  階段を走りおり  庭へおり  うつつに覚えており  支渓おりおり  沢蟹がおり  嘉助氏石を取りのけしに、果しており  石地蔵が祀られており  毛利君となっており  音楽だと思っており  かなりはいっており  今はそんなに違っており  保存されており  舞台一杯におり  理想でやっており  非常に減っており  健全になっており  深みにおり  前進しており  心配をしており  祝宴をひらいており  陣門にひかえており  手筈になっており  ように悲しんでおり  伏完もおり  わたくしは見ており  老いを養っており  二者侍立しており  感泣しており  お供なされており  胆に銘じており  人も覚えており  朝廷に仕えており  官吏が多く出ており  人物がおり  合体運動を起しており  高士がおり  はからいを待ちおり  攻撃もしており  丞相にも服しており  結果を聞いており  かくの如くなると、分りきっており  それがしもおり  お待ちもうしており  僕もおり  ものをかなり見ており  神通力を心得ており  其所にはたらたらとおり  自由に立とうとしており  アメリカにおり  処へおり  庭へ飛びおり  相談しており  往って見ますと、もう来ており  から、倒れており  雲がおり  私は信じており  特色を含んでおり  ものとして取り扱われており  名称として用いられており  老人がおり  数になっており  事になっており  態度が違っており  方向に働いており  権を有しており  領分に、いつの間にか這入っており  主観的意味を失っており  personalelementが亡くなっており  立場を離れており  叙述とつながっており  simileと評しており  実在に触れていると考えており  間をうろついており  話を取って調べて見ますとよほど似ており  叙述をやっており  虫はおり  逗留しており  服装も透き通っており  手紙が来ており  ものであるかは分っており  のは少し誤っており  意味を含んでおり  法則を破っており  説明をしており  迷惑は聞えており  差違が籠っており  否定しており  大分入り乱れており  面積を持っており  内容は始終変っており  附着しており  双方発達しており  欠乏しており  相場がきまっており  まり進歩しており  日とぶらついており  ものとまで思われており  頭が整っており  大分複雑になっており  姿でおり  近頃大分流行致しており  方へ細長くついており  材料はずいぶん出て来はすまいかと思っており  経験しており  仕舞いおきになっており  駄目になっており  結構に出来ており  靄を含んでいて、白っぽく見えてはおり  鳶が舞っており  氈を敷いており  屋敷が立っており  考えごとをしており  初夜近くなっており  袈裟がけに来ており  枝道が多く、こみいっており  受け口めいており  厳重に囲まれており  わたしにはわかっており  先頭に立っており  眼は血走っており  ヒタとつけて、物言いたげにしており  大船、ただ今燃えており  巧みに仕組まれてもおり  価値を知っており  花がまだ少し残っており  外におり  のをみており  下げ許可がおり  人殺し商売は慣れており  ちゃアんと分っており  文字ばかりに食いついており  生活をいたしており  書棚が並んでおり  ギッシリ詰まっており  上に燃えており  氈が明るんでおり  ひだにかげをつけており  格闘したりしており  神をもっており  手に握られており  暮しをしており  特質をよく知り抜いており  塗になっており  誇張されて書かれており  事情が潜んでおり  海へでるおり  文三郎、そろっとむこうへにげおり  がむしゃら、おり  日なたぼっこしながら話しをしており  お正月からふり続いており  何にも覚えており  今でも持っており  窓がついており  漱石は心得ており  方からおり  贔屓にあずかっており  ことを嬉しく思っており  覚悟をいたしており  得意さまといつも申しており  非常に親しくして頂いており  店におり  管理人になっており  彼を見つめており  眼をしており  靴を造っており  穏かにしており  ベーリーは知っており  身をくるんでおり  私の乗っており  天候は荒れており  体もひどく弱っており  衰弱しており  遣り取りされており  私にそう申しており  従事しており  私とごく親しくなっており  私どもは疲れ切っており  彼を見ており  果実が熟して下っており  彼の知っており、考えており  私にわかっており  ここに腰掛けており  耳をすまして聴いており  独りきりでおり  男を見ており  鎖にぶら下っており  向にぶら下っており  のを見ており  亭主の寝ており  家名を名乗っており  散乱しており  御山が少し荒れており  御山が荒れており  馬の背をおり  歩卒もおり  底から天日を仰ぐにも似ており  里へおり  渓谷へ駈けおり  馬をおり  諸所をさまようておるやに伝えられており  計にかけてあるので、深く信じこんでおり  病牀をおり  みな楼をおり  挫折しており  慟哭しており  眼は病んでおり  密会あると聞き及びおり  様子をさぐらせており  国中豊楽を唱えており  風説が入っており  牧を兼ねており  彼方此方仕事口を探しており  ドライヴしており  ずり廻っており  階下へおり  叱られてばかりおり  二三度階下へおり  噂をおりおり  女がおりおり  三和土へおり  私はおりおり  数がちがっており  上におり  身動きが出来ぬほどになっており  者がおり  前におり  教育が行われており  父母のおり  さし上げられており  石段をおり  通りにおり  ごとを申し出ており  財産を持っており  少年のおり  辰之助の言うとおり  裏梯子をおり  いつか下へおり  お出でを願おうかと思っており  絹が来ており  礼をのべており  たくまにおり  ものを取りにおり  ーっとおり  からを破ろうとしており  かざりがついており  一そう用心をしており  土のうえにおり  面会人が待っており  思いちがいをしており  胴がついており  ように細く、曲っており  空中から舞いおり  ものがついており  かぎがおり  窓がまぶしく光っており  頭がのっており  今も言うとおり  火星におり  火星へおり  わしの言うとおり  砂原におり  ここをおり  礼儀もこころえており  輩出しており  三世を歴しており  地盤まったく定まっており  留守をしており  警備しており  黄祖に従っており  さし控えており  上下、心から服しており  私はもう忘れており  境遇とよく似ており  劉表にはうとんじられており  暴説を吐いており  以前から音信を交わしており  昵懇と聞いており  河北においてこそ、あまねく知られており  油断しており  岩頭から跳びおり  曹操に用いられており  人みな不審がっており  生涯さげすまれるにきまっており  非常に困っており  兄だとみられており  肚はもう決まっており  江夏に籠っており  古人もいっており  自分は観ており  八万は加えており  情を抑えており  程咨もそう云いおり  自由にはとっくにさせて頂いており  信号を送っており  本能的に知っており  本能的に待ちかまえており  ことには狎れており  対立しており  結構だと思っており  当時ハさつまのやしきおり  七日も経っており  所在を知らせており  ものとなっており  兄から固く止められており  手がすいており  それで急いでおり  勝手を心得ており  ッく解っており  左官職をいとなんでおり  しろに控えており  アねえかと思っており  噂申し上げており  儀は心得ており  ように思っており  部屋におり  通り悦んでおり  祈願を凝らしており  御用をうけたまわっており  人数が渡り合っており  方々探しており  重々存じおり  首が笑っており  私情に動かされており  物を書いており  喧嘩ばかりしており  ウズウズしており  幻だけでみたされており  影となって落ちており  しょんぼりしており  空高く星が光っており  ことは存じており  室からすっかり聞いており  労働者を、興味深く眺めており  宣伝を続けており  得意になっており  子供をひかえており  十六のおり  奴が来ており  ことを、あるおり  秘書官のおり  陰陽師がおり  軽井沢でおり  また下へおり  礦山をおり  常識となっており  シーリースを有っており  清算されており  地盤をも亦異にしており  部分を占めており  男がおり  それをおり  テーブルがならんでおり  金を持っており  昼とが違っており  監禁せられており  毎日秋月さんをいじめて困っており  教壇をおり  鉄棒をはねおり  野原をおり  いっしょにおり  木からはねおり  土間をおり  土はぬれており  社会的本質までを描こうと欲しられており  姿で睡っており  屋根から雀もおり  自然にかなっており  人煙がたち昇っており  答礼に参るといっており  言葉には似ており  伊籍は親しいと聞いており  地盤を占めており  彼をなだめており  わけではないと云っており  首を取ってみせんといっており  正直、まだ望んでもおり  曹操にも知れており  名簿だけにはのっており  出血しており  昨日から非常にしゃべりだしており  崩壊しており  具体的にのべており  戦死しており  講師にまわされており  ビックリしており  上にともっており  人もおり  ちょっとほかへ行っており  悲観しており  餅ができており  交錯しており  大地のおりおり  モザイックから成っており  牛もおり  色どっており  明白に立っており  奥に住んでおり  珍重されており  女嫌いで通っており  絵さえ、はやっており  やうにかけおり  孔明がおり  堂をおり  陣中に従っており  坐視しており  疲労を見せており  近くにおり  たくさん聞いており  上から小間使いがまっしぐらに駆けおり  事をおり  大地におり  場所もおり  心配かけて来ており  米国におり  葉子はおりおり  不慣れでおり  ここにも落ちており  それはおり  当惑していると、おり  察いたしており  絶しており  屯しており  孟達などがおり  手順は行き届いており  みな困っており  車をおり  程にいわれており  全治させており  私には分っており  ように申しており  勢力に追われており  網をかけており  世人にいわれており  呉では超然とあきらめており  畏怖しており  莫迦にしてもおり  砂礫とともに駈けおり  朝夕拝しており  おば様と呼んでおり  石で、やたらに動かすと祟りがあるといっておそれており  ところといっており  病を祈っており  昔話が、語り伝えられており  水が湧きあがるといっており  おば石と呼んでおり  行智法印などはいっており  衣婆といっており  旅行しており  婆石といっており  後妻湯と呼んでおり  話と似ており  湯が湧き上るといっており  から法斎念仏川とも呼んでおり  念仏池といっており  水を汲んで塗ると、すぐに治るとまでいっており  清水と呼んでおり  算えており  名をつけており  咄泉といっており  感謝せられており  御大師様水と呼んでおり  不自由を語っており  池になったといっており  手取川まで汲みに行っており  泉であるといっており  洗い水を打ち掛けたからだといっており  井戸だといっており  子供に語り伝えられており  名前にまでなっており  湯であるといい伝えており  話になっており  湯とも呼んでおり  人たちはいっており  誌しており  問題について、おりおり  種が永く伝わっており  話がついており  のだといい伝えており  山から里へ、おりおり  神様を祀っており  聖徳太子にきめてしまっており  そこから出しており  人聞菩薩と呼んでおり  のだといっており  跡だからといっており  害虫がいなくなるといっており  目に、曇りがあるといい伝えており  主君の如く考えられており  話にはいろいろ残っており  理由からであるといっており  いけにえといっており  昔話になって行われており  大切にしており  木を立てており  ことがあるからだといっており  ことをいましめており  木像を祀っており  方であったといっており  後々までも住んでおり  形に変って伝わっており  点が、早すでに落ちており  機を織っており  綾織神社を祭っており  子供のことをいっており  宮といっており  疫病をのがれるともいっており  そちこちに残っており  大杉になったといっており  成育したといい伝えており  ようにいっており  地にさして行ったと伝えており  ことは伝わっており  御坊とも呼んでおり  二本杉と呼んでおり  伝説が残っており  箸に用いたとも伝えており  のだと伝えており  名をもって知られており  他には聞いており  のだといわれており  地に立てたともいっており  地にさしたといっており  二本とも残っており  花の木といっており  箸であったといっており  ように信じられており  地名が始まったと伝えており  巌石を支えており  尊敬しており  めなされたといっており  木といっており  村堺に定めたといっており  盃をなされたといい伝えており  鶏が出て鳴くといっており  橋といっており  参詣しており  厳島大明神と称えてあがめており  ものだといっており  ほこらを建てて祀っており  わけはもう伝わっており  ものといい伝えており  底に見えており  石とは違っており  途中からそろそろ大きくなり始めたといっており  伊勢神と称えており  のが、次第に大きくなったともいっており  九尺三方ほどになっており  社をたてて納めており  だんだん大きくなって、はいらなくなって来たからだといっており  ようになったといっており  出雲石といっており  のが大きくなったといっており  昔から続いて大きくなっており  石だからともいっており  けらば納まらぬからといっており  神殿を大きくしなければならなかったといっており  牛王石といっており  不思議が現れたといい伝えており  石がはいっており  若宮八幡神社といっており  氏神として拝んでおり  いろいろになっており  猿田彦大神だと思っており  山の神として祀っており  石と伝えており  石大明神と唱えていたといい伝えており  がり石と呼んでおり  話も残っており  雷神石と呼んでおり  無数に転がっており  頭を蹴折られたといっており  津軽富士といっており  間を通っており  頭は欠けており  伝説は、ずいぶん広く行われており  人がいい伝えており  歌に残っており  何一つも伝わっており  神様であるといっており  豊後富士ともいっており  話が伝わっており  三日めには必ず治るといっており  自慢から喧嘩をしたといっており  ことにしたといっており  方々に行われており  麓に下るといっており  いわれを語り伝えており  罰だといっており  それはもう残っており  以前から浅間大神と称えており  妹神だといっており  仲裁をなされたと伝えており  のだともいっており  ここに落ちたからといっており  赤沼となったともいっており  そうだなどといっており  ことなどをいい伝えており  日光ではいっており  どこへか行ってしまうといい伝えており  墓だといっており  田舎でもよくいっており  毘沙門などといっており  善光寺にお詣りしてはいけないといっており  藤原鎌足を祀っており  ことさえもいましめられており  山鳴りがするといっており  立石権現と名づけて拝んでおり  兄弟であったといっており  手にして話されており  関係しており  村に祀っており  如来と呼んでおり  鼻をとって助けたといっており  跡がついており  庵といっており  ていねいに祀っており  話はいろいろと出ており  人間と少しもちがわなかったといっており  多くは残っており  それだけでは降らぬので、おりおり  ことがないといっており  鯰だなどといっており  地蔵に振り掛けると、さっそくよくなるといっており  婿に取るといっており  ことをおり  楽しい計画がふくまれており  毎日北川さんからうかがっており  約束はしており  窮状を訴えてさしあげたいと思っており  ききしており  いま持っており  片鱗も分っており  以上は、おり  何年間でもおり  途中でおり  宿命として、おり  際だって大人びており  無視しており  人はおり  紹介もなしに、とつぜんあがりましたのに、お会いさせていただけて、ありがたく存じており  申上げており  命令をうけており  心理にも通じており  手を焼いており  参考に致そうと思っており  保護いたしており  外に待っており  ように招かれて落ち合ったおり  争闘がおりおり  情をしみじみとさとり知ったおり  はじめて立ったおり  大八車につんでおり  刑務所然としており  先生にお逢いしたいと言っており  喫茶店におり  そこから石段をおり  卓をおり  から下へおり  山地をおり  下までおり  小夜子がおり  小田原でおり  玄関へおり  今下へおり  浜へおり  風呂場へおり  椅子が並んでおり  内側へおり  段梯子をおり  縁におり  師匠がおり  がちに歩いており  タクシイをおり  権利をもっており  宣伝されており  ブルック街四百三番地に住んでおり  精神病ばかりをやっており  ことをつづけており  寝室に使っており  お願いしたいと思っており  待合室で待っており  馬車をおり  風にゆらいでいきいきとしており  父母も、とうに死んでおり  寝息をたてており  はるの亭主に会っており  ろいており  ヨリヨリ申し合せており  ヒイキがついており  三ヵ月ほどおり  屋台店が並んでおり  見世物小屋が立っており  旗がはためいており  流浪いたしており  永年尋ねており  雑草も繁っており  祠なども立っており  渦高く咲かせており  籠められており  妾にも感づいてはおり  警戒いたしおり  用地附近におり  癖をよく存じており  乱闘のおり  から妾は申しており  雨戸が開いており  ようになりましたので、苦々しく思っており  ように跳びおり  冀城におり  恐懼しており  ふしぎに存じており  みなよろこんでおり  そこから雪崩れおり  一兵もおり  一度も戦っており  孔明が少しすぐれており  みな谷底へおり  否やなどは考えており  言を信じており  考えは決して変っており  部隊も危ぶまれており  敗るるにきまっており  充満しており  時往って知っており  船頭に聞いており  往っており  姿を隠しており  何物がおり  私が活きており  別嬪がおり  客はおり  顔をじいっと見詰めており  身の上から種々心配しており  圖書は出ており  書物棚になっており  夫圖書もおり  其所におり  頭分になっており  娘が縛られており  机から落ちたとまでは覚えており  火打袋が掛っており  存命えており  心配致しており  只今喰酔っており  屋敷におり  ことを存じており  流し元を働いており  楼におり  山三郎の提げており  蔭で聞いて泣いており  頃でしたが、よく覚えており  そばでおとなしく遊んでおり  タイピストをしており  ことを懐しく想い出しており  下で待っており  関係が切れており  ことをきいており  一番知っており  ことを望んでおり  それがわかっており  謀議が行われており  検挙しており  共犯関係は分っており  さしずどおり  南側に向けており  しずかに鳴っており  方で、ごうっと鳴っており  時代をうけており  燃え屑がちらかっており  みんなわしをにくんでおり  男がとじこめられおり  同乗昨夜の物語りをして笑いおり  非常に軽くなっており  磨きがかかっており  囃を響かせており  湯が沸いており  お陰だと思っており  家に出掛けており  全然沈黙を守っており  下手へおり  正吉がいうとおり  交換されており  予備役になりまして帰っており  これは沢山飼っており  隠元豆が煮えており  顔にはおりおり  矢田さんをお訪ね致しており  補助を仰いでおり  慾情に憑かれており  眼をおりおり  金策をしており  方へまたおり  兵衛どの、おり  ことでもおり  紅葉坂をおり  会話はおりおり  耳をふさいでおり  案じ申しており  台所におり  んだけれどもついにお目にかかるおり  きょうはほんとにいいおり  顔は存じ上げており  隠れ家におりおり  勉強が済んだら早くおり  貞世が飛んでおり  ちゃんと錠がおり  倉地さんもおり  正井はそのおりおり  から小半町裏坂をおり  葉子はおり  詐っており  階子を駆けおり  親しみを感じており  東京に住んでおり  俥も来て待っており  支度も出来ており  水際へおり  石磴をおり  列車をおり  ようと申しており  不思議とも感じており  ヒラメの言うとおり  上までおり  仕事さして頂いており  落付いており  講釈して聞かせたりして片付いており  団十郎が生きており  病室に入れられてウンウン云っており  給仕をしており  サンザ威嚇かされており  から仲間に憎まれており  スッカリ若返りにしており  記憶えており  タメ息しており  二つ三つ出来ており  シッカリと掴まれており  気魂も尽き果てており  端一本散らかっており  まんま云いつづけており  ミンナ云っており  おしまいになっており  ナンテ考えており  ように覚えており  顫えを帯びており  與へられており  焼がはいっており  価値を持っており  手足を伸び伸びさしてぐっすり寝込んでおり  ように乗せられており  色をして光っており  張はしかたなしにじっとしており  それを養うており  ために生きており  ように、やっぱり撫でたりさすったりしており  光が射しており  顫えており  張はしかたなしにうつむいており  不審をしており  近くなっており  矢を持っており  下をまわっており  そばにおり  容を見ており  靄がおり  祝いを催しており  習わしになっており  写真を見つめており  召喚されており  事を承っており  自宅に帰っており  一つ平面に並んでおり  水ぎわへおり  ものまでへもおりおり  雲を見ており  声が、おりおり  幕のおり  野々宮さんもおりおり  幕がまたおり  停車場へおり  それが解っており  地位を保っており  給仕がおり  タラップでおり  方を信じられており  母親は強いて止めずに思うとおり  下を潜っており  飼主に属しており  わたしのいうとおり  川へおり  からだを洗っており  方と信じており  ボーイになっており  何でも構わずに集めており  歌を唄わされたりしており  コール殿となっており  輸入されており  説明が附いており  昨日から興行を始めており  署名になっており  懐刀と呼ばれており  圧迫を加えられており  活躍をしており  表面にあらわしており  請負業と致しており  勢力を張っており  本位としており  冷風に吹かれおり  背にして横たわりおり  時刻七時四十一分を示しおり  調べを願おうかと思っており  死亡致しており  どれ位残っており  岩形と承わっており  こちらでも行届きかねており  正午過ぎですかと尋ねたりしており  室に来ており  証明しており  保管しており  承認しており  冠っており  襟巻をしており  マントを着ており  冠りおり  皆出切っており  ストーブで焼いてありまして何一つ残っており  探索を受けており  不躾ながら手慣れており  首領と致しており  今日まで心得ており  ものと申し聞かせられており  普通に流行致しており  ものと承わっており  流行し初めており  政治を営んでおり  支配されており  仕事を致しており  仕事を引き受けており  妻と相成っており  離れ離れになっており  日本内地に働いており  眼を眩まされており  事を致しており  二三年を打ち過しており  西部首領と相成っており  規則になっており  一人となっており  内情を探っており  何となく心強く存じており  あとを見送っており  かた打ち絶えており  決心致しましたが、そう致しており  宿泊しており  不貞を疑っており  思案に暮れており  食事も進みかねており  酒類売買で蓄えており  決心を致しており  永年尋ね求めており  奉職致しており  監視を受けており  ます準備が整っており  上に打ちたおれており  介抱しており  立ち聴き致しており  夫はよく睡っており  手に持っており  眠りを装うており  妾を見送っており  欠勤届を認めており  妾が乗っており  興行しており  間に転がっており  あそこに転がっており  頭を出しており  ように頼んでおり  途もなくなっており  塾を開いており  漢学教育を仕込んでおり  所持しており  保存致しており  居住しており  発達しかけており  組織されており  仕事にしており  一時桑港に移しており  放浪しており  腕を揮っており  日本を離れており  国民性者化しており  ポケットに納めており  弱点をよく見抜いており  事を忘れており  桑港から雉猟に来ており  コンドルに捧げており  一事は決して忘れており  事変に懲りており  事に気付かずにおり  機会を探っており  相手にし慣れており  酒色に親しんでおり  境におり  策動しており  仕事と致しており  通例となっており  西部首領となっており  事務通信をしており  捜索しており  以前から初まっており  酣となっており  ように見えており  形勢を示しており  暴露致しており  観測されており  供給しており  観望しており  小生の存じており  一手販売にしており  一時平静に帰しており  掌握しており  太古以来石油に恵まれており  ためと伝えられており  結果だと伝えられており  如何にせせら笑っており  国籍とを一々取調べさせており  中から拾い集めており  まま睡っており  影さえ残っており  威嚇せんと致しており  的となっており  身の上となっており  自覚致しており  声とを有しており  背丈になっており  十五歳になっており  姿が立っており  空をあこがれており  喝采を博しており  噂を承わっており  高潮しており  二箇国語を心得ており  用を弁じており  怪手腕を持っており  事があると聞いており  遂行しており  停船を命ぜられおり  血が交っており  曲馬場に残して来ており  勝手を知っており  贔屓を賜わっており  わたくし共は固く信じており  事に致しており  届けが済んでおり  手筈に相成っており  花形と相成っており  平生愛乗致しており  曲馬場を取り巻いており  打合せをしており  妾が致しており  顔ばかり致しており  一人かと思っており  亜米利加で聞いており  子供を探しており  お稽古をしており  名前だけは、よく存じており  事知っており  事をよく知っており  知慧を持っており  事を知っており  楽屋から出て来て見ており  中のもの知っており  一杯入っており  記事を読んでおり  活字で出ており  そこを読んでおり  事をいつの間にか残らず察しており  突立っており  こと見つめており  凝視ており  独言を云っており  食事を済まして、うとうと居ねむりをしており  道が入り組んでおり  名前を知っており  天国に行っており  新聞に出ており  名前になっており  毎日オキシフルで洗っており  今日曲馬団に来ており  新聞で存じており  わたくしは何もかも存じており  手筈がきまっており  わけは、よく存じており  事が解り切っており  街路上に残りおり  喧囂雑沓を極めおり  雑沓を極めおり  孤立屏息状態に陥りおり  お待ち致しており  初めから残らず見ており  紹介を受けており  鐘が沈んでおり  取付いてそよいでおり  龍頭が光っており  小説を書いており  中では光っており  背景となっており  カンカン秤が置かれており  誰も書いており  表情で書いており  文章を読んでおり  ものを考えたり、喋ったり、書いたりしており  近代に向って進もうとしており  文章は少しも変っており  方すら変っており  小説を読んでおり  可能性を描いており  日夜考えており  雌猫がおり  ちゃんと帰って来ており  内心大に疑っており  楽観しており  電灯を消しており  猫はおり  たしかに顫えており  蹲まっており  二つに切り放っており  芋刺しにしており  眼をずぶりとつき刺しており  千住大橋でおり  人間ばかり住んでおり  犬神に憑かれており  ストックを見こんでおり  まりすぎており  それを教えられており  疎開しており  十九年に限られており  ようにと祈っており  きらきら光らせており  鳥はおり  中に隠れており  身をやつしており  庭さきに飛びおり  上を飛びおり  縁日をまわっており  蛇つかいもおり  因果物もおり  おかしいと思っており  から存じており  お菓子でしょうか、よく合っており  手にしており  長女がおり  ねずみが住んでおり  女はよく知っており  目は疲れており  息は絶えており  退屈まぎれに見ており  わしらもわかっており  名がついており  その後から鉄道を敷いており  お姫さまが住んでおり  タンサンを運んでもらっており  伊東に来ており  生活しており  どんどん夜が明けており  大体見当はついており  者をつれて来ており  選手をしており  脈を診ており  バクロされており  滝をおり  保証されており  最低十三四枚は売れており  買い手がついており  車券を買っており  満足しており  三番におり  ペースで走っており  配分されており  いわしながらおり  木をおり  大作を追うており  面体損じており  変装致しており  刀は、あずかっており  胴忘れをしており  老成しており  マーケットは残っており  一座におり  私は聞いており  特技に長じており  一貫しており  のか酔っぱらっており  身がるにすーっとおり  包みをほおり  氷上におり  脳無能ときまっており  方が威張っており  心持でおり  心に定めており  以前から依頼されており  心痛をいたしており  陰に止まって眠っており  ものではないと存じており  心持がしており  母が営んでおり  支配人を永らくいたしており  模様がついており  のを覚えており  屏風を持っており  録されており  ように進んでおり  ことばかり考えており  ように構えており  健康体を持っており  大分描いており  制作表を見ており  つうさんと呼ばれており  帯をしめており  手を触れて見ており  応答など、聞いており  簾がかかっており  形をしており  克己心を持っており  お陰であろうと思っており  期日が迫りすぎており  前から依頼されており  半身不随でおり  頭はしっかりしており  ためと思っており  これがあまりによく写されており  二十年近くしており  長唄もしており  遊びとは考えており  心持がいたしており  松篁もしており  研究にいそしんでおり  静かにしており  夜は深く更けてしまっており  ほか何も考えており  私はこう思っており  勇猛心を持っており  白ハチマキをして、住んでおり  慎しんでおり  個室におり  わしのいうとおり  ことを憶えており  識っており  容子をしており  家へ来て暮しており  いちめんに立っており  いちめんに漂っており  老嬢をとおしており  婚約をしており  何かじッと思い沈んでおり  母がおり  限界近く達しており  旨としており  戦闘意識をもやしており  いつまでも跳びこんでおり  線は常に伸びており  導入されており  一そう責任を感じており  跣足で飛びおり  町が立っており  それを黙って聞いており  手紙を書いており  ことをやっており  証人たちに占められており  収入をあげており  土地についており  新聞は、まアだいたい読んでおり  全然考えており  彼は怒っており  風に解しており  原因をなしており  生活もおぎなってもらっており  意味しており  煙草を吸いながら腰かけており  高低表は見ており  のを喜んでおり  そこに立っており  ことをほめており  ようになるだろうと思っており  めちゃめちゃとなりおり  ひと仕事などを致しており  安雄さんはおり  傾向は目立っており  それに類しており  弱点でもあった、と云っており  反証をあげており  ケリがついており  筋は立っており  頃から憧憬れており  ようには成っており  宅へ戻っており  書物が一杯並んでおり  私もよく存じあげており  こと、よく存じあげており  此処から東天を眺めるがよいといい伝えられており  ことを考えあぐんでおり  贔屓になっており  歯をくいしばっており  あなたを恋しており  どなたにもお売りしており  そこをあがりおり  お客さんで、困っており  逗留になっており  庵を結んでおり  路へおり  人に聞いており  位しており  便にも恵まれており  灯は、おりおり  母でございますか、ええ、ぴんぴんいたしており  店を行っており  皆節供と書いており  子供が使っており  詞が似ており  豊かに残っており  記録にも現われており  日とさえ呼んでおり  関連しており  サンボウサンと呼んでおり  例と比べて、また少しばかり変っており  必要からこれをこう考えており  一致しており  ことは解っており  国民生活を営んでおり  暗示されており  外貌を呈しており  民主主義が唱えられており  詰問されており  看過しており  開催されており  私もよく存じており  伺いすると申しており  学校当局から指命されており  先入観になっており  行蹟がハッキリ記されており  大食らいにきまっており  上へ盛りあげられており  前でおり  安福軒をやっており  それぞれ旅館をやっており  共鳴して観ており  処置をほどこしており  信濃の国に属しており  一度も説かれており  新設しており  峠を通っており  村に祟りがあると信じられており  一体になっており  斧をもっており  史実が語っており  文句なしにハッキリしており  ことを伝えており  全然分配されており  ダブッており  首をささげており  実在しており  書紀に現れており  神楽丘とよばれており  勅使をさしむけて拝ませており  道をひらいており  国守は送っており  橘末茂がおり  御岳サンと向い合っており  対になっており  弓矢に長じており  みんな生かして使っており  美を生みだしており  罪にならなくて、公然と許されており  本性を証しており  跡はハッキリしており  ツナガリがまだ残っており  十郎左衛門はおり  漢字を当てて書かれており  秘密にしており  溷濁しており  下男とが住んでおり  太陽が照り輝いており  限り我慢しており  空気一ぱいに漂っており  血に塗れた凹みが出来ており  呼吸を続けており  鼓動を繰返しており  数年前から持っており  発見されており  兵右衛門おりおり  仕上げを急いでおり  扉で隔てられており  破片をじっと見つめており  意味を持っており  白金は飲んでおり  のがもう冷めており  ぼそぼそ話をしており  八百屋を見張っており  しゃる通りにしろと言いつけられており  藁が散らばっており  同情をひいており  奉公しており  体を折り曲げており  ちゃんと存じており  亡者みたいに泣いており  彼等野におり  幾度か扱っており  持合わせており  日本文に直しており  のかと思っており  通りに演じており  わたくし、まだちっとも伺っており  小説本が並んでおり  んだと語っており  勤め先もちがっており  仕度もできており  用意ができており  ところまで舞いおり  階段を駆けおり  表紙をほおり  ベッドからはねおり  そちらさまへまいっており  ことはなんともいっており  着替えをしており  ワルツを踊っており  はじまることがわかっており  ヴェランダから庭へおり  まま駆けており  恰好をしており  旗甲板をおり  ひとがおり  マカロニもほおり  あれは出ており  今日に至っており  六月でおり  持合せており  灯を入れており  一匹もおり  大ぜい住んでおり  重荷がおり  問わず品川沖におり  顔も見えており  研究にも取りかかっており  のは判っており  識を感じており  彼に近づいており  文壇は、あまりにも狭苦しく、片寄っており  襟元に折りおり  砌など、折りおり  滝壺へおり  書物がぎっしり並んでおり  下へかけおり  屋根を覆うていて、おりおり  髪の毛がついており  目をかけてやっており  にこにこしており  嘱目されているとか聞いており  部屋にしてやっており  書物を読んでおり  杉山さんを避けており  ことだったと覚えており  処女ではないと思っており  一言も挾まず、黙って聞いており  今もはっきり残っており  時宜を得ており  ドアはしまっており  頭を割られて死んでおり  火の手をひかえており  商船旗もだしており  無礼をしており  乗組員がおり  混っており  縄梯子をおり  船長のいうとおり  奥から笑っており  二階から足音がおり  たくさん上って来ており  賭場をひらいており  前からちゃんと承知しており  そばへおり  だるいきおいでおり  うえにおり  守護されており  七十日ばかりおり  ところに住んでおり  所までもおり  幾分か知っており  どこにもおり  大監督官舎におり  通が通っており  食事をしており  あちこち建っており  形に変っており  形を受けており  弾丸は減っており  空から須利耶におり  眼を見あげており  沙がずうっとひろがっており  私の知っており  名を知っており  鉄砲を担いでおり  花が咲いており  中食をしており  から心嬉しく思っており  蔦屋で休んでおり  ゃったのを側で聞いており  お話しようと思っており  六地蔵が建っており  倒潰率を示しており  手帳に書きとどめており  破壊されており  兄さんの言うとおり  中はずいぶん荒らされており  それをいじっており  照りわたっており  庭に取り囲まれており  二十五だとか言っており  尋問しており  検べており  ようなおりおり  完全に欠けており  先は判りきっており  神社に続いており  持薬に頂かせており  無事で働いており  御無沙汰しており  私も知らずにおり  毎日寝てばかりおり  剣が下っており  袋が下っており  信任されており  馬からおり  馬車からおり  窓は開け放しになっており  洞穴へおり  地上におり  ちがいをしており  片手が、さっとおり  申しわけなく思っており  名前はきいて知っており  私はまだ聞いており  めちゃくちゃにこわれており  臆病者はおり  それも心得ており  大変似ており  色をしており  伝説に云われており  一番存じており  噂に承わっており  今日まで捨てられており  駅へおり  汽車でおり  途上、おりおり  若狭では呼んでおり  質ゆえ気を鎮めて、見詰めおり  貰い乳して養いおり  のだろうと思いおり  妻を疑っており  ここで終っており  一本さしており  面白がって洩れ聞いており  八幡におり  兄も申しており  ように申し切っており  姿をみつめており  心組みでおり  筋を引いてこぼれており  道場を開いており  巴となって入り乱れており  物厳かに控えており  さに変っており  域に達しており  等分に見比べており  連れ申してお目にかかりたいと申しており  のを持っており  ただいま持って上ろうと存じており  手不足で困っており  丸山台を通り抜けようとしており  如意宝珠なども少々欠けており  評判をしており  与八とが坐っており  悪縁とは諦めており  叫びが、おりおり  守殿風に作っており  歌だけは覚えており  寵を専らにしており  日を送っており  敷金はそのおり  親戚におり  うちに、おりおり  難渋しており  ように光っており  ごらんになっており  私がよく知っており  丁稚奉公をしており  誰一人拝見をいたしており  立場をなくしており  間が離れており  心配をいたしており  顔を覚えており  孫どもに買ってやりましたで存じており  拝借をしており  文句だけは存じており  奉公をいたしており  出版しており  ものと考えており  気をとられており  ようにうなっており  ごまかしており  かすかにふるえており  しょんぼり立っており  屋根が笑いながら立っており  口輪をかけており  実子同様にかわいがっており  ように、おりおり  武装しており  モダン乙姫と申しており  発揮しており  風呂が明いており  灯は赤く燃えており  ところまで見ており  御用だと申しており  贔屓を受けており  息を休めており  値あがりになっており  材木を商っており  御飯をいただいており  ちゃんと行なわれており  舟子が待っており  ことはなかろうと申しており  すそまでおり  鮒もおり  廊下へおり  うに橋の下へおり  巒気が神々しく立ちこめており  さいぜんからここで考えており  人と思っており  あちらで暮らしてみたいと思っており  路とが貫いて通っており  お方も申しており  大和の国におり  ことは心得ており  四畳半が明いており  土手を駈けおり  ブラインドのおり  方が見えており  落着いており  習字をやっており  自由を認めており  興津へ参っており  当分こちらにおり  気にしており  ッせと追いまわしており  いじめており  二人きりでおり  鉄鎖に繋がれており  間におり  穴があいており  音が残っており  まだ子供のおり  鉄棒がはまっており  空中に浮かんでおり  うちに漂っており  者が常におり  自ら思っており  満州に行っており  なまけものがひるねをしており  峠をおり  なにもおり  肉を食って休んでおり  薬屋におり  人相書が廻っており  あなた様をたずねており  修験者がおり  家へ帰っており  はずでございますが、まだ帰っており  鱈も何もかも切らしており  父親が据わっており  息抜きに来たり、おり  そればかりを見ており  腹巻を縫うており  散歩のおり  子どもの着ており  何度でも下に飛びおり  財布をはたかせようと構えており  人には覚えられており  伊勢音頭が始まっており  気持になっており  眼を見合せており  俛れており  色が現われており  勢いを張っており  松がよく出来ており  それを捻くって、しきりにながめており  向きに出来ており  単純を極めており  山へ出ており  間をおりおり  怺えて忍んでおり  通り病人を抱えており  さっきから待っており  実がついており  ようにきまっており  ザヴローフスカヤに習っており  尊敬申し上げてもおり  のが参っており  ことばっかり考えており  のかと案じており  女の云うとおり  話だってことはわかっており  静かに待っており  話は好く覚えており  ところまで充たしており  お金をもっており  犬にやっており  から拝見致しており  西北に外れており  どこぞに落ちており  馬上の人を見送っており  上にしており  たくさん泳いでおり  お出でになっており  力で活きており  辺を心掛けており  どこぞにおり  ちょうだいしており  ものがおり  家になっており  虎が参って吼えており  火に当っており  食器を洗わせており  石窟に住んでおり  今でも覚えており  心に決めており  それ等がはいっており  話をきいており  心はざわめいており  抱擁しあっており  いやに思っており  電話がかからないかと待っており  間に挟まっており  時から慣れており  方まで、よく出ており  お礼なぞは決して望んではおり  花は咲いており  世間に出してやりたいと申しており  ここからはだいぶ離れており  人なんぞおり  生命を懸けており  依存しており  無能力だと思っており  オチオチ眠られぬくらい悩まされ続けており  お話ししたいと思っており  気をつけており  多数に上っており  隊籍をかえており  モスコー生れだと云っており  趣味を持っており  群れとを見比べており  驚き惑っており  噂をチラリと聞いており  渇望しており  顔色を窺っており  一直線に白く光りながら横たわっており  まん中に浮き出しており  チラ付いており  方を見つめており  ために全く忘れており  星だらけになっており  数々がキラキラと光りながら粘り付いており  お願いしており  巻頭にかかげたいと思っており  袴をどふっとはいており  知らないふりをしており  それと異なっており  成績をあげており  はずになっており  写真もやっており  園丁をしており  川原におり  わが子として養っており  皆かかっており  話をじっと聞いており  俊夫君は、しばらく考えており  表情が浮かんでおり  熱心に聞いており  壜が入っており  ことが載っており  取り調べに携わっており  腕が逞しく出ており  ごろごろしており  道庵流に暮らしており  通り大入りを占めており  狂犬とは思っており  生活をよく描き出しており  百何十時間居すわってなんと言ってもおり  三島駅でおり  彼はおり  門人になっており  民政顧問格におり  大橋訥庵兄弟がおり  約束がついており  日夜をすごさせていただいており  開業しており  欠席しており  のではないかと思っており  日頃痛感しており  増加いたしており  流行性肝臓炎とも呼ばれており  のではないかと憂えており  憂慮しており  敬服いたしており  流行性肝臓炎と名づけており  病源菌はまだ分っており  方へ引込んでおり  奉公をしており  無事に暮しており  傍で聞いており  みんな無事でおり  煙草の煙を吹いており  はずがないと申しており  懇意に致しており  交換学生として旅立っており  一段ごとに流れおり  横をおり  重役をしており  乳母は太っており  乳房が重たく垂れており  容貌に似ており  出身しており  自然舞台度胸が出来ており  一ぱい天井からぶらさがっており  洋服をきており  安置されており  声が、りんりんとしており  シャツをつけており  後かたづけしており  逼いまわっており  連結しており  私は生きており  電車はぎっしりつまっており  先に持って来ており  女らしさに欠けており  皮膚はかさかさしており  拘束されており  寄附をしており  五時をまわっており  毛がまいており  垢がしみついており  秘書がのこらず知っており  面を持っており  占領しており  恋愛をしており  職務にたずさわっており  頭痛が絶えずしており  艶を失っており  ベッドをおり  恋人同士となっており  明かにいっており  態度を取っており  洗濯女はこういっており  室におり  髪を結っており  痕が残っており  如くに述べており  一定しており  後悔しており  ことについては触れており  時店におり  言葉はおのおの違っており  認識あるを認めており  殆ど半分粉砕されており  事件が起っており  術さえ持ち合せており  私はよく知っており  屈曲しており  クッションに倒れて眠っており  始めから揃っており  気持で、働きたがっており  途はないと思っており  から、おりおり  ようにうねっており  組立てが変っており  一つだなんぞと言われており  ところに困っており  世話をしており  面へおりおり  巣を食い、おりおり  たわわに色づいており  馬から身を翻しており  それは、もうよく存じており  わたしは暮らしており  雨がこんなに降っており  町道場へもおりおり  ように申し上げようかと存じており  町うちにおりおり  袈裟に斬られて死んでおり  刀を拭うており  振袖を着ており  わたしはよく存じており  姿をジロジロと見渡しており  機能をもっており  私、少しあわてており  幸福に暮しており  私を愛しており  別に不自由はしており  別荘を持っており  路をおり  辺をブラブラしており  ことを見つけようと思って、じっと坐っており  不断とはまるきり違っており  一時間ばかり腰かけており  微笑を浮べており  私たちを見詰めており  間そこに立っており  乳母から聞いて知っており  飜しており  お父さんは死んでおり  血に滲んでおり  変人になりきっており  蔀戸はおり  んじており  写真を飽かず見ており  衣裳を着ており  白丁を着ており  肩に担いでおり  適当しており  呑込んでおり  ほかはなかろうと思っており  主膳殿も申しており  対坐しており  袋は被せられていないけれども痩せきっており  一本だけ差しており  ことも知っており  門前に斬られており  問題とは触れており  足駄を穿いており  きまりになっており  人を背負っており  行燈が明るく光っており  つもりで喜んでおり  見様によっては拗ねて拗ね通しており  ままでおり  裾を長く引いており  袖の下から向うを見込んでおり  嚔ばかり致しており  絨氈が掛っており  さが残っており  春季になっており  趣を欠いており  水嵩に増しており  俳書を持っており  適切に出ており  瞠っており  同情申し上げており  お話したいと考えており  露子様、よくわかっており  私はよくわかっており  ために少しでも捧げたいと思っており  高台からずうっとおり  文章ともに、頭抜けており  幼稚にしており  理由を知っており  提出されており  ものであり、よく知られてもおり  証拠だてられており  話には聞いており  近郊に多くとどまっており  カタローグがしっかりしており  形を段々変えており  今日ではなっており  問題が残っており  見方がいくらか変って来ており  ことと考えられており  世間は思っており  尊敬を決して与えており  幾人か知っており  センシビリティと云っており  役目は持っており  非常に与えており  影響を与えており  通りになっており  それぞれ名称を与えられており  私はやはり見ており  芝居道とが結び付いており  何度も云っていますとおり  軍団長のいうとおり  それに当っており  濺ぐように出来ており  伊太夫はこう言って苦り切っており  ことをようく存じており  子は、いよいよ固く抱いており  ここに投げ出されており  肩から筋違に提げており  朝寝をしており  信頼しており  刀を存じており  面を見つめて、しばらく黙っており  うたた寝をしており  ことのみを知っており  銀様は泣いており  風呂がよく沸いており  馬鹿話をしており  様子を聞いており  ことを言いおり  思い浮べており  面影を思い浮べており  みな計り兼ねており  籠めており  手を伸ばしており  柱に凭れて泣いており  健在をすらも忘れており  奉公を致しており  ことを待ち兼ねており  心配を致しおり  癒っており  読書に耽っており  読書を致しており  それもいささかは心得ており  批評家もおり  皮肉屋もおり  ものが含まれており  要素として有っており  技術基礎に沿うており  色彩を持っており  位置しており  失業しており  権利とを持っており  あすこに立っており  船に限られており  若い奴ばかり集っており  奴らは未だ残っており  無言ってはおり  身の上は知っており  友達がおり  必要が迫っており  雑談に耽っており  響きを持っており  関所を通り越しており  ように存じており  懇意に願っており  ことはできないので困っており  明白に触れており  静寂で、ただ折りおり  きまりが悪いので、おりおり  安楽椅子が並んでおり  白毛もだいぶ交っており  希望を抱いており  割に早く来ており  出血をしており  通過しており  緩和は認められており  使用しており  五名程出ており  精選砂利を用いており  そいつも殺されており  番号を、覚えており  今もいうとおり  記録が交っており  砂に埋っており  臙脂が点いており  それで集めており  脱線し過ぎており  秘密になっており  喪失しており  ヒドイ打撲傷が残っており  カモフラージュしており  自称しており  魂を奪われてばかりおり  真似事をしており  怨恨を抱いており  高山植物を植えかけており  溜息を吐いており  魚を、掬い上げ掬い上げしており  介抱をしており  看破いており  アタマを持っており  ちゃんと知っており  女を愛しており  世間で云っており  形相をしており  口から流れており  子供が歩いており  子供もまじっており  上から照らしており  とき子供たちは考えており  谷地へおり  いっしょにすんでおり  あたりに隠れており  露がしっとりとおり  もう二度と里へはおり  帰りを待っており  眼つきで見つめており  熟練を持っており  気軽におりおり  こととされており  面を見つめており  そのまま下へ駈けおり  手を曳かして、おり  安藤坂をおり  中には、おりおり  中にきょとんとしており  それから階段をおり  墓場へおり  眼にかかりたいと思っており  何度もいうとおり  何を聞いたかを、覚えており  仕度が整ったと申しており  写真機も、持っており  そこに住んでおり  二つ、並んで建っており  ものが、スグ向うに住んでおり  二人ともようく存じており  ハイ、覚えており  郵便来ており  みんな知っており  みんな、そういっており  特別に覚えており  郵便はまいっており  ことを覚えており  それから火夫がおり  今でも憶えており  姿を見たと言っており  夜空に高く昇っており  虧けた三日月が射し入っており  下で、青々と拡がっており  そうに書けており  四手を下ろしており  ことは、やや飛び離れており  ところにおり  蔭に隠れており  返事をお聞き申すまでは、こうしており  色が定まっており  主人のおり  わたしがよく存じており  拝聴しており  五七の桐がついており  河岸に向いて立っており  右枕になってよく眠っており  蓋をしており  私が存じており  西洋館が建っており  確かに聞いており  船渠を出たばかりで遊んでおり  上を逃げまわっており  今でも忘れており  重々、相わかっており  同志がおり  姿を折りおり  尼はまた、折りおり  あいだに折りおり  夕闇がおり  から、折りおり  男の子は、すぐとさがしにおり  風に吹かれて、おりおり  白粉つけて住んでおり  開帳されており  人目を怖れており  声が溢れており  廊下を歩きつづけており  うずくまっており  ことなどは忘れており  がんがんがなりたてており  荷物を投げこんでおり  真上をさして騒いでおり  荷物をつみこんでおり  伊沢は知っており  人間を抱きしめており  燃え狂っており  住宅は燃えており  何かが燃えており  農家が燃えており  小児にも劣っており  筋力にもすこぶる恵まれており  同情しており  日に限ってしまっており  あいだ黙って聞いており  顔を見つめており  高飛びしなければ、捕まるに決まっており  暮れかかっており  間に寝ころんでおり  みんなに聞かせており  秘密に行われており  一切口外を禁ぜられており  養女なみに扱われており  ことに大層通じており  誼みを結んでおり  仲間でありたいと思っており  ことと、思っており  大変繁昌しており  日から頼まれており  ふだん教わっており  文句は、はっきり伝えられており  前から決心しており  書類がのっており  ままに終っており  仕業に似ており  空気は清く澄んでおり  外になっており  着物も乱れており  燈火がついており  甲州におり  今まで眠っており  炉辺に坐っており  信心しており  ようにさせており  血が滲んでおり  掛額をながめており  着物を畳んでおり  涙をたたえており  刀屋だとか申しており  宇津木さんはおり  奥庭を歩いており  杖を持っており  筆をなやしており  姿で、行い澄ましており  最初はそう思っており  大切に育てており  茂太郎がおり  一人でおり  ことに使ってしまいたいと、こう思っており  長屋に住んでおり  のを聞いており  のを、だまって聞いており  長屋におり  すべてを照らしており  露のおり  わたくしも薄々察しており  望みどおりにさせてやりたいと願っており  あすこが透いており  帳面を繰っており  端書代が立替えになっており  山をかけおり  小松がひょろひょろと立っており  敷から裸足でおり  音楽を教えており  コンダクターをしており  結婚しようと思っており  程度に離れており  素直にも考えており  大変傷がついており  鼻高々で楽しんでおり  ことなどにも暗からぬほどに仕附けられており  病院へ泊りこんでおり  文字で綴られており  光蔵と呼んでおり  大変賛成しており  反映しており  今によく覚えており  気にも入っており  大川になっており  時代になっており  緊張しており  敬礼をしており  後ろになっており  裏通りになっており  火の海となっており  修羅場になっており  番をしており  荷物を守っており  記憶をしており  ようにいいなされており  使いに参っており  そばを食べており  鼠入らずに這入っており  仕事をしており  声で怒鳴っており  それを堅く守っており  話をしており  辺まで続いており  ことをするかと見ており  師匠になずんでおり  大分弱っており  日が経っており  私に頼む頼むと、いいおり  私は知っており  二名と覚えており  袖蔵が付いており  ものであるか、一向分っており  家に休んでおり  ことなどを知っており  大声で読んでおり  前では特に立ち留まってやっており  ように心掛けており  出品されており  勉強はしており  鑑識に富んでおり  従前通りやっており  古川さんに掛かっており  所有になっており  仕掛けに出来ており  容子ありげに嘆息しており  たか覚えており  大事にして祭っており  一人前とはなっており  何かにつけ心掛けてはおり  から知っており  赤錆になっており  なりふりを見てこう云っており  紺絣を着ており  雁などが飛びながらおりおり  相手にはならず逃げており  腰を据えてやっており  仕事を続けており  繁昌致しおり  号しており  転地保養をしており  嘱しており  訪問されており  毎日仕事をしており  名前は知っており  人であろうと思うており  門戸を張っており  席に連なっており  間継続されており  中堅となっており  一日一日と送っており  原作が優れており  生計はずっと張っており  物価なども高くなっており  懇意にしており  何処でも知っており  予想しており  ことには立ち入っており  能く知っており  手へ廻されており  ことで広々としており  山本瑞雲氏もおり  活動しており  ように眺めており  見本に探しており  美事であると、平常からも思っており  狆がおり  私を信じてくれており  こっちを見ており  房さりしており  方がよろしいと思っており  三つだけ残っており  端に高く聳え立っており  顔をして聞いており  仕上げを続けており  件は行き悩んだなりになっており  静粛にしており  充分頂いており  胸などのふくらみを拵えており  手ッ取り早く出来ており  札が這入っており  俟っており  九月になっており  方へ行っており  立派にしゃんとして立っており  衣物はすっかり剥がれており  あなたは適しており  都合が好いといっており  故人となっており  一番正直に見て来ており  重鎮となっており  ことではあるまいと思っており  辞令を持っており  差し控えており  説明を申し上げており  整列致しており  好きに任せており  身としては喜ばしく思っており  客待ちをしており  谿間などには残っており  絶壁になっており  栃の木は切り倒して焚いており  幹を見ており  時期は遅れており  意気消沈しており  信仰しており  話が及んでおり  島田氏はよろこんでおり  高村家におり  方に坐っており  身体を悪くしてしまって、帰って来ており  楽しみにして待っており  今も残っており  腕が現われており  私は心掛けており  専門にやっており  彫刻でやっており  郷里に帰っており  盛んに働いており  高齢に達しており  社交室へおり  歓喜しており  身寄りも持っており  高祖頭巾をすっぽりと被っており  君から聞いており  長崎におり  覆面はしており  道場へ通っており  ぶりをよく見ており  そのままにしており  押問答をしており  時から、それだけは心得ており  気にかけてはおり  悪魔だとは思っており  門附けを致しており  通り袋に入れて背負っており  音とは違っており  今はおり  私も、どうかして助かりたいと思いました、生きており  縄を握っており  水の上に浮き上っており  在家におり  鑿を揮っており  一剣をも帯びており  網代笠で隠しており  様子をうかがっており  挨拶に上らねばならぬとは思っており  おわびも申し上げたいと存じており  ようにからみついており  ことですから、こうして待っており  お仕事をしており  誰一人もおり  一晩中考えており  町におり  墮落しており  裏山をおり  稽古しており  谷に沿うており  山が重なっており  側に落ちかけており  一ぱいになっており  そうに光っており  峠となったなと思っており  火を焚いており  耳をやっており  いっしょに立っており  縁側に仰向きになって倒れており  供が睡っており  何か握っており  かに坊主頭を見せてがさがさ騒いでおり  誰れもおり  台所へおり  おりをしにゆくと、いくどもいいきかせており  目録が入っており  水びたしになっており  ことにいたしており  跡が残っており  いつでも掛っており  材料が揃っており  使がおり  邦におり  原におり  小野へ駈けおり  ものを持っており  ことをよく知っており  のを知っており  エエ、存じており  んと存じており  それもよく存じており  口笛をやめており  烏帽子直垂で納まっており  踊りを見ており  往生を致しており  このごろ目黒におり  のへ行っており  一月寺におり  通りに弱りきっており  小首を傾けており  感心を致しており  御膳は出来ており  耳を傾けて聞いており  念を押さずに待っており  沈没してしまうにきまっており  本能だけは残っており  経を写しており  余裕を持っており  七分の冷笑気味でおり  人を集めては教えており  道とよく似ており  花がいっぱいに咲いており  息をはずませており  房ちゃん、いつもいうとおり  足早におり  船員がおり  船員たちは、おり  相手のいうとおり  ことでおびえており  目にかかれないかと思って悲しんでおり  ところへ、ただ今、いっており  のでございますけれど、こうして、じっとこらえており  安泰をのみ、おいのりいたしており  油断をしており  町中を通っており  上遣っており  水汲をしており  奉公に来ており  想起すと言っており  風俗を作っており  一つ握っており  格子前に立っており  愁が籠っており  二人で恐がっており  佇立んでおり  裾は濡れており  男はがたがたと震えており  悶心地になって聞いており  頭かきかき苦笑をしており  思い沈んでおり  拈っており  群っており  後を振返って眺めており  言騒いでおり  連中が入込んでおり  馳廻っており  匂い満ちており  あちこちと歩いており  聞惚れており  笑に包まれており  僕はおりおり  通庭になりおり  そこに参っており  病気で、どっと寝ており  何か与えたくなったおり  言葉に似ており  晩にもってあがろうと思っており  冬火事をだしたおり  研究がいろいろ行なわれており  覇をとなえており  節句のおり  青葉になっており  生ているおり  つて小涌谷におり  浴室へおり  妹が呼んでおり  名前は書かれており  ひとりで苦しんでおり  文句を知っており  首をかしげており  大変喜んでおり  実在にかかっており  演奏では熱しており  もっと漠然としており  暗示しており  欲しており  両端しており  中に溺れており  融化しており  根本のものになっており  並行線に属しており  本来文学に属しており  一切がちがっており  背後におり  結合しており  観照に徹しており  限定されており  情操に立っており  主観派に属しており  典型しており  表現と解しており  彷徨しており  鬱屈しており  概念で固めつけられ、がっしりとしており  男性的にきびきびしており  事情を異にしており  哲学が語られており  何物たるかを知らずにおり  すべて城壁に囲まれており  平民的にくだけており  本質的に食いちがっており  様子をきいたおり  小役人として過しており  文学と見ており  真剣に映って来ており  収容されており  感心しており  自然派と称しており  権利を有しており  統一せられおり  ドラマ的に感じており  脛を齧っており  弱味とを持っており  火にあたっており  さびが少しもついており  時から聞いており  父が申しており  光も隠れており  音吐になっており  山におり  弁信法師はそれほどにはしょげており  了見は持っており  ちゃんと見ており  振舞を、はがゆく思っており  男が立っており  提灯を持っており  こっちで承っており  しゃるところを聞いており  この間も泣いており  ところに立っており  逗留をしており  借金までしており  御存じになっており  ことをも、承っており  心眼さえ開いており  血まよっており  ここにこうして、じっとして立っており  上に遊んでおり  筆勢に見惚れており  鉄瓶があんなに沸いており  いつでも申しており  忠義ができて有難いと申しており  産物と見ており  百姓が住んでおり  花の上がっており  思案に余っており  一番良う存じており  裏手に住んでおり  寺男が申しており  事までも存じており  黒子までも存じており  一番下におり  間違いなく存じており  名前にもなっており  質屋になっており  帳面を預っており  掃溜を覗いており  引締まっており  中心から感心しており  非人と言われており  暮いており  一まわり致しており  鉢巻を致しており  事実を存じており  塵埃箱を掻き廻いており  威光が光っており  歌にはなっており  ものと見限っており  千秋万楽と祈り上げており  良助さんにもくれぐれも頼んでおり  顛倒しており  状箱に入っており  粒が混じっており  らにも見え透いており  汚れが付いており  鶴巻屋に泊っており  御覧じており  事と存じてはおり  年を取っており  包みを抱えており  物をかかえており  わたしがおり  馬から跳びおり  彼が跳びおり  敬服はしており  有様を見ており  奥から頭を下げており  不気味に覗いており  いまお話いたしており  鐘を見上げており  ふさっており  坊主さんたちにまかれており  冠って、俯せになっており  名が付せられており  ことは定まっており  独特ともいわれており  犯人が隠れており  方々によく、分っており  幕は上っており  開幕時間は、さしせまっており  棒頭がはまっており  新次師匠が申されており  指摘されており  脂汗がにじんでおり  玉がついており  ようになさっており  現場に残されており  仕事をいたしており  これは、いつも、かたく閉されており  あすこに頑張っており  私はよく憶えており  廊下になっており  裏手にそっており  落葉ふんでおり  しろにおり  有難涙に咽びおり  花のように盛りが短いとされており  ことなくており  川面がおりおり  面を撫でており  物売りを致しており  神妙にうけたまわっており  物の本に出ており  墓ですよ、早くおり  承知致しており  五輪塔を暫くながめており  それはきまっており  草鞋をこしらえており  百姓たちを羨ませており  笊を提げており  盃を傾けており  木を植えており  燃えつづいており  進歩しており  絵具が生々しており  窮乏しており  前書が付いており  ためどこか骨ばっており  者を学んでおり  スタイルがちがっており  表象しており  ポエジイが現れており  情が含まれており  理解しており  句と評されており  軒を競っており  さを沈めており  儀は、とく心得ており  妙だなと、見ており  除夜はとうに過ぎており  御料に移されており  切れ糸なども入っており  倖せでおり  師にお教えいただいており  胸ふくらませており  昔とすぎており  はいまだに失せており  防禦にそなえており  晩鐘が鳴っており  貴人かとのみ、心得ており  召使われており  当地にて観ており  村なしており  そくはしてもおり  越前とだけ聞かされており  芸を仕込まれており  充分にできており  者には嘲われており  お待ち申しあげており  都へ行っており  返辞を待ちおり  不遇ではおり  落着きを、ひたすら念じており  毎日を見ており  癇が立っており  木像のごとく押し黙って見せており  おゆるしはえており  安心はしており  便りにも見ており  気質はよく存じ上げており  ところとは、はなはだ違っており  心でおり  眼に見ており  拝謁をとげおり  路傍へひざまずいており  ものかと思うており  跡と申し伝えており  人も住んではおり  折を窺うており  私は恨んでおり  心をきめており  肌守札となっており  先を聞いており  中に加わっており  四段に分かれており  五日にでも当たっており  簾が掛かっており  清正公前より乗っており  傍についており  盃を重ねおり  広間へおり  大群でも舞いおり  広間におり  おばさま、分っており  食物が、まだ残っており  標札が出ており  短銃をかたく掴んでおり  戒めとなっており  かわいい花が咲いており  巻き葉が出来かかっており  根が見えており  髯が長く伸びており  髪の毛を長く伸ばしており  書がかかっており  迷信にも囚われており  耳を傾けており  草むらで鳴いており  清澄におり  辺にもおり  私にようくわかっており  いっさい存じており  から、よく存じており  模写しており  座をかまえており  耳に留めており  踊りぶりが水際立っており  罨法を施しており  年こそ違っており  ように冴えており  看板だけはかけており  あそこには長くおり  中から、書き抜いて持っており  熊谷団子を食べており  お手本を書いており  巻物を売り出しており  性根を奪われており  様子を見おろしており  前後も知らず眠っており  私もお聞き申しており  火は消えており  隠しになってもわかっており  恐怖をさえ浮べており  室堂へ行って、おり  一茶が入っており  ままに残っており  中につかっており  夜這いも、仕馴れており  のは、快からずとしており  城で、見とどけており  あなた様しか残っており  紛争が起っており  慰め申しあげており  鎌倉表に報じており  最期をとげており  呆うけており  かたちで、ほっとしており  わが身に、いい聞かせてもおり  習んでおり  子連れなどがおり  祝ぎ申しあげており  ものとしており  前から身にいいきかせており  登子が戻りたがっており  誉れとしており  病気しており  それを示しており  風情を見せており  蔭から、遠く眺めており  尻ッ尾を振りおり  それをいただいており  身を貧しゅう持っており  二度も通っており  察し申しており  一色村に来ており  ッており  お尋ねし抜いており  ももお待ち申しており  役僧座に勤めており  思い極めており  ことばかり聞きおり  ヘバっており  地方性から独立しており  自認しており  たくさん認め許されており  人間として描かれており  末ながくやって行きたいと思っており  あなたは思っており  オシャベリばかりしており  中に示されており  数回会っており  豊富に持っており  支持者がおり  子供が、かなりおり  読者が、かなりおり  人たちだけには備わっており  批評家たちがおり  体系を持っており  私も知っており  匂いを持っており  母だけは存じており  間に入って取りなしてくれており  徹夜で附ききっており  らん願おうと存じており  充分に出来ており  うさをはらしており  男になっており  家督相続をさせようとしており  機をうかがい、ひとり悩んでおり  遁れに逃れており  あんたのいうとおり  今いうとおり  事にこだわつており  眼つきは消えており  二尺ばかり盛りあがつており  混亂し切つており  荷がおり  四五人はおり  こちらにおり  兄きに附いており  入口をおり  驅けおり  方が進んでおり  緊張しきつており  抱負を持つており  滿足しており  感じを持つており  列車から飛びおり  知つており  地獄におり  此方へおり  變つて來ており  希望をもっており  要求せよ、と云われており  満喫しており  音、おりおり  敵を討ってやろうとねらっており  用を頼んでおり  今でも忘れちゃおり  充分と、懲りており  手分けさせており  ぐるりを見張っており  粉などを湯掻いては、飲ませており  安心して、頷いており  よう寝ついており  それも申さいでおり  女は申しおり  昨夜から拷問しており  乳児を抱いて寝ており  うちに寝かされており  雨露次さんは、おり  柄でもないし、求めてもおり  一筆、書き残して行きおり  照りつづいており  ばやと、待ちかまえてもおり  毎度御用を伺っており  手助けとして伺っており  よう、わきまえており  夜、伺っており  供してまいりたいと申しており  方へ出ており  請状を待っており  よそ見もしており  辻あたりに囲っており  都に住もうており  お方もおり  ことだけは聞き知っており  尼前が交じっており  目を張っており  縒じれており  何を求めており  直筆なりと、聞いており  巣を変えており  そばにでも、おり  ちょっと離れており  宮方を奉じており  上人から、おさしずを受けており  口の酸っぱくなるほど申し上げており  尊敬いたしており  たしかに電気がついており  先へおり  そこへおり  中段におり  崖から下へおり  奥は広くなっており  海水にひたされており  ポチがおり  崖をおり  肌をかけており  縄でおり  ここにこうしてがんばっており  一番先におり  二階が明いており  画風も全く変っており  かたみがわりに睨めており  芸術にはなっており  眼を据えており  シーを学んでおり  姿が現われており  沈吟しており  気象が欠けており  雲の如く群がっており  七兵衛も呆れながら飽かず眺めており  娘さんだとばかり思っており  場内を見廻しており  音を待っており  宇津木兵馬はおり  同情を寄せており  それを戒めてはおり  高尚がっており  方法もよくは心得ており  私は奢っており  衣が幾重にも纏いついており  只今校了をひかえ、何かといそがしくしており  法律は定めており  窓におり  下世話に言うとおり  一番よく見ており  混沌を成しており  初から不足しており  君自身でもいうとおり  火をじっとみつめており  村へおり  番代りがおり  ものとも記されており  馬代金一枚ずつと決っており  大望を持っており  心底でおり  所持致しており  一人お供しており  眼にかかっており  参いっており  帳場に座っており  平生から自慢にしており  稽古が済んだら残っており  不思議が解けずにおり  誰にも明かさずにおり  労咳で臥せっており  物語を承っており  ためではないかと疑いながら承わっており  奇妙に存じており  当時江戸お構いになっており  妾が存じており  無料で剃らせていただきたいと思っており  服装がれっきとしており  さんさんとして輝いており  眼鏡を持っており  それもおり  ものへと向けられており  にこにこ微笑っており  何もまだ、考えており  一緒になられたとか聞いており  感歎しており  二人だとばかり思っており  顔色を変えており  ことが暫く続いており  良吉さんが慌てており  道を歩いており  そこに居合せており  二日たち三日たって、忘れかけており  それからまた忘れかけており  電燈を見つめており  調子がこもっており  わたくしたちはもう寝こんでおり  それに馴れており  泥酔しており  仕度をしており  沙汰しており  大柳生より運ばれて来ており  知悉しており  渋で黒うしており  けさから姿を失せたといわれており  柳斎に匿われており  太鼓打ちなどしており  名を得ており  戦とは決して思うており  心あてにしており  象徴しており  上にもハネ上がっており  武士に立ち返っており  輿もみえており  君は、ちかごろどうしており  軍目付といわれており  議事を尽しており  形がなっており  監禁されており  今日は見えており  おゆるしをえており  ものとみており  欄も腐っており  子は連れており  耳にだけと思うており  お言伝てをいただいており  狙け廻しており  心構えにできており  湯治にでており  女房まで連れており  掟がきびしく行われており  覚悟いたしており  ときはもう飛び退いて立っており  のではありませんが、かねて聞いており  人柄のおおよそは知れており  ちょっと知られてもおり  採用しており  高で引っ込んでおり  格式を持っており  上席におり  滅茶苦茶になっており  壬生浪士といわれており  ことを申し立ててもおり  五六十人もおり  一本は取れる、と申しており  のと違っており  看板を出しており  人までやっており  ところまで響いており  流儀にわたっており  眼に残っており  不思議なりとしており  ようにつとめており  標本として見られており  夢うつつに聞いており  高山は、たいてい登っており  水ばかりで生きており  間は遠ざかっており  指先でひねったりして、ひとり楽しんでおり  人さえおり  お雪ちゃんだけがおり  ぶつだけぶたれており  人気を持っており  水を見つめており  われを忘れており  工夫を凝らしており  夢中になっており  しか見ており  料理をこしらえており  生活におり  心あっており  充分に心得ており  理解はついており  胸を躍らせており  妙を極めており  崖になっており  手前共も周章ており  様に聞いており  手前もよく覚えており  字がポツリと並んでおり  昨晩主人から聞かされており  牛が遊んでおり  錠は、ついており  竹笛を吹いており  音がしており  何百すじも、すいすいと生えており  あま茶の湯をかけており  ぶんをちっともいやがらず、おとなしくしており  子供を見失って困っており  悪いことはしており  ことばを、守らなければならないと思っており  何方かお探しになっており  目的もないので困っており  ほんとうに困っており  彼方此方しており  其処から庭におり  頂戴いたしており  虫と言われており  ことを聞いており  おいでにならねえと聞いており  合わせになっており  ドスを引きつけて睨んでおり  シーンとしており  子達が沢山おり  面識は得ており  意義を認められており  もの位にしか考えられており  原則として認められており  事になって来ており  芝居なぞを見ており  かいたり、寝ころんだりしており  中心になっており  表明しており  表現をしており  心を見せており  満足致しており  表現を作っており  すべてに対して驚いており  不思議がっております、ビクビクしております、うろたえており  ヒョットコヒョットコしており  性格を表わしており  代表させており  関焉と済ましており  相違しており  レコードを見せており  今日に伝えられており  次のごとく訳されており  着席しており  証人として出廷着座しており  喰べさせてもらおうと待ち構えており  意気組を示しており  最前から逆立ちをしており  色が変り果てており  開きっ放しになっており  燃え上っており  三ヶ条に尽きており  尊信しており  無能力を認めており  無為徒食しており  色を見せており  色合はしっかり致しており  鼻だけどことなくソワソワしており  まり有りふれ過ぎており  感応させており  責任を負うており  音吐朗々とやっており  表現しており  嘲笑冷視を以て迎えられており  役人なら一杯喰わされるにきまっており  悟りを開いており  羞恥心が思い切り摺り切れており  会得しており  馬鹿にしており  位入れ交って淀みつ流れつしており  道徳的習慣なぞが残っており  立場に置かれており  位に切り詰められており  眼で見詰められており  貞操はさほどに切り詰められており  理想化されており  混線をやるに決っており  負け惜しみから来ており  処ふり撒かれており  タタキ流すに任せており  気合を見せており  わしており  気持を示しており  鼻はしおらしく控えており  鼻はツンと済ましており  因子が含まれており  事を証せられており  ところに在ると解かれており  問題になっており  羅馬に帰ってしまったと伝えられており  斃れたと伝えられており  解決しており  進化論と名付けられており  しか証明しており  説明を加えており  しか暗示しており  方を向いており  雑多に分かれており  表現に光らせており  鼻息を吹き立てており  下を煽ぎながらニコニコと笑っており  雄名を轟かしており  人間に取り付いており  沙漠を見つめており  めぐりめぐっており  これを楽しませ、威かし、励ましており  固持しており  皆スフィンクスに呪われており  天狗様が笑っており  靴をはいており  機をうかがっており  目通りを願っており  以前のものに返っており  酔も青白う醒めはてており  坊主がおり  こと長々申しおり  者が住みおり  旅舎へうかがって、お目にかかりたいといっており  密かに申しており  ゆめにも思っており  たかをくくっており  那波泊りと見ており  敵にたばかられており  察しいたしており  手筈となっており  范蠡がおり  姿を見せており  密談などしており  子が待っており  者も帰りたがっており  戦勝を祈っており  増加しており  二千に近づいており  裏におり  お迎えに見えており  一報せよと、仰せつかっており  ものめずらに、寄りたかっており  恨みをほざきおり  袖をぬらしており  葉末におり  運動場へおり  黒ずんだ青空にはおりおり  にぎやかに笑うが、またおりおり  通路が設けられており  同居しており  貴方おりて下さい、おり  案内役におり  畔へおり  上諏訪へおり  訴人があると申しており  もと南蛮寺におり  難儀をしており  なに、何時も云うとおり  一生ここにおり  事はおり  外はおり  望がおり  さうず気色すらおり  渡し守はおり  汽車をおり  しっとり露がおり  正夫も既に眠っており  のがないており  枝から枝へ飛び移っており  ただいま電話が鳴っており  目をまわしており  ように、ぎゃあぎゃあ叫びながら、いっぱいに舞いおり  ここからはねおり  水面までおり  ここでおり  河原へおり  火急と伺っており  二報まいっており  布令るばかりに相なっており  黒毛が残っており  方針とも聞いており  さきにおり  足利殿には、ついぞお目にかかっており  えびす顔を作っており  山階家から出ており  お国元より出て来ており  明をそなえており  光栄至極に存じおり  それぞれに持っており  方も努めており  鎌倉表へ、知られており  ここで崩ぜられており  私たちは望んではおり  一勢力がとりまいており  帰島以来、引き籠っており  兼正がおり  参加しており  用意もできており  肉親たちがあまたおり  きのうからここにおり  柵門に来ており  あとを慕っており  われらがおり  お祈り申しあげており  一つものみたいに居眠っており  船手を潜ませており  柵守をしており  身を寄せており  明察がついており  虎視を光らしており  応えが聞えており  躍起となっており  外へ走らせており  ところだけをほの紅く腫らしており  かしこまっており  ぼんやりとしており  浅間におり  評判では、あんまりおり  煙草をのんでおり  興が乗っており  っきりにしており  爛々と光っており  御覧じませ、こうしており  世話を焼いており  馬を歩ませており  大声を発しており  日頃から感じており  熊を見つめており  舌を巻いており  立派に生き返っており  心服しており  当人はいないにきまっており  無言でおり  ように、残されており  家柄だと申しており  かいわれており  それは間違っており  お話も承っており  注視しており  廣い河原へおり  ぱいに舞ひおり  つて丘をおり  三つ四つ出ており  人が数多くはいって住んでおり  者が、ただおりおり  一つで共に出て働いており  ほかは、おりおり  御手洗川が流れており  萱葺きにしており  ついでにはおりおり  お触れがでており  私たちが知っており  早天から田におり  今でもおりおり  茶菓子ともいっており  よそきまっており  たくさん働いており  日覆いがおり  ぼく飛びおり  一ぺんにおり  ふうにしており  褓育されており  述ており  良人はもう眠っており  オーバーを著せており  卦は動いており  から、生きており  マルコはじっとしており  最後途中でおり  自由にはおり  女子供があげており  顔を出すといっており  誰でも知っており  懸命になっており  誰も住んでおり  躊躇しており  母親に読んでもらっており  オオさんと云っており  火が入っており  尺八を吹いており  尺八を聞いており  音は全く絶えており  道連れだと存じており  教育されており  通り着物をたたんでおり  日記を書いており  透明に澄んでおり  酒を酌み交わしており  物になっており  顔色をしており  仏生寺弥助殿なら承っており  音は止んでおり  茫洋として覚えており  他人を入れまいとしており  わたしたちのおり  山がかぶさっており  みんな眠っており  煙を吐いており  八ヶ岳とが、遠くかすんでおり  白馬が棲んでおり  ように鋭くそそり立っており  白眼んだとおり  身内が詰めており  ほうに住んでおり  上京後はおりおり  日除幕がおり  それがおり  重きをなしており  作品を種々遺しており  相場をしており  新古とも売っており  生気が残っており  階下へ駈けおり  暮らしており  出入りは致しており  顔を見せてくれるなといって断っており  馬を打たせており  誰にも認められており  公認されており  一つ出没しており  二人まで加わっており  引揚げるといって騒いでおり  最初から機嫌を損じており  最初から意気込んでおり  十分に与えられており  頭を持っており  弁信はおり  取扱いを受けており  顋をおさえながら見ており  卓上に散ばっており  神樂坂上を走りおり  底をつきかけており  まめにうごいており  私までが大助かりをしており  みな言いあっており  深夜ながらお目にかかりたいといっており  注意しており  武門もだいぶおり  急峻をなしており  いつか伺っており  連絡に働いており  人は住んでおり  働きをしており  手紙を、おたのみしたいと言っており  おつとめをしており  庭へ駈けおり  任命は出ており  所存でおり  弧を描いており  いま船からおり  重々申しわけなく存じており  金剛山とやらで死んでおり  恩にかんじており  おん名はみえており  近江殿とたれも評しており  日頃さように申し上げており  家にも入れており  みなもお案じいたしており  口を守っており  みな揃うており  ここに会しており  何も申しあげており  師直も聞かされており  ことなど考えており  うつつを抜かしおり  宿まで行っており  行軍しており  重要さも知りつくしており  お待ちをねがっており  使者へ渡すべしと、申しつかっており  姿が見えぬと騒ぎおり  木菟党について知っており  真直に馳せおり  ところまで、おり  雁もおり  家よりも良う知っており  風邪引いたかと思うており  余計に数えており  永年数え慣れており  ケン十人見張っており  余分に取込んでおり  くり返いており  ダイブ失恋しており  警察から禁められており  食物にしており  押頂いており  顔を見上げており  耳だけがハッキリ聞こえており  動静を考えており  千秋楽になっており  親爺がピンピンして頑張っており  頭を下げており  誰にも云わずにおり  煙草を吸うており  中に座っており  掌を見ており  神様ですが、迷うており  一パイ溜めており  聴診器を持って来ており  感心して見ており  本音かなと思うており  グビリグビリやっており  ずりまわしており  枕元に座っており  タッタ一枚着ており  人物が出来ており  ように出来ており  御名を唱えながら見ており  加減区劃りをつけてはねおり  光は、おりおり  思いでおり  ことがおりおり  ちょっとえい景色ねい、おり  わたしもそう思うわ、早くおり  湖畔へおり  何も伺っており  年期を入れており  天主台を駆けおり  奥庭にひょっくり飛びおり  手前を兼ねておりおり  俗歌をそらんじて、おりおり  ちょっと束ねており  事は心得ており  医学者がつづいており  灰色になっており  カーテンがおり  面を作っており  どこにはたらいており  こまかい部品器具が集まっており  地方から上野駅でおり  穴へおり  大言のみ吐きおり  開始されており  獄を叩いて、わめきおり  千余騎はおり  佐々木道誉もおり  要所などに、むらがりおり  ためと称えており  仲時がおり  しどろに防ぎ疲れており  のが載っており  ここはこうしており  うちから頻々と出ており  道ではいわれており  熟練しており  いつか二千を超えており  草木を吹きなでており  やからは、もう出つくしており  日々を送っており  のどを突き、相果てており  阿弥衆がおり  小袋坂をまえにしており  矢のかずを持っており  まいど歯がみを噛んでおり  算出されており  菩提所とうかがっており  これにひかえており  手当を加えており  みな言い合うており  主人も申しおり  武士が混み入っており  ようだと聞いており  毎日、尋ね歩いており  赤橋家におり  中に埋もれており  名をつがせてやりたいと思っており  いぶはなれており  興味を持っており  影響にはなれており  まわりにおり  貧乏ではありましたが、楽しく、暮らしており  米俵を駆けのぼったり、駆けおり  顔を見ており  ものが散らかっており  鉄板でできており  少年もおり  金目銀目を光らしており  方を向いて、じっと立っており  チヨ子がついており  理官を勤めており  私も諦めており  喪でも明けたらと思っており  届けしようと思いまして、持っており  覚悟をきめており  者がなくて困っており  方へ逃げており  中に待っており  夫婦になっており  意志に懸っており  そうで、一度お目にかかりたいと思っており  からお目にかかりたいと思っており  蔭ながらお聞きしては、心強く存じており  気にかかっており  人だと信じており  横田は申しており  私は固く信じており  あなたを信じており  ことが出来るほどになっており  平気でおり  ことを、祈っており  あなたから来て頂いてもよいと考えており  ままでいたいと、そう申しており  自重を切に切に祈っており  声もおりおり  護良が嘆いており  兵衛これにおり  隊はひきいており  猛暑だともいわれており  諸州に渡っており  ため禁裡へ召されており  一同驚嘆申しあげており  兄もさように申しており  彼はよく見ぬいており  客座に運び出されており  定評となっており  右往左往にしており  さしずをうかがっており  同意をも得ており  轍を見ており  のといって、いたく恐れられており  呆けており  の許へも伺いたいとぞんじおり  今道鏡だなどといっており  憚ッており  ひそかに持っており  目にみえており  まりかえっており  密にしており  草心尼とやらが、つき添うており  御存知と思うており  供廻りが言いおり  前夜からお待ちしており  泥を吐きおり  大言を吐きおり  老母もおり  六も申しおり  命をいただくと、吠えおり  いまも変っており  退治しており  うまい商売さえしており  受けに受けており  目をつけており  耳に入れており  立派についており  ところは言っており  みな評判しており  蔭口されており  代々近江伊吹に住みおり  弟義助にも戒めており  注視を怠っており  自分は聞いており  無念がっており  ッそりかんとしており  同車しており  黙契と伺っており  逆上はしており  参内しており  警固につかんと言いおり  気がかりとはしており  よしを聞いており  気を研いでおり  一計であったと申しており  内定をみており  湯殿普請などいそがせており  穴が待っており  特に興味を持っており  らは聞いており  ほうにはかつえきっており  噂にだけは聞いており  それは存じませんけれど、存じておりましても、存じており  今まで忘れており  身とは覚っており  ことだけを存じており  観念を致しており  気にもとめており  一つ宿におり  失礼のみ致しており  白骨におり  みんな、そういっておぞけをふるっており  案内をしようと存じており  こと睨みつづけており  傍へ来ており  お言伝を頼んで、寝つづけにしており  お願いに出ようか知らと思っており  のじゃないか知らと思っており  静かになっており  田山白雲がおり  田舎なんぞにそうたんとは転がっており  想像しており  笠をいただいており  以前から思案しており  白紙でおり  土地と聞いており  色が、いよいよ濃くなっており  自信は持っており  わしになっており  薪をこしらえており  犬をこそ最も恐れており  沢井におり  すこやかにお育て申しており  ことばかり願っており  つもりではおり  観念をしており  一人で暫く止まっており  今日まで引込んでおり  憎しみで充ち満ちており  のだと、こう言っており  口々に言っており  床に就いており  ことをかえって恐れており  噂しており  心を締めており  本望だと思っており  湯治へでも行けとすすめられており  ことばかり申しており  わたしが叱っており  国に残っており  ことはわかっており  いつまでもお待ち申しており  市電をおり  あとからのっそりとおり  みんな、おりた、おり  寝泊りしており  私はまだすんでおり  貿易商会につとめており  階下へ駆けおり  非常梯子をおり  非常に急いで歩いており  家具をやっており  三つついており  から角ばった包を持っており  榻から飛びおり  店を片付けており  お祈り申しており  しか二十五だと聞いており  二人で暮らしており  部屋に閉じ籠っており  庭になっており  から近日上ろうと申しており  暇でおり  御馳走を拵えており  感心だと申しており  良人も申しており  章魚を叩きおり  北の方に高く聳えており  六百年以来住んでおり  五体がバラバラになって、かけられており  前に立っており  ものとあきらめており  後家を立てており  冷静に見もし、聞きもしており  平原を見おろしており  皮をよく知っており  こと崇敬を捧げており  構えを持っており  用意はしており  故郷とかねて承っており  供養を捧げたいと心がけており  気に病んで、おりおり  スープに似ており  位だと申して大層ありがたがっており  以前拝見致して覚えており  支度を致しており  料理になさると生臭くなくって極くさっぱりとしており  孔が明いており  生活をしようと思っており  郷里におり  中で泣いており  思案をしており  位に疑っており  父がよく知っており  以前神戸辺にもおり  無我夢中でおり  配達させており  配合法が似ており  鮮しいほど好いと思っており  三年前から折りおり  者が言いおり  何を書き残しており  そこからありがたいとおもっており  陣装を構えており  整列しており  逆上もしており  覚悟もしており  信濃へ落ちており  一室にふさぎこんでおり  べつに泣いてもおり  火をたきつけておりましたので、つい、うかとしており  みな無念にぞんじており  公布しており  一切みとめてなどおり  所はないとも言っており  杖なども離しており  殿軍をつとめており  目にかけるといっており  まま水に洗われており  大友左近将監貞載まで願い出ており  守りに返っており  何ぶんにも疲れはてており  君が隠れ住んでおり  あとに駈けつづいており  他へ移されており  急進をしめしており  算をみだしており  陣について、歩き暮れており  から戦を避けて住もうており  僧門に隠してはおり  人誰もの苦患はわきまえており  飛脚がまいっており  無事息災におり  うち、こう仰せられており  大捷を博しており  自身二度もお訪ね申してはおり  撃滅を期しており  高台を駈けおり  ほどは知れており  坂を駈けおり  武家では折りおり  肩揚げもおり  下枝におり  待機しており  しかやっており  何しており  赴任しており  登山をうかがっており  秘事にしておけと、申しつかっており  さいそくにもかかわらず、つい遅れており  あれにおり  拝してもおり  から常に伺っており  沙汰にも聞いており  ものと申しており  所から上がっており  苦戦しており  臍を噛んでおり  父妙恵入道がおり  うちに陥ちており  噂と聞いており  博多へ入っており  御方へ届けられたとうけたまわっており  がめを怖れ合うており  地下でよろこんでおり  出迎えに出ており  墨付をうけており  しかつい心得ており  鳴りをひそめており  上ぐべきか、つい迷うており  かたちをしており  傍に立っており  いたずらをするにきまっており  遠慮をするにきまっており  武器も持っており  しか持っており  愛嬌を持ち合わせており  ここに来ており  ことだと存じており  あるかのように、取残されており  遠慮を致して隠れており  ことは暫く忘れており  おっかさんから言いつかっており  両国にもおり  田舎廻りをしており  それを聴いており  ことを甘んじており  殺生ではないと信じており  琵琶は少々心得ており  連が詰めかけており  中に立ちすくんでおり  案内を乞うており  呼吸が絶えており  者が折りおり  不名誉にも思うており  仁術と言われており  のはまったく間違っており  問題として考えており  のですが、実に困っており  聖人も申されており  慎しんでおろうと思うており  二億円はかかると申しており  前身を知っており  まり多く一人でしゃべりすぎており  すべて煙を出しており  煩悶を重ねており  青瓢箪ばかりかと思っており  気は狂れており  世間並にしており  理事をしており  利子に困っており  忠臣一人くらいがあるだろうかと思うており  ところが違っており  のを防いでおり  腐敗しており  積りでおり  ことをしており  結果が上がらなくって困っており  この間松島さんから聞いて、一度言うてやりましょうと考えており  煙が多く出過ぎており  数が増しており  努力をしており  五里と言われており  街だと教えられており  役所に出ており  ぼんやりしており  全部天王寺公園に集まっており  仕事だけはしており  みな休業いたしており  葬礼人足が言っており  一インチ半とか言うており  大阪におり  発見せられており  生存競争が行われており  ものとは少し違っており  設計も出来ており  進化しており  痛感しており  関係があると言うており  階級争闘もやっており  目出たく纏まりかかっており  覚えはないと申しており  御用は徴せられており  一期をかくごしており  気狂いじゃ、ほら吹きよと、とかく嫌われており  制を布いており  法橋どのは、かたく申しており  いつまでもお待ちいたしており  独り泣き暮れており  河内におり  世を仰ぎのぞんでおり  幸いしており  心をくだいており  時親先生をおたずねしており  二名がおり  委細は伺うており  お願いをと、疼きおり  編入されており  司令を待ちおり  船脚と見合せながら進んでおり  はずと、うけたまわっており  おこたえ仕りたいと存じており  約束どおり彼方で報せており  旗をかかげており  あばたが、やりおり  みな鞍をおり  ッ逆さまに駈けおり  みな避難しており  多くは失っており  姿を消しており  物見も知らせており  会下山をかけおり  石段となっており  部落のそとまで、近々と迫り寄っており  嗜虐、やりおり  逸散に駈けおり  戦意を失っており  剃髪しており  お知らせも来ており  内へ来て、さしひかえており  文を持っており  直義、持ち合せており  陣所を移し去っており  死者をも出してきており  こと、よう心得ぬいており  まち申しあげており  うそは申しあげており  日は経ても、何で忘れており  恩は忘れており  直義にまかせきっており  大将ではおり  望むにきまッており  中にゆれており  蔭でうかがっており  道と信じており  持しており  警固はゆるめており  輩もおり  耳に入っており  何かを策しており  再起をはかっており  名も伺っており  交際を願っており  一つ脱れており  稽古所ばいりをしたり、折りおり  新造でおり  女房のおり  平兵衛は黙っており  手に下げており  日を待っており  気が勝っており  婿も決まっており  年期を入れさせており  名はおり  個所に立っており  蔭に潜んでひたすらおり  糸がおり  浦和へ帰っており  腰にしており  履物を預かっており  鼻緒が切れたんで立ててあげており  めあてが続々繰り込んでおり  出を待っており  手にかかっており  運命を案じており  以てよく分っており  悲痛を思いやってはおり  さいぜんから差控えており  わたくしが控えており  わたくしが念じおり  明りもついており  刷いてみており  最初からとりかかっており  ものを目論んでおり  下絵に取りかかっており  下図調べにかかっており  賛をのせていただきたいと、こう思っており  みんな揃っており  草鞋を取っており  あたりをそぞろ歩いており  気持で眺めており  評判しており  ことはよく知っており  それに尽しており  おこたがよく出来ており  筆記に廻させており  書き手が足りませんで困っており  人はないかとしきりに探しておりますが、見つかりませんで困っており  次へとなっており  荒栲を見返っており  宴を催しており  一生懸命うつさしており  充実しきっており  縄がついており  註文通りそこにおり  怒気を含んでおり  身をぶちこんでおり  異常があると思っており  お話を聞かせていただいており  のを忘れており  名前は承っており  お寺におり  講義を聴いており  争いを承っており  暗記いたしており  ことはないとは思っており  男同士が殺し合っており  一カ月余りも死なないでおり  お移りとは、かねて伺っており  ことし十五となっており  急使を受けており  憂いにおびえ出しており  青田にもなっており  手に入れており  屋へ来てひかえており  冥加に思うており  母と聞いており  使者を交わしており  病歿しており  名は伺っており  せがれにかけており  内で営みたいと存じており  おん譫言さえ洩れ伺うており  自負しており  前より根強くなり進んで来ており  争いかと悲しまれており  易らずにおり  人が、憎ていにいよいよ栄えており  乙女とはよく似ており  奥様がおり  から、送ってやろうと思うており  鏡を持っていたとか申し伝えており  懐に呑んでおり  土筆でも生えており  半ヶ年あっちにおり  帰りたい帰りたいいうており  子供がはめており  注目しつづけており  ストーンがそう言いたがっており  上へおり  水が出ており  それをもっており  別にしており  怨みはしており  面接して生きており  ために働いており  毎日、有難く働かせてもらっており  余りある光を与えており  むやみに歩いており  儀もあるやに察し申しており  ことを考えさせられており  針を運んでおり  これとをじっと見くらべており  はずはないにきまっており  身を置かされており  ここに待っており  それはよう心得ており  後ろ姿をながめており  駒井はよく知っており  何か働いており  ところのものになっており  主人のいうとおり  袖が少し切裂かれており  突端と睨み合いに、出張っており  店を出しており  酒に酔って打倒れており  賽の目に並んでおり  夢中でおり  気でおり  倒になっており  手伝いに参っており  桟が弛んでさえおり  小刀を持っちゃおり  押被さっており  早や固くなっており  何となく思ってでもおり  ことは夢にも考えており  通夜をしており  鈴がついており  叔母はじめ固くそう信じており  心を傷めており  奥へと深く入込んでおり  歓迎に出ており  そこに居て、存じており  うちに来てもらおう思うており  病院でも困っており  団子坂下から電車をおり  端をほおり  先日ので済んでおり  径をおり  習慣になっており  症候としており  薬剤師であると言われており  売薬業をしており  本がぎっしりはいっており  土手に立っており  説明しており  夜のそらにくっきり白く立っており  われを忘れて見とれており  博士がひらりと飛びおり  ゆっくりゆれており  どんどんのぼっており  小屋におり  ように黒く出ており  のをながめており  酒を飲んでおり  侍が住んでおり  時になっており  わたくしの頂いており  薬売りに示しており  教師をしており  ことは覚えており  チョビリ生えており  医師にかかっており  往ったりしており  私一人が坐っており  薬を飲んでおり  薬指は、すこしまがっており  気になっており  三人ばかりもおり  拝見は致しており  話に承っており  のに暫く隠れており  うちを片づけたりして待っており  ムク犬がおり  ことはわかり切っており  ロケーションを眺めており  お話と、あんまりよく似過ぎており  修繕仕事を手伝わせていただいており  読誦しており  うちに埋もれており  識といっており  二つの方面から説明しており  彼岸と名づけており  力説しており  ことばを使っており  三種あるといっており  色といっており  博士がおり  誡めており  花がニッコリ微笑んでおり  十分わかっており  経に出ており  道元禅師はいっており  解釈をしており  ことばが出ており  ことばをのこしており  ショウペンハウエルはいっており  ことを書いており  のだ、といっており  言葉をつけ加えており  祖ザメンホフはいっており  巻頭に書いており  心にくらべて説いており  化粧しており  一条件にしており  事を書いており  讃嘆しており  諷刺しており  古人はいっており  配釈しており  中にこう仰せられており  ほうへまいっており  美代子さんを見ており  キョロキョロあたりを見まわしており  そうにニコニコしており  看護婦もおり  長夜のおりおり  交際を結びおり  ぎきをしており  から、しばらくじっとしており  ゃあにゃあと鳴いており  つり下がっており  選手も揃っており  お前も覚えており  ハイ、よく覚えており  さらなかったのですか、もっとも大層よく似ており  無表情でおり  遊女を侍らせ、悠々くらしており  淀川堤におり  あんたを待ち焦れており  希望に委せて売っており  筋金が入っており  骨が入っており  羚羊も数多くおり  こともよくわかっており  お雪ちゃんがおり  眺めあかしており  つもりで、こうして眺めており  工事に取りかかっており  先程ここで見ており  上を飛び廻っており  無残に残っており  お礼にも出ており  一つに数えられており  標高が高まっており  あいだ住んでおり  私もよく取調べており  避難しており  大小二つの滝がかかっており  進行しており  障子が白くなっており  八景めぐりでもしており  神妙に見ており  格に入っており  北海道におり  のを使っており  場合におり  現場に墜ちており  たよりがおりおり  河原へ飛びおり  彼はいきおいよく飛びおり  ように走りおり  金を取っており  臣外臣が控えており  教訓に富んでおり  ソ連におり  中に生きており  誇張でつたえており  関係はもっており  女として暮しており  ものを沢山扱っており  息子を見ており  金がありあまっており  発達を遂げて来ており  変化してあらわれており  民主主義になっており  実現されており  暴力団狩りが始まっており  気風とみられており  文学的にいっており  素質が欠けており  先ほどから、気づいてはおり  ためだといっており  わしの云うとおり  一百五十年の久しきにわたりており  藤原時代にまさっており  偏しており  散在しており  ひととおり  掲焉とともっており  肖柏もまたおりおり  日記に見えており  明智入道玄宣等は、おりおり  事にいたしており  目標にしており  方がずらりと並んでおり  たくさん住んでおり  それなど愛しており  ものに溢れており  小物を売っているので、懐しがっており  一つとしてのこっており  私共は見ており  いただきたいと考えており  久子がおり  錠のおり  大宮駅でおり  往還路へおり  ように輝いており  成増でおり  水際へ走りおり  家へ嫁いており  歿くしており  薬舗へ勤めており  毎日対手がなくて困っており  朝からお待ちしており  毎日遊んでおり  ひとりでこうしており  秀王墻対面に住んでおり  災をしようとしており  白蛇がおり  家に来ており  いっしょになっており  所までくると、するするとつたわっており  はしごをおり  中ほどをおり  やすませており  哀れに赤茶けて薄くなっており  高どのをおり  影におおわれており  艶子がおり  養女に行っており  ころから私はあらわれており  技師をしており  多分に持っており  ようにうつっており  少年がおり  荷うており  坊ちゃん、もうおり  初版よりも少し細くなっており  二年生になろうとしており  写真入りでのっており  姿にかわっており  夢中になって見ており  通りにふっくらとなっており  坂路をおり  庭におりたので、続いて飛びおり  のを持つており  結はいており  四階へおり  地平線にはおりおり  そこがあまりおり  線で貫かれており  完成にちかづいており  名誉観を有っており  自分に残っており  実物よりもずっと良く撮れており  マターファが坐っており  饑餓に脅されており  人々とを愛しており  耳を剃落しており  上からまっすぐに向ふへかけおり  紫がかっており  者となっており  復讐者と、なっており  一寸法師がおり  歌がおり  六歳に達しており  信念をいだいており  あたり近所を劃しており  ちゃんとわたしには読めており  通り持っており  稼業をしており  沸騰をつづけており  米友はよく知っており  為さんようをながめており  懊悩をつづけており  頭巾に包んでおり  眼を注いでおり  下に見えており  私共がようく心得ており  長浜におり  従妹の連合いになっており  しとやかに立っており  弾正さえ生きており  名を名乗っており  大勢して遊んでおり  気にもならないでおり  思案しており  藤吉郎がおり  一人エライのが出ており  蔭におり  おかげとばかり思っており  それと似通っており  さを含んでおり  こちらで伺っており  幸福ではないと覚えており  一身にあつめており  出生とばかり存じ上げており  白拍子のはかないつとめをいたしており  位に登っており  的とされており  提灯が、いつの間にかふっと消えており  狼狽を極めており  寝息を揚げており  物を考え込んでおり  怪我がなければいいと思っており  お雪ちゃんからも、絶えず聞いており  ところを伺っており  手拭を持っており  私がついており  からないでおり  誰もやっており  近ごろ改名を致したいと、こう考えており  責任を負ってしまってよろしいと存じており  一刀三礼をやっており  断絶しており  容子までは、まだ窺い上げており  私利栄達も考えており  かな家を構えており  中国とはちがっており  官兵衛は忘れがたく存じており  潜行しており  足軽を配して当っており  奮戦しており  訓練されており  総力で急がせており  唯今から楽しんでおり  吃驚しており  顔して、暮しており  栽っており  撃退しており  慰撫に努めており  一にしており  常態になっており  家宝にもせばやと存じて、常に携えており  糧道を断っており  小者も連れており  噂になっており  いろいろにいい囃されており  お立ち帰りになったとか伺っており  御着へもどっており  部分はむしろはみ出しており  髪の毛もそろっており  価値もなくなっており  途中でおりおり  三六・八%に減っており  感謝を捧げており  津のいうとおり  から伺つており  お祈りいたしており  気味で、臥せつており  方に勤めており  いま、あいにく、出かけており  抑えに抑えており  心にきめており  それをゆるさぬと信じており  ことを祈つており  伺つており  昆虫記を借り出して読んでおり  空想いたしており  ハギの言うとおり  世話をありがたく思っており  彼は疲れており  ように浮出しており  義務を果しており  自分が愛しており  痕跡は残っており  娘が参っており  頭が濡れており  名を聞いており  処は解っており  お茶屋も懸っており  小雨が降っており  おいでなさいますのも、存じており  ことはと存じており  肯入れはなさりますまいと、そう思いまして黙って見ており  父様も案じており  よそと張合っており  人なら、存じており  怪我をしており  評判をいたしており  つけようッて働いており  涙が出ます、実は耐えており  別で、そうかといって見ており  御存じだと云っており  上を昇ったりおり  木の実を食っており  鎌倉におり  わたしはちっとも知らずにおり  夜で、ただ折りおり  橋をおり  ゆえ、おりおり  規矩をなしており  包含されており  祝杯をお挙げになっており  岩が立っており  寝室になっており  美人がおり  気分の漲ってくるおり  さは、あるおり  評を求めたおり  面接したおり  雑談にふけったおり  二人までがおり  ものが降っており  様子で立っており  顔をかくして寝ており  首を絞められて冷たくなっており  文字がついており  父はたいへん気に入っており  密生しており  から使っており  水で濡れており  三つ四つに割れており  顔を見合わせており  百五十円ずつ送っており  つるがおり  道具などがよくみがかれており  ゆかはそうじがゆきとどいており  森へおり  翌日病死しており  誰も知っており  噂をうけたまわっており  野村はつかえがおり  条件を具えており  においが漂っており  胸部から血を流して死んでおり  未練を残しており  誤解しており  真意がわかっており  姿になっており  表情がうかんでおり  盗難顛末が報ぜられており  私は折りおり  展覧会もみられずにおり  田圃になっており  会員を擁しており  名前があらわれており  きりぎりす、はたおり  伺いしたいと思っており  微笑しており  小間物屋こそいたしており  お作りになれるだろうと存じており  重々承知いたしており  春水を出そうかと存じており  噂が伝わっており  わたしにもよく分っており  あなたを、心から慕っており  郵便箱にはいっており  私を知っており  やうにぽたりとおり  旅をして存じており  ようにぼたりとおり  殆ど知られており  方などにも当っており  ことが記されており  白馬に乗っており  行宮がちらばっており  私は解しており  暗示をしようと努めており  陵へ移されており  謝しており  そればかりを案じており  介抱を致しており  関係を結んでおり  口紅がついており  行動しており  欲望に生きており  下駄一足をぶら下げており  迂回しており  入口が設けられており  検屍が済んでしまっており  医員に聞いており  裏表から濡れており  水滴が夥しく零れており  一間ほど離れており  己ひとりにとじこもっており  火を見るよりもはっきり致しており  目をつぶっており  本が着いており  前に恥じようと致しており  遠方に住んでおり  胸がくるしく悶えており  半分ほど使っており  音をきいており  ぼんやり物思いに沈んでおり  仏に念じており  庭にでもおり  ろうそくを売っており  なりゆきを見守っており  田山白雲も見届けており  教養を持っており  執着を持っており  ものだと心得ており  館を造っており  関守さんも申しており  銀様はおっしゃっており  留守番をつとめており  青年もおり  心を癒しており  野に流れており  人に、かねてより大いなる憧れを持っており  戸締りが出来ており  ほほ笑みをつづけており  爛々と燃えており  二頭ともに餓えており  猛獣化しており  憤怒が加わっており  塵一つ汚れちゃおり  覆面をしており  覆面とよく似ており  納っており  耳をすましており  会話は暫く途切れており  自家用だけにしており  謝絶してしまっており  さすっており  身を漬けており  こちらをながめており  待兼ねており  道よりをしており  鐚助夙に承っており  寵愛を受けており  剛の者がついており  召使っており  ように愛されており  柱とも頼みきっており  品格を持っており  肉体を持っており  調子が揃っており  頭で考えており  調子がととのっており  ぶりもおのずから練れており  賞めており  詩だけを承っており  冬季に入っており  グルグル見廻しており  人間は住んでおり  四方見晴しにきまっており  評判になっており  姿勢におり  次の如く書きつづけており  風采が似ており  草原を見つめており  立小便をしており  弁当を開いており  唐崎浜まで来合わせており  番をつとめており  会所になっており  大任を受けており  面貌をしており  出立を控えており  炭を見つめており  拙者があずかっており  住居を致しおり  巣を構えており  歴史をもっており  面影が残っており  寺宝があるとも承り、またないとも承っており  禄しており  謝絶しており  こっちに分っており  停留場におり  芽が並んでおり  拙者もよく存じており  人間扱いにはしており  才能を持っており  名も覚えており  大勢友達がおり  ことを申しており  昔から肥ってはおり  窓から庭へ飛びおり  動転してしまってどきどき言っており  御許に還ろうとしており  家を潰してしまいはしまいかと、びくびくしており  眼をまやかそうなんて考えてもおり  あなたにもやっぱり印しが附いており  苦患が待っており  欝いでおり  驟雨がおりおり  夕闇のおり  諺の言うとおり  機才にあふれており  人があるかと思っては、おりおり  友であり、そう信じており  的才能が乏しくはなかったので、ちょうどおり  女にいっそう向けられており  魅力にまだとらえられており  唸り声に似ており  子供のおり  非常に愛したがっており  老人はおり  彼がおり  モデスタはなお話しつづけており  太陽は輝いており  駅員がおり  貴顕紳士に限られており  あたりすこし赤らみておりおり  波寄せておりおり  我身すらおりおり  言ならべず、ただおりおり  その間源叔父はおりおり  看病に上りたいと申しており  夜分にでも届けると申しており  わたくしは起きており  我慢してきいており  ように積まれており  もんがおり  ことしか考えており  ほうにおり  結婚はしており  そりやあもうわかつており  いるかを思いだしてぞつとしており  春も過ぎようとしており  はつきり伝えており  大丈夫だと信じており  解決には役立つており  すゝけた天井から煙が舞いおり  夕やみがおり  功徳になるかと心得ており  狼藉を極めており  今ではどうなっており  面立ちをしており  ように浮んでおり  空間とをぼかしており  ように納まっており  餅を売っており  ように承っており  返事を与えないでおり  眼に睨んでおり  運転をしており  誰がおり  目で見ており  温泉宿を開いており  人だろうぐらいに見ており  みんな感心しており  さわぎがおっぱじまると待構えており  何かひそひそと話し合っており  研究を進めており  数珠をかけており  心配を持っており  南に向っており  角さんが附いており  一変しており  銘がはっきり出ており  貧乏神として嫌われており  座に通って、すまし込んで控えており  先刻心得ており  前まで来ており  何者とが相闘っており  得意を以て満ちており  のが隠れており  われわれと同じく苦しんでおり  扉をこわしており  みずから信じており  車と申しており  声で騒がしくおり  開田村とに跨がっており  ように述べられており  意識しており  地球は回っており  かたをしており  演奏会のおりおり  見物しており  私に迫って来ており  目も暗くなっており  かわいそうに思っており  ことと恐れ入っており  宮廷におり  ことにも通じており  そこへはおりおり  弟子になって通っており  関係はつながっており  一字だって混じっており  当時思っており  通り路になっており  私はじめ兄弟はにがにがしがっており  習慣に従っており  未練を持っており  ことはまだ聞いており  ことによく通じており  女たちがつけており  確かにおり  ことだと思って、おりおり  霧の濃くおり  随身たちもおり  なりすましており  下を向いており  死人などを取り扱い馴れており  昔知っており  乳母をしており  隠しなど決してしようとは思っており  乳母が住んでおり  ものだと思って喜んでおり  舞踏も心得ており  私は少しも恨んでおり  感動のおりおり  よし子といっており  修験僧がおり  老体になっており  術も忘れており  崖を少しおり  どこよりもよく纏っており  邸宅を構えており  暮れに近うなっており  瘧病にかかっており  ことですから、隠れて来ており  庭にはできており  心配して暮らしており  何もわかっており  お話しいたそうとしており  たよりにしており  私は何もかも存じており  気おくれがいたしまして、思っており  何とも申し上げませんでもと存じており  恐縮いたしており  私は苦しんでおり  承知しながらも悲しんでおり  からがよろしかろうと存じており  明日迎えに行くと言っておよこしになりましたので、取り込んでおり  私どもめいめい申し合っており  女房たちがやすんでおり  何かのおりおり  源氏が決めていて、おりおり  縁はよろしくございませんとも言っており  のによいおり  だめでございますってお断わりばかりしており  私にはよく分っており  御大切には思っており  懇意を願っており  船乗りをしており  ようにと思いまして、出来るだけ手伝っており  一つ建っており  ドクトル論文にはおりおり  興味が集まっており  京へ上って来たりしており  夫人は泣いてばかりいて、おりおり  お尋ねもしないでおり  みずから慰めており  別れを悲しがっており  暢気に思っており  健気に申しており  宿直をいたしており  親切にしてさしあげており  御前におり  何をなすっていらっしったか、よく存じており  書斎で書いており  まま京におり  ことができずに悲しんでおり  あれが生きており  煩悶をしており  隠栖になっており  辺へ迎えにまいっており  高みを駈けおり  ことも承っており  絶え間もなく降っており  以前から知っており  交際をしなくなっており  言葉もおりおり  死後に参りたいと願っており  心に、おりおり  気分になっており  時などに時々弾いており  配偶者を与えたまえと祈っており  地方人に成り下がっており  ことであろうと悲しんでおり  ことを何とも思っており  からなく思っており  何もなくなっており  悶々としており  ことをおりおり  色を見せたそのおりおり  ことかと存じており  考えはもう決っており  例になっており  ことを思って、おりおり  命にしており  平生思っており  いつまでも残っており  母もおり  娘たちもおり  から、なおおりおり  竹取物語よりずっとすぐれており  点ですぐれており  希望がおりおり  所になっており  世の中へ帰ってまいって苦しんでおり  苦労にしており  厚情を忘れており  山に取り巻かれており  好意は彫りつけられており  ことも信じており  それでいいと思っており  のんきに思っており  努力はしており  恐怖状態になっており  院に住んでおり  だだれにも言われており  最上のものに言われており  景色によく似ており  漂泊えており  雑務に追われてばかりおり  さすらい人になっており  古今無比とお見上げ申しており  想像は誤っており  気持ちになっており  はずと思っており  ようにも見ており  ように見下しており  こちらへ上がっており  私ですが、生きており  姿になって、疲れてしまっており  世話をやいており  そのままに見ており  御所におり  節邸へ帰っており  御主人様だとただ今まで思っており  過去を忘れてしまっており  ように寂しく見ており  もったいないことと思っており  ことを、もうぼけており  二十年も行っており  太政大臣様にお仕えしており  ことができないでおり  おなりにならないかと存じており  時から源氏はおりおり  ことか、死んでおり  弟がおり  餠にも祝っており  ことを思っており  追憶に苦しんで、おりおり  晩年をお見せしており  こととを考えており  熟睡に落ちており  世界におり  誰が騒いでおり  以前と少しも変っており  了見が間違っており  犬がおり  これもしきりに物語りをしており  時分、すっかり覚めており  ひとり言を言っており  支持しており  屋台骨が傾いており  それを考えており  血眼になっており  幽霊がおり  役どころを、つとめており  わたしがくわしく存じており  気勢は、変っており  川を渡っており  時は、もう暗くなっており  世を忍んでおり  座敷に戻っており  雑居を致しており  ものに出来ており  動顛しており  気分に溢れており  社会には充ち満ちており  親分大尽をきめ込んでおり  往生はしねえと見ており  泊り先はわかっており  旅日記を認めており  土地に来ており  胆吹山で、少し働いており  んでしてな、困っており  所番地さえわかっており  あたりが少々来っており  素質を欠いており  熱心綿密を極めており  拝見しており  笑いもせずに、おりおり  先刻から差控えており  これはよく習っており  世間でも言っており  念がけており  百花園さんも喜んでおり  案じしており  付きしており  哀れに衰えており  一人出て来まして困っており  事情に置かれており  予言しており  のかとお案じいたしており  ようでもなく引きこもっており  形にもなっており  私の伺っており  後悔をしており  哀れに思っており  私はそうとも思っており  ことも多くいたしており  人数になってみますと、散らかっており  ほうがいいのに、おりおり  喪服を着ており  世間はしており  ものができており  間失礼しており  煩悶しており  御機嫌をそこねており  何もわからずにいたしており  ように心得ており  遠慮しており  粗略には思っており  十五歳のおり  われわれはいつも裏切られており  家で、一方に傾いており  哲学者だと信じており  徳操を隠し持っており  君の言うとおり  ときにおり  エマニュエルを知っており  髪をもっており  そばについており  人と仲よくしたがっており  賞賛されており  戸が閉まっており  二人は愛し合っており、たがいに見合っており  ことに次々引きとめられており  そちらへ行っており  私どもの住んでおり  疑問にいたしており  恩を思っており  命も長くお恵まれになるだろうと思っており  経巻とか、まだお酬いのできており  これに似ており  お話しいたしており  物思いをしており  馭者台からおり  週番上等兵につれられており  だんだん下におり  きらきら光っており  ようににたにた笑っており  歯はおおかた痛んでおり  眼は鈍っており  一人は肥っており  両親は年老いており  御殿におり  ものとは変わっており  妙技とはしており  のを、聞いており  私はいだいており  あの世からも見ており  以来おりおり  色がよく似ており  安心をしており  ことを承っており  旦夕に迫っており  影がおりおり  罪が深いと聞いており  ことお目にかかれずに暮らしており  夢を見ており  混乱しており  私はお持ちしており  気がかりに考えており  今まで生きており  から、やはり悲しんでばかりおり  ことと存じており  ようにもなって暮らしており  膝をおり  みじめにめいっており  おじゃまいたしており  ものと伺っており  宮中住まいをしており  望みを持っており  ことだけを悲しんでおり  差し上げたい心を持っており  ものですから、お案じいたしており  本意に心苦しく存じており  取り扱いを受けており  位置におり  比較にもなりませんほどお案じいたしており  尊敬申し上げており  お許しがなくてしようとは存じており  私が隠しており  様子はおりおり  歎息しており  こともおりおり  霧がとても深くおり  手でやっており  から、お預かりしており  から、どうすればよいかと思っており  悲しみに疲れており  侮蔑を加えられており  様子がおりおり  風に付いておりおり  ほかのおりおり  私の生きており  香がついており  ことを気づかずにおり  時刻が経っており  一伍一什存じており  金助町におり  ようにするがいいと教えており  介抱いたしますのにかかっており  私も承っており  喜びとは思っており  侍しており  煩悶をばかりしており  貴公子然としており  一切そのままになっており  通り仰山に届いており  髄まで知っており  欣ばしく存じており  婚約が出来ており  何ンとも思っており  それから足掛三年唐人屋敷に居住んでおり  ようになって暮しており  ばっかり思うており  俯伏せに倒れており  突ッ立っており  後から突かれて死んでおり  疾ッくに覚悟を決めており  申立ており  おできになっており  ことでしょうが、恐れており  ものと頼もしくは思っており  独身生活を続けており  自分をおさえており  念誦をいたしますにも混ぜて願っており  宮にお仕えしており  私が出てまいって、あまりに話し込んでおり  何か言っており  心を慰めたく存じており  見た目が誤っており  信念を持っており  先日霧の濃く降っており  信用くだすっていいと存じており  心に持ってしており  ようにと、念じており  朽ち木になっており  故人になっており  手渡しをいたそうと思っており  私は悲しんでおり  小指が入っており  あっしもよく知っており  態度をとっており  家族にお見せ申したいと考えており  遁世もできずにおり  交際でおり  私たちで、生きてはおり  こととは深く存じており  使いはおりおり  別に一つ持っており  三十幾年お世話になっており  感がともなっており  奥州へ行ったおり  花がこぼれており  葉裏をひるがえしており  ことを思いながら眺めており  親しみ深くなったおり  方たちが演じたおり  大層残念に思っており  家庭にも親しんでみたいと思っており  のをおぼえており  ようだとつねにもうしており  ようにさえ思いおり  主張されており  ものとは決して考えており  幸福であると信じており  周到深切を極めており  ものとは決っており  研究もしており  上でも述べており  立場から非難されており  誤謬を示しており  口気を洩されており  保護が掲げられており  一般に嫌っており  問題となしがたいといわれており  脱稿したいと思っており  分を取り返したいと思っており  申訳なく存じており  確答を得ており  念をもっており  のを待つており  喜びに慰んでこうしており  おつきあいをしており  今朝から身体を悪くしており  中に沈んでおり  私はわかっており  安心ができてどんなにうれしいだろうと、おりおり  言葉を聞いており  心配にとらわれており  念仏を続けさせており  弟子を歩かせており  心を苦しめており  お祈りは始終いたしており  連続を、そのおり  ことと苦しく思っており  御用をお言いくださいましたなら、生きており  片意地になっており  所に住んでおり  遠慮をしており  老人は知っており  獲得しており  みな田圃に出ており  新聞紙を賑わしており  朝来ここに来りおり  すべて芸術家がおりおり  逆上のおりおり  しかも異なっており  何かを待ち受けており  者には拒まれており  鳴き声が聞こえており  責任を帯びており  徴候を待ち受けており  青空が輝いており  敬服しており  わたしは祈っており  支那式建築が残っており  絶縁されており  手紙をおりおり  京に来て住んでおり  尼をうらやましくばかり思っており  そうにばかりいたしており  私がありがたく存じており  身体を悪くしており  仰せになりますとおり  信用しており  無心に出したりもいたしており  非常にありがたく思っており  君と言っており  任国へ行っており  昔から伝わっており  堕落はしており  人はすぐにもおり  一人車からおり  そうにおり  下をながめて長くかかっており  身代わりでおそれおおいと申しており  暇もないと承っており  ことも控えており  食物が、みちみちており  私が生きており  岩に押しつけられており  絶頂に立っており  眼をみはっており  清浄でおり  生まれを知っており  子供はおおぜいおり  時もあって、そんなおりおり  人からもお侮られになると悲しがっており  私のおり  御覧くださいまして、教えられており  結婚沙汰さえなければ、おりおり  身体が少し苦しくなっており  ことを書いて来ており  垂涎しており  腰打ちかけて休んでおり  庭拝見をしており  通り雨ざらしになっており  狩野山楽と伝えられており  色が漂うており  廊下に立って待受けており  心配とに張りきっており  注意を払っており  時から骨折仕事にも慣れており  相手として許しており  ここで忘れ去ってしまっており  こちらから煙草をのみながら、じっとながめており  労働に慣れており  同情を以てゆるしており  通り研いており  待構えており  風采を致しており  御簾がかかっており  宿におり  去来しており  熊がおり  以前から来ており  女もおり  国土よりも恵まれており  疾うに覚悟をきめており  待伏せしており  水仕をつとめており  ように膨れ上っており  筆を進めており  何者かがおり  壬生におり  今晩は疲れており  文句がよく出来ており  前に置いて物語りをしており  諸国廻歴を致しており  ように申し触らされており  ことなく、もう出来ており  定評になっており  大観を見澄ましており  規模を見渡しており  幸せを致しており  怨みをお洩らしになるおりおり  私どもが気がついており  者のそっと申しており  御用を勤めており  座敷に住んでおり  使いも申しており  夜がふけており  私どもも残り惜しく思っており  使いがまいっており  従属しており  きれいな体裁をととのえたいと思っており  ます侍が来ており  今でも恋しがって泣いており  用意を申しており  楽しいことになっており  恐縮しており  拝見いたしており  厳重に見張っており  球をころがして遊んだり、おりおり  教会に属しており  ようにと祈りており  はずに相なりおり  効果を収めようと心がけており  皆呆然としており  方も、あのわめいており  大官になっており  日を過ごしており  可憐に見ており  思いをしており  どちらからかはいっており  用意にかかっており  警戒をいたしており  心をめいらせており  だままでおり  歎いており  故人がおり  様子は見ており  頼みにいたしており  気の毒だと見ており  反感を持っており  山荘におり  ことはないかと捜しており  商店建築が並んでおり  今では全く寂れており  のでございましたらがらっとしており  ここに住んでおり  騒ぎになっており  不思議に思っており  ことをいやがっており  今日までおり  運命に置かれており  希望が次第に大きくなっており  数の少ないおり  仏様から教えられており  ことが示されており  山へ引きこもっており  悪霊などが来たりしており  病気になっており  小野に住んでおり  一人だけはおり  あなたにお持ちしており  この世にまだおり  人に助けられており  寺にこもっており  所に休んでおり  加持をさせなどしており  助けを乞うており  一人より持っており  悲しみに沈んでおり  非常に恋しがり悲しがっており  世に交わっており  ほうへ引かれても行っており  炬火が続いており  時で、いいおり  お話から承知し、驚いており  屍になっており  無感覚で久しくおり  理解できないでおり  そばにいて気をもんでおり  連絡がついており  二階から飛びおり  本手にしようと楽しんでおり  家に、おりおり  暮らしは、おりおり  疑懼が潜んでいて、おりおり  場へ通っており  一人でかせがせてはすまないすまないと申しており  顔ばかり見ており  ぼんやりして見ており  息が切れており  血が出ており  世界にどっさりおり  んだとあきらめており  効果を収めており  根本的否定が含まれており  最初から真実が欠けており  出発しており  平生困っており  飢に苦しんでおり  時間に帰るおり  元気が見えており  辺で遊んでおり  表情となって刻み出ており  一つ一つを物語っており  ときの声が響いており  努力で生きており  から真逆と思っており  コースを取っており  妊娠ばかりしており  不幸を苦しんでおり  運動にたずさわっており  気をひかれており  悪臭がしており  同様に働いており  彼ら以上に働いており  そばにすわっており  蕾を破っており  カネーとともに、おり  がらんとしており  額は出ており  唇はやや厚くてきっと結ばれており  眼はすわっており  菓子屋を営んでおり  箒はこわれており  平静を得ており  連関しており  構造を有っており  くも持合せており  境遇におり  意識が纏っており  意識だけになりきっており  茅場町までつづいており  大名と化しており  すべて記されており  しきにつとめており  九十人もあつまってきており  んをおり  五百人もおり  家事万端をやっており  形態とを持っており  来朝しており  免疫効果が勝れており  習慣が付いており  常識的になっており  養父は云っており  ところで切れており  ようにして寝ていて、弱ってもおり  カーテンが掛っており  船員は知っており  皆は申しており  檣山と言っており  遠眼鏡山って言っており  北の方へずうっと上っており  陸で囲まれており  一人だけおり  俺らを呼んでおり  艇が絶えず行ったり来たりしており  密に繁っており  布片を振っており  艇尾座におり  組打をやっており  一つ壊れており  ことでも、出ており  水気が来ており  家にておりおり  ことになったおり  繁昌いたしており  優秀炭質を誇っており  主計をやっており  結構もうかっており  風雲録を夢みており  特務機関におり  運命を信じており  ザンキいたしており  自戒しており  困却しており  重々心得ており  ぎりコチラサンをお見かけ致したと申しており  救出運動につとめており  要求いたしており  恥をかいており  相棒がおり  全部抵当にはいっており  御無沙汰いたしており  東京におり  きれいに切り放されており  方がハッキリしており  痛みが深くきざまれており  蔵しており  一滴ずつおり  性質をそなえており  展開しており  材料からでき上がっており  私にもわかっており  私は疲れており  私にもよくわかっており  ようにできており  知力で救われており  あなたに怒っており  彼女は寝ても歌っており、起きても歌っており  島山になっており  肋骨まで出来ており  せきは放れており  ご無沙汰をしており  六畳に伏せつており  階段をようやくおり  人骨がちらばっており  斜面にそっており  柱にそっており  神保町へおり  それをやっており  足もとへも、すらすらこぼれており  色を冴えさせており  靄のおり  イジメてばかりおり  チャンときいて知っており  ビックリして泣きやんで見ており  お婆さんが立っており  ビックリして立っており  棒をしっかりと握っており  手招きをしており  上に立っており  最前からお待ちしており  時から三十年も経っており  王様になっており  使いに持たせてやっており  鉄砲が無くなっており  刀が無くなっており  鉄砲を持って立っており  リイを待っており  両方とも開いており  背景に持っており  触覚に結び付いており  根柢に横たわっており  編成されており  楽んでおり  人たちが住んでおり  役づいており  楽みにしており  釣に出ており  都合好くなっており  ケイズを釣っており  舟を持って来ており  中にくずれており  西洋人がおり  私を気味悪がらせており  色を浮かばせており  うつぶしになっており  素直に殺されており  血は少しもこぼれており  俊夫君の言うとおり  大部退いており  ものを被っており  断じてならぬと申しますので、困っており  奉公に上っており  自慢にいたしており  枝で支えようとしており  松と呼んでおり  われわれのおり  有様にまで変っており  殆ど現われており  等閑に附しており  矛盾だとせられており  ものはなくなっており  処とは限っており  愛読しており  悪習が潜んでおり  現実におり  ことがいわれており  自由があるといわれており  承認はまだされており  私へは少しも申しており  三十万からになっており  すべてはハッキリとわりきれており  翳を残しており  姉をかわいがって、おりおり  停車場をおり  感服させられており  くしなんか、こんなに威張ったりしており  ことだとは少しも思っちゃおり  不幸を感じており  損ばかりしており  から承わっており  活動は生きており  運用しており  困難になって来ており  変化させて来ており  感心させられており  恩恵を感じなくなっており  人間よりも心得ており  ちがいないと思っており  定っており  一緒に遊んでおり  ため船艙におり  ボートにおり  電車通りにおり  自身湯殿へおり  ことが、おりおり  耳へもおりおり  意見も伺いたいと思っており  姿が、おりおり  お世話さまになっており  相当名を知られており  不平ばかり云っており  運をかこっており  炭塊で叩き殺されており  一つずつは持っており  凡て炭塊を使っており  時に、殺されており  二階を覗いており  鍵は、がっちりささっており  あなたにお目にかかりたいと思っており  伝説となって伝わっており  主人を持っており  皆集まっており  其処で待っており  ことを定めており  案内者も来ており  此方へ売られており  それは数多おり  五十両に売られており  亡者になっており  昔話でもいたしたいと思っており  おしまいになったかと、思うており  ことになって、まったく、驚いており  背景として控えており  一端を行なっており  伴なっており  経験をしるしており  田園もおり  有力となっており  顔讎由となっており  あたりへおり  前者に似ており  意義を担っており  ソフィストによって揺るがされており  空を仰いでおり  現在に生きており  ものが、ついついと、のぼったりおり  ダダダダと駈けおり  実家へ帰りおり  女子のおり  りっぱにくらしており  喪におり  お月さまとがおり  船をおり  下だしており  激増しており  大概しまっており  室へおり  桟橋へおり  新聞に書いてありますとおり  段をおり  親切を忘れており  お喋りをしており  会が終って帰ろうとしており  女主人公にも似ており  場所をとっており  等が書かれており  克服すべく心がけており  術にかかっており  関係に目ざめており  通学しており  碑が建っており  私は覚えており  何を遺さんかと思っており  七百人ばかりおり  高は知っており  今日アメリカにおり  社交的程度に達しており  事業をするかと信じており  耳はたいそう縮んでおり  伝道をしており  心に留めており  札幌におり  植物学を受け持っており  植物学者がおり  植物学者だと思っており  不思議だ、といって笑っており  意味が含まっており  一緒に伴うており  尊敬を表しており  のが出ており  方がおり  吹聴しており  生活しつづけて来ており  人が出ており  風に見られており  人達が持っており  今日も生きており  日があたたかく照っており  反射しており  光沢を帯びており  顔を合わせており  我慢しいしい抱いており  まりあわてており  ワナワナとふるえており  位キレイになっており  息を引き取っており  手をつけており  実力も喪っており  他人事として感じており  身につけようと願っており  ことが分っており  うえがあいており  真直におり  高山名山を持っており  一軒持っており  譲りして構わないと思っており  簡単に考えており  どこに行っており  類はたいてい揃っており  数種出ており  使用人もおり  女中もおり  焦燥にかられており  影に蔽われており  眼をあいており  奥様が見えており  推定されており  コートを着ており  八時十分前を指しており  ために傷つけられており  星がまばゆく輝いており  そうにしており  色があらわれており  煤がついており  犯人はきっとあわてており  見聞しており  姑はおりおり  鬣に取り付きおり  通り蛇頭を戴きおり  二十八に出でおり  道筋が定まりおり  事どもを少なからず説かれおり  三蛇俟ちおり  女に化けおり  女となりおり  二八に出でおり  年号同然になりおり  例を挙げおり  紋を拾わんと力めおり  小山がおり  パスポートがおり  洋車からおり  朧げに浮んでおり  ように流れており  十日と暮しており  掃除いたしており  横づけになっており  失礼と存じまして、少し離れて立っており  大変、喜んでおり  障子を明けており  私は、かように、考えつづけて、おり  間、すっかり忘れており  お土産を買うといっており  お仕事が、難なく運んでおり  墓下におり  美音長者と生まれおり  採用されおり  呪法を知っており  泣きながら乗っており  手を引き合ってのぼっており  今まで威張っており  身体が肥っており  ように押えており  ジッと待っており  中からニューと出ており  まま見ており  顔を見合わせて、どうしたらいいか困っており  金入れが落ちており  そうに見えて流れており  看板が出ており  立止まって見ており  鹿もおり  顔をしてきいており  一人番をしており  呆気に取られており  宿屋に帰ってグーグー寝ており  一生懸命に考えており  一匹買っており  声で云っており  一面に散らばっており  面白がってきいており  綿をつめており  ボンヤリ突立っており  ほか寝てばかりおり  ジッと見ており  キョロキョロ見まわしており  ヒョロ子だけが残っており  鉄砲を構えて待っており  木の実が生っており  一つ下げて立っており  キョロキョロしており  声がしましたので、立ち止まって見ており  一生懸命息を詰めて見ており  心配しいしい見ており  お爺さんが見ており  お爺さんはふるえ上って見ており  水の上に吹き上っており  別嬪さんになっており  ことを見ており  一所に売っており  フウフウ立っており  肉を切っており  んと思っており  鴉めがまた来おり  この世におり  そればかりを念じており  歌物語など致しており  よう覚えており  是非ないと申しており  ように枯れて乾いて、折りおり  叔母も定めて案じており  朝から折りおり  武運を祈っており  勢いをふるっており  泥さえついており  執拗であり、込み入っており  傾向が残っており  煖をとっており  人間は生きており  木洞中に退いて押し合いおり  歌によく似おり  二疋は現に生きおり  二つ店に並んでおり  荷車に積まれたり投げ飛ばされたりしており  人間を怨んでおり  地べたに氷りついており  地方に行われおり  ように言いおり  蔵されおり  余り意識に置いており  疑いを抱いており  ものばかり書いており  次郎坊などと呼んでおり  眼にかかりたいと申しており  がっかりしており  困難を極めており  霜のおり  援兵待ち焦れており  不思議じゃと思うており  あちらこちら探しており  気に病んでおり  論議ばかり致しており  いちめんに咲いており  ものだから、今にこうしており  お嬢さんはよく知っており  だんだん申しこんでおり  男が横たわっており  棺屋をしており  女が縁づいており  川におり  母ひとり子ひとりというとおり  自分で言うとおり  一人歩いており  用人部屋まで連れてまいっており  箱を背負っており  目通り願いいでており  ことわり申しあげており  とおり、はいっており  正史には出ており  のをおぼえたと申し伝えられており  ところとにらんでおり  層ができており  頼りにしており  公儀から金がおり  ゾロゾロ庭先へ立ちおり  何もはいっており  さっき庭へ出ており  ことに存じおり  一つにきまっており  話がのこっており  軒を並べており  汗をふいており  ポカンと立っており  年をとっており  妻恋坂を駈けており  朝夕お側近くお世話させていただいており  案じ申しあげており  あごをなでており  土間へかけおり  生活になれており  三味線を弾いており  あばら骨がひどく出ており  下男もおり  いまでもはっきり覚えており  心に住んでおり  素質を持っており  処女がおり  投影して眺めており  馴染になっており  みんな残っており  富士見へおり  電化されており  門柱が立っており  玄関をおり  衣紋竹にかかっており  情熱にも欠けており  ざっと掃除がすんでおり  儼としており  気を湛えており  上諏訪でおり  面影がいくらか残っており  舟遊びに出ており  箝め込みになっており  毛が少しばかり禿げ残っており  才能をもっており  風流にできており  植込みになっており  洋服を着ており  商売に取りついており  奥さんで納まっており  銀子はおり  濡手拭を当て臥そべっており  家で休んでおり  目が光っており  巧妙に出来ており  檐に下がっており  商売に就かしており  方々に散らばっており  気も引き締まっており  数段をあげており  家へ行っており  九曜星が浮き出しており  仕送りをしており  真中ほどに立っており  知識をもっており  意味も含まれており  罐詰になっており  教育を受けており  結果は必ずまずいに決まっており  町中みんながとっくに知っており  灯がちらちらしており  しろで曲がっており  裕福に暮らしており  花柳界が必ず付き纏っており  顔が合っており  抱えがおり  匂いがしており  目もようやく開けかけており  みんな下へおり  店をもっており  うちに立っており  幾つも残っており  札くらいは扱っており  沢正を見ており  春次も来ており  習いたてからとっており  当方において相ととのいおり  坊主組頭をつとめており  いま、何もかも、申し上げており  三両持っており  行方知れずになっており  ことは、もう何とも思っており  のであろうと、あきらめており  人が生きており  行方知れずで捜しあぐんでおり  乱脈になっており  整理がついており  途方にくれており  それがそのまま借りになっており  あちこち心当たりをさがしており  お願いすると申しており  なかったことにしようと考えており  何年別れており  ようにとか申しており  磯屋さんのいうとおり  うわさはしじゅう伺っており  交際が絶えており  ここに話しており  高からもそう申し上げようと思っており  お前には黙っており  性分は、よく存じ上げており  ことは、よく存じ上げており  あとで話しており  ことが片づかないで、困っており  人とばかり思っており  ことは、よく存じており  ほうがよく存じており  女房は、死んではおり  女は、決して死んではおり  親しく願っており  数をよけいくぐっており  からこそ、こうして黙って聞いており  しょっちゅう伺っており  年小耳にはさんでおり  主大事につとめており  こつやなどを呑みこもうと、それとなく見ており  ように、しじゅういいつかっており  わたしも、たいそう苦しめられており  彼のいうとおり  から、知れており  ことであろうと、思っており  はじめからわかっており  磯五がおり  前から存じており  他行をしており  迷惑をかけており  取り引きを通して、存じ上げており  知りあいがあればよいと、しじゅう願っており  自分だけでは、そう思わせていただいており  ことはよくわかっており  ものを心得ており  仕立てものをさせていただいており  次第だが、弱っており  妙だと思っており  しきにおり  お針を頼んでおり  ほうをまわってみようかと思っており  龍口寺へお詣りして来ようと思っており  それはよくわかっており  楽しみにしており  生前近しくしており  母に似ており  わたくしは、ちっとも覚えており  お金に換えまして、しばらく持っており  金剛寺坂をおり  眼が肥えており  さっきから申しますとおり  ここへさえおり  板の間へおり  眼前におり  自分の思うとおり  ほうから金剛寺坂をおり  何も考えており  立派に死んでおり  わたくしなどとも会いたがっており  今、おり  梯子をおり  いま日本一太郎がおり  一枚、ふわりとおり  舞台を飛びおり  そうでございますが、おり  別も判りませぬほど、焼けただれており  高には、よくわかっており  数はあっており  発足しており  境地に達しており  範囲にわたっており  往還になっており  食糧を取りにおり  四五日一緒にいて、忽ち消えてなくなっており  乳母になっており  注意いたしており  調製いたしており  ようにいたしており  蕗子さんがあがっており  目に映っており  ものをいいかけても黙っており  習慣があらわれており  新宿でおり  鍋屋横町でおり  佐保子にだけはおりおり  齟齬しており  動揺しており  唐辛子が色づきかけており  旅券はおり  お立ちですかってきかれたって、おり  妻と住んでおり  お上さんも笑っており  手摺がついており  拵らえており  大抵一並びは並んでおり  違いないと思っており  水を飲んでおり  たしかに出来しており  面は死んでおり  われも許しており  汲込んでおり  悄れ返っており  間を見ており  一時に吹出しましたに因って存じており  不思議がっており  シヤツタアがおり  椅子をおり  酒を出すと云っており  三人上からおり  方で待っており  舌を出しており  ことも忘れてしきりにとっており  傾斜をおり  案内いたさせようと思っており  馭者台から飛びおり  崖道を走りおり  皆さん存じており  傾斜を駆けおり  口でおり  とりに行っており  嫁でもおり  五六日伏せっており  娘もおり  御寺参をしており  三津子もしきりに申しており  御無沙汰ばかりしており  金もなくなっており  吉弥さんからそれは承っており  二階をおり  口をおり  両親が殺されており  中仕切が開け放しになっており  お母さんが殺されており  海になっており  モウ殺されており  血だらけになっており  深良屋敷深良屋敷と云っており  山道はまだ濡れており  開放しになっており  蔭に落ちており  台所に寝ており  十二時過になっており  帳尻の合っており  疑いをかけており  キッパリ申しており  草川巡査もそう云うており  中尉をしており  返事して来ており  者が残っており  試験準備を致しており  上長に憎まれており  捜索を怠けており  電話で度々お叱りを受けており  のを辛抱強く待っており  空を透しており  人も出ており  心を練っており  なさぬ仲には極まっており  苦心がなされており  本に載っており  邪魔しており  光明体が流れており  合図をしつづけており  時代となっており  人が見ており  取引されており  道破しており  資けており  証明されており  ことを見破っており  兄弟として認めており  読書しており  乞食姿をあわれと思って見ており  惑溺性を帯びており  ところから来ており  気を静めており  気を養っており  椅子に腰掛けており  かんとかこつとかでやっており  二門が備わっており  仏教は説いており  覗っており  運命と言っており  殆んどないので苦しんでおり  有様に立ち至っており  讃めており  結局死ぬことを知っており  説明解決になっており  方面から観ており  法華経は説いており  ことを教えており  心構えが出来ており  経みな一致しており  区別をつけており  私たち普通見慣れており  尻尾を立てて動いており  生れつきちゃんとそなわっており  常套語になっており  言葉になっており  人心に残っており  果ともなっており  余弊と言われており  ところまでには、なかなか行っており  手が届かんと決めてかかっており  のに早く気付けと教え勧めており  充分注意しており  像が附いており  真理を現しており  特色を持っており  子孫を遺そうとしており  起滅を繰返しており  際、おりおり  のがおりおり  構成しており  お出ましになっており  高はおり  すみになっており  心配になっており  叔父さんがくるしいじゃないの、おり  二人来ており  金鵄勲章ももらっており  妖怪なんかおり  不埒をはたらいており  主人から云われており  帳面をあわしており  そのまま庭へ飛びおり  途中で、穢れており  脇立になっており  作でありましょう、ちょいと変っており  碧あおと晴れており  都におり  田舎にもおり  材料になっており  大分進化しており  中を歩いており  男女平等とか申しており  十円札に貼りつけて歩いており  年々殖えており  いままではおもわれており  権利をもっている、などといわれており  公民権をもっており  あれでは、はっきりされており  みんな配給になっており  たくさん本が出ており  男でないと信じており  轟こそおりおり  八畳では寝つかれぬと覚しく、おりおり  許諾をも得たいと存じており  田中もそう申しており  申上げなければ済まないと申しており  夜などおりおり  顕われており  よう解っており  殆ど歯せぬばかりに申しており  靄が懸って、おりおり  問題になりおり  名誉職などを遣っており  お世話になりたいと存じており  正面から責めはしないが、おりおり  私は行っており  勇気を持っており  なかに舞いおり  顔はしており  シュプールが残っており  距っており  尾根は唸っており  谷が落合っており  谷へおり  たよりは聞いており  預り申しており  私よく見まして存じており  途方に暮れており  感情を抱いており  ようにおりおり  ことが申されており  問題さえ起ってきており  ようにいわれており  たくさんいわれており  権力をもっており  お話になっており  一人前として取扱っており  婦人は負わされており  非常に強く残っており  日本よりも進んでおり  今日そこから民主主義的になろうとしており  根本をなしており  投資しており  自分達でもっており  映画さえできており  能率が高まっており  要求しており  通用しており  はくり込まれており  みな選挙権をもっており  わされており  先だって五百八十三万といっており  勘定しており  なかに入れており  努力がされており  平等であると申しており  犠牲を払っており  辛抱をしてきており  みな考えており  ひとりもおり  私はだまされるとは思っており  幸福は決して売っており  意味をもっており  政見発表演説を送っており  一番正しいと知っており  加っており  注意ぶかく向けられており  表門さ閉っており  七堂伽藍建連なっており  聞伝えてはおり  主が分っており  閑静に住んでおり  自然に片づいており  事も存じており  林になっており  仕来りになっており  些ともおり  蜂の巣になっており  附ないでおり  ものでありますが、さてこう、かけかまいなしに、遠ざかっており  それに似ており  形だけ残っており  霽しの広場になっており  締切りもすぎており  夏空が輝いており  甲羅を干しており  ふっくりしており  そうになっており  気疾をしており  此処にこうやっており  雨気が残っており  門口を掃いており  恍惚となっており  気が違っており  海波高かれとばかりに祈りおり  幻を描いており  処女になっており  安らかに眠りたいとばかり念じており  海上を進んでおり  咆え狂っており  手を置いており  仕掛けになっており  人間愛が宿っており  期待が漂っており  過剰から来ており  二言三言で済んでおり  ガランとしており  二三本もう並んでおり  わたくしどもでもそう思っており  四通八達はしており  張そうは思っており  古風に出来上っており  からうちを出ており  二三日風邪をひいたといって寝ており  んともっており  水がふえており  かいたしており  から、こうやっており  誰も見ており  勝手が分っており  半日あすこにつかっており  ちゃんと心得ており  二ツ三ツ今でも知っており  芝生におり  地上へおり  小説がのっており  名前も変っており  それこそ凝としてはおり  婿さんがきまっており  方があれば、いいがと思っており  山の上に住んでおり  それがわからないで困っており  大事にしたいと思っており  ペンを執っており  感慨がのべられており  海水を湛えており  輪廓を現しており  何かおり  子供にも手伝わせており  ゴタついており  中から錠がおり  妙にそわそわとしており  衣裳を眺め廻しており  気の毒とは存じており  戸を睨んでおり  天窓から外を見ており  思い出に耽っており  中にどっさりおり  ここから覗いており  毎日見て知っており  のも、知っており  ことも、知っており  看護してやりたいと思っており  思いに打たれており  居心地よくなったら、どんなにいいだろう、といっており  頭を抱えて坐っており  身動きもせずにおり  何にも知らずにぐっすり眠っており  それはよく知っており  熱心に待ち受けており  ア知っており  ミンチン女塾におり  隣に寝ており  手紙を読み返しており  ためにひかえており  そこら中におり  三ツ並んでおり  設備されており  運転手はあわてて飛びおり  岡部がおり  ものも、呆れるほどよく焼けており  崇拝いたしており  商人として知られており  それはすまなかったとは云っており  3ヵ月前から決定せられており  配布されており  成果をおさめており  わたしたちは忘れており  国際婦人デーが行われており  ために闘っており  研究させており  はい、やっており  結果を得ており  原位置におり  游弋しており  北及西から攻撃せんとしており  技術を心得おり  一人欠けており  そこへ飛びおり  ことはなし、おりおり  次でおり  イソップ物語をやっており  ベッドを置いており  ウトウトしており  トボケ方をしており  凝視しており  皮下注射で死んでおり  強直を続けており  院内で遣っており  口紅をさしており  微笑を含んでおり  方へ伸びかかっており  病院内を飛び廻っており  造酒屋を致しており  往復しており  県立女学校を出ており  伯母さんに頼んでおり  ズット世間慣れており  患者が痛いなんて感ずる間もなく、笑い続けており  今、平常に着ており  おまけにおり  自宅におり  洋傘を持っており  チャンとわかっており  一個持っており  秘密に亙っており  洗濯をさせられますので、よく存じており  中耳炎を起しており  今日まで黙っており  繰り返し言っており  垢ほども憎んでおり  繰り返し憐れみ語り合っており  涙を流して悲しんでおり  トックに諦めており  保存されおり  製作中と伝えられおり  何処におり  事のみ口走りおり  多忙を極めおり  名物となりおり  如く崇拝しており  黒幕的人物に非ずやと疑いおり  重病に臥しおり  決心に気付いており  堕落しており  察しになっており  時からノッポと呼ばれており  私を待っており  ブクブクになっており  毎日毎日修養に来ており  頂戴しようとは思っており  底に残っており  うちに拡がっており  ようにも思えましたが、違っており  溜息ばかり吐いており  私を見ており  私は察し過ぎるくらい、察しており  茶の間で話しており  俛首れており  奥底に残っており  数々を知り過ぎるくらい、存じており  グッタリと取り縋っており  デブさんと言っており  お出でになるかも、よく存じており  方法を存じており  記憶に止まっており  一パイにして聞いており  ばっかりになっており  全身をめぐっており  まわりをさまようており  うちにうなだれて聞いており  光が冴え返っており  決心が据わっており  心はよくわかっており  決心しており  私が致しており  顔色を見ており  モウすっかり落ち着いており  耳に致しており  子供と思っており  闘争時代に入っており  事として許されており  刃を入れており  ヒッソリと待っており  仕事はまだまだ残っており  ことを、よく存じており  いであろう事を信じており  九分九厘まで信じており  こと耳を澄ましており  恍れており  気が遠くなるほど呆れ返っており  遊び戯れており  光景が、とてもハッキリと感じており  三通も書いており  ハチミの言うとおり  リカの言うとおり  休みさせていただいており  女学生とおりおり  牛込でおり  手をかしており  山から山へ映しており  畠を打っており  刈集めており  プロテスタンティズムにも流れており  重荷のおり  雨戸がおり  うねりて、おりおり  メエルハイムとともにゆくおり  継きゆくおり  人のおりおり  その間にまじり、次第に遠ざかりゆきて、おりおり  這ひおり  仕事もしており  調子を保っており  綿入れ類ももう届いており  どこまでも続いており  プラーゲ旋風は起るべくして起っており  フランケンシュタインがおり  子供心に覚えており  有様となっており  只今不首尾になっており  公使館におり  頃虎が沢山住んでおり  時分から苦労をしつづけで来ており  わたしは何もかも存じており  ことをいつも思っており  頃にはどうしてよいか困っており  はい、出ており  はい、すっかりもう出来ており  身辺におり  力を持って生きており  ものは縛せられてもおり  右手に立ちおり  ように、うろうろしており  今日はあいにく混んでおり  茂丸珍聞と呼んでおり  内廊下へおり  おっかさんが云っており  意味では張り切っており  人はやっており  下松でおり  大阪へおり  小滝通りでおり  上に濃くおり  私が起きており  木がなくなっており  背丈は低かったが、たいへんしゃんとしており  段階ははっきりしており  かに黒くてふさふさしており  それで慰められており  私おぼえており  不利であるかはぞんじており  被告をたいへんよくぞんじており  顔立ちは整っており  忙がしくしており  ここにはとどまっており  寝台にのびており  冷淡さを表わしており  カーウィン氏は、おりおり  監獄におり  林檎はすでに食べられており  頸についており  まわりで泣いており  から何箇月も経っており  荒涼としており  橇はまだ見えており  身となりおり  亀がおり  千々岩はおりおり  内ポケットに潜みおり  さびしき日を送りおり  候ようにと心がけおり  事相つとめおり  声しきりにささめきて、おりおり  機密おりおり  子供もおりおり  ここに隠れて聞きおり  かこてるおりおり  心も切に、おりおり  手紙を読みており  思いに沈みており  いっしょにこうしており  これよりおりおり  逗子におり  二人びきをおり  心配もいたしており  皆人のおり  茶を入れおり  信号旗を引き上げおり  候補生はおりおり  戒め、おりおり  浪子をおり  事を思っており  お礼を申さなければならぬと、そう言い言いいたしており  あちこちいたしており  ことと存じおり  ボタンをつかってはめており  プランを描いており  中で少なからず試みられており  的に考えられており  ことをひどくいやがっており  前非後悔をしており  諺にいうとおり  これをやらかしており  帰りのおり  斜めに深くおり  ことで、諦めており  いちど庭へおり  玄関さきにおり  幽霊のいうとおり  地上に出ており  幽霊がいうとおり  教育をうけており  ものが少しばかりはいっており  ことは聞いており  傾斜をなしており  知識を持っており  照明されており  鍾乳洞になっており  荷っており  それから下へおり  老人のいうとおり  道をおり  滝の前へおり  全部包囲されており  男をつれており  屋根へおり  そばをとおっており  床へおり  ヘリコプターからバラリとおり  縄梯子から甲板におり  甲板から下へおり  周囲を、おりおり  三二%を占めており  一里ほど離れており  乳母がおり  前髪は立てており  密談いたしおり  仁義なども心得ており  暗記で覚えており  儀は出ており  江戸におり  怨みの残りおり  彼方に立ち並んでおり  水に浮いており  心待ちに待っており  二十年もの年月を経ており  昔ながらの色にむしており  林に隠れており  林にかくれおり  電報がまいっており  んというており  半分しか出来ており  魚がおり  作品に語られており  語つており  今日やはりずっと書きつづけられており  坂へおり  ことは、ふとしたおりおり  ロシヤ軍に加わっており  クラッフがおり  海つばめはおりおり  甲板をおり  河口へおり  川べりにおり  空にあがっても、おり  んだ、おり  上からなら、飛びおり  なかにたおれており  人種を異にしており  平らに通じており  精神的地理を知っており  型が出来ており  坂をなしており  ふもとまでおり  自覚を与えており  秘蔵にかかっており  ものとなって未だのこっており  行商に行っており  図書室で暮らしており  四国地方を廻っており  お家にも行き馴れており  原稿が送り返されて来たりしており  放浪記を書いており  のだと考えており  心配はしており  無事に終っており  事ぐらいは、よう弁えており  限り炊いでおり  記帳と相成っており  足軽どもも持っており  世界民主婦人連盟について知っており  心理として描かれており  歩調をとっており  国会が開かれており  必要がなくなっており  露出しており  警察網はゆきわたっており  頂戴しており  怺えており  型にしたがって考えられており  それが全く欠けており  引合いに出されるので知られており  インド否定論に似ており  湯がいっぱいはいっており  一皮かぶさっており  間に行なわれており  典型をなしており  ことが云われており  抹殺されており  身に滲みつかせており  日本にも聞えており  立前で書かれており  風は西から東へ吹いており  規約になっており  世と相おり  政がおり  一派がおり  半ば京都におり  京都におり  発表されており  さっきから動いており  文人気質が多く残っており  手を支いて黙って見ており  これは折りおり  あるかのごとく取扱われており  専門学校卒業生など集まっており  二階をあがったりおり  数は殖えており  落第しており  物と似ており  考えも纏まっており  ここに立っており  私もそう思うており  私が立っており  法則と称えており  傾向をあらわしており  自然と含まっており  問題が含まれており  事が含まれており  支配せられており  涙と同じくらいな実は含んでおり  世の中はそう思っており  情を有しており  情、を有しており  理想になっており  意味は含んでおり  真を得ており  頭が整うており  丹精がいっこう活きており  嘆賞しており  貢献しており  空間とを見せてくれており  文章を読んで見るとまるで違っており  意味も含んでおり  うちに含まれており  超越しており  手を着けており  参考になるほどにはできており  本来持っており  王座を占めており  素朴に結びついており  辞といっており  名でのこっており  ことのあるなるべし、といっており  実しており  栽植せられており  国内諸所に植わっており  偽装しており  細花を綴って立っており  ように尖っており  表面がぬるついており  千手雁皮が挙げられており  相談を致しており  彼らはおり  谷におり  携帯致しており  低みをかけおり  しかと承知いたしており  館さまにまいっており  土間に駈けおり  それがひしひしと伝わっており  時世になったと考えており  ときになっており  七つになっており  素読など、お授けになっており  軟論を唱えられとるとかうけたまわっており  あちらに出向かねばならぬかとも考えており  安倍誠之助はどうしており  直ぐにおり  連中は待ち兼ねており  水霜のおり  船夫がそう申しており  なかに加わっており  お願いいたしており  ようやっており  息災に暮しており  息災にしており  なんどとぬかしおり  取り越し苦労にやつれており  気楽にやっており  心待ちにしており  書状も托しており  泉が湧いており  手洗におり  そのまま船室におり  通り世帯をたたんでおり  山峡に逃げこんでおり  教義をひろめており  何ほど離れており  土間に跳ねおり  上を一気に辷りおり  阿賀妻どのも左様申越されており  ここに沸いており  今日かと待っており  玄関におり  下に住まっており  出社いたしており  由で御座いますが、お名残惜しく存じており  到着しており  申立てており  判明いたしており  残りなく判っており  判明しており  印刻されており  勝手におり  壁にうつっており  光栄に存じており  附近に落ちており  全然聞いており  場所を察しており  発見したか、まだ申し上げており  盃をふくんでおり  部屋に帰ろうといたしており  汀に佇んでおり  ように飛びおり  宿泊になっており  捜査をしており  証拠を見逃しており  から差控えており  張込んでおり  碇泊しており  御無沙汰ばかり致しており  あすこにおり  眼を病んでおり  主に捧げており  コップを持ち添えており  二つ並んでおり  上乗としており  真赤色を呈しており  三岐しており  派手やかに見せており  対生して着いており  品を示しており  互生しており  内外二列をなしており  緑色の子房が立っており  看板となっており  黄色を呈しており  分裂しており  横向きになっており  白毛が生じており  肥厚しており  雑居して咲いており  地にも多く生じており  主部をなしており  食しており  壁面から生じており  白色を呈しており  たくさんはいっており  風呂にはいっており  堅めてほしいと思っており  大木に切りこんでおり  水際までおり  お父さん、起きており  雲雀がおり  苺を摘んでおり  かいしており  前へおり  涙がいっぱいたまっており  窓から見ており  雰囲気に似合っており  葦はまだ茂っており  みんな針を持っており  申上ちゃおり  報告されており  のは、よく存じており  窓が開いており  考えを持っており  精神生活を営んではおり  弔鐘を打っており  社会事実として残っており  実行しており  提供されており  続物を読んで頂いており  主義は違っており  ことを云いながら、あるいており  習慣が尊いか解らなくなっており  精神になっており  行為は致しており  参照致しており  示しになっており  ために恥じており  十分に知っており  聡明になっており  人物もおり  校庭に遊んでおり  剪定鋏はひどく捩れており  ことを頼むとくれぐれも云われており  二十ももっており  比重を占めており  経費が投ぜられており  もの玲子は泣いてばかりおり  中一パイに渦巻いており  アテナになっており  手紙をいじりまわしており  二百万人もおり  急増を示しており  景色を眺めおり  ぼくがいうとおり  音をたてており  毒ガスにやられて、冷たくなっており  海底におり  植物が生えており  不安になっており  直子が言うとおり  博多に住んでおり  建物におり  部長をしており  加納の言うとおり  それを迎えに行っており  ここに控えており  椅子などが倒れており  束にしてかかっており  帳場でも、あの、そう申しており  さが過ぎており  見かけ申しており  建出しは見合わせており  入りを願っており  東京住居をしており  籠もっており  代官婆だけに思い込んでおり  御主人に奉っており  目を光らして狙っており  いまもって狂っており  色を帯びており  世間から見棄てられており  父は申しており  母は申しており  申訳ない、口惜しい口惜しいって申しており  ように泣いてばかりおり  身もだえをしており  三期にかかっており  都合よく出来ており  辻占を売っており  水商売をやったりして、いくらか大きく致しており  怨みが残っており  ストーブへ当っており  ここに並んでおり  若様を存じ上げており  御無沙汰致しており  どこから始まっており  一番お嬢様によく肖ており  処から換え玉に這入っており  最前から廊下で承っており  自動車で追っかけて来ており  時間と覚えており  女などがおり  擦過傷がついており  剛直しており  皮膚が擦りむけており  攻撃を加えており  ことは少しも望んでおり  諒解を願っており  参考にはなろうかと思っており  心を痛めており  想像していたとおり  博士の云うとおり  ように思われており  今までは考えられており  しか無いといわれており  皆は伝わっており  遅々としており  この世に充ちており  ダンシと謂っており  農村では用いており  薩摩では謂っており  シビトが控えており  相応におり  ひとりでおり  地階へ早くおり  地下室へおり  ここへおり  阿弥陀如来が立っており  死体がおり  一部がぶらぶらしており  竹柴村へおり  今どこにおり  んだ、などといって、大あばれにあばれており  階まで、あがったりおり  なかったと申しており  どこにも残っており  地下十六階へおり  ゆうべそこへおり  地下十二階におり  機械人間以外にはぜったいにあがりおり  火焔放射器でやられてひっくりかえっており  地階へおり  どこにもはいっており  一階までおり  ロケットから飛びおり  廟守でもおり  名前はかねて伺っており  顔はよく憶えており  ところで、めそめそ泣いており  情を受けており  のぞきに来て、またおり  前にも言うとおり  前から言うとおり  からいうとおり  折もおり  接触のおりおり  川原に立っており  軒並戸が開いており  戸を閉めており  死体が横たわっており  つて下へおり  作家が書いており  門を守っており  道をあるいており  官をなされており  のはいつも煤けており  沢山に持っており  白髪小僧を可愛がり敬い、又は気味悪がり恐れており  人を助けたりしており  蔭でウトウトと居睡りをしており  眼を瞬いており  美紅とかわっており  待ち申しており  底に沈んでおり  魔法を心得ており  国にわかれており  爺さんがおり  無性に喜び狂うており  月の光りに輝いて残っており  書物を持っており  御言葉を受けており  事を知りまして、どうしたらよいかと思っており  今ここに持っており  七ツ這入っており  倒おれており  スヤスヤと眠っており  夢中でうんうん唸っており  居所をよく存じており  のかと恐れ戦いており  枝を拡げており  荷えており  方を睨んでおり  寝ずの番をしており  から聞いており  少女が寝ており  寝顔に見とれており  姿を見ており  風俗をしており  外套を着ており  上衣を着ており  床まで波打たせており  亀如程違っており  横顔を見ており  姿に見とれて、呆れに呆れており  包まって寝かされており  声によく似ており  聳てて聞いており  品物が届くかと待っており  顔をふり仰いでおり  悪魔を固く封じており  まま突立っており  のではあるまいかと、迷って、恐れて、震えて、立ち竦んでおり  処を見つめており  息を殺して震えながら見ており  心と入れかわっており  美留藻になっており  誰も気付かずにおり  上に寝ており  知らぬ顔をして寝ており  心になり切っており  顔を見詰めており  仰向けに横たわっており  冷やかに笑って見ており  ペロペロと吐いて巻き付いており  宮女が控えており  姿になって倒れており  役人共が集まっており  こちらも取込んでおり  高輪辺に住まっており  こっちは酔っており  こっちも酔っており  二人が附いており  蝮が這入っており  肩揚のおり  一生悔んでおり  相続しており  気にはしており  権利を持っており  山はおりおり  直接携わっており  発達して参っており  ちょっと時間がありましたので、かねがね調べて見たいと思っており  特徴をもっており  灌漑いたしており  理解されており  域にまで進んではおり  シンボルとさえ考えられており  ようになって来ており  大衆向きのよく用いられており  それも命からがら登ったり飛んだりしており  利器として現れて来ており  工事を見ており  証明いたしており  沈降しており  処が現れており  段丘地形となって現れて来ており  上にも現れて来ており  前に見ており  三つに分けており  全部河床となっており  地形を示しており  回春しており  破壊の繰返されており  のではありますまいかと考えており  ことはできると言われており  場所として知られており  栽培せられており  石礫地区ができており  利用しており  安定しないので困っており  二粒宛播いており  ことに恵まれており  食用にもいたしており  産地として知られており  ものであろうと思っており  需要に応じ切れなかったと聞いており  軽視しており  粗末に考えており  根本的意義をおくべきだと考えており  ようになって参っており  世の中となって来ており  押出されてできており  繁茂しており  希望されており  西日を避けて設けられており  一番仕事がしにくいと申しており  対象を見せており  北側にはきわめて少ないと申しており  明らかに恵まれており  漆器工業化されており  生産を挙げており  発展させてやろうと意気込まれており  勃興いたして来ており  六〇〇万カロリーと申されており  二〇〇万カロリーあればよいといわれており  耕作しており  利用いたしており  展開させており  見聞いたしており  職工気分だと申されており  普及されて参っており  一人ぽつねんとしており  統一をもって滲み出しており  エソになっており  中がまるで腐っており  ちょっと出ており  仇めいており  それが当然と心得ており  叙述されており  力において優れており  始末に困っており  順調に進んでおり  売行きはいつも上向いており  一人に加わっており  状態に陥っており  仕事を残して来ており  ものはことごとく揃っており  殷賑を極めており  体得されており  一大脅威を与えており  歴史を有しており  便利を与えており  牧師がおり  据っており  病床におり  月世界に向って舞いおり  翌年にかかっており  感動に打たれており  坊さんがおり  皆言い合っており  雲雀はおり  五つ六つ越えており  嗤うとおり  回向を、陰ながら有難いと伏し拝んでおり  酒を手向けており  禅門に入ってみたいと思っており  夜露に、じっとり湿っており  持長屋に住んでおり  お針子に通っており  道場へ通うており  侍と聞いており  御用をさせて戴いており  兵法と教えられており  芸を持っており  掃除をしており  吩咐けられており  目で視ており  手を合せており  心算だと申しており  日が迫っており  心算でおり  ようになってうまくないと思いながらおり  ものがなく続いており  ものはただ虐げられており  考え方が欠けており  寺男にひき廻されておとなしく働いており  嫁に行って暮しており  湖水がおりおり  檜葉などが雑然と植え込まれており  法律を知らずにおり  酒を飲んで、寝ており  此岸におり  順序に並んでおり  家が建っており  寝巻姿で寝ており  十畳に寝ており  家業をいたしており  疎開させようなんて、考えちゃおり  話はきいており  ぱ、黒くうかんでおり  ひよめはやはりおり  空はどんより曇っており  直立しており  上着を持っており  境内におり  湯におり  谿へおり  椰子蟹がおり  穴に住まっており  泡を立てており  ように立っており  海の底を隠しており  間に遊んでおり  上を見上げては指して話しており  声がしており  思いばかりしており  霜にさえており  実がなっており  すべすべしており  二本少くなっており  一ばいに落ちており  今でも残っており  そればかりを待っており  そうにいたして申さずにおり  ことはしており  惑乱に悶えており  湿布をかえており  者が住んでおり  おいおい泣いており  執行されたおり  同情にあずかって過して来ており  区画を立てており  病気でつらいだろうが、おり  日がさして、おりおり  分布しており  文芸を尋ねて見ようとしており  三種類に分れており  歯が抜けるなどと嚇されており  ダラコというと出ており  四つ手がおり  上から淡路坂をおり  物がはいっており  さっきまでむつかっており  今はよく眠っており  濡縁から庭下駄を突っかけて、ゆらりとおり  から今も申し上げますとおり  玄関に出ており  お受け取りください、とがなりおり  酒気を帯びており  女、生きており  ばらと駈けおり  男がばらばらばらっと駈けおり  女は生きており  立派に生きており  歩を進めており  愚考致しており  ゆえ、待っており  ようにして、そろそろとおり  大変が迫っており  職人はなかなかおり  ままになってころがっており  お断りしており  おこもりをしており  がやがやさわいでおり  かたとしたっており  車を飛びおり  アマケロと呼んでおり  美談を伝えており  嫁であったともいっており  鋤踏みに出ており  方言が行われており  歌にも見えており  部に見えており  現在すべて人手に渡っており  文字どおり罹病いたしており  存在から最も離れており  統一されており  動機づけられており  笑声がおりおり高く起こるかと思うとおりおり  ことでおり  どこもふさがっており  風呂はいつでもわいており  風呂がわいており  のは、もう馴れており  洋行して見たいと思っており  帰りたいと思っており  本村町におり  民族学者によって言われており  充填しており  女に追われて、大いに悩んでおり  波瀾を捲き起してはおり  宣伝が行き渡っており  声をきく如く黙しており  なんかはおり  匐いおり  命がけでおり  力一ぱいに飛びおり  五六人かたまっており  幸子はおり  月が照っており  家を囲みたるおり  大分変っており  明示しており  樒などを売っており  根底にもっており  刺戟をあたえられており  母から厳重にとめられており  父から厳重にとめられており  情勢はすっかり改まっており  完結させており  独立しており  全部馬につけており  メソメソ泣いており  いつまでもつきまとうており  上でねむっており  風に吹かれたり、おりおり  お前は好いており  鎖ざされており  何が待っており  各自役所が決まっており  それは沢山おり  多四郎が付いており  長崎にもおり  大坂にもおり  江戸にもおり  林が燃え立っており  私に惚れており  愁嘆ゆえ申し上げ兼ねており  言葉は解っており  印可は抜いており  客となっており  十も点っており  どこにどうしており  徘徊っており  如くに下ろされおり  一筋筋を引きおり  掟となっており  茴香が枯れており  恩顧を蒙っており  人達が目覚めており  裏門を叩いており  奴だ、眠っており  りっぱなされており  床についており  座談のおり  ゆき来はしており  うちから私が焚きつけており  神ダナにあげて拝んでおり  鑑識にも通じており  獣使いがおり  いま上方に住んでおり  おいおい夜もふけており  伴れており  独りこうやっており  そのまま階段をおり  洗濯をしており  画仙紙をぬりたくっており  あなたに感謝しており  ふだん洋服でおり  ちょッくらちょいとおり  ハイ亡父のおり  万国史を読んでおり  先生を存じており  暗誦しており  方へまいっており  せわになっており  伺がっており  近くは致しおり  ぼろを着ており  問い合わせしており  いっさい知っており  評価されており  身体を向き変えたりしており  服を着ており  足早に歩いており  身なりをしており  強調されており  姉妹同士似ており  ところへいっており  ドアが開かれており  発作にかかっており  書類束で被われており  ことを心得ており  身体を押しつけて坐っており  たっぷり火が入っており  私もよく知っており  それを求めており  一心不乱にやっており  教師がもっており  上にのっており  何かを読んでおり  肺病にかかっており  不遜さも含まれており  影響を受けており  助手よりもふけており  役人たちはいつも急いでおり  ぴしんと閉められており  半分もふさがっており  人がごそごそ動いており  鼓舞しており  決心がつきかねており  核心をもっており  身体をふるわせており  髪は乱れ、疲れており  髪をしており  万事はばかげており  紳士荘をじっと見守っており  姐さんがおりおり  声に交って、おりおり  何か笑いながら話していたが、おりおり  それじゃまだ知らずにおり  ご無沙汰ばかりいたしており  郁治が待っており  声がおりおり  店をしており  父親がおり  遊んだことなどをおりおり  音などもおりおり  上には、おりおり  馬車がおり  夏服がちらちらしたり、おりおり  月給のおり  乗合馬車がおりおり  時など、おりおり  今から見ており  旅客などがおりおり  風がおりおり  鷺がおり  空をおおって、おりおり  駄洒落もおりおり  街道におりおり  ことを思いだしており  しだが生えており  道楽をしており  字、違っており  邪魔致しており  お詫びに行こうと思っており  性質をもっており  中にあまり長く入っており  トントントンとおり  知人もないので、困っており  金三十両持っており  今ははっきり分っており  のだと信じており  シラキュースに来ており  土地を持っており  身うちのものもおり  落ちつき払っており  雨戸は閉まっており  飛ばしてゆくとばかり思うており  通りどうやらこうやらしており  孫を見せに帰って来ると云うており  処に送っており  皆申しており  みんな申しており  納屋に寝残っており  ムカムカしており  一パイに生えており  一パイやっており  こっちにおり  靴を磨いており  乍ら、のそのそとおり  闇がおり  さきへかえれと仰有っており  きょうまで待っており  へやもふさがっており  ことが出来なくなっており  ようにせがまれており  中に残っており  薄紫色をして覗いており  ものに映じており  輪廓しか映っており  ことは、ようく存じており  精神力が具わっており  ことも出来なくなっており  日々野山を駆け廻っており  それが判っており  さには欠けており  時江はおりおり  対座しており  高鼾をかいており  どこが違っており  中で眠っており  二本が加わっており  其後、おりおり  眼がおちくぼんでおり  唇が乾いており  雨はもうやんでおり  電車が走っており  私はお附き添いしており  肌寒い風が、かなり強く吹いており  入り混んでおり  混雑しており  大坂におり  わしく見えており  わたしも黙っており  地に敷いており  ポッツリ光っており  尼僧様は歩き出しており  空家だと思っており  考えにふけっており  一大事件の起こっており  顔をして、黙って聞いており  無為におり  人影がいて、何やら叫んでおり  森閑としており  間は、ひっそりとしており  わたしは喘いでばかりおり  足を運ばれており  階子を駈けおり  石はもう死んでおり  空から稲妻が折りおり  途中で折りおり  垢がたまっており  臭気がこびりついており  今でははっきりとわかっており  父親も云うており  それがだらだらとおり  処をあがったりおり  斜におり  どころを示しており  そこに来ており  霜が美しくおり  それから土間へおり  やうに渡しており  それへとおり  りょうしが住んでおり  ままになっており  何をなされており  何処へいらしており  餅を待っており  餅をお持ちになっており  喫べており  供が待っており  朝帰って来る、寝て待っており  人間の顔になっており  一人西洋イギリス学問所ニいりおり  こゝろもちニており  名諸国ニあらハれおり  ニにており  京ニ出おり  人が知りており  光栄だと申して、よろこんでおり  呑ており  坂道をおり  もっと小さな野良道におり  あいだにはおり  迷惑をかけると思って、つつしんでおり  立なおり  勢だしており  んかと思ひおり  伏見奉行をおそれさしてやろふとぞんじおり  申ており  ハ三十日もおり  んやが、おもいおり  ものにきまっており  何もきいており  ものが漂っており  ゆふかげにおり  きりと散っており  ものが残っており  ものをおおく止めており  観念があらわれており  雪雲で被われており  眉毛がすっかり薄くなっており  松栗檜欅などが生え繁っており  片方は濁っており  話相手が少なくて困っており  千川亭おりおり  上演しており  決定しており  ことを述べており  期待をかけており  発生しており  着想したと言われており  機会をもったと言われており  他国であるといっており  いやになって、おり  いまにおり  克巳はさっぱりおり  今年なぞ、まだも肥えており  牛乳を、精出しており  住居致しており  安心致しており  武蔵がおり  勘違いをしており  それは聞いており  武蔵はまだ生きており  ここには、おり  姉は、まだ生きており  心を固めており  姿を待っており  男性を見つけたと思っており  街道へおり  訳載されており  題目で論じられており  技を盛返そうと努めており  反省が行き渡っており  それぞれに特色を示しており  風が行われており  気質が残されており  さを未だに失っており  織物は作られており  さを失っており  今も続いており  店も栄えており  今も揃っており  ものは数多くは残されており  うちに伝っており  しろ人形で知られており  今もなお衰えており  それを惜しんで再び立ち直ろうと試みられており  これはわずかながらなお続いており  恵みは失われており  保障しており  面が限られており  京都は優れており  ものは沢山残っており  技に達しており  名で通っており  今もそう変えており  事情がよく備わっており  名が聞えており  歴史には知られており  格が落ちており  重みを加えており  名で聞えており  すみれは、おりおり  皆谷へおり  後から谷へおり  二番鶏から起きて来ており  自ら縊れており  正業を得にくい故に、おりおり  中にもおりおり  ところがおりおり  上おりおり  附近をうろついており  ものがおりおり  方を執っており  新羅王だと思っており  ことに定まっており  家に伝わっており  者がおりおり  人がおりおり  字名などが残っており  話などになっており  一方ではおりおり  物には、おりおり  者おりおり  新聞その他におりおり  話もおりおり  時はおりおり  家へ、おりおり  その後もおりおり  国つ神と記しており  包容しており  国樔がおり  退治せられており  眉目としており  評判せられており  のと似ており  奇怪はおりおり  同意してよいと思っており  各地独立して、ずいぶん数多く伝えられており  裸であったといわれており  地方にのみいつでもおり  山人が住むといわれており  顔をあらっており  小さなかわいい目でいつも笑っており  カモがおり  道具を具えており  ところが欠けており  自由が喰い入っており  要求されており  基準をもっており  主体が入っており  要素をもっており  まことが信ぜられており  幸福を求めており  馬鹿だと申しており  名前はよくうけたまわっており  ことについてはいろいろと心得ており  貴方を存じており  追手が掛っており  道に迷っており  息子夫婦がおり  考え方をしており  ところから聞いて、詳しく知っており  意識を失っており  滾々と湧いており  カマがおり  タカが知れており  作者がよく云うとおり  こととを同時に感じており  成り行きを眺めており  そのまま立っており  たしかに鳴いており  ゆっくりゆっくり話をすすめながら、おりおり  離室で、おりおり  縁台をおり  顔を、おりおり  ようにのっかっており  真っ黒になっており  恭一がおりおり  違棚に置いて、おりおり  上眼をつかって、おりおり  板橋がかかっており  小石はおりおり  音と、おりおり  のを、おりおり  泣き声にまじって、おりおり  人たちは、おりおり  お祖母さんにつれられて、おりおり  兄に、おりおり  相談が出来ており  から、すぐおり  お祖母さんは、おりおり  日彼は、おりおり  口火がつながっており  彼はおりおり  彼女はおりおり  顔がおりおり  人の言うとおり  認識には欠けており  異常心理がはたらいており  可哀そうだと思っており  字がまちがっており  賑やかに暮しており  家族がおり  顔をかくしても、わかっており  藤次殿が参っており  帰りを待とうと、頑として、動かずにおり  面をしており  人中で揉まれており  旅にも困らず過ごしており  多年捜しており  遍歴しており  胤舜も恥じ入っており  考はおりおり  夜何をするか知っており  話がおり  蝶々髷を結っておりおり  東側へ折れて、おりおり  獣は縛ってあるが、おりおり  明りが、おりおり  はい上がりてだだをこねおり  門内に巣食いおり  前にきてすわっており  あんばいだなんて申しており  附合いをしており  ひとり遊びには馴れており  ひとり残っており  主人もおり  お嬢様まことに散らかしており  稲さんのいいますとおり  獅子鼻がさびしくのっかっており  文薬となっており  露はおり  隠居が亡くなって空いており  チャーンと存じ上げており  お側におり  輪を作って梳き残されており  から固く信じており  富を作っており  魚などを獲っており  仕事をやっており  処どころに立ち昇っており  恰好をして生えており  奴隷が休んでおり  腰をかけており  両足を投げ出しており  幾棟となく見えており  月が射しており  苫屋が黙黙として立っており  ものかと考えており  眼が光っており  棟棟を照らしており  欠伸をしており  顔を見おろしており  気が遠くなっており  一人女が立っており  眼をつむっており  そうに見ており  あたりで揃えており  二三人坐っており  面白そうに話しており  一杯になっており  ように冷たく光っており  私に憤っており  顔をして立っており  反動が起っており  充満になっており  工風はないかと考えており  手を置いてじっとしており  頭に浮んだり消えたりしており  修験者が来て立っており  頭からおろして休んでおり  居睡りをしており  男は驚いてうろうろしており  方へ歩いており  陰でひそひそと話しており  燈っており  手を執りあっており  茶を飲んでおり  夜が明けかけており  背後に迫っており  麓におり  小声で呟いており  ことにはなっており  地面も残っており  から、余儀なくこうしており  ことはして貰いたいと思っており  三ヶ所切れており  いまも言うとおり  それでおり  電気鳩はひらりと飛びおり  鳩舎へおり  そこへ、おり  柱つたいにするするとおり  人がかけおり  川がながれており  それにすがっており  中ほどまでおり  帰りになっており  賭事をしており  今でもやっており  上手がおり  あちらで待っており  悪人がおり  三代これをつけており  千ばかり斬っており  中にころがっており  浜におりおり  あたりがそろそろ暗くなり出し、おりおり  上り框をおり  延とが、おりおり  青年たちに、おりおり  麦畑に舞いおり  帽子とをもっており  ひとり階下におり  帽子をかぶっており  方にかきよせていたが、おりおり  お祖父さんが、おりおり  恭一はいつも考えながら歩き、おりおり  権田原先生は、おりおり  様子も、じっくりと落ちついており  中風気味らしく、おりおり  光が流れており  ように並んでおり  五つともそろっており  指揮台をおり  自分を覗いており  恭一におりおり  歌をかなり多く作っており  目をさらしながら、おりおり  几帳面さをおりおり  自分たちをみており  先きにおり  赧らめて見ており  伺いしておきたいと思いますし、またと申しており  四人でおり  ピーピーと泣いており  昨日式場へ来ており  天長節に来ており  せいだと思っており  直訴をうけたりしており  機関科に属しており  はい知っており  すべて員数が揃っており  全部私室に揃っており  向こうへ飛びおり  多数にのぼっており  銃声ばかりがはげしく鳴っており  下へ急ぎおり  部署を守っており  ように駈けおり  階段を一気にかけおり  田中達が行っており  角井もおり  何人も知っており  術を知っており  能力を持っており  日が来ればよいと、祈っており  名だけは存じており  欣しがっており  国許から金をよび、しばらく、そうしており  今も、寝転んで涼んでおり  拝謁を待っており  一族と聞いており  喰んでおり  惧れており  軍学をもって、続いて来ており  進講しており  沢庵どのからも、よく聞いており  それも考えており  日頃から信じており  宵から店で寝ており  底につかんでおり  もう半分以下に減っており  段々になってひらけており  上にのぼっており  真面目すぎて、おりおり  ぼんやり明るくなっており  隣室からは、おりおり  本がいっぱいつまっており  装幀がくずれており  青空を舞いおり  二枚かかっており  空家になっており  しまいこんで、おりおり  割合落ちついており  口からおりおり  階下から呼ばれても、なかなかおり  盆にのせて持っており  店戸がおり  祖母の言うとおり  土橋がかかっており  中にせよ、いつもきちんと片づいており  俊亮はおりおり  それぞれ二つの意味をもっており  俊亮にむかって、おりおり  守山を一気におり  往来しており  崖ぷちにそって通っており  位におり  貌をしており  願掛け致しおり  蔭で、おりおり  満足が出来んと見えて、おりおり  ようになり、おりおり  のだろうと考えており  大分まじっており  物を築いており  部屋にばかりおり  城下へ出ており  旅には、馴れており  二里とも参っており  南光坊が優っており  お山に雇われて来ており  空虚になっており  旅しており  霊地といい伝えており  朽葉に埋れ、あまりに荒れはてており  雪崩もすっかり直っており  注文を取って歩いており  真田左衛門佐と名乗りおり  祝着のいたりと存じおり  端に来ており  私も見ており  悟りめかしており  誰か呼んでおり  あれに着いており  先に整えさせており  今、あがいており  根室附近になぞおり  日本海におり  敷衍してみたいと思っており  大切だと信じており  義務をつくしており  宣伝するにあったとみており  運動だと解しており  批評しており  解釈が当たっており  観察しており  反対になっており  説をも聞いており  ものを認めており  もぐらがどうとかしたといっており  左に廻っており  錐のところが、ずいぶんかわっており  上古から認められており  付属しており  中間におり  扱いになっており  雨露を凌いでおり  担当しており  任に当たっており  行商人となっており  店売りしており  弓矢町と呼んでおり  特権を持っており  乞食生活しており  意味を表わされており  自身獣猟をなされたと伝えられており  増加を示しており  覚悟を持っており  金具が光っており  栄子は酔いくたびれて眠っており  人々も眠っており  家に往きけるおり  方法も、与えられており  そこで止まっており  ベツドから飛びおり  いちめんにおり  歳月を経ており  愛だと思っており  海老錠のおり  密接しており  三千万円に上っており  白色をしており  大体直径〇・〇三三粍となっており  衆も知っており  ことがなかったら、とうに纏まっており  お嬢様もすすんでおり  奥さんになされようとしており  心配なされており  白い影は折りおり  馬賊、おり  姑娘、おり  作が出ており  一番はなへのっており  表紙をかぶせており  熱燗も存じており  分もついており  辻町さん、よく存じており  めゆえ、秘してはおり  退屈さが、おりおり  静かだったし、近くておりおり  のかと、おりおり  皆おっかなびっくりでおり  狼はおり  青春が夢みており  それを聞いており  婦人たちは囁いており  名誉が汚されたと叫んでおり  様子を見て、おり  二三町さきへおり  紋が付いており  其処をすうっと跳びおり  方面をも具えており  衆がおり  リボンがさがっており  結婚式のおり  のをきいており  恋情がひそんでおり  才気がほとばしっており  綽名をつけられており  委員をやっており  さっきから見ぬいており  時そっぽを向いており  縦にならんでおり  渕が出来ており  次郎もおりおり  橋がかかっており  視線はたえず波うっており  一部とが押しかけて来ており  幾人かならんでおり  上からだしぬけに飛びおり  彼は飛びおり  時におりおり  色がうかんでおり  先ほど申しますとおり  手筈にいたしており  毎日会っており  顔をお見せになっており  眼をこすっており  ところはないと信じており  根をはっており  ふんどし一つになって立っており  時いくぶんふるえており  冷然と光っており  僕がそんなふうに考えており  不安の種になって残っており  却って以前よりざわついており  話しあっており  大山がおり  口は固く食いしばっており  風呂はわかしており  息をしており  白鳥会でおりおり  花瓶がのっており  先生夫妻はうなだれており  それにはおりおり  建物で限られており  柵をおり  白粉がこってり塗られており  顔が少し青ざめており  眼とならんでおり  次郎は、おり  生徒間にはすでに知れ渡っており  事件のおり  んを、おり  きれいな姉いもうとがおり  ことを、たいそうほめており  おできになると、きいており  路をぐんぐんおり  来し方へとおり  雪とにてらされて、おり  川床へとおり  何者ぞとすれちがうおり  身に沁みて知っており  白女と遊んでおり  もの言うとおり  光がさしており  室は青い光りに満ち満ちており  事、思っており  心願掛けており  泊込んでおり  この間までおり  三日もただ茫としており  事も、いろいろ入組んではおり  ひとじゃないと思って見ており  感服しており  ことは、わかっており  すべて赤くも黄いろくも色づいて、おりおり  さそうに流れて、おりおり  存知ており  兄も信じており  禁足を致しており  喝食を致しており  底に焼きついており  弟子であったと伺っており  費え六十万緡と申し伝えており  あやしい胸さわぎを覚えており  近江へ参っており  気配も動いており  場より隔たっており  河原に充ち満ちており  先刻から申しそびれており  艮方へ寄っており  火の粉もかぶらずにおり  火の手の上っており  夕刻まではそのまま動けずにおり  大路小路に溢れており  女どもをなぐさんでおり  夜も打続いており  屋根をみつめており  火の海と決まっており  それもよく心得ており  今までは只おぞましい怖しいとのみ思っており  風が吹き荒れており  わたくしは、居残っており  北に離れており  火の海になっており  手筈を調えており  ほとりにおり  あたりは薄暗くなっており  中空に鳴っており  きりと痛んでおり  顫えながらも居残っており  気を失って倒れており  下京を追出されており  住居しており  数知れなかったとも申しており  累々と浮いており  朧ろに沈んでおり  真向いに見えており  一基のこっており  塊りがちらほらしており  耳を澄まして伺っており  態でおり  用意を致しており  成行きをじっと窺っており  わたくしのまだ居残っており  上様を狙っており  虫に喰われており  傑作も集っており  ことから来ており  樹が並んで立っており  跟いており  のを眺めては、淋しいなあと思っており  情熱がおりおり  情熱を持っており  呆然としており  一面にこぼれており  談笑しており  自分で一度お目にかかりたいと思いながら、ついうかがいそびれており  なぞおいでなさりはしなかろうと思っており  羽織は、着ており  夜はおり  風来商売で、歩いてばかりおり  姿をおりおり  手をしっかりと握りしめており  方をやっており  碁ばかりうっており  ことを多く知っており  一条海に添っており  何でも存じており  疵所を浸しており  半分に遣っており  どんどん沸いており  片影が出来ており  落鮎になっており  向うについており  ようで、取乱しており  内々恐縮をしており  空可恐しく思っており  皆起きており  一晩沸いており  気を揉んでおり  寝間にむらむらしており  櫛巻にしており  様子を窺っており  因縁を知っており  こちらで存じており  心持で、始終ふらふら致しており  どこが痛むというでもなく、寝てばかりおり  瞶めており  名を存じており  ます処で、知っており  灯が、ちょろちょろと点れており  私が知っており  病み衰えており  閨に帰っており  胸に蓄えており  ただ打頷いており  ものも言わないでおり  女の微笑んでおり  何、存じており  裸体だなと思っており  金色を鏤めており  閉っており  帳場に寝込んでおり  据らないで慌てており  時着ており  車台が透いており  御利益になっており  研究をしており  梯子はおり  ようにぶらさがっており  回廊におり  上からロークがおり  足におり  演説をじっと聞いており  二匹とまっており  議論を戦わしており  昆虫たちはどうにか知ってだけはおり  面に響いており  一人だけ生き残っており  さし向いになっており  禁っており  もっと末へ寄っており  何が入っており  御用向も存じており  恋も存じており  私はただ活きており  人的におり  跪坐しており  水をふいており  あたしは待っており  愛してると思っており  きれいな谷川が流れており  五だとかいっており  すが、ふせっており  気絶しており  血がにじんでおり  矢張りよそさんから苦情が出ており  おかみさんの言うとおり  の言うとおり  ほうへとおり  牧師は、またそろそろとおり  穴蔵におり  ところにかけおり  勘定をまっており  者たちよりは落ちついており  寝室へおり  食堂におり  日課となっており  山を、あがったりおり  海面におり  海におり  まわりに、いっせいに舞いおり  ご飯ですよ。早くおり  動物とされており  馮国芳といっており  親類であるといっており  ギリシャといわれており  ふうに書いており  趾が残っており  道場となっており  稱しており  時には死んでおり  薬にして飲んでおり  薬湯にも用いており  バラモンがおり  今に残っており  日本に来ており  鎮守を持って来なかったろうかと考えて見ますと、やはり持ってきており  経といっており  死守しており  今に守っており  ことはきており  一冊もきており  インド人もおり  フランスに分けられており  帝政時代から出版しており  賞讃しており  面白い図書が残っており  写真に撮っており  いつか刊行したいと思っており  博物館に行っており  中に出しており  版になっており  説も分れており  敦煌には残っており  侭でも残っており  借財が残っており  終りまでいくだろうと思っており  研究所を建ててやっており  連絡をとってやっており  成田昌信君が行っており  いま拵えており  殆ど出来上っており  出版主任でやっており  今も認めており  学問としても残っており  敬意を払っており  四方に現われており  熊本におり  思いが生きており  思いけるおり  駅におり  光景までが、おりおり  梅本にも、おりおり  事情は何もかも知りぬいており  塾生活を送って来ており  気分はいつも澄みきっており  窓一ぱいに照っており  空は青々と澄んでおり  まま黙々としてすわっており  眉一つ動かさないですわっており  どんどん変わっており  四五名背広姿がまじっており  時に、おりおり  空は青々と晴れており  ために、おりおり  横顔は、いつもにくらべると、いくぶん青ざめており  全部箸をおろしており  小声で話しながら、おりおり  経営しており  それぞれ七つほど並んでおり  戸が開いており  入り口に立っており  上から下へ、つぎつぎに拭きあげて行きながら、おりおり  掃除はすっかりすんでおり  国もとにおり  心のつつしみを忘れてはならぬ、と言い聞かされており  十分明るくなっており  感情が流れており  窓ぎわに据えられており  あい間あい間に、おりおり  葉書ぐらいですませており  枝をたれており  骨組みが力強くとおっており  先生がおりおり  膚をほの赤くぼかしており  沈黙を守りつづけて来ており  名が通っており  のが、おりおり  以前から文部省を通じても加えられており  対照をなしており  人間として生きており  ことにいたしたいと存じており  空洞があいており  中心にびりびりとふるえており  朝倉夫人は涙ぐんでおり  それだけでほとんどつきており  母によって結ばれており  金田がおり  順でおり  底へおり  帆村君のいうとおり  落下しており  穴をうめており  ものが浮かんでおり  暗渠となっており  火はもう消えており  夜分おりおり  家にありて打ち臥しており  母人ひとり縫物しており  炭籠を置き、おりおり  小屋を作りており  焼きながら食いおり  遠くにおり  間小屋におり  牛多くおり  にこにことしておりおり  親帰りて、おり  声は、おり  三度は存じており  蔭ながら泣いており  老人心魂に徹しており  心は疲れきっており  結婚を申込まれており  外出中に当っており  衣裳は事足りており  防音装置が施されており  平行しており  軸が掛っており  用人を勤めており  普請方をしており  写真を、おりおり  おれはおりおり  食事のおり  世話をしているおり  夢もさっぱり落してしまったらばと、おりおり  軸物におりおり  一所懸命になって、見きわめており  ドンドン流れており  一所に附いており  隠元豆に似ており  焼跡になっており  方に住んでおり  名義になっており  庭先に咲いており  焼跡に咲いており  処に咲いており  下駄を預けており  ぼつたりおり  から、おり  そればかり考えており  算術をやっており  一つ蕾を開いており  自分を見上げており  自分を見ており  ままうつ伏せに落ちており  弟から精しく聞いて、よく判っており  処、ずっと売切っており  家屋におり  発表致し来りおり  従事致しおり  生活を送りおり  思考致しおり  平素抱懐致しおり  注意致しおり  恩恵を蒙っており  好きあっており  魂胆を見ぬいており  同感致しており  ニヒリストは有り余るほどおり  どこかに感じており  思いすらもいだいており  さを信じており  いつまでもお待ちしており  同一地方に住んでおり  ことが知られており  中で最もよく知られており  人格視されており  ものとされており  自由意志をもっており  言語で出ており  盛り上っており  運動をしており  物質から成立っており  火星が昇りかけており  散布されており  白色光を放っており  差違を示しており  程度に達しており  降下しており  分布されており  想像されており  値をもっており  過去以来存在しており  真実に近づいており  軽業を商っており  それから手品も商っており  興行をしており  一本、落ちており  君江はこんなに泣いており  父様をおおうており  端を発しており  従来も探っており  扉をへだてており  はいはい存じており  商売を持っており  あなた様を恋しており  耳が利いており  これさえ飲んでおり  面などを眺めており  真面目に申し上げており  左内様を恋しており  姿勢でおり  性質として、好もしく思っており  お酒をいただいており  お日様が笑っており  裕福にくらしており  面白そうに唄っており  通り真っ直ぐに突き刺さっており  業とされており  咽喉をねらっており  縄胼胝ができており  拙者にはハッキリとわかっており  思案を凝らしており  一家は、つけ狙われており  思い込みまして、おり  敵対行動をとっており  私は憎んでおり  娘がおり  誰を恋しており  あなたと取りかわせており  垢をなめており  笹家におり  口から今やおり  目に逢いかかっており  ますそこにおり  私たちのおり  案がそのまま用いられており  奥におり  極がふらふらしており  原因になっており  方を考えて頂こうと思っており  ディーゼル機関を使っており  駐屯しており  お知らせいたしたいと思っており  実験に取りかかっており  成功はしており  浮き浮きしており  苦笑されており  木曾さんに頼むがいい、などと笑っており  掲載しており  問題となっており  出入しており  ことが出来ないと訴えており  行商をしており  事であると、こう云っており  どこにあろうと、こう云っており  そうに威張っており  虫けら同様に取扱っており  御家人と呼んでおり  制度が定まっており  勢力を振っており  解放されており  今日普通に特殊部落と言っており  今日特殊部落になっており  公民としては認めており  自治に任しており  小屋と称しており  類のものでも、遠慮なく殺して喰っており  禁制にも背いており  立派に認められており  規定されており  出来なかった事も見えており  四通りになっており  家人になっており  階級が違っており  下様のものでも軽々しく用いており  風にまで伝えており  主になっており  人に非ずだと解しており  穢多とも言われており  ものによく出ており  名が残っており  ことが見えており  チャンと認められており  新聞に見えており  記録にも見えており  祖神と仰いでおり  三条と云っており  賤民扱いにされており  各地に残っており  遠江あたりに残っており  実行されており  風習は全くなくなっており  付近におり  これまで行われており  賤まれており  保障されており  書類が遺っており  のではなかろうかと云っており  から起ったと云っており  文書に見えており  森具村となっており  一つになっており  傀儡だと云っており  ことを言っており  傀儡と云っており  様に見えており  ことが甚だ多く伝わっており  立てになっており  鎮座になっており  一人しかないと思っており  保存されてもおり  性質も無論受けており  性質も受けており  婚を通じており  蝦夷仲間だと思っており  自ら名告っており  多く歴史に見えており  下にもおり  儀式をやっており  運命を持っており  障壁を設けており  残酷になっており  制限せられており  記録に見えており  転訛だと言っており  穴掘りをしており  非人等がおり  猿舞わしもおり  遊芸人もおり  ものだと言っており  部落から出ており  みな取り残されており  世の中になっており  到来しており  様子が変っており  世界は広くなっており  世界があまりに広くなっており  自然にかたづいており  家内とも心がけており  頭にのせてじっと蹲んでおり  凝りもせずにおり  地を究めており  魔境について知っており  ヨーロッパにおり  ドイツのものが来なくなっており  不審に存じあげており  アルゼンチン政府にたいへん憎まれており  滞在しており  画家に出会っており  ことになるだろうとおもっており  旅に出かけるばかりにしており  真面目に向わなければならぬと考えており  目下困窮を極めおり  手前よく存じており  回教国一と聴いており  車よりおり  吟味は違っており  ゃったことはよく存じており  赤シャツがおり  確かに知っちゃおり  わたしもそう思っており  柱づたいに滑りおり  下世話にいうとおり  一心不乱になっており  娯しみたいと思っており  カクテルとが並んでおり  みんな憤慨しており  御返事だろうと思っており  ひとがなんと言っており  若いきれいな女中がおり  かただとほめており  十四年ほど続けて来ており  慰めといたしており  せいだと申しており  解決いたしたいと存じており  手伝いに来ており  事も許されており  平生忙しく暮しており  統計が示しており  女が致しており  結果になっており  愧じており  相当に出ており  ものだと信じており  詠歎を残しており  感情が出ており  話ならば聞き及んでおり  彼はまたおり  一息におり  顔が浮いており  お嬢さんが淋しがっており  要を得ており  要因を含んでおり  相互関係が挙げられており  竹がおりおり  お客様もございますまいねと云って、おりおり  始で、おりおり  感覚でうけて観ており  話も存じており  不審千万に存じており  隠密が入込んでおり  早や来ており  お気が付かせられており  只今隠居しており  家督致しており  九郎が握っており  人から聞いており  次の間に控えさせており  修業して来ており  それからはやもおり  皮を剥かれており  飢えをしのいでおり  目下御前会議をひらいており  出席いたしており  目撃いたしており  一人虚無僧がおり  列席しており  瞬間には見ており  特にギンミして取寄せており  ズバリそこを指すだろうと見ており  異状なく立ち戻っており  そッちへ向いており  フランケンがおり  ときシッポをだしており  会話いたしており  今もって現れており  頼み申しており  筈はございませんが、どうかしており  昨夜から確信いたしており  如くに消えており  居間にいたしており  のを何よりに思っており  遊びにでており  旦那にはお会いしており  店をひらいており  円朝がかかっており  初日から通いつめており  店をきりあげると、間に合うだろうなぞと考えて、おり  加助にきまっており  手紙を受けとっており  支度いたしており  取調べは致しており  ものかと思っており  ののしり騒いでおり  カケガネがおり  物思いに沈んでおり  かたわらに落ちており  縁日へ参っており  馬を持っており  巡査がおり  腰にさしており  からなくなっており  手筈を立てており  加助がよばれて来ており  そこまで見越しており  死体となっており  肝臓が奪われており  肝臓を奪われてことぎれており  業病人が集っており  殺害されており  境地に至っており  警視庁から誰も見えており  指揮をとっており  距てられており  行事とされており  月田まち子も加えられており  一般に知れ渡っており  まち子は生き返っており  憎しみをもっており  同居いたしており  カケコミ教に殺されると云っており  校庭になっており  通り出勤いたしており  話は承っており  信仰いたしており  出席されており  拝聴したいと思っており  思いを致しており  変死を致しており  腹をさいており  番人を連れて来ており  駄賃をいただいており  浅草へ参っており  同意しており  愛想づかしをしており  構成を示しており  証言しており  水際におり  それは分っており  同情もいたしており  察しがついており  退散したにきまっており  私が怪しんでおり  一物も盗まれており  塀をおり  四本のいうとおり  金兵衛の言うとおり  出陣のおり  慶事がございます、取り込んでおり  からやっており  お袋なぞはもう驚いており  臥たり起きたりしており  三里と申しており  わたしもよく聞いており  五里と申しており  諸共におり  磯におり  むとてあたりのよろしき所におり  しかと覚えており  予定しており  筈になっており  終盤だけ見ており  ッこんでおり  距離は離れており  儀と存じおり  遠方かけはなれおり  危難は落ちかかりおり  候儀を好んで心がけおり  ほか気づかいおり  イギリス存じおり  候よう英国にては心がけおり  格別に望みおり  御国と格別かけ離れおり  許しのほど願いおり  皆願いおり  一様に並びおり  数か国に分かれおり  里子にだしており  ように、と頼んでおり  初歩から上京に至るまでそっくり積み残されており  拝察いたしており  すべてを語っており  給金をいただいており  暮しには事欠いており  暮しはしており  別になって散らかっており  整頓されており  生国へ戻っており  前にきまっており  上にかかっており  カンヌキもおり  住居にしており  帰宅を待っており  ジッコンにつきあっており  計画は行き届いており  点など相似ており  小さな花が咲いており  稲が青々と育っており  谷までつづいており  ワラジをはいており  土をかんでおり  土がついており  フシギに思っており  事件は解かれており  兄がついて来ており  彼は段々証して来ており  神伝夢想流がつたわっており  平凡を愛しており  只今ご用立致しており  サジを投げており  隣室に来ており  覚悟をいだいており  自身活用してみたいと思っており  従者をしたがえており  座を占めており  世間ではそう申しており  家内が身ごもっており  波三郎だけ見知っており  附きそっており  妹は身ごもっており  チョウチンもつけており  話合っており  異常に優れており  純粋を保っており  仙人がおり  催促せられており  コツも心得ており  銀一すらも知らなかったと申しており  焼きに出払っており  犯人は判っており  便所へ行っており  本陣を訪ねたおり  わたしも思っており  道中奉行から呼び出されたおり  半蔵がおりおり  宅から通っており  平素の行ないもよくぞんじており  行幸のあったおり  しまうつもりでおり  古文書を集めており  自宅へ持ち帰っており  矢に射ぬかれて殺されており  奉仕しており  慎しみ怖れており  信仰されており  さであると言われており  昔から考えられており  日課であると云われており  身許はハッキリ致しており  親元はハッキリ致しており  損失がつづいておりまして一応苦しくなっており  シッカリしておると見ており  手代がおり  往復致しており  矢が突き刺されており  それがあがっており  記憶いたしており  はるか遠く離れており  方角によっており  遺族はどうしており  何本造られており  金山の神や、いろいろ造っており  矢を造っており  小屋をたてて住んでおり  ブリッジから飛びおり  タラップをまた飛びおり  タラップをおり  注文を通しにおり  機関場へおり  バケツを持っており  岩石に向き合っており  間へおり  ボイラーからワイアを伝って飛びおり  水夫たちがおり  チエンロッカーへおり  地獄へおり  サロンで待っており  桟橋へとおり  のを、したくをすっかり済まして待っており  種を植えており  種が生えており  海面へおり  コーターマスターがおり  箱からおり  産業予備軍が捨てるほどおり  地面に飛びおり  方から街道へおり  から、探しており  好意を持っており  祕密なんか、どうせばれるにきまっており  電燈も消えており  ことは忘れており  神様がついており  同伴者に貰いたいと常に願っており  大変因縁咄めいており  ソボソボと降っており  ままで残っており  知らない国へ行っており  様に言っており  体を持っており  ために困っており  相手はおり  行方が分らなくて困っており  割で受けており  まちがいなく受けとっており  脅迫がつづいており  から働いており  ものとか承わっており  タンネンに焼きすてており  ハタラキは持ち合わせており  十三日間興行しており  これを怪しみおり  収集しており  八百に達しており  監督しており  事実を集めたいと思っており  判然しており  歌が出ており  通俗に申し伝えており  田舎におり  ことを申し伝えており  事実も集めており  マジナイをもって治しており  考えが間違っており  事実を集めており  茶も沸いており  ところまで調べて行っており  会が聞かれており  ものであると思っており  ことを喜んでおり  家内万事整頓しており  永年研究いたしており  非常に信じており  座敷におり  おもしろがっており  帽子をいただいており  安心いたしており  主人も大いに弱っており  爪先まですきまがないので、大いに困っており  面会いたしたいと申しており  ものであると信じており  ただちに出でんとしており  ものだと申しており  汽車は動いており  気持ちが悪かったとか恐ろしかったとか、常に思っており  食物を与えおり  某家に雇われおり  もと雇われおり  夜うなされおり  困難してもがきおり  家に雇われおり  平生念頭にかかりおり  閉口しながらウンウン云って書いており  七五三に飲みますと云っており  からタカは知れており  袂に入れており  力が這入っており  支出致しており  ひそかに喜んでおり  まり使い古されており  鷲が舞いおり  帳場へおあつらえを通しにおり  そこにすわっており  表へおり  無聊に苦しんでおり  人通りを見詰めており  目きき違いがおりおり  亭主のいうとおり  今では、捨てられたと詫びて、苦しんでおり  何にもきいており  とぐろを巻いており  インスピレーションに憑かれており  カンになっており  坂野がおり  義太夫会のおり  山台の下で語ったおり  扮したおり  芸をつけており  三社祭りと称しており  呼吸が合っており  藩にいられたおり  お勝手へおり  逍遙しており  面持ちで、ややしばらく考えており  文献となっており  教会におり  嫌疑すらも持っており  誌されており  リアルに書いており  三人乗っており  鉄砲を持っており  年月にわたってつづいており  二艘来ており  われわれ文学にたずさわっており  記録が残っており  観念におきまして誤っており  風に答えており  さを見せており  ものに残っており  記録に載せられており  帰依しており  それで計っており  ことが、伝わっており  答をしており  碇泊をしており  説教をやっており  文化が進んでおり  好奇心が強い、とも云われており  記録にも残っており  今日も残っており  詮議をいたしており  さもあろうと思っており  奥勤めをいたしており  右門けさからお待ちうけいたしており  牢へやって行くと、おり  うちになっており  ことまでいたしおり  どなたもおり  だんだん畑をおり  とおり、おり  うえで、おり  だんなにおり  ふたりでながめており  呻吟しているおり  家はおり  痛快にさえ感じており  面会したおり  原子から成り立っており  興味を有しており  秀才がおり  顔に、おりおり  一枚看板にしており  下げ緒がゆるんでおり  目にかけており  姉の着ており  そでを食いちぎって死んでおり  ものを食いちぎっており  人気もいただいており  の満足もいかばかりかと存じており  勤めに出ており  疾患に罹っており  生命と思うており  物色していましたが、おり  そこらに、おっぽが下がっちゃおり  心が乱れており  ゆえ、よくは覚えており  両替屋を営みおり  ことはいわれており  娘が好んで日ごろ使っており  ようにかわいがっており  たしかに錠はおり  ぎであけたのでござりますゆえ、おり  中で減っており  口を動かしており  眼がついており  手を合わせており  伝法伝六のいうとおり  もめん問屋を営みおり  一面に踏み倒されており  畳表屋を営みおり  半信半疑に聞いており  なりわいにいたしており  ころから出入りしており  袋物屋を営みおり  老僕大いに困りおり  風呂敷をもって扇ぎおり  中などに潜みおり  これをうかがいおり  法を試みんと思いおり  ものすごく思いおり  けいこしに上がっており  戸はあいており  ちょっとお目にかかりたいと申しており  管理をいたしており  血でかたまっており  錠もおり  死体はかたくなっており  糸がくっついており  青春をもてあそびおり  見当だけはつけており  ことやら、ブルブルと震えており  因果とでも申しますか、少しばかり人がましいつらをしており  仏とも親しくしており  理屈が通っちゃおり  お待ちいたしましており  所持いたしており  大小二つの鍔をこしらえたと申しており  辺にいらっしゃると聞いており  道楽者には困っており  妻室になされており  頭をそろえちゃおり  側用人を勤めおり  胸のつかえがおり  足を早めていましたが、おり  比較にならんほどずばぬけてよくできており  渡世はしており  品を造ってみたいと日ごろ念じており  浪人住まいをいたしており  こちらに控えており  兄めが、おりおり  最初から人気負けしており  隠しだてしており  衆からも聞いたりしており  内心ほくほくしており  ねじ食わせて言いとがめており  ように折りおり  花は折りおり  昼から催しており  数が多いと云われており  父がいつくしみおり  ここに涼んでおり  屋敷へ帰り、おさしずどおり  あめをしゃぶっており  ゆえよく存じており  大騒ぎをしており  めに会うだろう思って隠しており  いつまでたってもあんまりおり  十四人みんながくくされちゃおり  何度も呼んでおり  陰にこもって赤らんでおり  切腹しており  ッ、控えおり  寝起きしており  ッ、存じており  向こうへ曲がっており  ところで止まっており  ひとりでびくびくしており  くしに隠しており  命がこもっており  用命いただいており  みんな浮かれ歩いており  ここ当分あと口の染め上げは差し控えており  しだい届けようと待ちあぐんでおり  のを待ちかまえており  用意をしており  指南しており  ように泣き乱れており  紳士がおり  私たちがおり  伝六のいうとおり  地蔵さまが消えてなくなっており  ゆうべひと晩じゅう泣いており  さしずをしており  ごぶさたしており  もと銀座におり  はじめて輸入なすったので、よくおぼえており  いちどおたずねしなければと思っており  条件についてはよく心得ており  長靴下が載っており  ところで暮らしており  うち案じており  不審に思うており  中までもよく存じており  三両ばかり残っており  男がついており  勤めとやら聞いており  外から錠がおり  顔を撫で廻しており  廊下を見廻っており  今ここを見廻っており  濠水が流れ込んでおり  ろへ深くはまっており  ろへはまっておったと申されたが、どのくらい深くうずまっており  ふたつずつはいっており  さまにめりこんでおり  さまにめり込んでおり  おしゃべり損かと思うており  槍に魅入られており  出版条件になっており  雪にふられており  ものぞ食べずに泣いており  ばあやが心得ており  せいせいしており  腕に入れており  それがちっと変わっており  世間に知られちゃおり  薬屋さんから買いつけており  からね、よく知っており  気味わるく思っており  ことをなさるなと思っており  はずだがと思っており  母代わりになっており  だれよりも喜んでおり  お湯を使っており  身軽に飛びおり  からだれも知っており  ことだけは知っており  ひそかにたくわえおり  かたわら、おりおり  どちらへ流しに出ており  奉公口でも、と思っており  まいこともあるまいと思うており  んだから、おり  目も放さず見張っており  姿がなくなっており  六ツ光らしており  日を見ており  番頭がおり  一匹招きねこがおり  やけどをしており  へやに閉じこもって震えており  ひやひやしており  秘蔵しており  不審に思っており  夫ともども心を砕いており  変死を遂げており  心ひそかに喜んでおり  鼠小僧がおり  一筋ついており  ために、薄く蔽われており  一生物は断っており  わたしは燃えており  流で、じっと構えており  千葉道場におり  誰彼となく、可愛がられており  銚子におり  父さえ活きており  噂を承まわっており  動物も住んでおり  手を待っており  父が活きてさえおり  目付けており  雨戸がしまっており  輪、なまじ活きており  くしにかくしており  のが降っており  家族しらべをしたおり  寝泊まりしており  来駕待ちわびおり  ところから通学しており  思いをかけており  信奉しており  人物と見られており  乾盃をやっており  成長すらもとげており  日野は加えられており  梯子を駈けおり  作用しており  社会的発言をしており  組織をもっており  裏書されており  住いになっており  いた事を憶えており  朝から云っており  格子がはまっており  様に申されたと承っており  三味線を習っており  様であった、と承っており  顔を伏せており  朝から頭痛がする、と申しており  様にいたしており  ガラス戸がはまっており  何時もかかっており  下でも伺っており  手許においており  お稽古をいたしており  一匹スイスイと飛んでおり  死後四日を経ており  前に迫っており  分になっており  合唱にまでなっており  新庄から汽車で来ており  一人でしており  焼失してしまっており  訓練とされており  腹痛で寝ており  彼はひどく愛してくれており  計画をしており  罵倒して喜んでおり  徐々として長くなって来ており  ますます固く大きくなって来ており  形を変えており  ままとなっており  有力に働いており  姿を示しており  物を食っており  痕を止めており  手を欠いており  極度に小さく、つまっており  虱を摘まみ取って食うと書いており  工場で話されており  窮乏生活を送っており  用心とを払っており  圧縮されており  友人は大抵死んでしまっており  一度国に帰りたいと思っており  ために、おおむね似ており  既婚労働者が用いられており  困窮しており  男児よりも、よくふとっており  流れに沿っており  残存しており  自力に委ねられており  明かに死にかかっており  産科院に当てられており  異っており  維持しており  おフランスで求められており  牧場は限られており  非常に進んでおり  所有しており  現在パリである程度進んでおり  結婚しており  指摘しており  光景が描かれており  非難されており  私的性質を多くもっており  根を引いており  きれいでおり  使用されており  彼の言うとおり  一面におり  舗道におり  態度とおりおり  すべて関心をもっており  身体を貫いており  ものに似ており  大祝日に当っており  電話が通じており  上におりおり  ちゃんと筋道が通っており  隅にわだかまっており  裏に似ており  程度に止っており  子や、おり  一緒に勢いよく駈けおり  鳥がおり  十分に気がついており  議論が誤っており  増加を妨げており  維持されており  退化してしまっており  考察しており  基礎を置いており  全著を貫いており  努力が払われており  確証しており  若干書いており  これよりはっきりしており  興味を失っており  十分気がついており  外貌を有っており  方向を誤っており  惹起しており  増加を恐れており  誤謬に基づいており  密集しており  囲繞されており  人口稠密となっており  ぼろのおり  谷をすぎくればおり  滑車で少しばかり歩き出しており  花を咲かせており  平生住っており  手順になっており  ところで断りたいと思っており  有益でもあり、かつ面白く聴いており  通りフロックコートを着ており  体裁よく揃っており  著述を数多くは読んでおり  カンプゥタンにおり  何をしており  二棟に別れており  別に一軒建ちになっており  加担しており  脚が痛むと言っており  低下しており  昵懇に願っており  ことは、もう承っており  炊事場へおり  小山画伯もおり  丘をかけおり  ドロレス夫人のいうとおり  外を廻っており  金も限られており  ところどころに閃いており  式台に駈けおり  ようにうかがっており  美人がおしかけており  みんな御あずかりしており  方式になっており  なか申しており  たかが知れており  不思議そうに見ており  丸薬を見詰めており  大体男よりも漠然としており  善意をもっており  不可能であると感じており  大にしており  カウバウイモといっており  川岸まで進んでおり  九本立てており  玉突屋を致しており  チットモ心配致しており  ように痛んでおり  大潮を見ており  お出かけになっており  月様が出ており  職業別になっており  記述に係っており  日月に亘っており  四月になっており  図になっており  手法で歪められており  大将に可愛がられており  身体中に附けてもらっており  玉突屋をやっており  勉強致しており  ウッカリ致しており  痛み加減が又いつもと変っており  行抜けており  ここに持って来ており  さになっており  泌み付いており  斑点があらわれており  一つも残しており  彼奴じゃないかとも思っており  女毛唐を片付けてホッとしており  眼を定めており  上にころがっており  下にころがっており  夫婦の言うとおり  做されており  緑青色になっており  風貌をしており  ジット眺めており  眼に滲みついており  作品は色々読んでおり  歎きおり  淫祀が代わりて行なわれており  帰朝後十二年紀州におり  首桶を携えて出ようとするおり  あまり人が沢山おり  家来を連れており  方へ向いており  元禄以来開いており  教官をしており  位も持っており  茶屋へ行くと、もう浚えは済んでおり  充分馬鹿にしており  兄貴が喜んでおり  言葉習っており  商売しており  ここから拝見しており  感心致しており  入口に立っており  発表を停められており  詳細判明しており  免状を持っており  注射しており  決意によって迎えており  モスケー・ストロムと言っており  髪はふさふさとしており  階下へかけおり  二階へかけあがったり、かけおり  娘のいうとおり  二人は、いそいでおり  みなさんおたっしゃで、おり  ようお祈りいたしており  感謝いたしており  怒りで、まったく、こまっており  げんをなおして、おり  ローリイは、すぐおり  意見でおり  幕はおり  印がはいっており  鉄冷鉱泉を売っており  れいしており  ウラミを結んでおり  南雲さんに診てもらっており  高給をとっており  地べたにおり  やうにおり  帳場へおり  甲板におり  続出しており  一つに含まれており  結婚しようとしており  企画しており  四十ペンニヒ頂戴いたしたいと申しており  給仕をいたしており  ケジメが大そうハッキリしており  流失しており  蛙が棲んでおり  三つばかりぶつけたといっており  疑念も懐いており  傾倒しており  一章につけられており  対症療法を行っており  さはいかにも広々としており  感覚をもっており  叔父がおり  それを写しており  通りやっており  民選知事をしており  媒酌して頂いた程、親しく願っており  うまいと思っており  趣きを呈しており  三本分れており  肌身放さず持っており  妾の考えており  父のおり  お百度を踏んでおり  先頭に立って歩いており  お方はおり  恋を封じられており  城内におり  あなた、おり  城中に飼っており  私は迷っており  私は焦れており  番人はおり  高坂流、こう申しており  私はこんなに探しており  気絶を致しており  新屋敷へ折りおり  仕事となっており  大きな月がおり  心がけが潜んでおり  混沌と積み重ねており  以前から確定されており  区別されており  出演しており  酒気はなくなっており  働きに行っており  ことは考えており  編集しており  同棲は余儀なく続けられており  温泉が湧いており  なにもやらないで、こうしてぶらぶらしており  顔を眺めており  怪物が宿っており  避暑客で賑わっており  引っ込み勝ちにしており  焔に舐められており  絵が出ており  そのまま忘れており  停止みつおりおり  ことまれに、おりおり  方に向かい、おりおり  治子はおりおり  筆を走らして、おりおり  内容に充たされており  もっと拡大しており  タケノコがふりこめており  改革運動が始まっており  方法はともに誤っており  から、こわくてこわくて困っており  無事に稼いでおり  わたくしも聞いており  浜におり  宿許から折りおり  内もひっそりとして、おりおり  渓へおりようと思っており  明け方まで遊んでおり  前をおりおり  霊窟におり  方をおりおり  編輯なされており  実在を信じており  編輯しており  私の考えており  六人もおり  街に這いおり  ケージのおり  坑内へおり  昇降機がおり  猫のように這いおり  ケージをおり  主張をもっており  理解が拡がって来ており  愛嬌がこぼれており  聖書を教えており  内容を語っており  ん、待っており  ここから階段をおり  船具室までおり  船は、すこしでも早くおり  そのまま汽船をおり  おしまいですよ。早くおり  省線電車をおり  穴をおり  下へ、どんどんと駈けおり  仰せがおり  恩も忘れており  一緒で、ひどく怒っており  声で溢れており  風模様はすでに変わっており  熱望いたしており  皮膚は腐っており  熱望あそばされており  噂ばかりいたしており  人民を愛しており  影響しており  臥ってばかりおり  たくさん盗んでおり  賭博しており  顔をしかめており  政府は、なにもかも知っており  もので組み立てられており  弁解しており  方をしており  やつており  金入はもっており  おぼろげながらも、覚えており  せいだと、あきらめており  にこにこ笑っており  二階から夜下へおり  土堤から下へおり  単衣ばおり  平穏につづいており  国男もおり  道とおり  手紙を出すと云っており  外国におり  宿所を知っており  額縁にいれて掲げられており  何も変っており  態度で接しており  釣り銭を持ち合わせており  最大原因と信じており  売れ行きはいつも上向いており  量に出来上がっており  半ばを失っており  百五十分の一となっており  格安となっており  餌に致しており  ものであると堅く信じており  従業員がおり  所から発しており  盛んにこっそりもくろんでおり  九月いっぱい床についており  大分長くおり  傚されており  片方はほとんど塞がっており  いっぱいになっており  労働運動家がおり  港におり  代理店をしており  子供がおり  中国語教師をしており  死亡届が出ており  ちょっと二階へ上がったが、すぐおり  とんとん下へおり  死亡届も出ており  私は、とにかく、生きており  ふさ、はさまっており  昔から日本ではよく言われており  前置きをしており  言つており  手には到底負えないにきまつており  雑然としており  普通おかしいからにきまつており  技術が要ると考えられており  場合に限られており  はつきり言い切つており  裏山に住んでおり  番人など致しており  内外を探しまわっており  縊って死んでおり  有頂天も無う喜んでおり  耄碌しており  キチガイと来ており  案内を知っており  心臓は正しく打っており  もののわかる、おり  窮厄におり  用意を取り急ぎおり  とど苦悶を感じおり  日夜全快を祈りおり  事を誓いおり  者と思いおり  深部にかくされており  先から生きており  羨望を感じており  物が落ちており  情を受けたいとおっしゃっており  所天はないと存じており  娘で、死んだと思っており  女房にもらいたいと思っており  剥れており  肩先深く斬りつけており  清も、よろこんでおり  大震火災のおり  余も急いでおり  こちらを見おろして居たが遂におり  背負つた女達がおり  先方もじれったがっており  安心立命をも得ており  熟知しており  若者として扱われており  勢でおり  横へおり  真鍮で出来ており  方に向っており  上から谷へ滑っており  おばあさまが申しており  山の上へでもおり  鳩がおり  ペガッサスはおり  光よりも低くおり  みんながおり  バンドもついており  ベッドから飛びおり  机にすわっており  隣室にすわっており  着替えしており  シャツ姿で立っており  足を踏んばって立っており  心構えもできており  ビュルストナーさんはおり  ことはよく存じており  監視人が腰かけており  酒場にいたので、ひどく疲れており  時間ではまだしまっており  洗濯しており  回廊に取巻かれており  動作をやっており  通路があいており  黒服を着ており  机が立っており  背面になっており  髯をしごいており  下級行員を連れてきており  分別を備えており  群れさえも従えており  ことばかりしゃべっており  ソファにすわっており  絵から浮び出て、ひどく固くなってすわっており  脚が少し曲っており  背中は曲っており  場所になっており  ことですっかり胸苦しくなっており  上にのせており  近くまで達しており  のか知っており  ヨーゼフにはもうずっと会っており  お話ししたく思っており  みんなおしゃべりにすぎないと考えており  あちこちに立っており  ほんとうに開かれており  横のもたれを握っており  ままひろがっており  弁護士に限られており  つながりが欠けており  街路を見ており  ことを聞き知っており  脅威となっており  雪はまだ降っており  気持に駆られており  心配なんかしちゃおり  訴訟について知っており  今たいへん長く引留められており  大切なことはよくわかっており  扉だけがあいており  壁にはさまれており  廊下が延びており  経験を持ち合せており  ことも、よく存じており  まわりで動いており  窓掛けがおり  説教壇へと続いており  願書をまだ仕上げており  持場に縛られており  背にして立っており  商店を持っており  支店長だと思っており  ベッドにはいっており  ように歩いており  真ん中におり  ホールをぶらぶら歩いており  手入にかかっており  物もいわずに、ただ見詰めており  歎称しており  所へ通っており  衛生学とか申しており  まり人はおり  医師会が出来て、おりおり  お家におりおり  ところへおりおり  飛石が続いており  ゆっくりしており  葉は厚く光っており  ゆっくり拝見しており  袴をはいて並んでおり  格子になっており  花園町におり  そうに見詰めており  座敷に行っており  時におり  方が似合わしいからといわれますので、おりおり  雑誌も送っていただいており  兄が申しており  それを喜んでおり  母が笑っており  跡も残っており  お知らせだけはしており  調べ物をしたりしており  補助をして上げており  元気にしており  のかと喜んでおり  のにこぼれており  雨は止んでおり  糸屑など散らかっており  それがひどく気に入って、つくづく眺めており  画を画いており  食事に困っており  遊学しており  ことは、もう、これから伺っており  歩きになっており  これ以上いっしょにおり  一生おぼえており  靴をつくっており  上頭におり  生計たてており  命をつないでおり  これにはおっつかないと思っており  餒えず凍えずにくらしており  先生は言っており  江湖の遠きにおり  部屋で包まれており  中に隠れ住んでおり  それについており  酒呑童子といっており  倉敷でおり  自重しており  食堂へ持っており  余計に頂いており  二つ持っており  輸入禁止になっており  私は、その取次ぎを致しており  鎧戸がおり  旅へ出たいと思っており  文字をつらねて困っており  お家さえ判っており  道におり  づてを、いただいており  自分に返っており  松へさしかかっており  報らせをいただいており  堺町を見ており  駕籠をおり  咳が出るので、むずかってばかりおり  人気になっており  出仕しており  ドジを踏んじゃおり  事務に就いており  チラとしており  いしており  秘くしており  辺りを張りこんでおり  先生先生と慕っており  気をつけさせており  閉口いたしており  心中は、よく相分っており  隣家に匿われており  自宅にもおり  幾側にもわかれており  立場におかれており  十手は帯びており  心をくだきおり  ッて来おり  親方からも、堅くいわれており  今朝、どうしており  ここに寝ており  拝借しようと思っており  私達も遠慮なしにいただいており  お世話をしており  重荷もおり  ようにならないで困っており  方が隠れており  二人は慣れており  形式によっており  裏切り者などおり  岩蔭におり  誘拐されており  只今どこにおり  叔父様が待っており  蝶々がおり  みんな探って知っており  蝶がおり  七人はおり  何んの眠ってなんかおり  野原を辿っており  向こう側で聞こえており  鈴音が聞こえており  朝寝坊をしており  国に押し付けられており  科におり  朝夕に云い暮しており  手習師匠をしており  養生しており  自適いたしており  付添い申しており  聴講にいっており  会のおり  写真を写すおり  ように書かれてあったかと覚えており  辛抱はしており  修業をつづけており  世の中をあまり見ており  濃厚につきまとっており  友になっており  許婚になっており  ごろごろと鳴つており  つてもただ泣きわめいており  國に行きたいと思うので泣いており  思つて泣いており  變つた心は持つており  隱れて立つており  樂しく遊んでおり  隱れており  道を塞いでおり  解釋されており  支度をしており  神がおり  御前にお仕え申そうとして出迎えており  お祭り申し上げており  口は裂けており  成立しており  對立しており  引用しており  坂を滑りおり  長者と、かよう聞き及んでおり  止めに致したく考えおり  へへへへへ、まだまだ沢山存じており  口止めをされており  吹矢を削っており  卒も存じおり  何がはいっており  連詞を語っており  風靡したおり  若いものにおりおり  昔からくりかえして云われて来ており  さまになっており  雲にとざされており  眠るようにしており  眠ることにしており  都合四つとっており  四百字詰青罫のを用いており  団体行動をはらんでおり  加って来ており  中へ吹きおり  のを伺っており  省三が睨み合っており  浮山はおり  うず高く積まれており  穴から下へパッと飛びおり  誰が飛びおり  朝御飯になっても起きずに寝ており  ジッと寝ており  泥棒は考えており  五カンぢやおり  松向寺殿三斎忠興公御立籠り遊ばされおり  相識に相成りおり  父子とも御心安く相成りおり  最期も致すまじく存じおり  渡世致しおり  大木渡来致しおり  時節を相待ちおり  懇に致しおり  下にて認めおり  きんきん光っており  評価づけられており  お稽古と考えられており  それまで黙って聞いており  今飛びおり  非常によく似ており  ことを認めており  歩廊がめぐらされており  俊夫君が、すでに起きようとしており  すうすう眠っており  夜はすっかりあけており  部屋へ行き、何やらしきりにやっており  誰か番をしており  木々を揺すっており  装束をしており  ものは落ちており  服装をしており  何も失っており  検べてみると違っており  枕もとに転がっており  ことを色々尋ねており  別に怪しいとも何とも思っており  そうに眺めており  さを呈しており  はるか彼方につっ立っており  心を奪われており  肩を打たせており  紙片に書かれており  地面におり  薬をもっており  もとここに住んでおり  下手ではござりませぬ、知っており  馬鹿にされており  合点致しており  私を見下しており  朝参上ろうとおもうており  断念めており  心は捨てており  恥辱は知っており  懐炉を入れており  お蔭さまで一人前にはなっており  態しており  もやいたすまいと思うており  清吉は眠ており  説を採っており  こまやかに書いており  養和と変わっており  なかにもらしており  晩年まで書いており  宗教をもっており  一年半おり  貿易商をやっており  一人仏間におり  新聞社にもつとめており  非常に高まっており  無我夢中で書かされており  法話などには多少触れており  ごはんといっており  ブヨブヨ膨れており  何ものをも学び取っており  ファッションモデルをやっており  顔を見知られており  準備を致しており  モンチャクを起しており  板張りになっており  方に吸いとられており  知らない規定になっており  酌に出ており  思詰め、念じ切っており  何にも知らずにおり  残骸を曝しており  印銘されており  沢に沿うており  音だと考えており  言語の違うに従って違っており  音韻組織といっており  キーが附いており  書き方をしており  ことが解っており  皆違っており  形がよく用いられており  別に加わっており  ように読んでおり  初めに出ており  書物となって現れており  書物になっており  序文が附いており  一箇条として載っており  実例を挙げており  三冊になっており  国語調査委員会におり  調査は終っており  大分色々出ており  ことは言っており  発音し聴き分けており  混同してしまっており  ものであろうと考えており  そのまま残っており  音で伝わっており  田舍に残っており  例を破っており  字を用いており  上にはっきりあらわれており  字になっており  位になっており  目録だけが遺っており  ためではないかと考えており  鯛が泳いでおり  ちやんとかたづいており  心はしれており  二人でおり  伯母がおり  詩ばかり読んでおり  ボートを持って来ており  歌を持っており  平生拝見しており  眼をして聞いており  眼はちがっており  気ままに暮しており  ちょっと困っており  そこをおり  向き合つた石段をおり  其所をおり  ニイスに住んでおり  女優を愛しており  当時眼鏡はかけており  いた事はわかっており  希望致しおり  世間へは申しており  海運河工事調査委員を致しており  連判状が残っており  一切関係を絶っており  力を尽しており  事を計っており  紙一枚入っており  主人も、たのしみにして待っており  枯葉を散らしてゆれ動いており  主人を愛しており  影を消されており  限ッており  三日ほど読みそこなっており  都へ着いており  みなさんがそう申しており  体を成しており  つもりで、おりおり  史蹟歩きに出かけたそのおりおり  意図して書いており  上梓するまでには整っており  新たにしており  意力が、動き出さずにおり  時人もみのがしており  ところを書いており  ものに聞えており  起工されており  ことも、おりおり  合載されており  若い父性もおりおり  十倍にもふえており  屹立しており  局面にきており  金銀桂香までがかためており  全力をそそぎ、おりおり  幾つか傾き埋もれており  遠隔からもおりおり  提示しており  ものにおりおり  本文でもおり  妊娠っており  立証されており  今は、おりおり  盃を少しずつなめながら、おりおり  都へ帰るおり  ひと通りに達していて、あるおり  富山など、おり  遊をかね歩いており  花をおりおり  土壌に残しており  碑とが並んでおり  醸造しており  ほうが、中っており  渡辺崋山がいたしており  袖で囲まれており  茶がかっており  そうで、よろこばしく思っており  脛も立ちかねており  ものと存じており  文献でも残っており  大アグラをかいており  紐につけており  右におり  こちら様へあがっており  河に向っており  羽織を着ており  駅をおり  留守を守っており  ことを云うており  二次整理六万五千人を行おうとしており  ヒントとしては、かなり漠然としすぎており  アガサ・クリスチー女史が頭抜けており  ものと思いこんでおり  首を傾けて考えており  眺め合わせており  腹を立てており  俊夫君は黙って聞いており  いちばん便利であると言われており  書物で読んでおり  刑事によって捕らえられており  一室に待っており  直角に曲っており  尻尾に似てもおり  嫁さんが結っており  まちがっちゃ、おり  二枚も参っており  人が見えており  足が出ており  額を押えており  どこからか見て悲しんでおり  舞臺をおり  三欠けており  屋敷を構えており  御坊日本一と申しており  小坂部は折りおり  手に掴まれており  後にも、折りおり  猶予願っておきながら、まだ書けずにおり  中ブラリンをつとめており  道楽半分に書いており  馬鹿みたいになっており  約束で送り付けており  あたりをおおっており  樹木が茂っており  貧乏神が地上におり  列も並んでおり  魔性がひそんでおり  さい混沌としており  楽器は古くてこわれかかっており  術にすぐれており  邸に来ており  上に建っており  渓谷がのびており  樹木にこんもりとおおわれており  雲がおりおり  イカバッド・クレーンはまだ生きており  今も云うとおり  よう祈り上げており  心を知っており  看護婦さんの眠っており  事につきましていろいろと出ており  皆様から寄せて頂いており  行方をお探しになっており  蔭ながら、よく存じており  ことも、よく存じ上げており  タッタ一人で存じており  今日まで生き永らえており  事を考えており  中村半次郎様こと菱田新太郎様を存じており  私だけが存じ上げており  ほかにおり  月日を送っており  独奏を致しており  想像にだけ描いており  まり忍び包んでおり  同情を賜わっており  雑誌に出ており  写真で、よく存じてはおり  想像致しており  前で行き詰まりかけており  ずっと前から覚悟致しており  泌みてよく存じており  ように苦しめており  下へ抜けとおっており  それにまつわっており  うちからよく存じており  あなた様と結びつけられようと致しており  ままに悩み悶えており  から想像致しており  前に押し迫っており  そればかりを祈っており  気絶せずにおり  頬に残っており  時に着ており  氏神になっており  私の運命にまつわっており  押絵をあおのいて見ており  上で闘っており  舞台面になっており  それを見上げており  運命を知っており  心につき纏うており  支配致しており  熱に浮かされており  手紙を書き直しており  ブランケットを畳んでおり  ことと信じており  間にまつわっており  刀を振り上げており  琴を弾いており  間に住まっており  博多湾に注いでおり  城下になっており  間に挟まれており  町から幾つもの橋が架かっており  端にかかっており  地蔵様と並んでおり  一軒家になっており  小間物屋をしており  眼についており  誰からか聞いておぼえており  博多一番と云われており  銀とで入っており  四方に並んでおり  字を見まわしており  頃まで生きており  今でもよくおぼえており  二本つき出ており  働らかせており  人々が申しており  歌が流行っており  郵便局と云っており  念が入っており  毎日毎日見ており  畠仕事で荒れており  気が付いており  都合がよくなっており  事を、おぼえており  眼鼻が入れ交っており  不思議に思い思いしており  私はハッキリとおぼえており  溜め息をしており  ピカピカ光っており  綺麗だろうと思っており  ように切りつけられており  鼻が生き生きと睨みかえっており  カンカン照っており  ボンヤリ見ており  父様から帯際を捉えられており  帯際をしっかりと捉えられており  カスレており  藻掻いており  こととばかり思っており  人達に取り巻かれており  肺を避けており  ように致しており  眼ざしされており  うつむいて泣いており  我慢しており  鏡に向い合っており  中に映っており  額になっており  しか気づいており  達者に生きており  一心に見つめており  一つ持っており  別れを致しますと、青々と満ちており  預りしており  開き封になっており  賑やかさと、とりあえず這入っており  奥に隠しており  口に運んでおり  芸となっており  琴責めにきまっており  事ばかり考えており  ウッカリしており  ウカウカと致しており  錦絵についており  最初に大きく出ており  ジイと見上げており  中で見ており  写真を見入っており  大切に仕舞っており  のから伝わっており  僕に話しており  勉強が出来ており  注文が出ており  熱が出て寝ており  返事をしながら笑っており  のだろうと思っており  決心をしており  いつまでもいつまでも涙を流しており  鏡と向い合ってはおり  中は睡ってばかりおり  風が吹いており  馬車に乗っており  ボンヤリしており  シミジミとおぼえており  不思議なくらいハッキリとおぼえており  私が持っており  方を向いて歩いており  屋根を見ており  何気なく読んでおり  あてどもなく読み散らしており  ものと、おぼえており  お話が交っており  肌身離さず持っており  恋心を捧げおり  中心となりおり  父様に似ており  トップリと暮れており  私とにまつわっており  日参致しており  夢中になろうなろうとしており  壁についており  物思いをくり返しくり返し致しており  姿となって、あらわれており  この世に残っており  一刻一刻とさし迫って来ており  絵馬堂にかかっており  背中から胸へ抜けとおっており  事を、よく存じており  勉強をつづけており  気もちばかりで生きており  病気に呪われており  一パイになっており  胸に秘めており  お祈り致しており  前に咲いており  釜はひょこひょことおり  ますますまくれあがっており  クルクルまわしてうなずいており  側まで行っており  冠をかむって坐わっており  紫色に輝いており  ようすを見ており  鉄ばかりで出来ており  姫はもう恐ろしくて悲しくて、ブルブルふるえながら立っており  涙を流しており  お話をきいており  私もおり  ことかと見ており  是非拝聴いたしたいと存じており  手が控えており  神ほとけも祭っており  商売にいたしており  切解きと申しており  羅香と呼んでおり  ようだと言っており  箱にでもはいっており  わたくしも内々よろこんでおり  遠くから覗いており  十七になっており  噂を折りおり  差控えており  海へそそいでおり  人家こそ建ち続いており  畑になっており  静かでよいと言っており  女中がひとりおり  ものだなどと言っており  冗談だと思っており  生け垣になっており  女中がおり  暇をもらうと言っており  附合いもしており  うすい人になっており  人が集まって騒いでおり  釣台も来ており  立派に栄えており  詞が流行っており  所々をさまよい歩いており  身を放さずに持っており  これには絶えず苦しめられており  がた朦朧とあらわれおり  プラットフォームにおり  一同プラットフォームをおり  それから石段をおり  留守で困っており  活躍致しており  路頭に迷うており  使者が見えており  用意はしつくしており  フリをして待っており  聖者と呼ばれており  父だと信じており  明瞭しており  ように、厳しく云いつけられており  ことに致しており  その後おりおり  内部へまでくぐり入って描き出しており  男の言うとおり  そこに喘いでおり  顔をみつめており  幾度もうけて馴れており  皿にのっており  お茶がのこりすくなくはいっており  一番大事にしており  一しょになくなっており  回想にふけっており  声を出して怒っており  ことをすっかり忘れており  大学に通っており  私は持っており  目をつむりながらきいており  瞳をにらんでおり  間ただつったっており  ことを好んでおり  さを持っており  からか持っており  愛撫をきらっており  火をおこしており  配当でくらしており  茶会をしており  しっとりしていたたたみも、きいろくところどころやぶれており  大門も焼けてしまっており  顔をして黙っており  煙草をふかしており  破れ目から糸をひっぱったりしており  信二郎はだまっており  カードをしており  室で喘いでおり  翌日から又、やりだしており  手紙をかいており  私はもう若くもないと思っており  みんなことわられてしまっており  元気一杯でおり  ハンカチをにぎりしめており  微塵も持っており  一生独身で通そうとも思っており  頃はおり  一ぱい積っており  面持で眺めており  私は何とも思っており  鉢をひきたたせており  あごがふくらんでおり  時計をなおしており  本をよんでおり  先生によく似ており  裏がえしたりおきかえたりしており  ドミノを眺めており  山にのこっており  ネクタイがゆがんでおり  それ等をみており  あたりをみており  父は黙っており  雑誌をよんでおり  編物をしており  背中をさすっており  効果もなく喘いでおり  注射だこでかたくなってしまっており  胸さわぎがするので起き上って暫くじっとしており  からになっており  半分のこっており  神勅をとなえながら泣いており  二人の世界を見つけており  口笛をふいており  けが又持っており  ものばかりを受けており  部分も持っており  ことは黙っており  二人だけでおり  流行唄などにもうたわれており  んでおり  今頃どうしており  ものがはみ出しており  貝十郎がおり  背後についており  あなた様を愛しており  ために気むずかしくなっており  尊大になっており  テカテカしており  石橋などが出来ており  お仕事を、憎んで憎んで憎んでおり  娘だと睨んでおり  一面に生えており  毎日せわしく暮しており  衣裳で補っており  もう一度おうかがい致したいと考えており  げを剃っており  チップはどうなっており  WCがついており  酒類飲み物も積んでおり  窓の光っており  楽しみごととしてやっており  形式的にはまずととのっており  加減にやっており  娘たちに教えており  オツトメにも参じませず心苦しくは存じており  ここはずッと離れており  身にしみており  ホトケがよろこんでおり  気兼ねなくやっており  眉をひそめており  楽しみとなっており  んだと云っており  此処に参っており  中にばかり押し据えられており  みんな宮仕えに出たがっており  附添ってはおりおり  事を思い出しており  雪に降りこめられており  がちになっており  時も忘れずになつかしく思っており  一人でおりおり  帯といっており  三つ割りに致して用いており  六尺となっており  なにわ帯なぞが出来ており  御覧になっており  野口九太さんはおり  木におり  按摩をしており  会社員がおり  あなたに隠しており  旅して見たい、とよく申しており  雪がおり  なあに、疲れてなんかおり  子供をやしない育てており  一部がおり  落葉を浮べており  外から錠がかかっており  鈴を振らずにかけおり  おりをおり  下居をおり  包囲を見ており  遊びに行こうとは思っており  草叢のかげかもしれないぞと、また周章て、駆けおり  百花撩乱と咲き乱れており  見習船員をしており  全然、劣っており  羞恥に歪んでおり  可愛い看板娘がおり  非常に淋しがっており  手が行き届いており  強国になれると思っており  日吉旅館に来ており  汽車で来ると申しており  二間になっており  お話を聞いており  チャントお待ちしており  こちらは、あいにく、たて込んでおり  食卓に並んでおり  たくさん残っており  緊っており  穂が出ており  じみに暮しており  一生懸命にもがいており  かたも少しふざけており  ことも、嬉しく思っており  故だと感じており  私は信じもし、感じてもおり  中で叫んでおり  こともなく、いつも黙ってじっとしており  心に残っており  写真が一際高くかかげられており  知人たちが立ち並んでおり  予約されており  卒業しており  同感しており  あちらで眠っており  兄は知っており  こぎれいな店を持ちたいとも考えており  態度もあっさりしており  寄食しており  敏子がいましたので、黙っており  長谷川さんには、まだ逢っており  階子段を駈けおり  新吉のおり  大地震将に起らんとするおり  画債を少しずつ果していっており  こと帝展をやすんでおり  女風俗を画いており  心に薄々と覚えており  大阪では少し違っており  人でもかけており  中をずっと乗り切ってまいっており  ことは見たり聞いたりしており  折々には描いて置きたいと思っており  人出でワイワイいっており  名はきいており  花とは違っており  上にのしかかって咲いており  静けさを見せており  らい申しており  中央ステイションでおり  天使だと申しており  私のおりおり  仕事しており  人様には申しており  つもりか、持っており  大人なみに出来ており  持分に承っており  名を申して呼んでおり  しょんぼりと踞んでおり  塀に沿うており  夏は暑くており  冬は寒くており  葬むられており  手紙が読めるくらいまでには行っており  高が知れており  能く聞いており  大地震が知られており  近年まで生きており  菜園になっており  みんなそっくりしており  眼を付けており  気を付けており  身支度をして待っており  外道と思うて待ち構えており  家柄とか申しており  よう伺っており  親分になっており  不思議に思うており  外道花と申しており  イヨイヨ奇怪に存じており  雁八は云うており  巡礼しており  事はならんと云うており  仲間が見ており  事を、どうかして察しており  猿轡を噛まして、担いで来たと申しており  口ぐちに云っており  事を云っており  旦那はお聞きになっており  旦那様はお聞きになっており  漁師をしており  相場が定まっており  縄を綯うており  今日は、まだ起きており  出来ます体でおり  搭乗しており  ここで切れており  無電連絡はとだえており  経過しており  憂慮されており  ロケット推進器がついており  間艇内を見たが、まもなくおり  知らないことを知っており  覆面しており  おいでを待つばかりになっており  ガスコ氏によく似ており  ずんずん下へおり  席にはあたくしがおり  わたしどものつけており  わたしはおり  前方左右に並んでおり  これはずっとぐにゃぐにゃしており  繋留塔をおり  一階下へおり  階へおり  それからまただまっており  ところから階段をおり  半分ばかりおり  何階も通り越して、おり  みぞをきざんでおり  影響力をもっており  一九一〇年ごろにすでに知っており  ものだけに限られており  いっさいから離れており  

名詞

おり[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
おりが出来たのよ  おりに飼ってある  おりからのささやかな風にも揉まれる  おりをしなさいという  おりを見て  おりを味わう  おりに彼の手に落ちた  おりから乳母はかぜけがあり  おりから伏見には伊勢のお札がどこからともなく舞い降って  おりから吹く  おりから面前に歩み来れる  おりから配達された  おりから雲を出た  おりから月夜で物の影が見え  おりもおり  おりに私は彼のことを思い出さねばならなかった  おりには私にとっては全く耳新しかったいろいろのソロなどを聞く  おりを立てて  おりが出来たかと思って居たら  おりの中に入れて  おりと行くと  おり言ってみたが  おりは純白なショールを深々と豊かにかけていた  おりの顔は夫人姿の時よりもずっと趣があって  おりの配り  おりだと後で知った  おりにはと覚悟をしていたが  おりから降りしきる  おりもせず答えた  おりからにも古例を渝えたまわず  おりからでもあるし  おりのように層積している  おりさえしなければ  おりには芸術座の重立った  おりに送り出される  おりの印象を思いうかべていた  おりも何時までも何時までも立った  おりもあって  おりに言葉のつづきで  おりまで仕官していた  おり忽然として  おりがあるまいという  おりのことを考えて  おりからスイスに講演旅行に出かけていて  おりのように重く沈澱して  おりから一人の老人がひしと胸の辺を抱きながら追われた  おりから肩に雨の降りかかるを覚えて  おりにふれて読む  おりから瀬多川で行われていた  おりから町の子供相手の紙芝居に出かける  おりから彼岸の中日のせいもあったが  おりから湯上りの為十郎に注がれたが  おりに小さな鏡を机の前に立てて見たら  おりにその家と楼主の噂が出る  おりから善く外へ出て  おりから里にやられていた  おりにその女に引かかって  おりには作に言聞かせている  おりに東京で懇意になった  おりの田舎の友達の縁づいている  おりの自分に対する無慈悲を数えたてた  おりから降りつづいた  おりもせぬ  おりから疾走してきた  おりから映し出された  おりから部屋を出て来た  おりからの陸軍大演習のそれと相交錯して  おりのする  おりに触れて  おりを選んで  おりを見つけて  おりに話したので  おりはしませんから  おりからじめじめと降りつづいている  おりから貞世はすやすやと昏睡に陥っていたので  おりにふれては  おりからの日光を一ぱいに浴びながら  おりから鳴り出した  オリと同じ物に必ずおさめて  オリの外からこれを見ると  オリに入れておかないと  おりに四方太氏のことについて次のようなことを言ったという  おりもあったかもしれないと思う  おりなどと言っても  おりを処世術に応用している  おりを感じた  おりを理想とするという  おりを第一とす  おりを見いだす  おりをしにゆくと  おりから空にかかった  おりがあるであるう  おりの中で安心して転がってねむっている  おりの中にいて  おりや犬やひつじ飼いの  おりの中におりましたから  おりに来て  おりを放っていた  おりを照らしていた  おりから道場の入口とは斜めに向った  おりから坂の下より上って来た  おりから月のあるべき  おりにふれ  おりからの南西風に乗じて  おりからの夢を破られて  おりからそこの鎮守にお祭礼がありました  おりから武者窓から棒縞をなして  おりは身のまわりをこめて来ます  おりから降り出した  おりから来かかった  おりに入った  オリの前で小学生の団体に説明する  おりにふれてはむず掻い  おりから夕暮れで豪雨が降り  おりからかかる  おりからといい  おりから桜は満開ではあり  おりから苦しんでいる  おりの若々しさが憶い出される  おりから風さえ加わって  おりから煽る  おりにふれて  おりふしその姉の嫁している  おりや礼服を着した  おりから晴れた  おりにもしばしば岩礁のために難破する  おりから通りがかりの野良犬を驚かした  おりをもって居る  おりのようなものが溜っている  おりからのからび切った  おりからの強い午後の日をうけて  おりからひとしきり荒ぶ  おりから秋の真っ盛りで全山の紅葉は燃え立つばかり  おりに必ずいだく  おりから晴れ気味になった  おりから道場の中で居合を抜いていた  おりのかかる  おりに書いた  おりから黄葉がし  おりもプラットホームに石の如く立って  おりに彼女の許しを願っていた  おりに見出す  おり用いた生地だとみていられる  おりへ入れられた  おりがあったら  おりにこっそりと忍んでくるので  おりからそれを待っていたもののごとく  おりちょうど清吉さんも商用で江戸表に参られて  おりにいっし  おりからの夜風にサワサワと揺れる  おりから青空高らかにのぞいた  おりもおりでしたから  おりから雲を割った  おりから水芸所作事に踊り舞っている  おりから聞こ  おりいかさまころでも使ってもうけたら  おりからからりと明けて  おりこうなそなたが  おりからの星やみに見つけた  おりの顔の調和を不幸にも常に破っていた  おりの祝杯のことを忘れていた  おりに連れて行かれた  おりを立てました  おりがことに面白かったとかいう  おりは荒物屋の店を出すとて  おりに持参する  おりさえあれば  おりから隣室から土人の女の歌が聞こえて来る  おりから驟雨のあとで場内の片すみには川水がピタピタあふれ込んでいた  おりにききました  おりされる  おりに顔を合わせて  おりになると  おりにはそこに逃げ込んだ  おりから始まった  おりからしとやかに戸を排して  おりにはめいめいが極まった  おりだけはずして来て  おりの情熱の世界をまざまざとながめていた  おりに発散するむせる  おりは能楽に凝って  おりがあれば  おりにはいつもしていた  おりにだけは大きく呼吸していた  おりの秘密な反抗心のことを思いやった  おりの君自身を思い起こしてみた  おりの恋愛とも言える  おりから吹きつのった  おりから林蔵も行くという  おりに支持されたか  おりにはあまりにうますぎて  おりにふたたび現われてくる  おりに彼を打ち捨てて行く  おりに強健な種族から支持される  おりには時々思い出す  おりがある  おりに出た  おりに妻籠の知人から贈られたという  おりなぞには藩主のお目通りを許されるほどの  おりの土産話が芝居好きな土地の人たちをうらやましがらせた  おりは本陣のおまんも仙十郎と同行し  おりなぞは必ず寿平次の家を訪れる  おりには半蔵も父吉左衛門の代理としてこれまで幾たびとなく往来した  おりのことを言い出して  おりから木曾路を通行する  おりから雨があがった  おりに堅く約束した  おりから江戸より帰西の途にある  おりからの強雨の中を発って行ったという  おりから上京の途中にある  おりを見まして  おりにはよくその人の話をせられます  おりがございましょう  おりがあろうと思いますと  おりを感じました  おりの感想を思い出す  おりから降る  おりには出て来た  おりをうかがっていた  おりによくその男が微笑んだりしゃべったり  おりに絶望から生ずる  おりに頼まれた  おりに微笑んでる  おりの私の期待をはるかに越ゆる  おりには必ずこの禰宜のところへ来て泊まったが  おりは当分寺の広庭を借り用いる  おりに得た  おりの箏の音が耳についていて  おりなども堪えがたそうな苦しみが見えた  おりであると思って  おりを得ない  おり見失なって  おりが母君の喪中であることによってこうした冷ややかな態度をおとり続けになる  おりからおいでになった  おりに傍観していられぬ  おりには失恋の歎きをかすめて言う  おりが得られた  おりの早く現われてまいります  おりからそうした性質のお文には返事を書こうとする  おりを過ぐさぬ手紙が送られる  おりに合った  おりには親身な志を見せる  おりからでもあるからと  おりを自身も嗅いで  おりの悪い髪洗いではありませんか  おりもおりに  おりから営業を禁止されていたので  おりにどうしようと  おりからも彼れの名を無意識に叫んだが  おりから俄雨の降り出した  おりでもあった  おりの光景だけはなつかしく目に描かれた  おりから夕暮れの空の光に照らされて  おりから真鍮のノッカーがけたたましく鳴って  おりにお訪ねする  おりもあらば  おりこそと木戸銭がわりに手拭二筋ずつ客に持ってきてもらう  おりにはっきりと楠緒女史はあの方だと思ってお目にかかりました  おりから信輔は画室に籠もって  おりもあったが  おりに土地の姐さんも言っていた  おりのおりの底からだまって  おりからのなぎに  おりがやってきました  おりがつまっていました  おりが滝のように流れ出していました  おりは地面にこぼれ  おりをながめて  おりにひたしては  おりのところにつれていきました  おりの上に首をさげて  おりをなめる  おりがなくなると  おりをなめました  おりをなめてしまい  おりをなめさせている  おりをすりゃ  おりにあちらへまいったとの  おりになくなられたかな  おりまでが僕の鼻をつく  おりをさせてしまった  おりから階段の音して  おりから婢の来たりて  おりからりんりんとうつ  おりから小間使いの紅茶を持ち来たりて  おりからベルの鳴りて人は潮のごとく改札口へ流れ行くに  おりから帰りて  おりから小間使いの茶道具を持て来しを  おりもおりとて  おりから靴音の近づきて  おりから従卒のうずたかく盛れる  おりから煙を噴き  おりから片岡夫人入り来つ  おりから小間使いが水引かけたる  おりから五点をうつ  おりそめてきた  おりのそばへいきました  おりの中をこまのようにくるいまわりました  おりの中から出すと  おりにいれられた  おりから列車到着を知らせる  おりから港行きの列車到着を知らせる  おりを持つ  おりができるかとかんがえています  おりから深夜で月はあったが  おりをという寺があって  おりにこの浮世の姿から無上の幸福を作り出す  おりだから早速三十銭で求める  おりから足をねらった  おりから辻を曲がった  おりから吹きだした  おりから東の空からのぼりはじめた  おりをおり  おりから通りかかった  おりの話をし出し  おりの街路になり  おりから米飯がござる  おりのある  おりに読みあげた  おりをつかみたいと思ったが  おりも有楽座の出席時間になると  おりに病死してしまった  おりから東の関門をくぐり  おりからの夕立を冒しての  おりからの夕焼空を反射させている  おりから走って来た  おりから谷を越した  おりの作といわれている  おりの言を思い出さずにいられない  おりにでも書いた  オリの中に入れてある  おりをみて  

~ おり[名詞]1
動物園のおりに  仲なおりを  人たちにもおりを  往来人はおりから  老人をおりから  ようなおりに  なみだの乾くおりも  仲なおりが  娘をおりの  動物園のおり  砂丘をおりと  三度逢ったおり  一等車に乗ったおりは  窮乏したおりの  食物も与えられなかったおりの  彼女が生れたおりから  引退のおりの  十四歳のおりは  ようになったおりの  廿二歳のおり  子供のおりの  馬からおりも  国事多端のおりからにも  騒ぎのおりから  底のおりの  抱月氏のおりには  彼女に逢ったおりの  難をまぬがれないおりも  維新のおりまで  妙齢十七のおりから  予想されたおり  空気はおりの  さらいをするおりが  話のおりに  赤児のおりから  出遊のおりの  稼ぎに行っていたおりに  何かのおりには  それはおりから  新聞記事はおりからの  雨風のおりを  何かのおりに  二度湯につかったってなおりは  鈴鐸鳴るおり  それがおりからの  猛獣のオリと  人にさびしおりなどと  青年などはさびしおりを  それを言うおりが  安全なおりの  ひつじがおりの  ひつじやおりや  角をおりに  年老っており  火事はおりからの  科学者がおりに  鉄のおりに  上にはおりに  猛獣のオリの  チャンとしており  没頭したおり  大祭のおりの  東京へ来たおりの  物騒のおりから  世間物騒のおりからと  通行のおりには  麻布に住んでいたおりの  物価騰貴のおりから  修業に行ったおりの  供のおりや  着したおりは  天候のおりにも  色とかおりを  わたしたちのおり  結婚のおりに  出立のおりも  祈りをするおりに  ことを話すおりに  修補したおり  くまのおりへ  あにいさまはおりが  斎のおりに  憚っており  むだぼねおりで  穏やかなおりの  没頭してはいないおりの  下稽古のおりに  悲しみから脱したおりの  午餐のおりの  子供のおりに  横になるおりも  むだぼねおり  二十二のおり  調子のおりが  死去のおりに  彼女はおりさえ  容疑犯罪者と話しているおりから  談話のおりに  臨終のおり  夕食のおりに  騒擾のおりに  意気沮喪したおりには  二人までがおりから  疲れがおりの  食事のおりには  夕食のおりだけ  会合のおり  パンばかり食べてきましたおりには  まれなおりにだけは  盲目になったおりの  純潔なおりの  口をきくおりには  忘却されるおりに  生気の欠けてるおりに  普請のおりに  祝いのおりに  出張するおりなぞには  出張するおりなぞは  大名宿泊のおりの  差紙でもあるおりには  供をしたおりの  大名通行のおりの  降嫁のおりに  身にしむおりから  心を乱しているおりから  ように燃え上るおりが  かなりの憤おりを  退屈なおりから  彼の出て来るおりを  成功のおりよりも  初演のおりに  十五歳のおりの  喜びのおりにも  悲しみのおりに  臨終のおりに  作品をこしらえるおりの  家を訪うおりには  先帝崩御のおりの  必要のあるおりは  もとに開かれているおりから  江戸出府のおりに  二回のおりの  平静をなくしているおりから  のがおりを  震災のおり  不幸であるおりに  歎かぬおりは  ようなおりの  憂鬱になっているおりから  姉君を思い出さぬおりも  のだろうなどとおっしゃってくださるおりも  不思議がっていたかおりを  出産のあったおりも  家はおりから  状態のおりからも  田園もおりから  それもおりから  小平太はおりを  七ツのおりに  十一歳のおりの  日本橋倶楽部で催されたおりに  近衛篤麿侯爵に思われていたおり  赤貧のおりも  熱情のおりの  酒のおりが  たくさんのおりを  百姓がわらすべをおりに  そうにおりを  酒のおりを  幼少のおりに  幾つのおりに  気持になるおりが  哀惜ぞと思いしおりも  夕靄のおり  クロをおりの  クロはおりに  話さえするおりを  伏見城へやったおりから  閉口しているおり  墓詣りのおりの  墓詣りをしたおりの  便所になげこんだおりの  校番をやめなければならなくなったおりの  家に駆けつけたおりの  妻たちがおりに  饑饉のおりから  読書会のおりに  男と話すおりを  上京のおりの  彼女を招いたおりの  十一歳のおりに  廿五歳で出て来たおりには  水路はおりから  村へのおりからの  腰を捻ったおりから  文春座文士劇のおりにでも  

~ おり[名詞]2
そのおり  さびしおり  ふとしたおり  そんなおり  そうしたおり  こういうおり  稚いおり  いいおり  若いおり  幼いおり  見よおり  せまいおり  大きなおり  いかおり  若きおり  何だかおり  このおり  よいおり  あるおり  新しいおり  苦しいおり  恐いおり  騒がしくおり  そういうおり  かかるおり  さみしいおり  近いおり  こうしたおり  あのおり  どんなおり  白いおり  こんなおり  

複合名詞
骨おり  雀おり  おり彼  おり口  おりふし波間  おりおり  オリガ  おりこうさん  おり夫  おり聡明  おり可哀そう  おり川上  おり貞奴  おり二十四孝  おり須磨子  おり卒業  おり楽屋  少いおり  パオリ  オリシキ  指おり算  おり快走艇  おりふし  おり寝物語  おり場所  おり博士  おり所  指おり  おりふし横  シオリ  おり臼井  虫一つおり  おりふし水  おりふしふり  おり大丸  おり人々  おり富本  おりゃあどっちだっていいがなあ  おり江州  おりがら日射病  おり令妹  おり道  ときおり  オリイブ色  おり久子  オリヨウ  羽おり  清浄なかおり  おりの  おり拝  おりハスレル  おり立たる業  おり目  能登おり縮  ほのかなかおり  折おり  長女オリガ  オリファン  おりごと  お祖母さんオリガ  オリガさん  おり赤忠  毛おり  オリイブ油  おり境内  おりそこ  おり浅井  オリイブ  りくつどおり  妻オリガ  かれんおり  おりゃのあそごぁひでえ谷地  おりたち  戦争ハおり  おり経過  おり信州  おりふし夕月  おりふし夏季講座  ストオリ  教師オリガ  



前後の言葉をピックアップ
折り込ん  澱も  居り  降り立て  降り立つ  汚吏  織り込ん    降りかかる  折り


動詞をランダムでピックアップ
諾お逃げのびる舞い込む出盛る光り輝く賭そふけんめぐっ死なせ泣き叫ぼ宣するあがるひっ込め悩み抜か乗りこま吐か暴れん取り出そ絶え入り綯え
形容詞をランダムでピックアップ
ぬくとく広い物珍しかっ口喧しく愉しけれ欲しかろきやすややこしいならびなし小さし狭い甘辛くうつくしく細か騒がしきよそよそし若けれおろかしせわしい忘れっぽく