「おぼえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おぼえ[動詞]
畑荒しをおぼえ  親しみをおぼえ  それははっきりおぼえ  角にもおぼえ  おらは、おぼえ  おらも、おぼえ  ことをおぼえ  きみもおぼえ  秘伝をおぼえ  やうにおぼえ  それがハッキリおぼえ  そこまではおぼえ  方を見れば、これぞ見おぼえ  これは見おぼえ  きみにさしずされるおぼえ  ベッドですでに習いおぼえ  厭気をおぼえ  誇りをおぼえ  音を聞いたおぼえ  診察されたおぼえ  聴診器があてられたおぼえ  のをおぼえ  僕はいささか聞きおぼえ  興味をおぼえ  ことをよくおぼえ  痛みをおぼえ  そこには見おぼえ  十円に売れなんて云ったおぼえ  困惑をおぼえ  なにがし調べたおぼえ  私はおぼえ  身のおぼえ  お話をよくおぼえ  お話をすつかりおぼえ  夏だつたらうとおぼえ  今でもおぼえ  愛もおぼえ  感動をおぼえ  降参したおぼえ  いつか本で読んでおぼえ  約束をしたおぼえ  罪をおぼえ  声は、いつも聞きおぼえ  カフェーでおぼえ  買収したおぼえ  ためで、愛したおぼえ  軍艦横町へふらふらとはいって行くと、ききおぼえ  腋の下から冷汗をおぼえ  目まいをおぼえ  左へ折れた薄おぼえ  男だけを見おぼえ  事ははっきりおぼえ  ようにおぼえ  公方様に於かせられましてもおぼえ  中に見おぼえ  巨像をおぼえ  それは全然聞きおぼえ  何もおぼえ  カレンはよく見おぼえ  あかりにさびしい思ひを噛みながらおぼえ  事をしたおぼえ  憂鬱をおぼえ  味をおぼえ  商売をおぼえ  家はおぼえ  心地をおぼえ  万吉とやら、いっこうおぼえ  動悸をおぼえ  署長は聞きおぼえ  もつらに見おぼえ  輕きをおぼえ  疲労をおぼえ  凄さをおぼえ  疲れをおぼえ  恐怖をおぼえ  だんだん呼吸をおぼえ  世のおぼえ  たかよくおぼえ  ものかおぼえ  から、よくおぼえ  あなたも多分おぼえ  あなたはおぼえ  言葉をはっきりとおぼえ  お前、おぼえ  いまはおぼえ  感激をおぼえ  物思をおぼえ  前には見おぼえ  湖心寺へ来てみると、見おぼえ  ッてあげるから、おぼえ  昔はだいぶ凝ったおぼえ  凧を売ったおぼえ  上になりますが、まだ、おぼえ  ひとことも言ったおぼえ  文章までもおぼえ  点については全くおぼえ  事実を全くおぼえ  渇きをおぼえ  身におぼえ  不安をおぼえ  痛痒もおぼえ  不快をおぼえ  苦渋をおぼえ  人に見おぼえ  心におぼえ  食欲をおぼえ  感銘をおぼえ  ひとをころしたおぼえ  逼塞をおぼえ  戦慄さえおぼえ  ことをはっきりおぼえ  ぼくはおぼえ  ぼくがおぼえ  腕のうずきをおぼえ  水陣図のおぼえ  者と、おぼえ  自身におぼえ  顔をおぼえ  道をおぼえ  おまえたちはよくおぼえ  おまえたちは堅くおぼえ  事殊に心肝に染みて貴くおぼえ  魂も消えぬべくおぼえ  ことを、おぼえ  おまえをおぼえ  震えをおぼえ  気持もおぼえ  君もおぼえ  文字に見おぼえ  顔もおぼえ  年寄り扱ひしたおぼえ  頃、まずおぼえ  技術をおぼえ  手にとってみたが、おぼえ  スパイなどとは夢にもおぼえ  自分におぼえ  妙をおぼえ  くせをおぼえ  のか、はっきりおぼえ  言葉をおぼえ  方法をおぼえ  懐中から見おぼえ  人に騙されたおぼえ  春をおぼえ  中天へ吹きあげられるかとおぼえ  ことはむろんおぼえ  ころでおぼえ  文句をいまだにおぼえ  礼法全書で習いおぼえ  私は習いおぼえ  ことなどおぼえ  学問して、そうして、おぼえ  直感をおぼえ  君はおぼえ  ロケットに乗りかえたおぼえ  地球語をおぼえ  失礼ですけど、庇ったりしたおぼえ  愛一郎をかばったおぼえ  これに、おぼえ  お祖父さん、おぼえ  あたしを、おぼえ  欲をかいたおぼえ  ぐあいに見おぼえ  なかったから、おぼえ  草がしげって、見おぼえ  何だか、見たおぼえ  絵を見たおぼえ  のをはっきりおぼえ  時刻ですか、はっきりおぼえ  動揺をおぼえ  感覚をおぼえ  これまで嘗ておぼえ  憤慨をおぼえ  夜寒をおぼえ  さをおぼえ  凡者ともおぼえ  頂戴したおぼえ  耳におぼえ  心ありとおぼえ  苦心をしたおぼえ  語もおぼえ  ことをもおぼえ  それをおぼえ  渇仰をおぼえ  名を聞きおぼえ  何処でおぼえ  名前をおぼえ  仕事をおぼえ  のと、おぼえ  顔に、おぼえ  話を、残らずおぼえ  言葉を聞きおぼえ  廻送したかとおぼえ  たか確にはおぼえ  ゴンクウルのおぼえ  読者もまだよくおぼえ  彼のおぼえ  千二は、おぼえ  胸におぼえ  どこかで見たおぼえ  電話をかけたおぼえ  こともおぼえ  生物を見たおぼえ  新田先生は聞きおぼえ  それから千二は、おぼえ  時におぼえ  千二は、よくおぼえ  一度じゃあ、おぼえ  うちに、おぼえ  海でおぼえ  座席まで出たとおぼえ  子を生みつけたおぼえ  ことだけはおぼえ  燃ゆるをおぼえ  習ひおぼえ  腕におぼえ  名前なんかおぼえ  職をおぼえ  ものですから、はっきりとはおぼえ  顔はおぼえ  野郎、おぼえ  少年にお見おぼえ  片すみにおぼえ  少年に見おぼえ  若い時分には時々そういうおぼえ  知ったかは全くおぼえ  それすらおぼえ  こと、などをおぼえ  うから見おぼえ  哲学めいた懐かしみさえおぼえ  悩みをおぼえ  皆相当のおぼえ  世にはおぼえ  安心をおぼえ  状態をおぼえ  顏をおぼえ  ため道のおぼえ  誰やら聞きおぼえ  へんまで、かいたおぼえ  寒冷をおぼえ  しかも見おぼえ  年中行事をおぼえ  つたことをおぼえ  満足をおぼえ  僕はおぼえ  幽かにおぼえ  アルモリカ語を習いおぼえ  口上いいもよくおぼえ  かすかにおぼえ  ことをいったおぼえ  王さまにしたおぼえ  相談をうけたおぼえ  あとは皆目おぼえ  倦怠をおぼえ  むちゅうでぐいぐい飲んだまではおぼえ  彼はよくおぼえ  のでは、おぼえ  百が、おぼえ  みんながみたりおぼえ  心にとめておぼえ  私はよくおぼえ  今は少しおぼえ  文字もおぼえ  農家でおぼえ  のを、おぼえ  今でもよくおぼえ  文章も少しおぼえ  飛島でおぼえ  ほかは、何一つおぼえ  しかも、そのおぼえ  名前などおぼえ  物をおぼえ  艇長さんは、よくおぼえ  読者諸君は、きっとおぼえ  三浦須美吉は、かねて習いおぼえ  どこかに、聞きおぼえ  たしかに見おぼえ  太刀川青年は、見おぼえ  苦痛をおぼえ  汝達にしてもらう、おぼえ  貴公、おぼえ  缶詰に見おぼえ  部屋へ持って来たおぼえ  こと、まだおぼえ  閭はしつかりおぼえ  閭はしっかりおぼえ  画をおぼえ  畫をおぼえ  喜びをおぼえ  今もおぼえ  如くにおぼえ  彼らをおぼえ  私あおぼえ  愛することをおぼえ  事をおぼえ  感動を、おぼえ  装置など検めゐしが、見おぼえ  材木町かとおぼえ  心悩ましくおぼえ  悪いことをしたおぼえ  却って、おぼえ  期待をおぼえ  それから腕におぼえ  感をおぼえ  時に、休んだおぼえ  うまいといつ迄もおぼえ  がたをおぼえ  歌は、たしかかうだとおぼえ  発音でおぼえ  こっちから売ったおぼえ  秋をおぼえ  夜とおぼえ  確かにおぼえ  畜生、おぼえ  今尚ほおぼえ  節をおぼえ  自分が乗って見たおぼえ  乾きをおぼえ  警報を出したおぼえ  あたし見おぼえ  房枝はおぼえ  あたしにはおぼえ  あんたがおぼえ  ふうにおぼえ  方がおぼえ  三十銭位だとおぼえ  お前はおぼえ  酔いをおぼえ  不愍をおぼえ  痛みもおぼえ  地形をおぼえ  感覚におぼえ  僕はもうおぼえ  戦慄をおぼえ  軍隊でおぼえ  僕はまるでおぼえ  言つたのをおぼえ  顏も、よくおぼえ  顏を、もうすこしハッキリおぼえ  それがまるきりおぼえ  のか、おぼえ  ホントにおぼえ  遊びなどもおぼえ  顏だつてハッキリおぼえ  顏をハッキリおぼえ  顏はおぼえ  身體つきに見おぼえ  どこかでおぼえ  僕に見おぼえ  僕には見おぼえ  經つたのか、おぼえ  ことなんかしたおぼえ  一ばんさきにおぼえ  つたとおぼえ  噺でおぼえ  ことはよくおぼえ  いきどおりをおぼえ  ぼくは、よくおぼえ  棄鉢をおぼえ  職もおぼえ  辻斬をやったおぼえ  後悔をおぼえ  羽ブリとつき合ったおぼえ  酔をおぼえ  汗をおぼえ  人におぼえ  二十日前後とおぼえ  使い方をおぼえ  妾はおぼえ  話をしたかは一々おぼえ  憐れにおぼえ  みんな聞きおぼえ  隔離をおぼえ  一生涯、おぼえ  事柄だったら、おぼえ  後におぼえ  うちにおぼえ  人々が、おぼえ  物を観て、書いたりおぼえ  演出のおぼえ  興趣をおぼえ  鼓舞をおぼえ  体におぼえ  義憤すらおぼえ  自分が並べたおぼえ  相当、落ちぶれたおぼえ  読者にも、おぼえ  何か聞きおぼえ  呂律をおぼえ  女を殺したおぼえ  ことはおぼえ  ことは、まだおぼえ  顔をながめましたが、まったく見おぼえ  反撥をおぼえ  感慨をおぼえ  嫌厭をおぼえ  恩とおぼえ  気疲れをおぼえ  ことをおたずねしたおぼえ  わたしは無論見おぼえ  強情におぼえ  こいつら、おぼえ  ことを習いおぼえ  秋とおぼえ  しか文化四年四月の申渡しとおぼえ  九月とおぼえ  確かに見おぼえ  天気予報をおぼえ  上のおぼえ  しか文久三年とおぼえ  先月だとおぼえ  新屋敷へたずねて行って見ると、見おぼえ  祭文で聞きおぼえ  追放だとおぼえ  む、おぼえ  宿縁とおぼえ  野郎め、おぼえ  それが見おぼえ  様子をおぼえ  器用でよくおぼえ  事とおぼえ  十日とおぼえ  こん畜生、おぼえ  邪魔をしたおぼえ  お嬢さんと云ったおぼえ  顔を見おぼえ  四月頃とおぼえ  焦心りをおぼえ  明治四十一年十一月とおぼえ  大変美しかったおぼえ  私たちにもおぼえ  繍をおぼえ  満足感動をおぼえ  有職故実をおぼえ  なにもおぼえ  二十六日とおぼえ  痛み身にしおぼえ  ひとのあえかなるかたらひおぼえ  験あるべくもおぼえ  代り、よくおぼえ  子供には見おぼえ  僕もおぼえ  たくさんとてもおぼえ  おかげかはっきりおぼえ  自信を失ったおぼえ  名をおぼえ  發音だけをおぼえ  わたくしがおぼえ  わたくしはおぼえ  罪を犯したおぼえ  以上、どんなにおぼえ  即興とは、前もって考えたり、おぼえ  感興をおぼえ  源一のおぼえ  ごとに、いたみをおぼえ  ことかかってやっと、見おぼえ  波ともおぼえ  ことを書いたおぼえ  こともしたおぼえ  わてはナ、死んでもおぼえ  やうな疼きをおぼえ  事もおぼえ  味をよくおぼえ  さは実はよくおぼえ  顔には見おぼえ  勇躍をおぼえ  アルファベット二十六字をおぼえ  ふかいかんげきをおぼえ  文字をおぼえ  生徒達が習いおぼえ  最中とおぼえ  一角に、かねて聞きおぼえ  位置をよくおぼえ  ぼくもよくおぼえ  のを、まずおぼえ  かげさえもおぼえ  黒髪のみだれおぼえ  のもおぼえ  目のおぼえ  いふか、おぼえ  はしをおぼえ  やうに、おぼえ  悲哀をおぼえ  苦しみをおぼえ  秋風に寂しくゆらいで、見おぼえ  頃におぼえ  姿は、見おぼえ  どこでおぼえ  一字一句今だにおぼえ  ものにはおぼえ  たしかに聞きおぼえ  帳、おぼえ  今でも忘れずにおぼえ  ちゃんと見おぼえ  穴から川面へ浮きあがったまではおぼえ  吉原かぶりに、聞きおぼえ  悪寒をおぼえ  去り状をやったおぼえ  ことともおぼえ  頭痛をおぼえ  ほうから来たいなんていったおぼえ  めえは、おぼえ  興をおぼえ  これにはおぼえ  ちょっと回想しただけでもおぼえ  顔さえ見おぼえ  癖を、実にまんべんなくおぼえ  念仏を聞きおぼえ  感奮をおぼえ  方がよっぽど悪いよ、酔っていておぼえ  ことはハッキリおぼえ  町を突っ切って、見おぼえ  たちだから、おぼえ  厭なにおいも身におぼえ  さはおぼえ  菜の花漬をおぼえ  ときめきをおぼえ  ものとおぼえ  あくる日目がさめてもおぼえ  おまえさん、おぼえ  晩餐をしたので、よくおぼえ  唄は、きようにすぐおぼえ  ことしたおぼえ  意味ふかくおぼえ  波立ちをおぼえ  情誼をおぼえ  圓太はおぼえ  吉兆をおぼえ  噺がおぼえ  ものをおぼえ  私は少しおぼえ  姉さんもおぼえ  出現を怖れたりしたおぼえ  ことはもよくおぼえ  家庭に加わったか、おぼえ  身にいささかもおぼえ  機会を与えたおぼえ  さもおぼえ  わたしはあまりによくおぼえ  仕打ちをあまりによくおぼえ  使い方をすぐおぼえ  ことばをおぼえ  名もおぼえ  のを見ておぼえ  初歩を習いおぼえ  わたしはおぼえ  しかし、おぼえ  ことであったとおぼえ  母さんをおぼえ  ウくおぼえ  卿はおぼえ  おなじ感をおぼえ  中から見おぼえ  大路を取りたるかとおぼえ  おかしくもまた嬉しくもおぼえ  息もあえぐばかり苦しくおぼえ  さまをも見おぼえ  ことも聞きたるおぼえ  情をおぼえ  抵抗をおぼえ  能くおぼえ  確かにはおぼえ  浪りに棄てたおぼえ  僕はよくおぼえ  背が高かったというかと思うと、よくおぼえ  立花先生を見おぼえ  顔はすぐおぼえ  老人なら見おぼえ  宙でおぼえ  無礼をはたらいたか、よくおぼえ  あれに聞きおぼえ  諸君もおぼえ  道をよくおぼえ  最初か、一寸おぼえ  絵などおぼえ  尊敬心を払ったおぼえ  拘泥したおぼえ  昂奮をおぼえ  声は聞きおぼえ  疼痛をおぼえ  大勢が駈け集まると、見おぼえ  色を見おぼえ  ことも出来ないので、日ごろ習いおぼえ  清さん、おぼえ  蛮語をおぼえ  憎悪をさえおぼえ  安堵をおぼえ  緊張をおぼえ  阿賀妻は寒けをおぼえ  空腹をおぼえ  いつか文字をおぼえ  心を教えたおぼえ  題であつたとおぼえ  声で呼ばれるおぼえ  風におぼえ  顔を見て、おぼえ  一寸でもおぼえ  噺をおぼえ  ときはおぼえ  熱狂したおぼえ  ような疼きをおぼえ  一人泣くをおぼえ  末だとおぼえ  音色ともおぼえ  越とおぼえ  自分のおぼえ  なかったから私はよくおぼえ  ようにもおぼえ  ほかにはおぼえ  掏られたおぼえ  名でおぼえ  ことだけをおぼえ  心のおぼえ  すべてのおぼえ  曾て聴きおぼえ  上下ともに心安うおぼえ  報告をよくおぼえ  ことをくわしくおぼえ  言葉をはっきりおぼえ  ドアがあったかをおぼえ  際限もなくねむけをおぼえ  十代でおぼえ  チヤンと、おぼえ  外記は軽い妬みをおぼえ  ことをしたおぼえ  から、おぼえ  自責をおぼえ  扱いをされるおぼえ  快感がおぼえ  ことばきのふ始めておぼえ  あたしよくおぼえ  阿国歌舞伎でおぼえ  食慾をおぼえ  気風をおぼえ  之を見おぼえ  なかには、見おぼえ  単語をおぼえ  結局どれもおぼえ  陶酔をおぼえ  風圧をおぼえ  どこかで聞きおぼえ  苦笑をおぼえ  新しい歌をおぼえ  職業を習いおぼえ  浪花節をきいて、おぼえ  浪花節で、おぼえ  物の数は、数えておぼえ  本筋をおぼえ  浪花節でおぼえ  岡部もよくおぼえ  足にはおぼえ  歟とおぼえ  みをおぼえ  のやらもおぼえ  親方におぼえ  親方のおぼえ  ことを、まだおぼえ  カイをおぼえ  オルガンを弾きおぼえ  の止み難きをおぼえ  一週間目だとおぼえ  上におぼえ  十分におぼえ  藤次郎を殺したおぼえ  相手をおぼえ  いまでも、はっきりとおぼえ  海図を見て、おぼえ  上には、見おぼえ  顔をよくおぼえ  耳にはききおぼえ  たか、さっぱりおぼえ  共鳴をおぼえ  中にとびこんだまではおぼえ  ひじょうな疲労をおぼえ  足止めをされるおぼえ  姓だけおぼえ  事情はよくはおぼえ  一言もおぼえ  ことでおぼえ  勉強しておぼえ  一通り号令をおぼえ  わななきをおぼえ  道楽をおぼえ  異状をおぼえ  ひねもす銀針の落つるをおぼえ  あやしい音を聞いたら、よくおぼえ  ことに、見おぼえ  客をおぼえ  眩暈をおぼえ  快感をおぼえ  身の毛悉く彌立つをおぼえ  恥をおぼえ  建物をみしをおぼえ  一月下旬とおぼえ  時間まではさすがにおぼえ  大分読みおぼえ  日曜日とおぼえ  日、見おぼえ  恋をおぼえ  不審をおぼえ  感じをおぼえ  とき聞いたおぼえ  どこへやら、少しばかり習いおぼえ  空に懸り、降らんとするをみきとおぼえ  ところにゐたりとおぼえ  テー・デウム・ラウダームスを聞くとおぼえ  壓すをおぼえ  民に見きとおぼえ  地ひらくがごときをおぼえ  ときを見しとおぼえ  ぼくの見おぼえ  まりはっきりおぼえ  ことをまだおぼえ  頃とおぼえ  はじめて輸入なすったので、よくおぼえ  圓を造りゐたるを見きとおぼえ  語を聞くとおぼえ  名前までおぼえ  充血をさへおぼえ  疲れはなはだしくおぼえ  速記だったとおぼえ  我々はようくおぼえ  圓右のはどうだったろうか、惜しやもうおぼえ  四君子さえよくおぼえ  郷愁をおぼえ  もの、おぼえ  恰好に見おぼえ  ジョウさん、おぼえ  心さわぎをおぼえ  歌をすこしおぼえ  心のつかれをおぼえ  恋文なんて出したおぼえ  からね、よくおぼえ  ことを言ったとおぼえ  ころ都にて習いおぼえ  お前もおぼえ  野をおぼえ  近くにゐたらしい聞きおぼえ  しまつたことをおぼえ  上機嫌だつたのでおぼえ  女王のおぼえ  私は、全くおぼえ  念をおぼえ  条々を、おぼえ  何処かへ連れて行かれたおぼえ  内容はおぼえ  事情をよくおぼえ  いま番地をおぼえ  町もわかりにくいおぼえ  それを見たおぼえ  方、おぼえ  歓喜をおぼえ  中から、見おぼえ  面を見おぼえ  姿をおぼえ  前期をおぼえ  嘘をおぼえ  註文したおぼえ  魅力をおぼえ  背におぼえ  眼まいをおぼえ  憎悪をおぼえ  ことは、おぼえ  日もハッキリおぼえ  ようです、ハッキリおぼえ  わしにもおぼえ  ためとおぼえ  仏法ひろまれとおぼしめすべしとぞおぼえ  確にはおぼえ  これまでとても満更おぼえ  男には、おぼえ  愛誦したおぼえ  犬が聴きおぼえ  頃から聞きおぼえ  乱心狂気ともおぼえ  者ともおぼえ  弓矢を取りおぼえ  歌もおぼえ  つてちやんとおぼえ  過去をおぼえ  よけいにおぼえ  何月何日何時何分とまでおぼえ  子供はおぼえ  誰からか聞いておぼえ  なかった事をよくおぼえ  なぞしたおぼえ  事を、おぼえ  私はハッキリとおぼえ  不義を致しましたおぼえ  一杯しか頂きませんでしたか、すこしもおぼえ  不義を致したおぼえ  シミジミとおぼえ  不思議なくらいハッキリとおぼえ  ものと、おぼえ  フトときめきをおぼえ  うちに、すっかりおぼえ  遠くへ歩いたおぼえ  枕もとに、見おぼえ  どこか見おぼえ  それをとてもよくおぼえ  つて江戸へ来たとばかりおぼえ  贅沢を、一度おぼえ  ことを、よく聞きおぼえ  程におぼえ  觀方をおぼえ  衰弱をおぼえ  彼がおぼえ  必要をおぼえ  お金におぼえ  ぜんぜん身におぼえ  時分に聞きおぼえ  面影にも見おぼえ  用意したおぼえ  中にはおぼえ  ポオ助教授から、見おぼえ  形も見おぼえ  あんをおぼえ  これはぜひおぼえ  顔に見おぼえ  読者はおぼえ  かんとかと極くおぼえ  



前後の言葉をピックアップ
オホーツク  オホヽ  オホヽヽ  オホヽヽヽ  覚え  覚え  憶え  覚えよ  覚えれ  覚えん


動詞をランダムでピックアップ
かがめよ拡がら吹分けるひっぱら生きかえっもりあわせるはじきださ掲げろくっつける修め突き通すたちゃ手伝わうなろ焼け死ねいたりゃ入り込またてこん出来そ取揃える
形容詞をランダムでピックアップ
あっけなかっ思わしくくわしくうら寂しくこまかしい堆しいじらしかっ分厚えらくせつなから堪えがたいきたなかっ囂しかっ貧しき用心深い凄いいがらっぽい土臭いあどけなかっ