「ぬれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ぬれ[動詞]
絵の具はぬれ  夜露にぬれ  汗にぬれ  水にぬれ  皮を食べおわって、ぬれ  一円紙幣がぬれ  夕立雨にぬれ  潮にぬれ  別に水にぬれ  洗ひ、ぬれ  息にぬれ  ゆらめきが、ぬれ  ひかりはぬれ  やうにぬれ  雨にぬれ  雨でぬれ  母親から渡された、ぬれ  従属感にぬれ  まり涙でぬれ  絵はぬれ  海へ行きましょうかと来るとすぐそのぬれ  雪にぬれ  懐にぬれ  涙にぬれ  渚にぬれ  とりとぬれ  庭石にぬれ  涙でぬれ  小雨にぬれ  雨にひたもぬれ  露にぬれ  はだしでそのぬれ  一とこが円くぽとっとぬれ  犬がぬれ  血にぬれ  蔭お馬にゆられてぬれ  堤から駈け降りようとすると、ぬれ  霧にぬれ  上にぬれ  裏までぬれ  夜露にしっとりとぬれ  なめらかにぬれ  暖かい、しっとりとぬれ  限り水を投げかけたので、ぬれ  ぐしょぐしょにぬれ  おじさんが、びっしょりぬれ  らが気味悪くぬれ  びしょびしょにぬれ  毛がぬれ  涙でしじゅうぬれ  おまえのこしかけぬれ  羊歯が青々といつも少しぬれ  塵ほどもぬれ  水でぬれ  グッショリとぬれ  汗でぬれ  空気にぬれ  糸瓜がぶらりぬれるだけぬれ  雨にはぬれ  土はぬれ  位にぬれ  髪の毛もぬれ  ビッショリとぬれ  紙もぬれ  皮がむけ、ぬれ  ッとぬれ  下級船員たちが、ぬれ  ためにしぼるほどぬれ  たしかに涙にぬれ  薄暮雨にぬれ  上に、ぬれ  ほおをつけて、ぬれ  涙に美しくぬれ  はいらんかよ、ぬれ  竹竿にぬれ  灯が、ぬれ  肩はいいかげんぬれ  岡さんのそのぬれ  眼はぬれ  これはまったく、この大きな、常にぬれ  秋雨にぬれ  二人でぬれ  岩もぬれ  なみだにぬれ  どこか、ぬれ  夕月にぬれ  波にぬれ  二人のぬれ  前へいって、ぬれ  骨まで通るほどぬれ  犬はぬれ  首をのばして、ぬれ  雪でぬれ  顔をして、ぬれ  手足に、そのぬれ  徒刑囚らはぬれ  背中にはあせにぬれ  もっとびっしょりあせにぬれ  わたしがぬれ  葉がちるしぐれてぬれ  しぼつてはゆくしぐれてぬれ  上手から、ぬれ  愛情にぬれ  感情にぬれ  草鞋はぬれ  桑の葉がぬれ  スポンジがぬれ  光輝にぬれ  鷺草露にぬれ  身はぬれ  光にぬれ  テントもつめたくぬれ  海水にぬれ  しぶきにぬれ  くたくたにぬれ  褄はぬれ  席に、ぬれ  子の、ちぢれてぬれ  男の子のぬれ  後ろへ廻してぬれ  茂太郎は、ぬれ  袖までが、しっとりとぬれ  みぞれにぬれ  すつかりぬれ  馬はぬれ  裾もぬれ  ぬれ荷縄もぬれ  影はぬれ  空はまったく明るくなって、ぬれ  裏口から若い女がはいって来て、ぬれ  竹竿のぬれ  瓦がぬれ  まらなくなってぬれ  潮水にぬれ  泥汁にぬれ  泥水にぬれ  廊下がぬれ  雨脚とぬれ  靴下を干し、ぬれ  のはしつとりぬれ  夜霧にぬれ  云ひながらそのぬれ  中を、ぬれ  汁にぬれ  光が、ぬれ  愚かで、ぬれ  眼がぬれ  はるさめぢや、ぬれ  脂汗でぬれ  皆雨にぬれ  仕事をやめて、ぬれ  成る程涙にぬれ  時に、ぬれ  芝地のぬれ  であるから、早くかわかず、まだぬれ  たき火でぬれ  あたりに漂って、ぬれ  みつばちが帰ってきて、ぬれ  匂ひにぬれ  崖はいつもぬれ  甲板がぬれ  苦労にぬれ  工人は、ぬれ  仕事場のぬれ  窓から雨にぬれ  口が、ぬれ  湯にぬれ  とき学校から、ぬれ  不思議にぬれ  手紙がぬれ  とき手紙がぬれ  づされしが眞珠ちりこぼれともしび風にぬれ  手袋がぬれ  瞼がぬれ  鼻がぬれ  毛は、ぬれ  庭へ出てぬれ  下駄がぬれ  湯上りで、ぬれ  紅椿花がぬれ  霙にぬれ  日、ぬれ  埃がたまってぬれ  感激にぬれ  朝露にぬれ  みんなぐしょぐしょにぬれ  腐れ水にぬれ  恋ひぬれ  春雨にぬれ  殼は、すっかりぬれ  夢春雨にぬれ  頬をたたいて、ぬれ  ためにぬれ  袖もぬれ  闇を照らして、ぬれ  しどろにぬれ  毎日雨にぬれ  草履がぬれ  裏があたたかくぬれ  夕立にぬれ  お召物がぬれ  きらきらと、さながらぬれ  一面にぬれ  襦袢がぬれ  そばへ寄って来て、ぬれ  二人ともそのぬれ  事おぬれ  たまをぬれ  洟にぬれ  ようにぬれ  民はぬれ  ようにぐっしょりぬれ  布団もぬれ  うちが温かくぬれ  時雨にぬれ  砂雨にぬれ  まさかうそとは思わなかったので、ついていって、まだぬれ  真赤にぬれ  まつ毛はいくらかぬれ  道江が、まだぬれ  飛沫にぬれ  道はぬれ  らのぬれ  服のぬれ  女はぬれ  嘆きにぬれ  水でぐっしょりぬれ  草鞋もぬれ  由也のぬれ  ロープはぬれ  彼らはぬれ  今はぬれ  ビショビショにぬれ  彼は、そのぬれ  ところだし、ぬれ  完全にぬれ  海ほおずきがぬれ  葉先がぬれ  水びたしにぐっしょりぬれ  あたりまでぬれ  泳ぎつくと、ぐっしょりぬれ  頭髪がべっとりぬれ  はじめて水にぬれ  幽霊水にぐっしょりとぬれ  何もかもぬれ  血でぬれ  柳葉が、いっそもう悲しくわびしく、ぬれ  雨にしっぽりぬれ  中をぬれ  羽織も、ぐっしょりとぬれ  ように、ぬれ  睫毛がぬれ  驟雨にぬれ  くだもぬれ  草むしろしづかにぬれ  マーチ夫人はぬれ  泥がぬれ  海水でぬれ  伯母によばれ、ぬれ  顔へぬれ  つゆにぬれ  瓦が、ぬれ  着物も、ぐっしょりぬれ  雲霧にぬれ  雨がどっしり降って、ぬれ  洗濯しており、ぬれ  楓、ぬれ  背中がぬれ  相手をしていたら、ぬれ  人気なくぬれ  風情は、このぬれ  驟雨、ぬれ  碌々にぬれ  風呂敷はぬれ  ことなけれどぬれ  袖がぬれ  袖のぬれ  胸をはだけていたので、ぬれ  それから涙にぬれ  石がぬれ  瞳はぬれ  全身汗にぬれ  朝霧にぬれ  ベンチのぬれ  夜露でぬれ  



前後の言葉をピックアップ
塗れ  濡れ  濡れ  濡れよ  塗れよ  ヌレ  濡れれ  濡色  濡れ縁  濡縁


動詞をランダムでピックアップ
折り重なり毟っ運ぶもつれ合っとざさにぎっ掛けこらえろ翻し振り回せ放りださ聞き糺し聳やかす打ちきっ泥ももとまっ挟まつきそい冷まさなきあかし
形容詞をランダムでピックアップ
みよいうすら寒淋しいすべっこい手強けれ覚束無物憂き騒がし尊い暑苦しかっいらだたし繁く憎き聞きづらく腹ぐろ疑わしかっゆゆしい強けれつよ七面倒臭い