「うつむい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うつむい[動詞]
谷村はうつむい  一人がうつむい  みな一様にうつむい  しろにうつむい  そうにうつむい  ジッとうつむい  上にうつむい  手も出さずにうつむい  膝を離れたが、またガックリとうつむい  陰気にうつむい  精女はうつむい  この間精女はうつむい  議長がうつむい  心配そうにうつむい  毎にうつむい  女はうつむい  水にうつむい  顔をうつむい  術なげにうつむい  作はうつむい  ようにして、もじもじとうつむい  葉子はうつむい  ままでうつむい  ちょッとうつむい  たか與吉はうつむい  涙はうつむい  なかった葉子はうつむい  下にうつむい  ようにうつむい  張はしかたなしにうつむい  今までつつましやかにうつむい  美禰子はうつむい  極り悪げにうつむい  熱海検事はうつむい  人はうつむい  李景雲はうつむい  民子はうつむい  眼にうつむい  前でうつむい  のにうつむい  きり警部はうつむい  上をうつむい  髮でうつむい  娘はうつむい  さにうつむい  みんながうつむい  里子のうつむい  私はうつむい  椅子にかけて、うっそりとうつむい  お婆さん見たいにうつむい  敏子はうつむい  仁科六郎はうつむい  わしげにうつむい  そこにうつむい  葵はうつむい  なかへうつむい  又蔵がうつむい  急にうつむい  病人はうつむい  彼のうつむい  七はうつむい  利助はうつむい  一緒にうつむい  前にうつむい  細道をうつむい  彼はうつむい  腰かけにうつむい  朝子はうつむい  横顔がうつむい  正はうつむい  ソノ子はうつむい  横向きにうつむい  君はうつむい  若者はうつむい  蓮様がうつむい  キヨ子はうつむい  襟をうつむい  顏をあげずにうつむい  自然にうつむい  澄江はうつむい  彼女はうつむい  為吉はうつむい  それまでうつむい  面目なげにうつむい  げにうつむい  中にうつむい  チヨンはうつむい  頭髪がうつむい  梯子段にうつむい  西宮はうつむい  後にうつむい  吉里はうつむい  ッとうつむい  梅はうつむい  次郎はうつむい  一様にうつむい  飛騨のうつむい  形でうつむい  櫛がうつむい  じいとうつむい  枕にうつむい  奧さんはうつむい  先生はうつむい  歌麿はうつむい  物もいわずにうつむい  手をうつむい  男がうつむい  英信はうつむい  がちにうつむい  照りをうつむい  やうにうつむい  下をうつむい  フイとうつむい  ジーッとうつむい  様にうつむい  男はうつむい  張ものにうつむい  



前後の言葉をピックアップ
ウツボ  ウツボグサ  鬱勃  ウツミ  俯い  俯か  うつむか  俯き  うつむき  俯く


動詞をランダムでピックアップ
裂ける攫い立ち入り向こ持込みたのしみ打って出れうちこわす恥じらい投げかけるあばれる撲りつけ立上がれやみゃ吸いつけよ為っかけだそ映さ呼込ま閃か
形容詞をランダムでピックアップ
荒々しく青白くつまらなけれ感慨深き小ぎたない狭苦しくっ熱っぽく堪難い気だるい難しくありがたしあたらしい情なし容易しむずがゆりりしくなみだぐましい凛々しくっ良き明い