「あわ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あわ[動詞]
人生をあわ  人間が、あわ  顔を見あわ  ジグスのあわ  恋もあり又、お互にあわ  心であわ  ひきになるあわ  中にはあわ  のもあわ  二三十持ちながら、あわ  割りにあわ  のがぼろきれをいくえにも縫いあわ  滑稽なあわ  日本があわ  のをあわ  涙が出たくらいに、あわ  眼を見交して、あわ  両手を握りあわ  間、あわ  こまどりにあわ  胸に掻きあわ  線でむすびあわ  理解しあわ  目にあわ  魔女は、あわ  条理にあわ  地底からも、あわ  方は、あんなあわ  それを切って縫いあわ  慣例に照らしあわ  孟といいあわ  着物はいっこう似あわ  胸を合せて抱きあわ  通りであったわい、あわ  出世にあわ  法然もあわ  眼を見あわ  彼女のあわ  神様はさながらあわ  まことにあわ  絹さんがあわ  絹さんにもお引きあわ  絹さんをあわ  私はあわ  頃はあわ  お前にも似あわ  目を見あわ  日頃に似あわ  方針変更によって、あわ  のが、一層あわ  時刻から考えあわ  米は、あわ  帰国を見あわ  損得からいっていかにもあわ  体にあわ  とんだ災難にあわ  藍と、あわ  ゃきゃと透る、しかし、あわ  袖近く、あわ  のを見あわ  誰がためにか獲たる、あわ  車は、隣りあわ  ドロシーは重ねあわ  両手を、かさねあわ  跫音を聞きつけて云いあわ  義枝はあわ  都会偏愛のあわ  父とそしてあわ  偶然生れあわ  脱走兵のあわ  団扇ではたくと、ちりちりとあわ  身分に生れあわ  杉多く、あわ  何かの巡りあわ  面とを向いあわ  みんな顔を見あわ  目と目を見あわ  それがなにかあわ  慾として、あわ  浪に、あわ  結局はあわ  しかも、このあわ  方も駈けあわ  衣服も持たない、あわ  亀を見て、あわ  ッくと立ったが、あわ  露に宿ってあわ  わたくしをあわ  犠牲となって、あわ  事実とを接ぎあわ  地べたにつくばって、あわ  後のあわ  夫人をあわ  大勢は誘いあわ  創口を縫いあわ  辛苦をあわ  理屈にあわ  ウマがあわ  百両という仕あわ  諜しあわ  まま眼を見あわ  ところで引きあわ  背中をすりあわ  ことが、いあわ  脳漿を撒き散らしてあわ  中へあわ  おかんがえあわ  記憶に浮かべて、考えあわ  心配おしでない、持ちあわ  食い物をお持ちあわ  のは見あわ  のはお見あわ  のを持ちあわ  三位卿のニヤリと見あわ  機を計って跳びかかってゆくと、案の定、抜きあわ  うちにあわ  らい目にあわ  襟元などを掻きあわ  撫子なんぞとあわ  四方一束に貼りあわ  不覚をあわ  不思議な回りあわ  妙案もあわ  いま世界中で、あわ  ふつうのあわ  其人をあわ  描写かと思えば、あわ  女のあわ  現代に生れあわ  間尺にあわ  仮り名にとどめてあわ  ものが、あわ  驢馬に跨り、とぼとぼ進むあわ  目にでもあわ  若いひとは、あわ  中へ入れると、あわ  さで、あわ  ちゃんと乗りあわ  辻褄のあわ  武士のあわれなるあわ  きよらとも、あわ  行動と照らしあわ  さにあわ  民主主義にあわ  ことにあわ  勤労とを考えあわ  美くしいあわ  肌にあわ  ベルトのあわ  偶然に通りあわ  日かげの、あわ  手をぺろりとなめて、いっそうあわ  中に、あわ  偉丈夫に似あわ  稗粕をなめて生きる、あわ  面を俯せている、あわ  面を見あわ  ことを思いあわ  悟りきれずに苦しんでいるあわ  仏にあわ  根があわ  気性にも似あわ  ような、あわ  貫禄を考えあわ  もの憂く、あわ  サト子は、あわ  ように、あわ  サト子のあわ  言いようのない、あわ  中にも、最もあわ  わで置くべきかと、あわ  信仰などを考えあわ  算盤にあわ  誰にもあわ  前を掻きあわ  心にはあわ  于禁にも似あわ  図はあわ  動す、あわ  心を考えると、あわ  丞相にも似あわ  呆然顔を見あわ  王忠も躍りあわ  美童に似あわ  ため、あわ  焔硝を抱きあわ  難局にあわ  四五人誘いあわ  死をあわ  ことには、たよろうとするあわ  それをふしあわ  手をしっかりとにぎりあわ  両手をしっかりとにぎりあわ  目にもあわ  てっぺんを、かたくかたくむすびあわ  ためしはなく、あわ  お前にもあわ  私にあわ  火星へさらっていこうというあわ  丸木が、ついに、あわ  丸木は、とうとうあわ  下に、あわ  端麗に似あわ  いつか、あわ  みじめな、あわ  逢瀬があわ  笛のあわ  事実と考えあわ  顔見あわ  あな、あわ  出動を見あわ  眸を見あわ  探偵小説は、見るもあわ  悪意をこのあわ  遺産といってはあわ  人をあわ  木村はまだあわ  二人は互いに相あわ  縊って、あわ  無邪気さが、あわ  ピイピイ、あわ  記代子をあわ  役柄にあわ  音楽にあわ  放蕩三昧、あわ  自分自身があわ  乱、ついで起り、あわ  彼にも似あわ  日から前進を見あわ  通有のあわ  女性を、あわ  宿に泊まりあわ  のを思って、あわ  皆云いあわ  目にはあわ  頭はあわ  愛子と向かい合うと、久しくあわ  だれにもあわ  担架に乗せられたそのあわ  いちずにそのあわ  人間にあわ  人民を狩りたてて殺しあわ  母親を思うあわ  ところへ飛んで来るし、あわ  音たてて立ち、あわ  仲間にも、あわ  秋のあわ  艶、あわ  こはあわ  感じに照らしあわ  武家時代のあわ  一人もあわ  雲は、あわ  それを加えあわ  艇夫には似あわ  お母さんに、あわ  心地がして、あわ  若いひとたちが、見るもあわ  墓地と向いあわ  モンタントはいかめしすぎてちっとも似あわ  後、このあわ  かたちだけは残したいというあわ  あたしは置いてけぼりを食い、あわ  方寸からして、あわ  二つを結びあわ  影さえ残らず、あわ  誘るもあわ  身の上を思いあわ  中をいろいろのあわ  紙を重ねあわ  嫁は見あわ  心にあわ  心をあわ  生涯をあわ  海中に投げこんだ、そのあわ  腕を、こつこつとたたきあわ  フィルムを重ねあわ  ちょっと顔を見あわ  相性があわ  目もあわ  のは、あわ  寒空といい、こんなあわ  それはあわ  藤本殿はあわ  金はさっそくあわ  身体を重ねあわ  手を重ねあわ  何枚も重ねあわ  仕業と知ると、云いあわ  場面に立ちあわ  タヌキ菩薩もあわ  気持ちを重ねあわ  方向とを考えあわ  いっしょに詰めあわ  丁寧に重ねあわ  前に驚きあわ  恰好があわ  愛やあわ  存在が、ひどくあわ  恋のあわ  滑稽であると同時にあわ  滑稽はあわ  たつきのあわ  狂なり、あわ  うちに与えあわ  はたで思う程あわ  口にあわ  汽船ファルコン号は、あわ  どこへやら、云いあわ  踏台を重ねあわ  逆手をとられ、あわ  ところで丁度接ぎあわ  上にひれ伏した、あわ  人が乗りあわ  妹をあわ  のだから、あわ  あんたに巡りあわ  おいおい声をたてて泣こう泣こうとあせったけれど、あわ  小屋は、あわ  ぼんやり残っていて、それだけに、いっそう、あわ  中に、なんというあわ  ボクさん、あわ  時刻がきちんとあわ  年寄のいるあわ  ものに廻りあわ  意見があわ  袖を掻きあわ  時、あわ  夏の終わりから秋へかけて、小さなあわ  乞食姿をあわ  名を呼びあわ  途中に、見るもあわ  なんの、あわ  要求に応じてあわ  思いを、あわ  拍ちあわ  洋介に引きあわ  妻ほど、あわ  心を抱いて、あわ  警官たちは云いあわ  燻製バイソンなどを詰めあわ  頑迷さが、あわ  稻子を、あわ  減俸にあわ  行幸も見あわ  調子にあわ  歯にあわ  ほのかにもあわ  スティルネリアンでもあるというあわ  場に居あわ  時には、あわ  白骨をとどめるのみで、あわ  炭焼き小屋を窺っては、持ちあわ  のは、何と、あわ  凡夫正成の、あわ  沈みを、あわ  屠蘇もまだ酌みあわ  これまであわ  泣き寝入りのあわ  阿難はあわ  何事かと知って、あわ  プライドだったとは、あわ  路傍より拾い上げんとせしに、あわ  顔を向きあわ  何か似ていてあわ  町家のあわ  マにあわ  カムパネルラもあわ  今宵は、お見あわ  宴も見あわ  ぐさめかねつというような、あわ  これとくらべあわ  火事にあわ  形につなぎあわ  おかあさんにあわ  不思議さ、あわ  煤にうずめて、あわ  私のまだあわ  女主人公は、見るもあわ  彼女をあわ  お客は、このあわ  智恵を持ちあわ  ほかなく、あわ  くせ、あわ  今は決してあわ  私自身も、ついには、このあわ  蔭も無い程あわ  麗わしさも、あわ  難にもあわ  しかもあわ  女たちが、あわ  ぼんやり顔を見あわ  胸一ぱいに拡がって、あわ  黄八丈のあわ  ここに居あわ  奇観というより、いっそあわ  袖をしっかりと抱きあわ  性にあわ  あれこれと考えあわ  三つを結びあわ  奴にも似あわ  川開きも見あわ  二人が云いあわ  女に似あわ  疲れを見あわ  加勢に来て、あわ  当惑顔を見あわ  下における、あわ  毎日誘いあわ  今年はお見あわ  力自慢にも似あわ  沖釣りに誘いあわ  藤吉と誘いあわ  家に、あわ  女をあわ  それもあわ  泥を捏ねあわ  軒を重ねあわ  上から申しますと、あわ  茎をつなぎあわ  理想主義を、あわ  憂国のほとばしりと、あわ  呶罵も、あわ  瞬間ぎょっとしあわ  一眼見りゃあわ  私をあわ  露は、ひとしお、あわ  彼も、ただあわ  もののふとは、あわ  者の、ひとしいあわ  嫦娥が、あわ  親に、売られてゆく、あわ  時に、あわ  僕のあわ  誇りかも知れないが、そんな、あわ  断欠を接ぎあわ  勘定にあわ  それとを考えあわ  フランス語を混ぜあわ  二人はあわ  二人が、あわ  算盤があわ  思い出をつなぎあわ  がたをあわ  旅をして、あわ  顔をしかめて、そのあわ  ことをあわ  皆にあわ  候、あわ  辺にも似あわ  底にはあわ  クリストフのあわ  二人ともあわ  母があわ  ことが、あわ  ことのできない、あわ  孀婦、あわ  いじゃあないか、あわ  文法にあわ  感情とはちっとも結びあわ  一人にもあわ  茶袋を思わせて、あわ  塚は、あわ  奇禍に通りあわ  二人と向いあわ  思いはしばしばこのあわ  声にてうたい聞かせつ、あわ  人々顔見あわ  昔自慢してあわ  彼女がこの上なくあわ  死顔にもあわ  厳罰にあわ  から、持ちあわ  時にあわ  雪に埋めてあわ  拝見いたしたく、あわ  趣味にあわ  椽側に立ちたるが、あわ  貧乏がふしあわ  姫君はあわ  発揮したりするあわ  熱心、あわ  世のあわ  口惜ゅう覚えて、あわ  河へ行きあわ  空気を透してあわ  皆殺しにあわ  人類はたがいに助けあわ  のを、盛りあわ  世に生れあわ  身体を抱きあわ  現在高は、云いあわ  中があわ  女もあわ  冬はあわ  顔をあわ  壮いに似あわ  繁昌もあわ  神官のあわ  ところも、あわ  自動車から、あわ  腰にささせたらば、あわ  法性寺へ誘いあわ  時に生まれあわ  哀れなこちょうに、ふたたびあわ  バリバリ噛みあわ  自分ほどあわ  ビックリ顔を見あわ  ものを考えあわ  今後も、あわ  せい様をあわ  小説の綴じあわ  土の混ぜあわ  互いをむしりあわ  宿にとまりあわ  好みとはちっともあわ  朋輩たちやあわ  ショックとして云いあわ  これまた云いあわ  ドロボウだったっちわあ、まあま、うてあわ  友之助とを結びあわ  事情を照らしあわ  ことを見あわ  張り番を見あわ  事件とを結びあわ  僧都をあわ  わりにあわ  歌なら、持ちあわ  しかも、ふしあわ  根もあわ  ことを考えあわ  歌をうたいはじめると、なんともいえないあわ  私のとひあわ  天河落処長洲路、あわ  路は、あわ  それをあわ  立つ瀬のなくなった、あわ  ことが出来ない、あわ  支配されるあわ  足もとを見るあわ  いずれも云いあわ  目になんかあわ  清水は綴じあわ  左右から掻きあわ  ように重ねあわ  犬にあわ  村にあわ  土下座をしているあわ  風があわ  ようにこねあわ  議論を考えあわ  逃れんとしてはまつわられ、あわ  自ら慰めあわ  水呑百姓の子供のあわ  僕を見ようとして集まって来て、あわ  奥底で、悪かったが、と気がついて居りながらも、あわ  雌鳥なれば、あわ  ところへ生れあわ  性分にあわ  背すりあわ  綱にひっかかって、あわ  虔ましくてあわ  御真影こそはあわ  バンドをつなぎあわ  ものにもあわ  有様と照らしあわ  チリチリとあわ  誰も驚きあわ  若い婦人たちは、あわ  文学的教養とむすびあわ  殆ど常にあわ  修理を、あわ  ニュアンスを綯いあわ  少女のいのりをあわ  放射されて、あわ  波にもまれるあわ  青木光線で射たれると、あわ  船人らふたたび帰らんや、あわれああ、あわ  ますああ、あわ  足をおどらすああ、ああ、あわ  煙を徹してあわ  愛はあわ  波に漂わさるるこのあわ  もとへと行きしが、あわ  奥にはまた、あわ  から考えあわ  ようにあわ  歌にはしっくりあわ  お互いに傷つけあわ  智も持ちあわ  事情を考えあわ  しかと覚えて居らぬが、あわ  あとにあわ  継はぎの膝かけを深うして、あわ  薄墨のあわ  同胞を探し出し、名乗りあわ  家風にあわ  僕達は云いあわ  つまり二つの指環を噛みあわ  情趣を、取り上げてあわ  扨もあわ  仇討を綴じあわ  二人は、云いあわ  生涯に織りあわ  光は、あわ  これを、あわ  外から修理して接ぎあわ  不断着をあわ  娘に、あわ  ものを、ふしあわ  少女があわ  肯定している、そんなあわ  世の中にはあわ  まわりをあわ  形があわ  ものにあわ  重吉と向いあわ  わたしのあわ  自分のあわ  床に横たわって考えている小さなあわ  支那人があわ  うちに、あわ  一生をあわ  春の雪のあわ  そこにあわ  此頃ハ病気なりとてあわ  こと、あわ  円山応挙などはそのあわ  紅粉はあわ  天象など考えあわ  黒人という生れあわ  だてを、全くあわ  理窟にあわ  親たちに引きあわ  しかしあわ  金魚もあわ  騒ぎを経て、あわ  春にはあわ  半面にあわ  がたに似あわ  まり口もききあわ  口をききあわ  口もききあわ  下に生まれあわ  そりがあわ  艦長加賀大佐は平常に似あわ  両手をがっちり握りあわ  豊のあそびにあわ  十分に持ちあわ  ヴァニティは、あわ  天性気質を知りあわ  百姓の子に似あわ  朝から母といいあわ  自分をあわ  みじめにあわ  雪びたしは一層あわ  藤十郎をあわ  恋を、あわ  ことをも致しまする、あわ  家にとむかへり、あわ  顔を見合って喜びあわ  迫害にあわ  話のあわ  子供たちをあわ  手をやすめず遣ってくれ、あわ  よう、あわ  桃華文庫もあわ  桁があわ  もの同志を掛けあわ  いのちたれがあわ  虫一つたれがあわ  対置して眺めあわ  筆をとっている、ゆかしい、あわ  行逢った、寂しく、あわ  唄があって、あわ  早や、あわ  若いに似あわ  一時見あわ  赧らめまして、あわ  小包で送って来て、あわ  ここに泊まりあわ  不思議なはちあわ  辺には、あわ  娘です、あわ  悄然としたあわ  耳に響くはあわ  尻をたたきあわ  十分知りあわ  上でどうしても話しあわ  試練にあわ  綱をつなぎあわ  とき本部につめあわ  しずかに話しあわ  怪事件とを結びあわ  里に帰りあわ  方かすれてあわ  はずみにかかって、あわ  われはあわ  焼跡にあわ  女子大生とめあわ  汝をこそ拝め、あわ  うまがあわ  舌上におどらされている、あわ  日本農民のあわ  見かけにあわ  神よ、あわ  子、あわ  痛快なあわ  番号があわ  粂にあわ  坊にあわ  一歩を移し得で、あわ  私にもあわ  本能の、あわ  いかがわしい女の、あわ  虚栄のあわ  声が一層なまなましく乾いて、あわ  のはあわ  周囲からまとめあわ  上旬、あわ  病気に、あわ  ようなものの、あわ  陳述とを照らしあわ  一箇所事実とあわ  礙げ、あわ  彼らは、思い思いに誘いあわ  其場に抛り出して、云いあわ  雨やまなきゃあわ  両手をすりあわ  のが、おかしくあわ  汚物、及びあわ  女はあわ  女よりはあわ  さだ、あわ  蓋のあわ  席上にいあわ  竜蔵版とかれこれ読みあわ  内側にして縫いあわ  娘おしおに出逢って、あわ  若い心をあわ  処置にあわ  挫かれ、あわ  っ放し、来るなら来い、などあわ  唄をあわ  奇病をあわ  名を称えて、あわ  つもりかも知れないが、あわ  ビフテキは少しあわ  川止にあわ  エミイは、あわ  あちこちのぞきまわり、あわ  ところで、わざとあわ  在宅だがあわ  旅磯うつ浪もあわ  鬨の声とあわ  女御弘徽殿の死にあわ  包囲にあわ  子供にあわ  目と目とを見あわ  襟をしっかり掻きあわ  胸もとに握りあわ  事情にあわ  時代に生れあわ  後姿をあわ  くつにあわ  物に換えしめけるに、あわ  富を覚えつつ、あわ  女性覚醒期に生れあわ  爪で、あわ  十年経つとあわ  ことなんか出来ず、あわ  蠅ひどくてあわ  彼のあわ  のは引きあわ  生活しあわ  母を引きあわ  柄にはあわ  性分にはあわ  結構な生れあわ  遠方此方にあわ  刑部にしては、めずらしくも、ふと、あわ  折あれば、あわ  手にあわ  運命を考えあわ  巨男をあわ  大阪のあわ  隼人殿を誘いあわ  若い女が泊まりあわ  群れが泊まりあわ  からも、あわ  豪傑大森彦七もすつかりあわ  なんですけど、その、あわ  塔を望むあわ  のかと思うと、いかにもあわ  ひとをあわ  ぼんやりしていたが、いろいろと考えあわ  消炭の、あわ  ものを盛ってはおらず、あわ  かわいそうみたいな、あわ  橋を渡ったあわ  救出したが、あわ  平家調にいえば、あわ  稚気のあわ  平和の希いとを考えあわ  のであるが、あわ  悔いを覚えもするが、あわ  炬燵から見ていると、あわ  末路も、あわ  采女もすぐに抜きあわ  知識と照らしあわ  侵入して、なにもかもひっくりかえしてしまい、あわ  ハンス・ヴァン・リッパーは、あわ  梅をあわ  わたしをあわ  たくさんお持ちあわ  毎夜誘いあわ  世にあわ  速度とを照らしあわ  嬢はただ愛らしき、あわ  どこへ訊きあわ  眼にあわ  ドュウルンに、あわ  宝石屋を殴り飛ばして、あわ  行事まで見あわ  川柳は、あわ  始末に困って、あわ  狂乱の、あわ  土をあわ  傍で、あわ  やつは、あわ  ここではあわ  力をうしなって、あわ  

形容詞

~ あわ[形容詞]
やがてあわ  こんなにあわ  如何にもあわ  めにもあわ  ついあわ  

~ あわ[形容詞]
ようにあわ  都会生活のあわ  数年のあわ  こはだのあわ  やつぱり非常にあわ  む雀のあわ  際のあわ  

あわ[形容詞]
あわさ  

名詞

あわ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あわあわしい  あわがブツブツゆらいでいるばかりだった  あわの音もしない  あわだった海面が飛ぶ  あわをふく  あわときえてしまっては  あわがひとつぽっくりと浮かんで  あわがすっかり浮かびきるまでながめてから  あわが消えてしまうと  あわをじっと見てると  あわの中からなにかささやく  あわが浮かんで消える  あわがひとつぽっかりと浮かび上がった  あわがかならず目に浮かんできました  あわが浮かんで来ます  あわの浮かんだ  あわがふたつぽかりと浮かんだ  あわがぽかりとひとつ浮かびました  あわがぶくぶくとたちました  あわはさっきと同じようにたちました  あわを見た  あわてざまときたら  あわ好くば引捉えて  あわが立ち上がっています  アワを食つてゐた  アワを食ひ出した  アワを食つてきた  あわよく手先がかかったから  あわをかぶりました  あわになって  あわになってきえなければなりませんでした  あわのかげにかくれて  あわであったかとおもって  あわになる  あわになってとけていく  あわの上にさしました  あわのなかから出て  あわをながめました  あわになった  アワをそのままにして  あわよく検疫官の肩にあたって足もとにすべり落ちた  あわ好くば又なにかの昔話を聞き出そうと  あわのように消えるというも  あわてものの鷄はけたたましくなきたてて  あわを喰ってやりだす  あわが上に立ち始めた  あわを立てた  あわのあぜを作りながら  あわの立つ  あわしたように手をあげたので  あわしたように窓の内側にひっこんでしまった  あわをふいて  アワ食ってんのはまだええ方だち  アワを食って飛出して来た  あわ喰っていますんで  あわ好くば恨めしき者共に一泡吹かせたいと云う  アワを飛ばしながら  アワをくつつけたりしている  あわを松吉の顔にぬり  あわ好くば小隊全部の髪を切ってしまう  アワを食う  あわのようにあとかたもないうわうわした  あわしたように咽喉へ両手をかけて  アワよくば優退を残せるかも知れないと言う  あわを吹かされてしまいましたが  あわをくらった  あわを吹く  あわをくって尋ねました  あわを吹いてしまって  あわくいながらお知らせに上がった  あわを吹いた  あわが浮きあがって  あわの下に何か気味のわるい秘密でもあるかの  あわが吹いている  あわの下へいった  あわがたっている  あわが吹いておる  あわを吹いておる  あわてか目いろを変えて  あわをたてながら  あわを食つたせゐだらう  アワの種子を浸して播いた  あわが立つて  アワを喰つてゐる  あわを喰って  アワを附けている  あわを食って  アワを食って駆け出そうとした  あわをつけた  アワを喰ったが  あわをくって  あわよく跡目を相続して  あわない空気を感じる  アワを生じる  アワを食つて左手から走り出て来る  あわない写真のようにかれの  アワよくば能を鼻でアシラって遣ろう  アワを食っているか分る  アワができ  あわしたようにほっとため息をついて  

~ あわ[名詞]1
廊下にあわ  水のあわと  一つ投げこんであわが  はじめのあわが  ふたつのあわが  沼に浮かぶあわが  沼にはあわが  とおりのあわを  案外なあわて  卑屈なあわて  私達はあわ  そりのあわ  すつかりアワを  海のあわを  水の上のあわに  おまえさんはあわに  海のあわに  海のあわ  それがあわに  それがあわ  礼を兼ねてあわ  屋号のあわの  三びきのあわて  ヒエやアワ  賭場からアワを  秋にあわで  口からアワを  ツバキのアワを  意気なあわて  せっけんのあわを  此頃はあわ  こっちに教えられてアワを  水のあわの  奇天烈なあわて  一眼見りゃあわから  一様にあわを  七郎兵衛があわを  水のあわ  くりとあわ  みたいなあわて  水底からあわが  海のあわの  それにアワの  シユウとあわが  此方がアワを  反りのあわ  韮山はアワを  シャボンのあわを  笑なあわて  つじつまのあわ  方にあわ  監守があわを  気持ちのあわ  肌にアワを  そこへアワを  ピントのあわ  如何にアワを  耳にアワが  私はあわ  将軍はあわを  

~ あわ[名詞]2
白いあわ  ぶくぶくあわ  大きなあわ  小さなあわ  そのあわ  まるであわ  つめたいあわ  いいあわ  白いアワ  美しいあわ  いっそうあわ  たわいなくあわ  すっかりあわ  少しあわ  まっさきにあわ  ときおりあわ  あのあわ  ぎょっとあわ  あんなにアワ  

複合名詞
あわゆき  アワレ  アワシマ様  あわ緒  アワ峠  あわん  あわア  アワレ美事  アワレ憫然  つて貰あわ  アワタケ  アワセ  水あわ  全身あわつぶ  あわ雪  あわもち  アワアワ  あわつぶ  フウフウあわ  七二あわ  アワナギ  命あわ  一三あわゆき  心あわ  雨あわ  



前後の言葉をピックアップ
アロンタ  アロー  アローザ  アローハ  安房    粟生野  遭わ  逢わ  


動詞をランダムでピックアップ
連れこまめりこんぼけ纏え追ひ廻しかきあげ喚く引っ越さ言い直そ隠さききおよびそお遡れるせる踏ん張ろほどく芽吹かだぶつかすきとおっ
形容詞をランダムでピックアップ
白白しく血腥いむず痒く小賢しき愛くるしき黄色かっ賑々しともし軽かろたのもしかっ心弱き捗々しゅうさしでがましバタくさい華ばなしい眩し怪く白っぽく苦々しくおさな