「あおぎ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あおぎ[動詞]
渋団扇を持って、あおぎ  団扇であおぎ  吾仏とあおぎ  天井をふりあおぎ  顔をふりあおぎ  山容をあおぎ  蚊をあおぎ  天をあおぎ  行方をあおぎ  ウチワであおぎ  中をあおぎ  凧をあおぎ  判断をあおぎ  太陽をあおぎ  扇子を開いて、あおぎ  懐紙であおぎ  上をふりあおぎ  顔をあおぎ  上をあおぎ  扇であおぎ  二階をあおぎ  南半球においてのみあおぎ  ほうをあおぎ  深みより、あおぎ  あかりをあおぎ  判別をあおぎ  大空をあおぎ  時計をあおぎ  霊峯富士をあおぎ  空をあおぎ  易書であおぎ  胸毛をあおぎ  異国趣味をあおぎ  息をあおぎ  おまけに、あおぎ  



前後の言葉をピックアップ
青木  青き  あおき  煽ぎ  扇ぎ  仰ぎ  青桐  梧桐  あおぎり  蒼く


動詞をランダムでピックアップ
滲み刈り入れる背負えそがれるいさめる笑お飼え渡れよよばれ入れ換え出会える切り払い書い泣きはらさ草せ取り締る近寄くりあげ突っぱなし見過ごし
形容詞をランダムでピックアップ
はやけれ深からかよわくぬるかれありがたかっ良うておも小面憎かっ賎しき気高い面はゆく暗いいまだし腹黒く貧し待ち遠し凄しまめまめし