「起っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 起っ[動詞]
中に起っ  六時の間に起つ  此上何事か起つ  欧洲戦争が起っ  事件が起つ  自発的に起つ  故障が起っ  間に起っ  事件が起っ  温泉場で起っ  変態性慾も起っ  抗議がまき起っ  玉虫は起っ  何事が起っ  問題が起っ  研究慾が起つ  声が起つ  声が起っ  考へが起つ  癇癪が起っ  雪江さんが起っ  私も起っ  一つして、起っ  から、渋々起っ  衝と起っ  心配も起っ  スッと起っ  騒ぎが起っ  から病気が起っ  必要も起っ  それから二十五年たって起っ  内部に起つ  晴嵐がまき起っ  女郎は起っ  王妃は急いで起っ  ように起っ  少年は起っ  故は解らないが急いで起っ  ひつきりなしに起つ  安禄山の乱が起っ  悲鳴が起つ  哄笑が起つ  うちに起っ  從つて周圍に起つ  幾つもの波が起つ  亂鬪が起つ  変化が起っ  ために起っ  さまに起っ  気持が起っ  中心地には起っ  ことが起っ  けさ自分に起っ  不幸が起っ  そこで起っ  変身が起っ  何が起っ  ことから起っ  背後に突然起っ  上に起つ  廻りに起つ  事が起っ  海底に起っ  ところに起っ  順作は起っ  ような呻きが起っ  言葉が、突然起っ  奥御殿に起っ  場合、当然起っ  気がむらむらと起っ  心が起っ  心に起っ  泣声だろうと思って、起っ  ざわめきが起っ  闘諍事件が起つ  曲折が起つ  席を起っ  ときに起っ  雷が起っ  沿岸農民は始めて起つ  軋轢は直に起つ  中に起つ  痰が起つ  混乱が起っ  訴訟が起つ  大変が起つ  やうに起つ  聯想が起つ  十一娘はひどく喜んで、いきなり起っ  人声が起っ  脳裡に起っ  哲郎はすぐ起つ  女は起つ  哲郎は起つ  哲郎はすぐ起っ  女は起っ  哲郎は起っ  伊曾に起つ  発作が起つ  音が起つ  眞闇から起つ  必然的に次に起っ  一念が起っ  定祭が起つ  一等遅れて起つ  心が起つ  波動が起っ  なかに深い波だちが起っ  何処に起っ  念がむらむらと起つ  むやみに起っ  盛んに起っ  運動が起っ  智より起っ  嫉妬妨害者が起っ  疑いが起っ  為に起っ  風説が起っ  一事件が起っ  事から起っ  聲が起つ  庚午四月卅日夜半に起っ  庚午に起っ  進歩に促されて起っ  慾望が起っ  頻繁に起っ  不思議が起っ  戦役中に起つ  問題が起つ  事件が、どうして起っ  軍艦に起っ  ことが本当に起っ  怪塔から逃げだすまでに起っ  それから間もなく起っ  風が起っ  爆発が起っ  無理が起っ  食慾が起っ  必要が起っ  ことも起っ  発作が起っ  笑い声が起っ  異変の起っ  天草の乱が起っ  ものが湧き起っ  其処此処から起つ  自分に起っ  上に起っ  場合にも起っ  利害関係が起っ  身体に起っ  思いが起っ  伝説はこれから起つ  最近佛蘭西に起つ  事件の起っ  ために起つ  静としていて辛うじて起っ  吾も起つ  鶏さわさわと起つ  考えが突然に起っ  物音が起っ  身ぢかに起っ  なかで起っ  歯痛が次ぎ次ぎに起っ  物音が起つ  身ぢかに起つ  なかで起つ  齒痛が次ぎ次ぎに起つ  只今何事が起っ  のが起っ  葛藤の起っ  一時に起っ  ナースチャに起っ  背後に起っ  夜に起っ  一隅に起っ  停電が起っ  彼に起っ  彼は起っ  斯樣いふ事が起つ  中で起つ  彼は起つ  声が、徐々に起っ  化学反応が起っ  身辺に起っ  夜々に起っ  ことは起っ  大騒ぎが起つ  其処に起っ  拍手が起っ  褄を乱して起つ  湧然と起つ  裡に苦しく痛ましく起つ  私に起っ  席を起つ  一瞬、捲き起つ  病気が起つ  わたしに起っ  ドルフが起つ  如くに起つ  ことが起つ  渦が起つ  一大事が起っ  中で起っ  蝉時雨が起っ  何事か起っ  隣で起つ  日本全土に起っ  事件も起っ  民主化運動が起っ  淘汰とが起っ  批判が起っ  活溌に起っ  あちらこちらで起っ  現象が起っ  一九四七年度に起っ  輸入につれて起っ  演劇運動が起っ  事業が起つ  地震が起つ  ことはどうして起っ  要求して起っ  挫くべく、決然起つ  腰をおろしたくても起つ  革命が起っ  意志とが起っ  ものが起っ  突発的に起っ  引続いて起っ  疑問が起っ  驟雨雷鳴から事件の起っ  紛擾の起っ  風雲の起っ  為に起つ  強迫命令が起つ  反対衝動が起つ  疲労が起つ  初志をひるがえして起っ  意思をついで起っ  事変が起っ  綱は、ふたたび起つ  反対衝動が起っ  疲労が起っ  ことも起つ  組討ちの音が起っ  風が起つ  大事件が起つ  日本に起つ  音が捲き起っ  ことからも起っ  ようで起つ  座を起つ  恐慌が起っ  盗難事件が起っ  いふ相談でも既に起つ  日に起っ  つて席を起つ  スタニスラウスが起つ  私はすぐに起っ  ぬいと起つ  夫人に逢いたくなって起っ  軍事上の革命が起っ  西部地方に起っ  崔を見ると起っ  二つの反動が起つ  惱みがはげしく起つ  征服するかと思えば、また起っ  私は起っ  夜に起つ  何か起っ  坂で起つ  底から吹き起っ  悲鳴とが、同時に起っ  気持が起つ  念すら起つ  疳癪が起つ  膝で起っ  片すみに起っ  彼が起つ  彼女は起っ  疑問が起つ  日清戰爭の起つ  日露戰爭が起つ  なつて初めて起つ  何處から起つ  希臘から起つ  歓声が巻き起つ  勢ひで巻き起つ  騒ぎが起つ  音が起っ  念が起っ  痙攣が起っ  隅に起つ  大地震が起つ  塀外から、どつと巻き起つ  衝と起つ  定重は起つ  錯覚より起っ  なにが起っ  事情が起っ  相模灘に起っ  喬生はいそいで起っ  喬生は急いで起っ  一日中に起っ  空想が起っ  心がかなり強く起っ  昨年九月一日被服廠跡で起っ  ここからも起っ  大地震に次いで起っ  変化の起っ  動機となって起っ  最近悶着でも起つ  胸に湧き起つ  下で起つ  挑戦状と、それについで起っ  囁きが起っ  ように湧き起っ  事が起つ  何が起つ  好奇心が起つ  近所で起つ  噴火が起つ  休みなく起つ  六月に起つ  事件の起つ  暴風雨でも起つ  ヨオロツパに起つ  リスボンに起つ  競争者が起つ  内乱が起つ  途中で起つ  故障が起つ  大に起つ  軍歌が起っ  風波が起っ  国民は起っ  陷沒が起つ  火事が起つ  ことから起つ  風にして起っ  ことは、当然、起るべくして起っ  苛税に求めたので起っ  悲劇が起っ  鬨の声が起っ  おれはまた起っ  問答が起っ  溜飲が起っ  先生が起っ  急に起っ  癪が起っ  事の起っ  奮然として起っ  赤シャツが起つ  裏通りで起っ  背後などで起っ  独逸国内に起っ  争議が起っ  研究心に促されて起っ  幸福にすべく起っ  体に起つ  大乱痴気が起つ  店中から鯨波の声が起つ  なにごとが起っ  あいだ東都に起っ  火事でも起っ  それに続いて起っ  異変が起っ  一隅で起っ  婢が出て往くと起っ  座を起っ  不意に起っ  女中が出て行くと起つ  それが起っ  男伊達が起つ  姐御の起つ  らん事が起っ  気が起っ  乱が起っ  事実が起っ  感じが起っ  情も起っ  日露役の起っ  前夜に起っ  叛逆して起っ  共産的陰謀が起っ  着いて、起つ  鼻唄を謳いながら起っ  情も起つ  日露役の起つ  笑ひが起つ  就中最も後れて起つ  涌然と起っ  松林から松籟が起っ  歯痛が起っ  胸中に湧き起っ  それからまたふくらみがむくむく起っ  身ぢかで起っ  表情が起っ  ジェネストが起っ  場合が起っ  先に起っ  のと同時に、起っ  どこともなく起つ  何度か起つ  周圍に起つ  附随して起っ  出来事が起っ  袖はいきなり起っ  袖はすぐ起っ  伊右衛門はそろそろと起っ  気も起っ  議が起っ  変革が起っ  叫声が起っ  雲も起つ  うちに起つ  物に驚いて飛び起っ  自然に起っ  瞬間が起っ  話が起っ  波紋が起っ  気も起つ  写象は起つ  響が起っ  雪崩が起っ  なみが起っ  佐吉は、突っ起っ  奏楽が起っ  一つ不便が起っ  ずして起つ  足もとに起つ  話まで起つ  讀經が湧き起つ  笑声が起つ  それから引續いて起つ  ッ暗闇で起っ  雑音が重なり起っ  ことが多々起っ  移動が起っ  事態が起っ  特にそれが起っ  必要の起っ  お力は起つ  持病が起つ  めに釣られたから起つ  事情が起つ  人が起っ  つて手弄みなどをしたから起つ  持病の起っ  変革が続いて起っ  ワカメが起つ  男にも起つ  何事が起つ  嫗は起っ  渦巻が起っ  仙妃も起っ  青年が起つ  歌声が湧き起っ  それにともなって起っ  不可避的に起っ  感興の起っ  間で湧き起つ  悲鳴が湧き起つ  一件の起つ  ジヤズが巻き起つ  談半ばに、ついと起っ  農家に生れたるが、起つ  空想の湧き起っ  念が湧き起っ  戦慄が起っ  学者が起っ  八橋はただ笑って起っ  裳を捌いてすっと起っ  次郎左衛門はまた起っ  無言でずっと起っ  あとから便所へ起つ  下落が起っ  時に起つ  體から起つ  草むらを起っ  年ごとに起っ  一瞬のまに起っ  ために、起っ  理想に向って起つ  満洲事変が起っ  場所で起っ  方に起っ  書店に起つ  監房内部で起っ  ことに依って起っ  先刻何事が起つ  誰やらが云ったばかりで、起っ  皆じっとして据わっていて、起っ  満場割れむばかりの拍手が起っ  火が起っ  口からともなく起っ  愛情が湧き起っ  興味さえ起っ  願望も同時に起っ  次で起っ  急に起つ  氣持が起つ  限界効用説に就いて起つ  念が起つ  赫と起つ  何かが起っ  拍手も起っ  殴り合いが起っ  母権顛覆が起っ  閃光が起っ  火煙が起っ  間に捲き起っ  行手に起っ  引きつづいて起っ  現象が次々に起っ  震動が相ついで起っ  椿事が起っ  笑声が起っ  われらここに起つ  救生に起つ  貂蝉が再び起つ  嵐が起っ  満足して起っ  一波紋が起っ  貿易思想が起つ  朝倉氏が起つ  旗下から毛利氏が起つ  事件も起つ  旗幟を掲げて起つ  斉しく起つ  一九一四年開戦瞬前に起っ  時を同じくして起っ  死後十時間後に起っ  殺人が起っ  偏見が湧き起っ  時発作が起っ  先に起つ  近所に起つ  惨事の起っ  願望が起っ  新人雲の如く起っ  靴音が起っ  岡から起つ  間に起つ  時代的変化が起つ  ドン底から湧き起っ  ことが現に起っ  大騒ぎが起っ  人民戦線運動が起っ  愉快そうに起っ  仲間に起っ  異変が起つ  気分が起っ  責任観念がひとりでに起っ  心がどうして起っ  意外に起っ  囲りに起っ  争闘が起っ  伏勢が起っ  私闘が起っ  事によると、起つ  敵愾心が起っ  方から起っ  衝突が起っ  失望が起っ  声を圧して、起っ  処に起っ  各派の次ぎ次ぎと起っ  近代フランスにおいて起っ  近代に起っ  北画に対して起っ  フランスに起っ  反動として起っ  反動によって起っ  往っていたが、突如として起っ  戦が起つ  激情が起っ  一度破綻が起っ  のちに起っ  長十郎は起っ  数馬はついと起っ  あした欲望の起つ  欲望でも起つ  新賤民が、またはなはだ多く起っ  賤者が起っ  古代に起っ  頃に起っ  所々で起っ  右傾派が起っ  ものも起っ  新たに起っ  旧幕時代に起っ  大千里眼事件が起っ  騒ぎから起つ  衷心から湧き起っ  ライン河畔に起っ  事變が起つ  変動が起っ  反乱が起っ  断層の起っ  中から一般的非難が起っ  作品に対して、まき起っ  途からはぐれて起っ  代表者が起っ  議員も起っ  点から起っ  私は起つ  敵が起っ  一名、すぐ起っ  審配は、奮然とまた起っ  事が湧いて起っ  世に起つ  一人が起っ  魔王は起っ  前に起っ  胸中に起っ  文学史に起っ  歴史的に起っ  熾に起っ  中心で起っ  煩悶が起っ  矛盾が起っ  その間に起っ  是非とも起っ  ざわめきが捲起つ  幾つもの学派が並び起っ  負ン気が起つ  議が起つ  頻々として起っ  結果として起っ  新に起つ  田舎で起っ  話さえ起っ  暴動が起っ  頃地方に起っ  中心にして起っ  疼痛が起っ  火災が起つ  時私に起っ  前後に起っ  のは、折々起っ  時に起っ  これまでに起っ  何事にても現に起っ  格言は、かつて起っ  性質上ひとりでに起っ  叫びが起つ  身に起つ  留守中何か起っ  心得貌に起っ  烈風が起っ  全土に起っ  鯨波をあげて起っ  激戦のわめきが起っ  変が起っ  ドロシイ・シュナイダア事件の起っ  加州に起っ  同市郊外に起っ  考えも起っ  其処を起っ  翠嵐が起っ  島に起っ  私は再び起つ  飛躍が起つ  中世期末に起つ  上方にも起つ  換えに起っ  プイと起っ  店へ起っ  反抗心も起っ  新吉がふいと起っ  もとに起っ  際に起つ  目前に起つ  反撥して起つ  力で湧き起つ  表情とが起つ  世の中に起っ  天狗岩事件が起っ  銀座に起っ  異常現象が起っ  湖畔に起っ  その後、つづいて起っ  これまでに次々と起っ  今日管下に起っ  心掛は、どうして起っ  大地震の起っ  惨劇が起っ  大風雨なども起っ  上躯は実に堂々と見えるが、起つ  仲宣が起っ  煙の如く起っ  それに対して、もう起っ  孔明は起っ  呉は起っ  鉱山事業が起っ  刃傷沙汰が起っ  訴訟が起っ  実感が起っ  いざこざが起っ  欧洲大戦が起っ  一大異変が起っ  瞬間に起っ  唸りが起つ  時間に起つ  そこからは少しも起つ  壁辰が起っ  山城守は、いても起っ  ように突っ起っ  音松は起っ  騒ぎも起っ  近くに起っ  うちに引き続いて起っ  感情が起っ  理由もなく起っ  さで起っ  外患はつづいて起っ  悶着が起っ  悶着も起っ  事件がどうして起っ  ものが起つ  運動が起つ  初め慶長年間に起つ  要求が起つ  一に起つ  刺戟されて起つ  目的を似て起つ  スローガンを以て起つ  響きが起っ  反感が起っ  王はそう言いながら起っ  急に吹き起っ  噂が起っ  間にも起つ  争議が起つ  まつまでもなく起つ  奇蹟の起つ  奇蹟の起っ  から、起つ  壇に起っ  謀叛人が起っ  音が続いて起っ  声が続いて起っ  戦争はどうして起つ  裡に起っ  頻々と起つ  雑然として起つ  喊声が起っ  食糧難が起っ  山ぎわからむらむらと起っ  伏兵が起っ  底にむらむら起っ  戦闘が起っ  者はすぐ起っ  彼はすぐ起っ  李典が、ぬっくと起っ  剣を抜き、起っ  大風が吹き起っ  蔭からつと起っ  狂風吹き起っ  次に起っ  香港で起っ  天長四年七月に起っ  海嘯が起っ  変の起っ  大地震が起っ  二十四箇所から火が起っ  奴隷經濟が起つ  旗として起っ  普静は起っ  一身に起っ  疑義嘆声、こもごもに起っ  いちどに起っ  火災が起っ  蜀は初めて起つ  小波が起っ  名も起っ  それから不思議が起っ  大阪に戦が起っ  旋風が起っ  想像が起っ  崩壊が起っ  勇気がわき起っ  処に起つ  分化が起つ  欲求が起っ  発達に連れて起つ  平安朝初期に起つ  上にも起つ  錯誤が起つ  刺激されて、始めて起つ  時代に起つ  直後に起つ  問題が次々に起つ  變化が起つ  騷亂が起つ  考が起つ  一大事件が起つ  大風が起つ  面白い現象が起つ  神道においては新しく起つ  戎狄より起つ  當時我國に起つ  始めに起つ  新たに起つ  明が起つ  三年間に起っ  著るしく起っ  眼前に起っ  疎隔が起っ  大倉組に起っ  縁談が起っ  疝気が起つ  りん病が起つ  のに連れて、起つ  文学意識も起つ  踏歌に伴うて起つ  固定や、新しく起つ  末に起つ  直観が起つ  気分に起つ  徹底しては、起つ  王朝末に起つ  内より起っ  司馬懿が起っ  混乱も同時に起っ  嵐が、忽然と吹き起っ  非難がごうごうと起っ  不測が起っ  四方から喊声が起っ  霧が吹き起っ  汝の起つ  場合に起つ  好敵手として起っ  光武帝が起っ  復興を叫んで起っ  成都に起っ  あり得ないことが起つ  動揺が起っ  本能寺の変が起つ  謀反が起つ  囲碁事件の起つ  和議が起つ  囲碁事件が起つ  戦争は起っ  地ひびきまで起っ  石田は起っ  みね子はついと起っ  膳にむかうと、また起っ  大乱でも起っ  疑いも起っ  二度も続いて起っ  為めに起つ  意志に反して起つ  幕間に起つ  処で起つ  俄に起っ  情が起っ  ことがいろいろ起っ  ドサクサが直ぐ起っ  夜などにむらむら起っ  錯覚が起っ  イタリヤ法王領内で起っ  ところより起っ  書籍製造会社にばかり起つ  考へは起つ  田舎に起つ  再婚問題が起っ  関東地震の起っ  胸に起っ  出来事がかつて起っ  呼び声の寂しく起っ  間にも屡々起つ  話で起つ  此処にも起つ  寂寥から起つ  前に起つ  処から起つ  腹痛が起っ  私を見下して起つ  私はぷいと起つ  文語が起つ  一騒動が起っ  なかに起つ  だらしなく起つ  經驗が起つ  手洗に起つ  なにごとが起つ  歯ぎしりが起っ  何処からも起っ  喧嘩が起っ  五年目に起っ  事から起つ  相違からのみ起っ  雑念が起っ  雑念の起っ  心持が起つ  喝采が起っ  場内一面に湧き起っ  遠方で起っ  十四号室で起っ  音響が起っ  街外れでたった今起っ  先陣争いが起っ  外国で起っ  必要が起つ  思想が起つ  結婚談が起つ  街道に巻き起つ  一ト月前にも起つ  ようにして置いて、起っ  卒業論文問題の起っ  何かが起つ  留守中に起つ  発見が起っ  身近に起っ  一体何事が起っ  別条が起っ  ことでも起っ  悲鳴が起っ  念さへ起つ  何ごとが起っ  願望が捲き起っ  震動が起っ  病気になって再び起つ  川崎で起っ  ことによって起っ  於て起っ  ピストルさわぎも起っ  兇悪事件がむらがり起っ  変事が起つ  暴風雨が起っ  ドッとまとめて起っ  血まみれ事件が起っ  突風が渦まき起っ  イタズラ気が起っ  帝銀事件が起っ  足下から起つ  爆音が起っ  音沙汰も無く突然起つ  戦争が起っ  全国的に、ほとんど同時に起っ  事實の起つ  万事がそんなふうに起っ  前でさわぎが起っ  黒雲がまき起っ  喝采が起つ  ことの起っ  伊東市に起っ  警察沙汰の起っ  ことになってゴタゴタが起っ  妻妾論が起っ  引續いて起つ  曹洞の起つ  僧は起っ  若党は起っ  三左衛門は起っ  愛吉を除けて起っ  神道が起っ  名が起っ  後に起っ  話も起っ  壬申の乱が起っ  文化生活が起っ  噴火が入りまじって起っ  現象が起つ  つむじ風が起つ  満州事変が起っ  日グラッドロンは起っ  活況が起っ  よび名さえ起っ  闘争が起っ  問題も起っ  何時にても起つ  帝都に起っ  何事かが起っ  例が起っ  問題がなぜ起っ  薬子の乱が起っ  ムホンが起っ  政党の起っ  危険が起っ  五十年後に起っ  信心が起っ  火事が起っ  椅子を起つ  主にして起つ  問題を提げて起つ  衝突でも起つ  皆此考を以て起つ  而して起つ  争いは起っ  マホメット教國内に起つ  観世流に次いで起っ  喜多流は最も新しく起っ  土に起つ  反感が起つ  大事件が起っ  突発事が起っ  簇がり起つ  戰中に起つ  一揆が起っ  長氏に起っ  取合いの起っ  糸を牽かれて起っ  者が起っ  朝鮮陣が起っ  心持が起っ  偶然に起っ  私等は居ても起っ  可哀相で居ても起っ  少年時代に起っ  門前に起っ  心に喰い込んで起っ  一群に起っ  震災後、起っ  過程を経て起っ  近頃になって再び新らしく起っ  昔に起っ  震えが起っ  それから八日目に起つ  距てて起っ  きのこえが起っ  缶詰事件が起っ  むづかしい事件が起つ  民間に起つ  手持無沙汰に起っ  種は起っ  方で起っ  方へ起っ  細君は起っ  楽しい笑声が起っ  汽笛が起っ  話声が起っ  煙が起っ  異状の起っ  身の上に起っ  一朝一夕に起っ  病気が起っ  心も起っ  側で起っ  注文が引き続いて起っ  懸念が起っ  宅に起っ  妙なごたごたが起っ  どこからか起っ  考も起っ  卒然として起つ  所で起つ  寢ね難く、起つ  中からまた起っ  根性が起っ  嫉妬の起っ  悋気が起っ  から悋気の起っ  踵いで起っ  何事も起つ  苦悩によって起っ  思想の起つ  盛に起つ  特別に起つ  異状が起っ  唱歌が起っ  意味もなく起っ  時実は起っ  留守宅に起っ  癇の起っ  豊世は起っ  ここにも起っ  復た起っ  雪は起っ  弟に見せようとして、起っ  心地が起っ  場合も起っ  庭園で起っ  いままでに起っ  一たい何事が起っ  日清戦争が起っ  当時に起っ  明治三十一年頃になって起っ  興味は更に起っ  空想も起っ  氣が起つ  心もちも起っ  そこから虚偽が起っ  心の起っ  勃然として起っ  気がだんだんと起っ  事件でも起っ  にわかに起っ  新運送業が起っ  組織が起っ  慾望さえむらむらと起っ  娘に対する憎みが起っ  ものの起っ  一緒にふと起つ  一隅に起つ  あちこちに起っ  談笑が起っ  神経的なすすりなきが起っ  合奏が起っ  うちからどっと起っ  ここで起っ  恋愛問題が起っ  奇蹟でも起っ  満州事件が起っ  昨夜小石川で起っ  大地震大火災が起っ  革命的変動が起っ  お玉は起っ  時は、すぐに起っ  爺いさんは起っ  一吹二吹衝突的に起っ  見送りに起っ  うるささと、軽い憤りとが起っ  崩壊の起っ  叫喚が起っ  麦太郎は、すぐ起つ  症状が起っ  反対が起っ  遠くで起っ  一度に起っ  問題がすでに起っ  噂も起つ  そこここから湧き起っ  声が一層烈しく湧き起っ  信心ごころが起っ  私語が起っ  あの肉体に起っ  心配ごとでも起っ  紛擾が起っ  近代になっても、時々実際に起っ  会話が起っ  梁を動かして起っ  不愉快の起っ  匙を投げて、すいと起っ  音響が湧き起つ  出來事が起つ  頭痛が起つ  頭痛が起っ  出来事が起つ  動揺の起つ  稱が起つ  動揺の起っ  幻想が起っ  近いうちに革命が起っ  銃声が起っ  中で突然に起っ  内に起っ  小作争議が起っ  前で起っ  ルメニアから起つ  遠慮に起つ  時、きつと起つ  情が起つ  慾望が起つ  のを見て起つ  頻々と起っ  そこへ起っ  後ち、再び起つ  鹿舞の起っ  発作的に起っ  警戒心が起っ  ことも度々起っ  関西風水害が起っ  私にとって又新しく起っ  ヒステリーはしばしば起っ  衝突が度々起っ  本件が起っ  から惨事の起っ  なに事が起っ  このごろ江戸に起っ  騒動が起っ  いたずら心が起っ  このごろでもたえず起っ  急病でも起っ  庄八は起っ  間違いの起っ  弥助は起っ  話声が起つ  あとで起つ  三味線太鼓の起つ  事が、起っ  錯覚の起っ  事が、幾重にも重って起っ  から間違いが起っ  遠慮が起つ  事が、起つ  錯覺の起つ  壇上に起っ  家庭に起つ  錯覚の起つ  目まいでも起っ  世界からも起っ  自覚が起つ  さが湧き起つ  反省が起つ  挌闘が起っ  真昼間に起っ  ジェーブル伯邸で起っ  ジェーブル伯邸に起っ  大昔に起っ  あなたの子供は起つ  隨所に起つ  先づ喧嘩の起つ  感情がこんがらがって起っ  感興が起っ  さへ起つ  気持はしばしば起っ  正月五日に起っ  語が起っ  活動が起っ  争いでも起っ  内訌が起つ  頭脳に起つ  場所に起つ  地震が深くに起つ  近くに起つ  直下に起つ  村で起つ  山津浪が起つ  場合にも起つ  砂丘に起つ  現象の起つ  ジャマイカ島に起つ  前記現象の起つ  西暦千七百八十三年イタリー國カラブリヤに起つ  續いて起つ  小規模に起つ  開閉現象が起つ  學校に起つ  規模に起つ  地震の起つ  笑聲が起つ  頭腦に起つ  癇が起つ  此處にも起つ  話で起っ  社会にどうして起っ  所から演劇が起っ  異変は続々と起っ  危害を加えようとして起っ  誰からともなく起っ  話でも起っ  田代芳輔が再び起つ  新らしく起つ  哄笑が起っ  時刻に起っ  事務所で起っ  無関係に起っ  あちこちで起っ  恐怖が起っ  病が起っ  変事も起っ  変事が起っ  集中から、当然起っ  遇然の起っ  鳥がおどろいて起っ  疾風の如く起つ  如くにして起っ  線路上で起っ  間違いごとが起っ  怪事件が起っ  その後に鋭く起っ  望郷病が起っ  殺人事件が起っ  葛藤が起っ  口笛が起っ  新一は起っ  兵馬は、ガバと起っ  黒みだって吹き起っ  うち一人でも起っ  彼らはいちように起っ  日露戦争以後において初めて徐々に起っ  名は新しく起っ  我々はいっせいに起っ  果てしもなく湧き起っ  うちに、またもや起っ  間違いでも起っ  胸一杯わき起っ  争いが起っ  諍いが起っ  万感こもごもわき起っ  教頭排斥が起つ  山火事が起つ  入用が起っ  喧嘩でも起っ  それから騒動が起っ  市街戦が起っ  下で起っ  此のもの語の起つ  波紋が起つ  もの語の起っ  叫びが起っ  悲鳴が湧き起っ  そこで転んだり起っ  東学党の乱が起っ  森知事が起っ  吸殻を捨てて起つ  うわさがぼつぼつ起っ  知らない変化が現に起っ  声が同時に起っ  どよめきが起っ  どよめきが起つ  頻繁に起つ  出血が起っ  周囲で起っ  後方に起っ  嬉し泣きに泣いて起つ  暴風が起っ  急用でも起っ  用事の起っ  押へ切れず起つ  音が素早く起つ  ようだがと、起っ  急病が起っ  窃と起っ  素直に起つ  細君は起つ  つくりと起つ  一たい何が起っ  廃院生活に起っ  留守に起っ  亂が起つ  佛國では最も早く起つ  戰爭が起つ  變化の起つ  清朝に起つ  戰が起つ  期間に起つ  食用するから起つ  料に供するより起つ  燃料を多く要するより起つ  人間が起つ  滿洲から起つ  此頃非常に起つ  困難が起つ  支那に起つ  髮賊の起つ  發間際に起つ  その後に起っ  一緒に起っ  会が起っ  誰いうとなく起っ  廢論の起つ  疼痛を感じて、いても起っ  腰が抜けて起つ  一つは起っ  四肢で起っ  犯罪事件が起つ  自由が利かないので、一寸起つ  混乱が起つ  疑惑が、続いて起つ  春秋時代に起つ  武藏國川越在に起つ  憲宗時代に起つ  悲劇が起つ  上で起っ  貧窮組が起っ  學界に起つ  犯罪が起つ  此事件の起つ  喧嘩が起つ  始め頃から起つ  在に起つ  ことは起つ  いふ論も起つ  現象が又起つ  南宋に起つ  疑問の起つ  排日の起つ  亂が起るか起らぬか、起つ  學風の起つ  考事などが起っ  主人は起っ  大変化が起っ  とんでもないさわぎが、まき起っ  中に、ついに起っ  あやしいことが起っ  あやしい事件が、すでに起っ  あやしい事件が起っ  火事のまえに起っ  爆破が起っ  数分後に起っ  土塵の起つ  竹内は起っ  椅子を起っ  ことが、時々起っ  持病が起っ  私ゃもう居ても起っ  脚気が起っ  仏蘭西十九世紀に起っ  両方から同時に起っ  十九世紀仏蘭西に起っ  詩が起っ  詩壇に起っ  法則で起っ  変化も起っ  とき始めて起っ  疑惑が起つ  示寂前一日に起つ  喜劇も起つ  慘劇は何故に起つ  住居に起つ  歓声が起っ  不思議に起つ  幾度か起つ  変化はなぜ起っ  から後に、起つ  最近に起つ  自覚が起っ  覺が起つ  初期に起つ  戦国時代に起つ  ことは勿論、やがて起つ  風でも吹き起っ  いま捲き起っ  フイに湧き起っ  殺気の起っ  駒井甚三郎は、おのずから湧き起っ  用向きが起っ  リアクションが起っ  づみかにいきなりその錯覺が起つ  騒動の起っ  大事件でも起つ  高村もつり込まれて笑いかけたが、ふと起っ  推察が捲き起っ  一瞬間に起っ  思が起つ  一方に、けたたましいさけびが起っ  声の起っ  取越苦労なども起っ  問題から、なぐり合い、つかみ合い、引掻き合い、取組み合いが起っ  猛烈に起っ  嗜が起っ  戦乱が起っ  それに驚いてか、つと起っ  口争いが起っ  合戦が起っ  合図にこたえて起っ  義貞が起っ  道誉も起っ  内輪話が起っ  小鳥の起つ  縁へ起つ  錯綜して起っ  時つと起つ  中心として起っ  魔手から逃れようとする、計らずも起っ  大正二年九月に起っ  大変が起っ  誰か起っ  佐倉宗五郎事件が起っ  俄かに起つ  びっくりして起っ  かやが起っ  身を怖れて起つ  佐野に起っ  水面に起つ  景気につれて起っ  一件が起っ  響が湧き起っ  徳川が起っ  奉公も起っ  ところで起っ  八百年前に起っ  むかむかと湧き起っ  紛争が起っ  何気なく見せて起っ  烏天狗が起っ  闇騒が起っ  床几を起っ  議すら起っ  喧嘩も、しばしば起っ  一角に、はや起っ  悲鳴の起っ  法医学教室に起っ  突発事件が起っ  四階席からも捲き起っ  お家騒動が起っ  ホントに起つ  活劇が起っ  どこからともなく起っ  手違いが、起っ  悪声がすぐ起っ  都に起っ  戦が起っ  格闘が起っ  ッくと起っ  あちこちから、わき起っ  人々の喚きが起っ  考えまで起っ  地震が起っ  風が吹き起っ  玄機は起っ  アメリカで起っ  そばで起っ  身に起っ  風に起っ  ふたりとも起っ  久は起っ  密談がすむと、すぐ起っ  洋夷事件が起っ  翌日上陸後に起っ  障子へ触れて起っ  天皇もすぐすっくと起っ  募兵に応じて起っ  一死をささげて起っ  城中には起っ  大志を抱いて起っ  残党が起っ  舞踊の起っ  苦情が起っ  足音が続いて起っ  時期に、予め起つ  因州の起つ  時あって起つ  因州が起つ  奇蹟が続々と起っ  笑いが起っ  斉もいちどに起っ  鼓を鳴らして起っ  渡りかけるやいな、とつぜん起っ  味方が起っ  野に起っ  いまは起たねど、やがて起つ  面々が、こぞり起つ  一家庭に起っ  高笑いが起っ  うちにだけ起っ  物語の起つ  感心しない、起っ  今日は強く起っ  わざわいが、起っ  乳母はすっくと起っ  風が吹き起つ  黒雲が湧き起つ  胸に起つ  瞬間に卷き起つ  凶変が起っ  それを知るとおどり起っ  四郎が起っ  舟が、こぞって猛り起っ  ためなればこそ起っ  心だけは起っ  肥後に起っ  非常が起っ  背後で起っ  間違いが起っ  いくつも起っ  方で起つ  自覚したと同時に起っ  なかに起っ  此の際咄嗟に起っ  遊覽から信仰が起つ  佛教が起つ  中からおのずから起っ  しめやかに起っ  音の起っ  いままでにしばしば、たいへんしばしば、起っ  フランスで起っ  叫び声が起っ  付近で起っ  秀策が起つ  ような僻みが起っ  一揆でも起っ  心に、先ず猛然と起っ  事件がまさに起っ  やうに巻き起つ  胴震ひが巻き起つ  気持が、むらむらと起っ  恋愛問題の起っ  如くにも起っ  彼女はやっと起っ  唇をぬらしただけですぐ起っ  右馬介はすぐ起っ  もも一せいにふるい起つ  新田が起つ  水にながして、同時に起つ  ことばかりが起っ  叫喚とが起つ  騒然として起つ  決然として起っ  爆笑が起っ  いくらも起っ  警察事故が起つ  茶でも入れべいと起っ  感に堪えなくなって、起っ  足音荒く起っ  恋愛が起つ  衝動が巻き起っ  次から次に起っ  革命が起つ  講和論が起つ  地響きが起っ  発見が次いで起つ  初めから独走して起っ  末尾からわき起っ  突発事も起っ  小勢で起っ  喊声からわき起っ  つむじが捲き起っ  自分が起つ  彼女らが起つ  義貞が起つ  その間に起つ  時代頃から起つ  病氣が起つ  沈黙が起っ  連続的に起っ  父に起っ  十三世紀に起っ  まらないので、起っ  念も起っ  方からむくむくと起っ  反撥心が起っ  妄想が相次いで起っ  情とが相次いで起っ  水中で起っ  惑いが起っ  悪いことが起っ  興奮が起っ  足音が起っ  松村は起つ  弊害が起っ  七老人は起っ  熊蔵があわてて起っ  事態でも起っ  族党をかたらって起っ  尊氏は、起つ  三方同時に起つ  七は起っ  源次が起っ  議論がまた起っ  噂がまた起っ  まやかし声が起っ  狼藉が起っ  両虎ともに傷ついて起つ  疑惑がわき起っ  大阪で起っ  聯想が起っ  裾から起つ  彼女は起つ  七も起っ  面倒が起っ  女が起っ  七はそっと起っ  炭団でなければ起っ  緒を振り切って飛び起っ  針をやすめて起っ  長太郎はすごすご起っ  猫がふらふらと起っ  自分で起っ  ばらばらと起っ  顔をじっと眺めていたが、やがて起っ  蝶合戦が起っ  老人は起っ  入口へ起っ  鳩もおどろいて飛び起っ  七はすぐに起っ  ようにぱっと起っ  そこへ投げ出して起っ  障碍が起っ  ぜんそくが起っ  気流がはげしく起っ  鐘におどろかされて初めて起っ  一つ事件が起っ  こっちでも起っ  波紋も起っ  呼応で起っ  方丈から起つ  義貞はつい起つ  床几を蹴返して起っ  方角にも起っ  いま暴動が起っ  あいだに起っ  夜なかに起っ  血の道でも起っ  遠慮して起っ  みんなもばらばら起っ  豊吉はすぐに起っ  孫十郎も起っ  縄張り内に起っ  藤左衛門が起っ  女の起っ  徳はすぐに起つ  拝して起っ  後方にも起っ  宮方が起っ  一ト騒ぎが起っ  職業的興味は再び湧き起っ  手近かに起っ  爆声が起っ  衝動が起っ  其から起つ  物争いが起っ  面前で起っ  風雲が捲き起っ  縄張り争いが起っ  支那事変の起つ  低気圧が起っ  肉体に起っ  正成はすぐ起っ  随所に起っ  草莽より起っ  あとに起っ  九大工学部に起っ  二人も起っ  仁王立ちに起っ  藤吉親分が起っ  廊下に起っ  惣平次が、そそくさと起っ  小さなからだが、すうっと伸びて起っ  われ知らず起っ  気にいそいそ起っ  間違ひが起つ  邪念が起つ  称が起っ  油然と湧き起っ  一翼として、当然起っ  砂ぼこりの起つ  難題が起っ  火災がひんぴんと起っ  今出川には起っ  交渉が起っ  欠が起っ  刹那に起っ  恋愛事件が起っ  大寺家に起っ  声も後で起つ  兵革疫病が起っ  悲しみに重ねて起っ  底から濁りが起っ  それで起っ  形で起っ  対立して起っ  問題が常に起っ  二十歳前に起っ  出島に起っ  渦が捲き起っ  感覚が起っ  音がすればしたで、慌しく起つ  動悸が躍って、ほとんどいても起っ  気になって起っ  逆上して来て、もういても起っ  十太夫は起っ  奥へ起っ  会釈して起っ  静かに起っ  胸にうずまいて起っ  女は何時の間にか起っ  屹度悪いことが起っ  医師はすうと起っ  紛々として起っ  県都に起っ  殺人騒ぎが起っ  戦争が起つ  一目見ると直ぐにむらむらと起っ  事でも起っ  物音の起っ  呼鈴が続いて起っ  懸念さえ起っ  黒雲が捲き起っ  裏小路に起っ  斷間なく起つ  害が屡々起っ  教授が起っ  自ら分業が起つ  分業が起つ  声が震え起っ  前後左右に起っ  周囲に起っ  最中に起っ  此室内に起つ  室内に起つ  不幸の起つ  議論が起っ  頌歌が起っ  許宣はふらふらと起っ  大風が起っ  許宣は急いで起っ  身の上に起つ  家庭内に起っ  愛情が起っ  胸に湧き起っ  異変でも起っ  物音は当然起っ  通りに起っ  無理矢理に次に起っ  騒ぎが続いて起っ  奇蹟が起っ  歌が起っ  眩暈が起つ  大事件の起つ  日露戦争が起っ  根性がむらむらと起っ  災難が起っ  二階で起っ  愛欲が湧き起っ  養父は起つ  手帳をめぐって起っ  ホテルで起っ  心に描いて、ほとんどいても起っ  リュウマチも起っ  風眼とが同時に起っ  標榜して起っ  リウマチスが起っ  海から起つ  病気でも起っ  鉢合せが起っ  ことに起っ  村からどう起っ  官兵衛の出たすぐ後で起っ  隣室に湧き起つ  つぶやきが低く起っ  もっと遅れて、起っ  直後に起っ  反抗的に起っ  慾ばった考が起っ  微風が吹き起っ  退却するまでに起っ  想像がふと起つ  殺戮の起っ  ベルセネフは起っ  一時代早く起つ  意味からもつづいて起つ  助は、つづいて起つ  変動が全く起っ  変動が全く起つ  地をゆるがして起っ  興味は起っ  中に湧き起つ  附随して湧き起つ  いろいろ騒動が起っ  それが、新しく起つ  方面に起っ  梶には起っ  梶に起っ  面倒で起っ  心中に起っ  さがうすうすともみ起っ  ことがしばしば起っ  ツト、起っ  短期間に起っ  変死の起っ  博士が、やがて起っ  死はどうして起っ  中毒で起っ  死の起っ  海嘯の起っ  念がむらむらと起っ  動きが起っ  睡眠中に起っ  いが起っ  戦慄が湧き起っ  充実すると同時に起っ  資本主義経済恐慌によって起っ  いつの時代に起っ  煙の起っ  波風が起っ  何かごたごたが起っ  蔭から捲き起っ  剣を撫して起つ  ヒステリーが起っ  大都市で起っ  さが起っ  村から、どう起っ  習慣の起っ  俗話も起っ  焦慮が起つ  咳が起っ  机を起っ  フット疑が起っ  逆上が起つ  回想から起つ  ボヤも起っ  箸を措いて起っ  烈震がまた起っ  伝説も起っ  称号が起っ  火の起っ  方へ起つ  百々子が起つ  軍隊が起つ  浪が起つ  待遇問題が起っ  比較心が起っ  浪が起っ  油然と起っ  悪病が起つ  拒絶したから起つ  篠田は起つ  年月、に起っ  摂関政治の起っ  民間に起っ  論議が起っ  ここに起っ  偶然に起つ  蒙古が起つ  方から起つ  破局が起っ  毎秒ごとに起っ  蘆溝橋に起っ  ことが、実際にしばしば起っ  中では起っ  声で、起っ  ようにして起っ  衷心に起っ  心は、突然起っ  勢で起っ  店内で起っ  つぶやきが起っ  必然的に起っ  心持が強く起っ  癖の起っ  親子喧嘩などまでしばしば起っ  ばっかりに起っ  心に巻き起っ  泣きが起っ  病が到底起つ  惨事が起っ  集會で起つ  裏口から事件が起っ  探偵事件が起っ  方面で起っ  感慨も起っ  城内に起っ  退潮と共に起っ  盲目的信仰より起っ  痙攣が起つ  痙攣も起つ  列車と共に起っ  病氣に疲れて、起つ  後土佐画の起つ  混雑が起っ  開墾事業が起っ  違いが起っ  事件でも起つ  間から自然に起っ  身近かにも起っ  声さえ起っ  私ゃ居ても、起っ  思い、思わず起っ  みずから促したるまで、恐れて起つ  下山事件が起っ  応酬が起っ  便乗して起っ  肩にかけて起つ  座に復したが、代って起っ  歎声さえ起っ  演壇に起っ  引力に依って起っ  詩壇に起つ  破綻の起つ  考へが又起つ  半途に起つ  誤解が起っ  アメリカ独立戦争が起っ  聯関して起っ  此から起つ  千葉県下に起つ  住地で起つ  箸を投じて起つ  室にも起っ  其時事件が起っ  名から起つ  大倭根子天皇の起つ  曲芸が起っ  文芸界に起っ  近年ロシヤに起っ  理想が起っ  幕末に起つ  拍手が起つ  声が湧き起つ  友仁はもう起つ  ことが実際起つ  奇妙な出来事が起つ  欧洲戦乱がまき起つ  経験修錬、渦まき起っ  うちに吹き起っ  対抗して起つ  競争が起っ  一敗また起つ  難問題が起っ  兄妹の起っ  河豚だと聞くと、いきなり起っ  永遠に復た起つ  云つて席を起つ  己は起つ  噂も起っ  中旬でしたかに起っ  事ばかり起っ  もう少しは起っ  林檎樽から確かに起っ  名を変えたんで起っ  音声が起っ  砲声が起っ  轟然と起っ  好奇心がむらむらっと湧き起っ  夕風が吹き起っ  一番悪いことが起っ  不平が起っ  議諭が起っ  面倒の起っ  それまでに起っ  上船火事が起っ  船火事などの起っ  恋愛感情が起っ  題名が起つ  ものは起つ  磯吉はふいと起っ  鈴の音にまじって湧き起っ  合唱が起っ  競合が起っ  武士が起っ  議政壇上に起つ  ヨーロッパ大戦が起っ  懸念がすぐ起っ  山民間に起っ  中空へ湧き起つ  街道から湧き起つ  間近かに湧き起つ  下に起つ  俄にすさまじく湧き起っ  あやしいことが起つ  尋いで起っ  部屋をひき裂かんばかりに起っ  空間に起っ  愛念が起っ  中気が起っ  ひらひらと起っ  硯友社の起つ  群雄四方より起つ  悪心が起っ  エライことが起っ  吉良は、黙って起っ  痙攣は度々起っ  間にさえ起っ  減俸が起っ  張りがわき起っ  陶も起っ  陶は起っ  足もとがふらふらとして起っ  ことが、いつも起っ  混合は、これから起っ  里心が起っ  傍から湧き起っ  急激に起っ  何事か湧き起っ  変異が起っ  街で起っ  杉に触るといつも必ず起っ  上海事変が起っ  増はまた起っ  なかにも起っ  中江桂一郎に起っ  火の起つ  ここに湧き起っ  足羽山移住と、並び起つ  矛盾も起っ  侮辱である社会現象が起っ  姿で起っ  革新運動が起つ  ことで起つ  風呂敷を卷きつけて見たが又起つ  悲劇の起っ  一時にわき起っ  自然に起つ  興味が起つ  大正二年革命の起っ  主催者が起つ  いつでももうすぐ起っ  不愉快が巻き起つ  蒋運動が起つ  岸から銃声が起つ  一隅で突然起つ  後に起つ  階段に起っ  異議が起っ  かんしゃくが起っ  情がむらむらっと起っ  問題として起っ  上にまき起っ  別世界に起っ  私にも起っ  考えが起っ  希望が起っ  金持が起っ  実業家が起っ  彼らはいくら起っ  事業も起っ  党派が起っ  共和国の起っ  私にもたびたび起っ  勇気が起っ  迷信邪教が起っ  唸り声が起っ  気持ちが、ふっと、然し徐々に根深く、起っ  迷ひが起つ  何処にも起っ  家に起つ  畏敬せしより起っ  畏敬するより起っ  馬占が起っ  連続して起っ  遠くで騒がしく起っ  巷に起っ  心得違ひから起つ  代に多く起っ  貴人あり、起っ  藻がまずおどろいて起っ  千枝松もつづいて起っ  そこを起っ  真昼時に起つ  眞晝時に起つ  俚言が起っ  事が突然起っ  其、突然起っ  彼等に起っ  興奮して起っ  経済社会に必ず起つ  旋風が捲き起つ  男が起つ  風はさっと起っ  門前で起っ  自然と起つ  師範が起つ  其延長として起つ  賊乱が起っ  こちこちまた起っ  微笑しながら起っ  いふ事が起つ  激変が起っ  それは、ほとんど突然起っ  老人が起っ  事柄が起っ  願が起っ  問題となって起っ  変動は起っ  弁護にも起っ  灯を入れに起つ  磯五は、起っ  病後衰弱甚しく未起つ  問題は起っ  波は起っ  思索が波打って起っ  決然として振い起っ  邊りに起つ  推移も起つ  實際に起つ  変事の起っ  家に起っ  ほとりに起っ  ほとりに起つ  楓は起っ  頼家は起つ  五郎も起つ  桂もつづいて起つ  楓は起つ  夏、起つ  考が起っ  心には起っ  自分は飛び起っ  酔に任せ起っ  情慾がわき起っ  意に満たないと坐ても起っ  内に二度と再び起つ  決心で起っ  嵐が捲き起つ  つけに起つ  気軽に起つ  云つて座を起つ  いふ議論が起つ  裁判所に起つ  母さんは起っ  藩中に起っ  もう少し家庭内に起っ  誰も起っ  部屋へ起っ  湯を汲みに起つ  蝉時雨が起つ  地上から起つ  幹から枝から起つ  時何處より起つ  孤立して起つ  兩側に起つ  何處からか起つ  山蔭からわめき起つ  背後から起つ  狙つては起つ  玄關で起つ  反抗心が起っ  反動心が起っ  反動が起っ  からあとから湧き起っ  のですから、そして新しく起っ  内部に起っ  呼び声が起っ  呼応して起っ  シヤツクリが起つ  巳はついと起っ  町はもう起っ  鶴は起っ  揉あげは起っ  半ちゃんはずいと起っ  松山は起っ  岡本はいきなり起っ  岡本はまた起っ  杉はおどおどと起っ  半ちゃんがいきなり起っ  半ちゃんは起っ  ちょっと好奇心が起っ  やっとこさと起っ  庖厨に起っ  筍をおいて起っ  たかふいと起っ  体を浮かしたが、さすがに起っ  杉はふいと起っ  近代に初めて起っ  中間に起っ  時ほど強く起っ  正面に起っ  神経が起っ  破裂が起っ  死ぬ気が起っ  疳癪が起っ  闘いがさけがたく起っ  お蔭で起っ  偶然の起っ  用が起っ  ここ三四年来捲き起っ  時間をへて必ず起っ  中から、起っ  いまに起っ  純粋小説論の起っ  疑惑が起っ  心頭を衝いて起っ  前九年の役が起っ  合戦が起つ  嵐が巻き起つ  心にひきつづいて起っ  問題さえ起っ  発疹チブスが起っ  轟音が起っ  那ことが起っ  陣痛が起っ  から疳でも起っ  心に起つ  傾向が再び起っ  いつでも起っ  経済的窮乏に陥つて、再び起つ  あなたに再婚問題が起っ  日露戦争以後に起っ  我々は起っ  自分たちが起っ  叱声の起っ  気は毫も起っ  中毒が起っ  直覚が起っ  そこに突如として起っ  背後に突如として起っ  地球上でまざまざと起っ  地球上に起っ  近年異変が起っ  先生なにごとが起っ  非常事件が起っ  生活に起っ  困難が起っ  一九二一年に起っ  近頃神田に起っ  支障が起つ  生涯に起っ  下界に起っ  異常が起っ  異常は起っ  時代に起っ  音変化が起っ  音に起っ  裏切が起っ  ゼムリヤ号事件の起っ  何事も未だ起っ  新聞社にも起っ  ゼムリヤ号事件から続いて起っ  怪人集団事件が起っ  遭難事件に起っ  保護室で起っ  底から顫えが起っ  時代に、起つ  歌謡が起つ  つて、起つ  ところから、起つ  諺が起つ  中頃に起つ  非難が捲き起っ  勇敢に起っ  反抗心がむらむらと起っ  一大変事が起っ  海上において起っ  日本建国以来初めて起つ  波が湧き起っ  中に湧き起っ  満場から湧き起っ  二・二六事件が起っ  奥に起っ  争ひが起つ  国で起つ  異人たちから起つ  障害が起っ  カンシャクも起っ  ゼン息が起っ  際夏季中に起っ  饑饉が起っ  その後に引きつづいて起っ  内心に新しく湧き起つ  プラーゲ旋風は起るべくして起っ  それにつづいて起っ  耳もとで起っ  囃子が起っ  一件も起つ  大嵐が起つ  漣が起っ  眼に起っ  家鳴りが起つ  夜中反乱が起っ  それから氏に起っ  気もちさえ起っ  火が起つ  二重衝突が起っ  波のチラチラが起っ  其次に起つ  胴ぶるひが起つ  叫び声が起つ  十八世紀に起っ  情熱が起っ  感情が、たびたび起っ  考えが、たちまち起っ  感情が、起っ  八月はじめに起っ  家で起っ  災難でも起っ  たしかに変化が起っ  不満の起っ  感情に起っ  願いがむらむらと起っ  アイルランドで起っ  西から激しく吹き起っ  恐れが起っ  悲鳴がまた起っ  出来事に続いて起っ  ちやんと起つ  弟はおとなしく起っ  扇を持って起っ  今頃突如として起っ  腹痛でも起つ  後世安楽を信じて惑わず、更に起っ  心配事が起っ  どこかで起っ  風波が起つ  明らかに起つ  手紙も読みさしで、しぶしぶ起っ  連続地震が起っ  悪戯心が起つ  Pergamonに起つ  力士一揆が起つ  百五十年より起つ  反抗して起つ  物音とが起っ  一點から起つ  人達が起っ  船内から爆発が起っ  あり得ないことが起っ  反響が起っ  とき、とつぜん、思いがけないさわぎが起っ  紛失事件が、同時に起っ  村に起っ  灯によって起っ  無限に起っ  次から次へと起っ  託児所として起っ  いくつも重なって起っ  町に起っ  二三畝どこからともなく起っ  囁き声が起っ  事態が起つ  號が起つ  感情が起つ  空想が起つ  方々に起っ  道中の、突如として起っ  嚠喨と、起っ  舟とに起っ  泣き声が起っ  帽子を握り締めて突っ起っ  奉天のパチパチが起っ  奉天にパチパチの起っ  仕事が起っ  クリミヤ戦争が起っ  周囲に起つ  事件でもが、また起つ  澎湃として起つ  間から起つ  文芸復興以後勃然として起つ  初秋に起っ  猿は起っ  考へは、屡起つ  爲に、起つ  日清戦争後に起っ  欲が起っ  懐古的気分が起っ  吾国に起っ  流派が起つ  それらの起つ  如何にして起つ  前後して起つ  機運が起っ  昭和六年に起っ  要求が起っ  提唱が起っ  四つも重って起っ  大火が起っ  雨風が起っ  名はこれから起っ  風雨が起っ  旋風が吹き起っ  死骸は起っ  上から黒雲が湧き起っ  悲劇の起つ  賊が起っ  イデオロギー的対立が起っ  底力のあるひびきが起っ  つむじ風がまき起っ  ことを得ずして起っ  文学的活動に起つ  変化も起つ  間違が起っ  顔を見ないと、起つ  偏重視するからして起っ  印象は起っ  矢つぎばやに起っ  各所に湧き起っ  土地に起っ  話し声が起っ  大洋に乗りだして起っ  職業意識が起っ  向うでも起っ  四角で起っ  ストライキが起っ  計画が起っ  知つてゐる、続いて起つ  気まぐれが起っ  大切なことが起っ  満蒙事件が起っ  哄笑は起っ  東京都内で起っ  話まで起っ  欲望が起っ  文字によって起っ  事など起っ  擾乱が起っ  飢饉時代に起っ  油断が起っ  山彦らしく巻き起つ  必要から起つ  室に起っ  觀念が起つ  笑い声が、どっと起っ  時ルーファスは再び起っ  時余りに起っ  考への起つ  それから其後にも起つ  奈良文献から起つ  結婚問題が起つ  中間に起つ  女はすうと起っ  居間に起っ  境は起つ  ふいに何処からともなく起っ  何処ともなく起っ  正義は起っ  パリーに起っ  センセーションが起っ  仲たがいが起っ  破綻が起っ  突拍子もなく起つ  調子で起つ  声の起つ  それは遠い向ふで起つ  ことは、起つ  神経痛が起つ  京都に起つ  勇気は起っ  支障が起っ  所に直ぐ起っ  一地方に起っ  町で起っ  之が起っ  元へ戻って来て、起っ  本統に強く湧き起っ  眩暈が起っ  破壊が起っ  涙が湧き起っ  ことであり、または起っ  音についで起っ  様に起っ  自由自在に起っ  隅に起っ  現場で起つ  幸は起っ  俊は黙って起っ  俊は起っ  生一本で起つ  近くにも起つ  わたしに起つ  印象の起つ  佛蘭西に起つ  感知して起つ  いふ所から起つ  機運が起つ  慟哭して起つ  島原の乱が起つ  ほかで起っ  モルガン根引きばなしが起っ  代りに起つ  决して坐を起つ  生活に迫って起っ  念が頻りに起つ  いままでにまったく起っ  それから必ず起っ  注意もひかないで、起っ  退廃とが同時に起っ  杯を持つて起つ  杜陽はふらふらと起っ  声がまた起っ  欲念が起っ  為めに起っ  競争戦場に起っ  事故が起っ  機会に起っ  座付き役者から物議が起っ  遠慮が起っ  風が一しきり渦巻き起っ  まわりに起っ  破滅が起っ  捫着が起っ  慾心が起っ  わたくしは起っ  境内で起っ  排泄作用が起っ  灰が起つ  家内工業として起っ  根元から起つ  事等から起つ  言葉が起つ  近来とんと起っ  心持の起っ  卒業すると間もなく起っ  働らき出したが、起っ  一人残っていたい思さえ起っ  変でも起っ  神経の起っ  用事が起っ  暖かい火が起っ  妄想が起っ  亡霊達が起つ  つて漸く起つ  感情が湧き起っ  人影が起っ  人に先んじて起つ  要望が起っ  土神に起っ  婦人が起っ  支那街に起っ  下から起つ  断続して起つ  念が強く起つ  桐に対して起つ  言ふ僻みも起つ  念も起つ  風がさつと起つ  感慨が起つ  きゅうに起っ  感が起っ  禁断症状が起っ  方でどつと涌き起つ  友人たちのうへに起つ  諸方に起っ  突つ起つ  一時的なゆるみが起つ  明治四十三年八月に起っ  挿話が起つ  片隅に起っ  最中に突如として吹き起っ  ますます強く起っ  出来事の起つ  示威運動が起っ  一人も起つ  笑聲がわつと起つ  途中に起つ  名の起っ  地方に起っ  二箇所ばかりで起っ  気持は当然起っ  ほどかんしゃくが起っ  気持がむらむらと起っ  予覚が起っ  述懐が起っ  会談中に時々起っ  感じが強く起っ  咄嗟に起っ  歇私的里の起っ  胸を衝いて起っ  場合も時には起っ  風波の起っ  間際に起っ  理窟なしに起っ  司法官内部に起っ  司法官内部に起つ  繁みから銃声が起っ  晩に起つ  強風が吹き起っ  歎きの声が起っ  吹雪の起つ  陛下、起つ  ぢや、起つ  心持も起つ  爭ひが起つ  中にも起つ  何も起つ  誘惑が起つ  いふ誘惑が起つ  周圍から起つ  奇蹟が起つ  四方から起つ  ざわめきが起つ  動乱が起っ  至つて乱が起つ  考えの起っ  南面して起つ  嶮しく起つ  ところに起つ  乱の起つ  下に置くなり起っ  此時油然として起つ  ことが正しくて、起っ  まちがいが起っ  内部で起っ  彼女に起っ  ふうにして起っ  これまで起っ  使者侮辱事件が起っ  何ごとかが起っ  場合に起っ  ことが、とうとう起っ  あいだにすでに起っ  形をとって起っ  理由からそれが起っ  ものなら、きっと起っ  突風が、吹き起っ  預言者が起っ  出来事が次々に起っ  事が引き続いて起っ  津城主藤堂家領地に起っ  結果はどうして起っ  先刻自分に起っ  のが続いて起っ  まわりで起っ  地辷りが起っ  ここかしこに起っ  落盤が起っ  疑心暗鬼が起っ  二度ほど起つ  はいられないので、ふらふらと起っ  向うにごたごたが起っ  うかうかと起っ  しずかに起っ  十吉は起っ  彼女はついと起っ  綾衣は起っ  さまに起つ  何處より起つ  下から吹き起っ  心もちが起っ  虫でも起つ  彼女はぷいと起っ  留守に起つ  事実の由って起っ  処々で起っ  場合にきっと起っ  娘殺し事件が起っ  ウチで起っ  迫害が起つ  百姓一揆が起つ  都度奇蹟が起つ  法廷で起っ  町で湧き起っ  癇癪が起つ  彼女が、起つ  病氣が屡起つ  笑止しな出來事が起つ  部分に起っ  手仕事が起っ  日本染織界に起っ  磁器はかくして起っ  船長は、やおら起っ  洋箸を放り出して起っ  中に直ぐ起っ  んだから、居ても起つ  突発的症状が起つ  ことが次々に起っ  乙が起っ  行為として起っ  声が巻き起つ  からんで起っ  欲心が起っ  一揆の起つ  倒錯が起っ  なかに既に起つ  里子運動が起っ  間にも、起っ  朱実は起っ  度に起っ  話家が、起っ  限り必ず起つ  ますが、しかし、起つ  凜然と起つ  修験者はそっと起っ  相続いて起っ  感電騒ぎが起っ  灰にされて、また起つ  癖が起つ  うつし、起っ  場合には、猛然と起っ  宮本村に起っ  留守中に起っ  女房はぷいと起っ  内乱ばかり起っ  虫が起っ  彼にどうして起っ  暴行が起っ  乱れが起っ  仏蘭西ではまだ起つ  欧洲戦争が起つ  我日本に起つ  練習艦隊内に起っ  日中戦争が起っ  各所に起っ  目前に起っ  飛行島内に起っ  昨夜二階で起っ  北軍敗れてふたたび起つ  相手に、起つ  ましく、我がと名乗って、起つ  雲すでに起つ  癇が起っ  中から裏切でも起っ  必然に起つ  結果が起っ  問題の起っ  憤然と起つ  筑紫に起つ  杖に起んとしてはまた坐り、坐らんとしてはまた起つ  内乱の起っ  胸一ぱいに湧き起っ  さに堪えぬ、起っ  却つて進歩的時代に起つ  背後からケタタマシイ爆音が起っ  貰いに起っ  草むらから不意に起っ  事も起っ  座に起っ  武蔵は起っ  恰度惨劇の起っ  世良田事件は起っ  奮発心も起っ  状態で起つ  反響として起っ  暴行事件が起っ  リューマチが起っ  差別の起っ  事実を知らしめ、一方その由って起っ  相違が起っ  関東に起っ  涼しいが故に起つ  便利一つで起つ  奮ひ起つ  先きに起つ  位置に起っ  位置顛倒が起っ  デカルトに起っ  信頼から起つ  東帝国の起っ  歡迎會席上で起つ  凍上の起っ  不便が起つ  噂が起つ  支那滯在中に起つ  場合はもうどうにもこうにもならない、居ても起っ  あたふたと起っ  腰掛けを起っ  哀愁が起っ  何処からか起っ  想像が起つ  暴風の起つ  馬鹿戦が起っ  心配事でも起っ  ペテロに起っ  ジンタがまき起っ  つぎからつぎに起っ  笑声がどっと起っ  世には起つ  結果、起っ  私は直に起っ  想念が湧き起っ  追憶が起っ  胸は湧き起つ  下男は起っ  今日工場に起っ  婆さんが起っ  自信が巻き起つ  悲しみが巻き起つ  それゆえにこそ、といって起っ  機に起つ  気が起つ  気持も起つ  騒動が起つ  事さへ起つ  下駄を持って起っ  女もすうと起っ  そこにも起っ  変動が起つ  感じが起つ  事件が相ついで起つ  分野に跨って起っ  事件が相ついで起っ  たきが起つ  反感の起つ  夢殿に起っ  脱臼まで起っ  題が起っ  生理が起っ  夢殿内に起っ  還流が起っ  観念が起っ  収縮が相次いで起っ  哄と起っ  方面に起つ  状態が起つ  爲に起つ  影響を受けて起つ  料簡の起っ  自己批判が起っ  広汎に起っ  ヒステリーの起っ  隣村で起っ  重大事件が起っ  爆発の起っ  一大閃光が起っ  ことが、実は起っ  競馬場で起っ  室で起っ  日華事変の起っ  無量に起っ  大事件でも起っ  床屋で起っ  種が起っ  時間に起っ  差別が起っ  面に起っ  自生的過程によって起っ  法則によって起っ  移動の起っ  作用によって起っ  散逸がいかにして起っ  拍手がまき起っ  当初賤民の起っ  人形遣いの起っ  事件が引き続いて起っ  両部神道が起っ  状態に行われていたかと申すと、その最も著しく起っ  たびに起っ  ように捲起っ  不安が起っ  要求の起っ  指に起っ  関係で起っ  趣意で起っ  なにごとか起っ  現象までが起っ  情が、むらむらと湧き起っ  叢に起っ  尿意が起っ  大事件の起っ  年増はもう起っ  神遊びよりも遅れて起つ  時代に、新しく起つ  道具を片附けてしまって起っ  ランプを吹き消して起っ  お初が起っ  黒田藩に起っ  サザメキが起っ  胴間声が起っ  それから何が起っ  管轄内で起っ  キザシも起っ  かえるように起っ  それからそれへと起っ  意気で起っ  調停に起っ  足も起つ  間題が起っ  たましい叫びが起っ  佐伯の激しい啜り泣きが起つ  雷鳴が起っ  真下に起っ  戦争まで起っ  鑛毒問題から起つ  偽装殺人事件が起っ  騒音が起っ  それはあんまりちかごろ起っ  ワラカエ国が起っ  キザシは決して起っ  ザワメキが起っ  ヒマもなく起っ  結果に起っ  衝撃的に起っ  一瞬に起っ  音が、同時に起っ  現れに応じて起っ  ザワメキに応じて起っ  読経が起っ  一団から騒ぎが起っ  支那事変が起っ  人に気づくと、突然湧き起つ  澎湃として起っ  二件はひきつづいて起っ  東京に起っ  午後六時以後に起っ  時信全作に起っ  事故の起っ  興行が起っ  半年に起っ  作はいきなり起っ  ことなんぞ起っ  男は心得てすぐに起っ  事が、実際は起っ  気持がふっと起っ  嫉妬が起っ  名がどうして起っ  堀口も起っ  袂を払って起っ  ように飛び起っ  奴が起っ  哲学的趣味も起っ  悪心の起つ  間違ひから起つ  今回芳川家に起っ  それは新しく起っ  明治年間に起っ  哲学の起っ  哲学も起っ  芸術が起っ  主張が起っ  言ふべく起つ  我家に起っ  なにごとかが起っ  痛みが起っ  祖母ちやんは、忽ち起つ  肝が起っ  トふわりと起っ  黙阿弥はむっとして起っ  怪異が起っ  これは、すぐ次に起つ  欲望が起つ  事柄が起つ  次から次へと続いて起つ  不幸が起つ  不幸が突然起つ  悪いことが起つ  排斥が起っ  のが起つ  二に起つ  氣の起つ  海陸に起つ  制度が起っ  拍手が巻き起つ  念から、起っ  分裂が起っ  鬨の声が捲き起つ  近代劇運動につづいて起つ  状勢から起つ  処々に起つ  いつの日か決然と起つ  気持ちは起っ  中心に起っ  人人に起っ  気持ちが起っ  それに起っ  これはいずれ必ず起っ  機運とによつて起つ  携へて、巻き起つ  くして起っ  接触電気が起っ  電気が起っ  学説が起っ  咳嗽が起っ  静養で再び起っ  変化が本当に起っ  短期間に実際起っ  考慮が起っ  擺動が起っ  事例が起っ  過剰により起っ  何となく力なげであったが、起っ  不作は起っ  人口減少が起っ  いずれかによって起っ  原因が起っ  確かに起っ  己で起っ  むづかしい問題が起つ  有機的改良が起っ  アメリカ合衆国全体を通じて起っ  何も起っ  これがなければ起っ  芝居に対して新しく起つ  うちに突然に起っ  じい大爆音が起っ  ぼやでも起っ  革命がどうして起っ  様な心から起っ  不平まで起っ  王は急いで起っ  つもりで、始終起っ  祈りとが起っ  腫脹が起っ  身上に起っ  どよめきが湧き起っ  たかえといいながら起つ  特にそれが親しければ親しいだけに強く起つ  夜中に起っ  靄がまき起っ  轟音が捲き起っ  俗伝の起っ  恋より起っ  大波が起っ  心さえ起っ  怒号が起っ  神経痛が起っ  そもそもいかにして起っ  必要頻々と起っ  それが強く起っ  説が起っ  一揆の起っ  凶変の起っ  憤慨心も起っ  傾向派などが起っ  俳人として起つ  吸ひて寝つ起つ  疾風が吹き起っ  あれが起つ  悲しみでも起っ  話があんまり早く起っ  於いても起っ  過去に起っ  次から次に起つ  地滑りが起っ  暴風雨が起つ  降誕から洗礼祭までに起っ  明日大地震が起っ  もっさりが起っ  風習さえ起っ  事実この世に起っ  小屋から巻き起つ  咳払ひが起つ  けいれんが起っ  むほん気が起っ  事にふれて起っ  惨事が起つ  心理上に起っ  ことが度々起っ  法華経に起っ  苦労が起っ  一村から起つ  気さへ起つ  不安も起つ  つて眺めてゐる、起つ  池田屋事件が起っ  辺から火事が起っ  波が起っ  風がまき起っ  人道主義運動も起っ  一人残らず起っ  国を背負って起つ  まさか後に起っ  十一時五十八分に起っ  異様が起っ  火の手が起っ  世界大戦争が起っ  時ふらふらと起っ  ゃんとしてものをよみたい気も起っ  火事の起っ  過程に起っ  盛んに起つ  必しも起つ  争論が起つ  事件は突如として起つ  室内に起っ  これで起っ  寒い朝火の起っ  少年組寄宿舎増築問題が起っ  文芸的論争が起っ  大小作争議が起っ  波が起つ  瞬間、やにはに起つ  誰一人災難が起つ  或る女学校に起つ  氣も起つ  用が起つ  日に起つ  自己と起っ  一斉に起つ  フランスで起つ  疑問はいくらでも起つ  つて新劇が起つ  響が起つ  憧憬がつよく起っ  国で起っ  あとで起っ  今日初めて起っ  部屋で起っ  住居で起っ  ずっと前からじっくり起っ  場合さえも起っ  頭上で起っ  幾人か、起っ  つむじが起っ  心配して起っ  京都に起っ  家は悉く新しく起つ  度會家行などから起つ  一般に起つ  大量的北部移動が起っ  そこから不幸が起っ  反抗心が湧き起っ  説明が起つ  錯覚が起つ  浄瑠璃の起つ  強直が起っ  強直がすぐ起っ  横町で起っ  兇事が起っ  肱につかまって起っ  人声がわき起っ  何か、起っ  大事が起っ  心配でも起っ  強盗事件の起っ  幾つも起っ  そこに起っ  結晶作用が起っ  墨子が起つ  説も起つ  その後に起つ  云つて便所に起つ  独り席を起つ  同情のささやきが起つ  皆席を起つ  上叛逆人が起つ  床几を起つ  器械的に起つ  工場が起つ  米屋こはしが起つ  日突然起っ  気の起っ  後、起っ  私はよく起っ  兄は起っ  猜疑心がまた起っ  時はふいと起っ  慥に起つ  伊達政宗が起つ  うちで好かったと思いながら、すぐに起っ  雲の叢り起つ  眞實に起つ  大地震でも起っ  泉君はすぐに起っ  反抗心が起つ  必然的に起つ  場面で起っ  雲が起っ  争いからごたごたが起っ  風でも起っ  奥羽に吹き起っ  ときに、よく起っ  城東で起っ  油倉庫に起っ  病がムラムラと起っ  引切りなしに起っ  後から後へと起っ  喚声が起っ  声とが入り交って起っ  胸がしくしく痛んでいても起っ  風一陣どっと起っ  それは古く起っ  万葉熱の起つ  古代精神の起つ  国民性の起つ  国民性も起つ  蕩して起つ  蹈みしめて起つ  考も起つ  一頭も残らず起っ  蕩して起っ  草鞋を踏みしめて起つ  其間に起つ  其が起つ  相手に起っ  疑念が、ふいと起っ  宮方となって起つ  一椿事が起っ  異状が起つ  事実が起きて、次いで起つ  頼朝が起っ  源氏が、こぞり起っ  担当者として起っ  頼朝が起つ  発売禁止後に起つ  大震災が起つ  何か起つ  戦波はまき起っ  肥前島原地方に起っ  陣の起っ  越前浄教寺に起っ  願望がはげしく起っ  分割を信じて居たから起つ  争が起っ  小女は起っ  日本に起っ  吠声が起っ  屋敷で起つ  争が起つ  様相として起っ  間から一種のどよみが起っ  戦でも起っ  手拍子がわき起っ  俄かに座を起っ  前をついと起っ  からざることが起っ  悶着が起つ  風が突然に吹き起っ  變事が起つ  ビラによって起っ  食糧困難が起っ  あっちこっちに起っ  拍手が湧き起っ  少年時代には同時に起つ  事でごたごたが起っ  鳥のおどろき起つ  気だけは起っ  説も起っ  変遷に伴って起っ  持病の癪気が起っ  変に思ってすぐに起っ  難儀が起っ  不安がむらむらと起っ  因で起っ  気流が起っ  環状歩行が起っ  犯人脱出後に起っ  中風性麻痺が起っ  麻痺の起っ  ため、起っ  鐘楼に起っ  振動が起っ  鐘に起っ  言葉の起っ  あるかのように起っ  あるかのやうに起つ  微かに吹き起つ  車来たりぬ、起つ  男甲、渋々起つ  法律違反問題まで起っ  喧嘩でも起つ  たきが巻き起つ  病が起つ  観客席に起っ  喧嘩も起っ  暮方に、突如として起っ  聲がどつと起つ  結果が起つ  凶事が起つ  拜殿から起つ  醗酵は起つ  いふ風が起つ  所に起つ  ドイツが起つ  當然戰波は起つ  議が初めて起つ  政變が起つ  猛烈に、起っ  タアオンで、起っ  旺然として起っ  表面から湧き起っ  痲痺が起っ  火もよく起っ  故障も起っ  内紛が起っ  戦争はどうして起っ  ようにきょとんと起っ  新吉は起っ  木共はこれから起っ  木どもは、これから起っ  人肉事件が起っ  ざらに起つ  足音が起つ  気疑いが起っ  近くなったりして起っ  耳辺に起っ  翌年三月十八日に起っ  彼に起つ  心持が強く起つ  叫が起つ  説明せんとして起つ  要求より起つ  前衛として起っ  熾に起つ  金佛から起つ  警察署内で起っ  中からケタタマシイ叫び声が起っ  ドッと渦巻き起っ  囁が起っ  盛に起っ  津浪が起っ  



前後の言葉をピックアップ
怠れ  怠ろ  興っ  怒っ  起こっ  熾っ  オコツイ  オコツテ  御事  オコト


動詞をランダムでピックアップ
連れ出し逸らす入り乱れひしめき合う振り絞っ走ら磨こ打殺さ申しつけるほりさげ難ぜ死に果てる酌み交わしうちきり負ぶさり馴し競り上げるだきおこしおもいあわせ奮い起こす
形容詞をランダムでピックアップ
狂わしかっそこはかとなくなまめかしゅう初々しい甘ずっぱい気高かっなく心地好く塩辛かっとめどない用心深清けき思いがけなみにくい丸う生ぬるいなれなれしくいとわしき気まずうふとく