「読ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 読ま[動詞]
のだから、読ま  判決例を読ま  校長の読ま  これも読ま  あれを読ま  菊池寛が広く読ま  出版物は広く読ま  作家が広く読ま  方向で読ま  方で読ま  きれいなほうを読ま  本でも読ま  文字が読ま  男に読ま  ところはあるが、面白く読ま  とあるを未だ読ま  一冊も読ま  十枚ばかり読ま  ファウストを読ま  偶之を読ま  のを読ま  現実と読ま  新聞を読ま  しかも読ま  面白い、読ま  新聞だけは読ま  人に読ま  もっと沢山読ま  手紙を読ま  変化を与え、面白く読ま  作品は、面白く読ま  EscalVigorを読ま  全部を読ま  十頁とは読ま  一巻を読ま  詩を全然読ま  一巻をも読ま  殆ど何も読ま  ものを読ま  本を読ま  彼女は少くとも読ま  それは読ま  セラフィモヴィッチなんか読ま  文を読ま  兄は読ま  一部分より読ま  明かに読ま  人々だけに読ま  書を読ま  さらにの意に読ま  意に読ま  人々に読ま  間に読ま  人々に広く読ま  人に対しても読ま  何も読ま  相手から読ま  顔を近づけねば読ま  文句が読ま  両方になる、但しいかけしないでも、読ま  経も読ま  それを読ま  頁で読ま  書物を読ま  妹に読ま  いくつか読ま  書物も読ま  小説ができあがったら、読ま  私が読ま  心などで読ま  あなたが読ま  雑誌でも読ま  コンピューターに読ま  千回は読ま  小説本など余り読ま  記事を読ま  通俗性、読ま  現代語で読ま  言葉を読ま  思想として読ま  原書で読ま  知識とは分らせ読ま  知識を面白く読ま  知識は読ま  作品が読ま  近頃はあまり読ま  内容を知っておっても読ま  小説を読ま  文献をかなり読ま  背景として読ま  恐怖とを以て読ま  皆相当に読ま  読者に読ま  ものばかり読ま  一人静かに書を読ま  本の読ま  本は読ま  日本でもあんなに読ま  次から次と読ま  作家たちの読ま  心底を読ま  つもりで読ま  面白さうだ、が余り短いので読ま  間で読ま  部分と読ま  小説は読ま  軍事官報を読ま  一般に読ま  愁と読ま  人に読ませたら、おそらく読ま  数行を読ま  一冊の本さえ読ま  論文を読ま  これらの広く読ま  傾向によって読ま  後に、読ま  樹蔭へたずさえて行かれて読ま  えりに読ま  本として読ま  裏に、ありありと読ま  新刊小説を読ま  何かまだ読ま  切銘が読ま  丁寧に読ま  緑雨だけが相変らず読ま  日記を読ま  まりひろく読ま  尊敬を以て読ま  お前に読ま  御用聞に読ま  葉の読ま  貴様も読ま  鉄拐屋と読ま  遺書を読ま  例証として、最も多く読ま  大衆にとって、買って読ま  片っ端から読ま  誰に読ま  評論集は読ま  本当らしく読ま  丹念に読ま  伝奇小説を読ま  翻訳ではあっても、相当読ま  のは、読ま  から、読ま  自由に読ま  角読む読ま  出版され又読ま  ジャーナリスティックによく読ま  蔵書である英文学書すら読めもせず、読ま  んだが、勿論読ま  場では読ま  その後で、まだ読ま  猟奇趣味で読ま  豊隆に読ま  鼻毛を読ま  墓前に読ま  書物は読ま  ダンテとを読むと読ま  多読も読ま  ためにしみじみと心して読ま  英雄として読ま  ことを話したり、読ま  同胞に読ま  小説を好んで読ま  から人間に読ま  行つて本を読ま  のと読ま  調書も読ま  調書まで読ま  横文字をも読ま  書物をも読ま  人に喜んで読ま  無理に読ま  上にどっしりとおいて読ま  著作も読ま  広汎に読ま  註解本をもつて読ま  どちらも読ま  そんなら読ま  物を読ま  一人なりに読ま  読み方なら、読ま  ことは読ま  カントを読ま  新刊書なども広く読ま  本、読ま  伝説はいま読ま  仁王法華心経を読ま  文章はおそらく読ま  生活そのものによって読ま  同感され読ま  布令を読ま  古典はやはり読ま  紙面をふさぎ、よませなければならないのに読ま  作品としては読ま  人には、そうとう読ま  新聞も読ま  探偵小説を読ま  読者の既に読ま  何人も読ま  古典として、読ま  前で読ま  機械に読ま  機会を与えられず、広く読ま  人々には読ま  束を読ま  電子本は読ま  大衆に読ま  経典の如く読ま  新聞は読ま  一方はどうしても、さうは読ま  柱が読ま  原稿を読ま  聖書を読ま  所有されており、広く読ま  涙なくして読ま  今日一日何も読ま  本など読ま  作品を読ま  事実私は読ま  作者が面白く読ま  他人に読ま  やうだが、出たら読ま  翻訳を読ま  原語で読ま  ふりがなをつけて読ま  殊に外国文を読ま  五百行も読ま  通しに読ま  ものは読ま  発表し、読ま  表現し、読ま  日本で読ま  だに善くはえ読ま  数をとばして読ま  ために読ま  アメリカ人に読ま  ジャック・ロンドンが最も多く読ま  逆に読ま  童話を読ま  ものも読ま  全然何も読ま  容易に読ま  小説なぞはあまり読ま  翻訳されて読ま  否応なく読ま  本なんか読ま  会合、読ま  集りでも読ま  活字は、読ま  四方太と読ま  姿が読ま  屹度誰かに読ま  テーブルで読ま  人々にも読ま  解説は、もし読ま  後に読ま  D.I.C.と読ま  ディッキンスは読ま  形跡が、読ま  サンギヨウスイギヨウとも読ま  集団である事は、読ま  声を出して読ま  経でも読ま  二つしか新聞を読ま  文学作品を読ま  気持で読ま  新聞なんか読ま  言ふが、読ま  訳文を読ま  表情に読ま  木村に読ま  冊文を読ま  草稿にしたがって読ま  其を読ま  ものもあったが、読ま  経文を読ま  観音経を読ま  為め書物も読ま  終りまで読ま  程度にまで読ま  平西都督驃騎将軍司馬懿と読ま  ことばが読ま  原文で読ま  作品にくらべて、読ま  しまいを読ま  本が訳されて読ま  通俗小説でなくっちゃ読ま  小品も読ま  経を読ま  すべてを読ま  ほんとうは読ま  数を読ま  古典として読ま  人によって読ま  人々によって読ま  後世のものでもまだ読ま  近頃は余り読ま  横文字を読ま  窮理書を読ま  歴史を読ま  歌は読ま  誰も余り読ま  近頃広く読ま  女は相変らず読ま  雑誌一冊でも借りて読ま  余り参考書を読ま  参考書を読ま  中にも読ま  充分に読ま  三二年テーゼを充分読ま  注意して読ま  彼に読ま  彼に指し示して読ま  うちで最もひろく読ま  まま奇妙に惹き付けられて読ま  小説も読ま  戯曲はあんまり読ま  小説もあんまり読ま  憮然として読ま  人の読ま  一本を読ま  頭で読ま  蔭で読ま  表情が読ま  鶴村に読ま  妾にも読ま  ものではなく、よくも読ま  三分の一も読ま  あとを読ま  一つも読ま  活版になったのでよく読ま  経文が読ま  元興寺伽藍縁起併ニ流疏記資財帳などを読ま  日本でひろく読ま  世人に広く読ま  いるか、また読ま  物語を読ま  記録を読ま  書は大いに読ま  注は一々読ま  ようだから、すこし読ま  心を読ま  ところとして読ま  さのみによって、読ま  割合に広く読ま  盛んに読ま  もののみに面白く読ま  主観も読ま  フェエドンを読ま  彼にも読ま  物でも読ま  只は読ま  気でいるとは、読ま  他に読ま  私は度々読ま  ここを読ま  紫外線で読ま  数も読ま  娘たちによく読ま  これくらい、よく読ま  三日前まで読ま  婦女子にも読ま  余に読ま  明白に読ま  戯曲が、まだ読ま  人に多く読ま  物理学者にとってなかなか面白く読ま  聖書など読ま  字を読ま  小説として読ま  悼詞を長々と読ま  ためには先ず多く読ま  ひとは多く読ま  ために、多く読ま  年数を経てなお読ま  自分自身で読ま  自分で読ま  系統のものを読ま  自分の決して読ま  緩やかに読ま  初めから終りまで読ま  本は繰り返して読ま  我々は必ずしもつねに直ぐ繰り返して読ま  最初から緩やかに読ま  吟味しつつ読ま  客観的に読ま  のは読ま  字は読ま  本も読ま  上で読ま  数が読ま  一頁と読ま  軽石は畏くないが読ま  文学書を読ま  興味をもって読ま  作品とを結びつけて読ま  次の如く読ま  過去形に読ま  やうに読ま  跡を読ま  熱心に読ま  活字で読ま  評論集十余万部が読ま  いくらかでもより多く読ま  そを読ま  額にも読ま  戯曲は、読ま  一回しか読ま  五度くらゐ読ま  てゐて読ま  合ふが、永く続けて読ま  記録として読ま  これを読ま  之を読ま  乱作して読ま  長篇を読んでも、読ま  面に読ま  我を忘れて読ま  気をつけて読めば読ま  出版され、又読ま  如何に面白く読ま  しか見えぬならば、読ま  婦人に読ま  日本語がちっとも読めず、読ま  自分も読ま  人にも読ま  ダテと読ま  おぼろげに読ま  何百度と読ま  お前は読ま  文言は読ま  雑誌ばかり読ま  作品は読ま  茲で多く読まれる少なく読ま  色がありありと読ま  西洋美術骨董、と読ま  二三行も読ま  一頁も読ま  民衆によって読ま  於て最も広く読ま  自国で読ま  外国で読ま  詩を読ま  それを一応読ま  あたしは読ま  新聞さえ読ま  若い人たちに読ま  本ばかり読ま  文学を全く読ま  食ひながら読ま  文章をかうして読ま  寄つて新聞を読ま  大朝とを読ま  本が読ま  通鑑などを読ま  真相も読ま  かい、読ま  文書を読ま  遺文集を読ま  海老蔵と読ま  万葉集は読ま  どちらかと言うと、読ま  人が読ま  演劇雑誌を読ま  難解なことを読ま  作品全部を読ま  関心をもって読ま  ように読ま  一行をだも読ま  上下を通じて洽く読ま  作が洽く読ま  如く広く読ま  最後まで読ま  面白い本を読ま  勧進帳を読ま  後は読ま  文章を読ま  雑誌はめつたに読ま  藤野には読ま  順番で読ま  棒読みに読ま  一ページも読ま  くだりを読ま  コツと読ま  のろしと読ま  表書を読ま  手紙なら読ま  ゃつにすっかり鼻毛を読ま  当時ヨーロッパに広く読ま  五時を指すと読ま  還幸あったと読ま  三字が読ま  書簡が読ま  西国立志篇を読んだか読ま  手紙は読ま  多く翻訳として読ま  所を読ま  親しみからだとしては、読ま  眼にはありありと読ま  それと読ま  本文は読ま  三面記事を、かなり読ま  むと読ま  書置を読ま  われが読ま  色もまだはっきりと読ま  浮世床を読ま  目が青く読ま  明らかに読ま  ちょっと面白く読ま  初から読ま  しまいまで読ま  筋を読ま  小説なんか読んだって、読ま  文学に亙って、読んだの、読ま  ものは、読ま  割引して読ま  文字に読ま  信頼して読ま  一端だけを読ま  題名が読ま  ふうに読ま  部分を読ま  風に読ま  前から出版されて広く読ま  かなりに読ま  顔に読ま  私に読ま  割に良く読ま  へそくりと読ま  旅行記は案外読ま  文章が、全く読ま  同国人のものをあまり読ま  のに読ま  印刷されて、読ま  自由劇場回想録を読ま  日本音楽論を読ま  成る可く読ま  軽薄児に読ま  日本中の人間に読ま  悪評は、なるべく読ま  いつか日本中の人間に読ま  十枚と読ま  書物が読ま  大変広汎に読ま  大変ひろく読ま  ことが出来なくては、読ま  置手紙を読ま  義務的に読ま  さまに読ま  詩集か読ま  小説ばかり読ま  滋味も溢れて快く読ま  気分好く読ま  ドンコあんと読ま  のにも読ま  論説をも読ま  手紙を受け取ってもたがいに隠していたが、また読ま  ことが読ま  人に好んで読ま  それを読むか読ま  あなた新聞で読ま  音楽は読ま  ものをあまり読ま  何にも読ま  人々に多く読ま  捧呈文が読ま  しかども、とも読ま  経をお読ま  講談に読ま  西国立志編を読ま  西国立志編を繰返して読ま  名前を読ま  から、よく忍んで、どうかして早く読ま  若君に読ま  折焚柴を読ま  常陸帯を読ま  ものでも、読ま  今日楽しんで読ま  だれかしらに読ま  千万人に読ま  文学的に正しく読ま  硬派の読ま  女房などに時々読ま  作品が広く読ま  手紙に沁んで読ま  幾月も読ま  一つが掘り出されて読ま  人が読みさして読ま  花の名を読ま  大声で読ま  御息所は終わりまでを読ま  院がお読ま  世間には往々読ま  所を以て読ま  いずれをも読ま  法華経を続けて読ま  セシルに読ま  彼女は読ま  労をいといてにはあらず、ただ読ま  言葉書きを読ま  朗々と読ま  キドウと読ま  活字として読ま  それが読ま  速度で読ま  セリフを読ま  シェークスピアを読ま  んですが、その読ま  マアテルランクもとくに読ま  子供に読ま  芥川氏に読ま  引続いて広く読ま  通行人に読ま  半ばまでも読ま  小僧に読ま  読者大衆自身は、云って見れば読ま  凡てには読ま  訳本を読ま  訳本ファウストを読ま  人にわざわざ読ま  二頁とは読ま  面白いものなんか読ま  中途半端に読んでゆき、読ま  運動記事以外はろくに読ま  批評を読ま  あたしにも読ま  一般大衆にも読ま  小学校五六年生ぐらいに読ま  人たちには、読ま  ポオル・フォオルに読ま  上に読ま  弔文を読ま  僕に読ま  自由さがあってなかなかおもしろく読ま  後生だから読ま  恋文を読ま  勇にも必ず読ま  一文を読ま  深淵にのぞんで、読ま  方はなにとぞ読ま  作文を読ま  古典が引き続いて読ま  僕も読ま  自発的に読ま  涙なしでは読ま  新聞雑誌を読ま  労働者にむさぼり読ま  労働者は読ま  随筆も読ま  一つドウゾ今晩私に読ま  ことだといって読ま  諸君が読ま  正確に読ま  後に弁ずるを読ま  眉毛を読ま  人書を読ま  中古盛んに読ま  追憶を読ま  思いでむさぼり読ま  七五調に読めば読ま  短歌風に読ま  抹消、すなわち読ま  だってこれを読ま  ジャン・バルジャンを読ま  銀子に読ま  文字に書いて無くて読ま  著書も読ま  同情をもって読ま  作を読ま  一心不乱に読ま  女が読ま  プレトオを読ま  新聞で読ま  大丈夫早く帰って読ま  二とを読ま  後を読ま  先程ミルラン君が読ま  返答を読ま  紹介を読ま  好著をまだ読ま  宮中ではずいぶん読ま  それはこう読ま  それを受け取って読ま  漢書を読ま  片々でもを読ま  ヤマトと読ま  内容まで読ま  自分が読ま  小説こそ読ま  生徒に与えて読ま  一節が読ま  ものなどは読ま  創作を読ま  興味だけで読ま  わりあいにあまり読ま  いっしょに読ま  小説は、決して書かれて読ま  小説もよほどでないとめったに読ま  生徒に読ま  己は読ま  尊敬をもって読ま  目前に読ま  大事だが、読ま  裡で読ま  手に取って読ま  さる書を読ま  ものは面白く読ま  キェルケゴールが読ま  言葉がただ読ま  承知して、読ま  雑誌など読ま  実物を読ま  頁を通して読ま  時間に読ま  昔に読ま  受動的に読ま  柏村に読ま  エッセイを書くと読ま  今も、かなり広く読ま  二三年前非常にひろく読ま  気魄によって読ま  無駄に読ま  黙阿弥が読ま  実業家などに読ま  人びとに読ま  何処で読ま  闇屋に読ま  字画も整然と読ま  間に広く読ま  次から次へと読ま  世界で、最も広く読ま  議論を読ま  死ぬ前に読ま  五千万人中滅多に読ま  大勢に読ま  階級性を面白く読ま  なほ最も広く読ま  苦もなく面白く読ま  日本でも少なからず読ま  からよく読ま  聊斎志異がひろく読ま  それを併せ読ま  手蹟が読ま  これは読ま  条を読ま  GOLDENBATと読ま  佳品を読ま  文学は、はたと読ま  マヒトと読ま  ひとに一応は読ま  味いをもって読ま  誰にでも読ま  腰かけで読ま  いくらも読ま  女性に読ま  人を読ま  意味を読ま  脚本で読ま  半分も読ま  毎日繰り返して読ま  二度は必ず読ま  はじめて僕に読ま  今は又読ま  標題を読ま  片端から誰にでも読ま  書を読んで、悉く信ずれば、読ま  木版摺で読ま  トルストイを読ま  イプセンを読ま  ボッチャン連は、読んで見ても面白くないから読ま  妾に読ま  顔色に読ま  南無妙法蓮華経四千部と読ま  根神社と読ま  顔にまざまざと読ま  いやなら読ま  本はほとんど読ま  一日新聞を読ま  十三夜稲荷と読ま  内容を読ま  銭を出したり読ま  間に最も多く読ま  理窟から云って、読ま  厭で黙って読ま  文字を読ま  親しみをもって読ま  ようにも読ま  会葬者に対して読ま  剪つて書を読ま  能く読ま  何度も読ま  私にさへ読ま  色が読ま  間を読ま  文句を読ま  うちにありありと読ま  こんなのは弘ちゃんは読ま  姫やどうぞ読ま  可愛い子に読ま  雑誌も読ま  新聞などは読ま  聖書でも、読ま  手紙と読ま  言霊を読ま  事は、読むとも読ま  一人に読ま  万人に読ま  一婦人に読ま  思つたら読ま  形式なので、読ま  兄に読ま  つては読ま  気を付けて考へて読ま  吉屋信子氏が読ま  文学は色々に読ま  なぞは読ま  我子に読ま  それは読ませて読ま  我子にも読ま  力量を知っているから、読ま  片っ端より読ま  あざやかに読ま  経は読ま  歌も読ま  片仮名を読ま  彼へそれとなく読ま  動揺も読ま  微かに読ま  冊子とを併せ読ま  冊子を読ま  歴史が読ま  歌を読ま  中にさえ読ま  雑誌もなかなか多く読ま  話を読ま  字をば読ま  車内で読ま  仄に読ま  上にひろげて、読むでもなく読ま  わたくしに読ま  家集はいまだ読ま  歌と聞けば、読ま  帰化人に読ま  一千頁は読ま  人だけに読ま  階級の子供達に読ま  子供にも読ま  ぼくに読ま  毎日キチンキチン読ま  老母に読ま  前では読ま  一に面白く読ま  五百人六百人に読ま  一万人二万人に読ま  自宅へ来て読むというならば読ま  訪問して読ま  処に坐って読ま  退屈せずに読ま  おしまいまで読ま  感じより、読ま  ケティに読ま  頃広く読ま  英書を読ま  カント論を読ま  その後もほとんど読ま  印象によって広く読ま  翻訳され、広く読ま  あなたに無理矢理にお読ま  具合に行かないと、つい読ま  一、読ま  手紙まで読ま  原稿を、読ま  杉野などにも読ま  新聞紙を読ま  習はん経文も読ま  特に好んで読ま  まり人の読ま  巻を措かずに読ま  事実上今日最も読ま  まり沢山は読ま  もっとよく読ま  程度体系的に読ま  是非自分も読ま  非常によく読ま  眠ることも出来ず、本当に読ま  蕃書は禁じて読ま  ように、また、ひろく読ま  心経も読ま  内容は読ま  三造に読ま  顔色を読ま  書き出しが読ま  さが、そこで読ま  僕にも読ま  生徒が読ま  おれがまだ読ま  時代に広く読ま  草双紙なぞを読ま  代表的作物を読ま  博く読ま  それがありありと読ま  いやでも読ま  隅から隅まで読ま  作品は時に読ま  ラテン語は読ま  程、多く読ま  兵卒に買わせて読ま  世の中に読ま  シェーキスピーアを読ま  誰れにも読ま  はつきりと読ま  霜の読ま  速記本で読ま  二十枚と読ま  成沢山借りて読ま  多数に読ま  多数が読ま  等々を読ま  勝手に見せ、読ま  つてから、読ま  ところまで参らず、土台読ま  寔によく読ま  原著を読ま  弓手と読ま  雑誌は、それほど広く読ま  スタンダールを読ま  筋書きを読ま  間で最も広く読ま  其作物を読ま  立札が読ま  時から小説などを読ま  緒言を読ま  経などはろくに読ま  それぞれ近頃ひろく読ま  鮮やかに読ま  章を読ま  論が読ま  せいもあって、めったに読ま  興味に釣られて一気に読ま  あちらこちらをあけて読ま  内でまだ読ま  初心者に読ま  私どもにも読ま  元来モトユキと読ま  私が未だ読ま  所で読ま  あれ以来暫く読ま  ほのかに読ま  劇を読ま  私であるから、読ま  生活などが読ま  ものだが、あまり読ま  訂正して読ま  鮮かにこう読ま  大方は読ま  女大学が繰返えし読ま  三を読ま  物は味わい読ま  活動があって、いろいろ読ま  体臭で読ま  あたりが読ま  及び腰で読ま  孝経とかを読ま  から本を読ま  理解せられ、読ま  五十年後に読ま  死後に読ま  からお母さんに読ま  読者に一度読ま  皆まで読ま  気を附けては読ま  俳優に読ま  時にしか読ま  矢張り本を読ま  一篇を読ま  漢字にあてはめて読ま  こまかい字をお読ま  幾度かくりかえして読ま  手袋なしには読ま  古典となっているほど読ま  一くぎりずつ読ま  これで読ま  味い深く読ま  愛誦歌であればあるほど、読ま  注意ぶかく読ま  こちらには、読ま  独り原書で広く読ま  もとから本気で読ま  面白おかしく読ま  あとが、こう読ま  アンドレとでも読ま  私の読ま  んだけれども、読ま  於ては尚更、大いに読ま  いつでも読ま  仕事が再び広く読ま  毎日欠かさず読ま  朝食後新聞も読ま  学校ぢや読ま  心も読ま  翻訳探偵小説が大いに読ま  音に読ま  書を購って読ま  源氏の読ま  眼あきに読ま  階級へ寝転んで読ま  やすみどのと読ま  静子さんに読ま  従来、ずいぶんひろく読ま  支配下によって、その読ま  太平記そのものの読ま  遠慮して、なるべく読ま  犬は読ま  巻を読ま  読者は読ま  素心による思い思いに読ま  ありのままを読ま  身にひきつけて読ま  海外にあって読ま  歴史記述で読ま  西鶴はよく繰返し読ま  様に読ま  児童に読ま  小説が読まれれば読ま  千部経を読ま  語学を通して読ま  キズにならず、読ま  推理小説を読ま  後半部を読ま  どれ丈人に読ま  帰つて本でも読ま  名が読ま  綴字を辿って、読ま  言葉をしゃにむに読ま  政治欄はめったに読ま  心鮮やかに読ま  鮮に読ま  読者もしこの心して読ま  ホルヘと読ま  心持だけは、読ま  新聞小説も読ま  誰にも読ま  百万人に読ま  これはよく読ま  幾人もの男達に読ま  殆んど読ま  近年は全然読ま  反感を読ま  ものであって、まだ読ま  私も、そのうち読ま  の一項を読ま  おれはなんにも読ま  一人で読ま  



前後の言葉をピックアップ
予防線  ヨボヨボ  よぼよぼ  讀ま  よま  詠ま  ヨマイ  世迷い言  世迷言  夜祭


動詞をランダムでピックアップ
付こつぎあわせでしゃばら散り急い探し求めんつくりなおしふるまえ点そ敷け低まら取り掛かれこばま漏らさ微睡も拝み倒さひきこみたすけだすさっせぶん殴ろ
形容詞をランダムでピックアップ
うつくしけれうらやましいくかれ口やかましまだるっこく似つかわしかっくさき普く辛けれ厳しから生臭くむず痒眠かっ易しい羨ましい渋き口喧しかっ若かっ虚しく